KUTSUWADA Ryuzo
Faculty of Social Studies Department of Sociology
Associate Professor
Last Updated :2022/12/04

Researcher Profile and Settings

    Profile

    1995年3月 東京大学文学部社会学科卒業
    1998年3月 東京大学人文社会系研究科社会文化研究専攻社会学専門分野修士課程修了
    2001年3月 東京大学人文社会系研究科社会文化研究専攻社会学専門分野博士課程単位取得満期退学
    2001年4月~2004年3月 日本学術振興会特別研究員(東京大学人文社会系研究科所属)
    2002年4月~2004年3月 二松学舎大学国際政治経済学部非常勤講師
    2003年4月~2003年9月 富山大学人文学部非常勤講師
    2004年4月~2011年3月 吉備国際大学社会学部国際社会学科専任講師
    2011年4月~2013年3月 吉備国際大学社会学部国際社会学科准教授
    2013年4月~2018年3月 吉備国際大学社会科学部経営社会学科准教授
    2014年4月~2018年3月 吉備国際大学大学院社会学研究科准教授
    2018年4月~現在 同志社大学社会学部社会学科准教授

    Research Areas

    • Humanities & social sciences / Sociology

    Association Memberships

    • JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY

    Published Papers

    • コロナ禍後の暮らしと社会の変容―「兵庫県 新型コロナウイルス流行と暮らしについての調査」報告
      ひょうご震災記念21世紀研究機構編『兵庫県 ポストコロナ社会における新たな生活スタイル研究委員会 研究調査報告書』, 24 - 64, Mar. 2021
    • 若者の幸福とトランスローカリティ
      轡田竜蔵
      後藤・安田記念東京都市研究所『都市問題』, vol.111(2020年1月) 21 - 26, Jan. 2020, Scientific journal
    • 地方暮らしの若者のバリエーションを捉える―青森20-30代調査と広島20-30代調査の比較から
      轡田竜蔵
      トランスローカリティ研究会『「青森20-30代住民意識調査」報告書』公益財団法人マツダ財団, 109 - 123, Dec. 2018
    • サイレント・マジョリティを思考すること―広島20-30代調査から
      轡田竜蔵
      川端浩平・安藤丈将編『サイレント・マジョリティとは誰か―フィールドから学ぶ地域社会学』, 19 - 42, Dec. 2018
    • 地方に暮らす若者の意識―地方中枢拠点都市と周辺部との比較から
      轡田竜蔵
      Bussiness Labor Trend, 28 - 31, May 2016, Symposium
    • 留学生は「グローバル人材」でなくてはならないのか
      轡田竜蔵
      北京市月壇中学校編『教育の国際化と特色のある学校づくり』, 47 - 64, Sep. 2013, International conference proceedings
    • 岡山県内における性的被害の実態―女子大生に対するアンケート調査から
      轡田竜蔵
      内閣府「平成23年度地域における男女共同参画連携支援事業」報告書(別冊), 1 - 39, Mar. 2012
    • インタビュー調査
      轡田竜蔵
      金井雅之・小林盾・渡邉大輔編『社会調査の応用』弘文堂, Jan. 2012
    • グローバリゼーションのなかの地元志向現象―社会的包摂モデルと社会的排除モデルのあいだ
      轡田竜蔵
      『KG/GP 社会学批評(No.4)』関西学院大学大学院社会学研究科, 119 - 129, Mar. 2011, Scientific journal
    • 過剰包摂される地元志向の若者たち
      轡田竜蔵
      樋口明彦・上村泰裕・平塚眞樹編『若者問題と教育・雇用・社会保障』法政大学出版局, 183 - 212, Feb. 2011, Scientific journal
    • 地元志向と社会的包摂/排除
      轡田竜蔵
      樋口明彦編『若者問題の比較分析―東アジアの国際比較と国内地域比較の視点』(法政大学科研費プロジェクト「公共圏と規範理論」論文集), 151 - 170, Mar. 2009, Scientific journal
    • 嫌悪中国人的表象
      轡田竜蔵
      陳光興・李朝津編『反思≪台灣論≫』(台社論壇、台灣), 103 - 111, Dec. 2005, Scientific journal
    • トランスナショナリズムの論理と中国人主体
      轡田竜蔵
      『比較文明(no.19)』比較文明学会学会誌, Dec. 2004, Scientific journal
    • ポストコロニアリズムと社会学
      轡田竜蔵
      野村一夫編『子犬に語る社会学入門』洋泉社, Oct. 2003
    • トランスナショナリズムの逆説―誰が中国ナショナリズムを構築しているのか
      轡田竜蔵
      青木保・姜尚中編『アジア新世紀7 パワー』岩波書店, 94 - 111, May 2003, Scientific journal
    • <南京大虐殺>論争
      轡田竜蔵
      高橋哲哉編『<歴史認識>論争』作品社, Oct. 2002
    • ナショナリズム/国民国家論―隔離される第三世界ナショナリズム
      轡田竜蔵
      姜尚中編『思想読本 ポストコロニアリズム』作品社, Nov. 2001
    • <平凡なナショナリズム>と<第三世界ナショナリズム>のあいだ
      轡田竜蔵
      『現代思想』(2001年11月号), Nov. 2001, Scientific journal
    • 中国人嫌悪の表象
      轡田竜蔵
      東アジア文史哲ネットワーク編『≪台湾論≫を超えて』作品社, Mar. 2001
    • 台湾でも『台湾論』論争が始まった
      轡田竜蔵
      東アジア文史哲ネットワーク編『≪台灣論≫を超えて』作品社, 223 - 233, Mar. 2001
    • 来日中国人における文化的アイデンティティ
      轡田竜蔵
      東京大学人文社会研究科学位論文, Dec. 1997, Others
    • グローバリゼーション、移住/定住
      轡田竜蔵
      『KG/GP 社会学批評(No.4)』関西学院大学大学院社会学研究科, 78 - 95

    Books etc

    • コロナ時代の仕事・家族・コミュニティ
      鳥越皓之; 足立重和; 谷村要編
      ミネルヴァ書房, Mar. 2022, Contributor, 「第2章 コロナ禍後の暮らしと社会の変容ー『兵庫県 新型コロナウイルス流行と暮らしに関する調査』報告」(p33~68)
    • 場所から問う若者文化-ポストアーバン化時代の若者論
      木村絵里子; 轡田竜蔵; 牧野智和
      晃洋書房, Mar. 2021, Joint editor, 「終章 ポストアーバン化時代の若者論へ」(p163~180), Scholarly book
    • サイレント・マジョリティとは誰か : フィールドから学ぶ地域社会学
      川端, 浩平; 安藤, 丈将; 轡田, 竜蔵; 芦田, 裕介; 打越, 正行; 白石, 壮一郎; 稲津, 秀樹; 大橋, 史恵
      ナカニシヤ出版, Dec. 2018, 「第1章 サイレント・マジョリティを思考すること―広島20-30代調査から」(p19-42)
    • 地方暮らしの幸福と若者
      轡田, 竜蔵
      勁草書房, Feb. 2017, Single work
    • 『広島20-30代住民意識調査報告書(統計分析篇)』(公益財団法人マツダ財団委託研究)
      轡田竜蔵
      http://mzaidan.mazda.co.jp/publication/index.htmlにてPDF版で全文公開。, 公益財団法人マツダ財団, Jul. 2015, Single work, 1-164

    Presentations

    • トランスローカリティ・モデル
      轡田竜蔵
      日本社会学会大会(甲南大学), Sep. 2018, Oral presentation
    • 地方暮らしと若者の意識
      轡田竜蔵
      日本教育社会学会 第68回大会, 18 Sep. 2016, Nominated symposium
    • 地方に暮らす若者の意識―地方中枢拠点都市と周辺部の比較から
      轡田竜蔵
      『移動する若者/移動しない若者~実態と問題を掘り下げる~』日本労働政策研究・研修機構/日本学術会議 主催シンポジウム, 14 Nov. 2015, Nominated symposium

    Teaching Experience

    • 社会調査実習
      同志社大学,吉備国際大学
    • 社会学研究法
      同志社大学
    • 地域社会学
      同志社大学
    • 地域社会研究
      同志社大学大学院
    • グローバリゼーションの社会学
      吉備国際大学
    • 社会調査法
      吉備国際大学