TAZUKE Shunichi
Faculty of Health and Sports Science Department of Health and Sports Science
Professor
Last Updated :2022/11/28

Researcher Profile and Settings

Research Interests

  • 運動とコミュニケーション
  • Psychomotor activity
  • スポーツ教育学
  • スポーツ運動学
  • Sport Pedagogy
  • Movement Theory

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Education - general
  • Humanities & social sciences / Early childhood education and childcare
  • Life sciences / Sports science

Research Experience

  • Doshisha University, Faculty of Health and Sports Science, 2008 - Today
  • Doshisha University, 客員教授, 2019/03 - 2020/03
  • 同志社大学ヒューマンセキュリティ研究センター研究員, 2003 - 2012
  • Doshisha University, Faculty of Social Studies, Department of Education and Culture, 2005 - 2008
  • - Doshisha University Faculty of Health & Sport Sciences : Professor, 2008 -
  • Doshisha University, Faculty of Letters, 2001 - 2005
  • Doshisha University : Professor, 2001 - 2005
  • - Doshisha Human Security Research Center : Researcher, 2003 -
  • 学術フロンティアトータル・ヒューマンケアサポート研究機構研究者, 1998 - 2002
  • Total Human Care Support Research Organization : Researcher, 1998 - 2002
  • Doshisha University, Faculty of Letters, 1994 - 2001
  • Doshisha University : Associate Professor, 1994 - 2001
  • Doshisha University, 1998 - 1999
  • Johannes Gutenberg University Mainz : Guest Researcher, 1998 - 1999
  • Doshisha University, Faculty of Letters, 1991 - 1994
  • Doshisha University : Lecturer, 1991 - 1994
  • Doshisha University, Faculty of Law, 1989 - 1991
  • Kosen of Osaka Prefecture University, 1987 - 1991
  • Osaka Prefectural College of Technology : Lecturer, 1987 - 1991
  • 京都府立西宇治高等学校非常勤講師, 1986 - 1987
  • Kyoto Prefectural Nishi-Uji High School : Teacher, 1986 - 1987

Education

  • University of Tsukuba, Master's Program in Health and Sport Sciences, コーチ学専攻, - 1986
  • University of Tsukuba, Graduate School, Division of Physical Education, - 1986
  • Doshisha University, Faculty of Letters, 文化学科・教育学専攻, - 1984
  • Doshisha University, Faculty of Literature, - 1984

Degree

  • Master of Physical Education, University of Tsukuba

Association Memberships

  • 陸上競技学会
  • 日本体育学会
  • 日本スポーツ運動学会
  • 日本スポーツ教育学会
  • 教育文化学会
  • ヨーロッパ・スポーツ科学学会
  • Japan Society of Sport Movement and Behaviour
  • Japanese Society of Biomechanics
  • E U R O P E A N C O L L E G E O F S P O R T S C I E N C E

Committee Memberships

  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクトに係るジュニア選手育成専門部会育成部委員, 2012 - Today, 京都府教育委員会, Autonomy
  • 運営委員, 2005 - Today, 公益財団法人私立大学情報教育協会サイバーキャンパスコンソーシアム体育学グループ, Society
  • 評議員, - Today, 教育文化学会, Society, 教育文化学会
  • 実行委員会委員, 2017 - 2021, 第30回日本外来小児科学会年次集会, Society
  • Promotionskommission, 2019/06 - 2019/06, Fachbereich Erziehungs- und Kulturwissenschaften, Universität Osnabrück, Society, 博士学位論文審査委員
  • OSAKAスポーツ大学企画運営業務委託及びチャンピオンレッスン企画運営業務委託にかかるプロポーザル業者評価有識者会議委員, 2015 - 2015, 大阪府, Autonomy
  • 京都府競技力向上対策本部ジュニア選手育成専門部会育成部委員, 2012 - 2013, 京都府, Autonomy
  • 理事,監事, 2005 - 2012, ヒューマンセキュリティサイエンス学会, Society, ヒューマンセキュリティサイエンス学会

Published Papers

  • Lucid Dream Sport Practice in Japanese College Athletes: A Questionnaire Study
    Erlacher Daniel; Masato Fujii; Shunichi Tazuke; Tetsuji Sugiyama; Ganzert Florian; Stumbrys Tadas; Schredl Michael
    International Journal of Sport and Health Science, Japan Society of Physical Education, Health, and Sport Sciences, 20 117 - 122, Jul. 2022, Scientific journal
  • 移動エントロピーを用いた集団スポーツにおける潜在的情報伝達の分析手法
    田中 毅; 馬込 卓弥; 田附 俊一; 合田 徳夫
    情報処理学会論文誌, 62(2) 737 - 746, Feb. 2021, Scientific journal
  • Frequency of sport dreams in Japanese college athletes
    Daniel Erlacher; Masato Fujii; Shunichi Tazuke; Tetsuji Sugiyama; Florian Ganzert; Michael Schredl
    International Journal of Dream Research, 13(1) 127 - 130, Apr. 2020, Scientific journal
  • Potential information transmission between players in invasion games depends on team members changes and different rules
    TAZUKE Shunichi; TANAKA Takeshi; GODA Norio
    同志社大学ハリス理化学研究報告, 60(1) 36 - 42, Apr. 2019, Research institution
  • Neesima and Doshisha : Contribution to Modern Physical Education in Japan
    Tazuke Shunichi
    同志社スポーツ健康科学, Alternative:Society of Health and Sports Science, Doshisha University, (6) 72 - 80, Jun. 2014, Research institution
  • Expansion of the Bewegte Schule concept in Germany and Switzerland, with case surveys
    近藤智靖; 岡出美則; 長谷川聖修; 田附俊一; 丸山真司
    体育学研究, 日本体育学会, 第58巻(第1号) 343 - 360, 2013, Scientific journal
  • The Originality of Sports Study
    Shunichi Tazuke
    Japan und Deutschland in der Globalisierung des Sports und der Sportwissenschaft ( Das7. Deutsch-Japanische Sportwissenschaftliche Symposium ), 55 - 58, 2012, International conference proceedings
  • 動きのよい子を育てる運動指導のポイント
    田附 俊一
    体育科教育(大修館書店), 第58巻(第7号) pp.14-17(依頼論文) , 2010, Scientific journal
  • 運動が「できる」からだの「気付き」に与える動画を用いたデジタルトレーニング日記の可能性に関する研究
    田附 俊一; 田附俊一; 藤澤義彦
    同志社保健体育, (第46号) 47 - 64, 2008, Research institution
  • 靴と裸足による50m走 -タイム,走速度,脚(大転子点と足関節を結んだ線)の接地直前の最大振り下ろし速度の観点から-
    田附 俊一
    同志社保健体育, (第45号) 37 - 54, 2007, Research institution
  • Gemütsverfassung vor und nach körperlicher Tätigkeit im Sportunterricht an der Universität in Japan
    Shunichi Tazuke
    Topics of Social and Behavioral Science in Sport (6th German-Japanese Symposium of Sport Science ), 145 - 150, 2007, International conference proceedings
  • 陸上競技種目によるD大学生の運動能力推移に関する考察
    田附 俊一
    同志社保健体育, (第44号) 45 - 58, 2006, Research institution
  • 子どもを取り巻くからだとこころの問題と運動を用いた改善の試み
    田附 俊一
    教育文化, (第15号) 164 - 192, 2006, Research institution
  • 子どものからだが動くようになることを意図した運動指導実践報告
    田附 俊一
    スポーツ運動学研究, 日本スポ-ツ運動学会, (19号) 97 - 112, 2006, Scientific journal
  • 高齢者の健康と体力に対する意識調査
    藤澤義彦; 石倉忠夫; 田附俊一; 田淵和彦
    同志社保健体育, (第43号) 27 - 43, 2005, Research institution
  • e-classでストリーミング機能を用いた観察学習
    田附 俊一
    大学教育と情報, 私立大学情報教育協会, Vol. 14(No. 2) pp.19-21(依頼論文) - 21, 2005, Research society
  • 身体と教養を取り巻く諸問題
    田附 俊一
    教育文化, (第13号) 41 - 61, 2004, Research institution
  • デジタルスポーツ・運動形態(Uebungsformen)データベース
    田附 俊一
    同志社保健体育, (第42号) 55 - 96, 2004, Research institution
  • 「からだ」その果てしない物語
    田附 俊一
    同志社大学ヒューマン・セキュリティ研究センター年報, (第1号) 227 - 231, 2004, Research institution
  • 生涯スポーツとしてみたドイツ高齢者のスポーツ実施内容の事例研究
    田附 俊一
    同志社保健体育, (第41号) 33 - 53, 2003, Research institution
  • ドイツのスポーツテストに関する日本の体力テストとの比較考察
    田附 俊一
    同志社保健体育, (第40号) 83 - 119, 2002, Research institution
  • フィットネスプログラムとして実施している46のUebungsformen(練習形態)の検討
    田附 俊一
    同志社保健体育, (第39号) 37 - 59, 2001, Research institution
  • 槍投げの助走運動発生の援助用具を用いた練習形態
    田附 俊一; 田附俊一; Hermann Salomon
    体育方法研究報告, (第4号) 77 - 87, 2000, Scientific journal
  • Subjektive Koerperwahrnehmung beim Lauf jugendlicher Leichtathleten
    Shunichi Tazuke
    Sport und Wissenschaft Beihefte zu den Leipziger Sportwissenschaftlichen Beiträgen, Symposiumbericht Kurt-Meinel-Symposium, Band 8 278 - 282, 1999, Symposium
  • Die nicht-verbalisierbare subjektive Koerperwahrnehmung baim Lauf jugentlicher Leichtathleten
    Shunichi Tazuke
    THE DOSHISHA HOKENTAIIKU, Doshisha University, 36(第36号) 43 - 57, 1998, Research institution
  • Manipulating processed biomechanical data on specialized motion analysis eguipment, and representing such data visually
    Shunichi Tazuke
    THE DOSHISHA HOKENTAIIKU, (第35号) 84 - 100, 1997, Research institution
  • ヤリの記録と助走及びリリース局面での1歩間の時間の関係について
    田附 俊一
    同志社保健体育, (第33号) 103 - 111, 1995, Research institution
  • 国内一流走幅跳選手の踏切準備動作-森長選手と朝原選手の場合
    青山清英; 田附俊一; 安井年文; 加藤弘一; 山内健次; 川井明
    スプリント研究, 第5巻 55 - 56, 1995, Scientific journal
  • 運動指導における運動情報の視覚的情報処理について
    田附 俊一
    同志社保健保育, (第32号) 51 - 66, 1994, Research institution
  • コンピュータ利用による運動の教育の技術と方法についての研究
    田附 俊一
    同志社保健体育, (第30号) 50 - 65, 1992, Research institution
  • 投てき選手の動作分析-やり投げ・ハンマー投げ-
    田附 俊一; 若山章信; 岡本敦; 田附俊一; 池上康雄
    Japanese Journal of SPORTS SCIENCES, Vol. 11(No. 10) pp.643-649(依頼論文) , 1992, Scientific journal
  • 槍投げにおける体幹の水平面上でのムチ運動について
    田附 俊一; 田附俊一; 岩野悦真
    同志社保健体育, 29(第29号) 38 - 54, 1991, Research institution
  • 運動指導に関する運動学的考察
    田附 俊一
    パイディア, (第28号) 24 - 55, 1991, Research institution
  • 翻訳 ライナー・バルライヒ他著 『トレーニング学』(1)
    田附 俊一
    大阪府立工業高等専門学校 研究紀要, 大阪府立工業高等専門学校, 第24巻 145 - 151, 1990, Research institution
  • Analysis Of The Rotational Movement In Javelin Throw
    Tazuke Shunichi
    大阪府立工業高等専門学校研究紀要, 大阪府立工業高等専門学校, 第22巻 95 - 99, 1988, Research institution

MISC

  • ドイツとスイスにおける「動きのある学校」の理念の拡がりとその事例について
    近藤 智靖; 岡出 美則; 長谷川 聖修; 田附 俊一; 丸山 真司
    日本体育学会第63回大会(東海大学湘南キャンパス)予稿集p.293近藤智靖,岡出美則,長谷川聖修,田附俊一,丸山真司, 社団法人日本体育学会, 63 293 - 293, 2012, Summary national conference
  • Eine Auslegung über die Fertigkeit im Sport; 守(Shu)・破(Ha)・離(Ri)
    8. Deutsch - Jpanisches SymposiumDevelopment through sport and renewing its cultural value(Universität Münster)p. 28Shunichi Tazuke, 2012, Summary national conference
  • 長距離ランナーのペース感覚についての考察ーインタビュー調査を通じてー
    第25回日本スポーツ運動学会(福岡二日市温泉大観荘)大会抄録集pp.129-139吉川拓志,田附俊一, 2012, Summary national conference
  • 1998年と2008年のGO/NO-GO課題と生活調査の比較
    日本体育学会第60回記念大会(広島大学東広島キャンパス)予稿集p. 184寺沢宏次,柳沢秋孝,篠原菊紀,奥原正夫,中島弘毅,藤森聡美,松村富穂,小林敏枝,田附俊一, 2009, Summary national conference
  • Relationship between Cerebral Activities with GO/NO-GO Tasks and Physical Strength of Youth; Kindergartners to High School Pupils
    The First Asia-Pacific Conference on Health Promotion and Education (APHPE)(Chiba)Abstractp. 521Fujimori S, Terasawa K, Matsumura T, Yanagisawa A, Shinohara K, Terasawa S, Nakajima K, Okuhara M, Kobayashi T, Tazuke S, Nakede K, Miura H, 2009, Summary international conference
  • A Study of the Relationship Between the Results of GO/NO-GO Tasks and the Life Style of Students: Ranking Between Elementary School and High School
    The First Asia-Pacific Conference on Health Promotion and Education (APHPE)(Chiba)Abstractp. 520Terasawa K, Matsumura T, Fujimori S, Yanagisawa A, Shinohara K, Terasawa S, Sasamori F, Nakajima K, Okuhara M, Kobayashi T, Tazuke S, Nakade K, Miura H, 2009, Summary international conference
  • 幼児から高校生までの体力テストと生活調査との関係
    第26回文理シナジー学会(日本アムウェイ)予稿集p. 11寺沢宏次,柳沢秋孝,篠原菊紀,奥原正夫,中島弘毅,藤森聡美,松村富穂,小林敏枝,田附俊一, 2009, Summary national conference
  • THE RELATION ANALYSIS ON THROWING ANGLE AND MOTION IN JAVELIN THROW
    14th annual Congress of the EUROPEAN COLLEGE OF SPORT SCIENCE(Oslo)Abstractp. 28Shunichi TazukeISBN978-82-502-0420-1, 2009, Summary international conference
  • An attempt to find differences of evaluation, and to recognize importance of communication, empathy and differences of value in PE class as liberal arts subject at university in Japan
    AIESEP 2008 World Congress(Sappolo)Progammp.25Shunichi Tazuke, 2008, Summary international conference
  • THE ANALYSIS OF THE ADJUSTMENT OF THROWING ANGLE IN JAVELIN THROW
    13th Annual Congress of the European College of Sport Sceience(Estoril)Abstractp.599Shunichi TazukeISBN978-972-735-156-5, 2008, Summary international conference
  • A Study to Explore the Possibility of Digital Training Diary Using Moving Images to Recognize Ones Own Sense for Better Performance
    Doshisha Journal of Health and Sport Sceinces, (第46号) 47 - 64, 2008
  • THE MOOD BEFORE AND AFTER PHYSICAL ACTIVITY IN TWO DIFFERENT PHYSICAL EDUCATION CLASSES AT UNIVERSITY IN JAPAN
    12th Annual Congress of the European College of Sports Sciences(Jyväskylä)Abstractp. 367Shunichi TazukeISBN978-951-790-242-7, 2007, Summary international conference
  • 50m running with shoes and barefoot - from the viewpoint of running time, running velocity and swing-back velocity of driving leg immediately before foot contact on the ground -
    Doshisha Journal of Health and Sport Sciences, (第45号) 37 - 54, 2007
  • 子どものからだを動くよう支援するトレーニングと小学生の事例研究
    第19回日本スポーツ運動学会抄録集pp.28-32田附 俊一, 2006, Summary national conference
  • Difference of running motion by difference of shoes about swing-back vwlocity of driving leg immediately before foot contact on the ground
    Shunichi Tazuke
    Volume 39 (Abstract )(Supplement 1) 193 - 194, 2006, Summary international conference
  • The Transition and Evaluation of Physical Fitness of Students at D. University which were measured with Track & Field events
    Doshisha Journal of Health and Sport Sciences, (第44号) 45 - 58, 2006
  • A study on the efforts for improvement of actualities that children have on the mind and body
    田附 俊一
    Journal of Education and Culture, 同志社大学文学部教育学研究室, (第15号) 164 - 192, 2006
  • Difference of running motion by difference of shoes about swing-back velocity of driving leg immediately before foot contact on the ground
    Journal of Biomechanics, Volume 39 (Abstract )(Supplement 1) 193 - 194, 2006
  • Practices of movement teaching and coaching to aim to improve children's motion for sports and excercise activities
    Japan Journal of Sport Movement and Behaviour, (19号) 97 - 112, 2006
  • The mood before and after physical activity in Physical education class at university, Japan
    6th German-Japanese Symposium of Sport ScienceProgrammpp.49-50Shunichi Tazuke, 2005, Summary international conference
  • 本邦D大学生の陸上競技種目による走・跳・投能力の推移
    第25回日本スポーツ教育学会Proceedingsp.256田附 俊一, 2005, Summary national conference
  • Survey on the Self-Awareness of Senior Citizens regarding Health and Physical Fitness
    Doshisha Journal of Health and Sport Sciences, (第43号) 27 - 43, 2005
  • A observational lerning with stresming function in e-class
    Japan University Association for Computer Education, Vol. 14(No. 2) pp.19-21(依頼論文) , 2005
  • THE FIRST STEP: WHICH IS BETTER, THE CHILDREN'S SPRINT (50m RUNNING ) WITH SHOES OR WITHOUT SHOES? - FROM THE VIEWPOINT OF 2 DIMENSIONAL BIOMECHANICAL MOTION ANALYZE-
    2004 PRE-PLYMPIC CONGRES Proceedings Volume II pp.315-316 Shunichi Tazuke, 2004, Summary national conference
  • Digital Database of the Practice Form in the Sport and Motion
    Doshisha Journal of Health and Sport Sciences, (第42号) 55 - 96, 2004
  • The Assigment about the Cultured Way of the Human Life through Reality with Gestalt as the World of Geist and Body
    Journal of Education and Culture, (第13号) 41 - 61, 2004
  • The Corporeality, the never ending study
    ANNUAL REPORT Doshisha Reserch Center for Human Security, (第1号) 227 - 231, 2004
  • A case study on the senior sports activities from the viewpoint of the lifelong sports
    Doshisha Journal of Health and Sport Sciences, (第41号) 33 - 53, 2003
  • Eine Btrachtung ueber Deutsches Sportabzeichen und den Koerperlichen Faeigkeiten in Japan
    THE DOSHISHA HOKENTAIIKU, (第40号) 83 - 119, 2002
  • Eine Betrachtung ueber meine 46 Uebungsformen fuer das Fitnesstraining
    THE DOSHISHA HOKENTAIIKU, (第39号) 37 - 59, 2001
  • The Final Step : The Relationship Between Run-up Deceleration and Trunk Action at Release Phase in Javelin Throws Competing in 1994 Asian Games and The 1991 World Championships
    XVth Congress of the International Society of BiomechanicsAbstractpp.916-917Shunichi Tazuke, Akinobu Wakayama, Shinji SakuraiISBN951-34-0563-X, 1995, Summary international conference
  • The Relationship between Throwing Distarce and Time of One Stride during Approach and at Release Phase in Javelin Throw
    THE DOSHISHA HOKENTAIIKU, (第33号) 103 - 111, 1995
  • 国内一流走幅跳選手の踏切準備動作-森長選手と朝原選手の場合
    第5回日本スプリント学会抄録集pp.55-56青山清英, 田附俊一, 安井年文, 加藤弘一, 山内健次, 川井明, 1994, Summary national conference
  • RUN-UP SPEED AND TRUNK-FORWARD ACTION AT RELEASE PHASE IN THE WORLD CLASS JAVELIN THROWER
    Shunichi Tazuke; Shunichi Tazuke; Akinobu Wakayama; Yasuo Ikegami
    JOURNAL OF BIOMECHANICS, Volume 27 ( Abstract )(Number 6) p.692 , 1994, Summary international conference
  • RELEASE CONDITIONS OF JAVELIN THROWING IN FLITE ATHLETES
    Shunichi Tazuke; Akinobu Wakayama; Shunichi Tazuke; Yasuo Ikegami
    JOURNAL OF BIOMECHANICS, Volume 27 ( Abstract )(Number 6) p.696 , 1994, Summary international conference
  • やり投げにおける身体各部位の運動連鎖と上肢体筋郡の収縮機序
    若山章信; 田附俊一; 岡本敦; 桜井伸二; 池上康雄
    陸上競技マガジン, 第44巻(第13号) 250 - 253, 1994, Introduction commerce magazine
  • A Study of Visualization of the information in Sports for Coaches
    THE DOSHISHA HOKENTAIIKU, (第32号) 51 - 66, 1994
  • RELEASE CONDITIONS OF JAVELIN THROWING IN ELITE ATHLETES
    International Society of Biomechanics XIVth CongressAbstractpp.1436-1437Akinobu Wakayama, Shunichi Tazuke, Yasuo IkegamiISSN0021-9290, 1993, Summary international conference
  • RUN-UP SPEED AND TRUNK-FORWARD ACTION AT RELEASE PHASE IN THE WORLD CLASS JAVELIN THROWER
    International Society of Biomechanics XIVth CongressAbstractpp.1330-1331Shunichi Tazuke, Akinobu Wakayama, Yasuo IkegamiISSN0021-9290, 1993, Summary international conference
  • 第3回IAAF世界陸上競技選手権大会におけるやり投げの解析 II.やりの迎え角とその最適角度
    若山 章信; 田附 俊一; 池上 康男
    日本体育学会第43回大会p.388若山章信,田附俊一,池上康夫, 社団法人日本体育学会, (43) 388 - 388, 1992, Summary national conference
  • 第3回IAAF世界陸上競技選手権大会におけるやり投げの解析 1.助走速度と体幹の後傾角について
    日本体育学会第43回大会p.387田附俊一, 若山章信,池上康夫, 1992, Summary national conference
  • バイオメカニクス的見地から見た世界選手権:やり投
    田附 俊一; 若山章信ほか
    陸上競技マガジン7月号増刊, 1992, Introduction commerce magazine
  • A Study on the Technique and the Method of making use of Comuter for the Education of Movement and Exercise.
    THE DOSHISHA HOKENTAIIKU, (第30号) 50 - 65, 1992
  • Biomechanical Analysis of the Javelin Throw Technique of the Top Athlete at the III World Championships in Athletics.
    TRACK & FIELD MAGAZINE SPECIAL EDITION IN JULY, 1992
  • An Analysis of the Throwing Motion -Jarelin Throw/Hammar Throw
    Japanese Journal of SPORTS SCIENCES, Vol. 11(No. 10) pp.643-649(依頼論文) , 1992
  • The Whiplike Movement of the Torso on the Horizontal Plane in Javelin Throw.
    THE DOSHISHA HOKENTAIIKU, (第29号) 38 - 54, 1991
  • Eine Betrachtung der sportlicher Bewegungsführung unter dem Aspekt der Bewegungslehre
    PAIDEIA, (第28号) 24 - 55, 1991
  • Die Ubersetzung von Rainer Ballreich. , u. a. ""Trainingswissenshaft""(1)
    Bulletin of Osaka Prefectural College of Technology, 第24巻 145 - 151, 1990
  • Analysis of The Rotational Movement in Javelin Throw.
    Tazuke Shunichi
    OSAKA PREFECTURAL COLLEGE OF TECHNOLOGY, 大阪府立工業高等専門学校, 第22巻 95 - 99, 1988
  • 槍投げの投げ腕の動きに関する分析的考察
    日本体育学会第38回大会p.380田附俊一, 関岡康雄, 1987, Summary national conference

Books etc

  • Gut starten Bewegung - Entwicklung - Diversiät
    Shunichi Tazuke
    Hoiffmann, 2017, Contributor, Theorie und Praxis in einen japanischen Kindergarten. Das Erziehungskonzept Bewegung, Spiel und Sport
  • 中学・高校 陸上競技の学習指導「わかって・できる」指導の工夫
    小木曽一之; 清水茂幸; 串間敦郎; 得居雅人; 小倉幸雄; 田附俊一
    道和書院, 2017, Contributor, II 種目別指導法 投擲
  • Bewegungschancen bilden
    TAZUKE Shunichi
    Hoiffmann, Jan. 2016, Contributor, Bewegung, Spiel und Sport in den japanischen Kindergärten
  • 動きの「感じ」と「気づき」を大切にした陸上運動の授業づくり
    細江文利; 鈴木直樹; 成家篤史; 田中勝行; 寺坂民明; 濱田敦志; 有川秀之; 石黒和仁; 石塚諭; 伊藤章; 梅澤秋久; 大橋潔; 岡野昇; 齋地満; 塩澤榮一; 白旗和也; 鈴木理; 須山千才; 田島香織; 田附俊一; 松本邦文; 宮内建治; 森博文; 山崎大志; 湯口雅史; 米田和雄; リチャード・ライト
    教育出版, 2012, Joint work, 「はだしで走る?靴で走る?①」p.78と「はだしで走る?靴で走る?②」p.124を分担執筆, Scholarly book
  • 教育文化学への挑戦 多文化交流からみた学校教育と生涯学習 第2版
    同志社大学教育文化学研究室編; 沖田行司; 越水雄二; 吉田亮; 井上智義; マリー・トーステン; 金子邦秀; 国生寿; 山田礼子; 中村百合子; 宇治郷毅; 田附俊一
    明石書店, 2008, Joint work, 第6章スポーツのグローバリゼーションpp.290-317を分担執筆, Scholarly book
  • 子どものボールゲーム バルシューレ 解説DVD(編集)
    木村真知子; 田附俊一
    創文企画, 2007, Others, Scholarly book
  • 教育文化学への挑戦 多文化交流からみた学校教育と生涯学習
    同志社大学教育文化学研究室編; 沖田行司; 越水雄二; 吉田亮; 井上智義; マリー・トーステン; 金子邦秀; 国生寿; 山田礼子; 中村百合子; 大城善盛; 田附俊一
    明石書店, 2005, Joint work, 第6章スポーツのグローバリゼーションpp.288-315を分担執筆, Scholarly book
  • Globarisierung des Sports : Zur Rolle der japanischen und deutschen Sportwissenschaft
    TAZUKE Shunichi
    TADASU BOOK Ltd., 2004, Editor, Scholarly book
  • 陸上競技を科学する
    関岡康雄; 若山章信; 田附俊一
    道和書院, 1999, Joint work, I 競技コーチング 第4章4 「一流やり投競技者の技術とその習得法」pp.132-137を若山章信,田附俊一で分担執筆, Scholarly book
  • 世界一流陸上競技者の技術
    日本陸上競技連盟強化本部バイオメカニクス研究班編; 若山章信ほか
    ベースボールマガジン社, 1994, Joint work, 第6章 2 やり投のバイオメカニクス的分析pp.220-238を若山章信,田附俊一,小嶋俊久,池上康雄,桜井伸二,岡本敦,植屋清見,中村和彦で分担執筆, Scholarly book
  • How they run, jump and throw
    TAZUKE Shunichi
    Baseball Magazine Inc., 1992, Joint work, やり投を若山章信,田附俊一で担当, Musical material

Presentations

  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附俊一
    07 Aug. 2022, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附俊一
    17 Jul. 2022, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附俊一
    19 Jun. 2022, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立小槌幼稚園園内研究会
    田附俊一
    06 Jun. 2022, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附俊一
    15 May 2022, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附俊一
    10 Apr. 2022, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附俊一
    16 Jan. 2022, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附俊一
    19 Dec. 2021, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附俊一
    07 Nov. 2021, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附俊一
    10 Oct. 2021, Public discourse
  • 子どものための幼児教育
    河﨑祥子; 田附俊一
    第30回日本外来小児科学会年次集会, 22 Aug. 2021, 21 Aug. 2021, 30 Sep. 2021, Invited oral presentation
  • 幼稚園における鬼ごっこに類する運動遊びの フィジカル・ディスタンシング分析
    田附俊一
    第30回日本外来小児科学会年次集会, 21 Aug. 2021, 21 Aug. 2021, 30 Sep. 2021, Oral presentation
  • 運動遊びとからだを用いた学びの理念に基づく実践紹介
    田附俊一
    第30回日本外来小児科学会年次集会, 21 Aug. 2021, 21 Aug. 2021, 30 Sep. 2021, Oral presentation
  • The play situation, which the amount of unconsciously communication increased, in kindergarten in Germany
    Shunichi TAZUKE; Takeshi TANAKA; Norio GODA
    30th European Early Childhood Education Research Association Conference, 07 Sep. 2021, 01 Sep. 2021, 17 Sep. 2021, Poster presentation
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附俊一
    08 Aug. 2021, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附俊一
    18 Jul. 2021, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附俊一
    03 Apr. 2021, Public discourse
  • Spiel und Bewegung in japanischen Kindergärten
    Shunichi Tazuke
    BEWEGTE KINDHEIT 11. KONGRESS 2020, 01 Jul. 2020, 01 Jul. 2020, 31 Oct. 2020, Public discourse
  • 芦屋市立幼稚園園長研修会
    田附俊一
    15 Jun. 2020, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立西山幼稚園園内研究会
    田附俊一
    12 Jun. 2020, Public discourse
  • 短距離走および身のこなし方講習会2(U13/ U12 Juniorinnen des Fußball- und Leichtathletik-Verbands Westfalen e.V. Kreis Münster)
    Shunichi Tazuke
    02 Dec. 2019, Public discourse
  • 短距離走および身のこなし方講習会1(U13/ U12 Juniorinnen des Fußball- und Leichtathletik-Verbands Westfalen e.V. Kreis Münster)
    Shunichi Tazuke
    25 Nov. 2019, Public discourse
  • Meine wissenschaftlichen Interessen und meine Biographie
    Shunichi Tazuke
    LabTalk, Institut für Sportwissenschaft, Uni. Münster, 24 Apr. 2019, Nominated symposium
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    10 Mar. 2019, Public discourse
  • 遊び
    田附 俊一
    兵庫県西宮市子育て総合センター付属あおぞら幼稚園研修会, 19 Feb. 2019, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    17 Feb. 2019, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    13 Jan. 2019, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    16 Dec. 2018, Public discourse
  • 運動遊びと幼児・子ども・そして人 2
    田附 俊一
    兵庫県芦屋市立西山幼稚園研修会, 10 Dec. 2018, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    11 Nov. 2018, Public discourse
  • 運動遊びと幼児・子ども・そして人 1
    田附 俊一
    兵庫県芦屋市立西山幼稚園研修会, 26 Oct. 2018, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    21 Oct. 2018, Public discourse
  • 新体操の芸術性を高める指導法ー音楽とともに踊る身体表現の伝授ー
    虎野 絵実子; 田附 俊一
    Oct. 2018, Oral presentation
  • 能楽論研究より得られる知見の応用可能性ー学習者の運動感覚図式の自得促発への応用ー
    鈴石 直樹; 田附 俊一
    日本スポーツ教育学会第38回大会, Oct. 2018, Oral presentation
  • 幼児,障がい者,高齢者とともに
    田附 俊一
    社会福祉法人みねやま福祉会マ・ルート, 21 Sep. 2018, Nominated symposium
  • 心豊かに感じ,共に育ち合う幼児をめざして〜伝える快さを感じ合う仲間づくりを通して〜
    田附 俊一
    兵庫県芦屋市立小槌幼稚園研修会, 20 Sep. 2018, Public discourse
  • 幼児の遊び・環境
    田附 俊一
    兵庫県芦屋市立朝日ヶ丘幼稚園研修会, 19 Sep. 2018, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    12 Aug. 2018, Public discourse
  • 幼児期における運動遊びの重要性〜ドイツの幼稚園の現状から〜
    田附 俊一
    芦屋市幼稚園教諭・保育所保育士就学前研修会, 30 Jul. 2018, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    15 Jul. 2018, Public discourse
  • ジュニアアスリートの発掘及び育成について
    田附 俊一
    京都府議会スポーツ振興委員会(参考人), 11 Jul. 2018, Keynote oral presentation
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    10 Jun. 2018, Public discourse
  • 運動遊び〜<からだ・こころ・あたま>伸び伸び〜
    田附 俊一
    兵庫県西宮市子育て総合センターチャレンジ研修, 09 Jun. 2018, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    13 May 2018, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    07 Apr. 2018, Public discourse
  • 兵庫県西宮市立鳴尾北幼稚園研修会「幼児の運動3」
    田附 俊一
    05 Mar. 2018, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    04 Mar. 2018, Public discourse
  • Einflüsse zwischen Spieler wegen der Regeländerungen im Ball-Pass-Game
    Tazuke, S; Tanaka, T; Goda, N; Fuchita, K
    10. German - Japanese Symposium, Mar. 2018, Oral presentation
  • Applying "Kata" to the Sports Coaching: With a Focus on "FUSHIKADEN"
    Suzuishi, N; Tazuke, S
    10. German - Japanese Symposium, Mar. 2018, Oral presentation
  • A Case Study of Developing Artistic Expression Based on The Body
    Torano, E; Tazuke, S
    10. German - Japanese Symposium, Mar. 2018, Oral presentation
  • Quantitative Assessment of Off-the-ball Movements based on Qualitative Assessment in Invasion Games
    Fuchita, K; Tazuke, S; Goda, N; Tanaka, T
    10. German - Japanese Symposium, Mar. 2018, Oral presentation
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    18 Feb. 2018, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    14 Jan. 2018, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    17 Dec. 2017, Public discourse
  • スポーツの社会的機能を活用して社会の発展に寄与する授業の提案
    来田 亨子; 田附 俊一
    私立大学情報教育協会 社会福祉・社会学・教育学・統計学・体育学グループ分野連携アクティブ・ラーニング対話集会, 16 Dec. 2017, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    19 Nov. 2017, Public discourse
  • 兵庫県西宮市立鳴尾北幼稚園研修会「幼児の運動2」
    田附 俊一
    06 Nov. 2017, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立小槌幼稚園研修会「幼児の運動2」
    田附 俊一
    30 Oct. 2017, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    22 Oct. 2017, Public discourse
  • スポーツの指導方法 力を引き出す指導法
    田附 俊一
    京都府弓道連盟平成29年度公認スポーツ指導者研修会, 21 Oct. 2017, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    24 Sep. 2017, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立朝日ヶ丘幼稚園研修会「幼児の運動2」
    田附 俊一
    19 Sep. 2017, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    13 Aug. 2017, Public discourse
  • 「からだ」は世界を獲得するための出発点
    田附 俊一
    第61回日本私立小学校連合会全国教員夏季研修会保健体育部会, 03 Aug. 2017, Invited oral presentation
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    30 Jul. 2017, Public discourse
  • Quantitative Assessment of Off-the-ball Movements based on Qualitative Assessment
    Katsuya Fuchita; Shunichi Tazuke; Takeshi Tanaka; Norio Goda
    22nd Annual Congress of the European College of Sport Science, Jul. 2017, Oral presentation
  • Quantitatively Measured Changes of Play by Limited Rules - From Children's Ball Passing Games
    Shunichi Tazuke; Takeshi Tanaka; Norio Goda; Katsuya Fuchita
    22nd Annual Congress of the European College of Sport Science, Jul. 2017, Oral presentation
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    11 Jun. 2017, Public discourse
  • 兵庫県西宮市立鳴尾北幼稚園研修会「幼児の運動1」
    田附 俊一
    09 Jun. 2017, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立小槌幼稚園研修会「幼児の運動1」
    田附 俊一
    19 May 2017, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立朝日ヶ丘幼稚園研修会「幼児の運動1」
    田附 俊一
    15 May 2017, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    14 May 2017, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    08 Apr. 2017, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    12 Mar. 2017, Public discourse
  • 西宮市鳴尾北幼稚園研修会「幼児の運動」
    田附 俊一
    03 Mar. 2017, Public discourse
  • 子ども・選手の力を伸ばす指導方法ー選手の力を引き出すには?ー
    田附 俊一
    平成28年度京都府スポーツ指導者研修会, 19 Feb. 2017, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    12 Feb. 2017, Public discourse
  • 京都府宇治市立笠取小学校スポーツ教室
    田附 俊一
    16 Jan. 2017, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    15 Jan. 2017, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    20 Dec. 2016, Public discourse
  • 子ども・選手の力を伸ばす指導方法ー選手の力を引き出すには?ー
    田附 俊一
    平成28年度京都府スポーツ指導者研修会, 04 Dec. 2016, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    20 Nov. 2016, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立小槌幼稚園研修会「幼児の運動2」
    田附 俊一
    17 Oct. 2016, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    16 Oct. 2016, Public discourse
  • PanaChildrenテニススクール ボールゲームスタッフ講習会
    田附 俊一
    26 Sep. 2016, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    25 Sep. 2016, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立朝日ヶ丘幼稚園研修会「幼児の運動2」
    田附 俊一
    16 Sep. 2016, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    21 Aug. 2016, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    31 Jul. 2016, Public discourse
  • Quantitatively Measured Variation of Play by Substituted Team Members in Ball Game
    S. Tazuke; S. Aihara; T. Tanaka; H. Ban; N. Goda
    21th. Annual Congress of the European College of Sport Science, Jul. 2016, Oral presentation
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    12 Jun. 2016, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市小槌幼稚園研修会「幼児の運動1」
    田附 俊一
    06 Jun. 2016, Public discourse
  • Development of Advanced Position Measurement System for Sport Teams
    S. AIhara; T. Tanaka; H. Ban; N. Goda; S. Tazuke
    21th. Annual Congress of the European College of Sport Science, Jun. 2016, Poster presentation
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    22 May 2016, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立朝日ヶ丘幼稚園研修会「幼児の運動1」
    田附 俊一
    13 May 2016, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    09 Apr. 2016, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    21 Mar. 2016, Public discourse
  • Theorie und Praxis in einem japanischen Kindergarten - Das Erziehungskonzept Bewegung, Spiel und Sport
    田附 俊一
    10. Osnabrücker Kongress " Bewegte Kindheit", 05 Mar. 2016, Invited oral presentation
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    21 Feb. 2016, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立朝日ヶ丘幼稚園研修会「幼児の運動3」
    田附 俊一
    22 Jan. 2016, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    17 Jan. 2016, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    20 Dec. 2015, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立朝日ヶ丘幼稚園研修会「幼児の運動2」
    田附 俊一
    18 Dec. 2015, Public discourse
  • 子ども・選手の力を伸ばす指導方法ー選手の力を引き出すには?ー
    田附 俊一
    平成27年度京都府スポーツ指導者研修会, 13 Dec. 2015, Public discourse
  • 子ども・選手の力を伸ばす指導方法ー選手の力を引き出すには?ー
    田附 俊一
    平成27年度長崎県スポーツ指導者研修会, 05 Dec. 2015, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    15 Nov. 2015, Public discourse
  • 「遊びながら磨く動きづくり・運動」
    田附 俊一
    京都府宇治田原町スポーツ講演会, 07 Nov. 2015, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    12 Oct. 2015, Public discourse
  • 観察,評価,判断に着目したトップテニス指導者によるトップテニスプレイヤーを対象としたフォアハンドストローク指導に関する事例研究
    鈴木 理恵; 田附 俊一
    日本スポーツ教育学会第35回記念国際大会, 20 Sep. 2015, Oral presentation
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    13 Sep. 2015, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    09 Aug. 2015, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    19 Jul. 2015, Public discourse
  • 子ども・選手の力を伸ばす指導方法ー選手の力を引き出すには?ー
    田附 俊一
    平成27年度京都府スポーツ指導者研修会, 05 Jul. 2015, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    14 Jun. 2015, Public discourse
  • 西宮市鳴尾北幼稚園研修会「幼児の運動」
    田附 俊一
    01 Jun. 2015, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    17 May 2015, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立朝日ヶ丘幼稚園研修会「幼児の運動1」
    田附 俊一
    08 May 2015, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    11 Apr. 2015, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    01 Mar. 2015, Public discourse
  • Bewegung, Spiel und Sport in japanischen Kindergärten
    田附 俊一
    BEWEGTE KINDHEIT 9. Osnabrücker Kongress, Mar. 2015, Invited oral presentation
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    01 Feb. 2015, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    18 Jan. 2015, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立朝日ヶ丘幼稚園研修会「幼児の運動3」
    田附 俊一
    09 Jan. 2015, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    14 Dec. 2014, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    03 Nov. 2014, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立朝日ヶ丘幼稚園研修会「幼児の運動2」
    田附 俊一
    20 Oct. 2014, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    19 Oct. 2014, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    21 Sep. 2014, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    21 Jul. 2014, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    15 Jun. 2014, Public discourse
  • 兵庫県西宮市鳴尾北幼稚園研修会「幼児の運動」
    田附 俊一
    06 Jun. 2014, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    17 May 2014, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立朝日ヶ丘幼稚園研修会「幼児の運動1」
    田附 俊一
    16 May 2014, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    12 Apr. 2014, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    09 Mar. 2014, Public discourse
  • 総合型地域スポーツクラブにおける「『子どもの教室』指導法」
    田附 俊一
    公益財団法人京都府体育協会京都府広域スポーツセンター総合型クラブステップアップ事業, 08 Mar. 2014, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立朝日ヶ丘幼稚園研修会「幼児の運動2」
    田附 俊一
    04 Mar. 2014, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    16 Feb. 2014, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    19 Jan. 2014, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    15 Dec. 2013, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    17 Nov. 2013, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    20 Oct. 2013, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    21 Sep. 2013, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    03 Aug. 2013, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    15 Jul. 2013, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    22 Jun. 2013, Public discourse
  • 西日本私立小学校教員研修会保健体育「ボールあそび〜バルシューレ」
    田附 俊一
    24 May 2013, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立朝日ヶ丘幼稚園研修会「幼児の運動1」
    田附 俊一
    20 May 2013, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    18 May 2013, Public discourse
  • 京の子どもタイヤモンドプロジェクト「京都きっず」フィジカルプログラム
    田附 俊一
    13 Apr. 2013, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立精道幼稚園研修会「幼児の運動5」
    田附 俊一
    21 Feb. 2013, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立精道幼稚園研修会「幼児の運動4」
    田附 俊一
    21 Jan. 2013, Public discourse
  • からだ伸び伸び ーそれはやっぱり遊びからー
    田附 俊一
    平成24年度芦屋市教育委員会指定幼稚園教育研究会, 01 Nov. 2012, Public discourse, 芦屋市立精道幼稚園
  • 兵庫県芦屋市立精道幼稚園研修会「幼児の運動3」
    田附 俊一
    22 Oct. 2012, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立精道幼稚園研修会「幼児の運動2」
    田附 俊一
    21 Jun. 2012, Public discourse
  • 兵庫県芦屋市立精道幼稚園研修会「幼児の運動1」
    田附 俊一
    28 May 2012, Public discourse
  • 最新の指導法で「子どもの体力向上」に資する授業づくりを
    田附 俊一
    大阪府教育委員会平成24年度「子どもの体力向上」のための実践指導力向上研修<小>,<中・高>, 2012, Public discourse, 大阪府体育研修センター
  • Sport, Schulsport und Sportdidaktik in Japan
    田附 俊一
    35. Jahrestagung der Kommission Sportpädagogik der Deutsche Gesellschaft für Erziehungswissenschaft, 2012, Invited oral presentation, Universität Osnabrück
  • 長距離ランナーのペース感覚についての考察ーインタビュー調査を通じてー
    第25回日本スポーツ運動学会(福岡二日市温泉大観荘)大会抄録集pp.129-139吉川拓志,田附俊一, 2012, Oral presentation
  • Eine Auslegung über die Fertigkeit im Sport; 守(Shu)・破(Ha)・離(Ri)
    田附 俊一
    8. Deutsch - Jpanisches SymposiumDevelopment through sport and renewing its cultural value(Universität Münster)p. 28Shunichi Tazuke, 2012, Public symposium
  • ドイツとスイスにおける「動きのある学校」の理念の拡がりとその事例について
    日本体育学会第63回大会(東海大学湘南キャンパス)予稿集p.293近藤智靖,岡出美則,長谷川聖修,田附俊一,丸山真司, 2012, Oral presentation
  • 子どもから大人につながるからだ・表現・運動・遊び・スポーツ
    田附 俊一
    愛知県私立幼稚園PTA連合協議会研修会, 2010, Public discourse, 愛知県
  • 子どもにふさわしい遊具とは何か 子どもから大人につながるからだ・表現・運動・遊び・スポーツ
    田附 俊一
    愛知県私立幼稚園連盟園長・主任研修会, 2010, Public discourse, 愛知県名古屋市ウイングあいち
  • 1998年2008年による幼児から高校生までの生活調査の比較
    長野体育学会寺沢宏次,柳沢秋孝,篠原菊紀,奥原正夫,中島弘毅,藤森聡美,中出敬介,松村富穂,小林敏枝,田附俊一,三浦弘, 2009, Oral presentation
  • THE RELATION ANALYSIS ON THROWING ANGLE AND MOTION IN JAVELIN THROW
    田附 俊一
    14th annual Congress of the EUROPEAN COLLEGE OF SPORT SCIENCE(Oslo)Abstractp. 28Shunichi TazukeISBN978-82-502-0420-1, 2009, Poster presentation
  • 幼児から高校生までの体力テストと生活調査との関係
    第26回文理シナジー学会(日本アムウェイ)予稿集p. 11寺沢宏次,柳沢秋孝,篠原菊紀,奥原正夫,中島弘毅,藤森聡美,松村富穂,小林敏枝,田附俊一, 2009, Oral presentation
  • A Study of the Relationship Between the Results of GO/NO-GO Tasks and the Life Style of Students: Ranking Between Elementary School and High School
    The First Asia-Pacific Conference on Health Promotion and Education (APHPE)(Chiba)Abstractp. 520Terasawa K, Matsumura T, Fujimori S, Yanagisawa A, Shinohara K, Terasawa S, Sasamori F, Nakajima K, Okuhara M, Kobayashi T, Tazuke S, Nakade K, Miura H, 2009, Oral presentation
  • Relationship between Cerebral Activities with GO/NO-GO Tasks and Physical Strength of Youth; Kindergartners to High School Pupils
    The First Asia-Pacific Conference on Health Promotion and Education (APHPE)(Chiba)Abstractp. 521Fujimori S, Terasawa K, Matsumura T, Yanagisawa A, Shinohara K, Terasawa S, Nakajima K, Okuhara M, Kobayashi T, Tazuke S, Nakede K, Miura H, 2009, Oral presentation
  • 1998年と2008年のGO/NO-GO課題と生活調査の比較
    日本体育学会第60回記念大会(広島大学東広島キャンパス)予稿集p. 184寺沢宏次,柳沢秋孝,篠原菊紀,奥原正夫,中島弘毅,藤森聡美,松村富穂,小林敏枝,田附俊一, 2009, Oral presentation
  • Ballschule(バルシューレ)の試み
    田附 俊一
    日本スポーツ方法学会, 2008, Invited oral presentation, 東京学芸大学
  • THE ANALYSIS OF THE ADJUSTMENT OF THROWING ANGLE IN JAVELIN THROW
    13th Annual Congress of the European College of Sport Sceience(Estoril)Abstractp.599Shunichi TazukeISBN978-972-735-156-5, 2008, Poster presentation
  • An attempt to find differences of evaluation, and to recognize importance of communication, empathy and differences of value in PE class as liberal arts subject at university in Japan
    AIESEP 2008 World Congress(Sappolo)Progammp.25Shunichi Tazuke, 2008, Poster presentation
  • THE MOOD BEFORE AND AFTER PHYSICAL ACTIVITY IN TWO DIFFERENT PHYSICAL EDUCATION CLASSES AT UNIVERSITY IN JAPAN
    12th Annual Congress of the European College of Sports Sciences(Jyväskylä)Abstractp. 367Shunichi TazukeISBN978-951-790-242-7, 2007, Poster presentation
  • Difference of running motion by difference of shoes about swing-back vwlocity of driving leg immediately before foot contact on the ground
    2006, Oral presentation
  • 子どものからだを動くよう支援するトレーニングと小学生の事例研究
    第19回日本スポーツ運動学会抄録集pp.28-32田附 俊一, 2006, Oral presentation
  • 本邦D大学生の陸上競技種目による走・跳・投能力の推移
    第25回日本スポーツ教育学会Proceedingsp.256田附 俊一, 2005, Oral presentation
  • The mood before and after physical activity in Physical education class at university, Japan
    6th German-Japanese Symposium of Sport ScienceProgrammpp.49-50Shunichi Tazuke, 2005, Oral presentation
  • 子どもの運動機能向上支援プログラムの実践研究-陸上競技種目を用いて-
    第1回子ども学会議(「日本子ども学会」学術集会)田附 俊一, 2004, Poster presentation
  • THE FIRST STEP: WHICH IS BETTER, THE CHILDREN'S SPRINT (50m RUNNING ) WITH SHOES OR WITHOUT SHOES? - FROM THE VIEWPOINT OF 2 DIMENSIONAL BIOMECHANICAL MOTION ANALYZE-
    2004 PRE-PLYMPIC CONGRESProceedings Volume II pp.315-316Shunichi Tazuke, 2004, Poster presentation
  • 槍投げの助走の練習形態
    日本スポーツ方法学会田附俊一, Hermann Salomon, 1999, Oral presentation
  • Subjektive Körperwahrnehmung von japanischen jugentlichen Sportlern beim Lauf
    Kurt-Meinel-Symposium, 1998, Public symposium
  • Subjeltive Körperwahrnehmung von japanischen jugendlichen Sportlern beim Lauf
    Kurt-Meinel-Symposium, 1998, Poster presentation
  • The Final Step : The Relationship Between Run-up Deceleration and Trunk Action at Release Phase in Javelin Throws Competing in 1994 Asian Games and The 1991 World Championships
    XVth Congress of the International Society of BiomechanicsAbstractpp.916-917Shunichi Tazuke, Akinobu Wakayama, Shinji SakuraiISBN951-34-0563-X, 1995, Poster presentation
  • A COMPARATIVE STUDY OF THROWING KINEMATICS AMONG 90M, 70M and 65M CLASS JAVELIN THROWERS
    Asian Sport Sciences Congress Hiroshima '94Akinobu Wakayama, Shunichi Tazuke. Shinji Sakurai, Yasuo Ikegami, 1994, Oral presentation
  • RUN-UP SPEED AND TRUNK-FORWARD ACTION AT RELEASE PHASE IN THE WORLD CLASS JAVELIN THROWER
    Shunichi Tazuke; Shunichi Tazuke; Akinobu Wakayama; Yasuo Ikegami
    International Society of Biomechanics, 1994, Poster presentation
  • RELEASE CONDITIONS OF JAVELIN THROWING IN FLITE ATHLETES
    Shunichi Tazuke; Akinobu Wakayama; Shunichi Tazuke; Yasuo Ikegami
    International Society of Biomechanics, 1994, Poster presentation
  • 国内一流走幅跳選手の踏切準備動作-森長選手と朝原選手の場合
    第5回日本スプリント学会抄録集pp.55-56青山清英, 田附俊一, 安井年文, 加藤弘一, 山内健次, 川井明, 1994, Oral presentation
  • マルチメデイアを用いた教育方法について-スポーツを例にして
    第3回教育文化学会田附 俊一, 1993, Oral presentation
  • RUN-UP SPEED AND TRUNK-FORWARD ACTION AT RELEASE PHASE IN THE WORLD CLASS JAVELIN THROWER
    International Society of Biomechanics XIVth CongressAbstractpp.1330-1331Shunichi Tazuke, Akinobu Wakayama, Yasuo IkegamiISSN0021-9290, 1993, Poster presentation
  • RELEASE CONDITIONS OF JAVELIN THROWING IN ELITE ATHLETES
    International Society of Biomechanics XIVth CongressAbstractpp.1436-1437Akinobu Wakayama, Shunichi Tazuke, Yasuo IkegamiISSN0021-9290, 1993, Poster presentation
  • 第3回IAAF世界陸上競技選手権大会におけるやり投げの解析 1.助走速度と体幹の後傾角について
    日本体育学会第43回大会p.387田附俊一, 若山章信,池上康夫, 1992, Oral presentation
  • 第3回IAAF世界陸上競技選手権大会におけるやり投げの解析 II.やりの迎え角とその最適角度
    日本体育学会第43回大会p.388若山章信,田附俊一,池上康夫, 1992, Oral presentation
  • 青年たちに運動を指導して
    第9回同志社教育学研究会田附 俊一, 1990, Oral presentation
  • 槍投げの投げ腕の動きに関する分析的考察
    日本体育学会第38回大会p.380田附俊一, 関岡康雄, 1987, Oral presentation

Works

  • 京の子どもダイヤモンドプロジェクトに係るジュニア選手育成専門部会育成部委員として,子どもたちにフィジカルトレーニングを指導
    2012
  • 芦屋市立精道幼稚園で園内研究会の講師として,園児に遊びを基本にした運動指導を行い,先生に運動遊びの助言をした.
    2012
  • からだ伸び伸び 頭もこころも伸び伸び
    2012
  • 芦屋市立精道幼稚園で園内研究会の講師として,園児に遊びを基本にした運動指導を行い,先生に運動遊びの助言をした.
    2011
  • からだ伸び伸び 頭もこころも伸び伸び
    2011
  • アルプス子ども会のリーダーに運動指導をした
    2008

Research Projects

  • Quantitative evaluation of daily activities that activate the communication of children in kindergarten.
    田附 俊一
    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 2022/04 -2025/03, Principal investigator, Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Doshisha University
  • COI拠点の下で行われる個別プロジェクト/集団におけるコミュニケーションの質の可視化と活性化
    八木 健
    大阪大学COIセンター・オブ・イノベーションプログラム, 2019/04 -2022/03, 国立大学法人大阪大学,株式会社日立製作所,学校法人同志社,国立大学法人北海道大学,国立大学法人北海道教育大学
  • 人間力活性化によるスーパー日本人の育成と産業競争力増進/豊かな社会の構築
    八木 健
    大阪大学COIセンター・オブ・イノベーションプログラム, 2016/04 -2022/03, Competitive research funding, 国立大学法人大阪大学,学校法人同志社
  • 集団におけるコミュニケーションの質の可視化と活性化
    八木 健
    大阪大学COIセンター・オブ・イノベーションプログラム, 2017/04 -2019/03, 国立大学法人大阪大学,株式会社日立製作所,学校法人同志社,国立大学法人北海道大学,学校法人藤学園藤女子大学
  • COI拠点の下で行われる個別プロジェクト/集団におけるコミュニケーションの質の可視化と活性化
    八木 健
    大阪大学COIセンター・オブ・イノベーションプログラム, 2016/04 -2019/03, 国立大学法人大阪大学,株式会社日立製作所,学校法人同志社,国立大学法人北海道大学,国立大学法人北海道教育大学
  • ドイツとスイスにおける「動きのある学校」の成果と課題について
    近藤 智靖
    文部科学省, 基盤研究(C)(一般), 2013 -2016, Competitive research funding
  • 投動作による投射角修正過程に関する研究-投動作意識と動きに着目して-
    田附 俊一
    文部科学省, 基盤研究(C)(一般), 2006 -2008, Principal investigator, Competitive research funding
  • The practice for the movement creation
    Competitive research funding
  • The sport program and the practice as liberal education.
    Competitive research funding

Social Contribution

  • 京都日独協会会長, 2018-Today, Others
  • 京の子どもダイヤモンドプロジェクトに係るジュニア選手育成専門部会育成部委員, 2012-Today, Others
  • 宇治市立笠取小学校学校評議員, 2012-Today, Others
  • NPO法人バルシューレジャパン理事, 2009-Today, Others
  • 京都日独協会副会長, 2015-2018, Others
  • 京都日独協会理事, 2012-2014, Others
  • 京都府競技力向上対策本部ジュニア選手育成専門部会育成部委員, 2011
  • NPO法人日希協会理事, Others

Teaching Experience

  • Applied seminar (Theory and Practice of Movement Education in Germany with German)
    Doshisha University
  • Movement Theory
    Shiga University
  • Special Lecture S in Germany (Introduction to sports and physical activity education in Germany with the historical and social background)
    Doshisha University
  • Sports coaching methodology
    Nara University of Education
  • Practice of sports methods (track and field)
    Doshisha University
  • Practicing sports teaching methods (track and field)
    Doshisha University
  • Movement Theory
    Doshisha University
  • Sports performance (fitness)
    Doshisha University
  • Sports performance (skiing)
    Doshisha University
  • Sports Performance (Athletics)
    Doshisha University

Others

  • 兵庫県芦屋市立西山幼稚園園内研究会
    2020/06 -2020/06
  • モデレーター:若い人たちにつなぐ
    2018/10 -2018/10, 京都日独協会60周年記念式典
  • モデレーター:Bettina Gildenhard「試行錯誤を重ねるドイツの政治教育」
    2018/06 -2018/06, 京都日独協会例会
  • Chair, Workshop2
    2018/03 -2018/03, 10. German - Japanese Symposium
  • モデレーター:高瀬亮「ドイツワインの大きな誤解」
    2017/07 -2017/07, 京都日独協会2017年度第2回例会
  • モデレーター:田附那菜「ヨーロッパから見たアートマーケット」
    2017/05 -2017/05, 京都日独協会2017年度第1回例会
  • モデレーター:矢永二難「日本人ドイツ語学習者が感じた『ドイツ語らしさ』ードイツ語指導とドイツ語学習」
    2017/03 -2017/03, 京都日独協会2016年度第3回例会
  • 私立大学情報教育協会 栄養学・薬学・医学・歯学・看護学・体育学グループ分野連携アクティブ・ラーニング対話集会
    2017/01 -2017/01, 体育学話題提供及びパネリスト
  • Modetor and translater: Prof. Dr. Renate Zimmer: "Bewegungskindergärten in Deutschland mit dem Zusatz: Sport und Bewegung für alle - vor klein auf"
    2016/03 -2016/03, 同志社大学スポーツ健康科学会セミナー
  • Modetor and translater: Prof. Dr. Eckart Balz "Bewegte Schule in Deutschland: Situation-Status-Standing
    2015/09 -2015/09, 教育文化学科会第25回年次大会