鵜飼 孝造
ウカイ コウゾウ
社会学部社会学科
博士後期課程教授
Last Updated :2021/09/26

研究者情報

研究キーワード

  • 社会関係資本
  • 社会ネットワーク
  • 政治社会学
  • 社会運動
  • 集合的行為
  • 社会学理論

研究分野

  • 人文・社会/社会学

研究歴

  • 1982- 集合的行為、社会運動の理論についての研究に従事
  • 1985- 日本の地域政治の構造についての研究に従事
  • 1995- 日本の全国政治の構造についての研究に従事
  • 2000- 社会ネットワークおよび社会関係資本についての研究に従事

経歴

  • 同志社大学社会学部教授(社会学科) 同志社大学大学院社会学研究科教授(社会学専攻), 2005年04月 - 現在
  • 京都大学客員教授(大学院文学研究科), 2012年04月 - 2016年03月
  • ニュースクール・フォ・ソーシャルリサーチ客員研究員, 2011年04月 - 2012年03月
  • 甲南大学文学部教授(社会学科)甲南大学大学院人文科学研究科教授(応用社会学専攻), 2000年04月 - 2005年03月
  • 甲南大学文学部助教授(社会学科現代文化コース), 1995年04月 - 2000年03月
  • 北海道大学文学部助教授(人間行動学講座)北海道大学大学院文学研究科助教授(社会学専攻), 1991年04月 - 1995年03月
  • インディアナ大学社会学部客員研究員, 1993年03月 - 1993年09月
  • 大阪大学人間科学部助手(理論社会学・社会学説史講座), 1988年04月 - 1991年03月
  • 摂南大学経営情報学部非常勤講師, 1987年04月 - 1991年03月

学歴

  • 大阪大学, 人間科学研究科, 1988年
  • 大阪大学, 1988年
  • 大阪大学, 人間科学研究科, 1984年
  • 大阪大学, 1984年
  • 大阪大学, 人間科学部, 1982年
  • 大阪大学, 1982年

学位

  • 学術修士, 大阪大学

所属学協会

  • 関西社会学会
  • 社会・経済システム学会
  • 日本社会学会
  • 日本NPO学会
  • 『ソシオロジ』(社会学研究会)
  • Asia Pacific Sociological Association

委員歴

  • 理事, 2011年, 社会・経済システム学会, 学協会, 社会・経済システム学会
  • executive, 2002年 -2009年, Asia Pacific Sociological Association, 学協会, Asia Pacific Sociological Association
  • 編集委員, 2004年 -2008年, 『ソシオロジ』(社会学研究会), 学協会, 『ソシオロジ』(社会学研究会)
  • 理事, 2004年 -2007年, 関西社会学会, 学協会, 関西社会学会
  • 機関誌『社会学評論』専門委員、若手研究者問題検討特別委員会委員, 1997年 -2000年, 日本社会学会, 学協会, 日本社会学会

MISC

  • 「相互チュータリングによる創造的学力の育成」
    鵜飼 孝造
    『同志社時報』, (127)84 - 85, 2009年
  • 学生が学生を教えるチューター制で、主体性を育む
    鵜飼 孝造
    Ikuei News, (47)17 - 18, 2009年
  • 『若手研究者の研究・生活の現状と研究活性化に向けた課題:日本社会学会若手会員へのアンケート調査報告書』
    鵜飼 孝造, 小内透編
    日本社会学会若手研究者問題検討特別委員会, 19 - 28, 2009年
  • 『地域活動のネットワークとその展開』
    鵜飼 孝造, 宮垣元
    平成16-19年度科学研究費補助金(基盤研究B)『新しいコミュニティの構想 ー東部被災地をフィールドとしてー』研究成果報告書(第2分冊)(研究代表者 鵜飼孝造), 7-13、29-43、49-55、64-72 , 2008年
  • 『東灘における若年層の地域生活調査報告書』
    鵜飼 孝造, 星敦士, 宮田尚子, 高久聡司, 田靡裕祐, 平松闊
    平成16-19年度科学研究費補助金(基盤研究B)『新しいコミュニティの構想 ー東部被災地をフィールドとしてー』研究成果報告書(第3分冊)(研究代表者 鵜飼孝造), 117 - 122, 2008年
  • 「社会運動理論における領域仮説の転換」
    鵜飼 孝造
    『同志社社会学研究』(同志社社会学研究学会), (12)43478 , 2008年
  • 「特集I アジアの中の日本 -ハイブリッドモダンの社会と文化-:はじめに」
    鵜飼 孝造, 宮本孝二と共編著
    『フォーラム現代社会学』(関西社会学会), (7)43500 , 2008年
  • 『2006年兵庫県民調査報告書』
    鵜飼 孝造, 星敦士, 雨森聡, 田中志敬, 大畑秀和, 西丸良一, 山本圭三, 宮田尚子, 白川俊之
    平成16-19年度科学研究費補助金(基盤研究B)『新しいコミュニティの構想 ー東部被災地をフィールドとしてー』研究成果報告書(第1分冊)(研究代表者 鵜飼孝造), 43473 , 2007年
  • "An Examination of New Community Models in the Disaster Area of Kobe"
    鵜飼 孝造
    2007年
  • 「特集I 世代論からみた日本社会:はじめに」
    鵜飼 孝造, 宮本孝二と共編著
    『フォーラム現代社会学』(関西社会学会), (6)43500 , 2007年
  • 「脱システムの社会運動・構想ノート」
    鵜飼 孝造
    『甲南大学紀要文学編(社会科学特集)』, 13643474 , 2005年
  • 「分権化と地方自治」
    鵜飼 孝造
    『甲南大学紀要文学編(社会科学特集)』, (126)41 - 67, 2003年
  • 「住民参加とネットワーク」住民と参加システム研究会(編)『地域社会と参加システムに関する学際的研究 II 』所収
    鵜飼 孝造
    21世紀ひょうご創造協会, 43788 , 2001年
  • 「[ひょうご仮想塾]うわさ」(インタヴュー)
    鵜飼 孝造
    『産経新聞(神戸版)』5月24日, 2000年
  • 「50年後の社会・生活は?」(インタヴュー)
    鵜飼 孝造
    進研アド 『ビトウィーン』臨時増刊号, 1999年
  • 「(Doing Sociology)ケント家との百日間」
    鵜飼 孝造
    『ソシオロジ』(社会学研究会), (136)109 - 114, 1999年
  • 「人間関係の不思議」(エッセー)
    鵜飼 孝造
    甲南学園広報室 『KONAN EXPRESS』, 5(4), 1998年
  • 「原子力発電所事故発生時の諸問題」(インタヴュー)
    鵜飼 孝造
    三菱総合研究所・原子力安全システム研究所『ヒューマンファクター研究プロジェクト報告書』, 1997年
  • 「新しい形の人間関係、組織・運動のあり方を探る」(インタヴュー)
    鵜飼 孝造
    コープこうべ・生協研究機構 『Rainbow Report』, (6), 1996年
  • 「草食動物ガゼルのような特性 アダルトチルドレン」(インタヴュー)
    鵜飼 孝造
    日本実業出版社『オールセールス』, (377), 1996年
  • 『震災後の暮らしの変化と助け合い』(阪神大震災組合員調査・中間報告書)
    鵜飼 孝造
    コープこうべ・生協研究機構, 1996年
  • 「(書評)「盛山和夫著 『制度論の構図』」
    鵜飼 孝造
    『現代社会学研究』(北海道社会学会), (9)121 - 123, 1996年
  • 「ネットワーク型社会運動の可能性」
    鵜飼 孝造
    『社会・経済システム』(社会・経済システム学会), (12)44 - 49, 1993年
  • 『地域社会の政治構造と政治意識 解析編』
    鵜飼 孝造, 間場寿一, 中村宏, 高坂健次, 小林久髙, 青木康容, 中道實, 趙京, 大和礼子, 依田博, 春日雅司, 大橋松行, 星明, 居安正, Pauline Kent
    昭和63ー平成2年度科学研究費補助金(総合研究A)『地域社会の政治構造と政治意識の総合研究』研究成果報告書(研究代表者 居安正), 363pp, 1992年
  • "Local Politics in Japan " (Changing Patterns in the Political Sphere II)
    鵜飼 孝造
    1991年
  • (書評)岩崎信彦・鯵坂学・上田惟一・高木正郎・広原盛明・吉原直樹(編)『町内会の研究』
    鵜飼 孝造
    『ソシオロジ』(社会学研究会), 35(1)118 - 123, 1990年
  • 「地方選挙と女性の進出」
    鵜飼 孝造
    『都市問題』(東京市政調査会), 80(7)37 - 47, 1989年
  • 「ある女性地方議員の誕生」
    鵜飼 孝造, 居安正
    『社会科学』(同志社大学人文科学研究所), (40)90 - 127, 1988年
  • 「運動形成の構造的要因と心理的要因 ーその歴史的説明と一般モデルー」
    鵜飼 孝造
    『社会学評論』(日本社会学会), 39(1)43512 , 1988年
  • 「集合行動の歴史社会学序説 ーC・ティリーの研究を中心にー」
    鵜飼 孝造
    『年報 人間科学』(大阪大学人間科学部), (6)31 - 48, 1985年
  • 「集合行動の歴史社会学的研究 ーヴァンデの反革命ー」(修士学位論文)
    鵜飼 孝造
    大阪大学大学院人間科学研究科(社会学専攻), 1984年

書籍等出版物

  • 『社会ネットワークのリサーチ・メソッド:「つながり」を調査する』
    鵜飼 孝造, 平松闊, 鵜飼孝造, 宮垣元, 星敦士
    ミネルヴァ書房, 2010年, 共著, 161-205, 学術書
  • (事典項目)「民主主義とポリアーキー」日本社会学会社会学事典刊行委員会編『社会学事典』
    鵜飼 孝造
    丸善, 2010年, その他, 860-861, 学術書
  • 「矛盾の媒介的解決:(解題)塩原勉『組織と運動の理論』」井上俊・伊藤公雄(編)『社会の構造と変動(社会学ベーシックス2)』所収
    鵜飼 孝造
    世界思想社, 2008年, 単著, 137-146, 学術書
  • 「(解題)ウォーラスティン『近代世界システム』」碓井崧(編著)『社会学 ー原典で読む「規格化」と「多様化」ー』所収
    鵜飼 孝造
    ミネルヴァ書房, 2007年, 単著, 347, 学術書
  • 「現代の社会問題」日本社会福祉士養成校協会(監修)『社会福祉士のための基礎知識 III』所収
    鵜飼 孝造
    中央法規出版, 2003年, 単著, 119-125, 学術書
  • 「ナショナル・ポリティクスの構造変動」間場寿一(編 )『講座社会学9 政治』所収
    鵜飼 孝造
    東京大学出版会, 2000年, 単著, 217-260, 学術書
  • 「ネットワーク論」碓井崧・丸山哲央・大野道邦・橋本和幸(編)『社会学の理論』所収
    鵜飼 孝造
    有斐閣, 2000年, 単著, 205-219, 学術書
  • 『阪神・淡路大震災の社会学 第1巻 被災と救援の社会学』
    鵜飼 孝造, 岩崎信彦, 浦野正樹, 辻勝次, 似田貝香門, 野田隆, 山本剛郎と共編著
    昭和堂, 1999年, 共著, 学術書
  • 『阪神・淡路大震災の社会学 第2巻 避難生活の社会学』
    鵜飼 孝造, 岩崎信彦, 浦野正樹, 辻勝次, 似田貝香門, 野田隆, 山本剛郎と共編著
    昭和堂, 1999年, 共著, 学術書
  • 『阪神・淡路大震災の社会学 第3巻 復興・防災まちづくりの社会学』
    鵜飼 孝造, 岩崎信彦, 浦野正樹, 辻勝次, 似田貝香門, 野田隆, 山本剛郎と共編著
    昭和堂, 1999年, 共著, 学術書
  • (事典項目)「災害弱者」「災害見舞金」「震災ボランティア」庄司洋子・木下康仁・武川正吾・藤村正之(編)『福祉社会事典』所収
    鵜飼 孝造
    弘文堂, 1999年, 単著, 336,337,540, 学術書
  • 「コープこうべと福祉・ボランティア活動」森田三郎(編)『再生の社会学(阪神大震災の記録6)』所収
    鵜飼 孝造
    甲南大学阪神大震災調査委員会, 1997年, 単著, 13-48, 学術書
  • 「(解題)チャールズ・ティリー『ヴァンデ』」筒井清忠(編)『歴史社会学のフロンティア』所収
    鵜飼 孝造
    人文書院, 1997年, 単著, 67-74, 学術書
  • 「三枝秀彰君へ」(追悼文)藤本健夫・森田三郎(編)『甲南大学の阪神大震災(阪神大震災の記録1)』
    鵜飼 孝造
    神戸新聞総合出版センター, 1996年, その他, 学術書
  • 「日本の政治は変わることができるか」三木英・藤本憲一 (編)『社会を視る12の窓』所収
    鵜飼 孝造
    学術図書出版社, 1995年, 単著, 143-157, 学術書
  • 「情報ネットワークから意味創造のネットワークへ ー社会運動の新しいかたちー」宮本孝二・森下伸也・君塚大学(編)『組織とネットワークの社会学』所収
    鵜飼 孝造
    新曜社, 1994年, 単著, 205-219, 学術書
  • 「集合行動 ー願いとこころざしの組織化ー」梶田孝道・栗田宣義(編)『キーワード/社会学』所収
    鵜飼 孝造
    川島書店, 1993年, 単著, 131-146, 学術書
  • 『資源動員と組織戦略 ー運動論の新パラダイムー』
    鵜飼 孝造, 塩原勉, 片桐新自, 牟田和恵, 大畑裕嗣
    新曜社, 1989年, 共著, 学術書
  • 「地方政治家の生活史」庶民生活史研究会(編)『同時代人の生活史』所収
    鵜飼 孝造, 居安正, 春日雅司
    未来社, 1989年, 共著, 302-335, 学術書

講演・口頭発表等

  • ネットワーク理論と意思決定
    鵜飼孝造
    第38回社会・経済システム学会大会, 2019年10月26日
  • 社会運動理論と関係社会学
    鵜飼孝造
    第92回日本社会学会大会, 2019年10月06日, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)
  • 産業革命から遊び革命へ
    鵜飼孝造
    第37回社会・経済システム学会大会, 2018年10月27日, 口頭発表(一般)
  • 人口減少問題と「文明の衝突」
    鵜飼孝造
    第35回社会・経済システム学会大会, 2016年10月29日, 口頭発表(一般)
  • グローバル化の中の社会運動と集合行動(テーマセッション)
    鵜飼孝造
    日本社会学会第89回大会, 2016年10月08日, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)
  • グローバリゼーションと自由主義の交差
    鵜飼孝造
    第34回社会・経済システム学会大会, 2015年10月24日, 口頭発表(一般)
  • 反リベラルの運動理論———ネオコンと資源動員———
    鵜飼孝造
    第87回日本社会学会大会, 2014年11月22日, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)
  • 社会システムから社会デザインへ———「社会」教育方法試論———
    鵜飼孝造
    第33回社会・経済システム学会大会, 2014年10月26日, 口頭発表(一般)
  • 資本主義のリストラクチャリング
    鵜飼孝造
    第32回社会・経済システム学会大会, 2013年10月26日, 日本語, 口頭発表(一般)
  • 社会と意味システム(指定討論者)
    鵜飼 孝造
    社会・経済システム学会, 2009年, 関西大学
  • An Examination of New Community Models in the Disaster Area of Kobe
    鵜飼 孝造
    The Asia Pacific Sociological Association, 2007年, Penang, Malaysia
  • アジアの中の日本 -ハイブリッドモダンの社会と文化-(シンポジウム司会)
    鵜飼 孝造
    関西社会学会, 2007年, 同志社大学
  • 世代論からみた日本社会(シンポジウム司会)
    鵜飼 孝造
    関西社会学会, 2006年, 金沢大学
  • システムと運動の現在:連帯からネットワークへ
    鵜飼 孝造
    大阪大学社会学会, 2005年, 大阪大学
  • 動員論をこえて 市場・官僚制からコミュニティへ(テーマセッション「社会運動論のフロンティア」)
    鵜飼 孝造
    日本社会学会, 2002年, 大阪大学
  • 21世紀のリテラシー(指定討論者)
    鵜飼 孝造
    社会・経済システム学会, 1998年, 京都精華大学
  • 世代間ライフスタイルのネットワークと新産業の可能性
    鵜飼 孝造
    兵庫工業会 新産業創造クラブ セミナー, 1997年, 神戸市産業振興センター
  • 地域社会とNPO
    鵜飼 孝造
    21世紀ひょうご創造協会・フィランソロピー研究会, 1997年, 兵庫県民会館
  • ライフコースの多様化と生協活動のゆくえ
    鵜飼 孝造
    関西家族社会学研究会, 1996年, 甲南大学
  • 震災時におけるNPO活動と都市社会の断層(テーマセッション「NGO・NPOの社会学」)
    鵜飼 孝造
    日本社会学会, 1996年, 琉球大学
  • 異常状況下の社会・経済システム(指定討論者)
    鵜飼 孝造
    社会・経済システム学会, 1996年, 立命館大学
  • ライフコースの多様化とコープ活動のゆくえ
    鵜飼 孝造
    コープこうべ・幹部研修会, 1996年, 三木市文化会館
  • 阪神・淡路大震災 -社会学者の見た実像-(司会)
    鵜飼 孝造
    関西社会学会, 1996年, 吉備国際大学
  • 働く場の再設計(指定討論者)
    鵜飼 孝造
    社会・経済システム学会, 1995年, 滋賀大学
  • ポスト・モダン状況での社会運動
    鵜飼 孝造
    社会・経済システム学会, 1994年, 桃山学院大学
  • 構造分化モデルから動員モデルへ
    鵜飼 孝造
    関西社会学会, 1994年, 大阪大学
  • ネットワーク型社会運動の可能性
    鵜飼 孝造
    社会・経済システム学会, 1992年, 静岡県立大学
  • 地方自治の可能性 ---地方議員調査から---
    鵜飼 孝造
    日本社会学会, 1992年, 九州大学
  • 世界はいま -国民国家とエスニシティ-(司会)
    鵜飼 孝造
    北海道社会学会, 1992年, 札幌大学
  • Local Politics in Japan
    鵜飼 孝造
    Japanese Studies Association of Australia, 1991年, The Australian National University
  • 近代世界システム論における国家の問題
    鵜飼 孝造
    北海道社会学会, 1991年, 北海学園北見大学
  • 地方政治家をめぐる社会的ネットワーク
    鵜飼 孝造
    関西社会学会, 1991年, 神戸大学
  • 世界システム論と国家類型
    鵜飼 孝造
    関西社会学会, 1990年, 関西学院大学
  • 国家と動員の歴史社会学・試論
    鵜飼 孝造
    関西社会学会, 1988年, 立命館大学
  • 婦人議員の誕生 --- 地域政治と婦人会活動 ---
    鵜飼 孝造
    日本社会学会, 1987年, 日本大学
  • 運動主体と社会統制 --- 資源動員論の視角から---
    鵜飼 孝造
    日本社会学会, 1985年, 横浜市立大学
  • 集合行動の歴史社会学・試論 ---C・ティリーの研究を中心に ---
    鵜飼 孝造
    関西社会学会, 1984年, 奈良女子大学

Works

  • 被災地10年後のコミュニティと若者の調査
    2004年 -2008年
  • 人文社会科学系におけるポストドクター等の生活の現状と課題
    2008年
  • 「脆弱性」概念の再構築:福祉防災学の視座確立と実践モデルの開発
    2006年 -2007年
  • 新しいコミュニティの構想-東部被災地をフィールドとして
    2004年 -2007年
  • 平成・市町村合併の調査
    1998年 -2003年
  • 地域社会の政治構造と政治文化の総合研究
    1998年 -2001年
  • 阪神淡路大震災時の市民活動調査
    1995年 -1999年
  • コープこうべ組合員調査
    1995年 -1996年
  • 1970-80年代のメディアにおける小集団とネットワーキングのデータベース作成
    1991年 -1993年
  • 現代日本におけるネットワ-クの研究
    1990年 -1991年
  • 近畿圏における地方政治家と有権者の調査
    1988年 -1991年
  • 地域社会の政治構造と政治意識の総合研究
    1988年 -1990年
  • 鳥取県における婦人会活動と地域政治の調査
    1985年 -1988年

競争的資金等の研究課題

  • 20世紀後半の日本における社会運動と市民主義
    2010年 -2015年
  • チャールズ・ティリーの理論と方法
    1982年 -2012年
  • 新しいコミュニティの構想 ー東部被災地をフィールドとしてー
    基盤研究(B)(一般), 2004年 -2007年
  • 子育て支援の研究
    日本経済研究奨励財団, 日本経済研究奨励財団研究奨励金, 各種団体からの研究助成