古賀 智之
コガ トモユキ
理工学部機能分子・生命化学科
博士後期課程教授
Last Updated :2022/12/05

研究者情報

研究キーワード

  • 自己組織化
  • 生体高分子
  • ナノテクノロジー
  • ペプチド工学
  • 高分子化学
  • Biopolymer
  • Nanotechnology
  • Peptide engineering
  • Polymer chemistry

研究分野

  • ナノテク・材料 / 高分子材料
  • ナノテク・材料 / 生体化学
  • ナノテク・材料 / 高分子化学
  • ナノテク・材料 / ナノバイオサイエンス
  • ナノテク・材料 / ナノ材料科学

研究歴

  • 2001-2004 機能性ポリペプチド組織体に関する研究に従事
  • 2004- 生体高分子の自己組織化を利用したナノ材料の開発および機能性ブロックポリマーの開発に関する研究に従事

経歴

  • 同志社大学理工学部教授, Faculty of Science and Engineering, 2014年 - 現在
  • 同志社大学理工学部准教授, Faculty of Science and Engineering, 2008年 - 2014年
  • カリフォルニア工科大学客員研究員(同志社大学在外研究), 2013年 - 2013年
  • 同志社大学工学部准教授, 2007年 - 2008年
  • 同志社大学工学部専任講師, 2004年 - 2007年
  • Lecturer, Doshisha University, 2004年 - 2007年
  • - Associate Prof. Doshisha University, 2007年 -
  • カリフォルニア工科大学研究員(日本学術振興会特別研究員), 2003年 - 2004年
  • Research Fellow, Japan Society for the Promotion of Science (California Institute of Technology), 2003年 - 2004年
  • 名古屋工業大学博士研究員, 2002年 - 2003年
  • Postdoctoral Fellow, Nagoya Institute of Technology, 2002年 - 2003年
  • 産業技術総合研究所界面ナノアーキテクトクトニクス研究センター博士研究員, 2001年 - 2002年
  • Postdoctoral Fellow, (CREST) Nanoarchitectonics Research Center, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology, 2001年 - 2002年

学歴

  • 同志社大学, 工学研究科, 工業化学専攻 博士過程(後期), - 2001年
  • 同志社大学, 工学研究科, 工業化学専攻 博士過程(前期), - 1998年
  • 同志社大学, 工学部, 工業化学科, - 1996年

学位

  • 博士(工学), 同志社大学, 2001年

所属学協会

  • 高分子学会
  • 日本化学会
  • 日本ペプチド学会
  • 日本MRS
  • アメリカ化学会
  • The Society of Polymer Science, Japan
  • The Chemical Society of Japan
  • The Materials Research Society of Japan
  • American Chemical Society

委員歴

  • 地区幹事, 2016年 - 2022年, 高分子学会関西支部, 学協会

受賞

  • 高分子研究奨励賞(高分子学会)
    2008年, 日本
  • Award for Encouragement of Research in Polymer Science, the Society of Polymer Science, Japan (2008)
    2008年
  • 日本MRS研究奨励賞
    2002年, 日本
  • Award for encouragement of research in materials science
    2002年

論文

  • Star-Shaped Peptide–Polymer Hybrids as Fast pH-Responsive Supramolecular Hydrogels
    T. Koga; Y. Oatari; H. Motoda; S.-n. Nishimura; Y. Sasaki; Y. Okamoto; D. Yamamoto; A. Shioi; N. Higashi
    Biomacromolecules, 23 2941 - 2950, 2022年06月, 研究論文(学術雑誌)
  • Narcissistic Self-sorting of Amphiphilic Collagen-inspired Peptides in Supramolecular Vesicular Assemblies
    T. Koga; A. Ikejiri; N. Higashi
    Langmuir, 38 2294 - 2300, 2022年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • Spider Silk-inspired Peptide Multiblock Hybrid Copolymers for Self-healable Thin Film Materials
    T. Koga; T. Morishita; Y. Harumoto; S. Nishimura; N. Higashi
    Mater. Adv., 2 7851 - 7860, 2021年, 研究論文(学術雑誌)
  • Injectable Hydrogels Self-assembled from Oligopeptide-Poly(2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine) Hybrid Graft Copolymers for Cell Scaffolds and Controlled Release Applications
    T. Koga; T. Matsuoka; Y. Morita; N. Higashi
    Mater. Adv., 2 4068 - 4074, 2021年, 研究論文(学術雑誌)
  • Supramolecular Nanofibers from Collagen-mimetic Peptides Bearing Various Aromatic Groups at N-Termini via Hierarchical Self-assembly
    T. Koga; S. Kingetsu; N. Higashi
    Int. J. Mol. Sci., 22 4533 , 2021年, 研究論文(学術雑誌)
  • Unique Self-assembly of Sequence-controlled Amino Acid Derived Vinyl Polymer with Gradient Thermoresponsiveness along a Chain
    T. Yamano; N. Higashi; T. Koga
    Langmuir, 36 6550 - 6556, 2020年06月, 研究論文(学術雑誌)
  • Photo-responsive Azobenzene Interactions Promote Hierarchical Self-assembly of Collagen Triple-Helical Peptides to Various Higher-order Structures
    N. Higashi, R. Yoshikawa, T. Koga
    RSC Adv., 10 15947 - 15954, 2020年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • Transparent, High Strength, and Shape-memory Hydrogels from Thermo-responsive Amino Acid-derived Vinyl Polymer Networks
    T. Koga, K. Tomimori, N. Higashi
    Macromol. Rapid Commun., 41 1900650 (1-7) , 2020年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • ペプチドとビニルポリマーからなるマルチブロック型共重合体の精密設計
    古賀 智之・西村 慎之介・東 信行
    ファインケミカル, 49(8) 12 - 17, 2020年, 研究論文(学術雑誌)
  • Precisely Synthesized Sequence-controlled Amino Acid-derived Vinyl Polymers: New Insights into Thermo-responsive Polymer Design
    T. Yamano; N. Higashi; T. Koga
    Macromol. Rapid Commun., 41 1900550 (1-8) , 2020年, 研究論文(学術雑誌)
  • Photocleavable Peptide-Poly(2-hydroxyethyl methacrylate) Hybrid Graft Copolymer via Post-polymerization Modification by Click Chemistry to Modulate the Cell Affinities of 2D and 3D-Materials
    S. Nishimura; N. Hokazono; Y. Taki; H. Motoda; Y. Morita; K. Yamamoto; N. Higashi; T. Koga
    ACS Appl. Mater. Interfaces, 11 24577 - 24587, 2019年
  • Spontaneous Formation of Nanoparticles from Peptide-Vinyl Polymer Diblock Hybrids Prepared by RAFT Polymerization and Their Interactions with Cells
    N. Higashi; K. Narimatsu; M. Okumura; S. Nishimura; T. Koga
    ACS Omega, 4 8104 - 8111, 2019年
  • A Novel Thermo-responsive Multiblock Architecture Composed of a Sequential Peptide and an Amino Acid-derived Vinyl Polymer: Toward Protein-mimicking Single-chain Folding
    S. Nishimura; N. Higashi; T. Koga
    Chem. Commun., 55 1498 - 1501, 2019年
  • Synthesis of Peptide–Vinyl Polymer Multiblock Hybrids by Nitroxide-mediated Polymerization: Breaking the Limitations of Monomer Compatibility
    S. Nishimura; N. Higashi; T. Koga
    Polym. Chem., 10 71 - 76, 2019年
  • Regulation of bone differentiation by photocleavable RGDS peptide grafted polymer coating
    N. HOKAZONO; N. MOMOI; S.-n. NISHIMURA; T. KOGA; K. YAMAMOTO; Y. MORITA
    The Proceedings of the Bioengineering Conference Annual Meeting of BED/JSME, 2019.32 2D34 - 2D34, 2019年, 研究論文(学術雑誌)
  • Stepwise thermo-responsive amino acid-derived triblock vinyl polymers: ATRP synthesis of polymers, aggregation, and gelation properties via flower-like micelle formation
    Nobuyuki Higashi; Sho Matsubara; Shin-Nosuke Nishimura; Tomoyuki Koga
    Materials, 11(3) 424(12 page) , 2018年03月15日, 研究論文(学術雑誌)
  • インプラントのための局所的細胞凝集を促す光切断性RGDSペプチドを用いた表面改質手法の開発
    瀧 由貴子; 西村 慎之介; 山本 浩司; 古賀 智之; 森田 有亮
    臨床バイオメカニクス, 39 321 - 325, 2018年
  • Photocleavable and polymerizable peptide for micropatterning of bioactive segments in polymer soft materials
    Shin-Nosuke Nishimura; Ayaha Hirata; Yukiko Taki; Yusuke Morita; Nobuyuki Higashi; Tomoyuki Koga
    Chemistry Letters, 47(4) 555 - 558, 2018年, 研究論文(学術雑誌)
  • Development of Coating Technique with Polymers having Photo-cleavable RGDS Peptide as a Graft Chain
    Yukiko TAKI; Shin-nosuke NISHIMURA; Koji YAMAMOTO; Tomoyuki KOGA; Eiji NAKAMACHI; Yusuke MORITA
    The Proceedings of the Bioengineering Conference Annual Meeting of BED/JSME, Japan Society of Mechanical Engineers, 2018.30(0) 2H10 , 2018年
  • Development of Surface Treatment Technique with Poly (styrene-alt-maleic anhydride) Thin Film Modified by Photo-cleavable RGDS Peptide
    Naoki HOKAZONO; Yukiko TAKI; Nana MOMOI; Shin-nosuke NISHIMURA; Koji YAMAMOTO; Tomoyuki KOGA; Eiji NAKAMACHI; Yusuke MORITA
    The Proceedings of the Bioengineering Conference Annual Meeting of BED/JSME, Japan Society of Mechanical Engineers, 2018.30(0) 2H09 , 2018年
  • Thermo-responsive polymer brushes on glass plate prepared from a new class of amino acid-derived vinyl monomers and their applications in cell-sheet engineering
    Nobuyuki Higashi; Ayaha Hirata; Shin-nosuke Nishimura; Tomoyuki Koga
    Colloid.Surf. B Biointerface, 159 39 - 46, 2017年11月, 研究論文(学術雑誌)
  • Facile Synthesis of Multiblock Copolymers Containing Sequence-Controlled Peptides and Well-Defined Vinyl Polymers by Nitroxide-Mediated Polymerization
    S. Nishimura; N. Higashi; T. Koga
    Chem. Eur. J., 23(60) 15050 - 15058, 2017年10月, 研究論文(学術雑誌)
  • Temperature Induced Self-assembly of Amino acid−derived Vinyl Block Copolymers via Dual Phase Transitions
    N. Higashi; D. Sekine; T. Koga
    J. Colloid. Interface Sci., 500 341 - 348, 2017年08月, 研究論文(学術雑誌)
  • 天然アミノ酸からつくる温度応答性高分子
    西村 慎之介; 古賀 智之; 東 信行
    化学, 72 62 - 63, 2017年
  • Novel Self-Assembling Amino Acid-Derived Block Copolymer with Changeable Polymer Backbone Structure
    T. Koga; E. Aso; N. Higashi
    Langmuir, 32(47) 12378 - 12386, 2016年11月, 研究論文(学術雑誌)
  • Coiled-coil型三分岐ペプチドの自己組織化によるナノ構造形成
    西村 慎之介; 古賀 智之; 東 信行
    高分子論文集, 73 175 - 182, 2016年
  • Nanostructure Formation from Three-Armed Coiled-Coil Peptide through Self-Assembly
    Shin-nosuke Nishimura; Tomoyuki Koga; Nobuyuki Higashi
    KOBUNSHI RONBUNSHU, 73(2) 175 - 182, 2016年, 研究論文(学術雑誌)
  • Amino Acid-derived Polymer with Changeable Enzyme Degradability based on pH-induced Structural Conversion from Polyester to Polypeptide
    T. Koga; K. Mima; T. Matsumoto; N. Higashi
    Chem. Lett., 44(12) 1720 - 1722, 2015年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • Thermo-responsive amino acid-based vinyl polymers showing widely tunable LCST/UCST behavior in water
    N. Higashi; R. Sonoda; T. Koga
    RSC Adv., 5(83) 67652 - 67657, 2015年, 研究論文(学術雑誌)
  • Fabrication of Thermo-Responsive Molecular Layers from Self-Assembling Elastin-Like Oligopeptides Containing Cell-Binding Domain for Tissue Engineering
    T. Koga; K. Nakamoto; K. Odawara; T. Matsuoka; N. Higashi
    POLYMERS, 7(1) 134 - 146, 2015年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • High-performance polymer actuators based on poly(ethylene oxide) and single-walled carbon nanotube-ionic liquid-based gels
    N. Terazawa; Y. Hayashi; T. Koga; N. Higashi; K. Asaka
    SENSORS AND ACTUATORS B-CHEMICAL, 202 382 - 387, 2014年10月, 研究論文(学術雑誌)
  • Thermo-responsive multilayer films from ionic polymers with elastin-like peptide as graft chains
    Nobuyuki Higashi; Kaori Yasufuku; Yusaku Matsuo; Takahiro Matsumoto; Tomoyuki Koga
    Colloids and Interface Science Communications, 1 50 - 53, 2014年08月01日, 研究論文(学術雑誌)
  • 両親媒性ペプチドブロックポリマーで安定化した水/トルエン・ナノエマルションを利用したナノゲルの調製
    神渡 壮一; 古賀 智之; 東 信行
    同志社大学理工学研究報告, 同志社大学, 55(2) 218 - 223, 2014年07月
  • 両親媒性ペプチドブロックポリマーで安定化した水/トルエン・ナノエマルションを利用したナノゲルの調製
    神渡 壮一; 古賀 智之; 東 信行
    同志社大学理工学研究所報告, 55(2) 126 - 131, 2014年
  • 人工ペプチドを基盤とする温度応答性ナノ材料の開発
    古賀 智之
    Colloid & Interface Commun., 39 15 - 17, 2014年
  • Preparation and Self-Assembly Behavior of -Sheet Peptide-Inserted Amphiphilic Block Copolymer as a Useful Polymeric Surfactant
    T. Koga; S. Kamiwatari; N. Higashi
    Langmuir, 29(50) 15477 - 15484, 2013年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • Site-specific adsorption of gold nanoparticles coated with thermo-responsive peptides
    N. Higashi; T. Ochiai; C. Kanazawa; T. Koga
    Polymer J., 45(5) 523 - 528, 2013年05月, 研究論文(学術雑誌)
  • Novel Peptide-Shelled Dendrimer with Dramatically Changeable Thermo-Responsive Character
    T. Koga; M. Iimura; N. Higashi
    Macromol. Biosci., 12(8) 1043 - 1047, 2012年08月, 研究論文(学術雑誌)
  • High performance polymer actuators based on multi-walled carbon nanotubes that surpass the performance of those containing single-walled carbon nanotubes: Effects of ionic liquid and composition
    N. Terazawa; N. Ono; K. Mukai; T. Koga; N. Higashi; K. Asaka
    SENSORS AND ACTUATORS B-CHEMICAL, 163(1) 20 - 28, 2012年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • β-Sheet Peptide-assisted Polymerization of Diacetylene at the Air-water Interface and Thermochromic Property
    T. Koga; T. Taguchi; N. Higashi
    Polymer J., 44(2) 195 - 199, 2012年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • Preparation of PHEMA Copolymers Containing Cell-binding Peptides as Graft Chains and Their Cell Adhesive Properties
    T. Koga; Y. Teraguchi; N. Higashi
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn., 37(4) 533 - 536, 2012年
  • A multi-walled carbon nanotube/polymer actuator that surpasses the performance of a single-walled carbon nanotube/polymer actuator
    N. Terazawa; N. Ono; K. Mukai; T. Koga; N. Higashi; K. Asaka
    CARBON, 50(1) 311 - 320, 2012年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Hexafluoropropylene on the Performance of Poly(vinylidene fluoride) Polymer Actuators based on Single-walled Carbon Nanotube–Ionic Liquid Gel
    N. Terasawa; N. Ono; Y. Hayakawa; K. Mukai; T. Koga; N. Higashi; K. Asaka
    Sensors and Actuators B, 160(1) 161 - 167, 2011年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • Morphological Variation of Peptide-synthetic Hybrid Block Copolymer Assemblies in Nonaqueous Media
    T. Koga; M. Koike; S. Kamiwatari; N. Higashi
    Chem. Lett., 40(11) 1244 - 1246, 2011年11月, 研究論文(学術雑誌)
  • Shape-specific nanofibers via self-assembly of three-branched peptide
    T. Koga; H. Matsui; T. Matsumoto; N. Higashi
    J. Colloid Interface Sci., 358(1) 81 - 85, 2011年06月, 研究論文(学術雑誌)
  • コラーゲン様三重らせんフォルダマーの設計と高次構造特性
    古賀 智之; 川崎 陽一; 松井 晴信; 東 信行
    同志社大学理工学研究所報告, 50(4) 61 - 65, 2010年
  • Self-Assembled Fibrous Nano-Object Generated from Coiled-Coil Polypeptide Diblock Copolymer
    T. Koga; Y. Gondo; T. Matsumoto; N. Higashi
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn., 35(4) 829 - 832, 2010年
  • エラスチン類似ペプチドでポリアクリル酸をネットワーク化した二重応答性ハイドロゲル
    古賀 智之; 深見 史郎; 東 信行
    ネットワークポリマー, 31 278 - 288, 2010年
  • ペプチドのコンフォメーションスイッチを駆動力とする温度応答性高分子ミセル
    古賀 智之; 西馬 千恵; 東 信行
    高分子論文集, 67 679 - 685, 2010年
  • Layer-by-layer Fabrication of Well-packed Gold Nanoparticle Assemblies Guided by β-sheet-peptide Template
    T. Koga; T. Takagi; N. Higashi
    Polymer J., 42(1) 95 - 99, 2010年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • Thermo-Responsive Polymer Micelle Triggered by Conformational Switch of Elastin-like Peptides
    Tomoyuki Koga; Chie Nishiuma; Nobuyuki Higashi
    KOBUNSHI RONBUNSHU, 67(12) 679 - 685, 2010年, 研究論文(学術雑誌)
  • Stimuli-responsive Peptide Self-assembly into Well-organized Nanofibers
    T. Koga; K. Kitamura; N. Higashi
    PEPTIDES FOR YOUTH, 611 237 - 238, 2009年, 研究論文(学術雑誌)
  • Aggregation Induced α-Helix/β-Sheet Transition of the Poly(ethylene glycol)-attached Peptide
    M. Tanaka; S. Abiko; T. Koga; N. Koshikawa; T. Kinoshita
    Polymer J., 41(2) 153 - 156, 2009年, 研究論文(学術雑誌)
  • ヘリックス型ペプチドを分子素材とする一次元ナノ構造材料の開発
    古賀智之; 権藤裕一; 清水康明; 東 信行
    同志社大学理工学研究所報告, 49(4) 38 - 42, 2009年
  • Fabrication of Nucleobase-Functionalized Supramolecular Nanofiber Through Peptide Self-Assembly
    T. Koga; T. Watanabe; N. Higashi
    J. Nanosci. Nanotech., 9(1) 584 - 590, 2009年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • Fabrication of Peptide-Nanoarchitectures through Molecular Self-Assembly
    T. Koga; N. Higashi
    Bottom-up Nanofabrication: Supramolecules, Self-Assemblies, and Organized Films, 4 241 - 268, 2009年
  • Self-Assembled Peptide Nanofibers
    N. Higashi; T. Koga
    Adv. Polym. Sci., 219 27 - 68, 2008年, 論文集(書籍)内論文
  • ジアセチレン基を有する両親媒性ペプチド脂質の自己組織化
    T. Koga; M. Umeda; N. Higashi
    同志社大学理工学研究報告, 48 50 - 56, 2007年
  • Surface Modification of Peptide Nanofiber by Using Antigen-Antibody Interaction
    T. Koga; R. Murakami; N. Higashi
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn., 32(2) 371 - 374, 2007年
  • Regulation of Self-assembling Process of a Cationic β-Sheet Peptide by Photoisomerization of an Anionic Azobenzene Derivative
    T. Koga; M. Ushirogochi; N. Higashi
    Polymer J., 39(1) 16 - 17, 2007年, 研究論文(学術雑誌)
  • Fabrication of a switchable nano-surface composed of acidic and basic block-polypeptides
    T. Koga; A. Nagaoka; N. Higashi
    Colloids. Surf. A, 284 521 - 527, 2006年08月, 研究論文(学術雑誌)
  • pH-responsive, self-assembling nanoparticle from a fullerene-tagged poly(L-glutamic acid) and its superoxide dismutase mimetic property
    N Higashi; T Shosu; T Koga; M Niwa; T Tanigawa
    J. Colloid Interface Sci., 298(1) 118 - 123, 2006年06月, 研究論文(学術雑誌)
  • Controlled self-assembly of amphiphilic oligopeptides into shape-specific nanoarchitectures
    T Koga; M Higuchi; T Kinoshita; N Higashi
    Chem. Eur. J., 12(5) 1360 - 1367, 2006年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • Enzymatically triggered self-assembly of poly(ethylene glycol)-attached oligopeptides into well-organized nanofibers
    T. Koga; K. Kitamura; N. Higashi
    Chem. Commun., (47) 4897 - 4899, 2006年, 研究論文(学術雑誌)
  • 架橋部位を有するポリロイシン-ポリエチレングリコール・両親媒性ブロックポリマーによるα-ヘリックス性ナノ粒子の形成とその構造安定化
    T. Koga; K. Kitamura; N. Higashi
    同志社大学理工学研究報告, 47 55 - 61, 2006年
  • Controlling the Aggregation Behavior of Aβ Peptide by Poly(ethylene glycol)-conjugated Oligopeptides
    T. Koga; Y. Miyamura; N. Higashi
    Peptide Science, 368 , 2006年
  • Structurally and Temporally Regulated Peptide Self-Assembly into Nanofibers
    T. Koga; M. Matsuoka; K. Kitamura; N. Higashi
    Peptide Science, 367 , 2006年
  • 抗原-抗体反応を利用した人工ポリペプチド・アセンブリー
    古賀智之; 沢 秀樹; 東 信行
    高分子加工, 高分子刊行会, 55(4) 28 - 34, 2006年
  • Structural Control of Self-assembled Nanofibers by Artificial β-Sheet Peptides Composed of D- or L-Isomer.
    T. Koga; M. Matsuoka; N. Higashi
    J. Am. Chem. Soc., 127(50) 17596 - 17597, 2005年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • Nanostructure Formation from a Poly(glutamic acid)-based Helix-Loop-Helix Copolymer and its Stable Encapsulation of Antitumor Reagent
    M. Niwa; K. Sugamoto; T. Koga; N. Higashi
    J. Biomed. Nanotech., 1(3) 345 - 351, 2005年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular Design of Helix-Turn-Helix Polypeptides and Their Aggregation Properties in Water.
    S. Mikoshiba; T. Koga; N. Higashi
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn., 30 333 - 336, 2005年
  • Facile Synthesis of Amphiphilic Diblock Polypeptides through Ion-Complexation and Their Self-Assembling Properties in Water.
    M. Nakano; T. Koga; N. Higashi
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn., 30 337 - 340, 2005年
  • Studies on visual sensor from self-assembled polypeptides
    M Sivakumar; R Tominaga; T Koga; T Kinoshita; M Sugiyama; K Yamaguchi
    Sci. Tech. Adv. Mater., 6(1) 91 - 96, 2005年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • Preparation of Mesoporous Silics Films Filled with Various Amino Acids and Peptides in Their Nanopores
    K. Ariga; Q. Zhang; A. Okabe; M. Niki; T. Aida; T. Koga; Y. Kojima; T. Kinoshita
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn., 29 3179 - 3182, 2004年
  • Ligand-Printed Ion Pore Composed of Polypeptide Assembly in a Lipid Bilayer Membrane
    M. Higuchi; T. Koga; K. Taguchi; Y. Kobuke; T. Kinoshita; M. Kawaguchi
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn., 29 3143 - 3146, 2004年
  • Visual Sensing System from Polypeptide Nano-assembly
    M. Sivakumar; R. Tominaga; T. Koga; T. Kinoshita; M. Sugiyama; K. Yamaguchi
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn., 29 3151 - 3153, 2004年
  • Structural regulation of a peptide-conjugated graft copolymer: A simple model for amyloid formation
    T Koga; K Taguchi; Y Kobuke; T Kinoshita; M Higuchi
    Chem. Eur. J., 9(5) 1146 - 1156, 2003年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • Amyloid formation of native folded protein induced by peptide-based graft copolymer
    T Koga; K Taguchi; M Kogiso; Y Kobuke; T Kinoshita; M Higuchi
    FEBS Lett., 531(2) 137 - 140, 2002年11月, 研究論文(学術雑誌)
  • Enantioselective Binding and Stable Encapsulation of α-Amino Acids in a Helical Poly(L-glutamic acid)-Shelled Dendrimer in Aqueous Solution
    N. Higashi; T.Koga; M.Niwa
    Chembiochem, 3(5) 448 - 454, 2002年05月, 研究論文(学術雑誌)
  • Substrate-induced conformation of an artificial receptor with two receptor sites
    M Higuchi; T Koga; K Taguchi; T Kinoshita
    Langmuir, 18(3) 813 - 818, 2002年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • pH-Regulated Formation of Amyloid-like β-Sheet Assemblies from Polyglutamate Grafted polyallylamine
    T. Koga; K.Taguchi; T. Kinoshita; M. Higuchi
    Chem. Commun., (3) 242 - 243, 2002年, 研究論文(学術雑誌)
  • Fabrication of vertically and unidirectionally oriented polypeptide assemblies on self-assembled monolayers by stepwise polymerization
    M Higuchi; T Koga; K Taguchi; T Kinoshita
    Chem. Commun., (10) 1126 - 1127, 2002年, 研究論文(学術雑誌)
  • Spontaneous Formation of Fibrillar β-sheet Assemblies from Peptide-Grafted Polyamine: Effect of Complexation with Poly(ethylene glycol) Derivatives
    T.Koga; K.Taguchi; T.Kinoshita; M.Higuchi
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn., 27 493 - 496, 2002年
  • Preparation of Vertically and Unidirectionally Oriented α-Helical Sequential Polypeptide Assembled Monolayers
    M.Higuchi; T.Koga; K.Taguchi; T.Kinoshita
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn., 27 489 - 492, 2002年
  • Specific Binding of α-Amino Acid onto Poly(L-glutamic acid) Monolayers: Effects of Helicity and Lateral Helix Distribution
    N. Higashi; T. Koga; Y. Fujii; M. Niwa
    Langmuir, 17(13) 4061 - 4066, 2001年06月, 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular Assemblies of Poly(L-glutamic acid)-based Amphiphiles and Their Surface Functions
    N. Higashi; T. Koga; M. Morikawa; M. Niwa
    Handbook of Surface and Interfaces of Materials (Academic Press), 5 167 - 205, 2001年
  • Nanofabrication of Helical Peptide-Shelled Dendrimers
    N. Higashi; T. Koga; M. Niwa
    J. Nanosci. Nanotech., 1 309 - 315, 2001年
  • Dendrimers with attached helical peptides
    N Higashi; T Koga; M. Niwa
    Adv. Mater., 12(18) 1373 - 1375, 2000年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • Helical Superstructures from a Poly(γ-benzyl-L-glutamate)-Poly(L-glutamic acid) Amphiphilic Diblock Copolymer: Monolayer Formation on Water and Its Specific Binding of Amino Acids
    N. Higashi; T. Koga; M. Niwa
    Langmuir, 16(7) 3482 - 3486, 2000年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • Enhancement in helicity of an oligopeptide by its organization onto a dendrimer template
    N Higashi; T Koga; N Niwa; M Niwa
    Chem. Commun., (5) 361 - 362, 2000年, 研究論文(学術雑誌)
  • 気水界面を利用した表面ブロック型デンドリマーの調製と自己吸着特性
    東 信行; 古賀 智之; 北松 瑞生; 丹羽 政三
    高分子論文集, 57 659 - 664, 2000年
  • Preparation of surface-block dendrimer by using air-water interface and its self-assembling property on gold
    N Higashi; T Koga; M Kitamatsu; M Niwa
    KOBUNSHI RONBUNSHU, 57(10) 659 - 664, 2000年, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of helical sense and macrodipole on helix interaction in poly(glutamic acid) monolayers at the air-water interface
    N Higashi; R Nishikawa; T Koga; M Niwa
    J. Colloid Interface Sci., 220(2) 362 - 366, 1999年12月, 研究論文(学術雑誌)

MISC

  • DEVELOPMENT OF SURFACE TREATMENT TECHNIQUE WITH PHOTOLYTIC MACROMOLECULE INCLUDING RGDS PEPTIDE
    Y. Taki; Y. Morita; S. Nishimura; A. Hirata; T. Koga; E. Nakamachi
    PROCEEDINGS OF THE ASME INTERNATIONAL MECHANICAL ENGINEERING CONGRESS AND EXPOSITION, 2016, VOL. 3, AMER SOC MECHANICAL ENGINEERS, IMECE2016-66466 , 2017年
  • 細胞接着ペプチドを含む光分解性高分子を用いた新規表面処理手法の開発
    瀧 由貴子; 西村 慎之介; 平田 絢葉; 古賀 智之; 仲町 英治; 森田 有亮
    第54回同志社大学ハリス理化学研究所研究発表会, 講演予稿集 31 - 36, 2016年
  • 自己組織化ペプチドを用いた時限性ハイドロゲルの開発 (第50回同志社大学理工学研究所研究発表会 2012年度学内研究センター合同シンポジウム 講演予稿集)
    古賀 智之; 宮沢 豪; 二階堂 祐至
    同志社大学理工学研究報告, 同志社大学理工学研究所, 53(4) 118 - 121, 2013年01月
  • ペプチド・ナノ薄膜の開発と機能材料への応用
    古賀 智之; 城 大悟; 東 信行
    IEICE Technical Report SDM&OME, 2011-04 43 - 46, 2011年
  • Novel nanoscaffolds carrying cell adhesion peptide sequence
    Nobuyuki Higashi; Yoko Kawamura; Tomoyuki Koga
    JOURNAL OF PEPTIDE SCIENCE, JOHN WILEY & SONS LTD, 14(8) 135 - 135, 2008年08月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Cell Adhesion Ability of Self-assembled Nanofiber Consisting of RGDS-tagged Amphiphilic Peptide
    古賀 智之; N. Higashi; Y. Kawamura
    Peptides 2008, 448 - 449, 2008年
  • Stimuli-responsive peptide self-assembly into well-organized nanofibers
    T. Koga; K. Kitamura; N. Higashi
    BIOPOLYMERS, JOHN WILEY & SONS INC, 88(4) 585 - 585, 2007年, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Self-assembling Property of Peptide-Surfactant with Diacetylene Unit
    Sci. Eng. Rev. Doshisha Univ., 48 50 - 56, 2007年
  • Photo-induced gel-to-sol transition of DNA network cross-linked with fullerene-conjugated peptide assembly
    N. Higashi; Y. Mizuguchi; T. Koga
    JOURNAL OF PEPTIDE SCIENCE, JOHN WILEY & SONS LTD, 12 238 - 238, 2006年, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • ペプチドの自己組織化でつくるナノ構造材料
    古賀 智之
    同志社大学工学会報, 48 19 - 24, 2006年
  • 自己組織化ペプチドナノファイバー
    古賀 智之
    高分子, 55 154 , 2006年
  • α-Helical Nanoparticle from a Poly(leucine)-poly(ethylene glycol) Amphiphilic Block Copolymer Containing Cross-linking Sites and Its Structural Stabilization
    Sci. Eng. Rev. Doshisha Univ., 47 55 - 61, 2006年

書籍等出版物

  • アミノ酸系高分子で機能化したナノ粒子の創製
    古賀 智之; 東 信行
    高分子微粒子の最新技術動向 (シーエムシー出版), 2022年07月, 分担執筆, 第1編, 第6章, 48-57
  • 温度応答性アミノ酸ポリマーからつくるスマートハイドロゲル材料
    古賀 智之、東 信行
    「自己修復材料・自己組織化・形状記憶材料の開発と応用事例」(技術情報協会), 2020年, 分担執筆, 第6章, 第8節, 424-429
  • アミノ酸からつくる機能性ポリマーによる生体適合性表面の設計
    西村 慎之介; 東 信行; 古賀 智之
    無機/有機材料の表面処理・改質による生体適合性付与(シーエムシー出版), 2019年, 分担執筆, 第4章, 173-181
  • アミノ酸を基盤とする刺激応答性ポリマーの設計
    西村 慎之介; 古賀 智之; 東 信行
    刺激応答性高分子ハンドブック(NTS出版), 2018年, 分担執筆, 第2章, 第14節
  • ペプチドナノファイバー
    古賀 智之
    超分子:サイエンス&テクノロジー(NTS出版), 2009年, 分担執筆, 278-284, 学術書

講演・口頭発表等

  • Controlled Synthesis of Multiblock Copolymers Composed of Sequential Peptides and Vinyl Polymers for Functional Biomaterials
    古賀 智之
    ACS Spring 2019 National Meeting, 2019年, 口頭発表(招待・特別)
  • Self-Supporting Nanofilms from Peptide-Based Multiblock Copolymers
    古賀 智之
    27th Annual Meeting of MRS-J, 2017年, 口頭発表(招待・特別)
  • アミノ酸からつくるスマート高分子材料
    古賀 智之
    第31回 同志社大学・けいはんな産学交流会, 2017年, 口頭発表(招待・特別)
  • 自己組織性ペプチドを利用したスマート高分子材料の開発
    古賀 智之
    第25回ポリマー材料フォーラム, 2016年, 口頭発表(招待・特別)
  • Peptide-Polymer Hybrids for Functional Soft-Materials.
    古賀 智之
    25th Annual Meeting of MRS-J, 2015年, 口頭発表(招待・特別)
  • 人工ペプチドを基盤とするスマートマテリアルの開発
    古賀 智之
    第31回関西地区ペプチドセミナー, 2014年, 口頭発表(招待・特別)
  • 自己組織化ペプチドを用いた機能性ソフトマテリアルの開発
    古賀 智之
    第17回関西若手高分子セミナー, 2014年, 口頭発表(招待・特別)
  • 植物由来の階層構造をもつポリマー薄膜の調製とその表面特性
    古賀 智之
    日本化学会第92春季年会, 2012年
  • アゾベンゼンを末端にもつコラーゲン様オリゴペプチドの階層的自己組織化によるナノファイバー形成
    古賀 智之
    日本化学会第92春季年会, 2012年
  • コラーゲン様三重らせんの鎖組み換え現象に基づく時限性ハイドロゲルの精密設計
    古賀 智之
    日本化学会第92春季年会, 2012年
  • 新規ボトルブラシ型ペプチド-ポリマー・ハイブリッドの合成と自己組織化挙動
    古賀 智之
    日本化学会第92春季年会, 2012年
  • Self-assembled nanostructures from novel bottle brush-shaped peptide-polymer hybrids
    古賀 智之
    14th International Association of Colloid and Interface Scientists Conference, 2012年
  • W/O nanoemulsion stabilized by β-sheet network of peptide-containing polymer surfactant
    古賀 智之
    14th International Association of Colloid and Interface Scientists Conference, 2012年
  • ポリエステルを原料とするポリペプチドのワンポット合成
    古賀 智之
    第61回高分子学会年次大会, 2012年
  • 自己修復性と高い力学特性を合わせもつペプチドネットワークフィルムの設計
    古賀 智之
    第61回高分子学会年次大会, 2012年
  • ペプチドの自己組織化により制御された時限性ハイドロゲルの設計とその特性
    古賀 智之
    第61回高分子学会年次大会, 2012年
  • コラーゲン様ペプチド修飾金ナノ粒子の調製とフォールディングを利用した配列制御
    古賀 智之
    第61回高分子学会年次大会, 2012年
  • β-シートペプチドをグラフト鎖に有するポリアクリル酸ハイドロゲル-ゲル特性に及ぼすグラフト率の影響-
    古賀 智之
    第61回高分子学会年次大会, 2012年
  • ポリエステル-ポリペプチド可変ポリマー:骨格変換に伴う酵素活性の発現
    古賀 智之
    第58回高分子研究発表会, 2012年, 神戸
  • 時限性を有する超分子ペプチドハイドロゲル
    古賀 智之
    第58回高分子研究発表会, 2012年, 神戸
  • コラーゲン様ペプチドのフォールディング現象を利用した刺激応答性ゲル
    古賀 智之
    第58回高分子研究発表会, 2012年, 神戸
  • コラーゲン様オリゴペプチドの階層的自己組織化によるナノ構造形成とその光制御
    古賀 智之
    第58回高分子研究発表会, 2012年, 神戸
  • Novel elastin-like peptide-shelled dendrimer with dramatically changeable thermo-responsive character
    古賀 智之
    14th International Conference on Organized Molecular Films, 2012年
  • 高い力学特性を有する自己修復性ペプチドネットワークフィルムの開発
    古賀 智之
    第61回高分子討論会, 2012年
  • 自己組織化ペプチドによる時限性ハイドロゲルの設計とその特性
    古賀 智之
    第61回高分子討論会, 2012年
  • ボトルブラシ型ペプチド-ポリマー・ハイブリッドの自己組織化による多様なナノ構造体形成
    古賀 智之
    第61回高分子討論会, 2012年
  • pHと温度に多重応答するペプチド-ポリマーハイブリッドの設計とその特性
    古賀 智之
    第61回高分子討論会, 2012年
  • 高分子分子内反応によるポリエステルからポリペプチドへの変換反応
    古賀 智之
    第61回高分子討論会, 2012年
  • Functional Peptide-polymer Hybrid Films Inspired by Spider Silk Structure
    古賀 智之
    IUMRS-ICEM 2012, 2012年
  • Nanostructure Formation through Self-organization of Artificial Collagen-like Peptides
    古賀 智之
    241st ACS National Meeting PMSE Division, 2011年, 口頭発表(招待・特別), USA
  • 汎用ブロックポリマーから超分子構造をうみだすβ-シートネットワーク
    古賀 智之
    日本化学会第91春季年会, 2011年
  • 自己組織化ペプチドをテンプレートとしたシリカナノ構造体の調製
    古賀 智之
    日本化学会第91春季年会, 2011年
  • 三重らせんペプチドフォルダマーの精密設計に基づく自己集合プログラミング
    古賀 智之
    日本化学会第91春季年会, 2011年
  • エピトープ含有elastion類似ペプチドを用いた細胞培養システムの構築
    古賀 智之
    日本化学会第91春季年会, 2011年
  • 人工スパイダーシルクを目指したペプチド・ポリマーハイブリッドの設計と特性評価
    古賀 智之
    第60回高分子学会年次大会, 2011年
  • 細胞認識ペプチドをグラフト鎖に持つPHEMAハイドロゲルの調製とその特性
    古賀 智之
    第60回高分子学会年次大会, 2011年
  • ペプチド型トリブロックポリマーによる-シートネットワークの形成と油水界面の安定化
    古賀 智之
    第60回高分子学会年次大会, 2011年
  • 三分岐型コラーゲン様オリゴペプチドによる自己組織化ネットワークの構築
    古賀 智之
    第60回高分子学会年次大会, 2011年
  • Hybrid hydrogels composed of poly(acrylic acid) and triple helix collagen-like domains
    古賀 智之
    2th International Symposium Frontiers in Polymer Science, 2011年
  • 自己組織化ペプチドを鋳型とするシリカナノチューブの調製
    古賀 智之
    第57回高分子研究発表会, 2011年, 神戸
  • フォールディングペプチドをグラフト鎖に有する多重応答ポリマー
    古賀 智之
    第57回高分子研究発表会, 2011年, 神戸
  • オリゴエステルを出発原料とするオリゴペプチドの一段階合成
    古賀 智之
    第57回高分子研究発表会, 2011年, 神戸
  • elastin類似ペプチドを基盤とする細胞培養分子システムの構築
    古賀 智之
    第57回高分子研究発表会, 2011年, 神戸
  • スパイダーシルク様ナノ構造を有する高分子フィルムの調製とその特性
    古賀 智之
    第63回コロイドおよび界面化学討論会, 2011年
  • 種々のフォールディングペプチドを組み込んだ多種応答ハイブリッドポリマーの設計
    古賀 智之
    第63回コロイドおよび界面化学討論会, 2011年
  • 細胞認識性ペプチドを表面に有する高分子薄膜の調製と人工ECMへの応用
    古賀 智之
    第63回コロイドおよび界面化学討論会, 2011年
  • ペプチド-ポリマー・ハイブリッドによる人工スパイダーシルクの設計
    古賀 智之
    第60回高分子討論会, 2011年
  • 三分岐型コラーゲン様ペプチドの精密設計に基づく時限生ハイドロゲルの構築
    古賀 智之
    第60回高分子討論会, 2011年
  • 様々の極性環境においてβ-シートネットワークにより誘導されるブロックポリマー会合体
    古賀 智之
    第60回高分子討論会, 2011年
  • Thermo-responsive Behavior of Elastin-like peptide-shelled Dendrimers
    古賀 智之
    21th Academic Symposium of MRS-Japan, 2011年
  • β-Sheet Peptide Network with Movable Cross-links
    古賀 智之
    21th Academic Symposium of MRS-Japan, 2011年
  • Preparation of PHEMA Copolymers Containing Cell-binding Peptides as Graft Chains and Their Cell Adhesive Propertie
    古賀 智之
    21th Academic Symposium of MRS-Japan, 2011年
  • α-ヘリックス・ペプチド超薄膜の二次元パターン化とその応用
    古賀 智之
    日本化学会第90春季年会, 2010年
  • ペプチド単分子膜のコーティングによる超撥水性ペーパーの調製
    古賀 智之
    日本化学会第90春季年会, 2010年
  • ペプチドユニットを中央ブロックに有する新規トリブロックポリマーの合成と会合特性
    古賀 智之
    日本化学会第90春季年会, 2010年
  • 三分岐型コラーゲンペプチドによる新規超二次構造の形成
    古賀 智之
    日本化学会第90春季年会, 2010年
  • トリプルヘリックス二量体からなる人工超二次構造の設計
    古賀 智之
    第59回高分子学会年次大会, 2010年
  • グラフト型ペプチド‐ポリマー・ハイブリッドによるスパイダーシルク様三次元ネットワークの構築
    古賀 智之
    第59回高分子学会年次大会, 2010年
  • β‐シート結晶ドメインとPEGからなるトリブロックおよびマルチブロックポリマーの合成とα-CD包接挙動
    古賀 智之
    第59回高分子学会年次大会, 2010年
  • トリブロック型ペプチド・ポリマーによるスパイダーシルクのモデル化:高次構造形成におよぼすアミノ酸配列の影響
    古賀 智之
    第59回高分子学会年次大会, 2010年
  • 反応性基を側鎖に有するelastion 類似ペプチドの合成と温度応答性挙動に及ぼす分子量の影響
    古賀 智之
    第59回高分子学会年次大会, 2010年
  • 三分岐型コラーゲン様ペプチドをグラフト鎖に有する温度応答性ハイドロゲルの調製
    古賀 智之
    第59回高分子学会年次大会, 2010年
  • Nanostructure Formation from Rod-coil Peptide Block Copolymers through Self-assembly
    古賀 智之
    E-MRS Spring Meeting, 2010年, Strasbourg
  • ジアセチレン型ペプチド脂質からなる一次元共役ポリマーの調製
    古賀 智之
    第56回高分子研究発表会, 2010年, 神戸
  • Artificial Supersecondary Structure Composed of Triple Helix-Triple Helix Dimer from Three-Armed Collagen-Like Peptide
    古賀 智之
    31’st European Peptide Symposium, 2010年, Copenhagen
  • トリプルヘリックス・フォルダマーの設計とその応用
    古賀 智之
    第59回高分子討論会, 2010年
  • アミノ酸種や二次構造の異なるペプチドのコーティングによる濾紙表面の特性制御
    古賀 智之
    第59回高分子討論会, 2010年
  • β-シートネットワークにより安定化されたコア-シェル-コロナ型ブロックポリマーミセル
    古賀 智之
    第59回高分子討論会, 2010年
  • スパイダーシルクモデルを目指したペプチドブロックポリマー/α-CDポリロタキサンの形成
    古賀 智之
    第19回ポリマー材料フォーラム, 2010年
  • ペプチドのフォールディング機能を組み込んだ新規ハイブリッドゲル
    古賀 智之
    第19回ポリマー材料フォーラム, 2010年
  • Fabrication of Artificial Supersecondary Structure form Three-armed Collagen-like Peptide
    古賀 智之
    Pacifichem 2010, 2010年, Honolulu
  • Solvato-morphotic Nanostructures from Peptide-Synthetic Hybrid Block Copolymers
    古賀 智之
    Pacifichem 2010, 2010年, Honolulu
  • 自己組織化ペプチドを用いたナノマテリアル設計
    古賀 智之
    第21回名古屋コンファレンス, 2010年, 口頭発表(招待・特別), 名古屋
  • 分岐型コラーゲンモデルペプチドの合成と三重らせん形成能
    古賀 智之
    日本化学会第89春季年会, 2009年
  • elastin類似ペプチドをグラフト鎖に有する新規刺激応答性高分子の合成とその特性
    古賀 智之
    日本化学会第89春季年会, 2009年
  • 様々なLCSTを有するelastin類似ペプチドで表面修飾した金ナノ粒子の調製と会合特性
    古賀 智之
    日本化学会第89春季年会, 2009年
  • 様々なエピトープを導入したポリスチレン・ブロックポリマーの合成と細胞接着特性
    古賀 智之
    第58回高分子学会年次大会, 2009年
  • β-シートペプチドをテンプレートに用いたポリジアセチレンの調製
    古賀 智之
    第58回高分子学会年次大会, 2009年
  • グラフト鎖にオリゴアラニンを含んだハイブリッドポリマーからなるスパイダーシルク様ネットワーク
    古賀 智之
    第58回高分子学会年次大会, 2009年
  • Novel Collagen-like Triple Helix Foldamers and Their High-order Structure
    古賀 智之
    VIII European Symposium of The Protein Society, 2009年
  • コラーゲン様三重らせんフォルダマーの構造特性
    古賀 智之
    第55回高分子研究発表会, 2009年, 神戸
  • Elastin類似ペプチドを組み込んだ刺激応答性ポリマー材料
    古賀 智之
    第55回高分子研究発表会, 2009年, 神戸
  • 様々なLCSTを有するペプチド修飾金ナノ粒子の集積化
    古賀 智之
    第55回高分子研究発表会, 2009年, 神戸
  • ペプチド分子の精密設計に基づく自己組織化プログラミング
    古賀 智之
    第58回高分子討論会, 2009年
  • β-シート型ペプチドを鋳型とするジアセチレンの光重合
    古賀 智之
    第58回高分子討論会, 2009年
  • グラフト型ペプチド-ポリマー・ハイブリッドによるスパイダーシルクのモデル化
    古賀 智之
    第58回高分子討論会, 2009年
  • 様々なエピトープを末端に持つポリスチレン・ブロックポリマーの合成と細胞認識
    古賀 智之
    第58回高分子討論会, 2009年
  • ボトムアップ戦略によるペプチド・ナノ材料の設計
    古賀 智之
    2008年度東海高分子学生研究会, 2009年, 口頭発表(招待・特別), 名古屋
  • RGD配列をもつ感温性elastin類似ペプチドによる二次元アレイの構築
    古賀 智之
    日本化学会第88春季年会, 2008年
  • くさび型ペプチド脂質の自己集合によるナノ構造形成
    古賀 智之
    日本化学会第88春季年会, 2008年
  • 新規三分岐型コラーゲンモデルの合成と高次構造形成
    古賀 智之
    日本化学会第88春季年会, 2008年
  • アゾベンゼンを導入した三分岐型コラーゲンモデル分子の合成と構造特性
    古賀 智之
    第57回高分子学会年次大会, 2008年
  • 光分解性コラーゲンモデルの設計と高次構造安定性
    古賀 智之
    第57回高分子学会年次大会, 2008年
  • ロッド・コイル型ペプチド-ポリマー・ハイブリッドによるナノ相分離形成と制御
    古賀 智之
    第57回高分子学会年次大会, 2008年
  • オリゴアラニン部位を含むトリブロック型合成ポリマーによるスパイダーシルクのモデル化
    古賀 智之
    第57回高分子学会年次大会, 2008年
  • ポリペプチド修飾金ナノ粒子の二次元集積化とその特性
    古賀 智之
    第54回高分子研究発表会, 2008年, 神戸)
  • Novel Nanoscaffolds Carrying Cell Adhesion Peptide Sequence
    古賀 智之
    30th European Peptide Symposium, 2008年, Helsinki
  • コラーゲン様三重らせんフォルダマーの設計と高次構造特性
    古賀 智之
    第57回高分子討論会, 2008年
  • RGD配列をもつelastin類似ペプチドによる二次元アレイの構築と細胞接着特性
    古賀 智之
    第57回高分子討論会, 2008年
  • くさび型ペプチド脂質の自己組織化によるナノチューブ形成
    古賀 智之
    第57回高分子討論会, 2008年
  • Fabrication of Photolytic Peptide Nanofilms
    古賀 智之
    The IUMRS International Conference in Asia, 2008年, Nagoya
  • Tuning of Self-assembling Properties of Amphiphilic Peptide by Attachment with Vinyl Polymers
    古賀 智之
    The IUMRS International Conference in Asia, 2008年, Nagoya
  • Synthesis of Peptide-attached Fullerenes and Their Self-assembling Properties
    古賀 智之
    The IUMRS International Conference in Asia, 2008年, Nagoya
  • ポリペプチドナノ薄膜の開発とその応用
    古賀 智之
    けいはんな新産業創出・交流センターシーズフォーラム, 2008年, 口頭発表(招待・特別)
  • 末端にアゾベンゼン基を有する光応答性ペプチドの二次構造と自己集合特性
    古賀 智之
    日本化学会第87春季年会, 2007年
  • PEG-ペプチド脂質の合成とナノ構造形成
    古賀 智之
    日本化学会第87春季年会, 2007年
  • β-シートペプチドとPNIPAM からなる新規コンジュゲートの合成と感温特性
    古賀 智之
    日本化学会第87春季年会, 2007年
  • クモの糸をモデルとするPEG-(Ala)8-ポリアクリル酸・トリブロックポリマーの合成
    古賀 智之
    日本化学会第87春季年会, 2007年
  • 交互吸着法によるポリペプチド修飾金ナノ粒子の積層化
    古賀 智之
    日本化学会第87春季年会, 2007年
  • elastin 配列をもつブロック型ペプチドの合成と特性評価
    古賀 智之
    日本化学会第87春季年会, 2007年
  • 新規二官能性開始剤を用いたrod-coil型ジブロック・コンジュゲートの合成
    古賀 智之
    日本化学会第87春季年会, 2007年
  • 構成アミノ酸のキラリティーによるペプチドナノファイバーの微細構造チューニング
    古賀 智之
    第56回高分子学会年次大会, 2007年
  • 刺激応答性ペプチド自己集合システムの設計
    古賀 智之
    第56回高分子学会年次大会, 2007年
  • 三分岐型ペプチドによる特異形状ナノファイバーの形成
    古賀 智之
    第56回高分子学会年次大会, 2007年
  • Stimuli-responsive Peptide Self-assembly into Well-organized Nanofibers
    古賀 智之
    20th Annual American Peptide Symposium, 2007年
  • Shape-Specific Nanofibers from Multi-Branched Peptides
    古賀 智之
    5th International Dendrimer Symposium, 2007年
  • 芳香環をコアに有する両親媒性ペプチドの合成と自己組織化
    古賀 智之
    第53回高分子研究発表会, 2007年, 神戸
  • 三分岐型ペプチドを素材とした形状特異ナノ組織体
    古賀 智之
    第53回高分子研究発表会, 2007年, 神戸
  • ATRP法によるペプチド-ポリマー・ハイブリッドの調製と高次構造形成
    古賀 智之
    第56回高分子討論会, 2007年
  • elastin 類似ペプチド修飾金ナノ粒子の感温性を利用した固体表面への選択的集積化
    古賀 智之
    第56回高分子討論会, 2007年
  • ペプチド-ポリマー・ハイブリッドの合成と高次構造特性
    古賀 智之
    2007年日本化学会西日本大会, 2007年
  • 感温性elastin 類似ペプチド修飾金ナノ粒子の凝集特性と二次元集積化
    古賀 智之
    2007年日本化学会西日本大会, 2007年
  • GDS 細胞接着ドメインを導入した自己組織化ペプチドスキャホールドの構築
    古賀 智之
    The 18th Symposium of The Materials Research Society of Japan, 2007年
  • ELPとPEGからなるペプチド-ポリマー・ハイブリッドの感温的自己集合特性
    古賀 智之
    The 18th Symposium of The Materials Research Society of Japan, 2007年
  • スパイダーシルクをモデルとするpoly(ethylene glycol)-(Ala)8-poly(acrylic acid)の高次構造
    古賀 智之
    The 18th Symposium of The Materials Research Society of Japan, 2007年
  • ペプチド・ナノ集合体の構造制御と機能化
    古賀 智之
    第7回界面ナノアーキテクトニクスクスワークショップ, 2007年
  • 自己組織化ペプチドナノファイバー
    古賀 智之
    第55回高分子学会年次大会, 2006年, 口頭発表(招待・特別), 名古屋

産業財産権

  • 特許権
    形状記憶ハイドロゲル
    古賀 智之, 東 信行, 富森 琴葉
    特願2017-214334, 特開2019-85483, 特許第7025749号
  • 特許権
    環状ペプチドNMP開始剤及びマルチブロック型高分子の製造方法
    古賀 智之, 東 信行, 西村 慎之介
    特願2017-014069, 特開2018-123066, 特許第7004990号
  • 特許権
    多重刺激応答型高分子およびその製造方法」
    特願2012-004852
  • 特許権
    Aβ凝集阻害剤
    特願2005-240244
  • 特許権
    機能性材料およびその製造方法
    特願2005-114216
  • 特許権
    表面基体に一方向に配向した α-ヘリックス構造を有する定配序ペプチド集合体薄膜
    特開2003ー113260

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • ペプチド-アミノ酸ビニルポリマー・ハイブリッド分子戦略によるスマートゲルの創成
    古賀智之
    基盤研究(C), 2022年04月 -2025年03月, 研究代表者, 同志社大学
  • 空間展開された分光円偏光による逐次測定可能な高速円二色性スペクトルメータの開発
    古賀智之
    基盤研究(B) (代) 江本 顕雄, 2020年 -2023年, 研究分担者
  • 自己組織性ペプチドマルチブロックポリマーを基盤とするスマートナノ材料の創成
    古賀 智之
    基盤研究(C), 2017年 -2019年, 研究代表者, 競争的資金
  • 時限性を有する自己組織化ペプチドハイドロゲルの開発とその応用
    古賀 智之
    基盤研究(C), 2014年 -2016年, 研究代表者, 競争的資金
  • 自己組織化ぺプチドを用いた超分子ナノファイバーの創製
    古賀 智之
    (公) 日本化学繊維研究所, 研究助成, 2011年 -2011年, 研究代表者, 競争的資金
  • 人工スパイダーシルクを目指した新規ペプチドーポリマー・ハイブリッドの開発
    古賀 智之
    若手研究(B), 2009年 -2011年, 研究代表者, 競争的資金
  • 自己組織化ペプチドナノファイバーの微細構造チューニング
    古賀 智之
    若手研究(B), 2007年 -2008年, 研究代表者, 競争的資金
  • 核酸塩基の特異的相互作用を利用した自己組織化ペプチドファイバーネットワークの構築
    古賀 智之
    若手研究(B), 2005年 -2006年, 研究代表者, 競争的資金
  • Creation of High-functional Block Copolymers
    2004年, 競争的資金
  • Creation of Novel Nanomaterials through Self-assembly of Biopolymers
    2004年, 競争的資金
  • アミロイドモデルの構築と新規ナノ構造材料への応用に関する研究
    特別研究員奨励費, 2003年 -2003年, 競争的資金
  • 光分解性ペプチド・ナノ薄膜の開発とその応用
    独立行政法人科学技術振興機構(JST), JST地域イノベーション創出総合支援事業平成19年度シーズ発掘試験, 公的機関(文部科学省・日本学術振興会を除く)からの各種助成, 競争的資金

研究シーズ

  • アミノ酸からつくるスマート高分子材料
    キーワード:「新ビジネス」フォーラム:
    研究テーマの分野:化学・ナノテク・素材
    関連研究者所属・研究者名:理工学部 機能分子・生命化学科、古賀 智之
    概要:アミノ酸はタンパク質を構成している生体分子で、優れた機能性を有しています。私達はアミノ酸のも つ「構造多様性」と「類似性」に着目した新しい高分子材料の開発を進めています。基本骨格が同じで あるため、同一の合成戦略で種々のアミノ酸ビニルモノマーを調製できます。また、それらを高分子化 することにより、様々な構造/機能設計が可能となります。本講演では、温度応答性ポリマーの精密設 計や形状記憶性・インジェクタブル性ハイドロゲル材料等への展開について紹介します。

     ← 発表動画(約40分)youtubeにリンクしています。

     

     

  • 人工ペプチドを基盤とする スマート・ナノマテリアル
    キーワード:ペプチド:自己組織化:ナノ構造:刺激応答材料: ハイドロゲル:ベシクル:ナノファイバー:ナノチューブ: 細胞足場材料:DDS
    研究テーマの分野:化学・ナノテク・素材, ライフサイエンス
    関連研究者所属・研究者名:理工学部 機能分子・生命化学科、古賀 智之
    概要:我々の研究グループは機能性高分子素材として人工ペプチドやアミノ酸誘導体からなるポリマーに着目し、ナノ構造形成素子や刺激応答材料等への応用展開を進めている。特に、ペプチド分子間相互作用の精密設計に基づいて、様々な形状・サイズの三次元・ナノ構造体をボトムアップ的に創製する技術:“プログラム化されたペプチド自己組織化技術”の開発を進めている。これまでにナノファイバーやナノファイバーネットワーク(ハイドロゲル形成)、ナノチューブやベシクル、球状/棒状ミセルへ自己組織化する人工ペプチド群の開発に成功している。分子徐放材料や細胞工学用足場材料等への応用が期待される。
    使用用途、応用例等:細胞工学や薬物・遺伝子輸送のための分子素材(Nano-scaffold、Nano-Carrier(DDS))、ナノオーダーの空間解像度をもつ機能素子や分子テンプレートなどに応用できる。
    備考:生体適合性・生分解性を合わせもつ環境調和型の生体ナノ材料であり、最小エネルギー・最大の厳密性で容易に複雑なナノメートルオーダーの三次元構造体の構築が可能。目的に応じた様々な機能性ソフトマテリアルのデザインが可能である。