土屋 隆生
ツチヤ タカオ
理工学部情報システムデザイン学科
博士後期課程教授
Last Updated :2022/11/28

研究者情報

    プロフィール

    主に航空工学,電気音響,超音波,アコーステイックイメージング,生物生態分野に関する数値音響工学や次世代音響技術に関する研究に従事

    研究キーワード

    • こうもりエコーロケーション
    • ソニックブーム
    • マッハカットオフ
    • 数値音響工学
    • 自由視聴点レンダリング
    • 非線形音響
    • FDTD法
    • シリコンコンサートホール
    • 音空間レンダリング
    • GPU
    • CIP法
    • 有限要素法
    • 時間領域差分法
    • Silicon Concert Hall
    • Sound field Rendering
    • GPU
    • CIP method
    • Finite Element Method
    • FDTD

    研究分野

    • ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学 / こうもりのエコーロケーション
    • フロンティア(航空・船舶) / 航空宇宙工学
    • 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション
    • ナノテク・材料 / 応用物理一般 / 音響工学
    • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス

    経歴

    • 学校法人同志社, 評議員, 2020年05月 - 現在
    • 同志社大学理工学部教授, Faculty of Science and Engineering, 2008年 - 現在
    • 同志社大学工学部教授, 2004年 - 2008年
    • 秋田県立大学システム科学技術学部助教授, Faculty of Systems Science and Technology, 2000年 - 2004年
    • 岡山大学工学部助教授, Faculty of Engineering, 1998年 - 2000年
    • 岡山大学工学部講師, Faculty of Engineering, 1992年 - 1998年
    • 岡山大学工学部助手, Faculty of Engineering, 1990年 - 1992年
    • 富山大学工学部助手, Faculty of Engineering, 1989年 - 1990年

    学歴

    • 同志社大学, 工学研究科, 電気工学専攻('博士後期), - 1989年
    • 同志社大学, 工学研究科, 電気工学専攻(博士前期), - 1986年
    • 同志社大学, 工学部, 電子工学科, - 1984年

    学位

    • 工学博士, 同志社大学
    • 工学修士, 同志社大学

    所属学協会

    • 非線形音響研究会
    • 日本航空宇宙学会
    • 電子情報通信学会
    • 海洋音響学会
    • 日本計算工学会
    • 日本音響学会関西支部
    • 日本音響学会
    • Information and Communication Engineers
    • The Institute of Electronics
    • The Marine Acoustics Society of Japan
    • Japan Society for Computational Engineerong and Science
    • Acoustical Society of Japan

    委員歴

    • シニア会員, 2022年01月 - 現在, 電子情報通信学会, 学協会
    • 評議員, 2016年09月 - 現在, 材料科学振興財団, その他
    • 評議員, 2012年04月 - 現在, 加藤科学振興会, その他
    • アコースティックイメージング研究会 委員長, 2021年06月 - 2023年05月, 日本音響学会, 学協会
    • 副委員長, 2020年06月 - 2021年05月, 日本音響学会アコースティックイメージング研究会, 学協会
    • 理事, 2013年06月 - 2017年05月, 日本音響学会, 学協会, 日本音響学会
    • 支部長, 2015年04月 - 2016年03月, 日本音響学会関西支部, 学協会, 日本音響学会関西支部
    • 委員長, 2014年10月 - 2015年05月, 海洋音響学会研究発表会実行委員会, 学協会
    • 副支部長, 2014年04月 - 2015年03月, 日本音響学会関西支部, 学協会, 日本音響学会関西支部
    • 幹事, 2009年05月 - 2011年04月, 超音波研究会, 学協会
    • 委員長, 2009年04月 - 2010年03月, 超音波エレクトロニクスシンポジウム現地実行委員会, 学協会
    • 幹事, 2005年09月 - 2009年08月, 非線形音響研究会, 学協会
    • 理事, 2006年07月 - 2007年06月, 日本シミュレーション学会, 学協会
    • 幹事, 2005年04月 - 2007年03月, 日本音響学会関西支部, 学協会

    受賞

    • 貢献賞
      2012年09月, 電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ, 土屋 隆生
    • Acoustical Imaging 29 Poster Award
      2007年
    • 日本シミュレーション学会研究賞
      1991年, 日本
    • 日本音響学会粟屋潔学術奨励賞
      1990年, 日本
    • 電気関係学会関西支部連合大会奨励賞
      1989年, 日本

    論文

    • Three-dimensional finite difference-time domain simulation of moving sound source and receiver
      Takao Tsuchiya; Yu Teshima; Shizuko Hiryu
      Japanese Journal of Applied Physics, 61(SG) SG1036 - SG1036, 2022年07月01日, 研究論文(学術雑誌)
    • Recent techniques on sound field simulation
      Takao Tsuchiya
      Japanese Journal of Applied Physics, 61(SG) SG0801 - SG0801, 2022年07月01日, 研究論文(学術雑誌)
    • Effect of bat pinna on sensing using acoustic finite difference time domain simulation
      Yu Teshima; Takumi Nomura; Megumi Kato; Takao Tsuchiya; Genki Shimizu; Shizuko Hiryu
      J. Acoust. Soc. Am., 151(6) 4039 - 4045, 2022年06月, 研究論文(学術雑誌)
    • Reconstruction of echoes reaching bats in flight from arbitrary targets by acoustic simulation
      Yu Teshima; Yuta Hasegawa; Takao Tsuchiya; Ryota Moriyama; Shoko Genda; Taku Kawamura; Shizuko Hiryu
      The Journal of the Acoustical Society of America, 151(3) 2127 - 2134, 2022年03月, 研究論文(学術雑誌)
    • Analysis of echolocation behavior of bats in “echo space” using acoustic simulation
      Yu Teshima; Yasufumi Yamada; Takao Tsuchiya; Olga Heim; Shizuko Hiryu
      BMC Biology, 20(1) 59 - 59, 2022年03月, 研究論文(学術雑誌)
    • Two-dimensional finite difference-time domain simulation of moving sound source and receiver
      Takao Tsuchiya; Yu Teshina; Shizuko Hiryu
      Acoust. Sci. & Tech., 43(1) 57 - 65, 2022年01月, 研究論文(学術雑誌)
    • Moving sound source with an arbitrary trajectory in the two-dimensional finite-difference time-domain method
      Takao Tsuchiya; Masashi Kanamori
      Japanese Journal of Applied Physics, 60(SD) SDDB02 - SDDB02, 2021年07月01日, 研究論文(学術雑誌)
    • Simulation of pulsed ultrasonic diffraction in viscous fluids using transmission line matrix method
      Ahlem Alia; Takao Tsuchiya
      The Journal of the Acoustical Society of America, 149(5) 2988 - 2996, 2021年05月, 研究論文(学術雑誌)
    • Numerical analysis of linear wave propagation in the atmosphere with temperature gradient for Mach cutoff reproduction
      Takao Tsuchiya; Masashi Kanamori; Takashi Takahashi
      Japanese Journal of Applied Physics, 58(SG) SGGB01 - SGGB01, 2019年07月01日, 研究論文(学術雑誌)
    • Sound field renderer with loudspeaker array using real-time convolver
      T. Tsuchiya; I. Takenuki; K. Sugiura
      AES2018, 2018年08月
    • Numerical Analysis of Three-dimensional Acoustic Field with Background Flow Using Constrained Interpolation Profile(CIP) Method
      A. Fukuda; K. Okubo; T. Oshima; M. Kanamori; T. Tsuchiya
      Jpn. J. Appl. Phys., 57(7S1) 07LC09.1 - 07LC09.8, 2018年06月
    • Three-dimensional compact explicit-finite difference time domain scheme with density variation
      T. Tsuchiya; N. Maruta
      Jpn. J. Appl. Phys., 57 07LC01 , 2018年
    • A real-time sound field rendering processor
      Tan Yiyu; Yasushi Inoguchi; Makoto Otani; Yukio Iwaya; Takao Tsuchiya
      Applied Sciences (Switzerland), 8(1), 2017年12月28日, 研究論文(学術雑誌)
    • Effects of spatial aliasing in sound field reproduction: Reproducibility of binaural signals
      Makoto Otani; Hikaru Watabe; Takao Tsuchiya; Yukio Iwaya
      Acoustical Science and Technology, 38(3) 147 - 153, 2017年, 研究論文(学術雑誌)
    • Evaluation of numerical simulation of acoustic wave propagation using method of characteristics-based constrained interpolation profile (CIP-MOC) method with non-uniform grids
      Yuta Matsumura; Kan Okubo; Norio Tagawa; Takao Tsuchiya; Takashi Ishizuka
      Acoustical Science and Technology, 38(1) 31 - 34, 2017年, 研究論文(学術雑誌)
    • Reflective boundary condition with arbitrary boundary shape for compact-explicit finite-difference time-domain method
      Osamu Yamashita; Takao Tsuchiya; Yukio Iwaya; Makoto Otani; Yasushi Inoguchi
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 54(7) 07HC002 , 2015年07月, 研究論文(学術雑誌)
    • Numerical simulation of sound wave propagation using multi-moment-method of characteristics with general Hermite interpolation”
      N. Kawada; K. Okubo; N. Tagawa; T. Tsuchiya
      Acoust. Sci. and Tech., 36(3) 265 - 267, 2015年, 研究論文(学術雑誌)
    • GPU-computing-based high-speed visualization techniques for sound wave propagation using permeable multi-cross-section contours
      Naoki Kawada; Kan Okubo; Norio Tagawa; Takao Tsuchiya; Takashi Ishizuka
      Acoustical Science and Technology, 36(3) 268 - 270, 2015年, 研究論文(学術雑誌)
    • Numerical examination of effects of discretization spacing on accuracy of sound field reproduction
      Makoto Otani; Hikaru Watabe; Takao Tsuchiya; Yukio Iwaya
      Acoustical Science and Technology, 36(4) 362 - 365, 2015年, 研究論文(学術雑誌)
    • PERCEPTION OF ACOUSTICAL SPATIAL ATTRIBUTES AND IMPRESSION IN VIRTUALLY RENDERED SOUND FIELD
      Yukio Iwaya; Makoto Otani; Takao Tsuchiya; Yasushi Inoguchi
      PROCEEDINGS OF THE 22ND INTERNATIONAL CONGRESS ON SOUND AND VIBRATION, 2015年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Virtual auditory display on a smartphone for high-resolution acoustic space by remote rendering
      Yukio Iwaya; Makoto Otani; Takao Tsuchiya; Junfeng Li
      2015 INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT INFORMATION HIDING AND MULTIMEDIA SIGNAL PROCESSING (IIH-MSP), 368 - 371, 2015年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • IMPACT OF DISCRETIZATION SPACING ON REPRODUCTION ACCURACY IN WAVE FIELD SYNTHESIS
      Makoto Otani; Hikaru Watabe; Takao Tsuchiya; Yukio Iwaya
      PROCEEDINGS OF THE 22ND INTERNATIONAL CONGRESS ON SOUND AND VIBRATION, 2015年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Numerical analysis of sound waveform by combination method using amplitude component of finite-difference time-domain solution and phase component of constrained interpolation profile solution
      Takao Tsuchiya; Shouichi Sugimura; Kan Okubo
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 53(7) 07KC02 , 2014年07月, 研究論文(学術雑誌)
    • A real-time sound rendering system based on the finite-difference time-domain algorithm
      Tan Yiyu; Yasushi Inoguchi; Yukinori Sato; Makoto Otani; Yukio Iwaya; Hiroshi Matsuoka; Takao Tsuchiya
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 53(7) 07KC14 , 2014年07月, 研究論文(学術雑誌)
    • Design and implementation of a two-dimensional sound field solver based on the Digital Huygens’ Model
      T. Yiyu; Y. Inoguchi; Y. Sato; M. Otani; Yukio Iwaya; Takao Tsuchiya
      J. Microprocessors and Microsystems, 38(3) 216 - 225, 2014年05月, 研究論文(学術雑誌)
    • Sound localization in surrounding loudspeaker array with spatial aliasing
      Yukio Iwaya; Takao Tsuchiya; Makoto Otani
      Proc. Three-Dimensional Systems and Applications Conference (3DSA2014), Paper No. 2014-030 , 2014年05月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Binaural synthesis of virtual acoustic field by numerous-channel reproduction
      Makoto Otani; Takao Tsuchiya; Yukio Iwaya
      Proc. Three-Dimensional Systems and Applications Conference (3DSA2014), Paper No. 2014-080 , 2014年05月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Numerical analysis of sound wave propagation using CIP-MOC method with non-uniform grid
      Yuta Matsumura; Kan Okubo; Norio Tagawa; Takao Tsuchiya; Takashi Ishizuka
      INTERNOISE 2014 - 43rd International Congress on Noise Control Engineering: Improving the World Through Noise Control, 2014年01月01日
    • Development of GPGPU-based interactive simulation for numerical analysis of sound wave propagation
      Naoki Kawada; Kan Okubo; Norio Tagawa; Takao Tsuchiya
      INTERNOISE 2014 - 43rd International Congress on Noise Control Engineering: Improving the World Through Noise Control, 2014年01月01日
    • Virtual Auditory Display by Remote Rendering Via Computer Network
      Yukio Iwaya; Makoto Otani; Takao Tsuchiya; Junfeng Li
      2014 TENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT INFORMATION HIDING AND MULTIMEDIA SIGNAL PROCESSING (IIH-MSP 2014), 598 - 601, 2014年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • A Hardware-Oriented Finite-Difference Time-Domain Algorithm for Sound Field Rendering
      Yiyu Tan; Inoguchi Yasushi; Sato Yukinori; Otani Makoto; Iwaya Yukio; Matsuoka Hiroshi; Tsuchiya Takao
      Jpn J Appl Phys, The Japan Society of Applied Physics, 52(7) 07HC03 - 07HC03-6, 2013年07月25日
    • Three-Dimensional Sound Field Analysis Using Compact Explicit-Finite Difference Time Domain Method with Graphics Processing Unit Cluster System
      Takuto Ishii; Takao Tsuchiya; Kan Okubo
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 52(7) 07HC11-1-7 , 2013年07月, 研究論文(学術雑誌)
    • Examination of Absorbing Boundary Condition Using Perfectly Matched Layer for Collocated Orthogonal Grid in Method of Characteristics
      Junpei Adachi; Kan Okubo; Norio Tagawa; Takao Tsuchiya; Takashi Ishizuka
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 52(7) 07HG05-1-3 , 2013年07月, 研究論文(学術雑誌)
    • Large-scale sound field rendering with graphics processing unit cluster for three-dimensional audio with loudspeaker array
      Takao Tsuchiya; Yukio Iwaya; Makoto Otani
      Proceedings of Meetings on Acoustics, 19, 2013年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Subjective Evaluation of High-definition Virtual Sound Field using a 157-channel Surrounding Loudspeaker Array
      Yukio Iwaya; Takao Tsuchiya
      2013 NINTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT INFORMATION HIDING AND MULTIMEDIA SIGNAL PROCESSING (IIH-MSP 2013), 310 - 313, 2013年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Analysis of sound field distribution for room acoustics: From the point of view of hardware implementation
      Tan Yiyu; Yasushi Inoguchi; Yukinori Sato; Makoto Otani; Yukio Iwaya; Hiroshi Matsuoka; Takao Tsuchiya
      15th International Conference on Digital Audio Effects, DAFx 2012 Proceedings, 2012年12月01日, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Fundamental Study for the Solution of Thermoacoustic Phenomenon Using Numerical Calculation: Relationship between the Stack Installation Position and Heat Flow
      Kentaro Kuroda; Shin-ichi Sakamoto; Kenji Shibata; Yosuke Nakano; Takao Tsuchiya; Yoshiaki Watanabe
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 51(7) 07GE01-1-5 , 2012年07月, 研究論文(学術雑誌)
    • Perfectly Matched Layer for the Wave Equation Finite Difference Time Domain Method
      Yutaka Miyazaki; Takao Tsuchiya
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 51(7) 07GB02-1-5 , 2012年07月, 研究論文(学術雑誌)
    • Numerical Analysis of Long Range Sound Wave Propagation in Ocean by Wave Equation Finite Difference Time Domain Method with Graphics Processing Unit
      Shigeyoshi Nakai; Takuto Ishii; Takao Tsuchiya
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 51(7) 07GG07-1-7 , 2012年07月, 研究論文(学術雑誌)
    • Evaluation of Acoustic Simulation Using Wave Equation Finite Difference Time Domain Method with Compact Finite Differences
      Naoki Kawada; Takeshi Yoda; Norio Tagawa; Takao Tsuchiya; Kan Okubo
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 51(7) 07GG06-1-2 , 2012年07月, 研究論文(学術雑誌)
    • Performance Comparison of Subgrid Techniques in Acoustic Simulation Using the Type-M and Type-C Constrained Interpolation Profile Methods
      Yuta Ara; Kan Okubo; Norio Tagawa; Takao Tsuchiya; Takashi Ishizuka
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 51(7) 07GG05-1-2 , 2012年07月, 研究論文(学術雑誌)
    • CUDAとOpenGLを用いたマルチGPUによる電磁界数値シミュレーションの高速可視化
      土屋 隆生
      電子情報通信学会誌, J95-B(2) 375 - 280, 2012年
    • Design of a FPGA-based timing sharing architecture for sound rendering applications
      Tan Yiyu; Yasushi Inoguchi; Yukinori Sato; Makoto Otani; Yukio Iwaya; Hiroshi Matsuoka; Takao Tsuchiya
      Proceedings of the 9th International Conference on Information Technology, ITNG 2012, 484 - 489, 2012年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • DHM and FDTD based hardware sound field simulation acceleration
      Yasushi Inoguchi; Tan Yiyu; Yukinori Sato; Makoto Otani; Yukio Iwaya; Hiroshi Matsuoka; Takao Tsuchiya
      Proceedings of the 14th International Conference on Digital Audio Effects, DAFx 2011, 69 - 72, 2011年12月01日, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • A real-time sound field renderer based on digital Huygens’ model
      土屋 隆生
      J. Sound and Vib., 330(17) 4302 - 4312, 2011年08月, 研究論文(学術雑誌)
    • Examination on Fast Algorithms of Compact Finite Difference Calculation for Finite Difference Time Domain Acoustic Wave Simulation
      Takeshi Yoda; Kan Okubo; Norio Tagawa; Takao Tsuchiya
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 50(7) 0712-1-2 , 2011年07月, 研究論文(学術雑誌)
    • Examination of Sub-Grid Technique for Simulation of Sound Wave Propagation Using Constrained Interpolation Profile Method with Method of Characteristics
      Yuta Ara; Kan Okubo; Norio Tagawa; Takao Tsuchiya; Takashi Ishizuka
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 50(7) 0720-1-2 , 2011年07月, 研究論文(学術雑誌)
    • Finite Element Analysis of the Standing Wave Field in a Tube with Lossy Wall for Thermoacoustic System
      Michiaki Nishikori; Takao Tsuchiya; Shin-ichi Sakamoto
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 50(7) 0721-1-4 , 2011年07月, 研究論文(学術雑誌)
    • Two-Dimensional Numerical Analysis of Nonlinear Sound Wave Propagation Using Constrained Interpolation Profile Method Including Nonlinear Effect in Advection Equation
      Masayuki Tanaka; Takao Tsuchiya; Kan Okubo
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 50(7) 0717-1-5 , 2011年07月, 研究論文(学術雑誌)
    • CUDAとOpenGLを用いた3次元音響数値解析のGPGPUリアルタイム可視化 −PMCC(Permeable Multi Cross-section Contours)の提案と評価−
      土屋 隆生
      電子情報通信学会誌, 一般社団法人電子情報通信学会, J94-A(11) 854 - 861, 2011年
    • GPU計算を用いた時間領域電磁界数値解析の高速化性能に関する比較
      土屋 隆生
      電子情報通信学会論文誌, J94B(3) 480 - 483, 2011年
    • On Decreasing the calculation time in multi-dimensional acoustic numerical simulation by multi-GPU parallel computing
      Naoki Kawada; Kan Okubo; Norio Tagawa; Takao Tsuchiya
      20th International Congress on Acoustics 2010, ICA 2010 - Incorporating Proceedings of the 2010 Annual Conference of the Australian Acoustical Society, 2 1454 - 1459, 2010年12月01日
    • Three-Dimensional Sound Field Rendering with Digital Boundary Condition using Graphics Processing Unit
      Takao Tsuchiya
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 49(7) 0710-1-2 , 2010年, 研究論文(学術雑誌)
    • An Improvement of Absorbing Boundary Condition Based on Algorithm of Constrained Interpolation Profile Method for Finite-Difference Time-Domain Acoustic Simulation
      Yoshifumi Harada; Kan Okubo; Norio Tagawa; Takao Tsuchiya
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 49(7) 0709-1-2 , 2010年, 研究論文(学術雑誌)
    • A FPGA implementation of the two-dimensional digital Huygens' model
      Tan Yiyu; Yukinori Sato; Eiko Sugawara; Yasushi Inoguchi; Makoto Otani; Yukio Iwaya; Hiroshi Matsuoka; Takao Tsuchiya
      Proceedings - 2010 International Conference on Field-Programmable Technology, FPT'10, 304 - 307, 2010年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Consideration of an absorbing boundary condition based on CIP method for finite-difference time-domain acoustic field analysis
      Kan Okubo; Sungqwan Oh; Takao Tsuchiya; Nobunao Takeuchi
      Acoustical Science and Technology, 30(2) 132 - 135, 2009年, 研究論文(学術雑誌)
    • Numerical simulation of sound wave propagation using hybrid technique combining FDTD method and CIP method
      Masaki Ohmiya; Kan Okubo; Takao Tsuchiya; Norio Tagawa
      Proceedings - IEEE Ultrasonics Symposium, 2009年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • A novel method for numerical simulation of sound wave propagation using heptic interpolation profile method
      Kan Okubo; Takao Tsuchiya; Ryo Seta; Norio Tagawa
      Proceedings - IEEE Ultrasonics Symposium, 2009年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Performances of Various Types of Constrained Interpolation Profile Method for Two-Dimensional Numerical Acoustic Simulation
      Masahito Konno; Kan Okubo; Takao Tsuchiya; Norio Tagawa
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 47(5) 3962 - 3963, 2008年05月, 研究論文(学術雑誌)
    • Numerical Simulation of Acoustic Imaging Using a Combination of Finite Difference Time Domain and Boundary Integral Equation Methods
      土屋 隆生
      Jpn. J. of Appl. Phys., 48 07021-4 , 2008年
    • Two-Dimensional Simulation of Nonlinear Acoustic Wave Propagation Using Constrained Interpolation Profile Method
      土屋 隆生
      Jpn. J. of Appl. Phys., 48 0701-5 , 2008年
    • GPUに実装された時間領域音場解析手法の性能評価
      土屋 隆生
      シミュレーション, 27(4) 245 - 254, 2008年
    • Implementation of normal incidence absorption coefficient for boundary condition of digital Huygens' model
      Takao Tsuchiya
      Acoustical Science and Technology, 29(5) 326 - 328, 2008年, 研究論文(学術雑誌)
    • 散逸性媒質内の音波伝搬解析へのCIP法の適用 -1次元シミュレーション-
      土屋 隆生
      日本音響学会誌, 64(8) 443 - 450, 2008年
    • Numerical Simulation of Nonlinear Sound Wave Propagation using CIP Method -One dimensional case-
      土屋 隆生
      Jpn. J. of Appl. Phys., 47(5) 3952 - 3958, 2008年
    • REAL TIME SOUND FIELD SIMULATOR USING FIELD PROGRAMMABLE GATE ARRAY DEVICE
      T. Tsuchiya; E. Sugawara; Y. Inoguchi
      ACOUSTICAL IMAGING, VOL 29, 29 491 - +, 2008年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Consideration of the boundary condition between two media in acoustic field analysis using the Constrained Interpolation Profile (CIP) method
      Kan Okubo; Sungqwan Oh; Takao Tsuchiya; Nobunao Takeuchi
      IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES, E90A(9) 2000 - 2005, 2007年09月, 研究論文(学術雑誌)
    • Numerical simulation of sound wave propagation with sound absorption using digital Huygens' model
      Takao Tsuchiya
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS BRIEF COMMUNICATIONS & REVIEW PAPERS, 46(7B) 4809 - 4812, 2007年07月, 研究論文(学術雑誌)
    • A tubular piezoelectric vibrator gyroscope
      Y Kagawa; N Wakatsuki; T Tsuchiya; Y Terada
      IEEE SENSORS JOURNAL, 6(2) 325 - 330, 2006年04月, 研究論文(学術雑誌)
    • Digital Equivalent Circuits for Acoustic Field Based on Discrete Huygens’ Modeling
      土屋 隆生
      Jpn. J. Appl. Phys., 44(6B) 4297 - 4300, 2005年06月, 研究論文(学術雑誌)
    • On the passive vibration damping by piezoelectric transducers with inductive loading
      T Tsuchiya; Y Kagawa
      SYSTEMS MODELING AND SIMULATION: THEORY AND APPLICATIONS, 3398 197 - 204, 2005年, 研究論文(学術雑誌)
    • Finite element simulation of non-linear acoustic generation in a horn loudspeaker
      T Tsuchiya; Y Kagawa; M Doi; T Tsuji
      JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION, 266(5) 993 - 1008, 2003年10月, 研究論文(学術雑誌)
    • Finite element and boundary element modelling for the acoustic wave transmission in mean flow medium
      T Tsuji; T Tsuchiya; Y Kagawa
      JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION, 255(5) 849 - 866, 2002年08月, 研究論文(学術雑誌)
    • Discrete Huygens' modelling approach to wave propagations in a homogeneous elastic field
      Y Kagawa; T Fujitani; Y Fujita; L Chai; N Wakatsuki; T Tsuchiya
      JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION, 255(2) 323 - 335, 2002年08月, 研究論文(学術雑誌)
    • Finite element based equivalent circuit modeling. for piezoelectric vibratory systems
      T Tsuchiya; Y Kagawa
      SYSTEM SIMULATION AND SCIENTIFIC COMPUTING (SHANGHAI), VOLS I AND II, 270 - 273, 2002年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Numerical simulation of mode coupling in piezoelectric resonators
      N Wakatsuki; T Tsuchiya; Y Kagawa; K Suzukit
      SYSTEM SIMULATION AND SCIENTIFIC COMPUTING (SHANGHAI), VOLS I AND II, 266 - 269, 2002年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Discrete Huygens' modelling simulation of sound wave propagation in velocity varying environments
      Y Kagawa; T Tsuchiya; T Hara; T Tsuji
      JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION, 246(3) 419 - 439, 2001年09月, 研究論文(学術雑誌)
    • Finite element simulation of piezoelectric transformers
      T Tsuchiya; Y Kagawa; N Wakatsuki; H Okamura
      IEEE TRANSACTIONS ON ULTRASONICS FERROELECTRICS AND FREQUENCY CONTROL, 48(4) 872 - 878, 2001年07月, 研究論文(学術雑誌)
    • Equivalent circuit representation of a vibrating structure with piezoelectric transducers and the stability consideration in the active damping control
      Y Kagawa; T Tsuchiya; N Wakatsuki
      SMART MATERIALS & STRUCTURES, 10(2) 389 - 394, 2001年04月, 研究論文(学術雑誌)
    • 直接法・反復法併用アルゴリズムによる超音波トランスジューサの最適指向性合成シミュレーション
      土屋 隆生
      音響学会誌, 57(10) 649 - 655, 2001年
    • Discrete Huygens' modelling simulation of scattered and guided waves at microwaves and optical frequencies
      Y Kagawa; T Tsuchiya; H Yamaguchi; A Fuke; LY Chai
      COMPEL-THE INTERNATIONAL JOURNAL FOR COMPUTATION AND MATHEMATICS IN ELECTRICAL AND ELECTRONIC ENGINEERING, 20(4) 965 - 987, 2001年, 研究論文(学術雑誌)
    • Three-dimensional finite element simulation of a piezoelectric vibrator under gyration
      Y Kagawa; T Tsuchiya; T Sakai
      IEEE TRANSACTIONS ON ULTRASONICS FERROELECTRICS AND FREQUENCY CONTROL, 48(1) 180 - 188, 2001年01月, 研究論文(学術雑誌)
    • A single plate ultrasonic gyroscope in plane motion
      Y Kagawa; T Tsuchiya; T Sakai
      ULTRASONICS, 38(1-8) 827 - 829, 2000年03月, 研究論文(学術雑誌)
    • Optimization of the frequency characteristics in saw filter design
      KC Park; Y Kagawa; T Tsuchiya; KR Cho
      INVERSE PROBLEMS IN ENGINEERING, 8(5) 473 - 493, 2000年, 研究論文(学術雑誌)
    • Discrete Huygens' model approach to sound wave propagation - Reverberation in a room, sound source identification and tomography in time reversal
      Y Kagawa; T Tsuchiya; K Fujioka; M Takeuchi
      JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION, 225(1) 61 - 78, 1999年08月, 研究論文(学術雑誌)
    • 遺伝的アルゴリズム (GA) による弾性表面波フィルタの最適設計
      土屋 隆生
      シミュレーション, 18(1) 6 - 11, 1999年
    • Discrete Huygens' model approach to sound wave propagation
      Y Kagawa; T Tsuchiya; B Fujii; K Fujioka
      JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION, 218(3) 419 - 444, 1998年12月, 研究論文(学術雑誌)
    • Frequency characteristic optimization in surface acoustic wave filters by DFP approaches
      KC Park; Y Kagawa; T Tsuchiya; N Wakatuki
      INVERSE PROBLEMS IN ENGINEERING MECHANICS, 1 519 - 528, 1998年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • 数式処理による線状アレーからの電磁波散乱解析
      土屋 隆生
      シミュレーション, 17(1) 59 - 68, 1998年
    • Finite element simulation of electromagnetic induction transducers for impulsive intense sound
      T Tsuchiya; Y Kagawa; T Okamuro; H Mashima
      IEEE TRANSACTIONS ON ULTRASONICS FERROELECTRICS AND FREQUENCY CONTROL, 44(5) 1077 - 1086, 1997年09月, 研究論文(学術雑誌)
    • Design optimization of wire array for electromagnetic wave scattering using Mathematica
      Y Kagawa; T Tsuchiya; H Yamaguchi
      INNOVATION IN MATHEMATICS, 291 - 298, 1997年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • Finite element simulation of piezoelectric vibrator gyroscopes
      Y Kagawa; T Tsuchiya; T Kawashima
      IEEE TRANSACTIONS ON ULTRASONICS FERROELECTRICS AND FREQUENCY CONTROL, 43(4) 509 - 518, 1996年07月, 研究論文(学術雑誌)
    • Finite element simulation of dynamic responses of piezoelectric actuators
      Y Kagawa; T Tsuchiya; T Kataoka; T Yamabuchi; T Furukawa
      JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION, 191(4) 519 - 538, 1996年04月, 研究論文(学術雑誌)
    • 超音波CTに関する二,三の実験的考察 -逆投影法と散乱アルゴリズム
      土屋 隆生
      音響学会誌, 52(8) 605 - 615, 1996年
    • 声帯自励振動の有限要素シミュレーション : 呼気流の粘性の効果について
      霜山 竜一; 加川 幸雄; 土屋 隆生
      シミュレーション, 日本シミュレーション学会, 13(2) 133 - 142, 1994年06月15日
    • 声帯自励振動の有限要素シミュレーション-呼気流の粘性の効果について
      土屋 隆生
      シミュレーション, 13(2) 45 - 54, 1994年
    • BOUNDARY-ELEMENT ESTIMATION OF CURRENT-DENSITY DISTRIBUTION AND EDDY-CURRENT LOSS IN BUNDLED MULTIWIRE CABLES
      A SAKURAI; T TSUCHIYA; Y KAGAWA
      INTERNATIONAL JOURNAL OF NUMERICAL MODELLING-ELECTRONIC NETWORKS DEVICES AND FIELDS, 6(3) 169 - 181, 1993年08月, 研究論文(学術雑誌)
    • 大開口角を有する集束音源によって形成される非線形音場の有限要素解析
      土屋 隆生
      音響学会誌, 49(5) 334 - 339, 1993年
    • 超音波送受波器の最適指向性合成シミュレーション
      土屋 隆生
      シミュレーション, 12(1) 61 - 69, 1993年
    • FINITE-ELEMENT SIMULATION OF NONLINEAR SOUND-WAVE PROPAGATION
      Y KAGAWA; T TSUCHIYA; T YAMABUCHI; H KAWABE; T FUJII
      JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION, 154(1) 125 - 145, 1992年04月, 研究論文(学術雑誌)
    • A simulation study on nonlinear sound propagation by finite element approach
      Takao Tsuchiya; Yukio Kagawa
      Journal of the Acoustical Society of Japan (E), 13(4) 223 - 230, 1992年, 研究論文(学術雑誌)
    • FINITE-ELEMENT ANALYSIS OF FOCUSING FIELD IN NONLINEAR ACOUSTIC-WAVES
      T TSUCHIYA; Y KAGAWA
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS SHORT NOTES & REVIEW PAPERS, 30(1) 51 - 53, 1991年, 研究論文(学術雑誌)
    • 有限要素法による集束トランスジューサの応答解析
      土屋 隆生
      電子情報通信学会誌(A), 電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ, 74(7) 929 - 940, 1991年
    • ON THE EFFECTIVE NONLINEARITY PARAMETER OF SOUND-WAVES
      Y WATANABE; T TSUCHIYA
      FRONTIERS OF NONLINEAR ACOUSTICS, 408 - 413, 1990年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    • 音波の非線形相互作用の角度依存性に着目した媒質の非線形パラメータB/Aの測定法
      土屋 隆生
      音響学会誌, 一般社団法人日本音響学会, 45(11) 853 - 860, 1989年
    • A SOUND INTENSITY PROBE USING THE NONLINEAR BEHAVIORS OF SOUND-WAVE
      T TSUCHIYA; K KIMURA; Y WATANABE; Y URABE
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS SHORT NOTES & REVIEW PAPERS, 28(1) 194 - 196, 1989年, 研究論文(学術雑誌)
    • 波形歪現象からみた仮想音源生成機構の検討
      土屋 隆生
      音響学会誌, 一般社団法人日本音響学会, 44(9) 669 - 672, 1988年
    • MEASUREMENTS OF NON-INTERACTING ANGLE IN THE SCATTERING OF SOUND BY SOUND FOR GASES
      T TSUCHIYA; Y WATANABE; Y URABE
      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS SHORT NOTES & REVIEW PAPERS, 27(1) 73 - 75, 1988年, 研究論文(学術雑誌)
    • Parametric receiving array as a practical sound receiver
      Takao Tsuchiya; Yoshiaki Watanabe; Yasumasa Urabe
      Japanese Journal of Applied Physics, 25(1) 79 - 81, 1986年, 研究論文(学術雑誌)

    MISC

    • コウモリの超音波センシング戦略解明のための音響シミュレーションを利用した新たな解析手法
      手嶋優風; 土屋隆生; 飛龍志津子
      超音波テクノ, 34(6) 40 - 44, 2022年12月, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
    • FDTD法の初歩
      土屋隆生
      超音波TECHNO, 34(4) 53 - 58, 2022年07月, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
    • コウモリのエコーロケーション ―音で“見る” 術に学ぶ―
      手嶋優風; 土屋隆生; 飛龍志津子
      通信ソサイエティマガジン, Institute of Electronics, Information and Communications Engineers (IEICE), 61(1) 6 - 12, 2022年05月, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
    • FDTD法における移動音源の表現
      土屋隆生
      超音波TECHNO, 32 - 39, 2021年07月, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
    • VRとシリコンコンサートホール
      土屋隆生
      日本バーチャルリアリティ学会誌, 25(2) 19 - 24, 2020年06月
    • 音空間レンダリングとその実装
      土屋 隆生
      日本音響学会誌, 75(6) 358 - 364, 2019年06月, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
    • 音波伝搬シミュレーション
      土屋 隆生
      日本超音波医学誌, 45(1) 15 - 23, 2018年
    • 音場シミュレーションと音空間レンダリング
      土屋 隆生
      IEICE, Fundamentals Review, 一般社団法人 電子情報通信学会, 10(3) 206 - 218, 2017年
    • Multi-dimensional numerical simulation of sound propagation with background flow using constrained interpolation profile method
      A. Fukuda; K. Okubo; T. Oshima; T. Tsuchiya; M. Kanamori
      J. Acoust. Soc. Am, 140(4) 3250 - 3250, 2016年11月18日
    • A novel numerical simulation of acoustic Doppler effect using CIP-MOC method
      T. Sonobe; K. Okubo; N. Tagawa; T. Tsuchiya
      J. Acoust. Soc. Am, 140(4) 3249 - 3249, 2016年11月18日
    • 不均一グリッドを用いた特性曲線法音響解析におけるPML吸収性能の評価
      松村勇汰; 大久保寛; 土屋隆生; 田川憲男; 石塚崇
      超音波医学, (公社)日本超音波医学会, 43(5) 672 - 672, 2016年09月
    • 不均一グリッドを用いたCIP‐MOC法による音響数値シミュレーション
      松村勇汰; 大久保寛; 土屋隆生; 田川憲男; 石塚崇
      超音波医学, (公社)日本超音波医学会, 42(2) 281 - 281, 2015年03月15日
    • FDTD法による大規模音場解析と音空間レンダリング
      土屋 隆生
      日本海洋音響学会誌, 海洋音響学会, 41(4) 191 - 199, 2014年
    • Graphics Processing Unitを用いた音場の高速並列計算
      土屋 隆生
      音響学会誌, 69(2) 75 - 80, 2013年
    • WE‐FDTD法におけるPML境界
      土屋 隆生
      超音波TECHNO, 日本工業出版, 2012(11,12) 71 - 75, 2012年
    • FDTD法とCIP法を用いたハイブリッド音響シミュレーションに関する検討
      大宮理生; 大久保寛; 土屋隆生; 田川憲男
      超音波医学, (公社)日本超音波医学会, 38(3) 335 - 335, 2011年05月15日
    • 同志社大学応用メディア情報研究室 =音響グループ(土屋研究室)=
      土屋 隆生
      超音波TECHNO, 日本工業出版, 2011(9,10) 108 - 110, 2011年
    • 音場の数値計算における新しい展開:(4) GPUによる音場シミュレーションの高速化
      土屋 隆生
      海洋音響学会誌, 海洋音響学会, 38(2) 72 - 78, 2011年
    • 超音波基礎 FDTD法と境界積分方程式の結合解法による音場シミュレーション--アコースティックイメージングへの応用
      土屋 隆生
      超音波techno, 日本工業出版, 22(1) 32 - 36, 2010年01月
    • 音場の数値計算における新しい展開:(1) 音場の数値計算手法の概論
      土屋 隆生
      海洋音響学会誌, 海洋音響学会, 37(3) 169 - 175, 2010年
    • 超音波音場の時間領域数値シミュレーション
      土屋 隆生
      超音波TECHNO, 日本工業出版, 2010(1,2) 1 - 5, 2010年
    • シリコンコンサートホールの計算精度に関する検討
      土屋 隆生
      同志社大学理工学研究報告, 同志社大学, 50(1) 59 - 64, 2009年
    • ディジタルホイヘンスモデル(DHM)法による時間領域音場シミュレーション
      土屋 隆生
      日本海洋音響学会誌, 35(4) 268 - 276, 2008年
    • GPUを用いた音響ディジタルホイヘンスモデル法の高速化
      土屋 隆生
      同志社大学理工学研究報告, 同志社大学, 49(1) 45 - 52, 2008年
    • FPGAによる音場シミュレーションとその計算精度に関する検討
      土屋 隆生
      同志社大学理工学研究報告, 同志社大学, 47(2) 118 - 124, 2006年
    • 音場の数値シミュレーションと離散ホイヘンスモデル
      土屋 隆生
      同志社工学会報, 47 2 - 7, 2006年
    • 波動場の数値シミュレーション--離散ホイヘンスモデルを中心として (第42回同志社大学理工学研究所研究発表会,2004年度同志社大学ハイテク・リサーチ,学術フロンティア合同シンポジウム講演予稿集)
      土屋 隆生
      同志社大学理工学研究報告, 同志社大学理工学研究所, 45(4) 95 - 100, 2005年01月
    • パラメトリックマイクロホン
      渡辺 好章; 土屋 隆生
      日本音響学会誌, 一般社団法人日本音響学会, 51(5) 400 - 406, 1995年05月
    • 有限要素シミュレーションによる振動ジャイロの数値設計
      土屋 隆生
      超音波TECHNO, 6(12) 47 - 53, 1994年
    • 超音波アクチュエータの応答シミュレーション -圧電/磁歪の非定常有限要素解析-
      土屋 隆生
      超音波TECHNO, 5(12) 35 - 40, 1993年
    • A Basic Study on Nonlinear Sound Propagation by Finite Element Simulation
      Tsuchiya Takao; Kagawa Yukio
      Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University, Faculty of Engineering, Okayama University, 25(2) 69 - 80, 1991年03月28日
    • 音波の非線形相互作用を用いた音響インテンシティの計測
      木村 桂吾; 土屋 隆生; 渡辺 好章
      同志社大学理工学研究報告, 同志社大学理工学研究所, 30(2) p130 - 139, 1989年08月
    • パラメトリックアレーの応用
      土屋 隆生
      音響学会誌, 44(9) 689 - 694, 1988年

    書籍等出版物

    • VR/AR技術における感覚の提示,拡張技術と最新応用事例
      土屋隆生
      (株)技術情報協会, 2021年06月, 分担執筆, 第5章第3節 空間レンダリングとVRシステムへの実装方法
    • 遮音・吸音材料の 開発、評価と騒音低減技術
      土屋 隆生
      (株)技術情報協会, 2018年07月, 分担執筆, 第9章第11節 音空間レンダリング技術の開発
    • 電子情報通信学会100年史
      電子情報通信学会編; 土屋 隆生他
      電子情報通信学会, 2017年05月, 分担執筆, 3.5 音響シミュレーション
    • 音響キーワードブック
      日本音響学会編; 土屋 隆生
      コロナ社, 2016年03月, 分担執筆, 音空間レンダリング
    • 非線形音響 =基礎と応用=
      鎌倉友男編著; 土屋隆生
      コロナ社, 2014年03月, 分担執筆, 第4章 非線形音場の数値解析
    • シミュレーション辞典
      日本シミュレーション学会編; 土屋 隆生
      コロナ社, 2012年02月, 分担執筆, FDTD法による音場シミュレーション,有限要素法による音場シミュレーション
    • On the Passive Vibration Damping by Piezoelectric Transducers with Inductive Loading
      Systems Modeling and Simulation: Theory and Applications, Springer, LNAI 3398, 2004年
    • 等価回路網法入門 -伝達線路行列法と空間回路網法
      加川幸雄; 吉田則信; 土屋隆生; 佐藤雅弘
      森北出版, 2000年, 共著, 第1-3章
    • FEMプログラム選3
      加川幸雄編; 山淵龍夫; 村井忠邦; 土屋隆生
      森北出版, 1998年, 共著
    • FEMプログラム選2
      加川幸雄編; 山淵龍夫; 村井忠邦; 土屋隆生
      森北出版, 1997年, 共著
    • FEMプログラム選1
      加川幸雄編; 山淵龍夫; 村井忠邦; 土屋隆生
      森北出版, 1994年, 共著

    講演・口頭発表等

    • 3-D FDTD simulation of moving sound source and receiver with directivity
      Takao Tsuchiya; Yu Teshima; Shizuko Hiryu
      The 43rd Symposium on Ultrasonic Electronics, 2022年11月07日, 2022年11月07日, 2022年11月09日, ポスター発表
    • Simulation of induced potentials in bone under ultrasound irradiation
      Hidehisa Suzuyama; Taisei Tsubata; Keigo Maehara; Atsushi Hosokawa; Takao; Tsuchiya; Ko Chiba; Mami Matsukawa
      The 43rd Symposium on Ultrasonic Electronics, 2022年11月07日, 2022年11月07日, 2022年11月09日, ポスター発表
    • Build a training interface to install the bat's echolocation skills in humans
      Miyoko TSUMAKI; Yu TESHIMA; Takao TSUCHIYA; Kaoru ASHIHARA; Kohta KOBAYASI; Shizuko HIRYU
      24th. International Congress on Acoustics, ICA2022, Korea, 2022年10月27日, 2022年10月24日, 2022年10月28日, ポスター発表
    • Echo recovery in bats using acoustic simulation
      Yu TESHIMA; Takao TSUCHIYA; Yuta HASEGAWA; Shoko GENDA; Ryota MORIYAMA; Taku KAWAMURA; Shizuko HIRYU
      24th. International Congress on Acoustics, ICA2022, Korea, 2022年10月, 2022年10月24日, 2022年10月28日, 口頭発表(一般)
    • FDTD法による大規模音場解析
      土屋隆生
      Advance/FrontNoiseセミナー, 2022年10月20日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
    • 非線形音響手法とFDTD法によるマッハカットオフ騒音のハイブリッド解析
      土屋隆生; 金森正史
      第60回飛行機シンポジウム, 2022年10月12日, 2022年10月11日, 2022年10月13日, 口頭発表(一般)
    • 移動多重極音源の2次元FDTDシミュレーション
      土屋隆生
      日本音響学会騒音・振動研究会/アコースティックイメージング研究会, 2022年10月06日, 2022年10月06日, 2022年10月06日, 口頭発表(一般)
    • 橈骨への超音波入射角度と誘発電位の関係 ーPEFDTD 法によるシミュレーションー
      鈴山 英寿; 津幡 大聖; 前原 渓吾; 細川 篤; 土屋 隆生; 松川 真美
      日本音響学会2022秋季研究発表会, 2022年09月15日, 2022年09月14日, 2022年09月16日, ポスター発表
    • マッハカットオフ騒音のハイブリッド解析の試み
      土屋 隆生; 金森 正史
      日本音響学会2022年秋季研究発表会, 2022年09月15日, 2022年09月14日, 2022年09月16日, 口頭発表(一般)
    • 仮想空間における視線追跡情報を用いたヒトのエコーロケーション学習過程の検討
      津牧 美葉子; 手嶋 優風; 土屋 隆生; 蘆原 郁; 小林 耕太; 飛龍 志津子
      日本音響学会2022年秋季研究発表会, 2022年09月14日, 2022年09月14日, 2022年09月16日, ポスター発表
    • FDTD音響シミュレーションを用いたコウモリの聴 覚指向性の評価 - エコーロケーションにおける耳 珠の役割に関する考察
      加藤 めぐみ; 野村 拓水; 手嶋 優; 風; 土屋 隆生; 飛龍 志津子
      日本音響学会2022年秋季研究発表会, 2022年09月14日, 2022年09月14日, 2022年09月16日, ポスター発表
    • Visualization of grasp space and attention transitions in bats using echo reconstruction with acoustic simulation
      Yu Teshima; Yuta Hasegawa; Megumi Kato; Takumi Nomura; Takao Tsuchiya; Hiryu Shizuko
      International Congress Neuroethology 2022, 2022年07月28日, 2022年07月24日, 2022年07月29日, ポスター発表
    • 非線形音響手法とFDTD法によるソニックブーム騒音のハイブリッド解析
      土屋隆生; 金森正史
      2022年度非線形音響研究会, 2022年07月23日, 2022年07月23日, 2022年07月24日, 口頭発表(一般)
    • オペラント条件づけによるコウモリの物体弁別能力の検討
      茂木麻友子; 手嶋優風; 西田 晴; 土屋隆生; 飛龍志津子
      電子情報通信学会超音波研究会/アコースティックイメージング研究会, 2022年06月30日, 口頭発表(一般)
    • 指向性を有する移動音源/受音点の2次元FDTDシミュレーション
      土屋隆生; 手嶋優風; 飛龍志津子
      電子情報通信学会超音波研究会/アコースティックイメージング研究会, 2022年06月30日, 口頭発表(一般)
    • FDTD シミュレーションを用いたエコー復元による コウモリの周回飛行中の注意推定
      長谷川雄大; 手嶋優風; 森山涼太; 源田祥子; 河村拓; 土屋隆生; 飛龍志津子
      海洋音響学会2022年度研究発表会, 2022年05月26日, 2022年05月26日, 2022年05月27日, 口頭発表(一般)
    • 音場シミュレーションの大規模化とその応用
      土屋隆生
      JSNDI第3回先進超音波計測に関する萌芽技術研究会, 2022年03月28日, 口頭発表(招待・特別)
    • 大規模音場シミュレーションとその応用
      土屋隆生
      同志社大学超音波応用科学研究センター2022年3月例会, 2022年03月17日, 口頭発表(招待・特別)
    • グラフ深層学習を用いたイベントとシーンの同時分析
      高橋皓大; 井本桂右; 土屋隆生
      日本音響学会2022年春季研究発表会, 2022年03月09日, 2022年03月09日, 2022年03月11日, 口頭発表(一般)
    • Multitask Learning of Acoustic Scenes and Events Using Dynamic Weight Adaptation Based on Multi-Focal Loss
      Kayo Nada; Keisuke Imoto; Reina Iwamae; Takao Tsuchiya
      13th Asia Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA ASC), 2021年12月14日, 2021年12月14日, 2021年12月17日, 口頭発表(一般)
    • 3-D FDTD simulation of moving sound source and receiver
      Takao Tsuchiya; Yu Teshima; Shizuko Hiryu
      Proc. 42nd Symp. on Ultrason. Electr. 3Pb2-4 (USE2021), 2021年10月27日, 2021年10月25日, 2021年10月27日, ポスター発表
    • (Plenary Talk) Recent techniques on sound field simulation
      Takao Tsuchiya
      Proc. 42nd Symp. on Ultrason. Electr., 1PL (USE2021), 2021年10月25日, 2021年10月25日, 2021年10月27日, 口頭発表(招待・特別)
    • マッハカットオフ騒音の2 次元FDTD解析の試み
      土屋隆生; 金森正史
      日本音響学会騒音・振動研究会,AI研究会, 2021年10月11日, 2021年10月11日, 2021年10月11日, 口頭発表(一般)
    • コウモリの物体識別能力の検討~見えないところが,音なら“見える”!?~
      茂木麻友子; 手嶋優風; 西田晴; 土屋隆生; 小林耕太; 飛; 龍志津子
      第40回日本動物行動学会大会, 2021年09月22日, 2021年09月21日, 2021年09月23日, ポスター発表
    • 移動音源/受音点の3次元FDTD法シミュレーション
      土屋隆生; 手嶋優風; 飛龍志津子
      日本音響学会2021年度秋季研究発表会, 2021年09月07日, 2021年09月07日, 2021年09月09日, 口頭発表(一般)
    • Two-Dimensional Finite Difference-Time Domain Analysis of Focus Boom Noise with Velocity Disturbance in the Atmosphere
      T. Tsuchiya; M. Kanamori
      Inter-Noise 2021, 2021年08月03日, 2021年08月01日, 2021年08月05日, ポスター発表
    • 強化学習を用いたコウモリのエコーロケーション行動の分析ー障害物回避時における飛行経路と超音波センシングの変化についてー
      河村 拓; 手嶋 優風; 長谷川 雄大; 源田 祥子; 土屋 隆生; 飛龍 志津子
      2021年度第2回アコースティックイメージング研究会, 2021年08月02日, 2021年08月02日, 口頭発表(一般)
    • FINITE DIFFERENCE TIME DOMAIN METHOD OF MOVING SOURCE AND RECEIVER FOR ANALYSIS OF BAT SONAR SYSTEM
      Y. Teshima; T. Tsuchiya; Y. Hasegawa; T. Kawamura; S. Hiryu
      27th International Congress on Sound and Vibration, 2021年07月12日, 2021年07月11日, 2021年07月16日, 口頭発表(一般)
    • FDTDシミュレーションによるキクガシラコウモリの聴覚指向性の評価
      野村拓水; 手嶋優風; 土屋隆生; 飛龍志津子
      電子情報通信学会超音波研究会/日本音響学会アコースティックイメージング研究会, 2021年06月18日, 2021年06月18日, 口頭発表(一般)
    • FDTDシミュレーションを用いたエコー再現によるコウモリの注意の検討
      長谷川 雄大; 手嶋 優風; 河村 拓; 土屋 隆生; 飛龍 志津子
      電子情報通信学会超音波研究会/日本音響学会アコースティックイメージング研究会, 2021年06月18日, 2021年06月18日, 口頭発表(一般)
    • 移動音源/受音点の2次元FDTD法シミュレーション
      土屋隆生; 手嶋優風; 飛龍志津子
      電子情報通信学会超音波研究会/日本音響学会アコースティックイメージング研究会, 2021年06月18日, 2021年06月18日, 口頭発表(一般)
    • 音響イベントとシーンのマルチタスク学習における 評価関数の重みの自動調整
      岩前玲那; 白波瀬壮; 髙橋皓大; 井本桂右; 土屋隆生
      日本音響学会2021年春季研究発表会, 2021年03月12日, 2021年03月10日, 2021年03月12日
    • 大気擾乱を考慮したフォーカスブーム騒音のFDTD解析
      土屋隆生; 金森正史
      日本音響学会2021年度春季研究発表会, 2021年03月10日, 2021年03月10日, 2021年03月12日, 口頭発表(一般)
    • SVMを用いた形状分類とFDTD シミュレーョンによる反射波形評価 -コウモリの形状把握に関する考察-
      植村 宥勝; 手嶋 優風; 土屋 隆生; 飛龍 志津子
      電子情報通信学会超音波研究会US2020-69, 2021年02月22日, 口頭発表(一般)
    • FDTD法によるフォーカスブームの線形解析の試み
      土屋隆生; 金森正史
      第 58 回飛行機シンポジウム講演集, 2020年11月27日, 2020年11月25日, 2020年11月27日, 口頭発表(一般)
    • 2 次元FDTD 法における任意軌道を伴う移動音源
      Takao Tsuchiya; Masashi Kanamori
      Proc. Symp. Ultrason. Electron., 2020年11月25日, 2020年11月25日, 2020年11月26日, 口頭発表(一般), Online
    • FDTD法を使用したコウモリの認識空間の可視化による飛行戦略の検討
      手嶋 優風; 山田恭史; 土屋隆生; 飛龍志津子
      騒音・振動研究会,AI研究会, 2020年10月21日, 口頭発表(一般)
    • 飛翔を用いた航空機内騒音の計測と数値解析について
      高橋 孝; 浦 弘樹; 大久保 寛; 土屋隆生
      流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム2020オンライン, 2020年09月29日, 2020年09月28日, 2020年09月30日, 口頭発表(一般)
    • 音響シミュレーションを使用したエコー源の可視化によるコウモリのセンシング戦略の検討
      手嶋優風; 山田恭史; 土屋隆生; 飛龍志津子
      日本音響学会2020年秋季研究発表会, 2020年09月10日, 2020年09月09日, 2020年09月11日
    • 高層気象観測データをもとにしたMach cutoff 騒音の評価
      土屋隆生; 金森正史
      日本音響学会2020年秋季研究発表会(online), 2020年09月09日, 2020年09月09日, 2020年09月11日, 口頭発表(一般)
    • Numerical analysis of sonic boom noise based on aerological observation data under the Mach cutoff condition
      T. Tsuchiya; M. Kanamori
      Inter-noise 2020, 2020年08月24日, 2020年08月23日, 2020年08月26日, 口頭発表(一般), Seoul (online)
    • 高層気象観測データをもとにしたMach cutoff発生時のソニックブーム騒音の解析
      土屋隆生; 金森正史
      騒音・振動研究会, N-2020-05, 2020年01月10日, 口頭発表(一般)
    • 自由視聴点VRの実装
      大川直紀; 土屋隆生
      第22回関西支部若手研究者交流研究発表会, 39, 大阪, 2019年11月30日, ポスター発表
    • Moving sound source for FDTD method
      Takao Tsuchiya; Masashi Kanamori; Takashi Takahashi
      Proc. Sympo. Ultrason. Electron., Vol. 40, 2P2-2, 2019年11月26日, ポスター発表
    • 成層大気中のcaustic を伴って伝搬する音波による地上騒音の数値解析
      土屋隆生; 金森正史; 高橋孝
      第57回飛行機シンポジウム,JSASS-2019-5073, 下関, 2019年10月17日, 口頭発表(一般)
    • 音空間レンダリングにおける移動音源の表現
      土屋隆生; 金森正史; 高橋孝
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2019-26, 2019年08月08日, 口頭発表(一般), 東北大通研
    • 高次の球面調和関数展開に基づいた多重極子による指向性合成の試み ~FDTD法への実装~
      坂本大地; 土屋隆生
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2019-14, 2019年07月16日, 口頭発表(一般), 北海道
    • ISSACにおける航空機内外の解析・計測技術に関する研究
      高橋孝; 浦弘樹; 池田友明; 大久保寛; 土屋隆生
      第51回流体力学講演会/第37回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム,1A16, 2019年07月02日, 口頭発表(一般)
    • 温度勾配及び速度擾乱を持つ大気中における Mach cutoff 発生時の線形音波伝搬解析
      土屋 隆生; 金森 正史; 高橋 孝
      日本音響学会2019年春季研究発表会, 1-7-4, 2019年03月05日, 口頭発表(一般), 早稲田大
    • マッハカットオフ再現を目指した 温度勾配及び速度擾乱を持つ大気中の線形音波伝搬解析
      土屋 隆生
      第56回飛行機シンポジウム,1E16, 2018年11月14日, 口頭発表(一般)
    • マッハカットオフ再現を目指した温度勾配を持つ大気中の線形音波伝搬解析
      土屋隆生; 金森正史; 高橋 孝
      日本音響学会2018年度秋季研究発表会,1-8-10, 2018年09月12日, 口頭発表(一般), 日本音響学会, 大分
    • 高次の球面調和関数展開に基づいた多重極子による指向性合成の試み
      坂本大地; 土屋隆生
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2018-30, 2018年08月, 仙台
    • 音空間レンダリングによる薬師堂の鳴竜の再現
      竹貫一生; 神原拓也; 土屋隆生; 長谷川光司
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2017-122, 2018年03月, 石垣
    • シミュレーションと実験によるバイノーラル信号を用いた水平面音像定位実験
      青山澪; 坂本大地; 土屋隆生
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2017-121, 2018年03月, 石垣
    • 全方位に対応したバイノーラルレンダリングの試み
      松下 翔; 土屋 隆生
      日本音響学会2018年度春季研究発表会,2-P-27, 2018年03月, 埼玉
    • A study on the object-based audio by sound field rendering with surrounding loudspeaker array system
      T. Tsuchiya; Y. Iwaya; M. Otani; S. Sakamoto
      東北大学平成29年度共同プロジェクト研究発表会, 2018年02月, 仙台
    • バイノーラル音空間レンダリングを用いた自由視聴点VRの試み
      土屋隆生
      超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム(URCF), 「VR/ARのためのオーディオ」セミナー, 2018年01月, 東京
    • FDTD系音響数値解析における境界条件の実装に関する一検討
      大西絵理; 大久保寛; 土屋隆生; 金森正史
      電子情報通信学会技術研究報告,US2017-100, 2018年1月, 2018年01月, 大阪
    • CIP-MOC法を用いた音響ドップラー効果の時間領域数値解析
      園部拓郎; 大久保寛; 田川憲男; 土屋隆生
      電子情報通信学会技術研究報告,US2017-97, 2018年01月, 大阪
    • 実空間を対象とした音空間レンダリング −実測との比較−
      竹貫一生; 土屋隆生
      第20回日本音響学会関西支部若手研究者交流研究発表会, 2017年12月, 京都
    • 二軸回転に対応したバイノーラルレンダリングの実装
      松下 翔; 飯野慎吾; 土屋隆生
      第20回日本音響学会関西支部若手研究者交流研究発表会, 2017年12月, 京都
    • 移動視聴点を実装した VR 音響の試み
      飯野慎吾; 松下 翔; 土屋隆生
      第20回日本音響学会関西支部若手研究者交流研究発表会, 2017年12月, 京都
    • 3-D compact explicit-finite difference time domain scheme for density variation
      Takao Tsuchiya; Naoki Maruta
      38th. Sympo. Ultrason. Electron., 2017年11月, 多賀城
    • Three-dimensional Numerical Acoustic Simulation with Background Flow Using Method of Characteristics
      A. Fukuda; K. Okubo; T. Oshima; T. Tsuchiya; M. Kanamori
      38th. Sympo. Ultrason. Electron., 2017年11月, 多賀城
    • 自由視聴点VR
      土屋隆生
      2017年度リエゾンフェア・ハリス理化学研究所発表会, 2017年11月, 京都
    • 自由視聴点レンダリング技術の開発
      土屋隆生
      2017年度ハリス理化学研究所発表会, 2017年11月, 京都
    • CIP法を用いた媒質の移流を考慮した3次元音波伝搬シミュレーション
      福田晃大; 大久保寛; 大嶋拓也; 土屋隆生; 金森正史
      日本音響学会2017年度秋季研究発表会,1-Q-33, 2017年09月, 松山
    • フレネル・キルヒホッフ回折公式を用いたバイノーラル音空間レンダリングの高速化の検討
      飯野慎吾; 松下 翔; 土屋隆生
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2017-8, 2017年08月, 仙台
    • 移動音源から放射された音波の長距離伝搬解析
      土屋隆生; 金森正史
      2017年度非線形音響研究会資料17-13, 2017年07月, 軽井沢
    • パラメトリックスピーカの3次元FDTD法解析
      土屋隆生; 野村英之
      電子情報通信学会技術研究報告,US2017-4, 2017年04月, 東京
    • ポスター講演 媒質の移流を考慮した音波伝搬解析へのCIP法の適用と評価 (音声)
      福田 晃大; 大久保 寛; 大嶋 拓也; 土屋 隆生; 金森 正史
      電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2017年03月01日, 2017年03月01日, 2017年03月01日, 電子情報通信学会
    • 大気の温度勾配を考慮した長距離音波伝搬解析
      土屋隆生; 金森正史
      日本音響学会騒音・振動研究会資料,N-2017-10, 2017年03月, 東京
    • エッジコンピューティングを用いたネットワーク型聴覚ディスプレイシステムの検討
      伊藤修平; 岩谷幸雄; 大谷 真; 土屋隆生
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2016-121, 2017年03月, 那覇
    • 媒質の移流を考慮した音波伝搬解析へのCIP法の適用と評価
      福田晃大; 大久保寛; 大嶋拓也; 土屋隆生; 金森正史
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2016-90, 2017年03月, 那覇
    • 音空間レンダリングを実装したVRシステム 〜 自由視聴点レンダリングを目指して 〜
      土屋隆生
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2016-76, 2017年01月, 京都
    • 純水と湖水の音速 -琵琶湖北個(2015年3月)-
      北村暁晴; 土屋隆生; 坂本眞一; 小山大介; 松川真美; 渡辺好章
      電子情報通信学会技術研究報告,US2016-119, 2017年01月, 京都
    • Perceptual optimization of sound field reproduction system and sound field rendering with software/hardware-based acoustic simulation.
      M. Otani; T. Tsuchiya; Y. Iwaya; Y. Inoguchi
      ASA and ASJ 5th Joint Meeting, 2016年12月, Honolulu
    • Evaluation of dependence on calculation parameters in interface settings for finite-difference time-domain analyses of acoustic fields
      C. Ogawa; K. Okubo; T. Tsuchiya
      ASA and ASJ 5th Joint Meeting, 2016年12月, Honolulu
    • Multi-dimensional numerical simulation of sound propagation with background flow using constrained interpolation profile method
      K. Okubo; T. Oshima; T. Tsuchiya; M. Kanamori
      ASA and ASJ 5th Joint Meeting, 2016年12月, Honolulu
    • A novel numerical simulation of acoustic Doppler effect using CIP-MOC method
      T. Sonobe; K. Okubo; N. Tagawa; T. Tsuchiya
      ASA and ASJ 5th Joint Meeting, 2016年12月, Honolulu
    • Three-dimensional numerical simulation of parametric speaker by compact explicit finite-difference time-domain method
      T. Tsuchiya; H. Nomura
      ASA and ASJ 5th Joint Meeting, 2016年12月, Honolulu
    • Development of a high presence virtual reality system by binaural sound field rendering with head mount display
      K. Sugiura; S. Iino; T. Tsuchiya
      ASA and ASJ 5th Joint Meeting, 2016年12月, Honolulu
    • Discrimination of virtual sound fields different in spatial aliasing
      Y. Iwaya; M. Otani; T. Tsuchiya
      ASA and ASJ 5th Joint Meeting, 2016年12月, Honolulu
    • インタラクティブな音空間レンダラーの構築
      杉浦恭輔; 土屋隆生; 大谷真
      日本音響学会建築音響研究会, 2016年10月21日, 2016年10月21日, 口頭発表(一般)
    • 不均一グリッドを用いた特性曲線法音響解析におけるPML吸収性能の評価
      松村勇汰; 大久保寛; 土屋隆生; 田川憲男; 石塚崇
      超音波医学, 2016年09月, 2016年09月, 2016年09月, (公社)日本超音波医学会
    • 頭部モデルを考慮したバイノーラル音空間レンダリングとHMDによる高臨場感VRシステム
      杉浦恭輔; 飯野慎吾; 土屋隆生
      日本音響学会2016年度秋季研究発表会,2-P-42, 2016年09月, 富山
    • FDTD音響解析における媒質間境界に対する計算パラメータの依存性評価
      小川千尋; 大久保寛; 土屋隆生
      日本音響学会2016年度秋季研究発表会,1-Q-33, 2016年09月, 富山
    • 時間領域数値解析を用いた音響ドップラー効果のシミュレーション
      園部拓郎; 大久保寛; 田川憲男; 土屋隆生
      日本音響学会2016年度秋季研究発表会,1-Q-31, 2016年09月, 富山
    • CIP法を用いた媒質の移流を含む音響数値シミュレーション
      福田晃大; 大久保寛; 大嶋拓也; 土屋隆生; 金森正史
      日本音響学会2016年度秋季研究発表会,1-2-9, 2016年09月, 富山
    • FDTD法による任意境界音場計算のためのボクセライザーの開発
      土屋隆生
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2016-28, 2016年08月, 仙台
    • リアルタイム畳み込みシステムを用いた音空間レンダラーの構築と評価
      杉浦恭輔; 土屋隆生; 大谷 真; 末永 司; 白木原太
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2016-17, 2016年07月, 浜松
    • 非同次波動方程式のFDTD 法解析
      土屋隆生; 大久保寛; 金森正史; 大道勇哉; 高橋 孝ー
      2016年度非線形音響研究会資料16-7, 2016年07月, 軽井沢
    • Lighthill方程式の3次元FDTD法解析
      土屋隆生; 大久保寛; 金森正史; 大道勇哉; 高橋 孝
      電子情報通信学会技術研究報告,US2016-29, 2016年06月, 富山
    • 特性曲線法を用いた媒質の移流を含む音響伝搬数値解析の検討
      福田晃大; 大久保 寛; 大嶋拓也; 土屋隆生; 金森正史
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2015-107, 2016年03月, 大分
    • 空間的折り返し歪み発生の上限周波数の異なる合成音場の弁別
      鎗水翔也; 岩谷幸雄; 土屋隆生; 大谷 真
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2015-102, 2016年03月, 大分
    • ネットワーク聴覚ディスプレイに基づくバーチャルコンサートシステムの開発と評価
      伊藤修平; 岩谷幸雄; 大谷 真; 土屋隆生
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2015-101, 2016年03月, 大分
    • バイノーラル合成による超多チャンネル波面合成の模擬 〜汎用計算機による再現可能周波数の検討〜
      渡部 光; 大谷 真; 細萱 友貴; 土屋隆生; 岩谷幸雄
      日本音響学会2016年度春季研究発表会, 2016年03月, 東京
    • リアルタイム畳み込みシステムによる音空間レンダラー
      杉浦恭輔; 國本佳樹; 土屋隆生; 大谷 真; 岩谷幸雄
      日本音響学会2016年度春季研究発表会, 2016年03月, 東京
    • Design of a real-time sound field rendering processor
      T. Yiyu; Y. Inoguchi; M. Otani; Y. Iwaya; Takao Tsuchiya
      RISP Int. Workshop Nonlinear Circuits, Comm. and Signal Processing 2016, 2016年03月, Honolulu
    • 波面合成における境界離散化間隔が室内音場の合成精度に与える影響の検討 (応用音響)
      渡部 光; 大谷 真; 土屋 隆生
      電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2015年12月11日, 2015年12月11日, 2015年12月11日, 電子情報通信学会
    • 音空間レンダリングを用いたリアルタイム音場再現システムの構築
      杉浦 恭輔; 國本 佳樹; 土屋 隆生
      第18回日本音響学会関西支部若手研究者交流研究発表会, 2015年12月, 大阪
    • 波面合成における境界離散化間隔が室内音場の合成精度に与える影響の検討
      渡部 光; 大谷 真; 土屋隆生; 岩谷幸雄
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2015-44, 2015年12月, 金沢
    • ベクトル型FDTD法の境界条件について
      杉浦恭輔; 土屋隆生; 岩谷幸雄; 大谷 真
      日本音響学会2015年度秋季研究発表会, 2015年09月, 会津
    • これから始める音響数値シミュレーション
      土屋隆生
      日本音響学会2015年度秋季研究発表会, 2015年09月, 会津
    • Virtual Auditory Display on a Smartphone for High-Resolution Acoustic Space by Remote Rendering
      Y. Iwaya; M. Otani; T. Tsuchiya; J. Li
      11th Int. Conf. Intelligent Info. Hiding and Multimedia Signal Proc., IIH-MSP 2015, 2015年09月, Adelaide
    • Perception of acoustical spatial attributes and impression in virtually rendered sound field
      Y. Iwaya; M. Otani; T. Tsichiya; Y. Inoguchi
      22th Int. Cong. Sound & Vib., 2015年07月, Florence
    • Impact of discretization spacing on reproduction accuracy in wave field synthesis
      M. Otani; H. Watabe; T. Tsuchiya; Y. Iwaya
      22th Int. Cong. Sound & Vib., 2015年07月, Florence
    • 不均一グリッドを用いた特性曲線法音響解析におけるPML吸収性能の評価 (超音波)
      松村 勇汰; 大久保 寛; 土屋 隆生
      電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2015年06月19日, 2015年06月19日, 2015年06月19日, 電子情報通信学会
    • 粒子速度を用いたCE-FDTD法 −2次元の場合−
      土屋 隆生; 杉浦 恭輔; 岩谷幸雄; 大谷 真
      電子情報通信学会技術研究報告,US2015-26, 2015年06月, 熊本
    • 不均一グリッドを用いた特性曲線法音響解析におけるPML吸収性能の評価
      松村勇汰; 大久保寛; 土屋隆生; 田川憲男; 石塚崇
      電子情報通信学会技術研究報告,US2015-25, 2015年06月, 熊本
    • 不均一グリッドを用いたCIP‐MOC法による音響数値シミュレーション
      松村勇汰; 大久保寛; 土屋隆生; 田川憲男; 石塚崇
      超音波医学, 2015年03月15日, 2015年03月15日, 2015年03月15日, (公社)日本超音波医学会
    • PML吸収境界を用いた不均一グリッドにおけるハイブリッドMM-MOC法による音響数値解析 (信号処理)
      松村 勇汰; 大久保 寛; 田川 憲男; 土屋 隆生; 石塚 崇
      電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2015年03月02日, 2015年03月02日, 2015年03月02日, 一般社団法人電子情報通信学会
    • CE-FDTD法による球面上の音圧解析
      山下 脩; 土屋隆生; 岩谷幸雄; 大谷 真; 井口 寧
      日本音響学会2015年度春季研究発表会, 2015年03月, 東京
    • バイノーラル合成による超多チャンネル波面合成の模擬 〜境界離散化間隔が合成音場に与える影響の検討〜
      渡部 光; 大谷 真; 土屋隆生; 岩谷幸雄
      日本音響学会2015年度春季研究発表会, 2015年03月, 東京
    • 空間的折り返し歪みの異なる仮想音空間の音質評価
      鎗水翔也; 岩谷幸雄; 大谷 真; 土屋隆生
      日本音響学会2015年度春季研究発表会, 2015年03月, 東京
    • Reflective boundary condition with arbitrary boundary shape for compact explicit-finite difference time domain method
      O. Yamashita; T. Tsuchiya; Y. Iwaya; M. Otani; Y. Inoguchi
      35th. Sympo. Ultrasonic Electron, 2014年12月, 東京
    • クライアント音源の遠隔空間レンダリング遅延解析
      庄子拓也; 岩谷幸雄; 大谷 真; 土屋隆生; Junfeng Li
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2014-53, 2014年12月, 金沢
    • スピーカ密度の異なる仮想音場の主観評価
      鎗水翔也; 岩谷幸雄; 大谷 真; 土屋隆生
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2014-52, 2014年12月, 金沢
    • 波面合成方式における離散化間隔が合成精度に与える影響
      渡部 光; 大谷 真; 土屋隆生; 岩谷幸雄
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2014-51, 2014年12月, 金沢
    • 音響トモグラフィによる琵琶湖の水質環境モニタリングに向けた基礎的研究−湖水音速の検討−
      北村暁晴; 土屋隆生; 渡辺好章; 坂本眞一
      第52回同志社大学理工学研究所研究発表会, 2014年12月, 京都
    • 音空間レンダリングによる仮想音響空間創出の試み(招待講演)
      土屋隆生; 岩谷幸雄; 大谷 真
      熊本大学SCOPE技術検討委員会, 2014年10月, 熊本
    • 音空間レンダリングによる仮想音響空間の創出とその展望(招待講演)
      土屋隆生
      関西大学先端科学技術推進機構講演会, 2014年10月, 大阪
    • 音空間レンダリングとその今後
      土屋隆生; 岩谷幸雄; 大谷 真
      電子情報通信学会2014年ソサイエティ大会, AI-1-4, 2014年10月, 徳島
    • 弾性波数値解析のためのGPGPUインタラクティブシミュレーション
      河田直樹; 大久保寛; 田川憲男; 土屋隆生
      日本音響学会2014年度秋季研究発表会, 2014年09月, 札幌
    • 音空間レンダリングのための任意形状の取り扱いについて -その2 適用例-
      山下 脩; 土屋隆生; 岩谷幸雄; 大谷 真; 井口 寧
      日本音響学会2014年度秋季研究発表会, 2014年09月, 札幌
    • 音空間レンダリングのための任意形状の取り扱いについて _その1 境界条件_
      土屋隆生; 山下 脩; 岩谷幸雄; 大谷 真; 井口 寧
      日本音響学会2014年度秋季研究発表会, 2014年09月, 札幌
    • 不均一グリッドを用いた特性曲線法による音響数値シミュレーション
      松村勇汰; 大久保寛; 田川憲男; 土屋隆生; 石塚崇
      日本音響学会2014年度秋季研究発表会, 2014年09月, 札幌
    • Binaural synthesis of virtual acoustic field by numerous-channel reproduction
      M. Otani; T. Tsuchiya; Y. Iwaya
      Three-Dimensional Systems and Applications Conference (3DSA2014)_, 2014年09月, Seoul
    • Sound localization in surrounding loudspeaker array with spatial aliasing
      Y. Iwaya; T.Tsuchiya; M. Otani
      Three-Dimensional Systems and Applications Conference (3DSA2014)_, 2014年09月, Seoul
    • Virtual Auditory Display by Remote Rendering via Computer Networ
      Y. Iwaya; M. Otani; T. Tsuchiya
      10th Int. Conf. Intelligent Info. Hiding and Multimedia Signal Proc., IIH-MSP 2014, 2014年08月, Kitakyushu
    • 音空間レンダリングとその可能性について
      土屋隆生; 岩谷幸雄; 大谷 真
      日本音響学会建築音響研究会,AA2014-30, 2014年05月, 京都
    • FDTD 法による大規模音場解析と音空間レンダリング
      土屋隆生
      海洋音響学会2014年度研究発表会, 2014年05月, 東京
    • 多チャンネル音場再現のバイノーラル合成による模擬
      大谷 真; 内田 涼; 土屋隆生; 岩谷幸雄
      2014年電子情報通信学会総合大会, 2014年03月
    • CE-FDTD法の反射境界について
      土屋隆生; 岩谷幸雄; 大谷 真
      日本音響学会2014年春季研究発表会, 2014年03月, 東京
    • 空間的折り返し歪みがある稠密スピーカ音場における音像定位
      鎗水翔也; 山本逸朗; 東海林凌; 岩谷幸雄; 土屋隆生
      日本音響学会2014年春季研究発表会, 2014年03月, 東京
    • 包囲型スピーカアレイにレンダリングされた高精細音空間の主観的評価
      土屋隆生; 岩谷幸雄; 大谷 真; 井口 寧; 鈴木陽一
      東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究発表会, 2014年02月, 仙台
    • 遠隔レンダリング型聴覚ディスプレイの試作
      岩谷幸雄; 庄子拓也; 川崎誉洋; 千葉順子; 大谷 真; 土屋隆生
      電子情報通信学会技術研究報告,EMM2013-90, 2014年01月, 大阪
    • CE-FDTD法の境界条件について 〜密度変化の取り扱い〜
      丸田直樹; 山下 脩; 土屋隆生; 大谷 真; 岩谷幸雄
      電子情報通信学会技術研究報告,US2013-90, 2014年01月, 大阪
    • 音響トモグラフィを用いた琵琶湖の水質環境モニタリングヘ向けた基礎的研究
      北村暁晴; 土屋隆生; 末松周; 渡辺好章; 坂本眞一
      第51回同志社大学理工学研究所研究発表会, 2013年12月, 京都
    • A Real-time Sound Rendering System based on the Finite-Difference Time-Domain Algorithm
      T. Yiyu; Y. Inoguchi; Y. Sato; M. Otani; Y. Iwaya; H. Matsuoka; T. Tsuchiya
      34 th. Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2013年11月, 京都
    • Numerical Analysis of Sound Wave Propagation by Combination Method using Amplitude Component of FDTD Solution and Phase Component of CIP Solution
      T. Tsuchiya; S. Sugimura; K. Okubo
      34 th. Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2013年11月, 京都
    • Subjective Evaluation of High-definition Virtual Sound Field using a 157-channel Surrounding Loudspeaker Arr
      Y. Iwaya; T. Tsuchiya
      9th Int. Conf. Intelligent Info. Hiding and Multimedia Signal Proc., IIH-MSP 2013, 2013年10月, Beijing
    • 空間レンダリングされた高精細音空間の主観評価
      山本逸朗; 鎗水翔也; 岩谷幸雄; 土屋隆生
      日本音響学会2013年秋季研究発表会, 2013年09月
    • 包囲型マイクロホン・スピーカアレイによる音空間レンダリングの試み
      土屋隆生; 岩谷幸雄; 大谷 真; 井口 寧
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2013-57, 2013年08月, 仙台
    • GPUクラスタによる音空間レンダリングと高精細可聴化
      土屋隆生
      GPU Technology Conference (GTC) Japan 2013, 2013年07月, 東京
    • Large-Scale Sound Field Rendering in Rectangular room with Specular Reflection
      T. Tsuchiya; O. Yamashita
      20th Int. Conf. Sound & Vib., 2013年07月, Bangkok
    • Large-scale sound field rendering with graphics processing unit cluster for three-dimensional audio with loudspeaker array
      T. Tsuchiya; Y. Iwaya; M. Otani
      Int. Conf. Acoustics 2013, 2013年06月, Montreal
    • GPU Computing-Based High-Speed Visualization Techniquws for Numerical Simulation of Sound Wave Propagation
      N. Kawada; K. Okubo; N. Tagaewa; T.Tsuchiya
      32nd Int. Acoustical Imaging Sympo., 2013年04月, Singapore
    • 矩形室非拡散音場の残響特性に関する検討 −3次元CE-FDTD法と理論の比較−
      土屋隆生; 山下 脩; 蓮池祐真
      日本音響学会2013年春季研究発表会, 2013年03月, 東京
    • 音空間レンダリング技術の開発 〜シリコンコンサートホールの実現に向けて〜
      土屋隆生; 岩谷幸雄; 大谷 真; 井口 寧
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2012-127, 2013年01月
    • Three-dimensional sound field analysis using compact explicit FDTD method with GPU cluster system
      T. Ishii; T. Tsuchiya; K. Okubo
      33 th. Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2012年11月, Chiba
    • Accuracy Evaluation of Boundary Interface in Sound Field Simulation Using High-order FDTD Methods
      T. Yoda; K. Okubo; N. Tagawa; T. Tsuchiya
      33 th. Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2012年11月, Chiba
    • A Hardware-oriented FDTD Algorithm for Sound Field Rendering
      T. Yiyu; Y. Inoguchi; Y. Sato; M. Otani; Y. Iwaya; H. Matsuoka; T. Tsuchiya
      33 th. Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2012年11月, Chiba
    • Numerical simulation of a thermoacoustic engine _Effects of gas mixture on the onset temperature ratio _
      Y. Nakano; S. Sakamoto; K. Shibata; K. Yanagimoto; T. Tsuchiya; Y. Watanabe
      33 th. Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2012年11月, Chiba
    • Sub-grid Technique for Numerical Simulation of Sound Wave Propagation Combining Constrained Interpolation Profile Schemes
      Y. Ara; K. Okubo; N. Tagawa; T. Tsuchiya; T. Ishizuka
      33 th. Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2012年11月, Chiba
    • Examination on Absorbing Boundary Condition Using Method of Characteristics on Collocated Orthogonal Grid
      J. Adachi; K. Okubo; N. Tagawa; T. Tsuchiya
      33 th. Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2012年11月, Chiba
    • GPGPU Based High-speed Visualization Techniques for Sound Wave Propagation
      N. Kawada; K. Okubo; N. Tagawa; T. Tsuchiya
      33 th. Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2012年11月, Chiba
    • 残響曲線から見た音空間レンダリングの妥当性の検討
      蓮池祐真; 山下 脩; 土屋隆生
      アコースティクイメージング研究会,AI-2012-18, 2012年10月, 東京
    • CIP法による音波伝搬シミュレーションにおけるサブグリッド・テクニックの改良
      荒 佑多; 大久保 寛; 田川憲男; 土屋隆生; 石塚 崇
      日本音響学会2012年秋季研究発表会, 2012年09月
    • 高次差分を用いた音響FDTD数値解析における媒質間境界の取り扱い
      要田剛志; 大久保 寛; 田川憲男; 土屋隆生
      日本音響学会2012年秋季研究発表会, 2012年09月
    • 3D技術を利用した音場シミュレーションの可視化技術の開発
      河田直樹; 大久保 寛; 田川憲男; 土屋隆生
      日本音響学会2012年秋季研究発表会, 2012年09月
    • GPUクラスタによる音空間レンダリング − IWB-FDTDの場合
      石井琢人; 土屋隆生
      日本音響学会2012年秋季研究発表会, 2012年09月
    • コンパクトで陽的な高精度FDTD法について
      土屋隆生; 石井琢人; 大久保 寛
      日本音響学会2012年秋季研究発表会, 2012年09月
    • GPUクラスタによる音空間レンダリングと高精細可聴化の検討
      土屋隆生; 石井琢人; 岩谷幸雄; 大谷 真
      日本音響学会2012年秋季研究発表会, 2012年09月
    • GPUクラスタによる音空間レンダリングと高精細可聴化
      土屋隆生; 石井琢人; 岩谷幸雄; 大谷真
      電子情報通信学会技術研究報告,EA2012-54, 2012年08月
    • 陽的でコンパクトな高精度FDTD法による音空間レンダリング
      土屋隆生; 石井 琢人; 大久保 寛
      日本音響学会建築音響研究会,AA2012-23, 2012年07月
    • Large-Scale Sound Field Rendering by GPU Cluster with Multi-Speaker Reproduction System
      T. Tsuchiya; T. Ishii; Y. Hasuike
      19th Int. Conf. Sound & Vib., 2012年07月, Lithuania
    • 高精度化されたFDTD法による音空間レンダリング
      土屋隆生; 石井 琢人; 大久保 寛
      電子情報通信学会技術研究報告,US2012-17, 2012年06月
    • GPUクラスタを用いた高精細音響レンダリング
      土屋隆生; 石井_人
      第17回計算工学講演会, 2012年05月
    • 琵琶湖における水質環境の広域音響モニタリングの基礎検討
      北村暁晴; 土屋隆生; 渡辺好章; 坂本眞一
      海洋音響学会2012年度研究発表会, 2012年05月, 東京
    • GPGPUインタラクティブシミュレーションによる電磁界解析〜メニーコアプロセッサで実現するパーソナルスパコンの応用〜
      河田直樹; 大久保寛; 田川憲男; 土屋隆生
      2012年電子情報通信学会総合大会, 2012年03月
    • GPUコンピューティングによるインタラクティブ音響シミュレーション
      河田直樹; 大久保寛; 田川憲男; 土屋隆生
      日本音響学会2012年春季研究発表会, 2012年03月, 東京
    • GPUクラスタによる3 次元音響レンダリング- GPUDirect 2.0 による高速化-
      石井琢人; 土屋隆生
      日本音響学会2012年春季研究発表会, 2012年03月, 東京
    • 音響格子ガスオートマトン法による正弦波音の3次元伝搬解析
      竹内智晴; 岩谷幸雄; 大谷真; 土屋隆生; 松岡浩; 鈴木陽一
      日本音響学会2012年春季研究発表会, 2012年03月, 東京
    • WE-FDTD法における密度変化の取り扱いについて
      宮嵜友孝; 土屋隆生; 大久保寛
      日本音響学会2012年春季研究発表会, 2012年03月, 東京
    • FDTD系音響数値解析のための媒質間境界及びインピーダンス境界の設定に関する考察
      大久保寛; 土屋隆生; 石塚崇
      日本音響学会2012年春季研究発表会, 2012年03月, 東京
    • 直管型熱音響システムにおける発振温度比の数値計算 〜Ar・He の混合気体が発振温度比に及ぼす影響〜
      中野陽介; 坂本眞一; 黒田健太朗; 柴田健次; 土屋隆生; 渡辺好章
      日本音響学会2012年春季研究発表会, 2012年03月, 東京
    • 波動音響手法を用いたGPUクラスタによる音空間レンダリングと高精細可聴化
      土屋隆生; 岩谷幸雄; 大谷真
      日本音響学会2012年春季研究発表会, 2012年03月, 東京
    • 音響モニタリングに向けた琵琶湖水温鉛直分布の測定
      坂本眞一; 北村暁晴; 土屋隆生; 中井盛繕; 渡辺好章
      第132回温度計測部会講演会, 2012年03月
    • GPUコンピューティングを用いたインタラクティブ電磁界シミュレーション
      河田直樹; 大久保寛; 田川憲男; 土屋隆生
      電子情報通信学会技術研究報告,EST2011-90, 2012年01月
    • 格子ガスオートマトン法の音場への適用に関する一考察
      竹内智晴; 岩谷幸雄; 大谷真; 土屋隆生; 松岡浩; 鈴木陽一
      アコースティック・イメージング研究会技術研究報告,AI2011-4-05, 2011年12月
    • 琵琶湖における水質環境の広域音響モニタリングの基礎的検討
      北村暁晴; 土屋隆生; 中井盛繕; 渡辺好章; 坂本眞一
      第49回同志社大学理工学研究所研究発表会, 2011年12月, 京都
    • 3Pb6-4 コンパクト差分を用いたWE-FDTD法による音波伝搬シミュレーション(ポスターセッション)
      要田 剛志; 河田 直樹; 田川 憲男; 土屋 隆生; 大久保 寛
      超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2011年11月08日, 2011年11月08日, 2011年11月08日, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会
    • 3Pb6-5 GPUクラスタを用いたWE-FDTD法による海洋音波伝搬(ポスターセッション)
      中井 盛繕; 石井 琢人; 土屋 隆生
      超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2011年11月08日, 2011年11月08日, 2011年11月08日, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会
    • 3Pb4-4 数値計算による熱音響現象の解明に向けた基礎研究 : スタック設置位置と熱流の関係(ポスターセッション)
      黒田 健太朗; 坂本 眞一; 柴田 健次; 土屋 隆生; 渡辺 好章
      超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2011年11月08日, 2011年11月08日, 2011年11月08日, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会
    • 3Pb6-6 サブグリッド・テクニックを用いたCIP法による音場解析の精度評価(ポスターセッション)
      荒 佑多; 大久保 寛; 田川 憲男; 土屋 隆生
      超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2011年11月08日, 2011年11月08日, 2011年11月08日, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会
    • 2Pa2-7 WE-FDTD法におけるPML境界について(ポスターセッション)
      宮嵜 友孝; 土屋 隆生
      超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2011年11月08日, 2011年11月08日, 2011年11月08日, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会
    • Accuracy Evaluation of Acoustic Analysis Using CIP Methods with Sub-grid Technique
      Y. Ara; K. Okubo; N. Tagawa; T. Tsuchiya
      32nd. Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2011年11月, 京都
    • Numerical analysis of sound wave propagation in ocean by WE-FDTD method with GPU cluster system
      S. Nakai; T. Ishii; T. Tsuchiya
      32nd. Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2011年11月, 京都
    • Acoustic Simulation Using Wave Equation FDTD (WE-FDTD) Method with Compact FDs
      T. Yoda; N. Kawada; N. Tagawa; T. Tsuchiya; Kan Okubo
      32nd. Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2011年11月, 京都
    • Fundamental study for the solution of thermoacoustic phenomenon using numerical calculation
      K. Kuroda; S. Sakamoto; K. Shibata; T. Tsuchiya; Y. Watanabe
      32nd. Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2011年11月, 京都
    • On the perfectly matched layer for the WE-FDTD method
      Y. Miyazaki; T. Tsuchiya
      32nd. Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2011年11月, 京都
    • 琵琶湖における水質環境の広域音響モニタリング−春季の音速プロファイル−
      北村暁晴; 土屋隆生; 中井盛繕; 渡辺好章; 坂本眞一
      日本音響学会2011年秋季研究発表会, 2011年09月
    • WE-FDTD法におけるPML境界について
      宮嵜友孝; 土屋隆生
      日本音響学会2011年秋季研究発表会, 2011年09月, 島根
    • CIP 法による音波伝搬シミュレーションにおけるサブグリッド・テクニックの精度比較
      荒佑多; 大久保寛; 田川憲男; 土屋隆生; 石塚崇
      日本音響学会2011年秋季研究発表会, 2011年09月, 島根
    • コンパクト差分を用いた音場シミュレーションの高速化に関する検討
      要田剛志; 河田直樹; 田川憲男; 土屋隆生; 大久保寛
      日本音響学会2011年秋季研究発表会, 2011年09月, 島根
    • マルチGPUコンピューティングによる音響シミュレーションの高速可視化
      河田直樹; 大久保寛; 田川憲男; 土屋隆生
      日本音響学会2011年秋季研究発表会, 2011年09月, 島根
    • GPUクラスタによる3 次元音響レンダリング −WE-FDTD 法の場合−
      石井琢人; 森河内淳; 土屋隆生
      日本音響学会2011年秋季研究発表会, 2011年09月, 島根
    • GPUを用いたWE-FDTD法による海洋音波伝搬解析
      中井盛繕; 石井琢人; 土屋隆生
      日本音響学会2011年秋季研究発表会, 2011年09月, 島根
    • WE-FDTD法による3 次元音響レンダリング
      土屋隆生; 大久保寛
      日本音響学会2011年秋季研究発表会, 2011年09月, 島根
    • 境界媒質を考慮したGPU音場シミュレーションと高速可視化手法
      河田直樹; 大久保寛; 田川憲男; 土屋隆生
      2010年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 2011年09月
    • CIP法による集束音場の非線形伝搬解析
      田中真幸; 土屋隆生; 大久保寛
      日本音響学会2010年秋季研究発表会, 2011年09月, 大阪
    • 音響レンダリングと音響テクスチャについて
      土屋隆生
      日本音響学会2010年秋季研究発表会, 2011年09月, 大阪
    • 媒質境界を考慮したGPU音響シミュレーション
      河田直樹; 大久保寛; 田川憲男; 土屋隆生
      日本音響学会2010年秋季研究発表会, 2011年09月, 大阪
    • 管壁の損失を考慮した定在波音場の有限要素解析−Phase Adjusterの影響について−
      錦織岐明; 土屋隆生; 坂本眞一
      日本音響学会2010年秋季研究発表会, 2011年09月, 大阪
    • Direct In Situ Measurements of Sound Speed and Water Temperature Profiles The Example of North Lake Biwa
      T. Kimura; T. Tsuchiya; Y. Watanabe; S. Sakamoto
      SICE Annual Conf. 2011, 2011年09月, Tokyo
    • _DHM AND FDTD BASED _b0HARDWARE SOUND FIELD _b0SIMULATION _b0ACCELERATION _b0
      Y. Inoguchi; T. Yiyu; Y. Sato; Y. Iwaya; H. Matsuoka; M. Otani; T. Tsuchiya
      14th Int. Conf. Digital Audio Effects, 2011年09月, Paris
    • GPUを用いたWE-FDTD法による海洋音波伝搬解析
      中井 盛繕; 石井 琢人; 土屋 隆生
      電子情報通信学会技術研究報告. US, 超音波, 2011年08月23日, 2011年08月23日, 2011年08月23日, 一般社団法人電子情報通信学会
    • GPU を用いたWE-FDTD法による海洋音波伝搬解析
      中井盛繕; 石井_人; 土屋隆生
      電子情報通信学会技術研究報告,US2011-45, 2011年08月, 千葉
    • CIP法による集束音場の非線形伝搬解析
      田中真幸; 土屋隆生; 大久保 寛
      2010年度非線形音響研究会, 2011年07月, 軽井沢
    • A High Performance Numerical Simulation of Sound Field in Time Domain Using a GPU Cluster System
      T. Tsuchiya; A. Moriguchi; T. Ishii
      Forum Acusticum 2011, 2011年07月, Aalgorg
    • 波動方程式に基づくFDTD法(WE-FDTD法)による音響レンダリング
      土屋隆生; 石井_人; 大久保寛
      電子情報通信学会技術研究報告,US2011-17, 2011年06月, 東京
    • FDTD法とCIP法を用いたハイブリッド音響シミュレーションに関する検討
      大宮理生; 大久保寛; 土屋隆生; 田川憲男
      超音波医学, 2011年05月15日, 2011年05月15日, 2011年05月15日, (公社)日本超音波医学会
    • OpenGLによる音響シミュレーションのGPGPUリアルタイム可視化
      河田直樹; 大久保寛; 田川憲男; 土屋隆生
      第16回計算工学講演会, 2011年05月
    • GPUによる音場レンタリンクの試み
      土屋隆生; 大久保 寛
      第15回計算工学講演会, 2011年05月
    • マルチGPU計算による3次元音響数値シミュレーションの高速化
      河田直樹; 大久保寛; 土屋隆生
      第15回計算工学講演会, 2011年05月
    • FPGAを用いた高速音場シミュレーション
      稲垣雅之; 田淵裕多; 土屋隆生
      日本音響学会2011年春季研究発表会, 2011年03月, 東京
    • GPUクラスタによる3 次元音響レンダリング−FDTD 法の場合−
      森河内淳; 石井琢人; 土屋隆生
      日本音響学会2011年春季研究発表会, 2011年03月, 東京
    • FDTD解の振幅情報とCIP解の位相情報を用いた音波伝搬解析−反射波の考慮−
      杉村将一; 土屋隆生; 大久保寛
      日本音響学会2011年春季研究発表会, 2011年03月, 東京
    • CUDAとOpenGLを用いた音響数値解析の高速可視化に関する検討 〜 PMCC(Permeable Multi Cross-section Contours)の提案 〜
      河田直樹; 大久保寛; 田川憲男; 土屋 隆生; 石塚崇
      電子情報通信学会技術研究報告,US2010-114, 2011年01月, 京都
    • GPUクラスタによる3次元音響レンダリング
      森河内淳; 石井琢人; 土屋隆生
      電子情報通信学会技術研究報告,US2010-100, 2011年01月, 京都
    • 3P-64 サブグリッドを用いたCIP-MOC法による音波伝搬シミュレーション(ポスターセッション)
      荒 祐多; 大久保 寛; 田川 憲男; 土屋 隆生
      超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2010年12月06日, 2010年12月06日, 2010年12月06日, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会
    • 3P-37 熱音響システムのための管壁損失を考慮した定在波音場の有限要素解析(ポスターセッション)
      錦織 岐明; 土屋 隆生; 坂本 眞一; Yamaguchi Michiaki
      超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2010年12月06日, 2010年12月06日, 2010年12月06日, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会
    • 3P-36 移流計算に非線形効果を組み入れたCIP法による2次元非線形音波伝搬解析(ポスターセッション)
      田中 真幸; 土屋 隆生; 大久保 寛
      超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2010年12月06日, 2010年12月06日, 2010年12月06日, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会
    • 1Pa-22 コンパクト差分を用いた時間領域音場解析における高精度化と高速化の検討(ポスターセッション)
      要田 剛志; 大久保 寛; 田川 憲男; 土屋 隆生
      超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2010年12月06日, 2010年12月06日, 2010年12月06日, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会
    • Sub Grid Technique for CIP-MOC Simulation of Sound Wave Propagation
      Y. Ara; K. O; N. Tagawa; T. Tsuchiya
      31st Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2010年12月, 東京
    • Finite element analysis of the standing wave field in a tube with lossy wall for thermoacoustic system
      M. Nishikori; T. Tsuchiya; S. Sakamoto
      31st Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2010年12月, 東京
    • Two-dimensional numerical analysis of nonlinear sound wave propagation using constrained interpolation profile (CIP) method including nonlinear effect in advection equation
      M. Tanaka; T. Tsuchiya; K. Okubo
      31st Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2010年12月, 東京
    • Examination on Accurate and Fast Algorithms Using Compact FD-TD Acoustic Wave Simulation
      T. Yoda; K. Okubo; N. Tagawa; T. Tsuchiya
      31st Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2010年12月, 東京
    • A FPGA Implementation of the Two-Dimensional Digital Huygens’ Model
      T. Yiyu; Y. Sato; E. Sugawara; Y. Inoguchi; M. Otani; Y. Iwaya; H. Matsuoka; T. Tsuchiya
      2010 Int. Conf. Field-Programmable Tech., 2010年12月, Beijing
    • FDTD解の振幅情報とCIP解の位相情報を用いた音波伝搬解析
      杉村将一; 土屋隆生; 大久保寛
      電子情報通信学会技術研究報告,US2010-49, 2010年09月
    • Sound field rendering with digital boundary cond
      T. Tsuchiya; M. Otsuka
      Inter noise 2010, 2010年06月, Lisbon
    • 移流計算に非線形効果を組み入れたCIP法による2次元非線形音波伝搬解析
      土屋隆生; 田中真幸; 大久保寛
      電子情報通信学会技術研究報告,US2010-04, 2010年04月, 東京
    • マルチGPU並列計算による電磁界数値解析の高速化に関する検討
      河田直樹; 大久保寛; 土屋隆生
      2010年電子情報通信学会総合大会, 2010年03月
    • 管壁の損失を考慮した定在波音場の有限要素解析−熱音響システムの設計に向けて−
      錦織岐明; 土屋隆生; 坂本眞一
      日本音響学会2010年春季研究発表会, 2010年03月, 東京
    • CIP法による2 次元非線形音波伝搬解析
      田中真幸; 土屋隆生; 大久保寛
      日本音響学会2010年春季研究発表会, 2010年03月, 東京
    • 音響数値計算のためのGPUによるパーソナルスーパーコンピュータの実現へ向けて
      河田直樹; 大久保寛; 田川憲男; 土屋隆生
      日本音響学会2010年春季研究発表会, 2010年03月, 東京
    • ディジタル境界を組み入れたGPUによるCIP 音響レンダリング
      大塚正広; 土屋隆生; 大久保寛
      日本音響学会2010年春季研究発表会, 2010年03月, 東京
    • 1P2-26 ディジタル境界を組み入れたGPUによる3次元音響レンダリング(ポスターセッション)
      土屋 隆生
      超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2009年11月18日, 2009年11月18日, 2009年11月18日, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会
    • 1P2-24 FDTD音響シミュレーションのためのCIPアルゴリズムに基づく吸収境界条件の一検討(ポスターセッション)
      原田 佳史; 大久保 寛; 田川 憲男; 土屋 隆生
      超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2009年11月18日, 2009年11月18日, 2009年11月18日, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会
    • 2P2-12 GCIP(l,m)法を用いた音波伝搬数値シミュレーション(ポスターセッション)
      河田 直樹; 大久保 寛; 田川 憲男; 土屋 隆生
      超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2009年11月18日, 2009年11月18日, 2009年11月18日, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会
    • A Novel Scheme for Numerical Simulation of Acoustic Wave Propagation Using Generalized CIP (l, m) Method
      N. Kawada; K. Okubo; N. Tagawa; T. Tsuchiya
      30th Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2009年11月, 京都
    • An examination on CIP-ABC for Multi-dimensional FDTD Acoustic Simulation
      Y. Harada; K. Okubo; N. Tagawa; T. Tsuchiya
      30th Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2009年11月, 京都
    • A 3-D Sound Field Rendering with Digital Boundary Condition using GPU
      T. Tsuchiya
      30th Sympo. on Ultrasonic Electron.,, 2009年11月, 京都
    • ディジタル境界を組み入れたGPUによる3次元音場シミュレーション
      土屋隆生
      日本音響学会2009年秋季研究発表会, 2009年09月
    • IDO 法を用いた音波伝搬数値シミュレーション
      大久保寛; 河田直樹; 土屋隆生; 田川憲男
      日本音響学会2009年秋季研究発表会, 2009年09月
    • Numerical Simulation of Sound Wave Propagation Using Hybrid Technique Combining FDTD Method and CIP Method
      M. Ohmiya, K; Okubo; T. Tsuchiya; N. Tagawa
      2009 IEEE lnternational Ultrasonics Symposium, 2009年09月, Rome
    • A Novel Method for Numerical Simulation of Sound Wave Propagation Using Heptic Interpolation Profi le Method
      K. Okubo; T. Tsuchiya; R. Seta; ndN. Tagawa
      2009 IEEE lnternational Ultrasonics Symposium, 2009年09月, Rome
    • A High-Performance Numerical Simulation of Sound Field in Time Domain Using Multi-GPU System
      T. Tsuchiya; M. Otsuka
      16th Int. Cong. on Sound and Vib., 2009年07月, Krakow
    • GPUによる3次元音場シミュレーション
      土屋隆生; 森河内淳; 大塚正広
      電子情報通信学会技術研究報告,US2009-16, 2009年06月, 東京
    • GPUによるCIP音場シミュレーション
      大塚正広; 土屋隆生
      2009年春季日本音響学会, 2009年03月, 東京
    • GPUを用いた電磁界数値解析の高速化に関する検討
      河田直樹; 大久保寛; 土屋隆生
      電子情報通信学会技術研究報告,AP2009-141, 2009年
    • GCIP(l, m)法を用いた電磁波伝搬の数値解析
      大久保寛; 河田直樹; 土屋隆生
      電子情報通信学会技術研究報告,AP2009-140, 2009年
    • 2P10-7 FDTD法と境界積分方程式法の結合解法による音場シミュレーション(ポスターセッション)
      土屋 隆生; 熊谷 篤志
      超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2008年11月11日, 2008年11月11日, 2008年11月11日, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会
    • 1P10-6 CIP法を用いた非線形音波伝搬の2次元数値解析(ポスターセッション)
      紺野 正仁; 大久保 寛; 土屋 隆生; 田川 憲男
      超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2008年11月11日, 2008年11月11日, 2008年11月11日, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会
    • 1P10-5 FDTD法とPSTD法による時間領域における音場数値解析の高精度設計法(ポスターセッション)
      大久保 寛; 大宮 理生; 土屋 隆生; 田川 憲男
      超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2008年11月11日, 2008年11月11日, 2008年11月11日, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会
    • Numerical Simulation of Sound Field in Time Domain Using a Combination of FDTD method and Boundary Integral Equation Method
      T. Tsuchiya; A. Kumagai
      The 29h Sympo. on Ultrason. Electron. (USE2008), 2008年11月, Sendai
    • Two Dimensional Simulation of Nonlinear Acoustic Wave Propagation Using Constrained Interpolation Profile Method
      M. Konno; K. Okubo; T. Tsuchiya; N. Tagawa
      The 29h Sympo. on Ultrason. Electron. (USE2008), 2008年11月, Sendai
    • Design for High-Accurate Numerical Simulation of Acoustic Field in Time Domain Using Finite Difference Time Domain Method and Pseudospectral Time Domain Method
      K. Okubo; M. Omiya; T. Tsuchiya; N. Tagawa
      The 29h Sympo. on Ultrason. Electron. (USE2008), 2008年11月, Sendai
    • マルチGPUによる音場の高速シミュレーション
      土屋隆生; 大塚正広
      アコースティクイメージング研究会, AI2008-3-4, 2008年10月, 東京
    • 波動音響解法と幾何音響解法の結合による音場シミュレーション
      土屋隆生; 熊谷篤志
      2008年秋季日本音響学会, 2008年09月
    • GPUによる音場の高速シミュレーション−CUDAを用いた場合−
      土屋隆生
      2008年秋季日本音響学会, 2008年09月
    • 境界の取り扱いを考慮したC型CIP法を用いた音波伝搬シミュレーション
      大久保寛; 紺野正仁; 土屋隆生; 瀬田亮; 田川憲男
      2008年秋季日本音響学会, 2008年09月
    • 幾何音響・FDTD結合解法による音場シミュレーション
      熊谷篤志; 土屋隆生
      第27回日本シミュレーション学会大会, 2008年06月, 東京
    • GPUによる音場の高速シミュレーション−SLIを用いた場合−
      土屋隆生; 世古口久史
      2008年春季日本音響学会, 2008年03月, 東京
    • FPGAによる音場シミュレーションの試み
      土屋隆生; 大塚正広; 熊谷篤志
      2008年春季日本音響学会, 2008年03月, 東京
    • Asymmetric FDTD (A-FDTD) 法を用いた音波伝搬数値シミュレーションの精度について
      大久保寛; 紺野正仁; 土屋隆生; 田川憲男; 竹内伸直
      2008年春季日本音響学会, 2008年03月, 東京
    • GPUによる時間領域音場シミュレーションの高速化 : DHMとFDTDの比較
      土屋 隆生; 世古口 久史
      電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響, 2008年01月28日, 2008年01月28日, 2008年01月28日, 一般社団法人電子情報通信学会
    • CIP法を用いた音場解析における時間刻みの計算精度への依存性
      紺野正仁; 大久保寛; 土屋隆生; 田川憲男
      電子情報通信学会技術研究報告,US2007-90, 2008年01月, 大阪
    • GPUによる時間領域音場シミュレーションの高速化−DHMとFDTDの比較−
      土屋隆生; 世古口久史
      電子情報通信学会技術研究報告,US2007-89, 2008年01月, 大阪
    • 3-03P-22 音波伝搬解析におけるCIP法の精度評価(ポスターセッション 3)
      紺野 正仁; 大久保 寛; 土屋 隆生; 田川 憲男
      超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2007年11月14日, 2007年11月14日, 2007年11月14日, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会
    • 3-03P-20 CIP法による非線形音波伝搬シミュレーション : 1次元の場合(ポスターセッション 3)
      土屋 隆生; 大久保 寛; 竹内 伸直
      超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2007年11月14日, 2007年11月14日, 2007年11月14日, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会
    • Performance Comparison between Some Types of CIP Analysis for Acoustic Wave Propagation
      M. Konno; K. Okubo; T. Tsuchiya; N. Tagawa
      28th Sympo. on Ultrason. Electron. (USE2007), 2007年11月, Tsukuba
    • Numerical Simulation of Nonlinear Sound Wave Propagation Using CIP Method −One dimensional case−
      T. Tsuchiya; K. Okubo; N. Takeuchi
      28th Sympo. on Ultrason. Electron. (USE2007), 2007年11月, Tsukuba
    • 境界面の取り扱いを考慮したM型CIP法による2次元音波伝搬数値シミュレーション
      大久保 寛; 紺野 正仁; 土屋 隆生; 呉 星冠; 竹内 伸直; 田川 憲男
      電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響, 2007年10月12日, 2007年10月12日, 2007年10月12日, 一般社団法人電子情報通信学会
    • GPU-DHMによる音場の高速シミュレーション
      土屋隆生; 世古口久史
      アコースティクイメージング研究会, 2007年10月
    • 高次差分による Asymmetric FDTD (A-FDTD) 法を用いた音波伝搬の数値シミュレーション
      大久保 寛; 呉 星冠; 土屋 隆生; 竹内 伸直; 田川 憲男
      電子情報通信学会技術研究報告. US, 超音波, 2007年09月21日, 2007年09月21日, 2007年09月21日, 一般社団法人電子情報通信学会
    • 高次差分によるAsymmetric FDTD (A-FDTD)法を用いた音波伝搬の数値シミュレーション
      大久保寛; 呉 星冠; 土屋隆生; 竹内伸直; 田川憲男
      電子情報通信学会技術研究報告,US2007-44, 2007年09月
    • GPUによる高速音場シミュレーションの試み
      土屋隆生; 世古口久史
      2007年秋季日本音響学会, 2007年09月
    • FDTD法における音波古典吸収の簡易組み入れについて
      土屋隆生
      2007年秋季日本音響学会, 2007年09月
    • 境界面の取り扱いを考慮したCIP法による音波伝搬数値シミュレーション
      大久保寛; 呉 星冠; 土屋隆生; 田川憲男; 竹内伸直
      2007年秋季日本音響学会, 2007年09月
    • Asymmetric FDTD (A-FDTD)法を用いた電磁波伝搬解析の数値分散評価
      大久保寛; 吉田雄一; 土屋隆生; 竹内伸直; 田川憲男
      電子情報通信学会技術報告, AP-2007-84, 2007年09月
    • Asymmetric FDTD (A-FDTD) 法を用いた電磁波伝搬解析の数値分散評価 : Standard FDTD と Higher order FDTD による非対称定式化
      大久保 寛; 吉田 雄一; 土屋 隆生; 竹内 伸直; 田川 憲男
      電子情報通信学会技術研究報告. A・P, アンテナ・伝播, 2007年08月30日, 2007年08月30日, 2007年08月30日, 一般社団法人電子情報通信学会
    • CIP法による非線形音波伝搬シミュレーション
      土屋隆生; 大久保寛; 竹内伸直
      第31回非線形音響研究会, 2007年07月, 軽井沢
    • Numerical Simulation of Nonlinear Sound Wave Propagation Using CIP Method
      T. Tsuchiya; K. Okubo; N. Takeuchi
      14th Int. Cong. on Sound and Vib, 2007年07月, Cains
    • シリコンコンサートホールの計算精度に関する検討 : 2次元の場合
      熊谷 篤志; 土屋 隆生
      日本シミュレーション学会大会発表論文集 : シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス・計算電気・電子工学シンポジウム, 2007年06月21日, 2007年06月21日, 2007年06月21日
    • シリコンコンサートホールの計算精度に関する検討 -2次元の場合-
      熊谷篤志; 土屋隆生
      第26回日本シミュレーション学会大会, 2007年06月, 東京
    • Two-Dimensional Numerical Analysis of Acoustic Field Using the Constrained Interpolation Profile Method
      S. Oh; K. Okubo; T.Tsuchiya; N. Takeuchi
      29th. Int. Sympo. Acoustical Imaging, 2007年04月, Shonan
    • Real Time Sound Field Simulator Using Field Programmable Gate Array Device
      T. Tsuchiya; E. Sugawara; Y. Inoguchi
      29th. Int. Sympo. Acoustical Imaging, 2007年04月, Shonan
    • CIP法による非線形音波伝搬シミュレーション
      土屋隆生; 大久保 寛; 竹内伸直
      2007年春季日本音響学会, 2007年03月, 東京
    • C型CIP法を用いた音場解析に関する検討
      呉星冠; 大久保寛; 土屋隆生; 竹内信直
      電子情報通信学会技術報告, US2006-98, 2007年01月, 京都
    • On the Numerical Simulation of Sound Wave Propagation using Field Programmable Gate Array Device
      T. Tsuchiya; E. Sugawara; Y. Inoguchi
      ASA and ASJ Fourth Joint Meeting, 2006年12月, Honolulu
    • CIP法による音波伝搬シミュレーション
      土屋 隆生; 大久保 寛; 竹内 伸直
      電子情報通信学会技術研究報告. US, 超音波, 2006年11月07日, 2006年11月07日, 2006年11月07日, 一般社団法人電子情報通信学会
    • CIP法による音波伝搬シミュレーション
      土屋隆生; 大久保 寛; 竹内伸直
      電子情報通信学会技術報告, US2006-75, 2006年11月
    • Numerical Simulation of Sound Wave Propagation with Sound Absorption by Digital Huygens’ Model
      T. Tsuchiya
      27th Sympo. on Ultrason. Electron., 2006年11月, Nagoya
    • CIP法を用いた3次元音場解析に関する検討
      大久保寛; 呉 星冠; 土屋隆生; 竹内伸直
      電子情報通信学会技術報告, US2006-52, 2006年09月
    • ディジタルホイヘンスモデルへの垂直入射吸音率の組み入れに関する検討
      土屋隆生; 中園隆明
      2006年秋季日本音響学会, 2006年09月
    • CIP法を用いた時間領域音場解析法の精度について
      大久保寛; 呉星冠; 土屋隆生; 竹内信直
      2006年秋季日本音響学会, 2006年09月
    • Numerical Simulation of Sound Wave Propagation with Sound Absorption in Time Domain
      T. Tsuchiya
      13th Int. Cong. on Sound and Vib., 2006年07月, Vienna
    • 固定小数点で演算した場合のDHMの精度について
      中園隆明; 土屋隆生
      第25回日本シミュレーション学会大会, 2006年06月, 東京
    • FPGAによるシリコンコンサートホール実現に関する検討
      土屋隆生; 菅原英子; 井口 寧
      第25回日本シミュレーション学会大会, 2006年06月, 東京
    • FPGAを用いた音場シミュレーションシステム構築に関する検討
      菅原英子; 井口 寧; 土屋隆生; 日比野靖
      電子情報通信学会技術報告, RECONF2006-12, 2006年05月
    • DHMによる音場シミュレーション −シリコン音楽ホールをめざして−
      土屋隆生
      2006年春季日本音響学会, 2006年03月, 東京
    • 散逸媒質内の音波伝搬を記述するモデル式 : 古典及び緩和吸収を含めて
      鎌倉 友男; 土屋 隆生
      電子情報通信学会技術研究報告. US, 超音波, 2006年02月28日, 2006年02月28日, 2006年02月28日, 一般社団法人電子情報通信学会
    • 散逸媒質内の音波伝搬を記述するモデル式 −古典及び緩和吸収を含めて
      土屋隆生
      電子情報通信学会技術報告, US2005-123, 2006年02月
    • 時間領域音波伝搬シミュレーションにおける吸収の組み入れについて
      土屋隆生
      電子情報通信学会技術報告, US2005-90, 2005年11月, 静岡
    • 離散ホイヘンスモデルによる時間領域問題の解析
      土屋隆生
      2005年秋季日本音響学会, 2005年09月, 那覇
    • 離散ホイヘンスモデルと時間領域差分法の比較 : 音場シミュレーションの場合
      土屋 隆生
      日本シミュレーション学会大会発表論文集 : シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス・計算電気・電子工学シンポジウム, 2005年07月14日, 2005年07月14日, 2005年07月14日
    • 離散ホイヘンスモデルと時間領域差分法の比較一音場シミュレーションの場合ー
      土屋隆生
      第24回日本シミュレーション学会大会, 2005年06月, 東京
    • On the Active Vibration Control by Piezoelectric Transducers
      T. Tsuchiya
      the 6th Int. Conf. on System Simulation and Scientific Computing, 2005年, Beijing
    • P1-4 離散ホイヘンスモデルによる音場のデジタル等価回路(ポスターセッション1(概要講演))
      土屋 隆生; 加川 幸雄
      超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集, 2004年10月27日, 2004年10月27日, 2004年10月27日, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会
    • 離散ホイヘンスモデルによる音場のテジタル等価回路
      土屋隆生; 加川幸雄
      第25回超音波エレクトロニクスシンポジウム, 2004年10月, 札幌
    • On the Passive Vibration Damping by Piezoelectric Transducers with Inductive Loading
      T. Tsuchiya; Y. Kagawa
      Int. Simul. Multi Conf./AsiaSim 2004, 2004年10月, Jeju
    • 円筒型圧電振動ジャイロの特性シミュレーション
      寺田 陽一; 若槻 尚斗; 加川 幸雄; 土屋 隆生
      日本シミュレーション学会大会発表論文集 : シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス・計算電気・電子工学シンポジウム, 2004年06月16日, 2004年06月16日, 2004年06月16日
    • On the Passive Vibration Damping with Electromechanical Transducers
      T.Tsuchiya; Y.Kagawa
      The 18th Int. Cong. on Acoust, 2004年04月, Kyoto
    • 圧電素子によるパッシブ制振の有効性の数値的検討
      土屋隆生; 加川幸雄
      第22回日本シミュレーション学会大会, 2003年06月, 東京
    • Finite Element Based Equivalent Circuit Modeling for Piezoelectric Vibratory Systems
      T.Tsuchiya; Y.Kagawa
      Asian Simul.. Conf./5th Int. Conf. on System Simul., 2002年11月, Shanghai
    • Numerical Simulation of Mode Coupling in Piezoelectric Resonators
      N.Wakatsuki; T.Tsuchiya; Y.Kagawa; K.Suzuki
      Asian Simul.. Conf./5th Int. Conf. on System Simul., 2002年11月, Shanghai
    • ホーンスピーカの有限要素シミュレーション−磁界と音場の非線形性の組み入れ−
      土屋隆生; 土井雅夫; 加川幸雄
      非線形音響研究会, 2002年08月, 軽井沢
    • 振動系の有限要素等価回路解と直接解の比較
      土屋隆生; 加川幸雄
      第21回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 2002年06月, 東京
    • 3次元有限要素法を用いた圧電振動子の温度特性解析
      若槻尚斗; 土屋隆生; 加川幸雄; 鈴木幸司
      第21回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 2002年06月, 東京
    • Optimum Directivity Synthesis of Ultrasonic Transducers Using Direct Inversion in Combination woth Iterative DFP Method
      K. R. Cho; C. D. Kim; T. Tsuchiya; Y. Kagawa
      Seoul Int. Simul. Conf. (SeoulSim 2001), 2001年11月, Seoul
    • Frequency-Temperature Characteristic Analysis of Piezoelectric Resonators using Finite Element Modeling
      N. Wakatsuki; T.Tsuchiya; Y. Kagawa; K. Suzuki
      Seoul Int. Simul. Conf. (SeoulSim 2001), 2001年11月, Seoul
    • Finite Element and Boundary Element Modeling of the Acoustic Wave Transmission in Mean Flow Medium
      T. Tsuchiya; Y. Kagawa; T. Tsuji
      Seoul Int. Simul. Conf. (SeoulSim 2001), 2001年11月, Seoul
    • 媒質の流れを考慮した音場シミュレーション : FEMとBEMの比較
      土屋 隆生; 辻 拓也; 加川 幸雄
      日本シミュレーション学会大会発表論文集 : シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス・計算電気・電子工学シンポジウム, 2001年06月20日, 2001年06月20日, 2001年06月20日
    • 媒質の流れを考慮した音場シミュレーション-FEM とBEM の比較ー
      土屋隆生; 辻拓也; 加川幸雄
      第20回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 2001年06月, 東京
    • TLM Modeling of the Sound Wave Propagation in Moving Medium
      Y.Kagawa; Y.Hara; T.Tsuji; T.Tsuchiya
      JSST Int. Conf. on Modeling, Control and Comp. in Simul., 2000年10月, Tokyo
    • Finite Element Simulation of Quartz Crystal Microbalance Sensors
      N.Wakatsuki; Y.Kagawa; T.Tsuchiya; M.Haba
      JSST Int. Conf. on Modeling, Control and Comp. in Simul., 2000年10月, Tokyo
    • Transmission Line Matrix Modeling (TLM) of Sound Absorbers
      N.Nagahata; Y.Kagawa; N.Wakatsuki; T.Tsuchiya
      JSST Int. Conf. on Modeling, Control and Comp. in Simul., 2000年10月, Tokyo
    • TLM Modeling of SAW Filters and their Time-Domain Response
      K-C.Park; T.Tsuchiya; Y.Kagawa
      JSST Int. Conf. on Modeling, Control and Comp. in Simul., 2000年10月, Tokyo
    • FEM Formulation for a 3D Piezoelectric Vibration Under Rotation and its Application
      T.Tsuchiya; T.Miyahara; Y.Kagawa; M.Haba
      JSST Int. Conf. on Modeling, Control and Comp. in Simul., 2000年10月, Tokyo
    • Sound Wave Transmission in Moving Medium by Boundary Element Modeling
      T.Tsuji; Y.Kagawa; N.Wakatsuki; T.Tsuchiya
      JSST Int. Conf. on Modeling, Control and Comp. in Simul., 2000年10月, Tokyo
    • Finite Element Simulation of a Loudspeaker Horn Characteristics -Numerical Solution of Nonlinear Acoustic Waves with the Applications
      Y.Kagawa; T.Tsuchiya; M.Doi; T.Tsuji
      7th Int. Cong. Sound and Vib., 2000年10月, Germany
    • TLMモデルによる音波伝搬シミュレーション : 2D, 3Dモデルと実験との比較
      土屋 隆生; 八田 和道; 加川 幸雄; 齋藤 広明; 大岸 昌宏
      シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス発表論文集, 2000年06月21日, 2000年06月21日, 2000年06月21日
    • 媒質の流れを考慮した音場の境界要素シミュレーション
      辻拓也; 加川幸雄; 土屋隆生; 石原智裕
      第19回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 2000年06月, 東京
    • TLMモデルによる音波伝搬シミュレーション -2D, 3Dモデルと実験との比較
      土屋隆生; 八田和道; 加川幸雄; 斎藤広明; 大岸昌宏
      第19回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 2000年06月, 東京
    • 音響・振動 1-I-10 弾性体を伝わる波動のTLMモデルについて (日本シミュレーション学会 第20回計算電気・電子工学シンポジウム(1999年11月25日,26日)) -- (第1日目 平成11年11月25日(木))
      藤谷 巧哉; 加川 幸雄; 土屋 隆生
      計算電気・電子工学シンポジウム論文集, 1999年11月25日, 1999年11月25日, 1999年11月25日, 日本シミュレ-ション学会
    • 圧電弾性体 2-I-10 SAWデバイスのTLMモデル (日本シミュレーション学会 第20回計算電気・電子工学シンポジウム(1999年11月25日,26日)) -- (第2日目 平成11年11月26日(金))
      朴 奎七; 加川 幸雄; 土屋 隆生
      計算電気・電子工学シンポジウム論文集, 1999年11月25日, 1999年11月25日, 1999年11月25日, 日本シミュレ-ション学会
    • 圧電弾性体 2-I-14 圧電弾性体の応答と能動制御 (日本シミュレーション学会 第20回計算電気・電子工学シンポジウム(1999年11月25日,26日)) -- (第2日目 平成11年11月26日(金))
      土屋 隆生; 加川 幸雄
      計算電気・電子工学シンポジウム論文集, 1999年11月25日, 1999年11月25日, 1999年11月25日, 日本シミュレ-ション学会
    • 圧電弾性体 2-I-15 回転下の3D弾性振動体 (日本シミュレーション学会 第20回計算電気・電子工学シンポジウム(1999年11月25日,26日)) -- (第2日目 平成11年11月26日(金))
      宮原 友樹; 土屋 隆生; 加川 幸雄
      計算電気・電子工学シンポジウム論文集, 1999年11月25日, 1999年11月25日, 1999年11月25日, 日本シミュレ-ション学会
    • 圧電弾性体 2-I-11 QCMセンサの有限要素シミュレーション (日本シミュレーション学会 第20回計算電気・電子工学シンポジウム(1999年11月25日,26日)) -- (第2日目 平成11年11月26日(金))
      若槻 尚斗; 土屋 隆生; 加川 幸雄
      計算電気・電子工学シンポジウム論文集, 1999年11月25日, 1999年11月25日, 1999年11月25日, 日本シミュレ-ション学会
    • 音響・振動 1-I-11 流れのある媒質を伝わる音波に対するTLMモデルの適応 (日本シミュレーション学会 第20回計算電気・電子工学シンポジウム(1999年11月25日,26日)) -- (第1日目 平成11年11月25日(木))
      原 泰祐; 加川 幸雄; 土屋 隆生
      計算電気・電子工学シンポジウム論文集, 1999年11月25日, 1999年11月25日, 1999年11月25日, 日本シミュレ-ション学会
    • 回転下の3D 弾性振動体
      宮原友樹; 土屋隆生; 加川幸雄
      第20回計算電気・電子工学シンポジウム, 1999年11月, 東京
    • 圧電弾性体の応答と能動制御
      土屋隆生; 加川幸雄
      第20回計算電気・電子工学シンポジウム, 1999年11月, 東京
    • QCM センサの有限要素シミュレーション
      若槻尚斗; 土屋隆生; 加川幸雄
      第20回計算電気・電子工学シンポジウム, 1999年11月, 東京
    • SAW デバイスのTLM モデル
      朴奎七; 加川幸雄; 土屋隆生; 若槻尚斗
      第20回計算電気・電子工学シンポジウム, 1999年11月, 東京
    • 弾性体を伝わる波動のTLM モデルについて
      藤谷巧哉; 加川幸雄; 土屋隆生; 若槻尚斗
      第20回計算電気・電子工学シンポジウム, 1999年11月, 東京
    • 声道・鼻腔系境界要素モデルによるauralization の試み
      辻拓也; 加川幸雄; 土屋隆生; 石原智裕
      第18回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 1999年06月, 東京
    • 3次元圧電系有限要素モデルにおけるジャイロ効果の組入れ
      土屋隆生; 宮原友樹; 加川幸雄
      第18回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 1999年06月, 東京
    • A Single Plate Ultrasonic Gyroscope in Plane Motion
      Y.Kagawa; T.Tsuchiya; T.Sakai
      Ultrasonics Int. `99, 1999年06月, Copenhagen
    • Transmission-Line Modelling (TLM) of an Elastic Wave Propagation in Two Dimensions
      Y.Kagawa; T.Fujitani; T.Tsuchiya
      Forum Acusticum 1999, 1999年01月, Berlin
    • 圧電単結晶を用いたモノリシック衝撃センサ
      若槻尚斗; 土屋隆生; 加川幸雄
      第19回計算電気・電子工学シンポジウム, 1998年11月, 東京
    • 圧電トランスのFEM シミュレーション再考
      岡村広樹; 土屋隆生; 加川幸雄
      第19回計算電気・電子工学シンポジウム, 1998年11月, 東京
    • 温度傾斜場内の音波伝搬TLM シミュレーション
      原康祐; 加川幸雄; 土屋隆生
      第19回計算電気・電子工学シンポジウム, 1998年11月, 東京
    • 2 次元弾性波のTLM モデルと伝搬シミュレーション
      藤谷巧哉; 加川幸雄; 土屋隆生; 若槻尚斗
      第19回計算電気・電子工学シンポジウム, 1998年11月, 東京
    • GA によるSAW デバイス伝達特性の最適設計
      朴奎七; 加川幸雄; 土屋隆生; 若槻尚斗
      第19回計算電気・電子工学シンポジウム, 1998年11月, 東京
    • ホーンスピーカの有限要素シミュレーション
      土井雅夫; 土屋隆生; 加川幸雄
      第19回計算電気・電子工学シンポジウム, 1998年11月, 東京
    • 圧電単結晶を用いたモノリシック衝撃センサの検討
      若槻 尚斗; 土屋 隆生; 加川 幸雄
      日本音響学会研究発表会講演論文集, 1998年09月01日, 1998年09月01日, 1998年09月01日
    • 衝撃センサの有限要素シミュレーション
      若槻尚斗; 土屋隆生; 加川幸雄
      第17回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 1998年06月, 東京
    • SAW デバイス伝達特性の最適化設計-等価回路モデルによる-
      朴奎七; 加川幸雄; 土屋隆生; 若槻尚斗
      第17回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 1998年06月, 東京
    • A Tubular Piezoelectric Actuator and Its Characteristic Analysis by Finite-Element Modelling
      N.Wakatsuki; T.Tsuchiya; Y.kagawa; K.Hatta
      16th Int. Cong. Acoust. (ICA), 1998年06月, Seatle
    • Finite-Element Simulation of Piezoelectric Transformers
      T.Tsuchiya; Y.Kagawa; H.Okamura
      16th Int. Cong. Acoust. (ICA), 1998年06月, Seatle
    • Frequency Characteristic Optimization in Surface Acoustic Wave Filters by DFP Approaches
      K-C.Park; Y.Kagawa; T.Tsuchiya; N.Wakatsuki
      Int. Sympo. Inv. Problems in Engng. Mech., 1998年03月, Nagano
    • TLM モデルによる光導波路の結合
      永禮準人; 山口浩央; 加川幸雄; 土屋隆生
      第18回計算電気・電子工学シンポジウム, 1997年11月, 東京
    • 伝達線路行列(TLM) 法による電磁波散乱シミュレーション
      福家章洋; 加川幸雄; 土屋隆生; 帆足孝文
      第18回計算電気・電子工学シンポジウム, 1997年11月, 東京
    • 圧電トランスの応答特性一有限要素シミュレーションと実験一
      岡村広樹; 土屋隆生; 加川幸雄
      第18回計算電気・電子工学シンポジウム, 1997年11月, 東京
    • 3 次元有限要素法を用いた3 軸圧電センサの特性解析
      若槻尚斗; 加川幸雄; 土屋隆生; 小峰賢二
      第18回計算電気・電子工学シンポジウム, 1997年11月, 東京
    • AT カット水晶振動子の2 次元有限要素解析
      阿部英孝; 小峰賢二; 田中雅子; 土屋隆生; 加川幸雄
      第18回計算電気・電子工学シンポジウム, 1997年11月, 東京
    • 頭部による音波回折の境界要素シミュレーション一両耳の位相差に対する頭部の効果一
      石原智裕; 加川幸雄; 土屋隆生
      第18回計算電気・電子工学シンポジウム, 1997年11月, 東京
    • 室内音場TLM シミュレーション一吸音材の特性一
      竹内正樹; 加川幸雄; 土屋隆生
      第18回計算電気・電子工学シンポジウム, 1997年11月, 東京
    • 音波伝搬に伴う変調波歪の有限要素シミュレーション一スピーカホーン歪について一
      美濃良信; 土屋隆生; 加川幸雄
      第18回計算電気・電子工学シンポジウム, 1997年11月, 東京
    • 弾性表面波フィルタの最適設計
      朴奎七; 加川幸雄; 若槻尚斗; 土屋隆生
      第18回計算電気・電子工学シンポジウム, 1997年11月, 東京
    • _超音速2 流体ノズルのシミュレーションおよび洗浄効果
      米田尚史; 西崎和人; 北川賢一; 安藤英一; 土屋隆生; 加川幸雄
      第18回計算電気・電子工学シンポジウム, 1997年11月, 東京
    • Simulation of Transient Sounds in a Room Using Transmission-Line Matrix Models
      Y.Kagawa; T.Tsuchiya; M.Takeuchi
      Inter-Noise 97, 1997年08月, Budapest
    • Design Optimization of Wire Array for Electromagnetic Eave Scattering Using Mathematica
      Y.Kagawa; T.Tsuchiya; H.Yamaguchi
      ‘97 Int. Mathematica Sympo, 1997年07月, Rovaniemi
    • 導体アレイ・誘電体グルーブによる電磁波散乱の伝達線路行列シミュレーション
      福家 章洋; 加川 幸雄; 土屋 隆生
      シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス発表論文集, 1997年06月18日, 1997年06月18日, 1997年06月18日
    • 圧電トランスの有限要素シミュレーション
      岡村 広樹; 土屋 隆生; 加川 幸雄
      シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス発表論文集, 1997年06月18日, 1997年06月18日, 1997年06月18日
    • 波動場のディジタルフィルタモデル : 2次元音場の場合
      土屋 隆生; 加川 幸雄; 藤岡 功生
      シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス発表論文集, 1997年06月18日, 1997年06月18日, 1997年06月18日
    • 導体アレィ・誘電体グルーブによる電磁波散乱の伝達線路行列シミュレーション
      福家章洋; 加川幸雄; 土屋隆生
      第16回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 1997年06月, 東京
    • 圧電トランスの有隈要素シミュレーション
      岡村広樹; 土屋隆生; 加川幸雄
      第16回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 1997年06月, 東京
    • 波動場のディジタルフィルタモデルー2 次元音場の場合ー
      土屋隆生; 加川幸雄; 藤岡功生
      第16回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 1997年06月, 東京
    • 圧電トランスの3次元有限要素解析と等価回路
      土屋 隆生; 加川 幸雄; 岡村 広樹
      計算工学講演会論文集, 1997年05月28日, 1997年05月28日, 1997年05月28日, 日本計算工学会
    • ラーメモードにおけるランガサイト圧電振動子の電気的特性
      小峰 賢二; 田中 雅子; 若菜 忠; 加川 幸雄; 土屋 隆生
      計算工学講演会論文集, 1997年05月28日, 1997年05月28日, 1997年05月28日, 日本計算工学会
    • 伝達線路行列(TLM)モデルによる室内残響音場シミュレーション
      竹内 正樹; 加川 幸雄; 土屋 隆生
      計算工学講演会論文集, 1997年05月28日, 1997年05月28日, 1997年05月28日, 日本計算工学会
    • 圧電トランスの数値設計-3D有限要素シミュレーション
      土屋 隆生; 加川 幸雄; 岡村 広樹
      日本音響学会研究発表会講演論文集, 1997年03月01日, 1997年03月01日, 1997年03月01日
    • 水晶板振動ジャイロスコープの有限要素解析
      加川 幸雄; 土屋 隆生; 小田 和幸
      日本音響学会研究発表会講演論文集, 1997年03月01日, 1997年03月01日, 1997年03月01日
    • 伝達線路行列(TLM)モデルによる弾性波伝搬シミュレーション
      藤田 芳智; 加川 幸雄; 土屋 隆生
      日本音響学会研究発表会講演論文集, 1997年03月01日, 1997年03月01日, 1997年03月01日
    • 3次元軸対称有限要素法による超音波機器の設計
      安藤 英一; 米田 尚史; 土屋 隆生; 加川 幸雄
      電子情報通信学会技術研究報告. US, 超音波, 1997年02月28日, 1997年02月28日, 1997年02月28日, 一般社団法人電子情報通信学会
    • 3 次元軸対称有限要素法による超音波機器の設計
      安藤英一; 米田尚史; 土屋隆生; 加川幸雄
      電子情報通信学会技術報告, US96-99, 1997年02月, 東京
    • TLM モデルによる弾性波伝播シミュレーション
      藤田芳智; 加川幸雄; 土屋隆生
      第17回計算電気・電子工学シンポジウム, 1996年12月, 東京
    • _高周波超音波洗浄槽の有限要素シミュレーション
      米田尚史; 片岡辰雄; 安藤英一; 土屋隆生; 加川幸雄
      第17回計算電気・電子工学シンポジウム, 1996年12月, 東京
    • TLM モデルによる室内残響音場シミュレーション
      竹内正樹; 加川幸雄; 土屋隆生
      第17回計算電気・電子工学シンポジウム, 1996年12月, 東京
    • 水晶板モノリシック振動ジャイロの有限要素解析
      小田和幸; 加川幸雄; 土屋隆生
      第17回計算電気・電子工学シンポジウム, 1996年12月, 東京
    • 圧電振動ジャイロの応答特性一有限要素シミュレーションと実験結果
      坂井剛; 加川幸雄; 土屋隆生
      第17回計算電気・電子工学シンポジウム, 1996年12月, 東京
    • TLM モデルによる光導波路モード伝搬シミュレーション
      山口浩央; 加川幸雄; 土屋隆生
      第17回計算電気・電子工学シンポジウム, 1996年12月, 東京
    • 拡大内耳モデルの応答特性実験
      佐竹 学; 土屋 隆生; 加川 幸雄
      日本音響学会研究発表会講演論文集, 1996年09月01日, 1996年09月01日, 1996年09月01日
    • 伝達線路行列法による室内残響音場シミュレーション
      竹内 正樹; 加川 幸雄; 土屋 隆生
      日本音響学会研究発表会講演論文集, 1996年09月01日, 1996年09月01日, 1996年09月01日
    • 水晶モノリシックジャイロスコープの有限要素シミュレーション
      小田 和幸; 加川 幸雄; 土屋 隆生
      日本音響学会研究発表会講演論文集, 1996年09月01日, 1996年09月01日, 1996年09月01日
    • 圧電板モノリシック振動ジャイロの実験
      坂井 剛; 土屋 隆生; 加川 幸雄
      日本音響学会研究発表会講演論文集, 1996年09月01日, 1996年09月01日, 1996年09月01日
    • 高周波超音波洗浄ノズルの有限要素シミュレーション
      片岡 辰雄; 安藤 英一; 土屋 隆生; 加川 幸雄
      日本音響学会研究発表会講演論文集, 1996年09月01日, 1996年09月01日, 1996年09月01日
    • 二ューラルネットワークによる心電図自動診断
      杉田誠; 加川幸雄; 土屋隆生
      第15回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 1996年06月, 東京
    • 水晶板モノリシック振動ジャイロスコープの有限要素法応答解析
      土屋 隆生; 小田 和幸; 加川 幸雄
      計算工学講演会論文集, 1996年05月29日, 1996年05月29日, 1996年05月29日, 日本計算工学会
    • 頭部を含む鼻腔・声道系の境界要素モデルと音響伝達特性
      加川 幸雄; 大谷 豊; 土屋 隆生
      計算工学講演会論文集, 1996年05月29日, 1996年05月29日, 1996年05月29日, 日本計算工学会
    • 水晶板モノリシックジャイロスコープの有限要素シミュレーション
      土屋隆生; 小田和幸; 加川幸雄
      第16回計算電気・電子工学シンポジウム, 1995年12月, 東京
    • 鼻腔_ 頭部を含む声道系の境界要素モデルと音響伝達特性
      大谷豊; 加川幸雄; 土屋隆生
      第16回計算電気・電子工学シンポジウム, 1995年12月, 東京
    • 伝達線路行列(TLM) 逆伝搬モデルによる音源探査シミュレーション
      藤岡功生; 加川幸雄; 土屋隆生; 古川達也
      第16回計算電気・電子工学シンポジウム, 1995年12月, 東京
    • Acoustic Imaging Using Transmission-Line Matrix Model in Time reversal
      Y.Kagawa; T.Tsuchiya; K.Fujioka
      Int. Conf., Education, Practice and Promotion of Comp. Methods in Engng. Using Small Computers, 1995年08月, Macao
    • 内耳応答のスケールアップモデルシミュレーション
      土屋隆生; 西谷克巳; 加川幸雄
      第14回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 1995年06月, 東京
    • 集束強力超音波用電磁トランスジューサの応答特性
      土屋隆生; 加川幸雄; 岡室貴士; 真嶋英登
      第15回計算電気・電子工学シンポジウム, 1995年03月, 東京
    • 超音波洗浄機による騒音発生の有限要素シミュレーション
      藤岡雅浩; 安藤英一; 土屋隆生; 加川幸雄
      第15回計算電気・電子工学シンポジウム, 1995年03月, 東京
    • 伝達線路モデル逆伝搬による超音波散乱CT シミュレーション
      藤岡功生; 加川幸雄; 土屋隆生; 石原 禎
      第15回計算電気・電子工学シンポジウム, 1995年03月, 東京
    • 磁歪/磁歪振動の有限要素シミュレーション
      村山健一; 山下茂樹; 加川幸雄; 土屋隆生
      第15回計算電気・電子工学シンポジウム, 1995年03月, 東京
    • Finite Element Analysis of Electromagnetic Induction Transducers for Acoustic Excitation
      T.Tsuchiya; Y.Kagawa; T.Okamuro
      3rd World Cong. Comp. Mech., 1994年08月, Tokyo
    • Finite Element Analysis of Piezoelectric Vibrator Gyroscopes
      Y.Kagawa; T.Tsuchiya; T.Kawashima
      3rd World Cong. Comp. Mech., 1994年08月, Tokyo
    • Finite Element Simulation of High Frequency Ultrasonic Cleaning System
      M.Fujioka; E.Ando; T.Tsuchiya; Y.Kagawa
      3rd World Cong. Comp. Mech., 1994年08月, Tokyo
    • 異なるメッシュを接合した伝達線路マトリックスによる音波伝搬シミュレーション
      藤井文吾; 土屋隆生; 加川幸雄
      第13回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 1994年06月, 東京
    • 圧電ジャイロのための有限要素法解析
      加川幸雄; 土屋隆生; 川島寿一; 安藤英一
      電子情報通信学会技術報告, US93-70, 1993年11月, 東京
    • 粘性流体ー弾性体連成モデルによる声帯振動の有限要素シミュレーション
      霜山竜一; 加川幸雄; 土屋隆生
      第12回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 1993年06月, 東京
    • 圧電体非定常振動応答の有限要素シミュレーション
      片岡辰雄; 土屋隆生; 加川幸雄; 霜山竜一
      第12回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 1993年06月, 東京
    • 電磁音響トランスジューサの非定常応答有限要素シミュレーション
      岡室貴士; 加川幸雄; 土屋隆生; 霜山竜一
      第12回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 1993年06月, 東京
    • 伝達線路網(TLM)法による非音波伝搬シミュレーション
      藤井文吾; 土屋隆生; 加川幸雄
      第12回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 1993年06月, 東京
    • 広帯域配列トランスジューサ送波特性一敷値シミュレーションと測定一
      金千徳; 尹鐘榮; 金大煥; 尹同奎; 土屋隆生; 加川幸雄
      第14回計算電気・電子工学シンポジウム, 1993年03月, 東京
    • 磁歪と磁歪振動の有限要素シミュレーション
      堀谷裕之; 土屋隆生; 加川幸雄; 村山健一
      第11回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 1992年06月, 東京
    • 音線追跡モデルによる超音波CT
      佐藤茂; 藤本彰英; 土屋隆生; 加川幸雄
      第11回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 1992年06月, 東京
    • 伝達線路網(TLM)法を用いた音波伝搬の非定常解析=2次元モデル=
      藤井文吾; 土屋隆生; 加川幸雄
      第11回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 1992年06月, 東京
    • Directivity Synthesis for Ultrasonic Transducers
      T.Tsuchiya; H.Kohno; Y.Kagawa
      Inv. Problems in Engng. Mech., 1992年05月, Tokyo
    • 高周波超音波洗浄槽の有限要素シミュレーション
      矢田秀雄; 安藤英一; 土屋隆生; 加川幸雄
      第13回計算電気・電子工学シンポジウム, 1992年03月, 東京
    • 高周波超音波洗浄装置の有限要素シミュレーション
      安藤英一; 佐野貢; 土屋隆生; 加川幸雄
      第13回計算電気・電子工学シンポジウム, 1992年03月, 東京
    • 集束音場における非線形第2 高調波生成の有限要素解析=実験との対応=
      土屋隆生; 加川幸雄
      第13回計算電気・電子工学シンポジウム, 1992年03月, 東京
    • 磁歪の有限要素シミュレーション―二次元モデル―
      堀谷裕之; 土屋隆生; 加川幸雄
      第13回計算電気・電子工学シンポジウム, 1992年03月, 東京
    • 渦電流電磁音響変換器の有限要素シミュレーション―軸対称モデルー
      杉山昭; 土屋隆生; 加川幸雄
      第13回計算電気・電子工学シンポジウム, 1992年03月, 東京
    • 超音波送受波器の最適指向性合成シミュレーション
      土屋隆生; 加川幸雄; 河野宏
      電子情報通信学会技術報告, EA91-33, 1991年07月, 広島
    • 透過形超音波CT の試み一数値シミュレーションと実験結果との比較
      佐藤茂; 米今健二; 土屋隆生; 加川幸雄
      第10回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 1991年06月, 東京
    • 境界要素法による細線束送電線のうず電流損シミュレーション一三相交流の場合ー
      桜井章広; 土屋隆生; 加川幸雄
      第10回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, 1991年06月, 東京
    • 非線形音波伝搬の有限要索解析
      土屋隆生; 加川幸雄
      第12回計算電気・電子工学シンポジウム, 1991年03月, 東京
    • 電気衝撃成形法のための電磁力計算の試み
      国末克己; 土屋隆生; 加川幸雄
      第12回計算電気・電子工学シンポジウム, 1991年03月, 東京
    • 非線形音波伝搬の有限要素解析と2,3 の検討
      土屋隆生; 加川幸雄
      電子情報通信学会技術報告, US90-64, 1991年01月, 京都
    • 集束音源によって形成される非線形定常音場の有限要素解析
      土屋隆生; 加川幸雄
      第11回超音波エレクトロニクスシンポジウム, 1990年11月, 京都
    • Measurements of Non-Interacting Angle in the Scattering of Sound by Sound for Gases
      Y.Watanabe; T.Tsuchiya; Y.Urabe
      12th Int. Sympo. Nonlinear Acoust.(ISNA), 1990年08月, Texas
    • 超音波顕微鏡設計のための集束トランスデューサの有限要索解析
      土屋隆生; 藤井俊成; 加川幸雄; 山淵龍夫
      第11回計算電気・電子工学シンポジウム, 1990年03月, 東京
    • 音波の非線形相互作用を用いた音圧・粒子速度プローブ
      土屋隆生; 木村桂吾; 渡辺好章; 卜部泰正
      第9回超音波エレクトロニクスシンポジウム, 1988年12月, 東京
    • 音波の非線形相互作用の角度依存性に着目した液体の非線形パラメータの新しい測定法
      土屋隆生; 渡辺好章; 卜部泰正
      電子情報通信学会技術報告, US88-55, 1988年12月, 京都
    • A Measuring Method of the Non-linearity Parameter B/A of the Medium Regarding the Angle-Dependence of β
      T.Tsuchiya; Y.Watanabe; Y.Urabe
      2nd Joint Meeting of Acoust. Soc. Am. and Acoust. Soc. Jpn., 1988年11月, Honolulu
    • Theoretical Approach to the Virtual Source Based on the Distribution in Finite-Amplitude Waves
      Y.Watanabe; T.Tsuchiya; Y.Urabe
      2nd Joint Meeting of Acoust. Soc. Am. and Acoust. Soc. Jpn., 1988年11月, Honolulu
    • パラメトリック受波を用いた粒子速度マイクロホン
      木村桂吾; 土屋隆生; 渡辺好章
      電子情報通信学会技術報告, US88-16, 1988年07月, 東京
    • 2つの音波の交差時における非線形相互作用を生じない角度の測定
      土屋隆生; 渡辺好章; 卜部泰正
      第8回超音波エレクトロニクスシンポジウム, 1987年12月, 東京
    • パラメトリック受波を用いた媒質の非線形パラメータの新しい測定法
      土屋隆生; 渡辺好章
      電子情報通信学会技術報告, US87-16, 1987年07月, 東京
    • 波形歪み現象からみた有限振幅音波の2次波発生機構
      土屋隆生; 渡辺好章; 卜部泰正
      電子情報通信学会技術報告, US85-59, 1986年01月, 京都
    • パラメトリック受波アレーを用いた指向性マイクロホンの実現
      土屋隆生; 渡辺好章; 卜部泰正
      第6回超音波エレクトロニクスシンポジウム, 1985年12月, 東京

    産業財産権

    • 特許権
      電磁音響変換器
      3494696
    • 特許権
      電磁音響洗浄方法及び電磁音響洗浄器
      3360941
    • 特許権
      画像処理方法及び装置
      2901048

    共同研究・競争的資金等の研究課題

    • 生物ソナーをモデルとした混信回避アルゴリズムの精緻化
      飛龍 志津子; 土屋 隆生; 小林 耕太; 山田 恭史
      日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 2022年04月 -2025年03月, 研究分担者, 基盤研究(B), 同志社大学
    • 超音速飛行時に発生するマッハカットオフ騒音の数値的解明
      土屋 隆生; 金森 正史
      日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 2022年04月 -2025年03月, 基盤研究(C), 同志社大学
    • マッハカットオフ騒音の幾何音響的解析手法に関する研究
      宇宙航空研究開発機構, 委託研究, 2022年07月 -2023年03月, 研究代表者, 同志社大学
    • マッハカットオフ騒音の全空間解析の高度化に関する研究
      宇宙航空研究開発機構, 委託研究, 2020年07月 -2021年03月, 研究代表者, 委託研究, 同志社大学
    • 成層大気中のコースティックを伴って伝搬する音波の数値解析 に関する研究
      宇宙航空研究開発機構, 委託研究, 2019年07月 -2020年03月, 研究代表者, 委託研究, 同志社大学
    • 擾乱を含んだ実在大気中を伝搬するエバネセント波の数値解析 に関する研究
      宇宙航空研究開発機構, 委託研究, 2018年07月 -2019年03月, 研究代表者, 委託研究, 同志社大学
    • 温度勾配及び速度擾乱を持つ大気中の音響伝搬解析に関する 研究
      宇宙航空研究開発機構, 委託研究, 2017年07月 -2018年03月, 研究代表者, 委託研究, 同志社大学
    • 温度勾配を持つ大気中の音響伝搬解析に関する研究
      宇宙航空研究開発機構, 委託研究, 2016年07月 -2017年03月, 研究代表者, 委託研究, 同志社大学
    • 音空問レンダリングによる防災行政無線の音声明瞭度予測・提示システムの開発
      土屋隆生
      日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般), 2014年 -2016年, 研究代表者, 競争的資金
    • 高精細音空間コンテンツのための主観的最適化音空間ディスプレイの研究開発
      岩谷幸雄
      総務省 東北総合通信局, 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE), 2013年 -2015年, 競争的資金
    • シリコンコンサートホールの実現を目指したリアルタイム音響レンダリング技術の開発
      高度通信・放送研究開発に係る研究開発委託, 2009年 -2013年, 競争的資金
    • Development of Silicon Concert Hall by FPGA
      0023 (Japanese Only), 2009年 -2013年, 競争的資金
    • シリコンコンサートホールのための音響レンダリング手法の高精度・高速化
      土屋隆生
      日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般), 2010年 -2012年, 研究代表者, 競争的資金
    • 革新的な三次元映像技術による超臨場感コミュニケーション技術の研究開発
      土屋隆生
      情報通信研究機構, 委託研究, 2009年 -2012年, 研究代表者, 競争的資金
    • FPGAによるシリコンコンサートホール実現の検討
      土屋隆生
      日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般), 2007年 -2008年, 研究代表者, 競争的資金
    • A high performance numerical simulation of acoustic field using GPU
      2007年, 競争的資金
    • A high-accuracy numerical simulation of sound field using CIP method
      2006年, 競争的資金
    • 離散ホイヘンスモデルによる音場の実時間数値解析システムの開発
      土屋隆生
      日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般), 2004年 -2005年, 研究代表者, 競争的資金
    • Sound Field Rendering by CE-FDTD Method
      2004年, 競争的資金
    • 圧電フィードバック系を含むマクロ/マイクロシステムの振動制御
      土屋隆生
      日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般), 2001年 -2002年, 研究代表者, 競争的資金
    • TLM逆伝搬アルゴリズムによる音源探査システムの開発
      土屋隆生
      日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般), 1999年 -2000年, 研究代表者, 競争的資金
    • TLM逆伝搬アルゴリズムによる超音波CTの開発
      土屋隆生
      日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般), 1997年 -1998年, 研究代表者, 競争的資金
    • 強力電磁誘導トランスジューサによって形成される非線形集束音場の時間応答解析 と実験
      土屋隆生
      日本学術振興会, 科学研究費補助金 若手研究(A), 1996年 -1996年, 研究代表者, 競争的資金
    • 数値ファントムを用いた集束衝撃波胆石破砕のための数値シミュレータの開発
      土屋隆生
      日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般), 1995年 -1996年, 研究代表者, 競争的資金
    • 超音波圧電トランスデューサによって形成される過渡音場の解析
      土屋隆生
      日本学術振興会, 科学研究費補助金 若手研究(A), 1992年 -1992年, 研究代表者, 競争的資金

    研究シーズ

    • 自由に視聴点を変えられるVR用立体音響技術
      キーワード:自由視聴点VR:バイノーラルレンダリング :音空間レンダリング:立体音響技術
      研究テーマの分野:情報・通信
      関連研究者所属・研究者名:理工学部 情報システムデザイン学科、土屋 隆生
    • 音空間レンダリング技術の開発
      キーワード:数値シミュレーション:立体音響: 音空間レンダリング:GPUクラスタ: スピーカアレイ:建築音響
      研究テーマの分野:電気・電子
      関連研究者所属・研究者名:理工学部 情報システムデザイン学科、土屋 隆生
      概要:音空間レンダリングは、波動性を考慮した3次元音場計算により聴取位置での音圧波形を数値的に計算、可聴化する技術で、ちょうど画像分野におけるCGレンダリングに対応する技術と言える。CGのようにバーチャルな音響空間を自由に構築できるため、新しい音響技術として期待されている。
      使用用途、応用例等:音空間レンダリングと立体音響技術を組み合わせると、3次元音場を自由に制御できるため、設計段階のホールの音響が聴覚で確認できたり、初音ミクなどのバーチャルなキャラクタを臨場感たっぷりに歌わせることが可能となり、音による新たなコンテンツ産業の創出が期待できる。
      備考:これまで、コンサートホール規模の大規模な音響空間のレンダリングは困難であったが、GPUクラスタを用いることでCDと同程度の音質でレンダリングが可能となった。これは、現時点での世界最高水準である。

      その他関連情報:東北大学、東北学院大学、信州大学、北陸先端科学技術大学院大学との共同研究
    • FPGAを用いた シリコンコンサートホールの開発
      キーワード:数値シミュレーション:シリコンコンサートホール: 音空間レンダリング:FPGA:建築音響
      研究テーマの分野:電気・電子
      関連研究者所属・研究者名:理工学部 情報システムデザイン学科、土屋 隆生
      概要:音空間レンダリングは、波動性を考慮した3次元音場計算により聴取位置での音圧波形を数値的に計算、可聴化する技術で、ちょうど画像分野におけるCGレンダリングに対応する技術と言える。CGのようにバーチャルな音響空間を自由に構築できるため、新しい音響技術として期待されている。シリコンコンサートホールは、CGにおけるグラフフィックスボードと同じようにハードウェアでリアルタイムに音空間をレンダリングする技術である。
      使用用途、応用例等:シリコンコンサートホールが実現されると、居ながらにして有名コンサートホールの音響を様々な座席位置で楽しめるようになったり、オペラ歌手の移動など臨場感溢れる音響が楽しめるようになる。また、映像とのインタラクションにより高臨場感を伴うバーチャル空間の構築も可能となることが期待される。これは、リスナーがこれまで制御できなかった音響空間や集音・録音部を制御可能にすることを意味し、音響・再生技術の概念を根本から変える可能性があると考える。
      備考:これまで、数m³の音響空間のレンダリングは実現できているが、大規模化には集積化や並列化などさまざまな課題がある。

      その他関連情報:連携団体:東北大学、東北学院大学、信州大学、北陸先端科学技術大学院大学