新見 陽子
ニイミ ヨウコ
政策学部政策学科
博士後期課程教授
Last Updated :2024/04/23

研究者情報

研究キーワード

  • 世代間移転
  • 資産形成
  • 高齢化
  • 介護
  • 幸福度
  • 格差
  • 貧困

研究分野

  • 人文・社会 / 経済政策

経歴

  • 同志社大学, 政策学部, 教授, 2019年 - 現在
  • アジア成長研究所, 研究部, 准教授(旧称 主任研究員), 2014年 - 2019年
  • アジア開発銀行, エコノミスト, 2008年 - 2014年
  • 世界銀行, コンサルタント, 2005年 - 2008年

学歴

  • サセックス大学, 経済学部 (DPhil), - 2007年
  • サセックス大学, 経済学部 (MA in International Economics), - 2002年
  • 神戸大学大学院, 国際協力研究科 (MA in Economics), - 2000年
  • エディンバラ大学, 商学部 (Bcom in Business Studies), - 1997年

学位

  • 博士(経済学), サセックス大学

所属学協会

  • International Association for Research in Income and Wealth
  • Econometric Society
  • 日本経済学会
  • アメリカ経済学会
  • Population Association of America
  • 開発経済学会
  • 東アジア経済学会

論文

  • 世代間資産移転税制と家計行動
    新見陽子
    フィナンシャル・レビュー, (151) 132 - 153, 2023年01月
  • Are Married Women Really Wealthier Than Unmarried Women? Evidence From Japan
    Yoko Niimi
    Demography, 59(2) 461 - 483, 2022年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • Juggling Paid Work and Elderly Care Provision in Japan: Does a Flexible Work Environment Help Family Caregivers Cope?
    Yoko Niimi
    Journal of the Japanese and International Economies, 62, 2021年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • 住宅ローンの供給拡大の是非を問う
    チャールズ・ユウジ・ホリオカ; 新見陽子
    季刊 住宅土地経済, (2020年秋季号) 20 - 27, 2020年10月, 研究論文(学術雑誌)
  • Was the Expansion of Housing Credit in Japan Good or Bad?
    Charles Yuji Horioka; Yoko Niimi
    Japan and the World Economy, 53, 2020年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • The Impact of a Failed Coup d’état on Happiness, Life Satisfaction, and Trust: The Case of the Plot in Turkey on July 15, 2016
    K. Ali Akkemik; Gercek Cicek; Charles Yuji Horioka; Yoko Niimi
    Applied Economics Letters, 27(16) 1371 - 1375, 2020年, 研究論文(学術雑誌)
  • The Effect of the Recent Inheritance Tax Reform on Bequest Behaviour in Japan
    Yoko Niimi
    Fiscal Studies, 40(1) 45 - 70, 2019年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • The Wealth Decumulation Behavior of the Retired Elderly in Japan: Relative Importance of Precautionary Saving and Bequest Motives
    Yoko Niimi; Charles Yuji Horioka
    Journal of the Japanese and International Economies, 51 52 - 63, 2019年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • Does Providing Informal Elderly Care Hasten Retirement? Evidence from Japan
    Yoko Niimi
    Review of Development Economics, 22(3) 1039 - 1062, 2018年08月, 研究論文(学術雑誌)
  • The Impact of Intergenerational Transfers on Wealth Inequality in Japan and the United States
    Yoko Niimi; Charles Yuji Horioka
    World Economy, 41(8) 2042 - 2066, 2018年08月, 研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者介護の負担:家族介護者の睡眠への影響に焦点をあてて
    新見 陽子
    季刊 個人金融, 22 - 33, 2018年05月, 研究論文(学術雑誌)
  • What Affects Happiness Inequality? Evidence from Japan
    Yoko Niimi
    Journal of Happiness Studies, 19(2) 521 - 543, 2018年02月01日, 研究論文(学術雑誌)
  • Do Borrowing Constraints Matter for Intergenerational Educational Mobility? Evidence from Japan
    Yoko Niimi
    Journal of the Asia Pacific Economy, 23(4) 628 - 656, 2018年, 研究論文(学術雑誌)
  • 日本の高齢者世帯の貯蓄行動に関する実証分析
    チャールズ・ユウジ・ホリオカ; 新見陽子
    経済分析, (196) 29 - 47, 2017年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • Does everyone exhibit loss aversion? Evidence from a panel quantile regression analysis of subjective well-being in Japan
    Zheng Fang; Yoko Niimi
    Journal of the Japanese and International Economies, 46 79 - 90, 2017年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • 家族が抱える高齢者介護の負担ー現状と課題ー
    新見 陽子
    東アジアのへ視点, 28(1) 11 - 23, 2017年06月, 研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • The "Costs" of informal care: an analysis of the impact of elderly care on caregivers' subjective well-being in Japan
    Yoko Niimi
    Review of Economics of the Household, 14(4) 779 - 810, 2016年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • 1人当たりGDP vs. 幸福度-人々の生活の質をどう把握するべきか―
    新見 陽子
    東アジアへの視点, 26(2) 1 - 12, 2015年06月, 研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Gender Differences in Remittance Behavior: Evidence from Vietnam
    Yoko Niimi; Barry Reil
    Singapore Economic Review, 56(2) 215 - 237, 2011年06月, 研究論文(学術雑誌)
  • Remittances and the Brain Drain: Skilled Migrants Do Remit Less
    Yoko Niimi; Caglar Ozden; Maurice Schiff
    Annals of Economics and Statistics, 97/98 123 - 141, 2010年, 研究論文(学術雑誌)
  • Determinants of Remittances: Recent Evidence Using Data on Internal Migrants in Vietnam
    Yoko Niimi; Thai Hung Pham; Barry Reilly
    Asian Economic Journal, 23(1) 19 - 39, 2009年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • Do Regional Trade Pacts Benefit the Poor? An Illustration from Dominican Republic-Central American Free Trade Agreement in Nicaragua
    Maurizio Bussolo; Yoko Niimi
    World Development, 37(1) 146 - 160, 2009年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • Trade Liberalisation and Poverty Dynamics in Vietnam
    Yoko Niimi; Puja Vasudeva-Dutta; L. Alan Winters
    Journal of Economic Integration, 22(4) 819 - 851, 2007年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • Storm in a Rice Bowl: Rice Reform and Poverty in Vietnam in the 1990s
    Yoko Niimi; Puja Vasudeva-Dutta; L. Alan Winters
    Journal of the Asia Pacific Economy, 9(2) 170 - 190, 2004年, 研究論文(学術雑誌)

書籍等出版物

  • "Elderly Poverty and Its Measurement" in Silber, J. (ed) Research Handbook on Measuring Poverty and Deprivation
    Yoko Niimi; Charles Yuji Horioka
    Edward Elger Publishing, 2023年03月, 分担執筆
  • "Household Debt and Aging in Japan," in Mitchell, O. S. and A. Lusardi (eds) Remaking Retirement: Debt in an Aging Economy
    Charles Yuji Horioka; Yoko Niimi
    Oxford University Press, 2020年, 分担執筆
  • “Financial Literacy, Incentives, and Innovation to Deal with Population Aging,” in Asian Development Bank Institute (ed) Aging Societies: Policies and Perspectives
    Charles Yuji Horioka; Yoko Niimi
    Asian Development Bank Institute, 2019年, 分担執筆
  • "Inclusive Growth and the Quality of Life," in Asian Development Bank and Asian Development Bank Institute (eds) ASEAN, PRC, and India: The Great Transformation (Chapter 3)
    Juzhong Zhuang; Yoko Niimi; Jesus Felipe
    Asian Development Bank Institute, 2014年, 分担執筆
  • "Critical Constraints to Reducing Poverty and Inequality," in Hill, H., M. E. Khan, and J. Zhuang (eds) Diagnosing the Indonesian Economy Toward Inclusive and Green Growth (Chapter 4)
    Yoko Niimi; Kazutoshi Chatani
    Anthem and Asian Development Bank, 2012年, 分担執筆
  • "Poverty and Inequality in Nepal: An Empirical Analysis," in Zhuang, J (ed) Poverty, Inequality, and Inclusive Growth in Asia: Measurement, Policy Issues, and Country Studies (Chapter 10)
    Yoko Niimi
    Anthem Press and Asian Development Bank, 2010年, 分担執筆
  • "Gender Equality and Inclusive Growth in Asia," in Zhuang, J. (ed) Poverty, Inequality, and Inclusive Growth in Asia: Measurement, Policy Issues, and Country Studies (Chapter 4)
    Yoko Niimi
    Anthem Press and Asian Development Bank, 2010年, 分担執筆
  • "Migration and Remittances in Latin America: Patterns and Determinants," in Fajnzylber, P. and H. Lopez (eds) Remittances and Development: Lessons from Latin America (Chapter 3)
    Yoko Niimi; Caglar Ozden
    World Bank, 2008年, 分担執筆
  • "Linking Trade Liberalisation and Poverty: An Illustration from Vietnam in the 1990s," in Bussolo, M. and J. Round (eds) Globalisation and Poverty: Channels and Policy Responses (Chapter 2)
    Yoko Niimi; Puja Vasudeva-Dutta; L. Alan Winters
    Routledge, 2006年, 分担執筆

講演・口頭発表等

  • The 18th East Asian Economic Association International Conference
    2023年10月
  • Singapore Economic Review Conference
    2022年08月
  • IARIW (International Association for Research in Income and Wealth) 36th General Conference
    2021年08月
  • PAA (Population Association of America) 2021 Annual Meeting
    2021年05月
  • Virtual Workshop on the Economic Impacts of Demographic Transition: Cases of Asia and Europe
    2020年10月
  • The International Conference on Changing Family Life in East Asia
    2020年09月
  • 6th International workshop on the Socio-Economics of Ageing
    2019年10月
  • Singapore Economic Review Conference
    2019年08月
  • 第18回パネル調査・カンファレンス
    2018年12月
  • EAEA (East Asian Economic Association) 16th International Convention
    2018年10月
  • IARIW (International Association for Research in Income and Wealth) 35th General Conference
    2018年08月
  • Econometric Society Australasian Meeting
    2018年06月
  • 2nd Annual Meeting of the Society of Economics of the Household
    2018年05月
  • Equity in Education 2017
    2017年11月
  • Singapore Economic Review Conference
    2017年08月
  • 92nd Annual Conference of the Western Economic Association International
    2017年06月
  • First Annual Meeting of the Society of Economics of the Household
    2017年06月
  • 2017 Asian Meeting of the Econometric Society
    2017年06月
  • 15th International Conference on Pensions, Insurance and Savings
    2017年05月
  • EAEA (East Asian Economic Association) 15th International Convention
    2016年11月
  • IARIW (International Association for Research in Income and Wealth) 34th General Conference
    2016年08月
  • 11th Biennial Conference of the Asian Consumer and Family Economics Association
    2016年06月
  • Economics, Health and Happiness
    2016年01月
  • 第15回パネル調査・カンファレンス
    2015年12月
  • Kadir Has University Department of Economics Symposium
    2015年12月
  • 2015 IAREP-SABE Joint Conference
    2015年09月
  • Singapore Economic Review Conference
    2015年08月
  • Society for the Advancement of Socio-Economics (SASE) 27th Annual Conference
    2015年07月

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • なぜ社会経済的地位は世代間で継承するのか?世代間移転の役割を中心に
    C Y.Horioka; 柴田 章久; 宇南山 卓; 照山 博司; 新見 陽子
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2023年04月 -2028年03月, 基盤研究(B), 神戸大学
  • トルコにおけるシリア人難民の社会資本形成に関する学際的な研究
    AKKEMIK KUCUKALI; 新見 陽子; Fuentes・Cordoba Gabriel; C Y.Horioka; 庄司 匡宏
    During the first six months of the project, the principal investigator worked in coordination with the counterpart researchers in Turkey and the researchers in Japan. In the original work plan, we foresaw desk study, data collection, and discussion on the conceptual framework during the first six months. These targets have been achieved. The principal investigator has worked in collaboration with the corresponding team in Turkey and discussed related issues about the status and recent developments regarding the refugees in Turkey. We also discussed how to approach the policymakers and the relevant organizations for the fieldwork. The principal investigator and the Japanese researchers also exchanged ideas about the related literature on social capital, immigrants and refugees. We also discussed about how to prepare for the survey research. Overall, the main research achievement of the first six months of the project was the preparations for the conceptual and empirical framework of the project. We have collected academic papers and policy briefs as well as reports by various organizations regarding the refugees and policies in Turkey. We have especially collected information from the official reports of the government (in Turkish language) about the refugees and the recent developments and changes in the government’s policies towards refugees. These will serve as background sources for our upcoming fieldwork., 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2021年10月 -2025年03月, 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)), 山口大学
  • 世代間の相互関係:遺産・介護と労働供給・消費貯蓄を通じて
    McKenzie Colin; 暮石 渉; 新見 陽子; 若林 緑; 梶谷 真也; C Y.Horioka; 濱秋 純哉
    A.遺産動機:ホリオカは、VenturaとSurvey of Italian Households'Income and Wealth のデータを用いて、退職後の高齢者の資産蓄積行動について計量的な分析を行った。この論文はReview of Economics of the Householdに掲載された。Gahramanov、 Hayat、 Tangと「くらしの好みと満足度についてのアンケート調査」のデータを用いて、親の遺産動機が親の労働供給・退職行動に与える影響に関する理論的・実証的分析を行い、この論文を海外雑誌に投稿し、結果待ちである。濱秋は、日本の高齢者の資産取り崩しを説明するモデルの構築を行い、モデルのパラメータを変化させた場合の消費・貯蓄行動の変化を確認した。 B.選好と選好変化:暮石・若林は、Paule-Paludkiewicz, Tsujiyamaと「日本家計パネル調査」と「くらしの好みと満足度についてのアンケート調査」を用いて、ライフサイクルにおける時間選好について研究を行い、論文(Time preferences over the life cycle)をSAFE Working Paperとして出版した。 C.介護と労働供給・離職・出産:梶谷、マッケンジーは研究協力者の坂田と,介護をすることは世帯の貯蓄にどのような影響を与えるかを調べ、海外雑誌に投稿し、修正要求が届いた。中高年者の家計内生産活動と就業行動との関係を分析するために、「中高年者縦断調査」の調査票情報を利用する必要な手続きを行った.新見は、労働政策研究・研修機構が実施した「家族の介護と就業に関する調査」のデータを用いた分析を基に論文の執筆や国際学会での報告、英文雑誌への投稿を行った。 D.因果関係:マッケンジーは、Brodersen et al.の因果関係確認手法について既存研究をサーベイした。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2020年04月 -2025年03月, 基盤研究(B), 慶應義塾大学
  • 世代間移転と社会経済的地位・格差の継承に関する実証分析
    C Y.Horioka; 新見 陽子
    最近世界中で大きな話題になっている格差問題について論じる際、ある一時点において社会経済的地位の格差がどれだけあるかは言うまでもなく非常に重要であるが、世代間における社会経済的地位の相関がどれだけ高く、社会経済的地位の格差がどの程度代々継承されるかも同じくらい重要であり、研究に値する。なぜならば、スタート時点において人々が平等であることが望ましく、スタート時点においてすでに大きな社会経済的地位の格差があることは望ましくないからである。これまでの研究では、世代間における社会経済的地位の相関が強く、社会経済的地位が代々継承される傾向にあることが示されている。しかし、親から子への世代間移転(親から子への教育投資や遺産、生前贈与など)が、世代間の社会経済的地位および格差の継承にどの程度貢献しているのかは明確にされていない。そのため、本研究の目的は、親から子への様々な形の世代間移転が、世代間の社会経済的地位の継承、またそれに伴う格差の継承にどの程度貢献しているのかを、日本などからの個票データを分析することによって明らかにし、格差を軽減するための政策提言を行うことである。本研究の貢献は、(1)世代間の社会経済的地位および格差の継承における世代間移転の役割について検証している点、(2)親から子への移転を網羅的に捉え、様々な形の世代間移転を考慮している点、(3)国際比較を行っている点、(4)経済学的な観点から分析を行っている点である。当該年度においては、本研究の目的・研究計画に沿った複数の研究を平行して進め、多くの研究成果を挙げ、近年急増している住宅ローンの家計の資産蓄積行動に与える影響などに関する大変興味深い分析結果を数々得た。詳細については、下記の「現在までの進捗状況」および「今後の研究の推進方策」を参照されたい。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2018年04月 -2023年03月, 基盤研究(B), 神戸大学
  • 日本の社会政策の成功と失敗:アジアは何を学べるか
    C Y.Horioka; 戴 二彪; 新見 陽子; 井伊 雅子; 八田 達夫; 林 正義; 鈴木 亘; ヴ マン・ティエン; 周 燕飛
    本研究の目的は、日本の社会政策の成功と失敗の経験から、アジア諸国が社会政策を構築・改善していくにあたってどのような教訓が得られるのかを分析することであった。より具体的には、7つの分野(年金、介護、医療、貧困・格差、教育、人口移動・住宅政策、地方財政)について、日本がこれまでに取ってきた制度・政策およびその経済効果について理論・実証両面から検証し、アジア諸国がこれらの分野における制度・政策の構築・改善にあたり、日本の成功と失敗から何を学べるかについて検証することを目的とした。加えて、研究結果に基づき、アジア諸国に対し、社会政策に関する政策提言を行うことも本研究の目的の1つとした。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2015年04月 -2018年03月, 基盤研究(A), 公益財団法人アジア成長研究所