井澤 鉄也
イザワ テツヤ
スポーツ健康科学部スポーツ健康科学科
博士後期課程教授
Last Updated :2022/12/04

研究者情報

研究キーワード

  • スポーツ生理・生化学
  • Physiology and Biochemistry of Sport

研究分野

  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学
  • ライフサイエンス / スポーツ科学

経歴

  • 同志社大学大学院, スポーツ健康科学研究科, 教授, 2010年04月 - 現在
  • 同志社大学, スポーツ健康科学部, 教授, 2008年04月 - 現在
  • 国立大学法人筑波大学, 生命領域学際研究センター, 客員教授, 2010年11月 - 2016年03月
  • 首都大学東京大学院人間健康科学研究科博士課程教授, 2005年 - 2008年
  • 東京都立大学大学院理学研究科博士課程教授, 2000年 - 2008年
  • 東京都立大学大学院理学研究科博士課程助教授, 1997年 - 2000年
  • 電気通信大学電気通信学部(自然科学系列)助教授, Faculty of Electro-Communications, 1992年 - 1997年
  • 東京薬科大学薬学部講師, School of Pharmacy, 1992年 - 1992年
  • 東京薬科大学薬学部助手, School of Pharmacy, 1981年 - 1992年

学歴

  • 筑波大学, 体育研究科, 健康教育学専攻, - 1981年
  • 筑波大学, Graduate School, Division of Physical Education, - 1981年
  • 筑波大学, 体育専門学群, - 1979年
  • 筑波大学, School of Health and Physical Education, - 1979年

学位

  • 薬学博士, 東京薬科大学
  • 体育学修士, 筑波大学

所属学協会

  • 日本臨床栄養協会
  • 日本肥満学会
  • 日本運動生理学会
  • 日本生理学会
  • 日本生化学会
  • 日本比較生理生化学会
  • 日本宇宙航空環境学会
  • 日本体力医学会
  • Japanese society of exercise and sport
  • Japanese society of physiology
  • Japanese society of biochemistry

委員歴

  • 学術委員会学会選考委員会 委員, 2017年11月 - 現在, 日本体力医学会, 学協会
  • 健康医科学研究助成選考委員会 委員, 2010年04月 - 現在, 明治安田厚生事業団, その他
  • 評議員, 1994年04月 - 現在, 日本運動生理学会, 学協会, 日本運動生理学会
  • 評議員, 1986年 - 現在, 日本生理学会, 学協会, 日本生理学会
  • 評議員, 1986年 - 現在, 日本体力医学会, 学協会, 日本体力医学会
  • 編集委員会 委員, 2012年05月 - 2016年09月, 日本運動生理学会, 学協会
  • 編集委員会 委員, 2012年05月 - 2016年09月, 日本体力医学会, 学協会
  • 学術委員会称号委員会 委員, 2003年05月 - 2006年03月, 日本体力医学会, 学協会
  • 理事, 2001年04月 - 2006年03月, 日本運動生理学会, 学協会
  • 編集委員会 委員, 2001年04月 - 2003年03月, 日本運動生理学会, 学協会
  • 学術委員会プロジェクト研究委員会 委員, 2000年07月 - 2003年03月, 日本体力医学会, 学協会

受賞

  • 大塚スポーツ医・科学賞 特別賞
    2018年09月, 日本体力医学会・大塚製薬, 加藤久詞;今井一貴;大澤晴太;高倉久志;大平充宣;井澤鉄也
  • 若手奨励賞
    2016年03月, 京都滋賀体育学会, 加藤久詞;井澤鉄也
  • 第1回杏林医学会研究奨励賞(優秀論文賞)
    2012年11月, 杏林医学会
  • 平成22年度日本衛生学会奨励賞
    2012年09月, 日本衛生学会, Sakurai T;Ogasawara J;Kizaki T;Ishibashi Y;Sumitani Y;Takahashi K;Ishida H;Miyazaki H;Saitoh D;Haga S;Izawa T;Ohno H
  • 第20回日本運動生理学会大会奨励賞
    2012年07月, 第20回日本運動生理学会大会, 小笠原準悦;櫻井拓也;木崎節子;井澤鉄也;武政 徹;芳賀脩光;長澤純一;大野秀樹
  • 第21回体力・栄養・免疫学会大会倉掛賞(優秀発表賞)
    2011年08月, 体力・栄養・免疫学会, 小笠原準悦;北舘健太郎;西岡 浩;藤井 創;櫻井拓也;木崎節子;石橋義永;炭谷由計;石田 均;井澤鉄也;大野秀樹
  • 第80回日本衛生学会学術総会学術総会会長賞
    2010年05月, 日本衛生学会, 小笠原準悦;櫻井拓也;木崎節子;井澤鉄也;鈴木健二;大石修司;斉藤大蔵;人見嘉哲;芳賀脩光;大野秀樹
  • 第13回日本運動生理学会若手優秀発表賞
    2005年07月, 第13回日本運動生理学会, 櫻井拓也;小笠原準悦;中野法彦;木崎節子;大野秀樹;井澤鉄也
  • 第13回日本運動生理学会大会若手優秀発表賞
    2005年07月, 第13回日本運動生理学会大会, 小笠原準悦;三瓶みのり;桜井智野風;木崎節子;大野秀樹;井澤鉄也

論文

  • Depression of Bone Density at the Weight-Bearing Joints in Wistar Hannover Rats by a Simulated Mechanical Stress Associated With Partial Gravity Environment
    Shenke Zhang; Daishin Ueno; Takashi Ohira; Hisashi Kato; Tetsuya Izawa; Sakuya Yamanouchi; Yukari Yoshida; Akihisa Takahashi; Yoshinobu Ohira
    Frontiers in Cell and Developmental Biology, 9, 2021年07月26日, 研究論文(学術雑誌)
  • Metabolomic Profiles in Adipocytes Differentiated from Adipose-Derived Stem Cells Following Exercise Training or High-Fat Diet
    Seita Osawa; Hisashi Kato; Yuki Maeda; Hisashi Takakura; Junetsu Ogasawara; Tetsuya Izawa
    International Journal of Molecular Sciences, 22(2) 966 - 966, 2021年01月19日, 研究論文(学術雑誌)
  • Homeobox A5 and C10 genes modulate adaptation of brown adipose tissue during exercise training in juvenile rats
    Hisashi Kato; Takuto Ario; Toshiaki Kishida; Manami Tadano; Seita Osawa; Yuki Maeda; Hisashi Takakura; Tetsuya Izawa
    Experimental Physiology, 106(2) 463 - 474, 2021年01月05日, 研究論文(学術雑誌)
  • Exercise Training-Enhanced Lipolytic Potency to Catecholamine Depends on the Time of the Day
    Hisashi Kato; Junetsu Ogasawara; Hisashi Takakura; Ken Shirato; Takuya Sakurai; Takako Kizaki; Tetsuya Izawa
    International Journal of Molecular Sciences, 21(18) 6920 - 6920, 2020年09月21日, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of physical activity and melatonin on brain-derived neurotrophic factor and cytokine expression in the cerebellum of high-fat diet-fed rats.
    Ai Sugiyama; Hisashi Kato; Hisashi Takakura; Seita Osawa; Yuki Maeda; Tetsuya Izawa
    Neuropsychopharmacology reports, 2020年07月18日, 研究論文(学術雑誌)
  • Exercise ameliorates high-fat diet-induced impairment of differentiation of adipose-derived stem cells into neuron-like cells in rats
    Hisashi Kato; Hidemasa Minamizato; Hideki Ohno; Yoshinobu Ohira; Tetsuya Izawa
    Journal of Cellular Physiology, 234(2) 1452 - 1460, 2019年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of a 9-week exercise training regimen on expression of developmental genes related to growth-dependent fat expansion in juvenile rats
    Hisashi Kato; Takuya Shibahara; Nazibur Rahman; Hisashi Takakura; Yoshinobu Ohira; Tetsuya Izawa
    Physiological Reports, 6(19) e13880 , 2018年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • Differential response of adipose tissue gene and protein expressions to 4- and 8-week administration of β-guanidinopropionic acid in mice
    Kato H; Masuda S; Ohira T; Ohira L; Takakura H; Ohira Y; Izawa T
    Physiological Reports, 6(5) e13616 , 2018年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • Detrimental responses of the properties in rat soleus muscle to passive continuous stretch
    Hisashi Kato; Daishin Ueno; Takashi Ohira; Fuminori Kawano; Katsumasa Goto; Hideki Ohno; Tetsuya Izawa; Yoshinobu Ohira
    Japanese Journal of Aerospace and Environmental Medicine, 54(3) 37 - 44, 2017年, 研究論文(学術雑誌)
  • Exercise Training Attenuates the Dysregulated Expression of Adipokines and Oxidative Stress in White Adipose Tissue
    Takuya Sakurai; Junetsu Ogasawara; Ken Shirato; Tetsuya Izawa; Shuji Oh-ishi; Yoshinaga Ishibashi; Zsolt Radak; Hideki Ohno; Takako Kizaki
    Oxidative Medicine and Cellular Longevity, 2017 9410954 , 2017年, 研究論文(学術雑誌)
  • Endurance exercise training induces fat depot-specific differences in basal autophagic activity
    Goki Tanaka; Hisashi Kato; Tetsuya Izawa
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 466(3) 512 - 517, 2015年10月, 研究論文(学術雑誌)
  • Melatonin promotes adipogenesis and mitochondrial biogenesis in 3T3-L1 preadipocytes
    Hisashi Kato; Goki Tanaka; Shinya Masuda; Junetsu Ogasawara; Takuya Sakurai; Takako Kizaki; Hideki Ohno; Tetsuya Izawa
    Journal of Pineal Research, 59(2) 267 - 275, 2015年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • Habitual exercise training acts as a physiological stimulator for constant activation of lipolytic enzymes in rat primary white adipocytes
    Junetsu Ogasawara; Tetsuya Izawa; Takuya Sakurai; Ken Shirato; Yoshinaga Ishibashi; Yoshinobu Ohira; Hitoshi Ishida; Hideki Ohno; Takako Kizaki
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 464(1) 348 - 353, 2015年08月, 研究論文(学術雑誌)
  • Macrophage deficiency in osteopetrotic (op/op) mice inhibits activation of satellite cells and prevents hypertrophy in single soleus fibers
    T. Ohira; X. D. Wang; T. Ito; F. Kawano; K. Goto; T. Izawa; H. Ohno; T. Kizaki; Y. Ohira
    American Journal of Physiology-Cell Physiology, 308(10) C848 - C855, 2015年05月, 研究論文(学術雑誌)
  • Endurance training facilitates myoglobin desaturation during muscle contraction in rat skeletal muscle
    Hisashi Takakura; Yasuro Furuichi; Tatsuya Yamada; Thomas Jue; Minoru Ojino; Takeshi Hashimoto; Satoshi Iwase; Tatsuya Hojo; Tetsuya Izawa; Kazumi Masuda
    Scientific Reports, 5 9403 , 2015年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Circadian Rhythm on Clinical and Pathophysiological Conditions and Inflammation
    Takako Kizaki; Shogo Sato; Ken Shirato; Takuya Sakurai; Junetsu Ogasawara; Tetsuya Izawa; Yoshinobu Ohira; Kenji Suzuki; Hideki Ohno
    Critical Reviews in Immunology, 35(4) 261 - 275, 2015年, 研究論文(学術雑誌)
  • The molecular mechanism underlying continuous exercise training-induced adaptive changes of lipolysis in white adipose cells
    Junetsu Ogasawara; Tetsuya Izawa; Tomonobu Sakurai; Takuya Sakurai; Ken Shirato; Yoshinaga Ishibashi; Hitoshi Ishida; Hideki Ohno; Takako Kizaki
    Journal of Obesity, 2015 47340 , 2015年, 研究論文(学術雑誌)
  • Age-induced muscle atrophy and increase in fatigue resistance.
    Masuda S; Takakura H; Kato H; Izawa T
    Journal of Physical Firness and Sports Medicine, 3(4) 435 - 439, 2014年10月, 研究論文(学術雑誌)
  • ETAS, an Enzyme-treated Asparagus Extract, Attenuates Amyloid beta-Induced Cellular Disorder in PC12 Cells
    Junetsu Ogasawara; Tomohiro Ito; Koji Wakame; Kentaro Kitadate; Takuya Sakurai; Shogo Sato; Yoshinaga Ishibashi; Tetsuya Izawa; Kazuto Takahashi; Hitoshi Ishida; Ichiro Takabatake; Takako Kizaki; Hideki Ohno
    Natural Product Communications, 9(4) 561 - 564, 2014年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • A circadian clock gene, Rev-erbα, modulates the inflammatory function of macrophages through the negative regulation of Ccl2 expression.
    Sato S; Sakurai T; Ogasawara J; Takahashi M; Izawa T; Imaizumi K; Taniguchi N; Ohno H; Kizaki T
    Journal of Immunology, 192(1) 407 - 417, 2014年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • Direct and indirect suppression of interleukin-6 gene expression in murine macrophages by nuclear orphan receptor REV-ERBα.
    Sato S; Sakurai T; Ogasawara J; Shirato K; Ishibashi Y; Oh-ishi S; Imaizumi K; Haga S; Hitomi Y; Izawa T; Ohira Y; Ohno H; Kizaki T
    ScientificWorldJournal, 2014, 2014年, 研究論文(学術雑誌)
  • Role of nitric oxide in muscle regeneration following eccentric muscle contractions in rat skeletal muscle
    Tomonobu Sakurai; Osamu Kashimura; Yutaka Kano; Hideki Ohno; Li Li Ji; Tetsuya Izawa; Thomas M. Best
    Journal of Physiological Sciences, 63(4) 263 - 270, 2013年07月, 研究論文(学術雑誌)
  • 柔道の投げ技の懸かり稽古中の骨格筋酸化レベルに関する研究(Skeletal Muscle Oxygenation during the Nagewaza Kakari Exercise in Judo)
    芳賀 脩光; 木崎 節子; 佐藤 章悟; 武政 徹; 江崎 和希; 植屋 清見; 會田 文夫; 橋本 昇; 小笠原 準悦; 櫻井 拓也; 浜岡 隆文; 勝村 俊仁; 桜井 智野風; 大野 秀樹
    スポーツ科学研究, 10 233 - 241, 2013年03月
  • 高所環境は肥満を改善する(総説)
    大野秀樹; 木崎節子; 櫻井拓也; 井澤鉄也
    登山医学, 33 161 - 171, 2013年, 研究論文(学術雑誌)
  • The Effects of Exercise Training on Obesity-Induced Dysregulated Expression of Adipokines in White Adipose Tissue
    Takuya Sakurai; Junetsu Ogasawara; Takako Kizaki; Shogo Sato; Yoshinaga Ishibashi; Motoko Takahashi; Osamu Kobayashi; Shuji Oh-ishi; Junichi Nagasawa; Kazuto Takahashi; Hitoshi Ishida; Tetsuya Izawa; Hideki Ohno
    International Journal of Endocrinology, Article ID 801743 28 , 2013年, 研究論文(学術雑誌)
  • Oligomerised lychee fruit-derived polyphenol attenuates cognitive impairment in senescence-accelerated mice and endoplasmic reticulum stress in neuronal cells.
    Sakurai T; Kitadate K; Nishioka H; Fujii H; Ogasawara J; Kizaki T; Sato S; Fujiwara T; Akagawa K; Izawa T; Ohno H
    British Journal of Nutrition, 110(9) 1549 - 1558, 2013年, 研究論文(学術雑誌)
  • Preventive and improvement effects of exercise training and supplement intake in white adipose tissues on obesity and lifestyle-related diseases
    Takuya Sakurai; Junetsu Ogasawara; Takako Kizaki; Yoshinaga Ishibashi; Yoshikazu Sumitani; Kazuto Takahashi; Hitoshi Ishida; Hiromi Miyazaki; Daizoh Saitoh; Shukoh Haga; Tetsuya Izawa; Hideki Ohno
    Environmental Health and Preventive Medicine, 17(5) 348 - 356, 2012年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • Oligonol-induced Degradation of Perilipin 1 is Regulated through Lysosomal Degradation Machinery
    Junetsu Ogasawara; Kentaro Kitadate; Hiroshi Nishioka; Hajime Fujii; Takuya Sakurai; Takako Kizaki; Tetsuya Izawa; Hitoshi Ishida; Hideki Ohno
    Natural Product Communications, 7(9) 1193 - 1196, 2012年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • Higher Levels of ATGL Are Associated with Exercise-Induced Enhancement of Lipolysis in Rat Epididymal Adipocytes
    Junetsu Ogasawara; Takuya Sakurai; Takako Kizaki; Yoshinaga Ishibashi; Tetsuya Izawa; Yoshikazu Sumitani; Hitoshi Ishida; Zsolt Radak; Shukoh Haga; Hideki Ohno
    PLOS ONE, 7(7) e40876 , 2012年07月, 研究論文(学術雑誌)
  • 運動は肥満・糖尿病によるアルツハイマー病発症リスクを軽減するか
    櫻井拓也; 小笠原準悦; 木崎節子; 石橋義永; 藤原智徳; 赤川公朗; 井澤鉄也; 芳賀脩光; 大野秀樹
    第27回健康医科学研究助成論文集, 87 - 96, 2012年
  • The effects of exercise on macrophage function.
    Kizaki T; Sato S; Sakurai T; Ogasawara J; Imaizumi K; Izawa T; Nagasawa J; Saitoh D; Haga S; Ohno H
    Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine, 1(1) 113 - 123, 2012年, 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of physical exercise on lipolysis in white adipocytes.
    Ogasawara J; Sakurai T; Kizaki T; Takahashi K; Ishida H; Izawa T; Toshinai K; Nakano N; Ohno H
    Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine, 1(2) 351 - 356, 2012年, 研究論文(学術雑誌)
  • Exercise training and the promotion of neurogenesis and neurite outgrowth in the hippocampus.
    Sakurai T; Ogasawara J; Kizaki T; Ichibashi Y; Fujiwara T; Akagawa K; Izawa T; Radak Z; Ohno H
    Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine, 1(2) 333 - 337, 2012年, 研究論文(学術雑誌)
  • Recent advances in the adaptations of adipose tissue to physical activity: Morphology and adipose tissue cellularity.
    Izawa T; Ogasawara J; Sakurai T; Bomura S; Kizaki T; Ohno H
    Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, The Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine, 1(3) 381 - 387, 2012年, 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of exercise training on the density of endothelial cells in the white adipose tissue of rats
    D. Hatano; J. Ogasawara; S. Endoh; T. Sakurai; S. Nomura; T. Kizaki; H. Ohno; T. Komabayashi; T. Izawa
    Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports, 21(6) E115 - E121, 2011年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of leucine zipper transcription factor-like protein 1 (Lztfl1) in the attenuation of cognitive impairment by exercise training
    Takuya Sakurai; Junetsu Ogasawara; Takako Kizaki; Yoshinaga Ishibashi; Tomonori Fujiwara; Kimio Akagawa; Tetsuya Izawa; Shuji Oh-ishi; Shukoh Haga; Hideki Ohno
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 416(1-2) 125 - 129, 2011年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • Voluntary exercise attenuates obesity-associated inflammation through ghrelin expressed in macrophages
    Takako Kizaki; Taketeru Maegawa; Takuya Sakurai; Jun-etsu Ogasawara; Tomomi Ookawara; Shuji Oh-ishi; Tetsuya Izawa; Shukoh Haga; Hideki Ohno
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 413(3) 454 - 459, 2011年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • Comparison of the Effect of Oligonol, A New Lychee Fruit-derived Low Molecular Form of Polyphenol, and Epigallocatechin-3-gallate on Lipolysis in Rat Primary Adipocytes
    Junetsu Ogasawara; Kentaro Kitadate; Hiroshi Nishioka; Hajime Fujii; Takuya Sakurai; Takako Kizaki; Tetsuya Izawa; Hitoshi Ishida; Hideki Ohno
    Phytotherapy Research, 25(3) 467 - 471, 2011年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of exercise training on adipogenesis of stromal-vascular fraction cells in rat epididymal white adipose tissue
    T. Sakurai; S. Endo; D. Hatano; J. Ogasawara; T. Kizaki; S. Oh-ishi; T. Izawa; H. Ishida; H. Ohno
    Acta Physiologica, 200(4) 325 - 338, 2010年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • Oligonol, an oligomerized lychee fruit-derived polyphenol, activates the Ras/Raf-1/MEK1/2 cascade independent of the IL-6 signaling pathway in rat primary adipocytes
    Junetsu Ogasawara; Kentaro Kitadate; Hiroshi Nishioka; Hajime Fujii; Takuya Sakurai; Takako Kizaki; Tetsuya Izawa; Hitoshi Ishida; Masataka Tanno; Hideki Ohno
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 402(3) 554 - 559, 2010年11月, 研究論文(学術雑誌)
  • Hormone-sensitive lipase is critical mediators of acute exercise-induced regulation of lipolysis in rat adipocytes
    Junetsu Ogasawara; Sachiko Nomura; Nazibur Rahman; Takuya Sakurai; Takako Kizaki; Tetsuya Izawa; Hitoshi Ishida; Shukoh Haga; Hideki Ohno
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 400(1) 134 - 139, 2010年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of exercise training on adipocyte-size-dependent expression of leptin and adiponectin
    Satoko Miyazaki; Tetsuya Izawa; Jun-etsu Ogasawara; Takuya Sakurai; Sachiko Nomura; Takako Kizaki; Hideki Ohno; Takao Komabayashi
    Life Sciences, 86(17-18) 691 - 698, 2010年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • 脂肪代謝に及ぼす新規低分子化ポリフェノール(Oligonol)の効果と作用機序
    小笠原 準悦; 北舘 健太郎; 西岡 浩; 藤井 創; 櫻井 拓也; 木崎 節子; 井澤 鉄也; 長澤 純一; 斉藤 大蔵; 今泉 和彦; 大野 秀樹
    人間科学研究, 早稲田大学人間科学学術院, 23(1) 132 - 132, 2010年03月
  • 運動トレーニングによる肥満・生活習慣病および認知症予防効果とそのメカニズム
    櫻井 拓也; 小笠原 準悦; 木崎 節子; 石橋 義永; 白土 健; 井澤 鉄也; 今泉 和彦; 鈴木 健二; 野口 いづみ; 芳賀 脩光; 大野 秀樹
    人間科学研究, 23(1) 131 - 131, 2010年03月
  • Oligomerized grape seed polyphenols attenuate inflammatory changes due to antioxidative properties in coculture of adipocytes and macrophages
    Takuya Sakurai; Kentaro Kitadate; Hiroshi Nishioka; Hajime Fujii; Takako Kizaki; Yasumasa Kondoh; Tetsuya Izawa; Hitoshi Ishida; Zsolt Radak; Hideki Ohno
    Journal of Nutritional Biochemistry, 21(1) 47 - 54, 2010年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • Oligonol, A New Lychee Fruit-derived Low-molecular Form of Polyphenol, Enhances Lipolysis in Primary Rat Adipocytes through Activation of the ERK1/2 pathway
    Junetsu Ogasawara; Kentaro Kitadate; Hiroshi Nishioka; Hajime Fujii; Takuya Sakurai; Takako Kizaki; Tetsuya Izawa; Hitoshi Ishida; Hideki Ohno
    Phytotherapy Research, 23(11) 1626 - 1633, 2009年11月, 研究論文(学術雑誌)
  • 脂肪細胞サイズとアディポカイン遺伝子発現との関係に及ぼす運動トレーニングの影響
    井澤 鉄也; 櫻井 拓也; 小笠原 準悦; 木崎 節子; 大野 秀樹
    人間科学研究, 22(1) 55 - 55, 2009年05月
  • β2-Adrenergic receptor regulate Toll-like receptor 4-induced late-phase NF-κB activation
    Kizaki T; Shirato K; Sakurai T; Ogasawara J.-e; Oh-ishi S; Matsuoka T; Izawa T; Imaizumi K; Haga S; Ohno H
    Molecular Immunology, 46(6) 1195 - 1203, 2009年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • Exercise training decreases expression of inflammation-related adipokines through reduction of oxidative stress in rat white adipose tissue
    Takuya Sakurai; Tetsuya Izawa; Takako Kizaki; Jun-Etsu Ogasawara; Ken Shirato; Kazuhiko Imaizumi; Kazuto Takahashi; Hitoshi Ishida; Hideki Ohno
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 379(2) 605 - 609, 2009年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • β2-Adrenergic receptor regulates Toll-like-4-induced NF-κB activation through β-arrestin 2
    Kizaki T; Izawa T; Sakurai T; Haga S; Taniguchi N; Tajiri H; Watanabe K; Day NK; Toba K; Ohno H
    Immunology, 124(3) 348 - 356, 2008年07月, 研究論文(学術雑誌)
  • Adaptation of macrophages to exercise training improves innate immunity
    Takako Kizaki; Tohru Takemasa; Takuya Sakurai; Tetsuya Izawa; Tomoko Hanawa; Shigeru Kamiya; Shukoh Haga; Kazuhiko Imaizumi; Hideki Ohno
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 372(1) 152 - 156, 2008年07月, 研究論文(学術雑誌)
  • 肥満予防に対する骨格筋と脂肪組織の役割 : 脂肪組織と骨格筋の脂肪分解反応(シンポジウム1:体力科学における骨格筋研究の展開と展望)
    井澤 鉄也; 櫻井 拓也; 木崎 節子; 大野 秀樹; 駒林 隆夫
    体力科學, 日本体力医学会, 57(1) 22 - 22, 2008年02月01日
  • Antioxidative effects of a new lychee fruit-derived polyphenol mixture, Oligonol, converted into a low-molecular form in adipocytes
    Takuya Sakurai; Hiroshi Nishioka; Hajime Fujii; Norihiko Nakano; Takako Kizaki; Zsolt Radak; Tetsuya Izawa; Shukoh Haga; Hideki Ohno
    Bioscience Biotechnology and Biochemistry, 72(2) 463 - 476, 2008年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • 358. ライチ由来新規低分子化ポリフェノールOligonolによる疲労改善効果(生活・健康,第62回日本体力医学大会)
    櫻井, 拓也; 北舘, 健太郎; 藤井, 創; 久島, 達也; 安部, 茂; 木崎, 節子; 井澤, 鉄也; 長澤, 純一; 武政, 徹; 芳賀, 脩光; 大野, 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 56(6) 757 , 2007年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • Functional roles of Fli-1, a member of the Ets family of transcription factors, in human breast malignancy
    Takuya Sakurai; Nobuo Kondoh; Masaaki Arai; Jun-Ichi Hamada; Toshiyuki Yamada; Fumiko Kihara-Negishi; Tetsuya Izawa; Hideki Ohno; Mikio Yamamoto; Tsuneyuki Oikawa
    Cancer Science, 98(11) 1775 - 1784, 2007年11月, 研究論文(学術雑誌)
  • Exercise before or after refeeding prevents refeeding-induced recovery of cell size after fasting with a different pattern of metabolic gene expressions in rat epididymal adipocytes
    Takuya Sakurai; Megumi Takei; Junetsu Ogasawara; Hiroshi Ueda; Takako Kizaki; Hideki Ohno; Tetsuya Izawa
    Metabolism-Clinical and Experimental, 56(9) 1270 - 1278, 2007年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • Transcription regulation of gene expression in rat brown adipose tissue in response to unloading or 2G loading during growing period
    S. Watanabe; Y. Hitomi; F. Kawano; Y. Ohira; T. Kizaki; N. Nakano; T. Sakurai; T. Izawa; K. Suzuki; M. Sudoh; R. R. Roy; H. Ohno
    Acta Astronautica, 60(10-11) 889 - 898, 2007年05月, 研究論文(学術雑誌)
  • ライチ由来新規低分子化ポリフェノール Oligonol による脂肪細胞内酸化ストレス減少効果
    櫻井, 拓也; 西岡, 浩; 中野, 法彦; 木崎, 節子; 井澤, 鉄也; 大石, 修司; 長澤, 純一; 武政, 徹; 芳賀, 脩光; 大野, 秀樹
    日本衞生學雜誌, 62(2) 672 , 2007年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • 骨格筋線維タイプの変化におよぼす負荷量の影響 : カルシニューリンシグナル経路の関与(日本体力医学会プロジェクト研究:ヒトの骨格筋における遺伝子発現とその変化に対する運動の影響,第61回日本体力医学会大会)
    宮崎 充功; 武政 徹; 人見 嘉哲; 勝村 俊仁; 木崎 節子; 芳賀 脩光; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 55(1) 15 - 16, 2006年02月01日
  • 運動による骨格筋におけるPGC-1αの発現とmitochondrial biogenesis(日本体力医学会プロジェクト研究:ヒトの骨格筋における遺伝子発現とその変化に対する運動の影響,第61回日本体力医学会大会)
    池田 真一; 武政 徹; 鈴木 健二; 水野 眞佐夫; 木崎 節子; 大野 秀樹; 芳賀 脩光
    体力科學, 日本体力医学会, 55(1) 14 - 14, 2006年02月01日
  • 持久性運動により発現を変化させる骨格筋遺伝子の網羅的解析(日本体力医学会プロジェクト研究:ヒトの骨格筋における遺伝子発現とその変化に対する運動の影響,第61回日本体力医学会大会)
    武政 徹; 勝村 俊仁; 鈴木 健二; 木崎 節子; 大野 秀樹; 芳賀 脩光
    体力科學, 日本体力医学会, 55(1) 10 - 11, 2006年02月01日
  • 運動と血管新生に関わる因子の調節(日本体力医学会プロジェクト研究:ヒトの骨格筋における遺伝子発現とその変化に対する運動の影響,第61回日本体力医学会大会)
    町田 正直; 武政 徹; 芳賀 脩光; 人見 嘉哲; 木崎 節子; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 55(1) 12 - 13, 2006年02月01日
  • 筋線維分化や骨格筋活動に伴うカルシニューリン抑制タンパクMCIP1の発現変化(日本体力医学会プロジェクト研究:ヒトの骨格筋における遺伝子発現とその変化に対する運動の影響,第61回日本体力医学会大会)
    人見 嘉哲; 芳賀 脩光; 木崎 節子; 武政 徹; 鈴木 健二; 勝村 俊仁; 水野 眞佐夫; 荻野 景規; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 55(1) 17 - 18, 2006年02月01日
  • β-Adrenergic receptor trafficking by exercise in rat adipocytes: Roles of G-protein-coupled receptor kinase-2, β-arrestin-2, and the ubiquitin-proteasome pathway.
    Ogasawara J; Sanpei M; Rahman N; Sakurai T; Kizaki T; Hitomi Y; Ohno H; Izawa T
    FASEB Journal, 20(2) 350 - 352, 2006年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • Exercise training enhances tumor necrosis factor-α-induced expressions of anti-apoptotic genes without alterations in caspase-3 activity in rat epididymal adipocytes.
    Sakurai T; Takei M; Ogasawara J; Watanabe N; Sanpei M; Yoshida M; Nakae D; Sakurai T; Nakano N; Kizaki T; Ohno H; Izawa T
    Japanese Journal of Physiology, 55(3) 181 - 189, 2005年06月, 研究論文(学術雑誌)
  • Changes in nitric oxide and inducible nitric oxide synthase following stretch-induced injury to the tibialis anterior muscle of rabbit
    T Sakurai; J Hollander; SL Brickson; H Ohno; LL Ji; T Izawa; TM Best
    Japanese Journal of Physiology, 55(2) 101 - 107, 2005年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • タンパク質脱リン酸化酵素カルシニューリンは,骨格筋肥大に関与するか?
    人見嘉哲; 木崎節子; 中野法彦; 武政 徹; 芳賀脩光; 桜井智野風; 井澤鉄也; 谷口直之; 大野秀樹
    体力科学, 54(1) 60 - 61, 2005年, 研究論文(学術雑誌)
  • Seven skeletal muscles rich in slow muscle fibers may function to sustain neutral position in the rodent hindlimb
    Y Hitomia; T Kizaki; S Watanabe; G Matsumura; Y Fujioka; S Haga; T Izawa; N Taniguchi; H Ohno
    Comparative Biochemistry and Physiology B-Biochemistry & Molecular Biology, 140(1) 45 - 50, 2005年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • Iron deficiency decreases lipid accumulation but, paradoxically, enhances the expression of sterol regulatory element binding protein-1c in rat epididymal adipose tissue.
    Rahman N; Ogasawara J; Sanpei M; Sakurai T; Komabayashi T; Izawa T
    Adipocytes (New Century Health Publishers), 1(4) 249 - 256, 2005年, 研究論文(学術雑誌)
  • Is angiotensin I-converting enzyme I/D polymorphism associated with endurance performance and/or high altitude adaptation?
    Ohno H; Kizaki T; Suzuki K; Hitomi Y; Nakano N; Sakurai T; Ogiwara R; Sakurai T; Izawa T; Noguchi I; Nagasawa J; Ohnuki Y; Takemasa T; Nukita M; Haga S
    Advances in Exercise and Sports Physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 11(2) 41 - 54, 2005年, 研究論文(学術雑誌)
  • Desensitization of the inhibitory effect of norepinephrine on insulin secretion from pancreatic islets of exercise-trained rats
    Y Urano; T Sakurai; H Ueda; J Ogasawara; T Sakurai; M Takei; T Izawa
    Metabolism-Clinical and Experimental, 53(11) 1424 - 1432, 2004年11月, 研究論文(学術雑誌)
  • Acute exercise alters Gαi2 protein expressions through the ubiquitin-proteasome proteolysis pathway in rat adipocytes.
    Ogasawara J; Sakurai Takuya; Rahman N; Kizaki T; Hitomi Y; Ohno H; Izawa T
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 323(3) 1109 - 1115, 2004年10月, 研究論文(学術雑誌)
  • Down-regulation of β2-adrenergic receptor expression by exercise training increases IL-12 production by macrophages following LPS stimulation.
    Itoh CE; Kizaki T; Hitomi Y; Hanawa T; Kamiya S; Ookawara T; Suzuki K; Izawa T; Saitoh D; Haga S; Ohno H
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 322(3) 979 - 984, 2004年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of nitric oxide in recovery from structural damage in skeletal muscle
    Tomonobu Sakurai; Yutaka Kano; Hideki Ohno; Li Li Ji; Thomas M Best; Tetsuya Izawa
    Experimental Biology, 2004年04月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Induction of MCIP1 mRNA in rat skeletal muscle indicates the activation of the calcineurin signaling pathway during exercise
    Y Hitomi; T Kizaki; S Watanabe; T Katsumura; K Esaki; T Takemasa; T Kinugasa; S Haga; M Mizuno; T Izawa; H Ohno
    Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 53(1) 68 - 68, 2004年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • A-23 MCIP1 mRNA発現は,骨格筋におけるカルシニューリン活性を反映する(一般口演)(第32回杏林医学会総会)
    渡部 すみ子; 人見 嘉哲; 木崎 節子; 木本 紀代子; 大野 秀樹
    杏林医学会雑誌, 杏林医学会, 35(1) 125 - 125, 2004年
  • Effect of acute exercise on ANP-induced inhibition of aldosterone release in rat adrenals.
    Suda K; Hagiwara H; Komabayashi T; Izawa T; Imai H; Hayashi T; Era S
    Advances in Exercise and Sports Physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 10(2) 43 - 47, 2004年, 研究論文(学術雑誌)
  • Distribution of facial motoneurons innervating the common facial muscles of the rabbit and rat
    Rui Furutani; Tetsuya Izawa; Shoei Sugita
    Okajimas Folia Anatomica Japonica, 81(5) 101 - 108, 2004年, 研究論文(学術雑誌)
  • Extracellular superoxide dismutaze and lifestyle related diseases.
    Ohno H; Ookawara T; Kizaki T; Hitomi Y; Oh-ishi S; Saitoh D; Kimoto K; Itoh C; Izawa T; Haga S; Suzuki K; Radak Z
    Current Topics in Pharmacology, 8(1) 1 - 15, 2004年, 研究論文(学術雑誌)
  • Enhanced expression of neuronal nitric oxide synthase in islets of exercise-trained rats
    H Ueda; Y Urano; T Sakurai; T Kizaki; Y Hitomi; H Ohno; T Izawa
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 312(3) 794 - 800, 2003年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • Role of nitric oxide in recovery from lengthening contractions in rat skeletal muscle.
    Tomonobu Sakurai; Yutaka Kano; Hideki Ohno; L.L.Ji; T. M. Best; Tetsuya Izawa
    Medicine and Science in Sport and Exercise, 35, S241 , 2003年06月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Effects of overexpression of the Ets family transcription factor TEL on cell growth and differentiation of K562 cells
    T Sakurai; T Yamada; F Kihara-Negishi; S Teramoto; Y Sato; T Izawa; T Oikawa
    International Journal of Oncology, 22(6) 1327 - 1333, 2003年06月, 研究論文(学術雑誌)
  • Physiological sceince of leptin: Recent findings.
    Komabayashi T; Suda K; Izawa T
    Advances in Exercise and Sports Physiology, 9(3) 77 - 90, 2003年, 研究論文(学術雑誌)
  • Possible role of nitric oxide on adipocyte lipolysis in exercise-trained rats
    H Kawanami; S Nomura; T Sakurai; T Sakurai; H Yamagishi; T Komabayashi; T Izawa
    Japanese Journal of Physiology, 52(4) 343 - 352, 2002年08月, 研究論文(学術雑誌)
  • Possible mechanisms by which adipocyte lipolysis is enhanced in exercise-trained rats
    S Nomura; H Kawanami; H Ueda; T Kizaki; H Ohno; T Izawa
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 295(2) 236 - 242, 2002年07月, 研究論文(学術雑誌)
  • Exercise training increases membrane bound form of tumor necrosis factor-α receptors with decreases in the secretion of soluble forms of receptors in rat adipocytes.
    Ito Y; Nomura S; Ueda H; Sakurai T; Kizaki T; Ohno H; Izawa T
    Life Sciences, 71(5) 601 - 609, 2002年06月, 研究論文(学術雑誌)
  • Relation between fat distributions and several plasma adipocytokines after exercise training in premenopausal and postmenopausal women
    Hideki Hayase; Sachiko Nomura; Takashi Abe; Tetsuya Izawa
    Journal of Physiological Anthropology and Applied Human Science, 21(2) 105 - 113, 2002年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • C-13 アダプタータンパク質SH2-Bの脂肪細胞分化への関与(一般口演,第30回杏林医学会総会)
    鈴木 健二; 木崎 節子; 人見 嘉哲; 宮澤 伸子; 木本 紀代子; 伊藤 長栄; 村上 和子; 荒井 孝; 石田 均; 大野 秀樹
    杏林医学会雑誌, 杏林医学会, 33(1) 78 - 78, 2002年
  • Effect of acute exercise on the calcinerrin/NFAT signaling pathway in mouse skeletal muscle
    Y, Hitomi; K, Suzuki; T, Kizaki; C, Itoh; K, Murakami; T, Kinugasa; T, Takemasa; K, Esaki; S, Haga; S, Oh-ishi; T, Katsumura; M, Mizuno; T, Izawa; Z, Radak; H, Ohno
    4th International congress of pathophysiology, Budapest, Hungary. June29-July 5, 2002. Organaized by International Society for Pathophysiology, 2002年01月, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Stress- and aging-associated modulation of macrophage functions
    Takako Kizaki; Kenji Suzuki; Tomomi Ookawara; Tetsuya Izawa; Daizoh Saitoh; Shuji Oh-Ishi; Keiichiro Suzuki; Shukoh Haga; Hideki Ohno
    Environmental Health and Preventive Medicine, 6(4) 218 - 228, 2002年, 研究論文(学術雑誌)
  • 無酸素的作業閾値時における在宅健常高齢者の歩行能
    芳賀 脩光; 武政 徹; 江崎 和希; 衣笠 隆; 植屋 悦男; 鮫島 光博; 浜岡 隆文; 勝村 俊仁; 大石 修司; 木崎 節子
    体力科学, (一社)日本体力医学会, 50(5) 672 - 672, 2001年10月, 研究論文(学術雑誌)
  • 急性運動負荷へのヒト骨格筋カルシニューリン NFAT系の応答
    人見 嘉哲; 鈴木 健二; 木崎 節子; 大野 秀樹; 武政 徹; 江崎 和希; 芳賀 脩光; 勝村 俊仁; 大石 修司; 水野 眞佐夫
    体力科学, (一社)日本体力医学会, 50(5) 671 - 671, 2001年10月, 研究論文(学術雑誌)
  • Activation and apoptosis of murine peritoneal macrophages by acute cold stress
    T Kizkai; K Suzuki; Y Hitomi; K Iwabuchi; K Onoe; H Ishida; T Izawa; LL Ji; H Ohno
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 283(3) 700 - 706, 2001年05月, 研究論文(学術雑誌)
  • マクロファージの一酸化窒素産生制御機構
    木崎節子; 鈴木健二; 井澤鉄也; 人見嘉哲; 芳賀脩光; 渡辺憲治; 大野秀樹
    運動生化学, (11+12) 67 - 73, 2001年
  • 核移行型extracellular superoxide dismutase (EC-SOD) の解析
    大河原知水; 木崎節子; 大石修司; 中尾千登世; 佐藤祐造; 井澤鉄也; 桜井智野風; 長澤純一; 宮崎裕美; 芳賀脩光; 鈴木敬一郎; 大野秀樹
    運動生化学, (11+12) 39 - 41, 2001年
  • Physical exercise and uncoupling protein family.
    Ohno H; Suzuki K; Hitomi Y; Kimoto K; Itoh C; Miyazawa N; Ookawara T; Suzuki K; Haga S; Sakurai T; Izawa T; Noguchi I; Kizaki T
    Advances in Exercise and Sports Physiology, 7(1) 1 - 15, 2001年, 研究論文(学術雑誌)
  • Relationships among serum triacylglycerol, fat pad weight, and lipolysis in iron-deficient rats
    H Yamagishi; H Okazaki; M Shimizu; T Izawa; T Komabayashi
    Journal of Nutritional Biochemistry, 11(9) 455 - 460, 2000年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibition of adipocyte lipolysis by papaverine: Papaverine can inhibit the redistribution of hormone-sensitive lipase
    T Izawa; S Nomura; T Kizaki; S Oh-ishi; T Ookawara; H Ohno
    Life Sciences, 66(25) PL359 - PL364, 2000年05月, 研究論文(学術雑誌)
  • 運動は脂肪細胞の脂肪分解反応を増強させる:その再評価、in vivoとin vitroでなぜ違う?
    野村幸子; 伊藤幸彦; 上田浩司; 川波一美; 井澤鉄也
    第15回明治生命研究助成金論文集, (公財)明治安田厚生事業団, (15) 74 - 82, 2000年
  • β-Adrenergic receptors and adenylate cyclase activity in the parotid acinar cells from acute streptozotocin-induced diabetic rats.
    Komabayashi T; Ikeda T; Suda K; Izawa T
    Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology, 107(3-4) 311 - 322, 2000年, 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of exercise training on ANP receptors
    K Suda; H Hagiwara; Y Kotani; K Kato; M Sasaki; T Izawa; T Komabayashi
    Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology, 108(3-4) 227 - 235, 2000年, 研究論文(学術雑誌)
  • Swimming training prevents generation of suppressor macrophages during acute cold stress
    T Kizaki; S Haga; Sakata, I; T Ookawara; M Segawa; T Sakurai; T Izawa; H Ohno
    Medicine and Science in Sports and Exercise, 32(1) 143 - 148, 2000年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • 運動誘発性酸化ストレスによる組織傷害‐食細胞の関与と役割‐
    大石修司; 大河原知水; 木崎節子; 十枝内厚次; 宮崎裕美; 芳賀脩光; 井澤鉄也; 桜井智野風; 駒林隆夫; 長澤純一; 大野秀樹
    第14回明治生命研究助成金論文集, 29 - 38, 1999年
  • Effect of running training on brown adipose tissue activity in rats: A reevaluation
    M Segawa; S Oh-Ishi; T Kizaki; T Ookawara; T Sakurai; T Izawa; J Nagasawa; T Kawada; T Fushiki; H Ohno
    Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology, 100(1) 77 - 82, 1998年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • 急性寒冷ストレスはマクロファージのアポトーシスを誘導する
    木崎 節子; 大石 修司; 上野 伸正; 西田 美佐; 福渡 靖; 大野 秀樹
    産業衛生学雑誌, 公益社団法人 日本産業衛生学会, 40 298 - 298, 1998年
  • 運動と老化と食細胞
    大石修司; 瀬川雅彦; 木崎節子; 大河原知水; 宮崎裕美; 芳賀脩光; 井澤鉄也; 桜井智野風; 中尾千登世; 佐藤祐造; 大野秀樹
    運動生化学, (10) 20 - 22, 1998年
  • Application of microdialysis techniques for the study of exercise and environment physiology.
    Aihara Y; Yasumatsu M; Hasegawa H; Izawa T
    Advances in Exercise and Sports Physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 4(1) 1 - 10, 1998年, 研究論文(学術雑誌)
  • Endurance training improves the resistance of rat diaphragm to exercise-induced oxidative stress
    S OhIshi; T Kizaki; T Ookawara; T Sakurai; T Izawa; N Nagata; H Ohno
    American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine, 156(5) 1579 - 1585, 1997年11月, 研究論文(学術雑誌)
  • Relationship between cold tolerance and generation of suppressor macrophages during acute cold stress
    T Kizaki; T Ookawara; T Izawa; J Nagasawa; S Haga; Z Radak; H Ohno
    Journal of Applied Physiology, 83(4) 1116 - 1122, 1997年10月, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of endurance training on superoxide dismutase activity, content and mrna expression in rat muscle
    S Ohishi; T Kizaki; J Nagasawa; T Izawa; T Komabayashi; N Nagata; K Suzuki; N Taniguchi; H Ohno
    Clinical and Experimental Pharmacology and Physiology, 24(5) 326 - 332, 1997年05月, 研究論文(学術雑誌)
  • 脂肪細胞と細胞内Ca2+の動き
    井澤鉄也; 桜井智野風; 木崎節子; 大河原知水; 大野秀樹; 駒林隆夫
    運動生化学, (9) 77 - 84, 1997年
  • マウスextracellular superoxide dismutase (EC-SOD) の精製と組織分布
    大河原知水; 木崎節子; 瀬川雅彦; 若月 徹; 長澤純一; 井澤鉄也; 桜井智野風; 駒林隆夫; 芳賀修光; 大野秀樹
    運動生化学, (9) 109 - 111, 1997年
  • Glucocorticoid-mediated generation of suppressor macrophages with high density Fc gamma RII during acute cold stress
    T Kizaki; S OhIshi; T Ookawara; M Yamamoto; T Izawa; H Ohno
    Endocrinology, 137(10) 4260 - 4267, 1996年10月, 研究論文(学術雑誌)
  • Decreased vascular sensitivity after acute exercise and chronic exercise training in rat thoracic aorta
    T Izawa; M Morikawa; T Mizuta; J Nagasawa; T Kizaki; S OhIshi; H Ohno; T Komabayashi
    Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology, 93(3) 331 - 342, 1996年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • Altered intracellular Ca2+ regulation in pancreatic acinar cells from acute streptozotocin-induced diabetic rats
    T Komabayashi; H Sawada; T Izawa; H Kogo
    European Journal of Pharmacology, 298(3) 299 - 306, 1996年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • 寒冷適応と運動と生体防御能
    木崎節子; 大石修司; 瀬川雅彦; 若月徹; 福田孝一; 長澤純一; 井澤鉄也; 桜井智野風; 駒林隆夫; 十枝内厚次; 芳賀修光; 大野秀樹
    運動生化学, (8) 17 - 23, 1996年
  • A single bout of exercise brings about capillary growth in skeletal muscle through basic fibroblast growth factor (bFGF)
    Shuji Oh-Ishi; Hitoshi Yamashita; Takako Kizaki; Naokazu Nagata; Chandan K. Sen; Osmo Hänninen; Tetsuya Izawa; Tomonobu Sakurai; Hideki Ohno
    Pathophysiology, 3(3) 197 - 201, 1996年, 研究論文(学術雑誌)
  • Hypoxia, oxygen stress, and exercise.
    Ohno H; Radak Z; Kizaki T; Ookawara T; Karasawa F; Sato T; Sakurai T; Nagasawa J; Izawa T; Kim CK; Ueno N; Nishida M; Fukawatari Y; Haga S
    Proceedings '96 Knupe International Symposium, 1 - 9, 1996年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 環境変化と褐色脂肪組織
    山下 均; 木崎節子; 大石修司; 瀬川雅彦; 大平充宣; 若月徹; 山本三毅夫; 長澤純一; 井澤鉄也; 駒林隆夫; 大野秀樹
    運動生化学, (7) 103 - 105, 1995年
  • Acute or chronic exercise alters angiotensin II-induced contraction of rat aorta
    T Izawa; M Morikawa; M Inoue; T Mizuta; H Yamashita; H Ohno; T Komabayashi
    Japanese Journal of Physiology, 45(6) 1093 - 1100, 1995年, 研究論文(学術雑誌)
  • Physical exercise and superoxide dismutase isoenzymes in rat skeletal muscle.
    Oh-ishi S; Yamashita H; Kizaki T; Nagasawa J; Sagawa M; Nagata N; Izawa T; Komabayashi T; Suzuki K; Taniguchi N; Ohno H
    Proceedings FISU/CESU Conference, 444 - 445, 1995年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Differential effects of physical training and acute exercise on insulin action.
    Nagasawa J; Oh-ishi S; Sagawa M; Kizaki T; Izawa T; Sakurai T; Sato Y; Muraoka I; Ohno H
    Proceedings FISU/CESU Conference, 446 - 447, 1995年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Ca2+ and lipolysis in adipocytes from exercise-trained rats
    Izawa T; Komabayashi T
    Journal of Applied Physiology, 77(6) 2618 - 2624, 1994年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • Increase in cytosolic-free ca2+ in corticotropin-stimulated white adipocytes
    Izawa T; Mochizuki T; Komabayashi T; Suda K; Tsuboi M
    American Journal of Physiology, 266(3) E418 - E426, 1994年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • ラット骨格筋の Mn-SOD 活性,濃度及び mRNA 発現に対する持久走トレーニングと急性運動負荷の影響
    大石修司; 木崎節子; 山下 均; 井澤鉄也; 駒林隆夫; 永田直一; 上野伸正; 中村健一; 大野秀樹
    防衛医科大学校雑誌, (19) 267 - 269, 1994年
  • 102 寒冷曝露により誘導される免疫抑制とFcγRIIbrightマクロファージ
    木崎 節子; 山下 均; 大石 修司; 長澤 純一; 大平 充宣; 大野 秀樹
    日本生気象学会雑誌, Japanese Society of Biometeorology, 31(3) 114 - 114, 1994年
  • 225 後肢懸垂ストレスあるいは微小重力環境とラット褐色脂肪組織
    山下 均; 大平 充宣; 木崎 節子; 大石 修司; 長澤 純一; 大野 秀樹
    日本生気象学会雑誌, Japanese Society of Biometeorology, 31(3) 150 - 150, 1994年
  • 細胞培養およびin vitroの血管新生系を用いた褐色脂肪組織の増大に関する研究
    上野 伸正; 中村 健一; 山下 均; 木崎 節子; 大河原 知水; 大野 秀樹
    日本衛生学雑誌, 日本衛生学会, 48(6) 1058 - 1066, 1994年
  • Physical exercise and angiogenesis in skeletal muscle.
    Yamashita H; Oh-ishi S; Kizaki T; Sato N; Izawa T; Komabayashi T; Ohno H
    Asian Sports Sciences Congress, Proceedings, 96 - 97, 1994年, 研究論文(学術雑誌)
  • Physical training and Mn-SOD in rat skeletal muscle.
    Nagasawa J; Oh-ishi S; Kizaki T; Yamashita H; Radak Z; Asano K; Izawa T; Komabayashi T; Sato Y; Suzuki K; Taniguchi N; Ohno H
    Asian Sports Sciences Congress, Proceedings, 134 - 135, 1994年, 研究論文(学術雑誌)
  • Lack of the stimulatory effect of guanine-nucleotide on diacylglycerol generation in permeabilized adipocytes from diabetic rats
    Izawa T; Saitou S; Mochizuki T; Komabayashi T
    Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology, 82(3) 307 - 316, 1993年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • Mechanism of isoprenaline-stimulated diacylglycerol formation in rat parotid acinar-cells
    Komabayashi T; Noguchi M; Izawa T; Suda K; Tsuboi M
    Japanese Journal of Pharmacology, 62(4) 379 - 385, 1993年08月, 研究論文(学術雑誌)
  • In-vivo adaptative regulation of muscarinic receptors and muscarinic stimulation-induced Ca2+ mobilization during short-term heat exposure in rat parotid-glands
    Fujinami H; Komabayashi T; Izawa T; Suda K; Tsuboi M
    Comparative Biochemistry and Physiology C-Pharmacology Toxicology & Endocrinology, 105(3) 451 - 457, 1993年07月, 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of insulin on adipocyte lipolysis in exercise-trained rats
    Suda K; Izawa T; Komabayashi T; Tsuboi M; Era S
    Journal of Applied Physiology, 74(6) 2935 - 2939, 1993年06月, 研究論文(学術雑誌)
  • Intralysosomal pH and release of lysosomal-enzymes in the rat-liver after exhaustive exercise
    Tsuboi M; Harasawa K; Izawa T; Komabayashi T; Fujinami H; Suda K
    Journal of Applied Physiology, 74(4) 1628 - 1634, 1993年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of running training on uncoupling protein messenger-rna expression in rat brown adipose-tissue
    Yamashita H; Yamamoto M; Sato Y; Izawa T; Komabayashi T; Saito D; Ohno H
    International Journal of Biometeorology, 37(1) 61 - 64, 1993年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • In vivo adaptative regulation of muscarinic receptors and muscarinic stimulation-induced Ca2+ mobilization during short-term heat exposure in rat parotid glands
    H. Fujinami; K. Komabayashi; T. Izawa; K. Suda; M. Tsuboi
    Comparative Biochemistry and Physiology. Part C, Comparative, 105(3) 451 - 457, 1993年, 研究論文(学術雑誌)
  • 運動と血管新生
    山下 均; 井澤鉄也; 駒林隆夫; 大河原知水; 木崎節子; 大野秀樹
    運動生化学, (5) 90 - 95, 1993年
  • 脂肪細胞におけるインスリン抵抗性の身体運動による改善効果と加齢現象との関係
    井澤鉄也; 駒林隆夫; 須田和裕; 坪井実
    体力研究(第8回明治生命研究助成金論文集), 83 181 - 192, 1993年
  • Effect of endurance training on angiogenic activity in skeletal-muscles
    Yamashita H; Sato N; Yamamoto M; Gasa S; Izawa T; Komabayashi T; Ishikawa M; Sato Y; Ohno H
    Pflugers Archiv-European Journal of Physiology, 422(4) 332 - 338, 1993年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • Recovery of β-receptors and adenylate cyclase from desensitization induced by short term heat exposure in rat parotid glands.
    Fujinami H; Komabayashi T; Izawa T; Nakamura T; Suda K; Tsuboi M
    General Pharmacology, 24(1) 205 - 210, 1993年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • Phorbol ester alters carbachol-stimulated diacylglycerol formation in parotid acinar-cells through the hydrolysis of phosphoinositides and phosphatidylcholine
    Komabayashi T; Noguchi M; Izawa T; Suda K; Sawada H; Tsuboi M
    Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology, 77(3) 285 - 298, 1992年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • Ca2+ potentiates corticotropin-induced, but not isoproterenol-induced, [H-3] guanosine diphosphate release in rat adipocyte membranes
    Izawa T; Mochizuki T; Komabayashi T; Suda K; Tsuboi M
    Metabolism-Clinical and Experimental, 41(5) 462 - 464, 1992年05月, 研究論文(学術雑誌)
  • Ca2+ ionophore and phorbol ester stimulate diacylglycerol formation and phosphatidylcholine hydrolysis in rat parotid acinar-cells
    Komabayashi T; Yakata A; Izawa T; Noguchi M; Suda K; Tsuboi M
    Japanese Journal of Pharmacology, 59(1) 97 - 103, 1992年05月, 研究論文(学術雑誌)
  • Mechanism of carbachol-stimulated diacylglycerol formation in rat parotid acinar-cells
    Komabayashi T; Yakata A; Izawa T; Fujinami H; Suda K; Tsuboi M
    European Journal of Pharmacology-Molecular Pharmacology Section, 225(3) 209 - 216, 1992年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • 脂肪分解に関わる細胞内情報伝達系と身体運動
    井澤 鉄也
    運動生化学, (3+4) 100 - 109, 1992年
  • 寒冷,運動,老化と褐色脂肪組織
    大野秀樹; 山下 均; 大河原知水; 木崎節子; 長澤純一; 斉藤大蔵; 井澤鉄也; 駒林隆夫; 山本三毅夫; 上野伸正; 中村健一
    登山医学, (12) 97 - 103, 1992年, 研究論文(学術雑誌)
  • Substance-p-induced diacylglycerol formation in rat parotid acinar-cells
    Komabayashi T; Yakata A; Izawa T; Suda K; Noguchi M; Tsuboi M
    European Journal of Pharmacology-Molecular Pharmacology Section, 207(4) 329 - 335, 1991年08月, 研究論文(学術雑誌)
  • Enhanced coupling of adenylate-cyclase to lipolysis in permeabilized adipocytes from trained rats
    Izawa T; Komabayashi T; Mochizuki T; Suda K; Tsuboi M
    Journal of Applied Physiology, 71(1) 23 - 29, 1991年07月, 研究論文(学術雑誌)
  • Protein-kinase C-dependent diacylglycerol formation is mediated via ca2+ calmodulin in parotid cells
    Komabayashi T; Yakata A; Izawa T; Suda K; Rubin RP; Tsuboi M
    European Journal of Pharmacology-Molecular Pharmacology Section, 207(3) 175 - 181, 1991年07月, 研究論文(学術雑誌)
  • Enhanced coupling of adenylate cyclase to lipolysis in permeabilized adipocytes from trained rats
    T. Izawa; T. Komabayashi; T. Mochizuki; K. Suda; M. Tsuboi
    Journal of Applied Physiology, 71(1) 23 - 29, 1991年, 研究論文(学術雑誌)
  • In vivo adaptive control of β-receptors and adenylate cyclase during short-term heat exposure in rat parotid glands.
    Fujinami H; Komabayshi T; Izawa T; Nakamura T; Suda K; Tsuboi M
    Comparative Biochemistry and Physiology [C]-Pharmacology Toxicology & Endocrinology, 98(2-3) 411 - 416, 1991年, 研究論文(学術雑誌)
  • Diacylglycerol accumulation is involved in the potentiating effect of A23187 on carbachol-stimulated amylase secretion from parotid-gland
    Komabayashi T; Yakata A; Izawa T; Suda K; Tsuboi M
    Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology, 70(3) 297 - 305, 1990年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • A protein kinase-c-dependent mechanism(s) is involved in atropine-resistant accumulation of diacylglycerol in rat parotid-gland
    Komabayashi T; Yakata A; Izawa T; Suda K; Tsuboi M
    Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology, 70(1) 11 - 20, 1990年10月, 研究論文(学術雑誌)
  • ラット脂肪細胞膜の膜流動性に及ぼす身体トレーニングの影響
    井澤 鉄也
    東京薬科大学一般教育研究紀要, (11) 1 - 8, 1990年
  • 身体運動とカテコールアミン受容体
    井澤鉄也; 駒林隆夫
    運動生化学, (2) 30 - 31, 1990年
  • Effects of adenosine and pertussis toxin on lipolysis in adipocytes from exercise-trained male-rats
    Shinoda S; Izawa T; Komabayashi T; Suda K; Tsuboi M; Iwane H
    Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology, 66(3) 397 - 410, 1989年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • 運動時の突然死の発生機序に関する基礎的研究:運動時およびその回復期におけるラット心筋細胞膜のβ-アドレナリン受容体-cyclic AMP 系の調節機序
    井澤鉄也; 駒林隆夫; 坪井実
    体力研究 (第4回明治生命研究助成金論文集), 72 1 - 8, 1989年
  • An acute exercise-induced translocation of β-adrenergic receptors in rat myocardium.
    Izawa T; Komabayashi T; Suda K; Kunisada Y; Shinoda S; Tsuboi M
    Journal of Biochemistry (Tokyo), 105(1) 110 - 113, 1989年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • β-Adrenergic receptor adaptation after an acute exercise in rat myocardium.
    Izawa T; Komabayashi T; Suda K; Shinoda S; Tsuboi M
    Japanese Journal of Physiology, 39(3) 447 - 454, 1989年, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of exercise training on the amylase activity and glycogen-content in rat submandibular-gland
    Komabayashi T; Izawa T; Suda K; Maruyama K; Tsuboi M
    Journal of Sports Medicine and Physical Fitness, 28(3) 293 - 297, 1988年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • Some characteristics of the β-adrenergic system in rat adipocyte membranes after the chronic administrations of isoproterenol.
    Izawa T; Komabayashi T; Suda K; Kunisada Y; Shinoda S; Tsuboi M
    Research Communications in Chemical Pathology and Pharmacology, 60(2) 253 - 256, 1988年05月, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of cyclic-nucleotide derivatives on the Na+ pump activity and the release of sialic-acid in dog submandibular glands
    Komabayashi T; Izawa T; Nakamura T; Suda K; Shinoda S; Tsuboi M
    Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology, 60(1) 137 - 140, 1988年04月, 研究論文(学術雑誌)
  • Possible mechanism of regulating adenylate-cyclase activity in adipocyte membranes from exercise-trained male-rats
    Izawa T; Komabayashi T; Shinoda S; Suda K; Tsuboi M; Koshimizu E
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 151(3) 1262 - 1268, 1988年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of exercise training on rat submandibular glands
    Komabayashi T; Izawa T; Suda K; Tsuboi M
    Journal of Sports Medicine and Physical Fitness, 28(1) 99 - 103, 1988年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of adrenaline and NaF on glycogenolysis in rat submandibular gland slices.
    Tsuboi M; Komabayashi T; Izawa T; Suda K; Shinoda S
    Jikeikai Medical Journal, 35(1) 41 - 49, 1988年, 研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Does calmodulin participate as an intermediate in the process of glycogenolysis in rat submandibular-gland
    Komabayashi T; Izawa T; Suda K; Shinoda S; Tsuboi M
    Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology, 58(3) 401 - 404, 1987年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • 041309 ラット膵灌流のインスリン分泌に及ぼすトレーニングの影響(4.運動生理学,一般研究B)
    須田 和裕; 駒林 隆夫; 井沢 鉄也; 丸山 和容; 坪井 実
    日本体育学会大会号, 社団法人日本体育学会, (38) 550 - 550, 1987年08月15日
  • Effects of Ca-2+ and calmodulin antagonists on the Na-+ pump activity induced by pilocarpine in dog submandibular-gland
    Komabayashi T; Izawa T; Suda K; Shinoda S; Tsuboi M
    Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology, 57(2) 273 - 276, 1987年08月, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of monensin on the Na+ pump activity and the release of amylase and sialic-acid in dog submandibular glands
    Komabayashi T; Izawa T; Suda K; Tsuboi M
    Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology, 55(1) 141 - 144, 1987年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • ラット脂肪細胞に及ぼす連続的なカテコールアミン刺激の影響
    井澤鉄也; 駒林隆夫; 須田和裕; 小清水英司; 坪井実
    体力科学, 日本体力医学会, 36(3) 147 - 155, 1987年, 研究論文(学術雑誌)
  • 043219 ラット脂肪細胞に及ぼすトレーニングならびに連続的なイソプロテレノール刺激の影響(4.運動生理学,一般研究B)
    井沢 鉄也; 駒林 隆夫; 小清水 英司; 須田 和裕; 坪井 実
    日本体育学会大会号, 社団法人日本体育学会, (37) 701 - 701, 1986年10月01日
  • P-31-nmr studies of energy metabolites in rat pancreas treated with trypsin-inhibitor
    Komabayashi T; Watanabe K; Izawa T; Tsuboi M
    Research Communications in Molecular Pathology and Pharmacology, 53(2) 249 - 252, 1986年08月, 研究論文(学術雑誌)
  • Relationship between oxygen uptake and secretion in salivary gland
    Komabayashi T; Izawa T; Nakano K; Tsuboi M
    Biomedical Research, 7(s2) 61 - 63, 1986年, 研究論文(学術雑誌)
  • Augmentation of catecholamine-stimulated [H-3] GDPrelease in adipocyte membranes from exercise-trained rats
    Izawa T; Komabayashi T; Tsuboi M; Koshimizu E; Suda K
    Japanese Journal of Physiology, 36(5) 1039 - 1045, 1986年, 研究論文(学術雑誌)
  • 043128 ラット脂肪細胞β-アドレナリン受容体に及ぼすin vivoの連続的なカテコールアミン刺激の影響(4.運動生理学,一般研究)
    井沢 鉄也; 駒林 隆夫; 小清水 英司; 坪井 実
    日本体育学会大会号, 社団法人日本体育学会, (36) 333 - 333, 1985年08月20日
  • Studies on the relationship between the oxygen uptake and the release of amylase and sialic acid
    K. Nakano; S. Ichikawa; T. Komabayashi; T. Izawa; M. Tsuboi
    Journal of the Physiological Society of Japan, 47(11) 718 - 726, 1985年, 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of exercise-training on β-adrenergic receptors of rat fat cells
    井澤鉄也; 小清水英司; 駒林隆夫; 坪井実
    体力科学, 34(2) 119 - 127, 1985年, 研究論文(学術雑誌)
  • イヌ顎下腺における酸素摂取の亢進とアミラーゼおよびシアル酸分泌との関連について
    中野慶子; 市河三太; 駒林隆夫; 井澤鉄也; 坪井実
    日本生理学雑誌, 47(11) 718 - 726, 1985年, 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of adrenergic and muscarinic receptors of submandibular glands of rats treated with isoproterenol.
    Tsuboi M; Komabayashi T; Kawajiri Y; Nakano K; Izawa T
    Jikeikai Medical Journal, 32(3) 375 - 382, 1985年, 研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Stimulation of the oxygen uptake by histamine in dog submandibular gland slices.
    Tsuboi M; Komabayashi T; Nakano K; Izawa T
    Jikeikai Medical Journal, 32(3) 383 - 388, 1985年, 研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • トレーニングラットならびに isoproterenol 連続投与ラットの副睾丸脂肪組織における脂肪動員反応の比較
    井澤鉄也; 小清水英司; 駒林隆夫; 坪井実
    体力科学, 33(1) 8 - 16, 1984年, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of Ca2+ and calmodulin antagonists on the oxygen-uptake induced by acetylcholine or substance-p in rat submandibular-gland slices
    Komabayashi T; Nakano K; Izawa T; Nakamura T; Tsuboi M
    Japanese Journal of Pharmacology, 36(4) 441 - 447, 1984年, 研究論文(学術雑誌)
  • クリティカル・パワー(CP)による持久性能力の評価
    小清水英司; 室 増男; 与那正栄; 井澤鉄也
    体育の科学, 33(12) 947 - 949, 1983年
  • クリティカル・パワー(Critical Power)法によるVO2 maxの簡易的間接測定
    小清水英司; 室 増男; 与那正栄; 井澤鉄也
    東京体育学研究, (10) 75 - 76, 1983年, 研究論文(学術雑誌)
  • ラット副睾丸脂肪組織におけるエピネフン,ノルエピネフリン,カフェインおよびACTHの脂肪動員作用に及ぼすCa2+ならびにカルモデュリン阻害剤の影響
    井澤鉄也; 小清水英司; 駒林隆夫; 坪井実
    日本生理学雑誌, 45(1) 36 - 44, 1983年, 研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 運動による脂肪組織のリモデリング
    井澤 鉄也; 加藤久詞
    New Diet Therapy ニュー ダイエット セラピー, 33(3) 37 - 44, 2017年12月, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 2型糖尿病マウスにおける慢性炎症反応に対する運動の効果とメカニズム : マクロファージのO-結合型N-アセチルグルコサミンに着目して
    白土 健; 今泉 和彦; 木崎 節子
    若手研究者のための健康科学研究助成成果報告書 = Research-aid report, 明治安田厚生事業団, 32 75 - 80, 2017年04月
  • 肥満による脂肪組織のプロサイモシンα発現増加は運動によって減弱される
    櫻井 拓也; 小笠原 準悦; 白土 健; 石橋 義永; 井澤 鉄也; 大石 修司; 芳賀 脩光; 大野 秀樹; 木崎 節子
    日本衛生学雑誌, 日本衛生学会, 72(Suppl.) S211 - S211, 2017年03月
  • 肥満による脂肪組織のプロサイモシンα発現増加は運動によって減弱される
    櫻井 拓也; 小笠原 準悦; 白土 健; 石橋 義永; 井澤 鉄也; 大石 修司; 芳賀 脩光; 大野 秀樹; 木崎 節子
    日本衛生学雑誌, 日本衛生学会, 72(Suppl.) S211 - S211, 2017年03月
  • マクロファージのO-結合型N-アセチルグルコサミン修飾調節機構に及ぼす運動トレーニングの影響
    白土 健; 櫻井 拓也; 小笠原 準悦; 今泉 和彦; 谷口 直之; 大野 秀樹; 木崎 節子
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, (公社)日本生化学会, 88回・38回 [1LBA063] - [1LBA063], 2015年12月
  • 時計遺伝子の発現リズムに基づいた運動トレーニングが脂肪分解反応に及ぼす影響
    加藤久詞; 田中剛貴; 増田慎也; 高倉久志; 小笠原準悦; 櫻井拓也; 木崎節子; 大野秀樹; 井澤鉄也
    体力科学, 64(6) 665 , 2015年12月01日
  • 運動トレーニングが脂肪組織のポジティブリモデリングにおよぼす影響
    田中剛貴; 加藤久詞; 柴原拓哉; 増田慎也; 小笠原準悦; 櫻井拓也; 木崎節子; 大野秀樹; 井澤鉄也
    体力科学, 64(2) 281 , 2015年04月01日
  • PGC-1αの発現抑制がミオグロビン発現量に及ぼす影響について
    高倉 久志; 田中 誠智; 田中 剛貴; 加藤 久詞; 柴原 拓哉; 増田 慎也; 岩中 伸壮; 北條 達也; 稗田 睦子; 井澤 鉄也; 増田 和実
    体力科学, (一社)日本体力医学会, 63(6) 571 - 571, 2014年12月
  • Pgc-1 alpha Expression Is Not Essential For Endurance Training-induced Increase In Myoglobin Expression In Skeletal Muscle
    Hisashi Takakura; Goki Tanaka; Seichi Tanaka; Hisashi Kato; Takuya Shibahara; Shinya Masuda; Nobumasa Iwanaka; Toshimichi Hata; Tetsuya Izawa; Thomas Jue; Kazumi Masuda
    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 46(5) 758 - 758, 2014年05月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 1D04-1 Creatine analogue reduces adipose tissue mass via increased secretion of myostatin(The Proceedings of the 22nd Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology July 19・20, (Okayama)) :
    Masuda Shinya; Kato Hisashi; Ohira Yoshinobu; Takakura Hisashi; Izawa Tetsuya
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 20(4) 96 - 96, 2014年
  • 持久的トレーニングが筋細胞内酸素運搬タンパクを増加させる分子機序の解明
    高倉 久志; 増田 慎也; 加藤 久詞; 田中 剛貴; 岩中 伸壮; 井澤 鉄也; 増田 和実
    体力科学, (一社)日本体力医学会, 62(6) 578 - 578, 2013年12月
  • O-35 Signaling in the differentiation from myoblast to brown adipocyte is stimulated by swimming exercise(The Proceedings of the 20th Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology July 28・29,(Tsukuba)) :
    OGASAWARA Junetsu; SAKURAI Takuya; KIZAKI Takako; IZAWA Tetsuya; TAKEMASA Toru; HAGA Shukoh; NAGASAWA Junichi; OHNO Hideki
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 18(4) 99 - 99, 2013年
  • 脂肪分解反応を制御する新しいプレーヤーと運動の影響(総説)
    井澤鉄也
    医学のあゆみ, 244(12) 1068 - 1073, 2013年, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 運動トレーニングによるホルモン変化とボディコンポジションの変容
    井澤鉄也; 小笠原準悦; 櫻井拓也; 木崎節子; 大野秀樹
    第6回 栄養とエイジング国際会議 講演録, (110) 93 - 103, 2012年, 記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)
  • Training-induced hormonalchanges on body composition
    Izawa T; Ogasawara J; Sakurai T; Kizaki T; Ohno H
    (110) 93 - 103, 2012年
  • 2-B-02 Exercise has preventive effects on cognitive impairment in senescence-accelerated mice(The Proceedings of the 19th Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology August 25・26, (Tokushima)) :
    SAKURAI Takuya; OGASAWARA Junetsu; KIZAKI Takako; IZAWA Tetsuya; NAGASAWA Junichi; HAGA Shukoh; OHNO Hideki
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 17(2) 64 - 64, 2011年
  • 疾患感受性遺伝子 β3-アドレナリン受容体 (肥満症(第2版)--基礎・臨床研究の進歩) -- (肥満基礎研究の進歩 肥満・肥満症の成因と発症機序)
    大野 秀樹; 櫻井 拓也; 小笠原 準悦
    日本臨床, 日本臨床社, 68 272 - 276, 2010年02月
  • 2B-O-1 The mechanisms underlying prolonged exercise training : induced alterations in levels of adipose triglyceride lipase (ATGL) in rat primary adipocytes(The Proceedings of the 18th Annual Meetings of Japan Society Exercise and Sports Physiology Jury 31 August 1, (Kagoshima)) :
    OGASAWARA Junetsu; SAKURAI Takuya; KIZAKI Takako; NAGASAWA Junichi; HAGA Shukoh; IZAWA Tetsuya; OHNO Hideki
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 16(2) 56 - 56, 2010年
  • 酸化ストレス (スポーツ栄養・食事ガイド--競技力向上とコンディショニングのためのスポ-ツ栄養学) -- (疾病リスク低減と栄養・食事・運動)
    大野 秀樹; 木崎 節子
    臨床スポーツ医学, 文光堂, 26 166 - 173, 2009年11月
  • 低酸素誘導因子(HIF)-1αによるマクロファージスカベンジャー受容体の発現調節
    白土 健; 木崎 節子; 櫻井 拓也; 小笠原 準悦; 大石 修司; 松岡 健; 長澤 純一; 斎藤 大蔵; 今泉 和彦; 大野 秀樹
    人間科学研究, 早稲田大学人間科学学術院, 22(1) 68 - 68, 2009年05月25日
  • 運動トレーニングによる免疫機能の修飾 : マクロファージを中心として
    木崎 節子; 白土 健; 櫻井 拓也; 小笠原 準悦; 石橋 義永; 人見 嘉哲; 鈴木 健二; 芳賀 脩光; 今泉 和彦; 大野 秀樹
    人間科学研究, 早稲田大学人間科学学術院, 22(1) 70 - 70, 2009年05月25日
  • 1-O-12 Exercise training suppresses adipogenesis of adipose tissue-derived stem cells(The Proceedings of the 17th Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology Jury 25-26, (Tokyo)) :
    SAKURAI Takuya; IZAWA Tetsuya; KIZAKI Takako; OGASAWARA Junetsu; MAEGAWA Taketeru; HAGA Shukoh; OHNO Hideki
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 15(2) 54 - 54, 2009年
  • 2-P-34 The possible mechanisms underlying acute exercise-induced alterations in lipolysis in rat primary adipocytes(The Proceedings of the 17th Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology Jury 25-26, (Tokyo)) :
    MAEGAWA Taketeru; OGASAWARA Junetsu; IZAWA Tetsuya; SAKURAI Takuya; KIZAKI Takako; NAGASAWA Junichi; HAGA Shukoh; OHNO Hideki
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 15(2) 87 - 87, 2009年
  • 新規低分子化ポリフェノールOligonolの抗酸化作用
    櫻井拓也; 北館健太郎; 西岡浩; 藤井創; 久島達也; 安部茂; 木崎節子; 小笠原準悦; 白土健; 石橋義永; 井澤鉄也; 今泉和彦; 鈴木健二; 中野法彦; 大野秀樹
    Food Function, 国際食品機能学会, 5(1) 2 - 7, 2009年, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • Antioxidative effects of oligonol, converted into alow-molecular form.
    Food Function, 5(1) 2 - 7, 2009年
  • 環境汚染の現状--重金属を中心として (特集 重金属・環境汚染物質から身を守る)
    大野 秀樹; 木崎 節子; 満尾 正
    アンチ・エイジング医学, メディカルレビュー社, 4(6) 736 - 739, 2008年12月
  • 242. 運動強度の差異と酸化ストレス(代謝,一般口演,第63回日本体力医学会大会)
    高井 俊英; 長澤 純一; 坂口 明; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 57(6) 753 - 753, 2008年12月01日
  • 104. 一過性持久性運動による血管新生関連因子の発現変化(運動器,一般口演,第63回日本体力医学会大会)
    町田 正直; 大野 秀樹; 武政 徹
    体力科學, 日本体力医学会, 57(6) 684 - 684, 2008年12月01日
  • 240. 運動負荷パターンの差異が酸化ストレスにおよぼす影響(代謝,一般口演,第63回日本体力医学会大会)
    長澤 純一; 高井 俊英; 坂口 明; 井澤 鉄也; 木崎 節子; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 57(6) 752 - 752, 2008年12月01日
  • 280. 急性運動と脂肪細胞のホルモン感受性リパーゼの発現変化(代謝,一般口演,第63回日本体力医学会大会)
    小笠原 準悦; 櫻井 拓也; 白土 健; 木崎 節子; 井澤 鉄也; 長澤 純一; 今泉 和彦; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 57(6), 2008年12月01日
  • Adaptation of macrophages to exercise training improves innate immunity (vol 372, pg 152, 2008)
    Takako Kizaki; Tohru Takemasa; Takuya Sakurai; Tetsuya Izawa; Tomoko Hanawa; Shigeru Kamiya; Shukoh Haga; Kazuhiko Imaizumi; Hideki Ohno
    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE, 376(1) 244 - 244, 2008年11月, その他
  • 糖尿病関連諸検査--測定法,臨床的意義,評価法 血液検査 スーパーオキシドジスムターゼ (新時代の糖尿病学(2)病因・診断・治療研究の進歩) -- (糖尿病の疫学・病態・診断学の進歩 糖尿病検査学の進歩)
    大野 秀樹; 木崎 節子; 櫻井 拓也
    日本臨床, 日本臨床社, 66 351 - 354, 2008年06月
  • 2 高齢者の生活体力と運動処方(シンポジウム,第141回日本体力医学会関東地方会)
    芳賀 脩光
    体力科學, 日本体力医学会, 57(1) 182 - 182, 2008年02月01日
  • 1 登山は中高年にこそ相応しい?登山と恋愛は総合芸術(シンポジウム,第141回日本体力医学会関東地方会)
    大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 57(1) 182 - 182, 2008年02月01日
  • 4 脂肪組織の酸化ストレスは運動トレーニングによって軽減される(一般口演,第141回日本体力医学会関東地方会)
    櫻井 拓也; 木崎 節子; 大野 秀樹; 井澤 鉄也; 芳賀 脩光
    体力科學, 日本体力医学会, 57(1) 185 - 185, 2008年02月01日
  • スポーツと燃焼系サプリメント
    櫻井拓也; 井澤 鉄也; 大野秀樹
    Functional Food, 2(3) 257 - 261, 2008年, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • sports and burning supplement
    Functional Food, 2(3) 257 - 261, 2008年
  • 192. 運動の強度および時間と酸化ストレス(代謝,第62回日本体力医学会大会)
    長澤 純一; 井澤 鉄也; 櫻井 拓也; 木崎 節子; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 56(6) 674 - 674, 2007年12月01日
  • 495. 脂肪組織由来幹細胞に及ぼす運動トレーニングの影響(遺伝子,第62回日本体力医学会大会)
    井澤 鉄也; 櫻井 拓也; 木崎 節子; 長澤 純一; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 56(6) 826 - 826, 2007年12月01日
  • 83. 乳酸が骨格筋におけるVEGF発現に及ぼす影響(運動器,第62回日本体力医学会大会)
    町田 正直; 大野 秀樹; 武政 徹
    体力科學, 日本体力医学会, 56(6) 620 - 620, 2007年12月01日
  • New lychee-derived polyphenol Oligonol converted into a low-molecular form reduces oxidative stress in adipocytes
    Takuya Sakurai; Hiroshi Nishioka; Hajime Fujii; Norihiko Nakano; Takako Kizaki; Tetsuya Izawa; Shukoh Haga; Hitoshi Ishida; Zsolt Raldak; Hideki Ohno
    INTERNATIONAL JOURNAL OF OBESITY, NATURE PUBLISHING GROUP, 31 S47 - S47, 2007年05月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • β2アドレナリン受容体は NF-κBの活性化を調節し、一酸化窒素の産生を制御する
    木崎 節子; 中野 法彦; 櫻井 拓也; 今泉 和彦; 大野 秀樹
    人間科学研究 = Waseda Journal of Human Sciences, 早稲田大学人間科学学術院, 20 188 - 188, 2007年03月25日
  • 脂肪細胞におけるライチ由来の新規低分子化ポリフェノール(Oligonol)の抗酸化効果
    大野 秀樹; 櫻井 拓也; 中野 法彦; 木崎 節子; 北舘 健太郎; 西岡 浩; 藤井 創; 今泉 和彦
    人間科学研究 = Waseda Journal of Human Sciences, 早稲田大学人間科学学術院, 20 192 - 192, 2007年03月25日
  • 4. Oxidative stress in rat white adipose tissue is decreased by exercise training(The Proceedings of the 15th Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology July 26-27, (Hirosaki)) :
    SAKURAI Takuya; IZAWA Tetsuya; KIZAKI Takako; HAGA Shukoh; OHNO Hideki
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 13(3) 56 - 56, 2007年
  • 59. 一過性運動による骨格筋ミトコンドリアタンパク質発現増加におけるp38 MAPKの関与(運動器, 第61回 日本体力医学会大会)
    池田 真一; 芳賀 脩光; 木崎 節子; 大野 秀樹; 武政 徹
    体力科學, 日本体力医学会, 55(6) 608 - 608, 2006年12月01日
  • 246. 脂肪由来前駆細胞の血管新生に関わる遺伝子発現に及ぼす運動の影響(代謝, 第61回 日本体力医学会大会)
    畑野 大輔; 遠藤 聖宗; 櫻井 拓也; 木崎 節子; 芳賀 脩光; 大野 秀樹; 井澤 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 55(6) 701 - 701, 2006年12月01日
  • 249. ライチ由来新規低分子化ポリフェノール Oligonol の脂肪細胞における抗酸化作用(代謝, 第61回 日本体力医学会大会)
    櫻井 拓也; 木崎 節子; 井澤 鉄也; 桜井 智野風; 長澤 純一; 武政 徹; 芳賀 脩光; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 55(6) 703 - 703, 2006年12月01日
  • 247. 前駆脂肪細胞の分化・増殖機構に及ぼす運動の影響(代謝, 第61回 日本体力医学会大会)
    遠藤 聖宗; 畑野 大輔; 櫻井 拓也; 木崎 節子; 芳賀 脩光; 大野 秀樹; 井澤 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 55(6) 702 - 702, 2006年12月01日
  • 209. 運動強度と抗酸化能の変動(代謝, 第61回 日本体力医学会大会)
    長澤 純一; 畑野 大輔; 井澤 鉄也; 櫻井 拓也; 木崎 節子; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 55(6) 683 - 683, 2006年12月01日
  • Role of Nitric Oxide in the Apoptosis of Structural Damage in Rat Skeletal Muscle
    Tomonobu Sakurai; Yutaka Kano; Hideki Ohno; Li Li Ji; Thomas M. Best; Tetsuya Izawa
    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 38(5) S124 - S124, 2006年05月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 運動と脂肪代謝
    井澤 鉄也
    ホルモンと臨床, 54 923 - 932, 2006年, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 76.NFkB系シグナル経路の阻害による廃用性骨格筋萎縮の抑制効果(運動器,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
    宮崎 充功; 芳賀 脩光; 武政 徹
    体力科學, 日本体力医学会, 54(6) 456 - 456, 2005年12月01日
  • 85.タイプの異なる骨格筋における一過性運動によるPeroxisome Proliferator-activated receptor γ coactivator-1 α (PGC-1α)、mitochondrial enzyme mRNAの経時的変化(運動器,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
    池田 真一; 芳賀 脩光; 人見 嘉哲; 木崎 節子; 大野 秀樹; 武政 徹
    体力科學, 日本体力医学会, 54(6) 461 - 461, 2005年12月01日
  • 84.骨格筋損傷における一酸化窒素とアポトーシスの関連(運動器,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
    桜井 智野風; 三瓶 みのり; 小笠原 準悦; 井澤 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 54(6), 2005年12月01日
  • 218.ラット脂肪細胞のアポトーシスシグナルおよび生存シグナルの遺伝子発現に及ぼす運動の影響(代謝,一般口演,第60回 日本体力医学会大会)
    三瓶 みのり; 小笠原 準悦; 桜井 智野風; 井澤 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 54(6), 2005年12月01日
  • 1A-10 Down-regulation of β_2-adrenergic receptor expression by exercise training increases IL-12 production by macrophages following LPS stimulation(Immunology and Endocrinology, The Proceedings of the 13th Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology July 30-31, (Tokyo)) :
    KIZAKI Takako; SAKURAI Takuya; NAKANO Norihiko; SAKURAI Tomonobu; OGASAWARA Junetsu; IZAWA Tetsuya; NAGASAWA Junichi; SUDA Kazuhiro; TAKEMASA Tohru; HAGA Shukoh; OHNO Hideki
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 11(4) 158 - 158, 2005年
  • 1B-03 Effect of exercise training on tumor necrosis factor-α-induced expressions of lipogenic genes in rat adipocytes(Sports Biochemistry, The Proceedings of the 13th Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology July 30-31, (Tokyo)) :
    SAKURAI Takuya; OGASAWARA Junetsu; NAKANO Norihiko; KIZAKI Takako; OHNO Hideki; IZAWA Tetsuya
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 11(4) 152 - 152, 2005年
  • 1B-02 Acute exercise induces alteration in β-adrenergic receptor-cAMP signal transduction system via ubiquitin-pro-teasome proteolysis pathway in rat adipocytes(Sports Biochemistry, The Proceedings of the 13th Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology July 30-31, (Tokyo)) :
    OGASAWARA Junetsu; SANPEI Minori; SAKURAI Tomonobu; KIZAKI Takako; OHNO Hideki; IZAWA Tetsuya
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 11(4) 152 - 152, 2005年
  • 後肢懸垂-再接地過程におけるマウス骨格筋線維タイプの変化と Calcineurin Pathway の関与(運動器, 第59回日本体力医学会大会)
    宮崎 充功; 池田 真一; 芳賀 脩光; 勝村 俊二; 人見 嘉哲; 木崎 節子; 大野 秀樹; 武政 徹
    体力科學, 日本体力医学会, 53(6) 680 - 680, 2004年12月01日
  • 高齢者の筋力づくり運動が筋力および歩行速度、歩幅、歩行率に及ぼす影響(加齢・性差, 第59回日本体力医学会大会)
    衣笠 隆; 芳賀 脩光; 江崎 和希; 笹原 美智子; 勝村 俊仁; 人見 嘉哲; 木崎 節子; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 53(6) 785 - 785, 2004年12月01日
  • 脂肪細胞の脂肪代謝に関わる遺伝子群の食事や運動による発現変化(代謝, 第59回日本体力医学会大会)
    櫻井 拓也; 小笠原 準悦; 井澤 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 53(6), 2004年12月01日
  • 単回運動によるβ-アドレナリン受容体-cAMP生成系を構成する情報伝達タンパク分子発現変化機構 : ユビキチン-プロテアソーム系の役割(代謝, 第59回日本体力医学会大会)
    小笠原 準悦; 桜井 拓也; 井澤 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 53(6), 2004年12月01日
  • We have two strategies to attain healthy aging
    OHNO Hideki; KIZAKI Takako; HITOMI Yoshiaki; WATANABE Sumiko; ISHIBASHI Yoshinaga; IZAWA Tetsuya; SAITOH Daizoh; KINUGASA Takashi; HAGA Shukoh
    Geriatrics & gerontology international, 4 S311 - S312, 2004年09月01日
  • Changes in the sensitivity of rat aorta to NO donor by training, detraining, and inactivity
    T Tanabe; J Nagasawa; T Izawa; N Nakano; Y Ishibashi; H Ohno
    NITRIC OXIDE-BIOLOGY AND CHEMISTRY, ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE, 11(1) 91 - 91, 2004年08月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Effect of an acute exercise on the expression of inducible nitric oxide synthase in rat skeletal muscle
    T Sakurai; TM Best; H Ohno; LL Ji; T Izawa
    NITRIC OXIDE-BIOLOGY AND CHEMISTRY, ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE, 11(1) 90 - 90, 2004年08月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Exercise training enhances nitric oxide production in macrophages through beta(2)-adrenergic receptor
    H Ohno; Y Hitomi; T Sakurai; T Izawa; T Tanabe; J Nagasawa; D Saitoh; S Haga; T Kizaki
    NITRIC OXIDE-BIOLOGY AND CHEMISTRY, ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE, 11(1) 97 - 97, 2004年08月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • ラット脂肪細胞の運動後にみられるβ-アドレナリン受容体–cAMP生成経路の変化にはプロテアソ–ム系が関与する
    小笠原 準悦; 井澤 鉄也
    日本生理学会大会発表要旨集, 日本生理学会, 2004(0) S238 - S238, 2004年
  • 405. 乳酸のフリーラジカルスカベンジング効果(代謝)
    長澤 純一; 井澤 鉄也; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 52(6) 917 - 917, 2003年12月01日
  • 291. 伸張性骨格筋損傷の治癒過程におけるNOの役割(運動器)
    桜井 智野風; 井澤 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 52(6) 860 - 860, 2003年12月01日
  • 396. Tumor necrosis factor α(TNF-α)の細胞内情報伝達経路に及ぼす運動トレーニングの影響(体液・内分泌)
    櫻井 拓也; 小笠原 準悦; 武井 愛美; 人見 嘉哲; 木崎 節子; 大野 秀樹; 井澤 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 52(6), 2003年12月01日
  • 398. ノルアドレナリンによる膵ランゲルハンス島のインスリン分泌抑制作用の運動トレーニングによる脱感作(体液・内分泌)
    井澤 鉄也; 桜井 智野風; 上田 浩司; 桜井 拓也; 小笠原 準悦; 武井 愛実
    体力科學, 日本体力医学会, 52(6), 2003年12月01日
  • 442. 脂肪細胞の脂肪合成に関わる遺伝子群の発現変化 : 絶食と運動の影響(代謝)
    武井 愛美; 桜井 拓也; 小笠原 準悦; 上田 浩司; 井澤 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 52(6), 2003年12月01日
  • 445. 脂肪細胞のβ-アドレナリン受容体-Gタンパク質を介する情報伝達系に及ぼす運動の影響(代謝)
    小笠原 準悦; 桜井 拓也; 武井 愛美; 上田 浩司; 井澤 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 52(6), 2003年12月01日
  • 膝伸展運動時の共同筋内における筋内酸素飽和度の相違
    江崎 和希; 武政 徹; 長田 卓也; 黒澤 裕子; 人見 嘉哲; 木崎 節子; 大野 秀樹; 浜岡 隆文; 勝村 俊仁; 芳賀 脩光
    脈管学, (一社)日本脈管学会, 43(8) 327 - 330, 2003年08月
  • UCPの新しい機能 : UCP2はNOの産生を制御する
    大野 秀樹; 人見 嘉哲; 渡部 すみ子; 木崎 節子
    肥満研究 : 日本肥満学会誌 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity, 9(1) 80 - 81, 2003年04月25日
  • 遺伝子レベルの高地トレーニング
    大野 秀樹; 鈴木 健二; 人見 嘉哲; 木崎 節子; 大貫 義人; 小林 寛道; 衣笠 隆; 武政 徹; 芳賀 脩光
    体力科學, 日本体力医学会, 52(2) 227 - 227, 2003年04月01日
  • C-19 スルホニル尿素剤・グリクラジドの抗酸化作用と膵β細胞保護作用(一般口演,第31回杏林医学会総会)
    鈴木 健二; 木崎 節子; 人見 嘉哲; 木本 紀代子; 石田 均; 大野 秀樹
    杏林医学会雑誌, 杏林医学会, 34(1) 57 - 58, 2003年03月30日
  • 1D08 The effect of exercise training and nitric oxide on the glucose-stimulated insulin secretion :
    UEDA Hiroshi; OGASAWARA Jun-etsu; TAKEI Megumi; SAKURAI Tomonobu; IZAWA Tetsuya
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 9(4) 160 - 160, 2003年
  • 1D09 Effect of an acute exercise on the β-adrenergic receptor-adenylate cyclase system in rat adipocytes :
    OGASAWARA Jun-etsu; UEDA Hiroshi; IZAWA Tetsuya
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 9(4) 161 - 161, 2003年
  • 高齢者の大脳皮質活動水準-集中維持機能(TAF)の変容と運動の影響--一般高齢者と長期運動実施者との比較 (第24回〔石本記念デサントスポーツ科学振興財団〕助成研究報告)
    芳賀 脩光; 大野 秀樹; 勝村 俊仁
    デサントスポ-ツ科学, 石本記念デサントスポ-ツ科学振興財団事務局, 24 77 - 85, 2003年
  • The effects of high-intensity runnig on inducible nitric oxide synthase expression in rat skeletal muscle
    T Sakurai; TM Best; H Ohno; LL Ji; T Izawa
    FASEB JOURNAL, FEDERATION AMER SOC EXP BIOL, 16(4) A446 - A446, 2002年03月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 3P11 Effect of single bout exercise on adipocyte lipolysis(II) :
    OGASAWARA Jun-etsu; SAKURAI Takuya; UEDA Hiroshi; SAKURAI Tomonobu; IZAWA Tetsuya
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 8(4) 198 - 198, 2002年
  • 3P14 The effect of exercise-training on the generation of nitric oxide in pancreatic islet of Langerhans :
    UEDA Hiroshi; URANO Yuriko; OGASAWARA Jun-etsu; SAKURAI Tomonobu; IZAWA Tetsuya
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 8(4) 199 - 199, 2002年
  • 2E2 Effects of detraining and inactivity on antioxidant enzymes of rat skeletal muscle :
    NAGASAWA Junichi; IZAWA Tetsuya; SAKURAI Tomonobu; OHNO Hideki
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 8(4) 159 - 159, 2002年
  • 2D3 Relationship between skeletal muscle damage and inducible nitric oxide synthase expression after running exercise :
    SAKURAI Tomonobu; SAKURAI Takuya; Ohno Hideki; Izawa Tetsuya
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 8(4) 156 - 156, 2002年
  • 運動と脂肪代謝
    井澤 鉄也
    比較生理生化学, 19(1) 47 - 55, 2002年, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 105.高強度走運動後の骨格筋損傷がiNOS動態に及ぼす影響(【運動器】)
    桜井 智野風; 大野 秀樹; 井澤 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 50(6) 785 - 785, 2001年12月01日
  • 212.運動トレーニングによるインスリン分泌低下機構 : 一酸化窒素合成酵素及び一酸化窒素の関与の可能性(【体液・内分泌】)
    上田 浩司; 浦野 由里子; 川波 一美; 野村 幸子; 桜井 智野風; 井澤 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 50(6) 838 - 838, 2001年12月01日
  • 253.脂肪細胞におけるcAMP依存症タンパクキナーゼの細胞内分布 : 加齢変化と身体運動の影響(【代謝】)
    野村 幸子; 川波 一美; 上田 浩司; 井澤 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 50(6) 859 - 859, 2001年12月01日
  • 260.脂肪細胞の脂肪分解反応に及ぼす持久的身体トレーニングの影響 : 一酸化窒素の役割(【代謝】)
    川波 一美; 野村 幸子; 上田 浩司; 桜井 智野風; 井澤 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 50(6) 862 - 862, 2001年12月01日
  • 261.急性運動が脂肪細胞の脂肪分解反応に及ぼす影響(【代謝】)
    小笠原 準悦; 野村 幸子; 川波 一美; 井澤 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 50(6), 2001年12月01日
  • 1.運動と酸化ストレス, 抗酸化酵素(運動と活性酸素2001 : 体力医学における活性酸素研究の現況と21世紀の課題)
    大野 秀樹; 鈴木 健二; 人見 嘉哲; 木崎 節子
    体力科學, 日本体力医学会, 50(5) 676 - 676, 2001年10月01日
  • Activation and apoptosis of murine peritoneal macrophages by acute cold stress (vol 283, pg 700, 2001)
    T Kizaki; K Suzuki; Y Hitomi; K Iwabuchi; K Onoe; H Ishida; T Izawa; LL Ji; H Ohno
    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, ACADEMIC PRESS INC, 285(1) 158 - 158, 2001年07月, その他
  • ストレス・老化に伴うマクロファージ機能の修飾
    木崎 節子
    日本衞生學雜誌, 56(1) 59 - 62, 2001年04月01日
  • 運動負荷によるヒト骨格筋にみられる遺伝子発現変化の検索
    人見 嘉哲; 鈴木 健二; 木崎 節子; 浜岡 隆文; 勝村 俊仁; 大河原 知水; 大石 修司; 長澤 純一; 芳賀 脩光; 大野 秀樹
    日本衞生學雜誌, 56(1) 132 - 132, 2001年04月01日
  • 運動による炎症反応と免疫応答 (特集 運動と免疫)
    宮崎 裕美; 芳賀 脩光; 大野 秀樹
    体育の科学, 杏林書院, 51(2) 134 - 138, 2001年02月
  • 運動と酸化ストレス
    大石 修司; 松岡 健; 大野 秀樹
    日本運動生理学雑誌, 日本運動生理学会事務局, 8(2) 73 - 83, 2001年
  • 運動とフリーラジカル
    大野 秀樹; 鈴木 健二; 人見 嘉哲; 木本 紀代子; 伊藤 長栄; 宮澤 伸子; 木崎 節子
    体力科学, 日本体力医学会, 50(4) 389 - 415, 2001年
  • 副腎のANP情報伝達機構に対する一過性運動の影響
    須田和裕; 駒林隆夫; 井澤鉄也
    第56回日本体力医学会予稿集, 216 , 2001年
  • 副腎のANP情報伝達機構に対する一過性運動の影響
    須田和裕; 駒林隆夫; 井沢鉄也
    体力科学, 50(6) 837 , 2001年
  • 脂肪細胞の脂肪分解反応と運動
    井澤 鉄也
    日本運動生理学雑誌, 8(1) 1 - 24, 2001年, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 222.ヒトの骨格筋代謝能におよぼす全身的有酸素性高強度トレーニングの影響 : (2)筋組成および筋酸素化レベルにおよぼす筋レジスタンストレーニングの影響
    會田 文夫; 芳賀 脩光; 水野 眞佐夫; 十枝内 厚次; 宮崎 裕美; 武政 徹; 向井 直樹; 浜岡 隆文; 勝村 俊仁; 木崎 節子; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 49(6) 777 - 777, 2000年12月01日
  • 176.在宅高齢者の「健康・体力づくり教室」による体力、生活機能、精神的健康への影響
    衣笠 隆; 芳賀 脩光; 十枝内 厚次; 宮崎 裕美; 康 徳龍; 武政 徹; 植屋 悦男; 植屋 清見; 木崎 節子; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 49(6) 754 - 754, 2000年12月01日
  • 高齢者の歩行能と生活自立機能に及ぼす健康・体力づくり運動の効果と展開
    芳賀 脩光; 衣笠 隆; 大野 秀樹
    日本体育学会大会号, 社団法人日本体育学会, (51) 61 - 61, 2000年08月25日
  • ANPのアルドステロン放出抑制に対する一過性運動の影響
    須田和裕; 駒林隆夫; 井澤鉄也
    第55回日本体力医学会大会予稿集, 154 , 2000年
  • ANPのアルドステロン放出抑制に対する一過性運動の影響
    須田和裕; 駒林隆夫; 井澤鉄也
    体力科学, 49(6) 739 , 2000年
  • 369.好中球活性化に及ぼす運動誘発性筋損傷の影響
    宮崎 裕美; 大石 修司; 十枝内 厚次; 前川 剛輝; 大河原 知水; 木崎 節子; 大野 秀樹; 芳賀 脩光
    体力科學, 日本体力医学会, 48(6) 897 - 897, 1999年12月01日
  • 318.超最大全力ペダリング運動時における無酸素性, および有酸素性エネルギー代謝機構の貢献度
    前川 剛輝; 〓 洋容; 十枝内 厚次; 宮崎 裕美; 浜岡 隆文; 水野 眞佐夫; 大石 修司; 大河原 知水; 木崎 節子; 大野 秀樹; 芝山 秀太郎; 芳賀 脩光
    体力科學, 日本体力医学会, 48(6) 871 - 871, 1999年12月01日
  • 376.ラット膵島におけるインスリン分泌調節と持久的運動トレーニングの効果
    桜井 智野風; 野村 幸子; 井澤 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 48(6) 900 - 900, 1999年12月01日
  • 446.血中アディポサイトカインと体脂肪分布の関係に及ぼす運動トレーニングの影響
    早瀬 秀樹; 安部 孝; 桜井 智野風; 野村 幸子; 井澤 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 48(6) 935 - 935, 1999年12月01日
  • 469.ラット単離心筋細胞における脂肪分解反応と身体トレーニングの影響
    野村 幸子; 桜井 智野風; 井澤 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 48(6) 947 - 947, 1999年12月01日
  • 471.ラット脂肪細胞のCa2+/カルモジュリンによる脂肪分解調節とトレーニング効果
    野村 幸子; 桜井 智野風; 大野 秀樹; 駒林 隆夫; 井澤 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 48(6) 948 - 948, 1999年12月01日
  • 物理環境と運動 : 活性酸素を中心として
    大野 秀樹; 木崎 節子; 大河原 知水; 大石 修司
    日本生気象学会雑誌, 36(3) S21 , 1999年10月23日
  • 急性寒冷ストレスによる若年および老化ラットマクロファージ機能の調節
    木崎 節子; 大河 原知水; 瀬川 雅彦; 大石 修司; 長澤 純一; 上野 伸正; 西田 美佐; 福渡 靖; 大野 秀樹
    日本衞生學雜誌, 54(1) 393 - 393, 1999年04月15日
  • SHR脂肪細胞の脂肪分解に対するトレーニングの影響
    須田和裕; 駒林隆夫; 井沢鉄也
    第54回日本体力医学会大会予稿集, 316 , 1999年
  • SHR脂肪細胞の脂肪分解に対するトレーニングの影響
    須田和裕; 駒林隆夫; 井澤鉄也
    体力科学, 48(6) 947 , 1999年
  • 運動時の脂質代謝とホルモン
    井澤 鉄也
    体育の科学, 49 974 - 982, 1999年, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 高地トレーニングと赤血球
    大野 秀樹; 木崎 節子; 大河原 知水; 芳賀 脩光
    臨床スポーツ医学 = The journal of clinical sports medicine, 文光堂, 15(12) 1349 - 1356, 1998年12月01日
  • 523.好中球活性化による脂質過酸化におよぼす一過性最大運動の影響
    十枝内 厚次; 宮崎 裕美; 小関 迪; 大石 修司; 木崎 節子; 大野 秀樹; 芳賀 脩光
    体力科學, 日本体力医学会, 47(6) 964 - 964, 1998年12月01日
  • 90.活性酸素と血管新生
    宮崎 裕美; 大石 修司; 芳賀 脩光; 木崎 節子; 中尾 千登世; 佐藤 祐造; 長澤 純一; 桜井 智野風; 井澤 鉄也; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 47(6) 747 - 747, 1998年12月01日
  • 362.脂肪組織とExtracelluler superoxide dismutase(EC-SOD)
    中尾 千登世; 木崎 節子; 大石 修司; 宮崎 裕美; 芳賀 脩光; 押田 芳治; 佐藤 祐造; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 47(6) 883 - 883, 1998年12月01日
  • 361.血清Leptinと内臓脂肪量および皮下脂肪量分布
    安部 孝; 早瀬 秀樹; 桜井 智野風; 倉田 順子; 楠原 慶子; 井澤 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 47(6) 883 - 883, 1998年12月01日
  • 311.鉄欠乏ラットにおける脂肪細胞の機能特性に関する研究
    駒林 隆夫; 山岸 博之; 須田 和裕; 井澤 鉄也; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 47(6) 858 - 858, 1998年12月01日
  • 酸化ストレスとSOD
    大野 秀樹; 大石 修司; 大河原 知水; 木崎 節子; 中尾 千登世; 佐藤 祐造; 宮崎 裕美; 芳賀 脩光
    日本運動生理学雑誌, 日本運動生理学会事務局, 5(1) 29 - 31, 1998年
  • 運動と活性酸素 (特別記事/スポ-ツと化学)
    大野 秀樹; 宮崎 裕美; 芳賀 脩光
    化学工業, 化学工業社, 48(12) 929 - 934, 1997年12月
  • 146.高齢者における全身持久性評価法の検討
    仲真 迅; 十枝内 厚次; 宮崎 裕美; 藤江 充夫; 小関 迪; 渡部 和彦; 大野 秀樹; 芳賀 脩光
    体力科學, 日本体力医学会, 46(6) 685 - 685, 1997年12月01日
  • 501.持久的運動トレーニングがラット膵ランゲルハンス島のインスリン分泌応答に及ぼす影響
    桜井 智野風; 井澤 鉄也; 木崎 節子; 大河原 知水; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 46(6) 863 - 863, 1997年12月01日
  • 492.腎ANP受容体に対するトレーニングの影響
    須田 和裕; 加藤 幸司; 佐々木 道子; 大形 純平; 高野 憲一; 田中 雄; 駒林 隆夫; 井沢 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 46(6) 858 - 858, 1997年12月01日
  • 急性寒冷ストレスによる成熟マクロファージの誘導 : 特に老化と関連して
    木崎 節子; 大河原 知水; 大石 修司; 長澤 純一; 大平 充宣; 大野 秀樹
    日本生気象学会雑誌, 34(3) S33 , 1997年10月23日
  • 物理環境と酸化的ストレス
    大野 秀樹; RADAK Zsolt; 大石 修司; 大河原 知水; 木崎 節子; 浅野 勝己
    臨床環境医学 : 日本臨床環境医学会会誌 = Japanese journal of clinical ecology, 5(2) 48 - 54, 1996年12月25日
  • 250.長期エタノール摂取はラット血中ANP濃度を増加させる
    須田 和裕; 駒林 隆夫; 井沢 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 45(6) 729 - 729, 1996年12月01日
  • 527.外因性脂質除去過程におけるリポ蛋白分画TGにおよぼす一過性の低強度運動の影響
    中田 雅朗; 〓 祥容; 宇根 かおり; 佐藤 祐造; 木崎 節子; 大野 秀樹; 芳賀 脩光
    体力科學, 日本体力医学会, 45(6) 868 - 868, 1996年12月01日
  • 526.脂肪細胞のホルモン感受性リパーゼ活性に及ぼす持久的身体トレーニングの影響
    井澤 鉄也; 長澤 純一; 水田 拓道; 大石 修司; 木崎 節子; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 45(6) 867 - 867, 1996年12月01日
  • 149.種々の血管作業薬の収縮特性に及ぼす持久的トレーニングの影響
    長澤 純一; 井澤 鉄也; 水田 拓道; 駒林 隆夫; 須田 和裕; 木崎 節子; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 45(6) 679 - 679, 1996年12月01日
  • 69.ペダリング運動時における姿勢条件の相違が局所oxygenationおよび体酸素摂取量におよぼす影響
    襄 祥容; 安河内 正文; 中田 雅朗; 佐々木 道子; 管 啓子; 木崎 節子; 大野 秀樹; 浜岡 隆文; 岩根 久夫; 芳賀 脩光
    体力科學, 日本体力医学会, 45(6) 639 - 639, 1996年12月01日
  • 110.後肢懸垂ではミオシン重鎖mRNAの相対的発現量は変化しない
    若月 徹; 大野 秀樹; 大平 充宣
    体力科學, 日本体力医学会, 45(6) 659 - 659, 1996年12月01日
  • 急性寒冷ストレスはグルココルチコイドを介して抑制性マクロファージを誘導する
    木崎 節子; 大石 修司; 大河原 知水; 長澤 純一; 大平 充宣; 大野 秀樹
    日本生気象学会雑誌, 33(3) S62 , 1996年10月19日
  • 5.運動や持久的身体トレーニングと胸部大動脈の収縮感受性(第107回日本体力医学会関東地方会)
    井澤 鉄也; 駒林 隆夫; 桜井 智野風
    体力科學, 日本体力医学会, 45(5) 558 - 558, 1996年10月01日
  • ラット後肢筋の収縮特性を変える要因 : 後肢懸垂およびクレアチンアナログ投与
    若月 徹; 山本 三毅夫; 大野 秀樹; 大平 充宣
    宇宙航空環境医学, 日本宇宙航空環境医学会, 33(3) 197 - 202, 1996年09月01日
  • マウスextracellular-superoxide dismutase(EC-SOD)の精製
    大河原 知水; 木崎 節子; 若月 徹; 山本 三毅夫; 十枝内 厚次; 芳賀 脩光; 大野 秀樹
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 19 490 - 490, 1996年08月01日
  • 高齢者の持久能と歩行の限界同種骨髄移植後の心肺機能トレーニング期間中の安静時ホルモン濃度の変化高血圧と運動療法
    芳賀 脩光; 大野 秀樹; 田畑 泉; 有田 幹雄
    臨床スポーツ医学 = The journal of clinical sports medicine, 13(7) 774 - 775, 1996年07月01日
  • 高所における生理学
    大野 秀樹; 木崎 節子; 大石 修司; 芳賀 脩光
    臨床スポーツ医学 = The journal of clinical sports medicine, 文光堂, 13(6) 613 - 617, 1996年06月01日
  • 水泳は褐色脂肪組織の働きを高め, 老化および肥満マウスの耐寒性を亢進する
    大野 秀樹; 大石 修司; 木崎 節子; 上野 伸正; 西田 美佐; 福渡 靖
    産業衛生学雑誌 = Journal of occupational health, 38 S330 , 1996年05月10日
  • 82. 運動トレーニングとインスリン反応性
    長澤 純一; 村岡 功; 井沢 鉄也; 桜井 智野風; 佐藤 祐造; 大野 秀樹
    日本運動生理学雑誌, 日本運動生理学会事務局, 3(1) 64 - 64, 1996年
  • 運動時の体液因子としての内分泌機能動態
    井澤 鉄也; 大野秀樹
    骨・関節・靭帯, 9(3) 299 - 308, 1996年, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 運動と脂肪組織のアドレナリン受容体
    井澤 鉄也
    臨床スポーツ医学, 13(6) 695 , 1996年, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 酸化ストレスと栄養・運動
    大野秀樹; 木崎節子; 大河原知水; 井澤鉄也
    臨床スポーツ医学, 13 166 - 170, 1996年, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 73.急性運動と骨格筋の血管新生
    長澤 純一; 山下 均; 大石 修司; 木崎 節子; 井澤 鉄也; 桜井 智野風; 駒林 隆夫; 佐藤 祐造; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 44(6) 643 - 643, 1995年12月01日
  • 485.運動による心臓のANP放出と標的臓器情報伝達系へのトレーニングの影響
    須田 和裕; 駒林 隆夫; 井沢 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 44(6) 849 - 849, 1995年12月01日
  • 急性寒冷ストレスは免疫能を低下する
    木崎 節子; 大野 秀樹
    臨床スポーツ医学 = The journal of clinical sports medicine, 12(12) 1388 - 1388, 1995年12月01日
  • 水泳は耐寒性を高めるか? : 褐色脂肪組織を中心として
    大野 秀樹; 大石 修司; 木崎 節子; 山下 均; 福田 孝一; 十枝内 厚次; 長澤 純一; 大平 充宣; 芳賀 脩光
    日本生気象学会雑誌, 32(3) S52 , 1995年10月27日
  • 寒冷暴露で誘導される抑制性マクロファージは一酸化窒素(NO)を介してT細胞増殖反応を阻害する
    木崎 節子; 大石 修司; 山下 均; 長澤 純一; 大平 充宣; 大野 秀樹
    日本生気象学会雑誌, 32(3) S54 , 1995年10月27日
  • 運動と活性酸素
    大野 秀樹; 大石 修司; 木崎 節子
    化学と生物, 学会出版センタ-, 33(8) 520 - 527, 1995年08月25日
  • 加齢,運動と活性酸素-SODを中心として-
    大野 秀樹; 大石 修司; RADAK Zsolt; 浅野 勝己
    体力科学, 日本体力医学会, 44(1) 31 - 33, 1995年02月01日
  • 45.アンギオテンシンに対するラット胸部大動脈の収縮特性に及ぼす運動の影響
    井沢 鉄也; 水田 拓道; 駒林 隆夫; 須田 和裕
    体力科學, 日本体力医学会, 43(6) 529 - 529, 1994年12月01日
  • 62.ANP受容体に対するトレーニングの影響
    須田 和裕; 駒林 隆夫; 井沢 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 43(6) 537 - 537, 1994年12月01日
  • 186.クレアチン含有がラット長指伸筋の筋線維特性に及ぼす影響
    大平 充宣; 安井 渉; 若月 徹; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 43(6) 599 - 599, 1994年12月01日
  • 343.褐色脂肪組織の増大に対するインスリンの効果
    山下 均; 木崎 節子; 大石 修司; 長澤 純一; 大平 充宣; 大野 秀樹
    体力科學, 日本体力医学会, 43(6) 678 - 678, 1994年12月01日
  • 運動とラット骨格筋および肝臓の抗酸化酵素システム
    大石修司; 木崎節子; 山下 均; 瀬川雅彦; 井澤鉄也; 駒林隆夫; 鈴木敬一郎; 谷口直之; 永田直一; 大野秀樹
    第4回健康スポーツ医科学フォーラム集:健康スポーツ核医学研究会編, 89 - 93, 1994年
  • 363.運動トレーニングとラットMn-SOD
    大野 秀樹; 大河原 知水; 山下 均; 木崎 節子; 井澤 鉄也; 駒林 隆夫; 大平 充宣
    体力科學, 日本体力医学会, 42(6) 748 - 748, 1993年12月01日
  • 270.持久的トレーニングと脂肪細胞の脂肪分解能におけるCa^<2+>の役割
    井沢 鉄也; 水田 拓道; 駒林 隆夫; 須田 和裕
    体力科學, 日本体力医学会, 42(6) 701 - 701, 1993年12月01日
  • 18.脂肪分解のインスリンに対する反応性に及ぼす身体トレーニングの影響 第4報
    須田 和裕; 駒林 隆夫; 井沢 鉄也; 坪井 実; 中原 凱文
    体力科學, 日本体力医学会, 41(6) 659 - 659, 1992年12月01日
  • 311.運動時のACTHによる脂肪動員作用に関する基礎的研究 I
    井沢 鉄也; 水田 拓道; 駒林 隆夫; 坪井 実; 須田 和裕
    体力科學, 日本体力医学会, 41(6) 806 - 806, 1992年12月01日
  • 脂肪細胞のインスリンに対する反応性に及ぼす身体トレーニングの影響 : 第三報:インスリンの抗脂肪分解作用に対するトレーニングの影響
    須田 和裕; 井沢 鉄也; 駒林 隆夫; 望月 武人; 坪井 実
    体力科學, 日本体力医学会, 40(6) 914 - 914, 1991年12月01日
  • 脂肪細胞のインスリンに対する反応性に及ぼす身体トレーニングの影響 : 第一報:インスリンの細胞内情報伝達経路について
    望月 武人; 井沢 鉄也; 駒林 隆夫; 須田 和裕; 坪井 実
    体力科學, 日本体力医学会, 40(6) 912 - 912, 1991年12月01日
  • 脂肪細胞のインスリンに対する反応性に及ぼす身体トレーニングの影響 : 第二報:ジアシルグリセロール産生とタンパクキナーゼ活性に及ぼすトレーニングの影響
    井沢 鉄也; 望月 武人; 駒林 隆夫; 須田 和裕; 坪井 実
    体力科學, 日本体力医学会, 40(6) 913 - 913, 1991年12月01日
  • 17. 過激運動によるライソゾーム酵素の逸脱はライソゾーム内pHの上昇による(第2報)(第90回日本体力医学会関東地方会)
    原澤 勝也; 坪井 實; 駒林 隆夫; 藤波 洋征; 井沢 鉄也; 須田 和裕
    体力科學, 日本体力医学会, 40(2) 243 - 243, 1991年04月01日
  • 過激運動によるライソゾーム酵素の逸脱はライソゾーム内 pH 上昇による
    原澤 勝也; 坪井 實; 駒林 隆夫; 藤波 洋征; 井沢 鉄也; 須田 和裕
    体力科學, 日本体力医学会, 40(1) 132 - 133, 1991年02月01日
  • 身体トレーニングはラット脂肪細胞のアデニール酸シクラーゼ活性と脂肪分解の連関を強める
    井沢 鉄也; 駒林 隆夫; 藤波 洋征; 原沢 勝也; 坪井 實; 須田 和裕
    体力科學, 日本体力医学会, 40(1) 132 - 132, 1991年02月01日
  • 400.トレーニングを施したラットの脂肪細胞のアデニール酸シクラーゼ活性と脂肪分解の関係 : 代謝,加齢,女子
    井沢 鉄也; 駒林 隆夫; 須田 和裕; 坪井 実
    体力科學, 日本体力医学会, 39(6) 822 - 822, 1990年12月01日
  • 423.インスリン作用に対するトレーニング効果とアデノシンの関連 : 代謝,加齢,女子
    須田 和裕; 駒林 隆夫; 井沢 鉄也; 坪井 実
    体力科學, 日本体力医学会, 39(6) 845 - 845, 1990年12月01日
  • 114.ラット脂肪細胞におけるインスリンの脂肪分解抑制作用に対するトレーニングの影響 : 生物科学I (呼吸・循環,代謝など)
    須田 和裕; 井澤 鉄也; 駒林 隆夫; 坪井 実; 藤波 洋征
    体力科學, 日本体力医学会, 38(6) 364 - 364, 1989年12月01日
  • 113.身体トレーニングとラット脂肪細胞の脂肪分解抑制経路について : 生物科学I (呼吸・循環,代謝など)
    井沢 鉄也; 駒林 隆夫; 須田 和裕; 篠田 昭八郎; 小清水 英司; 坪井 実
    体力科學, 日本体力医学会, 38(6) 363 - 363, 1989年12月01日
  • 128. 超過激運動時のライソゾーム酵素の動向 : 血液および汗に関する生理科学的研究
    坪井 実; 服部 隆一郎; 藤波 洋征; 井沢 鉄也; 須田 和裕; 篠田 昭八郎; 小舟 勝利; 小清水 英司; 国貞 行徳
    体力科學, 日本体力医学会, 37(6) 556 - 556, 1988年12月01日
  • 155. ラットのインスリン感受性に対するトレーニング及びデ・トレーニングの効果 : 代謝および栄養に関する生理科学的研究
    長沢 純一; 梅村 義久; 石河 利寛; 大野 秀樹; 押田 芳治; 佐藤 祐造
    体力科學, 日本体力医学会, 37(6) 583 - 583, 1988年12月01日
  • トレーニングラットの脂肪細胞におけるカテコールアミンによる脂肪分解反応に及ぼすアデノシンディアミナーゼの影響
    井澤鉄也; 小清水英司
    東京薬科大学一般教育研究紀要, (9) 141 - 145, 1988年
  • 97. 超過激運動時におけるライソゾーム酵素の動向 : 運動生理学的研究I : 第42回日本体力医学会大会
    坪井 実; 丸山 和容; 服部 隆一郎; 駒林 隆夫; 井沢 鉄也; 須田 和裕; 篠田 昭八郎; 小舟 勝利; 小清水 英司
    体力科學, 日本体力医学会, 36(6) 433 - 433, 1987年12月01日
  • 3. 急性運動時におけるラット心臓β-アドレナリン受容体の調節 : 運動生理学的研究I : 第42回日本体力医学会大会
    井沢 鉄也; 駒林 隆夫; 須田 和裕; 加藤 弘; 丸山 和容; 服部 隆一郎; 坪井 実; 小清水 英司; 篠田 昭八郎
    体力科學, 日本体力医学会, 36(6) 339 - 339, 1987年12月01日
  • 123. ラット顎下腺のアミラーゼおよびグリコーゲン含量におよぼすトレーニングの影響 : 運動生理学的研究I : 第42回日本体力医学会大会
    駒林 隆夫; 井沢 鉄也; 小清水 英司; 須田 和裕; 篠田 昭八郎; 丸山 和容; 服部 隆一郎; 坪井 実
    体力科學, 日本体力医学会, 36(6) 459 - 459, 1987年12月01日
  • 12. Effect of exercise-training on the release of[^3H]GDP in rat adipocyte membranes
    IZAWA TETSUYA; KOSHIMIZU EIZI; KOMABAYASHI TAKAO; TSUBOI MINORU; SUDA KAZUHIRO
    体力科學, 日本体力医学会, 36(1) 49 - 50, 1987年02月01日
  • 心拍数からみた壁テニスの運動強度
    小清水英司; 井澤鉄也
    東京薬科大学一般教育研究紀要, (8) 23 - 28, 1987年
  • 162.ラット脂肪細胞に及ぼすイソプロテレノール連続投与の影響 III
    井沢 鉄也; 駒林 隆夫; 小清水 英司; 須田 和裕; 坪井 実
    体力科學, 日本体力医学会, 35(6) 460 - 460, 1986年12月01日
  • 20.トレーニングおよびレゼルピン処置ラットの唾液腺について : 適応と訓練効果に関する研究
    駒林 隆夫; 坂本 清也; 室橋 雅子; 遠藤 司郎; 井沢 鉄也; 小清水 英司; 坪井 実
    体力科學, 日本体力医学会, 33(6) 459 - 459, 1984年12月01日
  • 17.ラット脂肪細胞β-adrenergic receptorsに及ぼすトレーニングの影響II : 適応と訓練効果に関する研究
    井沢 鉄也; 小清水 英司; 駒林 隆夫; 坪井 実
    体力科學, 日本体力医学会, 33(6) 456 - 456, 1984年12月01日
  • 16. Effect of exercise-training on rat epididymal adipose tissue : II. Effects of repeated injections of reserpine
    IZAWA TETSUYA; KOSHIMIZU EIJI; KOMABAYASHI TAKAO; TSUBOI MINORU
    体力科學, 日本体力医学会, 32(6) 389 - 389, 1983年12月01日
  • トレーニング中止が呼吸機能の最大酸素摂取量および Anaerobic Threshold に及ぼす影響
    井澤鉄也; 小清水英司; 室 増男; 与那正栄
    東京薬科大学一般教育研究紀要, (6) 41 - 43, 1983年
  • 低体力者に対する体力トレーニング処方の一試案
    与那正栄; 小清水英司; 室 増男; 井澤鉄也
    東京薬科大学一般教育研究紀要, (6) 45 - 48, 1983年
  • 126.全身反応時間と下肢筋群の相助・拮抗作用について : 運動生理学的研究II : 第36回日本体力医学会大会
    与那 正栄; 室 増男; 小清水 英司; 井沢 鉄也
    体力科學, 日本体力医学会, 30(6) 364 - 364, 1981年12月01日

書籍等出版物

  • 運動と内分泌 ホルモン受容体 In ニュー運動生理学
    真興交易医書出版部, 2014年
  • 「褐色脂肪細胞の起源、増殖、分化」,「褐色脂肪組織は安眠をもたらすか」 In 『ここまでわかった燃える褐色脂肪の不思議』
    ナップ, 2013年
  • 運動を制御する内分泌系の機能と適応. In スポーツ指導者に必要な生理学と運動生理学の知識
    市村出版, 2012年
  • 脂肪組織のエクササイズバイオロジー
    ナップ, 2011年
  • 細胞内シグナル伝達系と運動
    真興交易医書出版部・運動生理学のニューエビデンス 宮村実晴 編集, 2010年
  • アディポカイン
    真興交易医書出版部・運動生理学のニューエビデンス 宮村実晴 編集, 2010年
  • トレーニングと内分泌・ホルモン受容体
    真興交易医書出版部・身体トレーニング 宮村実晴 編集, 2009年
  • 運動と内分泌系と免疫
    ナップ・運動と免疫 大野秀樹 木崎節子 編集, 2009年
  • 内分泌と運動:健康運動指導士養成講習会テキスト
    健康体力つくり事業団, 2008年
  • 脂肪と体力
    ナップ・:体力とは何か 長澤純一 編集, 2007年
  • Cellular adaptations of adipocytes to exercise training
    Cooper Publishing Group: Exercise, Nutrition, and Environmental Stress, Nose H, Spriet LL, and Imaizumi K eds, 2002年
  • Cellular adaptations of adipocytes to exercise training
    Cooper Publishing Group: Exercise, Nutrition, and Environmental Stress, Nose H, Spriet LL, and Imaizumi K eds, 2002年
  • からだを動かすしくみ
    杏林書院, 2001年
  • 「副腎皮質刺激放出ホルモン(CRF)の反応は?」「ビタミンDの反応は?」「運動は骨を丈夫にするのか?」
    大修館書店・運動と遺伝 大野秀樹 及川恒之 石井直方 編集, 2001年
  • 運動とホルモン
    ナップ, 2001年
  • 代謝(概要)、脂質代謝
    真興交易医書出版部」・新運動生理学(下巻) 宮村実晴 編集, 2001年
  • 運動生理・生化学辞典
    大修館書店, 2001年
  • 「呼吸商って何?」「脂肪の使われ方が何故わかるの?」「リバウンドを防ぐにはどうすればいいのか」「体脂肪を効果的にとるための具体的な運動処方は?」
    杏林書院・身体運動・栄養・生命環境科学Q&Aシリーズ「栄養と運動」 伏木 亨 跡見順子 大野秀樹 編集, 1999年
  • 高強度運動時の代謝応答,長時間運動時の代謝応答,トレーニングに対する代謝応答
    メディカル・サイエンス・インタ-ナショナル・:スポーツとトレーニングの生化学 谷口正子、大野秀樹、谷口直之 監訳, 1999年
  • 内分泌(ホルモン)
    杏林書院・スポーツ医科学 中野昭一 編集, 1999年
  • カテコールアミン受容体の測定法
    大修館書店・運動生理学実験法 今泉和彦・石原昭彦 編集, 1998年
  • 「一酸化窒素(NO)の反応は?」「サイトカインの反応は?」「高密度リポタンパク質(HDL)コレステロールの役割は?」「活性酸素発生系とその防御系」
    杏林書院・身体運動・栄養・生命環境科学Q&Aシリーズ「活性酸素と運動」 大野秀樹 跡見順子 伏木 亨 編集, 1998年
  • 運動とホルモン
    真興交易医書出版部・最新運動生理学 宮村実晴 編集, 1996年
  • 「内分泌と代謝」「生命誕生のしくみ」「発育と発達」
    評伝社・保母試験講座第6巻 坪井 實 編集, 1990年
  • 「呼吸器系」「内分泌系」「代謝生理」
    廣川書店・カラースケッチ生理学 坪井 實 監訳, 1990年

講演・口頭発表等

  • 脂肪組織の質と量を転換させる運動療法の分子基盤
    井澤鉄也
    第74回日本体力医学会大会., 2019年09月20日, 2019年09月19日, 2019年09月21日, 口頭発表(招待・特別)
  • 運動による脂肪組織のリモデリング
    井澤 鉄也
    2017年度日本臨床栄養協会・サプリメントアドバイザーレベルアップセミナー, 2016年05月, 口頭発表(招待・特別)
  • 運動トレーニングによるホルモン変化とボディコンポジション(body composition)の変容
    井澤 鉄也
    国際生命科学研究機構Japan30周年記念 第6回「栄養とエイジング」国際会議, 2011年09月, 口頭発表(招待・特別)
  • 脂肪細胞の脂肪分解反応に及ぼす新規カテキン型ポリフェノール複合体01igonolの効果
    井澤 鉄也
    第21回体力・栄養・免疫学会大会, 2011年, 北里大学
  • 運動は老化促進モデルマウスの認知機能障害を予防する
    井澤 鉄也
    第18回日本運動生理学会, 2011年, 鹿児島大学
  • Oligonol, a new lychee fruit-derived low molecular form of polyphenol, enhances lipolysis in primary rat adipocytes via activation of the ERK1/2 pathway.
    井澤 鉄也
    11th ICO (International Congress on Obesity), 2011年, Stockholm Sweden.
  • Effects of exercise-training-induced hormonal changes on body composition.
    井澤 鉄也
    The 6th International Conference on Nutrition and Aging, 2011年, Tokyo, Japan.
  • 肥満抑制効果を有する01igOn01による脂肪分解反応の調節機構の解明
    井澤 鉄也
    第81回日本衛生学会学術総会(東京),※東日本大震災のため開催中止(発表抄録のみ), 2010年
  • 老化促進モデルマウスの認知機能障害に対する運動トレーニングの予防効果
    井澤 鉄也
    第65回日本体力医学会, 2010年, 千葉
  • 持久的トレーニングによる脂肪細胞のATGL発現の変化と調節メカニズム
    井澤 鉄也
    第18回日本運動生理学会, 2010年, 鹿児島大学
  • 運動トレーニングによる脂肪細胞の脂肪分解反応とAdipose Triglyceride Lipaseの役割
    井澤 鉄也
    第80回日本衛生学会学術総会, 2010年, 仙台
  • 運動トレーニングは脂肪組織由来幹細胞の脂肪細胞への分化を抑制する
    井澤 鉄也
    第6回日本予防医学会総会, 2009年, 東京医科大学
  • 運動トレーニングによる脂肪細胞の脂肪分解反応の亢進にはadipose triglyceride lipase (ATGL) の発現変化が関与する
    井澤 鉄也
    第64回日本体力医学会, 2009年, 新潟
  • 脂肪組織由来幹細胞の脂肪細胞分化に及ぼす運動トレーニングの影響
    井澤 鉄也
    第64回日本体力医学会, 2009年, 新潟
  • 脂肪細胞サイズとアディポカイン遺伝子発現との関係に及ぼす運動トレーニングの影響
    井澤 鉄也
    第64回日本体力医学会, 2009年, 新潟
  • 急性運動と脂肪細胞のホルモン感受性リパーゼの発現変化
    井澤 鉄也
    第64回日本体力医学会, 2009年, 新潟
  • 脂肪組織由来幹細胞の脂肪細胞への分化は運動トレーニングによって抑制される
    井澤 鉄也
    第17回日本運動生理学会, 2009年, 東京慈恵会医科大学
  • 脂肪組織リモデリングとアディポサイトカイン発現に及ぼす運動の影響:動物実験からみた分子制御機構
    井澤 鉄也
    第16回 日本運動生理学会, 2008年08月, 口頭発表(招待・特別), 奈良
  • 脂肪組織由来幹細胞の脂肪および血管内皮細胞への分化に対する運動トレーニングの影響
    井澤 鉄也
    第79回日本衛生学会総会, 2008年, 北里大学
  • 急性運動による脂肪細胞の脂肪分解反応のメカニズム
    井澤 鉄也
    第79回日本衛生学会総会, 2008年, 北里大学
  • 運動や運動トレーニングによるβ-アドレナリン受容体の適応機構
    井澤 鉄也
    第23回日本体力医学会近畿地方会, 2008年, 大阪学院大学
  • 運動負荷パターンの差異が酸化ストレスにおよぼす影響
    井澤 鉄也
    第63回日本体力医学会, 2008年, 別府市
  • 運動トレーニングによって脂肪細胞内酸化ストレスは軽減される
    井澤 鉄也
    第78回日本衛生学会総会, 2008年, 熊本市
  • Oxidative stress in adipocytes is reduced by new lychee-derived polyphenol oligonol converted into a low-molecular form
    井澤 鉄也
    Biomarkers of Oxidative Stress in Haelth and Diseases, 2008年, Osaka, Japan.
  • 肥満予防に対する骨格筋と脂肪組織の役割:脂肪組織と骨格筋の脂肪分解反応
    井澤 鉄也
    第62回 日本体力医学会, 2007年09月, 口頭発表(招待・特別), 秋田
  • 脂肪細胞の増殖・分化に対するグリクラジドの機能の解析
    井澤 鉄也
    第30回日本分子生物学会総会・第80回日本生化学会大会, 2007年, 横浜
  • 運動トレーニングの脂肪組織内酸化ストレス軽減効果
    井澤 鉄也
    第5回日本予防医学会学術総会, 2007年, 大阪
  • 脂肪組織由来幹細胞に及ぼす運動トレーニングの影響
    井澤 鉄也
    第60回日本体力医学会, 2007年, 秋田
  • シンポジウム1 体力科学における骨格筋研究の展開と展望:肥満予防に対する骨格筋と脂肪組織の役割「脂肪組織と骨格筋の脂肪分解反応」
    井澤 鉄也
    第62回日本体力医学会, 2007年, 秋田
  • 脂肪細胞の酸化ストレスはライチ由来新規低分子化ポリフェノールOligonolによって軽減される
    井澤 鉄也
    国際食品機能学会2007, 2007年
  • ライチ由来新規低分子化ポリフェノールOligonolによる脂肪細胞内酸化ストレス減少効果
    井澤 鉄也
    第77回日本衛生学会総会, 2007年
  • New lychee-derived polyphenol oligonol converted into a low-molecular form reduces oxidative stress in adipocyte.
    井澤 鉄也
    15th European Congress on Obesity, 2007年, Budapest, Hungary
  • Antioxidative/antiinflammatory effects of the new lychee-derived polyphenol oligonol converted into a low-molecular form in white adipose tissue.
    井澤 鉄也
    3rd International Conference on Polyphenols and Health, 2007年, Kyoto, Japan
  • 持久運動時のエネルギー基質とその動き‐糖・脂質・タンパク質‐:運動と脂肪
    井澤 鉄也
    第57回 日本体育学会, 2006年08月, 口頭発表(招待・特別), 弘前
  • 脂質代謝と運動
    井澤 鉄也
    第10回日本運動生理学会, 2002年07月, 口頭発表(招待・特別), 筑波
  • Cellular adaptations of adipocytes to exercise training.
    井澤 鉄也
    GSSI-Sports Science Network Forum in Nagano 2000, 2000年07月, 口頭発表(招待・特別), 長野
  • 運動と脂肪細胞の脂肪分解反応
    井澤 鉄也
    日本栄養・食糧学会中部支部シンポジウム, 1998年05月, 口頭発表(招待・特別), 名古屋
  • 脂肪細胞と細胞内Ca2+の動き
    井澤 鉄也
    第9回 運動生化学研究会シンポジウム, 1996年12月, 口頭発表(招待・特別)
  • 脂肪細胞と細胞内Ca2+の動き
    井澤 鉄也
    第9回 運動生化学研究会シンポジウム, 1996年, 東京
  • 細胞内情報伝達系と運動
    井澤 鉄也
    第3回 日本運動生理学会, 1995年07月, 口頭発表(招待・特別), 東京

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 脂肪由来幹細胞の分化を制御する運動療法の新しい分子機構:細胞内アミノ酸代謝の役割
    井澤 鉄也; 小笠原 準悦; 加藤 久詞
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 2019年04月 -2023年03月, 基盤研究(B), 同志社大学
  • 肥満の運動療法が影響する脂肪由来幹細胞の分化プログラムの解明
    井澤 鉄也
    メタボローム解析の結果は,高脂肪食摂取(HFD)や運動トレーニング(EX)によって脂肪由来幹細胞(ADSC)のから分化させた脂肪細胞(分化脂肪細胞)のアミノ酸代謝が大きく変化することを示していた。分化脂肪細胞のマイクロアレイ解析によって網羅的解析を行った結果,糖源性アミノ酸代謝系のいくつかの遺伝子発現がHFDやEXによって著しく変化し,こうした変化は内蔵脂肪組織(VAT)と皮下脂肪組織(SAT)で大きく異なっていた。さらに,VATとSATの発生遺伝子発現におよぼすEXの影響について詳細に検討した。Hox遺伝子などの発生遺伝子群の発現がSATとVATで異なり,体脂肪分布や脂肪細胞の分化に関連していることが報告されている。発生遺伝子群の発現に及ぼすEXの影響を検討した結果,HoxC8,HoxC9,Gpc4,Bmpr1a,Pparγ, Pgc1α, Adrb3, HslのmRNA発現量と脂肪組織重量増加との相関関係はVATとSATで異なり,その相関関係に及ぼすEXの影響も脂肪組織の部位に特異的であった: SATではHoxC8, HoxC9, HoxC10, Gpc4, Pparγ のmRNA発現量がEXによって低下し,HoxA5と Pgc1α mRNA の発現量は増加するが,VATでは, HoxC9, Gpc4, PparγのmRNA発現量がEXによって増加し,HoxA5の発現量は低下していた。また,ADSCの多分化能を検討する目的で神経細胞への分化能を検討したところ,HFDはその分化能を低下させ,EXがこれを改善することも明らかにした。以上の結果は,肥満や運動によるADSCの分化能変化のメカニズム解明や,ADSCに焦点を当てた新しいストラテジーによる運動処方法の開拓を加速させるものである。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 2016年04月 -2019年03月, 競争的資金, 基盤研究(B), 同志社大学
  • 脂肪組織の発生遺伝子に着目した運動による脂肪組織リモデリング機構の解明
    加藤 久詞; 井澤 鉄也; 高倉 久志
    運動が健康な脂肪細胞への分化・形質転換を可能にすることを実証し,発生生物学的エビデンスを基盤とした新しい運動療法を提案するための知見を得ることを目的とした。高脂肪食摂取や運動トレーニングによる脂肪組織重量の増減に伴い,脂肪組織における発生遺伝子のmRNA発現量は有意に変化した。中でも皮下および褐色脂肪組織のホメオボックスC10(HoxC10)が顕著に変化したため,機能解析を試みた。脂肪由来間葉系幹細胞にHoxc10 siRNAを導入し分化誘導すると,運動トレーニング効果と類似した機能をもつ脂肪細胞へと分化した。肥満や運動による脂肪組織のリモデリングにはHoxC10が関与することが示唆された。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 研究活動スタート支援, 2016年08月 -2018年03月, 研究活動スタート支援, 同志社大学
  • 骨格筋組織の時計遺伝子発現リズムに基づく持久的運動トレーニング効果の検証
    高倉 久志; 井澤 鉄也; 増田 慎也; 稗田 睦子; 加藤 久詞
    ミトコンドリア生合成に重要なPGC-1αは時計遺伝子と相互作用しながら概日リズムを示す。また、運動を実施する時間帯によってPGC-1α mRNAの応答は異なる。ミトコンドリアの増加にはPGC-1α発現量の増加を促す必要があるが、安静時のPGC-1α mRNA発現がボトムを示す時間帯での運動がPGC-1α mRNAを顕著に増加させるとともに、その時間帯における持久的運動トレーニングはミトコンドリア量の増加を助長した。運動を実施するタイミングの違いが、筋組織内のミトコンドリア生合成に影響を及ぼすことが示された。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 2014年04月 -2017年03月, 若手研究(B), 同志社大学
  • 運動前温熱療法による関節軟骨変性予防効果のエビデンスの確立
    北條 達也; 井澤 鉄也
    ヒト関節軟骨細胞の分化誘導開始48時間目に37,39,41,43℃×20分間の1回目温熱刺激(1st HS)を適応した.その24時間後に45℃15分の致死的温熱刺激(2nd HS)を与えた.さらに8時間後のcell viabilityを評価した.1st HSの 24時間後に,HSP-70および基質代謝をmRNA発現で評価した.HSP-70の発現は温度依存的に亢進した.基質代謝は41℃群で最も亢進し,2nd HS後も41℃群が高値を示した. 2nd HS後のcell viabilityは,41℃群において最も維持された.適度な温熱刺激はHSP70発現を誘導しストレス耐性を高めることが示された., 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 2013年04月 -2016年03月, 基盤研究(C), 同志社大学
  • 脂肪細胞の時計遺伝子リズムにもとづく運動処方の最適タイミング:時間運動療法の意義
    井澤 鉄也
    ラット脂肪細胞のアディポカインならびにエネルギー代謝調節分子群のmRNA発現レベルは脂肪細胞の時計遺伝子発現リズムと強く相関していた。脂肪細胞の時計遺伝子(Bmal1遺伝子)発現のピーク時またはボトム時に運動を課したところ、運動後の脂肪細胞の代謝調節分子やアディポカインの遺伝子発現は前者と後者で異なっていた。さらに、メラトニンがアディポカインや代謝調節分子群のmRNA発現に影響を与えることも明らかとなった。以上の知見は、肥満の予防改善のための運動は脂肪細胞の時計遺伝子発現リズムを考慮したタイミングで実施すべきことを示している。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 2011年 -2013年, 競争的資金, 基盤研究(B), 同志社大学
  • 酸化ストレス防御能からみた至適運動強度
    長澤 純一; 井澤 鉄也; 大野 秀樹
    本研究では、電子スピン共鳴法(ESR)を用いて運動時の血漿がヒドロキシルラジカル生成にいかなる影響を与えるか、血漿の鉄還元能ならびに血漿乳酸との関わりを調査し、身体運動の強度と抗酸化能の変動を明らかにすることとした。6名の男性被験者(21〜25歳)に、自転車エルゴメータにより負荷漸増法によって最大運動を課した。負荷は50Wから4分毎に25Wずつ負荷を上げ、60rpmを維持できなくなった時点をall-outとした。肘前静脈より安静時、各負荷段階、all-out、運動後10分後、1時間後に血液を採取した。抗酸化能として、鉄還元能(Fe3+→Fe2+)を測定した(WISMERLL社製;FRAS4)。各負荷段階では、血漿添加によるヒドロキシルラジカル発生量は、ESR(BRUKER biospin社製;ESR-300E型)を用いDMPO(sigma社)を利用したスピントラップ法により測定した。なお、ヒドロキシルラジカル生成量は、最大シグナルのピークの上半分の高さの平均値とした。乳酸ならびにピルビン酸は酵素法(協和メデックス;デタミナーLA)により比色測定した。測定はすべて二重測定とした。さらに、物理的な運動量をそろえた条件で別途運動を課し(50W×90分および150w×30分)、50W×30分群とともに、強度と時間の要件から血中乳酸のヒドロキシルラジカル・スカベンジング能力を負荷漸増法と比較検証した。ヒドロキシルラジカルの生成量は、運動強度の上昇につれて減少した。逆に、血漿の鉄還元能は運動強度の上昇にともない高まった。このことは運動強度の上昇によって血漿の抗酸化能が高まることを示すものである。また、乳酸の上昇とシグナル強度には一定の関係が認められており、身体運動によって上昇した血漿乳酸がスカベンジャーとして機能していることが推察された。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 2004年 -2006年, 基盤研究(C), 電気通信大学
  • キレート化合物による骨格筋遺伝子導入法の開発:スポーツ科学への応用
    大野 秀樹; 人見 嘉哲; 木崎 節子; 井澤 鉄也
    われわれは、骨格筋細胞や組織に大きなダメージを与えることなく、遺伝子導入の効率を高めることができる遺伝子導入促進剤およびそれを含む遺伝子導入用組成物の国際特許取得のため、2004年9月10日に国際公開した。 すなわち、カルシウムイオンおよび/あるいはマグネシウムイオンを捕足する物質が、遺伝子導入効率を高めることを見出した。さらに、本研究は、遺伝子導入を望む外来遺伝子を含み、遺伝子導入される動物の骨格筋細胞中で外来遺伝子を発現することができる組み換えベクターと遺伝子導入促進剤とを媒体中に含む遺伝子導入用組成物を提供する。遺伝子導入促進剤は、カルシウムイオン/マグネシウムイオンを捕足する物質からなる。つまり、カルシウムイオン/マグネシウムイオンのキレート化剤が好ましい。たとえば、EDTA、CyDTA、DTPA-OH、EDDP、およびHDTA、ならびにこれらの塩(好ましいのは、ナトリウムやカリウムのようなアルカリ金属塩、複数のカルボキシル基の一部が塩になっているものを含有するもの)である。これらのうち、EDTAは細胞や組織へのダメージが軽微であり、医薬品としてすでに認可されているものでもあるので、最も望ましい。なお、カルシウムイオン/マグネシウムイオンを捕足する物質としてキレート剤は好ましいが、必ずしもキレート剤に限定されず、両イオンを捕足できる物質であれば他のものでもよい。 本研究により、遺伝子導入促進剤は、骨格筋細胞や組織に大きなダメージを与えることなく、遺伝子導入の効率を高めることができる。遺伝子導入促進剤の存在下に遺伝子導入を行うことにより、細胞や組織に大きなダメージを与えることなく細胞への遺伝子導入効率を向上させることができるので、本研究は、遺伝子治療の効率を高めることができ、遺伝子治療に有用な遺伝子導入用組成物を提供することが可能である。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 萌芽研究, 2003年 -2004年, 萌芽研究, 杏林大学
  • 運動トレーニングによる体脂肪量減少効果の分子機構の解明
    井澤 鉄也
    運動や運動トレーニングおよび食事制限が体脂肪量を減少させる分子機構を解明する目的で,脂肪細胞の分化・増殖やアポトーシスを制御する分子群の変化を中心に次の5つの角度から研究を行った:(I)ラット脂肪細胞のアポトーシスおよび生存シグナルに及ぼす運動の影響,(II)脂肪細胞の脂肪代謝に関わる遺伝子群の食事や運動による発現変化,(III)腫瘍壊死因子α(TNF-α)のシグナル伝達に及ぼす運動トレーニングの影響,(IV)ラット膵ランゲルハンス島のインスリン分泌に及ぼす運動トレーニングの影響,(V)ラット脂肪細胞のβ-アドレナリン受容体-Gタンパク質の運動による変化.その結果,以下の知見が得られた.(I)運動が脂肪細胞の生存シグナルとアポトーシスシグナルの変化に及ぼす影響をBcl-2/Bax比から検討した結果,後腹膜脂肪細胞および皮下脂肪細胞では運動後には生存シグナルが増強し,副睾丸脂肪細胞では運動後にアポトーシスシグナルの増強が起こる.(II)絶食や復食によって脂肪細胞の代謝に関わる遺伝子群に著しい変化が起こるが,運動は復食時の脂肪細胞の代謝能に影響を与え,復食前の運動は脂肪分解を促進するが摂食量を抑制することが明らかとなった.(III)脂肪細胞において,TNF-αが誘導する種々の遺伝子発現は運動トレーニングによって増強され,特に脂肪合成関連遺伝子発現の低下と生存シグナルの増強が引き起こされた.(IV)インスリン分泌応答の運動トレーニングによる低下には,抑制性Gタンパク質の減少と神経型一酸化窒素合成酵素タンパク質と活性の増加が関与していた.(V)運動によるβ-アドレナリン受容体とGタンパク質の変化はユビキチン-プロテアソーム系が関与していることが示唆された.以上のように,本研究は運動による体脂肪減少効果の分子機構を解明するためのきわめて重要な知見を提供している., 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 2003年 -2004年, 競争的資金, 基盤研究(B), 東京都立大学
  • 運動時の脂肪代謝における一酸化窒素の役割
    井澤 鉄也
    ヒトやラットの脂肪組織や脂肪細胞に一酸化窒素合成酵素(NOS)が発現し,一酸化窒素(NO)が脂肪細胞の脂肪分解反応に抑制的に働くことが示されている.しかし,脂肪細胞のトレーニングによる脂肪分解反応増強機構にNOが関与しているか否かは全く分かっていない.本研究では,9週間のトレーニングを課したラットの脂肪細胞と脂肪組織において,そのNO生成量やNOによる脂肪分解抑制作用について検討した.実験には,4週齢のWistar系雄ラットを用いた.イソプロテレノールによる脂肪組織の脂肪分解反応は,NOS阻害剤であるN^G-nitro-L-arginine methyl esterによって増加するが,その増加率はトレーニングラットで有意に大きかった.このことから,トレーニングラットの脂肪組織ではNOによる影響をより強く受けていることが示唆された.しかし,単離脂肪細胞からのNO生成量およびNOS活性はトレーニングで有意に低下していた.一方,脂肪組織切片のNO生成量はトレーニングによって有意に増加し,これはNOS活性とeNOSタンパク発現量の増加に起因していた.この結果から,脂肪細胞外のNO量はトレーニングによって増加することが示唆された.また,NO供与剤であるSNAP (S-nitroso-N-acetyl-penicullamine)の抑制効果はトレーニングで有意に亢進していた.この結果は,トレーニングによるNOの脂肪分解抑制作用の亢進は,脂肪細胞膜のアデニール酸シクラーゼより上流で起こっていることを示唆している.以上の結果から,トレーニングによって脂肪細胞を取り巻くNO量が増加し,さらに脂肪細胞のNOに対する反応性が増大することが明らかになった., 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 2001年 -2002年, 競争的資金, 基盤研究(C), 東京都立大学
  • 運動による肥満とインスリン抵抗性の改善におけるアディポサイトカインの役割
    井澤 鉄也
    これまで,脂肪細胞に由来するレプチンや腫瘍壊死因子α(TNF-α)などの産生量に及ぼす継続的な運動(9から10週間のトレッドミル運動)の影響についてラット脂肪細胞を用いて検討した.その結果,副睾丸脂肪組織のTNF-αの産生量が運動群で著明に増加し,一方,レプチン産生量は運動群と対照群で有意な差が認められなかったことを明らかにすることができた.さらに,可溶性TNF-α受容体(sTNFR)の分泌とTNF受容体(p55TNFR)量,および脂肪分解反応におよぼす運動トレーニングの影響を中心に検討した.まず,脂肪分解反応はホルモン感受性リパーゼのトランスロケーションによって律速され,トレーニングによってそのトランスロケーション効率が変化する可能性のあることを見出した.さらに,トレーニングによるTNF-αの分泌増加は,、indomethacinとeicosatetraynoic acid(ETYA)によってほぼ完全に阻害されることを明らかにした.この結果は,トレーニングによるTNF-αの放出増加は,プロスタグランジン産生の律速酵素シクロオキシゲナーゼを介する経路の変化に起因することを示唆している.また,トレーニングによって脂肪細胞からのsTNFR産生量と血中濃度は共に著しく減少するが,脂肪細胞のp55TNFR量は著しく増加することも見出した.この結果は,トレーニングはTNF-αの放出を増加させるが,一方でsTNFRの放出を低下させることによってTNF-αの血中での生物学的半減期をが減少させ,TNF-αのエンドクリン作用を低下させるものと考えられる.さらに,p55TNFR量の増加はTNF-αの脂肪細胞へのオートクリン作用を強め,その結果,脂肪分解能の亢進や,細胞サイズの縮小,細胞数の減少がもたらされるものと思われる., 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 1999年 -2000年, 競争的資金, 基盤研究(C), 東京都立大学
  • 心血管系の運動療法に関する研究-大動脈及び心筋細胞の種々の血管作動性物質による生理応答の身体トレーニングによる変化-
    井澤 鉄也
    適度な運動を継続することによって高血圧症や心臓病は予防され,また運動療法はその症状を改善するとされている.しかしながら,運動中や持久的身体トレーニング後の心筋細胞の代謝動態および血管の収縮(弛緩)機構は不明な点が数多く残され,それらの事象を制御するには至っていない.本研究年度では高血圧自然発症ラットの血管収縮応答や脂肪細胞の脂肪分解反応に及ぼす持久的身体トレーニングの影響について明らかにした.その結果,以下のような事実が明らかになった. 高血圧自然発症ラットにおいて,血管内皮細胞存在下のノルエピネフリンによる胸部大動脈の収縮反応は持久的身体トレーニングによって有意に低下した.しかし,血管内皮細胞を除去すると持久的身体トレーニングによる収縮反応の低下は減少した.このことから,持久的身体トレーニングは高血圧自然発症ラットのノルエピネフリンによる胸部大動脈の収縮反応を低下させ,これは血管内皮細胞由来弛緩因子の放出が増加することによるものと推察された.また,高血圧自然発症ラットの副睾丸白色脂肪細胞における脂肪分解反応は著明に低下していた.しかし,最大反応はWistarラットに比べて低下するものの,持久的身体トレーニングによって副睾丸白色脂肪分解反応は増強した.いっぽう,心筋細胞の脂肪分解反応は実験間のバラツキが大きく一定の傾向が得られなかった. 持久的身体トレーニングが種々の血管作動性物質による血管収縮応答を低下させ,しかも脂肪細胞や心筋細胞の脂質代謝に影響を及ぼすことをこれまでに明らかにしてきた.今回,同様の結果が高血圧自然発症ラットにおいても観察され,上記の適応変化が持久的身体トレーニングによる高血圧改善機構の一因となっている可能性が示唆された。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 1995年 -1997年, 基盤研究(C)
  • 心血管系の運動療法に関する研究:大動脈及び心筋細胞の種々の血管作動性物質による生理応答の身体トレ-ニングによる変化
    基盤研究(C)(一般), 1995年 -1997年, 競争的資金
  • 身体トレーニングによる脂肪分解反応増強作用におけるCa^<2+>とカルモジュリンの役割
    井澤 鉄也
    長期間の身体トレーニング(TR)は脂肪細胞の脂肪分解反応を増強させる.この現象は脂肪細胞のサイクリックAMP(cAMP)以降の酵素であるタンパクキナーゼ(PK)やホルモン感受性リパーゼ(HSL)の活性が増強するためであると考えられている.しかしながら,PKやHSL自身の活性はTRによって増強せず,未だその実体は捉えられていない.脂肪分解反応はcAMP以外にもCa^<2+>やカルモジュリン(CaM)によっても修飾されている.本研究においてはTRによる脂肪分解増強効果をCa^<2+>/CaM系とPKとの関係を検討した. TRによってラット脂肪細胞の脂肪分解反応は著明に増強した.TRラットおよびその対照群の脂肪分解反応はCaM阻害剤であるW-7で有意に抑制された.その抑制作用はTR群において有意に大きかった.このことからTRによる脂肪分解反応の増強機構にCa^<2+>/CaM系に大きく修飾されている可能性が示唆された.そこでさらにPK活性に及ぼすW-7の影響を検討した.細胞抽出液中のcAMPによるPK活性はTR群で低下する傾向にあった.このcAMPによるPK活性はW-7によって両群共に有意に抑制されたが,その抑制率はTR群(31.5%)で対照群(18.9%)に比較して有意に大きかった.このことから,TR群の脂肪細胞のcAMPによるPK活性の調節はCa^<2+>/CaM系に大きく依存していることが明らかになった.また,TRラットの脂肪細胞では細胞内Ca^<2+>濃度が有意に高く,これがCa^<2+>/CaMにより大きく修飾されているPK活性の調節に役だっている可能性も示唆された., 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 一般研究(C), 1994年 -1994年, 一般研究(C), 電気通信大学
  • 身体トレ-ニングによる脂肪分解反応増強作用におけるCa2+とカルモジュリンの役割
    一般研究(C), 1994年 -1994年, 競争的資金
  • 長期間の身体運動がラット大動脈収縮特性に及ぼす影響
    井澤 鉄也
    ラット大動脈の収縮特性に及ぼす長期間の身体運動(TR)の影響を内皮細胞との関連性から検討した.実験動物としてWistar系雄ラットを用い、TRは9週間のトレッドミル走行を実施した.TR終了後,ラットを屠殺し胸部大動脈を摘出後,種々の薬物に対する収縮特性を検討した.ノルエピネフリンによる収縮において,内皮細胞存在下でTR群の濃度反応曲線は対照群と比較し有意に右側にシフトした(50%有効濃度(ED_<50>),対照群;9.5nM,TR群;30nM).内皮細胞非存在下においても同様の現象が観察されたが,その差は小さくなった(対照群;ED_<50>=4.2nM,TR群;ED_<50>=9.7nM).外液Ca^<2+>のノルエピネフリン収縮に及ぼす効果にTRの影響は認められなかった.アンギオテンシンIIによる収縮は内皮細胞存在下でTRラットの濃度反応曲線は対照ラットと比較し有意に右側にシフトした(対照群;ED_<50>=2.1nM,TR群;ED_<50>=5.6nM).内皮細胞非存在下においても同様の現象が観察された(対照群;ED_<50>=2.0nM,TR群;ED_<50>=6.6nM).アセチルコリンによる弛緩やカリウム拘縮はTRによる影響を受けなかった.さらに急性の運動負荷について検討した.運動負荷後,対照群のノルエピネフリン収縮は内皮細胞の有無に関わらず濃度反応曲線は有意に右側にシフトした.TR群においても同様の現象が観察されたが,濃度反応曲線の右側へのシフトが小さく,結果的に運動負荷直後に測定したノルエピネフリン収縮は対照群とTR群で有意な差が認められなかった.また,運動負荷後,対照群のアンギオテンシンII収縮は内皮細胞の有無に関わらず濃度反応曲線は有意に右側にシフトした.一方,TR群のアンギオテンシンII収縮は急性の運動負荷の影響は認められなかった., 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), 1993年 -1994年, 競争的資金, 奨励研究(A), 電気通信大学
  • 脂肪細胞における加齢によるインスリン抵抗性の増加と長期間の身体運動との関係
    井澤 鉄也
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), 1992年 -1992年, 競争的資金, 奨励研究(A), 電気通信大学
  • 運動時や運動後の急性心臓死の発生機序に関する研究
    井澤 鉄也
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), 1988年 -1988年, 競争的資金, 奨励研究(A), 東京薬科大学
  • トレーニングの脂肪動員作用に及ぼす影響
    井澤 鉄也
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), 1984年 -1984年, 競争的資金, 奨励研究(A), 東京薬科大学
  • ラット脂肪細胞のβ‐アドレナリン受容体に及ぼすトレーニングの影響
    井澤 鉄也
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), 1983年 -1983年, 競争的資金, 奨励研究(A), 東京薬科大学
  • exercise and adipocyte biology
    1981年, 競争的資金
  • 運動と脂肪細胞の生物学
    1981年, 競争的資金
  • 脂肪細胞におけるインスリン抵抗性の身体運動による改善効果と加齢現象との関係
    財団法人 明治生命厚生事業団, 明治生命厚生事業団 「健康医科学」研究助成, 各種団体からの研究助成, 競争的資金
  • 運動時の突然死の発生機序に関する基礎的研究:運動時およびその回復期におけるラット心筋細胞膜のβ-アドレナリン受容体-cyclic AMP 系の調節機序
    財団法人 明治生命厚生事業団, 明治生命厚生事業団 「健康医科学」研究助成, 各種団体からの研究助成, 競争的資金