太田 修
オオタ オサム
グローバル・スタディーズ研究科
博士後期課程教授
Last Updated :2020/09/19

研究者情報

研究キーワード

  • 朝鮮近現代史、近現代日朝関係史

学歴

  • 高麗大学校, 史学科, 2001年
  • 高麗大学校, 史学科, 1994年
  • 同志社大学, 文学部, 1986年
  • 同志社大学, 1986年

学位

  • 博士(文学), 高麗大学校
  • 修士(文学), 高麗大學校

所属学協会

  • 鷹陵史学会
  • 高麗史学会
  • 歴史科学協議会
  • 歴史学研究会
  • 在日朝鮮人運動史研究会
  • 朝鮮史研究会

委員歴

  • 幹事, 2002年, 朝鮮史研究会, 学協会, 朝鮮史研究会

論文

  • 「朝鮮戦争前夜、ある労働者の生活-仁川の労働者の日記から」
    太田 修
    『朝鮮史研究会会報』, (第210号)2 - 5, 2018年02月, 日本語
  • 「<講演録>植民地下で詩を書くということ-鄭芝溶と尹東柱のつながりから」
    太田 修
    『RONDO論堂』, (1)99 - 109, 2017年10月, 日本語
  • 「日韓条約の何が問題か-「解決済み」論批判」
    太田修
    『ジェンダーと法』, (14)100 - 120, 2017年
  • 日韓条約から50年-「解決済み」論を批判する
    太田修
    ひょうご部落解放, (158)37 - 44, 2015年
  • 「二重の被害をめぐる政治-日韓国交樹立と在韓被爆者-」
    太田修
    『歴史評論』, (788)33 - 47, 2015年
  • 「日韓財産請求権「経済協力」構想の再考」
    太田修
    『歴史学研究』, (937)104 - 112, 2015年
  • 「朝鮮戦争停戦協定前夜,強化される植民地主義-第2 次日韓国交正常化交渉での在日朝鮮人の法的地位と処遇」
    太田 修
    『朝鮮大学校学報』, (24)49 - 80, 2014年, 日本語, 研究論文(学術雑誌)
  • 「第1次日韓国交正常化交渉における在日朝鮮人の法的地位と処遇-植民地主義,分断,冷戦の交錯」
    太田修
    『社会科学』, 44(2)1 - 30, 2014年
  • 「日韓会談文書公開と「過去の克服」
    『歴史学研究』, (No.908)27 - 34, 2013年
  • 「もはや〝日韓請求権協定で解決済み〟ではすまされない-朝鮮人強制動員被害者への戦後補償をめぐって」
    太田修
    『世界』, (848)188 - 195, 2013年
  • 식민지주의의 ‘공범’:두 개의 강화조약에서 초기 한일교섭으로
    아세아연구, 제 55 권(150호)18-54, 317-319 쪽 , 2012年
  • 日韓会談文書全面公開の公益性
    太田 修
    同志社グローバル・スタディーズ Journal of Global Studies, 23 - 39, 2012年
  • 해방직후 어느 노동자의 일상생활-인천의 전기공 I씨의 일기로부터-
    오타 오사무
    민족문화연구, (57)305 - 348, 2012年
  • 「韓国併合」100年と兵庫-「植民地責任」から考える
    太田 修
    ひょうご部落解放, (139)128 - 142, 2010年
  • 「‘4월혁명’과 일본」(「‘4月革命’と日本」)
    太田 修
    『史叢』(ソウル), (71)197 - 220, 2010年
  • 外務省外交史料館の現代韓国朝鮮関係資料について
    太田 修
    現代韓国朝鮮研究, 43 - 47, 2008年
  • 「財産請求権問題の再考-脱植民地主義の視角から」
    太田 修
    『文学部論集』(佛教大), (90)1 - 11, 2006年
  • 「日朝平壌宣言から一年-植民地支配・戦争による被害の清算のために、歴史学からの提言-」
    太田修
    『文学部論集』(佛教大), (89)1 - 12, 2005年
  • 「日韓交渉下での被害者・遺家族の声」
    太田 修
    『現代思想』, (33)131 - 135, 2005年
  • 「日韓交渉と植民地主義の清算」
    太田 修
    『環』, (23)223 - 228, 2005年
  • 「한일교섭 시기 식민지 지배 피해자의 ‘저항’」(『韓日交渉時期における植民地支配被害者の「抵抗」』)
    太田 修
    『역사문제연구』(『歴史問題研究』、ソウル), (14)47 - 75, 2005年
  • 「1950年代の朝鮮」
    太田修
    『歴史評論』, (652)17 - 30, 2004年
  • 「日朝間の「過去の克服」、未来のために」
    太田修
    『現代思想』, 30(14)122 - 129, 2002年
  • 한일청구권교섭과 조일교섭(韓日請求権と朝日交渉)
    太田 修
    내일을 여는 역사(明日を開く歴史), (5)76 - 89, 2001年
  • 「第一次日韓会談再考-基本条約問題及び財産請求権問題を中心に-」
    太田修
    『朝鮮学報』, (180)65 - 102, 2001年
  • 「한국에서의 한일조약 반대투쟁의 논리」(「韓国での韓日条約反対運動の論理」)
    太田修
    『역사연구』(『歴史研究』、ソウル), (9)163 - 205, 2001年
  • 제2공화국의 <경제협조>론과 청구권문제(第二共和国の<経済協調>論と請求権問題)
    太田 修
    International Journal of Korean History, (1)191 - 221, 2000年
  • 大韓民国樹立と日本-日韓通商交渉の分析を中心に-
    太田 修
    朝鮮学報, (173)1 - 48, 1999年
  • 李承晩政権の対日政策-「対日賠償」問題を中心に-
    太田 修
    朝鮮史研究会論文集, (34)51 - 86, 1996年
  • 한일회담과 청구권(韓日会談と請求権)
    太田 修
    근현대사강좌(近現代史講座), (6)86 - 114, 1995年
  • 한국에서의 한일조약반대투쟁의 논리에 관한 연구(1964-65)(韓国における韓・日条約反対闘争の論理に関する研究(1964~65))
    太田 修
    高麗大学大学院史学科修士学位, 1 - 96, 1994年
  • 한일회담에 관여한 한국 관료의 일본인식(韓日会談に関与した韓国官僚の日本認識)
    太田 修
    한국사학보(韓国史学報), (7)311 - 351
  • 한일 청구권교섭연구(韓日請求権交渉研究)
    太田 修
    高麗大学大学院史学科博士学位論文, 1 - 243

MISC

  • <書評>文京洙著『新・韓国現代史』(岩波書店、2015年12月)
    太田修
    朝鮮史研究会会報, (204)15 - 18, 2016年
  • <書評>日韓会談の過程を探ることによって植民地支配・戦争責任に向き合う-新資料を活用した、今日の日韓歴史問題を理解するために必読の一書/吉澤文寿著『日韓会談1965』
    太田修
    図書新聞, 12月5日、3面 , 2015年
  • <書評>鄭栄桓『朝鮮独立への隘路-在日朝鮮人の解放五年史-
    太田修
    歴史学研究, (93)52 - 55, 2015年
  • 「<資料>日韓会談文書全面公開を求める裁判に対する陳述書」
    太田 修
    『歴史学部論集-清水稔先生退職記念号(佛教大学歴史学部)』, (第5 号)83 - 110, 2015年
  • 「近現代の京都と朝鮮―在日朝鮮人の生活と文化」
    太田 修
    『高麗美術館』, (No.100)10 - 11, 2015年
  • 「戦後補償と日韓関係の今を考える―強制動員被害者への韓国司法の最新動向“日韓請求権で解決済み”を否定」
    東京『重慶大爆撃 会報』, (No.30)4 - 15, 2014年
  • <書評>和田春樹著『北朝鮮現代史』(岩波書店、2012年4月)
    太田修
    朝鮮史研究会会報, (192)7 - 10, 2013年
  • 「尹東柱詩碑という場」
    太田 修
    『セッピョル第5集-詩人尹東柱の想いを今につなぐ』, 21 - 22, 2013年
  • 「隠す権力,見る権利-日韓会談文書訴訟10・11 開示判決について」
    太田 修
    『インパクション』, (188 号)5 - 8, 2013年
  • 「植民地支配・戦争被害は日韓請求権協定では解決せず」
    太田 修
    『日韓会談文書・全面公開を求める会会報』, (第32 号)4 ページ , 2012年
  • 「日韓会談文書 東京地裁が開示を命令」
    太田 修
    『女たちの21 世紀』, (72 号)51 ページ , 2012年
  • 「朝鮮人、韓国人、コリアン?」
    太田 修
    『もう一つの強制連行 謎の農耕勤務隊-足元からの検証』, 452 - 453, 2012年
  • 兵庫県香美町余部の曹鉄根の墓について
    太田 修
    青丘文庫研究会月報, 2011年
  • 日中戦争下、大邱の朝鮮人女学生の学校生活-1937年の日記から
    太田 修
    朝鮮史研究会会報, (184)12 - 14, 2011年
  • 「戦後の日本と韓国・北朝鮮-その1-国交回復への道」、「戦後の日本と韓国・北朝鮮-その2-日韓条約をめぐる問題」、「戦後の日本と韓国・北朝鮮-その3-国交のない日朝関係」
    太田 修
    女のしんぶん(5-6月), 2010年
  • 学外研修報告 ソウル、光州、メリーランド州雑感
    太田 修
    佛教大学学内報, (413)2 - 3, 2008年
  • 学外研修報告 ソウル、光州、メリーランド州日誌
    太田 修
    佛教大学報, (58)34 - 37, 2008年
  • <書評>吉澤文寿著『戦後日韓関係-国交正常化をめぐって』
    太田修
    歴史評論, (682)106 - 110, 2007年
  • <書評>金東椿(水野邦彦訳)『近代のかげ-現代韓国社会論-』
    太田修
    社会経済史学, 72(3)100 - 102, 2006年
  • <書評>ブルース・カミングス(横田安司・小林知子〔訳〕)『現代朝鮮の歴史-世界の中の朝鮮』(明石書店、2003年)
    太田修
    朝鮮史研究会会報, (158)17 - 19, 2005年

書籍等出版物

  • 『朝鮮半島危機から対話へ-変動する東アジアの地政図』
    太田 修
    岩波書店, 2018年10月, 共著, 「7 日朝国交正常化はなぜ必要か」, 日本語, 一般書・啓蒙書
  • 『동아시아 냉전의 문화』(『東アジア冷戦の文化』)
    소명출판(ソミョン出版、ソウル), 2017年08月, 共編者(共編著者), 「한국전쟁 전야, 한 노동자의 생활-인천 전기공 I씨의 일기로부터」(「朝鮮戦争前夜、ある労働者の生活-仁川の電気工I氏の日記から」)
  • 『日朝関係史』
    吉川弘文館, 2017年02月, 共著, 「Ⅴ 敗戦・解放から交流へ」, 日本語, 学術書
  • 『同志社コリア研究叢書3 日記からみた東アジアの冷戦』
    同志社コリア研究センター, 2017年
  • 『한일협정 50년사의 재조명Ⅴ-한일협정 50년의 성찰과 평화공동체의 모색-』(『韓日協定50年史の再照明Ⅴ-韓日協定50年の省察と平和共同体の模索‐』)
    동북아역사재단(東北亜歴史財団、ソウル), 2016年
  • 『五〇年目の日韓つながり直し』
    社会評論社, 2016年
  • 『〔新装新版〕日韓交渉―請求権問題の研究』
    太田 修
    クレイン, 2015年06月, 単著, 日本語, 学術書
  • 『한일협정 50년사의 재조명Ⅳ-일제식민지배 피해자의 구제를 위한 법정책적 과제-』(『韓日協定50年史の再照明Ⅳ‐日帝植民支配被害者救済のための法政策的課題‐』)
    동북아역사재단(東北亜歴史財団、ソウル), 2015年
  • 『한일협정 50 년사의 재조명Ⅲ-일제식민지책임 판결과 한일협정체제의 재조명-』(『韓日協定50年史の再照明Ⅲ‐日帝植民地責任判決と韓日協定体制の再照明‐』)
    동북아역사재단(東北亜歴史財団、ソウル), 2014年
  • 『同志社コリア研究叢書1 日記が語る近代-韓国・日本・ドイツの共同研究』
    同志社コリア研究センター, 2014年
  • 『岩波 世界人名大辞典』
    岩波書店, 2013年
  • 『グローバル・ジャスティス――新たな正義論への招待』
    ミネルヴァ書房, 2013年
  • 『미완의 해방:한일관계의 기원과 전개』(『未完の解放:韓日関係の起源と再開』)
    고려대학교아세아문제연구소출판부(高麗大学校亜細亜問題研究所出版部、ソウル), 2013年
  • 『한일 역사 문제의 핵심을 어떻게 풀 것인가?』(『韓日歴史問題の核心をどのようにみるか?』)
    지식산업사(知識産業社、ソウル), 2013年
  • 『일기를 통해 본 전통과 근대, 식민지와 국가』(『日記を通して見た伝統と近代、植民地と国家』)
    소명출판(ソミョン出版、ソウル), 2013年
  • 『식민지 조선의 일상을 묻다』(『植民地朝鮮の日常を問う』)
    동국대학교출판부(東国大学校出版部、ソウル), 2013年
  • 『日韓 歴史問題をどう解くか―次の100年のために』
    岩波書店, 2013年
  • 『정의와 행동 그리고 4월혁명의 기억』(『正義と変動、そして4月革命の記憶』)
    선인(ソニン、ソウル), 2012年
  • 『한일협정 50년사의 재조명Ⅱ-한일협정체제와 ‘식민지’책임의 재조명-』(『韓日協定50年史の再照明Ⅱ‐韓日協定体制と‘植民地’責任の再照明』)
    동북아역사재단(東北亜歴史財団、ソウル), 2012年
  • 『植民地朝鮮の日常を問う』
    思文閣出版, 2012年
  • 『人権歴史マップ 但馬版』
    ひょうご部落解放・人権研究所, 2011年
  • 『朝鮮史研究入門』
    名古屋大学出版会, 2011年
  • 『歴史としての日韓国交正常化Ⅱ 脱植民地化編』
    法政大学出版局, 2011年
  • 『在日コリアン辞典』
    明石書店, 2010年
  • 『朝鮮近現代史を歩く―京都からソウルへ』
    太田 修
    思文閣出版, 2009年03月, 単著, 日本語, 一般書・啓蒙書
  • 『朝鮮の歴史』
    昭和堂, 2008年
  • 『国際共同研究 韓国併合と現代-歴史と国際法からの再検討』
    明石書店, 2008年
  • 『한일교섭-청구권문제 연구』(『韓日交渉-請求権問題の研究』)
    선인(ソニン、ソウル), 2008年
  • 『한국과 일본의 새로운 시작』(『韓国と日本の新たな始まり』)
    뷰스(ビュース、ソウル), 2007年
  • 『日韓新たな始まりのための20章』
    岩波書店, 2007年
  • 『北朝鮮を知るための51章』
    明石書店, 2006年
  • 『『マンガ嫌韓流』のここがデタラメ』
    コモンズ, 2006年
  • 姜萬吉編著『朝鮮民族解放運動の歴史-平和的統一への模索-』
    法政大学出版局, 2005年
  • 『変貌する韓国経済』
    世界思想社, 2004年
  • 『북한을 읽는다』(『北韓を読む』)
    녹두(ノットゥ、ソウル), 2003年
  • 『北朝鮮本をどう読むか』
    明石書店, 2003年
  • 『日韓「異文化交流」ウォッチング』
    社会評論社, 2002年
  • 『岩波小辞典 現代韓国・朝鮮』
    岩波書店, 2002年

講演・口頭発表等

  • 「「과거청산」을 둘러싼 대화」
    한일협정 50년사의 재조명 국제학술회의「한일협정 50년의 성찰과 평화공동체의 모색」(International Conference on Reflecting upon the Korea-Japan Agreement in 1965 and Future Prospects for a Peace Community)(주최:동북아시아역사재단, 세계국제법학회한국본부), 2015年
  • 「2015년, 한일조약-null and void-를 둘러싼 대립을 극복하기 위하여」
    「2010년 한일지식인 공동성명’ 기념 제5차 학술회의 2010년의 약속, 2015년의 기대」(주최:한국연사연구원, 후원:동복아시아역사재단), 2015年
  • 「日韓財産請求権経済協力構想の再考」
    2015年度歴史学研究会大会近代史部会「戦後70年からの問い直し-象徴天皇制・植民地支配の未清算・植民地認識-」(主催:歴史学研究会、場所:慶応義塾大学三田キャンパス), 2015年
  • 「한국전쟁 전야 어느 노동자의 일상-인천 전기공 I씨의 일기로부터」
    「共同研究・冷戦研究の最前線」(主催:同志社コリア研究センター・高麗大学校民族文化研究院), 2014年
  • 「식민지 지배와 전쟁을 둘러싼 또 하나의 폭력에 대하여」
    한일협정 50년사의 재조명 국제학술회의「일본식민지배 피해자의 구제를 법정책적 과제」(International Conference on Reexamining Court Ruling on Colonial Responsibilities and the System of the Korea-Japan Agreement of 1965)(주최:동북아시아역사재단, 세계국제법학회한국본부), 2014年
  • 【書評】和田春樹『北朝鮮現代史』(岩波書店、2012年)
    朝鮮史研究会関西部会2月例会(場所:大阪河合塾中津センター8階会議室), 2013年
  • 「日韓会談研究の現状と課題-「請求権」問題を中心に」
    「第6回強制動員真相究明全国研究集会」(主催:強制動員真相究明ネットワーク、場所:場所:東京大学駒場キャンパス18号館ホール), 2013年
  • 「초기 한일 국교정상화 협상에서의 재일조선인 법적 지위와 처우-식민지주의, 분단, ‘냉전’의 교착-」
    한일협정 50년사의 재조명 국제학술회의「식민지책임판결과 한일협정체제의 재조명」(International Conference on Reexamining Court Ruling on Colonial Responsibilities and the System of the Korea-Japan Agreement of 1965)(주최:동북아역사재단, 대한국제법학회, 장소:동북아역사재단회의실), 2013年
  • 「스스로의 문화를 창출하다:어느 재일 코리안과 마당극 운동」
    미추홀 2000년 인천정명 600년 기념 국제학술회의「이주민의 삶과 문화 정체성, 그리고 인천」(주최:인천광역시, 주관:인하대학교 한국학연구소(HK), 후원:한국연구재단, 한국이민사박물관, 장소:인하대학교 정석학술정보관 국제회의장6층), 2013年
  • 「第2次日韓会談での在日朝鮮人の法的地位と処遇-停戦協定前夜、強化される植民地主義」
    「朝鮮停戦協定締結60周年記念シンポジウム-世界史の中の朝鮮停戦協定と在日朝鮮人」(同志社コリア研究センター・韓信大学校ユーラシア研究所・朝鮮大学校朝鮮問題研究センター共催), 2013年
  • 「해방직후 어느 노동자의 일상생활-인천의 전기공 I씨의 일기로부터」
    「일기를 통해 본 전통과 근대, 식민지와 국가」(주최:고려대학교 민족문화연구원 HK한국문화연구단 '개인의 전통과 근대' 기획연구팀, 장소:고려대학교 백주년기념관 국제원격회의실), 2012年
  • 「두 개의 강화조약에서의 식민지주의와 한일 ‘청구권’ 문제」
    「한일협정 50년사의 재조명 국제학술회의-한일협정체제와 식민지 책임의 재조명」(주최:동북아역사재단, 장소:동북아역사재단대회의실), 2012年
  • 「식민지주의의 ‘공범’-두 개의 강화조약에서 초기 한일교섭으로」
    「고려대학교 아세아문제연구소 한일관계 국제심포지움 한일관계를 되묻는다-해방인가 분리인가/가지무라 히데키와 한반도」(주최:고려대학교아세아문제연구소, 장소:고려대학교아세아문제연구소대회의실), 2012年
  • 「兵庫県香美町余部の曹鉄根の墓について」
    「在日朝鮮人運動史研究会関西部会第326回例会」(場所:神戸市中央図書館内青丘文庫), 2011年
  • 「初期日韓会談(1951~53年)における在日朝鮮人法的地位問題」
    基盤研究(A)2010-2013年「朝鮮半島から見た戦後東アジア地域秩序の形成と変容-新たな地域像を求めて」, 2011年
  • 「兵庫県香美町余部の曹鉄根の墓について」
    在日朝鮮人運動史研究会関西部会第326回例会, 2011年
  • 「戦時期大邱の朝鮮人女子学生の学校生活-1937年の日記から」
    朝鮮史研究会関西部会2011年2月例会, 2011年
  • 「二つの講和条約と初期日韓国交正常化交渉における植民地主義」
    同志社大学人文科学研究所第17 期研究会・第9 研究班「<ポスト比較>の植民地主義研究:国際研究の基盤構築に向けて」、, 2010年
  • 「二つの平和条約と初期日韓国交正常化交渉における植民地主義」「日韓国交正常化の現代的意味-外交史料のもたらした新知見-」
    日韓条約研究会(科研), 2010年
  • 「‘4월혁명’과 일본」「4월혁명 50주년 기념학술대회-4.18 고대행동과 4월혁명을 통해 조망하는 21세기-」(「4月革命と日本」「4月革命50周年記念学術大会-4・18高大行動と4月革命を通して照明する21世紀-」)
    高麗大学校・4月革命高大, 2010年
  • 「戦時期大邱の朝鮮人女学生の日常-1937年の日記から」
    「佛教大学歴史学部学術シンポジウム「植民地朝鮮の日常」を問う」, 2010年
  • 「日韓会談で文化財問題はどのように扱われたか」
    「シンポジウム「韓国併合」100年日本と朝鮮半島の過去・現在・未来を考える」, 2010年
  • 「대구 조선인 여학생의‘혼란’과 ‘불안’」(戦時期大邱朝鮮人女学生の「混乱」と「不安」)
    「동국대학교・불교대학교 공동 학술심포지움「‘식민지 조선의 일상’을 읽는다」(東国大学校・佛教大学共同学術シンポジウム「‘植民地朝鮮の日常’を読み解く」), 2010年
  • 「戦後日韓交渉における植民地支配問題-「null and void」論を中心に」International Symposium「日韓相互認識-移動と視線1910‐2010」
    東北亜歴史財団/人間文化研究機構・国際日本文化センター, 2010年
  • 「基本条約第二条問題と請求権問題における日本政府の植民地支配認識・請求権概念について」「国際学術シンポジウム 韓日両国の文書公開より見た1965年韓日協定と請求権問題」
    民族問題研究所・日韓会談文書全面公開を求める会, 2009年
  • 「サンフランシスコ講和条約、初期日韓国交正常化交渉における朝鮮植民地支配処理問題-日本政府の認識・処理を中心に-」
    日韓条約科研研究会, 2008年
  • 「한일교섭 시기의 재일한인법적지위 문제에 관한 노트」(「日韓交渉期の在日韓人法的地位問題に関するノート」)
    ソウル大学校現代史史料研究会, 2007年

競争的資金等の研究課題

  • 日韓国交正常化交渉および戦後日韓関係に関する基礎的研究
    独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 2016年04月 -2020年03月, 太田 修
  • 解放後朝鮮における社会・文化史研究-I氏の日記を中心に
    独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 2013年04月 -2016年03月, 太田 修

メディア実績

  • インターネット, "<監修>NHK JAPANプロジェクト年表作成, NHK, 2010年10月