中田 賀之
ナカタ ヨシユキ
グローバル・コミュニケーション学部グローバル・コミュニケーション学科
教授
Last Updated :2020/07/03

研究者情報

研究キーワード

  • 教師教育
  • 教室内英語
  • 外国語
  • 自己調整学習
  • 動機づけ

研究分野

  • 人文・社会/社会心理学
  • 人文・社会/外国語教育
  • 人文・社会/教育学

経歴

  • 兵庫教育大学連合大学院学校教育研究科 博士課程 言語系教育講座 准教授 (2006-2015), 2006年 - 2015年
  • 兵庫教育大学大学院 修士課程 言語系教育講座 准教授 (2001-2015), 2001年 - 2015年

学歴

  • トリニティー・カレッジ ダブリン, 言語コミュニケーション研究科, 2004年
  • セント・マイケルズ・カレッジ, 英語教授法修士課程, 1993年
  • 関西大学, 経済学部, 1989年
  • 関西大学, 1989年

学位

  • Ph.D.(Applied Linguistics), Trinity College Dublin (Ireland)
  • M.A.(TESL), Saint Michael's College (U.S.A.)

所属学協会

  • 関西英語教育学会
  • 関東甲信越英語教育学会
  • 大学英語教育学会
  • 外国語教育メディア学会
  • 全国英語教育学会
  • EuroSLA
  • AAAL

委員歴

  • JACET Kansai Journal編集委員, 2019年04月 - 現在, JACET Kansai, 学協会
  • 大学英語教育学会賞・学術出版物選考委員会委員 (2015-)・分野長(2019-), 2015年 - 現在
  • 全国英語教育学会(ARELE) 編集委員(2015-), 2015年 - 現在
  • 関西英語教育学会理事, 2015年 -2019年06月
  • 国際誌 Journal of the European Second Language Association 論文査読委員 (2017-), 2017年 -2018年
  • International Handbook of English Language Teaching (Springer) Book chapter査読者, 2018年, 学協会
  • 国際誌 Applied Linguistic Review 論文査読委員 (2018), 2018年
  • 国際誌 System 論文審査委員 (2017-), 2017年
  • EuroSLA Studies 論文査読委員 (2017), 2017年
  • 国際誌 Innovation in Language Learning and Teaching 論文査読委員 (2017), 2017年
  • 日本学術振興会 科学研究費委員会 奨励研究部会 専門委員(平成26年度, 27年度), 2014年12月 -2016年03月
  • 国際誌 Language, Culture, and Curriculum 論文審査委員(2014), 2014年
  • 国際誌 Linguistics and Education 論文審査委員(2014), 2014年
  • 国際誌 The Asian-Pacific Researcher 論文審査委員(2014), 2014年
  • 国際誌 The Modern Language Journal 論文審査委員(2014), 2014年
  • 国際誌 Applied Linguistics 論文審査委員(2012), 2012年
  • 全国英語教育学会(ARELE) 編集事務局補佐(2009-2011), 2009年 -2011年
  • 国際誌 Teaching and Teacher Education 論文審査委員(2011), 2011年
  • University of Birmingham (Dept. of English and Applied Linguistics) Ph.D. Thesis External Examiner(2011), 2011年
  • 国際誌 The Journal of Multilingual and Multicultural Development 論文審査委員(2010), 2010年
  • 文部科学省SELHi 企画評価会議協力者(2006-2009), 2006年 -2009年
  • 関西大学 外国語教育学研究科 博士論文 外部審査委員(2009, 2013), 2009年
  • 国際誌 Language Learning 論文審査委員(2007-), 2007年
  • 大学英語教育学会 「英語が使える日本人のための戦略構想」 英語教員指標部会 (2002-2003), 2002年 -2003年
  • 大学英語教育学会 リスニングテスト研究会副代表(1999-2001), 1999年 -2001年

受賞

  • EuroSLA Yearbook Prize
    2016年

論文

  • Promoting self‐regulation in low achievers: A case study of Japanese university EFL students
    Yoshiyuki Nakata
    International Jounral of Applied Linguistics (Wiley), 30(1)110 - 126, 2020年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • 「教室内英語力」評価尺度を活用した英語教師教育―模擬授業における教師英語の省察―
    池野 修, 木村 裕三, 中田 賀之, 長沼 君主
    大学英語教育学会中国・四国支部研究紀要, (16)1 - 7, 2019年
  • Encouraging student teachers to support self-regulated learning: A multiple case study on prospective language teachers
    Yoshiyuki Nakata
    International Jounral of Educational Research (Elsevier), 95200 - 211, 2019年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • 「生徒の主体的な言語使用の意味するもの: 第二言語習得からの一考察」 (特別企画『生徒の言語使用につながる英語授業を考える』)
    中田 賀之
    KELES Journal, (3)12 - 15, 2018年03月
  • "Assessing Japanese teachers’ classroom English 'internationally': Implications for the development of classroom English language benchmarks in Japan"
    Yoshiyuki Nakata, Osamu Ikeno, Yuzo Kimura, Naoyuki Naganuma, Stephen Andrews
    Language Testing in Asia (Springer), 8(15), 2018年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • "Developing classroom language assessment benchmarks for Japanese teachers of English as a foreign language"
    Yuzo Kimura, Yoshiyuki Nakata, Osamu Ikeno, Naoyuki Naganuma, Stephen Andrews
    Language Testing in Asia (Springer), 7 3(DOI: 10.1186/s40468-017-0035-2), 2017年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • 「「教室内英語タスク別評価尺度」の開発—「音読指導」と「新出文法の口頭導入」を例に—」
    池野修, 中田賀之, 木村裕三, 長沼君主
    『大学英語教育学会中国・四国支部紀要』, (13)171 - 183, 2016年
  • 「外国語学習動機づけ研究 再考:価値づけの概念」 (Invited Article)
    中田賀之
    JACET Kansai Journal, 181 - 20, 2016年
  • 「外国語学習における動機づけを捉え直すー複雑性の思考ー」
    中田賀之
    KATE Journal, 301 - 14, 2016年
  • "Promoting self-regulation through collaborative work: Insights from a multiple case study of foreign language learners"
    Yoshiyuki Nakata
    EuroSLA Yearbook (John Benjamins), 1659 - 84, 2016年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • “Insider–outsider perspective: Revisiting the conceptual framework of research methodology in language teacher education”
    Yoshiyuki Nakata
    International Journal of Research & Method in Education (Routledge), 38(2)166 - 183, 2015年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • “Optimizing new language use by employing young learners' own language”
    Quint Oga-Baldwin, Yoshiyuki Nakata
    ELT Journal (Oxford University Press), 68(4)410 - 421, 2014年10月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • 「英語教育における生徒の動機付け研究に対する示唆—Jere Brophyに見る研究者としての立ち位置」
    中田賀之, 天根哲治
    『言語表現研究』, 3027 - 40, 2014年03月
  • “Supplementing the elementary foreign language course of study with a self-determination framework”
    Quint Oga-Baldwin, Yoshiyuki Nakata
    International Journal of Curriculum Development and Practice, 16(1)13 - 26, 2014年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • "Self-regulation: Why is it Important for the development of learner autonomy in the school context?" (Featured Article)
    Yoshiyuki Nakata
    Studies in Self-Access Learning Journal, 5(4)342 - 356, 2014年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • “Native vs. Non-native teachers: Who is the real model for Japanese elementary school pupils?”
    Quint Oga-Baldwin, Yoshiyuki Nakata
    The Journal of Asia TEFL (Asia TEFL), 10(2)91 - 113, 2013年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • “Exploring self-regulation in language learning: A study of Japanese high School EFL students”
    Atsuko Tsuda, Yoshiyuki Nakata
    Innovation in Language Learning and Teaching (Routledge), 7(1)77 - 80, 2013年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • "Classroom English language benchmarks for Japanese EFL learners"
    Yoshiyuki Nakata, Osamu Ikeno, Naoyuki Naganuma, Yuzo Kimura, Steve Andrews
    The 51st JACET International Convention Proceedings pp. 20–27(A Proceedings CD), 2012年, 英語, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • “Teachers’ readiness for promoting learner autonomy: A study of Japanese EFL high school teachers”
    Yoshiyuki Nakata
    Teaching and Teacher Education (Elsevier), 27(5)900 - 910, 2011年07月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • 「英語教育研究法を捉え直す-不要な混乱を避けるための視点-」
    中田賀之
    『外国語教育メディア学会関西支部メソドロジー研究部会2010年度研究報告論集 よりよい外国語研究のための方法』, 1 - 16, 2011年
  • “Toward a framework for self-regulated language learning”
    Yoshiyuki Nakata
    TESL Canada Journal (TESL Canada), 27(2)1 - 10, 2010年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • “Improving the Classroom Language Proficiency of Non-native Teachers of English: What and How?”
    Yoshiyuki Nakata
    RELC Journal (Sage), 41(1)76 - 90, 2010年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • “Intrinsic motivation in the EFL school context: A retrospective study of English learning experiences in Japanese elementary schools”
    Yoshiyuki Nakata
    The Journal of Asia TEFL (Asia TEFL), 6(4)263 - 291, 2009年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • 「英語教員に求められる英語力の指標—日本と香港の事例から—」
    中田賀之
    『日本教科教育学会誌』, 30(4)59 - 68, 2008年
  • 「英語学習動機づけから英語学習意欲の研究への転換—研究対象領域, 研究手法, 研究目的の観点から—」
    中田賀之
    『Language Education & Technology』, (43)77 - 94, 2006年
  • 「英語学習における動機づけ—多様なアプローチに向けて—」
    中田賀之, 木村裕三, 八島智子
    『JACET関西紀要』, (7)1 - 20, 2003年
  • “Japanese learners’ perceptions of English language study: A qualitative analysis of English language learning experience”
    Yoshiyuki Nakata
    Studies in English Language Teaching, (26)33 - 56, 2003年
  • “The Effects of Listening Strategy Training on Listening Competence”
    Yoshiyuki Nakata, Yukie Koyama, Tomomi Otsuka
    『大学英語教育学会関西支部紀要』, (6)42 - 50, 2001年
  • “Language learning motivation of EFL learners in Japan: A cross-sectional analysis of various learning milieus"
    Yuzo Kimura, Yoshiyuki Nakata, Tomomi Okumura
    JALT Journal, 23(1)47 - 68, 2001年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • “Lessening the carry-over effect and increasing motivation: The oral evaluation approach to pronunciation”
    Yoshiyuki Nakata
    『人文学会論叢』, 2035 - 50, 1996年
  • “New Goals for Japanese Learners of English"
    Yoshiyuki Nakata
    The Language Teacher (JALT), 19(5)17 - 20, 1995年

書籍等出版物

  • (編著書) 『自分で学んでいける生徒を育てるー学習者オートノミーへの挑戦』
    中田 賀之
    ひつじ書房, 2015年
  • (共著書)『言語教師認知の動向』 (「第6章 英語教師の研究者として行為主体性」(pp. 87-96))
    中田 賀之, 笹島茂, 西野孝子, 江原美明, 長嶺寿宣
    開拓社, 2014年
  • (共著書)『第二言語習得研究と英語教育の実践研究』 (第3章 「自己調整学習が外国語教育にもたらすもの—学習者・教授者・教室の観点から」, pp. 29-40))
    中田 賀之, 山岡俊比古先生追悼論文集編集委員会編
    開隆堂, 2014年
  • (共著書)"Language Learning Motivation in Japan" (Chapter 18: Perspectives on L2 Motivation: Bridging the Gap between Teachers, SLA Researchers and Teacher Educators, pp. 309-325)
    中田 賀之, Matthew Apple, Dexter Da Silva, Terry Fellner (e
    Multilingual Matters (Bristol, UK), 2013年
  • (共著書)『第二言語習得—SLA研究と外国語教育— (英語教育学体系第5巻) 』(第6章3節 「動機づけ」(pp. 189-200)、第6章4節 自己調整とその他の学習者要因」(pp. 200-211)
    中田 賀之, 佐野富士子, 岡秀夫, 遊佐典昭, 金子朝子
    大修館書店, 2011年
  • (共編著書) 『学習者オートノミー 日本語教育と外国語教育の未来のために』(シリーズ言語学と言語教育23)(「序章 学習者オートノミー はじめての人のためのイントロダクション」(青木直子との共著 pp.1-22)、「第7章 学校文脈における英語教師の同僚性とオートノミー」(pp. 193-220)
    中田 賀之, 共編著 青木直子, 中田賀之
    2011年
  • (共編著書) ”Mapping the Terrain of Learner Autonomy: Learning Environments, Learning Communities and Identities” (Chapter 7: Towards Learner Autonomy and Teacher Autonomy in the Japanese School Context, pp. 190-213)
    中田 賀之, Felicity Kajik, Peter Voller, Naoko Aoki, Yoshiyuki Nakata
    Tempere University Press (Tampere, Finland), 2009年
  • (共編著書) ”Researching Language Teaching and Learning: An Integration of Practice and Theory” (Chapter 12: The Teacher as a Motivation Researcher, pp. 235-251)
    中田 賀之, Tatsuhiro Yoshida, Hiroyuki Imai, Yoshiyuki Nakata, Akira Tajino, Ken Tamai, Osamu Takeuchi(e
    Peter Lang (Oxford, U. K.), 2009年
  • (共著書)"Learner Autonomy 9: Autonomy in the Classroom" (Chapter 3: Social-interactive Tools for the Development of Learner Autonomy: From Reactive Autonomy to Proactive Autonomy, pp. 46-67)
    中田 賀之, Lindsay Miller
    Authentik (Dublin, Ireland), 2007年
  • (単著書) "Motivation and Experience in Foreign Language Learning"
    中田 賀之
    Peter Lang (Oxford, U.K.), 2004年, 単著
  • (単著書)『言語学習モティベーション―理論と実践―』
    中田 賀之
    リーベル出版, 1999年, 単著
  • (共著書)"Culture and Communication” (Chapter 13:New Attitudes among Japanese Learners of English, pp. 173-184)
    中田 賀之, Kenji Kitao
    Yamaguchi Shoten, 1995年

講演・口頭発表等

  • Multifaceted dimensions of regulated learning in language classroom context: Self-regulation, strategy use and socially-shared regulation
    Yoshiyuki Nakata, Heath Rose, Quint Oga-Baldwin, Ryo Nitta, Atsuko Tsuda
    3rd International Conference on Situating Strategy Use (Osaka International Convention Center ), 2019年10月13日, 英語, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)
  • ワークショップ「教室内での生徒の英語を引き出す教師英語力を考える ~教室内教師・生徒英語力評価尺度の活用~」
    長沼君主, 中田賀之, 木村裕三
    関西英語教育学会2019年度(第24回)年次大会, 2019年06月16日
  • 「学習者と教師のオートノミーを考える-制約との対話に向けて-」
    中田賀之
    同志社大学 日本語・日本文化教育センター主催シンポジウム 基調講演, 2019年03月15日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • シンポジウム「教室内英語力評価尺度」を使用した英語授業改善と英語教師の専門的成長
    中田 賀之, 池野 修, 木村 裕三, 長沼 君主, 永末 温子, 村上 ひろ子, 興津 紀子
    言語教育エキスポ2019(早稲田大学), 2019年03月10日
  • Promoting self-regulation in naïve language learners: A case study of Japanese university EFL students
    Yoshiyuki Nakata
    AAAL2019 (Atlanta, Georgia), 2019年03月09日
  • Emergence of socially-shared regulation in English classrooms: A complex dynamic systems perspective
    Ryo Nitta, Yoshiyuki Nakata, Atsuko Tsuda
    PLL3 (Waseda University), 2018年06月09日
  • 「教師オートノミー ー日本語教育の実践を主体的に改善していくためにー」
    中田 賀之
    早稲田大学日本語教育研究センター(CJL) FD講演会, 2017年, 東京、早稲田大学
  • (Invited Speech) 学習者を動機づけるための目標言語使用(Target Language Use for Motivating Language Learners)
    中田 賀之
    国際シンポジウム「グローバル時代における外国語教育の未来を考える:動機づけと自律学習」 (Other speakers: Ema Ushioda, Launa Carson, Luxin Yang), 2017年, 富山大学
  • 「生徒の言語使用につながる英語授業」: 昨年度の課題研究フォーラムの内容をふまえて
    全国英語教育学会 第43回研究大会 関西支部課題別フォーラム「「生徒の言語使用につながる英語授業を考える:実践と課題」(中田賀之、池野修、興津典子、長沼君主、木村裕三、稲岡章代) 於:島根大学, 2017年
  • Investigating the Role of Social Support for the Promotion of Self-Regulation: A Multiple Case Study of Foreign Language Learners
    AAAL2017(Portland, Oregon), 2017年
  • 「外国語学習動機をどう捉え, 研究し, 実践するか—研究者と実践者の課題と挑戦—」
    中田 賀之
    関西大学外国語教育学研究科 英語教育連環センター主催 平成28年度 e-LINC 第4回講演会, 2016年, 関西大学
  • 「生徒の主体性を伸ばす英語の授業を考えるー自己調整学習の視点からー」
    中田 賀之
    熊本大学英語教育セミナー: 中・高の英語教育でのアクティブ・ラーニングの在り方―次期学習指導要領に向けての改善の方向性」, 2016年, 熊本大学
  • 教師の役割と授業を再考する—学習オートノミーの視点から—
    シンポジウム『学校において学習者オートノミーを促進する授業を考える 』(中田賀之、棟安都代子、村上ひろ子、玉井健)関西英語教育学会 於:大阪教育大学, 2016年
  • 生徒の主体的な言語使用につながる教室環境
    全国英語教育学会42回全国大会関西支部課題別フォーラム『「生徒の言語使用につながる英語授業」を考える』(中田賀之、池野修、興津紀子、長沼君主) 於:獨協大学, 2016年
  • Teacher Autonomy: Encouraging Socially Shared Regulation in the classroom.
    A Paper Presented at the Colloquium "Second Language Teacher Motivation, Autonomy, and Development in the Far East " (Yuzo Kimura & Yoshiyuki Nakata, Kim Tae-Young & Youngmi-Kim, Yuzin Yang & Lian Zhang, Magdalena Kubaniyova) AAAL 2016 (Orlando, Florida)., 2016年
  • 「外国語学習における動機づけ: これまでの成果と今後の展望」 シンポジウム『動機づけ研究最前線: 実践との対話を目指して』
    中田 賀之
    大学英語教育学会関西支部2015年秋季大会, 2015年, 神戸学院大学
  • 外国語学習における動機づけ研究: これまでの成果と今後の展望
    シンポジウム『動機づけ研究最前線:実践との対話を目指して』(中田賀之、新多了、竹内理)2015年度大学英語教育学会関西支部秋季大会 於:神戸学院大学, 2015年
  • Promoting self-regulation through collaborative work: Insights from a multiple case study of foreign language learners
    Yoshiyuki Nakata
    EURO SLA 25 (Aix-en Province, France), 2015年
  • “Systematic Code-switching for Optimal Language Use with Young Learners”, Quint Oga-Baldwin & Yoshiyuki Nakata
    AAAL 2014 (Portland, Oregon), 2014年
  • “Language Teacher Awareness: A Case of Teacher Research on Motivational Strategies”
    Yoshiyuki Nakata
    Language Awareenss 2014 (Hamar, Norway), 2014年
  • (Invited Speech) “Understanding our learners: what facilitates and impedes their self-regulation in foreign language learning"
    Yoshiyuki Nakata
    Self-regulation in foreign language learning: Shared perspectives, 2013年, Shimonoseki City University
  • “Classroom English as dialogue: Towards language teacher awareness and teacher-learner autonomy”
    中田 賀之
    岡山大学 言語教育センター主催 Special Public Lecgure in English, 2012年
  • シンポジウム Classroom English Language Benchmarks for Japanese EFL Teachers (共同発表 中田賀之, 池野修, 長沼君主, 木村裕三, Steve Andrews)
    大学英語教育学会 第51回全国大会 愛知県立大学, 2012年
  • 「教室内英語とLanguage Teacher Awareness」
    中田 賀之
    熊本大学 英語教育セミナー「教師の言語意識が教室内英語において果たす役割」, 2011年
  • (Invited Speech) Language learning motivation in Japan: How far have we have travelled ? What do we need to evolve further?
    中田 賀之
    JALT CUE “Foreign Language Motivation in Japan", 2011年, Toyo Gakuen University, Tokyo
  • Symposium: The Intersection of motivation and cultural identity (共同発表 Ema Ushioda, Yoshiyuki Nakata, Keita Kikuchi)
    JALT CUE 2011 Conference: Foreign Language Motivation in JapanToyo Gakuen University, 2011年
  • “Developing an Assessment Scale of the Classroom Language Use of EFL Teachers”, Yoshiyuki Nakata, Osamu Ikeno, Yuzo Kimura, Naoyuki Naganuma, & Stephen Andrews
    AILA 2011 (Beijing University of Foregin Studies, Beijing, China), 2011年
  • 「ラーナーオートノミーの育成に向けて ―内発的動機付けと自己調整学習の役割―」
    中田 賀之
    熊本大学 英語教育セミナー, 2010年
  • シンポジウム 「英語教育研究法再考―方法論の整理に向けて―」 大学英語教育学会 関西支部 春季大会 同志社女子大学 中田賀之・八島智子・竹内理
    2010年
  • シンポジウム Tomorrow’s Teachers: Autonomous Development in English Language Teaching (共同発表 Simon Borg, 笹島茂, 中田賀之, 他2人)
    大学英語教育学会 第49回全国大会 宮城大学, 2010年
  • “The Insider-outsider Debate in TEFL and SLA Research”
    Yoshiyuki Nakata
    IATEFL 2010 (Harrogate, UK), 2010年
  • Symposium: Good Language Learners: Motivation and Beyond
    42nd Annual International IATEFL Conference & Exhibition, University of Exeter, Exeter, UK (Carol Grifiths, Ema Ushioda, Yoshiyuki Nakata, others), 2009年
  • (Invited Speech) “On Preparing Learners and Teachers for Autonomy in the Japanese EFL Context: Why and How? ”
    Yoshiyuki Nakata
    The International Association for the Study of Cooperation in Education, Cooperative Learning in Japan & the World Celebration of the 30th Anniversary of IASCE, 2008年
  • (Invited Speech) “The Teacher as a Motivation Researcher”
    中田 賀之
    The first Oxford-Kobe English Education Seminar: Understanding the language Classroom and New Directions for Language Teacher Research, 2007年, St. Catherine's College Oxford, Kobe.
  • (Plenary Speech) “Exploring the Links between Motivation, Autonomy, and Experience in Foreign Language Learning”
    Yoshiyuki Nakata
    The 3rd International Conference of Independent Learning Association (ILA), 2007年, Kanda University of Foreign Studies, Chiba.
  • “Professional Autonomy of Japanese Teachers of English”
    Yoshiyuki Nakata
    AILA 2005 (University of Wisconsin, Madison, USA), 2005年
  • シンポジウム 「外国語学習動機研究の新たな展開と可能性」 外国語学習動機研究の新たな展開と可能性 八島智子・竹内理・中田賀之
    大学英語教育学会 第43回全国大会 中京大学, 2004年
  • “The Developmental Process of Intrinsic Motivation and Autonomy”
    Yoshiyuki Nakata
    AAAL2004 (Portland, USA), 2004年
  • 「英語学習における動機づけ理論と実践の融合に向けて」
    中田 賀之
    豊橋技術科学大学 動機づけシンポジウム, 2001年
  • シンポジウム 「国語学習における動機づけ―多様なアプローチに向けて―」 中田賀之, 木村裕三, 八島智子
    大学英語教育学会 第40回全国大会 藤女子大学, 2001年
  • “Language Learning Motivation in Various Learning Environments in Japan Language Learning Motivation in Various Learning Environments in Japan”, Yoshiyuki Nakata, Yuzo Kimura & Tomomi Okumura
    AILA99 (Waseda Unversity, Tokyo), 1999年
  • “The Effects of Listening Strategy Training on Listening Competence”, Yoshiyuki Nakata, Tomomi Otsuka, & Yukie Koyama
    AILA99 (Waseda Unversity, Tokyo)

Works

  • (科研報告書)『教室内英語 生徒英語力評価尺度活用マニュアル』 (科学研究費補助金 基盤研究C 課題番号26381199) 中田賀之・池野修・木村裕三・長沼君主
    2018年
  • (商業誌)「自律的学習者を育てる第一歩としての動機づけ」『英語教育』第64巻第2号 pp.29-31 大修館書店
    2015年
  • (文部科学省検定教科書) 高等学校外国語科用 コミュニケーション英語III教科書 『LANDMARK 3』 啓林館 (共著者 竹内理, 中田賀之, 本田勝久, 田辺尚子, 池田真生子, 水本篤, 有元久恵, Derek Ray Eberl, James Jarrett Hult)
    2014年
  • (科研報告書)『教室内英語力評価尺度活用マニュアル』(科研費基盤研究C 課題番号22530969)、中田賀之・池野修・木村裕三・長沼君主
    2013年
  • (文部科学省検定教科書) 高等学校外国語科用 コミュニケーション英語II教科書 『LANDMARK 2』 啓林館 (共著者 竹内理, 中田賀之, 本田勝久, 田辺尚子, 池田真生子, 水本篤, 有元久恵, Derek Ray Eberl, James Jarrett Hult)
    2013年
  • (商業誌)「学習者のための教室内英語を考える」『英語教育』 第61巻第3号 pp. 64–66 大修館書店
    2012年
  • (文部科学省検定教科書) 高等学校外国語科用 コミュニケーション英語I教科書 『LANDMARK 1』 啓林館 (共著者 竹内理, 中田賀之, 本田勝久, 田辺尚子, 池田真生子, 水本篤, 有元久恵, Derek Ray Eberl, James Jarrett Hult)
    2012年
  • (商業誌)「今, なぜ教師にオートノミーが必要か」『英語教育 特集号 自律的学習者を育て るための教師の役割』 第56巻第12号 pp. 25–27 大修館書店
    2008年
  • (教育実践)『高等教育における英語授業の研究』 (pp. 126-127) 大学英語教育学会 授業学研究委員会 松柏社
    2006年
  • (テキスト)『英語のリスニング・ストラテジー コミュニケーションのための実践演習』(金星堂)、平尾節子・ 河内山真理・中田賀之 他8人
    2002年
  • (テキスト)『英語のリスニング・ストラテジー効果的な学び方の要点と演習:Skills to Become a Better Learner』 共著者 加賀田哲也, 片山真理, 中田賀之, 他 (金星堂)
    2000年
  • (商業誌)「教育心理学的アプローチで学習者のモティベーションを高める」『英語教育』 第46巻第5号 pp. 74–77 大修館書店
    1998年
  • (教育実践)"New Ways in Teaching Culture” (News Ways in TESOL Series II: Innovating Classroom Techniques)(Fantini, A., ed) (pp. 206-207) TESOL (Virginia, U.S.A.)
    1993年

競争的資金等の研究課題

  • 「教室内英語力評価尺度」を使用した小学校外国語授業改善と教師の専門的成長
    日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C)(代表), 2020年04月 -2023年03月, 中田 賀之
  • 「教室内英語力評価尺度」を使用した英語授業改善と英語教師の専門的成長
    日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C)(代表), 2017年 -2020年, 中田賀之
  • 学習者の教室内英語使用促進のための「教室内英語力評価尺度」の開発と活用
    日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C)(代表), 2013年 -2016年, 中田賀之
  • 日本人英語教員の英語力向上に役立つ「教室内英語力」の評価尺度の開発
    日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C)(代表), 2009年 -2013年, 中田賀之

社会貢献活動

  • 丹有地区高校英語研究部会講演「教師オートノミーを考える ー生徒を自律的な学習者に育てるためにー」 於:三田祥雲館高等学校, 2018年
  • 兵庫県立三田祥雲館高等学校 論文発表会 講評, 2017年
  • 免許状更新研修 講師, 2009年 - 2014年
  • 兵庫県英語教員リーダー研修 講師, 2014年
  • 兵庫県立柏原高等学校 講演会 「グローバル社会で必要な英語力とは」, 2013年
  • 平成24年度兵庫県高等学校教育研究会英語部会神戸支部 研究大会 講演 「教室内英語のすすめ」, 2012年
  • 全国英語教育大体連合会(全英連)奈良大会課題プロジェクト指導助言, 2010年 - 2011年
  • 香川県立香川中央高等学校 英語教員対象講義および指導助言 「英語教育における教育的対話と自己調整学習のすすめ」, 2009年
  • 兵庫県教育委員会主催 高校英語教員 悉皆研修 講師, 2004年 - 2008年
  • 文部科学省主催 『英語が使える日本人のための行動計画 フォーラム』 コメンテータ, 2008年
  • 香川県立香川中央高等学校 英語教員対象講義および指導助言・英語教員一般に対する講義「英語学習者の経験と動機付け」, 2007年
  • 高知県立高知南中学校・高等学校 英語教員対象講義および指導助言 「ヨーロッパ言語参照枠について」, 2007年
  • 文部科学省 英語教育に関する調査研究事業(英語教育に関する第四グループ, 戦略構想にかかる文部科学省委託事業)研究協力, 2005年 - 2006年
  • 兵庫県立三木高等学校 英語教員対象講演・指導助言 「授業における内発的動機の高め方」, 2005年
  • 兵庫県教育委員会依頼 認定講習「英語科指導法」, 2005年