KIKUCHI Keisuke
Graduate School of Global Studies
Professor
Last Updated :2022/09/27

Researcher Profile and Settings

Research Interests

  • グローバリゼーション
  • 新自由主義
  • 階層格差
  • 社会運動
  • レイシズム
  • ポストコロニアリズム
  • ダイバーシティ
  • 移民・難民

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Local studies
  • Humanities & social sciences / Sociology
  • Humanities & social sciences / History of thought

Education

  • Université de Paris 12 (Val de Marne),, Graduate School, Division of Philosophy, 1997 - 2002
  • Tokyo University of Foreign Studies, Graduate School, Area Studies, 1993 - 1997
  • Universite Libre de Bruxelles, Faculte de Philosophie et Lettres, 1994 - 1996
  • Tokyo University of Foreign Studies, Faculty of Foreign Studies, French Studies, 1987 - 1992

Degree

  • Dec. 2002
  • Mar. 1997
  • Jun. 1996

MISC

  • 債務による支配~第三世界の債務危機と継続する植民地主義
    菊池恵介
    福音と世界, (2022年2月号) 18 - 23頁, Feb. 2022
  • ユーロ危機の真相ーー欧州通貨統合の矛盾と南北の分断
    菊池恵介
    「世界」, 242 - 248, Aug. 2020
  • 「ポピュリズム台頭の元凶は白人貧困層か?~フランス大統領選にみるポピュリズム論の誤謬」
    菊池恵介
    RONDO, (1号) 36 - 44頁, 2017
  • 「欧州債務危機と緊縮の《鉄の檻》ーーギリシャの反緊縮運動からイギリスのEU離脱へ」
    菊池恵介
    季刊「ピープルズ・プラン」, (74号) 60 - 76頁, 2016
  • 「《文明の衝突》論のどこが問題かーー《シャルリー・エブド》襲撃事件を考える」
    菊池恵介
    「一神教学際研究(JISMOR)」, (11号) 11 - 21頁, 2016
  • 「岐路に立つヨーロッパ~EU議会選挙における極右躍進の背景」
    菊池恵介
    「同志社グローバル・スタディーズ」, (5号) 99 - 118頁, 2015
  • 「格差社会からグローバル恐慌ヘーーデヴィッド・ハーヴェイ『新自由主義』を導きの糸として」
    菊池恵介著
    『近代世界システムと新自由主義グローバリズム』(三宅芳夫・菊池恵介編、作品社), 50 - 73頁, 2014
  • 「スカーフ問題とは何か」
    菊池恵介著
    内藤正典・岡野八代編『グローバル・ジャスティス』(ミネルヴァ書房)、, 168 - 178頁, 2013
  • 「保守革命の時代――新自由主義はいかに世界に拡大したか」
    菊池恵介著
    『DVDブック ショック・ドクトリン』(旬報社), 2 - 5頁, 2013
  • 「アフリカへの償い――奴隷制と植民地主義の補償問題の行方」
    菊池恵介著
    「女性・戦争・人権」, (12号) 10 - 35頁, 2013

  • Keisuke Kikuchi; Paul Jobin; Sara Liwerant
    Droit et Cultures, (no.58) pp.9-19 , 2009
  • 「植民地支配の歴史の再審ーーフランスの<過去の克服>の現在」
    菊池恵介著
    『歴史と責任ーー「慰安婦」問題と1990年代』(中野敏男・金富子編、青弓社), 216 - -234頁, 2008
  • 「移民問題と植民地支配」
    菊池恵介著
    「クァドランテ」(東京外国語大学海外事情研究所),, (9号) 205頁 , 2007
  • 「ヨーロッパ映画と移民問題」
    菊池恵介著
    「現代思想」(臨時増刊号 特集「ドキュメンタリー」),, 第35巻(13号) 256 - 267頁, 2007

  • Keisuke Kikuchi
    Crimes de l'histoire et réparations (Laurence Boisson de Chazournes, Francois Quéguiner, Santiago Villalpando, ed.), Editions Bruylant, Bruxelles,, pp.131 - 145., 2006
  • 「〈スカーフ論争〉―― 問われるフランス共和主義」
    菊池恵介著
    季刊「前夜」,, (2号) 100 - 108頁, 2005
  • 「応答可能性としての歴史――『存在と時間』における歴史の問題」
    菊池恵介著
    『UTCP研究論集』,, (1号) 39 - 52頁, 2004

Books etc

  • 三宅芳夫:菊池恵介編 『近代世界システムと新自由主義グローバリズム――資本主義は持続可能か?』,
    菊池 恵介; 三宅芳夫
    作品社,, 2014, Joint work, 393頁、, Scholarly book
  • パスカル・ブランシャールほか著 『植民地共和国フランス』(平野千果子、菊池恵介訳),
    菊池 恵介; 共訳者; 平野千果子
    岩波書店,, 2011, Others, 256頁、, Scholarly book
  • ロイック・ヴァカン著『貧困という監獄――グローバル化と刑罰国家の到来』(森千香子、菊池恵介訳),
    菊池 恵介; 共訳者; 森千香子
    新曜社,, 2008, Others, 205頁、, Scholarly book
  • La pensée herméneutique de l'histoire -- Temporalité, narrativité et historicité,
    KIKUCHI Keisuke
    Thèse de Doctorat, Université Paris 12 Val de Marne,, 2002, Single work, (313 pages),, Musical material

Presentations

  • 欧州右派ポピュリズムの台頭
    菊池恵介
    シンポジウム:「維新の《躍進》を世界の流れから読み解く――総選挙の結果をどう考えるか, 24 Dec. 2021, Nominated symposium
  • フランス・アフロフェミニズムの現在~アマンディン・ゲイ監督『声を上げる・未来を拓く』を題材に
    菊池恵介
    MICCS第2回定例研究会, 19 Nov. 2021, Public discourse
  • 「レスボス島難民キャンプ火災と難民受け入れをめぐる政治」
    菊池恵介
    グローバル・ジャスティス研究会、シンポジウム:コロナ危機と難民問題~ヨーロッパはどこに向かっているのか?, 05 Dec. 2020
  • 「混迷するヨーロッパ・左派ポピュリズムの挑戦」
    グローバル・ジャスティス研究会:シンポジウム「民主主義はどうなる? 2020年代の政治を語ろう」, 23 Dec. 2019
  • 「フランスの植民地責任論の現在〜遺骨の返還から文化財の返還へ」
    人骨問題を考える連続学習会@京都大学 第三回学習会, 19 Jul. 2019
  • 「欧州債務危機と緊縮政策~フランスの「黄色いベスト運動」は何に怒っているのか?」
    PARC自由学校講座06 グローバル経済と民主主義の未来 I 新自由主義への抵抗:世界の潮流を知る, 18 Jun. 2019, Public discourse
  • 「フランス・黄色いベスト運動」
    グローバル・ジャスティス研究会(シンポジウム「ヨーロッパの混沌~ドイツとフランスの今」), 28 Feb. 2019, Nominated symposium
  • 「欧州・多文化主義の危機」
    政治思想学会(第二シンポジウム「グローバルな覇権と《文明》」), 25 May 2018, Nominated symposium
  • La minorité coréenne au Japon face à la xénophobie d'Etat
    Université Paris 10 (Paris-Nanterre), 28 Mar. 2018
  • Le Zaitokukai : un racisme qui vient d'en bas
    Université Paris 8 (Vincennes-Saint Denis),, 28 Mar. 2018
  • Néolibéralisme et crise du modèle japonais
    Ecoles des Hautes Etudes en Sciences Sociales (EHESS), Fondation France-Japon, Paris,, 14 Mar. 2018
  • 「脱成長を目指す世界の多様な運動」
    縮小社会研究会、同志社大学, 14 Oct. 2017
  • 「岐路に立つヨーロッパ〜フランス大統領選をどう見るか?」
    公益社団法人 京都工業会, 14 Jul. 2017
  • 「ヨーロッパの難民政策〜国境閉鎖は現実的な選択か?」
    菊池 恵介
    グローバル・ジャスティス研究会, 2016, 同志社大学
  • 「ハイチへの賠償金返還を求めるフランスの黒人運動」
    KIKUCHI Keisuke
    同志社大学アメリカ研究所部門研究, 2015
  • 「表現の自由と宗教的尊厳は共存できるのか?―パリ,コペンハーゲンでの襲撃事件を踏まえて」
    KIKUCHI Keisuke
    同志社大学「一神教学際研究センター(CISMOR)」公開講演会, 2015
  • 「ギリシャ危機の背景〜政府の放漫財政か、欧州統合の構造的な問題か?」
    菊池 恵介
    大阪社会フォーラム, 2015, エル大阪
  • La querelle des Rochers --- La doctrine de la Terra Nullius et l'expansion coloniale japonaise
    Séminaire du LCAO (Langues et Civilisations de l'Asie Orientale), Université Paris Diderot, 2014
  • La minorité Coréenne face à la xénophobie d'Etat,
    Séminaire Migration & Multiculturalisme, Regards Croisés France-Japon, Le Japon contemporain au prisme des interrogations sur le racisme et le traitement des minorités en Europe, Science Po Paris,, 2014
  • 「スカーフ論争―隠れたレイシズム」
    KIKUCHI Keisuke
    明治学院大学 国際平和研究所, 2012, 明治学院大学白金キャンパス,
  • 「奴隷制・植民地支配の補償問題の行方」
    菊池 恵介
    「女性・戦争・人権」学会 年次大会, 2011, 京都, 立命館大学
  • « Postwar Japanese democracy at crisis »,
    KIKUCHI Keisuke
    II. International Conference for Intercultural Philosophy, Moral and Philosophical Education in the Intercultural Era,, 2008, Chonnam University, Departement of Philosophy, Korea
  • « La société de consommation et le déclin du mouvement ouvrier japonais »,
    KIKUCHI Keisuke
    IV Foro International de Filosofía de Venezuela – Alienación, Communicatión y Consumo : retos del Socialismo del siglo XXI., 2008, Maracaibo, República Bolivariana de Venezuela, Ministerio del Poder Popular para la Cultura
  • « Le cas des "femmes de réconfort" sud-coréennes devant les juridictions japonaises »,
    KIKUCHI Keisuke
    Réparations et crimes de l’histoire : Le droit dans tous ses états ?, Rencontres scientifiques organisées conjointement par l’Université de Genève et l’UNESCO., 23 Mar. 2002, Université de Genève, Faculté de Droit, Suisse

Research Projects

  • 「EUにおけるレイシズムの新展開と社会構造の比較研究――英・仏・蘭の事例から」
    基盤研究(C)(一般), 2013 -2015, Competitive research funding

Social Contribution

  • 季刊「前夜」編集員, 2004-2007
  • NPO前夜理事, 2004-2007