髙橋 広行
タカハシ ヒロユキ
商学部商学科
博士前期課程教授
Last Updated :2022/12/09

研究者情報

    プロフィール

    髙橋広行(たかはし・ひろゆき) ※高橋の高は「ハシゴ高」
    同志社大学 商学部 教授,博士(商学,関西学院)
    関西学院大学大学院 商学研究科 博士課程 後期課程 修了
    イプソス株式会社(旧: Ipsos日本統計調査株式会社) 客員研究員
    1級販売士 / 専門社会調査士

    https://takahashi-lab.sub.jp

    科研費研究者番号

    00580325

研究キーワード

  • 持たない消費(リキッド消費・ソリッド消費・アクセスベース消費など)
  • カスタマー・ブランド・エンゲージメント
  • リテールブランド
  • 消費者視点の業態認識
  • ブランド
  • 消費者行動

研究分野

  • 人文・社会 / 商学 / 消費者行動
  • 人文・社会 / 商学 / マーケティング

経歴

  • 同志社大学, 商学部 商学科, 教授, 2020年04月 - 現在
  • 同志社大学, 商学部, 准教授, 2015年04月 - 現在
  • イプソス㈱ 研究員(非常勤), 2008年09月 - 現在
  • 流通科学大学, 商学部, 専任講師,准教授, 2010年04月 - 2015年03月

学歴

  • 関西学院大学, 商学研究科, 博士課程後期課程修了,博士(商学), 2007年04月 - 2010年03月
  • 関西学院大学, 商学研究科, 博士課程前期課程修了,修士(経営学), 2002年04月 - 2004年03月
  • 近畿大学, 理工学部, 応用化学, - 1993年

学位

  • 修士(経営学,関西学院), 関西学院大学大学院商学研究科博士課程前期課程修了
  • 博士(商学,関西学院), 関西学院大学大学院商学研究科博士課程後期課程修了

所属学協会

  • 日本マーケティング学会
  • 日本商業学会
  • 日本消費者行動研究学会(JACS)

委員歴

  • 理事, 2019年04月 - 現在, 日本マーケティング学会, 学協会
  • 事務局担当理事, 2018年04月 - 現在, 日本消費者行動研究学会, 学協会
  • 常任理事(その後退会), 2016年10月 - 2019年09月, 日本広告学会, 学協会
  • 幹事, 2013年04月 - 2017年03月, 日本消費者行動研究学会, 学協会
  • 学会誌編集委員, 2016年 - 2017年, 日本商業学会, 学協会
  • 日本商業学会 情報化推進委員 および委員長, 2013年 - 2015年

受賞

  • ベストオーラルペーパー
    2021年10月, 日本マーケティング学会, 髙橋 広行
  • 学会誌論文賞
    2014年11月, 日本マーケティング学会, 髙橋 広行
  • 流通科学大学賞
    2014年01月, 流通科学大学, 髙橋 広行
  • 2012年度 流通科学大学賞
    2013年01月, 流通科学大学, 髙橋 広行
  • 学会賞
    2012年11月, 日本広告学会, 髙橋 広行
  • 学会賞
    2012年05月, 日本商業学会, 髙橋 広行
  • 入賞 ㈱宣伝会議主催『消費者購買要因データから読み解く:マーケティング分析コンテスト』,「キャンペーンの消費者行動への効果検証:チャネル行動を含めたメディアとのタッチングポイントの相関関係から」http://www.sendenkaigi.com/mac/2007
    2008年, 髙橋 広行, 日本
  • 優秀賞 「第8回(2008)JACS-SPSS論文プロポーザル賞」,日本消費者行動研究学会.http://www.jacs.gr.jp/conference/index.htm
    2008年, 日本消費者行動研究学会, 髙橋 広行, 日本

論文

  • 「顧客志向のサービスレベルの検討-『狩野モデル』を用いた分析を通じて」
    髙橋広行
    同志社商学, 73(6) 119 - 136, 2022年03月, 研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • カスタマー・ブランド・エンゲージメントの構成概念の測定と位置づけに関する考察
    髙橋広行
    同志社商学, 73(5) 1 - 20, 2022年03月
  • 購買履歴データを含めたカスタマー・ブランド・エンゲージメントの包括モデル ― 服飾雑貨SPAブランドの顧客データを用いた実証研究 ―
    髙橋広行
    マーケティングレビュー, 3(1) 53 - 61, 2022年02月, 研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • COVID-19を含めた環境要因が,QRコード決済アプリの利用行動に与える影響 : マルチ・レベル・パースペクティブ理論を背景に
    髙橋, 広行; 佐藤, 研一; 長沼, 健
    同志社商学, 同志社大学商学会, 73(2) 747 - 776, 2021年09月, 研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 「モバイル・フォンのデザイン性とメディア・消費者行動の関係」
    髙橋広行
    『アド・スタディーズ』吉田秀雄記念事業財団, 70(Winter 2019) 45 - 51, 2019年12月, 研究論文(その他学術会議資料等)
  • デジタル時代におけるリアル店舗の存在価値:阪急オアシスの新業態「Kitchen & Market」の事例を通じて
    髙橋 広行
    同志社商学, 71(2) 63 - 82, 2019年09月
  • バスク地方の『美食の都』ーサン・セバスチャンを支える地域政策・活動 ー
    髙橋 広行
    同志社商学, 71(1) 177 - 195, 2019年06月
  • ブランドの本物感を醸成する「こだわり」の研究:児島のジーンズ製造の事例を通じて
    田中祥司; 髙橋 広行
    繊維製品消費科学, 60(4) 326 - 332, 2019年05月, 研究論文(学術雑誌)
  • 本物感を構成する要素の精緻化と類型化
    田中祥司; 髙橋広行
    日経広告研究所報, (292) 26 - 33, 2017年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • 美食を通じた地域ブランディングの事例研究 ースペイン バスク地方の「美食の都」:サン・セバスチャンの成功要因の解明
    髙橋広行
    同志社商学, 68(5) 35 - 58, 2017年03月
  • ブランドの『本物感』を構成する要素の測定
    田中祥司; 髙橋広行
    流通研究:レター論文特集号, 19(1) 39 - 52, 2017年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • 先進国市場を対象にした発展途上国の特産品魅力度を高めるための要素の検討
    髙橋 広行
    日経広告研究所報, (289) 17 - 24, 2016年10月, 研究論文(その他学術会議資料等)
  • 消費者視点の小売イノベーション:食品スーパーを対象に
    髙橋 広行
    マーケティングジャーナル, 36(2) 44 - 61, 2016年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • シティプロモーション活動を通じた地域ブランド化:奈良市の移住定住促進の活動事例を通じて
    髙橋 広行
    同志社商学, 68(1・2) 57 - 72, 2016年09月
  • 本物感の知識ネットワーク構造の検討
    髙橋 広行
    日経広告研究所報, (284) 2 - 9, 2015年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • 神戸産農水産物の6次産業化を通じた地域ブランド化:消費者へのアンケート調査をふまえたマーケティング戦略の検討
    髙橋 広行
    マーケティングジャーナル, (137) 66 - 87, 2015年07月, 研究論文(学術雑誌)
  • エシカル商品の購買を促す社会的価値のコミュニケーション:キーコンセプトの提示による価格受容度の変化を通じて
    髙橋広行; 豊田尚吾
    日経広告研究所報, (279) 10 - 17, 2015年, 研究論文(学術雑誌)
  • 生活者に評価されるCSR活動と企業価値に及ぼす影響:ISO 26000の7つの中核主題の尺度化を通じて
    髙橋広行
    流通科学大学論集:流通・経営編, 流通科学大学学術研究会, 27(2) 35 - 55, 2015年01月
  • Integrated Model of Customer-based Retail Brand Equity : A Model Based on Equity Driver and Equity Components of Japanese Supermarkets
    髙橋 広行
    2014 GMC at Singapore Proceedings, 1660 - 1660, 2014年07月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • グラウンデッド・セオリー・アプローチによる神戸市の農水産物を通じた地域ブランド化
    髙橋 広行
    流通科学大学論集:流通・経営編, 流通科学大学学術研究会, 27(1) 109 - 131, 2014年07月
  • 消費者視点の業態研究 :スクリプト概念にもとづく食品スーパーの業態認識
    髙橋 広行
    『流通研究』日本商業学会, 16(2) 49 - 75, 2014年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • 消費者視点のリテール・ブランド・エクイティ ー食品スーパーを対象にしたモデルの検討ー
    髙橋 広行
    マーケティングジャーナル, (132) 57 - 74, 2014年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • 海外小売店舗への視察実習における教育成果と課題
    髙橋 広行
    流通科学大学 教学支援センター紀要, 流通科学大学, 1 67 - 83, 2014年03月
  • 社会に役立つ学生の成長のために:実学(社会連携企画)を通じたゼミ活動
    髙橋 広行
    流通科学大学 教学支援センター紀要, 流通科学大学, 1 13 - 36, 2014年03月
  • 消費者視点の業態研究に向けて:その研究課題と業態認識主体としてのスクリプト
    新倉貴士; 髙橋広行
    季刊マーケティングジャーナル, 日本マーケティング協会, 32(3) 67 - 81, 2013年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • 倫理的消費商品と消費者心理との関連性
    髙橋広行; 豊田尚吾
    『繊維製品消費科学』,日本繊維製品消費科学会, 一般社団法人 日本繊維製品消費科学会, 53(12) 78 - 86, 2012年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • 消費者行動とマーケティング(11)消費者視点のカテゴリー・マネジメント
    髙橋広行; 徳山 美津恵
    繊維製品消費科学 = Journal of the Japan Research Association for Textile End-uses, 日本繊維製品消費科学会, 53(10) 780 - 787, 2012年10月, 研究論文(学術雑誌)
  • 顧客第一主義の具現化による店舗作り:株式会社ハンズマン
    髙橋広行; 新倉貴士
    季刊マーケティングジャーナル, 32(1) 100 - 118, 2012年06月, 研究論文(学術雑誌)
  • 業態の芽の方向性:消費者視点の革新的小売企業事例研究
    髙橋広行
    流通科学大学論集:流通・経営編, 流通科学大学学術研究会, 24(2) 125 - 149, 2012年01月
  • Buds of Type of Retailer
    髙橋 広行
    The 9th SARD Workshop Proceedings, 2011年11月, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 経験価値を通じたストア・ブランド構築--サンシャインチェーンの事例
    髙橋 広行
    商学論究, 関西学院大学商学研究会, 58(4) 147 - 168, 2011年03月
  • カテゴリー・ベースのブランド・ポジショニング分析--グレード化されたカテゴリーの典型性と具体性の概念から
    髙橋 広行
    繊維製品消費科学, 日本繊維製品消費科学会, 51(10) 777 - 784, 2010年10月
  • カテゴリーの役割と構造:ライフスタイルとブランドをつなぐ
    髙橋広行
    関西学院大学大学院,博士学位申請論文, 2009年10月
  • 目的のタイプと目的のあいまい性についての検討:目的に導かれるカテゴリーとしての考慮集合
    髙橋広行
    『関西学院商学研究』,関西学院大学大学院 商学研究科研究会, 61 35 - 66, 2009年09月
  • グレード化されたカテゴリーにおける中心性構造形成要因についての一考察:カテゴリー概念を整理統合しながら
    髙橋広行
    『関西学院商学研究』,関西学院大学大学院 商学研究科研究会(日本商業学会,学会賞候補論文), 61 1 - 34, 2009年09月
  • (査読あり)典型性と具体性から導かれるブランド・ロイヤルティ:消費者のカテゴリー中心形成要因の理論をベースに
    髙橋広行
    『流通研究』,日本商業学会, 12(2) 41 - 58, 2009年09月
  • カテゴリーの代表性についての研究--典型性と具体性の2つの視点から
    高橋 広行
    産研論集, 関西学院大学産業研究所, (36) 61 - 69, 2009年03月
  • 典型性と具体性から導かれるブランド・ロイヤルティ -消費者のカテゴリー中心形成要因の理論をベースに-
    高橋 広行
    流通研究, 日本商業学会, 12(2) 2_41 - 2_58, 2009年
  • 消費者の購買意思決定プロセスにおける考慮集合形成過程と構造の把握
    髙橋 広行
    関西学院大学大学院 商学研究科,修士学位論文, 2004年

MISC

  • 消費者行動とブランド論(1):消費者行動研究アプローチの変遷
    髙橋広行
    『関西学院商学研究』,関西学院大学大学院 商学研究科研究会, 62(1-16), 2010年03月
  • 消費者行動とブランド論(2):ブランド論の系譜と位置づけの整理
    髙橋広行
    『関西学院商学研究』,関西学院大学大学院 商学研究科研究会, 62(17-50), 2010年03月
  • 消費者行動とブランド論(3):ブランド構築の事例「おおさかパルコープ」
    髙橋広行
    『関西学院商学研究』,関西学院大学大学院 商学研究科研究会, 62(51-68), 2010年03月
  • カテゴリーの中心的ブランド・エクイティの構築:消費者行動アプローチと記憶の関係から
    髙橋広行
    『関西学院商学研究』,関西学院大学大学院 商学研究科研究会, 60 53 - 73, 2009年03月
  • 「広告調査における男女の回答の違い」についての一考察
    アダム アカー; 髙橋広行
    『関西学院商学研究』,関西学院大学大学院 商学研究科研究会, 60 75 - 89, 2009年03月
  • A Closer Look at the Gender Effect on Advertising Processing
    Adam S. Acar; niversity of Connecticut; Hiroyuki Takahashi; Kwansei Gakuin University
    第36回 日本消費者行動研究コンファレンス 報告要旨集, 85 , 2008年
  • 考慮集合を1つのポテンシャルマーケットと考えた際のセグメンテーション
    髙橋広行
    第35回 日本消費者行動研究コンファレンス 報告要旨集, 102 - 105, 2007年
  • 消費者の購買意思決定プロセスにおける考慮集合形成要因と構造の把握
    高橋 広行
    マネジメント・レビュー, 関西学院大学, 10 167 - 200, 2004年12月24日
  • 「消費者意思決定プロセスをベースとしたブランド選択モデル」
    髙橋広行
    『価値ベースのマーケティング戦略構築』,出版)株式会社 神戸新聞マーケティングセンター(上記は、日本マーケティング研究所発行「営業力開発」2003年Vol.4(No.181)にも掲載)。, 24 - 27, 2004年
  • 「パワーブランドによる消費者セグメンテーション:ブランド連鎖セグメンテーション」
    髙橋広行
    『IT時代の消費インパクト パワーブランド構築とCRM戦略』,(出版)株式会社 神戸新聞マーケティングセンター(上記は、日本マーケティング研究所発行「営業力開発」2004年Vol.4(No.185)にも掲載)。, 18 - 21, 2004年

書籍等出版物

  • 単著『消費者視点の小売イノベーション:オムニ・チャネル時代の食品スーパー』
    髙橋 広行
    有斐閣, 2018年11月, 単著, 学術書
  • 『消費者心理学』
    髙橋 広行
    勁草書房, 2018年10月, 分担執筆, 6章 そのブランドじゃないとダメ?―消費者のブランドロイヤルティ
  • 『ケースで学ぶケーススタディ』
    佐藤善信; 髙橋広行; 徳山美津恵; 吉田満梨
    同文館出版, 2015年04月, 共著
  • 小売マーケティング研究のニューフロンティア
    髙橋 広行
    関西学院大学出版会, 2015年, 消費者視点の業態革新の方向性:スクリプト概念を通じた食品スーパーの事例から
  • 『ケースに学ぶマーケティング』
    髙橋 広行
    有斐閣, 2015年, 分担執筆, 第7章 新製品開発:伊藤園 お~いお茶」
  • 1からのリテール・マネジメント
    髙橋 広行
    碩学舎, 2012年, 第6章 売り場のデザイン
  • 単著,『カテゴリーの役割と構造:ブランドとライフスタイルをつなぐもの』(流通科学大学特別出版費助成)
    関西学院大学出版会, 2011年05月

講演・口頭発表等

  • 購買履歴データを含めたカスタマー・ブランド・エンゲージメントの包括モデル:服飾雑貨SPAブランドの顧客データを用いた実証研究
    髙橋広行
    日本マーケティング学会, 2021年10月17日, 口頭発表(一般)
  • ライフスタイルを彩る”非所有消費”の研究:サブスクがもたらす消費者の態度変容についての考察
    大山 翔平; 髙橋 広行; 財津 涼子
    日本マーケティング学会, 2021年10月17日, 口頭発表(一般)
  • Covid-19を含めた環境要因が消費者のQR決済 サービス利用行動に与える影響:マルチレベル・ パースペクティブ理論をベースに
    髙橋広行; 佐藤研一
    日本商業学会, 2021年05月30日, 口頭発表(一般)
  • ブランドの本物感研究の系譜と課題
    田中祥司・ 髙橋広行
    2019年度 日本商業学会 関西部会11月例会, 2019年11月16日, 口頭発表(一般)
  • 消費者視点の小売イノベーション:食品スーパーの革新の方向性とデジタル対応
    髙橋広行
    2019年度 日本商業学会 第69回全国研究大会, 2019年05月26日
  • ブランドの本物感を創造する企業の「こだわり」
    田中祥司; 髙橋広行
    2018年度 日本消費者行動研究会, 2018年10月28日, 口頭発表(一般)
  • ブランドの本物感の醸成 :醸成に必要な要素の検討
    田中祥司; 髙橋広行
    2017年度 日本商業学会 関西部会7月例会, 2017年07月15日, 口頭発表(一般)
  • 美食を通じた地域ブランディングの事例研究ースペイン バスク地方「美食の都」:サンセバスチャンの成功要因の解明ー
    髙橋 広行
    2017年度 日本商業学会関西部会4月例会, 2017年04月22日, 口頭発表(一般)
  • ブランドの本物感の形成プロセス:M-GTAを用いた分析を通じて
    田中祥司; 髙橋広行
    2016年度 日本消費者行動研究学会, 2016年11月12日, 口頭発表(一般)
  • 消費者視点のリテール・ブランド・エクイティ:食品スーパーを対象にした統合モデルの検討
    髙橋 広行
    日本消費者行動研究学会,第48回 日本消費者行動研究コンファレンス, 2014年06月15日, 口頭発表(一般)
  • リテールブランドと小売業態化へのビジネスモデリング (岡山武史,髙橋広行)
    日本繊維製品消費科学学会年次大会,流通・消費者問題セッション(於:武庫川女子大学),2011/6/25, 2011年
  • カテゴリー創造型の革新的小売企業 :LUSHの事例を通じて(髙橋広行,吉川佳奈恵)
    日本繊維製品消費科学学会年次大会,流通・消費者問題セッション(於:武庫川女子大学),2011/6/25, 2011年
  • カテゴリー概念の統合モデル
    第42回消費者行動研究コンファレンス,日本消費者行動研究学会(於:早稲田大学),2011/06/26, 2011年
  • 業態の芽の探索:価値次元と価値前提のフレームに基づく小売事例研究
    第42回消費者行動研究コンファレンス,日本消費者行動研究学会(於:早稲田大学),2011/06/26, 2011年
  • カテゴリー概念の統合的視点
    第60回日本商業学会全国研究大会,第5セッション『消費者行動研究の新視点』(於:東洋大学),2010/5/30, 2010年
  • 小売企業パワーの高まりにおけるプライベート・ブランドとストアブランド
    2010年日本繊維製品消費科学学会年次大会,流通・消費者問題セッション(於:実践女子大学),2010/6/27,岡山武史(近畿大学大学院)・髙橋広行(流通科学大学), 2010年
  • カテゴリー・ベースのポジショニング分析:典型性と具体性の概念から
    2010年日本繊維製品消費科学学会年次大会,流通・消費者問題セッション(於:実践女子大学),2010/6/27, 2010年
  • カテゴリーの中心的構造にもとづくブランド・リレーションシップ
    日本商業学会 第59回 全国研究大会,第5セッション『流通研究セッション』,消費者行動の実証分析(於:関西大学),2009/05/31, 2009年
  • カテゴリーの役割と構造:ライフスタイルとブランドをつなぐ
    日本消費者行動研究学会ワークショップ,CBM(Consumer Based Marketing)研究会,於:アクタ西宮,2009/09/18, 2009年
  • 心理測定法の違いによる『市場のズレ』とその補正:考慮集合を1つのマーケットと見た場合の一考察
    日本商業学会関西部会例会(於:神戸大学 大阪経営教育センター),2008/01/26, 2008年
  • A Closer Look at the Gender Effect on Advertising Processing
    日本消費者行動研究学会(於:アサツーディ・ケイ),2008/06/28, 2008年
  • カテゴリー形成における典型性と具体性について
    JACS-SPSS論文プロポーザル賞(日本消費者行動研究学会)於:東海大学短期大学部,2008/11/22, 2008年
  • 考慮集合を1つのポテンシャルマーケットと考えた際のセグメンテーション
    日本消費者行動研究学会(於:九州産業大学),2007/12/16, 2007年
  • ブランド連鎖セグメンテーション
    日本マーケティング研究所 ㈱JMRサイエンス Launchセミナー2004 (http://www.marketing.co.jp/marketing/ronbun/index.html), 2004年
  • 消費者の意思決定プロセスをベースにしたブランド選択モデル
    日本マーケティング研究所 ㈱JMRサイエンス Launchセミナー2003, 2003年
  • Brand Choice Process Analysis
    SPSSオープンハウス2003(於:東京ドームホテル), 2003年
  • 消費者関与による分類とマーケティング戦略
    日本マーケティング研究所 ㈱JMRサイエンス Launchセミナー2002, 2002年
  • ブランドマネジメント活用
    日本マーケティング研究所 ㈱JMRサイエンス Launchセミナー2001, 2001年

Works(作品等)

  • (講演)「マーケティング・リサーチの現場」(於 神戸学院大学,社会心理入門演習,吉野絹子 教授)
    2011年07月
  • (プロジェクト)メディアの絆に関する調査研究への参画,分析執筆 『メディアとわたし』(2011年3月刊行)
    2009年10月 -2011年03月
  • (エッセイ)コープこうべの顔“Coop's”と兵庫県産(『協う』,くらしと協同の研究所,第123号,8-9頁)
    2011年02月
  • (PR誌)カテゴリーの役割と構造 (理「コトワリ」関西学院大学出版会),第27号,14頁
    2011年
  • (講演)「マーケティング・リサーチ業界:企業、ビジネスそして求められる人物像」(於 関西大学,産業心理2,池内裕美 准教授)
    2008年12月

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • モバイルアプリの可能性探索
    新倉貴士
    平成28年度 科学研究費 基盤(C), 2016年04月 -2018年03月, 競争的資金
  • 農業と食を通じた地域ブランド化の研究
    髙橋 広行
    平成28年度 科学研究費 基盤(C), 2016年04月 -2018年03月, 研究代表者, 競争的資金
  • 消費者視点のカテゴリー・マネジメント:品揃え形成の視点から
    髙橋 広行
    科学研究費補助金(C), 2012年04月 -2014年03月, 研究代表者, 競争的資金
  • 業態としてのカテゴリー
    新倉貴士
    流通研究において主に議論されてきた業態研究はその定義が研究者によってあいまいである。その要因は技術的な分類,小売ミックスによる分類では定義できない部分(あいまいで主観的な認識論を含むこと)が大きいためであると考える。この点を消費者視点で補完することで,従来の業態研究に新しい視点で迫ろうとするものである。大きな研究アプローチは2つあり,1)「業態認識」の解明,および,2)「(新)業態の芽」の探索 である。, 科学研究費補助金(C), 2011年04月 -2013年03月, 競争的資金
  • プライベートブランドと信頼性,ロイヤルティの関連
    信頼性というブランド価値によって小売業が展開するプライベートブランドの成否およびストアブランドとの関連を見ていくもの,岡山武史氏との共同研究(2010年-2011年の日本広告学会研究助成), その他の研究制度, 2010年 -2012年, 競争的資金

担当経験のある科目(授業)

  • 基礎演習
    同志社大学,流通科学大学
  • 研究演習2
    同志社大学,流通科学大学
  • 研究演習1
    同志社大学,流通科学大学
  • 卒業演習
    同志社大学,流通科学大学
  • マーチャンダイジング
    流通科学大学
  • ディマンドチェーン
    流通科学大学
  • 流通概論(応用流通マーケティング)
    流通科学大学
  • マーケティングリサーチ(大学)
    関西学院大学大学院経営管理研究科,同志社大学,流通科学大学
  • 消費者行動論
    同志社大学,流通科学大学 大学院