高木 俊
タカギ シュン
スポーツ健康科学部スポーツ健康科学科
助教(有期)
Last Updated :2021/10/24

研究者情報

基本項目

  • 科研費研究者番号

    80735415

研究分野

  • ライフサイエンス/栄養学、健康科学
  • ライフサイエンス/スポーツ科学
  • ライフサイエンス/体育、身体教育学

経歴

  • 同志社大学スポーツ健康科学部 助教, 2017年04月 - 現在
  • 早稲田大学スポーツ科学学術院 助手, 2014年04月 - 2017年03月
  • 日本学術振興会 特別研究員(PD), 2013年04月 - 2014年03月
  • 日本学術振興会 特別研究員(DC2), 2012年04月 - 2013年03月

学歴

  • 東京医科大学大学院, 医学研究科, 2013年
  • 早稲田大学大学院, スポーツ科学研究科, 2009年
  • 早稲田大学, スポーツ科学部, 2007年

学位

  • 博士(医学), 東京医科大学大学院
  • 修士(スポーツ科学), 早稲田大学大学院

所属学協会

  • 日本臨床スポーツ医学会
  • 日本体育学会
  • 日本体力医学会

受賞

  • 国際学術交流奨励賞 受賞者:高木俊(筆頭)
    2018年09月, 日本体力医学会
  • Duane F. Bruley Award (International Society on Oxygen Transport to Tissue) 受賞者:Takagi S(筆頭)
    2018年07月
  • Duane F. Bruley Award (International Society on Oxygen Transport to Tissue ) 受賞者:Takagi S(筆頭)
    2017年08月
  • Duane F. Bruley Award (International society on oxygen transport to tissue) 受賞者:Takagi S(筆頭)
    2016年07月
  • Dietrich Lübbers Award (International society on oxygen transport to tissue) 受賞者:Takagi S(筆頭)
    2015年07月
  • 第26回三島賞 (体力・栄養・免疫学会) 受賞者:高木俊, 坂本静男, 勝村俊仁
    2013年09月, JPN

論文

  • Skeletal muscle deoxygenation and its relationship to aerobic capacity during early and late stage of aging
    Takagi S, Kime R, Murase N, Niwayama M, Sakamoto S, Katsumura T
    Advances in Experimental Medicine and Biology, 126977 - 82, 2021年05月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • 小学生を対象とした包括的支援体制による食育と体力向上プログラムの開発及びその試み
    田口素子, 遠藤有香, 原丈貴, 髙田和子, 正木宏明, 高木 俊
    日本食育学会誌, in press , 2021年, 日本語, 研究論文(学術雑誌)
  • Differences in muscle O2 dynamics during treadmill exercise between aerobic capacity-matched overweight and normal-weight adults
    Takagi S, Kime R, Midorikawa T, Niwayama M, Sakamoto S, Katsumura T
    Advances in Experimental Medicine and Biology, 1232223 - 229, 2020年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of Aerobic Cycling Training on O2 Dynamics in Several Leg Muscles in Early Post-Myocardial Infarction
    Takagi S, Kime R, Murase N, Niwayama M, Osada T, Katsumura T
    Advances in experimental medicine and biology, 107291 - 96, 2018年09月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • The Effect of Half-time Re-Warm up Duration on Intermittent Sprint Performance.
    Yanaoka T, Kashiwabara K, Masuda Y, Yamagami J, Kurata K, Takagi S, Miyashita M, Hirose N
    Journal of sports science & medicine, 17(2)269 - 278, 2018年06月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of 8 weeks’ training on systemic and muscle oxygen dynamics in university rugby players.
    Takagi S, Kime R, Niwayama M, Hirayama K, Sakamoto S
    Advances in Experimental Medicine and Biology, 97743 - 49, 2017年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of Low Volume Aerobic Training on Muscle Desaturation During Exercise in Elderly Subjects
    Shun Takagi, Ryotaro Kime, Norio Murase, Masatsugu Niwayama, Takuya Osada, Toshihito Katsumura
    Advances in Experimental Medicine and Biology, 87663 - 69, 2016年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Skeletal muscle oxygen dynamics and peak aerobic capacity (review).
    Takagi S
    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 5(5)379 - 383, 2016年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of peak oxygen uptake on maximal fat oxidation in prepubertal children.
    Takagi S, Sakamoto S, Katsumura T
    Journal of Physical Fitness, Nutrition and Immunology, 25(1)3 - 9, 2015年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Gender difference in maximal fat oxidation relative to fat free mass by dual energy X-ray absorptiometry in prepubertal children.
    Konishi M, Midorikawa T, Takagi S, Torii S, Sakamoto S
    The journal of Japanese Society of Clinical Sports Medicine, 23(3)503 - 510, 2015年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Skeletal Muscle Deoxygenation Abnormalities in Early Post-Myocardial Infarction
    Shun Takagi, Norio Murase, Ryotaro Kime, Masatsugu Niwayama, Takuya Osada, Toshihito Katsumura
    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, 46(11)2062 - 2069, 2014年11月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Determination of the exercise intensity that elicits maximal fat oxidation in short-time testing
    Shun Takagi, Shizuo Sakamoto, Taishi Midorikawa, Masayuki Konishi, Toshihito Katsumura
    JOURNAL OF SPORTS SCIENCES, 32(2)175 - 182, 2014年01月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Muscle Oxygen Saturation Heterogeneity Among Leg Muscles During Ramp Exercise
    Shun Takagi, Ryotaro Kime, Masatsugu Niwayama, Norio Murase, Toshihito Katsumura
    Advances in Experimental Medicine and Biology, 765273 - 278, 2013年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of one night of sleep deprivation on maximal fat oxidation during graded exercise.
    Konishi M, Takahashi M, Endo N, Numao S, Takagi S, Miyashita M, Midorikawa T, Suzuki K, Sakamoto S
    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 2(1)121 - 126, 2013年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • 運動形態の相違が筋酸素飽和度と最高酸素摂取量の関係に及ぼす影響.
    高木俊, 木目良太郎, 庭山雅嗣, 長田卓也, 村瀬訓生, 坂本静男, 勝村俊仁
    日本臨床スポーツ医学会誌, 21(2)388 - 395, 2013年, 日本語, 研究論文(学術雑誌)
  • Aging Affects Spatial Distribution of Leg Muscle Oxygen Saturation During Ramp Cycling Exercise
    Shun Takagi, Ryotaro Kime, Norio Murase, Tsubasa Watanabe, Takuya Osada, Masatsugu Niwayama, Toshihito Katsumura
    Advances in Experimental Medicine and Biology, 789157 - 162, 2013年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Exercise prescription for fat metabolism disorder – From the viewpoint of fat oxidation rate (review)
    Sakamoto S, Konishi M, Kim HK, Endoh N, Takahashi M, Takagi S, Midorikawa T
    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 1(3)499 - 504, 2012年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • 運動形態の相違が最高酸素摂取量,最大脂質酸化量,および最大脂質酸化量を示す運動強度に及ぼす影響:同一の運動習慣を有する集団における検討
    高木俊, 坂本静男, 勝村俊仁
    体力・栄養・免疫学雑誌, 22(2)82 - 88, 2012年, 日本語, 研究論文(学術雑誌)
  • 運動負荷プロトコールの相違が最大脂質酸化量を示す運動強度に及ぼす影響.
    高木俊, 小西真幸, 緑川泰史, 坂本静男, 勝村俊仁
    日本臨床スポーツ医学会誌, 19(2)272 - 279, 2011年, 日本語, 研究論文(学術雑誌)
  • ランプ負荷で決定した最大脂質酸化量を示す運動強度における長時間運動中の脂質酸化量と自覚的運動強度.
    高木俊, 小西真幸, 緑川泰史, 坂本静男, 勝村俊仁
    体力・栄養・免疫学雑誌, 21(1)37 - 44, 2011年, 日本語, 研究論文(学術雑誌)
  • 断眠の交感神経副腎髄質系およびHPA系に及ぼす影響―唾液中ストレス指標による検討―.
    小西真幸, 高橋将記, 遠藤直哉, 沼尾成晴, 高木俊, 宮下政司, 緑川泰史, 鈴木克彦, 坂本静男
    日本臨床生理学会雑誌, 41(3)129 - 135, 2011年
  • Level of resting anabolic and catabolic hormones and acute hormonal responses to resistance exercise in male rugby footballers and non-athlete.
    Yamada Y, Konishi M, Takagi S, Midorikawa T, Goto K, Sakamoto S
    International academy of sportology, 1182 - 188, 2011年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Metabolic profiles and fat distribution in Japanese college Sumo wrestlers.
    Midorikawa T, Sakamoto S, Ohta M, Torii S, Konishi M, Takagi S, Bemben MG, Kondo M
    International Journal of Body Composition Research, 8(2)57 - 60, 2010年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • 同一の運動トレーニング習慣を有する集団における最高酸素摂取量,最大脂質酸化量,および最大脂質酸化量を示す運動強度の関連.
    高木俊, 小西真幸, 緑川泰史, 坂本静男, 勝村俊仁
    体力・栄養・免疫学雑誌, 20(1)31 - 37, 2010年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • 急性睡眠遮断後の20分または2時間仮眠の運動耐容能,内分泌機能に及ぼす影響.
    小西真幸, 高木俊, 緑川泰史, 鈴木克彦, 坂本静男
    日本臨床生理学会雑誌, 39(2)113 - 119, 2009年, 日本語, 研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 食事介入によるアスリートの増量が身体組成及び有酸素性能力に及ぼす影響
    高木 俊, 坂本静男, 鳥居俊, 長坂聡子, 村田浩子
    ミズノスポーツ振興財団2015年度報告書, 2016年, 日本語
  • Enhancement of muscle deoxygenation in ischemic heart disease (研究特集記事)
    Takagi S
    Scientia, 10649 - 52, 2016年, 英語, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 急性完全断眠の糖質・脂質代謝および漸増運動中の最大脂質酸化量に及ぼす影響
    小西 真幸, 高橋 将記, 遠藤 直哉, 沼尾 成晴, 高木 俊, 宮下 政司, 緑川 泰史, 鈴木 克彦, 坂本 静男
    体力科学, (一社)日本体力医学会, 61(6)633 - 633, 2012年12月, 日本語
  • 大学ラグビー選手における4ケ月のトレーニングがホルモン分泌応答に及ぼす影響
    山田優香, 小西真幸, 高木俊, 緑川泰史, 後藤一成, 坂本静男
    体力科学, 59(6)701 , 2010年12月01日, 日本語
  • 急性睡眠遮断時の運動耐容能と自律神経機能の変化
    小西真幸, 高木俊, 山田優香, 緑川泰史, 坂本静男
    体力科学, 58(6)783 , 2009年12月01日, 日本語
  • アスリートにおける長期の筋力トレーニングがホルモン分泌動態に及ぼす影響
    山田優香, 小西真幸, 高木俊, 緑川泰史, 後藤一成, 坂本静男
    体力科学, 58(6)897 , 2009年12月01日, 日本語
  • ランプ負荷によって決定される最大脂質酸化量を示す運動強度の妥当性
    高木俊, 小西真幸, 山田優香, 緑川泰史, 坂本静男, 勝村俊仁
    体力科学, 58(6)880 , 2009年12月01日, 日本語
  • 同程度の運動習慣を持つ集団におけるVO2peakと最大脂質酸化量および最大脂質酸化量を示す運動強度の関連
    高木俊, 小西真幸, 山田優香, 殖田友子, 緑川泰史, 坂本静男, 勝村俊仁
    体力・栄養・免疫学雑誌, 19(2)208 , 2009年11月02日, 日本語
  • 低強度長時間運動時におけるHRとRPEの対応性に見られる個人差と糖脂質酸化量および血中ホルモン動態
    高木俊, 小西真幸, 殖田友子, 緑川泰史, 坂本静男, 勝村俊仁
    日本臨床スポーツ医学会誌, 17(4)S152 , 2009年10月15日, 日本語
  • 急性睡眠遮断後の朝の20分または2時間仮眠が眠気,精神状態に及ぼす影響
    小西真幸, 山田優香, 高木俊, 殖田友子, 緑川泰史, 坂本静男
    体力科学, 58(5)551 , 2009年10月01日, 日本語
  • 低強度長時間運動におけるRPEとHRの関連
    高木俊, 勝村俊仁, 小西真幸, 山田優香, 殖田友子, 緑川泰史, 坂本静男
    体力科学, 58(5)552 , 2009年10月01日, 日本語
  • 急性睡眠遮断後の仮眠時間の長さが自律神経機能に与える効果の違いの検討
    小西真幸, 高木俊, 緑川泰史, 坂本静男
    日本臨床スポーツ医学会誌, 16(4)S193 , 2008年10月15日, 日本語
  • 異なる運動負荷プロトコールで決定される最大脂質酸化量を示す運動強度に関する検討
    高木俊, 小西真幸, 緑川泰史, 坂本静男
    日本臨床スポーツ医学会誌, 16(4)S169 , 2008年10月15日, 日本語
  • 急性睡眠遮断後の仮眠の長さが運動耐容能,ホルモン分泌に与える影響
    小西真幸, 高木俊, 緑川泰史, 坂本静男
    日本臨床生理学会雑誌, 38(5)54 , 2008年10月01日, 日本語
  • 体重100kgを超える大学相撲選手の腹部内臓脂肪面積と脂質代謝の特徴
    緑川泰史, 鳥居俊, 太田めぐみ, 小西真幸, 高木俊, 近藤正勝, 坂本静男
    日本トレーニング科学会大会プログラム・抄録集, 21st56 , 2008年, 日本語

書籍等出版物

  • アスリートの栄養アセスメント
    田口 素子, 赤間 高雄, 石澤 里枝, 伊藤 智子, 枝 伸彦, 大嶋 里美, 岡本 香, 呉 泰雄, 坂本 静雄, 佐古 隆之, 鈴木 克彦, 高木 俊, 髙田 和子, 髙橋 英幸, 田中 智美, 戸島 美智生, 鳥居 俊, 長坂 聡子, 難波 聡, 西山 英子, 橋本 秀紀, 原 彬子, 東田 一彦, 樋口 満, 平田 竹男, 福 典之, 降籏 泰史, 村岡 功, 村田 浩子, 本 国子, 元永 恵子
    第一出版, 2017年, 共著, 第Ⅰ部 5章 加速度計法 p104~105, 第Ⅱ部 最大酸素摂取量 (VO2max) p126~128, 第Ⅱ部 フィールドテスト p129~131

競争的資金等の研究課題

  • 胸部を対象としたレジスタンス運動における筋内低酸素化の規定要因の解明
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究, 2019年04月 -2022年03月, 高木 俊
  • 変形性膝関節症患者における最大酸素摂取量と心機能及び筋酸素動態の関連
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 2016年04月 -2019年03月, 高木 俊
  • 食事介入によるアスリートの増量が身体組成及び有酸素性能力に及ぼす影響
    公益財団法人ミズノスポーツ振興財団助成金, 各種団体からの研究助成, 2015年04月 -2016年03月, 高木俊
  • 全身持久力が低い小児における最大酸素摂取量と筋酸素動態および心機能との関連
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 研究活動スタート支援, 2014年08月 -2016年03月, 高木 俊
  • 発症後早期の虚血性心疾患患者における筋酸素動態と最大酸素摂取量の関連
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費, 2012年04月 -2014年03月, 高木 俊