立木 茂雄
タツキ シゲオ
社会学部社会学科
博士後期課程教授
Last Updated :2021/09/26

研究者情報

研究分野

  • 人文・社会/社会学
  • 社会基盤(土木・建築・防災)/防災工学
  • 社会基盤(土木・建築・防災)/安全工学
  • 社会基盤(土木・建築・防災)/社会システム工学

学歴

  • トロント大学, 社会福祉学研究科, 1994年
  • トロント大学, Master of Social Work, 1982年
  • トロント大学, 1982年
  • 関西学院大学, 社会学研究科, 1980年
  • 関西学院大学, 1980年
  • 関西学院大学, 社会学部, 1978年
  • 関西学院大学, 1978年

学位

  • Ph.D., トロント大学
  • M.S.W., トロント大学
  • 社会学修士, 関西学院大学

所属学協会

  • 日本社会学会
  • 自然災害学会
  • 地域安全学会

委員歴

  • 会長, 2014年 -2015年, 地域安全学会, 学協会, 地域安全学会

論文

  • 誰一人取り残さない防災をめざして~根本原因に対する根本的対策とその具体的な段取りを中心に~
    立木茂雄
    消防防災の科学, (145)9 - 15, 2021年09月
  • 障がいのある人の防災対策 —避難、避難生活から生活再建までを視野に入れて
    立木茂雄, 川見文紀
    総合リハビリテーション, 49(3), 2021年03月
  • i-BOSAI:誰一人取り残さない防災〜平時と切れ目のない福祉と防災の連結
    立木茂雄
    労働の科学, 75(10)4 - 8, 2020年11月
  • 生活再建を科学する〜2つの大震災後の生活の再建と復興の調査から見えてきたこと
    立木茂雄
    国際文化研修, (秋)16 - 21, 2020年10月
  • 福祉専門職とともにすすめる「誰一人取り残さない防災」の実現のために―防災と福祉関係者の連携のポイント
    立木茂雄
    月間福祉, (7月)52 - 55, 2020年07月
  • 災害時の要配慮者への対策は人口オーナス期に特有の事態として捉え、福祉と防災を連結する根本的な対策が必要だ (特集 大震災からの復興と防災) -- (災害対策の進化と課題)
    立木 茂雄
    ガバナンス, ぎょうせい, (227)29 - 31, 2020年03月, 日本語
  • 災害時の要配慮者への対策は30年以上にわたり、なぜ見立てを誤ってきたのか? : 人口オーナス期に特有の事態として捉え、根本的な対策を提案する (特集 阪神・淡路大震災25年 : 防災・減災の課題と展望)
    立木 茂雄
    21世紀ひょうご : 公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構研究情報誌, ひょうご震災記念21世紀研究機構研究戦略センター, (28)21 - 38, 2020年, 日本語
  • 復興事業区域内に自力再建する被災者の住宅再建に関する意思決定の規定因 -宮城県名取市を事例として-
    伊藤 圭祐, 牧 紀男, 立木 茂雄, 佐藤 翔輔, 松川 杏寧
    日本建築学会計画系論文集, 日本建築学会, (762)1863 - 1870, 2019年08月, 日本語
  • 借り上げ仮設住宅施策はすまいの再建を早めたか ―宮城県名取市のデータを用いた因果推論―
    川見 文紀, 松川 杏寧, 佐藤 翔輔, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 35(0)217 - 224, 2019年, 日本語
  • 災害時の防護意思決定構造の理論モデル化とその実証的検討: 大分県3市における土砂災害に関する社会調査データへの構造方程式モデリングの適用
    藤本 慎也, 川見 文紀, 亀井 敏和, 徳永 健介, 三谷 泰浩, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 35(0)305 - 315, 2019年, 日本語
  • インクルーシブな防災訓練の傾向スコア分析によるインパクト評価
    松川 杏寧, 川見 文紀, 辻岡 綾, 村野 淳子, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 35(0)279 - 286, 2019年, 日本語
  • 災害時要配慮者の避難行動支援体制づくり に及ぼすソーシャルキャピタルの効果:-神戸市の防災福祉コミュニティを事例として-
    松山 雅洋, 川見 文紀, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 35(0)125 - 133, 2019年, 日本語
  • 消費者問題アラカルト 誰ひとり取り残されない防災をめざして
    立木 茂雄
    国民生活. ウェブ版 : 消費者問題をよむ・しる・かんがえる, 国民生活センター, (74)11 - 13, 2018年09月, 日本語
  • 電子コテージとボランティアという働き方 (特集 これからの「働く」を考える)
    立木 茂雄
    Re : Building maintenance & management, 建築保全センター, 40(1)56 - 59, 2018年07月, 日本語
  • 災害時に備えた合理的配慮の提供とは : 別府市での排除のない防災の取り組みから (特集 防災への備え 対策とその実態(1))
    立木 茂雄
    リハビリテーション, 鉄道身障者福祉協会, (602)13 - 17, 2018年04月, 日本語
  • Seismic culture as a risk and resilience communication device
    Tatsuki Shigeo, タツキ シゲオ, 立木 茂雄
    同志社社会学研究 = The Doshisha Shakaigakukenkyu (Doshisha review of sociology), 同志社社会学研究学会, (22)1 - 8, 2018年03月31日, 英語
  • 災害対応コンピテンシー・プロファイル検査紙による研修効果の測定
    辻岡 綾, 立木 茂雄, ツジオカ アヤ, タツキ シゲオ, Tsujioka,Aya, Tatsuki Shigeo
    同志社社会学研究, 同志社社会学研究学会, (22)21 - 41, 2018年03月, 日本語
  • 平時と災害時の配慮を切れ目なくつなぐ : 排除のない防災へ (特集 大災害から"いのち・くらし・人生"を守れ : 誰一人取り残さない)
    立木 茂雄
    生活協同組合研究, 生協総合研究所, (506)14 - 21, 2018年03月, 日本語
  • 災害と障がいのある人たち : 障害者の権利条約11条「リスク状況および人道上の緊急事態」に求められる措置の視点から (社会的包摂と人権課題(3))
    立木 茂雄
    研究紀要, 兵庫県人権啓発協会, 1949 - 80, 2018年03月, 日本語
  • 科学的なエビデンスにもとづく災害時受援計画の策定 (特集 地域における防災・減災対策の強化)
    立木 茂雄, 本莊 雄一
    ECPR : Ehime Center for Policy Research, えひめ地域政策研究センター, 2018(2)40 - 49, 2018年, 日本語
  • 津波で被災した現地再建者の地震・津波に対するリスク認知・防災リテラシー・備えの実態 : 東日本大震災で被災した名取市の事例
    馬場 亮太, 佐藤 翔輔, 今村 文彦, 立木 茂雄
    土木学会論文集. B2, 海岸工学 Journal of Japan Society of Civil Engineers. 土木学会海岸工学委員会 編, 土木学会, 74(2)I_487 - 492, 2018年, 日本語
  • 生活再建7要素が東日本大震災被災者の生活復興感に与える影響:―震災から5年が経過する中での東日本大震災生活復興調査から―
    川見 文紀, 林 春男, 木村 玲欧, 田村 圭子, 井ノ口 宗成, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 33(0)53 - 62, 2018年, 日本語
  • 災害対応コンピテンシー・プロファイル検査紙による自治体職員向け災害対策専門研修事業のインパクト評価
    辻岡 綾, 川見 文紀, 松川 杏寧, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 33(0)291 - 299, 2018年, 日本語
  • 熊本地震の緊急・応急対応期における応援自治体のライフヒストリから見た応援活動に係る課題抽出:-神戸市からの職員派遣の事例から-
    本莊 雄一, 野田 隆, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 33(0)301 - 311, 2018年, 日本語
  • 仮設住宅供給方式の選択がすまいの再建に与える影響に関する研究 : 名取市現況調査2年分のデータをもとに
    松川 杏寧, 佐藤 翔輔, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 地域安全学会事務局, 30(30)149 - 159, 2017年03月, 日本語
  • 惨事ストレスと応援職員 (特集 大災害と自治体職員の対応力)
    立木 茂雄
    ガバナンス, ぎょうせい, (191)27 - 29, 2017年03月, 日本語
  • 仮設住宅からの退去方針が決まらない被災者の特徴・課題 : 東日本大震災における名取市の事例
    佐藤 翔輔, 松川 杏寧, 立木 茂雄
    自然災害科学, 日本自然災害学会, 36(3)281 - 295, 2017年, 日本語
  • 名取市の復興事業区域における自力再建者の特性に関する研究
    伊藤 圭祐, 立木 茂雄, 牧 紀男, 佐藤翔輔
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 30(0)137 - 147, 2017年, 日本語
  • 近年の自然災害から見た入所要配慮者被害の問題と対策 : 平時と災害時の連携ならびに立地規制の2つの欠如が被害を生んでいる (特集 平成28年8月の豪雨災害を考える)
    立木 茂雄
    消防防災の科学, 消防防災科学センター, (129)11 - 14, 2017年, 日本語
  • 要配慮者の避難移動に施設管理者や自治体はどう取り組むべきか 災害時の適切な避難を促す「防災リテラシー」
    立木 茂雄
    公明, 公明党機関紙委員会, (132)50 - 55, 2016年12月, 日本語
  • 生活復興感から見る仮住まいのあり方について-名取市現況調査2年分のデータから-
    松川杏寧, 佐藤翔輔, 立木茂雄
    地域安全学会東日本大震災特別論文集, 559 - 64, 2016年08月, 日本語, 研究論文(学術雑誌)
  • 災害とレジリエンス : 阪神・淡路と東日本の経験から見えてきたこと (特集 災害と自治体の危機管理)
    立木 茂雄
    地方議会人 : 議員研修誌, 中央文化社, 47(3)16 - 20, 2016年08月, 日本語
  • 意見交換 災害時要援護者対策のこれから (地域防災セミナー 災害時要援護者対策のあり方を考える : 排除のない防災をめざして)
    立木 茂雄, 酒井 竜一郎, 泥 可久, 鎌田 あかね, 島﨑 耕一
    季刊政策・経営研究, 三菱UFJリサーチ&コンサルティング, 2016(4)220 - 224, 2016年, 日本語
  • リスク回避に影響を及ぼす防災リテラシーとハザードリスク及び人的・ 物的被害認知とのノンリニアな交互作用に関する研究:2015年兵庫県県民防災意識調査の結果をもとに
    川見 文紀, 林 春男, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 29(0)135 - 142, 2016年, 日本語
  • 排除のない防災の展開が必要だ : 仙台防災枠組みにいたる流れを概観する (特集 東日本大震災(19)歴史的災害を経て)
    立木 茂雄
    消防科学と情報, 消防科学総合センター, (123)21 - 26, 2016年, 日本語
  • 基調講演 排除のない防災へ (地域防災セミナー 災害時要援護者対策のあり方を考える : 排除のない防災をめざして)
    立木 茂雄
    季刊政策・経営研究, 三菱UFJリサーチ&コンサルティング, 2016(4)187 - 197, 2016年, 日本語
  • 災害時の個人情報提供への同意・不同意を予測する要因 : 京都府精華町での質的・量的調査を通じて
    松川 杏寧, 立木 茂雄, マツカワ アンナ, タツキ シゲオ, Matsukawa Anna, Tatsuki Shigeo
    評論・社会科学 = Social science review, 同志社大学社会学会, (115)1 - 26, 2015年12月, 日本語
  • 生活再建のために大切なものとは何か? : 阪神・淡路大震災と東日本大震災の生活復興調査結果の比較をもとに考える (特集 再考 : 阪神大震災からの復興20年)
    立木 茂雄
    都市政策, 神戸都市問題研究所 ; 1975-, (161)86 - 103, 2015年10月, 日本語
  • 東日本大震災後の初動期から応急対応期における自治体間協力による人的支援に関する実証的研究:-受援自治体と支援自治体とのデータを一元的に用いた研究-
    本莊 雄一, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 25(0)13 - 22, 2015年, 日本語
  • すまい方別に見る被災者の生活再建過程の現状とその課題:―宮城県名取市での被災者ワークショップのデータをもとに―
    松川 杏寧, 辻岡 綾, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 25(0)23 - 33, 2015年, 日本語
  • 東日本大震災における創発的・多組織ネットワーク(EMONs)の協調活動を規定する要因に関する考察
    本莊 雄一, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 27(0)155 - 165, 2015年, 日本語
  • 10年を超える生活再建過程における被災者の現状と課題:-阪神・淡路大震災から16年間を振り返る復興調査結果-
    木村 玲欧, 田村 圭子, 井ノ口 宗成, 林 春男, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 27(0)35 - 45, 2015年, 日本語
  • 被災者の生活再建支援を目的にした 被災者のセグメント化と行政対応戦略の検討手法の提案:-東日本大震災で被災した名取市の事例-
    佐藤 翔輔, 立木 茂雄, 松川 杏寧
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 27(0)65 - 74, 2015年, 日本語
  • 生活の復興のために大切なものとは何か? (特集 阪神淡路20年 創造的復興の今)
    立木 茂雄
    21世紀ひょうご : (財)ひょうご震災記念21世紀研究機構研究情報誌, ひょうご震災記念21世紀研究機構学術交流センター, (17)3 - 16, 2015年, 日本語
  • 市町村に求められる災害時要援護者対策 : 災害時の生活機能支援の視点から (特集 平時からの災害時要援護者支援)
    立木 茂雄
    保健師ジャーナル, 医学書院, 70(9)748 - 753, 2014年09月, 日本語
  • 21世紀型コミュニティカルテとは? (特集 コミュニティ施策の方向性を考える)
    立木 茂雄, 松川 杏寧
    都市政策, 神戸都市問題研究所 ; 1975-, (155)12 - 29, 2014年04月, 日本語
  • Early Evidence, Challenges and Their Practice Implications in Disaster Counter-measures for People with Special Needs Following the 2011 Eastern Japan Earthquake
    TATSUKI Shigeo, タツキ シゲオ, 立木 茂雄
    同志社社会学研究, 同志社社会学研究学会, (18)1 - 10, 2014年03月, 英語
  • 災害ソーシャルワークとは何か (特集 自然と生きる : 自然災害に備えるために)
    立木 茂雄
    月刊福祉, 全国社会福祉協議会, 97(4)33 - 38, 2014年03月, 日本語
  • 被災市町村と応援行政組織やボランタリー組織との連携・協働を促す受援計画の考察:-東日本大震災を事例として-
    本莊 雄一, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 23(0)21 - 31, 2014年, 日本語
  • 生活を再建するとは,どういうことか?
    立木 茂雄
    住民行政の窓, 日本加除出版, (397)7 - 22, 2014年01月, 日本語
  • 災害時要援護者対策 自治体に求められるポイント (特集 災害弱者を地域で守る)
    立木 茂雄
    市政, 全国市長会館, 62(6)10 - 12, 2013年06月, 日本語
  • CBRに基づく障がい者と地域コミュニティを対象とした災害時の避難環境イマジネーション訓練プログラムの実践と分析:-神戸市兵庫区の事例-
    石川 永子, 伊藤 則正, 泥 可久, 小口 優子, 原田 正隆, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 19(0)29 - 38, 2013年, 日本語
  • 東日本大震災における自治体間協力の「総合的な支援力」の検証:-神戸市派遣職員の事例から-
    本荘 雄一, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 19(0)51 - 60, 2013年, 日本語
  • 初動期から応急対応期における自治体による人的支援の規定要因に関する外的妥当性の研究:-東日本大震災時に支援を受けた被災自治体による評価-
    本莊 雄一, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 21(0)89 - 98, 2013年, 日本語
  • 人と環境の相互作用モデルにもとづく災害時要援護度尺度の実装研究
    河村 咲弥, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 21(0)61 - 70, 2013年, 日本語
  • 高齢者、障害者と東日本大震災:災害時要援護者避難の実態と課題 (特集 東日本大震災(8)避難所)
    立木 茂雄
    消防科学と情報, 消防科学総合センター. 1985-, (111)7 - 15, 2013年, 日本語
  • 民賃に分散居住する : 仮住まいの新しいかたち(<連載>東日本大震災|連続ルポ2|仮すまいの姿)
    立木 茂雄
    建築雑誌, 日本建築学会, (1639)2 - 3, 2012年12月20日, 日本語
  • 地域力と安全・安心 (特集 社会資本を測る)
    立木 茂雄
    統計, 日本統計協会, 63(6)21 - 26, 2012年06月, 日本語
  • ArcGIS 10を用いた災害時要援護度の可視化 : 京都市内2学区を事例として
    松川 杏寧, 松本 亜沙香, 立木 茂雄, マツカワ アンナ, マツモト アサカ, タツキ シゲオ, Matsukawa Anna, Matsumoto Asaka, Tatsuki Shigeo
    同志社社会学研究, 同志社社会学研究学会, 0(16)117 - 139, 2012年03月, 日本語
  • 大規模広域災害時における自治体間協力に関する考察:-東日本大震災時における神戸市職員派遣の事例から-
    本荘 雄一, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 18(0)411 - 419, 2012年, 日本語
  • 東日本大震災における市町村別の死者集計データを用いた分析による障害者と高齢者の死者発生因に関する研究
    松本 亜沙香, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 18(0)241 - 250, 2012年, 日本語
  • ソーシャルキャピタルの視点から見た地域コミュニティの活性度と安全・安心(最新版) : 2007年・08年・10年神戸市自治会・マンション管理組合維持調査データの分析 (特集 都市と減災)
    立木 茂雄, 松川 杏寧
    都市問題研究 = Journal of municipal problems, 大阪市政策企画室企画部, 2012(0)30 - 56, 2012年, 日本語
  • 災害時要援護者の個人情報をめぐる政策法務 : 新たな整理・分析枠組みの構築と違法リスクの抽出
    山崎 栄一, 林 春男, 立木 茂雄, 田村 圭子
    地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 一般社団法人 地域安全学会, 15313 - 322, 2011年11月01日, 日本語
  • 地域特性がソーシャルキャピタルに与える影響に関する研究 : 多母集団同時分析を用いた神戸市事例研究
    松川 杏寧, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 一般社団法人 地域安全学会, 15385 - 394, 2011年11月01日, 日本語
  • 東日本大震災時の買い溜めパニック・寄付・物資送付の関連要因に関する研究 : インターネット調査結果から
    松本 亜沙香, 林 春男, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 一般社団法人 地域安全学会, 15463 - 472, 2011年11月01日, 日本語
  • インタビュー 立木茂雄・同志社大学教授に聞く 災害対応職員のセルフチェック・セルフケア (スキルアップ特集 みんなの心が折れないために--東日本大震災・心のケアと支援)
    立木 茂雄
    ガバナンス, ぎょうせい, (124)49 - 51, 2011年08月, 日本語
  • 26. 東日本大震災における被災自治体への応援職員の惨事ストレスとメンタルケアに関する研究
    河村 咲弥, 辛 淑玉, 西田 一美, 立木 茂雄
    地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, (29)75 - 78, 2011年, 日本語
  • C-5 ソーシャルキャピタルと地域の防犯性因果モデルの検討と向上
    松川 杏寧, 立木 茂雄
    地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, (28)65 - 68, 2011年, 日本語
  • S-5 東日本大震災時のパニック購買の規定因に関する基礎的研究 : インターネット調査結果から
    松本 亜沙香, 林 春男, 立木 茂雄
    地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, (28)101 - 104, 2011年, 日本語
  • S-6 東日本大震災における災害時要援護者への対応について : 仙台市の対応を中心として
    石川 永子, 松本 亜沙香, 河村 咲弥, 立木 茂雄
    地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, (28)105 - 106, 2011年, 日本語
  • ソーシャルキャピタルの視点から見た地域の安全・安心に関する実証的研究
    松川 杏寧, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 14(0)27 - 36, 2011年, 日本語
  • 2-9 地域の防犯性に与えるソーシャルキャピタルの効果に関する実証的研究 : 平成21年度神戸市1万人アンケートのデータを基に
    松川 杏寧, 立木 茂雄
    地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, (26)59 - 62, 2010年, 日本語
  • 1. 制約理論を用いた首都直下地震対策の提言手法
    山崎 栄一, 林 春男, 中林 一樹, 立木 茂雄
    地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, (27)1 - 4, 2010年, 日本語
  • 32. ソーシャルキャピタルと地域の防犯性因果モデルについての検討 : 多母集団同時分析を用いて
    松川 杏寧, 立木 茂雄
    地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, (27)97 - 100, 2010年, 日本語
  • 40. 阪神・淡路大震災における西宮市内の死者数に及ぼす地震地表最大速度および社会的脆弱性が建物被害や直接死者数に及ぼす影響に関する研究
    松本 亜沙香, 堀江 啓, 立木 茂雄
    地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, (27)129 - 132, 2010年, 日本語
  • 「おすそ分け」から始まるコミュニティ
    立木 茂雄
    消防科学と情報, 消防科学総合センター, (97)4 - 6, 2009年, 日本語
  • C-11 神戸市兵庫区における災害時要援護者支援体制の構築に関する研究 : 災害時要援護度マッピング
    COMAFAY Nicolle, 中村 千佳子, 横田 治郎, 立木 茂雄
    地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, (24)43 - 46, 2009年, 日本語
  • F-11 地域の安全性から見えるCPTEDとソーシャル・キャピタルの関係
    松川 杏寧, 鷹家 光吾, 立木 茂雄
    地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, (24)93 - 96, 2009年, 日本語
  • F-12 阪神・淡路大震災における神戸市内の死者数に及ぼす建物被害・社会経済および地理空間要因の関連性に関する確認的研究
    松本 亜沙香, 立木 茂雄
    地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, (24)97 - 100, 2009年, 日本語
  • 災害時要援護者の避難支援:-地域レベルにおける推進に向けた政策法務-
    山崎 栄一, 立木 茂雄, 林 春男, 田村 圭子
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 11(0)51 - 60, 2009年, 日本語
  • 阪神・淡路大震災の神戸市内におけるアンケート震度および社会的脆弱性が建物被害や直接死者数に及ぼす影響に関する確認的研究
    松本 亜沙香, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 11(0)89 - 96, 2009年, 日本語
  • 地域の安全性から探索するCPTEDとソーシャル・キャピタルにおける防犯指標に関する研究:京都市内共同住宅地でのケーススタディ
    松川 杏寧, 鷹家 光吾, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 11(0)115 - 125, 2009年, 日本語
  • 神戸市兵庫区における障害者の災害時要援護度マッピングの実施研究:脆弱性の「人-環境相互作用モデル」に基づいて
    Nicolle Comafay, 中村 千佳子, 横田 治郎, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 11(0)127 - 134, 2009年, 日本語
  • 生活7領域からみた災害時要援護者における避難生活実態の解明:~日本介護福祉士会による介護福祉ボランティアの活動実績を通して~
    田村 圭子, 岡田 史, 木村 玲欧, 井ノ口 宗成, 立木 茂雄, 林 春男
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 11(0)147 - 156, 2009年, 日本語
  • 開発途上国の被災者の生活再建と国際支援に関する研究:-インド洋津波災害とジャワ島中部地震災害の事例より-
    阪本 真由美, 矢守 克也, 立木 茂雄, 林 勲男
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 11(0)235 - 244, 2009年, 日本語
  • 災害リスク回避行動の実証モデル構築の試み : 災害時要援護者支援の視点から
    越智 祐子, コマファイ ニコル, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 一般社団法人 地域安全学会, 10465 - 472, 2008年11月01日, 日本語
  • 平成19年能登半島地震における災害時要援護者への対応に関する質的研究 : 要介護高齢者支援組織の対応過程分析より
    Nicolle Comafay, 北浜 陽子, 飛岡 香, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 一般社団法人 地域安全学会, 10521 - 530, 2008年11月01日, 日本語
  • ソーシャルキャピタルの視点から見た地域コミュニティの活性度と安全・安心 (特集 都市における地域コミュニティ)
    立木 茂雄
    都市問題研究, 都市問題研究会, 60(5)50 - 73, 2008年05月, 日本語
  • 災害時要援護者の個別避難支援計画づくりをどのように進めるか--2007年3月能登半島地震時の地域・行政の要援護者対応調査をもとにして (特集 災害時要援護者)
    立木 茂雄
    消防科学と情報, 消防科学総合センター, (92)23 - 29, 2008年, 日本語
  • 災害時要援護者の避難支援-個人情報のより実践的な収集・共有を目指して
    山崎 栄一, 立木 茂雄, 林 春男, 田村 圭子, 原田 賢治
    地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 一般社団法人 地域安全学会, 9157 - 166, 2007年11月01日, 日本語
  • 災害時要援護者支援とマップづくりの効用 (特集 ステップ式・自治体防災政策)
    立木 茂雄
    地方自治職員研修, 公職研, 40(7)39 - 41, 2007年07月, 日本語
  • 災害時要援護者支援の課題と対策--市民,地域,行政に求められること (特集 近年の消防防災行政)
    立木 茂雄
    都市問題研究, 都市問題研究会, 59(6)51 - 66, 2007年06月, 日本語
  • ソーシャルキャピタルと地域づくり (特集 ソーシャルキャピタルと地域づくり)
    立木 茂雄
    都市政策, 神戸都市問題研究所, (127)4 - 19, 2007年04月, 日本語
  • 野々山久也著『現代家族の変動分析―直系性家族・夫婦制家族から合意制家族へ―』
    立木 茂雄, タツキ シゲオ, Tatsuki Shigeo
    同志社社会学研究 = The Doshisha Shakaigakukenkyu (Doshisha review of sociology ), 同志社社会学研究学会, (11)81 - 82, 2007年03月31日, 日本語
  • 災害時の要援護者支援とふだんからの地域見守り (特集 防災と障害者)
    立木 茂雄
    福祉労働, 現代書館, (115)12 - 23, 2007年, 日本語
  • 家族と公共性 (特集 「公共」を考える) -- (今日的展開)
    立木 茂雄
    21世紀ひょうご : (財)ひょうご震災記念21世紀研究機構研究情報誌, ひょうご震災記念21世紀研究機構学術交流センター, (2)8 - 21, 2007年, 日本語
  • 「災害時要援護度」概念構築の試み--台風23号水害時における在宅人工呼吸器装着者の災害リスク回避行動の分析から
    越智 祐子, 立木 茂雄
    評論・社会科学, 同志社大学社会学会, (81)19 - 39, 2006年11月, 日本語
  • 社会調査による生活再建過程モニタリング指標の開発 : 阪神・淡路大震災から10年間の復興のようす
    木村 玲欧, 林 春男, 田村 圭子, 立木 茂雄, 野田 隆, 矢守 克也, 黒宮 亜希子, 浦田 康幸
    地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 一般社団法人 地域安全学会, 8415 - 424, 2006年11月01日, 日本語
  • 阪神淡路大震災被災者の生活復興過程にみる4つのパターン : 2001年・2003年・2005年兵庫県生活復興パネル調査結果報告
    黒宮 亜希子, 立木 茂雄, 林 春男, 野田 隆, 田村 圭子, 木村 怜欧
    地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 一般社団法人 地域安全学会, 8405 - 414, 2006年11月01日, 日本語
  • 災害時要援護者の避難支援に関する政策法務のあり方について
    山崎 栄一, 立木 茂雄, 林 春男, 田村 圭子, 原田 賢治
    地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 一般社団法人 地域安全学会, 8323 - 332, 2006年11月01日, 日本語
  • トークセッション 介護現場における災害時の対応(下)災害に強い地域ネットワークを構築
    阿部 尚子, 小山 剛, 立木 茂雄
    介護保険, 法研, 11(121)52 - 59, 2006年03月, 日本語
  • 災害時における要援護者対応の今後のあり方 (特集 災害への備えと地域社会に求められるもの)
    立木 茂雄
    月刊国民生活, 国民生活センター, 36(1)10 - 13, 2006年01月, 日本語
  • パネルデータからみる阪神・淡路大震災被災者の復興 : 2001年・2003年兵庫県生活復興パネル調査結果をもとに
    黒宮 亜希子, 立木 茂雄, 林 春男, 野田 隆, 田村 圭子, 木村 怜欧
    地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 一般社団法人 地域安全学会, 7375 - 383, 2005年11月01日, 日本語
  • 現行社会制度を基盤とした被災者支援システムの提案
    井出 明, 金田 直樹, 立木 茂雄, 林 春男
    地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 一般社団法人 地域安全学会, 7369 - 374, 2005年11月01日, 日本語
  • 介護保険制度は要介護高齢者の災害対応にいかに働いたのか : 2004年7.13新潟豪雨災害と10.23新潟県中越地震を事例として
    田村 圭子, 林 春男, 文木 茂雄
    地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 一般社団法人 地域安全学会, 7213 - 220, 2005年11月01日, 日本語
  • 新潟県中越地震における被災者の避難行動と再建過程 : 総務省消防庁及び京都大学防災研究所共同実施調査
    木村 玲欧, 林 春男, 立木 茂雄, 田村 圭子, 堀江 啓, 黒宮 亜季子
    地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 一般社団法人 地域安全学会, 7161 - 170, 2005年11月01日, 日本語
  • まちの復興のメルクマールとしての震災モニュメント形成 : 地理情報システムを用いた形成要因の分析
    越智 祐子, 堀江 啓, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 一般社団法人 地域安全学会, 779 - 86, 2005年11月01日, 日本語
  • 災害を受けた子どもの支援・家族の支援 (特集 安全教育と災害後教育)
    立木 茂雄
    教育と医学, 慶應義塾大学出版会, 53(7)652 - 659, 2005年07月, 日本語
  • 災害ボランティア--阪神・淡路の経験はどう活かされているか (特集 阪神・淡路大震災から10年 日本の防災対策の課題)
    立木 茂雄
    LRL, 全労済協会, (3)15 - 20, 2005年02月, 日本語
  • WebGISを用いた市民参加型震災アーカイブ構築の試み : 阪神・淡路大震災"わたしたちの復興"プロジェクト(F.特別セッション G.一般セッション)
    牧 紀男, 林 春男, 立木 茂雄, 小林 郁雄, 山口 一史, 深澤 良信, 五関 利幸, 北川 正己
    地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, (16)81 - 82, 2005年, 日本語
  • ステークホルダー参加型復興計画策定手法の構築 : 小千谷市復興計画策定での試み
    牧 紀男, 林 春男, 立木 茂雄, 重川 希志依, 田村 圭子, 佐藤 翔輔, 田中 聡, 澤田 雅浩, 小林 郁雄
    京都大学防災研究所年報, 京都大学防災研究所 / Disaster Prevention Research Institute Kyoto University, (49)137 - 146, 2005年, 日本語
  • 本特集記事について
    立木 茂雄
    自然災害科学, 自然災害科学会, 23(2)155 - 156, 2004年08月31日, 日本語
  • 神戸における「自律と連帯」の現在--震災5年目・10年目の草の根検証ワークショップと神戸市民1万人アンケートの再分析から (特集 震災復興の都市政策的検証(2))
    立木 茂雄
    都市政策, 神戸都市問題研究所, (116)88 - 105, 2004年07月, 日本語
  • 清水新二著『アルコール関連問題の社会病理学的研究-文化・臨床・政策』
    立木 茂雄
    社会学評論, 日本社会学会, 55(3)380 - 381, 2004年, 日本語
  • インタラクティヴな地震リスク評価手法の確立に向けて : フィリピン,マリキナ市での被害想定の事例
    長谷川 浩一, 牧 紀男, 馬場 美智子, 堀江 啓, 田村 圭子, 田中 聡, トッピング ケネス クラーク, 林 春男, 立木 茂雄
    日本建築学会環境系論文集, 日本建築学会, 69(583)95 - 102, 2004年, 日本語
  • 市民参画と協働が成立する社会的条件 (特集 震災ボランティアの10年)
    立木 茂雄
    ボランティア学研究, 国際ボランティア学会, 55 - 27, 2004年, 日本語
  • 書評
    立木 茂雄
    家族社会学研究, 日本家族社会学会, 15(2)121 - 122, 2004年, 日本語
  • 地方公共団体の防災・危機管理(6)災害時における異組織間の連携--行政と市民社会組織の協働に向けて
    立木 茂雄
    消防防災, 東京法令出版, 3(1)114 - 120, 2004年, 日本語
  • 災害ボランティアを含めた被災者支援システムに関する一考察:-宮城県北部地震における災害救援ボランティアセンターの事例より-
    菅 磨志保, 立木 茂雄, 渥美 公秀, 鈴木 勇
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 6(0)333 - 340, 2004年, 日本語
  • 震災復興10年目をみすえた「神戸の今」に関する質的・量的研究:-ワークショップと社会調査をもちいて-
    黒宮 亜希子, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 6(0)261 - 267, 2004年, 日本語
  • 阪神・淡路大震災被災者の長期的な生活復興過程のモデル化とその検証:2003年兵庫県復興調査データへの構造方程式モデリング (SEM)の適用
    立木 茂雄, 林 春男, 矢守 克也, 野田 隆, 田村 圭子, 木村 玲欧
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 6(0)251 - 260, 2004年, 日本語
  • 被災者の主観的時間評価からみた生活再建過程:-復興カレンダーの構築-
    木村 玲欧, 林 春男, 立木 茂雄, 田村 圭子
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 6(0)241 - 250, 2004年, 日本語
  • 災害復興公営住宅団地が有する居住コミュニティ特性に関する研究:-2002年兵庫県災害復興公営住宅団地コミュニティ調査報告-
    越山 健治, 立木 茂雄, 小林 郁雄, 室崎 益輝, 菅 磨志保, 福留 邦洋
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 6(0)233 - 239, 2004年, 日本語
  • ワークショップによる,ステークホルダー参画型防災戦略計画策定手法の開発
    田村 圭子, 長谷川 浩一, 深澤 良信, 林 春男, 立木 茂雄, 牧 紀男, 田中 聡, 近藤 民代, 堀江 啓, 馬場 美智子, 柄谷 友香
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 6(0)129 - 138, 2004年, 日本語
  • ステークホルダー参画型地震防災総合計画策定手法の開発:「マリキナ市地震防災総合計画・アクションプラン」策定の試み
    牧 紀男, 田中 聡, 深澤 良信, 吉富 望, 田村 圭子, 近藤 民代, 林 春男, ケネス トッピング, 立木 茂雄, 長谷川 浩一, 堀江 啓, 馬場 美智子
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 6(0)111 - 120, 2004年, 日本語
  • マルチ・ステークホルダーによるワークショップのための電子支援システムの開発
    阿草 宗成, 林 春男, 立木 茂雄, 田村 圭子
    地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 一般社団法人 地域安全学会, 5343 - 352, 2003年11月01日, 日本語
  • 居住地移動からみた復興公営住宅入居者の特性 : 2002年兵庫県災害復興公営住宅団地コミュニティ調査報告
    福留 邦洋, 立木 茂雄, 室崎 益輝, 小林 郁雄, 越山 健治, 菅磨 志保, 柄谷 友香
    地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 一般社団法人 地域安全学会, 5293 - 298, 2003年11月01日, 日本語
  • 災害復興公営住宅団地におけるコミュニティ運営と居住者の復興感 : 2002年兵庫県災害復興公営住宅コミュニティ調査報告
    菅磨 志保, 立木 茂雄, 室崎 益輝, 小林 郁雄, 越山 健治, 福留 邦洋, 柄谷 友香
    地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 一般社団法人 地域安全学会, 5245 - 250, 2003年11月01日, 日本語
  • 災害復興公営住宅居住者の復興感分析 : 2002年兵庫県災害復興公営住宅団地コミュニティ調査報告
    越山 健治, 立木 茂雄, 小林 郁雄, 室崎 益輝, 菅磨 志保, 福留 邦洋, 柄谷 友香
    地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 一般社団法人 地域安全学会, 5237 - 244, 2003年11月01日, 日本語
  • 阪神・淡路大震災の被災地における家計の変化 : 2003年京大防災研復興調査
    田村 圭子, 林 春男, 立木 茂雄, 木村 玲欧, 野田 隆, 矢守 克也
    地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 一般社団法人 地域安全学会, 5227 - 236, 2003年11月01日, 日本語
  • 阪神・淡路大震災からの生活復興3類型モデルの検証 : 2003年生活復興調査報告
    矢守 克也, 林 春男, 立木 茂雄, 野田 隆, 木村 玲欧, 田村 圭子
    地域安全学会論文集 = Journal of social safety science, 一般社団法人 地域安全学会, 545 - 52, 2003年11月01日, 日本語
  • 長崎大水害から20年 : その教訓と現況
    高橋 和雄, 橋本 晴行, 今村 文彦, 北村 良介, 清野 純史, 立木 茂雄
    自然災害科学, 日本自然災害学会, 22(2)125 - 147, 2003年08月31日, 日本語
  • 自律し連帯する市民としての大人像
    立木 茂雄, タツキ シゲオ, Tatsuki Shigeo
    同志社社会学研究, 同志社社会学研究学会, (7)1 - 8, 2003年03月, 日本語
  • 自主防災組織との協働--相互運用性の視点から (特集 自主防災(1))
    立木 茂雄
    消防科学と情報, 消防科学総合センター, (72)29 - 32, 2003年, 日本語
  • アルコール乱用・アルコール依存症外来患者の治療中断要因の研究 (I) : 医療従事者の発言に基づいて
    西川 京子, 橋本 直子, 立木 茂雄, 平野 建二, 今道 裕之
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence, 37(5)485 - 495, 2002年10月28日, 日本語
  • アルコール乱用・アルコール依存症外来患者の治療中断要因の研究 (II) : 質問紙調査の結果から
    西川 京子, 橋本 直子, 立木 茂雄, 平野 建二, 今道 裕之
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence, 37(5)496 - 504, 2002年10月28日, 日本語
  • アルコール乱用・アルコール依存症患者の治療中断に関連する要因の研究
    西川 京子, 立木 茂雄, 岡崎 直人, 猪野 亜朗, 今道 裕之
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence, 37(4)408 - 409, 2002年08月28日, 日本語
  • 浅野智彦著『自己への物語論的接近--家族療法から社会学へ』
    立木 茂雄, 浅野 智彦
    ソシオロジ, 社会学研究会, 47(2)158 - 166, 2002年, 日本語
  • はじめに
    松波 孝治, 今村 文彦, 北村 良介, 清野 純史, 立木 茂雄, 橋本 晴行
    自然災害科学, 自然災害科学会, 20(3)235 - 236, 2001年11月30日, 日本語
  • TQM法による市民の生活再建の総括検証--草の根検証と生活再建の鳥瞰図づくり
    立木 茂雄, 林 春男
    都市政策, 神戸都市問題研究所, (104)123 - 141, 2001年07月, 日本語
  • アルコール家族援助の利用継続要因・中断要因に関する質的研究 : TQM手法を用いて利用者から学ぶ
    西川 京子, 立木 茂雄
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence, 36(3)201 - 215, 2001年06月28日, 日本語
  • 否認と気付きの尺度(DAS) : 尺度開発と項目分析
    猪野 亜朗, 立木 茂雄, 西川 京子
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence, 36(3)216 - 234, 2001年06月28日, 日本語
  • 大学附属病院総合診療部外来における家族問題、家族機能
    竹中 裕昭, 伴 信太郎, 立木 茂雄
    家庭医療, 家庭医療学研究会, 8(2)40 - 48, 2001年, 日本語
  • 研究者ネット : ゆらぎと家族・地域・市民社会
    立木 茂雄
    日本ファジィ学会誌, 日本知能情報ファジィ学会, 13(2)172 - 174, 2001年, 日本語
  • 被災者の家計は今も苦しい:2001年兵庫県生活復興調査から
    田村 圭子, 林 春男, 立木 茂雄, 木村 玲欧
    地震工学研究発表会講演論文集, 公益社団法人 土木学会, (26)1485 - 1488, 2001年, 日本語
  • 阪神・淡路大震災からの生活再建7要素モデルの検証:-2001年京大防災研復興調査報告-
    田村 圭子, 林 春男, 立木 茂雄, 木村 玲欧
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 3(0)33 - 40, 2001年, 日本語
  • 阪神・淡路大震災のすまい再建パターンの再現:-2001年京大防災研復興調査報告-
    木村 玲欧, 林 春男, 立木 茂雄, 田村 圭子
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 3(0)23 - 32, 2001年, 日本語
  • The Kobe Earthquake and the Renaissance of Volunteerism in Japan
    立木 茂雄
    関西学院大学社会学部紀要, 関西学院大学, (87)185 - 196, 2000年03月, 英語
  • ファミリーサポート事業におけるNPO(民間非営利組織)の活用と行政支援のあり方--事例研究を通して
    川村 幸江, 立木 茂雄
    関西学院大学社会学部紀要, 関西学院大学, (85)151 - 166, 2000年03月, 日本語
  • 阪神・淡路大震災後のすまいの変化とその規定因に関する研究(第6回大会発表論文)
    木村 玲欧, 林 春男, 立木 茂雄, 浦田 康幸, 清原 桂子, 桜井 誠一
    人間・環境学会誌, 人間・環境学会, 6(1)31 - 31, 2000年, 日本語
  • 阪神・淡路大震災被災者の生活再建課題とその基本構造の外的妥当性に関する研究
    田村 圭子, 立木 茂雄, 林 春男
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 2(0)25 - 32, 2000年, 日本語
  • 阪神・淡路大震災後の被災者のすまい再建における決定とその規定因に関する研究
    木村 玲欧, 林 春男, 立木 茂雄
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 2(0)15 - 24, 2000年, 日本語
  • 企業とNPOのパートナーシップ 民営主導で公共サービスを提供--カナダにおける企業・行政とNPOの関係
    立木 茂雄
    経済広報, 経済広報センタ-, 21(6)14 - 17, 1999年06月, 日本語
  • 家族要因とアルコール問題を持つ Identified Patient(IP)の断酒・飲酒との関連-家族機能,共依存,家族グループ・自助グループ参加などの要因を中心にして-
    西川 京子, 立木 茂雄, 橋本 直子, 横山 登志子, 安川 友加里
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence, 川島書店, 34(1)63 - 73, 1999年02月28日, 日本語
  • 阪神・淡路大震災後の被災者の移動とすまいの決定に関する研究
    木村 玲欧, 林 春男, 立木 茂雄, 浦田 康幸
    地域安全学会論文集, 一般社団法人 地域安全学会, 1(0)93 - 102, 1999年, 日本語
  • 阪神・淡路大震災と情報通信
    山下 東子, 津金沢 聰廣, 立木 茂雄, 奥野 卓司, 小田 貞夫, 武井 務
    情報通信学会誌, 13(2)7 - 26, 1998年08月25日, 日本語
  • アルコール依存症家族の民族機能と妻の共依存傾向との関係の検証 : アルコール依存症の夫を持つ妻の認知から
    橋本 直子, 今道 裕之, 平野 建二, 西川 京子, 立木 茂雄
    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence, 32(4)376 - 377, 1997年08月28日, 日本語
  • 震災ストレスとエコロジカルモデル-1-構造方程式モデルによる震災ストレスとコ-ピングの検討
    野口 啓示, 坪倉 裕子, 谷口 泰史, 立木 茂雄
    関西学院大学社会学部紀要, 関西学院大学, (76)101 - 115, 1997年03月, 日本語
  • 震災ストレスとエコロジカルモデル-2-自由記述欄の回答の質的分析
    坪倉 裕子, 野口 啓示, 谷口 泰史, 立木 茂雄
    関西学院大学社会学部紀要, 関西学院大学, (76)117 - 131, 1997年03月, 日本語
  • オルソン円環モデルに基づく家族機能評価尺度の作成--FACESKGIV・実年版の開発
    横山 登志子, 橋本 直子, 栗本 かおり, 立木 茂雄
    関西学院大学社会学部紀要, 関西学院大学, (77)63 - 84, 1997年03月, 日本語
  • 最近のボランティア学生の意識 : 関西学院救援ボランティア委員会の経験から (<特集2>プロジェクトBII「現代青年の社会参加活動に関する意識と活動実態」)
    立木 茂雄
    立命館教育科学研究, 立命館大学, 954 - 64, 1997年03月, 日本語
  • 機関に対するライフモデル・ソーシャルワーク実践の一考察 : 職場内インフォーマル集団の形成とエンパワーメントを通じてのフォーマル課題の変容
    横田 恵子, 立木 茂雄
    社会福祉学, 一般社団法人 日本社会福祉学会, 38(1)81 - 98, 1997年, 日本語
  • 断酒継続のための家族要因の研究
    西川 京子, 立木 茂雄, 今道 裕之, 平野 建二, 小川 拓, 高谷 義信
    アルコール研究と薬物依存, 30(4)304 - 305, 1995年08月28日, 日本語
  • 問題維持連鎖とシステム家族療法 (生命とカオス<特集>)
    立木 茂雄
    数理科学, サイエンス社, 33(3)p60 - 66, 1995年03月, 日本語
  • 家族研究の教育・研究における映像利用(人文社会科学の教育・研究法における映像の高度利用に関する研究-家族研究の教育・研究における映像利用-)
    立木 茂雄
    研究報告, 放送大学, 76(76)3 - 97, 1994年11月, 日本語
  • 青少年における自我同一性の発達およびその拡散現象としてのアパシ-傾向に対する家族システムの影響--共分散構造分析によるグロ-ティヴァントとオルソンのモデルの比較検討
    立木 茂雄, 栗本 かおり
    青少年問題研究, 大阪府青少年問題研究会, (43)p1 - 30, 1994年, 日本語
  • The Construct Validity of the Circumplex Model of Marital and Family Systems-7-Confirmatory Factor Analytic Inter- and Intra-Cultural Cross Validation
    立木 茂雄
    関西学院大学社会学部紀要, 関西学院大学社会学部, (67)p143 - 165, 1993年03月, 日本語
  • 臨床評定尺度を用いた家族機能のプロセスモデルの実証的検証(含 付録:プロセスモデルの下位概念)
    正木 直道, 立木 茂雄
    関西学院大学社会学部紀要, 関西学院大学社会学部, (64)p211 - 222, 1991年11月, 日本語
  • 家族を中心としたエコロジカル・アプロ-チの実践 (現代社会福祉の重要課題と将来展望--福祉改革のなかでの新しい出発<「社会福祉研究」通巻第50号記念特集>)
    谷口 泰史, 立木 茂雄
    社会福祉研究, 鉄道弘済会社会福祉部, (50)p74 - 80, 1991年04月, 日本語
  • 社会福祉対人援助技術教育のためのハイパ-メディアシステムのプロトタイプ開発に関する研究
    立木 茂雄, 倉石 哲也, 中川 千恵美
    関西学院大学社会学部紀要, 関西学院大学社会学部, (63)p593 - 632, 1991年03月, 日本語
  • 地方自治体との連携による実験ビデオ講座(大阪地域)研究経過報告 : 大阪圈における遠隔高等教育地域施設の可能性をめぐる試行的研究
    山中 速人, 若林 良和, 立木 茂雄
    研究報告, 放送大学, 33(33)1 - 221, 1991年02月, 日本語
  • 社会福祉対人援助技術教育のためのハイパーメディアシステム構築に関する研究
    立木 茂雄, 倉石 哲也, 中川 千恵美
    社会福祉学, 一般社団法人 日本社会福祉学会, 31(1)218 - 257, 1990年, 日本語
  • 家族システム評価のための基礎概念--オルソンの円環モデルを中心として
    武田 丈, 立木 茂雄
    関西学院大学社会学部紀要, 関西学院大学社会学部, (60)p73 - 97, 1989年10月, 日本語
  • An Exploratory Analysis of Sequensial Categorical Data on Marital Interaction : A Dual Scaling Approach
    立木 茂雄
    情報科学研究, 関西学院大学, 31 - 21, 1988年03月31日, 英語

書籍等出版物

  • 誰一人取り残さない防災に向けて、福祉関係者が身につけるべきこと (i-BOSAIブックレット)
    立木 茂雄
    萌書房, 2020年09月01日, 日本語
  • 災害と復興の社会学
    立木 茂雄
    萌書房, 2016年, 単著
  • 家族システムの理論的・実証的研究——オルソンの円環モデル妥当性の検討「増補改訂版」
    立木 茂雄
    萌書房, 2015年, 単著, 学術書
  • ボランティアと市民社会(増補版)
    立木 茂雄
    晃洋書房, 2001年, 共著
  • 家族システムの理論的・実証的研究——オルソンの円環モデル妥当性の検討
    立木 茂雄
    川島書店, 1999年, 単著
  • ボランティアと市民社会
    立木 茂雄
    晃洋書房, 1997年, 共著
  • カウンセリングの成功と失敗——失敗事例から学ぶ
    立木 茂雄, 白石大介
    創元社, 1991年, 共著
  • 親と子の行動ケースワーク
    立木 茂雄, 武田建
    ミネルヴァ書房, 1981年, 共著

競争的資金等の研究課題

  • 「福祉専門職と共に進める「誰一人取り残さない防災」の全国展開のための基盤技術の開発
    国立研究開発法人科学技術振興機構, 社会技術研究開発, 2019年11月 -2023年03月
  • インクルーシブ防災学の構築と体系的実装
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 2017年04月 -2022年03月
  • 障害者インクルーシブ防災における災害時ケアプランコーディネーター養成
    日本財団, 2017年04月 -2020年09月
  • 借り上げ仮設住宅被災者の生活再建支援方策の体系化
    JST社会技術研究プログラム(RISTEX), 2012年 -2015年
  • 福祉防災学の構築
    基盤研究(A)(一般), 2008年 -2012年
  • 「脆弱性」概念の再構築:福祉防災学の視座確立と実践モデルの開発
    基盤研究(C)(企画調査), 2007年 -2007年
  • 災害対応における人材適性の事前検討にもとづく人材配置戦略の開発と検証に関する研究
    基盤研究(B)(一般), 2004年 -2006年
  • 災害情報の『情報到達度』向上のための戦略の開発
    基盤研究(B)(一般), 2001年 -2003年
  • 借り上げ仮設住宅被災者の生活再建支援方策の体系化
    科学技術推進機構 社会技術研究開発センター, 戦略的想像研究推進事業プロジェクト企画調査, 公的機関(文部科学省・日本学術振興会を除く)からの各種助成
  • 阪神・淡路大震災からの生活再建過程の実証的研究
  • 災害時要援護者への対応