寺西 隆弘
テラニシ タカヒロ
グローバル・コミュニケーション学部グローバル・コミュニケーション学科
准教授
Last Updated :2020/07/03

研究者情報

研究キーワード

  • 身体論
  • 概念形成
  • イメージ
  • メタファー

研究分野

  • 人文・社会/認知科学

学歴

  • シドニー大学, 2004年
  • シドニー大学, 1997年
  • 神戸市外国語大学, 外国語学部, 1983年
  • 神戸市外国語大学, 1983年

学位

  • PhD(応用言語学), シドニー大学
  • MA(応用言語学), シドニー大学

所属学協会

  • 日本認知言語学会
  • 日本認知科学会
  • International Cognitive Linguistics Association
  • Australian Linguistic Society

MISC

  • 意味の出現―知識と指示対象との動的平衡―
    寺西隆弘
    日本認知言語学会論文集, 1860 - 71, 2018年
  • 脱身体化によるメタファー拡張の潜在性:英語話者は「気を揉む」か
    寺西 隆弘
    関西言語学会論文集 KLS32, 32194 - 205, 2012年
  • 身体化及び脱身体化による概念形成:RESTLESSとBORINGの形成を通して
    寺西 隆弘
    日本認知言語学会 論文集, 11213 - 223, 2011年
  • 身体感覚に基づく概念拡張:心に関するメタファーを材料として
    寺西 隆弘
    日本認知科学会 第27回大会発表論文集, 2723 - 33, 2010年
  • 身体感覚に基づく意味拡張:ROUNDとCROOKEDに関わるメタファーを材料として
    寺西 隆弘
    関西言語学会 KLS 30, 3043477 , 2010年
  • メタファーを支えるイメージ拡張の単方向性
    寺西 隆弘
    同志社大学言語文化学会, 12(1)39 - 64, 2009年
  • 身体性に基づくイメージ拡張:STRAIGHTNESSとCROOKEDNESSに関わるメタファーを材料として
    寺西 隆弘
    日本認知言語学会 論文集, 9404 - 414, 2009年
  • 語義の関係性及び語義の認識の程度に注目した多義ネットワークの構築:図形○を材料として
    寺西 隆弘
    関西言語学会 KLS 27, 2723 - 33, 2007年
  • 概念間の拡張の距離と認知労力の関係:STRAIGHTNESSの場合
    寺西 隆弘
    日本認知言語学会 論文集, 5230 - 240, 2005年
  • Concept formation through iconicity: basic shapes and their related metaphorical extensions in English and Japanese
    Takahiro Teranishi
    2003年
  • Flexibility of metaphorical understanding from the topological view points
    寺西 隆弘
    日本認知言語学会 論文集, 253 - 63, 2002年
  • Concept formation through polysemous network formation
    Takahiro Teranishi
    Research seminar proceedings in Applied Linguistics, The University of Sydney, 43478 , 2002年
  • Concept formation through metaphorical extensions
    Takahiro Teranishi
    Research seminar proceedings in Applied Linguistics 2001, The University of Sydney, 43484 , 2001年

書籍等出版物

  • 認知言語学論考 No.11
    寺西隆弘
    ひつじ書房, 2013年, 共著, 脱身体化の潜在性と社会性―STRAIGHTとCROOKEDを材料として―
  • Kyoto Working Papers in English and General Linguistics 2
    開拓社, 2013年, 共著, Abductive Reasoning in Metaphor
  • Kyoto Working Papers in English and General Linguistics
    開拓社, 2011年, 共著, Image-Centring Conceptualization: Labelled concepts and Their Metaphorical Extensions, 学術書

講演・口頭発表等

  • 意味の出現―知識と指示対象との動的平衡―
    日本認知言語学会 第18回大会、大阪大学, 2017年
  • Metaphorical understanding, bodily experience, and cultural context: from STRAIGHT to HETEROSEXUAL
    1st Conference of the International Association for Cognitive Semiotics, Lund University, Sweden, 2014年
  • Metaphorical understanding and abduction: the meaning of “straight”
    1st International Conference on Linguistics, Literature, & Cultural Studies in Modern Languages, Universidad Católica San Antonio, Spain, 2013年
  • Metaphorical understanding through embodiment: rub somebody’s mind
    2nd International Conference on Theoretical and Applied Linguistics, Transilvania University, Romania, 2012年
  • Metaphorical extensions based on disembodiment: from CROOKED to DISHONEST
    11th International Cognitive Linguistic Conference, Xi’an International Studies University, China, 2011年
  • 脱身体化によるメタファー拡張の潜在性:英語母語話者は「気を揉む」か
    関西言語学会 第36回大会、大阪府立大学, 2011年
  • 身体感覚に基づく概念拡張:心に関するメタファーを材料として
    日本認知科学会 第27回大会、神戸大学, 2010年
  • 身体化及び脱身体化による概念形成:RESTLESSとBORINGの形成を通して
    日本認知言語学会 第11回大会、立教大学, 2010年
  • STRAIGHT to HETEROSEXUAL in the socio-cultural context of the modern West
    3rd International conference on Researching and Applying Metaphor, VU University Amsterdam, The Netherlands, 2010年
  • 身体感覚に基づく意味拡張:ROUNDとCROOKEDに関わるメタファーを材料として
    関西言語学会 第34回大会、神戸松蔭女子大学, 2009年
  • 身体性に基づくイメージ拡張:STRAIGHTNESSとCROOKEDNESSに関わるメタファーを材料として
    日本認知言語学会 第9回大会、名古屋大学, 2008年
  • Possible metaphorical extensions and their encoding: from STRAIGHTNESS to HETEROSEXUALITY
    10th International Cognitive Linguistic Conference, The Jagiellonian University of Kraków, Poland, 2007年
  • 語義の関係性および語義の認識の程度に注目した多義ネットワークの構築:図形○を材料として
    関西言語学会 第31回大会、甲南大学, 2006年
  • Realizing metaphorical extension possibilities: from FLATNESS to BOREDOM
    9th International Cognitive Linguistic Conference, Yonsei University, Korea, 2005年
  • 概念間の拡張の距離と認知労力の関係:STRAIGHTNESSの場合
    日本認知言語学会 第5回大会、関西大学, 2004年
  • Shifting metaphorical extensions: adjustable ways of understanding
    8th International Cognitive Linguistic Conference, University of La Rioja, Spain, 2003年
  • 「メタファーによる理解」の柔軟性に関するトポロジー的考察
    日本認知言語学会 第2回大会、大阪外国語大学, 2001年
  • Metaphorical understanding: direction and distance in metaphorical extensions
    7th International Cognitive Linguistics Conference, University of California Santa Barbara, USA, 2001年
  • The role of iconicity in polysemous network formation in English and Japanese
    Australian Linguistic Society Conference 2000, The University of Melbourne, Australia, 2000年
  • Participation of language: metaphorical perception in English and Japanese editorial
    3rd International conference on Researching and Applying Metaphor, Tilburg University, The Netherlands, 1999年

競争的資金等の研究課題

  • メタファー(隠喩)による理解:身体性とイメージの拡張
    2009年 -2011年

産官学連携研究

  • 共同研究等希望テーマ:言語、意識、思考、身体性
    キーワード:言語、意識、思考、身体性
    概要:認知科学における意識、思考、身体性等のテーマに言語学の立場からアプローチすることが目的です。
    備考:大学等の研究機関との共同研究を希望