畑 敏道
ハタ トシミチ
心理学部心理学科
博士後期課程教授
Last Updated :2021/10/20

研究者情報

研究分野

  • 人文・社会/実験心理学

学歴

  • 同志社大学, 文学研究科, 2002年
  • 同志社大学, 2002年
  • 同志社大学, 文学研究科, 1996年
  • 同志社大学, 1996年
  • 同志社大学, 文学部, 1994年
  • 同志社大学, 1994年

学位

  • 博士(心理学), 同志社大学
  • 修士(心理学), 同志社大学

所属学協会

  • 関西心理学会
  • 日本行動科学学会
  • 日本神経科学学会
  • 日本生理心理学会
  • 日本心理学会
  • 日本動物心理学会
  • 北米神経科学会

MISC

  • The dorsal hippocampus is required for the formation of long‐term duration memories in rats
    Toshimichi Hata, Tatsuya Yamashita, Taisuke Kamada
    European Journal of Neuroscience, 2021年05月27日
  • Intra-dorsal striatal acetylcholine M1 but not dopaminergic D1 or glutamatergic NMDA receptor antagonists inhibit the consolidation of duration memory in interval timing
    Masahiko Nishioka, Taisuke Kamada, Atsushi Nakata, Naoko Shiokawa, Aoi Kinoshita, Toshimichi Hata
    bioRxiv, 2021年05月25日, 英語, 機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
  • 内側前頭前野のD1ドーパミン受容体阻害がピークインターバル手続きにおける一致度および変動性に及ぼす効果
    劉 星志, 畑 敏道
    生理心理学と精神生理学, 38(1), 2020年, 日本語
  • 時間制限がラット(Rattus norvegicus)の系列的レバー押し課題の遂行に与える影響
    関口弥生, 畑 敏道
    動物心理学研究, 66(2)131 - 140, 2016年
  • 電気ショックと対提示された刺激はラットの計時における主観的等価点を上昇させる
    鎌田泰輔, 畑 敏道
    動物心理学研究, 66(2)121 - 130, 2016年
  • 空間記憶の保持低下における海馬NMDA受容体の関与
    篠原恵介, 畑敏道
    行動科学, 53(2)137 - 146, 2015年
  • コーヒー手がかり呈示が欲求と認知課題成績へ及ぼす影響
    福田実奈, 畑敏道, 小松 さくら, 青山 謙二郎
    基礎心理学研究, 33(1)28 - 34, 2014年
  • 獲得後のNMDA受容体阻害は空間記憶保持を向上させる
    篠原恵介, 畑 敏道
    心理学研究, 84(6)618 - 624, 2014年
  • Medial prefrontal cortex and precision of temporal discrimination: a lesion, microinjection, and microdialysis study
    Hata, T, Okaichi, H
    Neuroscience Research, 49(1)81 - 89, 2004年
  • ラットの時間弁別行動におけるコリン系とドーパミン系の役割について
    畑敏道
    精神生理学と生理心理学, 21(1)49 - 58, 2003年
  • スコポラミン慢性投与によるラットの時間弁別行動の感度の低下
    畑 敏道, 岡市広成
    心理学研究, 71(6)454 - 461, 2001年
  • ラットの時間弁別行動における中枢アセチルコリン(神経)系の役割について
    畑 敏道
    動物心理学研究, 50(1)141 - 150, 2000年
  • 未来を表す日本語表現が持つ時間的距離感の不連続性
    畑 敏道, 岡市広成
    行動科学, 39(1)43479 , 2000年
  • ラットの時間弁別行動に与える海馬采-脳弓損傷の効果
    畑 敏道, 岡市広成
    心理学研究, 69(4)304 - 309, 1998年
  • Morris型水迷路におけるラットの場所学習の発達
    畑 敏道, 岡市広成
    動物心理学研究, 47(1)43535 , 1997年

書籍等出版物

  • 神経・生理心理学 基礎と臨床,わたしとあなたをつなぐ「心の脳科学」
    2020年04月, 分担執筆
  • 生理心理学と精神生理学 第II巻
    北大路書房, 2017年, 分担執筆, 学術書
  • 心理学からみた食べる行動:基礎から臨床までを科学する
    2017年, 分担執筆, 学術書
  • 生理心理学と精神生理学 第I巻 基礎
    北大路書房, 2017年, 分担執筆, 学術書
  • 動物たちは何を考えている?−動物心理学の挑戦−
    技術評論社, 2015年, 分担執筆, 学術書
  • 現代心理学シリーズ4 動機づけと情動
    培風館, 2015年, 分担執筆, 学術書
  • 心理学概論(第2版)
    ナカニシヤ出版, 2014年, 分担執筆, 学術書
  • 心理学概論
    ナカニシヤ出版, 2006年, 分担執筆, 学術書

講演・口頭発表等

  • 背側海馬内muscimol投与が時程の記憶形成に与える効果
    日本生理心理学会第36回大会, 2018年, ポスター発表
  • A mixed injection of NMDA and M1 receptor blockers into the dorsal striatum impaired the acquisition of memory for duration in a peak interval procedure.
    日本動物心理学会第78回大会 広島, 2018年, ポスター発表
  • Effects of competition on the motor performance of rats
    日本動物心理学会第78回大会, 2018年, ポスター発表
  • The GABAA receptors in the dorsal striatum control interval timing.
    日本動物心理学会第78回大会, 2018年, ポスター発表
  • Effects of AP5 or muscimol infusion into the retrosplenial cortex on the retrieval of spatial memory in rats.
    日本動物心理学会第78回大会, 2018年, ポスター発表
  • A pharmacological investigation of the function of delta-opioid receptors in temporal discrimination.
    日本動物心理学会第78回大会, 2018年, ポスター発表
  • ラットはフリーライダーへの報酬分配を避けるのか?
    日本心理学会第85回大会, 2018年, ポスター発表
  • The striatal GABAA receptor involves in the fear-induced under estimation of time.
    日本神経科学第41回大会, 2018年, ポスター発表
  • 脳の中に、時計をさがしに
    畑 敏道
    関西心理学会第129回大会, 2017年, 口頭発表(招待・特別), 京都
  • Inactivation of the insular cortex suppresses underestimation of interval timing induced by the fear-conditioned stimulus in rats.
    日本神経科学学会第40回大会, 2017年, ポスター発表
  • ラットのインターバルタイミングにおける背側線条体の役割
    動物心理学会第77回大会, 2017年, ポスター発表
  • ラット(Rattus norvegicus)において他個体の存在が運動課題の遂行の速度および 正確さに及ぼす影響の検討
    動物心理学会77回大会, 2017年, ポスター発表
  • The brain mechanisms modulating and producing interval timing: the role of the amygdala and the dorsal striatum.
    畑 敏道
    18th International Congress of Psychology, 2016年, 横浜
  • 時間評価における背側線条体の役割〜SBFモデルの妥当性の検討
    畑 敏道
    第25回海馬と高次脳機能学会, 2016年, 口頭発表(招待・特別), 京都
  • Memory forgetting and NMDA receptor: Post-acquisition chronic micro infusion of NVP-AAM077 into dorsal hippocampus subsequently impairs the performance at reversal learning task in Morris water maze in rats.
    第39回神経科学大会, 2016年
  • NMDA receptors in the retrosplenial cortex contribute to the retrieval of spatial memory in rats.
    第39回神経科学大会, 2016年, ポスター発表
  • An injection of NMDA type receptor blocker into the dorsal striatum did not impaire the acquisition of memory for duration in a peak interval procedure.
    ICP2016, 2016年, ポスター発表
  • Do female rats behave pro-socially?
    ICP2016, 2016年, ポスター発表
  • 部分的な手がかりからの想起における脳梁膨大部後部皮質内NMDA受容体阻害の効果
    関西心理学会第128回大会, 2016年
  • The effect of deadlines on the performance of theladder rung walking task in rats.
    第76回日本動物心理学会大会, 2016年, ポスター発表
  • The role of the insular cortex on underestimation of duration induced by the fear-conditioned to-be-timed stimulus in a temporal bisection task in rats.
    日本動物心理学会第76回大会, 2016年
  • Post-acquisition blockade of hippocampal GluN2A-containing NMDA receptors prevents forgetting in the Morris water maze in rats.
    第75回日本動物心理学会, 2015年
  • The role of the amygdala in fear-induced underestimation of duration in rats.
    第75回日本動物心理学会, 2015年
  • Sequential lever-pressing performance under response deadline in rats.
    第75回日本動物心理学会, 2015年, ポスター発表
  • Effect of an intra-dorsal striatum injection of NMDA receptors blocker, AP5, on the formation of temporal memory in rats.
    第75回日本動物心理学会, 2015年, ポスター発表
  • Do rats withhold food rewards to a "free rider"?
    第75回日本動物心理学会, 2015年, ポスター発表
  • 蔗糖の摂取がラットの空間記憶の固定化に与える影響
    第79回日本心理学会大会, 2015年, ポスター発表
  • 間隔二等分課題における個別試行分析の試み
    第79回日本心理学会大会, 2015年, ポスター発表
  • The effects of post-acquisition blockade of hippocampal NMDA receptor subunit GluN2A and/or GluN2B on spatial memory forgetting.
    Society for Neuroscience 44th Annual Meeting, 2015年, ポスター発表
  • An intra-amygdala injection of the GABAA agonist, muscimol, prevents fear-induced underestimation of duration.
    Society for Neuroscience 44th Annual Meeting, 2015年
  • PGC-1α expression is not essential for endurance training–induced increase in myoglobin expression in skeletal muscle.
    American College of Sports Medicine 61st Annual Meeting, 2014年, ポスター発表
  • Post-acquisition hippocampal GluN2B-containing NMDA recptors blockade prevents "forgetting" in the Morris water maze in rats.
    第74回日本動物心理学会, 2014年
  • Is interval ltiming modified by conditioned fear in rats?: An investivation using a self-start short/long discrimination task.
    第74回日本動物心理学会, 2014年, ポスター発表
  • A competitive task attenuates the dysfunction of skilled movement in the animal model of Parkinson's disease.
    第74回日本動物心理学会, 2014年, ポスター発表
  • The activity of c-Fos and EGR-1 in the dorsal striatum increases during memorization of duration.
    第74回日本動物心理学会, 2014年, ポスター発表
  • The effects of post-acquisition blockade of GluN2B-containing NMDA receptors on "forgetting" and subsequent reversal learning in the Morris water maze.
    Society for Neuroscience 44th annual meeting, 2014年, ポスター発表
  • Effect of an intra-dorsal striatum injection of a muscarinic acetylcholine m1 receptors blocker, pirenzepin, on memorization of duration in rats.
    Society for Neuroscience 44th annual meeting., 2014年, ポスター発表
  • 注意を向ける方向と触覚の有無がゴムの手の錯覚 に与える効果
    注意を向ける方向と触覚の有無がゴムの手の錯覚 に与える効果, 2013年, ポスター発表
  • 行動課題によるコーヒーcravingの測定
    日本心理学会第77回大会, 2013年, ポスター発表
  • ラットの忘却におけるNMDA受容体の関与
    日本心理学会第77回大会, 2013年, ポスター発表
  • 条件性恐怖はラットにおいて時間の過小評価と時間弁別精度の低下を引き起こす
    日本動物心理学会第73回大会, 2013年
  • Post-training hippocampal NMDA receptor blockade suppresses “forgetting” in the Morris water maze spatial memory task.
    Society for Neuroscience 43th annual meeting., 2013年, ポスター発表
  • The effect of conditioned fear on interval timing in rats.
    Society for Neuroscience 43th annual meeting,, 2013年, ポスター発表
  • 心は脳にある。時間評価の行動科学と行動神経科学
    畑 敏道
    日本心理学会公開シンポジウム 基礎心理学の展開シリーズ 心理学における動物実験の実際, 2012年, 口頭発表(招待・特別), 兵庫医療大学
  • 水迷路課題獲得後の AP5 脳室内慢性投与はラットの空間記憶の忘却を抑制する
    日本動物心理学会第72回大会, 2012年
  • 施灸による前頭前野と線条体におけるドーパミン分泌
    日本生理学会第88回大会・第116回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2011年, ポスター発表
  • 背内側線条体内NMDA受容体拮抗薬AP‐5の投与がラットの時程の学習に及ぼす影響
    日本動物心理学会第71回大会, 2011年, ポスター発表
  • ラットにおける自発的走行が空間記憶の獲得に与える効果
    日本動物心理学会第71回大会, 2011年, ポスター発表
  • 保持期間中のNMDA受容体阻害剤AP5脳室内慢性投与が忘却に与える影響の検討
    日本動物心理学会第71回大会, 2011年, ポスター発表
  • ラットの時程の記憶の獲得に与えるNMDA型グルタミン酸受容体阻害薬MK-801投与の効果
    日本動物心理学会第71回大会, 2011年, ポスター発表
  • 条件性場所選好課題を用いたラベンダーオイルの報酬特性の検討
    日本動物心理学会第70回大会, 2010年
  • MK-801の脳室内投与が時間弁別行動に及ぼす効果
    日本動物心理学会第70回大会, 2010年, ポスター発表
  • ラットにおける自発的走行が空間記憶課題に及ぼす効果についての検討
    日本動物心理学会第70回大会, 2010年, ポスター発表
  • 脳内報酬系における視床下部ペプチド・オレキシンの役割
    畑 敏道
    日本行動科学学会第25回ウィンターカンファレンス, 2009年, 口頭発表(招待・特別), 妙高高原
  • ラットにおけるラベンダー精油の報酬特性の検討 ̶ 条件性場所選好課題を用いて
    日本動物心理学会第69回大会, 2009年, ポスター発表
  • A novel model of chronic cocaine self-administration in the mouse
    Keystone Symposium: Neurobiology of Addiction, 2007年
  • β2-mおよびperforin KOマウスにおける自発的活動量とコカイン誘発性活動量の増加
    第34回日本脳科学会, 2007年
  • Orexin attenuates the rewarding effect of intracranial self-stimulation in rats
    第30回日本神経科学大会, 2007年
  • Circadian rhythm of cocaine self-administration behavior in mice
    From Molecular Clocks to Human Health Symposium, 2007年
  • Intra-VTA orexin-A increases intracranial self-stimulation threshold and dopamine efflux in the stress-related brain regioins in rats
    Society for Neuroscience 37th annual meeting, 2007年, ポスター発表
  • Stable, escalation and binge models of cocaine self-administration in mice
    Society for Neuroscience 37th annual meeting, 2007年, ポスター発表
  • 腹側被蓋野へのオレキシンA投与は脳内自己刺激報酬閾値と扁桃体中心核、分界条床核でのドーパミン放出量を増加させる
    第18回マイクロダイアリシス研究会, 2007年
  • 腹側被蓋野へのオレキシン投与が 前頭前野、側坐核coreおよびshell領野でのドーパミン放出に与える効果
    第17回マイクロダイアリシス研究会, 2006年
  • 海馬依存性学習とアセチルコリン: マイクロダイアリシスによる検討
    第16回マイクロダイアリシス研究会, 2005年
  • 時間評価の生理心理学的研究の応用可能性
    畑 敏道
    日本動物心理学会第64回大会サテライトシンポジウム, 2004年, 口頭発表(招待・特別), 大阪市立大学
  • 内側中隔コリン作動性ニューロン損傷がラットの時間弁別行動に与える効果
    日本動物心理学会第63回大会, 2003年, ポスター発表
  • ラットの時間弁別行動に与える前頭前野スコポラミン投与の効果
    日本動物心理学会第61回大会, 2001年
  • ラットの時間弁別行動に与える前頭前野損傷の効果
    日本心理学会第65回大会, 2001年, ポスター発表
  • ラットの時間評価時における前頭前野ACh濃度の変化
    日本動物心理学会第60回大会, 2000年, ポスター発表
  • Scopolamine impairs the ability of time estimation
    17th International Congress of Psychology, 2000年, ポスター発表
  • 慢性scopolamine投与によるラットの時間評価能力の悪化
    日本動物心理学会第59回大会, 1999年, ポスター発表
  • ラットの時間弁別の獲得に与える抗コリン薬の効果
    関西心理学会第109回大会, 1997年
  • ラットの時間弁別行動に与える抗コリン薬の効果(2)
    日本動物心理学会第56回大会, 1996年
  • PI手続きによるラットの時間弁別行動に与える海馬采-脳弓損傷の効果
    日本心理学会第60回大会, 1996年, ポスター発表
  • ラットの時間弁別行動に与える抗コリン薬の効果
    日本動物心理学会第55回大会, 1995年, ポスター発表
  • アメフラシの感作とネズミの逃避学習におけるC/EBPとc-fos遺伝子発現
    日本分子生物学会第18回大会, 1995年, ポスター発表
  • Morris型水迷路におけるラットの空間学習行動の発達
    日本動物心理学会第54回大会, 1994年

競争的資金等の研究課題

  • 成果を横取りする他者に対する利益分配忌避のラット行動モデルの確立
    萌芽研究, 2017年 -2019年
  • ラットの時間弁別行動を担う神経基盤の多面的解析
    若手研究(B), 2011年 -2014年
  • 報酬に基づく学習に関与する脳内メカニズムの解明
    若手研究(B), 2007年 -2008年
  • 脳内報酬系に関する生理心理学的研究
    科学研究費補助金, 2007年
  • 情報処理モデルからみたラットの時間弁別行動と脳機能系の解明
    特別研究員奨励費, 1998年 -1999年
  • 動物の時間弁別行動に関する生理心理学的研究
    科学研究費補助金, 1994年
  • 蔗糖、トリプトファン投与の際のラットの記憶改善の研究
    NPO法人「食と健康プロジェクト」, 各種団体からの研究助成

社会貢献活動

  • 高校生の為の心理学講座シリーズ 心理学と社会-こころの不思議を解き明かす- 生理心理学, 2013年

メディア実績

  • 新聞, 大人になると時間の流れを早く感じる原因についての心理学的・神経科学的な解説, リビング京都1676号, 2014年06月