八木 雅之
ヤギ マサユキ
生命医科学部
チェアプロフェッサー教授
Last Updated :2021/10/23

研究者情報

研究分野

  • ライフサイエンス/栄養学、健康科学

学歴

  • 京都府立大学, 農学研究科博士課程後期, 1985年04月 - 1989年03月
  • 京都工芸繊維大学, 繊維学研究科修士課程, 1983年04月 - 1985年03月
  • 京都工芸繊維大学, 繊維学部, 1979年04月 - 1983年03月

学位

  • 農学博士, 京都府立大学
  • 農学修士, 京都工芸繊維大学

所属学協会

  • 日本抗加齢医学会
  • 糖化ストレス研究会

委員歴

  • 世話人, 2019年 - 現在, 日本ハーブ療法研究会, 学協会
  • 評議員, 2011年 - 現在, 日本抗加齢医学会, 学協会, 日本抗加齢医学会
  • 理事, 2011年 - 現在, 糖化ストレス研究会, 学協会

MISC

  • Effects of mats with “A Distinctive 4-Layer 3-Dimensional Structure" on sleep quality, skin function, and fatigue: A non-controlled open-label study
    Midori Ando, Masayuki Yagi, Wakako Takabe, Takuto Nonomura, Yoji Shimura, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 7(1)75 - 87, 2020年
  • Glycative stress and anti-aging: 15. Regulation of Glycative stress. 3. Reduction of AGEs intake from food
    Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 7(1)70 - 74, 2020年
  • Meridian thermal stimulation diagnostic device
    Tian Zheng, Masayuki Yagi, Wakako Takabe, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 7(1)50 - 69, 2020年
  • Effects of ostrich meat intake on amino acid metabolism and growth hormone secretion: A comparative clinical study
    Mari Ogura, Yuji Morita, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Fuka Okuda, Misato Kon, Kenichi Asada, Tetsuro Urata, Tomoko Tsuji, Yoshiko Kawaguchi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 7(1)29 - 41, 2020年
  • Influence on the oxidized protein hydrolase (OPH) activity of herbal tea extrac
    Kaori Ishizaki, Masayuki Yagi, Chieko Sakiyama, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 7(1)22 - 28, 2020年
  • Stop the “Vicious Cycle” induced by Glycative Stress
    Yoshikazu Yonei, Masayuki Yagi, Wakako Takabe
    Glycative Stress Res, 7(1)13 - 21, 2020年
  • 糖化ストレスによる老化メカニズムの最新研究と製品開発への応用
    八木雅之, 石崎 香, 崎山智恵子, 小松隆丸, 米井嘉一
    COSMETIC STAGE, 13(6)9 - 15, 2019年
  • Effect and safety of Echigoshirayukidake (Basidiomycetes-X) on fatty liver: Stratified randomized, double-blind, parallel-group comparison study and safety evaluation study
    Yoshikazu Yonei, Masayuki Yagi, Wakako Takabe, Koji Nishikawa, Yoshiaki Tsuno
    Glycative Stress Res, 6(4)258 - 269, 2019年
  • Anti-glycative stress effect of yogurt whey
    Fuka Okuda, Masayuki Yagi, Wakako Takabe, Kaori Ishizaki, Chieko Sakiyama, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 6(4)230 - 240, 2019年
  • Glycative stress and anti-aging: 14. Regulation of Glycative stress. 2. Inhibition of the AGE production and accumulation
    Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 6(4)212 - 218, 2019年
  • Glycative stress and anti-aging: 13. Regulation of Glycative stress. 1. Postprandial blood glucose regulation
    Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 6(3)175 - 180, 2019年
  • The effect of glycative stress on human symbiotic bacterium Staphylococcus epidermidis
    Kyle Haasbroek, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 6(3)142 - 150, 2019年
  • Melatonin and astaxanthin modulate RANKL-induced TRAP activity in RAW264.7 cells in an opposite fashion
    A. N. M. Mamun-Or-Rashid, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 6(3)135 - 141, 2019年
  • Inhibitory effect of Kaempferia parviflora Wall. Ex. Baker (Zingiberaceae) rhizome on postprandial hyperglycemia
    Masayuki Yagi, Shiori Hayashi, Kaori Ishizaki, Wakako Takabe, Kayoko Inoue, Yasuo Sato, Chieko Sakiyama, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 6(2)126 - 134, 2019年
  • Evaluation of the glycative stress by non-invansive skin AGEs measurement devices
    Yuji Morita, Masayuki Yagi, Kaori Ishizaki, Wakako Takabe, Takamaru Komatsu, Momoe Nakazawa, Minako Matsushima, Tetsuro Urata, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 6(2)92 - 102, 2019年
  • Glycative stress and anti-aging: 12. Glycative stress and dementia
    Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 6(2)87 - 91, 2019年
  • Melatonin does not have any effect on proteasome activity in human dermal fibroblast
    A. N. M. Mamun-Or-Rashid, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 6(2)68 - 74, 2019年
  • Comprehensive NMR analysis of two kinds of post-fermented tea and their anti-glycation activities in vitro
    Mimin Zhang, Kenichiro Otake, Yumiko Miyauchi, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei, Takuya Miyakawa, Masaru Tanokura
    Food Chem, 277735 - 743, 2019年, 英語
  • Glycative stress and anti-aging: 11. Glycative stress and infertility.
    Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 6(1)64 - 67, 2019年
  • Effect of mats with “A Distinctive 4-Layer 3 -Dimensional Structure” on sleep quality and nocturnal blood glucose: A crossover trial
    Mari Ogura, Atsuhiko Hattori, Masayuki Yagi, Wakako Takabe, Takuto Nonomura, Yoji Shimura, Midori Ando, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 6(1)49 - 67, 2019年
  • Sleep quality, physical activity, and glycative stress in the elderly: The Yurin Study
    Akane Tsuruta, Tian Zheng, Mari Ogura, Masayuki Yagi, Wakako Takabe, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 6(1)31 - 38, 2019年
  • Anti-glycation and improvement microbiota by Geranium dielsianum extract: Relation to health problems in athletes
    Yoshikazu Yonei, Takanori Ikeda, Hiroshi Ogawa, Masayuki Yagi, Wakako Takabe, Misaki Ito, Hiroko Morii
    Glycative Stress Res, 6(1)31 - 38, 2019年
  • Effects of highly cross-linked distarch phosphate-containing food on glucose spikes
    Masayuki Yagi, Wakako Takabe, Fuka Okuda, Misato Kon, Aki Fujimura, Hideaki Nakamoto, Junichi Takahara, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 6(1)21 - 30, 2019年
  • AGハーブMIX
    八木雅之
    アンチエイジング医学, 14(5)633 - 640, 2018年
  • 老化危険因子としての糖化ストレス
    米井嘉一, 八木雅之, 髙部稚子
    アンチエイジング医学, 14(5)616 - 620, 2018年
  • 糖化ストレス
    米井 嘉一, 八木 雅之, 髙部 稚子
    生体の科学, 65(5)561 - 517, 2018年
  • 「糖化は老化」アンチエイジングにおける糖化ストレスの影響と対策
    八木雅之
    日皮協ジャーナル, 41(1)78 - 87, 2018年
  • 糖化ストレスによるリスク対策
    Modern Physicαn, 38(4)373 - 376, 2018年
  • 糖化ストレスと抗糖化作用の評価
    八木雅之: 髙部稚子, 石崎 香, 米井嘉一
    オレオサイエンス, 18(2)67 - 73, 2018年
  • Glycative stress and anti-aging: 10. Glycative stress and liver disease
    Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 5(4)177 - 180, 2018年
  • Antiglycative effect of Kaempferia parviflora Wall. Ex. Baker (Zingiberaceae) : Prevention of advanced glycation end product formation
    Masayuki Yagi, Yukari Tateiwa, Kayoko Inoue, Yasuo Sato, Wakako Takabe, Kaori Ishizaki, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 5(4)163 - 170, 2018年
  • Identification of Antiglycative Compounds in Japanese Red Water Pepper (Red Leaf Variant of the Persicaria hydropiper Sprout)
    Wakako Takabe, Taiki Yamaguchi, Hideharu Hayashi, Natsuhiko Sugimura, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Molecules, 23(9)2319 , 2018年
  • Effect of heat-moisture-treated high-amylose corn starch-containing food on postprandial blood glucose
    Masayuki Yagi, Wakako Takabe, Ursula Wickramasinghe, Fuka Okuda, Misato Kon, Aki Fujimura, Hideaki Nakamoto, Junichi Takahara, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 5(3)151 - 162, 2018年
  • Glycative stress and anti-aging: 9. Glycative stress and schizophrenia
    Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 5(3)147 - 150, 2018年
  • Effect of special insole fitting on walking exercise: An open-label study
    Yuji Morita, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Fuka Okuda, Misato Kon, Kenichi Asada, Tetsuro Urata, Hiroshi Yatou, Hiroomi Maeda, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 5(3)135 - 146, 2018年
  • Measurement of pentosidine in human plasma by the high performance liquid chromatography
    Masayuki Yagi, Kana Isshiki, Wakako Takabe, Kaori Ishizaki, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 5(2)119 - 128, 2018年
  • Glycative stress and anti-aging: 8. Glycative stress and arteriosclerotic disease.
    Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 5(2)82 - 85, 2018年
  • Effect of melatonin intake on postprandial blood glucose in the breakfast
    Mari Ogura, Fuka Okuda, Atsuhiko Hattori, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 5(2)75 - 81, 2018年
  • Effect of yogurt on postprandial blood glucose after steamed rice intake
    Masayuki Yagi, Yasuyo Kishimura, Fuka Okuda, Mari Ogura, Kaori Ishizaki, Wakako Takabe, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 5(1)58 - 74, 2018年
  • Study for investigation of symptomatic improvement and safety of the ingestion of rooster comb degradation product containing low-molecular hyaluronic acid (INJUV) in individuals with knee and lower back pain; open-label trial with no control group
    Mari Ogura, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Sachio Wakayama, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 5(1)55 - 67, 2018年
  • Glycative stress and anti-aging: 7. Glycative stress and skin aging
    Masayuki Yagi,, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 5(1)50 - 54, 2018年
  • Analysis of anti-glycative components in Smallanthus sonchifolius (yacon)
    Taiki Yamaguchi, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 5(1)12 - 20, 2018年
  • Hyaluronic acid and articular cartilage
    Mari Ogura, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 5(1)12 - 20, 2018年
  • 皮膚糖化ストレスに及ぼす角層中酸化蛋自分解酵素活性の影響
    石神政道, 森 亮太, 八木雅之
    フレグランスジャーナル, 45(1)33 - 37, 2017年
  • 糖化ストレスによる皮膚老化とその対策
    八木雅之, 髙部稚子, 石崎 香, 米井嘉一
    フレグランスジャーナル, 45(1)14 - 21, 2017年
  • Biochemistry of Kuromoji (Lindera umbellata) extract: Anti-oxidative and anti-glycative actions
    Masayuki Yagi, Wakako Takabe, Shigeru Matsumi, Akihiko Shimode, Tetsuya Maruyama, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 4(4)329 - 340, 2017年
  • Screening and selection of anti-glycative materials: Kuromoji (Lindera umbellata)
    Masayuki Yagi, Wakako Takabe, Shigeru, Matsumi, Akihiko Shimode, Tetsuya Maruyama, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 4(4)317 - 328, 2017年
  • Reducing effect of the long term intake of water chestnut (Trapa bispinosa Roxb.) pericap extract on glycative stress in the placebo-controlled double blinded clinical trial and in vitro inhibitory actions on low-density lipoprotein (LDL) glycation
    Shouko Takeshita, Yoshika Ishioka, Tomohiro Uemura, Shun Otsuka, Michio Yamada, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 4(4)299 - 316, 2017年
  • Glycative stress and anti-aging: 6. Glycative stress and kidney disease
    Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 4(4)275 - 278, 2017年
  • Functional age and medication in the independent living elderly: Yurin study
    Miho Nishizawa, Mari Ogura, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 4(3)240 - 249, 2017年
  • Glycated-proteins modulate RANKL-induced osteoclastogenesis in RAW264.7 cells
    A. N. M. Mamun-Or-Rashid, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 4(3)232 - 239, 2017年
  • Glycated-HSA inhibits osteoclastogenesis in RAW264.7 cells depending on the glycating agents via downregulating RANKL-signaling
    A. N. M. Mamun-Or-Rashid, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 4(3)217 - 231, 2017年
  • Glycative stress and anti-aging: 5. Glycative stress and receptors for AGEs as ligands.
    Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 4(3)212 - 216, 2017年
  • Reduction effect of oxidized protein hydrolase (OPH) on advanced glycation end products and OPH-like activity in human stratum corneum
    Masayuki Yagi, Masamichi Ishigami, Ryota Mori, Kaori Ishizaki, Riko Mitsuhashi, Wakako Takabe, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 4(3)184 - 191, 2017年
  • Effect of mats with “A Distinctive 4-Layer 3-Dimensional Structure” on sleep quality, anti-oxidative and immunological function
    Mari Ogura, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Masashi Furukawa, Yoji Shimura, Midori Ando, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 4(3)172 - 183, 2017年
  • Effect of mangosteen pericarp extract-containing black vinegar drink on skin quality through anti-glycative actions
    Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Mari Ogura, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 4(3)158 - 171, 2017年
  • Effect of continuous walking exercise program on the glycative stress marker in the elderly
    Takuya Kawamoto, Wakako Takabe, Mari Ogura, Masayuki Yagi, Kiko Watanabe, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 4(3)144 - 157, 2017年
  • Effect of breakfast on lunch time postprandial blood glucose
    Shiori Hayashi, Wakako Takabe, Mari Ogura, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 4(2)124 - 131, 2017年
  • Glycative stress and anti-aging: 4. The evaluation of glycative stress: Evaluation for anti-glycative effect
    Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 4(2)87 - 92, 2017年
  • Anti- glycative effect of Japanese sake (seishu): Prevention of advanced glycation end product (AGE) formation
    Keisuke Tadasue, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 4(2)80 - 86, 2017年
  • Anti-glycative effect of vegetable and fruit extracts on multiple glycation models
    Wakako Takabe, Keiko Kitagawa, Kenjiro Yamada, Yuki Noda, Rina Yamamoto, Taiki Yamaguchi, Ryosuke Kannan, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 4(1)71 - 79, 2017年
  • Inhibition of AGE-induced melanogenesis in B16 melanoma cells by iridoid-containing plants
    Yumi Abe, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Akemi Uwaya, Fumiyuki Isami, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 4(1)67 - 70, 2017年
  • Glycative stress and anti-aging: 3. The evaluation of glycative stress: Measurement of advanced glycation end products (AGEs)
    Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 4(1)53 - 57, 2017年
  • RANKL regulates RAW264.7 cell osteoclastogenesis in a manner independent of M-CSF, dependent on FBS, media content and cell density
    A. N. M. Mamun-Or-Rashid, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 4(1)40 - 52, 2017年
  • Anti-glycative effect of yogurt: Prevention of advanced glycation end product formation
    Yurie Tanaka, Masayuki Yagi, Wakako Takabe, Yoko Sakata, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 4(1)25 - 31, 2017年
  • 糖化ストレスに着目した抗糖化食品・化粧品の有用性評価法
    八木雅之, 石崎 香
    フレグランスジャーナル, 44(1)56 - 64, 2016年
  • Anti-glycation and skin beautification properties from ingestion of mixed herb extract: A placebo-controlled, double-blind, randomized, parallel-group study
    Hiroshige Kawai, Masako Shoshihara, Hirosato Kawakami, Junko Naito, Umenoi Hamada, Masayuki Yagi, Keiji Ohbayashi
    Glycative Stress Res, 3(4)236 - 245, 2016年
  • Melanin synthesis induction by advanced glycation end-products (AGEs) without α-melanocyte stimulating hormone (α-MSH) or UV exposure
    Yumi Abe, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Akemi Uwaya, Fumiyuki Isami, Shoichi Yamagishi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 3(4)229 - 235, 2016年
  • Anti-glycative effect of palladium and platinum nanoparticle solution
    Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Masamitsu Ichihashi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 3(4)229 - 235, 2016年
  • Influence of beef bowl (gyudon) materials on postprandial blood glucose
    Mari Ogura, Risako Kubo, Tomoko Kobayashi, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yone
    Glycative Stress Res, 3(4)210 - 221, 2016年
  • Glycative stress and anti-aging: 2. The evaluation of glycative stress: Measurement of blood glucose, glycated proteins and intermediates
    Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 3(4)205 - 209, 2016年
  • Effect of supplement containing Silybum marianum extract, soy extract, collagen peptide, bifidobacteria and apple extract on skin: A randomized placebo-controlled, double-blind, parallel group comparative clinical study
    Yuri Ishii, Yumika Okada, Sayuri Matsuoka, Manzhen shen, Kei Yui, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 3(3)156 - 171, 2016年
  • Glycative stress and anti-aging: 1. What is glycative stress?
    Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 3(3)152 - 155, 2016年
  • The effects of water chestnut (Trapa bispinosa Roxb.) on the inhibition of glycometabolism and the improvement in postprandial blood glucose levels in humans
    Shouko Takeshita, Yoshika Ishioka, Masayuki Yagi, Tomohiro Uemura, Michio Yamada, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 3(3)124 - 132, 2016年
  • Effect on sleep quality of bedding with a high user rating in a post-marketing survey: A non-controlled open-label study
    Wakako Takabe, Mari Ogura, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 3(3)110 - 123, 2016年
  • Development of a prototype anti-glycation assay kit for assessment of bone and cartilage collagen modification
    Shizuko Sekiguchi, Toshio Taira, Keitaro Nomoto, Wakako Takabe, Lanny Parengkuan, A. N. M. Mamun Or Rashid, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 3(2)74 - 80, 2016年
  • Effect of iridoid (containing plants) on AGE formation and degradation
    Yumi Abe, Masayuki Yagi, Akemi Uwaya, Fumiyuki Isami, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 3(2)56 - 64, 2016年
  • An open-label clinical trial of Geranium dielsianum extract administered for 12 weeks: Anti-glycative actions, skin quality, and intestinal environment
    Yoshikazu Yonei, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Katsumi Takahashi, Misaki Ito, Hiroko Morii
    Glycative Stress Res, 3(1)44 - 55, 2016年
  • Cleaving effect of melatonin on crosslinks in advanced glycation end products
    Wakako Takabe, Riko Mitsuhashi, Lanny Parengkuan, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 3(1)38 - 43, 2016年
  • Formulation of five curry spice mixtures and investigation of their effect on advanced glycation endproduct formation
    Moniruzzaman Mohammad, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 3(1)5 - 14, 2016年
  • 100歳まで生きるための本100選『時間栄養学が明らかにした「食べ方」の法則』
    アンチエイジング医学, 11(1)104 - 105, 2015年
  • In vitro effects of Geranium dielsianum extract on glycative stress
    Katsumi Takahashi, Keitaro Nomoto, Misaki Ito, Hiroko Morii, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 2(4)208 - 216, 2015年
  • Inhibitory effect of plant extract on tumor necrosis factor-α formation from carboxymethyllysine stimulated macrophages
    Koichi Sato, Masayuki Yagi, Wakako Takabe, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 2(4)191 - 196, 2015年
  • Photoaging and glycation of elastin: Effect on skin
    Yoshikazu Yonei, Wakako Takabe, Masayuki Yagi
    Glycative Stress Res, 2(4)182 - 190, 2015年
  • Effect of tea (Camellia sinensis) and herbs on advanced glycation endproduct formation and polyphenol metabolism by post-fermentation
    Kenichiro Otake, Masayuki Yagi, Wakako Takabe, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 2(4)163 - 173, 2015年
  • Effect of tea (Camellia sinensis) and herbs on advanced glycation endproduct formation and the influence of post-fermentation
    Kenichiro Otake, Masayuki Yagi, Wakako Takabe, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 2(4)156 - 162, 2015年
  • Effect of proteins, sugars and extraction methods on the anti-glycation
    Mohammad Moniruzzaman, Lanny Parengkuan, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 2(3)129 - 139, 2015年
  • Survey of fluorescence wavelength range reflecting human tissue aging
    Keitaro Nomoto, Masayuki Yagi, Wakako Takabe, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 2(3)114 - 120, 2015年
  • A placebo-controlled, randomized, single-blind, parallel-group comparative study to evaluate the anti-glycation effect of a functional soymilk beverage supplemented
    Yoshikazu Yonei, Masayuki Yagi, Umenoi Hamada, Ikuo Imamura, Sumie Okamura, Kazushi Yamamoto, Motonobu Matsumoto
    Glycative Stress Res, 2(2)80 - 100, 2015年
  • Peel extract of water chestnut (Trapa bispinosa Roxb.) inhibits glycation, degradesα-dicarbonyl compound, and breaks advanced glycation end product crosslinks
    Shouko Takeshita, Masayuki Yagi, Tomohiro Uemura, Michio Yamada, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 2(2)72 - 79, 2015年
  • Postprandial blood glucose level after intake of a bowl of rice topped with beef
    Arisa Kawabata, Masayuki Yagi, Mari Ogura, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 2(2)58 - 66, 2015年
  • Cleaving effect of pomegranate (Punica granatum) extract on crosslink derived from advanced glycation endproducts
    Masayuki Yagi, Riko Mitsuhashi, Ai Watanabe, Yu Moritani, Junko Naito, Parengkuan Lanny, Hideyuki Ito, Akifumi Nagatomo, Norihisa Nishida, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 2(2)58 - 66, 2015年
  • Polyphenol content of various vegetables: Relationship to antiglycation activity
    Yoshika Ishioka, Masayuki Yagi, Mari Ogura, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 2(2)41 - 51, 2015年
  • Effect of rice bran extract on in vitro advanced glycation end product formation
    Masayuki Yagi, Junko Naito, Umenoi Hamada, Sumie Okamura, Kazushi Yamamoto, Motonobu Matsumoto, Yoshikazu Yonei.
    Glycative Stress Res, 2(1)35 - 40, 2015年
  • Antiglycation effect of various vegetables: Inhibition of advanced glycation end product formation in glucose and human serum albumin reaction system
    Yoshika Ishioka, Masayuki Yagi, Mari Ogura, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 2(1)22 - 34, 2015年
  • A new method for measuring oxidative stress using blood samples
    Koichi Sato, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 2(1)15 - 21, 2015年
  • 進歩したアンチエイジンクの基礎とその実地診療への活用の実際、アンチ工イジングドック
    米井嘉一, 八木雅之
    Medical Practice, 31(7)1123 - 1129, 2014年
  • Angiotensin receptor blockers (ARBs), angiotensin-converting enzyme (ACE) inhibitors, and statins as anti-glycation agents
    Lanny Parengkuan, Masayuki Yagi, Moniruzzaman Mohammad, Shin-ichi Asahi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 1(4)90 - 95, 2014年
  • Anti-glycation effect of pomegranate (Punica granatum L.) extract: An open clinical study
    Masayuki Yagi, Lanny Parengkuan, Haruhi Sugimura, Nobuhiko Shioya, Yoichi Matsuura, Norihisa Nishida, Akifumi Nagatomo, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 1(6)60 - 67, 2014年
  • Prevention of postprandial hyperglycemia by the combination of a staple food and a side dish
    Megumi Matsushima, Masayuki Yagi, Umenoi Hamada, Mari Ogura, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 1(3)53 - 59, 2014年
  • Effects of choice of staple food and the addition of dietary fiber on changes in postprandial blood glucose level
    Megumi Matsushima, Masayuki Yagi, Umenoi Hamada, Mari Ogura, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 1(3)46 - 52, 2014年
  • Hair protein glycation reduces hair breaking strength
    Akihiko Shimode, Masayuki Yagi, Junko Naito, Mohammad Moniruzzaman, Taku Kaneko, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 1(2)37 - 45, 2014年
  • Elimination of advanced glycation end products by double filtration plasmapheresis
    Miwako Watanabe, Junichi Taguchi, Mitsunori Yasuda, Kwang Seok Yang, Hiroshi Tsuda, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 1(2)32 - 36, 2014年
  • Evaluation of the anti-glycation effect and the safety of a vinegar beverage containing indigestible dextrin and a mixed herbal extract - A placebo-controlled, double-blind study -
    Masayuki Yagi, Akihiko Shimoide, Umenoi Hamada, Junko Naito, Masamitsu Ichihashi, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 1(1)14 - 24, 2014年
  • Effect of a vinegar beverage containing indigestible dextrin and a mixed herbal extract on postprandial blood glucose levels: A single-dose study
    Masayuki Yagi, Akihiko Shimoide, Kiyoshi Yasui, Umenoi Hamada, Junko Naito, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 1(1)8 - 13, 2014年
  • Establishment of a model for evaluating tumor necrosis factor-α production by cultured RAW264.7 in response of to glycation stress
    Koichi Sato, Masayuki Yagi, Hisanori Umehara, Yoshikazu Yonei
    Glycative Stress Res, 1(1)1 - 7, 2014年
  • Recent research into glycation stress at the Anti-Aging Medical Research Center
    Yoshikazu Yonei, Masayuki Yagi
    IMARS Highlights, 8(2)5 - 13, 2013年
  • 糖化ストレスの評価法と抗糖化食品の開発
    八木雅之, 米井嘉一
    食品と開発, 48(3)4 - 7, 2013年
  • Identification of advanced glycation endproducts derived fluorescence spectrum in vitro and human skin
    Keitaro Nomoto, Masayuki Yagi, Umenoi Hamada, Junko Naito, Yoshikazu Yonei
    Anti-Aging Medicine, 10(5)92 - 100, 2013年
  • Effects of astaxanthin on intestinal microflora in mice fed a high-fat diet
    Keitaro Nomoto, Masayuki Yagi, Umenoi Hamada, Junko Naito, Yoshikazu Yonei
    Anti-Aging Medicine, 10(4)77 - 91, 2013年
  • Anti-glycation activity of various fruits
    Lanny Parengkuan, Masayuki Yagi, Megumi Matsushima, Mari Ogura, Umenoi Hamada, Yoshikazu Yonei
    Anti-Aging Medicine, 10(4)70 - 76, 2013年
  • Non-invasive collection of stratum corneum samples by a tape-stripping technique
    Yumi Kamitani, Masayuki Yagi, Keitaro Nomoto, Mio Hori, Junko Naito, Yoshikazu Yonei
    Anti-Aging Medicine, 10(3)55 - 59, 2013年
  • Anti-glycation activity of alpha-lipoic acid derivatives and vitamin E derivatives
    Akihiko Shimode, Masayuki Yagi, Satoshi Hagiwara, Takayuki Noguchi, Masafumi Inomata, Seigo Kitano, Yoshikazu Yonei
    Anti-Aging Medicine, 10(3)42 - 54, 2013年
  • Anti-glycation activity and safety of foods containing lingonberry extract and cherry blossom extract and chewable tablets containing citric acid and calcium − A placebo-controlled randomized single-blind parallel group comparative study
    Yoshikazu Yonei, Masayuki Yagi, Mari Ogura, Haruhi Sugimura
    Anti-Aging Medicine, 10(2)21 - 36, 2013年
  • Characteristics of physical functions in elderly people requiring support
    Hiroyuki Yabukita, Ryo Miyazaki, Keitaro Nomoto, Kojiro Ishii, Mari Ogura, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Anti-Aging Medicine, 10(2)16 - 20, 2013年
  • Study of effectiveness of prevention by double filtration plasmapheresis (DFPP) against arteriosclerotic disease: Removal of oxidized LDL-cholesterol and pentosidine by DFPP
    Miwako Watanabe, Junichi Taguchi, Mitsunori Yasuda, Yang Kwang Seok, Hiroshi Tsuda, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    Anti-Aging Medicine, 10(1)1 - 9, 2013年
  • 抗糖化食品素材の探索と有用性評価
    八木雅之, 米井嘉一
    食品加工技術, 32(2)51 - 59, 2012年
  • 老化危険因子としての糖化ストレス
    米井嘉一, 八木雅之
    食品加工技術, 32(2)43 - 50, 2012年
  • 糖化ストレス評価試験の現状と今後の課題
    内藤淳子, 八木雅之
    Food style 21, 16(8)40 - 43, 2012年
  • 抗糖化市場における素材開発の課題と展望
    八木雅之, 米井嘉一
    ファインケミカル, 41(6)10 - 15, 2012年
  • AGEs阻害によるsmall-vessel diseaseの予防と治療
    米井嘉一, 八木雅之
    循環器内科, 71(2)164 - 171, 2012年
  • 糖化ストレスと加齢関連疾患
    米井嘉一, 八木雅之
    医と食, 4(1)19 - 22, 2012年
  • 糖化とアンチエイジング
    米井嘉一, 八木雅之
    総合健診, 39(1)89 , 2012年
  • Skin accumulation of advanced glycation end products and lifestyle behaviors in Japanese
    Keitaro Nomoto, Masayuki Yagi, Seizaburo Arita, Mari Ogura, Yoshikazu Yonei
    Anti-Aging Medicine, 9(6)165 - 173, 2012年
  • The influence of glycation in three-dimensional human cultured epidermis
    Ryo Ichijo, Yoko Niki, Masayuki Yagi, Masamitsu Ichihashi, Keitaro Nomoto, Yoshikazu Yonei
    Anti-Aging Medicine, 9(6)149 - 154, 2012年
  • Inhibition of advanced glycation end product formation by herbal teas and its relation to anti-skin aging
    Mio Hori, Masayuki Yagi, Keitaro Nomoto, Akihiko Shimode, Mari Ogura, Yoshikazu Yonei
    Anti-Aging Medicine, 9(6)135 - 148, 2012年
  • Experimental models for advanced glycation end product formation using albumin, collagen, elastin, keratin and proteoglycan
    Mio Hori, Masayuki Yagi, Keitaro Nomoto, Ryo Ichijo, Akihiko Shimode, Takahiro Kitano, Yoshikazu Yonei
    Anti-Aging Medicine, 9(6)125 - 134, 2012年
  • A survey of fluorescence derived from advanced glycation end products in the skin of Japanese: Differences with age and measurement location
    Keitaro Nomoto, Masayuki Yagi, Seizaburo Arita, Umenoi Hamada, Yoshikazu Yonei
    Anti-Aging Medicine, 9(5)119 - 124, 2012年
  • 牛皮を用いた糖化モデルの作成
    一條 遼, 八木雅之, 千速夕季, 神谷有美, 明和司将, 西田周平, 下出昭彦, 埜本慶太郎, 米井嘉一
    同志社大学理工学研究報告, 53(2)67 - 70, 2012年
  • The effect of edible purple chrysanthemum extract on advanced glycation end products generation in skin, a randomized controlled clinical trial and in vitro study
    Masayuki Yagi, Keitaro Nomoto, Mio Hori, Takahiro Kitano, Hiroyuki Yabukita, Mari Ogura, Umenoi Hamada, Yoshikazu Yonei
    Anti-Aging Medicine, 9(2)61 - 74, 2012年
  • Effect of consumption of a cassis polysaccharide-containing drink on skin function : A double blind randomized controlled trial of 9-week treatment
    Yoshikazu Yonei, Hiroshi Ashigai, Mari Ogura, Masayuki Yagi, Yasuji Kawachi, Takaaki Yanai
    Anti-Aging Medicine, 9(1)34 - 42, 2012年
  • 混合ハーブ抽出物と2つの生薬からなる新規ハーブ混合物の抗糖化作用 -短期および長期の影響-
    田村隆朗, 八木雅之, 埜本慶太郎, 米井嘉一
    同志社大学理工学研究報告, 52(4)244 - 252, 2012年
  • 抗糖化素材「AGハーブMIX」の製品開発と有用性
    内藤淳子, 八木雅之
    COSMETIC TECH JAPAN, 1(4)57 - 66, 2011年
  • アンチエイジングの観点から見た混合ハーブエキスのヒトに対する抗糖化作用
    八木雅之, 米井嘉一, 内藤淳子
    aromatopia, 10738 - 43, 2011年
  • 多経路糖化反応を抑制するAGハーブMIX
    内藤淳子, 八木雅之
    Food style 21, 15(7)75 - 78, 2011年
  • 抗糖化食品素材「AGハーブMIX」の製品開発と有用性評価
    八木雅之, 内藤淳子, 米井嘉一
    COSMETIC STAGE, 15(5)23 - 32, 2011年
  • 香粧品・食品開発における糖化ストレスと抗糖化
    米井嘉一, 市橋正光, 八木雅之, 内藤淳子
    COSMETIC STAGE, 15(5)17 - 22, 2011年
  • 食用紫菊花の蛋白糖化最終生成物(AGEs)
    北野貴大, 八木雅之, 埜本慶太郎, 堀 未央, 庄野繁一, 米井嘉一, 原 高明, 原 英郎, 山路明俊
    ニューフードインダストリー, 53(6)1 - 10, 2011年
  • 栄養/サプリメン卜/抗酸化物質とアンチ工イジング
    米井嘉一, 八木雅之
    綜合臨床, 60(2)440 - 446, 2011年
  • クマイザサ(Ssasa senanensis Rehber)の蛋白糖化最終生成物(AGEs)生成抑制作用の研究
    堀 未央, 八木雅之, 埜本慶太郎, 北野貴大, 宮崎 亮, 米井嘉一
    同志社大学理工学研究報告, 52(3)61 - 67, 2011年
  • Effect of grapefruit intake on postprandial plasma glucose
    Ogura Mari, Masayuki Yagi, Keitaro Nomoto, Ryo Miyazaki, Masaya Kongoji, Show Watanabe, Umenoi Hamada, Yoshikazu Yonei
    Anti-Aging Medicine, 8(5)60 - 68, 2011年
  • Glycation stress and photo-aging in skin
    Masamitsu Ichihashi, Masayuki Yagi, Keitaro Nomoto, Yoshikazu Yonei
    Anti-Aging Medicine, 8(3)23 - 29, 2011年
  • Anti-glycation effect of mixed herbal extract in individuals with pre-diabetes mellitus: A double-blind, placebo-controlled, parallel group study
    Yoshikazu Yonei, Ryo Miyazaki, Yoko Takahashi, Hozumi Takahashi, Keitaro Nomoto, Masayuki Yagi, Hiroshige Kawai, Motoki Kubo, Nobuyasu Matsuura
    Anti-Aging Medicine, 7(5)26 - 35, 2010年
  • AGハーブMIXの生体内糖化反応抑制作用
    八木雅之
    Food style 21, 13(6)50 - 53, 2009年
  • Herbal extracts inhibit Maillard reaction, and reduce chronic diabetic complications risk in streptozotocin-induced diabetic rats
    Yoshikazu Yonei, Masayuki Yagi, Sawako Hibino, Nobuyasu Matsuura
    Anti-Aging Medicine, 5(10)93 - 98, 2008年
  • Anti-glycation effects of mixed-herb-extracts in diabetes and pre-diabetes
    Motoki Kubo, Masayuki Yagi, Hiroshige Kawai, Haruko Takada, Kazuo Takada, Yoshikazu Yonei, Yoko Takahashi, Nobuyasu Matsuura
    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, 43(Suppl. 1)66 - 69, 2008年
  • ローマカミツレに含まれる「カマメロサイド」のアンチエイジング医療における有用性
    八木雅之, 松浦信康, 米井嘉一
    aromatopia, 8326 - 29, 2007年
  • アンチエイジングと糖化
    八木雅之
    果樹試験研究推進協議会会報, 420 , 2007年
  • グリコヘモグロビンのエンザイムアッセイ
    米原 聡, 八木雅之
    バイオサイエンスとインダストリー, 62(3)37 - 38, 2004年
  • コガタシマトビケラの生活史と群飛行動
    八木雅之, 笹川満廣
    環動昆, 4(1)1 - 10, 1992年
  • A peculiar organ newly found in Hydropsychidae (Trichoptera)
    Masayuki Yagi, Yutaka Yoshiyasu, Mitsuhiro Sasakawa
    Jpn J Ent, 57(1)176 - 183, 1989年

書籍等出版物

  • 老けない最強食
    笹井恵理子
    文芸春秋, 2018年10月, 監修, 第5章 老けない最強の乳製品
  • 老けない人の食習慣
    八木雅之
    辰巳出版, 2018年07月, 監修
  • 第3版 アンチエイジング医学の基礎と臨床
    八木雅之
    メジカルレビュー社, 2015年09月, 分担執筆, 14.糖化ストレスの検査と評価
  • 機能性食品表示への科学的なデータの取り方と表示できる許容範囲
    八木雅之, 内藤淳子
    技術情報協会, 2015年04月, 分担執筆, 23節 糖化ストレス,抗糖化
  • 皮膚の測定評価法バイブル
    八木雅之, 内藤淳子
    技術情報協会, 2013年05月, 分担執筆, 第4節 皮膚のAGEsを測定したい
  • アスタキサンチンの機能と応用
    米井嘉一, 八木雅之
    シーエムシー出版, 2012年08月, 分担執筆, 3.酸化ストレス負荷高度の閉経後女性に対するアスタキサンチンの効果
  • 見た目のアンチエイジング 皮膚・容貌・体型の若返りの手法
    米井嘉一, 八木雅之
    文英堂, 2011年05月, 分担執筆, 2.加齢現象のメカニズム 糖化の役割
  • 糖化による疾患と抗糖化食品・素材
    八木雅之
    シーエムシー出版, 2010年12月, 分担執筆, 8.混合ハーブ

講演・口頭発表等

  • 糖化・抗糖化の基礎から最新情報、糖化ストレス評価法、皮膚中AGEs測定実習 機能性表示食品・化粧品開発に向けたエビデンスの取得法を事例から学ぶ
    八木雅之
    情報機構セミナーAA200236(東京、大井町きゅりあん), 2020年02月13日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 老化の主犯「糖化」 糖化メカニズムを知り、糖化から身を守る対策
    八木雅之
    同志社大学東京校友会(東京), 2020年02月, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖化最終生成物(AGEs)の測定法と抗糖化素材の有用性評価法
    八木雅之
    第10回 化粧品開発展、アカデミックフォーラム(千葉), 2020年01月, ポスター発表
  • 糖化と老化のメカニズム抗糖化素材の評価法・製品開発事例 皮膚AGEs蓄積量測定実習付き
    八木雅之
    テックデザインセミナー(東京、日比谷記念ホール), 2019年11月13日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 肌老化の原因と研究のパラダイム 糖化について
    八木雅之
    第13回 食香粧研究会シンボジウム(東京), 2019年11月, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖化ストレスによる老化や疾患の進展のメカニズムと抗糖化素材「食用紫菊花」の有用性検証
    八木雅之
    第21回 応用薬理シンポジウム(静岡), 2019年09月, 口頭発表(招待・特別)
  • 「糖化は老化」研究最前線2019
    八木雅之
    ダイエット&ビューティーフェア/スパ&ウエルネスジャパン/アンチエイジングジャパン(東京), 2019年09月, 口頭発表(招待・特別)
  • 老化原因物質AGEs研究の最新動向と機能性表示食品・化粧品開発への応用 AGEs測定実習を含む糖化・抗糖化の基礎とアンチエイジング市場の展望
    八木雅之
    情報機構セミナーAA190836(東京、大井町きゅりあん), 2019年08月27日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 角層OPH(酸化タンパク分解酵素)活性と角層CML量、皮膚蛍光性AGEsとの関連性
    石崎 香, 八木雅之, 﨑山智恵子, 髙部稚子, 米井嘉一
    第18回 糖化ストレス研究会(京都), 2019年08月, ポスター発表
  • HPLC法による血中ペントシジンの測定における前処理方法の研究
    﨑山智恵子, 八木雅之, 宮崎将太, 佐藤 睦, 石崎 香, 小松隆丸, 米井嘉一
    第18回 糖化ストレス研究会(京都), 2019年08月, ポスター発表
  • スパイスの抗糖化作用に関する研究
    今 美知, 八木雅之, 髙部稚子, 中山英樹, 米井嘉一
    第18回 糖化ストレス研究会(京都), 2019年08月, ポスター発表
  • 清酒の糖化反応抑制作用成分の探索
    木本達士, 髙部稚子, 八木雅之, 米井嘉一
    第18回 糖化ストレス研究会(京都), 2019年08月, ポスター発表
  • ヨーグルトホエイの抗糖化作用に関する研究
    奥田風花, 八木雅之, 髙部稚子, 米井嘉一
    第18回 糖化ストレス研究会(京都), 2019年08月, ポスター発表
  • 毛髪の抗糖化作用成分の探索
    大熊康範, 八木雅之, 米井嘉一
    第18回 糖化ストレス研究会(京都), 2019年08月, ポスター発表
  • 食品栄養成分が食後高血糖に及ぼす寄与率の検討
    上中詩央里, 八木雅之, 髙部稚子, 米井嘉一
    第18回 糖化ストレス研究会(京都), 2019年08月, ポスター発表
  • 黒ガリンガル根茎粉末の糖化ストレス抑制作用
    井上佳如子, 八木雅之, 石崎 香, 﨑山智恵子, 髙部稚子, 米井嘉一
    第18回 糖化ストレス研究会(京都), 2019年08月, ポスター発表
  • Effect of collagen-pentosidine on RANKL-induced in vitro osteoclastogenic model of RAW264.7 cells
    Tanzima Tarannum Lucy, Wakako Takabe, Masayuki, Yagi, Yoshikazu Yonei
    第18回 糖化ストレス研究会(京都), 2019年08月, ポスター発表
  • Glycated keratin causes biofilm-like aggregation in human skin Staphylococcus spices
    Kyle Haasbroek, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    第18回 糖化ストレス研究会(京都), 2019年08月, ポスター発表
  • 食後高血糖対策の評価
    八木雅之
    第18回 糖化ストレス研究会(京都), 2019年08月, 口頭発表(招待・特別)
  • 抗糖化研究最前線 第3回 知られざる「AGEs」、その蓄積を防ぐ方法
    八木雅之
    同志社講座 2019年春学期(東京), 2019年08月, 口頭発表(招待・特別)
  • 抗糖化研究最前線 第2回 ホントに怖い「血糖値スパイク」
    八木雅之
    同志社講座 2019年春学期(東京), 2019年07月, 口頭発表(招待・特別)
  • 抗糖化研究最前線 第1回 研究最新報告 糖化メカニズムを知る
    八木雅之
    同志社講座 2019年春学期(東京), 2019年06月, 口頭発表(招待・特別)
  • AGEs化蛋白質によるMatrix metalloproteinase-1発現亢進に対するヤーコンの効果
    髙部稚子, 山口大輝, 八木雅之, 米井嘉一
    第19回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2019年06月, ポスター発表
  • 食後高血糖抑制に及ぼす食品栄養成分の寄与率の検討
    上中詩央里, 八木雅之, 髙部稚子, 米井嘉一
    第19回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2019年06月, ポスター発表
  • ショウガ科植物 Kaempferia parviflora 根茎粉末の食後高血糖抑制作用
    八木雅之, 林 詩央里, 髙部稚子, 石崎 香, 﨑山智恵子, 井上佳如子, 佐藤恭男, 米井嘉一
    第19回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2019年06月, ポスター発表
  • 糖化・抗糖化の基礎と化粧品・食品開発への応用 皮膚AGEs蓄積量測定実習付き 八木雅之
    八木雅之
    R&D支援センターセミナー190440(東京、江東区産業会館), 2019年04月25日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 糖化最終生成物(AGEs) の測定と抗糖化作用の評価法
    八木雅之
    第9回 化粧品開発展、アカデミックフォーラム(千葉), 2019年01月, ポスター発表
  • 糖化は老化。抗糖化は健康で美しく生きるための新常識!
    八木雅之
    健康博覧会2019(東京), 2019年01月, 口頭発表(招待・特別)
  • 老化原因物質AGEs研究の最新動向とAGEs測定実習 ~糖化・抗糖化の基礎と健康食品・化粧品開発への応用展開~
    八木雅之
    情報機構セミナーAA181237(東京、大井町きゅりあん), 2018年12月13日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 糖化は老化 糖化ストレスの体への影響とその対策方法について
    八木雅之
    メディカルハーブ協会ブラッシュアップセミナー(東京), 2018年11月, 口頭発表(招待・特別)
  • カレースパイスの抗糖化作用に関する研究
    奥田風花, 八木雅之, 髙部稚子, 米井嘉一
    第16回 糖化ストレス研究会(東京), 2018年10月, ポスター発表
  • ヨーグルトホエイの糖化ストレス抑制作用に関する研究
    奥田風花, 八木雅之, 髙部稚子, 米井嘉一
    第16回 糖化ストレス研究会(東京), 2018年10月, ポスター発表
  • 清酒の糖化反応抑制作用成分に関する研究
    木本達士, 髙部稚子, 八木雅之, 米井嘉一
    第16回 糖化ストレス研究会(東京), 2018年10月, ポスター発表
  • Anti-glycative effect of “rice water” obtained from Japanese and Sri Lankan rice varieties: Comparison of “rice water” produced by three different methods
    Pasandee Wickramasinghe, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    第16回 糖化ストレス研究会(東京), 2018年10月, ポスター発表
  • 細胞内グリセルアルデヒド産生機構とグリセルアルデヒドの解毒
    平 敏夫, 関口志津子, 八木雅之, 磯崎晴吾, 米井嘉一, 荒川貴行, 佐藤健司, 吉里勝利
    第16回 糖化ストレス研究会(東京), 2018年10月, ポスター発表
  • Age-associated changes in human skin microflora; Staphylococcus and glycative stress
    Kyle Haasbroek,, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    第16回 糖化ストレス研究会(東京), 2018年10月, ポスター発表
  • ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットの骨コラーゲン中ペントシジンの測定検討
    下出昭彦, 秋山季理子, 松見 繁, 丸山徹也, 髙部稚子, 八木雅之, 米井嘉一
    第16回 糖化ストレス研究会(東京), 2018年10月, ポスター発表
  • Glycated proteins modulate in vitro osteoclastogenesis in RAW264.7 cells
    A. N. M. Mamun-Or-Rashid, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    第16回 糖化ストレス研究会(東京), 2018年10月, ポスター発表
  • AGEsの測定と抗糖化作用の評価
    八木雅之
    第16回 糖化ストレス研究会(東京), 2018年10月, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖化のメカニズムとアンチエイジング効果の測定評価 ~糖化ストレス・AGEsの生体影響、有効性評価、開発のポイント~
    八木雅之
    テックデザインセミナー(東京、リファレンス西新宿会議室), 2018年09月26日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 「糖化は老化」研究最前線2018
    八木雅之
    ダイエット&ビューティーフェア/スパ&ウエルネスジャパン/アンチエイジングジャパン(東京), 2018年09月, 口頭発表(招待・特別)
  • 調理におけるだしの抗糖化効果に関する研究
    山田 潤, 三ッ石 純子, 松田秀喜, 八木 雅之
    平成26年度 日本調理科学会大会(広島), 2018年08月, 口頭発表(一般)
  • 糖化ストレスによる老化原因物質AGEs研究の最新動向 ~糖化・抗糖化の基礎と健康食品・化粧品開発への応用展開~
    八木雅之
    情報機構セミナーAA180663(東京、大井町きゅりあん), 2018年06月14日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • クロモジの抗糖化作用に関与する成分の探索
    下出 昭彦, 秋山季理子, 松見 繁, 丸山徹也, 高部稚子, 八木雅之, 米井嘉一
    第19回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2018年06月, ポスター発表
  • 糖化は老化 糖化度測定で自分自身を知ろう!
    八木雅之
    同志社講座 2018年春学期(東京), 2018年06月, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖化は老化 糖化ストレスの体への影響とその対策方法について
    八木雅之
    メディカルハーブ協会ブラッシュアップセミナー(大阪), 2018年06月, 口頭発表(招待・特別)
  • 酸化と糖化診断のための検査法
    森田祐二, 浦田哲郎, 納藤眞生, 八木雅之, 米井嘉一
    第18回 日本抗加齢医学会総会(大阪), 2018年05月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
  • ハーブエキス含有食品の糖化ストレス抑制作用
    高部稚子, 山田健二朗, 北川佳瑚, 八木雅之, 米井嘉一
    第18回 日本抗加齢医学会総会(大阪), 2018年05月, ポスター発表
  • クロモジの酸化ストレスに対する影響
    松見 繁, 秋山季理子, 下出昭彦, 丸山徹也, 高部稚子, 八木雅之, 米井嘉一
    第18回 日本抗加齢医学会総会(大阪), 2018年05月, ポスター発表
  • ヨーグルトの糖化反応抑制作用に関する研究
    奥田風花, 八木雅之, 髙部稚子, 米井嘉一
    第18回 日本抗加齢医学会総会(大阪), 2018年05月, ポスター発表
  • 糖化反応中間体測定による糖化ストレス評価法
    今 美知, 八木雅之, 高部稚子, 米井嘉一
    第18回 日本抗加齢医学会総会(大阪), 2018年05月, ポスター発表
  • ショウガ科植物の糖化反応抑制作用とAGEs架橋切断作用
    八木雅之, 山田健人, 髙部稚子, 田中信幸, 井上佳如子, 佐藤恭男, 米井嘉一
    第18回 日本抗加齢医学会総会(大阪), 2018年05月, ポスター発表
  • 「糖化は老化」アンチエイジングにおける糖化ストレスの影響と対策
    八木雅之
    日本産業皮膚衛生協会会員研修会(京都), 2018年03月, 口頭発表(招待・特別)
  • 老化危険因子としての糖化ストレス
    日本抗加齢医学会専門医・指導士認定委員会講習会(大阪), 2018年03月, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖化は老化 エイジングケアに欠かせない糖化ストレス対策の重要性とは
    八木雅之
    健康博覧会/FOOD PRODUCE JAPAN 2018セミナー(東京), 2018年02月, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖化ストレスに着目した抗糖化素材の探索と有用性評価法
    八木雅之
    第8回 化粧品開発展、アカデミックフォーラム(千葉), 2018年01月, ポスター発表
  • プラセボ対照二重盲検法を用いたトウビシ(Trapa bispinosa Roxb.)果皮抽出物の長期摂取による糖化ストレス低減作用およびLDL糖化抑制作用に関する研究
    竹下祥子, 八木雅之, 上村知広, 大塚 駿, 山田道生, 米井嘉一
    第27回 日本メイラード学会(埼玉), 2017年11月, 口頭発表(一般)
  • The effect of advanced glycation end-products on commensal Staphylococcus epidermidis in νitro.
    Kyle Haasbroek, Wakako Takabe: Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    第14回 糖化ストレス研究会(東京), 2017年11月, ポスター発表
  • Aldehyde によるLow-density lipoprotein(LDL)の変性作用とその抑制植物の探索について
    阿部友美, 八木雅之, 米井嘉一
    第14回 糖化ストレス研究会(東京), 2017年11月, ポスター発表
  • ヨーグルトの糖化反応抑制作用成分に関する研究
    林英治, 八木雅之, 高部稚子, 米井嘉一
    第14回 糖化ストレス研究会(東京), 2017年11月, ポスター発表
  • 青タデ(Persicaria hydropiper)における糖化反応抑制作用成分の探索
    林英治, 八木雅之, 高部稚子, 米井嘉一
    第14回 糖化ストレス研究会(東京), 2017年11月, ポスター発表
  • 「4層特殊立体構造」寝具使用による睡眠の質の改善と糖化ストレスへの影響
    安藤 翠, 古川雅嗣, 志村洋二, 小椋真理, 高部稚子, 八木雅之, 米井嘉一
    第14回 糖化ストレス研究会(東京), 2017年11月, ポスター発表
  • ヤーコン(Smallanthussonchifolius) に含まれる糖化反応抑制作用成分の探索
    山口大輝, 高部稚子, 八木雅之, 米井嘉一
    第14回 糖化ストレス研究会(東京), 2017年11月, ポスター発表
  • ショウガ科植物の糖化ストレス抑制作用
    山田健人, 八木雅之, 田中伸幸, 高部稚子, 米井嘉一
    第14回 糖化ストレス研究会(東京), 2017年11月, ポスター発表
  • 糖化ストレスマーカーとしての血中ペントシジン測定
    八木雅之
    第14回 糖化ストレス研究会(東京), 2017年11月, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖化は老化~最新研究からの考察 抗糖化はアンチエイジング時代のキーワード
    八木雅之
    ダイエット&ビューティーフェア/スパ&ウエルネスジャパン2017 特別企画「抗糖化セミナー」 基調講演Ⅰ(東京), 2017年09月, 口頭発表(招待・特別)
  • アンチエイジングに着目した抗糖化食品の評価方法 糖化・抗糖化/酸化・抗酸化の基本と測定評価法
    八木雅之
    テックデザインセミナー(東京、テックデザイン会議室), 2017年08月30日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 糖化を防いで健康で美しく過ごすために!
    八木雅之
    日本アロマ膝ケア協会セミナー(京都), 2017年08月, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖化ストレスの体への影響と食による抗糖化
    八木雅之
    第68回 生命食セミナー(名古屋), 2017年06月, 口頭発表(招待・特別)
  • コラーゲン由来の蛋白糖化産物生成に対する食品素材の効果
    高部稚子, 北川佳瑚, 山田健二朗, 山本理奈, 野田裕生, 山口大輝, 小椋真理, 八木雅之, 米井嘉一
    第17回 日本抗加齢医学会総会(東京), 2017年06月, ポスター発表
  • OPH活性化またはAGEs架橋切断作用を有するハーブエキスの探索
    所司原雅子, 河合博成, 川上宏智, 三橋璃子, 石崎 香, 八木雅之
    第17回 日本抗加齢医学会総会(東京), 2017年06月, ポスター発表
  • ショウガ科植物Kaempferia parvifloraの糖化ストレス抑制作用
    八木雅之, 立岩由香理, 井上佳如子, 佐藤恭男, 髙部稚子, 石崎 香, 米井嘉一
    第17回 日本抗加齢医学会総会(東京), 2017年06月, ポスター発表
  • 「食事順序・食べ合わせ」による食後血糖値の制御と評価測定法 ~糖尿病との関連、ヒト臨床研究事例、GI、血糖値測定体験、糖化ストレスと抗糖化~
    八木雅之
    テックデザインセミナー(東京、テックデザイン会議室), 2017年03月15日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 次代アンチエイジングのキーワード「糖化は老化」
    八木雅之
    健康博覧会 2017セミナー(東京), 2017年02月, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖化ストレス対策に着目した抗糖化食品・化粧品の有用性評価法
    八木雅之
    第7回 化粧品開発展、アカデミックフォーラム(千葉), 2017年01月, ポスター発表
  • 糖化ストレス対策に着目した老化や疾患の予防
    八木雅之
    2016年度 同志社大学リエゾンフェア(京都), 2016年12月, ポスター発表
  • 糖化を防げば健康で美しく生きられる
    八木雅之
    同志社講座 2016年秋学期(東京), 2016年12月, 口頭発表(招待・特別)
  • 「糖化は老化」 糖化が肌と体の老化を早める
    八木雅之
    おとな時間 in 早稲田の杜(東京), 2016年11月, 口頭発表(招待・特別)
  • Advanced glycation end products (AGEs) alter RANKL-induced osteoclastogenesis in RAW264.7 cell
    A. N. M. Mamun-Or-Rashid, WakakoTakabe, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    第26回 日本メイラード学会(筑波), 2016年11月, ポスター発表
  • The effects of mangosteen,pomegranate and tea extracts on glycated protein-induccd cell death in human dermal papilla cell
    Lanny Parengkuan, Wakako Takabe, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    第11回 糖化ストレス研究会(東京), 2016年11月, ポスター発表
  • 糖化ストレスによるinsulin合成・分泌への影響
    野田裕生, 高部稚子, 八木雅之, 米井嘉一
    第11回 糖化ストレス研究会(東京), 2016年11月, ポスター発表
  • クロモジ抽出物のAGEsに対する作用
    松見 繁, 下出昭彦, 村田勝優, 丸山徹也, 髙部稚子, 八木雅之, 米井嘉一
    第11回 糖化ストレス研究会(東京), 2016年11月, ポスター発表
  • 活動量管理型プログラムに参加する男性高齢者における飲酒量が糖化ストレスに及ぼす影響
    渡辺希子, 高部稚子, 八木雅之, 米井嘉一
    第11回 糖化ストレス研究会(東京), 2016年11月, ポスター発表
  • 混合ハーブエキスの摂取による抗糖化と美肌作用の評価 一プラセボ対照二重盲検ランダム化並行群:開比較試験一
    河合博成, 所司原雅子, 川上宏智, 内藤淳子, 濱田梅之井, 八木雅之, 大林敬二
    第11回 糖化ストレス研究会(東京), 2016年11月, ポスター発表
  • 終末糖化産物(AGEs) によるメラニン生成作用
    阿部友美, 髙部稚子, 八木雅之, 勇 史行, 米井嘉一
    第11回 糖化ストレス研究会(東京), 2016年11月, ポスター発表
  • 骨芽細胞分化における糖化蛋白の影響
    山本理奈, 髙部椎子, 八木雅之, 米井嘉一
    第11回 糖化ストレス研究会(東京), 2016年11月, ポスター発表
  • 「糖化は老化」をアンチエイジング時代のキーワードに
    八木雅之
    ダイエット&ビューティーフェア 2016 専門セミナー B7(東京), 2016年09月, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖化ストレス評価技術と抗糖化製品の開発 メカニズム・関与する疾患・素材探索・ヒト試験・今後の展開
    八木雅之
    テックデザインセミナー(東京、テックデザイン会議室), 2016年07月07日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 皮膚糖化ストレスに及ぼす角層中酸化蛋白分解酵素(OPH)活性の影響
    石神 政道, 森 亮太, 岡田 正紀, 八木 雅之, 三橋 璃子
    第16回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2016年06月, ポスター発表
  • 混合ハーブエキスの摂取による抗糖化と美肌作用の評価
    河合博成, 所司原雅子, 川上 宏智, 内藤淳子, 濵田梅之井, 八木雅之, 大林敬二
    第16回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2016年06月, ポスター発表
  • 黒ガリンガルの糖化反応抑制作用とAGEs分解作用の乾燥方法による影響
    八木雅之, 井上佳如子, 佐藤恭男, 米井嘉一
    第16回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2016年06月, ポスター発表
  • 黒ガリンガルの抗糖化作用と脳機能改善効果への可能性
    八木雅之
    健康博覧会2016出展社セミナー Room A(東京), 2016年03月, 口頭発表(招待・特別)
  • 老化や生活習慣病を進展させる糖化とその対策法
    八木雅之
    第50回スーパーマーケット・トレーディングショー出展社セミナー Room 6(東京), 2016年02月, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖化ストレスに着目した抗糖化食品・化粧品の有用性評価方法
    八木雅之
    第6回 化粧品開発展、アカデミックフォーラム(東京), 2016年01月, ポスター発表
  • 糖化のメカニズムとその防ぎ方 今日から始める抗糖化
    八木雅之
    わかるPro主催セミナー(東京), 2015年11月, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖化ストレス対策評価試験の展望
    八木雅之
    食品開発展2015出展社セミナー J会場(東京), 2015年10月, 口頭発表(一般)
  • 抗糖化食品の研究動向とこれからの美肌食品の開発
    八木雅之
    食品開発展2015記念セミナー(東京), 2015年10月, 口頭発表(招待・特別)
  • The potentiality of reducing the skin glycation stress by intake of a mixed herb tea extract
    Masayuki Yagi, Kazutoshi Shinoda, Hiroshi Yoneyama, Junko Naito, Yoshikazu Yonei
    第9回 糖化ストレス研究会 (9th Meeting of the Society for Glycation Stress Research) 京都サテライト国際シンポジウム(京都), 2015年09月, ポスター発表
  • Grapefruit intake affect changes in postprandial glucose
    Mari Ogura, Arisa Kawabata, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    第9回 糖化ストレス研究会 (9th Meeting of the Society for Glycation Stress Research) 京都サテライト国際シンポジウム(京都), 2015年09月, ポスター発表
  • Effect of choice of staple food and the addition of dietary fiber on changes in postprandial blood glucose level
    Risako Kubo, Megumi Matsushima, Masayuki Yagi, Umenoi Hamada, Mari Ogura, Wakako Takabe, Yoshikazu Yonei
    第9回 糖化ストレス研究会 (9th Meeting of the Society for Glycation Stress Research) 京都サテライト国際シンポジウム(京都), 2015年09月, ポスター発表
  • Effect of plants containing iridoids on anti-formation and degradation of AGEs
    Keisuke Tadasue, Masayuki Yagi, Wakako Takabe, Koichi Sato, Yoko Sakata, Yoshikazu Yonei
    第9回 糖化ストレス研究会 (9th Meeting of the Society for Glycation Stress Research) 京都サテライト国際シンポジウム(京都), 2015年09月, ポスター発表
  • Anti-glycation activity of Japanese sake and its ingredients
    Keisuke Tadasue, Masayuki Yagi, Wakako Takabe, Koichi Sato, Yoko Sakata, Yoshikazu Yonei
    第9回 糖化ストレス研究会 (9th Meeting of the Society for Glycation Stress Research) 京都サテライト国際シンポジウム(京都), 2015年09月, ポスター発表
  • Polyphenols and anti-glycation activity
    Parengkuan Lanny, Masayuki Yagi, Mari Ogura, Wakako Takabe, Yoshikazu Yonei
    第9回 糖化ストレス研究会 (9th Meeting of the Society for Glycation Stress Research) 京都サテライト国際シンポジウム(京都), 2015年09月, ポスター発表
  • 糖化ストレスに着目した抗糖化食品・化粧品の評価方法 素材の選択と製品の機能性試験・ヒト臨床評価試験
    八木雅之
    情報機構セミナーAA150722(東京、江東区産業会館), 2015年07月09日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 健康茶エキスの摂取による皮膚糖化ストレス抑制の可能性
    八木雅之, 篠田和利, 米山 弘, 内藤淳子, 濱田梅之井, 内藤桂一, 野原和政, 米井嘉一
    第15回 日本抗加齢医学会総会(福岡), 2015年05月, ポスター発表
  • 角層中酸化蛋白分解酵素(OPH)活性の活性化成分の探索
    石神政道, 八木雅之, 三橋璃子, 米井嘉一
    第15回 日本抗加齢医学会総会(福岡), 2015年05月, ポスター発表
  • イリドイド化合物含有植物のAGEs生成抑制およびAGEs分解作用
    阿部友美, 八木雅之, 米井嘉一
    第15回 日本抗加齢医学会総会(福岡), 2015年05月, ポスター発表
  • 糖化ストレスの検査と評価
    八木雅之
    第8回 糖化ストレス研究会(東京), 2015年05月, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖化ストレス対策としての抗糖化の展望 現在、過去、そして未来
    八木雅之
    ifia JAPAN 2015 / HFE JAPAN 2015出展社セミナー Room 4(東京), 2015年05月, 口頭発表(招待・特別)
  • ザクロエキスおよびその成分のAGEs分解活性に関する検討
    八木雅之
    平成26年度農山漁村6次産業に係る緑と水の環境技術革命プロジェクト、ザクロの新たな機能性研究および栽培条件等の検討(甲府), 2015年03月, 口頭発表(一般)
  • ザクロエキスおよびその成分のAGEs架橋切断活性に関する検討
    三橋璃子, 八木雅之, 渡邊あゐ, 森谷 優, 内藤淳子, Parengkuan Lanny, 伊東秀之, 西田典永, 長友暁史, 米井嘉一
    第24回 日本メイラード学会(熊本), 2014年11月, ポスター発表
  • 果物中の抗糖化活性の探索
    Parengkuan Lanny, 八木雅之, 三橋璃子, 小椋真理, 内藤淳子, 米井嘉一
    第24回 日本メイラード学会(熊本), 2014年11月, 口頭発表(一般)
  • 糖化ストレスの低減に着目した 抗糖化食品・化粧品素材の有用性評価法
    八木雅之
    第5回 化粧品開発展、アカデミックフォーラム(東京), 2014年10月, ポスター発表
  • 糖化と美肌研究から生まれたUNAHATKEハーブエキス
    八木雅之
    食品開発展2014 出展社セミナーG会場(東京), 2014年10月, 口頭発表(招待・特別)
  • ザクロエキスおよびその成分のAGEs分解活性に関する検討
    八木雅之
    平成26年度農山漁村6次産業に係る緑と水の環境技術革命プロジェクト、ザクロの新たな機能性研究および栽培条件等の検討(甲府), 2014年09月, 口頭発表(一般)
  • 「糖化は老化」糖化を防げば、健康で美しく生きられる!
    八木雅之
    ダイエット&ビューティーフェア2014 出展社セミナーF会場(東京), 2014年09月, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖化ストレスとAGEs
    八木雅之
    メディカフェ(名古屋), 2014年06月, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖化ストレスと美容
    八木雅之
    第14回 日本抗加齢医学会総会(大阪), 2014年06月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
  • 皮膚角層中の酸化蛋白質分解酵素(OPH)活性の検討
    石神政道, 八木雅之, 三橋璃子, 米井嘉一
    第14回 日本抗加齢医学会総会(大阪), 2014年06月, ポスター発表
  • テープストリッピングによる角層CML測定の皮膚糖化ストレス評価指標としての可能性
    八木雅之, 内藤淳子, 浜田梅之井, 山田秀和, 米井嘉一
    第14回 日本抗加齢医学会総会(大阪), 2014年06月, ポスター発表
  • 日本酒に含まれる抗糖化活性成分の探索
    忠末恵佑, 八木雅之, 佐藤弘一, 坂田洋子, 米井嘉一
    第14回 日本抗加齢医学会総会(大阪), 2014年06月, ポスター発表
  • 茶の醗酵と抗糖化活性に関する研究
    大竹 健一郎, 八木 雅之, 石岡 良香, 内藤 淳子, 米井 嘉一
    第14回 日本抗加齢医学会総会(大阪), 2014年06月, ポスター発表
  • 野菜・ハーブ類の抗糖化活性成分の探索と解析研究
    石岡良香, 八木雅之, 三橋璃子, 小椋真理, 米井嘉一
    第14回 日本抗加齢医学会総会(大阪), 2014年06月, ポスター発表
  • 茶・健康茶・野菜中に含まれるAGEs分解作用の探索
    三橋璃子, 八木雅之, 森谷 優, Lanny Parengkuan, 米井嘉一
    第14回 日本抗加齢医学会総会(大阪), 2014年06月, ポスター発表
  • 大豆由来醗酵食品に含まれる抗糖化活性成分の探索
    坂田洋子, 八木雅之, 大和芙美恵, 小椋真理, 米井嘉一
    第14回 日本抗加齢医学会総会(大阪), 2014年06月, ポスター発表
  • アンチエイジングドック検診における血中酸化ストレス度測定の可能性
    佐藤弘一, 八木雅之, Moniruzzaman Mohammad, 浜田梅之井, 米井嘉一
    第14回 日本抗加齢医学会総会(大阪), 2014年06月, ポスター発表
  • Polyphenols and anti-glycation activity
    Parengkuan Lanny, Masayuki Yagi, Mari Ogura, Umenoi Hamada, Yoshikazu Yonei
    第14回 日本抗加齢医学会総会(大阪), 2014年06月, ポスター発表
  • アンチエイジングの観点からみた糖化ストレスと美容
    八木雅之
    ifia/HFE JAPAN 2014 美容セミナー(東京), 2014年05月, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖化は老化 糖化を防げば、健康で美しく生きられる!
    八木雅之
    メディカフェ(東京), 2014年04月, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖化ストレスと血糖値 食習慣からアンチエイジングを考える
    八木雅之
    メディカフェ(名古屋), 2014年03月, 口頭発表(招待・特別)
  • 老化危険因子としての 糖化ストレスに着目した 食品および化粧品原料の選択と評価方法
    八木雅之
    情報機構セミナーAA140221(東京、江東区産業会館), 2014年02月25日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 「糖化は老化」そのメカニズムと対策 糖化を防いで、健康で美しく生きる!
    八木雅之
    メディカフェ(名古屋), 2013年12月, 口頭発表(招待・特別)
  • 「糖化は老化」糖化を防げば、健康で美しく生きられる!
    八木雅之
    神戸セレクション新商品開発支援セミナー(神戸), 2013年11月, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖化ストレスと蛋白糖化最終生成物(AGEs) アンチエイジングにおける意義と抗糖化作用の評価方法
    八木雅之
    情報機構セミナーAA131014(東京、江東区産業会館), 2013年10月25日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • アンチエイジングにおける糖化ストレスと京野菜を含む野菜やハーブなどの抗糖化素材の探索
    八木雅之
    京都府農林水産センター生物資源研究センターセミナー(京都), 2013年10月, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖化ストレス抑制をターゲットとした機能性食品の研究開発
    八木雅之
    食品開発展2013記念セミナー(東京), 2013年10月, 口頭発表(招待・特別)
  • 混合ハーブエキス配合飲用酢の食後血糖値上昇抑制作用および長期摂取における有用性
    鈴木和重, 丸山徹也, 八木雅之, 米井嘉一
    第13回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2013年06月, ポスター発表
  • 動脈硬化性疾患に対する二重膜濾過血漿交換(DFPP)による予防的効果の検討(第二報)
    渡邊美和子, 田口淳一, 境野智之, 安田光徳, 梁 広石, 八木雅之, 山門 實, 米井嘉一
    第13回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2013年06月, ポスター発表
  • 酸化蛋白分解酵素(OPH)のAGE化蛋白分解活性と茶・健康茶によるその増強作用
    八木雅之, 三橋璃子, 小椋真理, 浜田梅之井, 米井嘉一
    第13回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2013年06月, ポスター発表
  • 野菜・ハーブ類中の酸化蛋白分解酵素(OPH)活性化成分の探索
    三橋璃子, 八木雅之, Lanny Parengkuan, 小椋真理, 浜田梅之井, 米井嘉一
    第13回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2013年06月, ポスター発表
  • 醗酵食品に含まれる抗糖化活性成分の探索
    坂田洋子, 八木雅之, 小椋真理, 浜田梅之井, 米井嘉一
    第13回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2013年06月, ポスター発表
  • 抗糖化活性を有する野菜・ハーブ類の探索
    石岡良香, 八木雅之, 小椋真理, 浜田梅之井, 米井嘉一
    第13回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2013年06月, ポスター発表
  • 糖化ストレスに対するマクロファージの応答:炎症性サイトカインの検討
    佐藤弘一, 八木雅之, 下出昭彦, 梅原久範, 米井嘉一
    第13回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2013年06月, ポスター発表
  • 主食と副菜の組合せによる糖化ストレス抑制方法の研究
    松島 恵, 八木雅之, 浜田梅之井, 小椋真理, 米井嘉一
    第13回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2013年06月, ポスター発表
  • Anti-glycation activity of various fruit
    Parengkuan Lanny, Masayuki Yagi, Megumi Matsushima, Mari Ogura, Umenoi Hamada, Yoshikazu Yonei
    第13回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2013年06月, ポスター発表
  • 蛋白糖化反応による毛髪の変化:蛋白糖化最終産物(AGEs)と引張強度の検討
    下出昭彦, 八木雅之, 浜田梅之井, 米井嘉一
    第13回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2013年06月, ポスター発表
  • 糖化ストレスの評価方法と抗糖化食品・化粧品素材の開発 事例に学ぶ、有用性評価と素材開発のコンセプト
    八木雅之
    情報機構セミナーAA130420(東京、大井町きゅりあん), 2013年04月18日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 抗糖化食品素材とその探索
    八木雅之
    京都産学公連携機構グローバル拠点推進室 第2回疾病予防・食品評価システム部会(京都), 2012年12月, 口頭発表(招待・特別)
  • 酸化蛋白質分解酵素活性を高める健康茶成分
    八木雅之, 三橋璃子, 米井嘉一
    第3回 糖化ストレス研究会(東京), 2012年12月, 口頭発表(招待・特別)
  • アンチエイジングにおける糖化ストレスと抗糖化
    八木雅之
    第6回 機能食品素材セミナー(京都), 2012年11月, 口頭発表(招待・特別)
  • 抗糖化素材の開発とAGEs 評価系の探索
    八木雅之
    植物工場機能性素材協議会勉強会(滋賀県長浜), 2012年11月, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖化・抗糖化の基礎と応用 事例に学ぶ、食品・化粧品素材開発のコンセプトと有用性評価
    八木雅之
    情報機構セミナーAA121007(東京、大井町きゅりあん), 2012年10月08日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 産学連携による抗糖化食品と糖化ストレス試験法の研究開発 産学連携で、どんなことができたか?
    八木雅之
    食品開発展 2012記念セミナー(東京), 2012年10月, 口頭発表(招待・特別)
  • Skin accumulation of advanced glycation end products and lifestyle-related behaviors in Japanese
    Yonei Yoshikazu, Keitaro Nomoto, MasayukiYagi
    11th International Maillard reaction symposium(France), 2012年09月, ポスター発表
  • 地域中高齢者を対象とした、長期間の歩数計中心の運動プログラムとアンチエイジング検診の併用効果(第3報)
    宮崎 亮, 石井 好二郎, 綾部 誠也, 藪北 寛之, 埜本 慶太郎, 河口 八重子, 青木 拓巳, 八木 雅之, 市川 寛, 米井 嘉一
    第12回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2012年06月, 日本語, 口頭発表(一般)
  • 3次元皮膚培養細胞を使った皮膚糖化モデルの検討
    一條 遼, 八木雅之, 埜本慶太郎, 仁木洋子, 市橋正光, 米井嘉一
    第12回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2012年06月, ポスター発表
  • 身体の機能年齢に及ぼす糖化ストレスの影響
    埜本慶太郎, 八木雅之, 濱田梅之井, 米井嘉一
    第12回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2012年06月, ポスター発表
  • 茶に含まれるカテキン類の抗糖化作用機序に関する研究
    下出昭彦, 千速夕紀, 堀 未央, 八木雅之, 小椋真理, 埜本慶太郎, 濱田梅之井, 米井嘉一
    第12回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2012年06月, ポスター発表
  • 茶・健康茶中の酸化蛋白質分解酵素(OPH)活性化成分の探索
    八木雅之, 西田周平, 小椋真理, 埜本慶太郎, 濱田梅之井, 米井嘉一
    第12回 日本抗加齢医学会総会(横浜), 2012年06月, ポスター発表
  • 糖化ストレスによる皮膚老化
    市橋正光, 一條 遼, 神谷有美, 八木雅之, 米井嘉一
    第2回 糖化ストレス研究会(東京), 2012年05月, 口頭発表(招待・特別)
  • 最新の美容テーマとして注目を集める糖化ストレスとアンチエイジング!
    八木雅之
    ifia/HFE JAPAN 2012 HFEセッション(東京), 2012年05月, 口頭発表(招待・特別)
  • アンチエイジングの新概念『抗糖化』!~抗糖化素材開発の最前線を紹介~
    八木雅之
    健食原料・素材・OEM展2012セミナー(東京), 2012年04月, 口頭発表(招待・特別)
  • 抗糖化とアンチエイジング
    八木雅之
    東京ヘルスコレクション2012セミナー(東京), 2012年03月, 口頭発表(招待・特別)
  • 各種ハーブティー素材の抗糖化活性試験とその結果
    八木雅之
    美肌と抗糖化食品の研究会マスコミセミナー(東京), 2012年03月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)
  • 抗糖化食品素材の探索と有用性評価に関する検討
    八木雅之
    疾病予防と食品機能の開発・評価に関するフォーラム(京都), 2012年03月, 口頭発表(招待・特別)
  • 抗糖化食品素材の探索と有用性評価
    八木雅之
    第7回 美容・アンチエイジング研究会(大阪), 2012年01月, 口頭発表(招待・特別)
  • Relation between AGEs-derived autofluorescene in skin and lifestyle- related behaviors in Japanese
    Keitaro Nomoto, Masayuki Yagi, Yoshikazu Yonei
    The 3rd World Congress on Ningen Dock(Taiwan), 2011年11月, 口頭発表(一般)
  • Daily step counts and functional age in middle-aged and older participants of 2.5-year pedometer-based walking program; YURIN-study
    Ryo Miyazaki, Yoshikazu Yonei, Makoto Ayabe, Hiroyuki Yabukita, Keitaro Nomoto, Takumi Aoki, Masayuki Yagi, Kojiro Ishii
    The 3rd World Congress on Ningen Dock(Taiwan), 2011年11月, 口頭発表(一般)
  • 糖化・抗糖化のメカニズム、生体への影響、および抗糖化食品・化粧品素材の有用性と今後予想される展開
    八木雅之
    情報機構セミナーAA110905(東京、東京都中小企業振興公社), 2011年09月14日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 日本人の加齢に伴う皮膚蛍光の変動
    埜本塵太郎, 八木雅之, 濱田梅之井, 米井嘉一
    第11回日本抗加齢医学会総会(京都), 2011年05月, ポスター発表
  • グレープフルーツ摂取の食後血糖推移への影響
    小椋真理, 八木雅之, 金剛寺正也, 宮崎 亮, 濱田梅之井, 渡邊 昌, 米井嘉一
    第11回日本抗加齢医学会総会(京都), 2011年05月, ポスター発表
  • 糖化・抗糖化のメカニズム 生体への影響および抗糖化食品・化粧品素材の有用性と今後予想される展開
    八木雅之
    情報機構セミナーAA110307(東京、東京都中小企業振興公社), 2011年03月10日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • ドクダミ(Houttuynia cordata)茶の皮膚AGEs(Advanced Glycation Endproducts)蓄積抑制作用
    埜本慶太郎, 八木雅之, 米山 弘, 堀 未央, 北野貴大, 濱田梅之井, 米井嘉一
    日本薬学会第131年会(静岡), 2011年03月, ポスター発表
  • 糖化・抗糖化のメカニズム 事例に学ぶ、抗糖化食品・化粧品素材の有用性評価と今後予想される展開
    八木雅之
    情報機構セミナーAA120110(東京、おいしさ科学館), 2011年01月25日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 抗糖化食品素材の製品開発と有用性評価
    八木雅之
    技術情報協会セミナー(東京、大井町きゅりあん), 2011年01月20日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • グルコースとタンパク質による生体内糖化反応とその抑制 最旬アンチエイジングと抗糖化
    八木雅之
    第48回 同志社大学理工学研究所研究発表会 2010年度学内研究センター合同シンポジウム(京都), 2010年12月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
  • アンチエイジングの観点から見た、混合ハーブエキスと漢方原料からなるカプセル型食品の有用性 継続摂取による糖化抑制
    田村隆朗, 八木雅之, 埜本慶太郎, 米井嘉一
    第10回日本抗加齢医学会総会(京都), 2010年06月, ポスター発表
  • アンチエイジングの観点から見た、混合ハーブエキスと漢方原料からなるカプセル型食品の有用性
    田村隆朗, 八木雅之, 堀江正信, 米井嘉一, 高橋穂澄
    日本薬学会第129年会(京都), 2009年03月, ポスター発表
  • Anti-aging and glycation
    Motoki Kubo, Masayuki Yagi, Hiroshige Kawai, Haruko Takada, Kazuo Takada, Yoshikazu Yonei, Yoko Takahashi, Nobuyasu Matsuura
    International Conference on Food Factors for Health Promotion (ICoFF) 2007(京都), 2007年11月, 口頭発表(一般)
  • 糖尿病予備軍を対象としたダブルブラインド並行群間比較試験による、混合ハーブエキスの有用性評価
    高橋洋子, 米井嘉一, 高橋穂澄, 八木雅之, 河合博成, 久保 基, 松浦信康
    第7回日本抗加齢医学会総会(京都), 2007年07月, ポスター発表
  • アンチエイジングの観点から見た、抗糖化作用を有する混合ハーブエキスの糖尿病患者に対する有用性
    八木雅之, 河合博成, 久保 基, 高田晴子, 高田和夫, 米井嘉一, 高橋洋子, 松浦信康
    第7回日本抗加齢医学会総会(京都), 2007年07月, ポスター発表
  • アンチエイジングの観点から見た混合ハーブエキスのヒトへの作用
    河合博成, 八木雅之, 久保 基, 高田晴子, 高田和夫, 米井嘉一, 高橋洋子, 松浦信康
    日本薬学会第127年会(富山), 2007年03月, ポスター発表
  • 混合ハーブエキスのメイラード反応阻害作用
    八木雅之, 河合博成, 久保 基, 高田晴子, 高田和夫, 米井嘉一, 高橋洋子, 松浦信康
    日本薬学会第127年会(富山), 2007年03月, ポスター発表
  • タンパク質糖化反応阻害物質の探索と作用機構
    松浦信康, 田代富子, 野崎 浩, 八木雅之, 米井嘉一, 高橋洋子
    日本薬学会第127年会(富山), 2007年03月, ポスター発表
  • タンパク質糖化反応阻害物質の探索
    松浦信康, 橘高志歩, 野崎 浩, 八木雅之, 米井嘉一, 高橋洋子
    日本生薬学会第53回年会(埼玉), 2006年09月, ポスター発表
  • ペントシジンの腎毒性 第2報 ペントシジンはNF-kBを活性化する
    松浦信康, 佐中 孜, 八木雅之, 細川知良
    第48回(平成17年度)日本腎臓学会学術総会(横浜), 2005年06月, ポスター発表
  • 糖尿病ラットにおけるペントシジン臓器内濃度 第1報
    佐中 孜, 松井亜男, 小松水樹, 岡崎真之, 松浦信康, 八木雅之, 細川知良
    第48回(平成17年度)日本腎臓学会学術総会(横浜), 2005年06月, ポスター発表
  • Gibberella fujikuroi AKU3802株の生産する糖化アミノ酸オキシダーゼ精製とその生化学的諸性質
    阪井康能, 八木雅之, 船津文代, 吉田信行, 谷 吉樹, 加藤暢夫
    日本農芸化学会1995年大会 (北海道), 1995年08月, 口頭発表(一般)
  • シマトビケラ類雌成虫の腹部にみられる特異な構造(Ⅱ)
    八木雅之, 吉安 裕, 笹川満廣
    日本昆虫学会第47回大会(鳥取), 1987年10月, 口頭発表(一般)
  • 熱帯系と温帯系の桑品種における葉面炭化水素の炭素数の比較 熱帯における蚕糸生産に関する研究 Ⅶ
    四方正義, 傅 炳山, 八木雅之, 劉 政麟
    日本蚕糸学会関西支部第50回研究発表会(岡山), 1984年11月, 口頭発表(一般)
  • 窒素ガス存在下における家蚕卵ポリオ-ル量の変動
    古沢寿治, 矢野武男, 清水喜一, 八木雅之, 四方正義
    日本蚕糸学会第54回学術講演会(岩手), 1984年04月, 口頭発表(一般)
  • 低温保護下におけるカイコ卵殻脂質成分の変動
    八木雅之, 丸野 清, 塩崎正司
    日本蚕糸学会関西支部第49回研究発表会(京都), 1983年11月, 口頭発表(一般)

特許

  • OPH活性増強剤
    八木雅之, 他
    特開2019-193620, 株式会社ひかわ、他
  • OPH活性増強剤
    八木雅之, 他
    特開2019-187354, 株式会社ひかわ、他
  • OPH活性増強剤
    八木雅之, 他
    特開2019-187355, 株式会社ひかわ、他
  • OPH活性増強剤
    八木雅之, 他
    特開2018-016624, 株式会社ひかわ、他
  • OPH活性増強剤
    八木雅之, 他
    特開2017-178970, 学校法人同志社、他
  • ペントシジン生成阻害剤
    八木雅之, 他
    特開2018-188375, 株式会社ひかわ、他
  • 抗糖化用組成物
    八木雅之, 他
    特開2018-123102, 学校法人同志社、他
  • 抗糖化用組成物
    八木雅之, 他
    特許6122200, 学校法人同志社、他
  • OPH活性増強剤
    八木雅之, 他
    特開2018-002631, 株式会社アンチエイジングコミュニケーション
  • Tauタンパク質凝集阻害剤
    八木雅之, 他
    特開2017-226630, 株式会社レーネ
  • 蛋白質糖化反応阻害剤
    八木雅之, 他
    特開2017-210452, 株式会社レーネ
  • OPH活性増強剤
    八木雅之, 他
    特開2017-178889, チズBeファクトリー株式会社、他
  • Tauタンパク質凝集阻害剤
    八木雅之, 他
    特開2017-145221, 株式会社レーネ
  • 蛋白質架橋分解剤
    八木雅之, 他
    特開2017-100970, 株式会社ひかわ、他
  • コラーゲン架橋分解剤
    八木雅之, 他
    特開2017-024996, 株式会社ひかわ、他
  • AGEs分解剤およびその用途
    八木雅之, 他
    特開2016-006036, アークレイ株式会社、他
  • AGEs分解剤
    八木雅之, 他
    特開2015-096498
  • メイラード反応生成物分解剤およびそれを用いた飲食品
    八木雅之, 他
    特開2014-205709, アークレイ株式会社
  • OPHのAGEs分解活性増強剤
    八木雅之, 他
    特開2015-224201, 学校法人同志社、他
  • OPHのAGEs分解活性増強剤
    八木雅之, 他
    特開2015-224202, 学校法人同志社、他
  • 蛋白質糖化反応阻害剤
    八木雅之, 他
    特開2015-224203, 学校法人同志社、他
  • 新規終末糖化産物生成抑制物質
    八木雅之, 他
    特開2015-209416, 学校法人同志社、他
  • 終末糖化産物生成阻害剤
    八木雅之, 他
    特開2015-209420, 林兼産業株式会社、他
  • イソフラボンアグリコン又はイソフラバノンアグリコンを含有する抗糖化剤
    八木雅之, 他
    特開2015-209423, 学校法人同志社、他
  • 酸化タンパク質分解酵素活性増強化剤
    八木雅之, 他
    再表2014/126199, アークレイ株式会社、他
  • 自然食材による糖化ストレス抑制剤及び糖化ストレス抑制飲食料理
    八木雅之, 他
    特開2014-162721, エイキット株式会社、他
  • 蛋白質糖化反応阻害剤
    八木雅之, 他
    特開2013-253072, 学校法人同志社、他
  • OPH活性増強剤
    八木雅之, 他
    特開2013-253071, 株式会社コンコード、他
  • OPH活性増強剤
    八木雅之, 他
    特開2014-118406, 株式会社コンコード、他
  • カルボキシメチルアルギニンの免疫測定方法
    八木雅之, 他
    特開2013-054029, アークレイ株式会社
  • 酸化タンパク質分解酵素活性増強化剤
    八木雅之, 他
    再表2011/004733
  • カルボキシメチルアルギニン生成抑制剤およびコラーゲン変性抑制剤
    八木雅之, 他
    再表2011/004734, アークレイ株式会社
  • 飲食品の風味改良剤
    八木雅之, 他
    再表2008/133284, アークレイ株式会社
  • 核内転写因子AP-1の発現抑制剤、それを用いた医薬品および製品
    八木雅之, 他
    再表2007/148697, アークレイ株式会社
  • デヒドロエピアンドロステロン産生促進剤およびその用途
    八木雅之, 他
    特開2008-231031, アークレイ株式会社
  • メイラード反応生成物分解剤およびそれを用いた飲食品
    八木雅之, 他
    特開2007-119373, アークレイ株式会社
  • メイラード反応阻害剤
    八木雅之, 他
    特開2005-035911, アークレイ株式会社、他
  • メイラード反応阻害剤の製造方法
    八木雅之, 他
    特開2005-037196, アークレイ株式会社
  • 皮膚マッサージ用組成物
    八木雅之, 他
    特開2004-315435, アークレイ株式会社
  • タンパク質分解物の製造方法
    八木雅之, 他
    再表02/027012
  • 保湿剤
    八木雅之, 他
    特開2003-012494, アークレイ株式会社
  • 洗浄剤
    八木雅之, 他
    特開2003-020496, アークレイ株式会社
  • ミラー
    八木雅之, 他
    特開2002-306241, アークレイ株式会社
  • α-糖化アミノ酸遊離酵素
    八木雅之, 他
    再表00/061732, アークレイ株式会社
  • 新規酵素
    八木雅之, 他
    再表00/050579, アークレイ株式会社
  • トリコスポロン属由来のフルクトシルアミノ酸オキシダーゼ
    八木雅之, 他
    特開2000-245454, アークレイ株式会社
  • フルクトシルアミノ酸オキシダーゼ及びその製造方法
    八木雅之, 他
    特開平11-243950, アークレイ株式会社
  • 糖化アミノ酸の同定または定量方法
    八木雅之, 他
    特開2000-069996, アークレイ株式会社
  • 1,5-アンヒドログルシトール脱水素酵素
    八木雅之, 他
    特開2000-135079, アークレイ株式会社
  • フサリウム属由来のD-アミノ酸オキシダーゼ
    八木雅之, 他
    特開平11-318439, アークレイ株式会社
  • ギベレラ属由来のD-アミノ酸オキシダーゼ
    八木雅之, 他
    特開平11-318440, アークレイ株式会社
  • 3-デオキシグルコソンの分析方法
    八木雅之, 他
    特開平11-160302
  • 糖および糖誘導体の分析装置並びに糖および糖誘導体の分析方法
    八木雅之, 他
    特開平10-300743
  • フルクトシルアミノ酸オキシダーゼ、その製造方法、及び該酵素を用いたアマドリ化合物の測定方法
    八木雅之, 他
    再表97/020039, アークレイ株式会社
  • アマドリ化合物の測定方法
    八木雅之, 他
    再表97/013872, アークレイ株式会社
  • 光散乱によるアマドリ化合物の測定方法
    八木雅之, 他
    特開平09-089896, アークレイ株式会社
  • メバロン酸の光学的測定方法
    八木雅之, 他
    特開平09-281045, アークレイ株式会社
  • フルクトシルアミノ酸オキシダーゼおよびその製造方法
    八木雅之, 他
    特開平08-336386, アークレイ株式会社
  • ラマン散乱による過酸化水素の定量方法及び装置
    八木雅之, 他
    特開平08-233740, アークレイ株式会社
  • フルクトシルアミノ酸オキシダーゼ及びその製造方法
    八木雅之, 他
    特開平07-289253, アークレイ株式会社
  • 過酸化水素の定量方法及びその装置
    八木雅之, 他
    特開平08-145879, アークレイ株式会社
  • 光吸収による過酸化水素の定量方法
    八木雅之, 他
    特開平08-145881, アークレイ株式会社

研究シーズ

  • 糖化ストレスの測定・評価方法の研究
    キーワード:分析、HPLC、血糖、糖化反応中間体、糖化最終生成物、AGEs、食品、化粧品、アンチエイジング、老化、皮膚、血液、毛髪、疾病、予防
    研究テーマの分野:ライフサイエンス, 医療・創薬
    関連研究者所属・研究者名:生命医科学部:八木 雅之、米井 嘉一
    概要:糖化は、タンパクがグルコースなどの還元糖と非酵素的に反応し、糖化タンパクとなり、その後3-デオキシグルコソン、グリオキサール、メチルグリオキサール、グリセルアルデヒド、グルタルアルデヒドなどの糖化反応中間体を経て、糖化最終生成物 (AGEs) の生成・蓄積に至る反応です。生体内では食後の高血糖、アルコールや脂質の代謝によって生成するアルデヒドやケトンなどもAGEsの生成に関与します(内因性AGEs)。食品中では高温加熱調理によってタンパクと糖類や脂質が反応し、AGEsが生成します(外因性AGEs)。このため高温で加熱調理した食品の大量摂取は体内でのAGEs蓄積を促進する可能性が懸念されています。生体内のAGEs生成経路は多経路でバイパスや分岐を伴い、さらに酸化反応とも複雑に絡んでいます。生体や食品中に存在する糖化反応物質は数100種類あるとも言われています。生体の糖化ストレス影響を客観的に評価するためには、様々な糖化物質を正確に測定する必要があります。本研究では生体や食品試料の前処理方法を構築するとともに、HPLCなどの分析機器を使って様々な糖化反応物質を迅速に簡便に測定する方法を研究しています。
    使用用途、応用例等:食品、化粧品、医薬部外品などの糖化ストレス抑制作用は、本研究によって構築した分析方法を使って正確に測定し、評価することができます。本研究は糖化ストレス測定に最適な分析機器の選定やアプリケーションの開発を可能にします。既に本研究によって構築した糖化ストレス測定手法は、糖化ストレス測定受託試験サービスに応用されています。また分析機器メーカーと共同で研究開発したAGEs分析法は、測定キットとして販売されています。
    備考:本研究で構築した測定手法を使って、新たな糖化ストレス抑制素材の探索を行なうこともできます。また既存の素材、製品、サービスの糖化ストレス抑制作用をラボ実験やヒト臨床試験で検証することもできます。さらに体の糖化が老化や疾患におよぼす影響の解明、天然物中に含まれる抗糖化成分の解析、抗糖化作用メカニズムの解明など、産学連携で幅広く研究をしています。

                   

                   図1. 糖化ストレスの概念図

     

     

    特許情報:特願 2019-154083「試料前処理方法及び分析方法」
    その他関連情報:
    1) 八木雅之、石崎 香、崎山智恵子、小松隆丸、米井嘉一. 糖化ストレスによる老化メカニズムの最新研究と製品開発への応用. COSMETIC STAGE 2019; 13(6): 9-15.
    2) 八木雅之、石崎 香、髙部稚子、米井嘉一. 糖化ストレスと抗糖化作用の評価. オレオサイエンス 2018; 18(2): 67-73.
    3) 八木雅之、高部稚子、石崎 香、米井嘉一. 糖化ストレスによる皮膚老化とその対策. フレグランスジャーナル 2017; 45(1): 14-21.
    4) 八木雅之、米井嘉一、内藤淳子(2013). 皮膚のAGEsを測定したい,『皮膚の測定評価法バイブル』, 技術情報協会.
    5) A Shimode, M Yagi, J Naito, M Moniruzzaman, T Kaneko, Y Yonei. Hair protein glycation reduces hair breaking strength. Glycative Stress Res. 2014; 1(2): 37-45.
    6) M Hori, M Yagi, K Nomoto, R Ichijo, A Shimode, T Kitano, Y Yonei. Experimental models for advanced glycation end product formation using albumin, collagen, elastin, keratin and proteoglycan. Anti-Aging Medicine 2012; 9(6): 125-134.

  • 抗糖化(糖化ストレス対策)の研究
    キーワード:糖化ストレス、食後高血糖、糖化反応中間体、糖化最終生成物、AGEs、食品、化粧品、機能性、アンチエイジング、疾病、予防
    研究テーマの分野:ライフサイエンス, 医療・創薬
    関連研究者所属・研究者名:生命医科学部:八木 雅之、米井 嘉一
    概要:糖化ストレスは老化の危険因子であり、糖の摂取や代謝に関する生体リスクです。糖化ストレスの影響が顕著にあらわれた状態の例は糖尿病です。糖尿病の三大合併症である神経障害、網膜症、腎症の患者は、健康な同年代の人と比べて組織中に老化や疾患の原因物質である糖化最終生成物(AGEs)が大量に蓄積していることが知られています。糖化によるAGEsの生成・蓄積は、皮膚老化、認知症、高血圧、動脈硬化症、骨粗鬆症、不妊症などの発症や進展に関与しています。抗糖化は糖化ストレス対策を意味します。近年、抗糖化に着目した化粧品、食品、生活習慣が健康維持、美容そして疾病予防として注目を集めています。本研究は「糖化は老化」をキーワードに、生体の糖化ストレス対策として、食後高血糖抑制、AGEs生成抑制、AGEsの分解排泄促進、食事由来のAGEs低減などについて、有用な素材探索や食事法・適切な利用方法などの検証をしています。
    使用用途、応用例等:本研究では既に500種類以上の野菜、ハーブ、スパイスなどの天然物についてAGEs生成抑制作用を検証し、その結果を論文発表しています。またAGEs分解排泄促進作用についての検証も進めています。これらの検証データを参考にして開発された抗糖化素材や製品は食品・化粧品メーカーなどから数多く販売されています。本研究では既存の測定評価手法を使って、新たな抗糖化素材を探索することや、既存の素材や製品について抗糖化作用の有無を検証することもできます。さらに新たな切り口で抗糖化作用の評価方法を構築し、これまでにない抗糖化作用メカニズムの素材や製品の開発をすることもできます。本研究では、ラボ実験による抗糖化作用の検証から、臨床試験でヒトに対する作用検証まで、一連で検証することができます。
    備考:本研究で蓄積した抗糖化作用素材のデータをもとに、既存の素材の可能性を推定することもできます。

     

                  1. 抗糖化の着眼点

     

    特許情報:
    ・特開2018-123102「抗糖化用組成物」
    ・特開2017-178970「OPH活性増強剤」
    ・特許6122200「抗糖化用組成物」
    ・特開2015-224203「蛋白質糖化反応阻害剤」
    ・特開2015-224202「OPHのAGEs分解活性増強剤」
    ・特開2015-224201「OPHのAGEs分解活性増強剤」
    ・特開2015-209423「イソフラボンアグリコン又はイソフラバノンアグリコンを含有する抗糖化剤」
    ・特開2015-209420「終末糖化産物生成阻害剤」
    ・特開2015-209416「新規終末糖化産物生成抑制物質」
    ・特開2015-096498 「AGEs分解剤」
    ・再表2014/126199「酸化タンパク質分解酵素活性増強化剤」
    ・特開2014-118406「OPH活性増強剤」
    ・特開2013-253072「蛋白質糖化反応阻害剤」
    その他関連情報:
    1) 八木雅之、石崎 香、崎山智恵子、小松隆丸、米井嘉一. 糖化ストレスによる老化メカニズムの最新研究と製品開発への応用. COSMETIC STAGE 2019; 13(6): 9-15.
    2) 八木雅之、石崎 香、髙部稚子、米井嘉一. 糖化ストレスと抗糖化作用の評価. オレオサイエンス 2018; 18(2): 67-73.
    3) 八木雅之、石崎 香. 糖化ストレスに着目した抗糖化食品・化粧品の有用性評価法. フレグランスジャーナル 2016; 44(1): 56-64.
    4) M Yagi, S Hayashi, K Ishizaki, W Takabe, K Inoue, Y Sato, C Sakiyama, Y Yonei. Inhibitory effect of Kaempferia parviflora Wall. Ex. Baker (Zingiberaceae) rhizome on postprandial hyperglycemia. Glycative Stress Res. 2019; 6(2): 126-134.
    5) M Yagi, W Takabe, F Okuda, M Kon, A Fujimura, H Nakamoto, J Takahara, Y Yonei. Effects of highly cross-linked distarch phosphate-containing food on glucose spikes. Glycative Stress Res. 2019; 6(1): 21-30.
    6) Y Tanaka, M Yagi, W Takabe, Y Sakata, Y Yonei. Anti-glycative effect of yogurt: Prevention of advanced glycation end product formation. Glycative Stress Res. 2017; 4 (1): 25-31.
    7) Y Ishioka, M Yagi, M Ogura, Y Yonei. Antiglycation effect of various vegetables: Inhibition of advanced glycation end product formation in glucose and human serum albumin reaction system. Glycative Stress Res. 2015; 2(1): 22-34.
    8) L Parengkuan, M Yagi, M Matsushima, M Ogura, U Hamada, Y Yonei. Anti-glycation activity of various fruits. Anti-Aging Medicine. 2013; 10(4): 70-76.
    9) M Hori, M Yagi, K Nomoto, A Shimode, M Ogura, Y Yonei. Inhibition of advanced glycation end product formation by herbal teas and its relation to anti-skin aging. Anti-Aging Medicine. 2012; 9(6): 135-148.

  • アンチエイジング医学に基づく老化度の診断と 老化危険因子としての糖化ストレスの研究
    キーワード:アンチエイジング、老化、老化危険因子、糖化ストレス、蛋白糖化最終生成物、AGEs、QOL、機能性食品、健康寿命の延伸
    研究テーマの分野:ライフサイエンス, 医療・創薬
    関連研究者所属・研究者名:生命医科学部:八木 雅之、米井 嘉一
    概要:老化をひとつの病気と位置付け、人の出生から死亡に至るまでの過程で生じる現象を科学的にとらえ、その成果を生活習慣病をはじめとする様々な疾患予防やストレス疲労・免疫低下などの疾病発生促進因子の改善に役立て、国民の健康促進に寄与する研究を行っています。また、老化の危険因子として糖化ストレスに着目し、アンチエイジング医学の観点から総合的に研究しています。例えば、皮膚の蛋白質が加齢に伴って糖化すると蛋白糖化最終生成物(AGEs)の蓄積によって、肌のくすみやハリ・弾力性の低下を起こします。
    使用用途、応用例等:様々な健康増進プログラムへの活用はもとより介護予防プログラムへの応用や機能性食品、健康機器などの開発・評価に使用することができます。これまでにも問診票データとバイタルデータの相関を利用した問診票による推定機能年齢および老化危険因子の算出プログラムを開発し、健診機関やフィットネスクラブなどで使用されています。
    備考:アンチエイジングドック、地域医療、企業健診などによって収集した膨大な生体情報を通して、加齢に伴う身体の状態変化や老化の進展度合いを評価し、オプティマル・ヘルスを保ち、健康長寿を目指す方法について研究しています。研究室レベルで10代~90代に至る幅広い年齢層の健常人のデータを集積しているところは稀有だと思われます。また、糖化ストレスに着目して、体の糖化が老化におよぼす影響の解明、天然物中に含まれる抗糖化成分の探索や、作用メカニズムの解明にも取り組み、ラボ実験から臨床研究まで幅広い研究をしています。

    特許情報:特願 2012-277309, 特願 2013-018910
    その他関連情報:
    1)米井嘉一(2011)『抗加齢医学入門 第2版』慶應義塾大学出版会
    2)Shimode A, Yagi M, Naito J, Moriruzzaman M, Kaneko T, Yonei Y. Hair protein glycation reduces hair breeking strength. Glycative Stress Research 1(2)37-45,2014
    3)Yagi M, Shimode A, Hamada U, Naito J, Ichihashi M, Yonei Y. Evaluation of the anti-glycation effect and the safety of a vinegar deverage containing indigestible dextrin and a mixed herbal extract-A placebo, controlled, double blind study-. Glycation StressResearch 1(1)14-24 2014
    4)Yagi M, Shimoide A, Yasui K, Hamada U, Naito J, Yonei Y. Effect of a vinegar beverage containing indigestible dextrin and a mixed herbal extract on postprandia blood glucose levels: A simple dose study. Glycative Stress Research 1(1)8-13 2014