伊達 立晶
ダテ タツアキ
文学部美学芸術学科
博士後期課程教授
Last Updated :2021/09/18

研究者情報

研究キーワード

  • 文芸学

研究分野

  • 人文・社会/美術史
  • 人文・社会/美学、芸術論

学歴

  • 大阪大学, 文学研究科, 1999年
  • 大阪大学, 1999年
  • 神戸大学, 文学研究科, 1994年
  • 神戸大学, 1994年
  • 信州大学, 人文学部, 1990年
  • 信州大学, 1990年

学位

  • 文学博士, 大阪大学
  • 文学修士, 神戸大学

MISC

  • フランス近代の天才論――ドラクロワとボードレールを中心に
    文化学年報, 第69輯19 - 43, 2020年03月
  • マラルメとポーの歌論と日本の中世歌論
    美と弁論術の交叉, 5 - 21, 2018年03月
  • 作品制作における個人性とその解消ーー19世紀後半以降の西洋美術
    人文学, (第201号)25 - 61, 2018年03月
  • コウルリッジのイマジネーション論再考 —推論の方法論を手がかりに—
    伊達立晶
    人文学, (第197号)25-73 , 2016年
  • 近代芸術の源流としてのキケロ『弁論家』(9-10)
    伊達 立晶
    『弁論術から美学へ――美学成立における古典弁論術の影響』平成23~25年度科学研究費補助基盤研究(C)研究成果報告書(研究代表者 渡辺浩司)課題番号23520121, 16 - 37, 2014年
  • 黒澤明『生きる』における「ゴンドラの唄」
    伊達 立晶
    『文化学年報』同志社大学文化学会, (第六十二輯)320 - 335, 2013年
  • 推論形式と芸術運動――西洋近代芸術再考の試み
    伊達 立晶
    『人文学』同志社大学人文学会, (第百九十一号)1 - 29, 2013年
  • ボードレールのパリ万博評と近代芸術への影響について
    伊達 立晶
    『文芸学研究』 文芸学研究会, (16)16 - 37, 2012年
  • 夏の夜の夢』における「イマジネーション」概念再考――創造的イマジネーション概念の成立をめぐって――
    伊達 立晶
    『文化学年報』 第61輯 同志社大学文化学会, 149 - 195, 2012年
  • プラトンの弁論術論『パイドロス』――文字文化との対決
    伊達 立晶
    『古代ローマにおける弁論術の形成と発展』平成18年度~平成21年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究代表者 渡辺浩司(大阪大学大学院文学研究科 助教)課題番号18320032 研究成果報告書, 27 - 49, 2010年
  • エドガー・アラン・ポーにおける蟲
    伊達 立晶
    『大正ロマン』華宵会, (33)16 - 18, 2009年
  • 印象主義の「印象」とは何か
    伊達 立晶
    『美学芸術学』美学芸術学会, (21)43480 , 2006年
  • ボードレールによるワーグナー受容とその思想的背景
    伊達 立晶
    『ドラマ空間における音楽に対する観客反応の実証的な研究』平成15年度~平成16年度科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究代表者 上倉庸敬(大阪大学大学院文学研究科教授)課題番号15520087, 51 - 64, 2006年
  • ポーの思想と大乗仏教-『大乗起信論』との比較を中心に
    伊達 立晶
    『文芸学研究』文芸学研究会編, (8)75 - 93, 2004年
  • 博士論文要旨
    伊達 立晶
    『大阪大学大学院文学研究科紀要』, 4369 - 70, 2003年
  • キケロ「最も優れた弁論家について」(翻訳)
    伊達 立晶
    『古代弁論術(レトリック)の理論と実践に関する歴史的・体系的研究』研究成果報告書, 106 - 114, 2003年
  • 古典弁論術から近代美学へ-ドライデンにおける「発想」概念を中心に
    伊達 立晶
    『古代弁論術(レトリック)の理論と実践に関する歴史的・体系的研究』研究成果報告書, 72 - 105, 2003年
  • 「山月記」と『ジーキル博士とハイド氏』-その影響関係をめぐる比較文学的考察
    伊達 立晶
    『文芸学研究』文芸学研究会編, (7)57 - 69, 2003年
  • 虚無と美-ポーの詩論における唯物論的背景
    伊達 立晶
    『文芸学研究』文芸学研究会編, (5)61 - 89, 2002年
  • ポーの詩論とフランス芸術への影響
    伊達 立晶
    2002年
  • ポーの「構成の哲学」について
    伊達 立晶
    『文芸学研究』文芸学研究会編, (4)16 - 50, 2001年
  • ポーにおける仮説形成的イマジネーション論
    伊達 立晶
    『文芸学研究』文芸学研究会編, (3)1 - 33, 2000年
  • ボードレールにおける詩画比較論-ポーからの思想的影響を中心に
    伊達 立晶
    『文芸学研究』文芸学研究会編, (2)74 - 102, 1999年
  • ポーにおける詩的イマジネーション論の変遷
    伊達 立晶
    『文芸学研究』文芸学研究会編, (1)72 - 95, 1998年
  • ポーとボードレールにおけるイマジネーション概念
    伊達 立晶
    『美學』美学会編, 48(3)13 - 24, 1997年
  • 藤原定家の「歌つくり」と「歌詠み」について-創造と表現の相違
    伊達 立晶
    『待兼山論叢』(美学篇)大阪大学文学会編, (29)27 - 47, 1995年
  • E.A.ポーの芸術思想-創造行為における超越性の考察
    伊達 立晶
    1994年

書籍等出版物

  • 詩画制作論の系譜
    伊達立晶
    三元社, 2019年02月, 単著
  • 弁論家の教育
    伊達 立晶, 森谷宇一, 戸高和弘, 吉田俊一郎
    京都大学学術出版会, 2016年, 4, 学術書
  • ポー「群衆の人」について
    伊達 立晶, 岡林洋
    晃洋書房 『パサージュ文化論』, 2011年, 166-183, 学術書
  • クインティリアヌス『弁論家の教育2』(共訳)
    伊達 立晶
    京都大学学術出版会, 2009年, 共著, 学術書
  • クインティリアヌス『弁論家の教育1』(共訳)
    伊達 立晶, 森谷宇一, 戸高和弘, 渡辺浩司
    京都大学学術出版会, 2005年, 共著, 学術書

講演・口頭発表等

  • 『夏の夜の夢』における「イマジネーション」概念再考――創造的イマジネーション概念の成立をめぐって――
    伊達 立晶
    文芸学研究会第46回研究発表会, 2011年
  • ボードレールのパリ万博評とその余波
    伊達 立晶
    第57回美学会全国大会, 2006年, 大阪大学
  • 印象主義の「印象」とは何か
    伊達 立晶
    美学芸術学会第8回大会, 2005年, 同志社大学
  • ボードレールによるワーグナー受容について
    伊達 立晶
    文芸学研究会第22回研究発表会, 2005年, 大阪大学
  • 古典修辞学から近代美学へ-ドライデンにおける「発想」概念を中心に
    伊達 立晶
    待兼山芸術学会 第13回研究発表会, 2002年, 大阪大学
  • ポーのイマジネーション論からボードレールの美術批評へ
    伊達 立晶
    美学会西部会第213回研究発表会, 1997年, 京都大学

競争的資金等の研究課題

  • 古典弁論術
  • 詩と美術との相互影響