MORITA Dan
Faculty of Letters Department of Aesthetics and Art Theory
Professor
Last Updated :2021/10/27

Researcher Profile and Settings

Profile and Settings

  • Research funding number

    40554449

Research Areas

  • Humanities & social sciences/Philosophy and ethics
  • Humanities & social sciences/Aesthetics and art studies
  • Humanities & social sciences/History of thought

Academic & Professional Experience

  • Faculty of Letters Department of Aesthetics and Theory of Arts, Doshisha University, 2020/04 - Today
  • Department of International Studies Division of International Culture, Seinan Gakuin University, 2018/04 - 2020/03
  • Department of International Studies Division of International Culture, Seinan Gakuin University, 2011/10 - 2018/03
  • Department of International Studies Division of International Culture, Seinan Gakuin University, 2010/04 - 2011/09

Education

  • The University of Tokyo, Graduate School, Division of General Culture, 1998/04 - 2000/03
  • The University of Tokyo, Faculty of Liberal Arts, 1994/04 - 1998/03
  • Doshisha University, Faculty of Literature, 1987/04 - 1991/03

Academic Degrees

  • 修士(学術), 東京大学
  • 博士(学術), 東京大学

Association Memberships

  • 西日本哲学会
  • 日本独文学会
  • 日本哲学会
  • 日本ドイツ学会

Published Papers

  • まなざしの原史:ベンヤミン『ベルリンの幼年時代』の「回廊」をめぐって
    森田 團
    形象, 形象論研究会, (4)32 - 51, 29 Mar. 2019, Japanese
  • 非-伝達可能性の象徴としての言語:ベンヤミンの言語哲学における記号への問い
    『思想』、7月号, (1131), 28 Jun. 2018, Japanese, Research paper (scientific journal)
  • 罪のしるしとしての現存在:『存在と時間』における言語の根拠への問い
    Zuspiel, 1178-191 , Dec. 2017, Japanese, Research paper (scientific journal)
  • 純粋言語への志向:ベンヤミン「翻訳者の課題」における言語の概念
    九州大学哲学論文集, (51)41-59 , Oct. 2015, Japanese, Research paper (bulletin of university, research institution)
  • エルンスト・ブロッホ『この時代の遺産』における陶酔の弁証法
    『陶酔とテクノロジーの美学:ドイツ文化の諸相1900-1933』, 109-136 , 22 Jun. 2014, Japanese
  • スフィンクスの解読:ポール・ド・マンにおける「読むこと」と「歴史」
    『思想』(2013年・第7号), (1071)128-149 , Jun. 2013, Japanese, Research paper (other academic)
  • 予感する知性と物質:エルンスト・ブロッホにおける崇高なイメージ
    『〈過去の未来〉と〈未来の過去〉:保坂一夫先生古希記念論文集』, 283-293 , 20 Mar. 2013, Japanese, Research paper (other academic)
  • 新しさと永遠回帰:ヴァルター・ベンヤミンにおけるファンタスマゴリーの理論
    『西南学院大学国際文化論集』, 第26(第2)157-177 , Mar. 2012, Japanese, Research paper (bulletin of university, research institution)
  • 能動知性と歴史:坂部恵の哲学におけるベンヤミン
    『別冊水声通信 坂部恵』, 226-238 , Jun. 2011, Japanese, Research paper (other academic)
  • 歴史哲学と決断:高坂正顕の場合
    『哲学の現在』(日本哲学会国際交流ワーキン ググループ編), 99-104 , 2009, Japanese, Research paper (other academic)
  • 坂部恵「しるし」
    『日本哲学小史 近代100年の20篇』(熊野純彦編・著), 178-185 , 2009, Japanese, Research paper (other academic)
  • 迷うことの諸相:パサージュにおける経験についての考察
    UTCPブックレット『〈時代〉の通路 ヴァルター・ベンヤミンの「いま」』, 31‐57 , 2008, Japanese
  • 封印する/される暴力 ヴァルター・ベンヤミンにおける「神的暴力」の概念と時間性の問題
    『UTCP研究論集』, (10), 2007, Japanese, Research paper (other academic)
  • モナドと歴史哲学:ベンヤミンとライプニッツ
    『水声通信 特集 甦るライプニッツ』, (4/5月(17)), 2007, Japanese, Research paper (other academic)
  • 「哲学」における「過去」と「未来」:「いま、哲学とはなにか」という問いについての予備的考察
    『いま、哲学とはなにか』(小林康夫編), 42‐55 , 2006, Japanese, Research paper (other academic)
  • 仮面をつけた現実:フロイト「不気味なもの」のイメージ論的読解
    『SITE ZERO/ZERO SITE』, (0)142‐175 , 2006, Japanese, Research paper (other academic)
  • Die Utopie der Sprache. Eine Vorstudie zur Frage nach dem Leben der Sprache bei Walter Benjamin.
    Dan Morita
    Die Welt als fragwürdig begreifen-ein philosophischer Anspruch. Festschrift für Hassan Givsan, hrsg. von Heidelinde Beckers und Christine Magdalene Noll Würzburg 2006., 167-181 , 2006, Research paper (other academic)
  • 象徴の歴史化:アルフレート・ボイムラーによるバッハオーフェン解釈の一側面
    『ヨーロッパ研究 特別号 ヨーロッパとアジアの間』, 16‐35, 2005, Japanese, Research paper (bulletin of university, research institution)

Misc

  • 柿木伸之『ベンヤミンの言語哲学:翻訳としての言語、想起からの歴史』(平凡社)書評
    『週間読書人』, (2014年12月5日), 05 Dec. 2014, Japanese, Book review, literature introduction, etc.
  • 小黒康正著『水の女:トポスへの航路』
    『九州ドイツ文学』, (第27)51-55 , 25 Oct. 2013, Japanese, Book review, literature introduction, etc.
  • 手紙を通して紡がれた思考:文献学・神話・哲学をめぐって
    『ベンヤミン/アドルノ往復書簡』(上・下), 下巻:252-267 , Jun. 2013, Japanese, Article, review, commentary, editorial, etc. (other)
  • フロイトとイメージの問題
    『出版ニュース』(2013年6月上旬号), 21-21 , Jun. 2013, Japanese, Other
  • 書評:カール・レーヴィット『世界と世界史』(柴田治三郎訳)岩波書店、2006年。
    SITE ZERO/ZERO SITE WEB, 04 Dec. 2006, Japanese, Book review, literature introduction, etc.
  • 書評:ジャン=リュック・ナンシー『イメージの奥底で』(西山達也・大道寺玲央訳)以文社、2006年。
    SITE ZERO/ZERO SITE WEB, 21 Aug. 2006, Japanese, Book review, literature introduction, etc.
  • カール・モイリ 「カーニヴァルの起源」
    『SITE ZERO/ ZERO SITE』第0号(2006)メディア・デザイン研究所 176‐209頁(カール・モイリの業績と思想を概観した訳者解説を付す)。, (0)176‐209 , Jul. 2006, Japanese, Other
  • ブックレヴュー 4:ルードルフ・オットー『聖なるもの 神的なものの観念における非合理的なもの、および合理的なものとそれとの関係について』(華園聰麿訳)創元社 2005
    『10+1』, (39)43-45 , Jun. 2005, Japanese, Book review, literature introduction, etc.
  • ブックレヴュー 3:アビ・ヴァールブルク『異教的ルネサンス』(進藤英樹訳)ちくま学芸文庫 2004
    『10+1』, (38)31-34 , Apr. 2005, Japanese, Book review, literature introduction, etc.
  • ブックレヴュー 2:J. J. バハオーフェン『古代墳墓象徴試論』(平田公夫・吉原達也訳・上山安敏解説)作品社 2004
    『10+1』, (37)26-27 , Dec. 2004, Japanese, Book review, literature introduction, etc.
  • ブックレヴュー 1:ユルゲン・ハーバーマス、ジャック・デリダ、ジョヴァンナ・ボッラドリ『テロルの時代と哲学の使命』(藤本一勇・澤里岳史)、岩波書店200」、44-46頁。
    『10+1』, (36)44-46 , Sep. 2004, Japanese, Book review, literature introduction, etc.

Books etc

  • 『ベンヤミン:媒質の哲学』
    水声社, 15 Mar. 2011, Sole author, Japanese, Other

Conference Activities & Talks

  • Between Empirical and Philosophical Aesthetics: Form, Emotions and Aesthetic Cognition
    Humboldt-kolleg 2019, Tokio: Neuronale Geisteswissenschaften und empirische Ästhetik, 19 May 2019, Oral presentation (general)
  • 触覚の概念をめぐって:ベンヤミンとリーグル
    森田 團
    シンポジウム「東方キリスト教との出会い」, 02 Feb. 2019, Japanese, Symposium, workshop panel (nominated), 西南学院大学博物館
  • 純粋な言葉としての記号:ヘルダーリンと悲劇的実存
    早稲田大学哲学会, 07 Jul. 2018, Japanese, Symposium, workshop panel (nominated), 早稲田大学哲学会
  • 心的装置と幻覚:フロイトにおけるイメージの起源
    形象論研究会 特別公開研究会(京都工芸繊維大学), 23 Feb. 2018, Japanese, Symposium, workshop panel (nominated), 形象論研究会
  • 罪のしるしとしての現存在:『存在と時間』における言語の根拠への問い
    ハイデガー『存在と時間』刊行90周年記念シンポジウム(青山学院大学), 25 Nov. 2017, Japanese, Symposium, workshop panel (nominated), ハイデガー研究会
  • 仮象と表現なきもの:ベンヤミン「ゲーテの『親和力』」における美の概念
    第38回日本現象学会シンポジウム「仮象の現象学」、高千穂大学, 26 Nov. 2016, Japanese, Oral presentation (general), 日本現象学会
  • Liebe, Schicksal und Hoffnung in Goethes "Wahlverwandtschaften". Benjamins Interpretation von Ottilies Leben.
    Dipartimento di LINGUE E LETTERATURE STRANIERE, Università di Verona, 28 Apr. 2016, Oral presentation (invited, special)
  • Dramaturgia:ベンヤミンの『ハムレット』論
    COLLOQVIVM IN HONOREM PROF. YASVNARI TAKADÆ MOMENTVM CRITICVM あるいは さよならの向う側(東京大学・駒場), 21 Mar. 2015, Japanese, Symposium, workshop panel (nominated), 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部付属 共生のための国際哲学研究センター(UTCP) 上廣共生哲学寄付研究部門 S1プロジェクト「徳とVIRTUEの比較構造論的研究」
  • ヴァルター・ベンヤミンの初期言語哲学における言語・存在・歴史
    九州大学哲学会 シンポジウム「言語・共同性・歴史――和辻哲郎とベンヤミンの哲学から出発して」(九州大学), 27 Sep. 2014, Japanese, Symposium, workshop panel (nominated), 九州大学哲学会
  • Keiji Nishitani’s Philosophy and the Problem of Nihilism
    第4回 日中哲学フォーラム「日中の哲学者がともに考える――哲学の原理的あり方と現代社会における役割」(北京外国語大学), 20 Sep. 2014, English, Oral presentation (general), 主催:中国社会科学院哲学研究所、日本哲学会、共催:中華日本哲学会、北京日本学研究センター(北京外国語大学)
  • 喜劇と歴史:ヴァルター・ベンヤミン「運命と性格」再読
    シンポジウム「ジョルジョ・アガンベンと哲学の潜勢力:岡田温司先生を迎えて」, 21 Jun. 2014, Japanese, Symposium, workshop panel (nominated), 西南哲学会
  • 諸言語の生と志向性:ヴァルター・ベンヤミン「翻訳者の使命」における歴史の概念
    第二回 国際文化学会(西南学院大学), 23 Mar. 2014, Japanese, Oral presentation (general)
  • Japanese Philosophy as “Pseudomorphosis” The Case of Keiji Nishitani's “Nihilism”: the Problem of the Philosophy of History and the Notion of Sin.
    23rd World Congress of Philosophy, Athens., 05 Aug. 2013, English, Oral presentation (general)
  • Mimesis und Leib. Walter Benjamins Theorie der Nachahmung.
    Japanische Gesellschaft für Germanistik, Herbsttagung 2012, Symposium zum Thema: Zwischen Körper und Unkörperlichem., 13 Oct. 2012, Japanese, Oral presentation (general), Japanische Gesellschaft für Germanistik
  • ミメーシスと太古の身体:後期ベンヤミンの哲学原理
    哲学/倫理学セミナー 第80回例会 「『ベンヤミン 媒質の哲学』を読む」(文京区民センター), 31 Mar. 2012, Japanese, Oral presentation (general), 熊野純彦教授(東京大学)
  • 根源における理念の叙述:ベンヤミンとコーエン
    ワークショップ「根源への跳躍 古澤ゆう子先生を囲んで」(一橋大学・東キャンパス), 28 Mar. 2012, Japanese, Oral presentation (general)
  • 陶酔と技術:ヴァルター・ベンヤミンの〈人間学的唯物論〉
    コロキウム「陶酔の演出、陶酔の思想 世紀転換期ドイツ語圏の芸術と思想」(東京大学・駒場), 24 Mar. 2012, Japanese, Symposium, workshop panel (nominated), 科学研究費補助金基盤研究(B)「陶酔と技術――ドイツ語圏世紀転換期における文学・芸術の総合的研究」 (研究代表者:鍛治哲郎)
  • カタストロフと悲劇:ベンヤミンの「歴史の天使」
    グローバルCOE・UTCPファイナルシンポジウム2012「カタストロフィーと共生の哲学」(東京大学・駒場), 05 Mar. 2012, Japanese, Symposium, workshop panel (nominated), 共生のための国際哲学教育研究センター(UTCP)
  • 類似性と太古の身体:ヴァルター・ベンヤミンにおけるミメーシスの概念
    模倣と創造 日本とヨーロッパにおける文化継承の現象学(明治大学), 10 Dec. 2011, Japanese, Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech, 明治大学人文科学研究所
  • Vernunft und Materie. Die Bedeutung des erhabenen Bildes bei Ernst Bloch.
    Workshop "La philosophie de l’histoire et le messianisme"(Université de Tokyo, Komaba), 14 Nov. 2011, Symposium, workshop panel (nominated), University of Tokyo, Center for Philosophy
  • 悲劇的実存:ヨルクのギリシア悲劇解釈
    シンポジウム「実存の悲劇的根拠」(一橋大学), 01 Aug. 2011, Japanese, Symposium, workshop panel (nominated), 科学研究費補助金基盤研究C「古典の歪曲」の一環として開催:研究代表:古澤ゆう子教授)
  • 想起と直観的悟性
    UTCPワークショップ「解釈の希求法」(東京大学・駒場), 30 Mar. 2011, Japanese, Oral presentation (general)
  • 想起と直観的悟性:ベンヤミンの歴史哲学とゲーテ
    西日本哲学会第61回大会(鹿児島大学), 04 Dec. 2010, Japanese, Oral presentation (general), 西日本哲学会
  • 歴史哲学と中間休止:ベンヤミンとヘルダーリン
    UTCPワークショップ「歴史哲学の仮晶」(東京大学・駒場), 19 Mar. 2010, Japanese, Symposium, workshop panel (nominated), 東京大学 共生のための国際哲学教育研究センター
  • 亡霊と語り/神話と歴史:その交叉についての予備的考察
    UTCPワークショップ「亡霊、語り(ナラティブ)、歴史性」、藤井貞和先生を迎えて(東京大学・駒場), 01 Mar. 2010, Japanese, Symposium, workshop panel (nominated), 東京大学 共生のための国際哲学教育研究センター
  • 批評とは何か:ベンヤミンから出発して
    UTCPワークショップ(東京大学・駒場), 04 Dec. 2009, Japanese, Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech, 東京大学 共生のための国際哲学教育研究センター
  • フィグーラ:アウエルバッハの文献学と歴史哲学
    日本独文学会 秋季研究発表会(名古屋市立大学), 17 Oct. 2009, Japanese, Oral presentation (general), 日本独文学会
  • カタルシスの歴史哲学的意義:ヨルク伯によるギリシア悲劇解釈
    日本独文学会 春季研究発表会(明治大学), 31 May 2009, Japanese, Oral presentation (general), 日本独文学会
  • 歴史哲学と決断:高坂正顕の場合
    日中哲学フォーラム(瀋陽・遼寧大学), 26 Apr. 2009, Japanese, Symposium, workshop panel (nominated), 日本哲学会・中華日本哲学会・中国社会科学院哲学研究所
  • Rhythmus. Walter Benjamins Philologie des Ursprungs.
    Internationales Kolloquium: declinationes philologiae(Universität Tokio, Komaba), 17 Mar. 2009, Symposium, workshop panel (nominated), Culture and Representation Course, The University of Tokyo, Kommaba
  • カタルシスと崇高:ベンヤミンの詩学
    日本独文学会 秋季研究発表会(岡山大学), 12 Oct. 2008, Japanese, Oral presentation (general), 日本独文学会
  • 詩人の想像力と歴史哲学:ディルタイと力の概念
    日本独文学会 春季研究発表会(立教大学), 15 Jun. 2008, Japanese, Oral presentation (general), 日本独文学会
  • KYRIOLOGIE:クロイツァーの象徴神話論におけるイメージの問題
    若手研究者によるフォーラム 第二回「イメージ(論)の臨界:ミュトスとロゴスの間」(京都大学), 01 Mar. 2008, Japanese, Symposium, workshop panel (nominated), 科学研究費萌芽研究「美術史の脱構築と再構築」(代表:岡田温司教授)
  • 迷うことの諸相:パサージュにおける経験についての考察
    UTCP「共生的通路論:ベンヤミンをめぐるセミナー」、川俣正[通路]展内にて、川俣正氏を迎えて(東京都現代美術館), 15 Feb. 2008, Japanese, Symposium, workshop panel (nominated), 東京都現代美術館・UTCP
  • 滅びのリズムと根源:ヴァルター・ベンヤミンの歴史哲学の一側面
    日本独文学会 秋季研究発表会(大阪市立大学), 07 Oct. 2007, Japanese, Oral presentation (general)
  • 脱形態化作用としてのファンタジー:フロイト「〈マジックメモ〉についてのノート」再読
    フロイト思想研究会第一回大会(京大会館), 15 Sep. 2007, Japanese, Oral presentation (general), フロイト思想研究会
  • 近代におけるイメージ経験:ヴァルター・ベンヤミンにおける「永遠回帰」と「新しさ」の概念
    夏季セミナー「大都市と文化理論」(上海・華東師範大学), 25 Jun. 2007, Japanese, Symposium, workshop panel (nominated), 華東師範大学
  • 〈生〉の共同体:エーリヒ・ウンガーにおける「神話的民族」の概念
    日本独文学会 春季研究発表会(東京大学・駒場), 10 Jun. 2007, Japanese, Oral presentation (general), 日本独文学会
  • Von der Phantasmagorie zum dialektischen Bild. Walter Benjamin und das Passagen-Werk
    都市文化コロキウム(カッセル大学), Jan. 2003, Oral presentation (general), ハインツ・ペッツォルト/ゲルノート・ベーメ

Works

  • 終末のヴィジョンと馬——タル・ベーラ『ニーチェの馬』をめぐって
    Other, 2012/06, KBCシネマ タル・ベーラ『ニーチェの馬』公開記念トーク

Research Grants & Projects

  • Walter Benjamin's Philosophy of History and its connection to the subject in German
    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 2013/04 -2017/03, Morita Dan, Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
  • "Rausch" and Technique-Literature and Arts in the German-speaking Countries around the Fin de Siecle
    Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), 2009 -2011, KAJI Tetsuro, TAKAHASHI Sogo, CHOKI Seiji, TANAKA Jun, GOTTSCHEWSKI Hermann, TAKEMINE Yoshikazu, MORITA Dan, GABRIELE Stumpp, Grant-in-Aid for Scientific Research (B)