太田 哲男
オオタ テツオ
生命医科学部医情報学科
博士後期課程教授
Last Updated :2021/12/02

研究者情報

研究分野

  • ナノテク・材料/有機機能材料
  • ナノテク・材料/有機合成化学

研究歴

  • 1979- 錯体触媒反応についての研究に従事

経歴

  • 同志社大学生命医科学部教授, 2008年 - 現在
  • - 同志社大学工学部教授, 2001年 - 2008年
  • 同志社大学工学部助教授, 1995年 - 2001年
  • 京都大学工学部文部教官助手, 1989年 - 1995年
  • 岡崎国立共同研究機構分子科学研究所文部教官助手, 1989年 - 1989年
  • 岡崎国立共同研究機構分子科学研究所文部技官, 1984年 - 1989年

学歴

  • 京都大学, 1984年
  • 京都大学, 工学研究科, 1982年
  • 京都大学, 1982年
  • 京都大学, 工学部, 1980年
  • 京都大学, 1980年

学位

  • 工学博士, 京都大学
  • 工学修士, 京都大学

所属学協会

  • 近畿化学協会
  • 触媒学会
  • 石油学会
  • 有機合成化学協会
  • 日本化学会
  • アメリカ化学会

委員歴

  • 代議員, 2004年 -2005年, 日本化学会, 学協会, 日本化学会

論文

  • Ruthenium-catalyzed hydroxyethylation of cyclic amines with ethylene glycol
    Yushi Nakamura, Shuhei Tomioka, Yohei Oe, Tetsuo Ohta
    Heterocycles, 981074 - 1088, 2019年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Alkylation of the Methyl Group of 2-Methylquinolines and Similar Methyl-N-Heteroaromatics with a Ru/In Dual Catalyst
    Yushi Nakamura, Akihiro Azuma, Soichiro Kato, Yohei Oe, Tetsuo Ohta
    Chem. Lett., 481192 - 1195, 2019年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • A simple quantitative chiral analysis of amino acid esters by fluorine-19 nuclear magnetic resonance using the modified James-Bull method
    Naoto Hamaguchi, Yuta Okuno, Yohei Oe, Tetsuo Ohta
    Chirality, 3134 - 40, 2019年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Borrowing Hydrogen法による効率的分子変換反応:複素環化合物の選択的アルキル化とアミノアルコールの合成
    中村祐士, Anggi Eka Ptra, 大江洋平, 太田哲男
    有機合成化学協会誌, 74(12)1182 - 1193, 2016年, 日本語, 研究論文(学術雑誌)
  • Alkylation of heterocyclic nucleophiles with alcohols by Pd/C-catalyzed through the “borrowing hydrogen” process
    Anggi Eka Putra, Yohei Oe, Tetsuo Ohta
    Eur. J. Org. Chem.,, (35)7799 - 7805, 2015年12月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Obstacle-Avoidance Navigation by an Autonomous Vehicle Inspired by a Bat Biosonar Strategy
    Yasufumi Yamada, Kentaro Ito, Arie Oka, Shinichi Tateiwa, Tetsuo Ohta, Ryo Kobayashi, Shizuko Hiryu, Yoshiaki Watanabe
    Biomimetic and Biohybrid Systems, Vol. 9222135 - 144, 2015年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An Efficient Synthesis of 2,3-Diaminoacid Derivatives Using Phosphine Catalyst
    Yohei Oe, Hiroaki Kishimoto, Nahoko Sugioka, Daisuke Harada, Yukio Sato, Tetsuo Ohta, Isao Furukawa
    Int. J. Org. Chem., 4189 - 194, 2014年, 研究論文(学術雑誌)
  • Ruthenium-Catalyzed Enantioselective Synthesis of -Amino Alcohols from 1,2-Diols by “Borrowing Hydrogen”
    A. E. Putra, Y. Oe, T. Ohta
    Eur. J. Org. Chem., 2013(27)6146 - 6151, 2013年09月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Investigation of acoustic gaze strategy by Pipistrellus abramus and Rhinolophus ferrumequinum nippon during obstacle avoidance flight
    Yasufumi Yamada, Arie Oka, Shizuko Hiryu, Tetsuo Ohta, Hiroshi Riquimaroux, Yoshiaki Watanabe
    Proceedings of Meetings on Acoustics, Vol. 191 - 9, 2013年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Three-Component Coupling Catalyzed by Phosphine: Preparation of a-Amino g-Oxo Acid Derivatives,
    太田 哲男
    Int. J. Org. Chem., 2111–116 , 2012年
  • Addition Reaction of 2-Phenylbenzoic Acid onto Unactivated Olefins Catalyzed by Ru(II) –xantphos Catalysis
    Y. Oe, T. Ohta, Y. Ito
    Tetrahedron Lett., 51(21)2806 - 2809, 2010年05月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Reduction of Carboxylic Acid Derivatives Using Diphenylsilane in the Presence of a Rh–PPh3 Complex
    太田 哲男
    Bull. Chem. Soc. Jpn., 78(10)1856 - 1861, 2005年10月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Enantioselective Addition of Diethylzinc to Aldehydes Catalyzed by 3,3'-Bis(2-oxazolyl)-1,1'-bi-2-naphthol (BINOL-Box) Ligands Derived from 1,1’-Bi-2-naphthol
    児玉 英彦
    Appl. Organometal. Chem., 14(11)709 - 714, 2000年11月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Enantioselective Conjugate Addition of Diethylzinc to Chalcone Catalyzed by Chiral Binaphthol Monoester-copper (BIMES-Cu) Complexes
    太田 哲男
    Appl. Organomet. Chem., 14709 - 714, 2000年
  • An anionic dinuclear BINAP-ruthenium(II) complex: Crystal structure of NH2Et2 {RuCl((R)-p-MeO-BI-NAP)}(2)(mu-Cl)(3) and its use in asymmetric hydrogenation (vol 15, pg 1522, 1996)
    Ohta T, Tonomura Y, Nozaki K, Takaya H, Mashima K
    Organometallics, 16(15)3568 , 1997年
  • Asymmetric hydroformylation of conjugated dienes catalysed by [(R)-2-diphenylphosphino-1,1′-dinaphthalen-2′-yl] [(S)-1,1′-dinaphthalene-2,2′-diyl]phosphite-rhodium(I)
    Toshihide Horiuchi, Tetsuo Ohta, Kyoto Nozaki, Hidemasa Takaya
    Chemical Communications, 155 - 156, 1996年12月01日
  • Asymmetric Hydroformylation of Conjugated Dienes Catalyzed by BINAPHOS-Rh(I) Complexes
    太田 哲男
    J. Chem. Soc. , Chem. Commun., (3)155 , 1996年
  • Synthesis of Primary 1-Deuterio Alcohols by Asymmetric Hydrogenation of Aldehydes Catalyzed by BINAP-Ru(II) Complexes
    太田 哲男
    J. Organomet. Chem., 484191 - 193, 1994年

MISC

  • Ru(OCOCH3)2(BINAP) を用いる不飽和カルボン酸の不斉水素化反応:2.反応機構の考察
    太田哲男, 大江洋平, 高谷秀正
    ハリス理化学研究所報告, (57)68–75 , 2016年
  • Ru(OCOCH3)2(BINAP) を用いる不飽和カルボン酸の不斉水素化反応:1.反応の様子
    太田哲男, 大江洋平, 高谷秀正
    ハリス理化学研究所報告, (57)57–67 , 2016年
  • 非対称NHC‐Pd触媒を用いるアリールボロン酸のカルボニル化合物への求核付加反応
    山本哲也, 古澤拓馬, 大江洋平, 山川哲, 太田哲男
    日本化学会講演予稿集, 93rd(4)1539 , 2013年03月08日, 日本語
  • 遷移金属触媒を用いた酸素・窒素・炭素求核剤のオレフィンへの付加反応に関する研究
    大江洋平, 東翔子, 太田哲男
    有機合成化学協会誌, 69(2)118 - 128, 2011年, 日本語, 書評論文,書評,文献紹介等
  • キトサン、D-(+)-グルコサミン誘導体を配位子とする金属錯体触媒存在下でのジエチル亜鉛の芳香族アルデヒド類への触媒的不斉付加反応
    太田 哲男
    同志社大学理工学研究報告, 52(2)113–126 , 2011年
  • Palladium-Catalyzed Addition of Organoboron Compounds to Carbonyl Compounds
    YAMAMOTO Tetsuya, OE Yohei, OHTA Tetsuo, YAMAKAWA Tetsu
    Symp Organomet Chem Jpn, 57th158 , 2010年09月01日, 英語
  • Palladium-catalyzed 1,2-addition of alkylborane reagents to aldehydes
    Yamamoto Tetsuya, Okabe Taro, Iizuka Michiko, 伊藤 嘉彦, 大江 洋平, 太田 哲男, ヤマモト テツヤ, オカベ タロウ, イイズカ ミチコ, イトウ ヨシヒコ, オオエ ヨウヘイ, オオタ テツオ, Yamamoto Tetsuya, Okabe Taro, Iizuka Michiko, Ito Yoshihiko, Oe Yohei, Ohta Tetsuo
    同志社大学理工学研究報告, 同志社大学, 50(4)1 - 5, 2010年01月, 英語
  • Palladium-Catalyzed 1,2-Addition of Alkylborane Reagents to Aldehydes
    太田 哲男
    Sci. Eng.Rev. Doshisha Univ., 50(3)159 - 163, 2009年
  • 二価のルテニウム錯体を用いたヘテロ求核剤のスチレンへの付加反応
    太田 哲男
    同志社大学理工学研究報告, 50(2)94 - 99, 2009年
  • 銅触媒を用いた炭素求核剤のオレフィンヘの付加反応
    太田 哲男
    同志社大学理工学研究報告, 48(4)221 - 227, 2008年
  • パラジウム触媒を用いたアリールボロン酸の共役付加反応
    飯塚美智子, 山本哲也, 太田哲男, 伊藤嘉彦
    日本化学会講演予稿集, 86th(2)951 , 2006年03月13日, 日本語
  • 光学活性パラジウム触媒を用いた芳香族ハロゲン化物の不斉エーテル化反応
    太田 哲男
    同志社大学理工学研究報告, 471 - 9, 2006年
  • Specific Effect of Chloroform on Palladium Catalyzed Addition of Arylboronic Acids to Aldehydes and .ALPHA.,.BETA.-Unsaturated Ketones
    YAMAMOTO Tetsuya, IIZUKA Michiko, SATO Kaori, OHTA Tetsuo, ITO Yoshihiko
    Symp Organomet Chem Jpn, 52nd292 - 293, 2005年, 英語
  • Synthesis and properties of metal-containing polymers: Part 2.
    T. Ohta, M. Honda, T. Hishida, Y. Shimada, I. Furukawa
    “Hybrid Nanostructured Materials and Their Applications,” ed by T. Ohachi, A. S. Somintac, and M. Wada, Words: Tokyo, 119–136 , 2005年
  • Synthesis and Properties of Metal-Containing Polymers
    太田 哲男
    Nanostructured Materials and Their Applications, 133 - 143, 2004年
  • パラジウム触媒を用いた芳香族ハロゲン化物の不斉エーテル化反応
    山本哲也, 田頭潤也, 太田哲男
    日本化学会講演予稿集, 83rd(2)996 , 2003年03月03日, 日本語
  • α-オキソケテンO,N-アセタ-ルを用いる複素環合成反応
    太田 哲男
    有機合成化学協会誌, 60(10)932 - 941, 2002年, 日本語
  • (2Z,4E)-3-メチル-2,4-ペンタジエン酸類の合成
    太田 哲男
    同志社大学理工学研究報告, 43158 - 164, 2002年
  • Enantioselective Synthesis of (+)-cis-Methyl Dihydrojasmonate
    太田 哲男
    Sci. Eng. Rev. Doshisha Univ., 43115 - 123, 2002年
  • A New Synthetic Route to Dexamethasone from Tigogenin; Application of Remote Functionalization
    太田 哲男
    Sci. Eng. Rev. Doshisha Univ., 42(2)71 - 76, 2001年
  • ビナフチル骨格を有する新規光学活性配位子を用いた不斉アルキル化反応
    児玉英彦, 永木愛一郎, 羽曽部卓, 国定直記, 山下隆之, 太田哲男, 古川功
    日本化学会講演予稿集, 78th(2)1038 , 2000年03月15日, 日本語
  • 新規光学活性1,1'-ビ-2-ナフト-ルモノエステル(BIMES)配位子の合成とその不斉反応への応用
    太田 哲男
    同志社大学理工学研究報告, 41(2)26 - 32, 2000年
  • バナジウム触媒によるアルコ-ルのアルデヒドやケトンへの酸化反応における添加物の効果
    太田 哲男
    同志社大学理工学研究報告, 40(4)177 - 181, 1999年
  • イッテルビウム触媒によるN-ベンジリデンアニリン N-オキシドと3-クロトノイル-1,3-オキサゾリジン-2-オンの1,3-双極子付加環化反応
    太田 哲男
    同志社大学理工学研究報告, 39(4)182 - 188, 1998年
  • 新規光学活性ホスフィンイリド配位子とそのパラジウム,ロジウム,ルテニウム錯体の合成
    太田 哲男
    同志社大学理工学研究報告, 39(4)133 - 141, 1998年
  • 遷移金属錯体触媒を用いる不斉水素化反応-最近の進歩から
    太田 哲男
    有機合成化学協会誌, 51(11)1013 - 1023, 1993年, 英語
  • キラルな錯体による接触的不斉水素化,不斉水素移動反応
    太田 哲男
    油化学, 39(10)866 - 874, 1990年
  • 不斉水素化触媒「BINAP-Ru(OCOCH3)2錯体」
    太田 哲男
    有機合成化学協会誌, 48(11)1018 - 1019, 1990年, 英語

書籍等出版物

  • Synthesis and properties of metal-containing polymers: Part 2.
    2005年
  • "役にたつ化学シリーズ 有機化学"
    朝倉書店, 2004年
  • Asymmetric Hydrogenation
    "Catalytic Asymmetric Synthesis", VHC Publishers, New York, 1993年
  • New 2,2'-Bis(diphenylphosphino)-1,1'-binaphthyl-Ru(II) Complexes for Asymmetric Catalytic Hydrogenation
    "Homogeneous Transition Metal Catalyzed Reactions", Eds. , Advances in Chemistry Series No. 230, American Chemical Society, Washington DC, 1992年
  • Metal-Promoted Cycloaddition of Small-ring Compounds
    "Comprehensive Organic Synthesis", Pergamon Press, Oxford, Vol. 5, 1991年
  • New Chiral Rh(I) and Ru(II) Complexes : Highly Efficient Catalysts for Homogeneous Asymmetric Hydrogenation
    "Future Opportunities in Catalytic and Separation Technology", Eds, Elsevier Amsterdam, 1990年

競争的資金等の研究課題

  • ヘテロ原子の特性を生かした有機合成
  • 有機金属化合物の合成と利用
  • 不斉触媒反応に関する研究

研究シーズ

  • Borrowing Hydrogen法による触媒的アルキル化反応
    キーワード:遷移金属触媒;グリーンケミストリー;ライフサイエンス;不斉合成
    研究テーマの分野:ライフサイエンス, 医療・創薬, 化学・ナノテク・素材
    関連研究者所属・研究者名:生命医科学部医情報学科 大江洋平
    概要:ルテニウムを触媒として用いる求核剤(アミン類、アルコール類およびヘテロ環など)のアルコール類をアルキル化剤とするBorrowing Hydrogen型アルキル化反応を種々開発した。この方法は廃棄物が水のみのため、従来のハロアルカンやその等価体を用いるアルキル化反応に比べて環境にやさしい。我々の方法では、アミノアルコール類の合成やヘテロ環のアルキル化、ヘテロ環側鎖のアルキル化など有用性の高い分子変換が可能である。なお、一部の反応は不斉合成にも応用できる。
    使用用途、応用例等:医薬品等の中間体合成
    備考:論文情報
    1) “Borrowing Hydrogen法による効率的分子変換反応:複素環化合物の選択的アルキル化反応とアミノアルコール類の合成”, 中村 祐士, Anggi Eka Putra, 大江 洋平, 太田 哲男, 有機合成化学協会誌, 2016, 74, 1182. doi:10.5059/yukigoseikyokaishi.74.1182
    2) “Alkylation of the Methyl Group of 2-Methylquinolines and Similar Methyl-N-Heteroaromatics with a Ru/In Dual Catalyst” Yushi Nakamura, Akihiro Azuma, Soichiro Kato, Yohei Oe, Tetsuo Ohta, Chemistry Letters, 2019, 48, 1192-1195. doi: 10.1246/cl.190488
    3) “Ruthenium-catalyzed hydroxyethylation of cyclic amines with ethylene glycol” Yushi Nakamura, Shuhei Tomioka, Yohei Oe, Tetsuo Ohta, Heterocycles, 2019, 98, 1074 – 1088. doi: 10.3987/COM-19-14129

  • 生体化学情報検出のための分子プローブ類の開発
    キーワード:生命科学;分析化学;環境;食品科学
    研究テーマの分野:ライフサイエンス, 医療・創薬, 化学・ナノテク・素材, 環境・エネルギー
    関連研究者所属・研究者名:生命医科学部医情報学科 大江洋平
    概要:生体の発する化学情報を正確に知る目的で、種々の分子プローブを設計・合成している。現在のところ、ペプチドプローブや少分子プローブを用いたペプチダーゼ活性の蛍光検出、チオール類の選択的可視化、19F NMRによるアミン類の一斉分析などを可能にしており、それらの実用的な利用法を検討中である。
    使用用途、応用例等:酵素検出用蛍光プローブやチオール可視化プローブはPoint-of-care testingなどへの用途を期待している。また、19F NMRによるアミン分析はその他の用途として食品等の安全性試験への応用を検討している。
    備考:論文情報
    1) “A simple quantitative chiral analysis of amino acid esters by fluorine-19 nuclear magnetic resonance using the modified James-Bull method” Naoto Hamaguchi, Yuta Okuno, Yohei Oe, Tetsuo Ohta, Chirality, 2019, 31, 34-40. doi:10.1002/chir.23028