片桐 滋
カタギリ シゲル
理工学部情報システムデザイン学科
博士後期課程教授
Last Updated :2022/11/28

研究者情報

研究キーワード

  • 共創情報学
  • 学習理論
  • Co-Creation Informatics
  • Machine Learning

研究分野

  • 情報通信 / 感性情報学
  • 情報通信 / ソフトコンピューティング
  • 情報通信 / 知能ロボティクス
  • 情報通信 / 知覚情報処理

研究歴

  • 1982-1988: ルールに基づく音声認識の研究に従事
  • 1989- 現在: 最小分類誤り学習/一般化確率的降下法の開発を含む識別学習の研究に従事

経歴

  • ATR Learning Technology, 取締役(社外), 2014年06月 - 現在
  • (株)国際電気通信基礎技術研究所 脳情報解析研究所, 客員研究員, 2013年04月 - 現在
  • Visiting Researcher (Vice Director), Neural Information Analysis Laboratories, ATR, 2013年 - 現在
  • Professor, Doshisha University, 2006年04月 - 現在
  • 同志社大学理工学部 情報システムデザイン学科 教授, Faculty of Science and Engineering, Department of Information Systems Design, 2006年 - 現在
  • 日本学術会議, 連携会員, 2006年08月 - 2014年07月
  • Research Professor, NTT CS Labs, 2006年04月 - 2008年03月
  • NTT コミュニケーション科学基礎研究所 リサーチプロフェッサー, 2006年 - 2008年
  • Part-time Lecturer, Faculty of Engineering, Doshsiha University, 2004年04月 - 2006年03月
  • 日本電信電話株式会社, NTTコミュニケーション科学基礎研究所( CS研), 所長, 2005年 - 2006年
  • 同志社大学 工学部 嘱託講師, 2004年 - 2006年
  • Deputy Director, NTT CS Labs, 2003年04月 - 2005年03月
  • NTT CS研 副所長 (企画担当), 2003年 - 2005年
  • Part-time Lecturer, Graduate School of Engieering, Nagoya University, 2001年04月 - 2004年03月
  • Adjunct Professor, Graduate School of Informatics, Kyoto University, 1998年04月 - 2004年03月
  • 名古屋大学大学院 工学研究科 非常勤講師, Graduate School of Engineering, 2001年 - 2004年
  • NTT CS研 音声オープンラボ統括(兼務), 2000年 - 2004年
  • 京都大学大学院 情報学研究科 客員教授, Graduate School of Informatics, 1998年 - 2004年
  • NTT CS研, 知能情報研究部, 部長, 2000年10月 - 2003年03月
  • NTT CS研, 知能情報研究, 部長, 2000年 - 2003年
  • NTT CS研 知能情報研究部 知識処理研究グループリーダ(兼務), 2000年 - 2001年
  • NTT CS研, 知能情報研究部 信号処理研究グループ, グループリーダ, 2000年 - 2000年
  • NTT CS研, 知能情報研究部 学習理論研究グループ, グループリーダ, 1999年 - 2000年
  • Group Leader, CS Labs, 1999年 - 2000年
  • (株)ATR人間情報通信研究所 研究室長, 1997年 - 1999年
  • Dept. Head, ATR, 1997年 - 1999年
  • (株)ATR音声翻訳通信研究所 主幹研究員, 1993年 - 1997年
  • Supervisor, ATR, 1992年 - 1997年
  • (株)ATR人間情報通信研究所 主幹研究員, 1993年 - 1993年
  • (株)ATR視聴覚機構研究所 主幹研究員, 1992年 - 1993年
  • (株)ATR視聴覚機構研究所 主任研究員, 1986年 - 1992年
  • Senior Researcher, Advanced Telecommunications Research Institute International (ATR), 1986年 - 1992年
  • AT&T ベル研究所, 客員研究員, 1989年 - 1990年
  • 日本電信電話公社(現日本電信電話株式会社(NTT))武蔵野電気通信研究所 研究員, 1982年 - 1986年
  • Researcher, Nippon Telegraph and Telephone (NTT) Electrical Communication Laboratories, 1982年 - 1986年

学歴

  • 東北大学, 工学研究科, 情報工学専攻, - 1982年
  • 東北大学, Graduate School, Division of Engineering, - 1982年
  • 東北大学, 工学研究科, 情報工学専攻, - 1979年
  • 東北大学, Graduate School, Division of Engineering, - 1979年
  • 東北大学, 工学部, 電気工学科, - 1977年
  • 東北大学, Faculty of Engineering, - 1977年

学位

  • 工学博士, 東北大学
  • 工学博士, 東北大学
  • 修士(工学), 東北大学

所属学協会

  • 電子情報通信学会
  • 日本音響学会
  • ENNS
  • JNNS
  • INNS
  • IEEE
  • Signal and Image Processing
  • European Association for Speech
  • IEICE
  • Acoustical Society of Japan
  • Acoust. Soc. Jpn.
  • ENNS
  • JNNS
  • INNS
  • IEEE
  • Signal and Image Processing
  • European Association for Speech

委員歴

  • Associate Member, Signal Processing Society TC on MLSP, 2012年 - 現在, IEEE, 学協会, IEEE
  • Member, James L. Flanagan Speech and Audio Processing Award Selection Committee, 2013年07月 - 2019年06月, IEEE, 学協会, IEEE
  • Chair, James L. Flanagan Speech and Audio Processing Award Selection Committee, 2016年07月 - 2018年06月, IEEE, 学協会
  • Past Chair, Kansai Section, 2013年 - 2014年, IEEE, 学協会, IEEE
  • Member, James Flanagan Award Committee, 2013年 - 2014年, IEEE, 学協会, IEEE
  • Regional Committee Member, Region 10, 2011年 - 2012年, IEEE, 学協会, IEEE
  • Board Member, Japan Council, 2011年 - 2012年, IEEE, 学協会, IEEE
  • Chair, Kansai Section, 2011年 - 2012年, IEEE, 学協会, IEEE
  • General Co-Chair, MLSP2011, 2010年 - 2011年, IEEE, 学協会, IEEE
  • Chair, Kansai Section Nominations Committee, 2009年 - 2010年, IEEE, 学協会, IEEE
  • Member, Kansai Section Nominations Committee, 2002年 - 2010年, IEEE, 学協会, IEEE
  • Member, James L. Flanagan Speech and Audio Processing Award Selection Committee, 2005年07月 - 2009年06月, IEEE, 学協会, IEEE
  • 査読委員, 2007年 - 2009年, 日本音響学会, 学協会, 日本音響学会
  • Reviewer, 2007年 - 2009年, Acoustical Society of Japan, 学協会, Acoustical Society of Japan
  • Member, Signal Processing Society Nomination & Appointment Committee, 2006年 - 2009年, IEEE, 学協会, IEEE
  • Member, James Flanagan Award Committee, 2005年 - 2009年, IEEE, 学協会, IEEE
  • Member, Japan Council Award Committee, 2009年 - , IEEE, 学協会, IEEE
  • Member, Japan Council Award Committee, 2009年 - , IEEE, 学協会, IEEE
  • Member, Flank Rosenblatt Award Selection Committee, 2004年07月 - 2007年06月, IEEE, 学協会, IEEE
  • 関西支部 会計監査, 2006年 - 2007年, 日本音響学会, 学協会, 日本音響学会
  • Member, Flank Rosenblatt Award Committee, 2004年 - 2007年, IEEE, 学協会, IEEE
  • 会勢拡大・広報委員会 委員, 2005年 - 2006年, 日本音響学会, 学協会, 日本音響学会
  • Member, Organization & Publicity Committee, 2005年 - 2006年, Acoust. Soc. Jpn., 学協会, Acoust. Soc. Jpn.
  • 論文誌査読委員, 2001年 - 2006年, 電子情報通信学会, 学協会, 電子情報通信学会
  • Action Editor, 2000年 - 2006年, INNS, JNNS, ENNS, 学協会, INNS, JNNS, ENNS
  • Action Editor, 2000年 - 2006年, INNS, JNNS, ENNS, 学協会, INNS, JNNS, ENNS
  • Member-at-Large, Signal Processing Society Board-of-Governors, 2003年 - 2005年, IEEE, 学協会, IEEE
  • Member-at-Large, Signal Processing Society Board-of-Governors, 2003年 - 2005年, IEEE, 学協会, IEEE
  • 関西支部 支部長, 2005年 - , 日本音響学会, 学協会, 日本音響学会
  • Chair, Kansai Section, 2005年 - , Acoust. Soc. Jpn., 学協会, Acoust. Soc. Jpn.
  • 会勢拡大・広報委員会 委員, 2001年 - 2002年, 日本音響学会, 学協会, 日本音響学会
  • Senior Editor, 2001年 - 2002年, European Association for Speech, Signal and Image Processing, 学協会, European Association for Speech, Signal and Image Processing
  • Member, Promotion & Publicity Committee, 2001年 - 2002年, Acoust. Soc. Jpn., 学協会, Acoust. Soc. Jpn.
  • Senior Editor, 2001年 - 2002年, European Association for Speech, Signal and Image Processing, 学協会, European Association for Speech, Signal and Image Processing
  • 特別企画委員会 委員, 1999年 - 2002年, 日本音響学会, 学協会, 日本音響学会
  • Member, Special Event Organizing Committee, 1999年 - 2002年, Acoust. Soc. Jpn., 学協会, Acoust. Soc. Jpn.
  • Member, Neural Network Society Administration Committee, 2002年 - , IEEE, 学協会, IEEE
  • Member, Neural Network Society Administration Committee, 2002年 - , IEEE, 学協会, IEEE
  • 関西支部評議員, 1999年 - 2001年, 日本音響学会, 学協会, 日本音響学会
  • Councilor, Kansai Section, 1999年 - 2001年, Acoust. Soc. Jpn., 学協会, Acoust. Soc. Jpn.
  • Member, Neural Network Council Advisory Committee, 1998年 - 2001年, IEEE, 学協会, IEEE
  • Member, Neural Network Council Advisory Committee, 1998年 - 2001年, IEEE, 学協会, IEEE
  • 論文誌編集委員, 1997年 - 2001年, 電子情報通信学会, 学協会, 電子情報通信学会
  • Member, Signal Processing Society Multi-Media Signal Processing Technical Committee, 1997年 - 2001年, IEEE, 学協会, IEEE
  • Transaction Editor, 1997年 - 2001年, IEICE, 学協会, IEICE
  • Chair, Signal Processing Society Neural Networks for Signal Processing Technical Committee, 1999年 - 2000年, IEEE, 学協会, IEEE
  • Chair, Signal Processing Society Neural Networks for Signal Processing Technical Committee, 1999年 - 2000年, IEEE, 学協会, IEEE
  • 代議員, 1999年 - , 日本音響学会, 学協会, 日本音響学会
  • 評議員, 1999年 - , 日本音響学会, 学協会, 日本音響学会
  • Councilor, 1999年 - , Acoust. Soc. Jpn., 学協会, Acoust. Soc. Jpn.
  • Vice Chair, Tokyo Chapter, 1997年 - 1998年, IEEE, 学協会, IEEE
  • Secretary, Signal Processing Society Neural Networks for Signal Processing Technical Committee, 1997年 - 1998年, IEEE, 学協会, IEEE
  • Vice Chair, Tokyo Chapter, 1997年 - 1998年, IEEE, 学協会, IEEE
  • Secretary, Signal Processing Society Neural Networks for Signal Processing Technical Committee, 1997年 - 1998年, IEEE, 学協会, IEEE
  • Associate Editor, Trans. on Signal Processing, 1994年 - 1997年, IEEE, 学協会, IEEE
  • Associate Editor, Trans. on Signal Processing, 1994年 - 1997年, IEEE, 学協会, IEEE
  • Member, Signal Processing Society Neural Networks for Signal Processing Technical Committee, 1991年 - 1996年, IEEE, 学協会, IEEE
  • Member, Signal Processing Society Neural Networks for Signal Processing, 1991年 - 1996年, IEEE, 学協会, IEEE

受賞

  • NTT R&Dフェロー
    2002年, 日本
  • 人工知能学会全国大会ベストプレゼンテーション賞
    2002年, 日本
  • NTT R&D Fellow
    2002年
  • Best Presentation Award, Japanese Society for Artificial Intelligence
    2002年
  • IEEE フェロー
    2001年
  • IEEE Fellow
    2001年
  • IEEE 信号処理ソサイアティ シニア賞
    1993年
  • IEEE Signal Processing Society Senior Award
    1993年
  • ATR研究開発表彰特別賞
    1992年, 日本
  • ATR R&D Award, Special Prize
    1992年
  • ATR研究開発表彰
    1991年, 日本
  • ATR R&D Award
    1991年
  • 日本音響学会 第27回佐藤論文賞
    1987年, 日本
  • 27th Sato Paper Award, Acoustical Society of Japan
    1987年
  • 日本音響学会 第22回佐藤論文賞
    1982年, 日本
  • 22nd Sato Paper Award, Acoustical Society of Japan
    1982年

論文

  • 最大ベイズ境界性の簡易化による高速化について
    岸下昂生; 片桐滋; 大崎美穂
    情報・システムソサイエティ特別企画 ジュニア&学生ポスターセッション, 電子情報通信学会, ISS-SP(015) 149 - 149, 2022年03月16日, 研究論文(その他学術会議資料等)
  • 音声合成能力を正則化条件とする最小分類誤り学習法の音素認識による実験的評価
    丸山右京; 片桐滋; 大崎美穂
    情報・システムソサイエティ特別企画ジュニア&学生ポスターセッション予稿集, 電子情報通信学会, ISS-A(57) 55 - 55, 2022年03月15日, 研究論文(その他学術会議資料等)
  • 最大ベイズ境界性学習法の実験的評価
    大角朋弘; 片桐滋; 大崎美穂
    情報処理学会第84回全国大会, 情報処理学会, (2) 357 - 358, 2022年03月05日, 研究論文(その他学術会議資料等)
  • 可変長パターンのためのKMCE学習法を用いた音声認識の評価について
    小糸泰吉; 片桐滋; 大崎美穂
    情報処理学会第84回全国大会, 情報処理学会, (2) 283 - 284, 2022年03月03日, 研究論文(その他学術会議資料等)
  • An Improved Boundary Uncertainty-Based Estimation for Classifier Evaluation
    David Ha; Shigeru Katagiri; Hideyuki Watanabe; Miho Ohsaki
    Journal of Signal Processing Systems, 93(9) 1057 - 1084, 2021年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of the Neural-network-based Method to Discover Sets and Representatives of Nonlinearly Dependent Variables
    Miho Ohsaki; Hayato Sasaki; Naoya Kishimoto; Shigeru Katagiri; Kei Ohnishi; Yakub Sebastian; Patrick Then
    2021 5th IEEE International Conference on Cybernetics, CYBCONF 2021, 101 - 106, 2021年06月08日, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 音声合成可能性を正則化項とする最小分類誤り学習法の高速化及び実験的評価
    岡内亮太; 片桐滋; 大崎美穂
    電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ特別企画 ジュニア&学生ポスターセッション, ISS-P-062, 2021年03月09日, 研究論文(その他学術会議資料等)
  • 正則化学習を伴う音声認識器の音声合成能力の実験的評価
    大久保拓海; 片桐滋; 大崎美穂
    電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ特別企画 ジュニア&学生ポスターセッション, ISS-P-061 135 - 135, 2021年03月09日, 研究論文(その他学術会議資料等)
  • 境界曖昧性に基づく分類問題最適化に実験的評価
    蔭山昌幸; David Ha; 千田将大; 大崎美穂; 片桐滋
    電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ特別企画 ジュニア&学生ポスターセッション, ISS-P-060 134 - 134, 2021年03月09日, 研究論文(その他学術会議資料等)
  • サポートベクトルにおけるベイズ境界性最大化学習法の検証
    野口大樹; 片桐滋; 大崎美穂
    電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ特別企画 ジュニア&学生ポスターセッション, ISS-A-050 49 - 49, 2021年03月09日, 研究論文(その他学術会議資料等)
  • NNR-GL: A Measure to Detect Co-Nonlinearity Based on Neural Network Regression Regularized by Group Lasso
    Miho Ohsaki; Naoya Kishimoto; Hayato Sasaki; Ryoji Ikeura; Shigeru Katagiri; Kei Ohnishi; Yakub Sebastian; Patrick Then
    IEEE Access, 9 132033 - 132052, 2021年, 研究論文(学術雑誌)
  • Improved Boundary Uncertainty Estimation for Classifier Selection
    David Ha; Shigeru Katagiri; Miho Ohsaki
    The 7th IEEE MTT-S International Wireless Symposium, 2020年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 勾配方向ヒストグラム特徴量とマハラノビス距離分類器を用いた医療記録の身体部位図認識
    大崎美穂; 佐々木捷人; 川中普晴; 大西圭(九工大); 片桐滋
    医療情報学, 39(6) 275 - 290, 2020年06月, 研究論文(学術雑誌)
  • CS-ACELPを用いた音声合成可能性を正則化条件とする最小分類誤り学習法の実験的評価
    丸山右京; 梅崎直統; 大久保拓海; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    2020年電子情報通信学会総合大会 ISS特別企画「学生ポスターセッション」, ISS-A-056 56 - 56, 2020年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • ベイズ境界性を最大化する分類器学習法の提案
    千田将大; ア デイビッド; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    電子情報通信学会「パターン認識・メディア理解」研究会 技術研究報告, PRMU2019(101) 243 - 248, 2020年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • カーネル最小分類誤り学習法のベイズ誤り推定能力に関する実験的評価
    山田浩嗣; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    電子情報通信学会「パターン認識・メディア理解」研究会 技術研究報告, PRMU2019(100) 237 - 242, 2020年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 大幾何マージン最小分類誤り学習法のベイズ誤り推定力に関する実験的評価
    西山育宏; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    電子情報通信学会「パターン認識・メディア理解」研究会 技術研究報告, PRMU2019(99) 231 - 236, 2020年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • t-Roomにおける人物位置に基づく出力選択を伴う音声サーバの開発
    吉川かいり; 和田理; 片桐滋; 大崎美穂
    2020年電子情報通信学会総合大会 ISS特別企画「学生ポスターセッション」, ISS-A-080 80 - 80, 2020年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 遺伝的プログラミングと強化学習による自動運転モデルの比較
    山村光平; 中川将輝; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    2020年電子情報通信学会総合大会 ISS特別企画「学生ポスターセッション」, ISS-A-062 62 - 62, 2020年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • ボトムアップクラスタリングを用いたベイズ境界の近傍標本の探索
    中村樹生; 蔭山昌幸; 千田将大; 片桐滋; 渡辺秀行; 大崎美穂
    2020年電子情報通信学会総合大会 ISS特別企画「学生ポスターセッション」, ISS-A-055 55 - 55, 2020年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • ベイズ境界性を最大にする新しい学習法の評価
    大角朋弘; 千田将大; 片桐滋; 渡辺秀行; 大崎美穂
    2020年電子情報通信学会総合大会 ISS特別企画「学生ポスターセッション」, ISS-A-054 54 - 54, 2020年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Actor-Critic法に基づく自動運転モデルの汎化性能の調査
    中川将輝; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    2020年電子情報通信学会総合大会 情報・システム講演論文集2, D-20-8 131 - 131, 2020年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Minimum Classification Error Training with Speech Synthesis-Based Regularization for Speech Recognition
    Naoto UMEZAKI; Takumi OKUBO; Hideyuki WATANABE; Shigeru KATAGIRI; Miho OHSAKI
    ACM, Proc. International Conference on Signal Processing and Machine Learning (SPML2019), 2019年11月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Maximum Bayes Boundary-Ness Training for Pattern Classification
    Masahiro SENDA; David HA; Hideyuki WATANABE; Shigeru KATAGIRI; Miho OHSAKI
    ACM, Proc. International Conference on Signal Processing and Machine Learning (SPML2019), 2019年11月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Practical Method Based on Bayes Boundary-Ness for Optimal Classifier Parameter Status Selection
    David HA; Yuya TOMOTOSHI; Masahiro SENDA; Hideyuki WATANABE; Shigeru KATAGIRI; Miho OHSAKI
    Journal of Signal Processing Systems, 92 135 - 151, 2019年05月, 研究論文(学術雑誌)
  • 最小分類誤り学習法におけるベイズエラー推定能力の検証
    鶴尾明大; 西山育宏; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    2019年電子情報通信学会総合大会 ISS特別企画「学生ポスターセッション」, ISS-A 48 - 48, 2019年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • ベイズ境界らしさを最大化する分類器学習法
    千田将大; ア・デイビッド; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    2019年電子情報通信学会総合大会 ISS特別企画「学生ポスターセッション」, ISS-A 47 - 47, 2019年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 時系列パターンのためのカーネル最小分類誤り学習法の検討
    大越俊; 山田浩嗣; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    2019年電子情報通信学会総合大会 ISS特別企画「学生ポスターセッション」, ISS-A 46 - 46, 2019年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • ベイズ境界性に基づく分類器パラメータの最適選択法の実験的評価
    蔭山昌幸; ア・デイビッド; 友利宥也; 千田将大; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    2019年電子情報通信学会総合大会 ISS特別企画「学生ポスターセッション」, ISS-A 44 - 44, 2019年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 動的な出力壁面選択を可能とするt-Room用音声出力制御法の開発
    東寛士; 和田理; 片桐滋; 大崎美穂
    情報処理学会グループウェアとネットワークサービス研究会 研究報告, 2019-GN107(10) 1 - 8, 2019年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Optimal Classifier Parameter Status Selection Based on Bayes Boundary-ness for Multi-ProtoType and Multi-Layer Perceptron Classifiers
    Yuya TOMOTOSHI; David HA; Emilie DELATTRE; Hideyuki WATANABE; Xugang LU; Shigeru KATAGIRI; Miho OHSAKI
    Integrated Uncertaintyin Knowledge Modelling and Decision Making (Lecture Notes in Artificial Intelligence), 11471 295 - 307, 2019年03月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Improvement for Boundary-Uncertainty-Based Classifier Parameter Status Selection Method
    David HA; Yuya TOMOTOSHI; Masahiro SENDA; Hideyuki WATANABE; Shigeru KATAGIRI; Miho OHSAKI
    IEEE, Proc. Int. Conf. Computational Electromagnetics (ICCEM 2019), 2019年03月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 最小分類誤り学習法における損失平滑度自動設定法に関する実験的評価
    小林和馬; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    電子情報通信学会「パターン認識・メディア理解」研究会 技術研究報告, 118(362) 97 - 102, 2018年12月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 大幾何マージン最小分類誤り学習法のためのベイズ境界推定力評価
    西山育宏; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    電子情報通信学会「パターン認識・メディア理解」研究会 技術研究報告, 118(362) 91 - 96, 2018年12月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Body Part Diagram Recognition in Medical Records: Application of the Histograms of Oriented Gradients and the Mahalanobis-distance-based Classifier
    Miho OHSAKI; Hayato SASAKI; Hiroharu KAWANAKA; Shigeru KATAGIRI
    Proc. SCIS&ISIS 2018, 1254 - 1259, 2018年12月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Discovery of Sets and Representatives of Variables in Co-nonlinear Relationships by Neural Network Regression and Group Lasso
    Miho OHSAKI; Hayato SASAKI; Naoya KISHIMOTO; Shigeru KATAGIRI; Patrick HANG; Hui THEN
    Proc. MABM 2018, 2287 - 2294, 2018年12月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Optimality Analysis of Boundary-Uncertainty-Based Classifier Selection Method
    David HA; Hideyuki WATANABE; Yuya TOMOTOSHI; Emilie DELATTRE; Shigeru KATAGIRI
    ACM, Proc. 2018 International Conference on Signal Processing and Machine Learning (SPML2018), 107 - 114, 2018年11月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ニューラルネットワーク回帰とグループラッソの組合せによる共非線形変数集合とその代表の発見
    佐々木捷人; 大崎美穂; 片桐滋
    情報科学技術フォーラム FIT2018, G002, 2018年09月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Optimal Classifier Model Status Selection Using Bayes Boundary Uncertainty
    David HA; Emilie DELATTRE; Yuya TOMOTOSHI; Masahiro SENDA; Hideyuki WATANABE; Shigeru KATAGIRI; Miho OHSAKI
    IEEE, Proc. Int. Workshop on Machine Learning for Signal Processing (MLSP 2018), 1 - 6, 2018年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Speaker Adaptation for Multichannel End-to-End Speech Recognition
    Tsubasa OCHIAI; Shinji WATANABE; Shigeru KATAGIRI; Takaaki HORI; John HERSHEY
    IEEE, Proc. International Conf. Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP 2018), 6707 - 6711, 2018年04月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 可変長時系列パターン分類のための大幾何マージン最小分類誤り学習法の提案とその実験的評価
    松廣達也; 橋本哲也; 北岡見生代; ア・デイビッド; 落合翼; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    情報処理学会論文誌, 59(4) 1295 - 1308, 2018年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • 音声認識における損失関数平滑度自動設定法を伴う大幾何マージン最小分類誤り学習法の効果の分析
    松廣達也; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    電子情報通信学会総合大会, ISS-SP-069 184 - 184, 2018年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 時系列パターンの時間長正規化を伴うカーネル最小分類誤り学習法
    山田浩嗣; 谷陵真; 渡辺秀行; 大崎美穂; 片桐滋
    電子情報通信学会総合大会, ISS-P-026 83 - 83, 2018年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 線スペクトル対を入力特徴とした最小分類誤り学習法の検討
    梅崎直統; 竹内勇人; 落合翼; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    電子情報通信学会総合大会, ISS-P-025 82 - 82, 2018年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 最小分類誤り学習法における損失関数の平滑度制御による局所解回避効果の検証
    千田将大; 松廣達也; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    電子情報通信学会総合大会, ISS-P-024 81 - 81, 2018年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 自動運転モデルの構築を目指したActor-Critic法の検討
    中川将輝; 八上剛; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    電子情報通信学会総合大会, ISS-P-02 80 - 80, 2018年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 遮音カバー付きスピーカユニットを持つディスプレイのためのメディア伝送サーバの開発
    田中健太郎; 片桐滋; 大崎美穂
    電子情報通信学会総合大会, ISS-A-046 46 - 46, 2018年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • A Classification-Uncertainty-Based Criterion for Classification Boundary Selection
    David HA; Juliette MAES; Yuya TOMOTOSHI; Hideyuki WATANABE; Shigeru KATAGIRI; Miho OHSAKI
    IEICE Tech. Report, PRMU2017-166, 121 - 126, 2018年02月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Compact kernel classifiers trained with minimum classification error criterion
    Ryoma Tani; Hideyuki Watanabe; Shigeru Katagiri; Miho Ohsaki
    IEEE International Workshop on Machine Learning for Signal Processing, MLSP, 2017- 1 - 6, 2017年12月05日, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Linux版t-Roomにおける実システム環境を用いた動作確認
    福岡篤志; 和田理; 大崎美穂; 片桐滋
    情報処理学会関西支部大会, G-30, 2017年09月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 紙カルテに印刷された身体部位図の認識
    佐々木捷人; 大崎美穂; 川中普晴; 片桐滋
    情報処理学会関西支部大会, G-22, 2017年09月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • A Class Boundary Selection Criterion for Classification
    David HA; Juliette MAES; Yuya TOMOTOSHI; Charles MELLE; Hideyuki WATANABE; Shigeru KATAGIRI; Miho OHSAKI
    IPSJ, Kansai Section Conference, G-11, 2017年09月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • HOG特徴量とマハラノビス距離に基づく分類器の身体部位図認識への適用
    佐々木捷人; 大崎美穂; 川中普晴; 片桐滋
    第33回ファジィシステムシンポジウム, 273 - 276, 2017年09月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 部屋重畳型遠隔コラボレーション支援システムにおける利用者の向きの抽出
    和田理; 大崎美穂; 片桐滋
    情報処理学会電子情報通信学会共催, 情報科学技術フォーラムFIT2017, J008, 2017年09月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Does Speech Enhancement Work with End-To-End ASR Objectives?: Experimental Analysis of Multichannnel End-To-End ASR
    Tsubasa Ochiai; Shinji Watanabe; Shigeru Katagiri
    IEEE, Proc. MLSP2017, 2017年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Confusion-Matrix-Based Kernel Logistic Regression for Imbalanced Data Classification
    Miho Ohsaki; Peng Wang; Kenji Matsuda; Shigeru Katagiri; Hideyuki Watanabe; Anca Ralescu
    IEEE TRANSACTIONS ON KNOWLEDGE AND DATA ENGINEERING, 29(9) 1806 - 1819, 2017年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • 紙カルテの自動タグ付けを目指した身体部位図認識の検討
    佐々木捷人; 川中普晴; 片桐滋; 大崎美穂
    電子情報通信学会総合大会, ISS-SP-216 216 - 216, 2017年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 大幾何マージン最小分類誤り学習法の未知標本耐性に関する実験的評価
    塩崎謙; ア・デイビッド; 渡辺秀行; 大崎美穂; 片桐滋
    電子情報通信学会総合大会, ISS-SP-208 208 - 208, 2017年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 最小分類誤り学習法における損失関数平滑度のクラス共通型自動設定法の実験的評価
    小林和馬; 渡辺秀行; 大崎美穂; 片桐滋
    電子情報通信学会総合大会, ISS-SP-207 207 - 207, 2017年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • ベイズリスク推定を目指す誤分類尺度の分析
    友利宥也; ア・デイビッド; 渡辺秀行; 大崎美穂; 片桐滋
    電子情報通信学会総合大会, ISS-SP-206 206 - 206, 2017年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • NTP を用いる複数Monolith 間同期の実現
    藤田佳樹; 片桐滋; 大崎美穂
    情報処理学会全国大会, 7ZA-07, 2017年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • t-Roomにおける俯瞰カメラを用いた映像出力壁面選択機構の開発
    和田理; 片桐滋; 大崎美穂
    情報処理学会研究報告, 2017-GN-101(28) 1 - 6, 2017年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 大型ディスプレイ画面上に音像を生成する機能を持つ音声伝送サーバの開発
    片桐 滋松尾雄真; 片桐滋; 大崎美穂
    情報処理学会研究報告, 2017-GN-101(27) 1 - 6, 2017年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 最小分類誤り基準に基づくサポートベクター再学習による小規模カーネル分類器
    谷陵真; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    電子情報通信学会 信学技報 PRMU2016-159, 116(461) 41 - 46, 2017年02月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • CUMULATIVE MOVING AVERAGED BOTTLENECK SPEAKER VECTORS FOR ONLINE SPEAKER ADAPTATION OF CNN-BASED ACOUSTIC MODELS
    Tsubasa Ochiai; Marc Delcroix; Keisuke Kinoshita; Atsunori Ogawa; Taichi Asami; Shigeru Katagiri; Tomohiro Nakatani
    2017 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH AND SIGNAL PROCESSING (ICASSP), 5175 - 5179, 2017年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • AUTOMATIC NODE SELECTION FOR DEEP NEURAL NETWORKS USING GROUP LASSO REGULARIZATION
    Tsubasa Ochiai; Shigeki Matsuda; Hideyuki Watanabe; Shigeru Katagiri
    2017 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH AND SIGNAL PROCESSING (ICASSP), 5485 - 5489, 2017年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Speaker Adaptive Training Localizing Speaker Modules in DNN for Hybrid DNN-HMM Speech Recognizers
    Tsubasa Ochiai; Shigeki Matsuda; Hideyuki Watanabe; Xugang Lu; Chiori Hori; Hisashi Kawai; Shigeru Katagiri
    IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS, E99D(10) 2431 - 2443, 2016年10月, 研究論文(学術雑誌)
  • LGM-MCE Training Based on Parzen Estimation with Sample Weighting
    David HA; Hideyuki WATANABE; Shigeru KATAGIRI; Miho OHSAKI
    IPSJ, Kansai Section Conference, G-105 , 2016年09月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • モデルサイズから見たカーネル最小分類誤り学習法の有用性の検証
    谷陵真; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    情報処理学会関西支部大会, C-09, 2016年09月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 大幾何マージン最小分類誤り学習法を用いた音声認識に関する実験的評価
    松廣達也; 北岡見生代; ア・デイビッド; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    情報処理学会関西支部大会, C-08, 2016年09月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Mac OSのためのローカル・ラグ制御機能をもつ音声伝送サーバの実装と性能評価
    松尾雄真; 片桐滋; 大崎美穂
    情報処理学会関西支部大会, C-07, 2016年09月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Experimental Analysis of the Behavior of Short Time Series Clustering
    Marta QUEMADA LOPEZ; Miho OHSAKI; Shigeru KATAGIRI
    Technical Report of IPSJ, 2016-BIO-46(35) 1 - 2, 2016年07月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Autoencoders with Deformable Templates for Image Reconstruction
    Gregoire SATRE; Tsubasa OCHIAI; Shigeru KATAGIRI; Miho OHSAKI
    IEICE General Conference, ISS-P-117 117 - 117, 2016年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 音声認識のための大幾何マージン最小分類誤り学習法に関する実験的評価
    松廣達也; 北岡見生代; David Ha; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂
    電子情報通信学会総合大会, ISS-P-114 114 - 114, 2016年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Model Size Selection for Prototype-Based Classifiers using Large Geometric Margin Minimum Classification Error Training
    David HA; Hideyuki WATANABE; Shigeru KATAGIRI; Miho OHSAKI
    IEICE General Conference, ISS-P-110 110 - 110, 2016年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • カーネル最小分類誤り学習法と多クラスサポートベクターマシンの比較実験
    谷陵真; 渡辺秀行; 大崎美穂; 片桐 滋
    電子情報通信学会総合大会, ISS-P-109 109 - 109, 2016年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 「t-Room」におけるモーフィングに基づく仮想視点映像の生成
    植田耕慈; 和田理; 片桐滋; 大崎美穂
    電子情報通信学会総合大会, ISS-P-102 102 - 102, 2016年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 偏光フィルタを用いた液晶ディスプレイ前面の映像オブジェクト抽出
    山口達也; 和田理; 大崎美穂; 片桐 滋
    電子情報通信学会総合大会, ISS-P-98 98 - 98, 2016年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Comparison of Short Time Series Clustering Methods
    Marta QUEMADA LOPEZ; Miho OHSAKI; Shigeru KATAGIRI
    IEICE General Conference, ISS-P-64 64 - 64, 2016年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 線形変換ネットワークを用いて話者正規化学習されたDNNのためのボトルネック話者適応法の提案
    落合翼; 松田繁樹; 渡辺秀行; Xugang Lu; 河井恒; 片桐滋
    日本音響学会春季研究発表会, 3-P-2 151 - 154, 2016年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 上下配置型音響反射板を用いる音像生成方式における音像定位精度の調査
    熊谷駿来; 田中健太郎; 原﨑駿; 片桐滋; 大崎美穂
    日本音響学会春季研究発表会, 2-P52 777 - 778, 2016年03月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Automobile Driving Support System Evolved by Genetic Programming
    Go Yakami; Ivan Tanev; Katsunori Shimohara; Shigeru Katagiri; Miho Ohsaki
    PROCEEDINGS OF THE 2016 IEEE REGION 10 CONFERENCE (TENCON), 255 - 258, 2016年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • BOTTLENECK LINEAR TRANSFORMATION NETWORK ADAPTATION FOR SPEAKER ADAPTIVE TRAINING-BASED HYBRID DNN-HMM SPEECH RECOGNIZER
    Tsubasa Ochiai; Shigeki Matsuda; Hideyuki Watanabe; Xugang Lu; Hisashi Kawai; Shigeru Katagiri
    2016 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH AND SIGNAL PROCESSING PROCEEDINGS, 5015 - 5019, 2016年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 大幾何マージン最小分類誤り学習法におけるプロトタイプ型モデルサイズ自動最適化手法の検討
    荻野将大; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂; Xugang Lu; 河井恒
    電子情報通信学会技術報告 PRMU2015-100, 115(388) 1 - 6, 2015年12月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • カーネルロジスティック回帰を用いたC型慢性肝炎の肝繊維化ステージ推定
    大崎美穂; 松田健司; WANG Peng; 片桐滋; 横井英人; 高林克日己
    情報処理学会論文誌, 56(11) 2117 - 2130, 2015年11月, 研究論文(学術雑誌)
  • 空間重畳型遠隔コラボレーション支援システムにおける利用可能領域の拡大
    和田理; 片桐滋; 大崎美穂
    情報処理学会研究報告, 2015-GN-96(22) 1 - 8, 2015年10月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 話者正規化学習されたDNNにおける行列のランクに基づく動作分析
    落合翼; 松田繁樹; 渡辺秀行; Xugang Lu; 河井恒; 片桐滋
    日本音響学会秋季研究発表会, 1-Q-3 73 - 76, 2015年09月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Kernel Logistic Regression based on the Confusion Matrix for Imbalanced Data Classification
    Peng WANG; Miho OHSAKI; Kenji MATSUDA; Shigeru KATAGIRI; Hideyuki WATANABE
    情報処理学会研究報告, 2015-BIO-42(55) 1 - 2, 2015年06月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • SPEAKER ADAPTIVE TRAINING FOR DEEP NEURAL NETWORKS EMBEDDING LINEAR TRANSFORMATION NETWORKS
    Tsubasa Ochiai; Shigeki Matsuda; Hideyuki Watanabe; Xugang Lu; Chiori Hori; Shigeru Katagiri
    2015 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING (ICASSP), 4605 - 4609, 2015年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Implementation of Advanced t-Room
    Osamu Wada; Satoshi Ueno; Shigeru Katagiri; Miho Ohsaki
    TENCON 2015 - 2015 IEEE REGION 10 CONFERENCE, 2015年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Speech Pattern Classification Using Large Geometric Margin Minimum Classification Error Training
    Mikiyo Kitaoka; Tetsuya Hashimoto; Tsubasa Ochiai; Shigeru Katagiri; Miho Ohsaki; Hideyuki Watanabe; Xugang Lu; Hisashi Kawai
    TENCON 2015 - 2015 IEEE REGION 10 CONFERENCE, 2015年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Formulation of the Kernel Logistic Regression based on the Confusion Matrix
    Miho Ohsaki; Kenji Matsuda; Peng Wang; Shigeru Katagiri; Hideyuki Watanabe
    2015 IEEE CONGRESS ON EVOLUTIONARY COMPUTATION (CEC), 2327 - 2334, 2015年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Feature Consisting of Mean, Standard Deviation, and LPC Cepstrum for the Prediction of Liver Fibrosis Stages in Chronic Hepatitis C: Second Report using Optimal Cepstral Order 【国際会議】
    Miho Ohsaki; Akifumi Miyazaki; Shigeru Katagiri; Hideto Yokoi; Katsuhiko Takabayashi
    Joint International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and International Symposium on Advanced Intelligent Systems SCIS&ISIS-2014, 1546 - 1549, 2014年12月
  • Robust and Efficient Pattern Classification using Large Geometric Margin Minimum Classification Error Training
    Hideyuki Watanabe; Tsukasa Ohashi; Shigeru Katagiri; Miho Ohsaki; Shigeki Matsuda; Hideki Kashioka
    JOURNAL OF SIGNAL PROCESSING SYSTEMS FOR SIGNAL IMAGE AND VIDEO TECHNOLOGY, 74(3) 297 - 310, 2014年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • Minimum Classification Error Training Incorporating Automatic Loss Smoothness Determination
    Hideyuki Watanabe; Jun'ichi Tokuno; Tsukasa Ohashi; Shigeru Katagiri; Miho Ohsaki; Shigeki Matsuda; Hideki Kashioka
    JOURNAL OF SIGNAL PROCESSING SYSTEMS FOR SIGNAL IMAGE AND VIDEO TECHNOLOGY, 74(3) 311 - 322, 2014年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • SPEAKER ADAPTIVE TRAINING USING DEEP NEURAL NETWORKS
    Tsubasa Ochiai; Shigeki Matsuda; Xugang Lu; Chiori Hori; Shigeru Katagiri
    2014 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH AND SIGNAL PROCESSING (ICASSP), 6399 - 6403, 2014年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • C型慢性肝炎の肝線維化ステージ推定を目指した検査値時系列の動的特徴量の提案
    大崎美穂; 宮崎淳文; 谷口恵梨; 片桐滋; 横井英人; 高林克日己
    医療情報学, Japan Association for Medical Informatics, 33(2) 79 - 98, 2013年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • A Feature Consisting of Mean, Standard Deviation, and LPC Cepstrum for the Prediction of Liver Fibrosis Stages in Chronic Hepatitis C
    Atsufumi MIYAZAKI; Miho OHSAKI; Eri TANIGUCHI; Shigeru KATAGIRI; Hideto YOKOI; Katsuhiko TAKABAYASHI
    Proc. SCIS & ISIS 2012, 2295 - 2298, 2012年11月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Application of Kernel Logistic Regression to the Prediction of Liver Fibrosis Stages in Chronic Hepatitis C
    Kenji Matsuda; Miho Ohsaki; Shigeru Katagiri; Hideto Yokoi; Katsuhiko Takabayashi
    6TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOFT COMPUTING AND INTELLIGENT SYSTEMS, AND THE 13TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ADVANCED INTELLIGENT SYSTEMS, 780 - 784, 2012年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Feature Extraction for the Prediction of Liver Fibrosis Stages in Chronic Hepatitis C
    Akifumi Miyazaki; Miho Ohsaki; Eri Taniguchi; Shigeru Katagiri; Hideto Yokoi; Katsuhiko Takabayashi
    TENCON 2012 - 2012 IEEE REGION 10 CONFERENCE: SUSTAINABLE DEVELOPMENT THROUGH HUMANITARIAN TECHNOLOGY, no. 1569625253 , 2012年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Minimum Classification Error Training Employing Real-Coded Genetic Algorithms
    Kensuke Ota; Shigeru Katagiri; Miho Ohsaki
    TENCON 2012 - 2012 IEEE REGION 10 CONFERENCE: SUSTAINABLE DEVELOPMENT THROUGH HUMANITARIAN TECHNOLOGY, no. 1569623985 , 2012年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Comparison between Minimum Classification Error Training and Relevance Vector Machine
    Hisashi Uehara; Hideyuki Watanabe; Shigeru Katagiri; Miho Ohsaki
    TENCON 2012 - 2012 IEEE REGION 10 CONFERENCE: SUSTAINABLE DEVELOPMENT THROUGH HUMANITARIAN TECHNOLOGY, no. 1569623681 , 2012年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Experimental Evaluation of Kernel Minimum Classification Error Training
    Hideaki Tanaka; Hideyuki Watanabe; Shigeru Katagiri; Miho Ohsaki
    TENCON 2012 - 2012 IEEE REGION 10 CONFERENCE: SUSTAINABLE DEVELOPMENT THROUGH HUMANITARIAN TECHNOLOGY, no. 1569622555 , 2012年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Minimum classification error vs. maximum margin: How should we penalize unseen samples?
    Shigeru Katagiri; Hideyuki Watanabe
    2012 3rd International Workshop on Cognitive Information Processing, CIP 2012, 2012年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • INCREASING VIRTUAL SAMPLES THROUGH LOSS SMOOTHNESS DETERMINATION IN LARGE GEOMETRIC MARGIN MINIMUM CLASSIFICATION ERROR TRAINING
    Tsukasa Ohashi; Hideyuki Watanabe; Jun'ichi Tokuno; Shigeru Katagiri; Miho Ohsaki; Shigeki Matsuda; Hideki Kashioka
    2012 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH AND SIGNAL PROCESSING (ICASSP), 2081 - 2084, 2012年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Minimum Classification Error Training with Automatic Control of Loss Smoothness
    Jun'ichi TOKUNO; Tsukasa OHASHIO; Hideyuki WATANABE; Shigeru KATAGIRI; Miho OHSAKI
    IEEE, Proc. Region 10 Conference (TENCON2011), 2011年11月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 幾何マージンに基づく誤分類尺度を用いた最小分類誤り学習法
    渡辺秀行; 片桐滋; 山田幸太; マクダーモットエリック; 中村篤; 渡部晋治; 大崎美穂
    電子情報通信学会論文誌 D, J94D(10) 1664 - 1675, 2011年10月, 研究論文(学術雑誌)
  • 逐次増加型最小分類誤り学習によるパターン認識
    渡辺秀行; 谷口真一; 片桐滋; 山田幸太; 中村篤; マクダーモットエリック; 渡部晋治; 大崎美穂
    電子情報通信学会論文誌 D, J94D(4) 702 - 711, 2011年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • Automatic Loss Smoothness Determination for Minimum Classification Error Training
    Jun'ichi Tokuno; Tsukasa Ohashi; Hideyuki Watanabe; Shigeru Katagiri; Miho Ohsaki
    2011 IEEE REGION 10 CONFERENCE TENCON 2011, 69 - 73, 2011年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Automatic Loss Smoothness Determination for Large Geometric Margin Minimum Classification Error Training
    Tsukasa Ohashi; Jun'ichi Tokuno; Hideyuki Watanabe; Mastar Project; Shigeru Katagiri; Miho Ohsaki
    2011 IEEE REGION 10 CONFERENCE TENCON 2011, 54 - 58, 2011年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • MINIMUM CLASSIFICATION ERROR TRAINING WITH GEOMETRIC MARGIN ENHANCEMENT FOR ROBUST PATTERN RECOGNITION
    Hideyuki Watanabe; Shigeru Katagiri; Miho Ohsaki
    2011 IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON MACHINE LEARNING FOR SIGNAL PROCESSING (MLSP), 2011年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • MINIMUM CLASSIFICATION ERROR TRAINING WITH AUTOMATIC SETTING OF LOSS SMOOTHNESS
    Hideyuki Watanabe; Jun'ichi Tokuno; Tsukasa Ohashi; Shigeru Katagiri; Miho Ohsaki
    2011 IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON MACHINE LEARNING FOR SIGNAL PROCESSING (MLSP), 2011年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • MINIMUM ERROR CLASSIFICATION WITH GEOMETRIC MARGIN CONTROL
    Hideyuki Watanabe; Shigeru Katagiri; Kouta Yamada; Erik McDermott; Atsushi Nakamura; Shinji Watanabe; Miho Ohsaki
    2010 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, 2170 - 2173, 2010年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 最大幾何マージン最小分類誤り学習法を目指して
    山田幸太; 片桐滋; マクダーモット・エリック; 渡辺秀行; 中村篤; 渡部晋治; 大崎美穂
    同志社大学理工学研究報告, 50(3) 43 - 52, 2009年10月, 研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Analysis of Subsequence Time-series Clustering Based on Moving Average
    Miho Ohsaki; Masakazu Nakase; Shigeru Katagiri
    2009 9TH IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON DATA MINING, 902 - 907, 2009年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A UNIFIED VIEW FOR DISCRIMINATIVE OBJECTIVE FUNCTIONS BASED ON NEGATIVE EXPONENTIAL OF DIFFERENCE MEASURE BETWEEN STRINGS
    Atsushi Nakamura; Erik McDermott; Shinji Watanabe; Shigeru Katagiri
    2009 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, VOLS 1- 8, PROCEEDINGS, 1633 - 1636, 2009年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Clinical Time-series Data Interpolation Based on Regression Diagonosis 【国際会議】
    Masakazu Nakase; Miho Ohsaki; Shigeru Katagiri
    Joint International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and International Symposium on Advanced Intelligent Systems SCIS&ISIS-2008, 1859 - 1863, 2008年09月
  • Clinical Time-series Data Interpolation Based on Regression Diagnosis
    Masakazu NAKASE; Miho OHSAKI; Shigeru KATAGIRI; Yukari HATADA
    SOFT & FCS, Proc. SCIS & ISIS 2008, SU-G1-3 1 - 5, 2008年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Elaborative Analysis of the Stereo Sound Reproduction Method Using Six Speakers
    Koji NOGUCHI; Aiko KUNIKAMI; Maiko SUGAWARA; Aki TSUTSUI; Shigeru KATAGIRI; Miho OHSAKI; Masato MIYOSHI
    AES, Proc. Japan Section Conference, 1 1 - 12, 2008年07月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Re-evaluation of the stereo reproduction method using six speakers for media space development
    Koji Noguchi; Aiko Kunikami; Maiko Sugawara; Aki Tsutsui; Shigeru Katagiri; Miho Ohsaki; Masato Miyoshi
    2008 INTERNATIONAL CONFERENCE ON AUDIO, LANGUAGE AND IMAGE PROCESSING, VOLS 1 AND 2, PROCEEDINGS, 2 225 - 231, 2008年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Inverting mappings from smooth paths through R-n to paths through R-m: A technique applied to recovering articulation from acoustics
    John Hogden; Philip Rubin; Erik McDermott; Shigeru Katagiri; Louis Goldstein
    SPEECH COMMUNICATION, 49(5) 361 - 383, 2007年05月, 研究論文(学術雑誌)
  • Discriminative training for large-vocabulary speech recognition using minimum classification error
    Erik McDermott; Timothy J. Hazen; Jonathan Le Roux; Atsushi Nakamura; Shigeru Katagiri
    IEEE TRANSACTIONS ON AUDIO SPEECH AND LANGUAGE PROCESSING, 15(1) 203 - 223, 2007年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • Dynamic assignment of Gaussian components in modelling speech spectra
    Parham Zolfaghari; Hiroko Kato; Yasuhiro Minami; Atsushi Nakamura; Shigeru Katagiri; Roy Patterson
    Journal of VLSI Signal Processing Systems for Signal, Image, and Video Technology, 45(1-2) 7 - 19, 2006年11月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Dynamic assignment of Gaussian components in modelling speech spectra
    Parham Zolfaghari; Hiroko Kato; Yasuhiro Minami; Atsushi Nakamura; Shigeru Katagiri; Roy Patterson
    JOURNAL OF VLSI SIGNAL PROCESSING SYSTEMS FOR SIGNAL IMAGE AND VIDEO TECHNOLOGY, 45(1-2) 7 - 19, 2006年11月, 研究論文(学術雑誌)
  • Discriminative training via minimization of risk estimates based on Parzen smoothing
    Erik McDermott; Shigeru Katagiri
    APPLIED INTELLIGENCE, 25(1) 37 - 57, 2006年08月, 研究論文(学術雑誌)
  • A new kernel-based formalization of minimum error pattern recognition
    Erik McDermott; Shigeru Katagiri
    Handbook of Pattern Recognition and Computer Vision, 3rd Edition, 41 - 54, 2005年01月01日, 論文集(書籍)内論文
  • Minimum classification error for large scale speech recognition tasks using weighted finite state transducers
    E McDermott; S Katagiri
    2005 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, VOLS 1-5, 1 113 - 116, 2005年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Theoretical Analysis of Speech Recognition Based on Feature Trajectory Models
    Y. Minami; E. McDermott; A. Nakamura; S. Katagiri
    ICSLP, I 549 - 552, 2004年10月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A derivation of minimum classification error from the theoretical classification risk using Parzen estimation
    E McDermott; S Katagiri
    COMPUTER SPEECH AND LANGUAGE, 18(2) 107 - 122, 2004年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • Recognition Method with Parametric Trajectory Synthesized Using Hmms
    Y. Minami; E. McDermott; A. Nakamura; S. Katagiri
    SWIM, 776 - 786, 2004年01月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Model selection for mixture of Gaussian based spectral modelling
    P Zolfaghari; H Kato; Y Minami; A Nakamura; S Katagiri
    MACHINE LEARNING FOR SIGNAL PROCESSING XIV, 325 - 334, 2004年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Bayesian modelling of the speech spectrum using mixture of Gaussians
    P Zolfaghari; S Watanabe; A Nakamura; S Katagiri
    2004 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, VOL I, PROCEEDINGS, 1 553 - 556, 2004年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Blind Inversion of Multidimensional Functions for Speech Enhancement
    John HOGDEN; Patrick F. VALDEZ; Shigeru KATAGIRI; Erik MCDERMOTT
    Proc. Eurospeech2003, 1409 - 1412, 2003年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 縦断的観察による語彙 と文の獲得の定量的分析
    乾敏郎; 天野成昭; 近藤公久; 片桐 滋
    認知科学, 10(2) 304 - 317, 2003年06月, 研究論文(学術雑誌)
  • A new formalization of minimum classification error using a Parzen estimate of classification chance
    E McDermott; S Katagiri
    2003 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, VOL II, PROCEEDINGS, 2 713 - 716, 2003年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Deriving disambiguous queries in a spoken interactive ODQA system
    C Hori; T Hori; H Isozaki; E Maeda; S Katagiri; S Furui
    2003 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, VOL I, PROCEEDINGS, 1 624 - 627, 2003年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Pervasive unsupervised adaptation for lecture speech transcription
    D Willett; T Niesler; E McDermott; Y Minami; S Katagiri
    2003 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, VOL I, PROCEEDINGS, 1 292 - 295, 2003年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Recognition method with parametric trajectory generated from mixture distribution HMMs
    Y Minami; E McDermott; A Nakamura; S Katagiri
    2003 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, VOL I, PROCEEDINGS, 1 124 - 127, 2003年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Parzen Window Based Derivation of Minimum Classification Error from the Theoretical Bayes Classification Risk
    Erik MCDERMOTT; Shigeru KATAGIRI
    IEEE, Proc. ICASSP2002, 2465 - 2468, 2002年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Unsupervised Pronunciation Adaptation for Off-line Transcription of Japanese Lecture Speeches
    Daniel WILLETT; Erik MCDERMOTT; Shigeru KATAGIRI
    ISCA, Proc. Tutorial and Research Workshop -Pronunciation Modeling and Lexicon Adaptation for Spoken Language (PMLA), 36 - 41, 2002年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Guest editorial special issue on intelligent multimedia processing
    Ling Guan; Tülay Adali; Shigeru Katagiri; Jan Larsen; Jose Principe
    IEEE Transactions on Neural Networks, 13(4) 789 - 792, 2002年07月, 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of native language on the production of second-language speech segments
    Ryo Komaki; Reiko Akahane-Yamada; Shigeru Katagiri
    Acoustical Science and Technology, 23(3) 163 - 165, 2002年05月, 研究論文(学術雑誌)
  • Minimum classification error via a Parzen window based estimate of the theoretical Bayes classification risk
    E McDermott; S Katagiri
    NEURAL NETWORKS FOR SIGNAL PROCESSING XII, PROCEEDINGS, 415 - 424, 2002年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A recognition method with parametric trajectory synthesized using direct relations between static and dynamic feature vector time series
    Y Minami; E McDermott; A Nakamura; S Katagiri
    2002 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, VOLS I-IV, PROCEEDINGS, 1 957 - 960, 2002年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Recent advances in efficient decoding combining on-line transducer composition and smoothed language model incorporation
    D Willett; S Katagiri
    2002 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, VOLS I-IV, PROCEEDINGS, 1 713 - 716, 2002年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A new approach to designing a feature extractor in speaker identification based on discriminative feature extraction
    C Miyajima; H Watanabe; K Tokuda; T Kitamura; S Katagiri
    SPEECH COMMUNICATION, 35(3-4) 203 - 218, 2001年10月, 研究論文(学術雑誌)
  • A Recognition Method Using Synthesis-Based Scoring That Incorporates Direct Relations Between Static and Dynamic Feature Vector Time Series
    Yasuhiro MIMAMI; Erik MCDERMOTT; Atsushi NAKAMURA; Shigeru KATAGIRI
    Proc. Workshop for Consistent & Reliable Acoustic Cues for Sound Analysis (CRAC2001), 1 - 4, 2001年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Time and Memory Efficient Viterbi Decoding for LVCSR using a Precompiled Search Network
    Daniel WILLETT; Erik MCDERMOTT; Yasuhiro MINAMI; Shigeru KATAGIRI
    Proc. Eurospeech 2001, 2 847 - 850, 2001年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An application of discriminative feature extraction lo filter-bank-based speech recognition
    A Biem; S Katagiri; E McDermott; BH Juang
    IEEE TRANSACTIONS ON SPEECH AND AUDIO PROCESSING, 9(2) 96 - 110, 2001年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • Smoothed language model incorporation for efficient time-synchronous beam search decoding in LVCSR
    D Willett; E McDermott; S Katagiri
    ASRU 2001: IEEE WORKSHOP ON AUTOMATIC SPEECH RECOGNITION AND UNDERSTANDING, CONFERENCE PROCEEDINGS, 178 - 181, 2001年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Law Discovery from Financial Data using Neural Networks
    Kazumi SAITO; Naonori UEDA; Shigeru KATAGIRI; Yutaka FUKAI; Hiroshi FUJIMARU; Masayuki FUJINAWA
    IEEE/IAFE/INFORMS, Proc. CIFEr2000, 209 - 212, 2000年03月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Discriminative training for large vocabulary telephone-based name recognition
    E McDermott; A Biem; S Tenpaku; S Katagiri
    2000 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, PROCEEDINGS, VOLS I-VI, 6 3739 - 3742, 2000年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Speaker Recognition Based on Discriminative Feature Extraction - Optimization of Mel-Cepstral Features Using Second-Order All-Pass Warping Function
    Chiyomi MIYAJIMA; Hideyuki WATANABE; Keiichi TOKUDA; Tadashi KITAMURA; Shigeru KATAGIRI
    Proc. Eurospeech99, 2 779 - 782, 1999年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A new approach to acoustic signal monitoring based on the generalized probabilistic descent method
    H Watanabe; Y Matsumoto; S Tanaka; S Katagiri
    IEEE TRANSACTIONS ON SIGNAL PROCESSING, 47(9) 2615 - 2618, 1999年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • Separation of an Overlapped Signal Using Speech Production Models
    Hideyuki WATANABE; Satoru FUJITA; Shigeru KATAGIRI
    IEEE, Neural Networks for Signal Processing IX, 293 - 302, 1999年08月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Pattern recognition using a family of design algorithms based upon the generalized probabilistic descent method
    S Katagiri; BH Juang; CH Lee
    PROCEEDINGS OF THE IEEE, 86(11) 2345 - 2373, 1998年11月, 研究論文(学術雑誌)
  • Sound monitoring based on the Generalized Probabilistic Descent method
    H Watanabe; Y Matsumoto; S Tanaka; S Katagiri
    NEURAL NETWORKS FOR SIGNAL PROCESSING VIII, 383 - 392, 1998年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Minimum Detection Error training for acoustic signal monitoring
    H Watanabe; Y Matsumoto; S Katagiri
    PROCEEDINGS OF THE 1998 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH AND SIGNAL PROCESSING, VOLS 1-6, 2 1193 - 1196, 1998年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Subspace method for minimum error pattern recognition
    H Watanabe; S Katagiri
    IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS, E80D(12) 1195 - 1204, 1997年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • Discriminative metric design for robust pattern recognition
    H Watanabe; T Yamaguchi; S Katagiri
    IEEE TRANSACTIONS ON SIGNAL PROCESSING, 45(11) 2655 - 2662, 1997年11月, 研究論文(学術雑誌)
  • String-Level MCE for Continuous Phoneme Recognition
    Erik MCDERMOTT; Shigeru KATAGIRI
    Proc. Eurospeech97, 1 123 - 126, 1997年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Pattern recognition using discriminative feature extraction
    A Biem; S Katagiri; BH Juang
    IEEE TRANSACTIONS ON SIGNAL PROCESSING, 45(2) 500 - 504, 1997年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • Efficient normalization based upon GPD
    E Woudenberg; A Biem; E McDermott; S Katagiri
    1997 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, VOLS I - V, 4 3245 - 3248, 1997年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • HMM speech recognizer based on discriminative metric design
    H Watanabe; S Katagiri
    1997 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, VOLS I - V, 4 3237 - 3240, 1997年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Cepstrum-based filter-bank design using discriminative feature extraction training at various levels
    A Biem; S Katagiri
    1997 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, VOLS I - V, 2 1503 - 1506, 1997年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Neural Networks for Pattern Recognition
    Shigeru KATAGIRI
    Proc. 1996 Invited Workshop on Pattern Recognition for Multimedia Techniques, 5 - 20, 1996年10月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Toward a unified design of pattern recognizers
    H Watanabe; A Biem; S Katagiri
    NEURAL NETWORKS FOR SIGNAL PROCESSING VI, 283 - 292, 1996年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Discriminative feature extraction application to filter bank design
    A Biem; E McDermott; S Katagiri
    NEURAL NETWORKS FOR SIGNAL PROCESSING VI, 273 - 282, 1996年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A telephone-based directory assistance system adaptively trained using minimum classification error generalized probabilistic descent
    E McDermott; EA Woudenberg; S Katagiri
    1996 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, CONFERENCE PROCEEDINGS, VOLS 1-6, 6 3346 - 3349, 1996年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Discriminative Filter Bank Model for Speech Recognition
    Alain BIEM; Erik MCDERMOTT; Shigeru KATAGIRI
    Proc. Eurospeech95, 545 - 548, 1995年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Discriminative Subspace Method for Minimum Error Pattern Recognition
    Hideyuki WATANABE; Shigeru KATAGIRI
    IEEE, Neural Networks for Signal Processing V, 77 - 86, 1995年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Novel Approach to Pattern Recognition Based on Discriminative Metric Design
    Hideyuki WATANABE; Tsuyoshi YAMAGUCHI; Shigeru KATAGIRI
    IEEE, Neural Networks for Signal Processing V, 48 - 57, 1995年08月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A MINIMUM ERROR APPROACH TO SPOTTING-BASED PATTERN-RECOGNITION
    T KOMORI; S KATAGIRI
    IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS, E78D(8) 1032 - 1043, 1995年08月, 研究論文(学術雑誌)
  • DISCRIMINATIVE METRIC DESIGN FOR PATTERN RECOGNITION
    H WATANABE; T YAMAGUCHI; S KATAGIRI
    1995 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING - CONFERENCE PROCEEDINGS, VOLS 1-5, 5 3439 - 3442, 1995年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A novel spotting-based approach to continuous speech recognition: Minimum error classification of keyword-sequences
    Takashi Komori; Shigeru Katagiri
    Journal of the Acoustical Society of Japan (E) (English translation of Nippon Onkyo Gakkaishi), 16(3) 147 - 157, 1995年, 研究論文(学術雑誌)
  • A Unified Approach to Pattern Recognition
    Shigeru KATAGIRI
    Proc. 1994 Int. Symp. Artificial Neural Networks, 561 - 570, 1994年12月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • PROTOTYPE-BASED MINIMUM CLASSIFICATION ERROR GENERALIZED PROBABILISTIC DESCENT TRAINING FOR VARIOUS SPEECH UNITS
    E MCDERMOTT; S KATAGIRI
    COMPUTER SPEECH AND LANGUAGE, 8(4) 351 - 368, 1994年10月, 研究論文(学術雑誌)
  • A Novel Fuzzy Partition Model Architecture for Classifying Dynamic Patterns
    Yoshinaga KATO; Shigeru KATAGIRI
    Proc. ICSLP94, 1551 - 1554, 1994年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Minimum Error Classification of Keyword-Sequences
    Takashi KOMORI; Shigeru KATAGIRI
    IEEE, Neural Networks for Signal Processing IV, 352 - 361, 1994年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Minimum Error Training for Speech Recognition
    Erik MCDERMOTT; Shigeru KATAGIRI
    IEEE, Neural Networks for Signal Processing IV, 259 - 268, 1994年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • PROTOTYPE-BASED MINIMUM ERROR TRAINING FOR SPEECH RECOGNITION
    E MCDERMOTT; S KATAGIRI
    APPLIED INTELLIGENCE, 4(3) 245 - 256, 1994年07月, 研究論文(学術雑誌)
  • FILTER BANK DESIGN BASED ON DISCRIMINATIVE FEATURE EXTRACTION
    A BIEM; S KATAGIRI
    ICASSP-94 - PROCEEDINGS, VOL 1, 1 485 - 488, 1994年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A New Hybrid Algorithm for Speech Recognition Based on HMM Segmentation and Learning Vector Quantization
    Shigeru Katagiri; Chin-Hui Lee
    IEEE TRANSACTIONS ON SPEECH AND AUDIO PROCESSING, 1(4) 421 - 430, 1993年10月, 研究論文(学術雑誌)
  • Discriminative Feature Extraction for Speech Recognition
    Alain BIEM; Shigeru KATAGIRI; Biing-Hwang JUANG
    IEEE, Neural Networks for Signal Processing III, 392 - 401, 1993年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A New Learning Algorithm for Minimizing Spotting Errors
    Takashi KOMORI; Shigeru KATAGIRI
    IEEE, Neural Networks for Signal Processing III, 333 - 342, 1993年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • PROTOTYPE-BASED MCE/GPD TRAINING FOR WORD SPOTTING AND CONNECTED WORD RECOGNITION
    E MCDERMOTT; S KATAGIRI
    ICASSP-93 : 1993 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, VOLS 1-5, 2 B291 - B294, 1993年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • FEATURE-EXTRACTION BASED ON MINIMUM CLASSIFICATION ERROR GENERALIZED PROBABILISTIC DESCENT METHOD
    A BIEM; S KATAGIRI
    ICASSP-93 : 1993 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, VOLS 1-5, 2 B275 - B278, 1993年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • AN OPTIMAL LEARNING-METHOD FOR MINIMIZING SPOTTING ERRORS
    T KOMORI; S KATAGIRI
    ICASSP-93 : 1993 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, VOLS 1-5, 2 B271 - B274, 1993年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Re-evaluation of lvq-hmm hybrid algorithm
    Hitoshi Iwamida; Shigeru Katagiri; Erik McDermott
    Journal of the Acoustical Society of Japan (E) (English translation of Nippon Onkyo Gakkaishi), 14(4) 267 - 274, 1993年, 研究論文(学術雑誌)
  • A minimum-distortion segmentation/LVQ hybrid algorithm for speech recognition
    Andrew Duchon; Shigeru Katagiri
    Journal of the Acoustical Society of Japan (E), 14(1) 37 - 42, 1993年, 研究論文(学術雑誌)
  • DISCRIMINATIVE LEARNING FOR MINIMUM ERROR CLASSIFICATION
    BH JUANG; S KATAGIRI
    IEEE TRANSACTIONS ON SIGNAL PROCESSING, 40(12) 3043 - 3054, 1992年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • APPLICATION OF A GENERALIZED PROBABILISTIC DESCENT METHOD TO DYNAMIC TIME WARPING-BASED SPEECH RECOGNITION
    T KOMORI; S KATAGIRI
    ICASSP-92 - 1992 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, VOLS 1-5, 1 A497 - A500, 1992年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • PROTOTYPE-BASED DISCRIMINATIVE TRAINING FOR VARIOUS SPEECH UNITS
    E MCDERMOTT; S KATAGIRI
    ICASSP-92 - 1992 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH, AND SIGNAL PROCESSING, VOLS 1-5, 1 A417 - A420, 1992年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • GPD training of dynamic programming-based speech recognizers
    Takashi Komori; Shigeru Katagiri
    Journal of the Acoustical Society of Japan (E), 13(6) 341 - 349, 1992年, 研究論文(学術雑誌)
  • Discriminative training
    Biing-Hwang Juang; Shigeru Katagiri
    Journal of the Acoustical Society of Japan (E), 13(6) 333 - 339, 1992年, 研究論文(学術雑誌)
  • New Discriminative Training Algorithms Based on the Generalized Probabilistic Descent Method
    Shigeru KATAGIRI; Chin-Hui LEE; Biing-Hwang JUANG
    IEEE, Neural Networks for Signal Processing, 299 - 308, 1991年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Discriminative Multi-Layer Feed-Forward Networks
    Shigeru KATAGIRI; Chin-Hui LEE; Biing-Hwang JUANG
    IEEE, Neural Networks for Signal Processing, 11 - 20, 1991年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • LVQ-BASED SHIFT-TOLERANT PHONEME RECOGNITION
    E MCDERMOTT; S KATAGIRI
    IEEE TRANSACTIONS ON SIGNAL PROCESSING, 39(6) 1398 - 1411, 1991年06月, 研究論文(学術雑誌)
  • A MINIMUM ERROR APPROACH TO SPEECH AND PATTERN-RECOGNITION
    BH JUANG; S KATAGIRI
    CONFERENCE RECORD OF THE TWENTY-FIFTH ASILOMAR CONFERENCE ON SIGNALS, SYSTEMS & COMPUTERS, VOLS 1 AND 2, 959 - 963, 1991年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • SPEAKER-INDEPENDENT LARGE VOCABULARY WORD RECOGNITION USING AN LVQ HMM HYBRID ALGORITHM
    H IWAMIDA; S KATAGIRI; E MCDERMOTT
    ICASSP 91, VOLS 1-5, S8 553 - 556, 1991年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A NEW CONNECTED WORD RECOGNITION ALGORITHM BASED ON HMM LVQ SEGMENTATION AND LVQ CLASSIFICATION
    P RAMESH; S KATAGIRI; CH LEE
    ICASSP 91, VOLS 1-5, S2 113 - 116, 1991年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 聴覚・音声知覚モデルと音声情報処理への応用
    片桐 滋
    人工知能学会誌, 6(3) 351 - 357, 1991年
  • On the Robustness of HMM and ANN Speech Recognition Algorithms
    Yasuhiro MINAMI; Toshiyuki HANAZAWA; Hitoshi IWAMIDA; Erik MCDERMOTT; Kiyohiro SHIKANO; Shigeru KATAGIRI; Masao NAKAGAWA
    Proc. ICSLP90, 1345 - 1348, 1990年11月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Large-Scale Japanese Speech Database
    Yoshinori SAGISAKA; Masanobu ABE; Tetsuo UMEDA; Shigeru KATAGIRI; Kazuya TAKEDA; Hisao KUWABARA
    Proc. ICSLP90, 1089 - 1092, 1990年11月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A NEW HMM/LVQ HYBRID ALGORITHM FOR SPEECH RECOGNITION
    S KATAGIRI; CH LEE
    GLOBECOM 90 - IEEE GLOBAL TELECOMMUNICATIONS CONFERENCE & EXHIBITION, VOLS 1-3, 1032 - 1036, 1990年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A hybrid speech recognition system using HMMs with an LVQ-trained codebook
    Hitoshi Iwamida; Shigeru Katagiri; Erik Mcdermott; Yoh’ichi Tohkura
    Journal of the Acoustical Society of Japan (E), 11(5) 277 - 286, 1990年, 研究論文(学術雑誌)
  • ATR Japanese speech database as a tool of speech recognition and synthesis
    Akira Kurematsu; Kazuya Takeda; Yoshinori Sagisaka; Shigeru Katagiri; Hisao Kuwabara; Kiyohiro Shikano
    Speech Communication, 9(4) 357 - 363, 1990年, 研究論文(学術雑誌)
  • A HYBRID SPEECH RECOGNITION SYSTEM USING HMMS WITH AN LVQ-TRAINED CODEBOOK
    H IWAMIDA; S KATAGIRI; E MCDERMOTT; Y TOHKURA
    ICASSP 90, VOLS 1-5, 489 - 492, 1990年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Construction of a Large-Scale Japanese Speech Database and its Management System
    H. KUWABARA; K. TAKEDA; Y. SAGISAKA; S. KATAGIRI; S. MORIKAWA; T. WATANABE
    IEEE, Proc. ICASSP89, S10 560 - 563, 1989年05月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A New Algorithm for Representing Acoustic Feature Dynamics
    Shigeru KATAGIRI; Erik MCDERMOTT; Manami YOKOTA
    IEEE, Proc. ICASSP89, S6 322 - 325, 1989年05月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Shift-Invariant, Multi-Category Phoneme Recognition Using Kohonen's LVQ2
    Erik MCDERMOTT; Shigeru KATAGIRI
    IEEE, Proc. ICASSP89, S3 81 - 84, 1989年05月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 研究用日本語音声データベースの構築
    武田一哉; 匂坂芳典; 片桐 滋; 桑原尚夫
    日本音響学会誌, 44(10) 747 - 754, 1988年10月, 研究論文(学術雑誌)
  • Phoneme Recognition Using Visual Features on Speech Spectrograms
    Shigeru KATAGIRI; Manami YOKOTA
    Proc. European Conf. on Speech Tech., 1 365 - 368, 1987年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Acoustic-Phonetic Labels in a Japanese Speech Database
    Kazuya TAKEDA; Yoshinori SAGISAKA; Shigeru KATAGIRI
    Proc. European Conf. on Speech Tech., 2 13 - 16, 1987年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 単音節知覚における時間情報の役割
    片桐 滋; 東倉洋一; 古井貞熙
    日本音響学会誌, 42(2) 97 - 105, 1986年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • A new method of cepstrum analysis using comb type quefrency window
    Ghen Ohyama; Sigeru Katagiri; Ken’ichi Kido
    Journal of the Acoustical Society of Japan (E) (English translation of Nippon Onkyo Gakkaishi), 2(3) 135 - 139, 1981年, 研究論文(学術雑誌)
  • A New Method of Cepstrum Analysis by Using Comb Filter
    Gen OOYAMA; Shigeru KATAGIRI; Ken'ichi KIDO
    3 19 - 22, 1978年04月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)

MISC

  • 音声言語処理における深層学習ツールキット解説
    落合翼; 松廣達也; 松田繁樹; 片桐滋
    日本音響学会誌, 日本音響学会, 73(1) 63 - 72, 2017年01月, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 高臨場感を与える視聴覚ディスプレイのための音像制御システム
    中谷 彰皓; 片桐 滋; 大崎 美穂
    情報処理学会研究報告. GN, [グループウェアとネットワークサービス], 一般社団法人情報処理学会, 2015(23) 1 - 6, 2015年03月05日
  • ローカル・ラグ制御を伴うマルチメディア伝送サーバの構築
    李 榮宰; 片桐 滋; 大崎 美穂
    情報処理学会研究報告. GN, [グループウェアとネットワークサービス], 一般社団法人情報処理学会, 2015(22) 1 - 8, 2015年03月05日
  • 大幾何マージン最小分類誤り学習法におけるデータ分割法と未知標本耐性の関係について (マルチメディア・仮想環境基礎)
    白石 裕之; 渡辺 秀行; 片桐 滋; ル シュガン; 堀 智織; 大崎 美穂
    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 一般社団法人電子情報通信学会, 114(410) 177 - 182, 2015年01月22日
  • ビットストリング型遺伝的アルゴリズムを用いた最小分類誤り学習の分析 (マルチメディア・仮想環境基礎)
    外越 寛人; 渡辺 秀行; 片桐 滋; ル シュガン; 堀 智織; 大崎 美穂
    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 一般社団法人電子情報通信学会, 114(410) 171 - 176, 2015年01月22日
  • ピットストリング型遺伝的アルゴリズムを用いた最小分類誤り学習の分析
    外越 寛人; 渡辺 秀行; 片桐 滋; ル シュガン; 堀 智織; 大崎 美穂
    情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア], 一般社団法人情報処理学会, 2015(30) 1 - 6, 2015年01月15日
  • 大幾何マージン最小分類誤り学習法におけるデータ分割法と未知標本耐性の関係について
    白石 裕之; 渡辺 秀行; 片桐 滋; ル シュガン; 堀 智織; 大崎 美穂
    情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア], 一般社団法人情報処理学会, 2015(31) 1 - 6, 2015年01月15日
  • t-Roomにおける赤外線センサを用いた動画像オブジェクト抽出
    上埜敏司; 片桐滋; 大崎美穂
    2014年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, [情報処理学会関西支部], 2014 7p , 2014年09月10日
  • 最小分類誤り学習法におけるプロトタイプ数の自動的最適化手法の実験的評価
    荻野将大; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂; 堀智織
    2014年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, [情報処理学会関西支部], 2014 8p , 2014年09月10日
  • ローカル・ラグ制御機能を持った音響サーバの性能評価実験
    大島義博; 片桐滋; 大崎美穂
    2014年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, [情報処理学会関西支部], 2014 8p , 2014年09月10日
  • 平面ディスプレイと音響反射板を用いた音像生成方式における視覚的遮蔽問題の回避を目指した新形状の提案
    山下春香; 片桐滋; 大崎美穂
    2014年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, [情報処理学会関西支部], 2014 6p , 2014年09月10日
  • 幾何マージン増大型学習におけるデータ分割法について
    白石裕之; 竹中一馬; 渡辺秀行; 片桐滋; 大崎美穂; 堀智織
    2014年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, [情報処理学会関西支部], 2014 8p , 2014年09月10日
  • Guest Editorial: Machine Learning for Signal Processing
    Shigeru Katagiri; Atsushi Nakamura; Tuelay Adali; Jianhua Tao; Jan Larsen; Tieniu Tan
    JOURNAL OF SIGNAL PROCESSING SYSTEMS FOR SIGNAL IMAGE AND VIDEO TECHNOLOGY, SPRINGER, 74(3) 281 - 283, 2014年03月, その他
  • 身体動作を伴うコラボレーションのためのメディア空間
    電子情報通信学会 総合大会, 2014年, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 話者正規化学習されたディープニューラルネットワークによる教師なし話者適応
    日本音響学会春季研究発表会, 2014年
  • プロトタイプ数の自動的最適化を伴う大幾何マージン最小分類誤り学習法
    電子情報通信学会 パターン認識とメディア理解 研究会, 2014年
  • 最小分類誤り基準に基づく多クラスサポートベクターマシン
    電子情報通信学会 パターン認識とメディア理解 研究会, 2014年
  • カーネル写像を用いた最小分類誤り学習法
    電子情報通信学会 パターン認識とメディア理解 研究会, 2014年
  • クラス共通損失関数平滑度の自動設定法を伴う最小分類誤り学習法
    電子情報通信学会 パターン認識とメディア理解 研究会, 2014年
  • Linux版t-Roomの開発:デバイス制御システムの設計と実装
    情報処理学会 グループウェアとネットワークサービス 研究会, 2014年
  • ローカル・ラグ制御機能を持つ音楽同期演奏システムの提案
    情報処理学会 グループウェアとネットワークサービス 研究会, 2014年
  • ディープラーニング事前学習の効果に関するユニット出力可視化を通した実験的考察
    電子情報通信学会 パターン認識とメディア理解 研究会, 2014年
  • Proposal of the Dynamic Features of Clinical Time Series for the Prediction of Liver Fibrosis Stages in Chronic Hepatitis C
    Shigeru KATAGIRI
    Japan Journal of Medical Informatics, 33(2) 79 - 98, 2013年
  • C型慢性肝炎の肝線維化ステージ推定を目指した検査値時系列区分化の影響の検証
    情報処理学会 バイオ情報学研究会, 2013年
  • C型慢性肝炎の肝線維化ステージ推定を目指したスペクトラム推定量に基づく特徴量の比較
    情報処理学会 バイオ情報学研究会, 2013年
  • 映像の有無を伴う音響反射板方式の音像定位精度の評価
    電子情報通信学会 応用音響研究会, 2013年
  • 遠隔コラボレーション支援システム「t-Room」のための顔認識技術の検討
    電子情報通信学会総合全国大会, 2013年, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 遠隔コラボレーション支援システム"t-Room"における重ね合わせ映像表示法に関する検討
    電子情報通信学会総合全国大会, 2013年, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 遠隔コラボレーション支援システム「t-Room」のためのSIPを用いた接続手法の提案
    電子情報通信学会総合全国大会, 2013年, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 音響反射板方式を用いた映像と音像の同時提示における聞こえの質の評価
    日本音響学会春季研究発表会, 2013年
  • 音響反射板方式における映像と音像定位の相互作用に関する評価
    日本音響学会春季研究発表会, 2013年
  • 遠隔コラボレーション支援のための映像伝送システムの開発とその遅延評価
    情報処理学会 グループウェアとネットワークサービス 研究会, 2013年
  • 自然な獲得動作に倣うデータ転送法の提案
    ヒューマンインタフェース学会研究会, 2012年
  • ローカル・ラグ制御機能と同期機能を持つ音響サーバの性能評価
    情報処理学会関西支部大会, 2012年
  • 音響反射板方式における複数音像生成の性能評価
    日本音響学会秋季研究発表会, 2012年
  • 大幾何マージン最小分類誤り学習法における仮想標本生成の効果の検証
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012), 2012年, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • C型慢性肝炎の肝線維化ステージ予測に適する特徴量の検討
    第39回知能システムシンポジウム, 2012年
  • スマートフォンを利用した遠隔コラボレーション支援システム「t-Room」の拡張
    電子情報通信学会総合大会, 2012年, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • t-RoomにおけるSIPを用いた動的なVPN接続環境の構築
    電子情報通信学会総合大会, 2012年, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 位置情報に基づくインタラクティブ映像探索手法の提案
    映像情報メディア学会 ヒューマンインフォメーション研究会, 2012年
  • C型慢性肝炎の肝線維化ステージ予測に役立つ特徴量の提案
    第32回東海ファジィ研究会, 2012年
  • C型慢性肝炎の肝線維化ステージ分類手法の比較
    第32回東海ファジィ研究会, 2012年
  • 遠隔協働支援システム「t-Room」における映像オブジェクト抽出法の改良
    電子情報通信学会 画像工学研究会, 2012年
  • 遠隔コラボレーション支援システム「t-Room」における複数カメラ映像を用いた利用者追跡
    電子情報通信学会 画像工学研究会, 2012年
  • 粒子フィルタと最小分類誤り学習を用いた映像オブジェクト追跡法の検討
    電子情報通信学会 画像工学研究会, 2012年
  • 単眼カメラを搭載したラジコンヘリコプターを用いた全周パノラマ画像の生成
    電子情報通信学会 画像工学研究会, 2012年
  • ローカル・ラグ制御機能を持つ音響サーバを用いた遠隔合奏の評価
    情報処理学会 オーディオビジュアル複合商法処理 研究会, 2012年
  • ローカル・ラグ制御機能とログ同期機能を持つ音響サーバの開発
    情報処理学会 オーディオビジュアル複合情報処理 研究会, 2012年
  • Minimum Classification Error Training using Geometric-Margin-Based Misclassification Measure
    Shigeru KATAGIRI
    IEICE Transactions D, J94D(10) 1664 - 1675, 2011年
  • Incremental Minimum Classification Error Training for Pattern Recognition
    Shigeru KATAGIRI
    IEICE Transactions D, J94D(4) 702 - 711, 2011年
  • 平面ディスプレイと音響反射板を用いた音像生成システムの受聴実験評価
    日本音響学会秋季研究発表会, 2011年
  • 大幾何マージン最小分類誤り学習に対する損失関数平滑度の自動制御の適用
    電子情報通信学会 パターン認識とメディア理解 研究会, 2011年
  • 多チャンネル音響インタフェースを用いた平面ディスプレイ上の音像生成システムの構築
    日本音響学会 第13回関西支部若手研究者交流研究発表会, 2010年, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • カーネルに基づく高次元空間における大幾何マージン最小分類誤り学習の提案
    電子情報通信学会 パターン認識とメディア理解 研究会, 2010年
  • プロトタイプ型分類器設計における最小分類誤り学習法とサポートベクターマシンの比較
    電子情報通信学会 パターン認識とメディア理解 研究会, 2010年
  • t-Roomにおける接続先実行環境を考慮した動的制御の提案と開発
    情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理 研究会, 2010年
  • t-Room環境に適したVPN接続手法の選定とQoSによる動的通信帯域制御手法の提案
    情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理 研究会, 2010年
  • LinuxルータとSIPサーバを用いたt-Room間接続環境の構築
    情報処理学会関西支部大会, 2010年
  • 遠隔コミュニケーション環境の評価を目指した話者遷移のモデル化
    情報処理学会関西支部大会, 2010年
  • ローカルラグ制御機能を持つ音響システムの改良
    情報処理学会関西支部大会, 2010年
  • 遠隔協働支援システムt-Roomにおける映像エコー・キャンセリング法の実装と実験的評価
    情報処理学会関西支部大会, 2010年
  • 損失関数平滑度の自動制御を伴う最小分類誤り学習法
    電子情報通信学会 パターン認識とメディア理解 研究会, 2010年
  • 自己回帰モデルに基づく時系列医療データの予後分類
    第24回人工知能学会全国大会, 2010年
  • タスク依存性に着目した遠隔コミュニケーション環境の比較評価
    インタラクション2010, 2010年, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • Towards Maximum Geometric Margin Minimum Error Classification
    Shigeru KATAGIRI
    The Science and Engineering Review of Doshisha University, 50(3) 43 - 52, 2009年
  • 映像フィードバックに伴うエコーのキャンセリング法に関する実験的評価
    電子情報通信学会 パターン認識とメディア理解 研究会, 2009年
  • 粒子フィルタと最小分類誤り学習を用いる指映像認識
    電子情報通信学会 パターン認識とメディア理解 研究会, 2009年
  • t-Roomのための遠隔合奏支援システムの構築
    情報処理学会 グループウェアとネットワークサービス研究会, 2009年
  • 未来の電話「t-Room」のための開発支援システムの提案
    情報処理学会 システム評価研究会, 2009年
  • 大幾何マージン最小分類誤り学習法
    情報論的学習理論ワークショップ2009, 2009年
  • アンサンブル型最小分類誤り学習法の実装と実験的評価
    電子情報通信学会 パターン認識とメディア理解 研究会, 2009年
  • 判別関数の一般形に対する幾何マージンの導出とその制御を伴う最小分類誤り学習
    電子情報通信学会 パターン認識とメディア理解 研究会, 2009年
  • 最小分類誤り学習における幾何マージンの制御法について
    電子情報通信学会 音声研究会, 2009年
  • 収音方法がスピーカ受聴における音像定位に与える影響の分析
    2009年日本音響学会春季研究発表会, 2009年
  • アンサンブル型最小分類誤り学習の提案
    電子情報通信学会 パターン認識とメディア理解 研究会, 2009年
  • 遠隔協働における参加者位置関係情報の影響の分析
    インタラクション2009, 2009年, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 未来の電話「t-Room」の機能強化に向けて
    インタラクション2009, 2009年, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 回帰診断に基づく医療データの補間の検討
    第7回情報科学技術フォーラム, 2008年
  • 移動平均法に基づく部分時系列クラスタリングの再解釈
    第22回人工知能学会全国大会, 2008年
  • 遠隔共創空間のための発話者位置同定法に関する基礎検討
    第10回日本音響学会開催支部若手研究者発表会, 2007年, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • Advanced computational models and learning theories for spoken language processing
    Atsushi Nakamura; Shinji Watanabe; Takaaki Hori; Erik McDermott; Shigeru Katagiri
    IEEE COMPUTATIONAL INTELLIGENCE MAGAZINE, IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC, 1(2) 5 - +, 2006年05月, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • A Study of Word and Sentence Acquisition: Quantitative Analysis of Longitudial Data
    Shigeru KATAGIRI
    Cognitive Studies, 10(2) 304 - 317, 2003年
  • 言語獲得過程の定量的分析 (III) 発達関数の数理的考察
    乾敏郎; 大庭真人; 天野成昭; 片桐滋
    日本心理学会大会発表論文集, 66th 802 , 2002年08月
  • 静的特徴量時系列と動的特徴量時系列の関係を用いたトラジェクトリパラメータ生成による音声認識手法
    南 泰浩; マクダーモット エリック; 中村 篤; 片桐 滋
    日本音響学会研究発表会講演論文集, 2002(1) 83 - 84, 2002年03月18日
  • 大語彙連続音声認識におけるビームサーチ性能向上のための言語モデル同期化法
    ヴィレット ダニエル; マクダーモット エリック; 南 泰浩; 片桐 滋
    日本音響学会研究発表会講演論文集, 2001(2) 99 - 100, 2001年10月01日
  • 言語獲得過程の定量的分析 (II) 言語使用の母子間の相関
    乾敏郎; 天野成昭; 近藤公久; 片桐滋
    日本心理学会大会発表論文集, 65th 485 , 2001年10月
  • 「知」のモデルを求めて‐知能情報研究の過去,現在, 未来‐
    片桐 滋
    NTT R&D, 50(5) 336 - 346, 2001年05月, 記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)
  • 有限状態変換器で定義される任意の音声認識タスクのための時間同期ビタービデコーダ
    ヴィレット ダニエル; マクダーモット エリック; 南 泰浩; 中村 篤; 片桐 滋
    日本音響学会研究発表会講演論文集, 2001(1) 13 - 14, 2001年03月01日
  • Towards a Model of Intelligence Systems: The Past, Present, and Future of Intelligent Communication Systems
    Shigeru KATAGIRI
    NTT R&D, 50(5) 336 - 346, 2001年
  • 言語獲得過程の定量的分析
    乾敏郎; 小林章子; 天野成昭; 近藤公久; 片桐滋
    日本心理学会大会発表論文集, 64th 776 , 2000年
  • 識別的特徴抽出に基づく話者認識 : メルケプストラム特徴の最適化
    宮島 千代美; 渡辺 秀行; 徳田 恵一; 北村 正; 片桐 滋
    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声, 一般社団法人電子情報通信学会, 99(256) 1 - 8, 1999年08月06日
  • 一般化確率的降下法の展開
    片桐 滋
    日本音響学会誌, 一般社団法人日本音響学会, 55(8) 563 - 568, 1999年08月, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 識別的特徴抽出に基づく話者認識 -2次オールパス関数に基づくメルケプストラム特徴の最適化-
    宮島 千代美; 渡辺 秀行; 徳田 恵一; 北村 正; 片桐 滋
    日本音響学会研究発表会講演論文集, 1999(1) 35 - 36, 1999年03月01日
  • インターネットでL/Rに挑戦しませんか?‐基礎研究成果をマルチメディア発信‐
    片桐 滋
    NTT技術ジャーナル, 145 - 147, 1998年10月, 記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)
  • Let's study L/R hearing with the Internet: Multimedia publicity of research outputs
    Shigeru KATAGIRI
    NTT Technical Journal, 145 - 147, 1998年
  • 最小分類誤りを用いた連続音素認識の最適化
    マクダーモット エリック; 片桐 滋
    日本音響学会研究発表会講演論文集, 1997(1) 193 - 194, 1997年03月01日
  • Auditory/Speech-perception Modeling and Its Applications to Speech Processing
    Shigeru KATAGIRI
    J. Japanese Society for Artificial Intelligence, 6(3) 351 - 357, 1991年
  • 研究用日本語音声デ-タベ-スの構築
    武田 一哉; 匂坂 芳典; 片桐 滋; 桑原 尚夫
    日本音響学会誌, 一般社団法人日本音響学会, 44(10) 747 - 754, 1988年
  • A role of duration in syllable perception
    S. KATAGIRI
    J. Acoust. Soc. Jpn., 42(2) 97 - 105, 1986年
  • スペクトルリーディングに基づく音韻特徴探索システム
    片桐 滋; 古井 貞熙
    日本音響学会 音声研究会資料 S84-56, 437 - 444, 1984年

書籍等出版物

  • Pattern Recognition in Speech and Language Processing
    Shigeru KATAGIRI
    CRC Press, 2003年02月, 分担執筆, Chapter 4 "Speech Pattern Recognition Using Neural Networks"
  • Handbook of Neural Network Signal Processing
    Shigeru KATAGIRI
    CRC Press, 2001年08月, 分担執筆, Chapter 10 "Applications of Artificial Neural Networks to Speech Processing"
  • Nonlinear Dynamical Systems -Feedforward Neural Network Perspective-
    Irwin W; SANDBERG; James T. LO; Craig L. FANCOURT; Jose C. PRINCIPE; Shigeru KATAGIRI; Simon HAYKIN
    John Wiley & Sons, 2001年02月, 共著, Chapter 5 "Application of Feedforward Networks to Speech"
  • Intelligent Signal Processing
    Shigeru KATAGIRI; Biing-Hwang JUANG; Chin-Hui LEE
    IEEE Press, 2001年01月, 分担執筆, Pattern Recognition Using a Family of Design Algorithms Based Upon the Generalized Probabilistic Descent Method
  • Handbook of Neural Networks for Speech Processing
    Shigeru KATAGIRI
    Artech House, 2000年10月, 共編者(共編著者)
  • Handbook of Pattern Recognition and Computer Vision
    Shigeru KATAGIRI; Erik MCDERMOTT
    World Scientific Pub., 1999年03月, 分担執筆, Discriminative Training -Recent Progress in Speech Recognition
  • Signal Processing Technology and Applications
    Alain BIEM; Shigeru KATAGIRI; Biing-Hwang JUANG
    IEEE Press, 1995年09月, 分担執筆, Discriminative Feature Extraction for Speech Recognition
  • ニューラルネットワーク応用
    片桐滋; 杉山雅英
    オーム社, 1995年07月, 分担執筆, 4章「音声情報処理への応用」
  • Applications of Neural Networks
    Ohm Pub., 1995年
  • Artificial Neural Networks for Speech and Vision
    Shigeru KATAGIRI; Biing-Hwang JUANG; Alain BIEM
    Chapman & Hall, 1994年01月, 分担執筆, Chapter 18 "Discriminative Feature Extraction"
  • Readings in Speech Recognition
    Erik MCDERMOTT; Hitoshi IWAMIDA; Shigeru KATAGIRI; Yoh'ichi TOHKURA
    Morgan Kaufmann, 1990年05月, 分担執筆, Shift-Tolerant LVQ and Hybrid LVQ-HMM for Phoneme Recognition

講演・口頭発表等

  • To Ride the Tide or To Stick with The Basics?
    Shigeru KATAGIRI
    ACM, International Conference on Signal Processing and Machine Learning (SPML2019), 2019年11月, 口頭発表(基調)
  • From Bayes Error to Bayes Boundary
    Shigeru KATAGIRI
    ACM, International Conference on Signal Processing and Machine Learning (SPML2018), 2018年11月, 口頭発表(基調)
  • パターン認識課題にどう向き合うか–一般化確率的降下法と最小分類誤り学習法の狭間で-
    片桐 滋
    電子情報通信学会 パターン認識•メディア理解研究会, 2009年12月, 口頭発表(招待・特別), 栃木(鬼怒川)
  • 最新インタラクション技術‐同室感通信t-Roomと要素技術研究の共創を目指す‐
    片桐 滋
    情報通信ネットワーク協会「Adaptive & Scalableデザイン」ワーキングループ, 2009年03月, 口頭発表(招待・特別), 京田辺
  • A New Perspective of Discriminative Training for Pattern Recognition
    Shigeru KATAGIRI
    IEEE and IET, 2008 International Conference on Audio, Language and Image Processing (ICALIP2018), 2008年07月, 口頭発表(基調), 上海
  • パターン認識の原点に立ち返って
    片桐 滋
    IEEE関西セクション・情報通信技術研究交流会共催講演会, 2008年03月, 口頭発表(招待・特別), 大阪

Works(作品等)

  • t-Roomによる遠隔コラボレーション技術
    2006年 -2008年
  • Collaboration technology enhanced with t-Room
    2006年 -2008年

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • パターン認識におけるクラス境界評価基準の構築
    片桐滋
    日本学術振興会, 基盤研究(B)(一般), 2018年04月 -2022年03月, 研究代表者, 競争的資金
  • 高識別的特徴空間とその探索法の最小分類誤り基準に基づく統一的実現
    片桐滋
    日本学術振興会, 基盤研究(B)(一般), 2014年04月 -2017年03月, 研究代表者, 競争的資金
  • 最小分類誤り学習の性能限界の追求
    片桐滋
    日本学術振興会, 基盤研究(B)(一般), 2010年04月 -2012年03月, 研究代表者, 競争的資金
  • 識別学習の体系化と汎用的手法の実現に関する研究
    片桐滋
    日本学術振興会, 基盤研究(B)(一般), 2007年04月 -2009年03月, 研究代表者, 競争的資金

社会貢献活動

  • 東北大学大学院工学研究科電気・情報系グローバルCOE第三者評価委員会 委員, 2008年 - 2012年, 研究指導
  • 東北大学電気通信研究所運営協議会 委員, 2006年 - 2007年, 研究指導
  • サイバー創研 技術顧問, 2006年, 研究指導
  • Member, Industrial Advisory Board, Dept. EE, University of Washington, 2006年, 研究指導

コメント可能テーマ

  • パターン認識、音声認識、コミュニケーション科学

研究シーズ

  • 大型ディスプレイにおける視線一致性を高める映像表示技術
    キーワード:目と目をぴったり合わせる映像表示技術
    概要:本研究は,大型ディスプレイ上に設置された極小カメラを用いて,オンライン会議における人物位置の検出法やその人物の撮影法等を探究するものです.実験の結果,人物がどこにいてもカメラ位置を正視できるように撮影できるなど,想定通りの結果を得ています.

    資料:

    ①京都ビジネス交流フェア2021(2022.2.17-18, 京都パルスプラザ)展示パネル

    京都ビジネス交流フェア2021_展示パネル 京都ビジネス交流フェア_展示パネル2

    ②けいはんなR&Dフェア2021(2021.11.11-13, オンライン展示)発表動画

     

    ③イノベーションジャパン2021(2021.8.23-9.17,WEB展示)発表動画

     

     

  • パターン認識のための識別学習法
    キーワード:パターン認識:学習理論
    研究テーマの分野:情報・通信
    関連研究者所属・研究者名:理工学部 情報システムデザイン学科、片桐 滋
    概要:音声認識や画像認識、バイオインフォマティクスなどの基礎となるパターン認識理論の研究を行っている。特に、認識器を最適設計するための識別学習法の標準の一つとされている最小分類誤り(MCE:Minimum Classification Error)学習法を基礎とした、より強力な認識器設計手法の開発を進めている。MCE学習法に加えて、より信頼度の高い大幾何マージンMCE学習法や、カーネル法を用いるカーネルMCE学習法も開発しており、これらの学習法を様々なパターン認識 課題に適用する場合のアドバイス等が可能。
    使用用途、応用例等:音声認識、テキスト分類、生体情報認識等、多様なパターンの認識、抽出、理解問題に応用可能。