URYUHARA Yoko
Faculty of Commerce Department of Commerce
Professor
Last Updated :2022/12/05

Researcher Profile and Settings

    Profile

    同志社大学商学部 教授、ソーシャルマーケティング研究センター センター長。

    京都大学大学院医学研究科,京都府立医科大学 非常勤講師。日本学術会議 連携会員,EURAM(欧州経営学会)日本代表、公益社団法人日本臓器移植ネットワーク理事・広報委員長などを兼務。
    専門領域は,ソーシャルマーケティング、行動変変容マネジメント、戦略マネジメント、組織行動論、移植医療の社会的価値の普及と社会基盤の確立。

    薬学部卒後、外資系製薬企業(Novartis, Eli Lilly)に20年間勤務し、臨床開発、戦略企画、マーケティング、広報、医療政策などに従事。その後、医療コンサルティング会社代表を務める。Novartisスイス本社在職中、欧州における移植医療の社会基盤を研究し「プロ意識を促す組織変革」の重要性を認識したのを機に経営学を志す。

    神戸大学大学院経営学研究科でMBAと博士号(経営学)を取得後、大阪大学大学院医学系研究科外科系臨床医学専攻博士課程を経て、2013年4月に京都大学大学院医学研究科 助教。2014年4月より同志社大学。

    主な著書に『行動科学でより良い社会をつくる』(文眞堂, 2021)、Broadening Cultural Horizons in Social Marketing (Springer, 2020, 分担執筆),『経営組織入門』(文眞堂, 2020, 分担執筆),『医療の組織イノベーション』(中央経済社, 2012)などがある。

    受賞歴は、第1回・第3回凌霜賞(2008年、2010年)、臨床腎移植学会メディカルスタッフ研究優秀賞(2015年)、吉田秀雄賞(2018年)、日本移植学会岩城賞(2022年)など。報道番組のゲストコメンテーター,メディア取材,招待講演多数。

    2015年4月より、ソーシャルマーケティングの理論と実践を学べる唯一の研究室を構築し、2021年4月、ソーシャルマーケティング研究のアジア・日本拠点として、「同志社大学ソーシャルマーケティング研究センター」を創設。

    ソーシャルグッドな行動を増やすアプローチ方法を学際的・重層的・創造的に研究し、その知見を社会に実装することで、学術研究の進展と社会課題の解決・SDGsの達成に寄与することを志している。

    Research Interests

    • prosocial behavior
    • motivation
    • 組織行動
    • 移植医療
    • ヘルスケア
    • 戦略マネジメント
    • 組織イノベーション
    • ソーシャルマーケテイング
    • 行動変容

    Research Areas

    • Humanities & social sciences / Commerce / ソーシャルマーケティング
    • Humanities & social sciences / Business administration / 経営戦略論,組織行動論
    • Humanities & social sciences / Business administration / 人的資源管理
    • Life sciences / Healthcare management, medical sociology

    Research Experience

    • Doshisha University, Faculty of Commerce, Professor, 2022/04 - Today
    • The Social Marketing Research Centre, Doshisha University, Founding director, 2021/04 - Today
    • 日本学術会議, 第25期連携会員, 2020/10 - Today
    • Kyoto Prefectural University of Medicine, 非常勤講師, 2019/04 - Today
    • 京都大学大学院, 医学研究科, 非常勤講師, 2014/04 - Today
    • Doshisha University, Faculty of Commerce, 准教授, 2014/04 - 2022/03
    • 日本学術会議, 第24期連携会員, 2017/10 - 2020/09
    • 大阪大学大阪大学大学院医学系研究科, 特任研究員, 2014/04 - 2018/03
    • 京都大学大学院, 医学研究科, 助教, 2013/04 - 2014/03
    • 京都大学大学院, 薬学研究科, 博士研究員, 2012/04 - 2013/03
    • メディカル・バリュー・クリエーション, 代表, 2009/10 - 2013/03
    • 日本イーライリリー株式会社, 2007/09 - 2009/09
    • ノバルティスファーマ株式会社(Novartisスイス本社勤務含む), 1989/04 - 2007/08

    Education

    • 大阪大学大学院, 医学系研究科外科系臨床医学専攻(博士課程), 2011/04 - 2013/03
    • Kobe University, Graduate School of Business Administration, Division of Management Theory in Practice, 2008/04 - 2011/03
    • Kobe University, Graduate School of Business Administration, Division of Management Theory in Practice, 2006/04 - 2008/03

    Association Memberships

    • 日本ヘルスマーケティング学会, Oct. 2021, 9999
    • JAPANESE SOCIETY OF PUBLIC HEALTH
    • Japanese Society for the Political Economy of Health and Health Care
    • JAPAN SOCIETY FOR HEALTHCARE ADMINISTRATION
    • JAPAN SOCIETY FOR HEALTH CARE MANAGEMENT
    • JAPAN NPO RESEARCH ASSOCIATION
    • Japan Marketing Academy
    • European Society for Organ Transplantation
    • Australian Association of Social Marketing
    • International Social Marketing Association
    • 日本移植学会
    • 日本労務学会
    • 日本経営学会
    • European Academy of Management
    • Academy of Management
    • 日本医療マネジメント学会

    Committee Memberships

    • 国際委員, 2022/10 - Today, 日本経営学会
    • エグゼクティブ・アドバイザー, 2022/07 - Today, 一般社団法人スマートシティ・インスティチュート, Others
    • 調査事業に係る外部評価委員, 2022/07 - Today, 厚生労働省, Government
    • 運営委員, 2021/10 - Today, 日本ヘルスマーケティング学会, Society
    • 第25期連携会員, 2020/10 - Today, 日本学術会議, Government
    • 代議員, 2018/10 - Today, 一般社団法人 日本移植学会, Society
    • 理事, 2017/06 - Today, (公社) 日本臓器移植ネットワーク, Others
    • 広報委員長, 2017/06 - Today, (公社) 日本臓器移植ネットワーク, Others
    • 理事、日本代表, 2017/06 - Today, European Academy of Management, Society
    • 課題評価委員, 2015/10 - Today, AMED, Government
    • 第24期連携会員, 2017/10 - 2020/09, 日本学術会議, Government
    • 理事, 2014/04 - 2017/03, (一社)健康・医療・教育情報評価推進機構, Others
    • 評議員, 2011/10 - 2015/09, 日本移植学会評議員, Society

    Awards

    • 岩城賞
      Oct. 2022, 日本移植学会
    • 第16回 吉田秀雄賞
      Oct. 2018, 公益財団法人吉田秀雄記念事業財団, 「ソーシャルマーケティングによる 移植医療の課題解決 ~臓器提供意思表示率の向上~」
    • 第48回臨床腎移植学会メディカルスタッフ研究優秀賞
      Feb. 2015, 日本臨床腎移植学会, 「意思表示に関する 行動変容メカニズムの解明」
    • 第3回凌霜賞(財団法人神戸大学六甲台後援会 社会科学特別奨励賞)
      Jun. 2010, Japan
    • 第1回凌霜賞(財団法人神戸大学六甲台後援会 社会科学特別奨励賞)
      Jun. 2008, Japan
    • 第4回(平成19年度)神戸大学MBA論文賞受賞
      Mar. 2008

    Published Papers

    • 人生100年時代を支える医療イノベーションと医療のエコ活動
      瓜生原葉子
      同志社商学, 74(2), Sep. 2022
    • ソーシャルマーケティングとソーシャルグッドに関する考察
      瓜生原葉子
      同志社商学, 74(1), Jun. 2022
    • マイナンバーカードの普及に対するソーシャルマーケティングの活用
      瓜生原葉子
      同志社商学, 73(5) 45 - 69, Mar. 2022, Research institution
    • Decision-making regarding organ donation after brain death in children in Japan
      西山和孝; 瓜生原葉子; 多田羅竜平; 種市尋宙; 日沼千尋; 別所晶子; 荒木尚
      日本救急医学会雑誌, 33(2) 85 - 91, Feb. 2022, Scientific journal
    • Key guidelines developing a pre-emptive COVID-19 vaccination uptake promotion strategy
      瓜生原葉子
      The Doshisha Business Review, 73(3) 155 - 173, Nov. 2021, Research institution
    • Results of a survey on COVID-19 for undergraduate students (part1)
      Yoko Uryuhara
      The Doshisha Business Review, 73(3) 143 - 154, Nov. 2021, Research institution
    • 緊急事態宣言下のテレワーク意図に影響を与える因子
      瓜生原葉子
      同志社商学, 73(2) 583 - 607, Sep. 2021, In book
    • Elucidating common factors to promote indicating their will to donate organs among countries with opt-in systems
      瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会雑誌, (一社)日本臨床腎移植学会, 9(1) 73 - 80, Jul. 2021, Scientific journal
    • Development of an attractive tool to lead junior high school students to express their will
      大西崚介; 瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会雑誌, (一社)日本臨床腎移植学会, 9(1) 81 - 88, Jul. 2021, Scientific journal
    • 新型コロナワクチンの接種意向とその影響因子-就業者に対する調査結果-
      瓜生原葉子
      同志社商学, 73(1) 131 - 151, Jun. 2021, Research institution
    • ポストコロナ時代の共創価値創出への行動変容-企業における「社内新規事業提案行動」に関する調査結果-
      瓜生原葉子; 大西崚介
      同志社商学, 73(1) 203 - 219, Jun. 2021, Research institution
    • Awareness survey about “Brain dead organ donation” : What the younger generation is thinking about now ? -From the questionnaire results of high school and university students in Fukushima Prefecture.
      山内 麻里子; 西野 結愛; 伊藤 瑞歩; 稲田 賢嗣; 大田 裕介; 齋藤 周也; 齋藤 直人; 瓜生原 葉子; 丸橋 繁
      Organ Biology, (一社)日本臓器保存生物医学会, 28(1) 59 - 66, Jan. 2021
    • Evidence Based Enlightenment activities
      Yoko Uryuhara
      Kidney and Dialysis, (株)東京医学社, 89(6) 912 - 918, Dec. 2020
    • Social Marketing: History, Definition, Criteria and Processes
      Yoko Uryuhara
      Doshisha Shougaku, 72(3) 61 - 86, Nov. 2020, Research institution
    • Exploring Mechanisms of Prosocial Behaviour : Regarding the Declaration of Intent to Donate Organs
      瓜生原 葉子
      同志社商学 = The Doshisha business review, 同志社大学商学会, 71(5) 1149 - 1177, Mar. 2020, Research institution
    • Results of An International Comparative Study of Attitudes in and Declarations for Organ Donation(3)
      瓜生原 葉子
      同志社商学 = The Doshisha business review, 同志社大学商学会, 71(4) 817 - 834, Jan. 2020
    • International Comparison of Changes in Prosocial Behavior : A Case of Declaration of Intent for Organ Donation
      Uryuhara Yoko
      同志社商学 = The Doshisha business review, Alternative:Doshisha Daigaku Shogakkai, 71(4) 705 - 744, Jan. 2020
    • Development of an attractive tool to lead high school students to express their will
      大迫 夕莉; 瓜生原 葉子
      日本臨床腎移植学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Clinical Renal Transplantation, 日本臨床腎移植学会, 7(2) 242 - 249, Dec. 2019
    • Results of An International Comparative Study of Attitudes in and Declarations for Organ Donation(2)
      瓜生原 葉子
      同志社商学 = The Doshisha business review, 同志社大学商学会, 71(3) 571 - 590, Nov. 2019
    • Results of An International Comparative Study of Attitudes in and Declarations for Organ Donation(1)
      Uryuhara Yoko
      同志社商学, Alternative:Doshisha Daigaku Shogakkai, 71(2) 379 - 404, Sep. 2019
    • An Empirical Research on Knowledge Contributing to Changes in Attitudes and Behaviors
      Uryuhara Yoko
      同志社商学, Alternative:Doshisha Daigaku Shogakkai, 71(2) 327 - 357, Sep. 2019
    • 臓器提供意思表示への行動変容を支える
      瓜生原葉子
      日本移植・再生医療看護学会誌, 14(1) 8 - 18, Jun. 2019, Scientific journal
    • Promoting Behavior Changes of Citizens by Collaboration with Local Governments
      Uryuhara Yoko
      同志社商学 = The Doshisha business review, Alternative:Doshisha Daigaku Shogakkai, 71(1) 133 - 154, Jun. 2019
    • Literature Review on High-involved Type Prosocial Behavior
      Uryuhara Yoko
      同志社商学 = The Doshisha business review, Alternative:Doshisha Daigaku Shogakkai, 71(1) 197 - 222, Jun. 2019
    • 行動変容のメカニズムと政策的含意
      八木匡; 瓜生原葉子
      行動経済学, 12 26 - 36, Dec. 2018, Scientific journal
    • Behavioral Change Induced by Social Marketing
      Uryuhara Yoko
      同志社商学 = The Doshisha business review, Alternative:Doshisha Daigaku Shogakkai, 70(3) 407 - 435, Nov. 2018
    • Exploratory development of an attractive tool to measure effects of awareness raising activities
      横田貴仁; 瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会雑誌, 日本臨床腎移植学会, 6(1) 42 - 47, Jul. 2018
    • “Effectiveness of Stages-of-Change Model On Declaration of Intent for Organ Donation“
      Yoko Uryuhara
      Proceedings of the International Social Marketing Conference 2018, Singapore,, 1 - 20, Jul. 2018
    • “Professionalism of Transplant Coordinators to Improve Organ Shortage Problem “
      Yoko Uryuhara
      Proceedings of the European Academy of Management 2018, Iceland,, 1 - 20, Jun. 2018
    • Do CSR Activities of Pharmaceutical Companies Influence Physicians' Intention to Prescribe?
      Uryuhara Yoko
      同志社商学 = The Doshisha business review, Alternative:Doshisha Daigaku Shogakkai, 69(5) 885 - 897, Mar. 2018
    • An Empirical Study of Stages-of-Change Model by Action Research Method : Focus on Declaration of Intent to Donate Organs or Not
      Uryuhara Yoko
      同志社商学 = The Doshisha business review, Alternative:Doshisha Daigaku Shogakkai, 69(6) 1205 - 1230, Mar. 2018
    • 「ソーシャルマーケティングによる移植医療の課題解決〜臓器提供意思表示率の向上〜」
      瓜生原葉子; 岡田彩
      平成28年度吉田英雄記念事業財団助成最終報告書, Mar. 2018
    • 「製薬企業の CSR 活動は医師の処方意向に影響を与えるのか」
      瓜生原葉子
      『同志社商学』, 69(5) 343 - 353, Mar. 2018
    • 「アクションリサーチによる行動変容の実証 ─臓器提供意思表示を一例として─」
      瓜生原葉子
      『同志社商学』, 69(6) 203 - 228, Mar. 2018
    • 医療の質評価と人材育成
      瓜生原 葉子
      經營學論集, 日本経営学会, 88(0) 16 - 23, 2018
    • 戦略オーケストラ 臓器提供増加に資する総合戦略
      瓜生原葉子
      『肝胆膵』, (株)アークメディア, 72(3) 405 - 417, Mar. 2016
    • 「援助行動の変容メカニズムに関する考察−臓器提供意思表示を一例として−」
      瓜生原葉子
      日本経営学会第89回大会報告要旨集, 163 - 166, 2015
    • 「バリュー・クリエーション・マネジメント」
      瓜生原葉子
      『同志社商学』, 67(1) 107 - 109, 2015
    • Awareness survey of Healthcare Number System pros and cons according to medical doctors in Japan
      Yoshimitsu Takahashi; Yoko Uryuhara; Machiko Inoue; Shigeru Okamoto; Hidenori Kashihara; Kumiko Kito; Keiko Shinohara; Marie Mandai; Miho Morioka; Shiro Tanaka; Koji Kawakami; Takeo Nakayama
      [Nihon kōshū eisei zasshi] Japanese journal of public health, Japanese Society of Public Health, 62(7) 325 - 337, 2015, Scientific journal
    • 海外の臓器提供事情 質の均一化を目指した戦略的協働 欧州諸国の臓器提供増加への取り組み
      瓜生原葉子
      今日の移植, 27(4) 101 - 107, Jul. 2014
    • Professionalism and human resource management of donor coordinators: Results of an international comparison
      Y. Uryuhara
      Transplantation Proceedings, 46(4) 1054 - 1056, May 2014, International conference proceedings
    • September : How to Train and Develop the High-Performers through Professionalism
      瓜生原 葉子; 太田 肇
      国際産研 = Journal of international industrial relations, 国際産業関係研究所, (32) 49 - 75, Jun. 2013
    • Management of the Local Governments : A Case Study of Hiroshima Prefectural Office
      Shimada Tomoaki; Uryuhara Yoko; Yuzaki Hidehiko
      Journal of economics and business administration, Kobe University, 207(4) 71 - 86, Apr. 2013
    • 【拡大臓器提供推進委員会2012年度】 諸外国における臓器提供推進システム 制度、組織行動の視点から
      瓜生原 葉子
      移植, (一社)日本移植学会, 48(1) 6 - 12, 10 Mar. 2013, Scientific journal
    • 「企業価値の向上に寄与する医薬品企業のCSR活動についての考察」
      瓜生原葉子
      『新しい資本主義と企業経営』千倉書房,日本経営学会編, 551 - 552, 2013
    • 「諸外国におけるDonor Actionの有用性に関する質的調査結果」
      瓜生原葉子
      服部元史・吉村了勇編『腎移植症例集2012』日本医学館, 202 - 204, Sep. 2012
    • 「プロフェッショナリズムとその醸成に関する考察―移植医療の現場を一例として―」
      瓜生原葉子
      日本経営学会編『リーマン・ショック後の企業経営と経営学』, 208 - 209, Sep. 2012
    • 「社会イノベーションにおける研究者の役割」
      瓜生原葉子
      『ビジネスインサイト』, 20(2) 8 - 11, 2012
    • An exploratory study on the effects of a pharmaceutical company's CSR activities on doctors' decision regarding prescription drug
      島田 智明; 瓜生原 葉子
      Journal of health care and society, 医療科学研究所, 21(2) 189 - 203, Jul. 2011
    • 「プロフェッショナリズムとその醸成に関する考察―移植医療の現場を一例として―」
      瓜生原葉子
      『神戸大学大学院 経営学 博士論文』, 1 - 260, 2011
    • 「改正臓器移植法の施行に伴う社会システムの改善」
      瓜生原葉子
      『医学のあゆみ』, 237(5) 239 - 245, 2011
    • 「欧州のpresumed consent方式臓器提供における重要点」
      瓜生原葉子
      高橋公太・堀見忠司編『腎移植症例集2010』日本医学館, 368 - 371, Sep. 2010
    • グローバル市場における内資系製薬企業の戦略的ポジショニング
      島田 智明; 瓜生原 葉子
      経済セミナー, 日本評論社, (654) 61 - 65, Jun. 2010
    • Competition with generic drugs in the global market: a case study of four large Japanese pharmaceutical companies
      Shimada Tomoaki; Uryuhara Yoko
      Journal of economics & business administration, Kobe University, 201(3) 95 - 112, Mar. 2010
    • Competition with Generic Drugs in the Global Market : A Case Study of Four Large Japanese Pharmaceutical Companies
      島田 智明; 瓜生原 葉子
      国民経済雑誌, 神戸大学経済経営学会, 201(3) 95 - 112, Mar. 2010
    • 「プロフェッショナルの形成に関する考察〜移植医療の現場を一例として〜」
      瓜生原葉子
      『神戸大学大学院 経営学 博士後期課程第二論文』, 1 - 69, 2010
    • 「グローバル市場における後発医薬品の競争:内資系大手製薬企業4社の事例研究」
      島田智明; 瓜生原葉子
      『国民経済雑誌』, 201(3) 95 - 112, 2010
    • 「2010年問題をチャンスに変える」
      島田智明; 瓜生原葉子
      『Monthlyミクス』, 38(8) 24 - 27, 2010
    • Evaluation of CSR Activities in a Qualitative Approach : An Example of Analyzing Processes in Joint Research with a Company
      島田 智明; 瓜生原 葉子
      国民経済雑誌, 神戸大学経済経営学会, 199(5) 61 - 78, May 2009
    • 「臓器提供病院における院内コーディネーターの重要性:院内コーディネーターの日欧比較と考察」
      瓜生原葉子
      『日本腹部救急医学会雑誌』, 29(4) 639 - 644, 2009
    • 「臓器提供数増加を目指した社会システムの構築〜院内コーディネーターの職務特性に関する日欧比較と考察〜」
      瓜生原葉子
      『神戸大学大学院 経営学 専門職学位論文』, 1 - 100, 2007
    • Approaches to Solve Organ Shortage in European Countries
      URYUHARA Yoko; HASEGAWA Tomonori; TAKAHASHI Kota; SUZUKI Kazuo; FUJITA Tamio; TAKAHARA Shiro; YOSHIDA Katsunori; AIKAWA Atsushi; SHINOZAKI Naoshi; ASAKAWA Kazuo; OHSHIMA Shinichi
      『移植』, 39(2) 145 - 162, Apr. 2004
    • Neoral® (Cyclosporin microemulsion preconcentrate): Pharmacokinetics, pharmacodynamics and its improved clinical outcome
      Y. Nishi
      Folia Pharmacologica Japonica, 118(2) 107 - 115, 2001

    MISC

    • なぜ今ヘルスマーケティングか 社会価値を共創するソーシャルマーケティングの実装事例
      瓜生原 葉子
      ヘルスコミュニケーションウィークプログラム・抄録集, ヘルスコミュニケーションウィーク, 2022 61 - 61, Sep. 2022
    • ソーシャルマーケティングに関する認知度と理解度に関する調査結果
      瓜生原 葉子
      ヘルスコミュニケーションウィークプログラム・抄録集, ヘルスコミュニケーションウィーク, 2022 101 - 101, Sep. 2022
    • 新型コロナワクチン接種行動に対するソーシャルマーケティングの適用
      瓜生原 葉子
      ヘルスコミュニケーションウィークプログラム・抄録集, ヘルスコミュニケーションウィーク, 2022 102 - 102, Sep. 2022
    • 日本国内及び海外のヘルスマーケティング関連の医学文献数の推移について
      木内 貴弘; 秋山 美紀; 瓜生原 葉子; 奥原 剛; 中山 健夫
      ヘルスコミュニケーションウィークプログラム・抄録集, ヘルスコミュニケーションウィーク, 2022 163 - 164, Sep. 2022
    • 非医療系大学生を対象とした授業の開発
      瓜生原 葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, (一社)日本臨床腎移植学会, 55回 276 - 276, Feb. 2022
    • 移植医療とSDGs
      瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 55th, 2022
    • 行動科学に基づく啓発活動
      瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, (一社)日本臨床腎移植学会, 54th 61 - 61, Feb. 2021
    • 高校生の意思表示に資する要因の探索と実証
      大西崚介; 大迫夕莉; 大迫夕莉; 瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, (一社)日本臨床腎移植学会, 54th 128 - 128, Feb. 2021, Summary national conference
    • 園児を対象とした移植啓発-親子でわくわくアルバムづくり-
      芳賀麗; 瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, (一社)日本臨床腎移植学会, 54th 222 - 222, Feb. 2021
    • サイエンスカフェによる科学リテラシーの向上
      大路悠真; 山本真央; 瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, (一社)日本臨床腎移植学会, 54th 222 - 222, Feb. 2021
    • 行動変容を促すリーフレットの構成要素に関する実証
      瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, (一社)日本臨床腎移植学会, 54th 223 - 223, Feb. 2021
    • 小児からの臓器提供に必要な体制整備に資する教育プログラムの開発
      瓜生原葉子
      小児からの臓器提供に必要な体制整備に資する教育プログラムの開発 令和2年度 総括・分担研究報告書(Web), 2021
    • 中学校道徳における臓器移植の実施状況と支援環境に関する調査結果
      瓜生原葉子; 瓜生原葉子; 荒木尚; 荒木尚
      日本移植学会総会プログラム抄録集, 57th (Web), 2021
    • ソーシャルマーケティングを用いた一般の意思表行動の促進
      瓜生原葉子
      日本移植学会総会プログラム抄録集, (一社)日本移植学会, 56th(総会臨時) 208 - 208, Oct. 2020
    • 中学教諭の行動変容を支援するツール開発
      瓜生原葉子; 荒木尚; 多田羅竜平; 西山和孝; 種市尋宙; 日沼千尋; 別所晶子
      日本移植学会総会プログラム抄録集, (一社)日本移植学会, 56th(総会臨時) 395 - 395, Oct. 2020
    • Evidence Based Enlightenment:科学的根拠に基づく啓発活動
      瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, (一社)日本臨床腎移植学会, 53rd 116 - 116, Feb. 2020
    • クラウドファンディングを用いた移植医療への共感の惹起
      瓜生原 葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, (一社)日本臨床腎移植学会, 53回 185 - 185, Feb. 2020
    • 無関心層の行動意図を促すアプローチ方法の開発
      瓜生原 葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, (一社)日本臨床腎移植学会, 53回 186 - 186, Feb. 2020
    • オプティング・インの国々に共通の意思表示促進因子の解明
      瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, (一社)日本臨床腎移植学会, 53rd 194 - 194, Feb. 2020
    • 運転免許試験場における意思表示行動促進モデルの構築
      大道 友里恵; 瓜生原 葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, (一社)日本臨床腎移植学会, 53回 224 - 224, Feb. 2020
    • 小児からの臓器提供に必要な体制整備に資する教育プログラムの開発
      瓜生原葉子
      小児からの臓器提供に必要な体制整備に資する教育プログラムの開発 令和元年度 総括・分担研究報告書(Web), 2020
    • イスタンブール宣言から10年を踏まえた現在の課題 「自分ゴトとして行動する」必要性の醸成と促進
      瓜生原 葉子
      移植, (一社)日本移植学会, 54(総会臨時) 141 - 141, Sep. 2019
    • 対話を促すevidence-basedイベントの実装とその検証
      瓜生原 葉子; 大岩 蒼汰
      移植, (一社)日本移植学会, 54(総会臨時) 243 - 243, Sep. 2019
    • 非医療系大学生を対象とした授業開発
      瓜生原 葉子
      移植, (一社)日本移植学会, 54(総会臨時) 284 - 284, Sep. 2019
    • 臓器移植に関する中学「道徳」授業の支援ツール開発
      瓜生原 葉子; 荒木 尚; 永田 繁雄; 多田羅 竜平; 西山 和孝; 種市 尋宙; 日沼 千尋; 別所 晶子; 厚労科研; 小児からの臓器提供に必要な体制整備に資する教育プログラムの開発; 研究班
      移植, (一社)日本移植学会, 54(総会臨時) 284 - 284, Sep. 2019
    • イスタンブール宣言から10年を踏まえた現在の課題 「自分ゴトとして行動する」必要性の醸成と促進
      瓜生原 葉子
      移植, (一社)日本移植学会, 54(総会臨時) 141 - 141, Sep. 2019
    • 高校生の意思表示行動変容に資する授業の開発
      大迫夕莉; 瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, (一社)日本臨床腎移植学会, 52nd 189 - 189, Feb. 2019
    • イスタンブール宣言10年を迎えて〜献腎移植を見直す 意思表示行動メカニズムの解明と行動変容を促す施策の開発
      瓜生原 葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, (一社)日本臨床腎移植学会, 52回 87 - 87, Feb. 2019
    • 中学生の意思表示行動変容に資する授業の開発
      大西崚介; 大岩蒼汰; 瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, (一社)日本臨床腎移植学会, 52nd 184 - 184, Feb. 2019
    • 小児からの臓器提供に必要な体制整備に資する教育プログラムの開発 セミナー・パンフレット広報活動を通した啓発活動
      瓜生原葉子
      小児からの臓器提供に必要な体制整備に資する教育プログラムの開発 平成30年度 総括・分担研究報告書(Web), 2019
    • The Mechanisms of Behavior Change and its Policy Implications
      Yagi Tadashi; Uriuhara Yoko
      Journal of Behavioral Economics and Finance, Association of Behavioral Economics and Finance, 12(0) 26 - 36, 2019
    • 意思表示行動メカニズムの解明と行動変容を促す施策の開発
      瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 52nd 87 , 2019
    • 「臓器提供意思表示への行動変容を支える」
      瓜生原葉子
      日本移植・再生医療看護学会学術集会プログラム・抄録集, 日本移植・再生医療看護学会, 14th 16 - 16, Oct. 2018
    • 臓器提供に対する意識と行動に関する国際比較調査結果
      瓜生原葉子
      日本移植学会総会プログラム抄録集, (一社)日本移植学会, 54th(総会臨時) 339 - 339, Sep. 2018
    • 臓器提供の意思表示行動メカニズムの解明
      瓜生原葉子
      日本移植学会総会プログラム抄録集, (一社)日本移植学会, 54th(総会臨時) 340 - 340, Sep. 2018
    • “Success Factors for Social Systems to Increase the Number of Organ Donations ?From the Perspectives of Mechanisms and Organizational Behaviors?”
      Yoko Uryuhara
      International Journal of Clinical Medicine, 9 59 - 70, Feb. 2018
    • 臓器提供・意思表示の認識変容に寄与する知識の探索
      横田貴仁; 瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 51st 226 , 2018
    • 意思表示行動の変容に資する一般啓発媒体の開発とその活用
      瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 51st 226 , 2018
    • ENCOURAGING INDICATION ONE'S WILL ON ORGAN DONATION THROUGH A GUINNESS WORLD RECORD CHALLENGE
      Yoko Uryuhara
      TRANSPLANT INTERNATIONAL, WILEY, 30 435 - 435, Sep. 2017, Summary international conference
    • 意思表示に対する好ましい知覚品質の形成による意思表示行動の促進
      瓜生原 葉子
      移植, (一社)日本移植学会, 52(総会臨時) 406 - 406, Aug. 2017
    • 確実な意思表示行動の促進:行動変容モデルに基づく年間キャンペーンの有効性
      瓜生原葉子
      日本移植学会総会プログラム抄録集, 53rd 229 , Aug. 2017
    • オプトアウト制度変更までに解決すべき課題―英国ウェールズ州一般に対する定量調査より―
      瓜生原葉子
      日本移植学会総会プログラム抄録集, (一社)日本移植学会, 53rd(総会臨時) 406 - 406, Aug. 2017
    • 脳死肝移植を推進するための学生に対するDonor Actionの必要性について
      齋藤 裕; 島田 光生; 瓜生原 葉子; 居村 暁; 良元 俊昭; 高田 厚史; 吉川 雅登; 岩橋 衆一; 池本 哲也; 森根 裕二
      日本消化器外科学会総会, (一社)日本消化器外科学会, 72回(Supplement1) PN15 - 1, Jul. 2017
    • 一般の意思表示に対するイメージ変容に関する実証分析
      瓜生原葉子; 瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 50th 305 , 2017
    • 一般啓発活動の効果測定を容易にする媒体の探索的開発
      横田貴仁; 横田貴仁; 瓜生原葉子; 瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 50th 305 , 2017
    • 行動変容モデルに基づく年間キャンペーンの有効性
      瓜生原葉子; 瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 50th 273 , 2017
    • 一般啓発活動の有効性を測定し,適切に評価する指標の探索的開発
      瓜生原葉子; 瓜生原葉子
      日本移植学会総会プログラム抄録集, 52nd 349 , Sep. 2016
    • マーケティングの適用による確実な意思表示行動の促進―市民イベントにおける実証―
      瓜生原葉子; 瓜生原葉子
      日本移植学会総会プログラム抄録集, 52nd 402 , Sep. 2016
    • The Validity of Practicing Social Innovation Program in Undergraduate Education : A Case Study of Behavior Modification of the Intention to Donate by "Share Your Value Project"
      Uryuhara Yoko
      同志社商学, Alternative:Doshisha Daigaku Shogakkai, 67(5) 601 - 641, Mar. 2016
    • (16)援助行動の変容メカニズムに関する考察:──臓器提供意思表示を一例として──
      瓜生原 葉子
      經營學論集, 日本経営学会, 86(0) F16 - 1-F16-2, 2016
    • 価値創造と戦略的普及による臓器提供意思表示率の向上
      瓜生原葉子; 瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 49th 334 , 2016
    • 臓器提供の態度・意思表示行動に関する測定尺度の開発と検証
      瓜生原葉子; 瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 49th 141 , 2016
    • BEHAVIOR MODIFICATION MECHANISMS FOSTERING THE INTENTION TO DONATE ORGANS: AN EMPIRICAL STUDY OF 10 000 CASES
      Yoko Uryuhara
      TRANSPLANT INTERNATIONAL, WILEY-BLACKWELL, 28 146 - 146, Nov. 2015, Summary international conference
    • SUCCESS FACTORS TO INCREASE THE NUMBER OF ORGAN DONATIONS - FROM THE ORGANIZATIONAL PERSPECTIVES.
      Yoko Uryuhara
      TRANSPLANTATION, LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 99(10) S53 - S53, Oct. 2015, Summary international conference
    • 大学生における臓器提供に関する認知と行動に影響を及ぼす因子の解明
      瓜生原葉子; 瓜生原葉子; 高原史郎
      日本移植学会総会プログラム抄録集, 51st 421 , Sep. 2015
    • ソーシャルマーケティングの適用による臓器提供意思表示の増加
      瓜生原葉子; 瓜生原葉子; 高原史郎
      日本移植学会総会プログラム抄録集, 51st 358 , Sep. 2015
    • 商学会研究会報告 バリュー・クリエーション・マネジメント
      瓜生原 葉子
      同志社商学, 同志社大学商学会, 67(1) 107 - 109, Jun. 2015
    • プロフェッショナリズムの醸成によるコメディカルのマネジメント
      瓜生原葉子
      日本医療マネジメント学会雑誌, 16(Supplement) 245 , 01 Jun. 2015
    • The impact of corporate social responsibility on doctors' prescription intention
      Yoko Uryuhara
      Journal of Legal, Ethical and Regulatory Issues, 18(1) 116 - 129, 2015
    • 意思表示に関する行動変容メカニズムの解明
      瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 48th 216 , 2015
    • 問題解決型学習による態度・行動変容効果
      瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 48th 232 , 2015
    • 「共想社会をめざすShare Your Value Project」
      瓜生原葉子
      同志社時報, (14) 82 - 84, 2015
    • 意思表示に関する行動変容メカニズムの解明と臓器提供増加への貢献
      瓜生原葉子
      日本移植学会総会プログラム抄録集, 50th 191 , Aug. 2014
    • "The Contribution of Pharmacological Agents in the History of Organ Transplantation,"
      Yoko Uryuhara; Koji Kawakami
      Pharmaceutica Analytica Acta, 5(1) 277 - 280, 2014
    • THE IMPACT OF CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY ON DOCTORS’ PRESCRIPTION INTENTION
      Yoko Uryuhara
      Journal of Legal, Ethical and Regulatory Issues, 2014
    • THE IMPACT OF CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY ON DOCTORS’ PRESCRIPTION INTENTION
      Yoko Uryuhara
      Journal of Legal, Ethical and Regulatory Issues, in press, 2014
    • 移植医療の社会的基盤に関する研究「コーディネーター教育機関設立に向けた運用制度設計」e‐learningを用いた教育の開発
      長谷川友紀; 瀬戸加奈子; 大島恵美子; 吉川美喜子; 瓜生原葉子
      移植医療の社会的基盤に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書, 76 - 81, 2014
    • 一般啓発に対するソーシャルメディアの有効性に関する考察
      瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 47th 159 , 2014
    • 職務成果とやりがいの向上を目指したプロフェッショナリズムの醸成
      瓜生原 葉子; 川上 浩司
      日本医療・病院管理学会誌, (一社)日本医療・病院管理学会, 50(Suppl.) 268 - 268, Aug. 2013
    • プロフェッショナリズムの醸成を介した医療の質とやりがいの向上
      瓜生原葉子
      日本医療マネジメント学会雑誌, (NPO)日本医療マネジメント学会, 14(Supplement) 333 - 333, 01 Jun. 2013
    • 企業の社会的責任が医師の医薬品選定に与える影響に関する実証分析(Pセッション【研究発表】)
      瓜生原 葉子
      経営行動科学学会年次大会 : 発表論文集, 経営行動科学学会年次大会準備委員会, (16) 369 - 374, 2013
    • (55)企業価値の向上に寄与する医薬品企業のCSR活動についての考察
      瓜生原 葉子
      經營學論集, 日本経営学会, 83(0) F55 - 1-F55-2, 2013
    • "A Case Study on New Public Management in Hiroshima Prefectural Government,"
      Tomoaki Shimada; Yoko Uryuhara; Hidehiko Yuzaki
      Kobe University Discussion Paper Series, (21) 1 - 29, 2013
    • 移植医療の社会的基盤に関する研究「コーディネーター教育機関設立に向けた教育ツールの開発」~救急医療現場におけるクオリティーマネージメントセミナー~
      藤田民夫; 長谷川友紀; 有賀徹; 横田順一郎; 中村惠子; 宮地理津子; 相川厚; 青木大; 松本由夏; 秋山政人; 稲葉伸之; 石川牧子; 西村真理子; 高橋絹代; 瓜生原葉子
      移植医療の社会的基盤に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書, 16 - 25, 2013
    • 移植コーディネーターのプロフェッショナリズムに関する国際比較結果
      瓜生原葉子; 高原史郎
      移植, 47 248 , Sep. 2012
    • 意思表示に対するマスメディア・キャンペーンの有効性に関する考察
      瓜生原葉子; 高原史郎
      移植, 47 247 , Sep. 2012
    • いきいきとプロの仕事をする!(9)いきいきとキャリアを歩む(2)本当の自分の価値と向き合う
      瓜生原 葉子
      Clinical research professionals, メディカル・パブリケーションズ, (31) 40 - 45, Aug. 2012
    • 社会イノベーションにおける研究者の役割―プロフェッショナリズムが移植医療を動かす―
      瓜生原葉子
      Business Insight, 神戸大学, 20(78) 8 - 11, 25 Jul. 2012
    • 社会イノベーション―経営学の社会的意義―
      梅澤高明; 瓜生原葉子; 眞島喜幸; 町亞聖; 湯崎英彦
      Business Insight, (78) 21 - 34, 25 Jul. 2012
    • 臓器提供に関わる医療専門職のプロフェッショナリズムの醸成
      瓜生原葉子
      日本臨床救急医学会雑誌, 15(2) 242 , Apr. 2012
    • いきいきとプロの仕事をする!(8)いきいきとキャリアを歩む(1)幸せなキャリア,良いキャリアとは何か
      瓜生原 葉子
      Clinical research professionals, メディカル・パブリケーションズ, (29) 50 - 52, Apr. 2012
    • [挨拶]パネルディスカッション:社会イノベーション:経営学の社会的意義 (第77回ワークショップ:社会イノベーション:経営学の社会的意義)
      梅澤 高明; 瓜生原 葉子; 眞島 喜幸; 町 亜聖; 湯崎 英彦[パネリスト]; 島田 智明[司会]
      Business insight : the journal for deeper insights into business, 神戸大学, 20(2) 21 - 21, 2012
    • "The Effects of Supplier Integration on Plant Performance: An Empirical Study,"
      Osamu Sato; Yoshiki Matsui; Tomoaki Shimada; Yoko Uryuhara
      Proceedings of the 43rd Annual Meeting of the Decision Sciences Institute, San Francisco California, 601 - 608, 2012
    • "Organizational Actions to Foster Coordinators’ Professionalism to Improve Organ Donation Process,"
      Yoko Uryuhara
      Kobe University Discussion Paper Series, (16) 1 - 32, 2012
    • 講演 社会イノベーションにおける研究者の役割 : プロフェッショナリズムが移植医療を動かす (第77回ワークショップ 社会イノベーション : 経営学の社会的意義)
      瓜生原 葉子
      Business insight : the journal for deeper insights into business, 神戸大学, 20(2) 8 - 11, 2012
    • [ディスカッション]パネルディスカッション:社会イノベーション:経営学の社会的意義 (第77回ワークショップ:社会イノベーション:経営学の社会的意義)
      梅澤 高明; 瓜生原 葉子; 眞島 喜幸; 町 亜聖; 湯崎 英彦[パネリスト]; 島田 智明[司会]
      Business insight : the journal for deeper insights into business, 神戸大学, 20(2) 25 - 34, 2012
    • [ディスカッション]パネルディスカッション:社会イノベーション:経営学の社会的意義 (第77回ワークショップ:社会イノベーション:経営学の社会的意義)
      梅澤 高明; 瓜生原 葉子; 眞島 喜幸; 町 亜聖; 湯崎 英彦[パネリスト]; 島田 智明[司会]
      Business insight : the journal for deeper insights into business, 神戸大学, 20(2) 25 - 34, 2012
    • [ディスカッション]パネルディスカッション:社会イノベーション:経営学の社会的意義 (第77回ワークショップ:社会イノベーション:経営学の社会的意義)
      梅澤 高明; 瓜生原 葉子; 眞島 喜幸; 町 亜聖; 湯崎 英彦[パネリスト]; 島田 智明[司会]
      Business insight : the journal for deeper insights into business, 神戸大学, 20(2) 25 - 34, 2012
    • 移植医療の社会的基盤に関する研究 コーディネーター教育機関設立に向けた教育プログラムの設計 コーディネーター教育機関設立に向けた教育ツールの開発 急性期病院における重症患者ケアの質向上を目指したクオリティー・マネージャー養成プログラムの開発と検証
      藤田民夫; 大島伸一; 長谷川友紀; 宮地理津子; 横田順一朗; 中村惠子; 有賀徹; 米満ゆみ子; 青木大; 秋山政人; 石川牧子; 稲葉伸之; 岩田誠司; 西村真理子; 高橋絹代; 瓜生原葉子; 平川達二; 松本由夏; 村上達也
      移植医療の社会的基盤に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書, 9 - 13, 2012
    • 諸外国におけるドナーアクションの有効性に関する質的調査結果
      瓜生原葉子; 高原史郎
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 45th 179 , 2012
    • ドナーコーディネーターの教育および資格認定制度の重要性
      瓜生原葉子; 高原史郎
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 45th 230 , 2012
    • いきいきとプロの仕事をする!(7)いきいきと仕事をする : 内なるモチベーションがプロフェッショナリズムを高め,成果につながる
      瓜生原 葉子
      Clinical research professionals, メディカル・パブリケーションズ, (27) 40 - 44, Dec. 2011
    • 臓器提供増加を目指した社会システム構築への提言―移植コーディネーターのプロフェッショナリズムの醸成―
      瓜生原葉子; 高原史郎
      移植, 46 183 , Oct. 2011
    • いきいきとプロの仕事をする!(6)いきいきと仕事をする : リーダーシップでモチベーションを高める
      瓜生原 葉子
      Clinical research professionals, メディカル・パブリケーションズ, (26) 46 - 50, Oct. 2011
    • いきいきとプロの仕事をする!(5)いきいきと仕事をする--働きがいのある仕事をつくる
      瓜生原 葉子
      クリニカルリサーチ・プロフェッショナルズ, メディカル・パブリケーションズ, (24) 42 - 46, Jun. 2011
    • The improvement of social system required for the enforcement of the revised organ transplant law
      瓜生原 葉子
      医学のあゆみ, 医歯薬出版, 237(5) 373 - 379, 30 Apr. 2011
    • いきいきとプロの仕事をする!(4)いきいきと仕事をする--モチベーションとは
      瓜生原 葉子
      クリニカルリサーチ・プロフェッショナルズ, メディカル・パブリケーションズ, (23) 46 - 50, Apr. 2011
    • がん患者の就労支援 働きながらがんを治療する がんサバイバーの視点から企業と患者が知っておきたいこと
      桜井 なおみ; 武田 雅子; 近藤 明美; 瓜生原 葉子
      労働の科学, (公財)大原記念労働科学研究所, 66(2) 100 - 104, Feb. 2011
    • いきいきとプロの仕事をする!(3)プロの仕事をする--企業のプロフェッショナルを育てる
      瓜生原 葉子
      クリニカルリサーチ・プロフェッショナルズ, メディカル・パブリケーションズ, (22) 42 - 45, Feb. 2011
    • いきいきとプロの仕事をする!(2)プロの仕事をする--医療におけるプロフェッショナリズム
      瓜生原 葉子
      クリニカルリサーチ・プロフェッショナルズ, メディカル・パブリケーションズ, (20) 38 - 41, Oct. 2010
    • 臓器摘出要件の変更に伴い整備すべき社会システムについての調査結果
      瓜生原葉子
      移植, 45 137 , Oct. 2010
    • いきいきとプロの仕事をする!(1)プロの仕事をする--プロフェッショナリズムとは
      瓜生原 葉子
      クリニカルリサーチ・プロフェッショナルズ, メディカル・パブリケーションズ, (19) 32 - 35, Aug. 2010
    • 2010年問題をチャンスに変える--内資系大手4社はグローバル化、ジェネリック化に舵を切れ
      島田 智明; 瓜生原 葉子
      ミクス, エルゼビア・ジャパン, 38(8) 24 - 27, Jul. 2010
    • "The Impact of a Pharmaceutical Company's CSR Activities on Doctors' Decision about Prescription Drugs,"
      Tomoaki Shimada; Yoko Uryuhara
      Kobe University Discussion Paper Series, 神戸大学大学院経営学研究科, 2010(11) 1 - 23, 2010
    • "Intrinsic Motivation of Organ Transplant Coordinators in Europe and Japan,"
      Yoko Uryuhara; Norio Kamabayashi; Tomoaki Shimada
      Kobe University Discussion Paper Series, 神戸大学大学院経営学研究科, 2010(6) 1 - 34, 2010
    • 欧州のpresumed consent下臓器提供における重要点
      瓜生原葉子
      日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集, 43rd 175 , 2010
    • フランスの制度改革:臓器提供増加の成功要因
      瓜生原葉子; 上林憲雄
      移植, 44 373 , Sep. 2009
    • 院内コーディネーターの要件と教育システム~欧州における院内コーディネーターの研究結果と考察~
      瓜生原葉子; 上林憲雄
      移植, 44(1) 114 , 10 Feb. 2009
    • The Spanish Modelの成功要因分析と各国への導入結果
      瓜生原葉子
      移植, 43 261 , Sep. 2008
    • ドナーコーディネーターのプロフェッショナリズムを醸成するための欧州の取組み
      瓜生原葉子; 上林憲雄
      移植, 43 305 , Sep. 2008
    • 臓器提供病院における院内コーディネーターの重要性~院内コーディネーターの日欧比較と考察~
      瓜生原葉子; 上林憲雄
      日本腹部救急医学会雑誌, 28(2) 246 , 14 Feb. 2008
    • スペインにおける臓器提供増加の成功事例から学ぶ~院内コーディネーターの職務特性に関する日欧比較と考察~
      瓜生原葉子; 上林憲雄
      移植, 42 335 , Oct. 2007
    • Comparison survey on the job characteristics between Japanese and European in-hospital coordinators
      Yoko Uryuhara; Norio Kambayashi
      TRANSPLANT INTERNATIONAL, BLACKWELL PUBLISHING, 20 353 - 353, Sep. 2007, Summary international conference
    • Research toward a social basis for the transplantation of organs under brain death. Comparison of the perception of organ offer system and brain death between Japan and foreign countries.
      田中秀治; 青木大; 瓜生原葉子
      脳死下での臓器移植の社会基盤にむけての研究 平成15-16年度 総合研究報告書, 86 - 92, 2005
    • Study on creating social foundation for organ transplant under brain death: Comparison of different perspectives on organ donation system and brain death between Japan and other countries.
      田中秀治; 青木大; 瓜生原葉子
      脳死下での臓器移植の社会基盤にむけての研究 平成15年度 (総括・分担)研究報告書, 37 - 43, 2004
    • 欧州における臓器提供の現況
      瓜生原葉子; 中村良和; 浅川一雄
      日本低温医学会総会プログラム・抄録集, 30th 29 , 2003

    Books etc

    • Creating a better society with behavioral science: solving social issues through social marketing
      Uryuhara, Yoko
      どうすれば社会の課題を「自分ゴト」化し,その解決への行動変容を促し, SDGs達成に貢献できるのか? その答えを科学的に示した1冊。 「ソーシャルマーケティング」とは,マーケティングの手法と多様な行動科学理論を組み合わせて社会的利益(social good)につながる行動への変容を促すこと。その基本事項と17の行動科学理論,さらには行動変容を促すプロセス,計画策定と実践方法までを体系的に詳しく学べる基本図書。ウィズコロナ時代の行動変容,健康行動の促進,企業のCSV(共通価値の創造)推進など,あらゆる社会のためになる行動に応用可能な内容で,経営学・政策学分野の研究者,学生から政策立案者,社会起業家,医療関係者,ビジネスパーソンまで幅広い人々の必携書。, 文眞堂, 22 Feb. 2021, Single work, Scholarly book
    • Broadening Cultural Horizons in Social Marketing: Comparing Case Studies from Asia-Pacific
      Yoko Uryuhara
      Springer, Nov. 2020, Contributor, Chapter6: Behavioural Change Regarding the Declaration of Intent to Donate Organs: The Case of Share Your Value Project
    • 経営組織入門
      文眞堂, Mar. 2020, Contributor, 第10章 革新を起こす(イノベーション)
    • 『良心を考えるために』
      経営学は,社会に有用な価値を提供するあらゆる組織が,他学問分野の知見を積極的に活用して課題解決を行う総合科学であり,「共に知る」ことを原義として統合知の機能を有する「良心」と親和性が高い学問領域と考えられる。良心の実践例を提示し,ソーシャルマーケティング,CSV(共創価値の創造)など経営学の寄与について述べた。, 同志社大学良心学研究センター, 2018, Contributor, 「経営学と良心」
    • 『人的資源管理』
      人事評価の目的(組織方針の伝達と遂行の促進,厚生な処遇の決定,人材育成),プロセス,評価項目とその処遇への反映,課題について,企業の実例を踏まえて説明している。また,広島県の事例を引用し,組織変革においても人事評価が重要な意味をもつことを明示。, 中央経済社, Jan. 2016, Contributor, 「第11章/評価」
    • 医療の組織イノベーション : プロフェッショナリズムが移植医療を動かす
      瓜生原, 葉子
      中央経済社, Jan. 2012, Single work
    • CSRプロジェクト編『がんと一緒に働こう! 〜治療しながら働くコツ〜』
      がんに罹患している従業員に対して,理解し,雇用の創出,雇用される能力開発の支援をすることなど,CSR(企業の社会的責任)の視座から提言。, 合同出版, 2010, Contributor

    Presentations

    • あなたの行動がより良い社会をつくる!
      瓜生原葉子
      京田辺ヒューマンカレッジ, 28 May 2022, Public discourse
    • ソーシャルマーケティング入門
      瓜生原葉子
      自治体職員のためのソーシャルマーケティング研究会・オープンセミナー, 26 May 2022, Public discourse
    • Behaviour change using social marketing.
      Yoko Uryuhara
      第58回京大データヘルス研究会, 22 Mar. 2022, Public discourse
    • social goodの意義とアプローチについての多面的研究
      瓜生原葉子
      第12回ソーシャルマーケティング研究会, 26 Feb. 2022, Keynote oral presentation
    • 移植医療とSDGs
      瓜生原葉子
      第55回日本臨床腎移植学会, 24 Feb. 2022, Nominated symposium
    • 非医療系大学生を 対象とした授業の開発
      瓜生原葉子
      第55回日本臨床腎移植学会, 23 Feb. 2022, Oral presentation
    • An empirical study on music events as a way of promoting dialogue with families on organ donation
      Yoko Uryuhara
      the International Social Marketing Conference 2022, 09 Feb. 2022, Oral presentation
    • 臓器提供への態度と意思表示行動に関する日本の現状
      瓜生原葉子
      日本とスペインにおける臓器提供スパニッシュ モデルの可能性~スパニッシュモデルと日本の移植医療制度・国民意識~, 25 Jan. 2022, 24 Jan. 2022, 25 Jan. 2022, Nominated symposium
    • ソーシャルマーケティングの実践 ~ヘルスケア領域で行動変容を促すための学際的取り組み~
      瓜生原葉子
      第6回HOT Forum(Health Outcomes & Technology Forum), 23 Dec. 2021, Public discourse
    • 多様な行動の変容マネジメント
      瓜生原葉子
      ソーシャルマーケティング研究センターwebinarシリーズ第14回(オンライン), 14 Dec. 2021, Public discourse
    • 医療データ収集、提供のための調査・分析と制度設計 - 行動科学による医療データの提供促進に向けた行動変容 -
      瓜生原葉子
      ライフ インテリジェンス コンソーシアムWG00_tf_meddata, 02 Dec. 2021
    • Co-create measures based on people's voices and behavioural science
      Yoko Uryuhara
      Nikkei FT Communicable Diseases Conference, 27 Oct. 2021, 27 Oct. 2021, 28 Oct. 2021
    • 新型コロナ対応行動への変容
      瓜生原 葉子
      同志社大学COVID-19 Research Project オンライン シンポジウム「With コロナ時代の社会と行動を考える」, 15 Oct. 2021, Public discourse
    • 移植医療を多様な視点で考える
      瓜生原 葉子
      福島県立医科大学大看護学部(オンライン), Oct. 2021, Public discourse
    • マイナンバーカード。普及、その先に―ソーシャルマーケティングの視座から―
      瓜生原 葉子
      SCI-Japan/ マイナンバーカード普及推進分科会(オンライン), Sep. 2021, Public discourse
    • 臓器移植に関する中学「道徳」授業の支援ツール開発
      瓜生原葉子
      第57回日本移植学会(オンライン), Sep. 2021, Oral presentation
    • ソーシャルマーケティングによる行動変容と共創
      瓜生原 葉子
      第2回健都共創フォーラム(オンライン), Aug. 2021, Public discourse
    • ソーシャルマーケティングによる行動変容
      瓜生原 葉子
      第2回ソーシャルコミュニケーション研究会(オンライン), Aug. 2021, Public discourse
    • 行動科学とマーケティングの融合-ソーシャルマーケティングによる社会課題の解決 -
      瓜生原葉子
      研究・イノベーション学会 国際問題分科会2021年8月例会 (オンライン), Aug. 2021, Invited oral presentation
    • ソーシャルマーケティングによる社会課題の解決・行動科学でより良い社会をつくる~一人一人が行動変容できるための政策づくり~
      瓜生原 葉子
      大臣官房・チーム2050勉強会(オンライン), Jul. 2021, Public discourse
    • SDGs に自分ゴトとして向き合う
      瓜生原 葉子
      岸和田成年会議所SDGs勉強会(オンライン), Jul. 2021, Public discourse
    • ソーシャルマーケティングについて
      瓜生原 葉子
      第1回ソーシャルコミュニケーション研究会(オンライン), Jun. 2021, Public discourse
    • ソーシャルマーケテイングによる社会課題解決
      瓜生原 葉子
      SCI-Japanウェビナー 「地球と市民のWell-Being」(オンライン), Jun. 2021, Public discourse
    • ソーシャルマーケティングの可能性
      瓜生原 葉子
      ソーシャルマーケティング研究センターwebinarシリーズ第1回(オンライン), 11 May 2021, Public discourse
    • 臓器移植の普及啓発について
      瓜生原 葉子
      第 54 回厚生科学審議会疾病対策部会臓器移植委員会(オンライン), May 2021, Public discourse
    • 行動変容を促すリーフレットの構成要素に関する実証
      瓜生原葉子
      第54回日本臨床腎移植学会(オンライン), Feb. 2021, Oral presentation
    • 行動科学に基づく啓発活動
      瓜生原葉子
      第54回日本臨床腎移植学会(オンライン), Feb. 2021, Others
    • 高校生の意思表示に資する要因の探索と実証
      大西崚介; 大迫夕莉; 瓜生原葉子
      第54回日本臨床腎移植学会(オンライン), Feb. 2021, Oral presentation
    • 園児を対象とした移植啓発
      芳賀麗; 瓜生原葉子
      第54回日本臨床腎移植学会(オンライン), Feb. 2021, Oral presentation
    • サイエンスカフェによる科学リテラシーの向上
      大路悠真; 山本真央; 瓜生原葉子
      第54回日本臨床腎移植学会(オンライン), Feb. 2021, Oral presentation
    • ソーシャルマーケティングの可能性―マーケティングは社会課題をどのように解決しうるのか?―
      瓜生原 葉子
      ルーム・トゥ・リードAction for Education講演会(オンライン), Dec. 2020, Public discourse
    • 共感を惹起する クラウドファンディングサイトについての検討
      瓜生原葉子
      日本NPO学会第22回年次大会, 22 Nov. 2020, Oral presentation
    • 中学教諭の行動変容を支援するツール開発
      瓜生原葉子
      第56回日本移植学会総会, 09 Nov. 2020
    • 健康医療産業におけるサービス経営論
      瓜生原 葉子
      京都大学 サービスMBA入門 プログラム(オンライン), Nov. 2020, Public discourse
    • Evidence Based Enlightenment:科学的根拠に基づく啓発活動
      瓜生原葉子
      第53回日本臨床腎移植学会(於東京・浜松町コンベンションホール), Oct. 2020, Oral presentation
    • 移植医療を多様な視点で考える
      瓜生原 葉子
      福島県立医科大学看護学部(オンライン), Sep. 2020, Public discourse
    • 世界及び日本における臓器提供の現状と課題
      福岡市立こども病院講演会(於福岡市立こども病院), Feb. 2020, Public discourse
    • 運転免許試験場における意思表示行動促進モデルの構築
      大道 友里恵; 瓜生原葉子
      第53回日本臨床腎移植学会(於東京・浜松町コンベンションホール), Feb. 2020, Oral presentation
    • オプティング・インの国々に共通の意思表示促進因子の解明
      瓜生原葉子
      第53回日本臨床腎移植学会(於東京・浜松町コンベンションホール), Feb. 2020, Oral presentation
    • 無関心層の行動意図を促すアプローチ方法の開発
      瓜生原葉子
      第53回日本臨床腎移植学会(於東京・浜松町コンベンションホール), Feb. 2020, Oral presentation
    • クラウドファンディングを用いた移植医療への共感の惹起
      瓜生原葉子
      第53回日本臨床腎移植学会(於東京・浜松町コンベンションホール), Feb. 2020, Oral presentation
    • 移植医療の社会基盤実現に対して計測・システム・制御・情報工学はなにをなすべきか?なにができるか?
      瓜生原葉子
      2019年度計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会, Jan. 2020, Oral presentation
    • ソーシャルマーケティングを用いた 一般の意思表行動の促進
      瓜生原葉子
      第56回日本移植学会総会, 2020, Nominated symposium
    • 健康医療産業におけるサービス経営論
      瓜生原 葉子
      京都大学 サービスMBA入門 プログラム(於京都大学), Nov. 2019, Public discourse
    • 本人の意思をどうつなげる?
      瓜生原 葉子
      移植医療講演会(於群馬県太田記念病院), Nov. 2019, Public discourse
    • 知ってた?!移植医療と意思表示
      瓜生原 葉子
      第55回日本移植学会総会広島市民公開講座(於広島県民文化センター), Oct. 2019, Public discourse
    • 臓器移植に関する中学「道徳」授業の支援ツール開発
      瓜生原葉子
      第55回日本移植学会(於広島国際会議場), Oct. 2019, Oral presentation
    • 非医療系大学生を対象とした授業開発
      瓜生原葉子
      第55回日本移植学会(於広島国際会議場), Oct. 2019, Oral presentation
    • 「自分ゴトとして行動する」必要性の醸成と促進
      瓜生原葉子
      第55回日本移植学会(於広島国際会議場), Oct. 2019, Oral presentation
    • 対話を促すevidence-basedイベントの実装とその検証
      瓜生原葉子
      第55回日本移植学会(於広島国際会議場), Oct. 2019, Oral presentation
    • お母さんの好きな花知っていますか
      瓜生原 葉子
      福島県主催臓器移植に関する県民公開講座(於福島県立医科大学), Sep. 2019, Public discourse
    • Promotion of declaration of intent for organ donation. A joint effort with local governments. - Behaviour change by maximizing leaflet
      Yoko Uryuhara
      the 6th World social Marketing Conference at Edinburgh, Scotland, Jun. 2019, Oral presentation
    • 一般市民の意思表示行動変容に資する音楽Fesの探索的開発
      大岩蒼汰; 波多野光; 瓜生原葉子
      日本NPO学会第21回年次大会(於:龍谷大学瀬田キャンパス), Jun. 2019, Oral presentation
    • 介護予防における買い物の効果
      橋本侑介; 森優太; 瓜生原葉子
      日本NPO学会第21回年次大会(於:龍谷大学瀬田キャンパス), Jun. 2019, Oral presentation
    • 中学生の意思表示行動変容に資する授業の開発
      大西崚介; 瓜生原葉子
      第52回日本臨床腎移植学会, 15 Feb. 2019, Oral presentation
    • 高校生の意思表示行動変容に資する 授業の開発
      大迫夕莉; 瓜生原葉子
      第52回日本臨床腎移植学会, 14 Feb. 2019, Oral presentation
    • 意思表示行動メカニズムの解明と 行動変容を促す施策の開発
      瓜生原 葉子
      第52回日本臨床腎移植学会, 13 Feb. 2019, Public symposium
    • 意思の尊重が可能な社会に向けての 経営学的戦略
      瓜生原 葉子
      第48回 日本医事法学会研究大会, 17 Nov. 2018, Nominated symposium
    • 臓器提供意思表示への 行動変容を支える
      瓜生原 葉子
      第14回 日本移植・再生医療看護学会 学術集会, 10 Nov. 2018, Keynote oral presentation
    • 健康医療産業におけるサービス経営論
      瓜生原 葉子
      京都大学 サービスMBA入門 プログラム(於キャンパスプラザ京都), Nov. 2018, Public discourse
    • SDGs に自分ゴトとして向き合う―私たちの行動で実現できること―
      瓜生原 葉子
      瓜生原葉子(農林水産省第7回環境・技術分野におけるSDGs勉強会 (於農林水産省), Nov. 2018, Public discourse
    • ソーシャルマーケティングによる移植医療の課題解決
      瓜生原 葉子
      第5回 臓器移植勉強会(於福島県立医科大学), Nov. 2018, Public discourse
    • 臓器提供の意思表示行動 メカニズムの解明
      瓜生原 葉子
      第54回日本移植学会総会, 04 Oct. 2018, Oral presentation
    • 臓器提供に対する意識と行動 に関する国際比較調査結果
      第54回日本移植学会総会, 04 Oct. 2018, Oral presentation
    • "Effectiveness of Stages-of-Change Model On Declaration of Intent for Organ Donation"
      International Social Marketing Conference 2018, Jul. 2018, Oral presentation, Singapore
    • "Professionalism of Transplant Coordinators to Improve Organ Shortage Problem"
      European Academy of Management 2018, Jun. 2018, Oral presentation, Reykjavik, Iceland
    • SDGs3:すべての人に健康と福祉を―私たちの行動で実現できること―
      瓜生原 葉子
      大阪青年会議所主催PCYヴァーチャルカンファレンス(於大阪青年会議所), May 2018, Public discourse
    • 移植啓発におけるソーシャルマーケティングの可能性
      瓜生原 葉子
      根県雲南市主催臓器移植を考える勉強会(於雲南市三新塔交流センター ), Mar. 2018, Public discourse
    • ライフデザインで考える腎臓との向き合い方
      瓜生原 葉子
      第51回日本臨床腎移植学市民公開講座(於神戸大学医学部), Feb. 2018, Public discourse
    • 「意思表示行動の変容に資する一般啓発媒体の開発とその活用」
      第51日本臨床腎移植, Feb. 2018, Oral presentation, 神戸
    • 「臓器提供・意思表示の認識変容に寄与する知識の探索」
      第51日本臨床腎移植, Feb. 2018, Oral presentation, 神戸
    • 意思表示の今と未来
      瓜生原 葉子
      愛媛大学脳死下臓器提供に係る講演会(於愛媛大学医学部), Jan. 2018, Public discourse
    • 健康医療産業におけるサービス経営論
      瓜生原 葉子
      京都大学 サービスMBA入門 プログラム(於キャンパスプラザ京都), Nov. 2017, Public discourse
    • 臓器移植法施行20周年記念事業
      瓜生原 葉子
      NPO法人あいち臓器提供支援プログラム設立記念市民フォーラム(於愛知今池ガスビル), Nov. 2017, Public discourse
    • 「態度・行動変容に関する実証研究―臓器提供意思表示を一例として―」
      経営行動科学学会第20回年次大会, Nov. 2017, Oral presentation, 京都
    • 日本のソーシャルビジネスの分析と事業プランのつくり方
      瓜生原 葉子
      一般社団法人ミセス日本の会ライフアップ・チャリティセミナー(於神戸国際会館), Oct. 2017, Public discourse
    • 「知ってた?!移植医療と意思表示」「意思表示の今と未来」
      瓜生原 葉子
      第19回臓器移植推進国民大会(於東京イイノホール), Oct. 2017, Public discourse
    • 「医療の質評価と人材育成」統一論題『公共性と効率性のマネジメント―これからの経営学―』
      日本経営学会第91回大会, Sep. 2017, Oral presentation, 岡山
    • 「意思表示に対する好ましい知覚品質の形成による意思表示行動の促進」
      第53回日本移植学会総会, Sep. 2017, Oral presentation, 旭川
    • 「オプトアウト制度変更までに解決すべき課題 ―英国ウェールズ州一般に対する定量調査より―」
      第53回日本移植学会総会, Sep. 2017, Oral presentation, 旭川
    • 「確実な意思表示行動の促進:行動変容モデルに基づく年間キャンペーンの有効性」臓器横断的シンポジウム「―臓器移植法20年を考える―社会システムとしての臓器提供の推進」
      第53回日本移植学会総会, Sep. 2017, 旭川
    • 「臓器移植普及への取組み」
      第 2回TDM-QC研究会, Aug. 2017, 東京
    • 大学組織の活性化:いきいきとプロの仕事をする!
      瓜生原 葉子
      大学コンソーシアム京都SDゼミナール(於キャンパスプラザ京都), Jul. 2017, Public discourse
    • 製薬企業のCSV(Creating Shared Value)
      瓜生原 葉子
      MSD株式会社薬事領域全体会議(於明治記念館), Jul. 2017, Public discourse
    • 「意思表示を確実に増やす〜ソーシャルマーケティングの適用〜」
      第16回徳島臓器移植研究会, Jun. 2017, Oral presentation, 徳島
    • 「行動科学で一般の意識と意思表示行動を変容させる」@シンポジウム:それぞれの立場で何が出来るか?そして、その限界は?
      第30回日本脳死・脳蘇生学会学術集会, Jun. 2017, 飯塚
    • "Encouraging Stages-of-Change on Declaration of Intent for Organ Donation through a Guinness World Record Challenge"
      World Social Marketing Conference 2017, May 2017, Poster presentation, Washington D.C., USA
    • "Behavior Modification Mechanism of the Intention to Donate Organs: An Empirical Study of 10,000 cases"
      World Social Marketing Conference 2017, May 2017, Poster presentation, Washington D.C., USA
    • 「一般の意思表示に対する イメージ変容に関する実証分析」
      第50日本臨床腎移植学会, Feb. 2017, Oral presentation, 神戸
    • 「行動変容モデルに基づく 年間キャンペーンの有効性」
      第50日本臨床腎移植学会, Feb. 2017, Oral presentation, 神戸
    • 医療・健康産業におけるサービス・マネジメント
      瓜生原 葉子
      京都大学サービスMBA入門プログラム (於キャンパスプラザ京都), Nov. 2016, Public discourse
    • 社会性と事業性を結び付ける
      瓜生原 葉子
      逸品ものつくり経営塾(於同志社大学), Nov. 2016, Public discourse
    • 「大学生における対話とSNSを用いた意思表示行動の変容効果」
      第52回日本移植学会, Oct. 2016, Oral presentation, 東京
    • 「一般啓発活動の有効性を測定し,適切に評価する指標の探索的開発」
      第52回日本移植学会, Oct. 2016, Oral presentation, 東京
    • 「マーケティングの適用による確実な意思表示行動の促進 −市民イベントにおける実証−」
      第52回日本移植学会, Oct. 2016, Oral presentation, 東京
    • 「戦略オーケストラ−臓器提供増加に資する総合戦略−」
      第34回日本肝移植研究会, Jun. 2016, 旭川
    • 臓器提供増加に資する総合戦略
      瓜生原 葉子
      第100回京都府院内臓器移植コーディネーター協議会医療講演会(於京都府医師会会館), May 2016, Public discourse
    • "Organizational Actions to Foster Coordinators’Professionalism to Improve Organ Donation Process,"
      10th International Organisational Behavior in Healthcare Conference, Apr. 2016, Oral presentation, Cardiff, UK
    • 医療・健康産業におけるサービス・マネジメント
      瓜生原 葉子
      京都大学サービスMBA入門プログラム (於キャンパスプラザ京都), Dec. 2015, Public discourse
    • 移植医療と良心─意思表示があたりまえの共想社会に向けて─
      瓜生原 葉子
      良心学研究センター公開シンポジウム (於同志社大学), Dec. 2015, Public discourse
    • 4つの権利について語ろう~あなたの価値ある意思決定をシェアしよう~
      瓜生原 葉子
      移植医療研究会 (於ノバルティスファーマ), Nov. 2015, Public discourse
    • 行動変容を促す科学コミュニケーション手法の開発と地域実装
      瓜生原 葉子
      科学技術振興機構科学コミュニケーションセンター「地域発の問題解決型科学コミュニケーションが創る未来」 (於産業技術総合研究所臨海副都心センター), Nov. 2015, Public discourse
    • 臓器提供の意思表示を行うメカニズム
      瓜生原 葉子
      徳島県臓器移植普及推進月間公開シンポジウム (於徳島大学), Oct. 2015, Public discourse
    • "The Impact of Corporate Social Responsibility on the Financial Performance of Pharmaceutical Companies."
      European Society of Organ Transplantation 2015, Sep. 2015, Oral presentation, Brussels, Belgium
    • " Behavior Modification Mechanism Fostering the Intention to Donate Organs: An Empirical Study of 10,000 Cases."
      17th Congress of the European Society for Organ Transplantation, Sep. 2015, Oral presentation, (Brussels, Belgium
    • 移植医療をとりまく社会システムと社会価値
      瓜生原 葉子
      国立循環器病研究センターとの包括協定締結記念シンポジウム「iPS細胞時代の移植医療と生命倫理-ひと・医療・社会-」 (於同志社大学), Mar. 2015, Public discourse
    • 「問題解決型学習による態度・行動変容効果」
      第48回日本臨床腎移植学会, Feb. 2015, Oral presentation, 名古屋
    • 「意思表示に関する行動変容メカニズムの解明」
      第48回日本臨床腎移植学会※研究優秀賞受賞, Feb. 2015, Oral presentation, 名古屋
    • "The Impact of Corporate Social Responsibility on the Financial Performance of Pharmaceutical Companies."
      International Federation of Scholarly Associations of Management 12th World Congress, Sep. 2014, Oral presentation, Tokyo, Japan
    • 「意思表示に関する行動変容メカニズムの解明と臓器提供増加への貢献」
      第50回日本移植学会, Sep. 2014, 東京
    • "New Public Management of Local Government in Japan: An Action Study."
      Tomoaki Shimada; Yoko Uryuhara; Hidehiko Yuzaki
      The 74th Academy of Management Annual Meeting, Aug. 2014, Oral presentation, Philadelphia, USA
    • 医薬品マーケティングにおけるポジショニング決定のフレームワーク
      瓜生原 葉子
      技術情報協会セミナー (於東京技術情報協会), Jul. 2014, Public discourse
    • "Organizational Management to Nurture Professionalism of Health Care Professionals."
      The 14th European Academy of Management, Jun. 2014, Oral presentation, Valencia, Spain
    • "Intrinsic Motivation of Organ Transplant Coordinators in Europe and Japan."
      The 9th International Organizational Behavior in Healthcare Conference, Apr. 2014, Oral presentation, Copenhagen, Denmark
    • " An Impact of Corporate Social Responsibility of the Pharmaceutical industry on Physicians’ Prescription Behavior."
      International Conference on Business, Economics and information Technology 2014, Mar. 2014, Oral presentation, Taipei, Taiwan
    • 「ドナーコーディネーターの教育および資格認定制度の重要性」
      第47回日本臨床腎移植学会, Mar. 2014, Oral presentation, 奈良
    • "The Impact of a Manufacturer's CSR Activities on Product Selection."
      The 44th Annual Meeting of the Decision Sciences Institute, Nov. 2013, Oral presentation, Baltimore, USA
    • ミクストメソッドを用いた研究―多様なアプローチで社会の課題解決に貢献する―
      瓜生原 葉子
      岡山県倉敷中央病院勉強会(於倉敷中央病院), Oct. 2013, Public discourse
    • 諸外国における臓器提供システム―『あげたい』人と『もらいたい』人をつなぐ仕組みー
      瓜生原 葉子
      徳島県臓器移植普及推進月間シンポジウム (於徳島大学), Oct. 2013, Public discourse
    • 「企業の社会的責任が医師の医薬品選定に与える影響に関する実証分析」
      経営行動科学学会第16回年次大会, Oct. 2013, Oral presentation, 名古屋
    • "Discussion on the Effectiveness of Mass Media Campaign for Encouraging Individuals to Express Their Will Concerning Organ Donation,"
      The 13th Congress of the Asian Society of Transplantation, Sep. 2013, Oral presentation, Kyoto, Japan
    • "Results of International Comparison Concerning Professionalism of Donor Coordinators,"
      The 13th Congress of the Asian Society of Transplantation, Sep. 2013, Oral presentation, Kyoto, Japan
    • 「医師の新薬・先発薬の処方行動の決定要因に関する実証分析」
      柿原 浩明; 馬欣欣; 井深陽子; 瓜生原葉子
      医療経済学会 第8回研究大会, Sep. 2013, Oral presentation, 東京
    • 「職務成果とやりがいの向上を目指したプロフェッショナリズムの醸成ーチーム医療を牽引する人材の育成ー」
      第51回日本医療・病院管理学会学術総会, Sep. 2013, Oral presentation, 京都
    • " Determinants of prescription behavior among Japanese physicians, "
      Xinxin Ma; Yoko Ibuka; Yoko Uryuhara; Hiroaki Kakihara
      The 9th World Congress on Health Economics, Jul. 2013, Oral presentation, Sydney, Australia
    • "An Empirical Analysis of the Effect of Corporate Social Responsibility on Physicians’ Prescription Behavior, "
      Yoko Uryuhara; Xinxin Ma; Yoko Ibuka; Hiroaki Kakihara
      The 9th World Congress on Health Economics, Jul. 2013, Oral presentation, Sydney, Australia
    • 「プロフェッショナリズムの醸成を介した医療の質とやりがいの向上」
      第15回日本医療マネジメント学会, Jun. 2013, Oral presentation, 岩手
    • いきいきとプロの仕事をするために ―成果に資するプロフェッショナリズム―
      瓜生原 葉子
      光臨会地域勉強会 (於広島荒木脳神経外科病院), Feb. 2013, Public discourse
    • 「スパニッシュモデルの日本への適用に関する考察」
      第46回日本臨床腎移植学会, Jan. 2013, Oral presentation, 幕張
    • 偉大な組織への挑戦
      瓜生原 葉子
      県政懇談勉強会 (於ホテルグランヴィア広島), Dec. 2012, Public discourse
    • "The Effects of Supplier Integration on Plant Performance: An Empirical Study, "
      Osamu Sato; Yoshiki Matsui; Tomoaki Shimada; Yoko Uryuhara
      The 43rd Annual Meeting of the Decision Sciences Institute, Nov. 2012, Oral presentation, San Francisco California, USA
    • "Measurement Scale Development of Professionalism for Transplant Coordinators,"
      The 2012 European Organ Donation Congress, 24th ETCO-EDC, Oct. 2012, Oral presentation, Dubrovnik, Croatia
    • 「意思表示に対するマスメディア・キャンペーンの有効性に関する考察」
      第48回日本移植学会, Sep. 2012, Oral presentation, 名古屋
    • 「移植コーディネーターのプロフェッショナリズムに関する国際比較結果」
      第48回日本移植学会, Sep. 2012, Oral presentation, 名古屋
    • 「企業価値の向上に寄与する医薬品企業のCSR活動についての考察」
      第86回日本経営学会, Sep. 2012, Oral presentation, 東京
    • 「海外における臓器提供推進システムの比較」
      第48回日本移植学会, Sep. 2012, 名古屋
    • 「目指すべき次世代の移植医療の社会システム」
      第48回日本移植学会, Sep. 2012, 名古屋
    • 「プロフェッショナリズムを介した高業績人材育成」
      関西国際産業関係研究所研究会, Sep. 2012, 京都
    • 経営学で命を救う-移植医療への挑戦-
      瓜生原 葉子
      第545アカシア会 (於広島アンデルセン), Aug. 2012, Public discourse
    • " Organizational Actions to Foster Coordinators’ Professionalism to Improve Organ Donation Process,"
      The 72nd Academy of Management Annual Meeting, Aug. 2012, Oral presentation, Boston, USA
    • 経営学の視点から命を救う
      瓜生原 葉子
      加古川異業種交流会 (於加古川商工会議所), Jul. 2012, Public discourse
    • 「諸外国における臓器提供増加への取り組み」
      第12回移植医療フォーラム, Jul. 2012, 神戸
    • 「新しい医療専門職種における成果に資するプロフェッショナリズムの醸成」
      医療経済学会第7回研究大会, Jul. 2012, Oral presentation, 横浜
    • 経営学から見た広島県政
      瓜生原 葉子
      広島ロータリークラブ例会 (於リーガロイヤルホテル広島), Jun. 2012, Public discourse
    • 「臓器提供に関わる医療専門職のプロフェッショナリズムの醸成」
      第15回日本臨床救急医学会総会, Jun. 2012, Oral presentation, 熊本
    • 話そう大切な人と~みんなで考える臓器移植~
      瓜生原 葉子
      北海道移植医療推進協議会「釧路市民公開講座」 (於釧路労災病院), Mar. 2012, Public discourse
    • 「社会イノベーションにおける研究者の役割」
      現代経営学研究所第77回ワークショップ, Mar. 2012, 神戸
    • 「ドナーコーディネーターの教育および資格認定制度の重要性」
      第45回日本臨床腎移植学会, Feb. 2012, Oral presentation, 軽井沢
    • 「諸外国におけるドナーアクションの有効性に関する質的調査結果」
      第45回日本臨床腎移植学会, Feb. 2012, Oral presentation, 軽井沢
    • 「医薬品企業の価値向上に寄与する戦略的CSRに関する探索的研究」
      日本経営学会関西部会第587回例会, Jan. 2012, Oral presentation, 大阪
    • 「臓器提供増加をめざして―医療専門職のプロフェッショナリズムの醸成―」
      第一回東京・神奈川劇症肝炎研究会, Dec. 2011, 東京
    • "Organizational Actions to Nurture Coordinators’ Professionalism to Achieve High Level of Organ Donation ,"
      2011 Organ Donation Congress, Nov. 2011, Oral presentation, Buenos Aires, Argentina
    • 「臓器提供増加を目指した社会システム構築への提言」
      第46回日本移植学会, Oct. 2011, Oral presentation, 千代
    • "How We Should Foster Professionalism for Transplant Coordinators to Increase Organ Donation,"
      The 12th Congress of the Asian Society of Transplantation, Sep. 2011, Oral presentation, Seoul, Korea
    • 「プロフェッショナリズムとその醸成に関する考察」
      第85回日本経営学会, Sep. 2011, Oral presentation, 神戸
    • 内資系大手4社のグローバル化とジェネリック化対応について
      島田智明; 瓜生原葉子
      ユート・ブレーンセミナー (於ホテルメトロポリタンエドモント), Jul. 2011, Public discourse
    • "An Exploratory Study on the Impact of a Pharmaceutical Company's CSR Activities on Doctors' Decision regarding Prescription Drugs,"
      Tomoaki Shimada; Yoko Uryuhara
      The 11th International Decision Science Institute and the 16th Asian Pacific Decision Science Institute Joint Meeting, Jul. 2011, Oral presentation, Taipei, Taiwan
    • " Professionalism of healthcare professionals,"
      The 24th Annual meeting of Association of Japanese Business Studies, Jun. 2011, Oral presentation, Nagoya, Japan
    • 「ドナーコーディネーターに求められるプロフェッショナリズム」
      第44回日本臨床腎移植学会, Jan. 2011, 宝塚
    • 「臓器摘出要件の変更に伴い 整備すべき社会システム についての調査結果」
      第46回日本移植学会, Oct. 2010, 京都
    • 「プロフェッショナルの形成に関する考察」
      日本経営学会関西部会第576回例会, Oct. 2010, Oral presentation, 草津
    • 諸外国の臓器提供の現状
      瓜生原 葉子
      静岡県主催院内コーディネーター研修会(於静岡商工会議所会館), Aug. 2010, Public discourse
    • "Professionalism of transplant coordinators and organizational measures to foster their professionalism,"
      The 23rd International Congress of The Transplantation Society, Aug. 2010, Poster presentation, Vancouver, Canada
    • "The Impact of a Pharmaceutical Company's CSR Activities on Doctors' Decisions about Prescription Drugs,"
      Tomoaki Shimada; Yoko Uryuhara
      The 70th Academy of Management Annual Meeting, Aug. 2010, Oral presentation, Montreal, Canada
    • 「改正臓器移植法の施行に向け,今行うべき環境整備についての考察」
      第26回腎移植・血管外科研究会, Jun. 2010, 犬山
    • 「グローバル市場における内資系製薬企業の戦略的ポジショニング」
      島田智明; 瓜生原葉子
      第540回医療経済研究会, Jun. 2010, 東京
    • 働き続けられる社会に向けて
      瓜生原 葉子
      CSRプロジェクトセミナー (於東京SPAZIO), May 2010, Public discourse
    • 「働き続けられる社会に向けて」
      CSR研究会, May 2010, 東京
    • 「改正臓器移植法の実施に向けて〜他国の事例から学ぶ,に日本が今行うべきこと〜」
      第43回日本臨床腎移植学会, Jan. 2010, 高知
    • 「欧州のPresumed consent下臓器提供における重要点」
      第43回日本臨床腎移植学会, Jan. 2010, Oral presentation, 高知
    • "Factors associated with professionalism of Transplant Coordinators,"
      2009 Organ Donation Congress, the 10th International Society for Organ Donation and Procurement & the 16th European Transplant Coordinators Organization, Oct. 2009, Poster presentation, Berlin, Germany
    • 「イスタンブール宣言を受けて私たちが目指すもの」
      第5回移植再生医療学会, Oct. 2009, 東京
    • 「フランスの制度改革:臓器提供増加の成功要因」
      第45回日本移植学会, Sep. 2009, Oral presentation, 東京
    • 価値最大化のための戦略的マーケティング
      瓜生原 葉子
      技術情報協会 セミナー, (於東京技術情報協会), Aug. 2009, Public discourse
    • "Intrinsic Motivation of Organ Transplant Coordinators,"
      Decimo Congreso Societat Catalana de Trasplantament, Feb. 2009, Poster presentation, Barcelona, Spain
    • 「The Spanish Modelの成功要因分析と各国への導入結果」
      第44回日本移植学会, Sep. 2008, Oral presentation, 大阪
    • 「ドナーコーディネーターのプロフェッショナリズムを醸成するための欧州の取組み」
      第44回日本移植学会, Sep. 2008, Oral presentation, 大阪
    • "Intrinsic Motivation of Organ Transplant Coordinators in Europe and Japan,"
      The 68th Academy of Management Annual Meeting, Aug. 2008, Oral presentation, California, USA
    • 「院内コーディネーターの要件と教育システム」
      第26回日本肝移植研究会, Jun. 2008, Oral presentation, 横浜
    • 「臓器提供病院における院内コーディネーターの重要性」
      第44回日本腹部救急医学会総会, Mar. 2008, 横浜
    • 「Comparison Survey on the Job Characteristics between Japanese and European In-hospital Coordinators」
      厚生労働省再生医療等研究事業「移植の社会的基盤整備に関する研究」研究会, Jan. 2008, 東京
    • 移植医療推進のために何をすべきか~成功事例から学ぶ~
      瓜生原 葉子
      熊本県主催院内コーディネーター研修会(於熊本赤十字病院), Mar. 2007, Public discourse
    • 臓器提供増加への取り組み
      瓜生原 葉子
      産経新聞社 移植医療シンポジウム (於東京フォーラム), Oct. 2006, Public discourse
    • Benefit of Ciclosporin for liver transplanted patients
      Yoko Uryuhara
      Meet the experts seminar at Loma Linda University, USA, May 2005, Public discourse
    • 欧州におけるdonation増加への取り組み
      瓜生原 葉子
      静岡県主催院内コーディネーター連絡協議会(於静岡商工会議所会館), Oct. 2004, Public discourse
    • 欧州における臓器提供推進の取組み
      瓜生原 葉子
      熊本県主催院内コーディネーター研修会(於熊本赤十字病院), Mar. 2004, Public discourse

    Industrial Property Rights

    • Patent right
      C型肝炎(HCV)処置のためのシクロスポリンとペグ化インターフェロンの組合せ剤の使用
      カトリーヌ・コルニュ-アルティ, ギィレン・ヴァション, 瓜生原 葉子, 浅川 一雄, ラインヒルト・エリーザベト・メルテス, 与芝 真彰
      特願2007-520752, 特表2008-506648, ノバルティス アクチエンゲゼルシャフト

    Research Projects

    • ウェルビーイングに資する行動変容促進モデルと幸福尺度を含む政策共創プロセスの構築
      瓜生原葉子(研究代表者)
      文部科学省, 2022年度 基盤研究(B)(一般), 2022/04 -2026/03, Principal investigator, 同志社大学
    • 行動科学を基盤とした科学的根拠に基づく臓器・組織移植啓発モデル の構築に関する研究
      瓜生原葉子(研究代表者)
      厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金(移植医療基盤整備事業), 2022/04 -2025/03, Principal investigator, 同志社大学
    • 小児からの臓器提供に必要な体制整備に資する教育プログラムの開発
      瓜生原葉子
      厚生労働省, 令和3年度厚生労働省科学研究補助金(免疫アレルギー疾患等政策研究事業), 2021/04 -2024/03, Coinvestigator
    • 遺伝子差別に対する法整備に向けての法政策の現状分析と考察
      瓜生原葉子 (課題代表者:瀬戸山 晃一)
      国立研究開発法人科学技術振興機構(JST), 戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発) 科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践研究開発プログラム, 2020/09 -2021/03, Coinvestigator, プロジェクト企画調査
    • 次世代を中心とした行動変容を促す科学的手法の開発と実装による検証
      瓜生原葉子(研究代表者)
      第49回(平成30年度)三菱財団社会福祉事業・研究助成, 2018/10 -2020/09, Principal investigator, Competitive research funding
    • 臓器提供意思表示行動など高関与型向社会的行動の説明モデルの構築と検証
      瓜生原 葉子
      本研究は,国際的に解明されていない「臓器提供意思表示」という高関与型向社会的行動における行動決定要因を明らかにし,行動を説明するモデルを構築することを目的としている。3年目の平成30年度は,前年度に導出した意思決定の行動要因とメカニズムを基に、残された課題であった年代別の意思表示に関する行動決定因子を探索的に研究した。 具体的には、幼児から高校生までを対象とし、年代別に行動目標を設定し,その目標にあった科学コミュニケーション手法について,先行研究調査,定性調査から仮説を導出し、それを検証するための介入方法,教材・ツールを定め,実装組織Share Your Value Projectとともに、検証を行った。 実証の機会としてのMUSUBU2018では、自治体、医療機関、市民団体とともに地域実装組織を構築して協同し、園児、小学生、中学生、高校生、大学生に対する介入を行い、その効果測定を行った。幼児「想い(意思)をカタチにする(表示)という行動の嬉しさを知る」、小学生「周囲への感謝の気持ちを持ち、伝える」、中学生「移植医療について自分の事として考える」、高校生「臓器提供の意思表示について自分なりに一度考える」を行動目標として介入の効果測定を行った結果、「家族臓器提供について対話すること」が促進因子であることが明らかになった。 研究成果の社会還元の場として、2019年2月に「SYVPソーシャルマーケティング研究会」を主催し、多様なステークホルダー約100名の参加を得た。その報告内容について「ソーシャルマーケティング研究」第3巻第1号も発刊した。さらに、活動についてFacebookによって発信することで還元を行った(4万views)。これら一連の独創的な活動が注目され、テレビ番組「大学のまち京都の力」でも特集された。, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 2016/04 -2020/03, Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Doshisha University
    • 小児からの臓器提供に必要な体制整備に資する教育プログラムの開発
      瓜生原葉子 (研究代表者:荒木尚)
      平成30年度厚生労働省科学研究補助金(免疫アレルギー疾患等政策研究事業), 2017/04 -2020/03, Coinvestigator, Competitive research funding
    • ソーシャルマーケティング手法を用いた心停止下臓器提供や小児の臓器提供を含む臓器提供の選択肢提示を行う際の対応のあり方に関する研究
      瓜生原葉子 (研究代表者:江口有一郎)
      平成28年度厚生労働省科学研究補助金(免疫アレルギー疾患等政策研究事業), 2016/04 -2019/03, Others, Competitive research funding
    • ソーシャルマーケティングによる移植医療の課題解決:臓器提供意思表示率の向上
      瓜生原葉子
      平成28年度吉田秀雄記念事業財団助成, 2016/04 -2018/03, Principal investigator, Competitive research funding
    • Management studies on biotech firms through comprehensive and comparative analysis on the management condition and environment
      Sengoku Shintaro
      The present studies aim to comprehensively and systematically understand the structural characteristics of Japan's biotechnology and pharmaceutical industry and the mechanism of innovative activities through comprehensive profiling and subsequent analysis on biotech and pharmaceutical firms, and the observatory analysis of the ecosystem based on international comparative studies. We set regional focuses on mainly Denmark and France, with an extended coverage to the United Kingdom and the United States. As a filed of innovation, We focused cell therapy and regenerative medicine in addition to biotech and pharmaceutical products. Specifically, we explored the following research topics: the management strategy and value creation of pharmaceutical/biotech firms, the business environment of pharmaceutical/biotech firms, the technological trajectory and innovation process of induced pluripotent stem cells (iPS cells), and the practical application of advanced therapeutic techniques., Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), 2014/04 -2017/03, Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Tokyo Institute of Technology
    • Empirical study about the diffusion of social value of organ transplantation
      Uryuhara Yoko
      In organ transplantation of Japan, to enhance declaration of intent to donate organs or not could protect the right of those who do not agreed to donate, and also contribute to solution of a problem called serious shortage of organ donation. In this research, we aimed to clarify the "social value" of organ transplantation and the diffusion method for enhancing people's decision-making and the declaration of intent to donate organs or not . We clarified that social values are "the relation with people or society", and "the thing which does not apply a burden to a family" from qualitative and 10,000 Japanese's quantitative research. As a result of our empirical study, we found our method using “stages-of-change model” by applying social marketing is effective to enhance declaration of intent to donate organs or not., Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 2013/04 -2017/03, Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    • 行動変容を促す科学コミュニケーション手法の開発と地域実装
      瓜生原葉子
      科学技術振興機構 平成27年度科学技術コミュニケーション推進事業 問題解決型科学技術コミュニケーション支援, 2015/04 -2016/03, Principal investigator, Competitive research funding
    • 移植医療の社会価値の普及に関する実証研究
      瓜生原葉子
      平成25年度 科学研究費助成事業科学研究費補助金 基盤(C),No. 25460619, 2013/04 -2016/03, Principal investigator, Competitive research funding
    • 医療健康情報の一元化と社会実装に向けた基盤研究
      瓜生原葉子 (研究代表者:中山健夫)
      戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)科学技術イノベーション政策のための科学 平成25年度採択プロジェクト企画調査, 2013/10 -2014/03, Others, Competitive research funding
    • Empirical Research on the Performance of Manufacturing Plants in Southeast Asia(東南アジアにおける製造工場の業績評価に関する実証研究)
      島田智明
      平成24年度 独立行政法人日本学術振興会 二国間交流事業共同研究(シンガポールとの共同研究), 2012/04 -2014/03, Competitive research funding
    • 腎臓提供の増加を目指した社会システムの構築
      瓜生原葉子
      公益財団法人 大阪腎バンク 平成24年度腎疾患研究助成, 2012/06 -2013/03, Principal investigator, Competitive research funding
    • 医薬品企業の価値向上に寄与する戦略的CSRの実証研究
      瓜生原葉子
      平成23年度 科学研究費助成事業 科学研究費補助金(研究活動スタート支援),No. 23830041, 2011/08 -2013/03, Principal investigator, Competitive research funding
    • 臓器移植の社会的基盤に関する研究
      瓜生原葉子(研究代表者:篠崎尚史)
      厚生労働省科学研究補助金(免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業), 2009/04 -2013/03, Others, Competitive research funding
    • 製薬企業と非製薬企業との経営比較―製薬企業の価値向上を目指した戦略的CSR―
      瓜生原葉子
      一般財団法人 島原科学振興会 平成23年度研究助成 経営部門, 2011/11 -2012/10, Principal investigator, Competitive research funding
    • Empirical Studies on Strategic CSR increasing corporate values in a Pharmaceutical Company
      URYUHARA Yoko
      Prescription drugs are characterized by the fact that physicians make decisions on drugs to be purchased, using their professional expertise on behalf of patients. This decision-making process is different from that of general consumer products. Based on the given relationship among physicians, patients, and pharmaceutical companies, we conducted empirical studies to clarify 1) whether pharmaceutical company's Corporate Social Responsibility (CSR) activities lead to increased sales of prescription drugs,2) what kind of CSR activities can increase corporate value in a pharmaceutical company. As a result of hypothetical empirical studies involving 544 physicians, CSR activities affected their decision of selecting prescription drugs under given conditions. Also, “value delivery” activity including providing information on related therapeutic area, supplying own drugs to developing countries, and providing scholarships increased the corporate value., Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Research Activity start-up, 2011 -2012, Grant-in-Aid for Research Activity start-up
    • 臓器提供増加を目指した社会システムの構築
      瓜生原葉子
      財団法人 松下幸之助記念財団 研究助成(人文科学・社会科学領域), 2010/10 -2011/09, Principal investigator, Competitive research funding

    Social Contribution

    • Green Pride Fes, 京都腎臓病協議会, 2018/10/13, Festival
    • My Story Fes(第20回臓器移植推進国民大会), 厚生労働省・日本臓器移植ネットワーク・京都府, 2018/10/07, Science cafe

    Media Coverage

    • 対策の浸透「納得度」カギ 同志社大・瓜生原教授が意識調査分析, Paper, Other than myself, 日本経済新聞社, 日本経済経新聞朝刊, 24 Oct. 2022, 日経新聞朝刊27面 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO65335930R21C22A0M12300/?fbclid=IwAR1if3BrtOnIeGJH6gaRAF5Pq0gnmPNL0nav3FjhcvddiBMa59bD4BVStQw
    • 「ソーシャルマーケティングの活用を」マイナンバーカード。普及、その先に。, Paper, Other than myself, 日本経済新聞社, 日本経済経新聞, 29 Nov. 2021, 日経新聞朝刊36面, マイナンバーカード普及推進分科会キックオフイベントの講演コメント
    • 「デジタル技術で第6波に備えを」 感染症会議閉幕, Paper, Myself, 日本経済新聞社, 28 Oct. 2021, コメントの掲載
    • 「データ活用で感染防止と経済活動両立を」感染症会議 第8回日経・FT感染症会議, Paper, 日本経済新聞社, 28 Oct. 2021, コメントの掲載
    • 「感染症対策、国民を巻き込んだ議論へ」, Paper, 日本経済新聞社, 21 Oct. 2021, 日経朝刊32面・解析結果とコメントの掲載
    • 「年代別の情報が行動を変える コロナ意識調査から」 同志社大学商学部准教授 瓜生原葉子, Paper, 日本経済経新聞社, 27 Sep. 2021, 日経新聞朝刊25面インタビュー記事
    • “受けたくない”理由ばかり、行列のできる会場ばかりのマスコミ報道…このままでは若者がワクチン接種に消極的に?, Internet, Myself, ABEMA prime, ABEMA times, 31 Aug. 2021
    • 行動変容&ワクチン接種を広げるための情報は?, Internet, Myself, ABEMA prime, ABEMAニュース・コメンテータ, 30 Aug. 2021
    • 「臓器移植20年 京都の現場はいま」, Media report, Myself, NHK, NHK TV『ニュース630』, Apr. 2019, コメント
    • 『臓器移植最前線 ブタの体内で人間の臓器づくり、移植が可能に?!』, Media report, TBS, BS-TBS『報道1930』, Mar. 2019, ゲストコメンテータ
    • 瓜生原研究室の取り組み, Media report, Myself, 京都テレビ, 「京都ライブ」特集「大学のまち京都の力」, Jan. 2019, KBSテレビ「京都ライブ」の特集「大学のまち京都の力」にて、瓜生原研究室の取り組みが紹介されました。

    Teaching Experience

    • 医薬品開発とライフサイクルマネジメント
      京都大学
    • 健康医療産業におけるサービス経営論
      京都大学
    • 技術倫理
      立命館大学
    • 人的資源管理
      立命館大学
    • ソーシャルマーケティング
      同志社大学
    • ソーシャルイノベーション
      同志社大学
    • 経営組織論
      同志社大学
    • Strategic Management (taught in English)
      同志社大学
    • 組織行動論
      同志社大学
    • Advanced Molecular Biotechnology
      Nagahama Institute of Bio-Science and Technology
    • Healthcare service
      Eikei University of Hiroshima