上林 清孝
カミバヤシ キヨタカ
スポーツ健康科学部スポーツ健康科学科
博士前期課程准教授
Last Updated :2022/12/04

研究者情報

    プロフィール

    ヒトの運動制御・学習メカニズムを明らかにすることを目的に,筋電図,脊髄反射,大脳皮質運動野への経頭蓋磁気刺激といった非侵襲的な電気生理学的手法やMRIによる脳活動イメージング法による研究を進めています。

    研究キーワード

    • 包括脳ネットワーク
    • 経頭蓋磁気刺激
    • リハビリテーション
    • 歩行
    • 体性感覚
    • 脊髄
    • 運動学習
    • 運動制御
    • 神経生理学
    • 運動生理学
    • transcranial magnetic stimulation
    • rehabilitation
    • gait
    • spinal cord
    • motor learning
    • motor control
    • neurophysiology
    • exercise physiology

    研究分野

    • ライフサイエンス / リハビリテーション科学
    • ライフサイエンス / 体育、身体教育学
    • ライフサイエンス / 神経科学一般
    • ライフサイエンス / 神経科学一般

    経歴

    • 筑波大学, システム情報系(所属組織名称変更), 2011年 - 2013年
    • 筑波大学, システム情報工学研究科, 2008年 - 2011年
    • 国立障害者リハビリテーションセンター, 研究所, 2005年 - 2008年

    学歴

    • 東邦大学, 大学院医学研究科, 2001年04月 - 2005年03月
    • 早稲田大学, 大学院人間科学研究科, 1998年04月 - 2000年03月
    • 早稲田大学, 人間科学部, スポーツ科学科, 1994年04月 - 1998年03月

    学位

    • 博士(医学), 東邦大学

    所属学協会

    • 日本バスケットボール学会
    • 日本サルコペニア・フレイル学会
    • 臨床歩行分析研究会
    • European College of Sport Science
    • 日本体育学会
    • 日本体力医学会
    • 日本バイオメカニクス学会
    • 日本運動生理学会
    • Society for Neuroscience
    • 日本臨床神経生理学会
    • European College of Sport Science
    • HEALTH AND SPORT SCIENCES
    • JAPAN SOCIETY OF PHYSICAL EDUCATION
    • THE JAPANESE SOCIETY OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE
    • JAPANESE SOCIETY OF BIOMECHANICS
    • JAPAN SOCIETY OF EXERCISE AND SPORTS PHYSIOLOGY
    • Society for Neuroscience
    • JAPANESE SOCIETY OF CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY

    委員歴

    • 理事, 2016年04月 - 現在, 京都滋賀体育学会, 学協会
    • 組織委員, 2022年03月 - , 第23回日本健康支援学会年次学術大会・第9回日本介護予防・健康づくり学会大会・京都滋賀体育学会第151回大会
    • 実行委員, 2021年09月 - , 第40回日本臨床運動療法学会学術集会
    • 実行委員, 2020年12月 - , 第33回日本トレーニング科学会大会
    • 実行委員, 2018年07月 - , 日本スポーツ栄養学会 第5回大会, 学協会
    • 実行委員, 2017年10月 - , 第4回日本サルコペニア・フレイル学会大会, 学協会
    • サルコペニア診療ガイドライン システマティックレビューチーム委員, 2017年 - , 学協会
    • 第145回大会 実行委員, 2016年03月 - , 京都滋賀体育学会, 学協会
    • 第24回体力・免疫・栄養学会 事務局長, 2014年08月 - , 学協会
    • 第69回大会 実行委員, 2013年09月 - , 日本生理人類学会, 学協会
    • ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 (ROBOMEC2013) プログラム委員, 2013年05月 -

    受賞

    • 日本体力医学会 第65回日本体力医学会大会若手研究者奨励賞
      2010年

    論文

    • Modulation of Muscle Synergies in Lower-Limb Muscles Associated With Split-Belt Locomotor Adaptation
      Atsushi Oshima; Yasuo Nakamura; Kiyotaka Kamibayashi
      Frontiers in Human Neuroscience, 16, 2022年06月30日, 研究論文(学術雑誌)
    • Influence of Step Frequency on the Dynamic Characteristics of Ventilation and Gas Exchange During Sinusoidal Walking in humans
      Mako Fujita; Kiyotaka Kamibayashi; Tomoko Aoki; Masahiro Horiuchi; Yoshiyuki Fukuoka
      Frontiers in Physiology, 13 820666 - 820666, 2022年04月12日, 研究論文(学術雑誌)
    • Time-series changes in intramuscular coherence associated with split-belt treadmill adaptation in humans.
      Atsushi Oshima; Taku Wakahara; Yasuo Nakamura; Nobutaka Tsujiuchi; Kiyotaka Kamibayashi
      Experimental brain research, 239(7) 2127 - 2139, 2021年05月, 研究論文(学術雑誌)
    • Gluteus and posterior thigh muscle sizes in sprinters: Their distributions along muscle length
      Katsuki Takahashi; Kiyotaka Kamibayashi; Taku Wakahara
      European Journal of Sport Science, 22(6) 799 - 807, 2021年04月10日, 研究論文(学術雑誌)
    • Muscle size of individual hip extensors in sprint runners: Its relation to spatiotemporal variables and sprint velocity during maximal velocity sprinting
      Katsuki Takahashi; Kiyotaka Kamibayashi; Taku Wakahara
      PLOS ONE, 16(4) e0249670 - e0249670, 2021年04月05日, 研究論文(学術雑誌)
    • Role of active plantar-flexion and/or passive dorsi-flexion of ankle joints as the countermeasure for unloading-related effects in human soleus
      H. Okabe; Tak Ohira; F. Kawano; L. Ohira; Tomo Ohira; K. Kamibayashi; K. Goto; H. Naito; Y. Ohira
      Acta Astronautica, 175 174 - 178, 2020年10月, 研究論文(学術雑誌)
    • レイアップショットにおける踏切脚による跳躍高の差 ‐下肢3関節のキネティクス・キネマティクスからの検討‐
      福田峻也; 植田篤史; 中村康雄; 上林清孝; 若原卓
      バイオメカニクス研究, 23(4) 160 - 168, 2020年03月, 研究論文(学術雑誌)
    • Committee for the sarcopenia clinical practice guidelines 2017 Chapter 3 Prevention of sarcopenia
      Kuzuya Masafumi; Sugimoto Ken; Suzuki Takao; Watanabe Yuya; Kamibayashi Kiyotaka; Kurihara Toshiyuki; Fujimoto Masahiro; Arai Hidenori
      Geriatrics and Gerontology International, 18(Suppl. 1) 23-27 , 2018年05月
    • 異常歩行を有する患者に対する妥当な歩数計測の条件-歩数計及び,活動量計機種,歩行速度,装着部位による検討‐
      大場友裕; 冨田素子; 日沖義治; 岩瀬弘明; 上林清孝; 石井好二郎
      日本未病システム学会雑誌, 日本未病システム学会, 22(2) 93 - 97, 2016年08月
    • Short-Term Plasticity in a Monosynaptic Reflex Pathway to Forearm Muscles after Continuous Robot-Assisted Passive Stepping
      Tsuyoshi Nakajima; Kiyotaka Kamibayashi; Taku Kitamura; Tomoyoshi Komiyama; E. Paul Zehr; Kimitaka Nakazawa
      FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE, 10(368), 2016年07月, 研究論文(学術雑誌)
    • Velocity-dependent suppression of the soleus H-reflex during robot-assisted passive stepping
      Yohei Masugi; Taku Kitamura; Kiyotaka Kamibayashi; Tetsuya Ogawa; Toru Ogata; Noritaka Kawashima; Kimitaka Nakazawa
      NEUROSCIENCE LETTERS, 584 337 - 341, 2015年01月, 研究論文(学術雑誌)
    • Development of a portable gait rehabilitation system for home-visit rehabilitation
      Hiroaki Yano; Naoki Tanaka; Kiyotaka Kamibayashi; Hideyuki Saitou; Hiroo Iwata
      Scientific World Journal, 2015(849831) 12 pages , 2015年, 研究論文(学術雑誌)
    • Anti-gravitational growth-associated changes in the mobilization of leg muscles during walking in one girl.
      Ohira L; Ohira T; Kitada K; Ohira T; Kawano F; Wakahara T; Kamibayashi K; Nakamura Y; Ohira Y
      宇宙航空環境医学, 52(2) 19 - 24, 2014年
    • Pilot study of locomotion improvement using hybrid assistive limb in chronic stroke patients
      Hiroaki Kawamoto; Kiyotaka Kamibayashi; Yoshio Nakata; Kanako Yamawaki; Ryohei Ariyasu; Yoshiyuki Sankai; Masataka Sakane; Kiyoshi Eguchi; Naoyuki Ochiai
      BMC NEUROLOGY, 13(141) 8 , 2013年10月, 研究論文(学術雑誌)
    • Safety and ethical issues in the development of human assistive robots
      Koji Hasebe; Hiroaki Kawamoto; Kiyotaka Kamibayashi; Akira Matsushita
      Cybernics: Fusion of human, machine and information systems, 9784431541592 299 - 313, 2013年09月01日, 論文集(書籍)内論文
    • Feasibility of Rehabilitation Training With a Newly Developed Wearable Robot for Patients With Limited Mobility
      Shigeki Kubota; Yoshio Nakata; Kiyoshi Eguchi; Hiroaki Kawamoto; Kiyotaka Kamibayashi; Masataka Sakane; Yoshiyuki Sankai; Naoyuki Ochiai
      ARCHIVES OF PHYSICAL MEDICINE AND REHABILITATION, 94(6) 1080 - 1087, 2013年06月, 研究論文(学術雑誌)
    • 外骨格による把持力支援時に母指感覚が及ぼす指先力精度への影響
      長谷川 泰久; 有山 哲理; 上林 清孝; 武藤 淳一
      日本ロボット学会誌, 一般社団法人 日本ロボット学会, 31(4) 381 - 389, 2013年05月
    • 下肢機能障害に対するロボットスーツHALの動作支援効果
      江口,清; 河本 浩明; 中田 由夫; 久保田 茂希; 山脇 香奈子; 有安 諒平; 上林 清孝; 鶴見 一恵; 上野 友之; 落合 直之; 山海 嘉之
      リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌, 社団法人日本リハビリテーション医学会, 49(特別号) 216 - 216, 2012年05月, 研究論文(学術雑誌)
    • Application of Robot Suit HAL to Gait Rehabilitation of Stroke Patients: A Case Study
      Kanako Yamawaki; Ryohei Ariyasu; Shigeki Kubota; Hiroaki Kawamoto; Yoshio Nakata; Kiyotaka Kamibayashi; Yoshiyuki Sankai; Kiyoshi Eguchi; Naoyuki Ochiai
      COMPUTERS HELPING PEOPLE WITH SPECIAL NEEDS, PT II, 7383 184 - 187, 2012年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Aftereffects of Robotic-Assisted Treadmill Walking on the Locomotor Pattern in Humans
      Kiyotaka Kamibayashi; Hiroaki Kawamoto; Yoshiyuki Sankai
      2012 ANNUAL INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE IEEE ENGINEERING IN MEDICINE AND BIOLOGY SOCIETY (EMBC), 2012 3560 - 3563, 2012年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Pinching Force Accuracy Affected by Thumb Sensation in Human Force Augmentation
      Yasuhisa Hasegawa; Tetsuri Ariyama; Kiyotaka Kamibayashi
      2012 IEEE/RSJ INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT ROBOTS AND SYSTEMS (IROS), 2012 3943 - 3948, 2012年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Accuracy improvement of pinching force augmentation by exoskeleton
      Yasuhisa Hasegawa; Junichiro Tokita; Kiyotaka Kamibayashi; Tetsuri Ariyama
      Proceedings of the IEEE RAS and EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics, 1494 - 1499, 2012年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • 装着型ピアノ演奏教示装置の研究・開発 : 手首・手指駆動機構の設計・製作
      長谷川 泰久; 副島 英明; 山海 嘉之; 上林 清孝
      ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 一般社団法人 日本機械学会, 2012(0) _1P1 - Q10_1-_1P1-Q10_4, 2012年
    • Accuracy Improvement of Pinching Force Augmentation by Exoskeleton
      Yasuhisa Hasegawa; Junichiro Tokita; Kiyotaka Kamibayashi; Tetsuri Ariyama
      2012 4TH IEEE RAS & EMBS INTERNATIONAL CONFERENCE ON BIOMEDICAL ROBOTICS AND BIOMECHATRONICS (BIOROB), 2012 1494 - 1499, 2012年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Robotic-assisted stepping modulates monosynaptic reflexes in forearm muscles in the human
      Tsuyoshi Nakajima; Taku Kitamura; Kiyotaka Kamibayashi; Tomoyoshi Komiyama; E. Paul Zehr; Sandra R. Hundza; Kimitaka Nakazawa
      JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY, 106(4) 1679 - 1687, 2011年10月, 研究論文(学術雑誌)
    • Evaluation of fingertip force accuracy in different support conditions of exoskeleton
      Yasuhisa Hasegawa; Junichiro Tokita; Kiyotaka Kamibayashi; Yoshiyuki Sankai
      2011 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND AUTOMATION (ICRA), 2011 680 - 685, 2011年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Effect of spinal cord injury and its lesion level on stretch reflex modulation by cold stimulation in humans
      H. Ogata; D. G. Sayenko; E. Yamamoto; T. Kitamura; S. Yamamoto; T. Miyoshi; K. Kamibayashi; K. Nakazawa
      CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY, 122(1) 163 - 170, 2011年01月, 研究論文(学術雑誌)
    • Selective facial nerve stimulation with an array electrode
      Dushyantha Jayatilake; Kenji Suzuki; Kiyotaka Kamibayashi
      Proceedings of the 8th IASTED International Conference on Biomedical Engineering, Biomed 2011, 2011 110 - 116, 2011年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • 段階的な臨床試験プロセスによる人支援型ロボット開発の提案
      長谷部浩二; 河本浩明; 上林清孝; 松下 明; 山海嘉之
      日本ロボット学会誌, The Robotics Society of Japan, 29(3) 236 - 240, 2011年
    • Changes in Input-Output Relations in the Corticospinal Pathway to the Lower Limb Muscles during Robot-Assisted Passive Stepping
      Kiyotaka Kamibayashi; Tsuyoshi Nakajima; Makoto Takahashi; Kimitaka Nakazawa
      2011 ANNUAL INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE IEEE ENGINEERING IN MEDICINE AND BIOLOGY SOCIETY (EMBC), 2011 4140 - 4144, 2011年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Stepwise process of clinical trials in safety-conscious development of human assistive robots
      Koji Hasebe; Hiroaki Kawamoto; Akira Matsushita; Kiyotaka Kamibayashi; Yoshiyuki Sankai
      2011 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2011, 2011 50 - 55, 2011年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Effect of sensory inputs on the soleus H-reflex amplitude during robotic passive stepping in humans
      Kiyotaka Kamibayashi; Tsuyoshi Nakajima; Masako Fujita; Makoto Takahashi; Tetsuya Ogawa; Masami Akai; Kimitaka Nakazawa
      EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH, 202(2) 385 - 395, 2010年04月, 研究論文(学術雑誌)
    • Voluntary Motion Support Control of Robot Suit HAL Triggered by Bioelectrical Signal for Hemiplegia
      Hiroaki Kawamoto; Stefan Taal; Hafid Niniss; Tomohiro Hayashi; Kiyotaka Kamibayashi; Kiyoshi Eguchi; Yoshiyuki Sankai
      2010 ANNUAL INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE IEEE ENGINEERING IN MEDICINE AND BIOLOGY SOCIETY (EMBC), 2010 462 - 466, 2010年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Towards a guideline for clinical trials in the development of human assistive robots
      Koji Hasebe; Hiroaki Kawamoto; Akira Matsushita; Kiyotaka Kamibayashi; Yoshiyuki Sankai
      2010 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2010, 2010 751 - 756, 2010年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Invariable H-reflex and sustained facilitation of stretch reflex with heightened sympathetic outflow
      Kiyotaka Kamibayashi; Kimitaka Nakazawa; Hisayoshi Ogata; Hiroki Obata; Masami Akai; Minoru Shinohara
      JOURNAL OF ELECTROMYOGRAPHY AND KINESIOLOGY, 19(6) 1053 - 1060, 2009年12月, 研究論文(学術雑誌)
    • Facilitation of corticospinal excitability in the tibialis anterior muscle during robot-assisted passive stepping in humans
      Kiyotaka Kamibayashi; Tsuyoshi Nakajima; Makoto Takahashi; Masami Akai; Kimitaka Nakazawa
      EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 30(1) 100 - 109, 2009年07月, 研究論文(学術雑誌)
    • Changes in corticospinal excitability during observation of walking in humans
      Makoto Takahashi; Kiyotaka Kamibayashi; Tsuyoshi Nakajima; Masami Akai; Kimitaka Nakazawa
      NEUROREPORT, 19(7) 727 - 731, 2008年05月, 研究論文(学術雑誌)
    • Load-related modulation of cutaneous reflexes in the tibialis anterior muscle during passive walking in humans
      Tsuyoshi Nakajima; Kiyotaka Kamibayashi; Makoto Takahashi; Tomoyoshi Komiyama; Masami Akai; Kimitaka Nakazawa
      EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 27(6) 1566 - 1576, 2008年03月, 研究論文(学術雑誌)
    • Phase-dependent modulation of cutaneous reflexes in tibialis anterior muscle during passive stepping
      Tsuyoshi Nakajima; Kiyotaka Kamibayashi; Makoto Takahashi; Tomoyoshi Komiyamat; Kimitaka Nakazawa
      NEUROLOGICAL RESEARCH, 30(1) 46 - 51, 2008年02月, 研究論文(学術雑誌)
    • Facilitation of the soleus stretch reflex induced by electrical excitation of plantar cutaneous afferents located around the heel
      Dimitry G. Sayenko; Albert H. Vette; Kiyotaka Kamibayashi; Tsuyoshi Nakajima; Masami Akai; Kimitaka Nakazawa
      NEUROSCIENCE LETTERS, 415(3) 294 - 298, 2007年03月, 研究論文(学術雑誌)
    • 手関節屈筋H反射に対する受動ステッピングの影響
      喜多村 拓; 中島 剛; 上林清孝; 山本紳一郎; 赤居正美; 中澤公孝
      バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 20 221 - 222, 2007年
    • 歩行中のヒラメ筋H反射変調の機序
      藤田雅子; 上林清孝; 中島 剛; 高橋 真; 山本紳一郎; 赤居正美; 中澤公孝
      バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 20 223 - 224, 2007年
    • Modulation of pre-programmed muscle activation and stretch reflex to changes of contact surface and visual input during movement to absorb impact
      Kiyotaka Kamibayashi; Masuo Muro
      JOURNAL OF ELECTROMYOGRAPHY AND KINESIOLOGY, 16(5) 432 - 439, 2006年10月, 研究論文(学術雑誌)
    • 高齢者に対する皮膚冷刺激を用いた軽負荷筋力トレーニングの効果
      与那正栄; 上林清孝; 関 博之; 内山 靖; 室 増男
      総合リハビリテーション, 医学書院, 33(4) 361 - 366, 2005年
    • Effect of visual input on stretch response of ankle muscles during movement to absorb impact
      K Kamibayashi; C Tadano; M Yona; H Seki; M Muro
      JAPANESE JOURNAL OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE, 51(5) 447 - 456, 2002年10月, 研究論文(学術雑誌)
    • 衝撃緩衝動作時の足関節筋群の反射活動に及ぼす視覚入力の影響
      上林清孝; 只野千茅; 与那正栄; 関 博之; 室 増男
      体力科学, 51(5) 447 - 456, 2002年, 研究論文(学術雑誌)

    MISC

    • 反重力トレッドミルを用いた荷重免荷による歩行運動の変化
      荒木啓輔; 辻内伸好; 伊藤彰人; 大平充宣; 上林清孝; 吉見恭平
      日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM), 2019, 2019年
    • 装着型計測装置を用いた免荷歩行の特性解析と評価
      西山 智士; 辻内 伸好; 伊藤 彰人; 大平 充宣; 上林 清孝; 荒木 啓輔
      関西支部講演会講演論文集, 一般社団法人 日本機械学会, 2018(0), 2018年
    • 反重力トレッドミルを用いた微小重力環境下の歩行特性解析
      荒木 啓輔; 辻内 伸好; 伊藤 彰人; 大平 充宣; 上林 清孝
      Dynamics & Design Conference, 一般社団法人 日本機械学会, 2018(0), 2018年
    • NASA Johnson Space Center における宇宙飛行士のトレーニング機器
      大平 充宣; 上林 清孝; 辻内 伸好
      同志社スポーツ健康科学, 同志社大学スポーツ健康科学会, 9(9) 49 - 50, 2017年06月
    • 身体運動を生み出す脳・神経の働きを知る
      上林 清孝
      同志社時報, 141 38 - 39, 2016年04月
    • 二足歩行でのヒトと機械の調和について
      上林 清孝
      立石科学技術振興財団助成研究成果集, 13 135 , 2014年09月
    • Locomotor training using a wearable robot in patients with neurological disorders
      Kamibayashi K
      The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine, 3(2) 249 - 253, 2014年
    • 1A1-C08 伸張反射が与える随意運動強度への影響評価(リハビリテーションロボティクス・メカトロニクス(1))
      長谷川 泰久; 藤澤 俊宏; 上林 清孝
      ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 一般社団法人日本機械学会, 2013 "1A1 - C08(1)"-"1A1-C08(4)", 2013年05月22日
    • Somatosensory control of spinal reflex circuitry during robotic-assisted stepping
      Nakajima T; Kamibayashi K; Nakazawa K
      The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine, 1(4) 665 - 670, 2012年
    • ロボットによる歩行支援が通常歩行時の歩容に及ぼす影響
      上林清孝; 河本浩明
      立石科学技術振興財団助成研究成果集, 20 18 - 21, 2011年
    • ロボットハンドによる運動教示が指運動の巧緻性にもたらす効果
      上林清孝; 長谷川泰久; 河本浩明; 衣川 慶
      デサントスポーツ科学, 石本記念デサントスポ-ツ科学振興財団事務局, 31 133 - 141, 2010年06月
    • WALKING-RELATED AFFERENT FEEDBACK FROM THE LEG INDUCES SHORT-TERM PLASTICITY OF UPPER LIMB SPINAL MONOSYNAPTIC REFLEX PATHWAYS IN HUMANS
      Tsuyoshi Nakajima; Kiyotaka Kamibayashi; Taku Kitamura; Tomoyoshi Komiyama; Kimitaka Nakazawa
      JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, SPRINGER TOKYO, 59 449 - 449, 2009年, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
    • SYMPATHETIC EFFECT ON STRETCH REFLEX OF THE RELAXED MUSCLE IS INHIBITORY, NOT FACILITATORY, IN HUMANS
      Hisayoshi Ogata; Dimitry Sayenko; Eiji Yamamoto; Taku Kitamura; Shin-Ichiro Yamamoto; Tasuku Miyoshi; Kiyotaka Kamibayashi; Kimitaka Nakazawa
      JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, SPRINGER TOKYO, 59 473 - 473, 2009年, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
    • Effect of passive stepping on the H-reflex in the wrist flexor
      T. Kitamura; T. Nakajima; K. Kamibayashi; S. I. Yamamoto; M. Akai; K. Nakazawa
      IFMBE Proceedings, 25(9) 201 - 202, 2009年
    • 歩行時の体性感覚の影響 (Ⅰ)皮質脊髄路興奮性に与える影響
      上林清孝
      国立障害者リハビリテーションセンター研究紀要, 30 15 - 21, 2009年
    • 直立二足歩行中の皮質脊髄路興奮 (歩行と姿勢制御)
      中澤 公孝; 上林 清孝; 中島 剛
      臨床脳波, 永井書店, 50(3) 125 - 132, 2008年03月
    • 610 歩行中のヒラメ筋H反射変調の機序(OS8-1:医療福祉と工学(1),OS8:医療福祉と工学)
      藤田 雅子; 上林 清孝; 中島 剛; 高橋 真; 山本 紳一郎; 赤居 正美; 中澤 公孝
      バイオエンジニアリング講演会, 一般社団法人 日本機械学会, 2007(0) 223 - 224, 2008年
    • 609 手関節屈筋H反射に対する受動ステッピングの影響(OS8-1:医療福祉と工学(1),OS8:医療福祉と工学)
      喜多村 拓; 中島 剛; 上林 清孝; 山本 紳一郎; 赤居 正美; 中澤 公孝
      バイオエンジニアリング講演会, 一般社団法人 日本機械学会, 2007(0) 221 - 222, 2008年
    • 脊髄損傷のニューロリハビリテーション (特集 ニューロリハビリテーション)
      上林 清孝; 中澤 公孝
      バイオメカニクス研究, 日本バイオメカニクス学会, 12(3) 215 - 223, 2008年
    • Evaluation Process for Agonist and Antagonist Muscle Activities during Active and Passive Walking with Lokomat
      Y. Ichishima; T. Nakajima; K. Kamibayashi; K. Nakazawa; T. Kiryu
      VIIth Congress of the International Society of Electrophysilogy and Kinesiology, 2008年
    • 531 歩行観察中の皮質脊髄路の興奮性変化(理学療法基礎系9, 第42回日本理学療法学術大会)
      高橋 真; 上林 清孝; 中島 剛; 赤居 正美; 中澤 公孝
      理学療法学, 公益社団法人日本理学療法士協会, 34(2) 266 - 266, 2007年04月20日
    • Can electrical excitation of plantar cutaneous afferents facilitate the soleus stretch reflex?
      Sayenko DG; Vette AH; Kamibayashi K; Nakajima T; Akai M; Nakazawa K
      Proceedings of Festival of International Conferences on Caregiving, Disability, Aging and Technology, 321 - 324, 2007年
    • 受動歩行中の皮質脊髄路興奮性
      中澤公孝; 上林清孝; 中島 剛
      神経内科, 67(54) 432 - 437, 2007年
    • 歩行能力向上
      赤居正美; 中澤公孝; 上林清孝
      Journal of Clinical Rehabilitation, 16(12) 1135 - 1139, 2007年
    • 脊髄損傷患者に対するニューロリハビリテーションの実際
      中澤公孝; 上林清孝; 清水 健
      理学療法, 24(12) 1578 - 1584, 2007年
    • 9. 筋交感神経活動の増強手技におけるヒトのヒラメ筋伸張反射およびH反射応答(神経・感覚, 第61回 日本体力医学会大会)
      上林 清孝; 尾方 寿好; 赤居 正美; 中澤 公孝
      体力科學, 日本体力医学会, 55(6) 583 - 583, 2006年12月01日
    • 3E1-04 ロボット型歩行訓練機を用いた受動歩行の効果 : 神経系、呼吸循環系に対する効果(OS 身体機能・活動力の維持と向上)
      中澤 公孝; 上林 清孝; 尾方 寿好; 赤居 正美
      福祉工学シンポジウム講演論文集, 一般社団法人日本機械学会, 2006 283 - 284, 2006年09月10日
    • 片脚立位姿勢におけるヒラメ筋H反射調節(神経・感覚, 第59回日本体力医学会大会)
      上林 清孝; 只野 千茅; 与那 正栄; 関 博之; 室 増男
      体力科學, 日本体力医学会, 53(6) 643 - 643, 2004年12月01日
    • 伸張性運動後のラット腓腹筋のコンパートメントにおける疲労と酸化的損傷(運動器, 第59回日本体力医学会大会)
      只野 千茅; 岡 和之; 上林 清孝; 与那 正栄; 関 博之; 室 増男
      体力科學, 日本体力医学会, 53(6) 668 - 668, 2004年12月01日
    • 皮膚冷刺激を用いた低負荷筋力トレーニング効果(トレーニング, 第59回日本体力医学会大会)
      与那 正栄; 室 増男; 只野 千茅; 上林 清孝; 関 博之
      体力科學, 日本体力医学会, 53(6) 804 - 804, 2004年12月01日
    • ヒトの身体動作での下腿筋の脊髄反射調節における視覚入力の影響
      上林 清孝
      東邦醫學會雜誌, 東邦大学, 51(5) 281 - 290, 2004年09月01日
    • 4. ヒトの動作における視覚入力が下腿筋の神経調節に及ぼす影響(A. 大学院学生研究発表,第124回 東邦医学会例会)
      上林 清孝; 室 増男
      東邦醫學會雜誌, 東邦大学, 51(3) 182 - 182, 2004年05月01日
    • 259. ラット伸張性運動後の筋疲労と骨格筋の酸化的損傷(運動器)
      只野 千茅; 岡 和之; 上林 清孝; 与那 正栄; 関 博之; 室 増男
      体力科學, 日本体力医学会, 52(6) 844 - 844, 2003年12月01日
    • 478. 運動停止後の心拍減衰反応と眼圧心臓反射感度の関係(加齢・性差)
      室 増男; 只野 千茅; 上林 清孝; 与那 正栄; 関 博之
      体力科學, 日本体力医学会, 52(6) 953 - 953, 2003年12月01日
    • 230. 局所的な冷刺激・温刺激が運動単位活動に及ぼす影響(神経・感覚)
      与那 正栄; 室 増男; 只野 千茅; 上林 清孝; 関 博之
      体力科學, 日本体力医学会, 52(6) 829 - 829, 2003年12月01日
    • 233. 閉眼立位姿勢における運動ニューロン活動からみたシナプス後電位の推定(神経・感覚)
      上林 清孝; 只野 千茅; 与那 正栄; 関 博之; 室 増男
      体力科學, 日本体力医学会, 52(6) 831 - 831, 2003年12月01日
    • 22.fMRIによる自立神経活動測定の試み(第30回日本バイオフィードバック学会総会抄録集)
      西村 千秋; 黒木 貴紘; 田沢 慶亮; 寺田 和子; 室 増男; 上林 清孝; 王 力群; 斎藤 正男
      バイオフィードバック研究, 日本バイオフィードバック学会, 29 52 - 52, 2003年06月14日
    • 1P03 Comparision of muscle DNA oxidization among rat hindlimb muscles during locomotion :
      TADANO Chigaya; KAMIBAYASHI Kiyotaka; YONA Masae; SEKI Hiroyuki; MURO Masuo
      Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 9(4) 166 - 166, 2003年
    • 323.DynamicとStaticトレーニングに対する皮膚冷刺激筋力トレーニングの筋電図学的検討(トレーニング)
      与那 正栄; 只野 千茅; 上林 清孝; 関 博之; 室 増男
      体力科學, 日本体力医学会, 51(6) 704 - 704, 2002年12月
    • 89.実験的筋線維の局在性損傷後におけるDNA酸化傷害の経時的変化(運動器)
      只野 千茅; 岡 和之; 上林 清孝; 与那 正栄; 関 博之; 室 増男
      体力科學, 日本体力医学会, 51(6) 587 - 587, 2002年12月
    • 514.間欠的等尺性筋収縮時の皮膚冷却が筋活動に及ぼす影響(リハビリテーション・運動療法)
      室 増男; 只野 千茅; 上林 清孝; 与那 正栄; 関 博之
      体力科學, 日本体力医学会, 51(6) 799 - 799, 2002年12月
    • 24.立位時の視覚遮断に対するヒラメ筋運動ニューロンの活動様式(神経・感覚)
      上林 清孝; 只野 千茅; 与那 正栄; 関 博之; 室 増男
      体力科學, 日本体力医学会, 51(6) 554 - 554, 2002年12月
    • 446.筋力 : 関節角度関係に及ぼす生理的因子に関する研究(生理学的研究/その他)
      小野寺 識; 室 増男; 上林 清孝; 内藤 祐子; 椛沢 靖弘
      体力科學, 日本体力医学会, 51(6) 765 - 765, 2002年12月
    • 48.頭部突然落下時の頚筋反射と咬筋活動レベルの関係 : 第2報(【神経・感覚】)
      室 増男; 只野 千茅; 上林 清孝; 与那 正栄; 関 博之; 岡 和之
      体力科學, 日本体力医学会, 50(6) 756 - 756, 2001年12月01日
    • 5.皮膚冷却における間欠的最大等尺性収縮時のEMG変化(【神経・感覚】)
      与那 正栄; 只野 千茅; 上林 清孝; 関 博之; 室 増男
      体力科學, 日本体力医学会, 50(6) 735 - 735, 2001年12月01日
    • 31.足底屈-背屈動作における反復頻度と筋力の左右差関係(【神経・感覚】)
      関 博之; 与那 正栄; 只野 千茅; 上林 清孝; 室 増男
      体力科學, 日本体力医学会, 50(6) 748 - 748, 2001年12月01日
    • 43.着地直前でのヒラメ筋H反射の調節機構に関する検討(【神経・感覚】)
      上林 清孝; 只野 千茅; 与那 正栄; 関 博之; 室 増男
      体力科學, 日本体力医学会, 50(6) 754 - 754, 2001年12月01日
    • 皮膚冷刺激と軽負荷強度を用いた等尺性筋力トレーニングの有効性
      室 増男; 只野 千茅; 上林 清孝; 与那 正栄; 原田 孝
      運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine, 12(3) 266 - 266, 2001年06月13日
    • 219 Effect of the EMG activity pattern during weaken isometric contractions due to skin rapid cold and mechanicalstimulation :
      YONA Masae; MURO Masuo; TADANO Chigaya; KAMIBAYASHI Kiyotaka; SEKI Hiroyuki
      Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 7(4) 178 - 178, 2001年
    • 20.皮膚冷却刺激がeccentric収縮時の運動単位活動様式に及ぼす影響
      与那 正栄; 只野 千茅; 上林 清孝; 関 博之; 室 増男
      体力科學, 日本体力医学会, 49(6) 676 - 676, 2000年12月01日
    • 45.頭部突然落下時の頚筋反射と咬筋活動レベルの関係
      室 増男; 只野 千茅; 上林 清孝; 与那 正栄
      体力科學, 日本体力医学会, 49(6) 689 - 689, 2000年12月01日
    • 42.着地直前における足関節の主動筋一拮抗筋間の活動パターン特性
      上林 清孝; 室 増男; 只野 千茅; 与那 正栄
      体力科學, 日本体力医学会, 49(6) 687 - 687, 2000年12月01日
    • Relationship between the threshold force of motor units and low skin temperature for the diffenet isometric ramp contractions in the biceps muscle :
      YONA Masae; MURO Masuo; TADANO Chigaya; KAMIBAYASHI Kiyotaka; SEKI Hiroyuki
      Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 6(4) 137 - 137, 2000年
    • 239.一定Duty cycleの連続間欠ペダリング運動における呼吸循環応答特性
      中村 康; 上林 清孝; 日比野 弘; 室 増男
      体力科學, 日本体力医学会, 48(6) 832 - 832, 1999年12月01日
    • 95.プライオメトリックスにおける下腿三頭筋の協調活動様式の検討
      上林 清孝; 久我 晃広; 瀧聞 久俊; 日比野 弘; 室 増男
      体力科學, 日本体力医学会, 48(6) 760 - 760, 1999年12月01日
    • 103.跳躍動作に伴う反動動作の筋電図学的分析
      瀧聞 久俊; 久我 晃広; 寺田 佳代; 田中 さくら; 上林 清孝; 矢島 忠明; 加藤 清忠
      体力科學, 日本体力医学会, 48(6) 764 - 764, 1999年12月01日
    • 23.前筋収縮と主筋収縮の時間差と筋収縮力の関係
      瀧聞 久俊; 上林 清孝; 永田 晟; 加藤 清忠; 矢島 忠明
      体力科學, 日本体力医学会, 47(6) 714 - 714, 1998年12月01日
    • 予備緊張と主運動の時間差による筋収縮力の変化
      瀧聞 久俊; 上林 清孝; 永田 晟
      生体・生理工学シンポジウム論文集, 13 93 - 96, 1998年09月09日
    • 055C02106 ドロップジャンプによるプライオメトリックトレーニングの特徴(バイオメカニクス)
      上林 清孝; 永田 晟
      日本体育学会大会号, 社団法人日本体育学会, (49) 345 - 345, 1998年08月20日

    書籍等出版物

    • Handbook of Bioastronautics
      Lonnie G. Petersen; Kiyotaka Kamibayashi; Yoshinobu Ohira; Alan R. Hargens
      2020年12月, 分担執筆, Reduced Gravity by Lower Body Positive Pressure
    • 図解スポーツ健康科学入門
      上林清孝
      金芳堂, 2020年04月, 分担執筆, 運動のための情報伝達の仕組み
    • サルコペニア診療ガイドライン2017年度版
      上林 清孝
      ライフサイエンス出版株式会社, 2017年12月, 共著, サルコペニアの予防
    • もっとなっとく 使えるスポーツサイエンス
      上林 清孝
      講談社, 2017年, 分担執筆, 神経科学の基礎知識
    • Cybernics: Fusion of human, machine and information systems
      Kamibayashi K
      Springer, 2014年, 分担執筆, Motor control and learning
    • Advances in neuromuscular physiology of motor skills and muscle fatigue
      Nakazawa K; Kamibayashi K; Nakajima T
      Research Signpost, 2009年, 共著, Contribution of somatosensory input to modulation of corticospinal and spinal reflex excitability during human walking

    講演・口頭発表等

    • Modulation of;muscle synergies during;locomotor adaptation in humans
      Atsushi Oshima; Yasuo Nakamura; Taku Wakahara; Kiyotaka Kamibayashi
      Neuroscience 2021, 2021年10月09日, 2021年10月08日, 2021年10月11日
    • 歩行速度の違いが左右非対称性の知覚に及ぼす影響
      森田涼介; 大島惇史; 北村将也; 上林清孝
      第76回日本体力医学会大会, 2021年09月17日, 2021年09月17日, 2021年09月19日
    • 視覚情報処理能力に関連する大脳皮質構造
      上林清孝
      日本体力医学会第35回近畿地方会, 2021年02月20日, シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
    • 荷重免荷時の歩行動作が筋活動に与える影響
      辻裕志; 辻内伸好; 伊藤彰人; 大平充宣; 上林清孝
      日本機械学会 2020年度年次大会, 2020年09月14日, 口頭発表(一般)
    • スプリット型トレッドミル歩行による筋間コヒーレンスの変化
      大島惇史; 村井大海; 若原卓; 辻内伸好; 上林清孝
      第2回彗ひろば, 2020年06月13日, 口頭発表(一般)
    • 大腿二頭筋長頭の形状とスプリント走のパフォーマンスとの関連
      高橋克毅; 上林清孝; 若原卓
      第2回彗ひろば, 2020年06月13日, 口頭発表(一般)
    • 荷重関連の感覚入力による歩行の神経筋調節
      上林清孝; 大島惇史; 荒木啓輔; 辻内伸好; 大平充宣
      第65回日本宇宙航空環境医学会大会, 2019年11月30日, シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
    • Changes in the common synaptic drive to the ankle dorsiflexor muscle by adaptation during split-belt walking in humans
      Oshima A; Murai H; Tsujiuchi N; Kamibayashi K
      Neuroscience 2019, 2019年10月21日, ポスター発表
    • Cortical structures associated with multiple object tracking performance
      Kamibayashi K; Narai Y; Oshima A
      Neuroscience 2019, 2019年10月20日, ポスター発表
    • 左右でベルト速度の異なるトレッドミル歩行に適応する際の筋-筋コヒーレンスの変化
      大島惇史; 村井大海; 楢井雄己; 若原卓; 辻内伸好; 上林清孝
      第74回日本体力医学会, 2019年09月20日, ポスター発表
    • 3次元複数対象追跡課題の成績と皮質構造との関連
      上林清孝; 楢井雄己; 大島惇史
      第74回日本体力医学会, 2019年09月19日, ポスター発表
    • Changes in the common synaptic drive to the ankle dorsiflexor muscle during split-belt walking in humans
      Oshima A; Murai H; Tsujiuchi N; Kamibayashi K
      24th Annual Congress of European College of Sport Science, 2019年07月03日, ポスター発表
    • Built for fast sprint running: phase-specific association of individual hip extensor sizes with sprint velocity and step variables
      Takahashi K; Kamibayashi K; Wakahara T
      24th Annual Congress of European College of Sport Science, 2019年07月03日, ポスター発表
    • Modulation of leg muscle activity during treadmill walking by varying body weight unloading
      Kamibayashi K; Oshima A; Araki K; Tsujiuchi N; Ohira Y
      40th Annual Meeting of the International Society for Gravitational Physiology, 2019年05月28日, 口頭発表(一般)
    • Study of human gait characteristics under different low-gravity conditions
      Lamassoure L; Kitano K; Araki K; Ito A; Kamibayashi K; Ohira Y; Tsujiuchi N
      40th Annual Meeting of the International Society for Gravitational Physiology, 2019年05月28日, 口頭発表(一般)
    • 身体運動によって生じる脳での変化
      上林清孝
      第6回同志社大学「新ビジネス」フォーラム, 2019年03月04日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
    • 運動と脳との関係
      上林清孝
      芦屋市レクリエーションスポーツ協会主催 ウエルネスセミナー, 2019年02月23日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
    • 反重力トレッドミルを用いた微小重力環境下の歩行特性解析
      荒木啓輔; 辻内伸好; 伊藤彰人; 大平充宣; 上林清孝
      Dynamics and Design Conference 2018, 2018年08月29日, 口頭発表(一般)
    • Analysis of gait characteristics with various levels of weight bearing using wearable motion measurement device
      Araki K; Tsujiuchi N; Ito A; Ohira Y; Kamibayashi K
      40th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 2018年07月20日, ポスター発表
    • Effect of body weight unloading on muscle activity and kinematics during walking
      Kamibayashi K; Nishiyama S; Araki K; Tsujiuchi N; Ohira Y
      23rd Annual Congress of European College of Sport Science, 2018年07月07日, ポスター発表
    • Knee extension torque is a significant determinant of jump height of layup shot in basketbal
      Fukuda S; Ueda A; Nakamura Y; Kamibayashi K; Wakahara T
      23nd Annual Congress of European College of Sport Science, 2018年07月07日, ポスター発表
    • MRIによる脳形態解析からみた大学サッカー選手の特徴
      大島惇史; 上林清孝
      平成29年度第12回人材育成フレームワークレクチャーけいはんな研究シーズ発表会, 2018年03月28日, ポスター発表
    • 装着型計測装置を用いた免荷歩行の特性解析と評価
      西山智士; 辻内伸好; 伊藤彰人; 大平充宣; 上林清孝; 荒木啓輔
      日本機械学会関西支部第93期定時総会講演会, 2018年03月13日, 口頭発表(一般)
    • ジャンプショットの跳躍における下肢のバイオメカニクス-両脚跳と比較して-
      福田峻也; 植田篤史; 中村康雄; 上林清孝; 若原卓
      日本バスケットボール学会第4回学会大会, 2017年12月17日, ポスター発表
    • Changes in brain gray matter volume in university-level soccer players
      Kamibayashi K; Miyanari S
      22nd Annual Congress of European College of Sport Science, 2017年07月07日, ポスター発表
    • 月・火星環境では歩行における筋肉の活動はどう変わる?
      上林 清孝
      同志社大学宇宙医科学研究センター Launch Symposium 語ろう!宇宙への夢 月・火星への挑戦, 2017年03月10日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
    • How does the antigravity soleus muscle adapt to long-term stay on the Mars and the Moon? Estimation using rat study
      Ohira Y; Ueno D; Kamibayashi K; Ohira T; Kawano F; Goto K; Kato H; Takakura H; Izawa T
      第62回日本宇宙航空環境医学会大会・日本宇宙生物科学会第30回大会合同大会, 2016年12月10日, 口頭発表(一般)
    • Mobilization of leg muscles during walking in response to gravitational unloading and/ or foot-strike patterns
      第54回同志社大学ハリス理化学研究所研究発表会, 2016年12月10日, 口頭発表(一般)
    • ヒトの身体運動における脳神経・筋活動の計測とリハビリテーションでの活用
      上林 清孝
      第30回同志社大学・けいはんな産学交流会, 2016年10月21日, 口頭発表(招待・特別)
    • Effect of body weight support on muscle activities during walking and running using a lower body positive pressure treadmill in healthy adults.
      Kamibayashi K; Yoshida S; Wakahara T; Ishii K; Ohira Y
      XXI Congress of the International Society of Electrophysiology and Kinesiology, 2016年07月06日, ポスター発表
    • Development of a walking exercise prescription using an antigravity treadmill as a possible method for rehabilitation and /or training of astronauts before a flight for the Mars to the Moon
      Ohira Y; Kamibayashi K; Wakahara T; Tsujiuchi N; Ito A; Sekiguchi C
      第53回同志社大学ハリス理化学研究所研究発表会, 2015年12月05日, 口頭発表(一般)
    • Comparison of exercise training scheduled in the peak expression of clock gene to that in its bottom expression on adipocyte lipolysis
      Kato H; Tanaka G; Masuda S; Sakurai T; Ogasawara J; Ohno H; Kizaki T; Kamibayashi K; Ohira Y; Izawa T
      International Biochemistry of Exercise Conference, 2015年09月09日, ポスター発表
    • The factors affecting H-reflex inhibition during robot-assisted passive stepping
      Masugi Y; Kitamura T; Kamibayashi K; Ogawa T; Ogata T; Kawashima N; Nakazawa K
      Conference on Systems Neuroscience and Rehabilitation, 2015年03月11日, 口頭発表(一般)
    • 歩行アシストロボットを用いた基礎研究とリハビリテーション
      上林 清孝
      第160回日本体力医学会関東地方会, 2014年03月08日, 口頭発表(招待・特別)
    • A new rehabilitation technique using the robot suit HAL in chronic incomplete spinal cord injury
      Kubota S; Eguchi K; Nakata Y; Kamibayashi K; Ariyasu R; Ueno Y; Kawamoto H; Sakane M; Yamazaki M; Sankai Y
      Orthopaedic Research Society Annual meeting, 2014年, ポスター発表
    • 慢性期不全脊髄損傷におけるロボットスーツHALを用いたリハビリテーションの影響
      第29回日本整形外科学会基礎学術集会, 2014年
    • ロボットスーツHALによる未来型リハビリテーション
      関東・甲信越地区リウマチの治療とケア研修会, 2014年
    • 伸張反射が与える随意運動強度への影響評価
      ロボティクス・メカトロニクス2013 (ROBOMEC2013), 2013年, ポスター発表
    • 筋疾患患者における装着型ロボットHALを利用した歩行訓練についての予備的検討
      第50回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2013年
    • ロボットスーツHALを用いた歩行練習を行った変形性膝関節症の一例
      第50回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2013年
    • 装着型ロボットHybrid Assistive Limb®(HAL®)を用いた歩行訓練時における歩容の変化
      第29回日本義肢装具学会学術大会, 2013年, ポスター発表
    • New technique for rehabilitation using the robot suit HAL: a feasibility study
      Orthopaedic Research Society Annual meeting 2013, 2013年, ポスター発表
    • Muscle activity in the lower limb during robot-assistive walking training using the Hybrid Assistive Limb
      Irie S; Kamibayashi K; Eguchi K; Kubota S; Ariyasu R; Ueno Y; Kawamoto H; Matsuhista A; Kadone H; Nakata Y; Sankai Y; Sakane M
      Neuroscience 2013, 2013年, ポスター発表
    • New technique for rehabilitation using the robot suit HAL: a feasibility study
      Orthopaedic Research Society Annual meeting 2013, 2013年, ポスター発表
    • ヒト歩行時の体性感覚入力による皮質脊髄路および脊髄反射の興奮性変化
      上林 清孝
      第198回つくばブレインサイエンスセミナー, 2012年12月11日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
    • 歩行支援ロボットを用いた脊髄損傷患者のニューロリハビリテーション
      上林 清孝
      第75回ロボット工学セミナー, 2012年12月07日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
    • 歩行時の体性感覚が皮質脊髄路興奮性に与える影響
      上林 清孝
      日本健康行動科学会第11回学術大会, 2012年10月07日, 口頭発表(招待・特別)
    • ロボットによる他動運動が脊髄反射と皮質脊髄路興奮性に与える影響
      中澤公孝; 上林清孝; 中島 剛
      第18回日本FES研究会学術講演会, 2012年02月12日, 口頭発表(招待・特別)
    • 直立二足歩行の神経制御:感覚入力と下行性指令による影響
      上林 清孝
      第17回サイバニクス・サロン, 2011年09月22日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
    • ロボット型歩行支援装置[Lokomat®およびHybrid Assistive Limb(HAL®)]の使用経験について
      上林 清孝
      第1回マスタースレーブ方式リハビリテーションシステム研究会, 2010年12月22日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
    • ヒトの二足歩行の神経生理学的研究~ロボットを用いて~
      上林 清孝
      第33回UTARCセミナー, 2009年08月06日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
    • 受動歩行における神経制御機構の解明とニューロリハビリテーションへの応用
      上林 清孝
      第24回筋電図の会, 2007年09月13日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
    • Lokomatの使用経験と課題
      上林 清孝
      第23回日本義肢装具学会研修セミナー, 2007年09月02日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
    • 531 歩行観察中の皮質脊髄路の興奮性変化(理学療法基礎系9, 第42回日本理学療法学術大会)
      高橋 真; 上林 清孝; 中島 剛; 赤居 正美; 中澤 公孝
      理学療法学, 2007年04月20日
    • ヒトの立位姿勢における脊髄反射調節
      上林 清孝
      第1回東邦大学3学部合同学術集会, 2005年03月, 口頭発表(招待・特別)

    研究シーズ

    • ヒトの身体運動を生み出す 神経制御メカニズムの研究
      キーワード:運動制御:動作解析:筋電図:脳:神経: 感覚:トレーニング:リハビリテーション: 高齢者
      研究テーマの分野:スポーツ・健康・福祉, ライフサイエンス
      関連研究者所属・研究者名:スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科、上林 清孝
      概要:ヒトを対象として、筋電図による筋活動評価、感覚神経への電気刺激で誘発される脊髄反射、大脳運動野に対する磁気刺激で誘発される運動誘発電位などの痛みの伴わない実験手法によって、運動に関わる脳・脊髄の神経調節機構を調べている。歩行などの日常動作において感覚入力が神経路の興奮性に及ぼす影響や運動学習・適応による神経系の可塑的変化などが研究対象となる。また、高齢者や中枢神経疾患による運動機能障害者の神経調節機構についても研究を行っている。さらに、磁気共鳴画像装置(MRI)を用いてトレーニングによる脳での構造的・機能的変化についても研究している。
      使用用途、応用例等:ヒトの身体運動における脳・脊髄の神経調節メカニズムの研究成果を基に、より効率的な運動スキルのトレーニング方 法やヒトの制御特性を活かしたリハビリテーション機器の開発・発展に関わる。リハビリテーションによる神経系の機能回復評価などにも関連する。