鈴木 伸子
スズキ ノブコ
グローバル・コミュニケーション学部グローバル・コミュニケーション学科
教授
Last Updated :2020/07/03

研究者情報

研究キーワード

  • 質的研究
  • ナラティブ
  • 雇用
  • グローバル人材
  • 外国人社員

研究分野

  • 人文・社会/日本語教育

経歴

  • 同志社大学 グローバル・コミュニケーション学部 教授, 2020年04月 - 現在
  • 同志社大学 グローバル・コミュニケーション学部 准教授, 2017年04月 - 2020年03月
  • 早稲田大学 日本語教育研究センター 准教授, 2013年04月 - 2017年03月
  • 神田外語大学 留学生別科 講師, 2011年04月 - 2013年03月
  • 立教大学 観光学部 特任准教授, 2007年10月 - 2011年03月
  • フリーランス コピーライター, 1995年 - 2007年
  • (株)リクルート・アド・ネットワーク 社員, 1992年 - 1995年
  • (株)リクルートコスモス 社員, 1989年 - 1992年

学歴

  • お茶の水女子大学, 人間文化研究科, 2006年
  • お茶の水女子大学, 2006年
  • お茶の水女子大学, 人間文化研究科, 2002年
  • お茶の水女子大学, 2002年
  • 早稲田大学, 教育学部, 1989年
  • 早稲田大学, 1989年

学位

  • 博士(人文科学), お茶の水女子大学

所属学協会

  • 留学生教育学会
  • 移民政策学会
  • 日本語教育学会
  • お茶の水女子大学日本言語文化研究会
  • 異文化間教育学会

受賞

  • ティーチングアワード 所長賞
    2016年08月, 早稲田大学
  • e-Teaching Award
    2015年05月, 早稲田大学, Good Practice賞

論文

  • 中小企業の海外拠点で働く外国人社員の再適応 : 国内勤務を経て駐在員として帰国した場合
    鈴木 伸子
    早稲田日本語教育実践研究 = Waseda practical studies in Japanese language education, 早稲田大学日本語教育研究センター, (6)31 - 45, 2018年, 日本語
  • 日本企業で働く女性外国人社員のジェンダーとキャリア形成 : 元留学生で文系総介職社員の場合
    鈴木 伸子
    It has been said that Japanese companies are a hard place for women to\work as full-time employees. In recent years, the number of foreign female\workers is increasing in Japanese corporations. This paper focuses on the\problems that these foreign female workers face, and analyzes their adaptation\to their situations and the process of their career development. The author\conducted a survey of nine Asian female workers who joined the Career\Development Program for Foreign Students from Asia, an initiative of the\Ministry of Economy, Trade and Industry having the aim of encouraging\overseas students to work in Japan after graduating from Japanese universities.\The workers whom the author interviewed are in their second and fourth years\at their companies. The author analyzed their comments using the M-GTA\method and produced a model for the process of the workers' development and\the difficulties they have faced. It was found that the foreign female workers\are treated similarly to Japanese workers and are expected to work similarly\to the full-time Japanese women. But at the same time, it was found that they\are expected to follow the norms of marriage and childbirth of their homeland,\entailing frequent contact with their family using smartphones., ジェンダー研究 = Journal of gender studies, Ochanomizu University : お茶の水女子大学ジェンダー研究所年報, お茶の水女子大学ジェンダー研究所, (20)55 - 71, 2017年03月, 日本語
  • 外国人社員の非日本人意識とその入社企業の育成・支援の様態 : 元留学生の文系総合職社員の場合
    鈴木 伸子
    移民政策研究, 移民政策学会 ; 2009-, 771 - 85, 2015年, 日本語
  • ホームビジットで学習者が体験する談話の展開―インタビューを目的とする場合
    鈴木 伸子
    お茶の水女子大学人間文化研究科 人間文化論叢, (9)211 - 222, 2007年
  • 地域住民との再会がもたらした元韓国人留学生のジェンダー理解―痴呆の進んだ老婦人との交流を語るナラティブから
    鈴木 伸子
    お茶の水女子大学21世紀COEプログラム・ジェンダー研究のフロンティア F-GENS ジャーナル, (6)74 - 80, 2006年
  • 異文化接触における体験談の協働構築―評価カテゴリーの形成をめぐって
    鈴木 伸子
    東京学芸大学国際教育センター 国際教育評論, (3)1 - 17, 2006年
  • 留学生に対する個人化した説明が談話の展開に与える影響
    鈴木 伸子
    リテラシーズ―ことば・文化・社会の日本語教育へ くろしお出版, (1)55 - 68, 2005年
  • 日本事情における家庭訪問プログラムの試み
    鈴木 伸子
    国際交流基金 世界の日本語教育<事情報告編>, (7)209 - 225, 2004年

MISC

  • SEND海外派遣の派遣前教育について : グローバル人材育成教育としての海外日本語教育実習 (年度報告 早稲田大学SENDプログラム総括シンポジウム記録)
    鈴木 伸子
    早稲田日本語教育実践研究 = Waseda practical studies in Japanese language education, 早稲田大学日本語教育研究センター, (5)217 - 223, 2017年, 日本語
  • SEND海外派遣における日本語教育実習について
    鈴木 伸子
    早稲田日本語教育学 = Waseda studies in Japanese language education, 早稲田大学大学院日本語教育研究科, (19)127 - 131, 2015年12月, 日本語
  • SEND海外実習における派遣チームの変容とメンバーの成長 (特集 大学の世界展開力とSENDプログラム)
    鈴木 伸子
    早稲田日本語教育学 = Waseda studies in Japanese language education, 早稲田大学大学院日本語教育研究科 ; 2007-, (17)9 - 14, 2015年05月, 日本語
  • SEND海外実習における派遣チームの変容とメンバーの成長
    鈴木 伸子
    早稲田日本語教育学, 早稲田大学大学院日本語教育研究科, 179 - 14, 2015年02月20日, 日本語
  • 日本企業に入社した外国人社員の認識とその採用・育成にあたる人事担当者の認識 : 文型総合職の場合 (第46回日本言語文化学研究会) -- (研究発表要旨)
    鈴木 伸子, 柳川 悦子
    言語文化と日本語教育, お茶の水女子大学日本言語文化学研究会, (46)94 - 97, 2013年12月, 日本語
  • インタビューを活用したビジネス日本語教育の試み : 日本企業のOJT研修に備えた Project Based Learning として
    鈴木 伸子
    立教大学観光学部紀要, 立教大学, 11140 - 147, 2009年03月25日, 日本語
  • 接触場面における日本語学習者の体験談の構造―『評価』の協働構築が可能にするもの
    鈴木 伸子
    アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター紀要, (29)1 - 17, 2006年
  • 地域住民との日常的交流がもたらした滞日留学生の異文化理解―ある韓国人留学生と日本人老婦人の事例から
    鈴木 伸子
    アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター紀要, (28)61 - 76, 2005年

書籍等出版物

  • 日本語教育に役立つ心理学入門
    小林 明子, 福田 倫子, 向山 陽子, 鈴木 伸子, 小林 明子, 福田 倫子, 向山 陽子, 鈴木 伸子
    くろしお出版, 2017年12月28日, 共著
  • 日本語教育能力検定試験に合格するための本―異文化理解・13
    アルク, 2007年
  • ベーシック日本語教育
    ひつじ書房, 2007年
  • 日本語教育能力検定試験・第16回~第18回傾向徹底分析問題集
    アルク, 2006年

講演・口頭発表等

  • パネルディスカッション「アジア各国の日本語教育の現状と日本企業への就職に関して」
    鈴木 伸子
    『グローバル人材活用セミナー』主催・会場:関西経済連合会(大阪:北区), 2018年08月28日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 「日本企業に入社した外国人社員が抱く違和感とキャリア形成上の課題」
    鈴木 伸子
    『グローバル人材活用セミナー』主催・会場:関西経済連合会(大阪:北区), 2017年08月28日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 「日本の企業文化と雇用制度:アジア人外国人社員の事例から」
    鈴木 伸子
    主催・会場:南洋理工大学Centre for Modern Languages (シンガポール), 2016年09月05日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 「社会人にとって敬語よりも大切なこと─論理的で分かりやすい話し方」 『2016年夏季コンケン大学日本語教育ワークショップ』
    鈴木 伸子
    主催・会場:コンケン大学教育学部日本語教育講座(タイ王国:コンケン), 2016年08月27日, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
  • 「日本企業に入社した外国人社員が抱く違和感とキャリア形成上の課題」,『日経HRセミナー:採用と受入後の実態から考える外国人学生採用のあり方について』
    鈴木 伸子
    主催:日経HR 会場:日本経済新聞本社内SPACE NIO(東京:千代田区), 2016年01月22日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 「留学生の就職と日本で働く外国人社員について」
    鈴木 伸子
    主催・会場:チェンマイ大学日本研究センター(タイ王国:チェンマイ), 2015年09月02日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 「日本企業に入社した外国人社員が直面する日本型人事育成システムの問題点」
    鈴木 伸子
    2013新生醫專「應用英、日語教學」國際學術研討會(新生醫護管理專科學校/台湾:台北), 2013年08月
  • 「日本企業に入社した外国人社員の認識とその採用・育成にあたる人事担当者の認識-文型総合職の場合」
    鈴木 伸子, 柳川 悦子
    第46回 日本言語文化学研究会(お茶の水女子大学/東京), 2013年06月
  • 「日本企業に入社した新卒外国人社員が直面する困難点─文系総合職の場合」
    鈴木 伸子
    2012 日本語教育国際研究大会(名古屋大学/日本:名古屋), 2012年08月
  • 「日本における雇用政策及び労働市場─『アジア人財資金構想』」
    鈴木 伸子
    International Symposium on “Thailand and Japan cooperation in the era of Multicultural Society”, 2011年08月, 口頭発表(招待・特別)
  • 「学習者は過去の接触場面に何を見いだすか─学習者による母語話者へのインタビューデータ振り返りから」
    2010日本語教育国際研究大会, 2010年, 口頭発表(一般)
  • PBL型ビジネス日本語教育の試み
    鈴木 伸子
    2009日本語教育国際研究大会, 2009年07月
  • 学習者の分析と評価を活用したビジネス日本語教育の試み
    日本語教育国際シンポジウム「東南アジアにおける日本語教育の展望」, 2008年

競争的資金等の研究課題

  • 若手外国人社員の視点を通じた日本型プロアクティブ行動の質的分析
    日本学術振興会, 科研費基盤研究(C)(課題番号19K01820), 2019年04月 -2023年03月, 鈴木 伸子
  • 「グローバル人材育成プログラムの質的評価:学生時代のeポートフォリオと社会人の内省」
    日本学術振興会, 科学研究費 挑戦的萌芽研究(課題番号15K12428)平成27年度(2015年度)~平成29年度, 2015年04月 -2018年03月, 鈴木 伸子
  • 「海外大学を卒業して日本企業へ就職した外国人社員の適応プロセス」
    早稲田大学国際部国際課, 早稲田大学国際部「2016年度国際共同研究推進のための派遣・招聘費補助制度」, 2016年04月 -2017年03月, 鈴木 伸子
  • 「外国人の採用意欲が高い日本企業が求める外国人人材像とその採用方針・育成の特徴」
    早稲田大学日本語教育研究センター, 早稲田大学日本語教育研究センター2016年度研究プロジェクト, 2016年04月 -2017年03月, 鈴木 伸子
  • 「アジア系外国人社員の早期離職を防ぐためのアクションリサーチ:文系総合職社員の場合」
    日本学術振興会, 科学研究費 基盤研究(C) (課題番号24520583)平成24年度(2012年度)~平成26年度, 2012年04月 -2015年03月, 鈴木 伸子
  • 「接触場面の談話管理に見る文化理解―留学生の自己発話評価と談話分析の結果から」
    立教大学, 2010年度立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR) 個人研究, 2010年06月 -2011年03月, 鈴木 伸子
  • 「地域住民との再会がもたらした元韓国人留学生のジェンダー理解─痴呆の進んだ老婦人との交流を語るナラティブから」
    お茶の水女子大大学 21世紀COEプログラム「ジェンダー研究のフロンティア」, 21世紀COEプログラム「ジェンダー研究のフロンティア」2005年度公募研究, 2005年06月 -2006年03月, 鈴木 伸子
  • -