若生 正和
ワコウ マサカズ
グローバル地域文化学部グローバル地域文化学科
准教授
Last Updated :2022/12/05

研究者情報

研究キーワード

  • 日韓対照研究(文法) 日本語教育
  • Contrastive study of Japanese and Korean Grammar Japanese as Second Language

研究分野

  • 人文・社会 / 言語学

経歴

  • - 大阪教育大学国際センター准教授, 2010年 -
  • - Associate Professor, International Center, Osaka Kyoiku University, 2010年 -
  • - 大阪教育大学留学生センター講師, 2004年 -
  • 大阪教育大学 国際センター, 准教授, -

学歴

  • 東北大学, 国際文化研究科, 国際文化交流論(異文化間教育論), - 2004年
  • 東北大学, Graduate School, Division of International Culture, Intercultural Relations (Department of Cross-Cultural Education), - 2004年

学位

  • 博士(国際文化), 東北大学
  • 修士(国際文化), 東北大学

所属学協会

  • 日本認知言語学会
  • 日本言語学会
  • The Japanese Cognitive Linguistics Association
  • The Linguistic Society of Japan

MISC

  • 韓国の教育大学からの海外インターンシップ受け入れ:その効果と意義
    大阪教育大学国際センター国際センター年報, (19) 29 - 36, 2014年
  • 短期留学生の留学動機づけと進路選択に関するインタビュー調査
    若生 正和
    大阪教育大学大阪教育大学紀要第Ⅳ部門 教育科学, 大阪教育大学, 62(2) 181 - 191, 2014年
  • An Interview Based Survey of Motivation and Career of Short-term International Students
    Osaka Kyoiku UniversityMemoirs of Osaka Kyoiku UniversitySer. IV Education, Psychology, Special Needs Education and Physical Education, 62(2) 181 - 191, 2014年
  • 留学生の使用する日本語に見られる諸特徴:中間言語分析の観点から
    若生 正和
    大阪教育大学大阪教育大学紀要第Ⅰ部門 人文科学, 大阪教育大学, 61(1) 35 - 40, 2012年
  • 日本留学の動機・体験・効果:交換留学生を中心に
    若生 正和; 長谷川 ユリ; 中山 あおい
    大阪教育大学大阪教育大学紀要 第Ⅳ部門, 大阪教育大学, 61(1) 169 - 184, 2012年
  • 韓国人日本語学習者による場所の格助詞「に」と「で」の選択に関する研究
    大阪教育大学紀要第Ⅰ部門 人文科学, 60(2) 91 - 99, 2012年
  • ビデオ通話システム(スカイプ)を利用した留学生の英語授業参加
    国際センター年報, (18) 15 - 26, 2012年
  • Some Characteristics of Japanese spoken by JSL Learners: From a Viewpoint of Interlaguage Research
    Osaka Kyoiku UniversityMomoirs of Osaka Kyoiku University Ser.I Humanities., 61(1) 35 - 40, 2012年
  • 日本留学の動機・体験・効果 : 交換留学生を中心に
    若生 正和; 長谷川 ユリ; 中山 あおい
    大阪教育大学紀要. 第4部門, 教育科学, 大阪教育大学, 61(1) 169 - 184, 2012年
  • 韓国人日本語学習者による場所の格助詞「に」と「で」の選択に関する研究
    若生 正和
    大阪教育大学紀要. 第2部門, 社会科学・生活科学, 大阪教育大学, 60(2) 91 - 99, 2012年
  • ソウル教育大学グローバルインターンシップ受入れ報告-実習校担当教員のアンケートをもとに
    大阪教育大学国際センター国際センター年報, (17) 25 - 40, 2011年
  • 「んです」が多いんです:韓国人日本語学習者の文末丁寧表現の考察
    若生 正和
    大阪教育大学大阪教育大学紀要 第Ⅰ部門(人文科学), 大阪教育大学, 59(02) 129 - 139, 2011年
  • A Case Study of Over Usage of ndesu: Through the Korean JSL Learner's Conversational Data
    Osaka Kyoiku UniversityMemoirs of Osaka Kyoiku University, Ser. I (Humanities), 59(02) 129 - 139, 2011年
  • 韓国嶺南地方における文化体験研修の成果と課題
    大阪教育大学国際センター国際センター年報, 32-39, 2010年
  • 韓国人日本語学習者の誤用分析
    大阪教育大学大阪教育大学紀要 第Ⅰ部門(人文科学), 59(01) 109 - 119, 2010年
  • 韓国人日本語学習者の誤用分析
    若生 正和
    大阪教育大学紀要 1 人文科学, 大阪教育大学, 59(01) 109 - 119, 2010年
  • 大阪教育大学におけるチューター制度の現状と課題-留学生に対するアンケート調査の結果と分析-
    大阪教育大学国際センター国際センター年報, (15) 34 - 42, 2009年
  • 渡日・帰国した児童生徒と交流する留学生に見た潜在力と可能性
    大阪教育大学留学生センター, (14) 26 - 32, 2008年
  • 日本語と韓国語の漢字表記語の対照研究-漢語動名詞を中心に-
    若生 正和
    大阪教育大学大阪教育大学紀要第Ⅰ部門 人文科学, 大阪教育大学, 56(2) 69 - 83, 2008年
  • A Comparative Study of Sino-Korean and Sino-Japanese Verbal Nouns
    Osaka Kyoiku UniversityMemoirs of Osaka Kyoiku University Ser. I Humanities, 56(2) 69 - 83, 2008年
  • チューターへのアンケート 結果及び分析
    大阪教育大学留学生センター留学生センター紀要 留学生教育, (13) 41 - 49, 2007年
  • 韓国語アスペクト形式‘-고 있다 (-ko issta)’と時の副詞との共起可能性について
    若生 正和
    大阪教育大学紀要 第I部門 人文科学, 大阪教育大学, 55(2) 85 - 100, 2007年
  • On the Co-occurrence of Korean Aspect Form '-ko issta' and Temporal Adverbs
    Memoirs of Osaka Kyoiku University (Ser I Humanities), 55(2) 85 - 100, 2007年
  • 韓国語時制辞の時空間再構成機能:日本語との対照研究の観点から
    国際文化研究(東北大学国際文化学会), (8) 189 - 202, 2001年

書籍等出版物

  • 日韓漢字動名詞の対照研究 日本語能力試験3・4級語彙を中心に
    明石書店朝鮮半島のことばと社会 油谷幸利先生還暦記念論文集, 2009年
  • 韓国語副詞句がアスペクト形式に与える生起制約と意味制約:日本語との対照を通じて
    ひつじ書房『対照言語学の新展開』, 2004年
  • How Korean Adverbial Phrases Constrain Aspectual Expressions: A Contrastive Study with Japanese
    Hitsuji Shobo"Taisyo Gengogaku no Shin Tenkai (A New Phase of Contrastive Linguistics)", 2004年
  • From Progressive to Perfect: A Corpus-based Study of the 'Perfect' Meaning of the Korean Progressive Form '-ko iss-'
    CSLI Publications"Japanese/Korean Linguistics 12", 2003年
  • Reconstructing Temporal Structures in Korean Texts: A Contrastive Study with Japanese
    CSLI Publications"Japanese/Korean Linguistics 11", 2003年
  • From Progressive to Perfect: A Corpus-based Study of the 'Perfect' Meaning of the Korean Progressive Form '-ko iss-'
    CSLI Publications"Japanese/Korean Linguistics 12", 2003年
  • Reconstructing Temporal Structures in Korean Texts: A Contrastive Study with Japanese
    CSLI Publications"Japanese/Korean Linguistics 11", 2003年

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 漢字表記語彙の韓国語・日本語対照研究
    2006年, 競争的資金
  • Comparative Study of Sino-Korean and Sino-Japanese Vocabularies
    2006年, 競争的資金
  • テンス・アスペクト形式の韓国語・日本語対照研究
    2000年, 競争的資金
  • Camparative Study of Korean and Japanese Tense/Aspect Forms
    2000年, 競争的資金