加藤 将樹
カトウ マサキ
理工学部機能分子・生命化学科
博士後期課程教授
Last Updated :2021/10/23

研究者情報

研究キーワード

  • 磁性
  • 超伝導
  • 物性化学
  • 固体化学

研究分野

  • 自然科学一般/磁性、超伝導、強相関系
  • ナノテク・材料/機能物性化学
  • ナノテク・材料/無機・錯体化学

経歴

  • - 同志社大学工学部助教授, 2004年
  • 京都大学理学部 助手, 1994年 - 2003年

学歴

  • 京都大学, 理学研究科, 1994年
  • 京都大学, 1994年
  • 京都大学, 理学研究科, 1992年
  • 京都大学, 1992年
  • 京都大学, 理学部, 1990年
  • 京都大学, 1990年

学位

  • 理学博士, 京都大学
  • 理学修士, 京都大学

所属学協会

  • 粉体粉末冶金協会
  • 日本物理学会
  • 日本材料学会
  • 日本化学会
  • 日本セラミックス協会

論文

  • Effect of oxygen potential on Co solubility limit in La?Co co-substituted magnetoplumbite-type strontium ferrite
    T. Waki, S. Okazaki, Y. Tabata, M. Kato, K. Hirota, H. Nakamura
    Materials Research Bulletin, 10487 - 91, 2018年08月01日
  • HIP synthesis of -carbide-type nitrides Fe3W3N and Fe6W6N and their magnetic properties
    加藤 将樹, T. Waki, S. Terazawa, Y. Tabata, Y. Murase, K. Hirota, S. Ikeda, H. Kobayashi, K. Sato, K. Kindo, H. Nakamura
    J. Alloy. Compd., 509(39)9451 - 9455, 2011年09月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Fabrication of full-density Mg-Ferrite/Fe-Ni permalloy nanocomposites with a high-saturation magnetization density of 1 T
    加藤 将樹, K. Hirota, M. Obata, H. Taguchi
    Int. J. Appl. Technol. Online, 643478 , 2011年
  • Fabrication of Al2O3/TiN dense composites directly from Al2O3/Ti raw material powder compacts using N2 capsule-free HIPing and their evaluation
    加藤 将樹, K. Takaoka, H. Yagura, K. Hirota
    Adv. Tech. Mat. Mat. Proc. J., 13(2)93 - 98, 2011年
  • Crossover from metallic to semiconducting in Pb2-xLnxRu2O7-δ (Ln = Sm, Eu) compounds with pyrochlore structure
    加藤 将樹, T. Imamura, M. Fukatsu, K. Hirota
    Mater. Sci. Forum, 631-632483 - 488, 2010年, 英語, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Metal-insulator transition in Pb2-xLnxRu2O7-δ (Ln = Sm , Eu) compounds
    加藤 将樹, Y. Tani, T. Imamura, K. Hirota, K. Yoshimura
    Physica B, 403(5-9)1315 - 1317, 2008年04月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • (総説)59Co, 23Na, and 1H NMR studies of double-layer hydrated superconductors NaxCoO2⋅yH2O
    加藤 将樹, Y. Itoh, H. Ohta, C. Michioka, K. Yoshimura
    Advances in Solid State Physics, Springer, 47329 - 341, 2008年, 英語, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Methane oxidation on perovskite-type Ca(Mn1-xTix)O3-δ
    加藤 将樹, T. Taguchi, K. Nakade, M. Yoshinaga, K. Hirota
    J. Am. Ceram. Soc., 91(1)308 - 310, 2008年01月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • In-plane anisotropy of the magnetic fluctuations in NaxCoO2⋅yH2O
    加藤 将樹, C. Michioka, Y. Itoh, H. Ohta, K. Yoshimura
    J. Phys. Chem. Solids, 682115 - 2118, 2007年
  • Possible spin triplet superconductivity in NaxCoO2・yH2O—59Co NMR studies
    加藤 将樹, C. Michioka, T. Waki, Y. Itoh, K. Yoshimura, K. Ishida, H. Sakurai, E. Takayama-Muromachi, K. Takada, T. Sasaki
    J. Phys.: Condens. Matter, 18669 - 682, 2007年
  • Anisotropic behavior of Knight shift in superconducting state of Na xCoO2·yH2O
    Y. Ihara, K. Ishida, H. Takeya, C. Michioka, M. Kato, Y. Itoh, K. Yoshimura, K. Takada, T. Sasaki, H. Sakurai, E. Takayama-Muromachi
    Journal of the Physical Society of Japan, 75(1), 2006年, 英語
  • Knight shift of triangular lattice superconductor Na0.35 CoO2 · 1.3 H2 O
    C. Michioka, H. Ohta, Y. Itoh, K. Yoshimura, M. Kato, H. Sakurai, E. Takayama-Muromachi, K. Takada, T. Sasaki
    Physica B: Condensed Matter, 378-380(SPEC. ISS.)628 - 629, 2006年, 英語
  • Weak magnetic order in bilayered-hydrate NaxCoO 2·yH2O structure probed by Co nuclear quadrupole resonance: Proposed phase diagram in superconducting NaxCoO 2·yH2O
    Y. Ihara, K. Ishida, C. Michioka, M. Kato, K. Yoshimura, K. Takada, T. Sasaki, H. Sakurai, E. Takayama-Muromachi
    Journal of the Physical Society of Japan, 74(3)867 - 870, 2005年, 英語
  • Observation of spin gap in Pb2V3O9
    T. Waki, Y. Morimoto, M. Kato, K. Yoshimura, H. Mitamura, T. Goto
    Physica B: Condensed Matter, 359-361(SPEC. ISS.)1372 - 1374, 2005年, 英語
  • Observation of spin-singlet state in BixV8O 16
    T. Waki, M. Kato, K. Yoshimura
    Physica B: Condensed Matter, 359-361(SPEC. ISS.)1309 - 1311, 2005年, 英語
  • 59Co NMR and NQR studies in the unconventional superconductor Na0.35CoO2·1.3H2O
    M. Kato, C. Michioka, T. Waki, K. Yoshimura, K. Ishida, H. Sakurai, E. Takayama-Muromachi, K. Takada, T. Sasaki
    Physica B: Condensed Matter, 359-361(SPEC. ISS.)482 - 484, 2005年, 英語
  • 2D NMR study in the novel superconductor Na 0.35CoO2·1.3D2O
    C. Michioka, M. Kato, T. Waki, K. Yoshimura, K. Ishida, H. Sakurai, E. Takayama-Muromachi, K. Takada, T. Sasaki
    Physica B: Condensed Matter, 359-361(SPEC. ISS.)485 - 487, 2005年, 英語
  • 51V NMR study of the V Hollandite system, BixV8O16
    T. Waki, H. Kato, M. Kato, K. Yoshimura
    Journal of Physics and Chemistry of Solids, 63(6-8)961 - 964, 2002年, 英語
  • Low-temperature structural change and magnetic anomaly in superconducting Cd2Re2O7
    加藤 将樹, H. Sakai, H. Kato, S. Kambe, R. E. Walstedt, H. Ohno, K. Yoshimura, H. Matsuhata
    661005091 - 6, 2002年
  • Thermoelectric power of the superconducting pyrochlore Cd2Re2O7
    加藤 将樹, D. Huo, A. Mitsuda, Y. Isikawa, J. Sakurai, H. Sakai, H. Ohno, K. Yoshimura, S. Kambe, R. E. Walstedt
    14257 - 260, 2002年
  • Temperature induced metal-insulator transition in BixV8O16
    加藤 将樹, H. Kato, T. Waki, K. Yoshimura, K. Kosuge
    70(2)325 - 328, 2001年
  • Over-doped metallic behavior of Bi2Sr2CuOy. Synthesis of Bi-2201 with stoichiometric cation composition
    M. Kato, K. Yoshimura, K. Kosuge
    Physica C: Superconductivity and its applications, 177(1-3)52 - 56, 1991年, 英語
  • Effect of elemental substitutions on layered oxides Ba2CuGe2O7 with spin-spiral magnetism
    加藤 将樹, Y. Ueda, H. Ogawa, K. Hirota
    to be published in J. Phys.: Condens. Matter
  • Magnetic susceptibility of -carbide-type molybdenum and tungsten carbides and nitrides
    加藤 将樹, T. Waki, S. Terazawa, Y. Umemoto, Y. Tabata, Y. Murase, K. Hirota H Nakamura
    to be published in J. Mater. Sci.
  • Thermochemical characterization of layered cobaltate superconductors NaxCoO2•yH2O
    加藤 将樹, T. Ozono, K. Hirota, H. Sakurai, E. Takayama-Muromachi, H. Ohta, K. Yoshimura
    to be published in J. Mater. Sci
  • Synthesis and physical properties of pyrochlore-type oxides Bi2-xNdxRu2O7 and Pb2-xYxRu2O7 with metal-insulator crossover
    加藤 将樹, M. Ito, T. Aiba, K. Hirota
    to be published in J. Phys. Chem. Solids
  • Metal-insulator transition in BixV8O16: 51V NMR study
    加藤 将樹, T. Waki, H. Kato, K. Yoshimura
    73275 - 279
  • Tl-NMR study of pyrochlore oxide Tl2Ru2O7: observation of spin-singlet formation
    加藤 将樹, H. Sakai, K. Yoshimura, K. Kosuge
    71422 - 424
  • Magnetic and transport properties of the solid solution system La2-xSrxMnRuO6 with double perovskite structure
    加藤 将樹, M. Fang, K. Yoshimura, K. Kosuge
    317(318)136 - 140

講演・口頭発表等

  • 熱電変換素子用ぺロブスカイト型BaSn1-xTaxO3の合成と物性評価
    加藤 将樹
    セラミックス基礎科学討論会(第50回記念大会), 2012年
  • 超臨界水熱合成法を経由したTiO2(B)ナノファイバーの調製と物性評価
    加藤 将樹
    ニューセラミックス懇話会(創立40周年記念行事), 2011年
  • 層状コバルト酸化物CoNb2O6の合成と物性評価
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成23年度秋季大会(第108回講演大会), 2011年
  • 低次元構造を有するBa-In-Cu系酸化物の合成と物性評価
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成23年度秋季大会(第108回講演大会), 2011年
  • 電気伝導性酸化物La4BaCu5O13-の元素置換および酸素不定比性と物性評価
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成23年度秋季大会(第108回講演大会), 2011年
  • 超臨界水熱法を経由した高結晶性TiO2(B)ナノファイバーの合成と物性
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成23年度秋季大会(第108回講演大会), 2011年
  • IH対応の磁性金属(Fe-5Al-5Cr)/セラミックス(MgO)系複合材料の作製
    加藤 将樹
    本粉末冶金工業会第9回PM研究促進展, 2011年
  • 抗菌特性を有する亜鉛めっき鋼板の作製
    加藤 将樹
    表面処理技術協会, 2011年
  • 高強度(σb ≥ 1 GPa)と強靱性(KIC ≥ 20 MPa・m1/2)を同時に実現したパルス通電加圧焼結法(PECPS)によるアルミナ固溶ジルコニアセラミックスの作製
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成23年度春季大会(第107回講演大会), 2011年
  • パルス通電加圧焼結法(PECPS)によるカーボンナノファイバー(CNF)添加ジルコニア(3Y)強靭化アルミナ (ZTA)コンポジットの作製
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成23年度春季大会(第107回講演大会), 2011年
  • ZrO2/25mol%Al2O3固溶体セラミックスの高圧(1 GPa)焼結
    加藤 将樹
    日本材料学会極限環境フォーラム(大阪大学コンベンションセンター), 2011年
  • ピストンシリンダー型超高圧装置によるZrO2-Al2O3系固溶体セラミックスの作製
    加藤 将樹
    ニューセラミックス懇話会 第195回特別研究会, 2010年
  • アナターゼ型およびルチル型構造をもつTi1-xMxO2 (M = Nb,Ta) 化合物の合成と物性評価
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成22年度秋季大会(第106回講演大会), 2010年
  • 1次元Heisenberg型反強磁性体BaCu2Ge2O7における磁気的相互作用の元素置換効果
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成22年度秋季大会(第106回講演大会), 2010年
  • Al2O3と微粒子Ti圧粉体のカプセルフリーN2-HIPによるAl2O3/TiNコンポジットの合成同時焼結
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成22年度秋季大会(第106回講演大会), 2010年
  • HIP処理による高密度焼結パーマロイ/Mgフェライト系コンポジットの微細構造と結晶相の制御
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成22年度秋季大会(第106回講演大会), 2010年
  • IH対応磁性金属/酸化物系複合材料の作製と特性評価
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成22年度秋季大会(第106回講演大会), 2010年
  • Synthesis and physical properties of Cu oxides with low-dimensional tri-rutile and α-PbO2 type structure
    加藤 将樹
    International and Interdisciplinary Workshop on Novel Phenomena in Integrated Complex Sciences: from Non-living to Living Systems, 2010年
  • イータカーバイド型遷移金属炭化物窒化物の合成と物性
    加藤 将樹
    日本物理学会2010年秋季大会, 2010年
  • ボンド交替系Pb2V3O9粉末試料のFIRレーザーによる強磁場ESR測定
    加藤 将樹
    日本物理学会2010年秋季大会, 2010年
  • 各種高圧装置の組合わせによる磁性金属/フェライトバルクナノコンポジットの作製 - 超高圧CIP,パルス通電加圧焼結(PECPS),HIP -
    加藤 将樹
    極限環境部門委員会講演会 神戸製鋼, 2010年
  • Crossover from metallic to semiconducting behaviors in Pb2-xLnxRu2O7- (Ln = Eu, Lu, Y) compounds with pyrochlore structure
    加藤 将樹
    7th Joint Symposium between Doshisha University and Chonnam National University, 2010年
  • Synthesis and magnetic properties of Cu oxides with low-dimensional structure
    加藤 将樹
    7th Joint Symposium between Doshisha University and Chonnam National University, 2010年
  • Physical Properties of Elementally Substituted Ruthenates with Pyrochlore-type Structure
    加藤 将樹
    International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES2010), 2010年
  • Simultaneous Synthesis and Sintering of Al2O3/Mo2N Composites Using Capsule-free Nitrogen Hot Isostatic Pressing and their Characterization
    加藤 将樹
    CIMTEC2010, 2010年
  • Mgフェライト/パーマロイ磁性ナノコンポジットの作製(2)
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成22年度春季大会(第105回講演大会), 2010年
  • 低次元性構造を有するCuNb2-xMxO6 (M = Ti,Si)化合物の合成と物性評価
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成22年度春季大会(第105回講演大会), 2010年
  • パイロクロア型酸化物Pb2-xLuxRu2O7-の合成と物性評価
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成22年度春季大会(第105回講演大会), 2010年
  • 水熱処理による新規抗菌性酸化亜鉛ZnO粉体の合成と特性評価
    加藤 将樹
    第48回セラミックス基礎科学討論会, 2010年
  • 酸化チタンTiO2を助剤とした難焼結性ホウ化チタンTiB2の高密度焼結とその機械的特性
    加藤 将樹
    第48回セラミックス基礎科学討論会, 2010年
  • 層状銅酸化物における磁気的相互作用の元素置換効果
    加藤 将樹
    第48回セラミックス基礎科学討論会, 2010年
  • Fe-Al-Cr系磁性合金粒子の酸化皮膜形成機構
    加藤 将樹
    ニューセラミックス懇話会 第190回特別研究会, 2009年
  • IH対応の磁性金属/セラミックス系複合材料の作製
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成21年度秋季大会(第104回講演大会), 2009年
  • 特異な低次元構造を持つBa–Cu–In–O系化合物の合成と磁気的評価
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成21年度秋季大会(第104回講演大会), 2009年
  • Ru系パイロクロア型酸化物の元素置換効果と微視的電子物性
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成21年度秋季大会(第104回講演大会), 2009年
  • 中性子散乱実験によるCuSb2-xTaxO6の研究II
    加藤 将樹
    日本物理学会2009年度秋季大会, 2009年
  • 層状銅酸化物における磁気的相互作用の元素置換効果
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成21年度春季大会(第103回講演大会), 2009年
  • 擬一次元磁気構造を有するレニウム酸化物Y5Re2O12の合成と物性評価
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成21年度春季大会(第103回講演大会), 2009年
  • Sol-Gel法によるペロブスカイト型LaxCa1-xMnO3(x=0.02) 粉体の調製と熱電変換素子材料としての特性評価
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成21年度春季大会(第103回講演大会), 2009年
  • 水熱処理による新規抗菌性ZnO粉体の合成と特性評価
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成21年度春季大会(第103回講演大会), 2009年
  • カプセルフリー 高圧N2 HIP処理によるAl2O3/Mo2Nコンポジットの合成と特性評価-その(2)
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成21年度春季大会(第103回講演大会), 2009年
  • 高強度・高電気伝導性カーボンナノファイバーを分散させたナノコンポジット
    加藤 将樹
    日本材料学会 J-COM38, 2009年
  • 金属/フェライトナノコンポジットの作製と特性評価
    加藤 将樹
    ニューセラミックス懇話会 第185回特別研究会, 2008年
  • パルス通電加圧焼結法を用いたカーボンナノファイバー(CNF)分散セラミックス系コンポジットの作製とその特性
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成20年度秋季大会(第102回講演大会), 2008年
  • Unconventional Superconductivity and Strongly Correlated Electron Behaviors in Layered Transition Metal Oxides
    加藤 将樹
    6th Joint Symposium between Chonnam National University and Doshisha University, 2008年
  • Crossover from Metallic to Semiconducting in Pb2-xLnxRu2O7- (Ln = Sm, Eu) Compounds with Pyrochlore Structure
    加藤 将樹
    The 10th International Symposium on Multiscale, Multifunctional and Functionally Graded Materials, 2008年
  • 中性子散乱実験によるCuSb2-xTaxO6の研究
    加藤 将樹
    日本物理学会2008年度秋季大会, 2008年
  • Mechanical Properties of Simultaneously Synthesized and Consolidated Carbon Nanofiber (CNF)-Dispersed B4C Composites by Pulsed Electric-Current Pressure Sintering
    加藤 将樹
    6th International Conference on Inorganic Materials, 2008年
  • パルス通電加圧法を用いたカーボンナノファイバー (CNF)/TiB2コンポジットの作製と機械的特性
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金協会平成20年度春季大会(第101回講演大会), 2008年
  • Pb-Eu固溶系ルテニウムパイロクロア酸化物の物性
    加藤 将樹
    日本物理学会第63回年次大会, 2008年
  • 高磁気特性と高電気抵抗を有するマグネシウムフェライト材料の開発と応用
    加藤 将樹
    JSTイノベーションプラザ京都 シーズ発表会, 2008年
  • Fabrication of carbon nanofiber (CNF)/SiAlON composites by pulsed electric-current pressure sintering and their mechanical and electrical properties
    加藤 将樹
    MS&T '07 (Materials Science and Technology '07), 2008年, Detroit
  • 熱間静水圧プレス(HIP)を用いた高窒素圧下でのAl2O3/Mo2Nコンポジットの合成および物性評価(同大工)
    加藤 将樹
    第46回セラミックス基礎科学討論会, 2008年
  • Simultaneous synthesis and consolidation of carbon nanofiber (CNF)-dispersed composites by spark plasma sintering (SPS)
    加藤 将樹
    7th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology, Shanghai International Convention Center, 2007年, Shanghai, China
  • 新奇量子現象を示す層状無機セラミックスの開発
    加藤 将樹
    京都産学公連携フォーラム, 2007年
  • Ruddlesden-Popper Can+1(Mn1-xVx)nO3n+1 (n=2) 化合物粉体の調製と焼結体の熱電特性
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金平成19年度秋季大会(第99回講演大会), 2007年
  • 高圧焼結法によるMg-Fe-O酸化物フェライト/磁性金属系複合材料の作製
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金平成19年度秋季大会(第99回講演大会), 2007年
  • パルス通電加圧法を用いたカーボンナノファイバー分散/B4Cナノコンポジットの合成同時焼結と機械的特性
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金平成19年度秋季大会(第99回講演大会), 2007年
  • ハロゲンインターカレートされた層状コバルト酸化物の元素置換効果と物性評価
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金平成19年度秋季大会(第99回講演大会), 2007年
  • 金属絶縁体転移を示すNa-Ti-O系化合物の液相法による合成と特性評価
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金平成19年度秋季大会(第99回講演大会), 2007年
  • 金属絶縁体転移を示すパイロクロア型ルテニウム酸化物の合成と特性評価
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金平成19年度秋季大会(第99回講演大会), 2007年
  • 三角格子構造を有するLi-V-S系の合成と物性評価
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金平成19年度秋季大会(第99回講演大会), 2007年
  • 層状水和コバルト酸化物の合成と物性評価
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金平成19年度秋季大会(第99回講演大会), 2007年
  • パイロクロア型ルテニウム酸化物Pb2-xLnxRu2O7-δ (Ln = Sm, Eu)における金属絶縁体転移
    加藤 将樹
    日本物理学会第62回年次大会, 2007年
  • Al2O3/Mo成形体からカプセルフリーで高窒素圧下のHIP処理による高密度Al2O3/Mo2N複合材料の作製と特性評価
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金平成19年度春季大会(第98回講演大会), 2007年
  • Ruddlesden-Popper Can+1(Mn1-xVx)nO3n+1 (n=2, ∞: 0≤x≤0.04) 化合物粉体の調製と焼結体の電気・磁気特性
    加藤 将樹
    粉体粉末冶金平成19年度春季大会(第98回講演大会), 2007年
  • Metal-Insulator transition in Pb2-xLnxRu2O7- (Ln = Sm, Eu) compounds
    加藤 将樹
    The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems, 2007年, Houston, USA
  • Simultaneous Synthesis and Consolidation of W-Added ZrB2by Pulsed Electric Current Pressure Sintering and Their Mechanical Properties
    加藤 将樹
    The Sixth Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing, ICC Jeju Island, Korea

競争的資金等の研究課題

  • 金属―絶縁体転移を示すパイロクロア型酸化物における電子相関の研究
    基盤研究(C)(一般), 2010年 -2012年
  • 低次元遷移金属化合物の合成と物性
    基礎科学研究, 2004年 -2009年
  • 多重極限環境における層状遷移金属化合物の量子臨界現象
    基盤研究(C)(一般), 2007年 -2008年
  • 新奇量子現象を示す層状無機セラミックス材料の合成と評価
    若手研究(B), 2005年 -2006年
  • 金属絶縁体転移を示す新奇遷移金属化合物の研究
    若手研究(B), 2002年 -2003年
  • トリルチル型化合物CuSb2O6の低次元性に関する研究
    若手研究(B), 2000年 -2001年
  • かごめ格子をもつバナジウム酸化物における量子スピン効果
    その他, 1998年 -1999年
  • 新奇量子現象を示す層状無機セラミックスの開発
    実吉奨学会研究助成, 各種団体からの研究助成
  • 強い電子相関を示す遷移金属化合物の固体物性学的評価
    加藤科学振興会研究助成, 各種団体からの研究助成
  • カーボンナノファイバー分散ペロブスカイト系新規熱電材料の開発
    JSTシーズ発掘試験研究, 各種団体からの研究助成

研究シーズ

  • 固体化学的手法による高機能熱電材料の開発
    キーワード:機能分子
    研究テーマの分野:化学・ナノテク・素材, 環境・エネルギー, 機械・ものづくり・計測機器
  • 強い電子相関に起因する新しい物性を示す 遷移金属化合物の合成
    キーワード:物質科学:超伝導:磁性: 電子物性:電子相関:熱電効果
    研究テーマの分野:化学・ナノテク・素材, 環境・エネルギー, 電気・電子, 機械・ものづくり・計測機器
    関連研究者所属・研究者名:理工学部 機能分子・生命化学科、加藤 将樹
    概要:物質の電気・磁気的性質は、物質中の電子の振舞いで決定される。近年、電子同士の強いクーロン反発(電子相関と呼ぶ)に起因する新しい現象が注目されている。その代表例が、銅の酸化物における高温超伝導現象である。しかしながら、この電子相関は、膨大な数の電子の多体現象であり、統一的な取扱いはもちろんのこと、有効な近似方法でさえ未だ確立されていない。本研究では、物質科学の立場から、強い電子相関を有する新規物質の開発を行い、種々の現象の発現機構を解明に役立てるとともに、さらに高機能な物性(より高性能な超伝導体、磁性体等)を見出すことを目的とする。
    使用用途、応用例等:電力輸送、電力貯蔵等に用いられる超伝導材料、高密度焼結体として得られる磁性材料、高効率熱電材料。
    備考:新規遷移金属酸化物における物質探索とともに、従来のセラミックス磁性・超伝導材料の実用化には線材化や高強度化も大きな課題であり、他の材料との複合化による解決を試みる。