東 信行
ヒガシ ノブユキ
理工学部機能分子・生命化学科
博士後期課程教授
Last Updated :2021/10/23

研究者情報

研究キーワード

  • 界面化学
  • 分子集合体
  • 高次構造
  • 自己組織化
  • ポリペプチド
  • 高分子化学

研究分野

  • ナノテク・材料/ナノバイオサイエンス
  • ナノテク・材料/ナノ材料科学
  • ナノテク・材料/高分子化学

研究歴

  • 1978-1981: 重合反応の解析と高分子反応に関する研究
  • 1982-1984: 分子集合体・組織体に関する研究
  • 1985-1987: フルオロカーボン二分子膜の機能化に関する研究
  • 1987-1995: 両親媒性高分子の合成と界面組織化に関する研究
  • 1996- : 生体関連高分子の分子設計と機能化に関する研究

経歴

  • ~ 同志社大学理工学部 教授, 2008年
  • 同志社大学大学院工学研究科博士前期程 教授, 1993年 - 1996年
  • ~ 同志社大学大学院工学研究科博士後期課程 教授, 1996年
  • 同志社大学工学部 助教授, 1987年 - 1992年
  • ~ 同志社大学工学部 教授, 1992年
  • 九州大学工学部 助教授, 1985年 - 1987年
  • 九州大学工学部 助手, 1982年 - 1985年
  • ヨハネスグーテンベルク大学(ドイツ)客員研究員

学歴

  • 同志社大学, 工学研究科, 1982年
  • 同志社大学, 1982年
  • 同志社大学, 工学研究科, 1977年
  • 同志社大学, 1977年
  • 同志社大学, 工学部, 1975年
  • 同志社大学, 1975年

学位

  • 工学博士, 同志社大学
  • 工学修士, 同志社大学

所属学協会

  • 高分子学会
  • 日本化学会
  • 日本ペプチド学会
  • 日本MRS学会
  • アメリカ化学会

委員歴

  • 日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員, 2011年08月 -2015年07月, 政府
  • 京都工芸繊維大学高分子機能工学部門外部評価委員, 2009年04月, 学協会
  • 日本化学会 学術賞選考委員, 2007年04月, 学協会
  • 編集委員, 2005年 -2006年, 高分子学会, 学協会, 高分子学会
  • 支部幹事,支部代議員, 1991年, 日本化学会, 学協会, 日本化学会
  • 支部理事、地区幹事,支部理事, 1986年 -1987年, 高分子学会, 学協会, 高分子学会

受賞

  • 特別研究員国際事業平成27年度審査委員表彰
    2015年, 日本学術振興会
  • 若い世代の特別講演
    1987年, JPN
  • 高分子研究奨励賞
    1986年, JPN

論文

  • A Unique Self-assembly of Sequence-controlled Amino Acid-derived Vinyl Polymer with Gradient Thermo-responsiveness along a Chain
    T. Yamano, N. Higashi, T. Koga
    Langmuir, 366550 - 6556, 2020年04月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Photo-responsive Azobenzene Interactions Promote Hierarchical Self-assembly of Collagen Triple-Helical Peptides to Various Higher-order Structures
    N. Higashi, R. Yoshikawa, T. Koga
    RSC Adv., 1015947 - 15954, 2020年04月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • 温度応答性アミノ酸ポリマーからつくるスマートハイドロゲル材料
    古賀 智之, 東 信行
    自己修復材料・自己組織化・形状記憶材料の開発と応用事例, 424 - 429, 2020年03月, 研究論文(その他学術会議資料等)
  • Transparent, High Strength, and Shape-memory Hydrogels from Thermo-responsive Amino Acid-derived Vinyl Polymer Networks
    T. Koga, K. Tomimori, N. Higashi
    Macromol. Rapid Commun., 411900650(1-7) , 2020年02月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Photocleavable Peptide–Poly(2-hydroxyethyl methacrylate) Hybrid Graft Copolymer via Post-polymerization Modification by Click Chemistry to Modulate the Cell Affinities of 2D- and 3D-Materials
    S. Nishimura, N. Hokazono, Y. Taki, H. Motoda, Y. Morita, K. Yamamoto, N. Higashi, T. Koga
    ACS Appl. Mater. Interfaces, 1124577 - 24587, 2019年06月, 英語
  • Spontaneous Formation of Nanoparticles from Peptide–Vinyl Polymer Diblock Hybrids Prepared by RAFT Polymerization and Their Interactions with Cells
    N. Higashi, K. Narimatsu, M. Okumura, S. Nishimura, T. Koga
    ACS Omega, 48104 - 8111, 2019年04月, 英語
  • Synthesis of Peptide–Vinyl Polymer Multiblock Hybrids by Nitroxide-mediated Polymerization: Breaking the Limitations of Monomer Compatibility
    S. Nishimura, N. Higashi, T. Koga
    Polym. Chem., 1071 - 76, 2019年01月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Novel Thermo-responsive Multiblock Architecture Composed of Sequential Peptide and Amino Acid-derived Vinyl Polymer: Toward Protein-mimicking Single-chain Folding
    S. Nishimura, N. Higashi, T. Koga
    Chem. Commun., 551498 - 1501, 2019年01月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Photocleavable and polymerizable peptide for micropatterning of bioactive segments in polymer soft materials
    Chem. Lett., 47(4)555 - 558, 2018年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Thermo-responsive polymer brushes on glass plate prepared from a new class of amino acid-derived vinyl monomers and their applications in cell-sheet engineering
    Nobuyuki Higashi, Ayaha Hirata, Shin-nosuke Nishimura, Tomoyuki Koga
    Colloids Surfaces B-Biointerfaces, 15939 - 46, 2017年11月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Temperature Induced Self-Assembly of Amino Acid–Derived Vinyl Block Copolymers via Dual Phase Transitions
    Nobuyuki Higashi, Daiki Sekine, Tomoyuki Koga
    J. Colloid Interface Sci., 500341 - 348, 2017年08月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Coiled-coil型三分岐ペプチドの自己組織化によるナノ構造形成
    西村 慎之介, 古賀 智之, 東 信行
    高分子論文集, 73(2)175 - 182, 2016年, 日本語, 研究論文(学術雑誌)
  • エラスチン-ビニルポリマー・ハイブリッドからなる多重応答ナノ構造材料の開発
    東 信行, 安福 香織, 松尾 祐作, 古賀 智之
    同志社大学理工学研究報告, 5461 - 64, 2014年, 日本語, 研究論文(学術雑誌)
  • Preparation and Self-Assembly Behavior of β-Sheet Peptide-Inserted Amphiphilic Block Copolymer as a Useful Polymeric Surfactant
    Tomoyuki Koga, Soichi Kamiwatari, Nobuyuki Higashi
    Langmuir, 29(50)15477 - 15484, 2013年12月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Preparation of Time-limitable Hydrogels from Self-assembling Peptides
    T. Koga, G. Miyazawa, Y. Nikaido, N. Higashi
    Sci. Eng. Rev. Doshisha Univ., 53118 - 121, 2013年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • β-Sheet Peptide-assisted Polymerization of Diacetylene at the Air-water Interface and Thermochromic Property
    Tomoyuki Koga, Tomohisa Taguchi, Nobuyuki Higashi
    Polymer J., 44(2)195 - 199, 2012年02月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Preparation of PHEMA Copolymers Containing Cell-binding Peptides as Graft Chains and Their Cell Adhesive Properties
    T. Koga, Y. Teraguchi, N. Higashi
    Trans. Mat. Res. Soc., Japan, 37533 - 536, 2012年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Self-Assembled Fibrous Nano-Object Generated from Coiled-Coil Polypeptide Diblock Copolymer
    N. Higashi, Y. Gondo, T. Matsumoto, T. Koga
    CHEM LETT, 34(829), 2010年
  • ヘリックス型ペプチドを分子素材とする一次元ナノ構造材料の開発
    東 信行
    同志社大学理工学研究所報告, 49(4)38 - 42, 2009年
  • Surface Modification of Peptide Nanofiber by Using Antigen-Antibody Interaction
    東 信行
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn., 32(2)371 - 374, 2007年
  • Interactions between Poly (L-lysine) Brush Layers Studied by Surface forces Measurement
    K. Kurihara, T. Abe, N. Higashi, M. Niwa
    Proceeding of Yamada Conference L Polyelectrolytes, 7725 - 7731, 1999年10月, 英語, 研究論文(学術雑誌)

MISC

  • Controlling the Aggregation Behavior of Amyloid b Peptide by Poly(ethylene glycol)-conjugated Oligopeptides
    東 信行
    2006368 , 2006年
  • 抗原-抗体反応を利用した人工ポリペプチド・アセンブリー
    東 信行
    高分子加工, 55(4)172 - 178, 2006年
  • Molecular Design of Helix-Turn-Helix Polypeptides and Their Aggregation Properties in Water
    東 信行
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn., 30(333), 2005年
  • Self-assembled Nanofilms of Helical Polypeptides on Gold Substrates
    東 信行
    2004年
  • ナノ界面におけるヘリックス・ポリペプチドの配向制御
    東 信行
    高分子加工, 2003年
  • Poly(L-prolline)-Based Monolayers and its Specific Interaction with helical Poly(glutamic acid)s at the air-Water Interface
    東 信行
    Sci. Eng. Rev. Doshisha Univ., 43181 - 186, 2003年
  • マクロアゾ開始剤によるポリスチレングリコール-ポリスチレン- ポリ(N, N-ジメチルアミノプロピルアクリルアミド)ブロック共重合体の合成とその帯電防止機能
    東 信行
    科学と工業, 76447 - 455, 2002年
  • Enhancement of Helicity of Oligopeptides by Incorporating with Helical Polypeptide Self-asseblies
    東 信行
    Sci. Eng. Rev. Doshisha Univ., 41(3)185 - 192, 2000年
  • 気水界面を利用した表面ブロック型デンドリマーの調製と自己吸着特性
    東 信行
    高分子論文集, 57(10)659 - 664, 2000年, 日本語
  • ポリペプチドヘリックス・ブラシの配向制御
    東 信行
    高分子論文集, 57(10)652 - 658, 2000年, 日本語
  • Surface Polymer Complexes of Thymine - Functionalized Poly (methacrylic acid) Monolayers with Complementary Nucleotides : A Structural Model of Nucleic Acids
    東 信行
    Sci. Eng. Rev. Doshisha Univ., 41(1)1 - 6, 2000年
  • Detection of Photopolymerization Processes of Diacetylenic Langmuir-Blodgett Films on a Core of Plastic Optical Fiber as an LED Signal Change
    東 信行
    Polym.J, 30(11)935 , 1999年
  • Formation of Polyion-Complexed Polydiacetylene Assembly and Its He-Ne laser-Signal Responses on a Plastic Optical Fiber
    東 信行
    Reactive & Functional Polymers, (37)139 , 1999年
  • Surface Monolayers of Polymeric Amphiphiles Carrying a Copolymer Segment Composed of Phenylboronic Acid and Amine.Interaction with Saccharides at the Air-Watar Interface
    東 信行
    Langmuir, 14(14)3916 , 1999年
  • Organized polyelectrolyte monolayers as a structural model of biopolymer
    東 信行
    Colloids Surfaces, 123-124433 , 1997年
  • Enanthioselective Adsorption of α-Amino acids at Poly(L-glutamic acid)-Functionalized Monolayer Surface
    東 信行
    J. Chem. Soc. , Chem. Commun., (20)2119 , 1995年
  • 気液界面単分子膜の二次元重合による超分子構造体の形成
    東 信行
    高分子論文集, 52(10)662 - 665, 1995年, 英語
  • Facilitated Formation of Herical Polypeptide Assemblies in a Lipid Monolayer by an Interfacial Polyion Complexation
    東 信行
    Macromolecules, 26(21)5816 , 1995年
  • In Situ Monitoring of Specific Adsorption Processes of Poly(ethylene glycol) at Monolayers of Poly(methacrylic acid)-Based Amphiphiles Deposited on a Quartz Crystal Microbalance
    東 信行
    J. Chem. Soc. , Chem. Commun, (21)1517 , 1995年
  • Chain-Length Recognition of Ferrocene-Terminated Poly(oxyethylenes) by Poly(methacrylic acid)-Functionalized Monolayers on Gold Electrodes
    東 信行
    Trans. Mat. Res. Soc. Jpn, 1994年
  • 糖脂質単分子膜の金電極上での自発形成とレクチンタンパクとの特異的結合
    東 信行
    化学素材研究開発振興財団, (8)7 , 1993年
  • Stabilization and Facilitated Formation of a β-Structure Polypeptide by a Poly(L-glutamic acid)-Functional Monolayer on Water
    東 信行
    Langmuir, 8(6)1509 - 1510, 1992年06月, 英語, 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
  • Chain-Length Recognition of Poly(acrylic acids) by a Surface Monolayer of Poly(methacrylamide)-Based Amphiphile
    東 信行
    Macromolecules, 25(24), 1991年
  • Anisotropy on Ioic Conducting Langmuir-Blodgett Films Composed of a poly(oxyethylene)-based Amphiphiles
    東 信行
    J Chem. Soc. , Chem. Commun., 21, 1989年
  • Synthesis of Controlled Block and Graft Copolymers. II. Block and Graft Polymerization Initiated By the system of Monohalo-Containing Polymer/Manganese Carbonyl Systems
    東 信行
    J. Macromol. Sci. -Chem., A25(12), 1988年
  • Cast Multibilayer Films from Polymerizable Lipids.
    HIGASHI N, KAJIYAMA T, KUNITAKE T, PRASS W, RINGSDORF H, TAKAHARA A
    Macromolecules, 20(1)29 - 33, 1987年01月, 英語
  • Blood compatibility of polymerized amphiphile built-up on segmented poly(urethaneureas).
    UCHIDA M, KONDO T, TONE S, TAKAHARA A, HIGASHI N, KUNITAKE T, KAJIYAMA T
    Rep Prog Polym Phys Jpn, 29833 - 836, 1986年, 英語
  • Bilayer Membranes of Triple-Chain Ammonium Amphiphiles
    Toyoki Kunitake, Nobuo Kimizuka, Nobuyuki Higashi, Naotoshi Nakashima
    Journal of the American Chemical Society, 106(7)1978 - 1983, 1984年01月01日
  • Structurally and Temporally Regulated Peptide Self-Assembly into Nanofibers
    東 信行
    2006367
  • Facile Synthesis of Amphiphilic Diblock Polypeptides through Ion-Complexation and Their Self-Assembling Properties in Water
    東 信行
    30(2)
  • Specific Binding of a-Amino Acid onto Poly (L-glutamic acid) Monolayers: Effects of Helicity and Lateral Helix Distribution
    東 信行
    Langmuir, 174061 - 4066

書籍等出版物

  • 無機/有機材料の表面処理・改質による生体適合性付与
    東 信行
    (株)シー エムシー出版, 2019年05月, 共著, 第4章 アミノ酸からつくる機能性ポリマーによる生体適合 性表面の設計
  • 刺激応答性高分子ハンドブック
    東 信行
    (株)エヌ・ティ・エス, 2018年12月, 共著, 基礎編 第2章
  • 高分子科学ー合成から物性まで
    東 信行, 松本章一, 西野 孝
    講談社, 2016年09月, 共著
  • Self-Assembled Peptide Nanofibers
    Publisher: Springer., 2008年
  • Fabrication of Peptide-Nanoarchitectures through Molecular Self-Assembly
    2007年
  • 超分子科学-ナノ材料創製に向けて
    化学同人, 2004年
  • Handbook of Surfaces and Interfaces of Materials; Volume 5: Biomolecules, Biointerfaces, and Applications: Molecular Assemblies of Poly (L-glutamic acid)-Based Amphiphiles and Their Surface Functions
    Academic Press, 2001年
  • Physical Chemistry of Polyelectrolytes : Monolayer Assemblies of Poly (L-glutamic acid) s at Two-Dimensional Interfaces
    Marcel Dekker, 2001年
  • Radiation Curing in Polymer Science and Technology-Volume III Polymerization Mechanisms
    Elsevier Applied Science, 1993年

Works

  • ポリペプチド単分子膜のナノ構造解析に関する共同研究
    2000年
  • ケイ素系高分子のハイブリッド化に関する共同研究
    1997年
  • 高分子LB膜の機能化に関する共同研究
    1997年
  • 高分子電解質単分子膜の構造特性に関する共同研究
    1993年

特許

  • 多重刺激応答型高分子及びその製造方法
    特願2012-004852号
  • アミロイドベータ凝集阻害剤
    特願2005-240244号
  • 機能性材料およびその製造法
    特願2005-114216号

競争的資金等の研究課題

  • ポリペプチドの組織化と機能開発
  • 生体関連高分子の合成と機能に関する研究

研究シーズ

  • フォールディング・ペプチドを組み込んだ 多重応答ポリマー薄膜の開発
    キーワード:機能性ポリマー・ナノ薄膜:刺激応答性フィルム: ペプチド/ポリマーハイブリッド: 自己支持型ナノフィルム
    研究テーマの分野:化学・ナノテク・素材, ライフサイエンス, 医療・創薬
    関連研究者所属・研究者名:理工学部 機能分子・生命化学科、東 信行
    概要:ペプチドをベースにしたソフトマテリアルの開発を目指して研究を展開している。本研究では、人工ペプチドと汎用の合成ポリマーをハイブリッド化することを提案する。これにより、ペプチド分子システムの更なる拡張が期待される。具体的には、熱応答型フォールディング・ペプチドとしてのエラスチン類似ペプチド(ELP)に着目した。このELPを、pHに応答してコンフォメーションを大きく変えるイオン性ポリマーにグラフト鎖として導入することにより、それぞれの特性を独立にあるいは相乗的に機能させて、新たな多重応答型のペプチド・ハイブリッドポリマー薄膜を開発する。
    使用用途、応用例等:コーティング材料、分離材料、医療診断用素材、生体反応場、あるいは細胞足場材など、多方面に亘って重要な役割を果たすことが期待される。
    備考:・ペプチド/ポリマーハイブリッドを用いるため、分子設計が広範かつ自在。 ・ナノスケールでの自己支持型薄膜化が可能。 ・経済的かつ環境に対して低負荷。

    特許情報:特願 2012-004852