海老根 直之
エビネ ナオユキ
スポーツ健康科学部スポーツ健康科学科
博士後期課程教授
Last Updated :2024/03/01

研究者情報

研究キーワード

  • 身体活動量
  • エネルギー消費量
  • 二重標識水
  • Physical activity
  • Energy expenditure
  • Doubly labeled water

研究分野

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学
  • 人文・社会 / 家政学、生活科学
  • ライフサイエンス / スポーツ科学
  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学

研究歴

  • 1996-1998 漢方が生体に及ぼす影響の検討に従事
  • 1998-   ヒトのエネルギー代謝についての研究に従事

経歴

  • 同志社大学 スポーツ健康科学部, Faculty of Health and Sports Science, 2022年 - 現在
  • 同志社大学スポーツ健康科学部 准教授, Faculty of Health and Sports Science, 2011年 - 2022年
  • 同志社大学スポーツ健康科学部 専任講師, Faculty of Health and Sports Science, 2008年 - 2011年
  • 大分大学医学部医学科助教(人間環境・社会医学講座予防医学分野), School of Medicine, Faculty of Medicine, 2007年 - 2008年
  • 大分大学医学部医学科助手(人間環境・社会医学講座予防医学分野), School of Medicine, Faculty of Medicine, 2005年 - 2007年
  • McGill University, Dietetics & Human Nutrition 博士研究員, 2002年 - 2005年

学歴

  • 筑波大学, 体育科学研究科, 体育科学専攻, - 2002年
  • 筑波大学, 体育研究科, スポーツ健康科学専攻, - 1999年
  • 筑波大学, 体育専門学群, - 1997年

学位

  • 博士(学術), 筑波大学
  • 修士(体育学), 筑波大学

所属学協会

  • 日本衛生学会
  • 日本肥満学会
  • 日本公衆衛生学会
  • ライフケア学会
  • 日本栄養・食糧学会
  • 日本体育学会
  • 体力・栄養・免疫学会
  • 日本体力医学会

受賞

  • 体力・栄養・免疫学会 第12回 菅原賞
    2014年, 日本
  • 体力医学会 最優秀論文賞受賞
    2005年, 日本
  • 筑波大学体育科学研究科 平成14年度 優秀学術論文賞
    2002年, 日本

論文

  • Alterations in step frequency and muscle activities using body weight support influence the ventilatory response to sinusoidal walking in humans
    Mako Fujita; Kiyotaka Kamibayashi; Masahiro Horiuchi; Naoyuki Ebine; Yoshiyuki Fukuoka
    Scientific Reports, 13(1), 2023年09月19日, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of High-Intensity Anaerobic Exercise on the Scavenging Activity of Various Reactive Oxygen Species and Free Radicals in Athletes.
    Yuri Sawada; Hiroshi Ichikawa; Naoyuki Ebine; Yukiko Minamiyama; Ahad Abdulkarim D Alharbi; Noriaki Iwamoto; Yoshiyuki Fukuoka
    Nutrients, 15(1), 2023年01月01日, 研究論文(学術雑誌)
  • The Acute Effects of a Single Dose of Molecular Hydrogen Supplements on Responses to Ergogenic Adjustments during High-Intensity Intermittent Exercise in Humans
    Ahad Abdulkarim D. Alharbi; Noriaki Iwamoto; Naoyuki Ebine; Satoshi Nakae; Tatsuya Hojo; Yoshiyuki Fukuoka
    Nutrients, 14(19) 3974 - 3974, 2022年09月24日, 研究論文(学術雑誌)
  • Doubly labelled water–calibration approach attenuates the underestimation of energy intake calculated from self-reported dietary assessment data in Japanese older adults
    Daiki Watanabe; Tsukasa Yoshida; Eiichi Yoshimura; Hinako Nanri; Chiho Goto; Kazuko Ishikawa-Takata; Naoyuki Ebine; Hiroyuki Fujita; Misaka Kimura; Yosuke Yamada
    Public Health Nutrition, 25(7) 1 - 29, 2021年09月02日, 研究論文(学術雑誌)
  • Application of Molecular Hydrogen as an Antioxidant in Responses to Ventilatory and Ergogenic Adjustments during Incremental Exercise in Humans.
    Ahad Abdulkarim D Alharbi; Naoyuki Ebine; Satoshi Nakae; Tatsuya Hojo; Yoshiyuki Fukuoka
    Nutrients, 13(2), 2021年01月30日, 研究論文(学術雑誌)
  • 視聴映像ジャンルの違いがエネルギー消費量に及ぼす影響~安静時エネルギー消費量の厳密測定に向けた基礎研究~
    海老根直之; 市川聖也
    日本生理人類学会誌, 26(2) 27 - 34, 2021年
  • Impact of obesity on underreporting of energy intake in type 2 diabetic patients: Clinical Evaluation of Energy Requirements in Patients with Diabetes Mellitus (CLEVER-DM) study.
    Itsuko Miyazawa; Katsutaro Morino; Keiko Fuse; Keiko Kondo; Akiko Ohi; Kaori Nishida; Mika Kurihara; Shoko Yasuhara; Naoko Nakanishi; Yuki Nishida; Satoshi Nakae; Yosuke Yamada; Shigeho Tanaka; Naoyuki Ebine; Satoshi Sasaki; Fuminori Katsukawa; Masaya Sasaki; Satoshi Ugi; Hiroshi Maegawa
    Clinical Nutrition ESPEN, 39 251 - 254, 2020年10月, 研究論文(学術雑誌)
  • Association of Lower-Extremity Muscle Performance and Physical Activity Level and Intensity in Middle-Aged and Older Adults: A Doubly Labeled Water and Accelerometer Study
    R. Takae; Y. Hatamoto; J. Yasukata; Y. Kose; T. Komiyama; M. Ikenaga; E. Yoshimura; Y. Yamada; N. Ebine; Yasuki Higaki; H. Tanaka
    The Journal of Nutrition, Health & Aging, 2020年08月04日, 研究論文(学術雑誌)
  • Association between the prevalence of frailty and doubly labeled water-calibrated energy intake among community-dwelling older adults.
    Daiki Watanabe; Tsukasa Yoshida; Hinako Nanri; Yuya Watanabe; Heiwa Date; Aya Itoi; Chiho Goto; Kazuko Ishikawa-Takata; Hiroyuki Sagayama; Naoyuki Ebine; Hisamine Kobayashi; Misaka Kimura; Yosuke Yamada
    The Journals of Gerontology. Series A, Biological Sciences and Medical Sciences, 76(5) 876 - 884, 2020年06月03日, 研究論文(学術雑誌)
  • Ground golf-induced changes in the blood pressure of healthy elderly people.
    Naoyuki Ebine; Masahiro Itoh; Masahiro Horiuchi; Tatsuya Hojo; Miho Yoshimura; Yoshiyuki Fukuoka
    Journal of Physiological Anthropology, 39(1) 8 - 8, 2020年04月05日, 研究論文(学術雑誌)
  • フード法による安静時エネルギー消費量の測定精度~ヒューマンカロリメーターとの比較~
    海老根直之; 山本満; 中江悟司
    ライフケアジャーナル, 11(1) 9 - 16, 2020年
  • 厳密な安静時エネルギー消費量測定に向けた課題提示効果の検討
    海老根直之; 三木達朗; 市川聖也
    体力・栄養・免疫学雑誌, 30(1) 71 - 78, 2020年
  • 日本人におけるアクチグラフの身体活動強度推定式の妥当性
    後藤駿介; 大場一輝; 森川綾子; 海老根直之
    日本生理人類学会誌(Web), 25(4) 61 - 77, 2020年
  • 豆乳の味はエネルギー消費量に影響を与えるのか
    海老根直之; 三木達朗; 渡部克栄
    体力・栄養・免疫学雑誌, 30(2) 106 - 112, 2020年
  • Validity of the Use of a Triaxial Accelerometer and a Physical Activity Questionnaire for Estimating Total Energy Expenditure and Physical Activity Level among Elderly Patients with Type 2 Diabetes Mellitus: CLEVER-DM Study.
    Yuki Nishida; Shigeho Tanaka; Satoshi Nakae; Yosuke Yamada; Katsutaro Morino; Keiko Kondo; Kaori Nishida; Akiko Ohi; Mika Kurihara; Masaya Sasaki; Satoshi Ugi; Hiroshi Maegawa; Naoyuki Ebine; Satoshi Sasaki; Fuminori Katsukawa
    Annals of Nutrition & Metabolism, 76(1) 62 - 72, 2020年, 研究論文(学術雑誌)
  • Physical Activity and/or High Protein Intake Maintains Fat-Free Mass in Older People with Mild Disability; the Fukuoka Island City Study: A Cross-Sectional Study.
    Rie Takae; Yoichi Hatamoto; Jun Yasukata; Yujiro Kose; Takaaki Komiyama; Masahiro Ikenaga; Eiichi Yoshimura; Yosuke Yamada; Naoyuki Ebine; Yasuki Higaki; Hiroaki Tanaka
    Nutrients, 11(11), 2019年10月29日, 研究論文(学術雑誌)
  • 摂取物のかさが食事誘発性熱産生に及ぼす影響
    越中雪乃; 海老根直之
    体力・栄養・免疫学雑誌, 29(1) 26 - 37, 2019年10月
  • ヒューマンカロリメーターを用いた加速度計法によるエネルギー消費量推定の精度検証
    中江 悟司; 海老根 直之; 田中 美沙妃; 山本 満; 金子 美樹; 清野 健
    体力・栄養・免疫学雑誌, 体力・栄養・免疫学会, 29(1) 38 - 45, 2019年10月
  • Estimation of Energy Intake by a Food Frequency Questionnaire: Calibration and Validation with the Doubly Labeled Water Method in Japanese Older People.
    Daiki Watanabe; Hinako Nanri; Hiroyuki Sagayama; Tsukasa Yoshida; Aya Itoi; Miwa Yamaguchi; Keiichi Yokoyama; Yuya Watanabe; Chiho Goto; Naoyuki Ebine; Yasuki Higaki; Kazuko Ishikawa-Takata; Misaka Kimura; Yosuke Yamada
    Nutrients, 11(7), 2019年07月09日, 研究論文(学術雑誌)
  • Total energy expenditure is comparable between patients with and without diabetes mellitus: Clinical Evaluation of Energy Requirements in Patients with Diabetes Mellitus (CLEVER-DM) Study.
    Katsutaro Morino; Keiko Kondo; Shigeho Tanaka; Yuki Nishida; Satoshi Nakae; Yosuke Yamada; Satoshi Ugi; Keiko Fuse; Itsuko Miyazawa; Akiko Ohi; Kaori Nishida; Mika Kurihara; Masaya Sasaki; Naoyuki Ebine; Satoshi Sasaki; Fuminori Katsukawa; Hiroshi Maegawa
    BMJ Open Diabetes Research & Care, 7(1) e000648 , 2019年, 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of the Health Tourism weight loss programme on body composition and health outcomes in healthy and excess-weight adults
    Hiroyuki Sagayama; Kayoko Shizuma; Makiko Toguchi; Hiroji Mizuhara; Yukiko Machida; Yosuke Yamada; Naoyuki Ebine; Yasuki Higaki; Hiroaki Tanaka
    British Journal of Nutrition, 119(10) 1133 - 1141, 2018年05月28日, 研究論文(学術雑誌)
  • Sleep disorder risk factors among student athletes.
    Takafumi Monma; Akira Ando; Tohru Asanuma; Yutaka Yoshitake; Goichiro Yoshida; Taiki Miyazawa; Naoyuki Ebine; Satoko Takeda; Naomi Omi; Makoto Satoh; Kumpei Tokuyama; Fumi Takeda
    Sleep Medicine, 44 76 - 81, 2018年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • 短期間減量プログラムにおける運動介入と高たんぱく質に設定した低炭水化物食または高炭水化物食による食事制限が身体組成に与える影響
    下山寛之; 渡口槙子; 安方惇; 山崎郁美; 嶋田康平; 廣田貴也; 山田陽介; 海老根直之; 布目寛幸; 清永明; 桧垣靖樹; 田中宏暁
    日本スポーツ栄養研究誌, 11 16 - 24, 2018年
  • Comprehensive geriatric intervention program with and without weekly class-style exercise: research protocol of a cluster randomized controlled trial in Kyoto-Kameoka Study.
    Yuya Watanabe; Yosuke Yamada; Keiichi Yokoyama; Tsukasa Yoshida; Yasuko Yoshinaka; Mie Yoshimoto; Yoko Tanaka; Aya Itoi; Emi Yamagata; Naoyuki Ebine; Kazuko Ishikawa-Takata; Misaka Kimura
    Clinical Interventions in Aging, 13(13) 1019 - 1033, 2018年, 研究論文(学術雑誌)
  • Differential kinetics of the cardiac, ventilatory, and gas exchange variables during walking under moderate hypoxia.
    Naoyuki Ebine; Tomoko Aoki; Masahiro Itoh; Yoshiyuki Fukuoka
    PloS one, 13(7) e0200186 , 2018年, 研究論文(学術雑誌)
  • 足浴がエネルギー代謝に及ぼす影響の検討
    中村雅俊; 藤堂萌; 海老根直之; 福岡義之; 高倉久志; 北條達也
    日本温泉気候物理学医学会雑誌, 81(2) 70 - 75, 2018年
  • Influence of Age on Cardiorespiratory Kinetics During Sinusoidal Walking in Humans.
    Naoyuki Ebine; Alharbi Ahad-Abdulkarim-D; Yuki Miyake; Tatsuya Hojo; Daijiro Abe; Masahiro Horiuchi; Yoshiyuki Fukuoka
    Frontiers in Physiology, 9(PMID: 30197604) 1191 - 1191, 2018年, 研究論文(学術雑誌)
  • Energy Requirement Assessment in Japanese Table Tennis Players Using the Doubly Labeled Water Method.
    Hiroyuki Sagayama; Genki Hamaguchi; Makiko Toguchi; Mamiko Ichikawa; Yosuke Yamada; Naoyuki Ebine; Yasuki Higaki; Hiroaki Tanaka
    International Journal of Sport Nutrition and Exercise Metabolism, 27(5) 421 - 428, 2017年10月, 研究論文(学術雑誌)
  • Prevalence of frailty assessed by fried and Kihon checklist indexes in a prospective cohort study: design and demographics of the Kyoto-Kameoka longitudinal study
    Yamada Y; Nanri H; Watanabe Y; Yoshida T; Yokoyama K; Itoi A; Date H; Yamaguchi M; Miyake M; Yamagata E; Tamiya H; Nishimura M; Fujibayashi M; Ebine N; Yoshida M; Kikutani T; Yoshimura E; Ishikawa-Takata K; Yamada M; Nakaya T; Yoshinaka Y; Fujiwara Y; Arai H; Kimura M
    Journal of the American Medical Directors Association, 18(8) 733.e7-733.e15 , 2017年08月01日, 研究論文(学術雑誌)
  • 地域自立高齢者1,379人におけるフレイル判定の方法による妥当率の差異-亀岡スタディ-
    吉田司; 木村みさか; 渡邊裕也; 三宅基子; 横山慶一; 吉中康子; 海老根直之; 菊谷武; 吉田光由; 高田和子; 山田実; 山田陽介; 来田宣幸; 野村照夫
    健康支援, 日本健康支援学会, 19(1) 9 - 18, 2017年
  • 運動器温熱療法のエビデンスを求めて
    北條達也; 田中誠智; 高倉久志; 藤堂萌; 海老根直之
    日本生体電気・物理刺激研究会誌, 日本生体電気・物理刺激研究会, 31 11 - 20, 2017年
  • Total energy expenditure of 10- to 12-year-old Japanese children measured using the doubly labeled water method.
    Keisuke Komura; Satoshi Nakae; Kazufumi Hirakawa; Naoyuki Ebine; Kazuhiro Suzuki; Haruo Ozawa; Yosuke Yamada; Misaka Kimura; Kojiro Ishii
    Nutrition & Metabolism, 14 70 , 2017年, 研究論文(学術雑誌)
  • 小児における身体活動レベル別の身体活動量 二重標識水法および加速度計法を用いた検討
    香村 恵介; 中江 悟司; 平川 和文; 海老根 直之; 鈴木 和弘; 小澤 治夫; 山田 陽介; 木村 みさか; 石井 好二郎
    日本未病システム学会雑誌, (一社)日本未病システム学会, 22(2) 67 - 71, 2016年08月
  • 氷菓摂取による代謝亢進の包括的評価
    石原達朗; 海老根直之
    同志社スポーツ健康科学, 同志社大学スポーツ健康科学会, 8(8) 37 - 41, 2016年
  • High levels of isotope elimination improve precision and allow individual-based measurements of metabolic rates in animals using the doubly labeled water method.
    Masaki Shirai; Yasuaki Niizuma; Maki Yamamoto; Emiko Oda; Naoyuki Ebine; Nariko Oka; Ken Yoda
    Physiological Reports, 3(11), 2015年11月, 研究論文(学術雑誌)
  • Measurement of body composition in response to a short period of overfeeding
    Hiroyuki Sagayama; Yu Jikumaru; Akiko Hirata; Yosuke Yamada; Eiichi Yoshimura; Mamiko Ichikawa; Yoichi Hatamoto; Naoyuki Ebine; Akira Kiyonaga; Hiroaki Tanaka; Yasuki Higaki
    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL ANTHROPOLOGY, 33(29), 2014年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • The Effect of the Timing of Meal Intake on Energy Metabolism during Moderate Exercise
    Shota Sasaki; Satoshi Nakab; Naoyuki Ebine; Wataru Aoi; Akane Higashi; Kojiro Ishii
    JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY, 60(1) 28 - 34, 2014年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • Validity of doubly labeled water in obese subjects: questioning the validity of any technique requires an indisputable accuracy of the reference method
    Yosuke Yamada; Stephane Blanc; Yuichiro Nishida; Kazutoshi Nishijima; Naoyuki Ebine; Timothy Shriver; Dale A. Schoeller
    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-ENDOCRINOLOGY AND METABOLISM, 305(9) E1178 - E1180, 2013年11月, 研究論文(その他学術会議資料等)
  • Lack of Negative Correlation in Glucose Dynamics by Nonexercise Activity Thermogenesis Restriction in Healthy Adults
    Hitomi Ogata; Kazuteru Nakamura; Maki Sato; Kumpei Tokuyama; Shoichiro Nagasaka; Naoyuki Ebine; Ken Kiyono; Yoshiharu Yamamoto
    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, 45(1) 60 - 66, 2013年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • Dietary reference intakes for Japanese 2010: Energy
    Tabata I; Ebine N; Kawashima Y; Ishikawa-Takata K; Tanaka S; Higuchi M; Yoshitake Y
    Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 59 S26-S35 , 2013年
  • 二重標識水法と呼気ガス分析法による低身長児のエネルギー代謝と三大栄養素の摂取バランスについての検討
    西本裕紀子; 位田忍; 惠谷ゆり; 宮谷秀一; 海老根直之; 中江悟司
    大阪府立母子保健総合医療センター雑誌, (地独)大阪府立病院機構大阪母子医療センター, 29(1) 85 - 94, 2013年, 研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 二重標識水法と呼気ガス分析法による低身長児の総エネルギー消費量についての検討
    西本裕紀子; 位田忍; 惠谷ゆり; 海老根直之; 中江悟司; 宮谷秀一
    日本栄養・食糧学会誌, (公社)日本栄養・食糧学会, 66(3) 133 - 139, 2013年
  • Effects of rapid weight loss and regain on body composition and energy expenditure
    Sagayama H; Yoshimura E; Yamada Y; Ichikawa M; Ebine N; Higaki Y; Kiyonaga A; Tanaka H
    Applied Physiology, Nutrition, and Metabolism, 39 21 - 27, 2013年
  • Basal and field metabolic rates of Streaked Shearwater during the chick-rearing period
    Masaki Shirai; Maki Yamamoto; Naoyuki Ebine; Takashi Yamamoto; Philip N. Trathan; Ken Yoda; Nariko Oka; Yasuaki Niizuma
    ORNITHOLOGICAL SCIENCE, 11(1) 47 - 55, 2012年06月, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of strenuous exercise on visual perception are independent of visual resolution
    Soichi Ando; Masahiro Kokubu; Satoshi Nakae; Misaka Kimura; Tatsuya Hojo; Naoyuki Ebine
    PHYSIOLOGY & BEHAVIOR, 106(2) 117 - 121, 2012年05月, 研究論文(学術雑誌)
  • 加速度計で求めた「健康づくりのための運動基準2006」における身体活動の目標値(23メッツ・時/週)に相当する歩数
    大島秀武; 引原有輝; 大河原一憲; 高田和子; 三宅理江子; 海老根直之; 田畑泉; 田中茂穂
    体力科学, 61(2) 193 - 199, 2012年
  • 小中学生における3軸加速度計内蔵活動量計の妥当性の検討ならびに身体活動量が自律神経機能に与える効果
    山田陽介; 藤林真美; 中江悟司; 海老根直之; 青木好子; 伊藤陽一; 諏佐準一; 池田利勝; 田中宏暁; 小田伸午; 森谷敏夫; 木村みさか
    京都体育学研究, 28 1 - 9, 2012年
  • 二重標識水法を用いたスポーツ選手の代謝測定
    海老根直之
    体育の科学, 61(8) 569 - 575, 2011年
  • Use of doubly labeled water to validate a physical activity questionnaire developed for the Japanese population.
    Ishikawa-Takata K; Naito Y; Tanaka S; Ebine N; Tabata I
    Journal of Epidemiology, 21(2) 114 - 121, 2011年
  • Effects of Cow's Milk on Reproduction in ICR Male Mice
    Yu-Xia Ma; Naoyuki Ebine; Kazuo Aoki; Masahiro Kusunoki; Junichi Misumi
    BIOMEDICAL AND ENVIRONMENTAL SCIENCES, 22(2) 161 - 163, 2009年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • Long-term administration of sterigmatocystin with drinking water in Helicobacter pylori-infected aged Mongolian gerbils enhances carcinogenesis in the gastric mucosa.
    Kusunoki M; Misumi J; Aoki K; Shimada T; Matsuo N; Sumiyoshi H; Ebine N; Yamaguchi T; Okamoto A; Yoshioka H
    Journal of Physical Fitness, Nutrition and Immunology, 19(1) 8 - 16, 2009年
  • Correlation between the arsenic concentrations in the air and the SMR of lung cancer
    Masaharu Yoshikawa; Kazuo Aoki; Naoyuki Ebine; Masahiro Kusunoki; Akihiro Okamoto
    Environmental Health and Preventive Medicine, 13(4) 207 - 218, 2008年07月, 研究論文(学術雑誌)
  • Corn fiber oil and sitostanol decrease cholesterol absorption independently of intestinal sterol transporters in hamsters
    Deepak Jain; Naoyuki Ebine; Xiaoming Jia; Amira Kassis; Christopher Marinangeli; Marc Fortin; Robin Beech; Kevin B. Hicks; Robert A. Moreau; Stan Kubow; Peter J. H. Jones
    JOURNAL OF NUTRITIONAL BIOCHEMISTRY, 19(4) 229 - 236, 2008年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • Lack of effect of sugar cane policosanol on plasma cholesterol in golden syrian hamsters
    Arnira N. Kassis; Christopher P. F. Marinangeli; Deepak Jain; Naoyuki Ebine; Peter J. H. Jones
    ATHEROSCLEROSIS, 194(1) 153 - 158, 2007年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • Hypocholesterolaemic effects of plant sterol analogues are independent of ABCG5 and ABCG8 transporter expressions in hamsters
    Xiaoming Jia; Naoyuki Ebine; Isabelle Dernonty; Yanwen Wang; Robin Beech; Victoria Muise; Marc G. Fortin; Peter J. H. Jones
    BRITISH JOURNAL OF NUTRITION, 98(3) 550 - 555, 2007年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • Comparison of composition and absorption of sugarcane policosanols
    Christopher P. F. Marinangeli; Amira N. Kassis; Deepak Jain; Naoyuki Ebine; Stephen C. Cunnane; Peter J. H. Jones
    BRITISH JOURNAL OF NUTRITION, 97(2) 381 - 388, 2007年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • Pattern of dietary fiber intake among the Japanese general population
    S. Fukuda; H. Saito; S. Nakaji; M. Yamada; N. Ebine; E. Tsushima; E. Oka; K. Kumeta; T. Tsukamoto; S. Tokunaga
    EUROPEAN JOURNAL OF CLINICAL NUTRITION, 61(1) 99 - 103, 2007年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • 冬季のマラソンが選手の生体に及ぼす影響(2)-完走者と非完走者の血液成分の比較-
    倉掛重精; 梅田孝; 中路重之; 熊江隆; 岡村典慶; 明石秀伸; 村田洋介; 海老根直之; 藤崎晶子; 寺町芳子
    体力・栄養・免疫学雑誌, 17(2) 100 - 112, 2007年
  • Effects of different phytosterol analogs on colonic mucosal cell proliferation in hamsters
    Xiaoming Jia; Naoyuki Ebine; Yanwen Wang; Atif B. Awad; Peter J. H. Jones
    JOURNAL OF NUTRITIONAL BIOCHEMISTRY, 17(6) 396 - 401, 2006年06月, 研究論文(学術雑誌)
  • Plant stanol ascorbate esters reduce body weight gain through decreased energy absorption in hamsters
    N Ebine; Demonty, I; Jia, X; PJH Jones
    INTERNATIONAL JOURNAL OF OBESITY, 30(5) 751 - 757, 2006年05月, 研究論文(学術雑誌)
  • Intake of a single morning dose of standard and novel plant sterol preparations for 4 weeks does not dramatically affect plasma lipid concentrations in humans
    SS AbuMweis; CA Vanstone; N Ebine; A Kassis; LM Ausman; PJH Jones; AH Lichtenstein
    JOURNAL OF NUTRITION, 136(4) 1012 - 1016, 2006年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • 冬季のマラソンが選手の生体に及ぼす影響(1) -マラソン前日とレース後の血液成分の比較-
    倉掛重精; 梅田孝; 中路重之; 熊江隆; 岡村典慶; 明石秀伸; 村田洋介; 藤崎晶子; 寺町芳子; 海老根直之
    体力・栄養・免疫学雑誌, 16(1) 23 - 31, 2006年
  • Fish oil fatty acid esters of phytosterols alter plasma lipids but not red blood cell fragility in hamsters
    Demonty, I; N Ebine; XM Jia; PJH Jones
    LIPIDS, 40(7) 695 - 702, 2005年07月, 研究論文(学術雑誌)
  • Very long chain fatty acids (policosanols) and phytosterols affect plasma lipid levels and cholesterol biosynthesis in hamsters
    YW Wang; N Ebine; XM Jia; PJH Jones; C Fairow; R Jaeger
    METABOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL, 54(4) 508 - 514, 2005年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of a water-soluble phytostanol ester on plasma cholesterol levels and red blood cell fragility in hamsters
    N Ebine; XM Lia; Demonty, I; YW Wang; PJH Jones
    LIPIDS, 40(2) 175 - 180, 2005年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • 長期の運動習慣を有する中年女性におけるエネルギー消費量、体組成および最大酸素摂取量
    彭雪英; 齊藤愼一; 引原有輝; 海老根直之; 吉武裕
    体力科学, 54(3) 237 - 248, 2005年
  • スポーツ選手における食事調査の妥当性-二重標識水法を用いた検討-
    海老根直之; 長谷川祐子
    トレーニング科学, 日本トレーニング科学会, 17(4) 251 - 258, 2005年
  • Plant sterols and endurance training combine to favorably alter plasma lipid profiles in previously sedentary hypercholes terolemic adults after 8 wk
    KA Varady; N Ebine; CA Vanstone; WE Parsons; PJH Jones
    AMERICAN JOURNAL OF CLINICAL NUTRITION, 80(5) 1159 - 1166, 2004年11月, 研究論文(学術雑誌)
  • Measurement of total energy expenditure in Japanese firefighters under normal working condition using the doubly labeled water method
    M Touno; RH Hasina; N Ebine; HY Peng; Y Yoshitake; H Tanaka; S Saitoh
    JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, 52(3) 265 - 274, 2003年06月, 研究論文(学術雑誌)
  • The role of exercise physical activity in varying the total energy expenditure in healthy Japanese men 30 to 69 years of age
    HH Rafamantanantsoa; N Ebine; M Yoshioka; Y Yoshitake; H Tanaka; S Saitoh; PJH Jones
    JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY, 49(2) 120 - 124, 2003年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • 通常勤務体制下の消防官の二重標識水法による総エネルギー消費量測定
    東野政貴; ラファマンタナンツー; ウビハシナ; 彭雪英; 海老根直之; 吉武裕; 田中宏暁; 齊藤愼一
    体力科学, 52(3) 265 - 274, 2003年
  • 二重標識水法による総エネルギー消費量測定とその応用
    齊藤愼一; ラファマンタナンツー; ウビハシナ; 海老根直之
    Foods and Food Ingredients Journal of Japan, FFIジャーナル編集委員会, 208(7) 521 - 531, 2003年
  • The effectiveness of three-day dietary records with advanced photo system camera for measuring energy intake in Japanese men as determined by doubly labeled water technique
    HH Rafamantanantsoa; N Ebine; M Yoshioka; Y Yoshitake; H Tanaka; S Saitoh
    JOURNAL OF CLINICAL BIOCHEMISTRY AND NUTRITION, 33(1) 33 - 38, 2003年, 研究論文(学術雑誌)
  • 試合期の韓国プロサッカー選手の二重標識水法による総エネルギー消費量測定
    金亨烈; 李相直; 朴錘薫; 海老根直之; 山中邦夫; 田嶋幸三; 齊藤愼一
    体育学研究, 一般社団法人 日本体育学会, 48(6) 717 - 723, 2003年
  • Validation of three alternative methods to measure total energy expenditure against the doubly labeled water method for older Japanese men
    HH Rafamantanantsoa; N Ebine; M Yoshioka; H Higuchi; Y Yoshitake; H Tanaka; S Saitoh; PJH Jones
    JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY, 48(6) 517 - 523, 2002年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • Measurement of total energy expenditure by the doubly labelled water method in professional soccer players
    N Ebine; HH Rafamantanantsoa; Y Nayuki; K Yamanaka; K Tashima; T Ono; S Saitoh; PJH Jones
    JOURNAL OF SPORTS SCIENCES, 20(5) 391 - 397, 2002年05月, 研究論文(学術雑誌)
  • 二重標識水法を用いた簡易エネルギー消費量推定法の評価-生活時間調査法,心拍数法,加速度計法について-
    海老根直之; 島田美恵子; 田中宏暁; 西牟田守; 吉武裕; 齊藤愼一; Jones PJH
    体力科学, (一社)日本体力医学会, 51(1) 151 - 163, 2002年
  • スポーツ選手のエネルギー所要量に関する基礎研究-二重標識水法による総エネルギー消費量測定-
    海老根 直之
    筑波大学大学院 体育科学研究科 博士論文, 2002年, 学位論文(博士)
  • スポーツ選手のエネルギー所要量策定の基礎研究~二重標識水法によるエネルギー消費量の測定~
    齊藤愼一; 海老根直之
    体育の科学, 杏林書院, 52(6) 460 - 466, 2002年
  • 二重標識水法による試合期のプロサッカー選手のエネルギー消費量測定
    海老根直之; 田嶋幸三; 齊藤愼一; 山中邦夫
    サッカー医・科学研究, 21 103 - 107, 2001年
  • スポーツ選手のエネルギー代謝:プロサッカー選手の例
    齊藤愼一; 山中邦夫; 海老根直之; 名雪洋一郎
    臨床スポーツ医学, 18 427 - 432, 2001年
  • Total energy expenditure of elite synchronized swimmers measured by the doubly labeled water method
    N Ebine; JY Feng; M Homma; S Saitoh; PJH Jones
    EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY, 83(1) 1 - 6, 2000年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • シンクロナイズドスイミング選手のトレーニング量と代謝量との関係~二重標識水法によるエネルギー消費量測定~
    齊藤愼一; 海老根直之
    体育の科学, 杏林書院, 50(10) 780 - 785, 2000年
  • ヒューマン・カロリーメータ
    吉武裕; 島田美恵子; 海老根直之; 齊藤愼一; 田中宏暁
    栄養学雑誌, The Japanese Society of Nutrition and Dietetics, 58(5) 185 - 194, 2000年
  • 二重標識水法によるシンクロナイズドスイミング選手のエネルギー消費量の測定
    海老根直之
    筑波大学大学院 体育研究科 修士論文, 1999年, 学位論文(修士)
  • 尾部懸垂ラットへの杜仲樹皮エキスの投与が血清テストステロン濃度に及ぼす影響
    曲剛健; 金子浩; 海老根直之; 北加代子; 富田誠次; 三上俊夫; 田崎洋佑; 伊藤朗
    体力科学, 一般社団法人日本体力医学会, 48(4) 501 - 508, 1999年
  • 二重標識水法によるエネルギー消費量測定の原理とその応用:生活習慣病対策からトップスポーツ選手の栄養処方まで
    齊藤愼一; 海老根直之; 島田美恵子; 吉武裕; 田中宏暁
    栄養学雑誌, 日本栄養改善学会, 57(6) 317 - 332, 1999年

MISC

  • 無酸素性運動が血清中各種活性酸素・フリーラジカル消去活性に及ぼす影響
    市川 寛; 澤田 有里; 南山 幸子; 福岡 義之; 海老根 直之
    日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, (一社)日本抗加齢医学会, 21回 232 - 232, 2021年06月
  • 安静時エネルギー消費量測定時の映像視聴の是非について
    市川聖也; 海老根直之
    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 75th, 2021年
  • 小麦由来の難消化性デキストリンが食後血糖値に及ぼす影響の検討
    市川真綾; 久保田真衣; 高濱魁太; 海老根直之
    栄養学雑誌, 79(5 Supplement), 2021年
  • 糖尿病診療ガイドライン2019に基づいた食事療法を検証するCLEVER-DM研究より
    宮澤 伊都子; 森野 勝太郎; 中川 恵子; 近藤 慶子; 大井 彰子; 西田 香; 栗原 美香; 中西 直子; 西田 優紀; 中江 悟司; 山田 陽介; 田中 茂穂; 海老根 直之; 佐々木 敏; 勝川 史憲; 佐々木 雅也; 卯木 智; 前川 聡
    糖尿病, (一社)日本糖尿病学会, 63(Suppl.1) S - 136, 2020年08月
  • 糖尿病診療ガイドライン2019に基づいた食事療法を検証するCLEVER-DM研究より
    宮澤 伊都子; 森野 勝太郎; 中川 恵子; 近藤 慶子; 大井 彰子; 西田 香; 栗原 美香; 中西 直子; 西田 優紀; 中江 悟司; 山田 陽介; 田中 茂穂; 海老根 直之; 佐々木 敏; 勝川 史憲; 佐々木 雅也; 卯木 智; 前川 聡
    糖尿病, (一社)日本糖尿病学会, 63(Suppl.1) S - 136, 2020年08月
  • 糖尿病診療ガイドライン2019に基づいた食事療法を検証するCLEVER-DM研究より
    宮澤伊都子; 森野勝太郎; 中川恵子; 近藤慶子; 大井彰子; 西田香; 栗原美香; 中西直子; 西田優紀; 中江悟司; 山田陽介; 田中茂穂; 海老根直之; 佐々木敏; 勝川史憲; 佐々木雅也; 卯木智; 前川聡
    糖尿病(Web), 63(Suppl), 2020年
  • 運動が血清中各種活性酸素・フリーラジカル消去活性に及ぼす影響 無酸素性運動による検討
    澤田 有里; 市川 寛; 野口 湧太; 南山 幸子; 福岡 義之; 海老根 直之
    体力・栄養・免疫学雑誌, 体力・栄養・免疫学会, 29(2) 107 - 108, 2019年11月
  • 日本医療研究開発機構(AMED)が推進する糖尿病研究の展開 介護施設居住者、COPD、糖尿病患者におけるエネルギーバランスについての研究(Studies on energy balance in nursing home residents, patients with COPD and diabetes)
    勝川 史憲; 森野 勝太郎; 卯木 智; 前川 聡; 近藤 慶子; 西田 香; 大井 彰子; 栗原 美香; 佐々木 雅也; 中江 悟司; 西田 優紀; 山田 陽介; 田中 茂穂; 海老根 直之; 佐々木 敏
    糖尿病, (一社)日本糖尿病学会, 62(Suppl.1) S - 27, 2019年04月
  • 養護老人ホーム居住者のCOPDと糖尿病の患者のエネルギーバランスに関する研究
    勝川史憲; 森野勝太郎; 卯木智; 前川聡; 近藤慶子; 西田香; 大井彰子; 栗原美香; 佐々木雅也; 中江悟司; 西田優紀; 山田陽介; 田中茂穂; 海老根直之; 佐々木敏
    糖尿病(Web), 62(Suppl), 2019年
  • 重水希釈法を比較基準としたインピーダンス式身体組成測定器の妥当性の検討
    石井 沙季; 東 大樹; 森川 綾子; 鈴木 睦子; 三宅 由記; 中江 悟司; 北條 達也; 檜垣 靖樹; 田中 宏暁; 海老根 直之
    体力・栄養・免疫学雑誌, 体力・栄養・免疫学会, 28(2) 84 - 85, 2018年11月
  • 2種類の安定同位体を用いた飲料水分と固形食中水分の吸収速度評価 温度の観点から
    三宅 由記; 鈴木 睦子; 田中 歌; 中江 悟司; 北條 達也; 檜垣 靖樹; 田中 宏暁; 海老根 直之
    体力・栄養・免疫学雑誌, 体力・栄養・免疫学会, 28(2) 86 - 87, 2018年11月
  • サウナ浴後のエネルギー代謝に運動習慣が及ぼす影響の検討
    北條 達也; 藤堂 萌; 福岡 義之; 海老根 直之
    日本生体電気・物理刺激研究会誌, 日本生体電気・物理刺激研究会, 32 37 - 37, 2018年11月
  • 体重階級制競技における減量後の最適なリカバリーに関する研究
    髙橋英幸; 近藤衣美; 山下大地; 西牧未央; 石井泰光; 亀井明子; 元永恵子; 岩山海渡; 中嶋耕平; 大西貴弘; 下山寛之; 塩瀬圭佑; 檜垣靖樹; 田中宏暁; 山田陽介; 岡村浩嗣; 海老根直之
    国立スポーツ科学センター年報2017, 17 49 , 2018年06月, 機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
  • 食事調査による糖尿病患者のエネルギー摂取量は食事摂取基準2015や理想体重で計算した目標値から乖離している
    森野 勝太郎; 布施 恵子; 近藤 慶子; 大井 彰子; 西田 香; 栗原 美香; 安原 祥子; 中西 直子; 西田 優紀; 中江 悟司; 田中 茂穂; 海老根 直之; 佐々木 敏; 勝川 史憲; 佐々木 雅也; 卯木 智; 前川 聡
    日本内分泌学会雑誌, (一社)日本内分泌学会, 94(1) 422 - 422, 2018年04月
  • 糖尿病患者の身体活動量の特徴と体組成、体格との関係 日本人の食事摂取基準2020年版に向けて
    宮澤 伊都子; 森野 勝太郎; 布施 恵子; 近藤 慶子; 大井 彰子; 西田 香; 栗原 美香; 安原 祥子; 中西 直子; 西田 優紀; 中江 悟司; 山田 陽介; 田中 茂穂; 海老根 直之; 佐々木 敏; 勝川 史憲; 佐々木 雅也; 卯木 智; 前川 聡
    糖尿病, (一社)日本糖尿病学会, 61(Suppl.1) S - 152, 2018年04月
  • 糖尿病患者の身体活動量の特徴と体組成,体格との関係:日本人の食事摂取基準2020年版に向けて
    宮澤伊都子; 森野勝太郎; 布施恵子; 近藤慶子; 大井彰子; 西田香; 栗原美香; 安原祥子; 中西直子; 西田優紀; 中江悟司; 山田陽介; 田中茂穂; 海老根直之; 佐々木敏; 勝川史憲; 佐々木雅也; 卯木智; 前川聡
    糖尿病(Web), 61(Suppl), 2018年
  • 糖尿病患者における総エネルギー消費量を用いた半秤量式食事記録と食物摂取頻度調査の妥当性検討
    西田 香; 大井 彰子; 栗原 美香; 安原 祥子; 中西 直子; 佐々木 雅也; 布施 恵子; 森野 勝太郎; 卯木 智; 前川 聡; 近藤 慶子; 西田 優紀; 中江 悟司; 山田 陽介; 田中 茂穂; 海老根 直之; 佐々木 敏; 勝川 史憲
    日本病態栄養学会誌, (一社)日本病態栄養学会, 21(Suppl.) S - 99, 2018年01月
  • 運動療法と栄養療法 糖尿病患者におけるエネルギー消費量及び活動量
    栗原 美香; 西田 香; 大井 彰子; 安原 祥子; 中西 直子; 布施 恵子; 森野 勝太郎; 卯木 智; 前川 聡; 近藤 慶子; 西田 優紀; 中江 悟司; 山田 陽介; 田中 茂穂; 海老根 直之; 佐々木 敏; 勝川 史憲; 佐々木 雅也
    日本静脈経腸栄養学会雑誌, (株)ジェフコーポレーション, 33(Suppl.) 260 - 260, 2018年01月
  • 糖尿病の運動の効果についての総括 糖尿病患者におけるエネルギー消費量の実態
    大井 彰子; 西田 香; 栗原 美香; 安原 祥子; 中西 直子; 佐々木 雅也; 布施 恵子; 森野 勝太郎; 卯木 智; 前川 聡; 近藤 慶子; 西田 優紀; 中江 悟司; 山田 陽介; 田中 茂穂; 海老根 直之; 佐々木 敏; 勝川 史憲
    日本臨床運動療法学会雑誌, (NPO)日本臨床運動療法学会, 19(1) 62 - 62, 2017年09月
  • 低カロリーゼリーの摂取が食事誘発性熱産生に及ぼす影響
    越中雪乃; 金森円花; 海老根直之
    体力・栄養・免疫学雑誌, 27 110 - 112, 2017年
  • Intensity and Bouts of Physical Activity and Physical Activity Level in Pre-adolescent Children
    Keisuke Komura; Satoshi Nakae; Kazufumi Hirakawa; Naoyuki Ebine; Kazuhiro Suzuki; Haruo Ozawa; Yosuke Yamada; Misaka Kimura; Kojiro Ishii
    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 48(5) 374 - 374, 2016年05月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 足浴がエネルギー代謝に与える影響の検討
    藤堂 萌; 海老根 直之; 田中 誠智; 中村 雅俊; 福岡 義之; 北條 達也
    日本温泉気候物理医学会雑誌, (一社)日本温泉気候物理医学会, 79(1) 54 - 54, 2016年02月
  • 身体活動量評価におけるActiGraphの妥当性の検証
    後藤駿介; 大場一輝; 海老根直之
    体力・栄養・免疫学雑誌, 26 138 - 139, 2016年
  • 水と豆乳を用いた食事誘発性熱産生第1相反応に関する検討
    奥野将朋; 渡部克栄; 石原達朗; 海老根直之
    体力・栄養・免疫学雑誌, 26 84 - 86, 2016年
  • 短期間の急速減量プログラムはアスリートの走パフォーマンスを向上させるか
    渡口槙子; 山崎郁美; 下山寛之; 山田陽介; 海老根直之; 布目寛幸; 檜垣靖樹; 清永明; 田中宏暁
    体力科学, 64(6) 598 , 2015年12月01日
  • フレイル判定法と該当者数(亀岡スタディベースライン体力調査参知者での検討)
    木村みさか; 吉田司; 山田陽介; 渡邊裕也; 山縣恵美; 横山慶一; 三宅基子; 吉中康子; 高田和子; 石原達朗; 海老根直之; 山田実; 中谷友樹; 岡山寧子; 桝本妙子
    日本公衆衛生学会総会抄録集, 74th 364 , 2015年10月15日
  • 地域在住自立高齢者の転倒リスクと体力との関連
    桝本妙子; 山田陽介; 渡邊裕也; 山縣恵美; 吉田司; 横山慶一; 三宅基子; 吉中康子; 高田和子; 石原達朗; 海老根直之; 山田実; 中谷友樹; 岡山寧子; 木村みさか
    日本公衆衛生学会総会抄録集, 74th 364 , 2015年10月15日
  • ヘルスツーリズムによる短期間の減量効果の検証
    渡口槙子; 下山寛之; 静間佳代子; 町田由紀子; 青柳遼; 水原博而; 山田陽介; 海老根直之; 檜垣靖樹; 田中宏暁
    肥満研究, 21(Supplement) 146 , 2015年09月08日
  • 小児における身体活動レベル別の身体活動量 二重標識水法および加速度計法を用いた検討
    香村 恵介; 中江 悟司; 平川 和文; 海老根 直之; 鈴木 和弘; 小澤 治夫; 山田 陽介; 木村 みさか; 石井 好二郎
    日本未病システム学会学術総会抄録集, (一社)日本未病システム学会, 22回 112 - 112, 2015年09月
  • 子どもの推定エネルギー必要量のエビデンス収集を目的とする文献レビュー
    海老根直之; 中江悟司; 研究代表; 田中茂穂
    厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業・生活習慣病予防や身体機能維持のためのエネルギー・たんぱく必要量の推定法に関する基盤的研究 平成24~26年度 総合研究報告書, 39 - 43, 2015年
  • 代謝亢進インナーの有用性の検討
    海老根直之; 山本満
    体力・栄養・免疫学雑誌, 25 103 - 106, 2015年
  • 体脂肪評価における生体電気抵抗法と皮下脂肪厚法の運用に関する考察-測定時刻との関係性-
    奥野将朋; 丸岡瑞季; 海老根直之
    体力・栄養・免疫学雑誌, 25 107 - 109, 2015年
  • 香辛料で作る代謝亢進スープがエネルギー代謝と基質酸化量に及ぼす影響
    海老根直之
    山崎香辛料振興財団研究助成事業報告書, 2015年
  • 大学卓球選手のエネルギー消費量に関する研究
    下山寛之; 浜口元樹; 畑本陽一; 西村紗奈; 山田陽介; 安方惇; 市川麻美子; 海老根直之; 清永明; 桧垣靖樹; 田中宏暁
    体力科学, 63(6) 611 , 2014年12月01日
  • 自立した高齢女性における尿失禁の実態と体格・体力との関連 : 体力測定会参加者での調査(14 介護福祉・健康づくり,一般研究発表抄録)
    木村 みさか; 吉中 康子; 青木 好子; 海老根 直之
    日本体育学会大会予稿集, 社団法人日本体育学会, 65 355 - 355, 2014年
  • 食事誘発性熱産生における二相区分概念の見直し-厳密な代謝測定から見えるもの-
    石原達朗; 中村嘉恵; 海老根直之
    体力・栄養・免疫学雑誌, 24 224 - 226, 2014年
  • 活動量評価における小型心電計の効果的運用法に関する基礎検討
    大場一輝; 石原達朗; 海老根直之
    体力・栄養・免疫学雑誌, 24 209 - 210, 2014年
  • 子どもの推定エネルギー必要量のエビデンス収集を目的とする文献レビュー
    海老根直之; 中江悟司
    厚生労働科学研究費補助金循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業・エネルギー必要量推定法に関する基盤的研究 平成24年度総括・分担研究報告書, 51 - 55, 2013年
  • 食行動の総合的代謝評価
    海老根直之; 石原達朗
    私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 身体活動の研究拠点形成 身体活動の健康科学に関する総合研究 平成24年度研究報告書, 38 - 39, 2013年
  • 二重標識水法運用時の被験者の負担軽減に資する基礎研究
    海老根直之
    私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 身体活動の研究拠点形成 身体活動の健康科学に関する総合研究 平成23年度研究報告書, 24 - 27, 2012年
  • 氷菓の咀嚼摂取による代謝亢進効果-食行動中のエネルギー消費量測定-
    石原達朗; 山本満; 田中歌; 海老根直之
    体力・栄養・免疫学雑誌, 22 243 - 244, 2012年
  • 代謝亢進サプリメントの効果検証-チャンバー法 vs. Breath-by-breath法-
    宮本明奈; 中江悟司; 海老根直之
    体力・栄養・免疫学雑誌, 22 241 - 242, 2012年
  • ヒューマンカロリメーターを用いた簡易エネルギー消費量測定法の検討
    中江悟司; 山本満; 海老根直之
    体力・栄養・免疫学雑誌, 22 202 - 203, 2012年
  • 重水希釈法を基準とした生体電気インピーダンス法で求められる体水分量の検証
    田中歌; 海老根直之
    体力・栄養・免疫学雑誌, 22 163 - 164, 2012年
  • 身体障がい者を対象とした身体活動量調査への二重標識水法ならびにヒューマンカロリメーターの応用
    海老根直之
    私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 身体活動の研究拠点形成 身体活動の健康科学に関する総合研究 平成22年度研究報告書, 21 - 22, 2011年
  • フード法による安静時代謝量測定の精度について -ヒューマンカロリメーターとの比較検討-
    山本満; 海老根直之
    体力・栄養・免疫学雑誌, 21 242 - 244, 2011年
  • 健康づくりのための身体活動量の基準値(23エクササイズ)と歩数の関係
    大島 秀武; 引原 有輝; 大河原 一憲; 高田 和子; 三宅 理江子; 海老根 直之; 田畑 泉; 田中 茂穂
    体力科学, (一社)日本体力医学会, 59(6) 831 - 831, 2010年12月
  • DLW法を用いたオオミズナギドリの野外活動時エネルギー消費量計測
    白井正樹; 山本麻希; 牛島明美; 小田英美子; 新妻靖章; 山本誉士; 海老根直之; 岡奈理子
    日本生態学会大会講演要旨集, 57th, 2010年
  • 二重標識水法で求められた総エネルギー消費量を用いた小児の身体活動レベルの現状
    海老根直之; 中江悟司; 吉武裕
    私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 身体活動の研究拠点形成 身体活動の健康科学に関する総合研究 平成21年度研究報告書, 232 - 234, 2010年
  • DLW法による公益信託日本動脈硬化予防研究基金統合研究身体活動質問紙(JALSPAQ)の妥当性に関する研究
    内藤 義彦; 高田 和子; 田中 茂穂; 田畑 泉; 佐々木 敏; 海老根 直之; 原田 亜紀子; 荒尾 孝; 井上 茂; 北畠 義典
    体力科学, (一社)日本体力医学会, 58(6) 844 - 844, 2009年12月
  • 生活習慣病予防を目的とした推奨身体活動量(23エクササイズ)を満たす歩数とは
    田中茂穂; 大河原一憲; 高田和子; 田畑泉; 引原有輝; 海老根直之; 大島秀武; 川口加織
    厚生労働科学研究費補助金 平成20年度総括・分担研究報告書,エネルギー必要量に関する基盤的研究, 23 - 28, 2009年
  • 日本人を対象とした身体活動量の質問票の精度と身体活動レベルに影響する活動内容の検討
    高田和子; 内藤義彦; 佐々木敏; 海老根直之; 宮地元彦; 田中茂穂
    厚生労働科学研究費補助金 平成20年度総括・分担研究報告書,エネルギー必要量に関する基盤的研究, 43660 , 2009年
  • 日本国民を対象とした二重標識水法による身体活動量調査についての系統的レビューおよび統括データベースの構築とその解析
    海老根直之; 引原有輝; 吉武裕
    財団法人 ミズノスポーツ振興会助成研究 平成20年度研究報告書, 2009年
  • 食後からの経過時間がアスリートにおける中等度有酸素運動時の糖質・脂質燃焼比率に及ぼす影響
    石井好二郎; 佐々木将太; 海老根直之; 青井渉; 東あかね
    日本オリンピック委員会/日本コカ・コーラスポーツ科学基金(アクエリアス基金)2008年度研究報告書, 25 - 30, 2009年
  • 活動量計で評価した23エクササイズと歩数の関係
    川口 加織; 大島 秀武; 田中 茂穂; 引原 有輝; 大河原 一憲; 高田 和子; 海老根 直之; 田畑 泉
    体力科学, (一社)日本体力医学会, 57(6) 892 - 892, 2008年12月
  • Significance of Lifestyle Activity in Daily Life Assessed by Triaxial Accelerometer
    Yoshitake Oshima; Kaori Kawaguchi; Ryosuke Doi; Kazunori Ohkawara; Yuki Hikihara; Kazuko Ishikawa-Takata; Shigeho Tanaka; Naoyuki Ebine; Kazuo Aoki; Junichi Misumi; Izumi Tabata
    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 40(5) S250 - S250, 2008年05月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 加速度計を用いた総エネルギー消費量の評価の妥当性
    高田和子; 田中茂穂; 引原有輝; 大河原一憲; 海老根直之; 佐々木敏
    厚生労働科学研究費補助金 平成19年度総括・分担研究報告書,エネルギー必要量に関する基盤的研究, 19 - 26, 2008年
  • エネルギー消費量推定法に関する研究
    吉武裕; 田中宏暁; 海老根直之; 島田美恵子; 引原有輝; 熊原秀晃; 綾部誠也; 西牟田守; 足立稔; 齋藤慎一
    体力科学, 日本体力医学会, 56(1) 29 - 30, 2007年02月01日
  • 牛乳摂取の更年期不定愁訴予防効果に関する介入研究
    三角順一; 海老根直之
    平成17年度牛乳栄養学術研究会委託研究報告書, 153 - 165, 2006年
  • 3ヶ月間の牛乳摂取が血中脂質動態に及ぼす影響
    海老根直之; 楠正寛; 明石秀伸; 園田幸子; 篠原寿子; 青木一雄; 三角順一
    体力・栄養・免疫学雑誌, 19(2) 140 - 142, 2006年
  • Lack of efficacy of plant sterol preparations taken as a single morning dose
    SS AbuMweis; CA Vanstone; N Ebine; PJH Jones; AH Lichtenstein
    FASEB JOURNAL, FEDERATION AMER SOC EXP BIOL, 19(4) A455 - A456, 2005年03月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 中年女性における長期の運動習慣が一日の総エネルギー消費量、体組成及び体力に及ぼす影響(トレーニング)
    彭 雪英; 吉武 裕; 柴田 麗; 引原 有輝; 海老根 直之; 齊藤 愼一
    体力科學, 日本体力医学会, 53(6) 917 - 917, 2004年12月
  • Disodium ascorbyl phytostanyl phosphates reduce plasma cholesterol, triglycerides and body weight gain in hamsters
    N Ebine; XM Jia; Demonty, I; Ruel, I; B Lamarche; PJH Jones
    FASEB JOURNAL, FEDERATION AMER SOC EXP BIOL, 18(5) A859 - A859, 2004年03月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 二重標識水法による簡易エネルギー消費量推定法の評価 : 日本人中高齢者について(掲載論文要旨JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLPGY Vol.48,No.6)
    Rafamantanantsoa HH; 海老根 直之; 吉岡 真由美; 樋口 博之; 吉武 裕; 田中 宏暁; 齊藤 愼-; John PHJ
    ビタミン, 日本ビタミン学会, 77(5) 335 - 335, 2003年06月25日
  • 通常勤務体制下の消防官の二重標識水法による総エネルギー消費量測定(代謝)
    東野 政貴; Hasina RAFAMANTANANTSOA Hoby; 海老根 直之; 齋藤 愼一
    体力科學, 日本体力医学会, 51(6) 638 - 638, 2002年12月
  • 日本人プロサッカー選手のプレシーズン合宿期におけるエネルギー消費量測定と栄養評価
    齊藤愼一; 山中邦夫; 田嶋幸三; 海老根直之; 長谷川祐子; 金亨烈; 李相直
    平成12年度プロフェッショナルスポーツ研究助成報告書, 51 - 57, 2002年
  • 二重標識水法による女子長距離走選手の高所合宿時のエネルギー消費量測定(【代謝】)
    鵜鷹 幸一; 海老根 直之; 角南 良幸; 田中 宏暁; 齊藤 愼一
    体力科學, 日本体力医学会, 50(6) 851 - 851, 2001年12月01日
  • Total Energy Expenditure and Daily Physical Activity in Middle-aged Japanese Men(【代謝】)
    ラファマンタナンツー ウビ ハシナ; 海老根 直之; 吉岡 真由美; 鵜鷹 幸一; 吉武 裕; 田中 宏暁; 齊藤 愼一
    体力科學, 日本体力医学会, 50(6) 850 - 850, 2001年12月
  • Assessments of total energy expenditure and daily physical activity in middle-aged Japanese men
    H Rafamantanantsoa; N Ebine; M Yoshioka; K Utaka; Y Yoshitake; H Tanaka; P Jones; S Saitoh
    OBESITY RESEARCH, NORTH AMER ASSOC STUDY OBESITY, 9 95S - 95S, 2001年09月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Comparison between single-axial accelerometer and doubly labeled water to assess daily energy expenditure in middle-aged Japanese
    M Yoshioka; HH Rafamantanantsoa; N Ebine; K Utaka; Y Yoshitake; P Jones; S Saitoh; H Tanaka
    OBESITY RESEARCH, NORTH AMER ASSOC STUDY OBESITY, 9 198S - 198S, 2001年09月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • プロサッカー選手の行動記録法による試合中のエネルギー消費量測定
    齊藤愼一; 山中邦夫; 田嶋幸三; 長谷川祐子; 海老根直之; 金亨烈
    平成11年度プロフェッショナルスポーツ研究助成報告書, 89 - 96, 2001年
  • 二重標識水法による試合期のプロ・サッカー選手のエネルギー消費量測定
    海老根 直之; Rafamantanantsoa Hoby Hasina; 名雪 洋一郎; 齋藤 慎一
    体力科學, 日本体力医学会, 49(6) 693 - 693, 2000年12月01日
  • 二重標識水法によるサッカー選手のエネルギー消費に関する研究
    齊藤愼一; 山中邦夫; 海老根直之; 名雪洋一郎
    平成10年度プロフェッショナルスポーツ研究助成報告書, 91 - 96, 2000年
  • 二重標識水法によるシンクロナイズドスイミング選手のエネルギー消費量測定
    齊藤愼一; 白木仁; 向井直樹; 本間三和子; 海老根直之
    平成9年度プロフェッショナルスポーツ研究助成報告書, 77 - 82, 1999年
  • 杜仲樹皮エキス投与が後肢懸垂ラットの性ホルモンに及ぼす影響について
    曲 剛健; 金子 浩; 海老根 直之; 北 代加子; 富田 誠次; 田崎 洋佑; 伊藤 朗
    体力科學, 日本体力医学会, 46(6) 859 - 859, 1997年12月01日

書籍等出版物

  • 人間科学の百科事典 日本生理人類学会編
    海老根 直之; 福岡義之
    2015年, 共著, 114-116,408-409,414-415
  • 人間科学の百科事典 日本生理人類学会編
    海老根 直之; 福岡義之
    丸善出版, 2015年, 共著, 166-168
  • 体育・スポーツ指導者と学生のためのスポーツ栄養学
    海老根 直之; 田畑泉; 川島由起子; 高田和子; 田中茂穂; 樋口満; 吉武裕
    市村出版, 2014年, 共著, 43-61
  • 日本人の食事摂取基準(2010年版)
    海老根 直之; 田畑泉; 川島由起子; 高田和子; 田中茂穂; 樋口満; 吉武裕
    厚生労働省健康局総務課生活習慣病対策室, 2009年, 共著, 43-61
  • 大学入学準備講座講義録2008
    海老根 直之
    同志社大学教育開発センター, 2009年, 単著, 211-235
  • The Amazing Egg: Nature's Perfect Functional Food for Health Promotion
    海老根 直之; Jones PJH
    University of Alberta, 2006年, 共著, 219-233
  • Omega-3 fatty acids and plasma lipid levels.
    海老根 直之; Jones PJH; Demonty I
    The Amazing Egg: Nature's Perfect Functional Food for Health Promotion, 2006年, 共著, 0,0,0-0, 学術書

講演・口頭発表等

  • スポーツ栄養学-教育の現場から-:スポーツ・健康系学部におけるスポーツ栄養学1~体育・スポーツ科学系教員が担当する事例~
    海老根 直之
    日本スポーツ栄養学会第5回大会(京都), 2018年, 同志社大学
  • 重水希釈法を比較基準とした生体電気インピーダンス式身体組成計の妥当性の検証(宮城)
    第28回体力・栄養・免疫学会大会, 2018年
  • 苦味による味覚刺激が及ぼす食事誘発性熱産生への影響(宮城)
    第28回体力・栄養・免疫学会大会, 2018年
  • 2種類の安定同位体を用いた飲料水分と固形食中水分の吸収速度評価-温度の観点から-(宮城)
    第28回体力・栄養・免疫学会大会, 2018年
  • ゼリーの摂取が食事誘発性熱産生に与える影響―かさに着目した検討―(宮城)
    第28回体力・栄養・免疫学会大会, 2018年
  • 冷水半身浴における疲労回復効果の検討-高強度インターバルトレーニング後の疲労回復法の検討-
    第83回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会(鹿児島県), 2018年
  • サウナ浴後のエネルギー代謝に運動習慣が及ぼす影響の検討(北海道)
    第45回日本生体電気・物理刺激研究会, 2018年
  • 糖尿病患者におけるエネルギー消費量及び活動量(神奈川)
    第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2018年
  • 香辛料で作る代謝亢進スープがエネルギー代謝と基質酸化量に及ぼす影響
    海老根 直之
    第25回スパイス&ハーブ研究成果セミナー(東京), 2017年, 学士会館
  • Effect of duration of rapid weight loss on body composition change in elite collegiate wrestlers(Fribourg, Switzerland)
    4th International Conference on Recent Advances and Controversies in the Measurement of Energy Metabolism (RACMEM-2017), 2017年
  • The prevalence and associated factors of sleep disordersamong Japanese collegiate athletes(Ibaraki, Japan)
    ARIHHP Human High Performance International Forum 2017, 2017年, ポスター発表
  • 低カロリーゼリーの摂取が 食事誘発性熱産生に及ぼす影響(埼玉)
    第27回体力・栄養・免疫学会大会, 2017年
  • 炭酸冷水浴により遅発性筋痛は予防できるか?(北海道)
    第82回日本温泉気候物理医学会・学術集会, 2017年
  • Effect of duration of rapid weight loss on body composition change in elite collegiate wrestlers(Fribourg, Switzerland)
    4th International Conference on Recent Advances and Controversies in the Measurement of Energy Metabolism (RACMEM-2017), 2017年
  • The prevalence and associated factors of sleep disordersamong Japanese collegiate athletes(Ibaraki, Japan)
    ARIHHP Human High Performance International Forum 2017, 2017年, ポスター発表
  • Intensity and bouts of physical activity and physical activity level in pre-adolescent children(Boston, USA)
    2016 ACSM Annual Meeting's World Congress on the Basic Science of Energy Balance, 2016年, ポスター発表
  • Effects of rapid weight loss based on energy balance on body composition in short-term(Vancouver, Canada)
    13th International Congress on Obesity 2016, 2016年, ポスター発表
  • Determinant of total energy expenditure in Japanese, community-dwelling, healthy, older adults using doubly labeled water and tri-axial accelerometer(Vancouver, Canada).
    Kyoto-Kameoka Study Group, 13th International Congress on Obesity 2016, 2016年, ポスター発表
  • Body position & water absorption - An investigation with isotopic labeled water-
    The 21st Annual Congress of the European College of Sport Science (Vienna, Austria), 2016年
  • Evaluation of total body water in different bioimpedance analyzers: D2O used as reference(東京)
    第37回日本肥満学会, 2016年, ポスター発表
  • 児童における連続的な座位行動とエネルギー消費量の関係(兵庫)
    日本発育発達学会第14回大会, 2016年, ポスター発表
  • 小児の身体活動レベルと身体活動パターンの関連(岩手)
    第71回日本体力医学会, 2016年
  • 身体活動量評価におけるActiGraphの妥当性の検証
    第26回体力・栄養・免疫学会大会(長崎).【倉掛賞(優秀発表賞受賞)】, 2016年
  • 水と豆乳を用いた食事誘発性熱産生第1相反応に関する検討(長崎)
    第26回体力・栄養・免疫学会大会, 2016年
  • 身体活動レベルの低い児童と標準以上の児童における身体活動パターンの比較(東京)
    第19回日本運動疫学会学術総会, 2016年
  • 肥満体型がサウナ浴後のエネルギー消費量に及ぼす影響の検討―標準体型との比較―(群馬)
    第81回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会, 2016年
  • Intensity and bouts of physical activity and physical activity level in pre-adolescent children(Boston, USA)
    2016 ACSM Annual Meeting's World Congress on the Basic Science of Energy Balance, 2016年, ポスター発表
  • Effects of rapid weight loss based on energy balance on body composition in short-term(Vancouver, Canada)
    13th International Congress on Obesity 2016, 2016年, ポスター発表
  • Determinant of total energy expenditure in Japanese, community-dwelling, healthy, older adults using doubly labeled water and tri-axial (Vancouver, Canada).
    Kyoto-Kameoka Study Group, 13th International Congress on Obesity 2016, 2016年, ポスター発表
  • Body position & water absorption - An investigation with isotopic labeled water-
    The 21st Annual Congress of the European College of Sport Science (Vienna, Austria), 2016年
  • 健康に生きるために~大学の研究活動から見えてくるもの~
    海老根 直之
    移地区連合PTA講演会(福島), 2015年, 緑小学校
  • 大学ってどんなとこ,スポーツ健康科学ってな~に?
    海老根 直之
    田村市立移中学校教育講演会(福島), 2015年, 移中学校・緑小学校
  • The cross adaptation of lower temperature in ventilatory responses on exposure of hypoxia in humans(Chiba, Japan)
    The 12th International Congress of Physiologycal Anthropology, 2015年, ポスター発表
  • フレイル判定法と該当者数(亀岡スタディベースライン体力調査参加者での検討)(長崎)
    第74回日本公衆衛生学会総会, 2015年, ポスター発表
  • 地域在住自立高齢者の転倒リスクと体力との関連(長崎)
    第74回日本公衆衛生学会総会, 2015年, ポスター発表
  • 小児における身体活動レベル別の身体活動量-二重標識水法および加速度計法を用いた検討-(北海道)
    第22回日本未病システム学会学術総会, 2015年, ポスター発表
  • 茶カテキン含有飲料の単回摂取が健康若年者のエネルギー代謝に及ぼす影響(愛知)
    第36回日本肥満学会, 2015年, ポスター発表
  • Total body water estimation: bioimpedance analyzer versus D2O method(愛知)
    第36回日本肥満学会, 2015年, ポスター発表
  • 長時間の安静維持に有効な提示課題―DIT測定のための基礎検討―(和歌山)
    第70回日本体力医学会大会, 2015年, ポスター発表
  • ActiGraphを用いた日本人の活動量評価に関する基礎的検討~心拍数と加速度の組み合わせ法開発のために~(和歌山)
    第70回日本体力医学会大会, 2015年, ポスター発表
  • 幼児における基礎代謝量推定の妥当性に関する予備的検討(福岡)
    第62回日本栄養改善学会学術総会, 2015年, ポスター発表
  • へルスツーリズムによる 短期間の減量効果の検証渡口肥満学会(愛知)
    第36回日本肥満学会, 2015年
  • 短期間の急速減量プログラムはアスリートの走パフォーマンスを向上させるか(和歌山)
    第70回日本体力医学会大会, 2015年
  • 飲料と食事の摂取タイミングが水の吸収に及ぼす影響(和歌山)
    第70回日本体力医学会大会, 2015年
  • 体脂肪評価における生体電気抵抗法と皮脂厚法の運用に関する考察-測定時刻との関係性-(東京)
    第25回体力・栄養・免疫学会大会, 2015年
  • 代謝亢進インナーの有用性の検討(東京)
    .第25回体力・栄養・免疫学会大会, 2015年
  • 足浴がエネルギー代謝に与える影響の検討(長野)
    第80回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会, 2015年
  • ActiGraphを用いた日本人の活動量評価に関する基礎的研究(京都)
    京都滋賀体育学会第144回大会, 2015年
  • The cross adaptation of lower temperature in ventilatory responses on exposure of hypoxia in humans(Chiba, Japan)
    The 12th International Congress of Physiologycal Anthropology, 2015年, ポスター発表
  • スポーツ選手の栄養アセスメント-スポーツ選手のエネルギー消費量の評価-
    海老根 直之
    日本スポーツ栄養学会第1回大会(東京), 2014年, 早稲田大学東伏見キャンパス
  • Total energy expenditure of collegiate table tennis players measured by the doubly labeled water method(Tokyo, Japan)
    The 3rd International Conference on Recent Advances and Controversies in Measuring Energy Metabolism, 2014年, ポスター発表
  • Energy allocation strategies during foraging in a pelagic seabird, the streaked Shearwate(Tokyo, Japan)
    The 3rd International Conference on Recent Advances and Controversies in Measuring Energy Metabolism, 2014年, ポスター発表
  • 大学卓球選手のエネルギー消費量に関する研究(長崎)
    第69回日本体力医学会大会, 2014年, ポスター発表
  • 足浴によるエネルギー代謝亢進効果の検討(長崎)
    第69回日本体力医学会大会, 2014年, ポスター発表
  • 自立した高齢女性における尿失禁の実態と体格・体力との関連体力測定会参加者での調査(岩手)
    日本体育学会第65回大会, 2014年, ポスター発表
  • 自立した高齢女性における尿失禁の実態と体格・体力との関連体力測定会参加者での調査(岩手)
    日本体育学会第65回大会, 2014年, ポスター発表
  • 食事誘発性熱産生における二相区分概念の見直し-厳密な代謝測定から見えるもの-(京都)
    第24回体力・栄養・免疫学会大会(京都).【倉掛賞(優秀発表賞受賞)】, 2014年
  • 活動量評価における小型心電計の効果的運用法に関する基礎検討(京都)
    第24回体力・栄養・免疫学会大会, 2014年
  • 飲料摂取温度の違いが食事誘発性熱産生に及ぼす影響(北海道)
    第68回日本栄養・食糧学会大会, 2014年
  • Total energy expenditure of collegiate table tennis players measured by the doubly labeled water method(Tokyo, Japan)
    The 3rd International Conference on Recent Advances and Controversies in Measuring Energy Metabolism, 2014年, ポスター発表
  • Energy allocation strategies during foraging in a pelagic seabird, the streaked Shearwate(Tokyo, Japan)
    The 3rd International Conference on Recent Advances and Controversies in Measuring Energy Metabolism, 2014年, ポスター発表
  • エネルギー代謝研究とエネルギー摂取基準
    海老根 直之
    第11回大連合大会(第35回日本臨床栄養学会総会・第34回日本臨床栄養協会総会)(京都), 2013年, 京都テルサ
  • 代謝量評価における安静維持課題の検討(京都)
    日本生理人類学会第69回大会, 2013年, ポスター発表
  • 日本人の食事摂取基準(2010年版)」における幼児の推定エネルギー必要量の妥当性に関する予備的検討(兵庫)
    第60回日本栄養改善学会学術総会, 2013年, ポスター発表
  • 食行動の総合的代謝評価(京都)
    京都滋賀体育学会 第142 回大会, 2013年
  • 再現性の高い運動負荷試験についての検討(京都)
    京都滋賀体育学会 第142 回大会, 2013年
  • ヒューマンカロリメーターを用いた簡易エネルギー消費量測定法の妥当性の検討
    海老根 直之
    第141回京都体育学会, 2012年, 滋賀
  • 食事がスポーツドリンクの吸収速度に与える影響~安定同位体を用いたアプローチ~
    海老根 直之
    第141回京都体育学会, 2012年, 滋賀
  • 低身長児のエネルギー消費量と三大栄養素の摂取バランスに関する研究(第1報)~二重標識水法による総エネルギー消費量の測定方法~
    海老根 直之
    第9回日本小児栄養研究会, 2012年, 兵庫
  • 低身長児のエネルギー消費量と三大栄養素の摂取バランスに関する研究(第2報)~二重標識水法を用いた総エネルギー消費量と食事摂取基準値との比較~
    海老根 直之
    第9回日本小児栄養研究会, 2012年, 兵庫
  • 家庭用低温乾式遠赤外線サウナによる温浴が安静時エネルギー代謝に与える影響の検討
    海老根 直之
    第77回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会, 2012年, 秋田
  • 重水希釈法を基準とした生体電気インピーダンス法で求められる体水分量の検証
    海老根 直之
    第22回体力・栄養・免疫学会大会, 2012年, 石川
  • ヒューマンカロリメーターを用いた簡易エネルギー消費量測定法の検討
    海老根 直之
    第22回体力・栄養・免疫学会大会, 2012年, 石川
  • 代謝亢進サプリメントの効果検証-チャンバー法 vs. Breath-by-breath法-
    海老根 直之
    第22回体力・栄養・免疫学会大会, 2012年, 石川
  • 氷菓の咀嚼摂取による代謝亢進効果-食行動中のエネルギー消費量測定-
    海老根 直之
    第22回体力・栄養・免疫学会大会, 2012年, 石川
  • なぜ高強度の運動中には周辺視野での知覚能力が低下するのか?
    海老根 直之
    第67回体力医学会大会, 2012年, 岐阜
  • 安静時の代謝評価におけるBreath-by-breath型呼気ガス分析器の有効性の検討
    海老根 直之
    第67回体力医学会大会, 2012年, 岐阜
  • 二重標識水法・重水希釈法運用時における被験者の負担軽減に関する検討
    海老根 直之
    第67回体力医学会大会, 2012年, 岐阜
  • 家庭用低温乾式遠赤外線サウナのエネルギー代謝に与える影響とリスクの検討
    海老根 直之
    第27回日本RAのリハビリ研究会学術集会, 2012年, 愛媛
  • 二重標識水法・重水希釈法運用時における被験者の負担軽減に関する検討(岐阜)
    第67回体力医学会大会, 2012年, ポスター発表
  • 安静時の代謝評価におけるBreath-by-breath型呼気ガス分析器の有効性の検討(岐阜)
    第67回体力医学会大会, 2012年, ポスター発表
  • 家庭用低温乾式遠赤外線サウナによる温浴が安静時エネルギー代謝に与える影響の検討(秋田)
    第77回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会, 2012年, ポスター発表
  • 食事がスポーツドリンクの吸収速度に与える影響~安定同位体を用いたアプローチ~(滋賀)
    第141回京都体育学会【奨励賞受賞】, 2012年, ポスター発表
  • 「ヒューマンカロリメーターを用いた簡易エネルギー消費量測定法の妥当性の検討(滋賀)
    第141回京都体育学会, 2012年, ポスター発表
  • 家庭用低温乾式遠赤外線サウナのエネルギー代謝に与える影響とリスクの検討(愛媛)
    第27回日本RAのリハビリ研究会学術集会, 2012年
  • なぜ高強度の運動中には周辺視野での知覚能力が低下するのか?(岐阜)
    第67回体力医学会大会, 2012年
  • 氷菓の咀嚼摂取による代謝亢進効果-食行動中のエネルギー消費量測定-(石川)
    第22回体力・栄養・免疫学会大会, 2012年
  • 代謝亢進サプリメントの効果検証-チャンバー法 vs. Breath-by-breath法-(石川)
    第22回体力・栄養・免疫学会大会, 2012年
  • ヒューマンカロリメーターを用いた簡易エネルギー消費量測定法の検討(石川)
    第22回体力・栄養・免疫学会大会, 2012年
  • 重水希釈法を基準とした生体電気インピーダンス法で求められる体水分量の検証(石川)
    第22回体力・栄養・免疫学会大会, 2012年
  • 低身長児のエネルギー消費量と三大栄養素の摂取バランスに関する研究(第2報)~二重標識水法を用いた総エネルギー消費量と食事摂取基準値との比較~(兵庫)
    第9回日本小児栄養研究会, 2012年
  • 低身長児のエネルギー消費量と三大栄養素の摂取バランスに関する研究(第1報)~二重標識水法による総エネルギー消費量の測定方法~(兵庫)
    第9回日本小児栄養研究会, 2012年
  • スポーツ選手のエネルギー消費量測定法の世界的動向:同位体利用で見えてきたもの,見えてくるもの
    海老根 直之
    大学院研究セミナー(鹿屋体育大学戦略的研究プロジェクト企画推進室主催)(鹿児島), 2011年, 鹿屋体育大学
  • フード法による安静時代謝量測定の精度について-ヒューマンカロリメーターとの比較検討-
    海老根 直之
    第21回体力・栄養・免疫学会大会, 2011年, 東京
  • グリセミック指数の高低が1日のエネルギー消費量および酸化基質に及ぼす影響~ヒューマンカロリーメーターによる検討~
    海老根 直之
    第66回日本体力医学会大会, 2011年, 山口
  • グリセミック指数の高低が1日のエネルギー消費量および酸化基質に及ぼす影響~ヒューマンカロリーメーターによる検討~(山口)
    第66回日本体力医学会大会, 2011年
  • フード法による安静時代謝量測定の精度について-ヒューマンカロリメーターとの比較検討-(東京)
    第21回体力・栄養・免疫学会大会, 2011年
  • スポーツ選手のエネルギー消費を測る:二重標識水法
    海老根 直之
    第21回日本臨床スポーツ医学会学術集会(茨城), 2010年, つくば国際会議場
  • 子どもに適用できる精度の高い身体活動量評価法の提案
    海老根 直之
    第139回京都体育学会, 2010年, 京都
  • DLW法を用いたオオミズナギドリの野外活動時エネルギー消費量計測
    海老根 直之
    日本生態学会第57回大会, 2010年, 東京
  • Field metabolic rate in relation to flight cost of Streaked Shearwaters Calonectris leucomelas.
    海老根 直之
    1st World Seabird Conference, 2010年, Victoria, Canada
  • 健康づくりのための身体活動量の基準値(23エクササイズ)と歩数の関係
    海老根 直之
    第65回日本体力医学会, 2010年, 千葉
  • Field metabolic rate in relation to flight cost of Streaked Shearwaters Calonectris leucomelas
    The 1st World Seabird Conference (Victoria, Canada), 2010年
  • 健康づくりのための身体活動量の基準値(23エクササイズ)と歩数の関係(千葉)
    第65回日本体力医学会, 2010年
  • DLW法を用いたオオミズナギドリの野外活動時エネルギー消費量計測(東京)
    日本生態学会第57回大会, 2010年
  • 子どもに適用できる精度の高い身体活動量評価法の提案(京都)
    第139回京都体育学会, 2010年
  • Field metabolic rate in relation to flight cost of Streaked Shearwaters Calonectris leucomelas
    The 1st World Seabird Conference (Victoria, Canada), 2010年
  • 食事摂取基準と小児の身体活動
    海老根 直之
    第64回日本体力医学会(新潟, 2009年, 新潟コンベンションセンター
  • 食後からの経過時間がアスリートにおける中等度有酸素運動時の糖質および脂質酸化率に及ぼす影響
    海老根 直之
    第3回スポーツ栄養学研究会, 2009年, 神奈川
  • 食事摂取基準と小児の身体活動
    海老根 直之
    第64回日本体力医学会, 2009年, 新潟
  • DLW法による公益信託日本動脈硬化予防研究基金統合研究身体活動質問紙(JALSPAQ)の妥当性に関する研究
    海老根 直之
    第64回日本体力医学会, 2009年, 新潟
  • 食事摂取タイミングが中等度有酸素運動中の脂質酸化に与える影響
    海老根 直之
    第64回日本体力医学会, 2009年, 新潟
  • 食事摂取タイミングが中等度有酸素運動中の脂質酸化に与える影響(新潟)
    第64回日本体力医学会, 2009年
  • 食事摂取タイミングが中等度有酸素運動中の脂質酸化に与える影響(新潟)
    第64回日本体力医学会, 2009年
  • DLW法による公益信託日本動脈硬化予防研究基金統合研究身体活動質問紙(JALSPAQ)の妥当性に関する研究(新潟)
    第64回日本体力医学会, 2009年
  • 食後からの経過時間がアスリートにおける中等度有酸素運動時の糖質および脂質酸化率に及ぼす影響(神奈川)
    第3回スポーツ栄養学研究会, 2009年
  • エネルギー ワーキンググループメンバー
    海老根 直之
    厚生労働省 日本人の食事摂取基準策定検討会, 2008年
  • Contribution of sedentary, locomotive and lifestyle activity in daily life assessed by a triaxial accelerometer
    海老根 直之
    Recent Advances and Controversies in the Measurement of Energy Metabolism 2008, 2008年, Denver, USA
  • The determination of energy expenditure in 64-96 year-old Japanese elderly
    海老根 直之
    Recent Advances and Controversies in the Measurement of Energy Metabolism 2008, 2008年, Denver, USA
  • Significance of Lifestyle Activity in Daily Life Assessed by Triaxial Accelerometer
    海老根 直之
    55th Annual Meeting of the American College of Sports Medicine, 2008年, Indianapolis, USA
  • 活動量計で評価した23エクササイズと歩数の関係
    海老根 直之
    第63回日本体力医学会, 2008年, 大分
  • Significance of Lifestyle Activity in Daily Life Assessed by Triaxial Acceleromete(Indianapolis, USA)
    55th Annual Meeting of the American College of Sports Medicine, 2008年, ポスター発表
  • Contribution of sedentary, locomotive and lifestyle activity in daily life assessed by a triaxial acceleromete(Denver, USA)
    Recent Advances and Controversies in the Measurement of Energy Metabolism 2008, 2008年, ポスター発表
  • The determination of energy expenditure in 64-96 year-old Japanese elderly
    Recent Advances and Controversies in the Measurement of Energy Metabolism 2008 (Denver, USA), 2008年
  • 活動量計で評価した23エクササイズと歩数の関係(大分)
    第63回日本体力医学会, 2008年
  • Significance of Lifestyle Activity in Daily Life Assessed by Triaxial Acceleromete(Indianapolis, USA)
    55th Annual Meeting of the American College of Sports Medicine, 2008年, ポスター発表
  • Contribution of sedentary, locomotive and lifestyle activity in daily life assessed by a triaxial acceleromete(Denver, USA)
    Recent Advances and Controversies in the Measurement of Energy Metabolism 2008, 2008年, ポスター発表
  • The determination of energy expenditure in 64-96 year-old Japanese elderly
    Recent Advances and Controversies in the Measurement of Energy Metabolism 2008 (Denver, USA), 2008年
  • スポーツドリンクの利用実態と期待する効能!
    海老根 直之
    2007年度ライフケア学会学術大会(東京), 2007年, 早稲田大学東伏見オープン教育センター
  • 身体活動量を評価する-二重標識水法の原理から試料の分析の実際まで
    海老根 直之
    第1回DLW勉強会(京都), 2007年, 京都府立医科大学
  • O市健康づくり計画推進状況の評価について : 生活習慣を中心として
    海老根 直之
    第77回日本衛生学会総会, 2007年, 大阪
  • 身体活動量を評価する:二重標識水法の原理から
    海老根 直之
    身体活動量測定グループ 合同勉強会, 2007年, 京都
  • 「スポーツドリンク」の利用実態と期待する効能!
    海老根 直之
    ライフケア学会, 2007年, 東京
  • O市健康づくり計画推進状況の評価について : 生活習慣を中心として(大阪)
    第77回日本衛生学会総会, 2007年, ポスター発表
  • 長期の運動習慣を有する中年女性におけるエネルギー消費量,体組成および最大酸素摂取量
    海老根 直之
    第61回日本体力医学会(兵庫), 2006年, 兵庫
  • 有機溶剤の代謝産物である2,5-ヘキサンジオンの新しい反応標的:ベータアラニンとグリシン(福岡)
    平成18年度日本産業衛生学会九州地方会学会, 2006年, ポスター発表
  • ヘリコバクター・ピロリ菌のVacA毒素による炎症作用機序について(山口)
    第76回日本衛生学会総会, 2006年, ポスター発表
  • H.ピロリ感染砂ネズミにおける食塩添加及び沃素欠乏食による胃発癌実験(山口)
    第76回日本衛生学会総会, 2006年, ポスター発表
  • エネルギー消費量推定法に関する研究(兵庫)
    .第61回日本体力医学会, 2006年
  • 3ヶ月間の牛乳摂取が血中脂質動態に及ぼす影響(東京)
    第16回体力・栄養・免疫学会大会, 2006年
  • 長期の運動習慣を有する中年女性におけるエネルギー消費量、体組成および最大酸素摂取量
    海老根 直之
    日本体力医学会, 2005年, 神戸
  • Effects of different phytosterol analogs on gene expression of ABCG5 and ABCG8 sterol transporters in hamsters
    Experimental Biology 2005 (San Diego, USA), 2005年, ポスター発表
  • Effect of two different mixtures of policosanol on lipid levels in hamsters
    Canadian Federation of Biological Societies 48th Annual meeting (Guelph, Canada), 2005年
  • Effects of corn fiber oil and plant stanols on plasma lipids and gene expression of intestinal sterol transproter in hamsters
    Canadian Federation of Biological Societies 48th Annual meeting (Guelph, Canada), 2005年
  • Lack of efficacy of plant sterol preparations taken as a single morning dose
    Experimental Biology 2005 (San Diego, USA), 2005年
  • Effects of different phytosterol analogs on gene expression of ABCG5 and ABCG8 sterol transporters in hamsters
    Experimental Biology 2005 (San Diego, USA), 2005年, ポスター発表
  • Effect of two different mixtures of policosanol on lipid levels in hamsters
    Canadian Federation of Biological Societies 48th Annual meeting (Guelph, Canada), 2005年
  • Effects of corn fiber oil and plant stanols on plasma lipids and gene expression of intestinal sterol transproter in hamsters
    Canadian Federation of Biological Societies 48th Annual meeting (Guelph, Canada), 2005年
  • Lack of efficacy of plant sterol preparations taken as a single morning dose
    Experimental Biology 2005 (San Diego, USA), 2005年
  • Disodium ascorbyl phytostanyl phosphates reduce plasma cholesterol, triglycerides and body weight gain in hamsters
    Experimental Biology 2004 (Washington DC, USA, 2004年, ポスター発表
  • Effects of different phytosterol analogs on plasma lipids and colonic mucosal cell proliferation in hamsters
    Canadian Society for Clinical Nutrition 3rd Annual Scientific Meeting (Toronto, Canada), 2004年, ポスター発表
  • Omega-3 fats and plasma lipids levels
    Banff Egg Symposium (Calgary, Canada), 2004年
  • 中年女性における長期の運動習慣が一日の総エネルギー消費量、体組成及び体力に及ぼす影響(埼玉)
    第59回体力医学会大会, 2004年, ポスター発表
  • 軽度な運動が血糖の経時的変化に及ぼす影響-連続的生体内血糖測定装置を用いた検討-(大阪)
    第25回日本肥満学会, 2004年
  • Disodium ascorbyl phytostanyl phosphates reduce plasma cholesterol, triglycerides and body weight gain in hamsters
    Experimental Biology 2004 (Washington DC, USA, 2004年, ポスター発表
  • Effects of different phytosterol analogs on plasma lipids and colonic mucosal cell proliferation in hamsters
    Canadian Society for Clinical Nutrition 3rd Annual Scientific Meeting (Toronto, Canada), 2004年, ポスター発表
  • Omega-3 fats and plasma lipids levels
    Banff Egg Symposium (Calgary, Canada), 2004年
  • Effects of a plant stanol ascorbate analog on plasma lipids and red blood cell fragility in hamsters
    The 46th Canadian Federation of Biological Societies Annual Meeting (Ottawa, Canada), 2003年, ポスター発表
  • Effects of different phytosterols on plasma lipids and red blood cell fragility in hamsters
    The 46th Canadian Federation of Biological Societies Annual Meeting (Ottawa, Canada), 2003年
  • Effects of fish oil fatty acid esters of phytosterols on plasma lipids and red blood cell fragility in hamster
    Canadian Society for Clinical Nutrition 2nd Annual Scientific Meeting (Vancouver, Canada), 2003年
  • Effects of a plant stanol ascorbate analog on plasma lipids and red blood cell fragility in hamsters
    The 46th Canadian Federation of Biological Societies Annual Meeting (Ottawa, Canada), 2003年, ポスター発表
  • Effects of different phytosterols on plasma lipids and red blood cell fragility in hamsters
    The 46th Canadian Federation of Biological Societies Annual Meeting (Ottawa, Canada), 2003年
  • Effects of fish oil fatty acid esters of phytosterols on plasma lipids and red blood cell fragility in hamster
    Canadian Society for Clinical Nutrition 2nd Annual Scientific Meeting (Vancouver, Canada), 2003年
  • Alternative measures to assess total energy expenditure validated against doubly labeled water method
    2002年, ポスター発表
  • Validation of three alternative methods to assess total energy expenditure against doubly labeled water method
    The 9th International Congress of Obesity (Sao Paolo, Brazil), 2002年
  • Alternative measures to assess total energy expenditure validated against doubly labeled water method(高知)
    第57回日本体力医学会大会, 2002年, ポスター発表
  • 通常勤務体制下の消防官の二重標識水法による総エネルギー消費量測定(高知)
    第57回日本体力医学会大会, 2002年, ポスター発表
  • Validation of three alternative methods to assess total energy expenditure against doubly labeled water method
    The 9th International Congress of Obesity (Sao Paolo, Brazil), 2002年
  • Total energy expenditure and daily physical activity in middle-aged Japanese men
    2001年, ポスター発表
  • Measurement of total energy expenditure by doubly labelled water method in professional soccer player
    The 17th International Congress of Nutrition (Vienna, Austria), 2001年
  • Comparison between single-axial accelerometer and doubly labeled water method to assess daily energy expenditure in middle-aged Japanese
    North American Association for the Study of Obesity (Quebec, Canada), 2001年
  • Assessments of total energy expenditure and daily physical activity in middle-aged Japanese men
    North American Association for the Study of Obesity (Quebec, Canada), 2001年
  • 二重標識水法による女子長距離走選手の高所合宿時のエネルギー消費量測定(宮城)
    第56回日本体力医学会大会, 2001年, ポスター発表
  • Total energy expenditure and daily physical activity in middle-aged Japanese men(宮城)
    第56回日本体力医学会大会, 2001年, ポスター発表
  • Total energy expenditure and daily physical activity in middle-aged Japanese men(宮城)
    第56回日本体力医学会大会, 2001年, ポスター発表
  • 二重標識水法による試合期のプロ・サッカー選手のエネルギー消費量測定(東京)
    第21回サッカー医・科学研究会, 2001年, ポスター発表
  • 大学女子スポーツ選手の骨密度及び骨形態 : スポーツ種目との関係(東京)
    第121回日本体力医学会関東地方会, 2001年
  • Measurement of total energy expenditure by doubly labelled water method in professional soccer player
    The 17th International Congress of Nutrition (Vienna, Austria), 2001年
  • Comparison between single-axial accelerometer and doubly labeled water method to assess daily energy expenditure in middle-aged Japanese
    North American Association for the Study of Obesity (Quebec, Canada), 2001年
  • Assessments of total energy expenditure and daily physical activity in middle-aged Japanese men
    North American Association for the Study of Obesity (Quebec, Canada), 2001年
  • 運動習慣が作り替える骨の立体構造及び体積骨密度(富山)
    第55回日本体力医学会大会, 2000年, ポスター発表
  • 二重標識水法による試合期のプロサッカー選手のエネルギー消費量測定(富山)
    第55回日本体力医学会大会, 2000年, ポスター発表
  • 二重標識水法によるスポーツ選手の総エネルギー消費量測定(大阪)
    第3回日本呼気病態生化学会研究会, 2000年
  • 「エネルギー消費量推定法の検討-二重標識水法との比較-(愛媛)
    第54回日本栄養・食糧学会大会, 2000年
  • 二重標識水法によるスポーツ選手の総エネルギー消費量測定(愛媛)
    第54回日本栄養・食糧学会大会, 2000年
  • Daily energy expenditure of elite synchronized swimmers measured by the doubly labeled water method
    1999年
  • 運動習慣が作り替える骨の立体構造(熊本)
    第54回日本体力医学会大会, 1999年
  • Multi component modelによるスポーツ選手の体組成の評価(東京)
    第20回日本肥満学会, 1999年
  • 二重標識水法によるスポーツ選手のエネルギー消費量測定(東京)
    第20回日本肥満学会, 1999年
  • Daily energy expenditure of elite synchronized swimmers measured by the doubly labeled water method(東京)
    日本運動生理学会第7回大会(東京), 1999年
  • 二重標識水法によるシンクロナイズドスイミング選手のエネルギー消費量(仙台)
    第32回日本栄養・食糧学会東北支部大会, 1998年
  • シンクロナイズドスイミング選手のエネルギー消費量(神奈川)
    第53回日本体力医学会大会, 1998年
  • 杜仲樹皮エキスが生体に及ぼす影響について(大阪)
    第52回日本体力医学会大会, 1997年
  • 杜仲樹皮エキス投与が後肢懸垂ラットの性ホルモンに及ぼす影響について(大阪)
    第52回日本体力医学会大会, 1997年, ポスター発表

Works(作品等)

  • 機能性を有する衣服が運動パフォーマンスに及ぼす影響の検討
    2008年

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 高精度間接熱量測定で挑む食事誘発性熱産生の再評価~自律神経と脂質吸収に着目して~
    海老根 直之; 福岡 義之
    1日の総エネルギー消費量のおよそ1割を占めるとされる食事誘発性熱産生(Diet-Induced Thermogenesis: DIT)であるが,目視できない消化吸収にまつわる現象であるため,その詳細には不明な点が数多く残っている.エネルギー産生栄養素である脂質がもたらすDITの大きさは,摂取エネルギーの0~3%と目されているが,この見積りの基となった知見は1980年代に実施された研究に根ざしている.この間,質量分析が導入されるなどした間接熱量測定法のアップデートはめざましく,正確な結果を取得するべく測定時の要点も繰り返し検討され磨かれている.本研究は,最新技術を駆使して高精度な測定法を構築し,これを運用することでDIT現象を再評価することを目的としている. 初年度となる令和3年度は新型コロナ感染症の拡大防止措置下での研究遂行が求められたため,後の研究活動を円滑に進めるための礎を得るべく,測定方法の研鑽に重点を置いた活動を行った.DITは運動によるエネルギー消費に対し,比較にならないほど小さな反応であるため,夾雑要因となる測定中の体動を効果的に抑制できるかどうかが結果の信頼性を左右する.そこで,検証を行いながら幾つかの効果的な手立てを測定に導入した.ベース食に対し脂質を添加する日常食に比較的近い試験食をデザインし,若年男性を対象に添加脂質がDITに及ぼす影響の評価を行った.オリーブオイルを添加した試験食において,ベース食に対し有意に高い累積DITが観察され,食後60分頃から脂質酸化量が高まる傾向も観察された.中鎖脂肪酸オイルについても同様の実験を行ったが,累積DITが有意に高まることに加え,経時的データにおいてもエネルギー消費量と脂質酸化量の項目でベース食摂取時に比べて有意な高値が確認され,代償的に糖質酸化が抑制的となる現象が観察された., 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2021年04月 -2024年03月, 基盤研究(C), 同志社大学
  • 二重標識水法を用いた筋萎縮性側索硬化症患者のエネルギー代謝に関する臨床研究
    栗原 美香; 佐々木 雅也; 海老根 直之; 檜垣 靖樹; 安方 惇
    本研究は、二重標識水(Doubly Labeled Water Method:DLW)を用いて、ALS患者の総エネルギー消費量の実測を行うとともに、呼吸状態、食事摂取状況、重症度、身体組成、インスリン分泌、交感神経機能を考慮に入れたALS患者のエネルギー必要量の推定に資するエビデンスを得ることを目的とする。 エネルギー代謝を評価する方法としては、呼気の酸素消費量と二酸化炭素産生量を測定して安静時エネルギー消費量を求める間接熱量測定法がある。間接熱量計にはマスクタイプと人工呼吸器用の2種類があり、自発呼吸が可能な方の場合はマスク用、人工呼吸器管理の場合は人工呼吸器用を用いる。ALS患者においても、自発呼吸が可能な状況下ではマスク用、TPPV導入後には、人工呼吸器用を使用し、間接熱量測定によりエネルギー消費量、糖質、脂質のエネルギー消費量を測定することが可能である。しかしながら、NPPV装着時には間接熱量測定で測定することはできない。一方、本研究で用いるDLW法は、1日のエネルギー消費量を算出方法としてゴールデンスタンダードであり、NPPV装着時においても正確に評価可能である。 通常、本研究は、DLWの投与、尿採取など、外来での施行は難しく、入院中に行う必要があった。COVID19による入院制限などによる影響で研究が一旦中断されていた。NPPV装着までの患者の間接熱量計による基礎代謝エネルギー消費量を積み重ね、それらの因子についても検討し、1回換気量との関連も確認できた。呼吸状態の低下に伴う代謝亢進がNPPV装着下でどれほど影響するものか、研究再開後に明らかにする必要がある。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2018年04月 -2023年03月, 基盤研究(C), 滋賀医科大学
  • 疲労回復を促進する実用的栄養処方確立にむけた基盤研究~水分と糖質補給の観点から~
    海老根 直之; 北條 達也; 中江 悟司
    激しい運動を行った後のリカバリーとして,発汗により失われた水分,ならびにエネルギー源として利用された糖質を補給することの重要性が広く認識されている.しかしながら,運動後に改めて高いレベルのパフォーマンスが求められる局面では,水分を含めた栄養素の多量取量に重きを置くことはできず,後のパフォーマンスを意識した合目的的補給が行われなければならない.本研究は,フィールドにおける効果的な疲労回復法の確立に資する知見を得ることを大きな目的としている. 令和3年度は新型コロナ感染症の拡大防止措置下での研究遂行となっため,実験規模を拡大せず安全性を高めた体制でヒト試験を実施した.消化器系ならびに糖代謝に既往歴のない大学生男女を対象に,食後血糖値の上昇抑制効果が報告されている難消化性デキストリン5 gを添加した米飯(150 g)もしくは通常の米飯(150 g)からなる親子丼を試験食とする2試行クロスオーバー試験を実施した.結果として,食後30分においてデキストリン試行においてむしろ高い血糖値が観察されるという特徴的な結果が得られた.コントロール食に対する血糖値の上昇の程度によりサブグループ解析を行ったところ,血糖値が上がりやすい対象者においては食後60分においても高い血糖値が維持される傾向にあった.前年度の試験では,水溶液状態で難消化性デキストリンの試験を行ったが,今年度は水分摂取を伴わないデザインで試験を実施した.これらの結果から,総じて若年者においては難消化性デキストリンの食後血糖値上昇抑制効果は期待できないと思われた., 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2018年04月 -2023年03月, 基盤研究(C), 同志社大学
  • 除脂肪量増加に有効な食事処方に関する基礎的研究
    川中 健太郎; 檜垣 靖樹; 重森 裕; 木戸 康平; 上原 吉就; 畑本 陽一; 田中 茂穂; 海老根 直之; 安方 惇; 羅 成圭
    食事からの十分なタンパク質摂取が筋量増加に必要である。一方、エネルギー付加が筋量増加に有効であるかは不明確である。本研究では、健常成人男性を用いた6週間の介入実験を実施することで、十分なタンパク質に加えて、必要量以上のエネルギーを糖質によって付加することでヒトの体タンパク質量の増加を促進できることが明らかになった。また、実験動物ラットの摘出筋(Epitrochlearis筋)を用いて、グルコース(糖質)がロイシン(アミノ酸)と同様に筋タンパク質合成を促進する可能性が明らかになった。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2019年04月 -2022年03月, 基盤研究(B), 福岡大学
  • 食事摂取基準の活用に向けた障がい児および有疾患児におけるエネルギー必要量の評価
    中江 悟司; 海老根 直之; 山口 太一; 飛奈 卓郎
    日本人の食事摂取基準における幼児の推定エネルギー必要量は、諸外国のデータのみに基づいて策定されているため、日本人を対象としたエビデンスは皆無である。本研究では日本人幼児を対象にエネルギー必要量を実測し、食事摂取基準の妥当性を検証した。本研究では5都道府県にまたがり66名の幼児を対象に二重標識水法を用いてエネルギー必要量を評価したところ、食事摂取基準における推定エネルギー必要量よりも有意に過小評価をしていた。小児期の健康に寄与する大変意義深い結果が得られ、食事摂取基準の改定および活用を通じて国民の健康に寄与することが期待される。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2013年04月 -2016年03月, 若手研究(B)
  • 安定同位体標識技術を用いた実用的水分補給方法の探求
    萌芽研究, 2014年 -2016年, 競争的資金
  • 食事摂取基準の補完を目的とする二重標識水法を用いた幼児のエネルギー代謝測定
    若手研究(A), 2011年 -2015年, 競争的資金
  • 食事摂取基準の活用に向けた有疾患小児および健常児におけるエネルギー必要量の評価
    中江 悟司; 海老根 直之; 宮谷 秀一; 位田 忍; 惠谷 ゆり; 西本 裕紀子; 薄井 澄誉子
    「日本人の食事摂取基準(2010年版)」における推定エネルギー必要量は,健康な人のデータに基づいて策定されている.さらに,5歳以下の幼児においては,日本人のデータは反映されていない.本研究では,日本人幼児および疾患・障がいを有している小児を対象にエネルギー必要量の測定を実施し,食事摂取基準の妥当性を検証した.得られたデータは,食事摂取基準の改定および活用を通して国民の健康に寄与することが期待される。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2011年 -2012年, 研究活動スタート支援, 独立行政法人国立健康・栄養研究所
  • 高齢者のエネルギー消費量決定要因の横断的・縦断的検証(体力、筋細胞量に着目して)
    木村 みさか; 岡山 寧子; 小松 光代; 海老根 直之
    本研究では、高齢者におけるTEE決定要因を明らかにし、運動基準作成への基礎的資料の蓄積を目的とした。成果としては、1)ゴールドスタンダードによる日本人高齢者の身体活動レベルを初めて明らかにした(「食事摂取基準2010」に採用)。2)高齢者の身体活動量を高精度に判定可能な3軸加速度計内蔵活動量計や、運動の強度と質を評価するマークシートの開発に関わり、妥当性を検証した。3)浮腫を有する高齢者の筋細胞量を正確に測定する方法(アメリカ老年学会65周年記念論文賞受賞)を明らかにした。4)体力の縦断的データからAging Biomarkerに基づいた体力年齢推定式の開発を行った。5)高齢者における身体活動量は筋細胞量に関連していた。6)高齢者における運動介入は有意な活動量と体力の増加を示した。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2008年 -2011年, 基盤研究(A), 京都府立医科大学
  • 二重標識水法によって求められた児童の身体活動レベルに及ぼす身体活動強度の影響
    石井 好二郎; 小澤 治夫; 鈴木 和弘; 平川 和文; 海老根 直之
    ゴールデンスタンダードである二重標識水法を用いて,児童のエネルギー消費量を測定した。同一人物の5年生時と6年生時の比較では,体格の向上があるにもかかわらず,エネルギー消費量の上昇が認められず,身体活動量の低下が示唆された。また,農漁村部と都市部の児童の比較などから,身体活動強度が児童のエネルギー消費量に及ぼす影響が強いことが示された。しかし,成人の身体活動強度の指標を児童に適用させるのには問題があり,新たな指標作成の必要性が明らかとなった。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2008年 -2010年, 基盤研究(B), 同志社大学
  • 二重標識水法による身体障がい者の身体活動量測定:食事ガイドラインを見据えて
    若手研究(B), 2008年 -2010年, 競争的資金
  • 慢性委縮性胃炎に及ぼすヘリコバクタ・ピロリ菌の病原性の民族疫学的検討
    青木 一雄; 三角 順一; 海老根 直之; 牧野 芳大; 鄭 奎城; 勝亦 百合子
    はじめに ドミニカ共和国(ド国)、タンザニア、中国で上部消化管疾患に関する健康調査を実施し、ヘリコバクター・ピロリ(H. pylori)感染および慢性萎縮性胃炎(CAG)に関与すると考えられる因子の疫学的検討を行った。すなわち、性・年齢、人種・民族、食習慣・食生活を含めた生活習慣、生活環境、並びに上部消化管疾患関連症状や既往歴、などがH. pylori感染およびCAGの罹患、並びにH. pylori菌の病原性に関与するCagA抗体保有の有無に及ぼす影響について検討した。 対象および方法 調査対象国別の健康調査実施者数を下表に示す。 表 研究期間(2006~2008年度)における国別健康調査実施対象者数(人)[table] ドミニカ共和国、タンザニア、及び中国における地域住民および児童、生徒、学生に対して、上部消化管疾患に関する健康調査(問診アンケート調査、健康チェック(身長、体重、体脂肪率、血圧)、及び採血(10ml; 【上部消化管疾患バイオマーカー検査<ペプシノゲンI,II値、ガストリン値、H. pylori-IgG抗体の有無、CagA、及びVacA抗体の有無>に供する】)を実施し、人種・民族および地域、生活環境、並びに生活習慣とH. pylori感染や慢性萎縮性胃炎との関連について疫学的に検討を加えた。 結果 主要な調査結果を以下に示す。 1. H. pylori感染率および慢性萎縮性胃炎(CAG)有病率 (1)小児(15歳未満)調査 0~5歳においては、H. pylori感染率及び慢性萎縮性胃炎有病率にドミニカ共和国(ド国)及びタンザニアの2国間において有意な差は認められなかったが、5~10歳においては、ヘリコバクター・ピロリ感染率は、ドミニカ共和国、及びタンザニアにおいてそれぞれ45.1%、及び63.2%であり、10~15歳においては、58.4%及び75.2%であり、小児の同年齢階級におけるヘリコバクター・ピロリ感染率はタンザニアにおいて有意に高かった。同様に、慢性萎縮性胃炎も、ドミニカ共和国とタンザニア間で、5~10歳において9.1%、及び28.6%、また10~15歳において15.8%、及び24.3%とタンザニアでの慢性萎縮性胃炎の有病率が高い傾向を示した。 (2)成人(高齢者を含む)調査 ド国での追加調査(2007年度)におけるH. pylori感染率は、男性(40歳未満、40歳以上)及び女性(40歳未満、40歳以上)において、それぞれ(47.0%、68.8%)、及び(42.3%、43.8%)であり、男性においてのみ年齢階級間で有意な差が見られた。一方、同調査における慢性委縮性胃炎有病率は、男性(40歳未満、40歳以上)及び女性(40歳未満、40歳以上)において、それぞれ(8.2%、20.0%)及び(13.4%、10.0%)であり、ともに有意な差は認められなかった。一方、中国福建省の地域住民(平均年齢46.5歳)における調査において、H. pylori感染率は、長楽市では、33.0%であり、廈門市同安区では、23.9%(p<0.05)であった。また、CAG有病率は、長楽市では、7.1%、廈門市同安区では、4.9%(N.S.)であった。本研究のH. pylori感染率は、著者らが1996~1997年に中国河北省で実施した調査(H. pylori感染率;~70%)と大きく異なっており、これらの成因を、食生活、食習慣を含めた生活習慣及び生活環境より精査したが、差異の成因は明らかにすることができなかった。 2. CagA抗体陽性率 H. pylori菌の病原性の指標になるCagA抗体の測定を保存血清(タンザニア(2001年)、中国(1996年)、日本(1993年))を用いて実施した。その結果、CagA抗体陽性率は、タンザニア(2001年)においては、89.8%、及び中国(1996年)においては、54.0%、並びに日本(1993年)においては、63.8%と大きく異なっていた。 3. 慢性萎縮性胃炎に及ぼす生活習慣、生活環境、上部消化管疾患症状および既往歴、血清ガストリン値、などの寄与度 ロジスティック回帰分析を実施した結果、調査対象国(人種・民族)、年齢、H. pylori感染、及び血清ガストリン値の4因子が慢性萎縮性胃炎の罹患に関与していることが示唆された。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2006年 -2008年, 基盤研究(B)
  • 機能性を有する衣服が運動パフォーマンスに及ぼす影響
    2008年, 競争的資金
  • 野生動物の活動量評価とエネルギー代謝
    2008年, 競争的資金
  • 身体障がい者の身体活動量評価
    科学研究費補助金, 2008年, 競争的資金
  • 二重標識水法による小児のエネルギー消費量測定及び簡易エネルギー消費量推定法の検討
    石井 好二郎; 小澤 治夫; 鈴木 和弘; 木村 みさか; 平川 和文; 海老根 直之
    農漁村部居住の5年生児童30名(男子20名,女子10名)の二重標識水法による詳細な分析を行った。5年生児童のエネルギー消費量は平均で2009.8±272.6kcal/日であることが明らかとなった。また,身体活動によるエネルギー消費量(PAEE)は558.4±206.1kcal/日であり,身体活動レベル(PAL=総エネルギー消費量(TEE)/基礎代謝量(BMR))は1.61±0.18であった。同時に身体活動強度の測定をLifecorder PLUS(LC:スズケン社)により実施し,足立ら(2007)を参考にLC強度0.5を微小運動(不活動な時間),LC強度1-6を低強度から中等度強度,LC強度7-9を高強度の身体活動と分類した。その結果,不活動な時間(微小運動)が減少し,低強度〜中等度強度(LC1-6),高強度(LC7-9)の身体活動が増加するほどPALが高まることが示された。高強度の身体活動がPALに影響するのは成人と異なる知見であり,さらに検討する必要があろう。また,1日あたりの歩数とPALとの間に有意な関連が認められた(r=0.521)。得られた回帰式より,PAL1.5に相当する歩数は8179歩,PAL1.6に相当する歩数はおよそ10957歩であり,2778歩増加する毎にPALが0.1増加した。約30年前の我が国における児童の歩数はおよそ27000歩であったという調査報告(波多野,1979)があり,今回得られた回帰式によるとそのPAL2.2に相当する。本研究の結果は最近の子どもたちが,いかに動いていないかを明確に示したと言えるであろう。さらに体力テストとPAEEの関連を見たところ,柔軟性以外のすべての項目で有意な相関が認められた。また,今年度は,都市部に居住する25名の二重標識水法による身体活動量測定を実施した。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2006年 -2007年, 基盤研究(B), 北海道大学
  • H.ピロリ感染砂ネズミにおけるカビ毒素、亜硝酸塩添加及び沃素欠乏食による胃発癌実験
    青木 一雄; 三角 順一; 島田 達生; 海老根 直之; 青木 一雄
    当研究室では、今日までヘリコパクタ・ピロリ(H.pylori、以下HPと略す)菌に感染させた砂ネズミにアスペルジールス属のカビ毒素ステリグマトシスチン(ST)、食塩、ヨー素及び亜硝酸塩の投与を行い、その胃発がんに対する食物関連化合物の相乗作用について病理組織学的ならびに分子学的な実験研究を進めてきた(Scand JGastroenterol,2003(4)360-369,Food&Chem2005(43)1773-1780,WJ Gastroenterol,2006 12(14)2174-2180,日本衛生学会誌 2006等に投稿)。 さらにこれらの研究を発展させ、これまで行ってきた曝露濃度よりも低濃度である10ppbのST及び10ppmの亜硝酸のH.pyloh菌感染砂ネズミにおける胃発がんへの関与の有無を明らかにするために、対照(HP非感染)群、HP非感染ST1000ppb投与群、HP感染群、(HP感染+ST10ppb)群、(HP感染+ST100ppb)群、HP感染+ST1000ppb)群、(HP感染+亜硝酸塩750ppm)群、(HP感染+亜硝酸塩3000PPm)群、(HP感染+5%NaCl)群、(HP感染+10%NaCl)群、(HP感染+ST1000ppb+10%NaCl)群の計11群、HP非感染ST1000ppb投与群のみ10匹で他の10群はすべて1群15匹からなる動物実験系を組み、各曝露は、75週齢より24週間に経口飼料あるいは曝露物質を飲水中に溶解し摂取させ、死亡のための観察打ち切り例を除く147匹を99週齢に屠殺、解剖し、免疫染色(p53、PCNAなど)を含む胃の病理の組織変化を観察した。P53免疫染色発現率は、すべてのHP感染群及び曝露群において、対照群(p53免疫染色発現率2.2%)に比し有意な発現率(22.8〜49.0%)の増加を示していた。また、HE、PAS、及びAlucian Blue(pH2.5、1.0)染色を行い、各群5匹の組織変化を詳細に観察した。その結果、Active gastritisの組織変化所見は、対照群と比較し、HP非感染ST1000ppb群、(HP感染+ST10ppb)群、及び(HP感染+亜硝酸塩750ppm)群の3群を除く他の7群すべて有意に認められた。また、胃の前がん病変であると考えられている腸上皮化生(Intestinal metaplasia)は、対照群と比較しHP非感染ST1000ppb投与群、(HP感染+ST10ppb)群、及び(HP感染+亜硝酸塩3000ppm)群の3群を除く、7群のHP感染曝露群において有意な病理組織変化であることが明らかになった。これらの研究は、HP感染に関与する胃発がんに関与する食物関連化合物の相乗効果を解明する一助となり、今後のHP感染関連上部消化管疾患の予防や進展防止に寄与するものと思われる。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2005年 -2007年, 基盤研究(B), 大分大学
  • 熱帯地域における生活習慣のヘリコバクタ・ピロリ感染及び慢性萎縮性胃炎に及ぼす影響
    青木 一雄; 三角 順一; 海老根 直之
    上部消化管疾患健康調査をドミニカ共和国のサンペドロデマコリス市、及びサントドミンゴ市において、それぞれ100名、及び378名、計478名の対象者に対し実施した。血液は、現地にて遠心分離後、血清サンプルとして冷凍保存のまま日本に持ち帰り、ヘリコバクタ・ピロリ(H.pylori)の抗体、血清ペプシノゲンI、II値、血清ガストリン値を測定した。また、アンケート調査票は、現地にてデータ入力を行い、本邦にて血液検査データと統合した後、分析に用いた。これらのアンケート調査票のデータ(対象者の属性(調査地域、性、年齢)、対象者の生活習慣(喫煙、アルコール飲酒、食習慣、食生活など)、生活環境、上部消化管疾患既往歴、及びそれら疾患に関係する自覚症状の有無など)とヘリコバクタ・ピロリ感染、及び慢性萎縮性胃炎との関連性について疫学的に検討を加えた。その結果、ドミニカ共和国の2地域における20歳以上の男性、及び女性のヘリコバクタ・ピロリ感染率は、それぞれ61.1%、及び64.7%であった(男女間で有意差なし)。また、慢性萎縮性胃炎有病率は、男性;16.7%、及び女性;11.8%であった(男女間で有意差なし)。さらに、喫煙習慣とヘリコバクタ・ピロリ感染の検討により、女性においては喫煙者のヘリコバクタ・ピロリ感染率(91.7%)が非喫煙者のそれ(60.3%)に比し有意に高く、喫煙習慣がヘリコバクタ・ピロリ感染に影響を与えている可能性が示唆された。しかし、男性においては、喫煙者と非喫煙者間にヘリコバクタ・ピロリ感染率に有意な差は認められなかった。一方、ドミニカ共和国のサントドミンゴ市における15歳未満の小児(278人)の調査において、ヘリコバクタ・ピロリ感染率は、0〜5歳、5〜10歳、及び10〜15歳でそれぞれ、32.3%、45.1%、及び56.0%であり、加齢による有意な増加が認められたが、慢性萎縮性胃炎の有病率には、加齢による一定の傾向は認められなかった。また、ヘリコバクタ・ピロリ感染、及び慢性萎縮性胃炎に影響を与える因子を明らかにするため、これらを目的変数とし、性、年齢、血清がストリン、喫煙状況、アルコール飲酒、及び同居家族の人数、などを説明変数とするロジスティック回帰分析を実施した。その結果、ヘリコバクタ・ピロリ感染に性(男性に対して女性のリスクは0595倍)、年齢(年齢が1歳高くなるとリスクが1.032倍)、及びガストリン(ガストリン値が1mg/ml増加するとリスクが1.003倍)などの因子が関係していたが、生活習慣因子や生活環境因子である同居家族の人数は、ヘリコバクタ・ピロリ感染に関与していなかった。同様に、慢性萎縮性胃炎に影響を与えている因子は血清がストリン値のみであり、その他の因子は関与していなかった。これらの結果は、今後小児において慢性萎縮性胃炎や胃癌のスクリーニングを実施する際、血清ペプシノゲン法に加え血清ガストリン値を加味したスクリーニングを実施する方が効率のよいスクリーニングをする可能性を示唆しており、今後さらに研究を継続し、本邦やドミニカ共和国以外の諸外国の小児に対しても同様の傾向がみられるかを早急に明らかにする必要があると思われる。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2005年 -2006年, 基盤研究(C), 大分大学
  • 少年期における乳製品過剰摂取の性発達及び体格に及ぼす影響に関する疫学的研究
    三角 順一; 青木 一雄; 海老根 直之
    本研究は牛乳中の女性ホルモンが人体に影響を及ぼすか否かについて検討しようとしたものである。市販の牛乳の75%は妊娠中の乳牛から搾乳されている。しかし、牛乳中の種類別β-エストラジオールの濃度に関する報告はこれまで行われていない。 今回、牛乳を18,000rpm60分間超遠心し、乳清を蒸発乾固の後、0.1M酢酸ナトリウム緩衝液に溶解、β-グルクロニダーゼを加えて加水分解し、希釈エタノールに溶解した後、3,300rpm30分間遠心分離してその上清を再び蒸発乾燥固し、10%メタノールに溶解、ELISAキットを用いて吸光度からホルモン濃度を測定した。その結果、種類別牛乳、低脂肪乳、特濃、ナイトミルク各4サンプルの平均値と標準偏差はそれぞれ50.0±11.3、64.7±7.8、64.4±4.8、66.3±11.2ng/ml乳清であった。 20-35歳の成人男性11名に対して牛乳1lを飲用してもらった。飲用前30分、1時間、および90分後に血清中のエストステロン(E1)、エストラジオール(E2)、テストステロン(Tステロン)の濃度変化について検討した結果、男性9名の血中E1、E2濃度は飲用後60分で最高値に達し、平均値で65.2pg/mlおよび47.2pg/mlとなった。これは前値と比較して、E1で57.2%、E2で46.3%増加していた。一方、血中Tステロン値は前値5.14、30分値3.46、1時間後3.25ng/mlと低下が見られた。体脂肪率とTステロン値(前値)との間には負の相関(r=0.87)があった。 また、別の調査においては、男性12名のE2値は17.6〜56.8pg/mlに分布していた。Tステロン値は2.07〜6.76ng/ml、平均値と標準偏差は4.2±1.37ng/mlであった。女性6名のTステロン値は0,21〜0.77ng/ml、平均値と標準偏差は0.41±0.22ng/mlであった。 Tステロン/E2比の値は女性では0.15〜0.35、男性では6.7〜29.5であった。 47〜60歳の月経のなくなった女性28名を2群に分け、3ヶ月間1日に2本(400ml)の牛乳を飲用してもらい、飲用前と3ヵ月後のE2、Tステロン濃度を測定した結果、飲用前のE2は未飲用群の11.6±9.1に対し、飲用群では9.6±4.2ng/ml、3ヶ月後未飲用群12.2±4.3に対し、飲用群では13.6±6.5ng/mlと著しい上昇がみられた。E2/Tes比も未飲用群は0.5→0.5と変化がみられなかったが、飲用群では0.4→0.6と50%の増加がみられ有意差があった。(P<0.05)。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2004年 -2005年, 萌芽研究, 大分大学
  • スリムウォーク エクササイズインナーの効果検討
    ピップ株式会社, 産学連携 委託研究, その他, 競争的資金
  • 「骨盤」関連企画・商品開発に関する学術指導
    産学連携 学術指導, その他, 競争的資金
  • 茶カテキン含有飲料が日常生活におけるエネルギー消費量に及ぼす影響の解析
    花王株式会社, 産学連携 受託研究, その他, 競争的資金
  • 香辛料で作る代謝亢進スープがエネルギー代謝と基質酸化量に及ぼす影響
    公益財団法人 山崎香辛料振興財団, 平成26年度助成金, 公的機関(文部科学省・日本学術振興会を除く)からの各種助成, 競争的資金
  • 日本国民を対象とした二重標識水法による身体活動量調査結果の系統的レビュー及び統括データベースの構築とその解析
    財団法人 ミズノスポーツ振興会, スポーツ医科学研究助成, 各種団体からの研究助成, 競争的資金
  • エネルギー代謝に関する機能性食品の評価
    競争的資金

社会貢献活動

  • 第24回 体力・栄養・免疫学会大会 大会長, 2014年
  • 日本生理人類学会 第69回大会 事務局長, 2013年
  • 体力医学会 大分大会 実行委員会, 2007年 - 2008年
  • 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準」策定検討会 ワーキンググループ構成員(エネルギー), 2008年

提供可能な資源

  • エネルギー消費量測定|身体活動量評価|二重標識水法に関する技術支援|ヒューマンカロリメーターを用いた代謝評価|実験計画についてのコンサルティングおよび研究者紹介

研究シーズ

  • エネルギー代謝:消費エネルギー(消費カロリー)を亢進 するフィットネス機器・プログラムの評価および開発
    キーワード:エネルギー:カロリー: 二重標識水:カロリメーター: 身体活動量:フィットネス
    研究テーマの分野:スポーツ・健康・福祉, ライフサイエンス
    関連研究者所属・研究者名:スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科、海老根 直之
    概要:健康を保持・増進するためには運動が必要であることが明らかになっている。しかし、現代のライフスタイルにおいては、身体活動量を高めることはおろか適切な身体活動を維持すること自体が困難となっている。このため、家庭で手軽にエネルギーを消費できるフィットネス機器、プログラムの開発が進められている。これらの機器もしくはプログラムを販売・流布する段階においては、ヒトを対象とした実験結果にもとづいた消費者への情報提供は不可欠であり、本シーズでは第三者機関によって厳密に実施された評価試験による質の高い測定結果を企業へ提供することを目的としている。
    使用用途、応用例等:フィットネス機器開発関連企業、フィットネス機器販売企業、フィットネスサービス提供企業などとの連携を希望します。評価のみならず、製品の共同開発、共同研究も可能である。
    備考:エネルギー代謝の研究を専門に行っているため、業界に於いて説得力のあるデータを提供することが可能であり、それを実現する研究施設を有しています。また、本シーズの内容に限定せず、ヒトを対象としたエネルギー、活動量の研究の多くに対応が可能で、近接分野と組み合わせた実験計画の立案が可能です。

  • エネルギー代謝を高める機能性食品の 検証および開発
    キーワード:エネルギー:カロリー:二重標識水: カロリメーター:身体活動量:機能性食品: 健康補助食品
    研究テーマの分野:スポーツ・健康・福祉, ライフサイエンス
    関連研究者所属・研究者名:スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科、海老根 直之
    概要:健康の保持・増進を目的として食に対しての関心がますます高まっている。特に、エネルギー代謝を高めることで肥満を予防・改善することを目的に、新しい食品(成分も含む)の開発が進められている。販売に至る段階では、ヒトを対象とした実験結果にもとづいた消費者への情報提供は不可欠である。本シーズでは、第三者機関によって厳密に実施された評価試験による質の高い測定結果を企業へ提供することを目的としている。
    使用用途、応用例等:食品関連企業、健康食品関連企業などとの連携を希望します。評価のみならず、製品の共同開発、共同研究も可能です。
    備考:エネルギー代謝の研究を専門に行っているため、業界に於いて説得力のあるデータを提供することが可能であり、それを実現する研究施設を有しています。また、本シーズの内容に限定せず、ヒトを対象としたエネルギー、活動量の研究の多くに対応が可能で、近接分野と組み合わせた実験計画の立案が可能です。

  • 人工気候室による運動生理学的研究
    キーワード:運動:温度:湿度:風速:低酸素:エネルギー消費: スポーツウェア:発汗:温熱生理
    研究テーマの分野:スポーツ・健康・福祉, ライフサイエンス
    関連研究者所属・研究者名:スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科、海老根 直之
    概要:人工気候室は、気温、湿度、照度、風速、酸素濃度をコントロールでき、室内にはトレッドミルや自転車エルゴメータなどの運動負荷装置が設置されている。様々な環境変化に応じた安静時から運動時までのヒトの生体機能の変化を検討する。
    使用用途、応用例等:様々な環境条件を設定できるため、スポーツウェアの開発等への用途が期待される。また、本人工気候室はヒューマンカロリーメーターの機能も有しており、マスク等を着けずにエネルギー代謝の検討が可能であるので、長時間(24時間以上)にわたる連続的な測定も実施できる。
    備考:ヒューマンカロリーメーターの機能を併せ持つ人工気候室は世界唯一である。

  • ヒューマンカロリーメーター(メタボリックチャンバー)を 用いたヒトのエネルギー消費分析
    キーワード:肥満:食品:運動:健康: 旅行:エネルギー消費
    研究テーマの分野:スポーツ・健康・福祉, ライフサイエンス
    関連研究者所属・研究者名:スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科、海老根 直之
    概要:ヒューマンカロリーメーターは6畳ほどの部屋に入室し、生活することにより、安静時から睡眠時、および運動時のエネルギー消費量やエネルギー基質利用比率を測定する。従来の方法より正確で、マスク等をつける必要がなく、長時間(24時間以上)にわたる連続的な測定を可能とした。
    使用用途、応用例等:運動時のエネルギー消費量に止まらず、食事誘発性熱産生などエネルギー代謝、脂質代謝量に及ぼす食品・サプリメント・衣料などの影響を測定することができる。食品関連企業やスポーツ関連企業、健康関連企業などへの応用が可能。また、本ヒューマンカロリーメーターは人工気候室の機能も有しており、気温・湿度・酸素濃度の調節が可能であるので、季節用品や海外旅行用品などへの応用も期待される。
    備考:関東以西のヒューマンカロリーメーターの設置は初であり、人工気候室の機能を併せ持つのは世界唯一である。