清水 穣
シミズ ミノル
グローバル地域文化学部グローバル地域文化学科
教授
Last Updated :2020/12/03

研究者情報

研究キーワード

  • Karlheinz Stockhausen
  • Thomas Ruff
  • Gerhard Richter
  • Wolfgang Tillmans
  • 陶芸史、陶芸批評
  • 森山大道
  • リヒター
  • シュトックハウゼン
  • 電子音楽
  • 写真論

研究分野

  • 人文・社会/芸術実践論
  • 人文・社会/美術史
  • 人文・社会/美学、芸術論
  • 人文・社会/ヨーロッパ文学

学歴

  • 東京大学, 人文科学研究科, 1992年
  • 東京大学, 1992年
  • 東京大学, 人文科学研究科, 1988年
  • 東京大学, 1988年
  • 東京大学, 文学部, 1986年
  • 東京大学, 1986年

学位

  • 文学修士, 東京大学

所属学協会

  • 日本独文学会

受賞

  • 重森弘淹写真評論賞
    1995年, 東京綜合写真専門学校, JPN

論文

  • イクイヴァレント2017 — 安村崇「1/1」によるスティーグリッツの再解釈
    清水 穣
    安村崇『1/1』(OSIRIS), 2017年12月, 日本語
  • Post-Provoke et Post-Conpora — La Photographie Japonaise depuis les Année 1970
    清水 穣
    Japanorama – Nouveau regard sur la création contemporaine, 2017年10月, フランス語, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Stripとガラスの彼方で — アブストラクト・ペインティングの 新たな再開
    清水 穣
    Gerhard RIchter Wako Works of Art, 2015年11月, 日本語
  • 「ピカッ」の衝撃 ― 自粛という形式の表現弾圧について
    清水 穣
    Censure, Autocensure et Tabous” Editions Philippe-Picquer, 2010年10月, 日本語, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • コラージュとプレゼントネス― スティーヴン・ショアとマイケル・フリード
    清水 穣
    青弓社『写真空間4』, 2010年
  • セリー、フォルメル、メディア ― シュトックハウゼンの『ヘリコプター弦楽四重奏曲』
    清水 穣
    NTT出版Intercommunication, 64, 2008年
  • 眼と被写体 柳宗悦・土門拳・青山二郎
    清水 穣
    青弓社『写真空間』, 1, 2008年
  • Begegnung mit dem Japanischen durch die europäische Avantgarde: Minao Shibata
    清水 穣
    Musik und Verstehen (Laaber), 2005年10月, ドイツ語
  • 音色考 ー イッテンとハウアーの周辺
    清水 穣
    宇都宮美術館, 2005年07月, 日本語
  • Potenziale multimedialer Aufführung und "Szenische Musik" -- einige Bemerkungen zum Helikopter-Streichquartett
    清水 穣
    Kongressbericht Stockhausen 2000 LICHT, LIT Verlag, 2005年02月, ドイツ語, 研究論文(その他学術会議資料等)
  • 砂漠よさようなら-森山大道の光と影
    清水 穣
    BT美術手帖、美術出版社, March, 2003年
  • 絵画の鏡:アブストラクト・ペインティングの成立
    清水 穣
    BT 美術手帖、美術出版社, January, 2003年
  • GAKU (asobi/utamai)
    清水 穣
    Handwoerterbuch der musikalischen Terminologie, 2003年, ドイツ語
  • Gerhard Richter -- 絵画の鏡:アブストラクト・ペインティングの成立
    清水 穣
    美術出版社・BT美術手帖, (1月), 2002年
  • What is Plura-Monism?
    清水 穣
    Perspectives of New Music, Winter39, 2001年, 英語
  • Stockhausen und Japan - Licht und Schatten
    清水 穣
    Signale aus Köln, Band IV, Pfau Verlag, 1999年12月, ドイツ語, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 〈D〉線上のアリア--ベッヒャーシューレ,ヨーロッパ近代そして戦後ドイツ
    清水 穣
    BT美術手帖, (3), 1997年
  • 写真と内在--ヴァルター・ベンヤミンの言語哲学と写真論
    清水 穣
    「ドイツ文学」日本独文学会, (98), 1997年
  • Es denkt, es blitzt, es sieht -無人の風景とベルント + ヒラ・ベッヒャー-
    清水 穣
    川崎市民ミュージアム カタログ・論文集, 1996年
  • 〈自然史〉と〈存在〉附論
    清水 穣
    同志社外国文学研究, (69), 1995年

MISC

  • 空即是色 — 杉本博司の現在
    清水 穣
    京都市京セラ美術館, 2020年03月, 日本語
  • 徒労に捧げる・・・ゲルハルト・リヒターの制作風景2009
    清水 穣
    DVD Gerhard Richter Painting, 2020年02月, 日本語
  • Nothing but Photography. Shin Yanagisawa and Japanese Photography of the 1970s.
    清水 穣
    Shin Yanagisawa Works, 2019年10月, 英語
  • 不可視性に触れる 伊庭靖子の絵画
    清水 穣
    東京都美術館, 2019年07月, 日本語
  • レディメイドとしての茶碗
    清水 穣
    Takuro Kuwata, Kosaku Kanechika Gallery, 2018年12月, 日本語
  • 低空飛行 — 迫鉄平のssnnaappsshhoott
    清水 穣
    Sprout Curation, 2018年05月, 日本語
  • もうひとつの物語 — 「抽象の力」とスティーグリッツ
    清水 穣
    Web Real Kyoto, 2017年06月, 日本語
  • ヴォルフガング・ティルマンス Neue Weltの現在
    清水 穣
    IMA, 2015年09月, 日本語
  • ヴォルフガング・ティルマンスTruth Study Center/ Osaka 真実研究所、大阪」(2015)の構成
    清水 穣
    国立国際美術館通信, 2015年09月, 日本語
  • Review: Somehow the Mosaic looks Nice. Kodama Gallery Kyoto
    清水 穣
    Art Agenda (http://www.art-agenda.com/, 2015年06月, 英語
  • 断念と固執 鈴木理策の写真
    清水 穣
    丸亀市立猪熊弦一郎美術館, 2015年01月, 英語
  • モノクローム・ポップ 蜷川美香の現在
    清水 穣
    原美術館, 2015年01月, 日本語

書籍等出版物

  • デジタル写真論 イメージの本性
    清水 穣
    東京大学出版会, 2020年02月, 単著
  • 陶芸考
    清水 穣
    現代思潮新社, 2016年12月, 単著, 日本語, 一般書・啓蒙書
  • Grainy, Blurry, Out-of-Focus’ : Daido Moriyama’s Farewell Photography
    清水 穣
    Tate Modern, 2012年, 共著, Daido Moriyama. ed. by Simon Baker
  • プルラモン 単数にして複数の存在
    現代思潮新社, 2011年
  • 日々是写真
    現代思潮新社, 2009年
  • あれ・ブレ・暈け再考 ― 森山大道の『写真よさようなら』復刊
    青弓社『森山大道とその時代』, 2007年
  • 写真と日々
    現代思潮新社, 2006年
  • レクイエムとしてのクラシック
    青弓社『クラシック音楽の政治学』, 2005年
  • 新宿 インデックス
    大和ラヂエータ森山大道全集, 2004年

  • Handwoerterbuch der musikalischen Terminologie, 2003年
  • アブストラクト・ペインティングの変容
    Gerhard Richter カタログ和光ワークスオブアート, 2002年
  • 森山大道・暗室の路上
    タカイシイ・ギャラリー森山大道PLATFORM, 2002年
  • ゲルハルト・リヒター一つの基本モデル
    ワコウ・ワークス・オブ・アート, 2001年
  • Was ist Plura-Monismus ?
    Signale aus Koeln, Band 4, Pfau Verlag, 1999年
  • Stockhausen und Japan - Licht und Schatten
    Signale aus Koeln, Band 4, Pfau Verlag, 1999年
  • アドルノ・アンフォルメル--音楽批評への一序説
    文部省科研論集, 1998年
  • Rigorose Freiheit--Drei Bemerkungen zu Takeokas Schaffen
    Württembergischer Kunstverein Stuttgart, 1997年
  • ゲルハルト・リヒター写真論/絵画論
    淡交社, 1996年
  • 不可視性としての写真 The Photographic Invisible.
    ワコウ・ワークス・オブ・アート, 1995年
  • 『シュトックハウゼン音楽論集』
    現代思潮社
  • 白と黒で 写真と・・
    現代思潮新社

講演・口頭発表等

  • 森山大道の写真
    清水 穣
    ケルン写真美術館, 2007年, ケルン
  • 日本のカラー写真
    清水 穣
    グラーツ文化センター国際シンポジウム「Keep in Touch」, 2003年, グラーツ
  • 新音楽と日本の作曲家(柴田南雄を例に)
    清水 穣
    ケルン大学音楽学研究所国際シンポジウム「音楽と理解」, 2003年, ケルン
  • 日本の現代美術をめぐって
    清水 穣
    ケルン日本文化会館+ブレーメン芸術大学, 2001年, ケルン、ブレーメン
  • シュトックハウゼンのヘリコプター弦楽四重奏曲について
    清水 穣
    ケルン大学音楽学研究所国際シュトックハウゼンシンポジウム, 2000年, ケルン
  • プルラモニズムとは何か
    清水 穣
    ケルン大学音楽学研究所国際シュトックハウゼンシンポジウム, 1998年, ケルン
  • シュトックハウゼンと日本、その光と影
    清水 穣
    ケルン大学音楽学研究所国際シュトックハウゼンシンポジウム, 1998年, ケルン

競争的資金等の研究課題

  • 現代写真論
  • 現代音楽論(電子音楽論)

コメント可能テーマ

  • 現代写真、現代音楽

メディア実績

  • テレビ, 新日曜美術館「森山大道」特集で数分間だけコメントをした。, NHK, 2004年10月
  • テレビ, 「ガリレオチャンネル」という番組の中で、|デジタルカメラとデジタル写真についてコメントをした(同志社内で撮影したVTRが流れた), CS放送(WAC int.), 2009年11月