鈴木 智気
スズキ トモキ
商学部商学科
助教(有期)
Last Updated :2019/12/10

研究者情報

基本項目

  • 科研費研究者番号

    90843459

研究キーワード

  • 組織論

研究分野

  • 経営学/経営学

経歴

  • 同志社大学 商学部 助教, 2019年04月 - 現在

学歴

  • 同志社大学大学院, 商学部, 商学研究科(博士後期課程), 2014年04月 - 2018年03月
  • 同志社大学大学院, 商学部, 商学研究科(博士前期課程), 2011年04月 - 2013年03月

学位

  • 修士(商学), 同志社大学大学院
  • 博士(商学), 同志社大学大学院

所属学協会

  • 日本労務学会
  • 工業経営研究学会
  • 組織学会
  • 日本経営学会

MISC

  • ラディカルな分権化における組織コントロール:電力会社AESの「蜂の巣」システムを中心に
    鈴木 智気
    社会科学, 49(1)169 - 200, 2019年05月, 日本語, 研究論文
  • 分権化の困難性を超えて : 組織分権化論の理論的検討と類型化
    鈴木 智気, スズキ トモキ, Suzuki Tomoki
    論説(Article)組織の分権化は,組織設計における枢要の概念である。この分権化において,「徹底的な分権化」とその組織的な実践である「自主経営組織」に対する関心が高まっている。本稿は文献研究を通じて分権化の理論的検討を行い,徹底的な分権化と既存の分権化論の相違性,自主経営組織の特質と必要条件,徹底的な分権化と自主経営組織の研究を前進させるための方向性という課題に取り組む。Organizational decentralization is important concept in organization design. Scholars and practitioners pay attention to 'radical decentralization' and 'self-managing organizations' in organizational decentralization. This paper reviews the literature on organizational decentralization research, shows radical decentralization's difference from previous studies, identifies characteristics and essential qualifications, and offer future directions in research., 社会科学 = The social sciences, 同志社大学人文科学研究所, 社会科学 = The social sciences, 48(3)31 - 58, 2018年11月, 日本語
  • 自律性マネジメントの研究
    鈴木 智気
    同志社大学大学院博士学位論文(商学), 2018年03月, 日本語, 研究論文
  • 自律的経営組織の発展過程における挑戦課題:独立系電力会社AES Corp.の急成長プロセスを中心に
    鈴木 智気
    同志社大学大学院商学論集, 50(2)25 - 60, 2017年03月, 日本語, 研究論文
  • 自律的経営の制度化:米欧の先進的企業事例2社を中心に
    鈴木 智気
    <p>The purpose of this study is to develop an effectual concept for research on autonomy in business management. Despite the growing number of management approaches oriented to developing front-line's autonomy, earlier studies have failed to examine those approaches as organizationally holistic development towards comprehensive management system. In order to overcome this problem, this study sets up 'institutionalization of autonomy in management' as a sensitizing concept for qualitative investigation, and conducts comparative study on the leading-edge cases of western enterprises; AES Corporation, the global electric power company based in U.S., and ABB Group, the global engineering company based in Switzerland. These cases are the most representative global enterprises in autonomy-oriented management. This study examines these cases in the points of organizational structure, management system, management processes, organizational culture, and other practices. As a result, this study develops the sensitizing concept, that is, 'institutionalization of autonomy in management.' The emerging organization is the construction of complex interrelated institutions. Multiple autonomy-oriented management practices are combined as complementary factors for accomplishing organizational goal consistently and effectively, rather than mere compilation of various practices or partial implementation of new practices into traditional hierarchical organization.</p>, 組織学会大会論文集, 特定非営利活動法人 組織学会, 組織学会大会論文集, 6(1)7 - 12, 2017年, 英語
  • 米国自動車産業における自律型チーム制作業組織の展開と制約要因
    鈴木 智気
    工業経営研究 = Journal of indusrial management research : 工業経営研究学会誌, 工業経営研究学会, 工業経営研究 = Journal of indusrial management research : 工業経営研究学会誌, 30(2)1 - 12, 2016年09月, 日本語
  • チーム制作業組織におけるチーム・メンバー間の社会的相互作用 : ピア・プレッシャー論の再検討
    鈴木 智気
    同志社大学大学院商学論集, 同志社大学大学院商学研究科院生会, 同志社大学大学院商学論集, 49(2)79 - 125, 2015年03月, 日本語

講演・口頭発表等

  • 自律的経営の制度化:米欧における先進的企業事例2社を中心に
    鈴木 智気
    組織学会全国大会, 2017年06月, 日本語, 口頭発表(一般)
  • 米国における自律型チーム制作業組織の展開と研究動向:2000年から今日にかけて
    鈴木 智気
    工業経営研究学会全国大会, 2015年09月, 日本語, 口頭発表(一般)
  • チーム制作業組織における社会的相互作用:ピア・プレッシャー論の再検討
    鈴木 智気
    日本経営学会関西部会, 2015年05月, 日本語, 口頭発表(一般)