大久保 雅史
オオクボ マサシ
理工学部情報システムデザイン学科
博士後期課程教授
Last Updated :2022/12/05

研究者情報

研究キーワード

  • ヒューマンインタラクション
  • コラボレーション
  • ヒューマンコミュニケーション
  • ヒューマンインタフェース
  • Collaboration
  • Communication
  • Human Interface

研究分野

  • 情報通信 / 学習支援システム
  • 人文・社会 / デザイン学
  • 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション
  • 情報通信 / ロボティクス、知能機械システム

研究歴

  • 1987-1995 形状モデルCBR法の開発と、その生産技術分野への知的な応用に関する研究に従事
  • 1995-2001 動画像処理による人間行動解析の研究に従事
  • 1997-現在 仮想空間での3次元形状評価に関する研究に従事
  • 1996-2004 身体的コミュニケーションに関する研究に従事
  • 2002-現在 仮想空間での協調作業支援に関する研究に従事

経歴

  • 岡山理科大学大学院工学研究科 非常勤講師, 2002年 - 2004年
  • 中国職業能力開発大学校 非常勤講師, 2000年 - 2004年
  • 岡山県立大学大学院情報工学研究科博士課程 助教授, 1999年 - 2004年
  • 岡山県立大学大学院情報工学研究科修士課程 助教授, 1997年 - 2004年
  • 岡山県立大学情報工学部 助教授, Computer Science and Systems Engineering, 1997年 - 2004年
  • 同志社大学工学部 教授, 2004年 -
  • 岡山県立大学情報工学部 講師, Computer Science and Systems Engineering, 1995年 - 1997年
  • 大阪大学溶接工学研究所 助手, 1991年 - 1995年
  • U.C.Berkeley 客員研究員(文部省在外), 1993年 - 1994年

学歴

  • 大阪大学, 工学研究科, 溶接工学専攻, - 1990年
  • 大阪大学, Graduate School, Division of Engineering, - 1990年
  • 大阪大学, 工学研究科, 溶接工学専攻, - 1987年
  • 大阪大学, Graduate School, Division of Engineering, - 1987年
  • 大阪大学, 工学部, 溶接工学科, - 1985年
  • 大阪大学, Faculty of Engineering, - 1985年

学位

  • 博士(工学), 大阪大学
  • 工学修士, 大阪大学

所属学協会

  • 日本機械学会
  • 情報処理学会
  • ヒューマンインタフェース学会

受賞

  • 設計工学・システム部門 部門賞(功績賞)
    2020年11月, 日本機械学会
  • 日本機械学会 設計工学・システム部門 フロンティア賞
    2005年, 日本
  • IEEE 第12回 ロボットと 人 間のコミュニケーション国際会議最優秀論文賞
    2003年
  • 12th IEEE International Workshop on Robot-Human Interactive Communication(RO-MAN 2003)the Best Paper Award
    2003年
  • ヒューマンインタフェースシンポジウム2002優秀プレゼンテーション賞
    2002年, 日本
  • 2001年度ヒューマンインタフェース学会論文賞
    2001年, 日本
  • 第4回 システム、サイバネティックス、インフォマティックス会議 優秀論文賞
    2000年
  • The 4th World Multi-conference on Systemics, Cybernetics and Informatics (SCI 2000) and The 6th International conference on Information Systems, Analysis and Synthesis (ISAS 2000), the Best Paper Award
    2000年
  • IEEE ロボットと 人 間のコミュニケーション国際会議最優秀論文賞
    1998年
  • IEEE International Workshop on Robot and Human Communication, the BestPaper Award
    1998年
  • 日本機械学会 設計工学・システム部門講演会アイデア賞
    1997年, 日本
  • 情報処理学会全国大会奨励賞
    1996年, 日本

論文

  • Design of Charming Greeting Motion for Communication Robot
    Akihiro Tatsumi; Mayu Konda; Masashi Okubo
    International Conference on Design and Concurrent Engineering & Manufacturing Systems Conference 2021 (iDECON/MS2021), 2021年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Proposal of fingering detection method for touch typing learning support system
    Daichi KANO; Masashi OKUBO
    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, 15(2) JAMDSM0021 - JAMDSM0021, 2021年, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of Touch Behaviors and Whispering Voices in Robot-Robot Interaction for Information Providing Tasks
    Yuka Okada; Riko Taniguchi; Akihiro Tatsumi; Masashi Okubo; Mitsuhiko Kimoto; Takamasa Iio; Katsunori Shimohara; Masahiro Shiomi
    2020 29th IEEE International Conference on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN), 7 - 13, 2020年08月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Proposal of Estimating Method for Agreement in Face-to-Face Communication
    Masashi Okubo; Yuki Fujimoto
    International Conference on Human-Computer Interaction(LNCS 12185), 245 - 253, 2020年07月
  • A Proposal of Video Evaluation Method Using Facial Expression for Video Recommendation System
    Masashi Okubo; Shun Tamura
    International Conference on Human-Computer Interaction, LNCS(11570) 254 - 268, 2019年08月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Influence of visual non-verbal information on information transmission to audience
    Akihiro Tatsumi; Kazuyuki Seki; Masashi Okubo
    International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics, AISC(952) 86 - 94, 2019年08月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Influence of Presence of Operator of Humanoid Robot on Personal Space
    Akihiro Tatsumi; Masashi Okubo
    International Conference on Human-Computer Interaction, LNCS(11566) 340 - 357, 2019年08月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • テキストチャットでの匿名性が知人同士の合意形成に及ぼす影響
    糸川萌; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェース学会論文誌, 20(2) 281 - 288, 2019年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • Effectiveness of Visual Non-verbal Information on Feeling and Degree of Transmission in Face-to-Face Communication
    Masashi Okubo; Akeyo Terada
    International Conference on Human-Computer Interaction, LNCS(10904) 279 - 290, 2018年08月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ヒューマノイドロボットの着衣の色が対人距離に及ぼす影響
    辰己晶洋; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェース学会論文誌, 20(2) 281 - 288, 2018年08月, 研究論文(学術雑誌)
  • Influence of interactive learning support system using augmented reality on 3D object drawing
    Masashi Okubo; Yukari Mizuno
    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, 12(6) 1 - 9, 2018年06月, 研究論文(学術雑誌)
  • Remote collaborative learning support system using avatars with facial expressions
    Masashi Okubo; Shinnya Komatsu
    Inter Journal of Digital Human, 2(1/2) 84 - 96, 2018年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • Influences of visual non-verbal information on feeling and degree of transmission in presentations
    Kazuyuki Seki; Masashi Okubo
    Inter Journal of Digital Human, 2(1/2) 70 - 83, 2018年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • Engineering for human pleasure
    Masashi Okubo
    Emotional Engineering Volume 4, 59 - 71, 2016年01月01日, 論文集(書籍)内論文
  • Influence of Unconscious Non-verbal Information on Remote Communication
    Masashi Okubo; Haruna Tsujii
    International Conference on Design and Concurrent Engineering, 2015年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of chat system added with visualized unconscious non-verbal information
    Masashi Okubo; Haruna Tsujii
    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics), 9170(9170) 353 - 362, 2015年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Study on Personal Space in Virtual Space based on Personality
    Ryota Nishihara; Masashi Okubo
    Procedia Manufacturing, 3(3) 2183 - 2190, 2015年, 研究論文(学術雑誌)
  • Design for game situation based on player's personality
    Masashi Okubo; Shingo Yamada; Mamiko Sakata
    6TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON APPLIED HUMAN FACTORS AND ERGONOMICS (AHFE 2015) AND THE AFFILIATED CONFERENCES, AHFE 2015, 3(3) 2126 - 2133, 2015年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Emergence of self awareness using shared knowledge
    Masashi Okubo
    The 6th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics, 2980 - 2986, 2014年07月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Influence of Relationship between Game Player and Remote Player on Emotion
    Masashi Okubo; Tsubasa Yamashita; Mamiko Sakata
    The 6th International Conference on Advances in Computer-Human Interactions, 358 - 363, 2013年02月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Proposal of avatar generating method by composition of the portraits made by friends
    Masashi Okubo; Satoshi Nobuta
    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics), 8016(1) 515 - 523, 2013年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of avatar generating system by constructing portraits made by friends
    Masashi Okubo; Satoshi Nobuta
    Proceedings - IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication, 577 - 580, 2013年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Factor models for promoting flow by game players' skill level
    Mamiko Sakata; Tsubasa Yamashita; Masashi Okubo
    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics), 8016(1) 534 - 544, 2013年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Influence of Relationship with Partner on Video Game Player
    Tsubasa Yamashita; Mamiko Sakata; Masashi Okubo
    Proceedings of 8th International Conference on Humanized Systems, 40 - 45, 2012年08月
  • Comparison between mathematical complexity and human feeling
    Masashi Okubo; Akiya Togo; Shogo Takahashi
    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics), 6771(1) 132 - 141, 2011年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • CREATING CURVE BASED ON MATHEMATICAL COMPLEXITY AND ITS KANSEI EVALUATION
    Masashi Okubo; Akiya Togo
    PROCEEDINGS OF THE ASME INTERNATIONAL DESIGN ENGINEERING TECHNICAL CONFERENCES AND COMPUTERS AND INFORMATION IN ENGINEERING CONFERENCE, DETC 2010, VOL 3, A AND B, 581 - +, 2010年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Proposal of Estimation System for Concentration Situation by Using Acceleration Sensor
    Masashi Okubo; Aya Fujimura
    RO-MAN 2009: THE 18TH IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ROBOT AND HUMAN INTERACTIVE COMMUNICATION, VOLS 1 AND 2, 794 - +, 2009年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of Estimation System for Concentrate Situation Using Acceleration Sensor
    Masashi Okubo; Aya Fujimura
    HUMAN-COMPUTER INTERACTION, PT I, 5610 131 - 140, 2009年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Shape Evaluation Properties in Virtual Space
    Masashi Okubo
    ASME International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference, DETC2008, 2008年08月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Embodied Collaboration Support System for 3D Shape Evaluation by Using Network Virtual Reality
    Masashi Okubo; Tomio Watanabe
    ASME International DETC/CIE, DETC2007(34765), 2007年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of a Virtual Group Walking Support System
    Masashi Okubo; Kumi Ozaki; Tatsuki Fujiwara
    The 12th International Conference on Human-Computer Interaction, 737 - 741, 2007年07月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of an embodied virtual group walking support system
    Masashi Okubo; Kumi Ozaki; Tatsuki Fujiwara
    2007 RO-MAN: 16TH IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ROBOT AND HUMAN INTERACTIVE COMMUNICATION, VOLS 1-3, 55 - +, 2007年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 音声駆動型身体引き込みキャラクタInterActorが発話音声に与える効果
    檀原龍正; 渡辺富夫; 大久保雅史
    日本機械学会論文集(C編), 71(712) 3486 - 3493, 2005年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • Embodied collaboration support system for 3D shape evaluation in virtual space
    M Okubo; T Watanabe
    ICMIT 2005: CONTROL SYSTEMS AND ROBOTICS, PTS 1 AND 2, 6042, 2005年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Effects of InterActor's nodding on a collaboration support system
    M Okubo; T Watanabe
    2005 IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ROBOT AND HUMAN INTERACTIVE COMMUNICATION (RO-MAN), 329 - 334, 2005年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of an embodied collaboration support system for 3D shape evaluation in virtural space
    M Okubo; T Watanabe
    PROCEEDINGS OF THE 2005 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACTIVE MEDIA TECHNOLOGY (AMT 2005), 207 - 212, 2005年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • COLLABORATION SUPPORT SYSTEM WITH MULTI VIEWPOINTS FOR 3D SHAPE
    M.Okubo; T.watanabe
    JUSFA 2004 Japan - USA Symposium on Flexible Automation, 2004年07月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 視点変更を用いた仮想空間3次元形状評価のため の協調作業支援システム
    大久保 雅史; 渡辺富夫; 久保木聡
    日本機械学会論文集(C編), 70(693) 124 - 131, 2004年05月
  • InterActor: Speech-driven embodied interactive actor
    T Watanabe; M Okubo; M Nakashige; R Danbara
    INTERNATIONAL JOURNAL OF HUMAN-COMPUTER INTERACTION, 17(1) 43 - 60, 2004年, 研究論文(学術雑誌)
  • InterActor for Human Interaction and Communication Support
    T.Watanabe; M.Okubo; R.Danbara
    Human-Computer Interaction, 113 - 120, 2003年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 仮想空間3次元形状評価における視覚情報の遅延の影響
    大久保 雅史; 渡辺富夫
    日本機械学会論文集(C編), 69(648) 124 - 129, 2003年08月, 研究論文(学術雑誌)
  • SAKURA: Voice-Driven Embodied Group-Entrained Communication System
    T.Watanabe; M.Okubo
    The 10th International Conference on Human-Computer Interaction, 558 - 562, 2003年06月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 2805 仮想空間 3 次元形状評価のための協調作業支援システムの開発
    大久保 雅史; 渡辺 富夫; 久保木 聡
    年次大会講演論文集, 一般社団法人日本機械学会, 2003 249 - 250, 2003年
  • Effects of a speech-driven embodied interactive actor "InterActor" on talker's speech characteristics
    T Watanabe; R Danbara; M Okubo
    RO-MAN 2003: 12TH IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ROBOT AND HUMAN INTERACTIVE COMMUNICATION, PROCEEDINGS, 211 - 216, 2003年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Collaboration support system by using viewpoint switching for 3D shape evaluation in virtual space
    M Okubo; T Watanabe
    RO-MAN 2003: 12TH IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ROBOT AND HUMAN INTERACTIVE COMMUNICATION, PROCEEDINGS, 331 - 334, 2003年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • InterActor: Speech Driven Embodied Interactive Actor for Human Interaction and Communication Support
    T.Watanabe; R.Danbara; M.Okubo
    IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, 1 - 6, 2002年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of 3D Shape Evaluation System for Collaboration Support in Virtual Space
    M.Okubo; T.Watanabe
    The 11th IEEE International Workshop on Robot-Human Interactive Communication, 53 - 58, 2002年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • 2549 仮想空間 3 次元形状評価における自己の振舞いの投影の影響
    久保木 聡; 大久保 雅史; 渡辺 富夫
    年次大会講演論文集, 一般社団法人日本機械学会, 2002 253 - 254, 2002年
  • InterActor: Speech-driven embodied interactive actor
    T Watanabe; R Danbara; M Okubo
    IEEE ROMAN 2002, PROCEEDINGS, 430 - 435, 2002年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 仮想空間における3次元形状評価のための視線-行為連動システム
    大久保 雅史; 渡辺富夫
    日本機械学会論文集(C編), 67(660) 230 - 236, 2001年08月, 研究論文(学術雑誌)
  • F-0109 仮想環境における3次元形状評価のための協調作業支援システムの開発(S31-3 ヒューマンインタフェース(3))(S31 ヒューマンインタフェース)
    大久保 雅史; 渡辺 富夫; 伊藤 正人; 久保木 聡
    年次大会講演論文集, 一般社団法人日本機械学会, 1 17 - 18, 2001年
  • Gazing Line-Motion Linkage System for 3D Shape Evaluation in Virtual Space
    Masashi Okubo; Tomio Watanabe
    Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, C Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part C, 67(660) 2624 - 2630, 2001年, 研究論文(学術雑誌)
  • Sensory evaluation of expressive actions of InterRobot for human interaction and communication support
    T Watanabe; M Okubo
    ROBOT AND HUMAN COMMUNICATION, PROCEEDINGS, 44 - 49, 2001年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 3D shape evaluation analysis by synthesis in virtual space for collaboration
    M Okubo; T Watanabe
    ROBOT AND HUMAN COMMUNICATION, PROCEEDINGS, 56 - 61, 2001年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 発話音声に基づく身体的インタラクションロボットシステム
    大久保 雅史; 渡辺富夫; 小川浩基
    日本機械学会論文集(C編), 66(648) 251 - 258, 2000年08月, 研究論文(学術雑誌)
  • An Embodied Virtual Face-to-Face Communication System with Virtual Actor and Virtual Wave for Human Interaction Sharing
    T.Watanabe; M.Okubo; Y.Ishii; K.Nakabayashi
    World Multi-conference on Systems, Cybernetics and Informatics, 146 - 151, 2000年07月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Lip Motion Capture Based on Hue of Colorby using Optical-Snakes
    OKUBO Masashi
    Proc. of World Multiconference on Systems, Cybernetics and Informatics (SCI2000), 247 - 251, 2000年07月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • オプティカル・スネークによる口唇運動抽出とその3次元形状化
    大久保 雅史; 渡辺富夫
    ヒューマンインタフェース学会論文誌, 2(3) 57 - 63, 2000年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • InterActorを用いた発話音声に基づく身体的インタラクションシステム
    大久保 雅史; 渡辺富夫; 中茂睦裕; 檀原龍正
    ヒューマンインタフェース学会論文誌, 2(2) 21 - 29, 2000年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • An Embodied Interaction Robots System Based on Speech
    T.Watanabe; M.Okubo; H.Ogawa
    Journal of Robotics and Mechatronics, 12(2) 126 - 134, 2000年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • 3411 身体性共有型バーチャルウェーブコミュニケーションシステムの開発
    石井 裕; 渡辺 富夫; 大久保 雅史; 小畑 淳
    年次大会講演論文集, 一般社団法人日本機械学会, 2000 477 - 478, 2000年
  • 3414 視触覚-行為連動システムを用いた仮想空間における 3 次元形状評価の合成的解析
    大久保 雅史; 渡辺 富夫; 伊藤 正人
    年次大会講演論文集, 一般社団法人日本機械学会, 2000 483 - 484, 2000年
  • 3410 音声駆動型インタラクションロボット InterRobot を用いたコミュニケーション支援
    堀井 昌子; 渡辺 富夫; 大久保 雅史; 小川 浩基
    年次大会講演論文集, 一般社団法人日本機械学会, 2000 475 - 476, 2000年
  • A speech driven embodied interaction robots system for human communication support
    T Watanabe; M Okubo; H Ogawa
    SMC 2000 CONFERENCE PROCEEDINGS: 2000 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN & CYBERNETICS, VOL 1-5, 852 - 857, 2000年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 3D shape evaluation in virtual space - Effectiveness of gazing line-action linkage system
    M Okubo; T Watanabe
    IEEE RO-MAN 2000: 9TH IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ROBOT AND HUMAN INTERACTIVE COMMUNICATION, PROCEEDINGS, 374 - 377, 2000年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • バーチャルアクターとバーチャルウェーブを用いた身体的バーチャルコミュニケーションシステム
    大久保 雅史; 渡辺富夫; 石井裕; 中林慶一
    ヒューマンインタフェース学会論文誌, 2(2) 21 - 29, 2000年, 研究論文(学術雑誌)
  • 身体的コミュニケーション解析のためのバーチャルコミュニケーションシステム
    大久保 雅史; 渡辺富夫
    情報処理学会論文誌, 40(2) 670 - 676, 1999年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of emotion by using peripheral skin temperature: The effectiveness of measurement on the back of finger
    T Watanabe; M Okubo; T Kuroda
    ANALYSIS, DESIGN AND EVALUATION OF MAN-MACHINE SYSTEMS 1998, 347 - 351, 1999年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An embodied interaction robots system based on speech
    T Watanabe; M Okubo; H Ogawa
    RO-MAN'99: 8TH IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ROBOT AND HUMAN INTERACTION, 225 - 230, 1999年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Visual, tactile and gazing line - Action linkage system for 3D shape evaluation in virtual space
    M Okubo; T Watanabe
    RO-MAN'99: 8TH IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ROBOT AND HUMAN INTERACTION, 72 - 75, 1999年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Evaluation of Emotion by using Peripheral Skin Temperature ; The Effectiveness of Measurement on the Back of Finger
    WATANABE T.
    Preprints of the 7th IFAC/IFIP/IFORS/IEA Symposium on Analysis, Design and Evaluation of Man-Machine Systems, 1998, 401 - 405, 1998年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Lip Motion Extraction from Color Video Images Using Optical-Snakes
    M.Okubo; T.Watanabe
    The 7th IEEE International Workshop on Robot and Human Communication, 507 - 512, 1998年09月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An Embodied Virtual Communication System for Human Interaction Sharing
    T.Wtanabe; M.Okubo
    IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, 1060 - 1065, 1998年08月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Virtual Communication System for Human Interaction Analysis
    T.Watanabe; M.Okubo
    The 7th IEEE International Workshop on Robot and Human Communication, 456 - 461, 1998年08月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Virtual Face-to-Face Communication System for Human Interaction Analysis by Synthesis
    T.Watanabe; M.Okubo
    The 8th International Conference on Human-Computer Interaction, 182 - 186, 1998年07月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • コミュニケーションにおける引き込み現象の生理的側面からの分析評価
    大久保 雅史; 渡辺富夫
    情報処理学会論文誌, 39(5) 1225 - 1231, 1998年05月, 研究論文(学術雑誌)
  • 仮想空間と実空間での3次元形状の好ましさの評価
    大久保 雅史; 渡辺富夫
    日本機械学会論文集(C編), 一般社団法人日本機械学会, 64(620) 1218 - 1222, 1998年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • Shape evaluation in virtual and real spaces using sensory evaluation and heart rate variability
    M Okubo; T Watanabe
    1998 JAPAN-U.S.A. SYMPOSIUM ON FLEXIBLE AUTOMATION - PROCEEDINGS, VOLS I AND II, 869 - 874, 1998年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Lip motion capture and its application to 3-D molding
    M Okubo; T Watanabe
    AUTOMATIC FACE AND GESTURE RECOGNITION - THIRD IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE PROCEEDINGS, 187 - 192, 1998年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 面心を利用した3次元CADモデルと視覚情報とのパターンマッチング
    大久保 雅史; 井上勝敬; 鎌田隆夫
    日本機械学会論文集(C編), 一般社団法人日本機械学会, 63(610) 2002 - 2009, 1997年06月, 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of the entrainment between a speaker's burst-pause of speech and respiration and a listener's respiration in face-to-face communication
    T Watanabe; M Okubo
    RO-MAN '97 SENDAI: 6TH IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ROBOT AND HUMAN COMMUNICATION, PROCEEDINGS, 392 - 397, 1997年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Sensory evaluation of preference of 3D shape in virtual and real environments
    M Okubo; T Watanabe
    RO-MAN '97 SENDAI: 6TH IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ROBOT AND HUMAN COMMUNICATION, PROCEEDINGS, 460 - 464, 1997年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Physiological analysis of entrainment in face-to-face communication
    T Watanabe; M Okubo
    DESIGN OF COMPUTING SYSTEMS: SOCIAL AND ERGONOMIC CONSIDERATIONS, 21 411 - 414, 1997年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Analysis of entrainment in face-to-face interaction using heart rate variability
    T Watanabe; M Okubo; T Kuroda
    RO-MAN '96 - 5TH IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ROBOT AND HUMAN COMMUNICATION, PROCEEDINGS, 141 - 145, 1996年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • CBR法を用いたスケジューリングモデルの開発 -図形処理を用いたスケジューリング問題へのアプローチ(第1報)
    大久保 雅史; 井上勝敬; 福田収一; 山地泰久
    溶接学会論文集, 13(4) 556 - 561, 1995年11月, 研究論文(学術雑誌)
  • スケジューリング問題への適用と他の手法との比較 -図形処理を用いたスケジューリング問題へのアプローチ(第2報)-
    大久保 雅史; 井上勝敬; 山地泰久
    溶接学会論文集, 13(4) 562 - 566, 1995年11月, 研究論文(学術雑誌)
  • Application to projects and comparison with pert. A project scheduling using geometrie modeling (part II)
    Masashi Okubo; Katsunori Inoue; Yasuhisa Yamaji
    QUARTERLY JOURNAL OF THE JAPAN WELDING SOCIETY, 13(4) 562 - 566, 1995年, 研究論文(学術雑誌)
  • Scheduling Model Using CBR Method. A Project Scheduling Using Geometric Modeling (Part I)
    Masashi Okubo; Katsunori Inoue; Shuich Fukuda; Yasuhisa Yamaji
    QUARTERLY JOURNAL OF THE JAPAN WELDING SOCIETY, 13(4) 556 - 561, 1995年, 研究論文(学術雑誌)
  • 形状モデルCBRを用いたスケジューリング解法
    大久保 雅史; 井上勝敬; 福田収一; 山地泰久
    日本機械学会論文集(C編), 60(579) 97 - 102, 1994年11月, 研究論文(学術雑誌)
  • Model Based Object Recognition Using MCBR Method
    S.Fukuda; M.Okubo; Q.Tong
    IARP Workshop on Machine Vision Application, 233 - 238, 1992年11月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Recognition of Objects Using Modified Coded Boundary Representation (MCBR) Method
    Katsunori Inoue; Shuichi Fukuda; Masashi Okubo; Quin Tong
    Transaction of JWRI, 20(2) 49 - 52, 1991年12月
  • AN EXPERT SYSTEM FOR NDI PROCEDURE SPECIFICATION FOR A CRUDE OIL TANK
    S.Fukuda; H.Aiyama; M.Okubo
    The 4th Japanese-Sino Sapporo International Conference, 248 - 251, 1990年10月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 有限要素法解析支援エキスパートシステムの開発
    大久保 雅史; 福田収一; 中桐 滋
    日本機械学会論文集(A編), 56(521) 168 - 172, 1990年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • 非破壊検査要領書作成支援システムの開発
    福田収一; 相山英明; 大久保雅史; 長坂英明
    日本機械学会論文集(A編), 一般社団法人日本機械学会, 56(521) 178 - 181, 1990年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • TANDIPS: AN EXPERT SYSTEM FOR NDI PROCEDURE SPECIFICATION FOR AN OIL STORAGE TANK
    S.Fukuda; H.Aiyama; M.Okubo
    ASME PV&P Conference, 45 - 48, 1989年08月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Proposal of Avatar Generating Method by Composition of the Portraits Made by Friends
    Masashi Okubo; Satoshi Nobuta
    International Conference on Human-Computer Interaction, LNCS(8016) 515 - 523, 1900年07月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)

MISC

  • 発表者の眩惑を軽減するプロジェクタシステムの提案とプレゼンテーションに与える影響 (ヒューマン情報処理)
    関 和幸; 大久保 雅史
    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 電子情報通信学会, 116(32) 123 - 126, 2016年05月18日
  • 2204 スマートデバイス用描画システムにおけるタッチインタフェースの検討(OS9-2 ヒューマンインタフェース・ユーザビリティ2)
    水野 由加里; 大久保 雅史
    設計工学・システム部門講演会講演論文集, 一般社団法人日本機械学会, 2015(25) "2204 - 1"-"2204-8", 2015年09月23日
  • F122003 やる気をデザインする
    大久保 雅史
    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan, 一般社団法人日本機械学会, 2015 "F122003 - 1"-"F122003-5", 2015年09月13日
  • 2205 複数の知人による似顔絵画像の生成手法の提案(OS11 ヒューマンインタフェース・ユーザビリティII)
    大久保 雅史; 信田 悟至
    設計工学・システム部門講演会講演論文集, 一般社団法人日本機械学会, 2014(24) "2205 - 1"-"2205-7", 2014年09月17日
  • 知人が作成した似顔絵画像の合成と誇張表現手法の提案 (第104回 ヒューマンインタフェース学会研究会 コミュニケーション支援および一般)
    信田 悟至; 大久保 雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究報告集, ヒューマンインタフェース学会, 15 9 - 14, 2013年
  • 2113 数学的複雑さと人の感性との違いに関する検討(OS16-2 ヒューマンインタフェース・ユーザビリティII,OS16 ヒューマンインタフェース・ユーザビリティ)
    東郷 晃也; 大久保 雅史
    設計工学・システム部門講演会講演論文集, 一般社団法人日本機械学会, 2009(19) 275 - 278, 2009年10月28日
  • 3204 着座状態推定システムの研究開発
    大久保 雅史; 藤村 安耶
    設計工学・システム部門講演会講演論文集, 一般社団法人日本機械学会, 2008(18) 464 - 467, 2008年09月26日
  • 2409 同志社ローム記念館プロジェクトの教育的取り組み
    大久保 雅史; 西村 ひろみ
    設計工学・システム部門講演会講演論文集, 一般社団法人日本機械学会, 2008(18) 362 - 364, 2008年09月26日
  • 2113 遠隔コミュニケーションシステムにおける顔色補正機能の提案(OS1,13 ヒューマンインタフェース・ユーザビリティ,未来社会を支えるものづくりとひとづくり(設計・システムから))
    大久保 雅史; 福本 剛
    設計工学・システム部門講演会講演論文集, 一般社団法人日本機械学会, 2006(16) 150 - 151, 2006年11月14日
  • 身体性に基づく協調作業支援システムの研究・開発 (特集1 バーチャルリアリティ・実用研究の紹介)
    大久保 雅史
    映像情報industrial, 産業開発機構, 38(7) 45 - 54, 2006年06月
  • 仮想空間を利用した協調作業支援システムにおけるうなずき反応の影響(コミュニケーションと設計II)
    大久保 雅史; 渡辺 富夫
    設計工学・システム部門講演会講演論文集, 一般社団法人日本機械学会, 2004(14) 149 - 152, 2004年11月29日
  • 3次元形状評価のための仮想空間協調作業支援システムの開発
    久保木 聡; 大久保 雅史; 渡辺 富夫
    ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface, ヒュ-マンインタフェ-ス学会, 5(1) 51 - 54, 2003年01月24日
  • Influence of Visual Information with Delay on 3D Shape Evaluation in Virtual Space
    Masashi OKUBO; Tomio WATANABE; Masato ITO; Satoshi KUBOKI
    Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, 69(684) 2064 - 2069, 2003年
  • 2208 InterRobot を用いた集団引き込みコミュニケーションシステム
    渡辺 富夫; 大久保 雅史; 小林 要介
    設計工学・システム部門講演会講演論文集, 一般社団法人日本機械学会, 2002(12) 260 - 261, 2002年11月27日
  • 2206 仮想空間 3 次元形状評価のための協調作業支援システムにおける視点変更
    大久保 雅史; 渡辺 富夫; 久保木 聡
    設計工学・システム部門講演会講演論文集, 一般社団法人日本機械学会, 2002(12) 254 - 257, 2002年11月27日
  • 1405 音声に基づく身体的インタラクションシステム(OS07/ヒューマンインターフェース)
    渡辺 富夫; 大久保 雅史; 小川 浩基; 檀原 龍正
    設計工学・システム部門講演会講演論文集, 一般社団法人日本機械学会, 2001(11) 77 - 79, 2001年11月01日
  • 協調作業支援システムのための仮想空間3次元形状評価の合成的解析
    大久保 雅史; 渡辺 富夫; 伊藤 正人; 久保木 聡
    ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface, ヒュ-マンインタフェ-ス学会, 3(3) 47 - 50, 2001年06月15日
  • 3者間身体的バーチャルコミュニケーションシステムの官能評価
    新徳 健; 渡辺 富夫; 大久保 雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface, ヒュ-マンインタフェ-ス学会, 3(3) 79 - 82, 2001年06月15日
  • 2A1-K10 身体的コミュニケーションを支援するInterRobot/InterActor(71. 行動メディア・コミュニケーション)
    渡辺 富夫; 大久保 雅史; 小川 浩基; 檀原 龍正
    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 一般社団法人日本機械学会, 2001 49 - 49, 2001年06月08日
  • 2121-1 音声駆動型複数身体引き込みコミュニケーションシステム
    渡辺 富夫; 大久保 雅史; 小畑 淳
    設計工学・システム部門講演会講演論文集, 一般社団法人日本機械学会, 2001(10) 205 - 206, 2001年01月16日
  • 2121-2 視線-行為連動系を用いた仮想空間での 3 次元形状評価 : 視覚情報の遅延の影響
    大久保 雅史; 渡辺 富夫; 伊藤 正人
    設計工学・システム部門講演会講演論文集, 一般社団法人日本機械学会, 2001(10) 207 - 208, 2001年01月16日
  • 集団コミュニケーション場の生成のための音声駆動型身体引き込みシステムの開発
    渡辺 富夫; 大久保 雅史; 小畑 淳
    ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface, ヒュ-マンインタフェ-ス学会, 2(3) 43 - 46, 2000年06月16日
  • バーチャルアクターとバーチャルウェーブを用いた身体的バーチャルコミュニケーションシステム
    渡辺 富夫; 大久保 雅史; 石井 裕; 中林 慶一
    ヒューマンインタフェース学会論文誌, ヒュ-マンインタフェ-ス学会, 2(2) 1 - 10, 2000年05月01日
  • An Embodied Interaction Robots System Based on Speech
    Tomio Watanabe; Masashi Okubo; Hiroki Ogawa
    Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, C Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part C, 66(648) 2721 - 2728, 2000年
  • 人型バーチャルアクターと抽象的バーチャルウェーブを用いた身体的バーチャルコミュニケーションシステム
    渡辺 富夫; 大久保 雅史; 石井 裕; 中林 慶一
    ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface, ヒュ-マンインタフェ-ス学会, 1(3) 67 - 72, 1999年06月17日
  • バーチャルコミュニケーションシステムを用いた身体的コミュニケーション解析
    渡辺 富夫; 大久保 雅史; 稲留 将生; 石井 裕; 中林 慶一
    Human interface : proceedings of the Symposium on Human Interface : ヒューマンインタフェイスシンポジウム論文集, 14 311 - 316, 1998年09月28日
  • コミュニケーションにおける引き込み : 音声のON-OFFに基づく頷き反応モデル
    渡辺 富夫; 大久保 雅史
    全国大会講演論文集, 56 15 - 16, 1998年03月17日
  • 官能検査と生理指標に基づく実空間と仮想空間での形状評価
    大久保 雅史; 渡辺 富夫
    全国大会講演論文集, 56 206 - 207, 1998年03月17日
  • Sensory Evaluation of the Preference of 3D Shape in Virtual and Real Spaces(jointly authored)
    Masashi OKUBO; Tomio WATANABE
    Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers(C), 64(620) 1218 - 1222, 1998年
  • 第52回全国大会(平成8年前期 於:電通大)大会優秀賞受賞論文:オプティカルフローとスネークの協調処理による口唇運動の解析
    大久保 雅史; 渡辺 富夫
    情報処理, 一般社団法人情報処理学会, 37(11) 1054 - 1055, 1996年11月15日
  • オプティカルフローとスネークの協調処理による口唇運動の解析
    大久保 雅史; 渡辺 富夫
    全国大会講演論文集, 52 105 - 106, 1996年03月06日

書籍等出版物

  • Emotional Engineering vol.4
    Shuichi Fukuda; etc.
    Springer, 2016年07月, 分担執筆, Enginering for Human Pleasure
  • Emotional Engineering
    Shuichi Fukuda; Masashi Okubo; etc.
    Springer, 2011年07月, Shape Evaluation Properties in Real Space and Virtual Space
  • Development of a Virtual Group Walking Support System
    大久保 雅史
    Human-Robot Interaction, INTECH, 2010年, 単著, 127-140
  • HCDハンドブック-人間中心設計
    大久保 雅史; 日本機会学会編; 福田収一責任編集
    丸善株式会社, 2006年, その他, 学術書
  • 最新 有限要素法全解
    大久保 雅史; 福田収一
    東京出版, 1990年, 共著, 学術書

講演・口頭発表等

  • コロナ時代のコミュニケーション
    大久保 雅史
    第31回設計工学・システム部門講演会, 2021年09月17日, 2021年09月15日, 2021年09月17日, 口頭発表(招待・特別)
  • 顔のデッサンの学習過程における定量的評価方法の提案
    大西 敬政; 大久保 雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2021, 2021年09月16日, 2021年09月15日, 2021年09月17日, 口頭発表(一般)
  • 一対多のオンラインコミュニケーションにおける他の視聴者の視認が情報の伝達に及ぼす影響
    鈴木 優司; 大久保 雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2021, 2021年09月16日, 2021年09月15日, 2021年09月17日, 口頭発表(一般)
  • ビデオコミュニケーションの参加者にとって好ましい対話終了手続きの提案
    中村 遼太郎; 大久保 雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2021, 2021年09月15日, 2021年09月15日, 2021年09月17日, 口頭発表(一般)
  • 人と人のコミュニケーションを測る
    大久保 雅史
    ソーシャルマーケティング研究センターwebinar, 2021年06月22日, 2021年06月22日, 2021年06月22日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • オンラインコミュニケーションにおける伝達感と伝達度
    大久保雅史
    室蘭工業大学, 2021年03月17日, 2021年03月17日, 2021年03月17日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • メッセージと心拍に基づく背景色の変化がチャットコミュニケーションに及ぼす影響
    山本 哲也; 大久保 雅史
    日本機械学会 設計工学・システム部門 講演会, 2020年11月26日, 2020年11月26日, 2020年11月28日
  • コミュニケーションロボットの着衣色が印象や情報伝達に及ぼす影響
    中田 駿矢; 大久保 雅史
    日本機械学会 設計工学・システム部門 講演会, 2020年11月26日, 2020年11月26日, 2020年11月28日
  • ロボットによる商品説明におけるオノマトペの有無が購買意欲とロボットの印象に及ぼす影響
    今西 康仁; 大久保 雅史
    日本機械学会 設計工学・システム部門 講演会, 2020年11月26日, 2020年11月26日, 2020年11月28日
  • 運転行動と通話がコミュニケーションにおける情報伝達に及ぼす影響
    升元 颯人; 大久保 雅史
    ヒューマンインタフェースサイバーコロキウム, 2020年10月17日, 2020年10月17日, 2020年10月18日
  • ビデオ通話における会話終了手続きが対話者にあたえる印象
    中村 遼太郎; 大久保 雅史
    ヒューマンインタフェースサイバーコロキウム, 2020年10月17日, 2020年10月17日, 2020年10月18日
  • Doc2Vecを用いたコミュニケーションの定量的評価方法の提案
    岩井 明日香; 大久保 雅史
    ヒューマンインタフェースサイバーコロキウム, 2020年10月17日, 2020年10月17日, 2020年10月18日
  • 聞き手の注視点が情報伝達と精神的負荷に及ぼす影響
    鈴木 優司; 大久保 雅史
    ヒューマンインタフェースサイバーコロキウム, 2020年10月17日, 2020年10月17日, 2020年10月18日
  • 遠隔カードゲームにおけるエージェントの視覚的戦術がプレイヤの感情に及ぼす影響
    小川 直哉; 大久保 雅史
    ヒューマンインタフェースサイバーコロキウム, 2020年10月17日, 2020年10月17日, 2020年10月18日
  • 人の行動変容を目的としたコミュニケーションロボットデザイン
    大久保雅史
    日本機械学会2020年 年次大会 先端技術フォーラム, 2020年09月15日, 2020年09月13日, 2020年09月16日, 口頭発表(招待・特別)
  • 文字と心拍に基づく背景色の変化がチャットコミュニケーションに及ぼす影響
    山本 哲也; 大久保 雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究会「ヒューマンインタフェース・ステップアップキャンプ2020(SIG-OD-03/SIG-MAS-12)」, 2020年03月07日, 2020年03月07日, 2020年03月07日
  • ロボットによる商品説明におけるオノマトペの有無が購買意欲とロボットの印象に及ぼす影響
    今西 康仁; 辰己 晶洋; 大久保 雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究会「ヒューマンインタフェース・ステップアップキャンプ2020(SIG-OD-03/SIG-MAS-12)」, 2020年03月07日, 2020年03月07日, 2020年03月07日, ポスター発表
  • 表情アバタを用いた遠隔感情共有システムにおける対人関係が笑いの表出に及ぼす影響
    辰己晶洋; 平島健大; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2019, 2019年09月04日, 2019年09月02日, 2019年09月05日, 口頭発表(一般)
  • 映画への没入感を高める照明システムの提案
    中村遼太郎; 岩井明日香; 早川和希; 山本哲也; 濱田莉亜; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2019, 2019年09月03日, 2019年09月02日, 2019年09月05日, ポスター発表
  • 不便益を指向した絵手紙システムの提案と開発
    辰己晶洋; 青木なつみ; 今西康仁; 升元颯人; 中川皓登; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2019, 2019年09月03日, 2019年09月02日, 2019年09月05日, ポスター発表
  • 照明色が知人同士のパーソナルスペースに及ぼす影響
    鈴木優司; 小川直哉; 青木佳裕; 安田真優圭; 岡澤直輝; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2019, 2019年09月03日, 2019年09月02日, 2019年09月05日, ポスター発表
  • VDT作業中の背景と割り込み通知の色相が認知時間とタスク集中度に及ぼす影響
    谷口里子; 加納大地; 岡崎希弥栄; 中田駿矢; 佐々木幹太; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2019, 2019年09月, 2019年09月02日, 2019年09月05日, ポスター発表
  • バーチャル空間における解像度制御を用いた視線誘導手法の提案
    横見栄聡; 大久保雅史; 磯山直也; 酒田信親; 清川清
    第 24 回日本バーチャルリアリティ学会大会, 2019年09月, 2019年09月, 2019年09月, 口頭発表(一般)
  • オノマトペとそれに伴う身体動作が情報の伝達に及ぼす影響
    辰己晶洋; 高木龍平; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究会, 2019年05月, 口頭発表(一般)
  • 対面対話における視覚情報の制御とノンバーバルコミュニケーション解析システムの構築
    岩井明日香; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究会, 2019年05月, 口頭発表(一般)
  • 遠隔カードゲームにおける視覚的戦術がプレイヤの感情に及ぼす 影響
    小川直哉; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究会, 2019年05月, 口頭発表(一般)
  • HMDプレイヤとNon-HMDプレイヤが体験を共有できるVRゲームシステムの開発
    竹永勇真; 大久保雅史
    第23回情報処理学会シンポジウムINTERACTION2019, 2019年03月, ポスター発表
  • 人型ロボットの振る舞いが人の対ロボット距離に及ぼす影響
    辰己晶洋; 松島 大志; 大久保 雅史
    日本機械学会 第28回設計工学・システム部門講演会, 2018年11月, 口頭発表(一般)
  • エージェント2体との三者間コミュニケーションが印象形成に及ぼす影響
    田村一樹; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究会, 2018年11月, 口頭発表(一般)
  • ヒューマノイドロボットの操作者の有無がパーソナルスペースに及ぼす影響
    辰己晶洋; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究, 2018年11月, 口頭発表(一般)
  • テキストチャットを用いた合意形成における匿名性の効果
    糸川萌; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究会, 2018年11月, 口頭発表(一般)
  • 動画視聴時における自己の表情アバタの提示が笑いの表出に及ぼす影響
    平島 健大; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2018, 2018年09月, 口頭発表(一般)
  • オノマトペがコミュニケーションにおける情報の伝達性に及ぼす影響
    高木龍平; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2018, 2018年09月, ポスター発表
  • プレゼンテーション映像における視覚的ノンバーバル情報が情報伝達に及ぼす影響
    岩井明日香; 辰己晶洋; 関和幸; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2018, 2018年09月, ポスター発表
  • 動画推薦システムのための表情を用いた動画評価手法の提案
    小川直哉; 田村 俊; 糸川萌; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2018, 2018年09月, ポスター発表
  • タッチタイピング学習支援システムのための運指検出手法の提案
    加納大地; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2018, 2018年09月, ポスター発表
  • 人型ロボットの振る舞いがパーソナルスペースに及ぼす影響
    辰己晶洋; 松島大志; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究会, 2018年05月, 口頭発表(一般)
  • 背景色による感情伝達チャットシステムの開発
    山本哲也; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究会, 2018年05月, 口頭発表(一般)
  • テキストチャットでの匿名性が知人同士の合意形成に及ぼす影響
    糸川萌; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究会, 2017年11月, 口頭発表(一般)
  • 視覚的ノンバーバル情報が視聴者への情報伝達に及ぼす影響
    関和幸; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2017, 2017年09月, 口頭発表(一般)
  • コミュニケーション能力がロボットに対する パーソナルスペースに及ぼす影響
    松島大志; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2017, 2017年09月, ポスター発表
  • 自動表情認識を用いた遠隔感情共有システムの開発
    平島健大; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2017, 2017年09月, ポスター発表
  • 笑顔に着目した動画の評価取得手法の検討
    田村俊; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2017, 2017年09月, ポスター発表
  • 複数のエージェントの振る舞いが印象形成に及ぼす影響
    田村一樹; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2017, 2017年09月, ポスター発表
  • 拡張現実感を用いたインタラクティブな学習支援システムが立体描画技術の習得に及ぼす影響
    大久保雅史; 加納大地; 水野由加里
    日本機械学会 設計工学・システム部門 部門講演会2017, 2017年09月, 口頭発表(一般)
  • 対面コミュニケーションにおける視覚的なノンバーバル情報が伝達度・伝達感に及ぼす影響
    糸川萌; 寺田朱緒; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究会, 2017年05月, 口頭発表(一般)
  • ロボットの着衣の色がパーソナルスペースに及ぼす影響
    辰己晶洋; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究会, 2017年05月, 口頭発表(一般)
  • 対人関係を考慮したオノマトペによる他者への伝達性の検証
    高木龍平; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究会, 2017年05月, 口頭発表(一般)
  • 視覚的ノンバーバル情報がプレゼンテーションにおける伝達感・伝達度に与える影響
    関和幸; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究会, 2016年11月, 口頭発表(一般)
  • 動画視聴時の表情を用いたコンテンツ評価手法の検討
    田村俊; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究会, 2016年11月, 口頭発表(一般)
  • A Study about Influence of Visual Cues and Immersion on Sense of Direction and Distance
    Maximilien Bellot; Masashi Okubo
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2016, 2016年09月, ポスター発表
  • コミュニケーションを促す遠隔協同学習支援システムの提案と開発
    小松真也; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2016, 2016年09月, ポスター発表
  • 対面コミュニケーションにおける合意形成推定の一提案
    藤本雄樹; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2016, 2016年09月, ポスター発表
  • 3Dキャラクタの表情に対するカメラアングルが感情伝達に及ぼす影響
    小池倫弘; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2016, 2016年09月, ポスター発表
  • 対面コミュニケーションにおけるノンバーバル情報の伝達制御の一提案
    寺田 朱緒; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2016, 2016年09月, ポスター発表
  • 空間の照度環境がパーソナルスペースに及ぼす影響
    松島大志; 山本竜巨; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究会, 2016年05月, 口頭発表(一般)
  • 発表者の眩惑を軽減するプロジェクタシステムの提案とプレゼンテーションに与える影響
    関和幸; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究会, 2016年05月, 口頭発表(一般)
  • ノンバーバル情報がコミュニケーションにおける伝達度・伝達感に与える影響
    寺田朱緒; 森本のぞみ; 大久保 雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究会, 2016年05月, 口頭発表(一般)
  • 対面・遠隔における合意形成プロセスの検証
    寺田 朱緒; 大久保 雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2015, 2015年09月, ポスター発表
  • タッチインタフェースを用いた描画システムにおえる入力方法の検討
    水野 由加里; 大久保 雅史; 関 和幸
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2015, 2015年09月, ポスター発表
  • やる気をデザインする
    大久保雅史
    日本機械学会2015年度年次大会 先端技術フォーラム「Empathyを考える」, 2015年09月, 口頭発表(招待・特別)
  • スマートデバイス用描画システムにおけるタッチインタフェースの検討
    水野 由加里; 大久保 雅史
    本機械学会 第25回設計工学・システム部門講演会, 2015年09月, 口頭発表(一般)
  • コミュニケーションを促す遠隔共同学習支援システムの提案
    小松真也; 大久保雅史
    ヒューマンインタフェース学会研究会, 2015年05月, 口頭発表(一般)
  • 携帯端末による発想学習システムの提案
    大久保 雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2012, 2012年
  • 知人が作成した似顔絵の合成によるアバタ生成手法の提案
    大久保 雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2012, 2012年
  • Influence of Relationship between Game Player and Remote Player on the Performance and State of Mind
    大久保 雅史
    Proc. of First International Symposium on Socially and Technically Symbiotic Systems, 2012年
  • Development of Group Discussion Support System Based on Brain Writing Method
    大久保 雅史
    Proc. of 6th International Conference on Collaboration Technologies, 2012年
  • Influence of Anonymity on Group Discussion Based on Brainwriting Method
    大久保 雅史
    proc. of 8th International Conference on Humanized Systems, 2012年
  • Influence of Relationship with Partner on Video Game Player
    大久保 雅史
    proc. of 8th International Conference on Humanized Systems, 2012年
  • ゲームにおける相手との関係性が及ぼす影響
    大久保 雅史
    SICE第39回知能システムシンポジウム, 2012年
  • 距離情報に基づく画像の重畳合成手法が存在感に与える影響
    大久保 雅史
    情報処理学会第74回全国大会, 2012年
  • 身体的な観察行為がテレプレゼンスにおける空間認識に与える影響
    大久保 雅史
    情報処理学会第74回全国大会, 2012年
  • ゲームにおけるステージの重要性がユーザの感情に与える影響
    大久保 雅史
    情報処理学会第74回全国大会, 2012年
  • ブレインライティン法に基づく集団発想支援システムの提案
    大久保 雅史
    情報処理学会第74回全国大会, 2012年
  • フロー理論に基づくゲームシステムデザインの提案
    大久保 雅史
    情報処理学会第74回全国大会, 2012年
  • 共有知を用いた発想教育支援システムの提案
    大久保 雅史
    日本機械学会設計工学システム部門講演会, 2011年
  • 共有知を利用した発想教育支援システムの開発
    大久保 雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2011, 2011年
  • 対戦型及び協力型ゲームにおける相手のスキルがプレイヤーの心理に及ぼす影響
    大久保 雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2011, 2011年
  • Comparison between Mathematical Complexity and Human Feeling
    大久保 雅史
    Human Computer Interaction International 2011, 2011年
  • デスクワークの効率化のための環境映像呈示方法の検討
    大久保 雅史
    情報処理学会第73回全国大会, 2011年
  • ゲームにおけるイベントの重要性の変化がプレイヤに及ぼす影響
    大久保 雅史
    情報処理学会第73回全国大会, 2011年
  • 競争相手の能力の違いが作業者に及ぼす影響
    大久保 雅史
    情報処理学会第73回全国大会, 2011年
  • スポーツのTV鑑賞における盛り上げシステムの提案
    大久保 雅史
    情報処理学会第73回全国大会, 2011年
  • 共有知を利用した個人的発想支援システムの提案
    大久保 雅史
    情報処理学会第73回全国大会, 2011年
  • 携帯端末の位置情報とSNSを利用したコミュニケーション支援ツールの提案
    大久保 雅史
    情報処理学会第73回全国大会, 2011年
  • ARを用いた疑似体験学習の有効性に関する研究
    大久保 雅史
    エンターテインメントコンピューティング2010, 2010年
  • 加速度センサを用いた集中度推定システムの開発とその提示の効果
    大久保 雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2010, 2010年
  • 数学的複雑さに基づく曲線生成アルゴリズムの提案とその感性評価
    大久保 雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2010, 2010年
  • DIFFERENCE BETWEEN MATHEMATICAL AND KANSEI COMPLEXITY
    大久保 雅史
    Proceedings of 2010 ISFA (2010 International Symposium on Flexible Automation), 2010年
  • プロジェクト活動におけるコミュニケーション力の養成事例
    大久保 雅史
    ヒューマンインタフェース学会コミュニケーション支援研究会, 2009年
  • 数学的複雑さと人の感性との違いに関する検討
    大久保 雅史
    日本機械学会第19回設計工学・システム部門講演会, 2009年
  • フラクタルを用いた形の複雑さが人の感性に及ぼす影響
    大久保 雅史
    情報処理学会第71回全国大会, 2009年
  • RFIDを用いた清掃支援システム
    大久保 雅史
    情報処理学会第71回全国大会, 2009年
  • 実写とアバターを用いたウォーキング支援システムの研究開発
    大久保 雅史
    情報処理学会第71回全国大会, 2009年
  • 加速度センサーを利用した集中度合い推定システムの提案
    大久保 雅史
    Workshop on Interactive Systems and Software (WISS2008), 2008年
  • 着座状態推定システムの研究開発
    大久保 雅史
    日本機械学会 第18回設計工学・システム部門講演会, 2008年
  • 同志社ローム記念館プロジェクトの教育的取り組み
    大久保 雅史
    日本機械学会 第18回設計工学・システム部門講演会, 2008年
  • モーションセンサを用いた着座状態推定システムの研究開発
    大久保 雅史
    ヒューマンインタフェースシンポジウムHIS2008, 2008年
  • ICタグを利用した図書業務支援システムの提案
    大久保 雅史
    情報処理学会第70回全国大会講演論文集, 2008年
  • 加速度センサを用いた着座状態推定法の提案
    大久保 雅史
    情報処理学会第70回全国大会講演論文集, 2008年
  • 存在感を創出するオンラインショッピング支援システムの提案
    大久保 雅史
    情報処理学会第70回全国大会講演論文集, 2008年
  • バーチャル空間を利用したグループウォーキング支援システムの研究開発
    大久保 雅史
    日本機械学会年次大会講演論文集, 2007年
  • 共存在感を創出する仮想空間を利用したグループウォーキングシステムの開発
    大久保 雅史
    情報処理学会第69回全国大会講演論文集, 2007年
  • 新しい形状モデルによる力学的挙動の予測
    福田収一; 大久保雅史
    PROLOG産業応用シンポジウム, 1990年10月, 口頭発表(一般)
  • 有限要素法解析支援エキスパートシステムの開発
    福田収一; 中桐滋; 大久保雅史
    日本機械学会第67期全国大会, 1989年10月, 1989年10月, 口頭発表(一般)
  • 非破壊検査要領書作成支援システムの開発
    福田収一; 相山英明; 大久保雅史; 長坂英明
    日本機械学会第67期全国大, 1989年10月, 口頭発表(一般)

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • Development of Collaboration Support System in Virtual Environment
    2002年 -2010年, 競争的資金
  • バーチャル空間における協調作業支援システムの開発
    2002年 -2010年, 競争的資金
  • 3D Shape Evaluation Analysis by Synthesis in Virtual Space
    2000年 -2010年, 競争的資金
  • バーチャル空間における形状評価の合成的解析
    2000年 -2010年, 競争的資金
  • 仮想空間協調作業支援システムにおける身体性の効果
    基盤研究(C)(一般), 2005年 -2007年, 競争的資金
  • 身体性に基づく仮想空間協調設計支援システムの研究・開発
    基盤研究(C)(一般), 2002年 -2004年, 競争的資金

社会貢献活動

  • 育英友の会, 1994年 - 2004年

産官学連携を希望するテーマ

  • 共同研究等希望テーマ:インターネットを利用したグループエクササイズ支援システムの研究開発
    キーワード:インターネット,身体的インタラクション,VR,グループエクササイズ
    概要:昨今,健康ブームに乗り,家庭でできる様々な運動機器が開発・販売されている。しかし,これら健康器具を利用して運動を始めることは容易でも,継続することは難しい。本研究では,ネットワークとVR技術を利用して,家庭にいながら運動仲間と様々な運動を継続的に行えるシステムを研究,開発するものである。
    備考:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望