ISHII Kojiro
Faculty of Health and Sports Science Department of Health and Sports Science
Professor
Last Updated :2022/09/24

Researcher Profile and Settings

    Profile

    学士,修士,博士をすべて異なる大学で取得しました。大学教員としても広島大と北海道大,同志社大の3大学を経験しており,多様性と学際性を重んじることを心がけています。
    身体そのものや,それを取り巻く環境など,より実際的な研究に重点を置いています。具体的な課題の解決方法を探り,社会に還元できる成果を発信していきます。

    Research Interests

    • Physical and Health Education
    • Sports Science
    • Applied Health Science
    • Gerontology
    • エネルギー代謝
    • 発育発達
    • Energy Metabolism
    • Growth and Development
    • Applied health education

    Research Areas

    • Life sciences / Nutrition and health science

    Research Experience

    • Doshisha University, Faculty of Health and Sports Science, Professor, 2008/04 - Today
    • Juntendo University, Faculty of Health and Sports Science, Visiting Professor, 2007/04 - 2015/03
    • Hokkaido University, Graduate School of Medicine, Visiting Professor, 2008/04 - 2011/03
    • Hokkaido University, Graduate School of Education, Associate Professor, 2007/04 - 2008/03
    • Juntendo University, Faculty of Health and Sports Science, Visiting Associate Professor, 2006/04 - 2007/03
    • Hokkaido University, Graduate School of Education, Associate Professor, 2002/12 - 2007/03
    • Hokkaido University, Graduate School of Education, Associate Professor, 2000/04 - 2002/11
    • Hokkaido University, School of Education, 1997/11 - 2000/03
    • Hiroshima University, School of Integrated Arts and Sciences, Assistant Professor, 1992/04 - 1997/10

    Education

    • Osaka City University, Graduate School of Human Life Science, 1990 - 1993
    • Hyogo University of Teacher Education, Graduate School of Education, 1987/04 - 1989/03
    • Osaka University of Health and Sport sciences, Advanced Course, 1986/04 - 1987/03
    • Osaka University of Health and Sport sciences, Faculty of Physical Education, 1982/04 - 1986/03

    Association Memberships

    • 日本運動生理学会
    • 日本臨床運動療法学会
    • 日本発育発達学会
    • 日本栄養・食糧学会
    • 日本未病学会
    • 日本学校保健学会
    • 日本体育学会
    • 日本トレーニング科学会
    • 国際スポートロジー学会(International Academy of Sportology)
    • National Strength and Conditioning Association (NSCA)
    • European College of Sport Science (ECSS)
    • American College of Sports Medicine (ACSM)
    • 日本健康支援学会
    • 日本スポーツ栄養学会
    • 日本坑加齢医学会
    • 日本サルコペニア・フレイル学会
    • 日本肥満学会
    • 日本体力医学会
    • Japan Society of Exercise and Sports Physiology
    • Japan Society of Human Growth and Development
    • Japan Society of Physiological Anthropology
    • Japanese Society of Nutrition and Food
    • Japanese Association of School Health
    • Health and Sport sciences
    • Japanese Society of Physical Education
    • Japanese Society of Biomechanics
    • Japan Society of Training Science
    • International Academy of Sportology
    • Japan Society of Health Promotion
    • Japan Sports Nutrition Association
    • Japanese Society of Anti-Aging Medicine
    • Japan Society for the Study of Obesity
    • Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine

    Committee Memberships

    • Councilor, 2021/06 - Today, The Japan Geriatrics Society, Society
    • Council, 2021/04 - Today, Japan Society of Human Growth and Development., Society
    • Council, 2020/09 - Today, Japanese Journal of Exercise Therapy and Prevention, Society
    • Council, 2019/03 - Today, Japan Journal of Test and Measurement in Health and Physical Education, Society
    • Council, 2017 - Today, Japanese Society for Treatment of Obesity, Society
    • Director, Editorial Board, 2016 - Today, Japanese Society of Sarcopenia and Frailty, Society, Japan Society of Physiological Anthropology
    • Council, 2015 - Today, Japanese Mibyou System Association, Society
    • Councilor, Exercise Committee, 2015 - Today, Japan Mibyou Association, Society
    • Council, 2014 - Today, Japanese Association of Clinical Exercise Therapy and Prevention, Society
    • Director, 2013 - Today, Japan Society of Health Promotion, Society, Japan Society of Health Promotion
    • Council, Program Committee Member, 2011 - Today, Japanese Society of Anti-Aging Medicine, Society, Japanese Society of Anti-Aging Medicine
    • Council, 2010 - Today, Japan Sports Nutrition Association, Society, Japan Sports Nutrition Association
    • Council, 2002 - Today, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, Society, Japan Society of Exercise and Sports Physiology
    • Council, 2002 - Today, Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine, Society, Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine

    Awards

    • 日本発育発達学会第19回大会優秀研究賞
      Mar. 2022, 日本発育発達学会, 近隣の建造環境が思春期前期小児の身体活動と肥満傾向に及ぼす影響 ~大規模データと地理情報システムを用いた横断研究~
    • 第40回日本臨床運動療法学会学術集会会長賞
      Sep. 2021, 日本臨床運動療法学会, 地理的剥奪が思春期前期小児の座位行動に及ぼす影響
    • 第1回優秀論文賞
      Sep. 2020, 日本思春期学会, 思春期前期の子どもにおける首尾一貫感覚(sense of coherence)の構造
    • 第21回日本健康支援学会年次学術大会優秀賞
      Apr. 2020, 日本健康支援学会, 近隣の食環境,身体活動環境が小中学生の肥満度に及ぼす影響
    • 平成30年度学会賞(奨励論文賞)
      Mar. 2019, 京都滋賀体育学会, [原著論文]日本人中高齢女性を対象とした内臓脂肪の分布とメタボリックシンドロームリスク因子との関係
    • 日本発育発達学会第16回大会最優秀研究賞
      Mar. 2019, 日本発育発達学会, 思春期前期の子どもの身体活動,抑うつ傾向,首尾一貫感覚(SOC)の関係
    • 平成26年度日本体力医学会学会賞奨励賞
      2013, 日本体力医学会, 小児の日常生活中におけるエネルギー消費量と体格・体力との連関-二重標識水法および加速度計法を用いた検討-
    • 第14回日本健康支援学会年次学術大会奨励賞
      2013, 日本健康支援学会, 国際標準化身体活動質問票(IPAQ)生徒期用の妥当性の検証
    • 第10回日本抗加齢医学会総会優秀演題賞
      2010, 日本抗加齢医学会, 地域医療とアンチエイジング:地域中高齢者を対象とした,長期間の歩数計中心の運動プログラムとアンチエイジング健診の併用効果., Japan
    • 第8回日本運動生理学会奨励賞.
      2007, 日本運動生理学会, 【奨励賞受賞候補対象論文】1) 瀧澤一騎, 石井好二郎: ウォーミングアップ強度が高強度運動のパフォーマンスと酸素摂取動態,筋活動へ及ぼす影響. 日本運動生理学雑誌, 12(2): 41-49, 2005. 2) Takizawa K, Ishii K: Relationship between muscle oxygenation, VO2, and high intensity aerobic exercise performance improving effect of warm-up. Adv
    • 第60回日本体力医学会大会桃太郎賞(若手奨励賞)
      2005, 日本体力医学会, 歩数計および加速度計を用いた日常身体活動量の評価, Japan
    • 第14回ランニング学会大会優秀発表賞
      2002, ランニング学会, ウォーミングアップが主運動中の筋酸素化レベルに及ぼす影響., Japan
    • 第1回秩父宮記念スポーツ医・科学賞 奨励賞((財)日本陸上競技連盟科学委員会バイオメカニクス班)
      1998, Japan

    Published Papers

    • Neighborhood-level socioeconomic factors moderate the association between physical activity and relative age effect: a cross-sectional survey study with Japanese adolescents
      Takaaki Mori; Takumi Aoki; Kan Oishi; Tetsuo Harada; Chiaki Tanaka; Shigeho Tanaka; Hideki Tanaka; Kazuhiko Fukuda; Yasuko Kamikawa; Nobuhiro Tsuji; Keisuke Komura; Shohei Kokudo; Noriteru Morita; Kazuhiro Suzuki; Masashi Watanabe; Ryoji Kasanami; Taketaka Hara; Ryo Miyazaki; Takafumi Abe; Koji Yamatsu; Daisuke Kume; Hedenori Asai; Naofumi Yamamoto; Taishi Tsuji; Tomoki Nakaya; Kojiro Ishii
      BMC Public Health, Springer Science and Business Media LLC, 22(1), 01 Sep. 2022, Scientific journal
    • A combined index of waist circumference and muscle quality is associated with cardiovascular disease risk factor accumulation in Japanese obese patients: a cross-sectional study.
      Kentaro Ikeue; Toru Kusakabe; Kazuya Muranaka; Hajime Yamakage; Takayuki Inoue; Kojiro Ishii; Noriko Satoh-Asahara
      Endocrine, 19 Apr. 2022, Scientific journal
    • Phase angle from bioelectrical impedance analysis is a useful indicator of muscle quality
      Yasunori Akamatsu; Toru Kusakabe; Hiroshi Arai; Yuji Yamamoto; Kazuwa Nakao; Kentaro Ikeue; Yuki Ishihara; Tetsuya Tagami; Akihiro Yasoda; Kojiro Ishii; Noriko Satoh‐Asahara
      Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle, Wiley, 30 Nov. 2021, Scientific journal
    • Association of Neighborhood Food Environment and Physical Activity Environment With Obesity: A Large-Scale Cross-Sectional Study of Fifth- to Ninth-Grade Children in Japan
      Kan Oishi; Takumi Aoki; Tetsuo Harada; Chiaki Tanaka; Shigeho Tanaka; Hideki Tanaka; Kazuhiko Fukuda; Yasuko Kamikawa; Nobuhiro Tsuji; Keisuke Komura; Shohei Kokudo; Noriteru Morita; Kazuhiro Suzuki; Masashi Watanabe; Ryoji Kasanami; Taketaka Hara; Ryo Miyazaki; Takafumi Abe; Koji Yamatsu; Daisuke Kume; Hidenori Asai; Naofumi Yamamoto; Taishi Tsuji; Kojiro Ishii
      INQUIRY: The Journal of Health Care Organization, Provision, and Financing, SAGE Publications, 58 004695802110556 - 004695802110556, Nov. 2021, Scientific journal
    • Longitudinal analysis of the vital signs of college long-distance runners by coach with a experience as a high-level runner.
      Kojiro Ishii; Tsuyoshi Ogata
      Research Journal of Sports Performance, 13 392 - 402, 04 Jul. 2021, Scientific journal
    • Relationship between foot-gripping strength and sprint running ability adjusted for factors related to growth.
      Takumi Aoki; Kojiro Ishii
      Japan Journal of Test and Measurement in Health and Physical Education, 20 40 - 45, 31 Mar. 2021, Scientific journal
    • The relationship between sleep habits, lifestyle factors, and achieving guideline-recommended physical activity levels in ten-to-fourteen-year-old Japanese children: A cross-sectional study
      Takumi Aoki; Kazuhiko Fukuda; Chiaki Tanaka; Yasuko Kamikawa; Nobuhiro Tsuji; Ryoji Kasanami; Taketaka Hara; Ryo Miyazaki; Hideki Tanaka; Hidenori Asai; Naofumi Yamamoto; Kan Oishi; Kojiro Ishii
      PLOS ONE, Public Library of Science (PLoS), 15(11) e0242517 - e0242517, 13 Nov. 2020, Scientific journal
    • 健康高齢者におけるロコモ25の有用性について 新体力テストを体力・運動能力のアウトカムとして
      佐藤 健; 青木 拓巳; 伊藤 祐希; 大石 寛; 石井 好二郎
      日本サルコペニア・フレイル学会雑誌, (一社)日本サルコペニア・フレイル学会, 4(1) 55 - 61, Jun. 2020
    • ロコモ度テストの2ステップテストは健康関連体力を反映する
      伊藤 祐希; 青木 拓巳; 佐藤 健; 大石 寛; 石井 好二郎
      日本サルコペニア・フレイル学会雑誌, (一社)日本サルコペニア・フレイル学会, 4(1) 62 - 68, Jun. 2020
    • Comparison of quadriceps setting strength and knee extension strength tests to evaluate lower limb muscle strength based on health-related physical fitness values in elderly people.
      Yuki Ito; Takumi Aoki; Takeru Sato; Kan Oishi; Kojiro Ishii
      BMJ open sport & exercise medicine, 6(1) e000753 , 2020, Scientific journal
    • Appendicular muscle mass and exercise/sports participation history in young Japanese women.
      Ayabe M; Kumahara H; Yamaguchi-Watanabe A; Chiba H; Kobayashi N; Sakuma I; Ishii K
      Annals of human biology, 46(4) 1 - 26, Jul. 2019, Scientific journal
    • 思春期前期の子どもにおける首尾一貫感覚(sense of coherence)の構造
      川勝 佐希; 國土 将平; 長野 真弓; 石井 好二郎
      思春期学, (一社)日本思春期学会, 37(1) 149 - 157, Mar. 2019
    • Relationship between visceral fat areas at the different levels and metabolic syndrome risk factors in middle-aged and older Japanese women
      Yuki NAKAYAMA; Ayumi IDO; Kojiro ISHII; Motoyuki IEMITSU; Koji SATO; Masahiro FUJIMOTO; Toshiyuki KURIHARA; Noriko SATO-ASAHARA; Kiyoshi SANADA
      Kyoto and Shiga journal of physical education, health and sport sciences, 34 10 - 19, Aug. 2018, Scientific journal
    • Role of serum myostatin in the association between hyperinsulinemia and muscle atrophy in Japanese obese patients.
      Masashi Tanaka; Shinya Masuda; Hajime Yamakage; Takayuki Inoue; Ryuji Ohue-Kitano; Shigefumi Yokota; Toru Kusakabe; Hiromichi Wada; Kiyoshi Sanada; Kojiro Ishii; Koji Hasegawa; Akira Shimatsu; Noriko Satoh-Asahara
      Diabetes research and clinical practice, 142 195 - 202, Aug. 2018, Scientific journal
    • Effects of Resistance Training on Metabolic Syndrome Risk Factors in Obesity Patients with Abdominal Sarcopenia
      村上 泰一; 中村 由紀; 古嶋 大詩; 家光 素行; 栗原 俊之; 藤本 雅大; 有光 琢磨; 石井 好二郎; 浅原 哲子; 真田 樹義
      肥満研究 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity : 日本肥満学会誌, 日本肥満学会, 24(1) 30 - 40, Apr. 2018
    • Benefits of organized sports participation and voluntary outdoor play in children and adolescents based on evidence-related health outcomes
      Hikihara Yuki; Watanabe Masashi; Kawakatsu Saki; Ishii Kojiro
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 一般社団法人日本体力医学会, 67(1) 83 - 98, Feb. 2018, Scientific journal
    • An empirical investigation of physical activity, depression, and sense of coherence in early adolescents
      Kawakatsu Saki; Tsutsumi Kouichi; Tsuji Nobuhiro; Kume Daisuke; Ishii Kojiro; Kokudo Shohei; Kasanami Ryoji; Nagano Mayumi; Morita Noriteru; Suzuki Kazuhiro; Watanabe Masashi; Uechi Hiroaki; Yamatsu Koji
      Japan Journal of Human Growth and Development Research, Japan Society of Human Growth and Development, 2018(78) 43 - 60, 2018
    • Optimal Conditions for Obtaining Valid Step Count Measurements in Hospitalized Patients with Abnormal Gait.
      Tomohiro Oba; Hiroaki Iwase; Yoshitake Oshima; Junya Miyazaki; Kojiro Ishii
      Progress in rehabilitation medicine, 2 20170016 - 20170016, Dec. 2017, Scientific journal
    • Total energy expenditure of 10-to 12-year-old Japanese children measured using the doubly labeled water method
      Keisuke Komura; Satoshi Nakae; Kazufumi Hirakawa; Naoyuki Ebine; Kazuhiro Suzuki; Haruo Ozawa; Yosuke Yamada; Misaka Kimura; Kojiro Ishii
      NUTRITION & METABOLISM, BIOMED CENTRAL LTD, 14 70 , Nov. 2017, Scientific journal
    • Reception and digs skills among top international volleyball players : Focus on overhand skills
      香村 恵介; 中西 健一郎; 塚本 博之; 石井 好二郎; 加藤 勇之助
      スポーツと人間 : 静岡産業大学論集 = Environment and management : journal of Shizuoka Sangyo University, 2(1) 41 - 48, Oct. 2017
    • Longitudinal associations between change in the daily step count and obesity in older adults during a 3.5-year physical activity promotion program
      宮崎 亮; 米井 嘉一; 綾部 誠也; 青木 拓巳; 河口 八重子; 桑原 健輔; 石井 好二郎
      肥満研究 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity : 日本肥満学会誌, 日本肥満学会, 23(1) 49 - 61, Apr. 2017
    • 佐賀県在住小中学生における身体活動,座位行動とメンタルヘルスの関連性
      山津 幸司; 國土 将平; 笠次 良爾; 長野 真弓; 堤 公一; 石井 好二郎
      体力科学, 一般社団法人日本体力医学会, 66(1) 69 - 69, 2017
    • 子どもの活動量評価の課題と児童・生徒用IPAQの妥当性について
      大島 秀武; 引原 有輝; 笠次 良爾; 石井 好二郎
      体力科学, 一般社団法人日本体力医学会, 66(1) 68 - 68, 2017
    • 子どもにおける運動・スポーツの意義とは? -身体活動の実施環境とヘルスアウトカムとの関連-
      引原 有輝; 渡邊 將司; 石井 好二郎
      体力科学, 一般社団法人日本体力医学会, 66(1) 67 - 67, 2017
    • サルコペニア肥満の評価法 ~その現状と問題点
      真田 樹義; 宮地 元彦; 石井 好二郎; 浅原 哲子
      体力科学, 一般社団法人日本体力医学会, 66(1) 35 - 35, 2017
    • サルコペニア・フレイルupdate
      石井 好二郎; 葛谷 雅文
      体力科学, 一般社団法人日本体力医学会, 66(1) 32 - 32, 2017
    • Effects of the 12 months walking exercise intervention on sleep quality in older adults
      Takumi Aoki; Haruo Sakuma; Kojiro Ishii
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine, 66(2) 153 - 162, 2017, Scientific journal
    • Validity of moderate to vigorous physical activity according to the modified version of the International Physical Activity Questionnaire for Japanese Early Adolescents
      Yoshitake Oshima; Yuki Hikihara; Ryoji Kasanami; Norio Murase; Kojiro Ishii
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine, 66(6) 427 - 436, 2017, Scientific journal
    • Classification of the intensity of physical activity measured by using Lifecorder among school-aged children : A review
      Komura K; Ishii K
      Japanese journal of health promotion, 日本健康支援学会, 18(2) 1 - 8, Sep. 2016
    • 小児における身体活動レベル別の身体活動量 二重標識水法および加速度計法を用いた検討
      香村 恵介; 中江 悟司; 平川 和文; 海老根 直之; 鈴木 和弘; 小澤 治夫; 山田 陽介; 木村 みさか; 石井 好二郎
      日本未病システム学会雑誌, (一社)日本未病システム学会, 22(2) 67 - 71, Aug. 2016
    • Conditions under which valid step count measurements can be obtained in patients with abnormal gait : Points of view regarding activity monitor, walking speed, and attachment side.
      大場 友裕; 冨田 素子; 日沖 義治; 岩瀬 弘明; 上林 清孝; 石井 好二郎
      日本未病システム学会雑誌, (一社)日本未病システム学会, 22(2) 93 - 97, Aug. 2016
    • 内臓脂肪体積と強度および種類で分類した身体活動量との関係
      真田 樹義; 石井 好二郎; 浅原 哲子
      体力科学, 一般社団法人日本体力医学会, 65(1) 152 - 152, 2016
    • サルコペニア・フレイル・ロコモティブシンドロームを整理する
      石井 好二郎; 吉川 貴仁
      体力科学, 一般社団法人日本体力医学会, 65(1) 146 - 146, 2016
    • 肥満者における内臓脂肪体積
      後藤 一成; 真田 樹義; 石井 好二郎; 浅原 哲子
      体力科学, 一般社団法人日本体力医学会, 65(1) 151 - 151, 2016
    • サルコペニアおよびサルコペニア肥満の簡易推定法
      真田 樹義; 宮地 元彦; 石井 好二郎; 浅原 哲子
      体力科学, 一般社団法人日本体力医学会, 65(1) 149 - 149, 2016
    • 子どもの身体活動とメンタルヘルス
      石井 好二郎; 岡 浩一朗
      体力科学, 一般社団法人日本体力医学会, 65(1) 34 - 34, 2016
    • Ultrasound-Derived Abdominal Muscle Thickness Better Detects Metabolic Syndrome Risk in Obese Patients than Skeletal Muscle Index Measured by Dual-Energy X-Ray Absorptiometry
      Ayumi Ido; Yuki Nakayama; Kojiro Ishii; Motoyuki Iemitsu; Koji Sato; Masahiro Fujimoto; Toshiyuki Kurihara; Takafumi Hamaoka; Noriko Satoh-Asahara; Kiyoshi Sanada
      PLOS ONE, PUBLIC LIBRARY SCIENCE, 10(12) e0143858 , Dec. 2015, Scientific journal
    • Effects of a Year-Long Pedometer-Based Walking Program on Cardiovascular Disease Risk Factors in Active Older People
      Ryo Miyazaki; Kazuhiko Kotani; Kokoro Tsuzaki; Naoki Sakane; Yoshikazu Yonei; Kojiro Ishii
      ASIA-PACIFIC JOURNAL OF PUBLIC HEALTH, SAGE PUBLICATIONS INC, 27(2) 155 - 163, Mar. 2015, Scientific journal
    • Development of the simple prediction models of sarcopenia in Japanese obese patient
      Furushima T; Nakayama Y; Ido A; Iemitsu M; Kurihara T; Honma T; Sato K; Fijimoto M; Hamaoka T; Ishii K; Asahara N; Sanada K
      Journal of Japan Society for the Study of Obesity : 日本肥満学会誌, 日本肥満学会, 21(3) 167 - 176, 2015
    • A questionnaire survey on physical activity, health-related QOL and depression during the junior high school years
      Kawakatsu Saki; Kasanami Ryoji; Kokudo Shohei; Ishii Kojiro
      Japan Journal of Human Growth and Development Research, 日本発育発達学会, 62(62) 75 - 86, Mar. 2014
    • The Effect of the Timing of Meal Intake on Energy Metabolism during Moderate Exercise
      Shota Sasaki; Satoshi Nakab; Naoyuki Ebine; Wataru Aoi; Akane Higashi; Kojiro Ishii
      JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY, CENTER ACADEMIC PUBL JAPAN, 60(1) 28 - 34, Feb. 2014, Scientific journal
    • 42ヶ月間の身体活動増加プログラム期間における中高齢者男女の歩数推移
      宮崎 亮; 米井 嘉一; 綾部 誠也; 青木 拓巳; 河口 八重子; 桑原 健輔; 石井 好二郎
      体力科学, The Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine, 63(1) 151 - 151, 2014
    • An optimal protocol for dynamic stretching to improve explosive performance
      Yamaguchi Taichi; Ishii Kojiro
      The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 一般社団法人日本体力医学会, 3(1) 121 - 129, 2014
    • Intensity and amount of habitual physical activity for health: Special considerations in middle-aged and older Japanese adults
      Makoto Ayabe; Kojiro Ishii
      The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine, 3(1) 85 - 90, 2014, Scientific journal
    • The effects of 1-week green tea catechin supplementation on energy metabolism during aerobic exercise in middle-aged male runners.
      宮崎 亮; 綾部 誠也; 和氣坂 卓也; 竹下 尚男; 片嶋 充弘; 山内 武; 木下 藤寿; 高石 鉄雄; 米井 嘉一; 石井 好二郎
      日本スポーツ栄養研究誌, (NPO)日本スポーツ栄養学会, 7 11 - 16, Jan. 2014
    • Relationship between the exercise history from early childhood through adulthood and bone health determined using dual energy X-ray absorptiometry in young Japanese premenopousal females
      Ayako Yamaguchi-Watanabe; Makoto Ayabe; Hitoshi Chiba; Noriko Kobayashi; Ichiro Sakuma; Kojiro Ishii
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine, 63(3) 305 - 312, 2014, Scientific journal
    • Efficacy of Group- and Home- based physical activity intervention on cerebrovascular risk factors in Japanese community-dwelling elderly
      山津幸司; 東保子; 中江悟司; 千葉仁志; 石井好二郎
      研究論文集―教育系・文系の九州地区国立大学間連携論文集, 1(1(No.7)) 1 - 18, Oct. 2013
    • Minor effects of green tea catechin supplementation on cardiovascular risk markers in active older people: a randomized controlled trial.
      Ryo Miyazaki; Kazuhiko Kotani; Makoto Ayabe; Kokoro Tsuzaki; Junko Shimada; Naoki Sakane; Hideto Takase; Hiroshi Ichikawa; Yoshikazu Yonei; Kojiro Ishii
      Geriatrics & gerontology international, 13(3) 622 - 9, Jul. 2013, Scientific journal
    • Acute effects of static stretching and maximum voluntary isometric muscle action in muscle groups of lower extremities on intermittent jump performances : The simulation of a warm-up in volleyball game
      山口 太一; 高嶋 渉; 瀧澤 一騎; 石井 好二郎
      Journal of training science for exercise and sport, 日本トレーニング科学会, 24(4) 291 - 300, May 2013
    • 歩行を主とした運動介入が地域在住高齢者のQOLに与える影響
      青木 拓巳; 桐谷 純平; 宮崎 亮; 河口 八重子; 石井 好二郎; 佐久間 春夫
      健康支援, 日本健康支援学会, 15(1) 143 - 143, Feb. 2013
    • Longitudinal association between the daily step count and the functional age in older adults participating in a 2.5-year pedometer-based walking program: The YURIN study.
      Miyazaki R; Ayabe M; Ishii K; Yonei Y
      Anti-Aging Med, 10(4) 60 - 69, 2013
    • Characteristics of physical functions in elderly people requiring support.
      Yabukita H; Miyazaki R; Nemoto K; Ishii K; Ogura M; Yagi M; Yonei Y
      Anti-Aging Med, 10(2) 16 - 20, 2013
    • Accumulation of Short Bouts of Non-Exercise Daily Physical Activity is Associated with Lower Visceral Fat in Japanese Female Adults
      M. Ayabe; H. Kumahara; K. Morimura; N. Sakane; K. Ishii; H. Tanaka
      INTERNATIONAL JOURNAL OF SPORTS MEDICINE, GEORG THIEME VERLAG KG, 34(1) 62 - 67, Jan. 2013, Scientific journal
    • Relations between daily energy expenditure and body fatness, physical fitness in primary school children using doubly labeled water method and accelerometer
      Satoshi Nakae; Yosuke Yamada; Misaka Kimura; Kazuhiro Suzuki; Haruo Ozawa; Kazufumi Hirakawa; Kojiro Ishii
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 一般社団法人日本体力医学会, 62(5) 353 - 360, 2013, Scientific journal
    • Relationships between duration of various physical activities and physical activity level in children
      Yoshitake Oshima; Satoshi Nakae; Yosuke Yamada; Misaka Kimura; Haruo Ozawa; Kazuhiro Suzuki; Kazuhumi Hirakawa; Kojiro Ishii
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 一般社団法人日本体力医学会, 62(5) 391 - 397, 2013, Scientific journal
    • 歩行を主とした運動介入が高齢者の睡眠及びメンタルヘルスに与える影響
      青木 拓巳; 佐久間 春夫; 河口 八重子; 宮崎 亮; 石井 好二郎
      体力科学, (一社)日本体力医学会, 61(6) 662 - 662, Dec. 2012
    • The effects of 12-week home-based bench stepping exercise on aerobic capacity and cardiac autonomic nervous activities in older adults.
      Takayama K; Ayabe M; Hamada T; Kimura T; Moritani T; Tanaka H; Ishii K
      ANTI-AGING MEDICINE, 9(7) 196 - 200, Dec. 2012
    • 段階的弾性タイツの着用が漸増運動負荷試験中のDPBP(double product break point)に及ぼす影響
      石井 好二郎; 相塲 久仁香; 木下 藤寿; 三浦 隆; 岩嵜 徹治
      臨床スポーツ医学, 文光堂, 29(10) 1069 - 1073, Oct. 2012
    • Very short bouts of non-exercise physical activity associated with metabolic syndrome under free-living conditions in Japanese female adults
      Makoto Ayabe; Hideaki Kumahara; Kazuhiro Morimura; Kojiro Ishii; Naoki Sakane; Hiroaki Tanaka
      EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, SPRINGER, 112(10) 3525 - 3532, Oct. 2012, Scientific journal
    • 運動習慣と健康に対する意識を考慮した栄養改善介入の必要性の検討
      島田 淳子; 宮崎 亮; 河口 八重子; 石井 好二郎; 米井 嘉一
      肥満研究, (一社)日本肥満学会, 18(Suppl.) 165 - 165, Sep. 2012
    • 長期間歩行を実施した高齢者の除脂肪量ならびにその背景
      河口 八重子; 宮崎 亮; 青木 拓巳; 島田 淳子; 坂根 直樹; 米井 嘉一; 石井 好二郎
      肥満研究, (一社)日本肥満学会, 18(Suppl.) 212 - 212, Sep. 2012
    • 歩行を主とした運動介入が高齢者の睡眠に及ぼす影響
      青木 拓巳; 宮崎 亮; 桑原 健輔; 河口 八重子; 石井 好二郎
      健康支援, 日本健康支援学会, 14(1) 88 - 88, Feb. 2012
    • 地域在住高齢者の歩行運動実践が医療費及び健康診断データに及ぼす影響
      桑原 健輔; 青木 拓巳; 宮崎 亮; 河口 八重子; 石井 好二郎
      健康支援, 日本健康支援学会, 14(1) 93 - 93, Feb. 2012
    • 高齢者の日内歩行パターンの性差、個人差、および季節変動について
      河口 八重子; 宮崎 亮; 青木 拓巳; 桑原 健輔; 石井 好二郎
      健康支援, 日本健康支援学会, 14(1) 98 - 98, Feb. 2012
    • 1万歩を目標とした2.5年間の歩数計を用いた身体活動増進プログラムにおける中高齢者の週間歩数の推移
      宮崎 亮; 米井 嘉一; 綾部 誠也; 河口 八重子; 青木 拓巳; 桑原 健輔; 石井 好二郎
      健康支援, 日本健康支援学会, 14(1) 105 - 105, Feb. 2012
    • Effect of warm-up exercise on delayed-onset muscle soreness
      Kazuki Takizawa; Toshio Soma; Kazunori Nosaka; Tomoji Ishikawa; Kojiro Ishii
      EUROPEAN JOURNAL OF SPORT SCIENCE, TAYLOR & FRANCIS LTD, 12(6) 455 - 461, 2012, Scientific journal
    • Functional Age and Bouts of Physical Activity in Middle-Aged to Older Japanese Adults; Yurin-Study
      Makoto Ayabe; Yoshikazu Yonei; Ryo Miyazaki; Hideaki Kumahara; Naoki Sakane; Kojiro Ishii
      ANTI-AGING MEDICINE, Japanese Society of Anti-Aging Medicine, 8(7) 103 - 107, 2011, Scientific journal
    • Effects of Age and Body Mass Index on Accuracy of Simple Moderate Vigorous Physical Activity Monitor Under Controlled Condition
      Makoto Ayabe; Junichiro Aoki; Hideaki Kumahara; Kojiro Ishii; Yoshikazu Yonei; Hiroaki Tanaka
      ANTI-AGING MEDICINE, Japanese Society of Anti-Aging Medicine, 8(4) 41 - 47, 2011, Scientific journal
    • Relationship Between the Change in Daily Step Count and Brachial-Ankle Wave Velocity During a Pedometer-Based Physical Activity Program for Older Adults
      Ryo Miyazaki; Yoshikazu Yonei; Yoriko Azuma; Hitoshi Chiba; Koichiro Hayashi; Koji Yamatsu; Kojiro Ishii
      ANTI-AGING MEDICINE, Japanese Society of Anti-Aging Medicine, 8(4) 35 - 40, 2011, Scientific journal
    • ウォームアップにおける各種ストレッチングがパフォーマンスに及ぼす影響 (特集 ストレッチングupdate)
      山口 太一; 石井 好二郎
      トレーニング科学, 日本トレーニング科学会, 23(3) 233 - 250, 2011
    • Effects of Combining the Long-term Ingestion of Tea Catechins with a Change in Steps per Day on Items for a Specific Health Checkup in Men and Women with Metabolic Syndrome
      MIYAZAKI Ryo; TAKASE Hideto; HARADA Ushio; ISHII Kojiro
      Journal of Japan Society for the Study of Obesity, 日本肥満学会, 16(1) 74 - 81, Apr. 2010
    • Acute effects of dynamic stretching combined with static stretching on leg extension power output
      内海 景憲; 山口 太一; 石井 好二郎; 安田 和則
      Journal of training science for exercise and sport, 日本トレーニング科学会, 22(1) 39 - 48, Mar. 2010
    • Comparison of interdevice measurement difference of pedometers in younger and older adults
      M. Ayabe; K. Ishii; K. Takayama; J. Aoki; H. Tanaka
      BRITISH JOURNAL OF SPORTS MEDICINE, B M J PUBLISHING GROUP, 44(2) 95 - 99, Feb. 2010, Scientific journal
    • Community Medicine and Anti-Aging:
      Ryo Miyazaki; Kojiro Ishii; Hiroshi Ichikawa; Yoshikazu Yonei
      ANTI-AGING MEDICINE, Japanese Society of Anti-Aging Medicine, 7(12) 143 - 152, 2010, Scientific journal
    • エンデュアランストレーニング研究のこれまでとこれから エンデュアランス運動時における暑さ対策 熱中症予防・競技力向上
      石井 好二郎
      Journal of Training Science for Exercise and Sport, 日本トレーニング科学会, 21(4) 417 - 425, Dec. 2009
    • A Practical Exercise Prescription for Health Counselling
      ISHII Kojiro; MIYAZAKI Ryo; AZUMA Yoriko; HAYASHI Koichiro; YAMATSU Koji
      Journal of Japan Society for the Study of Obesity, 日本肥満学会, 15(2) 126 - 132, Aug. 2009
    • A preliminary study of the relationship between physiques and physical activity in children
      Nakae Satoshi; Ishii Kojiro
      Doshisha journal of health & sports science, 同志社大学スポーツ健康科学会, 1(1) 33 - 38, Mar. 2009
    • Lipoprotein Metabolism, Insulin Resistance, and Adipocytokine Levels in Japanese Female Adolescents With a Normal Body Mass Index and High Body Fat Mass
      Noriaki Kishimoto; Koichi Okita; Shingo Takada; Ichiro Sakuma; Yasuaki Saijo; Hitoshi Chiba; Kojiro Ishii; Reiko Kishi; Hiroyuki Tsutsui
      CIRCULATION JOURNAL, JAPANESE CIRCULATION SOC, 73(3) 534 - 539, Mar. 2009, Scientific journal
    • Effects on Anti-Aging Indicators in Middle-Aged Men of An Intervention to Prevent Lifestyle-Related Diseases
      Ryo Miyazaki; Tsutomu Hasegawa; Noriko Fujioka; Masaaki Iwabayashi; Keitaro Nomoto; Hozumi Takahashi; Umenoi Hamada; Hiroshi Ichikawa; Kojiro Ishii; Yoshikazu Yonei
      ANTI-AGING MEDICINE, Japanese Society of Anti-Aging Medicine, 6(9) 83 - 94, 2009, Scientific journal
    • Seasonal changes in characteristics of muscle activations and aerobic capacity in cross country skiers
      高嶋 渉; 石井 好二郎; 山口 太一
      Journal of training science for exercise and sport, 日本トレーニング科学会, 21(2) 183 - 191, 2009
    • Specificity of reaction time in athletes depending on type of sport and position: a comparative study of collegiate soft tennis players and sprinters
      矢村 祐衣; 渡邊 將司; 石井 好二郎
      Journal of training science for exercise and sport, 日本トレーニング科学会, 21(1) 97 - 103, 2009
    • Determination of the optimum warm-up intensity and duration for the increase of short-term high intensity exercise performance in the heat
      Kazuki Takizawa; Kojiro Ishii
      Journal of training science for exercise and sport, 日本トレーニング科学会, 21(1) 87 - 96, 2009
    • Expression of mRNA for specific fibroblast growth factors associates with that of the myogenic markers MyoD and proliferating cell nuclear antigen in regenerating and overloaded rat plantaris muscle
      Y. Tanaka; A. Yamaguchi; T. Fujikawa; K. Sakuma; I. Morita; K. Ishii
      ACTA PHYSIOLOGICA, WILEY-BLACKWELL, 194(2) 149 - 159, Oct. 2008, Scientific journal
    • Pedometer accuracy during stair climbing and bench stepping exercises
      Makoto Ayabe; Junichiro Aoki; Kojiro Ishii; Kohsaku Takayama; Hiroaki Tanaka
      JOURNAL OF SPORTS SCIENCE AND MEDICINE, JOURNAL SPORTS SCIENCE & MEDICINE, 7(2) 249 - 254, Jun. 2008, Scientific journal
    • 児童の身体活動量の違いが歩数計を用いた歩数量増加に及ぼす影響
      加藤 華奈子; 中江 悟司; 大島 秀武; 石井 好二郎
      体育の科学, (株)杏林書院, 58(4) 277 - 280, Apr. 2008
    • 高校生トップレベル陸上競技選手におけるサプリメント摂取状況の種目による分析--科学委員会プロジェクト研究--2004〜2007年度全国高等学校総合体育大会での調査結果 (日本陸連科学委員会研究報告 第7巻(2008) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2007)
      仲尾 綾; 石井 好二郎; 山崎 史恵
      陸上競技研究紀要, 日本陸上競技連盟, 4 85 - 88, 2008
    • Accuracy of spring-levered and piezo-electric pedometers in primary school Japanese children
      Satoshi Nakae; Yoshitake Oshima; Kojiro Ishii
      Journal of Physiological Anthropology, 27(5) 233 - 239, 2008, Scientific journal
    • Support for high school female long-distance runners by providing analyses on nutrition via the Internet
      Minatsu Saito; Kojiro Ishii; Harukazu Tohyama
      Japan journal of studies in athletics, 日本陸上競技学会, 6(1) 16 - 21, 2008
    • Acute effects of dynamic stretching exercise on power output during concentric dynamic constant external resistance leg extension
      Taichi Yamaguchi; Kojiro Ishii; Masanori Yamanaka; Kazunori Yasuda
      JOURNAL OF STRENGTH AND CONDITIONING RESEARCH, LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 21(4) 1238 - 1244, Nov. 2007, Scientific journal
    • 歩数計と印刷物を用いた1年間の歩数量増加の運動介入が高齢者の身体組成、血圧および血液性状に及ぼす影響
      中江 悟司; 千葉 仁志; 石井 好二郎
      肥満研究, 日本肥満学会, 13(2) 130 - 136, Aug. 2007
    • Attenuated aerobic exercise capacity in CD36 deficiency
      Hidekatsu Yanai; Ichiro Watanabe; Kojiro Ishii; Mie Morimoto; Hironobu Fujiwara; Shigeru Yoshida; Shu-Ping Hui; Kazuhiko Matsuno; Hitoshi Chiba
      JOURNAL OF MEDICAL GENETICS, B M J PUBLISHING GROUP, 44(7) 445 - 447, Jul. 2007, Scientific journal
    • Angiotensin I converting enzyme gene polymorphism and exercise trainability in elderly women: An electrocardiological approach
      Takuro Tobina; Akira Kiyonaga; Yuko Akagi; Yukari Mori; Kojiro Ishii; Hitoshi Chiba; Munehiro Shindo; Hiroaki Tanaka
      JOURNAL OF SPORTS SCIENCE AND MEDICINE, JOURNAL SPORTS SCIENCE AND MEDICINE, 6(2) 220 - 226, Jun. 2007, Scientific journal
    • Muscle damage and soreness following a 50-km cross-country ski race
      Wataru Takashima; Kojiro Ishii; Kazuki Takizawa; Taichi Yamaguchi; Kazunori Nosaka
      EUROPEAN JOURNAL OF SPORT SCIENCE, TAYLOR & FRANCIS LTD, 7(1) 27 - 33, Mar. 2007, Scientific journal
    • Muscle damage and soreness following a 50-km cross-country ski race
      Takashima Wataru; Ishii Kojiro; Takizawa Kazuki; Yamaguchi Taichi; Nosaka Kazunori
      EUROPEAN JOURNAL OF SPORT SCIENCE, 7(1) 27 - 33, Mar. 2007
    • A comparison of effect on new and continuous participants in the program of home-based training and a weekly exercise class.
      Yoriko Azuma; Wataru Takashima; Satoshi Nakae; Minatsu Saito; Kojiro Ishii; Koji Yamatsu; Hitoshi Chiba
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 56(4) 445 - 448, 2007, Scientific journal
    • The suitable preparation exercise between jump trials repeating at intervals of several minutes.
      山口 太一; 石井 好二郎; 瀧澤 一騎; 高嶋 渉; 稲森 謙吾
      Journal of Training Science for Exercise and Sport, 日本トレーニング科学会, 19(4) 351 - 359, 2007
    • Relationship between muscle oxygenation, VO2, and high intensity aerobic exercise performance improving effect of warm-up
      Kazuki Takizawa; Kojiro Ishii
      Adv Exerc Sports Physiol, 12(4) 127 - 133, Dec. 2006
    • Acute effect of static stretching on power output during concentric dynamic constant external resistance leg extension
      Taichi Yamaguchi; Kojiro Ishii; Masanori Yamanaka; Kazunori Yasuda
      JOURNAL OF STRENGTH AND CONDITIONING RESEARCH, ALLIANCE COMMUNICATIONS GROUP DIVISION ALLEN PRESS, 20(4) 804 - 810, Nov. 2006, Scientific journal
    • Acute static stretching reduces power output during isotonic muscle action
      Taichi Yamaguchi; Kojiro Ishii; Masanori Yamanaka; Kazunori Yasuda
      JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, JAPANESE SOC PHYSICAL FITNESS SPORTS MEDICINE, 55(Suppl) 109 - 112, Oct. 2006, Scientific journal
    • Effects of exercise intervention on blood lipid levels, glycometabolism, adipocytokine levels, and cardiac autonomic function in young females with hidden obesity
      Kojiro Ishii; Makoto Ayabe; Tetsuko Okabe; Takashi Iwata; Kohsaku Takayama; Taichi Yamaguchi
      JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, JAPANESE SOC PHYSICAL FITNESS SPORTS MEDICINE, 55 53 - 57, Oct. 2006, Scientific journal
    • Physical activity monitoring for health management: Practical techniques and methodological issues.
      Hideaki Kumahara; Kojiro Ishii; Hiroaki Tanaka
      Int J Sport Health Sci, Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences, 4(SpecialIssue2) 380 - 393, 2006
    • The effect of low-intensity aerobic exercise by means of the bench stepping at nursing home in snowy area.
      Iwata T; Ishii K; Kishimoto N; Sakuma I; Tanaka H
      Int J Sport Health Sci, Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences, 4(SpecialIssue2) 577 - 582, 2006
    • Alterations in heart rate, blood lactate accumulation and perceived exertion at lactate threshold as a consequence of exercise training in the elderly
      Makoto Ayabe; Kojiro Ishii; Kohsaku Takayama; Munehiro Shindo; Hiroaki Tanaka
      Int J Sport Health Sci, Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences, 4(SpecialIssue2) 536 - 543, 2006
    • Relationship between angiotensin converting enzyme gene I/D polymorphism and muscle strength in elderly.
      Tobina T; Ayabe M; Yoshitake Y; Kimura Y; Miyazaki H; Ishii K; Zhang B; Saku K; Shindo M; Kiyonaga A; Tanaka H
      Int J Sport Health Sci, Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences, 4(SpecialIssue2) 460 - 464, 2006
    • Influence of exercise intervention on blood lipid levels, glycometabolism, adipocytokines, and cardiac autonomic function in adolescent females with hidden obesity.
      Ishii K; Ayabe M; Okabe T; Iwata T; Takayama K; Yamaguchi T
      Jpn J Phys Fitness Sports Med, 55(Suppl) 53 - 58, 2006
    • The effects of different warm-up loads {routines} at equal total workload for high intensity exercise performance.
      Takizawa K; Ishii K
      Int J Sport Health Sci, Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences, 4(1) 1 - 9, 2006
    • 08-26-ダンス-24 加速度計を内蔵した歩数計による小・中学校の活動量についての検討(08 測定評価,一般研究発表)
      樽谷, 将志; 小澤, 治夫; 鈴木, 和弘; 西嶋, 尚彦; 三島, 利紀; 佐藤, 毅; 石井, 好二郎
      日本体育学会大会予稿集, Japanese Society of Physical Education, Health and Sport Sciences, 0(56) 317 , Nov. 2005, Scientific journal
    • A rice diet is associated with less fat synthesis/accumulation than a bread diet before exercise therapy
      K Ishii; K Takizawa; T Okabe; T Yamaguchi; Sakuma, I
      JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY, CENTER ACADEMIC PUBL JAPAN, 51(5) 349 - 354, Oct. 2005, Scientific journal
    • The Effects of Warm-up Intensity on High Intensity Exercise Performance, Oxygen Uptake Kinetics and Muscle Activity
      TAKIZAWA Kazuki; ISHII Kojiro
      Journal of exercise and sports physiology, イセブ, 12(2) 41 - 49, Sep. 2005
    • 運動療法の安全性および有効性を高める食事療法
      石井 好二郎; 加藤 華奈子; 岡部 哲子
      肥満研究, 日本肥満学会, 11(2) 149 - 154, Aug. 2005
    • Effects of static stretching for 30 seconds and dynamic stretching on leg extension power
      T Yamaguchi; K Ishii
      JOURNAL OF STRENGTH AND CONDITIONING RESEARCH, ALLIANCE COMMUNICATIONS GROUP DIVISION ALLEN PRESS, 19(3) 677 - 683, Aug. 2005, Scientific journal
    • Pedometer Accuracy And Intensity Distribution Of Physical Activity In Younger Versus Older Subjects
      Makoto Ayabe; Kohsaku Takayama; Kojiro Ishii; Akira Kiyonaga; Munehiro Shindo; Hiroaki Tanaka
      MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 37 S115 - S115, May 2005
    • 1. Effect of static stretching on force-power relationship in knee extension
      Taichi Yamaguchi; Kojiro Ishii; Masanori Yamanaka; Kazunori Yasuda
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 54(4) 335 - 339, 2005, Scientific journal
    • 運動介入が青年女性正常体重肥満者(隠れ肥満者)の血中脂質,糖代謝,アディポサイトカイン,および心臓自律神経活動機能に及ぼす影響 (第25回〔石本記念デサントスポーツ科学振興財団〕助成研究報告)
      石井 好二郎; 佐久間 一郎; 小林 範子
      デサントスポ-ツ科学, 石本記念デサントスポ-ツ科学振興財団事務局, 25 131 - 137, Jun. 2004
    • The Physical Activity Patterns of Cardiac Rehabilitation Program Participants
      Makato Ayabe; Peter H. Brubaker; Devon Dobrosielski; Henry S. Miller; Kojiro Ishi; Takuya Yahiro; Akira Kiyonaga; Munehiro Shindo; Hiroaki Tanaka
      Journal of Cardiopulmonary Rehabilitation, 24(2) 80 - 86, Mar. 2004, Scientific journal
    • The use of uniaxial accelerometry for the assessment of physical-activity-related energy expenditure: a validation study against whole-body indirect calorimetry
      H Kumahara; Y Schutz; M Ayabe; M Yoshioka; Y Yoshitake; M Shindo; K Ishii; H Tanaka
      BRITISH JOURNAL OF NUTRITION, C A B I PUBLISHING, 91(2) 235 - 243, Feb. 2004, Scientific journal
    • Validity and Usefulness of the Simple Assessment of Lactate Threshold in Younger Adults
      Ayabe Makoto; Yahiro Takuya; Ishii Kojiro; Kiyonaga Akira; Shindo Munehiro; Tanaka Hiroaki
      Int. J. Sport Health Sci., Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences, 2 84 - 88, 2004
    • 青年女性における身体組成と性ホルモンおよび血中レプチン濃度との関係
      小林範子; 藤野敬史; 古田伊都子; 石井好二郎; 水上尚典; 櫻木範明
      日本産科婦人科栄養・代謝研究会誌, 10(1) 39 - 41, 2004
    • Comparison of 2 Accelerometers for Assessing Daily Energy Expenditure in Adults
      Kumahara H; Schutz Y; Ayabe M; Yoshioka M; Yoshitake Y; Shindo M; Ishii K; Tanaka H
      J Physical Activity Health, 1(3) 270 - 284, 2004
    • Supplement intake in female university long-distance runners
      M Nakanishi; K Ishii; A Watanabe; K Sugiura; Y Kajiwara; K Kobayashi
      JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, JAPANESE SOC PHYSICAL FITNESS SPORTS MEDICINE, 52(5) 631 - 637, Oct. 2003, Scientific journal
    • RELATIONSHIP BETWEEN DOUBLE PRODUCT BREAK POINT AND ST SEGMENT DEPRESSION ON ECG IN PATIENTS WITH ISCHEMIC HEART DISEASE PATIENTS AND ELDERLY PERSONS
      KUMAHARA HlDEAKI; YAHIRO TAKUYA; OTONARI MICHIHIKO; AYABE MAKOTO; NAKAGAWA HISAE; KUNO SHINYA; KIYONAGA AKIRA; SHINDO MUNEHIRO; ISHII KOJIRO; TANAKA HIROAKI
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 日本体力医学会, 52(Suppl) 177 - 184, Aug. 2003
    • Simple assessment of lactate threshold by means of the bench stepping in older population
      Makoto Ayabe; Takuya Yahiro; Yukari Mori; Kohsaku Takayama; Takuro Tobina; Hiroyuki Higuchi; Kojiro Ishii; Ichiro Sakuma; Yutaka Yoshitake; Hideo Miyazaki; Akira Kiyonaga; Munehiro Shindo; Hiroaki Tanaka
      Int J Sport Health Sci, Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences, 1(2) 207 - 215, 2003
    • 第47回日本学生陸上競技連合指導者会議報告 女子長距離学生アスリートにおけるサプリメントの使用状況と諸問題
      石井 好二郎
      陸上競技研究, 日本学生陸上競技連合, 2002(4) 33 - 38, Dec. 2002
    • Effects of Warm Up Intensity and Length before Wingate Anaerobic Test Under Mild Environment
      TAKASAWA Hajime; ISHII Kojiro; TAKIZAWA Kazuki; KIME Ryotaro; YONEZAWA Kazuya
      Journal of exercise and sports physiology, イセブ, 9(2) 77 - 84, Aug. 2002
    • 冬季長距離走レース時の適正ウエアの検討
      石井 好二郎; 瀧澤 一騎; 豊岡 示朗
      体育の科学, 杏林書院, 52(5) 397 - 404, May 2002
    • Lorraine Moller(New Zealand:バルセロナオリンピック女子マラソン3位)が使用した簡便な頚部冷却装置の有効性について
      石井 好二郎; 瀧澤 一騎
      陸上競技紀要, 日本陸上競技連盟, 15 57 - 63, Mar. 2002
    • Studies of oral temperature in Japanese children:-Problem of low body temperature in Japanese children-
      ISHII Kojiro
      Jpn.J.Biomeorol., 日本生気象学会, 39(1) 25 - 30, 2002
    • Are Life Style and Eating Habits Related to Body Temperatures of Less than 36℃ in Children?
      ISHII Kojiro
      Japanese journal of school health, 学術雑誌目次速報データベース由来, 44(5) 403 - 415, 2002
    • 女性ランナーの暑熱環境下走行時における含水スポンジの身体冷却効果
      石井好二郎; 須田力; 松生香里; 福嶋利浩; 和田光代; 宮原清彰; 豊岡示朗
      ランニング学研究, ランニング学会, 11(1) 42 - 48, Jun. 2000
    • 暑熱環境下走行時における含水スポンジによる身体冷却効果
      石井好二郎; 松生香里; 福嶋利浩; 和田光代; 宮原清彰; 梅林薫; 豊岡示朗
      ランニング学研究, ランニング学会, 11(1) 34 - 41, Jun. 2000
    • 施設に入所する知的障害者の体脂肪率およびbody mass index
      石井 好二郎; 須田 力; 菊地 邦雄; 藤本 繁夫; 前田 如矢
      肥満研究, 日本肥満学会, 6(1) 49 - 54, Apr. 2000
    • Physical Growth of Mentally Retarded School Children
      ISHII Kojiro
      Japanese journal of school health, 学術雑誌目次速報データベース由来, 42(4) 304 - 311, 2000
    • 44. 持久走が有酸素性運動能力に及ぼす影響
      菊地 邦雄; 新畑 茂充; 和田 正信; 石井 好二郎; 土路 恭子; 村木 里志
      日本運動生理学雑誌, 日本運動生理学会事務局, 4(1) 34 - 34, 1997
    • 227.被爆者の体力に及ぼすトレーニングの影響に関する縦断的研究
      菊地 邦雄; 山崎 昌廣; 和田 正信; 石井 好二郎; 土路 恭子; 村木 里志
      体力科學, 日本体力医学会, 45(6), 01 Dec. 1996
    • 暑熱環境下運動が脊髄損傷者の鼓膜温、皮膚温、酸素摂取量、および心拍数に及ぼす影響
      石井 好二郎
      臨床スポーツ医学, 文光堂, 13(9) 1066 - 1072, Sep. 1996
    • 暑熱環境下運動時における脊髄損傷者の鼓膜温、皮膚温、および心拍数の個人差について
      石井 好二郎
      総合リハビリテーション, 医学書院, 24(5) 449 - 455, May 1996
    • Relationship core temperature and skin blood flux in lower limbs during prolonged arm exercise in persons with spinal cord injury
      S Muraki; M Yamasaki; K Ishii; K Kikuchi; K Seki
      EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY AND OCCUPATIONAL PHYSIOLOGY, SPRINGER VERLAG, 72(4) 330 - 334, Feb. 1996, Scientific journal
    • 104.中高齢者の性別, 年代別からみた肺機能の特性
      菊地 邦雄; 山崎 昌廣; 高橋 裕美; 石井 好二郎; 土路 恭子; 村木 里志
      体力科學, 日本体力医学会, 44(6), 01 Dec. 1995
    • 250.脊髄損傷者の暑熱環境下運動時における温熱生理学的分析
      石井 好二郎; 山崎 昌廣; 村木 里志; 小村 堯; 菊地 邦雄; 宮側 敏明; 藤本 繁夫; 前田 如矢
      体力科學, 日本体力医学会, 44(6), 01 Dec. 1995
    • EFFECT OF ARM CRANKING EXERCISE ON SKIN BLOOD-FLOW OF LOWER-LIMB IN PEOPLE WITH INJURIES TO THE SPINAL-CORD
      S MURAKI; M YAMASAKI; K ISHII; K KIKUCHI; K SEKI
      EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY AND OCCUPATIONAL PHYSIOLOGY, SPRINGER VERLAG, 71(1) 28 - 32, Jul. 1995, Scientific journal
    • Tympanic Temperature and Skin Temperatures During Upper Limb Exercise in Patients With Spinal Cord Injury
      Kojiro Ishii; Masahiro Yamasaki; Satoshi Muraki; Takashi Komura; Kunio Kikuchi; Toshiaki Miyagawa; Shigeo Fujimoto; Kazuya Maeda
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 日本体力医学会, 44(4) 447 - 455, 1995, Scientific journal
    • Effects of upper limb exercise on thermoregulatory responses in patients with spinal cord injury
      Ishii K; Yamasaki M; Muraki S; Komura T; Kikuchi K; Satake T; Miyagawa T; Fujimoto S; Maeda K
      Appl Human Sci, Japan Society of Physiological Anthropology, 14(3) 149 - 154, 1995
    • 271.脊髄損傷者の長時間上肢運動時における麻痺部の皮膚血流量の変化
      村木 里志; 山崎 昌廣; 石井 好二郎; 菊地 邦雄
      体力科學, 日本体力医学会, 43(6), 01 Dec. 1994
    • 284.中高齢者の体力に及ぼすトレーニングの影響に関する縦断的研究
      菊地 邦雄; 山崎 昌廣; 高橋 裕美; 石井 好二郎; 土路 恭子; 村木 里志
      体力科學, 日本体力医学会, 43(6), 01 Dec. 1994
    • 352.運動時における脊髄損傷者の鼓膜温及び皮膚温
      石井 好二郎; 山崎 昌廣; 村木 里志; 小村 堯; 菊地 邦雄; 前田 如矢
      体力科學, 日本体力医学会, 43(6), 01 Dec. 1994
    • Tympanic membrane and skin temperatures during progressive resistance exercise in patients with spinal cord injury
      ISHII Kojiro; YAMASAKI Masahiro; MURAKI Satoshi; KOMURA Takashi; KIKUCHI Kunio; SAKATE Terutoshi; MAEDA Kazuya
      日本運動生理学雑誌, 日本運動生理学会事務局, 1(2) 27 - 32, Nov. 1994
    • Effects of Sports Participation on the Psychological Characteristics in Spinal Cord Injured Persons
      YAMASAKI Masahiro; MURAKI Satoshi; ISHII Kojiro; KOMURA Takashi; KIKUCHI Kunio
      The Annals of physiological anthropology, 生理人類学研究会, 13(5) 322 - 322, 1994
    • Effect of Arm Exercise Intensity on Skin Blood Flow of the Paralyzed Area in Spinal Coed Injured Persons
      MURAKI Satoshi; YAMASAKI Masahiro; ISII Kojiro; KIKUCHI Kunio; SEKI Kunihiro
      The Annals of physiological anthropology, 生理人類学研究会, 13(5) 322 - 322, 1994
    • 脊髄損傷者のスポーツ活動が生理および精神に及ぼす影響について
      山﨑昌廣; 入澤雅典; 石井好二郎
      デサントスポーツ科学, 15 100 - 106, 1994
    • xercise-induced temperature changes in the tympanic membrane and skin of patients with spinal cord injury.
      ISHII Kojiro
      Adapted physical activity : health and fitness, 77 - 83, 1994
    • 113.有酸素運動トレーニングの心理的効果を引き起こす条件について
      村木 里志; 石井 好二郎; 菊地 邦雄
      体力科學, 日本体力医学会, 42(6), 01 Dec. 1993
    • 133.中高齢者の体力に及ぼすトレーニングの影響に関する縦断的研究
      菊地 邦雄; 山崎 昌廣; 高橋 裕美; 石井 好二郎; 村木 里志
      体力科學, 日本体力医学会, 42(6), 01 Dec. 1993
    • 427.脊髄損傷者への平均皮膚温適用の問題点
      石井 好二郎; 山崎 昌廣; 村木 里志; 小村 堯; 菊地 邦雄; 前田 如矢
      体力科學, 日本体力医学会, 42(6), 01 Dec. 1993
    • 102なB08 体力と心理状態の相関について
      村木 里志; 前原 利彦; 石井 好二郎; 網師本 真季; 菊地 邦雄
      日本体育学会大会号, 一般社団法人 日本体育学会, 44(0), 1993
    • Gender difference in the relationship between physical fitness and mental health
      Muraki S; Maehara T; Ishii K; Ajimoto M; Kikuchi K
      Ann Physiol Anthrop, Japan Society of Physiological Anthropology, 12(6) 379 - 384, 1993
    • Work efficiency of paraplegics during arm cranking exercise
      Yamasaki M; Irizawa M; Ishii K; Komura T
      Ann Physiol Anthrop, 生理人類学研究会, 12(2) 79 - 82, 1993
    • Usefulness of a simple device to measure aural canal temperature
      Ishii K; Muraki S; Komura T; Kikuchi K; Sato K; Maeda K
      Ann Physiol Anthrop, 生理人類学研究会, 12(3) 189 - 194, 1993
    • 児童期のマラソン・トレーニングが有酸素能力に及ぼす影響
      石井好二郎; 豊岡示朗; 前田如矢
      体育の科学, 杏林書院, 42(3) 211 - 215, Mar. 1992
    • Relationship between the Maximum Oxygen Uptake and Rocords in Races in Female Middle- and long-distance Runners
      Ishii Kojiro
      OIU journal of international studies, 大阪国際大学, 31(1) 67 - 75, 30 Sep. 1991
    • 0420905 女子中・長距離ランナーの最大酸素摂取量と競技記録の関係及びその性差について
      石井 好二郎; 豊岡 示朗
      日本体育学会大会号, 社団法人日本体育学会, (42) 323 - 323, 10 Sep. 1991
    • 血中乳酸濃度とランニングスピ-ドからみた無酸素的能力を高めるレペティショントレ-ニングの強度設定法
      豊岡 示朗; 石井 好二郎
      大阪体育大学紀要, 大阪体育大学, (22) p59 - 66, Aug. 1991
    • 女子中・長距離ランナーの最大酸素摂取量と競技記録
      石井 好二郎; 岡尾恵市
      陸上競技研究, 6 9 - 16, 1991
    • 043G14 夏季の晴天時と曇天時における野外走の発汗量
      石井 好二郎; 豊岡 示朗
      日本体育学会大会号, 社団法人日本体育学会, (41) 341 - 341, 10 Sep. 1990
    • 赤血球変形能に対する運動の効果
      松村新也; 印牧広一郎; 松本再龍; 増原光彦; 石井好二郎; 堀口俊一
      大阪体育大学紀要, 21 55 - 62, 1990
    • 晴天時と曇天時の比較からみた日照が最大下60分間走に及ぼす影響
      石井好二郎; 豊岡示朗
      陸上競技研究, 3 10 - 17, 1990
    • なぎなた練習の心拍数及び酸素摂取量について
      石井好二郎; 豊岡示朗; 岡田千
      トレーニング科学, 2 84 - 89, 1990
    • 夏季の屋外60分間走における発汗量
      石井 好二郎; 豊岡示朗
      ランニング学研究, 1(1) 47 - 53, 1990

    MISC

    • 【ダイエットと栄養】「肥満は悪く、痩せは良い」は本当か?
      石井 好二郎
      食と医療, (株)講談社エディトリアル, 21 059 - 065, Apr. 2022
    • 【体育・スポーツで育むウェルビーイング】子どもにおける運動の意義 ヘルスアウトカムからの考察
      川勝 佐希; 國土 将平; 石井 好二郎
      体育の科学, (株)杏林書院, 72(4) 233 - 240, Apr. 2022
    • 【運動とアンチエイジング】運動による肥満の改善効果
      石井 好二郎
      アンチ・エイジング医学, (株)メディカルレビュー社, 17(5) 412 - 417, Oct. 2021, Introduction scientific journal
    • 【高齢者の運動を考える】高齢者における全身持久力の科学
      石井 好二郎
      Geriatric Medicine, (株)ライフ・サイエンス, 59(10) 951 - 956, Oct. 2021
    • 【内科医が知っておきたい栄養食事療法-栄養状態の最適化が治療効果・QOLを向上させる】イートロスを防いで、胎内から百寿までの健康社会を実現する栄養食事療法
      山内 敏正; 石井 好二郎; 秦 健一郎; 星 和人
      Medical Practice, (株)文光堂, 38(9) 1294 - 1304, Sep. 2021
    • 次の時代を見据えた戦略的未病対策とは 地理・社会環境の影響を見据えたナッジ・ギミックによる身体活動増進
      石井 好二郎
      日本未病学会雑誌, (一社)日本未病学会, 27(2) 66 - 69, Aug. 2021
    • 【フレイル予防・対策:基礎研究から臨床、そして地域へ】フレイルの全体像を学ぶ 運動によるフレイル予防 最新のエビデンス
      石井 好二郎
      Advances in Aging and Health Research, (公財)長寿科学振興財団, 2020 49 - 57, Mar. 2021, Introduction other
    • 痩せた女性におけるサルコペニア
      石井 好二郎
      糖尿病・内分泌代謝科, (有)科学評論社, 50(6) 463 - 468, Jun. 2020
    • 『裏切らない筋肉』を作るために 老若男女の運動・身体活動
      石井 好二郎
      日本臨床運動療法学会雑誌, (NPO)日本臨床運動療法学会, 21(2) 45 - 51, 2020
    • 【サルコペニアに関する最近の知見-変革する概念】サルコペニア肥満
      石井 好二郎
      カレントテラピー, (株)ライフメディコム, 37(12) 1158 - 1163, Dec. 2019
    • 【サルコペニア・フレイルの診療最前線】サルコペニア・フレイルに対する運動介入
      石井 好二郎
      日本医師会雑誌, (公社)日本医師会, 148(8) 1515 - 1518, Nov. 2019
    • 「裏切らない筋肉」を作るために 老若男女の運動・身体活動
      石井 好二郎
      日本臨床運動療法学会学術集会プログラム・抄録集, (NPO)日本臨床運動療法学会, 38回 37 - 37, Aug. 2019
    • 全文翻訳 (特集 EWGSOP2論文の翻訳とQ and A サルコペニア : 定義と診断に関する欧州のコンセンサス改訂の翻訳とQ and A)
      Cruz-Jentoft Alfonso J; Bahat Gulistan; Bauer Jurgen; Boirie Yves; Bruyere Olivier; Cederholm Tommy; Cooper Cyrus; Landi Francesco; Rolland Yves; Sayer Avan Aihie; Schneider Stephane M; Sieber Cornel C; Topinkova Eva; Vandewoude Maurits; Visser Marjolein; Zamboni Mauro; 荒井 秀典; 木下 かほり; 吉村 芳弘; 石井 好二郎; 小川 純人; 葛谷 雅文; 重本 和宏; 山田 実; 鈴木 規雄; 上島 順子; 三浦 絵理子; 神野 麻耶子; 黄 啓徳; 若林 秀隆
      日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 = Journal of Japanese Association on Sarcopenia and Frailty : JJASF, 日本サルコペニア・フレイル学会, 3(1) 37 - 57, Jul. 2019
    • フレイル・サルコペニアとライフコースを通じての運動 (第25回日本未病システム学会学術総会) -- (シンポジウム 未病専門指導師の社会的役割と将来展望)
      石井 好二郎; 青木 拓巳; 伊藤 祐希; 佐藤 健; 大石 寛
      日本未病システム学会雑誌 = The journal of Japan Mibyo System Association, 日本未病システム学会, 25(2) 54 - 59, 2019
    • 高齢者肥満症診療ガイドライン2018
      荒木 厚; 横手 幸太郎; 井藤 英喜; 楽木 宏実; 山本 浩一; 荒井 秀典; 大石 充; 小林 一貴; 櫻井 孝; 田村 嘉章; 林 登志雄; 石川 崇広; 小川 純人; 加藤 尚也; 杉本 研; 千葉 優子; 矢加部 満高; 小川 渉; 津下 一代; 岡本 芳久; 高本 偉碩; 石井 好二郎; 日本老年医学会; 高齢者の生活習慣病管理ガイドライン; 作成ワーキング
      日本老年医学会雑誌, (一社)日本老年医学会, 55(4) 464 - 538, Oct. 2018
    • 高齢者肥満症診療ガイドライン2018
      荒木 厚; 横手 幸太郎; 井藤 英喜; 楽木 宏実; 山本 浩一; 荒井 秀典; 大石 充; 小林 一貴; 櫻井 孝; 田村 嘉章; 林 登志雄; 石川 崇広; 小川 純人; 加藤 尚也; 杉本 研; 千葉 優子; 矢加部 満高; 小川 渉; 津下 一代; 岡本 芳久; 高本 偉碩; 石井 好二郎; 日本老年医学会「高齢者の生活習慣病管理ガイドライン」作成ワーキング
      日本老年医学会雑誌, (一社)日本老年医学会, 55(4) 464 - 538, Oct. 2018, Introduction scientific journal
    • Sarcopenia and Frailty : exercise prescription methodology
      石井 好二郎
      医と食, 生命科学振興会「医と食」編集部, 10(4) 188 - 192, Aug. 2018
    • 子どもの可能性を広げるスポーツ活動のあり方をめぐって
      青木拓巳; 石井好二郎
      子どもと発育発達, 16(2) 70 - 75, Jul. 2018
    • 【機能性食品とアンチエイジング】 《アンチエイジングをめざした身体機能の維持》 サルコペニア・フレイルの予防
      渡邊 裕也; 石井 好二郎
      Modern Physician, (株)新興医学出版社, 38(4) 349 - 352, Apr. 2018
    • 骨粗鬆症と不眠 (特集 生活習慣病および身体疾患と睡眠)
      栗山 長門; 山田 真介; 稲葉 雅章; 尾﨑 悦子; 八木田 和弘; 石井 好二郎; 伊藤 洋; 松井 大輔; 小山 晃英; 渡邉 功; 渡邊 能行
      ねむりとマネージメント = Sleep and management, 先端医学社, 5(1) 22 - 27, Mar. 2018
    • 肥満・生活習慣病におけるサルコペニアの簡便な新規診断法と効果的治療プログラムの開発
      浅原 哲子; 真田 樹義; 石井 好二郎; 島津 章; 増田 慎也; 田中 将志; 山陰 一
      大和証券ヘルス財団研究業績集, (公財)大和証券ヘルス財団, (41) 106 - 109, Mar. 2018
    • 【元気で活発な子どもを育てる】フィジカル・メンタルに及ぼす子どもの身体活動
      青木 拓巳; 香村 恵介; 石井 好二郎
      体育の科学, (株)杏林書院, 67(7) 444 - 448, Jul. 2017
    • 診療の秘訣 運動療法を推奨する者としての生活習慣
      石井 好二郎
      Modern Physician, (株)新興医学出版社, 37(6) 634 - 634, Jun. 2017
    • Diagnosis of frailty
      石井 好二郎
      臨床検査 = Journal of clinical laboratory medicine, 医学書院, 61(6) 692 - 697, Jun. 2017
    • Relationships of Objectively Measured Parent-Child Physical Activity and Sedentary Behavior in Toddlers
      Keisuke Komura; Kojiro Ishii
      MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 49(5) 474 - 474, May 2017, Summary international conference
    • Appropriate Physical Activity on Mental Health in Early Adolescents
      Saki Kawakatsu; Shohei Kokudo; Ryoji Kasanami; Mayumi Nagano; Kojiro Ishii
      MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 49(5) 972 - 972, May 2017, Summary international conference
    • 思春期前期の子どもにおける児童用SOCスケールの構造
      川勝 佐希; 國土 将平; 長野 真弓; 石井 好二郎
      思春期学, (一社)日本思春期学会, 35(1) 93 - 94, Mar. 2017
    • Thinness and health
      石井 好二郎
      肥満研究 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity : 日本肥満学会誌, 日本肥満学会, 23(3) 204 - 209, 2017
    • 私の処方 運動療法では達成困難な目標を設定しない
      石井 好二郎
      Modern Physician, (株)新興医学出版社, 36(6) 594 - 594, Jun. 2016
    • これまでのサルコペニアこれからのサルコペニア
      石井 好二郎
      更年期と加齢のヘルスケア, 更年期と加齢のヘルスケア学会((NPO)更年期と加齢のヘルスケア), 15(1) 115 - 119, Jun. 2016
    • Intensity and Bouts of Physical Activity and Physical Activity Level in Pre-adolescent Children
      Keisuke Komura; Satoshi Nakae; Kazufumi Hirakawa; Naoyuki Ebine; Kazuhiro Suzuki; Haruo Ozawa; Yosuke Yamada; Misaka Kimura; Kojiro Ishii
      MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 48(5) 374 - 374, May 2016, Summary international conference
    • Indexes for Sarcopenia and Obesity Have The Difference Association with Metabolic Syndrome Risk Factors.
      Taichi Murakami; Motohiko Miyachi; Motoyuki Iemitsu; Haruka Murakami; Hiroshi Kawano; Yuko Gando; Ryoko Kawakami; Kojiro Ishii; Noriko Satoh-Asahara; Kiyoshi Sanada
      MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 48(5) 355 - 355, May 2016, Summary international conference
    • The Impact Of Physical Activity On Mental Health In The Early Japanese Adolescence
      Saki Kawakatsu; Shohei Kokudo; Ryoji Kasanami; Mayumi Nagano; Kojiro Ishii
      MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 48(5) 1053 - 1054, May 2016, Summary international conference
    • 【最近の日本人の肥満症-新知見が拓くこれからの肥満症診療】 Key words サルコペニア肥満
      石井 好二郎
      カレントテラピー, (株)ライフメディコム, 34(1) 82 - 82, Jan. 2016
    • より効果的なウォーミングアップ法を知っておこう (特集 防寒対策&感染症予防)
      石井 好二郎
      コーチング・クリニック = Coaching clinic, ベースボール・マガジン社, 30(1) 16 - 19, Jan. 2016
    • 小児における身体活動レベル別の身体活動量―二重標識水法および加速度計法を用いた検討―
      香村恵介; 香村恵介; 中江悟司; 平川和文; 海老根直之; 鈴木和弘; 小澤治夫; 山田陽介; 木村みさか; 石井好二郎
      日本未病システム学会学術総会抄録集, 22nd 112 , 10 Sep. 2015
    • 子どもの継続した中高強度身体活動と身体活動レベルとの関係
      香村恵介; 中江悟司; 平川和文; 鈴木和弘; 小澤治夫; 木村みさか; 山田陽介; 川勝佐希; 石井好二郎
      日本発育発達学会大会抄録集, 13th 43 , 18 Feb. 2015
    • 【肥満2型糖尿病の実践的管理】 実践的治療戦略 運動の実際 効果を高める運動療法
      石井 好二郎
      Diabetes Frontier, (株)メディカルレビュー社, 26(1) 53 - 58, Feb. 2015
    • 【肥満症診療最前線】 治療法の基礎 肥満症に生じるサルコペニアは運動で予防できますか? 筋肉、骨格の維持
      石井 好二郎
      Modern Physician, (株)新興医学出版社, 35(2) 162 - 164, Feb. 2015
    • Daily step counts during a 42-month physical activity promotion program among middle-aged and older males and females
      宮崎亮; 宮崎亮; 宮崎亮; 米井嘉一; 綾部誠也; 青木拓巳; 河口八重子; 桑原健輔; 石井好二郎
      健康支援, 17(2), 2015
    • サルコペニア,フレイル,肥満の関連,及びそれらに及ぼす身体活動の影響 (第21回日本未病システム学会学術総会) -- (シンポジウム 未病対策としてのスポーツの効果)
      石井 好二郎
      日本未病システム学会雑誌 = The journal of Japan Mibyo System Association, 日本未病システム学会, 21(2) 139 - 143, 2015
    • Sarcopenia and sarcopenic obesity : definition and consequences
      石井 好二郎
      医学のあゆみ, 医歯薬出版, 250(9) 683 - 686, Aug. 2014
    • Relationships between Site-specific Sarcopenia and Metabolic Syndrome in Obese Patients
      Ayumi Ido; Yuki Nakayama; Noriko Satoh-Asahara; Kazuya Muranaka; Yousuke Sasaki; Kojiro Ishii; Kiyoshi Sanada
      MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 46(5) 800 - 800, May 2014, Summary international conference
    • 【最新肥満症学-基礎・臨床研究の最前線-】 肥満症の予防・治療 食事療法 効果を高める運動療法・食事療法
      石井 好二郎
      日本臨床, (株)日本臨床社, 72(増刊4 最新肥満症学) 428 - 431, May 2014
    • インターハイ陸上競技入賞選手の体調・食生活に関する8年間の調査(短報)~サプリメント摂取,スポーツ障害,および体調・食生活状況に関するプロジェクト調査より~
      杉浦克己; 酒井健介; 竹並恵里; 石井好二郎; 鳥居俊; 杉田正明
      陸上競技研究紀要, 9 130 - 135, 01 Mar. 2014
    • しなやかさやキレは無駄な動きが削がれた熟練した動きにある (特集 より高いパフォーマンスのための動きづくりに迫る! しなやかさとキレ)
      石井 好二郎
      コーチング・クリニック = Coaching clinic, ベースボール・マガジン社, 28(3) 6 - 9, Mar. 2014
    • 質問紙による中学生期における身体活動量と抑うつ傾向の関連性について 学年差に着目して
      川勝 佐希; 笠次 良爾; 國土 将平; 石井 好二郎
      健康支援, 日本健康支援学会, 16(1) 95 - 95, Feb. 2014
    • 日常生活の身体活動強度に基づく非侵襲的な運動処方の作成法の開発 多メモリー加速度計付歩数計の新たな活用法の提案
      綾部 誠也; 坂根 直樹; 石井 好二郎; 熊原 秀晃
      医科学応用研究財団研究報告, (公財)鈴木謙三記念医科学応用研究財団, 31 43 - 48, Feb. 2014
    • ウォームアップにおけるストレッチングがパフォーマンスに及ぼす影響
      山口 太一; 石井 好二郎
      体力科學, 62(1) 67 - 67, 01 Feb. 2013
    • [Exercise therapy for obesity].
      Ishii K
      Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, (株)日本臨床社, 71(2) 320 - 323, Feb. 2013, Introduction scientific journal
    • 高校生トップレベル陸上競技選手におけるサプリメント摂取状況の種目による分析 (日本陸連科学委員会研究報告 第12巻(2013) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2012)
      宮﨑 志帆; 石井 好二郎; 山崎 史恵
      陸上競技研究紀要, 日本陸上競技連盟, 9 136 - 140, 2013
    • 2011年インターハイ入賞選手の調査結果 (日本陸連科学委員会研究報告 第12巻(2013) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2012)
      鳥居 俊; 石井 好二郎; 杉浦 克己
      陸上競技研究紀要, 日本陸上競技連盟, 9 141 - 143, 2013
    • 基調講演 NSCAジャパン第12回総会より ウェイトコントロールの理論と実際 : 女性アスリートとその指導者が陥りやすい過ちとは?
      石井 好二郎
      Strength & conditioning journal : 日本ストレングス&コンディショニング協会機関誌, NSCAジャパン, 19(10) 2 - 5, Dec. 2012
    • ストレッチングは健康の保持増進に寄与する.
      山口太一; 石井好二郎
      CREATIVE STRETCHING, 日本ストレッチング協会, 23(23) 1 - 6, Dec. 2012
    • 地域中高齢者を対象とした、長期間の歩数計中心の運動プログラムとアンチエイジング検診の併用効果(第3報)
      宮崎 亮; 石井 好二郎; 綾部 誠也; 藪北 寛之; 埜本 慶太郎; 河口 八重子; 青木 拓巳; 八木 雅之; 市川 寛; 米井 嘉一
      日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, (一社)日本抗加齢医学会, 12回 179 - 179, Jun. 2012
    • 研究結果からウォームアップにおけるより良いパフォーマンスを発揮するためのダイナミックストレッチングの方法を考える
      山口 太一; 石井 好二郎
      Creative Stretching, 日本ストレッチング協会, (21) 1 - 6, May 2012
    • 暑さ対策・熱中症対策
      石井 好二郎
      日本臨床スポーツ医学会誌 = The journal of Japanese Society of Clinical Sports Medicine, 日本臨床スポーツ医学会, 20(2) 243 - 245, Apr. 2012
    • 第13回IAAF世界陸上競技選手権大会 男女マラソン調査 (日本陸連科学委員会研究報告 第11巻(2012) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2011)
      谷崎 智舟; 青木 拓巳; 石井 好二郎
      陸上競技研究紀要, 日本陸上競技連盟, 8 101 - 104, 2012
    • 2011年北海道マラソンにおける上位入賞選手のスペシャルドリンク調査 (日本陸連科学委員会研究報告 第11巻(2012) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2011)
      瀧澤 一騎; 柴田 啓介; 石井 好二郎
      陸上競技研究紀要, 日本陸上競技連盟, 8 105 - 108, 2012
    • 日常生活の身体活動強度に基づく非侵襲的な運動処方の作成法の開発 : 多メモリー加速度計付歩数計の新たな活用法の提案
      綾部 誠也; 坂根 直樹; 石井 好二郎
      医科学応用研究財団研究報告, 鈴木謙三記念医科学応用研究財団, 31 43 - 48, 2012
    • Very Short Bouts of Non-Exercise Physical Activity Associated With Blood Cholesterol, Fasting Glucose, and Metabolic Syndrome Under Free-Living Condition in Japanese Female Adults
      Makoto Ayabe; Hideaki Kumahara; Kazuhiro Morimura; Ryo Miyazaki; Kojiro Ishii; Yoshikazu Yonei; Hiroaki Tanaka
      OBESITY, NATURE PUBLISHING GROUP, 19 S204 - S204, Nov. 2011, Summary international conference
    • 中高齢者に対する高濃度茶カテキン飲料摂取がLDLに及ぼす効果
      宮崎 亮; 石井 好二郎; 小谷 和彦; 津崎 こころ; 綾部 誠也; 島田 淳子; 坂根 直樹; 高瀬 秀人; 市川 寛; 米井 嘉一
      肥満研究, (一社)日本肥満学会, 17(Suppl.) 139 - 139, Sep. 2011
    • 地域中高齢者を対象とした、長期間の歩数計中心の運動プログラムとアンチエイジング検診の併用効果(第2報)
      宮崎 亮; 石井 好二郎; 市川 寛; 米井 嘉一
      日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, (一社)日本抗加齢医学会, 11回 230 - 230, Apr. 2011
    • 2010年北海道マラソンにおけるレース中の給水(スペシャルドリンク)調査 (日本陸連科学委員会研究報告 第10巻(2011) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2010)
      瀧澤 一騎; 石井 好二郎
      陸上競技研究紀要, 日本陸上競技連盟, 7 55 - 60, 2011
    • 2011大邱世界陸上選手権大会開催地における暑熱環境調査 (日本陸連科学委員会研究報告 第10巻(2011) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2010)
      石井 好二郎
      陸上競技研究紀要, 日本陸上競技連盟, 7 61 - 63, 2011
    • 歩行を中心とした運動プログラムが、中高齢者の健康指標に与える影響
      宮崎 亮; 石井 好二郎; 市川 寛; 米井 嘉一
      体力科学, (一社)日本体力医学会, 59(6) 663 - 663, Dec. 2010
    • Effects of Far-Infrared Radiation Low Temperature Sauna Bathing on Recovery from Muscle Damage following The Running Race among Long-distance Runners : a Pilot Study
      MiyazakI Ryo; Ishii Kojiro; Yonei Yoshikazu
      The science and engineering review of Doshisha University, Doshisha University, 51(3) 37 - 44, Oct. 2010
    • Exercise therapy: the question of exercise intensity
      石井 好二郎
      綜合臨床, 永井書店, 59(9) 1969 - 1973, Sep. 2010
    • 積雪地方における高校女子陸上長距離走選手の体組成の冬期間の変化
      只野 奏子; 遠山 晴一; 石井 好二郎; 齋藤 美夏
      体力科学, (一社)日本体力医学会, 59(3) 334 - 334, Jun. 2010
    • 地域医療とアンチエイジング 地域中高齢者を対象とした、長期間の歩数計中心の運動プログラムとアンチエイジング検診の併用効果
      宮崎 亮; 石井 好二郎; 市川 寛; 米井 嘉一
      日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, (一社)日本抗加齢医学会, 10回 156 - 156, May 2010
    • 【新しい診断基準 国際化をめぐって】 隠れ肥満の基準は? 正常体重肥満(いわゆる隠れ肥満)の判定基準について教えてください
      石井 好二郎
      Q&Aでわかる肥満と糖尿病, (株)丹水社, 9(3) 393 - 394, May 2010
    • 【肥満治療 患者を中心とした集学的診療体制の構築】 これからの治療と診療体制 運動療法 運動量算定とその応用法
      石井 好二郎
      治療学, ライフサイエンス出版(株), 44(4) 432 - 435, Apr. 2010
    • 続報 運動前のストレッチングがパフォーマンスに及ぼす影響について
      山口 太一; 石井 好二郎
      クリエイティブストレッチング = CREATIVE STRETCHING, 日本ストレッチング協会, 14 1 - 10, Apr. 2010
    • 平成21年度 日本体育協会スポーツ医・科学研究報告 子どもの発達段階に応じた体力向上プログラムの開発事業 文部科学省委託事業
      福林 徹; 木村 和彦; 佐々木 玲子; 竹中 晃二; 内藤 久士; 中村 和彦; 松尾 哲矢; 阿江 通良; 本間 三和子; 加藤 謙一; 佐藤 徹; 窪 康之; 佐々木 玲子; 國土 将平; 野中 壽子; 山神 眞一; 飯干 明; 橋本 公雄; 上地 広昭; 石井 好二郎; 大矢 幸弘; 田中 茂穂; 大場 ゆかり; 鈴木 和弘; 丹 信介; 丸山 敦夫; 石井 十郎; 齊藤 隆志; 作野 誠一; 佐藤 充宏; 米谷 正造; 伊藤 静夫; 森丘 保典; 青野 博; 財団法人日本体育協会スポーツ医; 科学専門委員会
      日本体育協会スポーツ科学研究報告集, (公財)日本体育協会, 2009年度 np3,1 - 173, Mar. 2010
    • インターハイ入賞選手に対するスポーツ障害に関する質問紙調査 (日本陸連科学委員会研究報告 第9巻(2010) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2009)
      鳥居 俊; 阿江 通良; 石井 好二郎
      陸上競技研究紀要, 日本陸上競技連盟, 6 148 - 152, 2010
    • 2011大邱世界陸上選手権大会開催地における暑熱環境調査 (日本陸連科学委員会研究報告 第9巻(2010) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2009)
      石井 好二郎; 瀧澤 一騎; Kim Hae-Dong
      陸上競技研究紀要, 日本陸上競技連盟, 6 153 - 155, 2010
    • Conducting Health Education in Local Regions Using Pedometers and Printed Materials for People with Metabolic Syndrome Risk
      SHOTA SASAKI; RIKA HIRABAYASHI; NAO FUJIWARA; AKIKO IRITA; KOJIRO ISHII; AKANE HIGASHI
      The scientific reports of Kyoto Prefectural University Life and environmental sciences, 京都府立大学学術報告委員会, 61 1 - 7, 25 Dec. 2009
    • 異強度・仕事量のウォーミングアップが最大運動のパフォーマンスに及ぼす影響
      瀧澤 一騎; 石井 好二郎
      新潟医療福祉学会誌, 新潟医療福祉学会, 9(1) 62 - 62, Oct. 2009
    • 日本肥満学会主催 第6回肥満症サマーセミナー特集〈その2〉
      槇野 博史; 坂本 八千代; 和田 淳; 田中 宏暁; 宮崎 滋; 道明 道弘; 宮武 伸行; 石井 好二郎; 徳永 勝人; 大関 武彦; 松岡 孝
      肥満研究 : 日本肥満学会誌 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity, 日本肥満学会, 15(1) 100 - 110, 25 Apr. 2009
    • 児童を対象とした加速度計によるエネルギー消費量測定法の妥当性
      中江悟司; 石井好二郎; 山田陽介; 木村みさか; 鈴木和弘; 小澤治夫
      体力科学, 58(2) 328 , 01 Apr. 2009
    • ウォーキングが中年勤労男性の抗加齢指標に及ぼす影響 アンチエイジングドックシステムを利用したパイロット研究
      宮崎 亮; 藤岡 紀子; 岩林 正明; 埜本 慶太郎; 高橋 穂澄; 浜田 梅之井; 日比野 佐和子; 高橋 洋子; 市川 寛; 石井 好二郎; 米井 嘉一
      日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, (一社)日本抗加齢医学会, 9回 238 - 238, Apr. 2009
    • 【小児の生活習慣病】 小児の生活習慣病についての最近のトピックス 小児における身体活動の重要性 心身の健康に及ぼす影響
      中江 悟司; 石井 好二郎
      日本小児科医会会報, (公社)日本小児科医会, (37) 37 - 41, Apr. 2009
    • 平成20年度 日本体育協会スポーツ医・科学研究報告 日本の子どもにおける身体活動・運動の行動目標設定と効果の検証(第3報)
      竹中 晃二; 石井 好二郎; 上地 広昭; 大矢 幸弘; 田中 茂穂; 橋本 公雄; 大場 ゆかり; 森丘 保典
      日本体育協会スポーツ科学研究報告集, (公財)日本体育協会, 2008年度 1 - 70, Mar. 2009
    • 平成20年度 日本体育協会スポーツ医・科学研究報告 子どもの発達段階に応じた体力向上プログラムの開発事業 文部科学省委託事業
      加賀谷 淳子; 木村 和彦; 佐々木 玲子; 竹中 晃二; 内藤 久士; 中村 和彦; 福林 徹; 松尾 哲矢; 阿江 通良; 本間 三和子; 加藤 謙一; 佐藤 徹; 中村 和彦; 窪 康之; 國土 将平; 野中 壽子; 山神 眞一; 飯干 明; 橋本 公雄; 上地 広昭; 石井 好二郎; 大矢 幸弘; 田中 茂穂; 大場 ゆかり; 鈴木 和弘; 丹 信介; 丸山 敦夫; 石井 十郎; 齊藤 隆志; 作野 誠一; 佐藤 充宏; 米谷 正造; 伊藤 静夫; 森丘 保典; 青野 博; 運動プログラム作成協力者会議
      日本体育協会スポーツ科学研究報告集, (公財)日本体育協会, 2008年度 1 - 161, Mar. 2009
    • 二重標識水法による児童のエネルギー消費量と肥満度および体力との関連
      中江悟司; 山田陽介; 木村みさか; 鈴木和弘; 小澤治夫; 石井好二郎
      日本発育発達学会大会抄録集, 7th 72 , 17 Feb. 2009
    • 陸上競技のサイエンス-パフォーマンス向上のための競技前のストレッチング方法を再考する-
      山口太一; 石井好二郎
      月刊陸上競技, 238 - 240, 2009
    • 北京オリンピック男子マラソンレース時の暑熱環境の分析 (日本陸連科学委員会研究報告 第8巻(2009) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2008)
      石井 好二郎
      陸上競技研究紀要, 日本陸上競技連盟, 5 86 - 88, 2009
    • 日本ではじめて歩数計を開発し,使ったのは誰ですか?.
      石井 好二郎
      肥満と糖尿病, 8(6) 801 - 802, 2009
    • 食後からの経過時間がアスリートにおける中等度有酸素運動時の糖質・脂質燃焼比率に及ぼす影響.
      石井好二郎; 佐々木将太; 海老根直之; 青井渉; 東あかね
      日本オリンピック委員会/日本コカ・コーラスポーツ科学基金(アクエリアス基金)2008年度研究報告書, 25 - 30, 2009
    • 児童におけるエネルギー消費量と肥満および体力との関連.
      中江悟司; 山田陽介; 木村みさか; 鈴木和弘; 小澤治夫; 石井好二郎
      平成20年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告Ⅰ 日本の子どもにおける身体活動・運動の行動目標設定と効果の検証 –第3報-, 13 - 16, 2009
    • 肥満症・メタボリックシンドロームQ&A : その1
      井上 修二; 宮崎 滋; 槇野 博史; 吉松 博信; 徳永 勝人; 宮武 伸行; 中村 正; 大関 武彦; 和田 淳; 中村 好男; 益崎 裕章; 花木 啓一; 田中 宏暁; 道明 道弘; 松岡 孝; 石井 好二郎
      肥満研究 : 日本肥満学会誌 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity, 日本肥満学会, 14(3) 274 - 285, 25 Dec. 2008
    • 385. 体幹部の姿勢変化がペダリング時の筋活動およびトルク動態に及ぼす影響(トレーニング,一般口演,第63回日本体力医学会大会)
      高嶋 渉; 石井 好二郎; 山口 太一; 高石 鉄雄
      体力科學, 日本体力医学会, 57(6) 825 - 825, 01 Dec. 2008
    • 386. 短縮性収縮筋活動でのウォーミングアップが遅発性筋痛に及ぼす影響(トレーニング,一般口演,第63回日本体力医学会大会)
      瀧澤 一騎; 山地 啓司; 相馬 俊雄; 石川 知志; 石井 好二郎
      体力科學, 日本体力医学会, 57(6) 825 - 825, 01 Dec. 2008
    • 329. 加速度データに基づく児童の歩行・走行状態の判別方法の検討(加齢・性差,一般口演,第63回日本体力医学会大会)
      大島 秀武; 川口 加織; 渡邊 將司; 佐々木 将太; 中江 悟司; 石井 好二郎
      体力科學, 日本体力医学会, 57(6) 797 - 797, 01 Dec. 2008
    • Effects of a walking program using pedometers and newsletters for preventing lifestyle-related diseases of elderly men and women
      Ryo Miyazaki; Yoriko Azuma; Nao Koyama; Koji Yamatsu; Koichiro Hayashi; Hitoshi Chiba; Kojiro Ishii
      JOURNAL OF AGING AND PHYSICAL ACTIVITY, HUMAN KINETICS PUBL INC, 16 S170 - S170, Jul. 2008, Summary international conference
    • 平成19年度 日本体育協会スポーツ医・科学研究報告 日本の子どもにおける身体活動・運動の行動目標設定と効果の検証(第2報)
      竹中 晃二; 石井 好二郎; 上地 広昭; 大矢 幸弘; 田中 茂穂; 橋本 公雄; 大場 ゆかり; 森丘 保典; 日本体育協会スポーツ医; 科学専門委員会
      日本体育協会スポーツ科学研究報告集, (公財)日本体育協会, 2007年度 NP1,1 - 58, Mar. 2008
    • ウォーミングアップ後においても糖質飲料の摂取は運動中の脂質代謝・脂肪分解を抑制するか?.
      石井 好二郎
      日本オリンピック委員会/日本コカ・コーラスポーツ科学基金(アクエリアス基金)2007年度研究報告書, 112 - 115, 2008
    • 大阪世界陸上ロード種目における暑さ対策サポート活動
      石井 好二郎; 瀧澤一騎; 綾部誠也
      日本陸連科学委員会報告書, 7 89 - 90, 2008
    • 二重標識水法による小児のエネルギー消費量測定及び簡易エネルギー消費量推定法の検討.
      石井 好二郎
      平成18年度-平成19年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書, 2008
    • 児童における高強度身体活動の重要性 -二重標識水法を用いた検討-.
      中江悟司; 山田陽介; 木村みさか; 鈴木和弘; 小澤治夫; 石井好二郎
      平成19年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告 No.Ⅱ 日本の子どもにおける身体活動・運動の行動目標設定と効果の検証 –第2報-, 18 - 21, 2008
    • 高校生トップレベル陸上競技選手におけるサプリメント摂取状況の種目による分析 -科学委員会プロジェクト研究:2004~2007年度全国高等学校総合体育大会での調査結果-
      仲尾綾; 山崎史恵; 鳥井俊; 杉浦克己; 持田尚; 杉田正明; 阿江通良; 石井好二郎
      日本陸連科学委員会報告書, 7 85 - 88, 2008
    • 児童における歩行から走行への自発的推移が生じる速度とその身体活動強度 –第2報-
      中江悟司; 高嶋渉; 小澤治夫; 渡邊將司; 石井好二郎
      平成19年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告 No.Ⅱ 日本の子どもにおける身体活動・運動の行動目標設定と効果の検証 –第2報-, 14 - 17, 2008
    • 330. 暑熱環境下における短時間激運動前の至適ウォーミングアップ(トレーニング,第62回日本体力医学大会)
      瀧澤 一騎; 石井 好二郎
      体力科學, 日本体力医学会, 56(6) 743 - 743, 01 Dec. 2007
    • 149. メタボリックシンドロームの有無、および生活習慣が脈波伝播速度に及ぼす影響(呼吸・循環,第62回日本体力医学会大会)
      東 保子; 林 貢一郎; 山津 幸司; 高嶋 渉; 中江 悟司; 宮崎 亮; 千葉 仁志; 石井 好二郎
      体力科學, 日本体力医学会, 56(6), 01 Dec. 2007
    • 【食事療法】 運動療法を高める食事療法とは?
      石井 好二郎
      Q&Aでわかる肥満と糖尿病, (株)丹水社, 6(6) 1002 - 1004, Nov. 2007
    • 運動前のストレッチングがパフォーマンスに及ぼす影響について-近年のストレッチング研究の結果をもとに-.
      山口太一; 石井好二郎
      CREATIVE STRETCHING, 日本ストレッチング協会, 5 1 - 18, Nov. 2007
    • 二重標識水法を用いた児童における簡易エネルギー消費量推定法の検討
      中江悟司; 山田陽介; 木村みさか; 鈴木和弘; 小澤治夫; 石井好二郎
      肥満研究, 13(Supplement) 261 , 20 Sep. 2007
    • 4. A combined home- and group-based exercise program for elderly care prevention : Using walking and step exercise
      YAMATSU KOJI; AZUMA YORIKO; NAKAE SATOSHI; CHIBA HITOSHI; ISHII KOJIRO
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 56(4) 446 - 446, 01 Aug. 2007
    • 2. A difference in factors of static and dynamic stretching-induced change in power output
      YAMAGUCHI TAICHI; ISHII KOJIRO; TAKASHIMA WATARU; YAMANAKA MASANORI; YASUDA KAZUNORI
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 56(4) 445 - 445, 01 Aug. 2007
    • 正常肥満度指数で高体脂肪を有する青年期女性におけるリポ蛋白代謝、インスリン抵抗性およびアディポサイトカインについての検討
      岸本 憲明; 西條 泰明; 石井 好二郎; 佐久間 一郎; 岸 玲子; 筒井 裕之
      日本循環器病予防学会誌, (一社)日本循環器病予防学会, 42(1) 58 - 58, Mar. 2007
    • 平成18年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告 日本の子どもにおける身体活動・運動の行動目標設定と効果の検証(第1報)
      竹中 晃二; 石井 好二郎; 上地 広昭; 大矢 幸弘; 田中 茂穂; 橋本 公雄; 大場 ゆかり; 森丘 保典
      日本体育協会スポーツ科学研究報告集, (公財)日本体育協会, 2006年度 1 - 79, Mar. 2007
    • Does the Japanese marathon team play an active part in World Championships in Athletics Osaka 2007 and the 2008 Beijing Olympic Games?
      石井 好二郎; 野口 純正; 千田 辰己
      Japan journal of studies in athletics, 日本陸上競技学会, (6) 41 - 45, 2007
    • 2006年北海道マラソン大会の上位入賞選手の血液性状とマラソンパフォーマンス (日本陸連科学委員会研究報告 第6巻(2007) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2006)
      井本 岳秋; 石井 好二郎; 鳥居 俊
      陸上競技研究紀要, 日本陸上競技連盟, 3 86 - 92, 2007
    • スポーツ栄養における指導者の役割 (平成18年度[北海道スポーツ医科学研究会]第1回公開講座)
      石井 好二郎
      北海道スポ-ツ医・科学雑誌, 北海道スポ-ツ医・科学研究会, 11 9 - 11, 2007
    • 暑さ対策の科学 ~道産子選手が夏に活躍するためには!~.
      石井 好二郎
      北海道スポーツ医科学雑誌, 北海道スポ-ツ医・科学研究会, 11 1 - 5, 2007
    • 高齢者の生活習慣病予防および介護予防を目的とした実際的な運動プログラム.
      石井 好二郎
      フードリサーチ, 625 22 - 29, 2007
    • 運動強度測定機能付き歩数計の開発
      石井 好二郎
      平成18年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告 No.Ⅱ 日本の子どもにおける身体活動・運動の行動目標設定と効果の検証 –第1報-, 47 - 48, 2007
    • 児童における歩行から走行へ自発的推移が生じる速度とその身体活動強度.
      中江悟司; 小澤治夫; 石井好二郎
      平成18年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告 No.Ⅱ 日本の子どもにおける身体活動・運動の行動目標設定と効果の検証 –第1報-, 29 - 38, 2007
    • なぜ子どもの体力低下が問題なのか.
      中江悟司; 小澤治夫; 石井好二郎
      平成18年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告 No.Ⅱ 日本の子どもにおける身体活動・運動の行動目標設定と効果の検証 –第1報-, 7 - 8, 2007
    • 84. 上腕屈筋群の伸張性収縮筋活動前におけるウォーミングアップの効果(運動器, 第61回 日本体力医学会大会)
      瀧澤 一騎; 相馬 俊雄; 野坂 和則; 石川 知志; 石井 好二郎
      体力科學, 日本体力医学会, 55(6) 620 - 620, 01 Dec. 2006
    • 601. 全国高校駅伝出場校女子長距離選手の身体組成, 骨密度, 血液性状および月経状態(スポーツと疾患, 第61回 日本体力医学会大会)
      齋藤 美夏; 石井 好二郎; 遠山 晴一
      体力科學, 日本体力医学会, 55(6) 879 - 879, 01 Dec. 2006
    • 393. static ストレッチングおよび dynamic ストレッチングが力 : パワー関係に及ぼす急性の効果(トレーニング, 第61回 日本体力医学会大会)
      山口 太一; 石井 好二郎; 高嶋 渉; 稲森 謙吾; 山中 正紀; 安田 和則
      体力科學, 日本体力医学会, 55(6) 775 - 775, 01 Dec. 2006
    • 367. 姿勢変化が最大下自転車運動におけるペダリング動態に及ぼす影響(トレーニング, 第61回 日本体力医学会大会)
      高嶋 渉; 石井 好二郎; 稲森 謙吾; 山口 太一; 山中 正紀; 高石 鉄雄
      体力科學, 日本体力医学会, 55(6) 762 - 762, 01 Dec. 2006
    • 391. 前運動における負荷の違いが力-速度-パワー関係に及ぼす影響(トレーニング, 第61回 日本体力医学会大会)
      稲森 謙吾; 石井 好二郎; 高嶋 渉; 山口 太一; 安田 和則
      体力科學, 日本体力医学会, 55(6) 774 - 774, 01 Dec. 2006
    • 310. 在宅運動と健康教室の併用プログラムが高齢者の下肢筋力, 歩行能力および全身持久力に及ぼす影響(加齢・性差, 第61回 日本体力医学会大会)
      東 保子; 岩田 貴士; 山口 太一; 高嶋 渉; 加藤 華奈子; 稲森 謙吾; 田中 佑樹; 中江 悟司; 山中 正紀; 千葉 仁志; 石井 好二郎
      体力科學, 日本体力医学会, 55(6), 01 Dec. 2006
    • News&Trend 健康 歩数計を用いた歩数量増加への運動介入効果
      石井 好二郎
      治療, 南山堂, 88(10) 2610 - 2614, Oct. 2006
    • 肥満・肥質と合併症-病態 正常BMI高体脂肪青年期女性におけるインスリン抵抗性、アディポサイトカインおよびリポ蛋白代謝についての検討
      岸本 憲明; 佐久間 一郎; 石井 好二郎; 西條 泰明; 千葉 仁志; 岸 玲子; 筒井 裕之
      糖尿病合併症, (一社)日本糖尿病合併症学会, 20(Suppl.1) 63 - 63, Sep. 2006
    • 1. Promoting children's physical activity by means of pedometer and printed matter : A feasibility study
      NAKAE SATOSHI; ISHII KOJIRO; KATO KANAKO; OSHIMA YOSHITAKE
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 55(4) 443 - 443, 01 Aug. 2006
    • 3. Acute effect of dynamic stretching exercise on the forcepower relationship in dynamic constant external resistance (DCER) leg extension
      YAMAGUCHI TAICHI; ISHII KOJIRO; TAKASHIMA WATARU; INAMORI KENGO; YAMANAKA MASANORI; YASUDA KAZUNORI
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 55(4) 444 - 444, 01 Aug. 2006
    • 2. Effect of the program of home-based training and a weekly exercise class on cardiac autonomic nervous system activity in elderly women
      AZUMA YORIKO; TAKAYAMA KOSAKU; IWATA TAKASHI; YAMAGUCHI TAICHI; TAKASHIMA WATARU; KATO KANAKO; INAMORI KENGO; TANAKA YUKI; NAKAE SATOSHI; ISHII KOJIRO
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 55(4) 443 - 443, 01 Aug. 2006
    • 体力・健康科学から臨床化学への期待
      石井 好二郎
      臨床化学, 35 115 - 116, Jul. 2006
    • 【日本の肥満と糖尿病】 Q&A 日本人肥満者の運動療法とは?
      石井 好二郎
      Q&Aでわかる肥満と糖尿病, (株)丹水社, 5(2) 223 - 225, Mar. 2006
    • シンポジウム (3) ジュニア期の冬季スポーツ
      石井 好二郎; 上杉 尹宏; 楠瀬 功; 川初 清典
      発育発達研究, 日本発育発達学会, 2006(0) 24 - 27, 2006
    • マラソン選手の貧血対策から鉄中毒になる健康管理上の問題
      井本 岳秋; 石井 好二郎; 鳥居 俊
      陸上競技研究紀要, 日本陸上競技連盟, 2 114 - 117, 2006
    • 夏季のフルマラソン完走後における選手の腎機能評価 ~血清シスタチンCを用いて~
      石井 好二郎
      陸上競技研究紀要, 日本陸上競技連盟, 2 27 - 30, 2006
    • 全国高等学校総合体育大会でのサプリメント摂取状況調査
      石井 好二郎
      日本陸連科学委員会報告書, 5 113 , 2006
    • 78.総仕事量を統一させたウォーミングアップがパフォーマンスおよび主運動中の筋活動へ及ぼす影響(運動器,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
      瀧澤 一騎; 石井 好二郎
      体力科學, 日本体力医学会, 54(6) 457 - 457, 01 Dec. 2005
    • 383.児童における加速度計式歩数計の精度および有用性(生活・健康,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
      中江 悟司; 石井 好二郎; 加藤 華奈子; 大島 秀武
      体力科學, 日本体力医学会, 54(6) 610 - 610, 01 Dec. 2005
    • 392.歩数計および加速度計を用いた日常身体活動量の評価(生活・健康,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
      熊原 秀晃; 石井 好二郎; 田中 宏暁
      体力科學, 日本体力医学会, 54(6) 614 - 614, 01 Dec. 2005
    • 334.クロスカントリースキー選手の筋活動特性 : トレーニング周期に注目した検討(トレーニング,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
      高嶋 渉; 石井 好二郎; 山口 太一; 安田 和則
      体力科學, 日本体力医学会, 54(6) 585 - 585, 01 Dec. 2005
    • 325.間欠的ジャンプのパフォーマンス向上ならびに維持に適した跳躍間のトリートメントはなにか?(トレーニング,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
      山口 太一; 石井 好二郎; 高嶋 渉; 稲森 謙吾
      体力科學, 日本体力医学会, 54(6) 581 - 581, 01 Dec. 2005
    • 349.繰り返しジャンプ前のMVC発揮が跳躍高に及ぼす影響(トレーニング,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
      稲森 謙吾; 石井 好二郎; 山口 太一; 高嶋 渉
      体力科學, 日本体力医学会, 54(6) 593 - 593, 01 Dec. 2005
    • 292.1年間に渡る養護老人ホームにおけるステップ運動の効果(加齢・性差,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
      岩田 貴士; 石井 好二郎; 岸本 憲明; 佐久間 一郎; 田中 宏暁
      体力科學, 日本体力医学会, 54(6) 564 - 564, 01 Dec. 2005
    • 266.歩数計によるIT機能およびソーシャルサポートを活用した児童の身体活動増加への試み(加齢・性差,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
      加藤 華奈子; 石井 好二郎; 中江 悟司; 大島 秀武
      体力科學, 日本体力医学会, 54(6) 551 - 551, 01 Dec. 2005
    • 377.自立高齢者向けの乳酸性作業閾値の個人差に対応した運動処方作成方法の提案(生活・健康,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
      綾部 誠也; 石井 好二郎; 田中 宏暁
      体力科學, 日本体力医学会, 54(6), 01 Dec. 2005
    • 女子大学生隠れ肥満症例におけるリポ蛋白代謝とアディポサイトカインについての検討
      岸本 憲明; 佐久間 一郎; 石井 好二郎; 西條 泰明; 岸 玲子; 筒井 裕之
      日本病態栄養学会誌, (一社)日本病態栄養学会, 8(4) 413 - 413, Nov. 2005
    • Current situation and future prospects of clinical laboratory used in the field of sports science
      Ishii Kojiro
      Japanese Journal of Clinical Chemistry, 一般社団法人 日本臨床化学会, 34(4) 344 - 349, Nov. 2005
    • ストレッチングの方法と効果 (特別企画 ストレッチング)
      山口 太一; 石井 好二郎
      からだの科学, 日本評論社, (245) 24 - 31, Nov. 2005
    • エリートランナーの夏季マラソン完走後の血しょう過酸化脂質
      恵淑へい; 石井好二郎; 村井毅; 黒沢隆夫; 千葉仁志
      臨床病理, 53 307 , 31 Oct. 2005
    • エリートランナーにおける夏季のマラソン完走後の腎機能検査項目
      石井好二郎; 恵淑へい; 千葉仁志
      臨床病理, (一社)日本臨床化学会, 53(Suppl.2) 169 - 169, 31 Oct. 2005
    • エリートランナーの夏季マラソン完走後の血漿過酸化脂質
      惠 淑萍; 石井 好二郎; 村井 毅; 黒澤 隆夫; 千葉 仁志
      臨床化学, (一社)日本臨床化学会, 34(Suppl.2) 307 - 307, Oct. 2005
    • 5. Approach to increase of physical activity via pedometry in children
      KATOH KANAKO; ISHII KOJIRO; OSHIMA YOSHITAKE
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 54(4) 337 - 337, 01 Aug. 2005
    • 3. Muscle damage and soreness following 50km crosscountry ski race
      TAKASHIMA WATARU; ISHII KOJIRO; YAMAGUCHI TAICHI; TAKIZAWA KAZUKI; NOSAKA KAZUNORI
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 54(4) 336 - 336, 01 Aug. 2005
    • 2. Effects of maximum voluntary contraction and static stretching on jumping performance
      INAMORI KENGO; ISHII KOJIRO; YAMAGUCHI TAICHI
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 54(4) 335 - 335, 01 Aug. 2005
    • 6. The effect of bench-step exercise in a nursing home at Snow coverage area
      IWATA TAKASHI; ISHII KOJIRO; KISHIMOTO NORIAKI; SAKUMA ICHIRO; TANAKA HIROAKI
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 54(4) 337 - 337, 01 Aug. 2005
    • 4. Validity of pedometer and accelerometer in children
      NAKAE SATOSHI; ISHII KOJIRO; KATO KANAKO; YAMAGUCHI TAICHI; OSHIMA YOSHITAKE
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 54(4) 336 - 336, 01 Aug. 2005
    • 女性のスポーツ参加 高齢女性や障害女性の体脂肪や生活習慣病と固有のニーズ
      石井 好二郎
      リハビリテーションスポーツ, 日本リハビリテーションスポーツ学会, 24(1) 18 - 19, Jun. 2005
    • 青年女性の正常体重肥満者および低体重正常体脂肪者の身体的特徴
      小林 範子; 石井 好二郎; 佐久間 一郎; 藤野 敬史; 古田 伊都子; 櫻木 範明
      日本内分泌学会雑誌, (一社)日本内分泌学会, 81(Suppl) 7 - 9, Jun. 2005
    • しっかり走って暖めるべき!競技パフォーマンスを上げるためのウォームアップの科学
      瀧澤一騎; 石井好二郎
      コーチング・クリニック, 19(1) 6 - 9, 2005
    • ダイナミックストレッチングだ!
      山口太一; 石井好二郎
      コーチング・クリニック., 17(1) 10 - 13, 2005
    • 高齢女性や障害女性の体脂肪や生活習慣病と固有のニーズ(シンポジウム,女性のスポーツ参加,第25回医療体育研究会/第8回アジア障害者体育・スポーツ学会日本支部会第6回合同大会兼第4回北海道障害者スポーツ・健康開発研究会抄録集)
      石井 好二郎
      リハビリテーションスポーツ, 医療体育研究会, 24(1) 18 - 19, 2005
    • アテネオリンピックマラソンの暑熱対策 (日本陸上競技学会第3回大会パネルディスカッション記録 テーマ:陸上競技における暑熱対策と給水)
      石井 好二郎
      陸上競技学会誌, 日本陸上競技学会, (3) 43 - 47, 2005
    • ストレッチングの方法と効果
      石井 好二郎
      からだの科学, 245 24 - 31, 2005
    • アテネオリンピックマラソンの暑熱対策
      石井 好二郎
      陸上競技学会誌, 3 43 - 47, 2005
    • Science of stretching: your stretching may be wrong
      山口 太一; 石井 好二郎
      Hokkaido journal of sports medicine and science, 北海道スポ-ツ医・科学研究会, 10 27 - 36, 2005
    • The science of the warm-up for the peak performance
      瀧澤 一騎; 石井 好二郎
      Hokkaido journal of sports medicine and science, 北海道スポ-ツ医・科学研究会, 10 3 - 8, 2005
    • 2004年度全国高等学校総合体育大会入賞陸上競技選手におけるサプリメント摂取状況
      石井 好二郎
      陸上競技研究紀要, 日本陸上競技連盟, 1 95 - 102, 2005
    • 心臓自律神経活動および尿中ホルモンより小児の通学合宿の効果を検討する
      石井 好二郎
      カシオ科学振興財団平静17年度年報, 96 - 97, 2005
    • 北海道マラソン暑さ対策研究
      石井 好二郎
      日本陸連科学委員会報告書, 4(1) 167 - 168, 2005
    • 高齢者の生活活動動作能力 (ADL) とBMIの関係(スポーツ医学的研究/その他, 第59回日本体力医学会大会)
      岡部 哲子; 岡野 五郎; 石井 好二郎
      体力科學, 日本体力医学会, 53(6) 903 - 903, 01 Dec. 2004
    • 養護老人ホームにおける運動介入の効果(加齢・性差, 第59回日本体力医学会大会)
      岩田 貴士; 石井 好二郎; 岸本 憲明; 佐久間 一郎; 田中 宏暁
      体力科學, 日本体力医学会, 53(6) 783 - 783, 01 Dec. 2004
    • 歩数計, 体脂肪計を使用することによって子どもを活動的にできるか?(加齢・性差, 第59回日本体力医学会大会)
      加藤 華奈子; 石井 好二郎; 大島 秀武
      体力科學, 日本体力医学会, 53(6) 783 - 783, 01 Dec. 2004
    • 総仕事量を統一させたウォーミングアップのパフォーマンスに対する効果(呼吸・循環, 第59回日本体力医学会大会)
      瀧澤 一騎; 石井 好二郎
      体力科學, 日本体力医学会, 53(6) 712 - 712, 01 Dec. 2004
    • 静的ストレッチングは等張性筋活動時の発揮パワーを低下させるのか?(トレーニング, 第59回日本体力医学会大会)
      山口 太一; 石井 好二郎; 山中 正紀; 安田 和則
      体力科學, 日本体力医学会, 53(6) 819 - 819, 01 Dec. 2004
    • クロスカントリースキー選手の筋活動特性(トレーニング, 第59回日本体力医学会大会)
      高嶋 渉; 石井 好二郎; 瀧澤 一騎; 山口 太一; 安田 和則
      体力科學, 日本体力医学会, 53(6) 819 - 819, 01 Dec. 2004
    • 高齢者および若年者における歩数と中強度活動時間の関係(生活・健康, 第59回日本体力医学会大会)
      綾部 誠也; 高山 晃作; 石井 好二郎; 清永 明; 進藤 宗洋; 田中 宏暁
      体力科學, 日本体力医学会, 53(6), 01 Dec. 2004
    • 4. Effects of static stretching and dynamic stretching on leg extension power.
      YAMAGUCHI TAICHI; ISHII KOJORO
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 53(4) 462 - 462, 01 Aug. 2004
    • 3. Not to make fall to physical activity at second half in hot environment : effect of cooling in half time.
      TAKI-ZAWA KAZUKI; ISHII KOJIRO
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 53(4) 462 - 462, 01 Aug. 2004
    • 8. Effects of ore-exercise meal on glycometabolism and lipometabolism during exercise in the morning.
      OKABE TETSUKO; TAKIZAWA KAZUKI; ISHII KOJIRO; SAKUMA ICHIRO
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 53(4) 464 - 464, 01 Aug. 2004
    • 運動前の主食の違い(米食またはパン食)が運動療法の糖代謝および脂質代謝に及ぼす影響
      石井 好二郎
      平成15年度ごはん食基礎データ蓄積事業報告書, 13 - 24, 2004
    • 血液性状からみたマラソンランナーの適性とリスク(1991年,2002年,2003年の北海道マラソン大会招待選手データーから)
      石井 好二郎
      日本陸連科学委員会報告書, 3(1) 109 - 114, 2004
    • 2003北海道マラソン調査報告書-夏のマラソンのコンディショニングを探る-
      石井 好二郎
      日本陸連科学委員会報告書, 3(1) 103 - 108, 2004
    • 南部記念陸上における女子4×100mリレーのバトンパス分析
      石井 好二郎
      日本陸連科学委員会報告書, 3(1) 25 - 26, 2004
    • 57. ストレッチングは筋力発揮を低下させるのか?(トレーニング)
      山口 太一; 石井 好二郎; 山中 正紀
      体力科學, 日本体力医学会, 52(6) 743 - 743, 01 Dec. 2003
    • 243. ウォーミングアップによる神経-筋疲労と主運動のパフォーマンス(運動器)
      瀧澤 一騎; 石井 好二郎; 米澤 一也
      体力科學, 日本体力医学会, 52(6) 836 - 836, 01 Dec. 2003
    • 134. 成年女子陸上長距離選手におけるサプリメントの摂取状況(生活・健康)
      中西 美恵子; 石井 好二郎; 渡辺 彩子; 杉浦 克己; 梶原 洋子; 小林 寛道
      体力科學, 日本体力医学会, 52(6) 781 - 781, 01 Dec. 2003
    • 499. 運動介入が高齢者の心臓自律神経活動動態に及ぼす影響(加齢・性差)
      高山 晃作; 石井 好二郎; 綾部 誠也; 佐久間 一郎; 進藤 宗洋; 田中 宏暁; 浜田 拓
      体力科學, 日本体力医学会, 52(6), 01 Dec. 2003
    • 569. 多メモリー加速度計測装置付歩数計を用いて評価した心臓リハビリテーション参加者の日常身体活動水準(リハビリテーション・運動療法)
      綾部 誠也; 石井 好二郎; 八尋 拓也; 清永 明; 進藤 宗洋; 田中 宏暁
      体力科學, 日本体力医学会, 52(6), 01 Dec. 2003
    • 化学発光検出HPLCによる血中過酸化脂質の分析
      恵淑捧; 千葉仁志; 村井毅; 衛藤雅昭; 斎藤美恵子; 石井好二郎; 小林邦彦; 黒沢隆夫
      臨床化学, 日本臨床検査医学会, 32(補冊) 127 - 127, 25 Sep. 2003
    • 10. Effects of different techniques of antagonist stretching on initiation of voluntary movements
      YAMAGUCHI TAICHI; ISHII KOJIRO; YAMANAKA MASAKI
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 52(3) 333 - 333, 01 Jun. 2003
    • 5. Simole Assessment of the Lactate Threshold in Older Population, by Means of the Rating of Perceived Exertion
      AYABE MAKOTO; ISHII KOJIRO; TAKAYAMA KOHSAKU; TOBINO TAKURO; MORI YUKARI; YAHIRO TAKUYA; KIYONAGA AKIRA; SINDO MUNEHIRO; TANAKA HIROAKI; SAKUMA ICHIRO
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 52(3) 331 - 331, 01 Jun. 2003
    • 6. Effect of excrcise intervention on cardiac autonomic nervous activities in older population
      TAKAYAMA KOHSAKU; ISHII KOJIRO; AYABE MAKOTO; TANAKA HIROAKI; SHINDO MUNEHIRO; HAMADA TAKU; KIMRUA TETSUYA; MORITANI TOSHIO
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 52(3) 331 - 331, 01 Jun. 2003
    • ゆっくり走る? 速く走る? ランニング+α--シンポジウム趣旨(コーディネータとして) (シンポジウム 脂肪燃焼のためのランニング)
      石井 好二郎
      ランニング学研究, ランニング学会, 14(1) 17 - 19, Mar. 2003
    • 若年女性における"かくれ肥満"と血中脂質およびレプチン濃度 (特集 第9回日本未病システム学会論文集)
      佐久間 一郎; 岸本 憲明; 石井 好二郎
      日本未病システム学会雑誌, 日本未病システム学会, 9(2) 282 - 284, 2003
    • 1P11 Changes in oxygen uptake kinetics and performance at different intensity Warm-ups :
      TAKIZAWA Kazuki; ISHII Kojiro
      Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 9(4) 170 - 170, 2003
    • 2P26 Effects of the exercise intervention on heart rate at lactate threshold in older adults, : SAT project 108 :
      AYABE Makoto; ISHII Kojiro; YAHIRO Takuya; MORI Yukari; SAKUMA Ichiro; KIYONAGA Akira; SHINDO Munehiro; TANAKA Hiroaki
      Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 9(4) 192 - 192, 2003
    • 1PO1 Cross-country skiing marathon-related muscle damage and muscle soreness :
      ISHII Kojiro; TAKIZAWA Kazuki; YAMAGUCHI Taichi; NOSAKA Kazunori
      Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 9(4) 165 - 165, 2003
    • EBMに基づく職域における「虚血性心疾患の一次予防ガイドライン」の評価,ならびに労災2次健診導入の予防医学的意義に関する研究
      石井 好二郎
      厚生労働省科学研究費補助金医療技術評価総合事業平成14年度研究報告書, 2003
    • 南部記念陸上200mのタイム分析
      石井 好二郎
      日本陸連科学委員会報告書, 2(1) 107 - 108, 2003
    • 南部記念陸上4×100mリレーのバトンパス分析
      石井 好二郎
      日本陸連科学委員会報告書, 2(1) 101 - 106, 2003
    • 2002年,第16回北海道マラソン上位入賞選手の脂質代謝,リスクについて
      石井 好二郎
      日本陸連科学委員会報告書, 2(1) 79 - 89, 2003
    • 353.中学女子陸上長距離選手におけるサプリメントの摂取状況について(生活・健康)
      中西 美恵子; 石井 好二郎; 渡辺 彩子; 杉浦 克己; 梶原 洋子; 小林 寛道
      体力科學, 日本体力医学会, 51(6) 719 - 719, Dec. 2002
    • 98.女子学生の骨塩量と身体組成,月経,血液性状,運動および食事との関連について(運動器)
      渡辺 彩子; 石井 好二郎; 佐久間 一郎
      体力科學, 日本体力医学会, 51(6) 591 - 591, Dec. 2002
    • 17.ストレッチングテクニックの違いが随意運動制御に及ぼす影響(神経・感覚)
      山口 太一; 石井 好二郎; 滝澤 一騎; 高澤 元
      体力科學, 日本体力医学会, 51(6) 551 - 551, Dec. 2002
    • 35.有酸素運動時のウォーミングアップによる神経-筋機能亢進とパフォーマンス改善効果(運動器)
      滝沢 一騎; 石井 好二郎; 高澤 元; 山口 太一; 中西 美恵子; 米澤 一也
      体力科學, 日本体力医学会, 51(6) 560 - 560, Dec. 2002
    • 子どもの体温低下とエネルギー代謝 (特集 運動とエネルギー代謝)
      石井 好二郎
      体育の科学, 杏林書院, 52(6) 442 - 451, Jun. 2002
    • 大学女子長距離選手におけるスポーツ栄養食品の摂取状況について
      石井 好二郎
      日本陸連科学委員会報告書, 1(1) 57 - 66, 2002
    • 2001南部記念陸上男子4×100mリレーのバトンパス分析
      石井 好二郎
      日本陸連科学委員会報告書, 1(1) 49 - 52, 2002
    • 2001南部記念陸上100m走者の指示時間と非指示時間の分析
      石井 好二郎
      日本陸連科学委員会報告書, 1(1) 45 - 48, 2002
    • 子どもの体温低下とエネルギー代謝
      石井 好二郎
      体育の科学, 52(6) 442 - 451, 2002
    • 51.ストレッチングテクニックの違いが動的・能動的股関節屈曲動作に与える影響(【運動器】)
      山口 太一; 田中 英登; 石井 好二郎
      体力科學, 日本体力医学会, 50(6) 758 - 758, 01 Dec. 2001
    • 409.大学生のスポーツライフ・マネージメントに関する実態調査(【生活・健康】)
      渡辺 彩子; 石井 好二郎; 滝沢 一騎; 高澤 元; 山口 太一
      体力科學, 日本体力医学会, 50(6) 937 - 937, 01 Dec. 2001
    • 329.寒冷環境下における短時間激運動前のウォーミングアップ(【環境】)
      滝沢 一騎; 石井 好二郎; 高澤 元; 木目 良太郎
      体力科學, 日本体力医学会, 50(6) 897 - 897, 01 Dec. 2001
    • 338.常温環境下における短時間激運動前の至的ウォーミングアップについて(【環境】)
      高澤 元; 石井 好二郎; 滝沢 一騎; 木目 良太郎
      体力科學, 日本体力医学会, 50(6) 901 - 901, 01 Dec. 2001
    • 小児の体温と肥満およびその背景
      石井 好二郎
      日本体育学会大会号, 社団法人日本体育学会, (52) 55 - 55, 10 Aug. 2001
    • Monocarboxylate transporter(MCT)の測定法及び発現に関する基礎検討
      永井 龍哉; 沖田 孝一; 米澤 一也; 北畠 顕; 森田 憲輝; 飯塚 健治; 村上 猛; 川口 秀明; 石井 好二郎; 西島 宏隆
      心臓, (公財)日本心臓財団, 33(Suppl.2) 104 - 105, Jun. 2001
    • Monocarboxylate transporter(MCT)の測定法及び発現に関する基礎検討
      永井 龍哉; 沖田 孝一; 米澤 一也; 北畠 顕; 森田 憲輝; 飯塚 健治; 村上 猛; 川口 秀明; 石井 好二郎; 西島 宏隆
      心臓, (公財)日本心臓財団, 33(Suppl.2) 104 - 105, Jun. 2001
    • 知的障害児・者の体脂肪率(特集 小児の栄養:各種病態と栄養)
      石井 好二郎
      小児科診療, 診断と治療社, 64(5) 693 - 698, May 2001
    • A Questionnaire of Body Temperature,Eating Habits and Life Style in School Children
      石井 好二郎; 佐々木 幸子; 木元 奈々
      Bulletin of Graduate School of Education,Hokkaido University, 北海道大学大学院, (83) 261 - 279, 2001
    • オーバートレーニングの予防と解決に関するガイドライン(市民ランナーのトレーニングに関するガイドライン)
      石井 好二郎
      ランニング学研究, 12(Suppl) 24 - 27, 2001
    • Effects of intake of foods with antioxidant activities in long distance runners :
      ISHII Kojiro; TAKIZAWA Kazuki; Yonezawa Kazuya; DAIGO Eiji; SUZUKI Naoto; KOMINE Teruaki
      Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 6(4) 160 - 160, 2000
    • 346.暑熱環境下運動時における実用的な頚部冷却装置の有効性について
      石井 好二郎; 菊地 邦雄; 小村 堯; 新畑 茂充; 藤本 繁夫; 前田 如矢
      体力科學, 日本体力医学会, 47(6) 875 - 875, 01 Dec. 1998
    • 女子短距離400mリレーの科学サポート No. 15 陸上競技
      石井 好二郎
      平成10年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告1(2), 181 - 183, 1998
    • 415.精神発達遅滞児における肥満の実態 : BMIを用いて
      石井 好二郎; 小村 〓; 新畑 茂充; 菊地 邦雄; 藤本 繁夫; 前田 如矢
      体力科學, 日本体力医学会, 46(6) 820 - 820, 01 Dec. 1997
    • ニコニコペース・ジョギング
      石井 好二郎
      広島大学総合科学部健康相談室報告書, 23 6 - 10, 1997
    • 運転者の性格、速度見越反応からみた速度違反の分析とその対策に関する心理・生理学的研究
      石井 好二郎
      平成8年度財団法人住友海上福祉財団研究助成金研究成果報告書, 1 - 31, 1997
    • 魅力ある健康づくり-ジョギングやウォーキングで生活習慣病を征服出来るか-
      石井 好二郎
      広島県医師協だより, 320 22 - 24, 1997
    • 288.生体インピーダンスによる精神発達遅滞児(者)の体脂肪の評価
      石井 好二郎; 小村 堯; 新畑 茂充; 菊地 邦雄; 藤本 繁夫; 前田 如矢
      体力科學, 日本体力医学会, 45(6) 748 - 748, 01 Dec. 1996
    • 寒冷環境下走行時における適正上衣について
      石井 好二郎; 新畑 茂充; 小村 堯; 菊地 邦雄; 豊岡 示朗
      日本体育学会大会号, 社団法人日本体育学会, (47) 327 - 327, 25 Aug. 1996
    • 脂肪燃焼を目的としたスポーツ実習A(ファット・バーナー・クラス)の開講
      石井 好二郎
      広島大学総合科学部健康相談室報告書, 22 8 - 12, 1995
    • Opening of the fat burner class on weight control.
      ISHII Kojiro
      Proceedings FISU/CESU Conference, the 18th Universiade 1995 Fukuoka Japan : "sport and man : creating a new vision" 24, 25, 26 August 1995, 470 - 471, 1995, Summary international conference
    • 運動時における脊髄損傷者の鼓膜温及び体温変動
      石井 好二郎
      財団法人中村裕記念身体障害者福祉財団平成5年度助成研究報告書, 1 - 7, 1994
    • スポーツ実習について (2)スポーツ実習B
      石井 好二郎
      広島大学総合科学部健康相談室報告書, 21 17 - 20, 1994
    • 体格・体力・運動能力の年齢変化
      石井 好二郎
      庄原市民の健康度調査と健康づくり事業調査報告書, 19 - 42, 1993
    • 411.脊髄損傷者のArm Cranking運動中の作業効率について
      石井 好二郎; 山崎 昌廣; 入澤 雅典; 小村 堯; 菊地 邦雄
      体力科學, 日本体力医学会, 41(6) 856 - 856, 01 Dec. 1992
    • 体育実技特別コースの現状と展望
      石井 好二郎
      広島大学総合科学部健康相談室報告書, 19 17 - 30, 1992
    • Effect of endurance running training on aerobic performance in children
      ISHII KOJIRO; TOYOOKA JIRO; MAEDA KAZUYA
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 40(6) 822 - 822, 01 Dec. 1991
    • Effects of Sweat rate, Rectal and Mean skin temperature during 60 min running in Winter season.
      Toyooka Jiro; Kan Riri; Ishii Kogiro
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 40(6) 590 - 590, 01 Dec. 1991
    • Oxygen intake and thermal reguratory system in treadmill running with observations on the effect of wind reistance
      TOYOOKA JIRO; ISHI KOJIRO
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 39(6) 647 - 647, 01 Dec. 1990
    • Effects of humidity on sweet rate during 100min. submaximal running
      TOYOOKA JIRO; ISHII KOJIRO
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 38(6) 481 - 481, 01 Dec. 1989
    • An electrocardiogram study of Nippon-Kenpo experts
      SUMIYOSHI K.; ZAKO T.; ISHII K.; OGINO T.; KUZUHARA K.
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 37(6) 529 - 529, 01 Dec. 1988
    • Effect of oxygen employment after exercises
      SUMIYOSHI K.; KATSUTA A.; HAMANAKA Y.; ISHII K.
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 37(6) 546 - 546, 01 Dec. 1988
    • Influence of Running Exercises on Heart Rate, Lactic Acid and Blood Element
      Sumiyoshi Kaoru; Ishii Kojiro; Hamanaka Yosiro; Katsuta Akira; Sukizaki Sumio
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 36(6) 412 - 412, 01 Dec. 1987
    • Effects of continuously acclivity walking on serum and urine elements(the second report)
      SUMIYOSHI Kaoru; HAMANAKA Yoshiro; SUKIZAKI Sumio; KATSUTA Akira; ISHII Kojiro; IWAMOTO Atsuko
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sport Medicine, 36(6) 411 - 411, 01 Dec. 1987

    Books etc

    • 快眠研究と製品開発、社会実装 -生体計測から睡眠教育、スリープテック、ウェルネス、地域創生まで-
      青木拓巳; 石井好二郎
      エヌ・ティー・エス, Jun. 2022, Contributor, スポーツ栄養学と睡眠、体力, Scholarly book
    • サルコペニア虎の巻 : 診療のコツをとことん理解する
      吉村, 芳弘
      中外医学社, Dec. 2021, Contributor, サルコペニア肥満の対策:予防と治療:地域, Scholarly book
    • 日本サルコペニア・フレイル学会認定 サルコペニア・フレイル指導士テキスト
      日本サルコペニア・フレイル学会
      新興医学出版社, 14 Apr. 2020, Contributor, 高齢者における運動の効果(トピックとエビデンス), Scholarly book
    • 図とイラストだからわかる サルコペニア・フレイル
      遠藤, 直人
      クリニコ出版, 14 Nov. 2019, Contributor, 肥満とサルコペニア・フレイル
    • フレイルとロコモの基本戦略 (フレイル対策シリーズ 基本編①)
      葛谷雅文; 田中栄; 楽木宏実; 葛谷 雅文; 田中 栄; 楽木 宏実
      先端医学社, Jan. 2019, Contributor, 運動療法とフレイル・ロコモ, Scholarly book
    • 使える筋肉・使えない筋肉 アスリートのための筋力トレーニングバイブル
      谷本 道哉; 荒川 裕志; 石井 直方; 石井 直方
      ナツメ社, Nov. 2018, Contributor, 長距離ランナーのフィジカルトレーニング, General book
    • 骨粗鬆症診療 -骨脆弱性から転倒骨折防止の治療目標へTotal Careの重要性-
      稲葉雅章; 稲葉 雅章
      医薬ジャーナル社, Oct. 2018, Contributor, 5章 続発性骨粗鬆症 I 生活習慣病 F)睡眠障害 ③睡眠および骨・骨格筋代謝に及ぼす身体活動の影響, Scholarly book
    • 基礎から学ぶスポーツ概論 改訂版 教師用解説集
      高橋 健夫; 本村 清人; 寒川 恒夫; 友添 秀則; 大築 立志
      大修館書店, Apr. 2018, Contributor, 体調のチェック,ウォーミングアップとクーリングダウン, Textbook
    • サルコペニアがいろん (ライフサイエンス選書)
      荒井秀典; 荒井秀典
      ライフサイエンス出版, Jul. 2017, Contributor, Q1 筋肉の種類と役割は? Q2 筋肉が減る仕組みは? Q3 筋肉が減少するメカニズムは? Q4 筋肉の減少をどう評価するのか? (第1章 筋肉ってすごい!), Scholarly book
    • もっとなっとく 使えるスポーツサイエンス (KSスポーツ医科学書)
      征矢, 英昭; 本山, 貢; 石井, 好二郎
      講談社, 21 Apr. 2017, Joint editor
    • 基礎から学ぶスポーツ概論
      高橋 健夫; 本村 清人; 寒川 恒夫; 友添 秀則; 大築 立志
      大修館書店, Apr. 2017, Contributor, 体調のチェック,ウォーミングアップとクーリングダウン, Textbook
    • 基礎から学ぶスポーツリテラシー 改訂版
      高橋健夫; 大築立志; 本村清人; 寒川恒夫; 友添秀則; 岡出美則
      大修館書店, Apr. 2017, Contributor, 体調のチェック,ウォーミングアップとクーリングダウン, Scholarly book
    • 肥満症診療ガイドライン
      日本肥満学会; 日本肥満学会
      ライフサイエンス出版, Apr. 2016, Contributor, サルコペニア, Scholarly book
    • 京都医療センターメタボ外来のやせる弁当と作りおき
      独立行政法人国立病院機構京都医療センター
      セブン&アイ出版会, Feb. 2016, Contributor, ムダなくやせる体の動かし方., General book
    • こどものスポーツ外来‐親もナットク! このケア・この説明‐
      田中康仁; 笠次良爾; 田中康仁; 笠次良爾
      全日本病院出版会, May 2015, Contributor, ジュニア選手の熱中症予防, Scholarly book
    • 基礎から学ぶスポーツ概論
      高橋 健夫; 本村 清人; 寒川 恒夫; 友添 秀則; 大築 立志; 全国高等学校体育学科コース連絡協議会
      大修館書店, Feb. 2013, Contributor, 体調のチェック,ウォーミングアップとクーリングダウン, Textbook
    • スポーツ生理学 (はじめて学ぶ健康・スポーツ科学シリーズ)
      冨樫 健二; 秋間 広; 石井 好二郎; 大槻 毅; 片山 敬章; 河合 美香; 川田 裕樹; 今 有礼; 高橋 英幸; 瀧澤 一騎; 西島 壮; 前田 清司; 宮木 亜沙子; 山口 太一; 冨樫 健二
      化学同人, Feb. 2013, Joint work, Scholarly book
    • 機能性スポーツフードの開発 (食品シリーズ)
      矢澤 一良
      シーエムシー出版, Jan. 2013, Contributor, 第14章食後経過時間の糖質・脂質燃焼への影響, Scholarly book
    • からだの発達と加齢の科学
      樋口 満; 佐竹 隆; 高石 昌弘
      大修館書店, Dec. 2012, Contributor, 持久力の発達と加齢変化・トレーニング効果, Scholarly book
    • 基礎から学ぶスポーツリテラシー
      高橋 健夫; 本村 清人; 寒川 恒夫; 菊 幸一; 友添 秀則; 大築 立志; 岡出 美則
      大修館書店, Nov. 2012, Contributor, 体調のチェック,ウォーミングアップとクーリングダウン, Scholarly book
    • 説明力で差がつく保健指導
      坂根 直樹; 佐野 喜子
      中央法規出版, Aug. 2011, Contributor, 歩数計を用いた運動指導, Scholarly book
    • スポーツ・運動生理学概説
      山地 啓司; 田中 宏暁; 大築 立志
      明和出版, Mar. 2011, Contributor, ウォーミングアップの効果、クーリングダウンの効果、ストレッチング, Scholarly book
    • アクティブ・チャイルド60min.―子どもの身体活動ガイドライン
      体協; 日体協; JASA; 日本体育協会; 竹中 晃二
      サンライフ企画, Aug. 2010, Joint work, 育発達・体力的見地、だまされないで!子どもの異変には原因がある、体育・スポーツは何ができるのか?, Scholarly book
    • からだと温度の事典
      彼末一之; 永島計; 紫藤治; 稲葉裕; 田村照子; 太田俊二; 堀越哲美; 澤田晋一; 田中英登; 福岡義隆; 永島 計
      朝倉書店, Apr. 2010, Contributor, ウォーミングアップ, Dictionary or encycropedia
    • しっかり学べる発達心理学
      櫻井 茂男; 大川 一郎
      福村出版, Mar. 2010, Contributor, 身体と運動能力の発達, Scholarly book
    • 抗加齢医療―その最前線の実際
      米井嘉一; 米井 嘉一
      新興医学出版社, Feb. 2010, Contributor, 筋におけるアンチエイジング, Scholarly book
    • Handbook of Trendy Sports Sciences
      Hideaki Soya; Mitsugi Motoyama; Kojiro Ishii
      講談社, Oct. 2007, Joint editor, Scholarly book
    • 最新スポーツ科学事典
      日本体育学会監修; 社; 日本体育学会
      平凡社, Sep. 2006, Contributor, 持久力トレーニング, Dictionary or encycropedia
    • 子どものこころとからだを強くする
      山地啓司; 山地 啓司
      市村出版, Apr. 2005, Joint work, 小児肥満を防ぐ、家庭でのからだづくり, Scholarly book
    • 21世紀のマラソントレーニング–成功への道しるべ-
      前河 洋一; 鈴木 彰; 山本 正彦; 石井 好二郎; 山内 武
      ランナーズ, Dec. 2002, Joint work, General book
    • Handbook of Trendy Sports Sciences
      Hideaki Soya; Mitsugi Motoyama; Kojiro Ishii
      講談社, May 2002, Joint editor, Scholarly book
    • 今日からはじめる実践ランニング読本―ビギナー&市民ランナーのための「理論」と「雑学」 (からだ読本シリーズ)
      ランニング学会; ランニング学会
      山海堂, Apr. 2001, Contributor, 水分摂取で賢く走る, General book
    • 保健体育科・スポーツ教育重要用語300の基礎知識
      松岡重信; 松岡 重信
      明治図書出版, Aug. 1999, Contributor, 高所トレーニング, Scholarly book
    • スポーツスピード・トレーニング
      小林 寛道
      大修館書店, Apr. 1999, Joint translation, スピードの評価, Scholarly book
    • しっかり学べる発達心理学
      桜井 茂男; 大川 一郎
      福村出版, Apr. 1999, Contributor, 身体と運動能力の発達, Scholarly book
    • 北方圏住民の生活とスポーツ
      須田 力
      共同文化社, 1998, Contributor, 冬季長距離走レース時の適正ウェア, Scholarly book
    • Opening of the fat burner class on weight control
      Proceedings FISU/CESU Conference, The 18th Universiade 1995 Fukuoka, 1995
    • ランニング事典
      日本ランニング学会
      大修館書店, Jul. 1994, Joint translation, Arthur Newtonの功績、トレーニングの理論と実際., Scholarly book
    • Exercise-induced temperature changes in the tympanic membrane and skin of patients with spinal cord injury
      Adapted physical Activity, 1994

    Presentations

    • 地域在住高齢者を対象としたコグニサイズとクロレラ摂取の認知機能への効果検証
      野村 友哉; 高倉 久志; 伊藤 祐希; 佐藤 健; 大石 寛; 山口 寛基; 青木 拓巳; 藤島 雅基; 奥村 衣梨; 石井 好二郎
      体力科学, Jun. 2020, Jun. 2020, Jun. 2020, (一社)日本体力医学会
    • スロージョギングと速歩を交互に繰り返すトレーニングの有効性 インターバル速歩との比較から
      持田 顕人; 大石 寛; 伊藤 祐希; 佐藤 健; 青木 拓巳; 石井 好二郎
      体力科学, Jun. 2020, Jun. 2020, Jun. 2020, (一社)日本体力医学会
    • ロコモ度の違いが地域在住高齢者の健康関連QOLに及ぼす影響
      大塚 将; 大石 寛; 伊藤 祐希; 佐藤 健; 青木 拓巳; 石井 好二郎
      体力科学, Jun. 2020, Jun. 2020, Jun. 2020, (一社)日本体力医学会
    • 陸上競技マスターズ選手におけるアミノ酸食品の利用に関する実態調査
      児玉 綾香; 大石 寛; 伊藤 祐希; 佐藤 健; 青木 拓巳; 石井 好二郎
      体力科学, Jun. 2020, Jun. 2020, Jun. 2020, (一社)日本体力医学会
    • 思春期小児の睡眠習慣ならびに朝練習と朝食欠食の関連
      那口 いつ季; 青木 拓巳; 伊藤 祐希; 佐藤 健; 大石 寛; 石井 好二郎
      体力科学, Jun. 2020, Jun. 2020, Jun. 2020, (一社)日本体力医学会
    • 都市規模別による小中学生の身体活動と肥満度の関連
      横山 琴野; 青木 拓巳; 伊藤 祐希; 佐藤 健; 大石 寛; 石井 好二郎
      体力科学, Jun. 2020, Jun. 2020, Jun. 2020, (一社)日本体力医学会
    • 唾液中ストレスマーカー及び二次元気分尺度による児童の運動遊びの評価
      飛鷹 卓; 伊藤 祐希; 大石 寛; 青木 拓巳; 佐藤 健; 村田 トオル; 石井 好二郎
      体力科学, Jun. 2020, Jun. 2020, Jun. 2020, (一社)日本体力医学会
    • サルコペニア肥満の定義と診断基準について サルコペニア肥満合同ワーキンググループの目指すもの
      石井 好二郎
      体力科学, Feb. 2020, Feb. 2020, Feb. 2020, (一社)日本体力医学会
    • 都市規模による小学生・中学生の身体活動の差
      森 隆彰; 横山 琴野; 青木 拓巳; 大石 寛; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2020, Feb. 2020, Feb. 2020, 日本健康支援学会
    • 近隣の食環境、身体活動環境が小中学生の肥満度に及ぼす影響
      大石 寛; 青木 拓巳; 伊藤 祐希; 佐藤 健; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2020, Feb. 2020, Feb. 2020, 日本健康支援学会
    • 子どもの身体活動ガイドライン達成状況に関わる睡眠習慣 小学5年生〜中学2年生を対象とした横断研究
      青木 拓巳; 大石 寛; 伊藤 祐希; 佐藤 健; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2020, Feb. 2020, Feb. 2020, 日本健康支援学会
    • 高齢者を対象としたコグニサイズとクロレラ摂取が認知機能に及ぼす影響およびメタボローム解析による網羅的解析
      野村 友哉; 高倉 久志; 伊藤 祐希; 佐藤 健; 大石 寛; 青木 拓巳; 藤島 雅基; 山口 寛基; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2020, Feb. 2020, Feb. 2020, 日本健康支援学会
    • カトラリー(箸とスプーン)の違いが咀嚼回数に及ぼす影響
      石井 好二郎; 村井 実怜; 青木 拓巳; 佐藤 健; 伊藤 祐希; 大石 寛
      日本スポーツ栄養研究誌, Jan. 2020, Jan. 2020, Jan. 2020, (NPO)日本スポーツ栄養学会
    • 思春期小児の各段階における体型による各種身体活動時間の比較
      大石 寛; 青木 拓巳; 伊藤 祐希; 佐藤 健; 石井 好二郎
      肥満研究, Oct. 2019, Oct. 2019, Oct. 2019, (一社)日本肥満学会
    • 肥満・メタボ外来通院患者におけるサルコペニアの実態調査
      池上 健太郎; 日下部 徹; 村中 和哉; 赤松 裕訓; 山陰 一; 井上 隆之; 石井 好二郎; 浅原 哲子
      肥満研究, Oct. 2019, Oct. 2019, Oct. 2019, (一社)日本肥満学会
    • 下肢特化型介護予防教室参加者の応募ルートごとの特徴
      勝村 亘; 関 良一; 三浦 隆; 原田 悠平; 萩 裕美子; 中村 豊; 石井 好二郎
      日本公衆衛生学会総会抄録集, Oct. 2019, Oct. 2019, Oct. 2019, 日本公衆衛生学会
    • 下肢特化型介護予防教室のドロップアウト者の特徴の検討
      原田 悠平; 関 良一; 勝村 亘; 三浦 隆; 萩 裕美子; 中村 豊; 石井 好二郎
      日本公衆衛生学会総会抄録集, Oct. 2019, Oct. 2019, Oct. 2019, 日本公衆衛生学会
    • 運動器健診でのロコモ度該当の要因
      三浦 隆; 関 良一; 原田 悠平; 勝村 亘; 萩 裕美子; 中村 豊; 石井 好二郎
      日本公衆衛生学会総会抄録集, Oct. 2019, Oct. 2019, Oct. 2019, 日本公衆衛生学会
    • 運動トレーニングの新たなる可能性 コグニサイズとクロレラ摂取の併用が高齢者の認知機能に及ぼす影響について
      高倉 久志; 野村 友哉; 石井 好二郎
      日本未病システム学会学術総会抄録集, Oct. 2019, Oct. 2019, Oct. 2019, (一社)日本未病学会
    • 地域在住高齢者における咀嚼能力と身体機能の関連性 色変わりチューインガムを用いて
      吉川 知希; 青木 拓巳; 佐藤 健; 伊藤 祐希; 大石 寛; 石井 好二郎
      体力科学, Apr. 2019
    • 握力から見た地域在住高齢者の筋量と筋機能
      川端 一稀; 青木 拓巳; 佐藤 健; 伊藤 祐希; 大石 寛; 石井 好二郎
      体力科学, Apr. 2019
    • 地域在住女性高齢者における四肢骨格筋量の体格指数補正値の違いによる体力の比較
      大石 寛; 青木 拓巳; 伊藤 祐希; 佐藤 健; 石井 好二郎
      体力科学, Apr. 2019
    • 地域在住高齢者における認知機能と歩数および年齢の関連
      樋本 英悟; 青木 拓巳; 佐藤 健; 伊藤 祐希; 大石 寛; 石井 好二郎
      体力科学, Apr. 2019
    • 歩行に関連する環境要因の検討
      小西 達貴; 青木 拓巳; 佐藤 健; 伊藤 祐希; 大石 寛; 石井 好二郎
      体力科学, Apr. 2019
    • カトラリーの違いが咀嚼回数に及ぼす影響
      村井 実怜; 青木 拓巳; 佐藤 健; 伊藤 祐希; 大石 寛; 石井 好二郎
      体力科学, Apr. 2019
    • 本学女子ラクロス部における睡眠と学業成績の横断研究
      土居 優希; 青木 拓巳; 佐藤 健; 伊藤 祐希; 石井 好二郎
      体力科学, Apr. 2019
    • 幼児の自由遊びにおける遊び場所と身体活動量および運動能力との関係
      高居 優奈; 香村 恵介; 石井 好二郎
      体力科学, Apr. 2019
    • 発育に関わる因子を調整した小児における足指筋力と疾走速度の関連
      真鍋 渉; 青木 拓巳; 佐藤 健; 伊藤 祐希; 大石 寛; 石井 好二郎
      体力科学, Apr. 2019
    • 地域在住高齢者におけるロコモ25と筋量および筋力指標との関連
      佐藤 健; 伊藤 祐希; 青木 拓巳; 大石 寛; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2019
    • 地域在住高齢者におけるロコモの進行と健康関連QOLの関連
      伊藤 祐希; 青木 拓巳; 佐藤 健; 大石 寛; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2019
    • 地域在住女性高齢者における各骨格筋指標による体力の比較 AMM、SMI、%AMM、AMM/BMIを骨格筋指標として
      大石 寛; 青木 拓巳; 伊藤 祐希; 佐藤 健; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2019
    • Symposium6-1
      石井 好二郎
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 2019
    • 高齢者に対するエゾウコギ食品摂取が安静時および起立試験時の心臓自律神経活動に及ぼす影響
      佐藤 健; 青木 拓巳; 伊藤 祐希; 石井 好二郎
      日本スポーツ栄養研究誌, Jan. 2019
    • 未病と健康寿命,そして運動
      石井好二郎
      日本未病システム学会学術総会抄録集, 12 Oct. 2018
    • 運動効果のメカニズム 高齢者の骨格筋萎縮と運動による筋肥大・筋力向上効果
      石井 好二郎
      日本臨床運動療法学会学術集会プログラム・抄録集, Sep. 2018
    • サルコペニア・フレイルのオーバービュー
      石井好二郎
      日本骨形態計測学会雑誌, May 2018
    • 高齢者に対するエゾウコギ食品摂取が安静時の心臓自律神経活動に及ぼす影響
      佐藤 健; 青木 拓巳; 香村 恵介; 伊藤 祐希; 石井 好二郎
      日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, Apr. 2018
    • 肥満患者における骨格筋由来液性因子・マイオスタチンを介した耐糖能悪化と骨格筋萎縮
      田中 将志; 増田 慎也; 山陰 一; 井上 隆之; 北野 隆司; 横田 繁史; 村中 和哉; 日下部 徹; 和田 啓道; 真田 樹義; 石井 好二郎; 長谷川 浩二; 島津 章; 浅原 哲子
      糖尿病, Apr. 2018
    • 肥満患者における骨格筋由来液性因子・マイオスタチンを介した耐糖能悪化と骨格筋萎縮
      田中 将志; 増田 慎也; 山陰 一; 井上 隆之; 北野 隆司; 横田 繁史; 村中 和哉; 日下部 徹; 和田 啓道; 真田 樹義; 石井 好二郎; 長谷川 浩二; 島津 章; 浅原 哲子
      糖尿病, Apr. 2018
    • 2ステップテストの成績は健康関連体力を反映する
      伊藤 祐希; 佐藤 健; 青木 拓巳; 香村 恵介; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2018
    • サルコペニア研究の基礎科学と臨床の間にあるもの
      石井 好二郎; 真田 樹義
      体力科学, 2018
    • 実習期間が大学女子陸上競技選手の身体組成に及ぼす影響
      石井 好二郎; 橋本 優甫; 青木 拓巳; 藤川 浩喜
      日本スポーツ栄養研究誌, Jan. 2018
    • 07発-25-ポ-13 GPSによって測定した幼児の自由遊び時間の遊び場所と身体活動量および運動能力との関係
      香村 恵介; 館 俊樹; 山田 悟史; 石井 好二郎
      日本体育学会大会予稿集, 2018
    • サルコペニア・フレイルを予防する運動
      石井 好二郎
      日本サルコペニア・フレイル学会雑誌, Oct. 2017
    • 単関節および多関節運動による下肢筋力と歩行能力との関連について
      伊藤 祐希; 青木 拓巳; 香村 恵介; 小川 慶図; 佐藤 健; 福田 宗孝; 湯澤 章; 石井 好二郎
      日本サルコペニア・フレイル学会雑誌, Oct. 2017
    • 高齢者における歩行運動継続期間の違いが筋量・筋力指標に与える影響
      青木 拓巳; 伊藤 祐希; 佐藤 健; 石井 好二郎
      日本サルコペニア・フレイル学会雑誌, Oct. 2017
    • 体力においても肥満パラドックスが認められるか? 日本肥満学会BMI判定基準を用いて
      大石 寛; 小西 達貴; 伊藤 祐希; 佐藤 健; 小川 慶図; 香村 恵介; 福田 宗孝; 湯澤 章; 青木 拓巳; 石井 好二郎
      日本サルコペニア・フレイル学会雑誌, Oct. 2017
    • 体力においても肥満パラドックスが認められるか? WHOアジア人BMI評価基準を用いて
      小西 達貴; 大石 寛; 伊藤 祐希; 佐藤 健; 小川 慶図; 青木 拓巳; 香村 恵介; 福田 宗孝; 湯澤 章; 石井 好二郎
      日本サルコペニア・フレイル学会雑誌, Oct. 2017
    • 単関節および多関節運動による下肢筋力と下肢筋量の関連について
      佐藤 健; 青木 拓巳; 香村 恵介; 伊藤 祐希; 小川 慶図; 福田 宗孝; 湯澤 章; 石井 好二郎
      日本サルコペニア・フレイル学会雑誌, Oct. 2017
    • サルコペニアと運動療法
      石井 好二郎
      日本臨床運動療法学会雑誌, Sep. 2017
    • 2年間の歩行運動プログラムは高齢者の体重支持指数を増加させる
      青木 拓巳; 伊藤 祐希; 佐藤 健; 石井 好二郎
      日本臨床運動療法学会雑誌, Sep. 2017
    • サルコペニア肥満の効果的診断法の開発
      日下部 徹; 横田 繁史; 田中 将志; 増田 慎也; 井上 隆之; 北野 隆司; 山陰 一; 村中 和哉; 石井 好二郎; 真田 樹義; 浅原 哲子
      日本臨床運動療法学会雑誌, Sep. 2017
    • 2ステップテストと運動機能の関連について
      伊藤 祐希; 青木 拓巳; 香村 恵介; 小川 慶図; 佐藤 健; 福田 宗孝; 湯澤 章; 石井 好二郎
      日本臨床運動療法学会雑誌, Sep. 2017
    • ロコモ25陽性該当者の新体力テストの特徴
      佐藤 健; 青木 拓巳; 香村 恵介; 伊藤 祐希; 小川 慶図; 福田 宗孝; 湯澤 章; 石井 好二郎
      日本臨床運動療法学会雑誌, Sep. 2017
    • 肥満患者の糖代謝能・骨格筋量制御における筋肉由来液性因子・myostatinの病態意義
      横田 繁史; 増田 慎也; 田中 将志; 山陰 一; 村中 和哉; 井上 隆之; 北野 隆司; 真田 樹義; 石井 好二郎; 日下部 徹; 島津 章; 浅原 哲子
      肥満研究, Sep. 2017
    • 睡眠障害と骨折リスク 睡眠および骨・骨格筋代謝に及ぼす身体活動の影響
      石井 好二郎
      日本骨粗鬆症学会雑誌, Sep. 2017
    • 健康長寿のための体力・スポーツ医科学的役割 筋肉のフレイリティー理解と研究の現状
      石井 好二郎
      体力科学, Jun. 2017
    • Yearlong Walking Exercise Improves Depression and Health-related Quality of Life in Older Adults
      Aoki Takumi; Sakuma Haruo; Ishii Kojiro
      MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, May 2017
    • Relationships of Objectively Measured Parent-Child Physical Activity and Sedentary Behavior in Toddlers
      Komura Keisuke; Ishii Kojiro
      MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, May 2017
    • Appropriate Physical Activity on Mental Health in Early Adolescents
      Kawakatsu Saki; Kokudo Shohei; Kasanami Ryoji; Nagano Mayumi; Ishii Kojiro
      MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, May 2017
    • 立ちくらみやめまいを有する運動選手に対するエゾウコギ食品摂取が安静時および起立試験時の心臓自律神経活動に及ぼす影響
      佐藤 健; 増田 和也; 福田 宗孝; 青木 拓巳; 石井 好二郎
      日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, Apr. 2017
    • 肥満者における糖代謝項目と心拍変動自律神経活動項目の関連について
      福田 宗孝; 湯澤 章; 浅原 哲子; 村中 和哉; 山陰 一; 真田 樹義; 石井 好二郎
      日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, Apr. 2017
    • 2ステップテストと体重支持指数および体力テストとの関連性
      伊藤 祐希; 近藤 晃子; 香村 恵介; 大場 友裕; 福田 宗孝; 湯澤 章; 青木 拓巳; 石井 好二郎
      日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, Apr. 2017
    • BMIの違いによるメタボリックシンドロームリスク項目および心拍変動自律神経活動項目の差異について
      福田 宗孝; 湯澤 章; 浅原 哲子; 村中 和哉; 山陰 一; 真田 樹義; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2017
    • 佐賀県在住小中学生における身体活動、座位行動とメンタルヘルスの関連性
      山津 幸司; 國土 将平; 笠次 良爾; 長野 真弓; 堤 公一; 石井 好二郎
      体力科学, Feb. 2017
    • 大規模調査から確認された思春期前期の子どもの身体活動とメンタルヘルス
      川勝 佐希; 國土 将平; 森田 憲輝; 鈴木 和弘; 渡邊 將司; 笠次 良爾; 上地 広昭; 長野 真弓; 山津 幸司; 堤 公一; 辻 延浩; 久米 大祐; 石井 好二郎
      体力科学, Feb. 2017
    • 子どもにおける運動・スポーツの意義とは? 身体活動の実施環境とヘルスアウトカムとの関連
      引原 有輝; 渡邊 將司; 石井 好二郎
      体力科学, Feb. 2017
    • 子どもの活動量評価の課題と児童・生徒用IPAQの妥当性について
      大島 秀武; 引原 有輝; 笠次 良爾; 石井 好二郎
      体力科学, Feb. 2017
    • 平成25〜27年度日本体力医学会プロジェクト研究の概要
      石井 好二郎; 足立 稔; 上地 広昭; 大島 秀武; 笠次 良爾; 川勝 佐希; 久米 大祐; 國土 将平; 香村 恵介; 鈴木 和弘; 辻 延浩; 堤 公一; 長野 真弓; 引原 有輝; 森田 憲輝; 山津 幸司; 渡邊 將司
      体力科学, 2017
    • サルコペニア肥満の評価法 ~その現状と問題点
      真田 樹義; 宮地 元彦; 石井 好二郎; 浅原 哲子
      体力科学, 2017
    • サルコペニア・フレイルupdate
      石井 好二郎; 葛谷 雅文
      体力科学, 2017
    • 骨格筋からみた肥満症の病態と治療 サルコペニア肥満の診断と体力及び生活習慣病発症リスク
      真田 樹義; 宮地 元彦; 石井 好二郎; 浅原 哲子
      肥満研究, Sep. 2016
    • 肥満者の心拍変動自律神経活動の変化と肥満症の進行は関連する
      福田 宗孝; 湯澤 章; 浅原 哲子; 山陰 一; 真田 樹義; 石井 好二郎
      肥満研究, Sep. 2016
    • 肥満者における骨格筋量とメタボリックシンドローム(MetS)リスク項目の推移の縦断的検討
      湯澤 章; 福田 宗孝; 真田 樹義; 浅原 哲子; 山陰 一; 渡邊 裕也; 石井 好二郎
      肥満研究, Sep. 2016
    • 日本人成人肥満男女を対象としたサルコペニア簡易評価法の開発
      古嶋 大詩; 石井 好二郎; 浅原 哲子; 真田 樹義
      肥満研究, Sep. 2016
    • 骨と筋肉のアンチエイジングの現在とこれから 若い女性の筋肉が危ない! 忍びよるサルコペニアの現状
      石井 好二郎
      日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, Jun. 2016
    • 12ヵ月間の歩行運動介入が高齢者の睡眠およびメンタルヘルスに与える影響
      青木 拓巳; 佐久間 春夫; 石井 好二郎
      日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, Jun. 2016
    • Indexes for Sarcopenia and Obesity Have The Difference Association with Metabolic Syndrome Risk Factors.
      Murakami Taichi; Miyachi Motohiko; Iemitsu Motoyuki; Murakami Haruka; Kawano Hiroshi; Gando Yuko; Kawakami Ryoko; Ishii Kojiro; Satoh-Asahara Noriko; Sanada Kiyoshi
      MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, May 2016
    • Intensity and Bouts of Physical Activity and Physical Activity Level in Pre-adolescent Children
      Komura Keisuke; Nakae Satoshi; Hirakawa Kazufumi; Ebine Naoyuki; Suzuki Kazuhiro; Ozawa Haruo; Yamada Yosuke; Kimura Misaka; Ishii Kojiro
      MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, May 2016
    • The Impact Of Physical Activity On Mental Health In The Early Japanese Adolescence
      Kawakatsu Saki; Kokudo Shohei; Kasanami Ryoji; Nagano Mayumi; Ishii Kojiro
      MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, May 2016
    • Reliability Of Step Counts Measured By Activity Monitors In Patients With Abnormal Gait
      Oba Tomohiro; Iwase Hiroaki; Ishii Kojiro; Sawada Susumu
      MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, May 2016
    • フレイル予防と鍼灸 超高齢社会に対する鍼灸師の意義 これまでのサルコペニアこれからのサルコペニアそして新たな概念フレイル
      石井 好二郎
      全日本鍼灸学会学術大会抄録集, May 2016
    • 部位別全身筋肉量とメタボリックシンドロームリスク項目との関連について
      湯澤 章; 福田 宗孝; 大極 悠喜; 浅原 哲子; 村中 和哉; 真田 樹義; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2016
    • 腹部筋厚とメタボリックシンドロームリスク項目との関連について
      福田 宗孝; 湯澤 章; 大極 悠喜; 浅原 哲子; 村中 和哉; 真田 樹義; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2016
    • サルコペニア・フレイル・ロコモティブシンドロームを整理する サルコペニアおよびサルコペニア肥満の簡易推定法
      真田 樹義; 宮地 元彦; 石井 好二郎; 浅原 哲子
      体力科学, Feb. 2016
    • 肥満者における内臓脂肪体積
      後藤 一成; 真田 樹義; 石井 好二郎; 浅原 哲子
      体力科学, Feb. 2016
    • 内臓脂肪体積と強度および種類で分類した身体活動量との関係
      真田 樹義; 石井 好二郎; 浅原 哲子
      体力科学, Feb. 2016
    • サルコペニア・フレイル・ロコモティブシンドロームを整理する
      石井 好二郎; 吉川 貴仁
      体力科学, 2016
    • サルコペニアおよびサルコペニア肥満の簡易推定法
      真田 樹義; 宮地 元彦; 石井 好二郎; 浅原 哲子
      体力科学, 2016
    • 子どもの身体活動とメンタルヘルス
      石井 好二郎; 岡 浩一朗
      体力科学, 2016
    • 07発−25−ポ−02 加速度計を用いた幼児期前期小児における平日・週末の身体活動量および座位行動時間の検討
      香村 恵介; 石井 好二郎
      日本体育学会大会予稿集, 2016
    • 08測−24−ポ−28 下半身陽圧負荷トレッドミルによる体重免荷と走速度の組み合わせが酸素消費量に及ぼす影響
      石井 好二郎
      日本体育学会大会予稿集, 2016
    • 肥満者におけるサルコペニア簡易推定法の妥当性
      古嶋 大詩; 家光 素行; 浜岡 隆文; 石井 好二郎; 浅原 哲子; 真田 樹義
      体力科学, Dec. 2015
    • 児童におけるLifecorderを用いた身体活動強度分析方法のレビュー
      香村 恵介; 石井 好二郎
      体力科学, Dec. 2015
    • 中学生のスポーツ活動別の抑うつ傾向ならびに首尾一貫感覚(SOC)の特徴
      川勝 佐希; 國土 将平; 笠次 良爾; 長野 真弓; 石井 好二郎
      体力科学, Dec. 2015
    • 地域在住高齢者におけるQuality Of Lifeとロコモティブシンドローム危険度との関連について
      湯澤 章; 大極 悠喜; 大場 友裕; 石井 好二郎
      体力科学, Dec. 2015
    • 10-20歳代男女2000名における骨格筋量の1年刻み変化
      宮崎 亮; 石井 好二郎; 綾部 誠也; 三輪 佳行; 吉川 敏一; 森脇 久隆; 米井 嘉一
      体力科学, Dec. 2015
    • 下半身陽圧負荷を利用した体重免荷がトレッドミル走行時の酸素消費量に及ぼす影響
      大場 友裕; 石井 好二郎
      体力科学, Dec. 2015
    • 地域高齢者のロコモ診断ツール(ロコモ25)に関連する簡便な身体測定項目
      福田 宗孝; 濱口 幹太; 石井 好二郎
      体力科学, Dec. 2015
    • 小学校低学年児童における身体活動量を確保する取り組みについて 元気っずクラブを通じて
      村田 トオル; 石井 好二郎
      体力科学, Dec. 2015
    • 地域における子どもの健康運動を促進する取り組みについて
      村田 トオル; 石井 好二郎
      日本公衆衛生学会総会抄録集, Oct. 2015
    • 老若男女のエクササイズ・サイエンス
      石井 好二郎
      日本未病システム学会学術総会抄録集, Sep. 2015
    • 女子アイスホッケーならびにスピードスケート選手における主観的な月経状況と身体特性および栄養摂取状況
      佐々木 将太; 森 由佳; 川口 亜佑子; 東郷 将成; 保科 圭汰; 山口 太一; 石井 好二郎; 石井 洋
      日本未病システム学会学術総会抄録集, Sep. 2015
    • 小児における身体活動レベル別の身体活動量 二重標識水法および加速度計法を用いた検討
      香村 恵介; 中江 悟司; 平川 和文; 海老根 直之; 鈴木 和弘; 小澤 治夫; 山田 陽介; 木村 みさか; 石井 好二郎
      日本未病システム学会学術総会抄録集, Sep. 2015
    • 入院患者における活動量計の歩数計測の正確性
      大場 友裕; 岩瀬 弘明; 石井 好二郎
      日本未病システム学会学術総会抄録集, Sep. 2015
    • 肥満者における自律神経活動とメタボリックシンドローム関連項目
      大極 悠喜; 浅原 哲子; 村中 和哉; 湯澤 章; 福田 宗孝; 真田 樹義; 石井 好二郎
      日本未病システム学会学術総会抄録集, Sep. 2015
    • 42ヵ月間の身体活動量増進プログラム期間における中高齢者男女の歩数推移
      宮崎 亮; 米井 嘉一; 綾部 誠也; 青木 拓巳; 河口 八重子; 桑原 健輔; 石井 好二郎
      健康支援, Sep. 2015
    • 女性のヘルスケアとしての「運動器の健康」 これまでのサルコペニアこれからのサルコペニア
      石井 好二郎
      更年期と加齢のヘルスケア学会・日本サプリメント学会学術集会プログラム・抄録集, Sep. 2015
    • サルコペニア肥満の病態とその治療 サルコペニアおよびサルコペニア肥満の定義とコンセンサス
      石井 好二郎
      日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集, Jun. 2015
    • サルコペニア肥満の病態とその治療 サルコペニア肥満とSite-specificサルコペニア
      浅原 哲子; 石井 好二郎; 真田 樹義
      日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集, Jun. 2015
    • 肥満は病気?治療は必要なの? 運動の実際 効果を高める運動療法
      石井 好二郎
      日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集, Jun. 2015
    • サルコペニアと骨粗鬆症 サルコペニアの評価法
      真田 樹義; 宮地 元彦; 石井 好二郎; 浅原 哲子
      日本骨形態計測学会雑誌, May 2015
    • サルコペニア・フレイルを整理して理解する サルコペニア肥満とSite-specificサルコペニア
      真田 樹義; 宮地 元彦; 浅原 哲子; 石井 好二郎
      体力科学, Apr. 2015
    • 20歳以上日本人男女1万例における骨格筋量の加齢変化
      宮崎 亮; 石井 好二郎; 綾部 誠也; 三輪 佳行; 吉川 敏一; 森脇 久隆; 長谷川 力; 平石 貴補; 鳥居 和久; 日比野 佐和子; 高橋 洋子; 米井 嘉一
      健康支援, Feb. 2015
    • スポーツ用段階的弾性ソックスの着用が有酸素性作業能へ及ぼす影響
      木綿 希望; 綾部 誠也; 下石 怜央; 高戸 仁郎; 犬飼 義秀; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2015
    • 地域高齢者におけるロコチェック診断ツール(ロコモ25)と関連する要因について
      濱口 幹太; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2015
    • Quality Of Lifeとロコモ及び身体的特性の関連について
      大場 友裕; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2015
    • 1.5年間の身体活動増加プログラム期間における中高齢者の筋量変化とインスリン感受性との関連
      宮崎 亮; 米井 嘉一; 綾部 誠也; 石井 好二郎
      体力科学, Dec. 2014
    • 中学生の抑うつ傾向に対する至適な身体活動量(IPAQ)の検討
      川勝 佐希; 國土 将平; 笠次 良爾; 石井 好二郎
      体力科学, Dec. 2014
    • 長距離走走行時のストライドと心拍数の変化から乳酸作業閾値時走速度を推定する試み
      濱口 幹太; 瀧澤 一騎; 山口 太一; 石井 好二郎
      体力科学, Dec. 2014
    • 高齢者を中心とした地域住民のロコチェック合計点と下肢最大筋力および二重課題遂行能力の関連について
      大場 友裕; 山田 実; 助川 智之; 石井 好二郎
      体力科学, Dec. 2014
    • サルコペニア肥満とSite-specificサルコペニア
      真田 樹義; 宮地 元彦; 浅原 哲子; 石井 好二郎
      肥満研究, Oct. 2014
    • 未病対策としてのスポーツの効果 サルコペニア、フレイル、肥満の関連、及びそれらに及ぼす身体活動の影響
      石井 好二郎
      日本未病システム学会学術総会抄録集, Oct. 2014
    • 中高齢者男女における骨格筋量と連続歩行時間、インスリン様成長因子およびBMIとの相互関係
      宮崎 亮; 米井 嘉一; 綾部 誠也; 石井 好二郎
      肥満研究, Oct. 2014
    • 運動の実際 効果を高める運動療法
      石井 好二郎
      日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集, Jul. 2014
    • Relationships between Site-specific Sarcopenia and Metabolic Syndrome in Obese Patients
      Ido Ayumi; Nakayama Yuki; Satoh-Asahara Noriko; Muranaka Kazuya; Sasaki Yousuke; Ishii Kojiro; Sanada Kiyoshi
      MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, May 2014
    • 42ヵ月間の身体活動増加プログラム期間における中高齢者男女の歩数推移
      宮崎 亮; 米井 嘉一; 綾部 誠也; 青木 拓巳; 河口 八重子; 桑原 健輔; 石井 好二郎
      体力科学, Feb. 2014
    • 質問紙による中学生期における身体活動量と抑うつ傾向の関連性について 学年差に着目して
      川勝 佐希; 笠次 良爾; 國土 将平; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2014
    • 12ヵ月間の歩行運動介入が高齢者の主観的な睡眠の質に与える影響
      青木 拓巳; 石井 好二郎; 佐久間 春夫
      健康支援, Feb. 2014
    • 自己記入式質問紙による中学生の身体活動量とメンタルヘルスの関連性の検討
      川勝 佐希; 笠次 良爾; 國土 将平; 石井 好二郎
      体力科学, Dec. 2013
    • 「里山歩き」を通じたウエルネス型ソーシャル・イノベーションの実証的研究
      芝山 隆史; 石井 好二郎
      日本公衆衛生学会総会抄録集, Oct. 2013
    • 2年間の身体活動増加プログラム期間における肥満中高齢者と非肥満者の歩数推移
      宮崎 亮; 米井 嘉一; 綾部 誠也; 石井 好二郎
      肥満研究, Sep. 2013
    • 国際標準化身体活動質問票(IPAQ)生徒期用の妥当性の検証
      中山 侑紀; 中田 由夫; 川勝 佐希; 青木 拓巳; 大島 秀武; 井門 あゆみ; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2013
    • 質問紙による中学生期における身体活動とメンタルヘルスの実態調査
      川勝 佐希; 笠次 良爾; 國土 将平; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2013
    • 歩行を主とした運動介入が地域在住高齢者のQOLに与える影響
      青木 拓巳; 桐谷 純平; 宮崎 亮; 河口 八重子; 石井 好二郎; 佐久間 春夫
      健康支援, Feb. 2013
    • 高齢者を中心とした地域住民の歩数と筋量の関係について
      井門 あゆみ; 宮崎 亮; 河口 八重子; 青木 拓巳; 川勝 佐希; 中山 侑紀; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2013
    • ウォームアップにおけるストレッチングがパフォーマンスに及ぼす影響
      山口 太一; 石井 好二郎
      体力科學, 01 Feb. 2013
    • 14介-30-ポ-08 歩行運動介入が高齢者のメンタルヘルスの予防・改善に及ぼす効果(14 介護福祉・健康づくり,一般研究発表抄録)
      青木 拓巳; 石井 好二郎; 佐久間 春夫
      日本体育学会大会予稿集, 2013
    • 歩行を主とした運動介入が高齢者の睡眠及びメンタルヘルスに与える影響
      青木 拓巳; 佐久間 春夫; 河口 八重子; 宮崎 亮; 石井 好二郎
      体力科学, Dec. 2012
    • 子どもの高強度活動が1日の身体活動レベルに及ぼす影響
      大島 秀武; 中江 悟司; 小澤 治夫; 平川 和文; 石井 好二郎
      体力科学, Dec. 2012
    • 自己記入式質問紙による中学生の身体活動量とメンタルヘルスの関連性の検討
      川勝 佐希; 國土 将平; 笠次 良爾; 石井 好二郎
      体力科学, Dec. 2012
    • 二重標識水法による農漁村部ならびに都市部児童のエネルギー消費量
      石井 好二郎; 中江 悟司; 平川 和文; 鈴木 和弘; 小澤 治夫
      体力科学, Dec. 2012
    • 長期間歩行を実施した高齢者の除脂肪量ならびにその背景
      河口 八重子; 宮崎 亮; 青木 拓巳; 島田 淳子; 坂根 直樹; 米井 嘉一; 石井 好二郎
      肥満研究, Sep. 2012
    • 中年者の高濃度茶カテキン飲料摂取が強度の異なる有酸素運動中のエネルギー代謝に及ぼす影響
      宮崎 亮; 綾部 誠也; 和氣坂 卓也; 竹下 尚男; 片嶋 充弘; 山内 武; 木下 藤寿; 高石 鉄雄; 田中 茂穂; 米井 嘉一; 石井 好二郎
      肥満研究, Sep. 2012
    • 運動習慣と健康に対する意識を考慮した栄養改善介入の必要性の検討
      島田 淳子; 宮崎 亮; 河口 八重子; 石井 好二郎; 米井 嘉一
      肥満研究, Sep. 2012
    • 肥満症・生活習慣病予防・改善のための運動処方
      石井 好二郎
      日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集, Jun. 2012
    • 要支援中高齢者にみられる身体機能の特徴の分析
      藪北 寛之; 宮崎 亮; 小椋 真里; 埜本 慶太郎; 石井 好二郎; 米井 嘉一
      日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, Jun. 2012
    • 地域中高齢者を対象とした、長期間の歩数計中心の運動プログラムとアンチエイジング検診の併用効果(第3報)
      宮崎 亮; 石井 好二郎; 綾部 誠也; 藪北 寛之; 埜本 慶太郎; 河口 八重子; 青木 拓巳; 八木 雅之; 市川 寛; 米井 嘉一
      日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, Jun. 2012
    • 1万歩を目標とした2.5年間の歩数計を用いた身体活動増進プログラムにおける中高齢者の週間歩数の推移
      宮崎 亮; 米井 嘉一; 綾部 誠也; 河口 八重子; 青木 拓巳; 桑原 健輔; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2012
    • 高齢者の日内歩行パターンの性差、個人差、および季節変動について
      河口 八重子; 宮崎 亮; 青木 拓巳; 桑原 健輔; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2012
    • 地域在住高齢者の歩行運動実践が医療費及び健康診断データに及ぼす影響
      桑原 健輔; 青木 拓巳; 宮崎 亮; 河口 八重子; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2012
    • 歩行を主とした運動介入が高齢者の睡眠に及ぼす影響
      青木 拓巳; 宮崎 亮; 桑原 健輔; 河口 八重子; 石井 好二郎
      健康支援, Feb. 2012
    • グリセミック指数の高低が1日のエネルギー消費量および酸化基質に及ぼす影響 ヒューマンカロリーメーターによる検討
      石井 好二郎; 海老根 直之; 中江 悟司; 宮崎 亮; 宮崎 志帆; 島田 淳子
      体力科学, Dec. 2011
    • Very Short Bouts of Non-Exercise Physical Activity Associated With Blood Cholesterol, Fasting Glucose, and Metabolic Syndrome Under Free-Living Condition in Japanese Female Adults
      Ayabe Makoto; Kumahara Hideaki; Morimura Kazuhiro; Miyazaki Ryo; Ishii Kojiro; Yonei Yoshikazu; Tanaka Hiroaki
      OBESITY, Nov. 2011
    • 健康を維持増進させる運動の強度と指標 健康を維持増進させる運動が続けられないのはナゼだろう?
      石井 好二郎
      Health and Behavior Sciences, Oct. 2011
    • スポーツによる内科的急性障害 暑さ対策・熱中症対策
      石井 好二郎
      日本臨床スポーツ医学会誌, Oct. 2011
    • 肥満の運動療法
      石井 好二郎
      肥満研究, Sep. 2011
    • ウォーキングに取り組む高齢者の集団での食事栄養面での課題と栄養教育の必要性
      島田 淳子; 宮崎 亮; 石井 好二郎; 米井 嘉一
      肥満研究, Sep. 2011
    • 中高齢者に対する高濃度茶カテキン飲料摂取がLDLに及ぼす効果
      宮崎 亮; 石井 好二郎; 小谷 和彦; 津崎 こころ; 綾部 誠也; 島田 淳子; 坂根 直樹; 高瀬 秀人; 市川 寛; 米井 嘉一
      肥満研究, Sep. 2011
    • 地域中高齢者を対象とした、長期間の歩数計中心の運動プログラムとアンチエイジング検診の併用効果(第2報)
      宮崎 亮; 石井 好二郎; 市川 寛; 米井 嘉一
      日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, Apr. 2011
    • 歩行を中心とした運動プログラムが、中高齢者の健康指標に与える影響
      宮崎 亮; 石井 好二郎; 市川 寛; 米井 嘉一
      体力科学, Dec. 2010
    • 運動介入中の歩数変化量が、中高齢者の心疾患リスク項目に与える影響 65歳以上・未満の比較
      宮崎 亮; 石井 好二郎; 東 保子; 千葉 仁志; 林 貢一郎; 山津 幸司
      肥満研究, Sep. 2010
    • 積雪地方における高校女子陸上長距離走選手の体組成の冬期間の変化
      只野 奏子; 遠山 晴一; 石井 好二郎; 齋藤 美夏
      体力科学, Jun. 2010
    • 地域保健における内臓脂肪症候群危険因子保有者に対する歩数計および印刷物を用いた軽負担の健康教育の評価
      佐々木 将太; 平林 里佳; 藤原 奈緒; 入田 明子; 青井 渉; 石井 好二郎; 東 あかね
      日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, May 2010
    • 地域医療とアンチエイジング 地域中高齢者を対象とした、長期間の歩数計中心の運動プログラムとアンチエイジング検診の併用効果
      宮崎 亮; 石井 好二郎; 市川 寛; 米井 嘉一
      日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, May 2010
    • ストレッチングでこころとからだをアンチエイジング
      山口 太一; 石井 好二郎
      日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, May 2010
    • アンチエイジングを強める運動療法 運動はなぜアンチエイジングに有効なのか
      石井 好二郎
      日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, May 2010
    • 食事摂取基準と小児の身体活動
      海老根 直之; 中江 悟司; 引原 有輝; 足立 稔; 石井 好二郎
      体力科學, 01 Feb. 2010
    • 小児の体力低下・肥満と身体活動 : エビデンスに基づく対策の提言
      石井 好二郎
      体力科學, 01 Feb. 2010
    • 小児の体力低下・肥満と身体活動 エビデンスに基づく対策の提言 食事摂取基準と小児の身体活動
      海老根 直之; 中江 悟司; 引原 有輝; 足立 稔; 石井 好二郎
      体力科学, Feb. 2010
    • Community Medicine and Anti-Aging: Effects of Combining a Long-Term Pedometer-Based Physical Activity Program with Anti-Aging Medical Checkups on Health and Anti-Aging Medical Indicators in Community-Dwelling Older Adults (Yurin Study 1):Effects of Combi
      Miyazaki Ryo; Ishii Kojiro; Ichikawa Hiroshi; Yonei Yoshikazu
      ANTI-AGING MEDICINE, 2010
    • 食後からの経過時間がアスリートにおける中等度有酸素運動時の糖質および脂質酸化率に及ぼす影響
      佐々木 将太; 中江 悟司; 海老根 直之; 青井 渉; 東 あかね; 石井 好二郎
      日本スポーツ栄養研究誌, Dec. 2009
    • 腕クランキング運動でのウォーミングアップが上腕二頭筋伸張性収縮による遅発性筋痛に及ぼす影響
      瀧澤 一騎; 相馬 俊雄; 山口 太一; 石川 知志; 石井 好二郎
      体力科学, Dec. 2009
    • dynamicストレッチングにstaticストレッチングを組み合わせたプロトコルが膝伸展パワーに及ぼす影響
      山口 太一; 石井 好二郎
      体力科学, Dec. 2009
    • 食事摂取タイミングが中等度有酸素運動中の脂質酸化に与える影響
      佐々木 将太; 中江 悟司; 海老根 直之; 青井 渉; 石井 好二郎
      体力科学, Dec. 2009
    • 異強度・仕事量のウォーミングアップが最大運動のパフォーマンスに及ぼす影響
      瀧澤 一騎; 石井 好二郎
      新潟医療福祉学会誌, Oct. 2009
    • 肥満症治療の進歩と今後の展望 体重減少、身体機能向上をもたらす運動指導
      石井 好二郎
      肥満研究, Sep. 2009
    • 高濃度茶カテキン飲料と歩行運動の継続併用が肥満及びメタボリックシンドロームのリスク項目に及ぼす影響
      高瀬 秀人; 原田 潮; 宮崎 亮; 石井 好二郎
      日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, May 2009
    • 児童を対象とした加速度計によるエネルギー消費量測定法の妥当性
      中江 悟司; 石井 好二郎; 山田 陽介; 木村 みさか; 鈴木 和弘; 小澤 治夫
      体力科学, Apr. 2009
    • ウォーキングが中年勤労男性の抗加齢指標に及ぼす影響 アンチエイジングドックシステムを利用したパイロット研究
      宮崎 亮; 藤岡 紀子; 岩林 正明; 埜本 慶太郎; 高橋 穂澄; 浜田 梅之井; 日比野 佐和子; 高橋 洋子; 市川 寛; 石井 好二郎; 米井 嘉一
      日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, Apr. 2009
    • 329. 加速度データに基づく児童の歩行・走行状態の判別方法の検討(加齢・性差,一般口演,第63回日本体力医学会大会)
      大島 秀武; 川口 加織; 渡邊 將司; 佐々木 将太; 中江 悟司; 石井 好二郎
      体力科學, 01 Dec. 2008
    • 386. 短縮性収縮筋活動でのウォーミングアップが遅発性筋痛に及ぼす影響(トレーニング,一般口演,第63回日本体力医学会大会)
      瀧澤 一騎; 山地 啓司; 相馬 俊雄; 石川 知志; 石井 好二郎
      体力科學, 01 Dec. 2008
    • 385. 体幹部の姿勢変化がペダリング時の筋活動およびトルク動態に及ぼす影響(トレーニング,一般口演,第63回日本体力医学会大会)
      高嶋 渉; 石井 好二郎; 山口 太一; 高石 鉄雄
      体力科學, 01 Dec. 2008
    • 歩行運動と高濃度茶カテキン飲料摂取の併用がメタボリックシンドロームの健康指標に及ぼす影響
      宮崎 亮; 石井 好二郎; 高瀬 秀人; 原田 潮
      肥満研究, Sep. 2008
    • 肥満症治療の新たな展開 保健指導の現場で使える運動療法
      石井 好二郎
      肥満研究, Sep. 2008
    • Effects of a walking program using pedometers and newsletters for preventing lifestyle-related diseases of elderly men and women
      Miyazaki Ryo; Azuma Yoriko; Koyama Nao; Yamatsu Koji; Hayashi Koichiro; Chiba Hitoshi; Ishii Kojiro
      JOURNAL OF AGING AND PHYSICAL ACTIVITY, Jul. 2008
    • カロリー制限とダイエット 運動による肥満の改善とアンチエイジング
      石井 好二郎
      日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, Jun. 2008
    • 330. 暑熱環境下における短時間激運動前の至適ウォーミングアップ(トレーニング,第62回日本体力医学大会)
      瀧澤 一騎; 石井 好二郎
      体力科學, 01 Dec. 2007
    • 149. メタボリックシンドロームの有無、および生活習慣が脈波伝播速度に及ぼす影響(呼吸・循環,第62回日本体力医学会大会)
      東 保子; 林 貢一郎; 山津 幸司; 高嶋 渉; 中江 悟司; 宮崎 亮; 千葉 仁志; 石井 好二郎
      体力科學, 01 Dec. 2007
    • 二重標識水法を用いた児童における簡易エネルギー消費量推定法の検討
      中江 悟司; 山田 陽介; 木村 みさか; 鈴木 和弘; 小澤 治夫; 石井 好二郎
      肥満研究, Sep. 2007
    • 4. A combined home- and group-based exercise program for elderly care prevention : Using walking and step exercise
      YAMATSU KOJI; AZUMA YORIKO; NAKAE SATOSHI; CHIBA HITOSHI; ISHII KOJIRO
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Aug. 2007
    • 2. A difference in factors of static and dynamic stretching-induced change in power output
      YAMAGUCHI TAICHI; ISHII KOJIR.O; TAKASHIMA WATARU; YAMANAKA MASANORI; YASUDA KAZUNORI
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Aug. 2007
    • 1. A comparison of effect on new and continuous participants in the program of home-based training and a weekly exercise class. Laboratory of Human Performance & Fitness, Hokkaido University
      AZUMA YORIKO; TAKASHIMA WATARU; NAKAE SATOSHI; SAITO MINATSU; ISHII KOJIRO; YAMATSU KOJI; CHIBA HITOSHI
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Aug. 2007
    • 正常肥満度指数で高体脂肪を有する青年期女性におけるリポ蛋白代謝、インスリン抵抗性およびアディポサイトカインについての検討
      岸本 憲明; 西條 泰明; 石井 好二郎; 佐久間 一郎; 岸 玲子; 筒井 裕之
      日本循環器病予防学会誌, Mar. 2007
    • 子どもの体力向上に取り組んだ学校の特徴
      樽谷 将志; 小林 博隆; 林 正孝; 二瓶 明紀; 中嶋 由佳; 小澤 治夫; 石井 好二郎; 鈴木 和弘; 西嶋 尚彦
      発育発達研究, 2007
    • 児童における歩行から走行への自発的推移が起こる速度とそのエネルギー消費量
      中江 悟司; 石井 好二郎; 小林 博隆; 樽谷 将志; 小澤 治夫
      発育発達研究, 2007
    • 生徒期におけるスポーツ活動への参加が高校3年生時の体格に及ぼす影響
      高野 圭; 中江 悟司; 石井 好二郎
      発育発達研究, 2007
    • 601. 全国高校駅伝出場校女子長距離選手の身体組成, 骨密度, 血液性状および月経状態(スポーツと疾患, 第61回 日本体力医学会大会)
      齋藤 美夏; 石井 好二郎; 遠山 晴一
      体力科學, 01 Dec. 2006
    • 393. static ストレッチングおよび dynamic ストレッチングが力 : パワー関係に及ぼす急性の効果(トレーニング, 第61回 日本体力医学会大会)
      山口 太一; 石井 好二郎; 高嶋 渉; 稲森 謙吾; 山中 正紀; 安田 和則
      体力科學, 01 Dec. 2006
    • 391. 前運動における負荷の違いが力-速度-パワー関係に及ぼす影響(トレーニング, 第61回 日本体力医学会大会)
      稲森 謙吾; 石井 好二郎; 高嶋 渉; 山口 太一; 安田 和則
      体力科學, 01 Dec. 2006
    • 367. 姿勢変化が最大下自転車運動におけるペダリング動態に及ぼす影響(トレーニング, 第61回 日本体力医学会大会)
      高嶋 渉; 石井 好二郎; 稲森 謙吾; 山口 太一; 山中 正紀; 高石 鉄雄
      体力科學, 01 Dec. 2006
    • 310. 在宅運動と健康教室の併用プログラムが高齢者の下肢筋力, 歩行能力および全身持久力に及ぼす影響(加齢・性差, 第61回 日本体力医学会大会)
      東 保子; 岩田 貴士; 山口 太一; 高嶋 渉; 加藤 華奈子; 稲森 謙吾; 田中 佑樹; 中江 悟司; 山中 正紀; 千葉 仁志; 石井 好二郎
      体力科學, 01 Dec. 2006
    • 84. 上腕屈筋群の伸張性収縮筋活動前におけるウォーミングアップの効果(運動器, 第61回 日本体力医学会大会)
      瀧澤 一騎; 相馬 俊雄; 野坂 和則; 石川 知志; 石井 好二郎
      体力科學, 01 Dec. 2006
    • 肥満・肥質と合併症-病態 正常BMI高体脂肪青年期女性におけるインスリン抵抗性、アディポサイトカインおよびリポ蛋白代謝についての検討
      岸本 憲明; 佐久間 一郎; 石井 好二郎; 西條 泰明; 千葉 仁志; 岸 玲子; 筒井 裕之
      糖尿病合併症, Sep. 2006
    • 3. Acute effect of dynamic stretching exercise on the forcepower relationship in dynamic constant external resistance (DCER) leg extension
      YAMAGUCHI TAICHI; ISHII KOJIRO; TAKASHIMA WATARU; INAMORI KENGO; YAMANAKA MASANORI; YASUDA KAZUNORI
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Aug. 2006
    • 2. Effect of the program of home-based training and a weekly exercise class on cardiac autonomic nervous system activity in elderly women
      AZUMA YORIKO; TAKAYAMA KOSAKU; IWATA TAKASHI; YAMAGUCHI TAICHI; TAKASHIMA WATARU; KATO KANAKO; INAMORI KENGO; TANAKA YUKI; NAKAE SATOSHI; ISHII KOJIRO
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Aug. 2006
    • 1. Promoting children's physical activity by means of pedometer and printed matter : A feasibility study
      NAKAE SATOSHI; ISHII KOJIRO; KATO KANAKO; OSHIMA YOSHITAKE
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Aug. 2006
    • 歩数計および印刷物を用いたアプローチは児童の身体活動量を増加させるか
      中江 悟司; 石井 好二郎; 加藤 華奈子; 大島 秀武
      発育発達研究, 2006
    • 392.歩数計および加速度計を用いた日常身体活動量の評価(生活・健康,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
      熊原 秀晃; 石井 好二郎; 田中 宏暁
      体力科學, 01 Dec. 2005
    • 383.児童における加速度計式歩数計の精度および有用性(生活・健康,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
      中江 悟司; 石井 好二郎; 加藤 華奈子; 大島 秀武
      体力科學, 01 Dec. 2005
    • 377.自立高齢者向けの乳酸性作業閾値の個人差に対応した運動処方作成方法の提案(生活・健康,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
      綾部 誠也; 石井 好二郎; 田中 宏暁
      体力科學, 01 Dec. 2005
    • 349.繰り返しジャンプ前のMVC発揮が跳躍高に及ぼす影響(トレーニング,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
      稲森 謙吾; 石井 好二郎; 山口 太一; 高嶋 渉
      体力科學, 01 Dec. 2005
    • 334.クロスカントリースキー選手の筋活動特性 : トレーニング周期に注目した検討(トレーニング,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
      高嶋 渉; 石井 好二郎; 山口 太一; 安田 和則
      体力科學, 01 Dec. 2005
    • 325.間欠的ジャンプのパフォーマンス向上ならびに維持に適した跳躍間のトリートメントはなにか?(トレーニング,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
      山口 太一; 石井 好二郎; 高嶋 渉; 稲森 謙吾
      体力科學, 01 Dec. 2005
    • 292.1年間に渡る養護老人ホームにおけるステップ運動の効果(加齢・性差,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
      岩田 貴士; 石井 好二郎; 岸本 憲明; 佐久間 一郎; 田中 宏暁
      体力科學, 01 Dec. 2005
    • 266.歩数計によるIT機能およびソーシャルサポートを活用した児童の身体活動増加への試み(加齢・性差,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
      加藤 華奈子; 石井 好二郎; 中江 悟司; 大島 秀武
      体力科學, 01 Dec. 2005
    • 78.総仕事量を統一させたウォーミングアップがパフォーマンスおよび主運動中の筋活動へ及ぼす影響(運動器,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
      瀧澤 一騎; 石井 好二郎
      体力科學, 01 Dec. 2005
    • 女子大学生隠れ肥満症例におけるリポ蛋白代謝とアディポサイトカインについての検討
      岸本 憲明; 佐久間 一郎; 石井 好二郎; 西條 泰明; 岸 玲子; 筒井 裕之
      日本病態栄養学会誌, Nov. 2005
    • エリートランナーの夏季マラソン完走後の血漿過酸化脂質
      惠 淑萍; 石井 好二郎; 村井 毅; 黒澤 隆夫; 千葉 仁志
      臨床化学, Oct. 2005
    • アンジオテンシI変換酵素遺伝子多型と運動適応能
      飛奈 卓郎; 森 由香梨; 土井 由紀子; 中山 蕗; 赤木 ゆう子; 森 里子; 千葉 仁志; 石井 好二郎; 進藤 宗洋; 清永 明; 田中 宏暁
      臨床化学, Oct. 2005
    • エリートランナーにおける夏季のマラソン完走後の腎機能検査項目
      石井 好二郎; 惠 淑萍; 千葉 仁志
      臨床化学, Oct. 2005
    • 高齢者における歩数計の精度
      中江 悟司; 石井 好二郎; 大島 秀武
      肥満研究, Sep. 2005
    • 児童を対象とした身体活動増加アプローチの有効性
      加藤 華奈子; 石井 好二郎; 中江 悟志; 大島 秀武
      肥満研究, Sep. 2005
    • 6. The effect of bench-step exercise in a nursing home at Snow coverage area
      IWATA TAKASHI; ISHII KOJIRO; KISHIMOTO NORIAKI; SAKUMA ICHIRO; TANAKA HIROAKI
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Aug. 2005
    • 5. Approach to increase of physical activity via pedometry in children
      KATOH KANAKO; ISHII KOJIRO; OSHIMA YOSHITAKE
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Aug. 2005
    • 4. Validity of pedometer and accelerometer in children
      NAKAE SATOSHI; ISHII KOJIRO; KATO KANAKO; YAMAGUCHI TAICHI; OSHIMA YOSHITAKE
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Aug. 2005
    • 3. Muscle damage and soreness following 50km crosscountry ski race
      TAKASHIMA WATARU; ISHII KOJIRO; YAMAGUCHI TAICHI; TAKIZAWA KAZUKI; NOSAKA KAZUNORI
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Aug. 2005
    • 2. Effects of maximum voluntary contraction and static stretching on jumping performance
      INAMORI KENGO; ISHII KOJIRO; YAMAGUCHI TAICHI
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Aug. 2005
    • 1. Effect of static stretching on force-power relationship in knee extension
      YAMAGUCHI TAICHI; ISHII KOJIRO; YAMANAKA MASANORI; YASUDA KAZUNORI
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Aug. 2005
    • 児童を対象とした歩数計の妥当性研究
      中江 悟司; 石井 好二郎; 加藤 華奈子; 山口 太一; 大島 秀武
      健康支援, Feb. 2005
    • 歩数計を使用することによって,子どもを活動的にできるか?
      加藤 華奈子; 石井 好二郎; 大島 秀武
      健康支援, Feb. 2005
    • 心臓自律神経活動が運動介入による有酸素能力の改善に及ぼす影響
      高山 晃作; 石井 好二郎; 佐久間 一郎; 綾部 誠也; 進藤 宗洋; 田中 宏暁; 浜田 拓; 木村 哲也; 森谷 敏夫
      健康支援, Feb. 2005
    • 養護老人ホームにおけるステップ運動を用いた運動介入の効果
      岩田 貴士; 石井 好二郎; 岸本 憲明; 佐久間 一郎; 田中 宏暁
      健康支援, Feb. 2005
    • 通学合宿期間中の児童の心臓自律神経活動および尿中ホルモンの変化
      石井 好二郎; 中江 悟司; 坂井 麻美; 城後 豊
      健康支援, Feb. 2005
    • 08-26-ダンス-24 加速度計を内蔵した歩数計による小・中学校の活動量についての検討(08 測定評価,一般研究発表)
      樽谷 将志; 小澤 治夫; 鈴木 和弘; 西嶋 尚彦; 三島 利紀; 佐藤 毅; 石井 好二郎
      日本体育学会大会予稿集, 2005
    • 08-26-ダンス-16 大学生の歩行量の実態 : 生活環境、意識、嗜好、体力、季節などとの関係(08 測定評価,一般研究発表)
      鍋倉 賢治; 吉岡 利貢; 中垣 浩平; 石井 好二郎
      日本体育学会大会予稿集, 2005
    • 高齢者の生活活動動作能力 (ADL) とBMIの関係(スポーツ医学的研究/その他, 第59回日本体力医学会大会)
      岡部 哲子; 岡野 五郎; 石井 好二郎
      体力科學, 01 Dec. 2004
    • 高齢者および若年者における歩数と中強度活動時間の関係(生活・健康, 第59回日本体力医学会大会)
      綾部 誠也; 高山 晃作; 石井 好二郎; 清永 明; 進藤 宗洋; 田中 宏暁
      体力科學, 01 Dec. 2004
    • クロスカントリースキー選手の筋活動特性(トレーニング, 第59回日本体力医学会大会)
      高嶋 渉; 石井 好二郎; 瀧澤 一騎; 山口 太一; 安田 和則
      体力科學, 01 Dec. 2004
    • 静的ストレッチングは等張性筋活動時の発揮パワーを低下させるのか?(トレーニング, 第59回日本体力医学会大会)
      山口 太一; 石井 好二郎; 山中 正紀; 安田 和則
      体力科學, 01 Dec. 2004
    • 歩数計, 体脂肪計を使用することによって子どもを活動的にできるか?(加齢・性差, 第59回日本体力医学会大会)
      加藤 華奈子; 石井 好二郎; 大島 秀武
      体力科學, 01 Dec. 2004
    • 養護老人ホームにおける運動介入の効果(加齢・性差, 第59回日本体力医学会大会)
      岩田 貴士; 石井 好二郎; 岸本 憲明; 佐久間 一郎; 田中 宏暁
      体力科學, 01 Dec. 2004
    • 総仕事量を統一させたウォーミングアップのパフォーマンスに対する効果(呼吸・循環, 第59回日本体力医学会大会)
      瀧澤 一騎; 石井 好二郎
      体力科學, 01 Dec. 2004
    • 青年女性の正常体重肥満者および低体重正常体脂肪者の身体的特徴
      小林 範子; 石井 好二郎; 佐久間 一郎; 古田 伊都子; 櫻木 範明
      日本内分泌学会雑誌, Dec. 2004
    • 朝食摂取後の運動療法は安全性が高まり,米食はパン食より効果的である
      石井 好二郎; 佐久間 一郎
      肥満研究, Sep. 2004
    • 8. Effects of ore-exercise meal on glycometabolism and lipometabolism during exercise in the morning.
      OKABE TETSUKO; TAKIZAWA KAZUKI; ISHII KOJIRO; SAKUMA ICHIRO
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Aug. 2004
    • 4. Effects of static stretching and dynamic stretching on leg extension power.
      YAMAGUCHI TAICHI; ISHII KOJORO
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Aug. 2004
    • 3. Not to make fall to physical activity at second half in hot environment : effect of cooling in half time.
      TAKI-ZAWA KAZUKI; ISHII KOJIRO
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Aug. 2004
    • 若年女性隠れ肥満症例でのリポ蛋白代謝とアディポネクチンについての検討
      岸本 憲明; 佐久間 一郎; 石井 好二郎; 北畠 顕
      日本内科学会雑誌, Feb. 2004
    • 若年女性における"かくれ肥満"と血中脂質及びレプチン濃度
      佐久間 一郎; 岸本 憲明; 石井 好二郎; 小林 範子; 千葉 仁志; 北畠 顕
      日本未病システム学会雑誌, Jan. 2004
    • 569. 多メモリー加速度計測装置付歩数計を用いて評価した心臓リハビリテーション参加者の日常身体活動水準(リハビリテーション・運動療法)
      綾部 誠也; 石井 好二郎; 八尋 拓也; 清永 明; 進藤 宗洋; 田中 宏暁
      体力科學, 01 Dec. 2003
    • 499. 運動介入が高齢者の心臓自律神経活動動態に及ぼす影響(加齢・性差)
      高山 晃作; 石井 好二郎; 綾部 誠也; 佐久間 一郎; 進藤 宗洋; 田中 宏暁; 浜田 拓
      体力科學, 01 Dec. 2003
    • 243. ウォーミングアップによる神経-筋疲労と主運動のパフォーマンス(運動器)
      瀧澤 一騎; 石井 好二郎; 米澤 一也
      体力科學, 01 Dec. 2003
    • 134. 成年女子陸上長距離選手におけるサプリメントの摂取状況(生活・健康)
      中西 美恵子; 石井 好二郎; 渡辺 彩子; 杉浦 克己; 梶原 洋子; 小林 寛道
      体力科學, 01 Dec. 2003
    • 57. ストレッチングは筋力発揮を低下させるのか?(トレーニング)
      山口 太一; 石井 好二郎; 山中 正紀
      体力科學, 01 Dec. 2003
    • ウォーミングアップによる神経-筋疲労と主運動のパフォーマンス
      瀧澤 一騎; 石井 好二郎; 米澤 一也
      体力科学, Dec. 2003
    • 青年女性における正常体重肥満者及び低体重正常体脂肪者の身体的特徴
      石井 好二郎; 佐久間 一郎; 千葉 仁志; 小林 範子
      肥満研究, Oct. 2003
    • 長期間,低強度トレーニングによる骨格筋線維別CD36の変化
      村上 清英; 庄野 菜穂子; 千葉 仁志; 小林 邦彦; 石井 好二郎; 田中 宏暁
      臨床病理, Sep. 2003
    • 加齢に伴う体力の変化と遺伝的要因の関係
      飛奈 卓郎; 赤木 ゆう子; 森 由香梨; 千葉 仁志; 小林 邦彦; 石井 好二郎; 清永 明; 田中 宏暁
      臨床病理, Sep. 2003
    • エリートランナーにおける夏季のマラソン完走後の血液性状及び尿性状からコンディショニングを探る
      石井 好二郎; 井本 岳秋; 千葉 仁志; 小林 邦彦
      臨床病理, Sep. 2003
    • 化学発光検出HPLCによる血中過酸化脂質の分析
      惠 淑萍; 千葉 仁志; 村井 毅; 衛藤 雅昭; 斎藤 美恵子; 石井 好二郎; 小林 邦彦; 黒澤 隆夫
      臨床病理, Sep. 2003
    • 10. Effects of different techniques of antagonist stretching on initiation of voluntary movements
      YAMAGUCHI TAICHI; ISHII KOJIRO; YAMANAKA MASAKI
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Jun. 2003
    • 運動介入が高齢者の心臓自律神経活動動態に及ぼす影響
      高山 晃作; 石井 好二郎; 綾部 誠也; 田中 宏暁; 進藤 宗洋; 浜田 拓; 木村 哲也; 森谷 敏夫
      体力科学, Jun. 2003
    • 高齢者における主観的運動強度を用いた乳酸性作業閾値の簡易決定法
      綾部 誠也; 石井 好二郎; 高山 晃作; 飛奈 卓郎; 森 由香梨; 八尋 拓也; 清永 明; 進藤 宗洋; 田中 宏暁; 佐久間 一郎
      体力科学, Jun. 2003
    • ゆっくり走る? 速く走る? ランニング+α--シンポジウム趣旨(コーディネータとして) (シンポジウム 脂肪燃焼のためのランニング)
      石井 好二郎
      ランニング学研究, Mar. 2003
    • 若年女性における"かくれ肥満"と血中脂質およびレプチン濃度 (特集 第9回日本未病システム学会論文集)
      佐久間 一郎; 岸本 憲明; 石井 好二郎
      日本未病システム学会雑誌, 2003
    • 若年女性における"かくれ肥満"と血中脂質およびレプチン濃度
      石井 好二郎
      日本未病システム学会雑誌, 2003
    • 353.中学女子陸上長距離選手におけるサプリメントの摂取状況について(生活・健康)
      中西 美恵子; 石井 好二郎; 渡辺 彩子; 杉浦 克己; 梶原 洋子; 小林 寛道
      体力科學, Dec. 2002
    • 98.女子学生の骨塩量と身体組成,月経,血液性状,運動および食事との関連について(運動器)
      渡辺 彩子; 石井 好二郎; 佐久間 一郎
      体力科學, Dec. 2002
    • 35.有酸素運動時のウォーミングアップによる神経-筋機能亢進とパフォーマンス改善効果(運動器)
      滝沢 一騎; 石井 好二郎; 高澤 元; 山口 太一; 中西 美恵子; 米澤 一也
      体力科學, Dec. 2002
    • 17.ストレッチングテクニックの違いが随意運動制御に及ぼす影響(神経・感覚)
      山口 太一; 石井 好二郎; 滝澤 一騎; 高澤 元
      体力科學, Dec. 2002
    • 青年女性における身体組成タイプ別(正常体重肥満等)の性ホルモン分泌及び血中レプチン濃度
      石井 好二郎; 佐久間 一郎; 千葉 仁志; 小林 範子; 冨樫 健二
      肥満研究, Sep. 2002
    • 肥満小児に対する食事療法,運動療法が血中レプチン濃度とエネルギー代謝に及ぼす影響
      冨樫 健二; 増田 英成; 石井 好二郎; 宮崎 達崇; 川田 祐樹
      肥満研究, Sep. 2002
    • シンポジウム(3)子どものからだ
      佐竹 隆; 村瀬 智彦; 穐丸 武臣; 藤井 勝紀; 松本 健治; 石井 好二郎; 大澤 清二; 酒井 俊郎; 花井 忠征; 春日 晃章
      発育発達研究, 2002
    • 409.大学生のスポーツライフ・マネージメントに関する実態調査(【生活・健康】)
      渡辺 彩子; 石井 好二郎; 滝沢 一騎; 高澤 元; 山口 太一
      体力科學, 01 Dec. 2001
    • 338.常温環境下における短時間激運動前の至的ウォーミングアップについて(【環境】)
      高澤 元; 石井 好二郎; 滝沢 一騎; 木目 良太郎
      体力科學, 01 Dec. 2001
    • 329.寒冷環境下における短時間激運動前のウォーミングアップ(【環境】)
      滝沢 一騎; 石井 好二郎; 高澤 元; 木目 良太郎
      体力科學, 01 Dec. 2001
    • 51.ストレッチングテクニックの違いが動的・能動的股関節屈曲動作に与える影響(【運動器】)
      山口 太一; 田中 英登; 石井 好二郎
      体力科學, 01 Dec. 2001
    • 寒冷環境下における短時間激運動前のウォーミングアップ
      滝沢 一騎; 石井 好二郎; 高澤 元; 木目 良太郎
      体力科学, Dec. 2001
    • ストレッチングテクニックの違いが動的・能動的股関節屈曲動作に与える影響
      山口 太一; 田中 英登; 石井 好二郎
      体力科学, Dec. 2001
    • 21世紀を担う子どもたちの身体(からだ)は大丈夫か? 小児の体温と肥満及びその背景
      石井 好二郎
      日本体育学会大会号, Sep. 2001
    • 小児の体温と肥満およびその背景
      石井 好二郎
      日本体育学会大会号, 2001
    • 346.暑熱環境下運動時における実用的な頚部冷却装置の有効性について
      石井 好二郎; 菊地 邦雄; 小村 堯; 新畑 茂充; 藤本 繁夫; 前田 如矢
      体力科學, 01 Dec. 1998
    • 415.精神発達遅滞児における肥満の実態 : BMIを用いて
      石井 好二郎; 小村 〓; 新畑 茂充; 菊地 邦雄; 藤本 繁夫; 前田 如矢
      体力科學, 01 Dec. 1997
    • 44. 持久走が有酸素性運動能力に及ぼす影響
      菊地 邦雄; 新畑 茂充; 和田 正信; 石井 好二郎; 土路 恭子; 村木 里志
      日本運動生理学雑誌, 1997
    • 288.生体インピーダンスによる精神発達遅滞児(者)の体脂肪の評価
      石井 好二郎; 小村 堯; 新畑 茂充; 菊地 邦雄; 藤本 繁夫; 前田 如矢
      体力科學, 01 Dec. 1996
    • 227.被爆者の体力に及ぼすトレーニングの影響に関する縦断的研究
      菊地 邦雄; 山崎 昌廣; 和田 正信; 石井 好二郎; 土路 恭子; 村木 里志
      体力科學, 01 Dec. 1996
    • 寒冷環境下走行時における適正上衣について
      石井 好二郎; 新畑 茂充; 小村 堯; 菊地 邦雄; 豊岡 示朗
      日本体育学会大会号, 1996
    • 250.脊髄損傷者の暑熱環境下運動時における温熱生理学的分析
      石井 好二郎; 山崎 昌廣; 村木 里志; 小村 堯; 菊地 邦雄; 宮側 敏明; 藤本 繁夫; 前田 如矢
      体力科學, 01 Dec. 1995
    • 104.中高齢者の性別, 年代別からみた肺機能の特性
      菊地 邦雄; 山崎 昌廣; 高橋 裕美; 石井 好二郎; 土路 恭子; 村木 里志
      体力科學, 01 Dec. 1995
    • 352.運動時における脊髄損傷者の鼓膜温及び皮膚温
      石井 好二郎; 山崎 昌廣; 村木 里志; 小村 堯; 菊地 邦雄; 前田 如矢
      体力科學, 01 Dec. 1994
    • 284.中高齢者の体力に及ぼすトレーニングの影響に関する縦断的研究
      菊地 邦雄; 山崎 昌廣; 高橋 裕美; 石井 好二郎; 土路 恭子; 村木 里志
      体力科學, 01 Dec. 1994
    • 271.脊髄損傷者の長時間上肢運動時における麻痺部の皮膚血流量の変化
      村木 里志; 山崎 昌廣; 石井 好二郎; 菊地 邦雄
      体力科學, 01 Dec. 1994
    • Effect of Arm Exercise Intensity on Skin Blood Flow of the Paralyzed Area in Spinal Coed Injured Persons
      MURAKI Satoshi; YAMASAKI Masahiro; ISII Kojiro; KIKUCHI Kunio; SEKI Kunihiro
      The Annals of physiological anthropology, 1994
    • Effects of Sports Participation on the Psychological Characteristics in Spinal Cord Injured Persons
      YAMASAKI Masahiro; MURAKI Satoshi; ISHII Kojiro; KOMURA Takashi; KIKUCHI Kunio
      The Annals of physiological anthropology, 1994
    • 427.脊髄損傷者への平均皮膚温適用の問題点
      石井 好二郎; 山崎 昌廣; 村木 里志; 小村 堯; 菊地 邦雄; 前田 如矢
      体力科學, 01 Dec. 1993
    • 133.中高齢者の体力に及ぼすトレーニングの影響に関する縦断的研究
      菊地 邦雄; 山崎 昌廣; 高橋 裕美; 石井 好二郎; 村木 里志
      体力科學, 01 Dec. 1993
    • 113.有酸素運動トレーニングの心理的効果を引き起こす条件について
      村木 里志; 石井 好二郎; 菊地 邦雄
      体力科學, 01 Dec. 1993
    • 102なB08 体力と心理状態の相関について
      村木 里志; 前原 利彦; 石井 好二郎; 網師本 真季; 菊地 邦雄
      日本体育学会大会号, 1993
    • 411.脊髄損傷者のArm Cranking運動中の作業効率について
      石井 好二郎; 山崎 昌廣; 入澤 雅典; 小村 堯; 菊地 邦雄
      体力科學, 01 Dec. 1992
    • Effect of endurance running training on aerobic performance in children
      ISHII KOJIRO; TOYOOKA JIRO; MAEDA KAZUYA
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Dec. 1991
    • Effects of Sweat rate, Rectal and Mean skin temperature during 60 min running in Winter season.
      Toyooka Jiro; Kan Riri; Ishii Kogiro
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Dec. 1991
    • 0420905 女子中・長距離ランナーの最大酸素摂取量と競技記録の関係及びその性差について
      石井 好二郎; 豊岡 示朗
      日本体育学会大会号, 1991
    • Oxygen intake and thermal reguratory system in treadmill running with observations on the effect of wind reistance
      TOYOOKA JIRO; ISHI KOJIRO
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Dec. 1990
    • 043G14 夏季の晴天時と曇天時における野外走の発汗量
      石井 好二郎; 豊岡 示朗
      日本体育学会大会号, 1990
    • Effects of humidity on sweet rate during 100min. submaximal running
      TOYOOKA JIRO; ISHII KOJIRO
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Dec. 1989
    • Effect of oxygen employment after exercises
      SUMIYOSHI K; KATSUTA A; HAMANAKA Y; ISHII K
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Dec. 1988
    • An electrocardiogram study of Nippon-Kenpo experts
      SUMIYOSHI K; ZAKO T; ISHII K; OGINO T; KUZUHARA K
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Dec. 1988
    • Influence of Running Exercises on Heart Rate, Lactic Acid and Blood Element
      Sumiyoshi Kaoru; Ishii Kojiro; Hamanaka Yosiro; Katsuta Akira; Sukizaki Sumio
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Dec. 1987
    • Effects of continuously acclivity walking on serum and urine elements(the second report)
      SUMIYOSHI Kaoru; HAMANAKA Yoshiro; SUKIZAKI Sumio; KATSUTA Akira; ISHII Kojiro; IWAMOTO Atsuko
      Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 01 Dec. 1987

    Works

    • 歩行を中心とした運動と長期間の高濃度茶カテキン飲料摂取との組合せが,高齢者の抗酸化能および脂質代謝に及ぼす影響
      2010
    • 第11回IAAF世界陸上競技選手権大阪大会日本選手団
      2007
    • 歩行を中心とした運動療法と長期間の高濃度茶カテキン飲料摂取との組み合わせがメタボリックシンドローム及びその予備軍の健康指標に及ぼす影響
      2007
    • 二重標識水法によって正確に測定した小児のエネルギー消費量を基に,加速度計および歩数計を用いた簡易エネルギー推定法を検討する
      2007
    • 高齢者の歩数量増加が生活習慣病関連指標および体力に及ぼす影響
      2006
    • 積雪寒冷地高齢者の活動量の季節変化に関する研究
      2005
    • 子どもにおける歩数計の測定精度の評価,および歩数計と体脂肪計の使用による活動量の変化に関する研究
      2004
    • フリー装着歩数計の測定精度の評価およびITを用いた歩数計,体脂肪計の使用による活動量の変化に関する研究
      2004
    • アンセリンの持久運動時の抗疲労作用に関するヒトにおける検討
      2002
    • アンセリンの短時間激運動時の抗疲労作用に関するヒトにおける検討
      2000
    • アンセリンの繰り返し行われる短時間激運動時の抗疲労作用に関するヒトにおける検討
      2000
    • 穀物発酵抽出物加工食品摂取が陸上長距離選手の活性酸素消去に及ぼす影響
      1999

    Research Projects

    • 地理情報システムを用いた小児の身体活動、睡眠、および体格に及ぼす学校区の地域格差
      石井 好二郎; 中谷 友樹; 辻 大士
      日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 2021/04 -2024/03, 基盤研究(B), 同志社大学
    • 地理情報システムによる小児の身体活動・睡眠に及ぼす地理・社会環境の影響
      石井 好二郎; 辻 大士
      小児は自由に移動できる範囲が狭く、近隣環境の影響をより受ける可能性がある。しかし、これまで日本人小児を対象とした近隣環境の違いによる健康格差を明らかにした研究はない。本研究は、近隣の建造環境が思春期前期小児の身体活動と肥満傾向に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした。 北海道から沖縄まで日本各地の小学5年生~高校3年生に対し自記式質問紙調査を行い、21491名の質問紙が回収された。その中から通学区域(校区)の概念のない高校生や国立小中学生、及び回答の不備を除き、本研究では公立学校に通う小学5年生~中学生3年生7082名を分析対象とした。日本語版IPAQ思春期前期用(IPAQ-JEA)を使用し1日当たりの高強度身体活動(VPA)時間、中高強度身体活動(MVPA)時間を調査した。また、質問紙で取得した学年、性別、身長、体重より肥満度を求め、20%未満を非肥満群、20%以上を肥満傾向群とした。さらに、地理情報システム(GIS)を用い校区内の身体活動環境、食環境の密度を算出した。 重回帰分析の結果、VPA時間と校区内の公園(β:0.07)、駅(β:0.04)、交差点(β:0.05)の密度との間に、MVPA時間と校区内の公園(β:0.06)、駅(β:0.04)の密度との間に有意な正の関連が確認された。また、ロジスティック回帰分析の結果、校区内の身体活動環境、食環境の密度をそれぞれで投入したモデルでは、小児の肥満傾向に対し、校区内の駅の密度が有意な負の関連(OR:0.53)、校区内のコンビニエンスストアの密度が有意な正の関連(OR:1.21)を示した。校区内の身体活動環境、食環境の密度を同時に投入したモデルでは校区内のコンビニエンスストアの密度のみ、肥満傾向と有意に正に関連した(OR:1. 28)。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽), 2019/06 -2022/03, 挑戦的研究(萌芽), 同志社大学
    • 全国大規模調査による思春期小児の身体活動・生活習慣と睡眠の検討
      石井 好二郎; 辻 延浩; 國土 将平; 福田 一彦; 田中 秀樹; 田中 千晶; 香村 恵介; 田中 茂穂; 原田 哲夫; 神川 康子
      身体活動・生活習慣と睡眠を評価可能な自己記入式質問紙を作成し、思春期小児の身体活動・生活習慣と睡眠の調査を全国各地で実施した。使用した質問紙は以下の通りであった。フェイスシート(回答日、生年月、性別、身長、体重)、身体活動(国際標準化身体活動質問票思春期前期用(IPAQ-JEA)(大島ら,2017))、生活習慣(学齢期小児健康行動調査票(HBSC)(Tanakaら,2017)の生活習慣項目)、睡眠状況(子どもの日中眠気尺度(PDSS-J)(Kodamaら,2016)、就寝時間・起床時間・入眠潜時)、その他の交絡因子(仮眠、平日と休日の睡眠時間の差(social jetlag)、スクリーンタイムなど(文部科学省,2015))。 対象を小学5年生から高校3年生の計10,000名以上の規模の児童・生徒とし、身体活動・生活習慣と睡眠の調査を全国各地で実施している。なお、対象児童・生徒の男女比率や学年、地域性が偏らないように配慮した。現時点で、小学校36校、中学校21校、高校17校の協力が得られ、約19,600名の児童・生徒のデータが集められた。 現在は、アンケートデータの確認と入力を継続中であり、身体活動・生活習慣・睡眠状況・その他の交絡因子を単純集計すると同時に、思春期小児の良好な睡眠を得るための身体活動強度・時間・タイミングを、生活習慣も関連させ検討中である。予定を超えるデータ数が集まることが明らかとなり、検出力の高い統計が実施できるであろう。また、様々な地域の学校の協力が得られたことから、わが国全体のデータはもちろんのこと、地域特性についても言及できる可能性も出てきた。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 2018/04 -2021/03, Principal investigator, Competitive research funding, 基盤研究(B), 同志社大学
    • 唾液中ストレスマーカーおよびFace Rating Scale法による運動遊びの評価
      石井 好二郎
      日本体育測定評価学会, 2019年度研究助成事業, 2019/06 -2020/05, Principal investigator, Competitive research funding
    • Study of young adolescents' physical activity and mental health based on a large-scale national survey
      Ishii Kojiro; MORITA Noriteru; SUZUKI Kazuhiro; WATANABE Masashi; KASANAMI Ryoji; UECHI Hiroaki; YAMATSU Koji; KUME Daisuke
      There are various types of questionnaire methods to assess physical activity, but their validity for children has not been sufficiently examined. For this study, we designed and verified the validity of the IPAQ-JEA, which is a Japanese-language version of the International Physical Activity Questionnaire, modified to suit young adolescents. We also used the IPAQ-JEA to conduct a questionnaire survey involving 10,000 respondents to investigate young adolescents’ physical activity, depressive tendencies, and sense of coherence (SOC). Furthermore, we surveyed the literature to outline the benefits of exercise and sports during adolescence in terms of principal health outcomes such as mental health, social and life skills, and health behavior., Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), 2015/04 -2018/03, Principal investigator, Competitive research funding, Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Doshisha University
    • Reconsideration of the Dietary Reference Intakes for the Japanese: measurement of total energy expenditure of infants using the doubly labeled water method
      EBINE Naoyuki; NAKAE Satoshi; NISHIMOTO Yukiko; ETANI Yuri; IDA Shinobu; MIYATANI Shuichi; ISHII Kojiro; HIGAKI Yasuki; TANAKA Hiroaki
      The purpose of this study was to expand the valid evidence of Estimated Energy Requirement (EER) in Dietary Reference Intakes (DRI) for Japanese as there is still a lack of data for infants. A field survey of Total Energy Expenditure (TEE) was conducted on infants (age range of 3 to 5 yrs) using the Doubly Labeled Water (DLW) method, which is the gold standard for measuring TEE, and in addition, a systematic review was accomplished. Results of Physical Activity Level (PAL) obtained from DLW show that the value of PAL indicated in DRI was significantly lower. Whereas, results of the average TEE of infants obtained from the systematic review, mostly matched the results obtained from the field survey. This becomes a problem as PAL is calculated by using TEE and BMR, which further affects EER. From these findings, it is suggested that obtaining EER from BMR and PAL which is the traditional method, may not be the most appropriate method, especially for infants., Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (A), 2011/04 -2016/03, Grant-in-Aid for Young Scientists (A), Doshisha University
    • Relationships between step length and lactate threshold of long distance running.
      ISHII Kojiro
      Accompanying an increase in exercise intensity is the lactate threshold (LT). Moreover, an increase in running speed is brought about mainly by an increase in step length. The present study considers whether there exists a theoretical basis for standardizing individuals by blood lactates and step length while running, and aims to clarify whether estimation of speed at the LT is possible from the step length. The results of the study are that the estimated LT speed, derived from the step length and pulse rate, shows a high correlation with the actually measured LT speed. Furthermore, no significant difference was observed between the estimated LT speed and the actually measured LT speed. In addition, the estimated LT speed derived from the step length and pulse rate showed the fewest systemic errors. Therefore, the estimated LT speed, derived from the step length and pulse rate, was determined to have a higher accuracy than other non-invasive LT speed estimates., Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research, 2012/04 -2015/03, Principal investigator, Competitive research funding, Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research, Doshisha University
    • Effects of lifestyle education and physical fitness program during childhood and adolescence: follow-up study of Japanese children and adolescents
      SUZUKI Kazuhiro; SUZUKI Kouya; NAKANISHI Jun; KOISO Toru; ISHII Kojiro; TAKAGI Seiichi; NAKANO Takahiro; NAGANO Toshiharu; KOYAMA Hiroshi; SHIMOTA Masako; MIZOGUCHI Hiroki; KAWAMURA Toru; UMETSU Noriko
      The purpose of this study was to verify practical effectiveness of lifestyle education and physical fitness program conducted at kindergartens and schools. The main results were as follows: 1) Physical fitness level was significantly improved in younger children who participated in a physical fitness program that was designed by our project at kindergarten. Their physical fitness level at kindergarten was maintained until they were in the first grade of elementary school (e.g., prevalence of grade A in Japan Fitness Test was more than 50 %).2) We conducted a school-based fundamental movement skills (FMS) intervention (a total of eight times) for 2nd grader at elementary school. The FMS intervention resulted in an improvement of FMS and running speed at the latter half of 50-m sprints.3) Our physical fitness program at junior high school during three years resulted in a significant decrease in students who are chronically tardy for school and students who had an unidentified complaint., Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), 2011/04 -2015/03, Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
    • Fundamental study on estimated energy requirement for the Japanese : physically handicapped person
      EBINE Naoyuki; KIMURA Misaka; TANAKA Hiroaki; YOSHITAKE Yutaka; YAMADA Yousuke; ISHII Koujirou; NAKAE Satoshi; MIYATANI Shuichi; IDA Shinobu; ETANI Yuri; FUJITA Motoaki; ADACHI Minoru; NISHIMOTO Yukiko; MIYAMOTO Akina; TANAKA Uta; KONISHI Nobuko; MIKAMI Shinji
      The Ministry of Health, Labour and Welfare revises the Dietary Reference Intakes for the Japanese every five years. In order to brush the estimated energy requirement up, this study was planned to acquire the data of total energy expenditure and basal metabolic rate of physically handicapped persons. In addition, ways to improve the methods of measuring daily physical activity were elucidated., Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (B), 2008 -2010, Grant-in-Aid for Young Scientists (B), Doshisha University
    • The effect of physical activity intensity on the level of physical activity in elementary school students obtained by a double-labeled water method
      ISHII Kojiro; OZAWA Haruo; SUZUKI Kazuhiro; HIRAKAWA Kazufumi; EBINE Naoyuki
      The energy consumption of elementary school students was measured using a double-labeled water method, which is the gold standard. In a comparison of grade 5 and grade 6 regarding the same students, no increase in energy consumption was observed though their physiques were improved, thus suggesting a decline in the amount of physical exertion. Moreover, from a comparison of elementary school students in farming or fishing villages and those in urban cities, it was shown that the intensity of physical activity heavily influences energy consumption in elementary school students. However, there are issues with applying the index of physical activity intensity of adults to elementary school students, so it became clear that a new index needs to be created., Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), 2008 -2010, Principal investigator, Competitive research funding, Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Doshisha University
    • THE STUDY OF REAL-TIME LIVING BODY MONITORING USING CARBON NANOTUBE SENSOR
      CHIBA Hitoshi; ISHII Kojiro; MUKASA Koichi; ISHII Kojiro
      高齢者でも乳酸閾値レベル(疲労物質の乳酸が蓄積しはじめる直前のレベル)の運動を持続すると体力向上が得られる。そのために手軽に血中の乳酸値を運動中に測定できる簡便な測定装置が求められている。また、高齢者は抗酸化能が低下するため、酸化ストレスレベルを測定して動脈硬化防止策を講じる必要がある。本研究で開発したカーボンナノチューブセンサーは、乳酸や酸化ストレスレベルを簡便に測定できる。, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), 2006 -2008, Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Hokkaido University
    • Evaluation of the measurement of energy expenditure in children by the doubly-labeled water method and a simple method to estimate energy expenditure
      ISHII Kojiro; OZAWAM Haruo; SUZUKI Kazuhiro; KIMURA Misaka; HIRAKAWA Kazufumi; EBINE Naoyuki
      Energy expenditure was analyzed by the doubly-labeled water method in 30 fifth graders living in an agricultural and fishing village (20 males and 10 females). The mean energy expenditure of these children was 2009.8±272.6 kcal/day. Also, the energy expenditure for physical activities (PAEE) was 558.4±206.1 kcal/day, and the physical activity level (PAL = total energy expenditure (TEE)/basal metabolic rate (BMR)) was 1.61±0.18. The intensity of physical activities was measured simultaneously using Lifecorder PLUS (LG: Suzuken), and the intensity of activities at LC0.5 was classified as very mild (inactive period), that at LC1-6 as low to moderate, and that at LC7-9 as high according to the report by Adachi et al. (2007). As a result, the PAL increased with decreases in inactive periods (very mild physical activities) and increases in activities at low-moderate (LC1-6) and high (LC7-9) intensity levels. The PAL was affected by high-intensity physical activities in children, unlike in adults, and further evaluation is necessary. In addition, a significant correlation (r=0.521) was observed between the number of walking steps per day and PAL. According to the regression equation obtained, the number of walling steps corresponding to PAL1.5 is 8,179, and that corresponding to PAL1.6 is 10,957; the PAL increased by 0.1 with an increase of 2,778 steps. There is a report that the number of walking steps in Japanese children was roughly 27,000 about 30 years ago (Hatano, 1979), which corresponds to PAL2.2 according to the regression equation obtained in this study. The results of this study dearly indicate bow inactive Japanese children have become. Concerning the relationships between the results of sports tests and PAEE, significant correlation were observed in all items except flexibility. This year, the physical activity level was measured in 25 children living in cities by the doubly-labeled. water method., Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), 2006 -2007, Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Hokkaido University
    • Correlations between exercises that suit emotions, body temperature, brain hormones and immunity
      MORIYA Kiyoshi; ISHII Kojiro; WATANABE Asuka
      We examined the effects of comfortable self-paced exercises (CSPE) as emotionally comfortable exercises on feeling, body temperature, EEG, natural immunity, plasma hormone concentration and nocturnal sleep self-paced exercises (CSPE) in young men, young women and middle-aged women. Changes in measured items after CSPE and their correlations revealed the following : (1) CSPE improved emotional feeling in all subjects, although high intensity CSPE was preferred by fitter subjects. Pleasantness scores began to increase and anxiety scores began to decerase around 10 min after CSPE started, and relaxation scores elevated after CSPE stopped. (2) Alpha wave power percentage of EEG increased just after CSPE stopped, and theta and beta wave power percentage decreased. Emotion spectrum value also showed a positive spectrum value increase, and negative spectrum value decrease after CSPE stoped. (3) Plasma catecholamine concentration and NK cell activity increased just after CSPE, but β-endorphin concentration did not increase in low intensity CSPE. (4) The analysis of correlations between the changes in emotion scores and physiological changes indicates that the increase in body temperature and/or sympathetic nervous system activity enhances pleasantness and/or achieves and emotional optimum. These changes might be good indices of the exercise that best suits emotions. (5) Nocturnal sleep was improved by CSPE performed late evening, which might be related to the increase of body temperature and improved emotion., Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 2000 -2002, Grant-in-Aid for Scientific Research (C), HOKKAIDO UNIVERSITY
    • 児童の体温と肥満,食生態,身体活動量,およびβ3-AR変異の関連について
      石井 好二郎
      昨年度,当研究室では小・中学校ならびに高校の男子児童・生徒を対象とし,体温,体格ならびにアンケート方式による生活背景の調査を行い,児童の体温と体格(肥満),生活習慣および身体活動との間に関連はないことを報告した。しかしながら,身体活動についてはアンケート中のいくつかの項目で評価を行ったため,実質的な運動量を把握することができたとは考えにくい。そこで,今回の調査は,前回の調査で十分に評価を行うことができなかった身体活動量を加速度計測装置付き歩数計(ライフコーダ)を用いて評価し,体温ならびに体格(肥満)との関連について再検討することを目的とした。 札幌市内の小学校4〜6年生の男子児童49名(4年生21名,5年生18名,6年生10名)を対象とし,起床時の口腔温(5分値)を調査した。その結果,体温の最頻値は36.4℃台であり,低体温傾向(36℃未満)であった児童は49名中3名,全体の6.1%であった。本研究で低体温傾向を示した児童が少なかったことは,低体温の原因の一端が腋窩温での体温測定方法にあるという先行研究と一致した。 続いて身体活動量の検討を実施した。一般的な定義に従い36℃未満を低体温として,低体温傾向児童と標準体温児童との身体活動量の比較を行う予定であったが,低体温傾向児童が少なかったため,以下のような群分けを行った。すなわち体温測定の結果より49名の中から体温が高い方から10名(高体温群),低いほうから10名(低体温群)の合計20名を抽出し,そのうち了承の得られた18名である。その結果,低体温群と高体温群の身体活動量に差はみられなかった。体温の高低によって身体活動量に差が出るのであれば,体温の高低で群分けを行った本研究の群間にも差がみられるはずである。「低い体温が増えていても,異常や病気につながるかどうかは,また別の問題」という見解(佐田,1992)もあることから,低体温の定義のように体温をある基準で区分すること,その中に問題を見出そうとすることには無理があると考えられる。もともと体温は個人差が大きいため,体温の測定値は絶対値としてではなく,相対的なものとして判断する必要がある。今後は体温が低いことそれ自体を問題にするよりも,サーカディアンリズムの乱れに注目し,より詳しく調べていく必要があると思われる。, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Encouragement of Young Scientists (A), 2000 -2001, Grant-in-Aid for Encouragement of Young Scientists (A), Hokkaido University
    • 含水スポンジによる身体冷却が暑熱環境下走行時の体温調節機能に及ぼす影響
      石井 好二郎
      本研究は男子と比較し発汗量が少ないことが報告されている女性にも,暑熱環境下走行時に水を含ませたスポンジで顔面および頭部を拭くことにより,発汗や体温上昇および飲水量を抑制できるか否か,また生体への負担度を軽減できるかどうかを明らかにすることを目的として行われた. 大学女子陸上長距離選手を被検者とした.被検者は室温30℃,相対湿度60%に調整された人工気候室内に設置されたトレッドミル上で60%V02maxに相当するランニングを120分間持続した.ランニングの20分毎に給水(水温13℃)および水温13℃に保たれたスポンジにより頭部を拭き冷却することとした.またコントロール実験ではスポンジでの身体冷却は行わなかった. 昨年度実施した男子の結果では,スポンジ使用により発汗量は有意に低下したが,女子では認められなかった.元来,発汗効率のよい女子では発汗量はもう変化しなかったものと考えられた.逆にスポンジ使用による給水量の減少は女子にのみに認められた.男子はスポンジの有無にかかわらず,女子より有意に多くの量を給水しており,必要以上に給水をしていることが考えられ,胃内の水分残留量が多いものと思われた.走行後の血中乳酸濃度には有意ではないが,抑制を示唆するデータが得られた.身体的不快感が交感神経系を刺激することが報告されており,スポンジにより顔面を冷却すると,顔面の三叉神経などを介して,不快感を軽減することにより,血中乳酸が抑制された可能性が示唆される. 以上の結果よりスポンジの使用は体温調節系だけでなく,代謝系にも効果を発揮することが期待され,運動パフォーマンスの向上や,熱中症予防に役立つものと思われる., Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Encouragement of Young Scientists (A), 1997 -1998, Grant-in-Aid for Encouragement of Young Scientists (A), Hokkaido University
    • 脊髄損傷者の下肢他動運動時の循環応答
      山崎 昌廣; 石井 好二郎
      本研究は脊髄損傷者の麻痺部下肢他動運動中の循環動態を明らかにすることを目的とした。他動運動は市販のエルゴメータを改造し、任意の回転数を設定できる電気モータ駆動とした。被験者は12人の男子脊髄損傷対麻痺者であった。他動運動は椅坐位姿勢において、20回転および40回転の負荷でそれぞれ7分間行った。定常状態となった最後の2分間の心拍出量、酸素摂取量、二酸化炭素排出量、血圧および心拍数を測定した。また、運動終了直後に下肢後部および大腿前部の皮膚血流量を測定した。酸素摂取量、血圧、心拍数、および下肢の皮膚血流量は他動運動の回転数にかかわらずほぼ一定した値を示した。一方、二酸化炭素排出量は40回転の方が20回転より有意に高い値を示した。40回転の運動時の方が換気量が多かったことから、40回転では過呼吸状態であったと思われる。さらに、一回拍出量は安静時と比較して、40回転の方が有意に高い値であった。心拍数が変わらなかったことから、心拍出量は一回拍出量の増加のために安静時より有意に増加した。これらの結果は40回転の他動運動中は静脈環流が増加したことを示唆するものである。この静脈環流は麻痺部である下肢にうつ血していた血液が、他動運動により循環してきたものと考えることができる。したがって、他動運動自体は脊髄損傷者の循環動態促進には効果があったものと思われる。しかし、下肢が麻痺している脊髄損傷者に他動運動を負荷することによって循環が促進し、麻痺部の皮膚血流量も増加するのではないかという仮説は今回の実験からは実証できなかった。この原因の一つとして運動姿勢が考えられることから、今後は椅坐位姿勢から徐々に身体を横たえることによる姿勢変化の影響を検討する予定である。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 一般研究(C), 1994 -1994, 一般研究(C), 広島大学