野口 範子
ノグチ ノリコ
生命医科学部医生命システム学科
博士後期課程教授
Last Updated :2021/10/24

研究者情報

研究キーワード

  • 遺伝情報発現・制御
  • 生物学

研究分野

  • ライフサイエンス/分子生物学
  • ライフサイエンス/機能生物化学

研究歴

  • 1987-1990 パラコートの細胞毒性発現機構についての研究に従事
  • 1990-1991 放射線照射によるミトコンドリアDNAの傷害についての研究に従事
  • 1991-2001 フリーラジカルによる酸化傷害と抗酸化物質による抑制機構についての研究に従事
  • 2001-   フリーラジカルおよび抗酸化物質による遺伝子発現制御についての研究に従事

経歴

  • 東京大学先端科学技術研究センター特任助教授, 2002年 - 2005年
  • - 同志社大学工学部 教授, 2005年
  • 東京大学先端科学技術研究センター助手, 1993年 - 2002年
  • 東京大学工学部助手, 1991年 - 1993年
  • National Institute of Standards and Technology (U.S.A.) 客員研究員, 1990年 - 1991年
  • 帝京大学医学部助手, 1987年 - 1990年

学歴

  • 筑波大学, 医学研究科, 1987年
  • 筑波大学, 1987年
  • 筑波大学, 医学研究科, 1983年
  • 筑波大学, 1983年
  • 筑波大学, 第二学群, 1981年
  • 筑波大学, 1981年

学位

  • 医学博士, 筑波大学
  • 医科学修士, 筑波大学

所属学協会

  • 日本酸化ストレス学会
  • 日本生化学会
  • 日本油化学会
  • 日本ビタミン学会
  • 国際フリーラジカル学会

委員歴

  • (公社)ビタミン・バイオファクター協会 参与, 2021年06月 - 現在
  • 理事, 2014年, 日本酸化ストレス学会, 学協会, 日本酸化ストレス学会
  • アジア支部代表, 国際フリーラジカル学会, 学協会, 国際フリーラジカル学会

受賞

  • 日本フリーラジカル学会学会賞
    2007年
  • 日本油化学会進歩賞
    1997年, JPN
  • Young Investigation Award
    1994年, 国際フリーラジカル学会
  • Outstanding Paper Presentation
    1993年, The American Oil Chemists' Society

論文

  • NRF3 upregulates gene expression in SREBP2-dependent mevalonate pathway with cholesterol uptake and lipogenesis inhibition
    Tsuyoshi Waku, Toru Hagiwara, Natsuko Tamura, Yuri Atsumi, Yasuomi Urano, Mikiko Suzuki, Takuya Iwami, Katsuya Sato, Masayuki Yamamoto, Noriko Noguchi, Akira Kobayashi
    2021年10月
  • Different functions of vitamin E homologues in the various types of cell death induced by oxysterols
    Atsuki Suzuki, Yasuomi Urano, Tomohisa Ishida, Noriko Noguchi
    Free Radical Biology and Medicine, 176356 - 365, 2021年10月
  • Identification of a novel endogenous long non-coding RNA that inhibits selenoprotein P translation.
    Yuichiro Mita, Risa Uchida, Sayuri Yasuhara, Kohei Kishi, Takayuki Hoshi, Yoshitaka Matsuo, Tadashi Yokooji, Yoshino Shirakawa, Takashi Toyama, Yasuomi Urano, Toshifumi Inada, Noriko Noguchi, Yoshiro Saito
    Nucleic acids research, 49(12)6893 - 6907, 2021年07月09日
  • Antioxidant action of vitamin E in vivo as assessed from its reaction products with multiple biological oxidants.
    Etsuo Niki, Noriko Noguchi
    Free Radic Res, 1 - 33, 2020年
  • Astrocytes release glutamate via cystine/glutamate antiporter upregulated in response to increased oxidative stress related to sporadic amyotrophic lateral sclerosis.
    Miku Kazama, Yoichiro Kato, Akiyoshi Kakita, Noriko Noguchi, Yasuomi Urano, Kenta Masui, Motoko Niida-Kawaguchi, Tomoko Yamamoto, Kazuhiko Watabe, Kazuo Kitagawa, Noriyuki Shibata
    Neuropathology, 40587 - 598, 2020年
  • 角層DJ-1を用いた体内の酸化ストレス評価
    高橋 理子, 鈴木 民恵, 石渡 潮路, 村上 礼一, 秋田 美季, 宮川 泰子, 三上 正治, 八代 壇, 斎藤 芳郎, 野口 範子, 松熊 祥子
    加齢皮膚医学セミナー, 加齢皮膚医学研究会, 14(2)70 - 70, 2019年12月, 日本語
  • 角層DJ-1を用いた体内の酸化ストレス評価
    高橋 理子, 鈴木 民恵, 石渡 潮路, 村上 礼一, 秋田 美季, 宮川 泰子, 三上 正治, 八代 壇, 斎藤 芳郎, 野口 範子, 松熊 祥子
    加齢皮膚医学セミナー, 加齢皮膚医学研究会, 14(1)49 - 57, 2019年06月, 日本語
  • 角層DJ-1を用いた体内の酸化ストレス評価
    高橋 理子, 鈴木 民恵, 石渡 潮路, 村上 礼一, 秋田 美季, 宮川 泰子, 三上 正治, 八代 壇, 斎藤 芳郎, 野口 範子, 松熊 祥子
    加齢皮膚医学セミナー, 加齢皮膚医学研究会, 14(1)68 - 68, 2019年06月, 日本語
  • 24(S)-Hydroxycholesterol induces ER dysfunction-mediated unconventionall cell death.
    Yasuomi Urano, Diep-Khanh Ho Vo, Hirofumi Araki, Noriko Noguchi
    Cell Death Discov, 5113 , 2019年
  • Polymerization of oxidized DJ-1 via noncovalent and covalent binding: Significance of disulfide bond formation.
    Mayuka Kobayashi, Kana Muramatsu, Takamitsu Haruyama, Haruka Uesugi, Ai Kikuchi, Hiroki Konno, Noriko Noguchi, Yoshiro Saito
    ACS Omega, 49603 - 9614, 2019年
  • Serenoprotein P中和抗体を用いた糖尿病治療の開発
    三田 雄一郎, 中山 華穂, 稲荷 尚吾, 野口 範子, 斎藤 芳郎
    日本内分泌学会雑誌, (一社)日本内分泌学会, 94(1)360 - 360, 2018年04月, 日本語
  • 6-Hydroxydopamine induces secretion of PARK7/DJ-1 via autophagy-based unconventional secretory pathway.
    Yasuomi Urano, Chinatsu Mori, Ayano Fuji, Keito Konno, Takayuki Yamamoto, Shohei Yashirogi, Mayu Ando, Yoshiro Saito, Noriko Noguchi
    Autophagy, 141943 - 1958, 2018年
  • Tocopherol suppresses 24(S)-hydroxycholesterol-induced cell death via inhibition of CaMKII phosphorylation.
    Yuki Kimura, Minori Asa, Yasuomi Urano, Yoshiro Saito, Kiyotaka Nishikawa, Noriko Noguchi
    153203 - 209, 2018年
  • Distribution of oxidized DJ-1 in Parkinson’s disease-related sites in the brain and in the peripheral tissues: effects of aging and a neurotoxin.
    Yuichiro Mita, Yuto Kataoka, Yoshiro Saito, Takuma Kashi, Kojiro Hayashi, Asa Iwasaki, Takanori Imanishi, Tomohiro Miyasaka, Noriko Noguchi
    812056 , 2018年
  • Hydrogen peroxide-reducing factor released by PC12D cells increases cell tolerance against oxidative stress.
    Asami Muraishi, Emi Haneta, Yoshiro Saito, Yutaka Hitomi, Mamoru Sano, Noriko Noguchi
    Note,41(5)777 - 785, 2018年, 研究論文(学術雑誌)
  • 膵β細胞モデルMIN6はセレノプロテインP発現を介して抗酸化システムを維持する
    中尾 昌平, 三田 雄一郎, 斎藤 芳郎, 野口 範子
    生命科学系学会合同年次大会, 生命科学系学会合同年次大会運営事務局, 2017年度[2P - 0374], 2017年12月, 日本語
  • 膵β細胞モデルMIN6における過剰Selenoprotein Pによるセレン運搬作用を介したERストレス誘導メカニズムの解析
    長村 尭浩, 稲荷 尚吾, 三田 雄一郎, 野口 範子, 斎藤 芳郎
    生命科学系学会合同年次大会, 生命科学系学会合同年次大会運営事務局, 2017年度[2P - 1003], 2017年12月, 日本語
  • non-coding RNAによるSelenoprotein P翻訳抑制メカニズムの解析
    三田 雄一郎, 斎藤 芳郎, 内田 理沙, 安原 小百合, 横大路 将, 野口 範子
    生命科学系学会合同年次大会, 生命科学系学会合同年次大会運営事務局, 2017年度[3P - 0671], 2017年12月, 日本語
  • 糖尿病関連タンパク質Selenoprotein Pの翻訳を抑制する内在性long non-coding RNAの発現変化
    内田 理沙, 三田 雄一郎, 横大路 将, 安原 小百合, 斎藤 芳郎, 野口 範子
    生命科学系学会合同年次大会, 生命科学系学会合同年次大会運営事務局, 2017年度[3P - 0672], 2017年12月, 日本語
  • ヒト皮膚細胞モデルHaCaTにおけるDJ-1誘導因子の同定および酸化ストレス防御効果の評価
    安藤 万由, 斎藤 芳郎, 石渡 潮路, 松熊 祥子, 野口 範子
    生命科学系学会合同年次大会, 生命科学系学会合同年次大会運営事務局, 2017年度[4AT18 - 0506)], 2017年12月, 日本語
  • Oxidation and interaction of DJ-1 with 20S proteasome in the erythrocytes of early stage Parkinson’s desease patients.
    Saito Y, Akazawa-Ogawa Y, Matsumura A, Saigoh K, Itoh S, Sutou K, Kobayashi M, Mita Y, Shichiri M, Hisahara S, Hara Y, Fujimura H, Takamatsu H, Hagihara Y, Yoshida Y, Hamakubo T, Kusunoki S, Shimohama S, Noguchi N
    630793 , 2016年07月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Aβ induces oxidative stress in senescence-accelerated (SAMP8) mice.
    Takagane K, Nojima J, Mitsuhashi H, Suo S, Yanagihara D, Takaiwa F, Urano Y, Noguchi N, Ishiura S
    Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 79(6)912 - 918, 2015年
  • A? induces oxidative stress in senescence-accelerated (SAMP8) mice.
    Kurara Takagane, Jun Nojima, Hiroaki Mitsuhashi, Satoshi Suo, Dai Yanagihara, Fumio Takaiwa, Yasuomi Urano, Noriko Noguchi, Shoichi Ishiura
    231 - 7, 2015年
  • 7-Hydroxycholestrol as a possible biomarker of cellular lipid peroxidation: Difference between cellular and plasma lipid peroxidation.
    Yoshiro Saito, Noriko Noguchi
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 446741 - 744, 2014年04月11日
  • パーキンソン病における酸化DJ-1測定のバイオマーカーとしての意義の検討
    小川郁子, 斎藤芳郎, 西郷和真, 細井幸恵, 三井良之, 野口範子, 楠 進
    Brain and Nerve, 66471 - 477, 2014年, 日本語, 研究論文(学術雑誌)
  • 赤血球画分を用いた酸化DJ-1定量の検討
    松村 晃寛, 久原 真, 齊藤 正樹, 川又 純, 今井 富裕, 下濱 俊, 斎藤 芳郎, 野口 範子, 二木 鋭雄
    臨床神経学, (一社)日本神経学会, 51(12)1266 - 1266, 2011年12月, 日本語
  • Chronic oxidative stress causes amplification and overexpression of ptprz1 protein tyrosine phosphatase to activate β-catenin pathway.
    Y-T. Liu, D. Shang, S. Akatsuka, H. Ohara, K. Kumar Dutta, K. Mizushima, Y. Naito, T. Yoshikawa, M. Izumiya, K. Abe, H. Nakagama, N. Noguchi, S. Toyokuni
    171(6)1978 - 1988, 2007年12月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • 15-Deoxy-△12,14-prostaglandins J2: The edogenous electrophile that induces neuronal apoptosis.
    M. Kondo, T. Shibata, T. Kumagai, T. Osawa, N. Noguchi, K. Uchida
    99(11)7367 - 7372, 2002年05月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Gene expression induced by BO-653, probucol and BHQ in human endothelial cells.
    W. Takabe, C. Mataki, Y. Wada, M. Ishii, A Izumi, H. Aburatani, T. Hamakubo, E. Niki, T. Kodama, N. Noguchi
    7223 - 230, 2000年
  • 2,2’-Azobis(4-methoxy-2,4-dimethylvaleronitrile), a new lipid-soluble azo initiator: Application to oxidations of lipids and low density lipoprotein in solution and in aqueous dispersions.
    N. Noguchi, H. Yamashita, N. Gotoh, Y. Yamamoto, R. Numano, E. Niki
    24(2)259 - 268, 1998年01月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • イチョウ葉エキスの抗酸化作用.
    野口範子, 西野公大, 鷲尾英一, 石 紅朕, 陳 京生, 二木鋭雄
    121481 - 1488, 1997年
  • Interaction among vitamin C, vitamin E, and β-carotene. Am.
    E. Niki, N. Noguchi, H. Tsuchihashi, N. Gotoh
    62(6)1322 - 1326, 1995年12月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Action of curcumin as an antioxidant against lipid peroxidation.
    N. Noguchi, E. Komuro, E. Niki, R. L. Willson
    431045 - 1051, 1994年

MISC

  • 酸化障害と抗酸化防御機構
    野口 範子
    日本内分泌学会雑誌, 961 - 4, 2020年07月, 日本語
  • ビタミンE疎水部構造の違いと膜相分離
    中谷 祐将, 下川 直史, 浦野 泰臣, 野口 範子, 高木 昌宏
    日本生物工学会大会講演要旨集, (公社)日本生物工学会, 2019年224 - 224, 2019年08月, 日本語
  • ステロールおよび脂質の代謝・代謝物と疾病に関する研究の最先端 コレステロール酸化物による神経細胞死とビタミンEの役割
    野口 範子, 浦野 泰臣
    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, (公社)日本栄養・食糧学会, 73回176 - 176, 2019年04月, 日本語
  • 【レドックス疾患学 酸素・窒素・硫黄活性種はどう作用するのか、どこまで健康・疾患と関わるのか?】 (第2章)レドックスと疾患 セレノプロテインPによるレドックス制御と2型糖尿病
    斎藤 芳郎, 野口 範子, 御簾 博文, 篁 俊成
    実験医学, (株)羊土社, 36(5)753 - 759, 2018年03月, 日本語
  • P210型BCR‐ABL PHドメインのリガンド特性およびその病理的意義の解明
    島崎健太朗, 高橋美帆, 梅田真郷, 舟本聡, 斎藤芳郎, 野口範子, 熊谷圭吾, 花田賢太郎, 塚原富士子, 丸義朗, 柴田識人, 内藤幹彦, 内藤幹彦, 西川喜代孝
    日本生化学会大会(Web), 90thROMBUNNO.1PT26‐07(2P‐0039) (WEB ONLY) , 2017年, 日本語
  • セレノプロテインPの阻害抗体による糖尿病治療効果の解析 インスリン抵抗性および分泌能を改善する抗体医薬の開発
    三田 雄一郎, 中山 華穂, 稲荷 尚吾, 西藤 有希奈, 吉岡 佑弥, 曽谷 奏, 高部 稚子, 御簾 博文, 篁 俊成, 高橋 和彦, 野口 範子, 斎藤 芳郎
    糖尿病, (一社)日本糖尿病学会, 59(Suppl.1)S - 444, 2016年04月, 日本語
  • 膵臓β細胞モデルMIN6は過剰なSelenoprotein Pにより障害を受ける
    稲荷 尚吾, 高部 稚子, 三田 雄一郎, 御簾 博文, 篁 俊成, 野口 範子, 斎藤 芳郎
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, (公社)日本生化学会, 88回・38回[4T特L - 10(3P1201)], 2015年12月, 日本語
  • SBP2変異によるセレン含有タンパク質欠乏患者におけるコレステロールの酸化-細胞膜と血漿リポタンパク質の酸化反応の違い
    齋藤 芳郎, 七里 元督, 濱島 崇, 萩原 義久, 吉田 康一, 野口 範子
    脂質生化学研究, 日本脂質生化学会, 57146 - 149, 2015年05月, 日本語
  • 1-I-11 血漿セレン含有タンパク質セレノプロテインPを標的とした2型糖尿病の抗体医薬の開発(一般演題要旨,ビタミン・バイオファクター研究のさらなる魅力~大和まほろぱからの発信~,第67回大会講演要旨)
    斎藤 芳郎, 中山 華穂, 三田 雄一郎, 野口 範子
    ビタミン, 公益社団法人 日本ビタミン学会, 89(4), 2015年, 日本語
  • 神経細胞が分泌する酸化ストレスに対する保護因子の同定
    野口 範子, 斎藤 芳郎
    コスメトロジー研究報告, コスメトロジー研究振興財団, 2361 - 64, 2015年, 日本語
  • 血中oxDJ-1の異常高値を示し、幻覚を認めたPDの4例
    西郷 和真, 斎藤 芳郎, 小川 郁子, 細井 幸恵, 三井 良之, 花田 一志, 上田 昌美, 石井 一成, 野口 範子, 楠 進
    Dementia Japan, (一社)日本認知症学会, 28(4)504 - 504, 2014年10月, 日本語
  • 血中酸化型DJ‐1異常高値の臨床的意義
    西郷和真, 斎藤芳郎, 小川郁子, 細井幸恵, 三井良之, 花田一志, 上田昌美, 石井一成, 野口範子, 楠進
    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集, 67th52 , 2014年08月29日, 日本語
  • セレンタンパク質研究の最前線 血漿セレノプロテインPによるセレン代謝制御と2型糖尿病
    斎藤 芳郎, 吉岡 佑弥, 三田 雄一郎, 御簾 博文, 田中 睦, 篁 俊成, 野口 範子
    Biomedical Research on Trace Elements, 日本微量元素学会, 25(2)50 - 50, 2014年06月, 日本語
  • コレステロール酸化物が誘導する細胞死における活性酸素種の関与 (第51回同志社大学理工学研究所研究発表会 2013年度学内研究センター合同シンポジウム 講演予稿集)
    野口 範子, 斎藤 芳郎, 浦野 泰臣
    同志社大学理工学研究報告, 同志社大学理工学研究所, 54(4)21 - 25, 2014年01月, 日本語
  • 脳特異的24(S)-ヒドロキシコレステロールにより誘導されるプログラムネクローシスおよび細胞保護作用の分子メカニズム
    斎藤 芳郎, 山中 一哲, 浦野 泰臣, 野口 範子
    脂質生化学研究, 55, 2013年05月28日, 日本語
  • 2-IV-13 セレン欠乏に伴う酸化ストレス障害に対するビタミンEの効果 : SBP2遺伝子異常に対する治療への応用(一般演題要旨,第65回大会講演要旨)
    斎藤 芳郎, 七里 元督, 濱島 崇, 萩原 義久, 吉田 康一, 野口 範子
    ビタミン, 公益社団法人 日本ビタミン学会, 87(4), 2013年, 日本語
  • パーキンソン病における酸化型DJ-1測定とMIBG心筋シンチグラフィーの関連について
    西郷 和真, 斎藤 芳郎, 池上 郁子, 細井 幸子, 高田 和男, 宮本 勝一, 三井 良之, 楠 進, 野口 範子
    臨床神経学, (一社)日本神経学会, 52(12)1428 - 1428, 2012年12月, 日本語
  • 早期パーキンソン病患者の赤血球におけるDJ‐1の酸化
    斎藤芳郎, 浜窪隆雄, 下濱俊, 二木鋭雄, 野口範子
    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集, 64th60 , 2011年06月27日, 日本語
  • パーキンソン病における新たなバイオマーカーとしての酸化型DJ‐1測定の可能性
    西郷和真, 斎藤芳郎, 三井良之, 楠進, 野口範子
    パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集, 5th92 , 2011年, 日本語
  • 3.24(S)-HyDroxycholesterolによる神経細胞死の誘導メカニズム(第327回会議研究発表要旨,脂溶性ビタミン総合研究委員会)
    野口 範子, 山中 哲一, 斉藤 芳郎, 浦野 泰臣
    ビタミン, 公益社団法人 日本ビタミン学会, 84(9), 2010年, 日本語
  • グルタミン酸誘導性の神経細胞死に対するビタミンE類の抑制効果
    斎藤芳郎, 西尾敬子, 赤澤(小川)陽子, 吉田康一, 野口範子, 二木鋭雄
    ビタミンE研究の進歩, 1427 - 32, 2010年
  • 24S-hydroxycholesterol による神経細胞傷害メカニズムの解析
    山中 一哲, 斎藤 芳郎, 山盛 徹, 浦野 泰臣, 野口 範子
    脂質生化学研究, 5169 - 72, 2009年07月10日, 日本語
  • リポ多糖(LPS)により誘導される適応反応・酸化ストレス耐性メカニズムの解析
    斎藤芳郎, 小俣葉, 藤田克英, 吉田康一, 野口範子, 二木鋭雄
    生化学, 4P-0442 , 2008年, 日本語
  • 内皮細胞において酸化ストレス及び層流性ずり応力によるNrf2の修飾で起こる蓄積
    TAKABE Wakako, WARABI Eiji, SEKINE Azusa, KODAMA Tatsuhiko, NOGUCHI Noriko, NOGUCHI Noriko
    生化学, 2006年
  • 腹腔マクロファージの泡沫化に伴う遺伝子変動の解析
    山田知広, 高根沢康一, 関根あずさ, 高部稚子, 野口範子, 新井洋由
    衛生薬学・環境トキシコロジー講演要旨集, 2006, 2006年
  • 25ハイドロキシコレステロールによるコレステロール生合成抑制作用はオキシステロール結合蛋白質(OSBP)非依存的である
    西村多喜, 西村多喜, 井上貴雄, 柴田識人, 関根あずさ, 高部稚子, 野口範子, 新井洋由
    脂質生化学研究, 48, 2006年
  • 25ハイドロキシコレステロールによるコレステロール生合成抑制はオキシステロール結合タンパク質(OSBP)非依存的である
    西村多喜, 井上貴雄, 柴田識人, 関根あずさ, 高部稚子, TRIPUVANUNTAKUL Pearlta, 野口範子, 新井洋由
    日本薬学会年会要旨集, 126th(3), 2006年
  • 流れストレスによる遺伝子の発現メカニズムにおける活性酸素の寄与
    高部稚子, 蕨栄治, 野口範子, 野口範子
    万有生命科学振興国際交流財団若手研究者のための生命科学セミナー, 9th, 2006年
  • ヒト上皮細胞におけるリソホスファチジルコリンによるLung Kruppel Like Factorの誘導
    SHIRAHATA Satoshi, TAKABE Wakako, KOHRO Takahide, MINAMI Takashi, KODAMA Tatsuhiko, NOGUCHI Noriko
    生化学, 2006年
  • 25-ヒドロキシコレステロールによるコレステロール生合成阻害はOSBPとは無関係である
    NISHIMURA Taki, INOUE Takao, SHIBATA Norihito, SEKINE Azusa, TAKABE Wakako, TRIPUVANUNTAKUL Pearlta, NOGUCHI Noriko, ARAI Hiroyuki
    生化学, 77(8), 2005年
  • マウス腹腔マクロファージでの泡沫細胞形成過程でアップレギュレーションあるいはダウンレギュレーションされる遺伝子の同定
    YAMADA Tomohiro, TAKANEZAWA Yasukazu, SEKINE Azusa, TAKABE Wakako, NOGUCHI Noriko, ARAI Hiroyuki
    生化学, 77(8), 2005年
  • トコトリエノールによるコレステロール合成経路の新たな制御機構
    野口範子, 高部稚子, 新井洋由
    ビタミン, 77(4), 2003年
  • LysoPCによるアミノ酸トランスポーター遺伝子発現と炎症における寄与
    高部稚子, 野口範子, 金井好克, 児玉龍彦
    脂質生化学研究, 45, 2003年
  • Lysophosphatidylcholineによるアミノ酸トランスポーター遺伝子発現と炎症における寄与
    高部稚子, 金井好克, CHAIROUNGDUA A, 児玉龍彦, 野口範子
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 26th, 2003年
  • ビタミンE同族体の構造特異的な遺伝子発現制御
    野口範子, 沖本優子, 高部稚子, 児玉龍彦
    ビタミン, 76(3), 2002年
  • スカベンジャー受容体と動脈硬化の発症機構の新たな仮説
    児玉 龍彦, 浜窪 隆雄, 和田 洋一郎, 野口 範子, 二木 鋭雄
    生化學, 日本生化学会, 73(3)179 - 183, 2001年03月25日
  • 高脂血症治療薬 絞られてきた治療の標的 抗酸化薬による治療とその意義
    高部稚子, 野口範子, 児玉龍彦
    治療学, 33(10), 1999年

書籍等出版物

  • サイエンスとインテリジェンスーサイエンスコミュニケーター養成副専攻受講生論文集-
    佐藤 優, 野口 範子
    K&Kプレス, 2020年09月, 編者(編著者)
  • (Vitamin E: Chemistry and Nutritional Benefits.) Action of Vitamin E Against Lipid Peroxidation and Cell Death
    野口 範子
    Royal Society of Chemistry, 2018年, 分担執筆, pp. 165-172
  • Noguchi N., Action of vitamin E against lipid peroxidation and cell death, Niki E. ed. Vitamin E, chemistry and nutritional benefits, pp. 165-174, 2019, Royal Society of Chemistry, UK
  • 山中一哲,斉藤芳郎,山盛 徹, 浦野泰臣, 野口範子, 24S-OHC誘導性細胞死に対するビタミンE類の添加効果,ビタミンE研究の進歩XV (ビタミンE研究会編), pp. 20-25, 2012, 共立出版株式会社 (ビタミンE研究会, Jan. 2011, 京都)
  • 斎藤芳郎, 西尾敬子, 小川陽子, 吉田康一, 野口範子, 二木鋭雄, グルタミン酸誘導性神経細胞死に対するビタミンE類の抑制効果,ビタミンE研究の進歩XIV (ビタミンE研究会編), pp. 27-32, 2010, 共立出版株式会社 (ビタミンE研究会, Jan. 2009, 奈良)
  • 野口範子, 脂質酸化生成物に対する内皮細胞の遺伝子発現応答,放射線の固体影響?機構研究からのアプローチ, pp. 135-140, 2005, 独立行政法人放射線医学総合研究所(放医研シンポジウム, Dec., 2004, 千葉)
  • 野口範子, 抗酸化機能と遺伝子制御機能の接点,ビタミン誌 79, 225-226, 2005
  • 野口範子, 伊藤靖浩, 二木鋭雄, 新井洋由, 柴田亮行, α-TTPノックアウトマウスにみられる酸化傷害,ビタミンE研究の進歩X (ビタミンE研究会編), pp. 45-49, 2001, 共立出版株式会社 (ビタミンE研究会, Jan. 2001, 東京)
  • 野口範子, 二木鋭雄, α-トコフェロールの化学構造を基に設計合成した新規抗酸化物質の抗酸化作用,ビタミンE研究の進歩VIII (ビタミンE研究会編), pp. 59-65, 1998, 共立出版株式会社 (ビタミンE研究会, Feb.1997, 京都)
  • N. Noguchi, N. Gotoh, E. Niki, Action of vitamin E as antioxidant against oxidative modification of low density lipoprotein. Biofactors, 7, 41-50, 1998. (International Conference on Vitamin E, Feb., 1997, Kyoto)
  • N. Noguchi, E. Niki, Inhibition of oxidation of low density lipoprotein by antioxidants. Pathophysiology of lipid peroxides and related free radicals (K. Yagi, ed), pp. 91-101, 1998, Jpn. Sci. Soc. Press, Tokyo (International Conference on Lipid Peroxide
  • N. Noguchi, E. Niki, Cooperative antioxidant action of probucol, ?-tocopherol and ascorbic acid against the oxidation of LDL of human and rabbit. BioFactors, 6, 259-260, 1997 (Lipid and Thrombosis, Aug., 1996, Marstricht)
  • E. Niki, N. Noguchi, Dynamics of oxidation of LDL and its inhibition by antioxidants. BioFactors, 6, 201-208, 1997 (Workshop Oxidative Stress, July, 1996, Graz)
  • 野口範子,山本裕子,二木鋭雄, 低比重リポ蛋白質の酸化におけるアポリポ蛋白Bの変性に対するビタミンEの抑制作用,ビタミンE研究の進歩VII (ビタミンE研究会編), pp. 84-88, 1997, 共立出版株式会社 (ビタミンE研究会, Mar. 1996, 浜松)
  • N. Gotoh, T. Yoshino, N. Noguchi, E. Niki, 2,2'-Azobis(4-methoxy- 2,4-dimethylvaleronitrile), a new lipid-soluble azo radical initiator. (K. Asada, T. Yoshikawa eds.) pp. 59-62, 1994, Elsevier Science Publisher, Amsterdam (SOD meeting, Oct., 1993, Kyoto)
  • N. Noguchi, N. Gotoh, T. Yoshino, E. Niki, Antioxidant effects of probucol and ebselen against oxidative modification of LDL induced by free radicals generated at different sites. (K. Asada, T. Yoshikawa eds.), pp.191-194, 1994, Elsevier Science Publisher
  • 野口範子,保田 浩,二木鋭雄,三木正之,美濃 真, 脳脂質の酸化に対するビタミンEの抗酸化作用,ビタミンE研究の進歩IV (ビタミンE研究会編), pp. 80-84, 1994, 共立出版株式会社(ビタミンE研究会, Feb. 1993, 京都)
  • 後藤直宏,野口範子,土屋順一,二木鋭雄,島崎弘幸, LDLの酸化に対するビタミンEの抗酸化作用,ビタミンE研究の進歩III (ビタミンE研究会編), pp. 57-62, 1993, 共立出版株式会社(ビタミンE研究会, Feb. 1992, 東京)
  • N. Noguchi, N. Gotoh, E. Komuro, Y. Yamamoto, E. Niki, H. Shimasaki, The oxidative modification of low density lipoprotein induced by copper or water-soluble radical initiator. Oxygen Radicals ( K. Yagi, M. Kondo, E. Niki, T. Yoshikawa, eds.), pp. 377-380
  • 野口範子, 酸化ストレスと疾患 医学のあゆみ別冊, ストレスシグナルと疾患?細胞恒常性維持機構の破綻と病態, pp. 347-352, 2015, 医歯薬出版, 東京
  • 斎藤芳郎,野口範子, 神経変性とレドックスーパーキンソン病関連分子DJ-1のレドックス制御機能 レドックスUPDATE, 第4章, 224-228, 2015
  • 斎藤芳郎,野口範子, Parkinson病と酸化ストレス 酸化ストレスの医学, pp. 264-271, 2014, 診断と治療社,東京
  • 西尾敬子, 石田規子, 斉藤芳郎, 赤澤陽子, 七里基督, 吉田康一, 萩原義久,野口範子, John Chirico, Jefferey Atkinson, 二木鋭雄, ビタミン ?-トコフェロールリン酸の細胞および生体への取り込みと抗酸化作用, ビタミンEの進歩, pp. 15-19, 2012, ビタミンE研究会
  • 山中一哲, 斉藤芳郎, 山盛徹, 浦野泰臣, 野口範子, 24S-0HC誘導性細胞死に対するビタミンE類の添加効果, ビタミンEの進歩, pp. 20-25, 2012, ビタミンE研究会
  • 野口範子, Necroptosis医学のあゆみ別冊, pp. 142-144, 2011, 医歯薬出版, 東京
  • 野口範子, HDAC,血管生物医学事典,pp. 386-387, 2011, 朝日書店,東京
  • 野口範子, Nrf,血管生物医学事典,pp. 397-398, 2011, 朝日書店,東京
  • 二木鋭雄,野口範子, 抗酸化ビタミンの相互作用 「ビタミン・ミネラルの科学(五十嵐修,江指隆年編集)」pp.157-165, 2011, 朝倉書店、東京
  • Noguchi N, Saito, Y. Niki E, Uptake, Distribution, and Antioxidant Actions of Tocotrienol in Cultured Cells. Tocotrienols: Vitamin E Beyond Tocopherols, pp 159-167, CRC Press, UK, 2008
  • 野口範子, 動脈硬化症と酸化ストレス「酸化ストレスの医学(吉川敏一編集)」pp.240-247, 2008,診断と治療社,東京
  • 野口範子, 酸化ストレス 「ストレスの科学と健康(二木鋭雄編著)」,pp.38-43,2008 共立出版,東京
  • 太田好次、阿部皓一、野口範子, 抗酸化ビタミンの大規模臨床試験 「酸化ストレスと心血管病(横山光宏、藤田敏郎編集)」,pp.275-279, 2007,日本医学出版,東京
  • 野口範子, 抗酸化ビタミン 「酸化ストレスと心血管病(横山光宏、藤田敏郎編 集)」,pp.255-258, 2007,日本医学出版,東京
  • 野口範子, DNAマイクロアレイを用いた遺伝子発現解析,レドックス/ストレス防御の医学(谷口直之監)医学のあゆみ別冊,151-156,2005, 医師薬出版
  • 二木鋭雄,野口範子,内田浩ニ編集, 酸化ストレスマーカー、2005. 5, 学会出版センター,東京
  • 野口範子, 抗酸化物質の新規機能の追究,酸化ストレス/フリーラジカル医学生物学の最前線 (吉川敏一監) 医学のあゆみ別冊, pp. 142-144, 2001, 医歯薬出版, 東京
  • H. Shi, N. Noguchi, E. Niki, Natural antioxidants,Antioxidants in food. (F. Dodds ed.), Chapter 3, 2001, Woodhead Publishing Limited
  • 野口範子, 老化の制御方法,老化に対する防御機構 (吉川敏一監) pp. 61-68, 2001, シーエムシー, 東京
  • H. Shi, N. Noguchi, E. Niki, Galvinoxyl method for standardizing electron and proton donation activity. Methods in Enzymology, 335, 157-166, 2001, Academic Press, New York
  • 野口範子, 血管の老化とフリーラジカル,老化予防食品の開発 (吉川敏一監) pp. 79-85,1999, シーエムシー, 東京
  • N. Noguchi, K. Nishino, E. Washio, H. Shi, E. Niki, Action of ginkgo biloba extract as an antioxidant. Antioxidants & Disease (N. J. Temple ed.), pp. 131-140, 1999, CAB International, Oxford
  • 野口範子, 動脈硬化,抗酸化物質のすべて(吉川敏一編), pp. 241-247, 1998, 先端医学社, 東京
  • 野口範子, プロブコール,抗酸化物質のすべて(吉川敏一編), pp. 200-205, 1998, 先端医学社, 東京
  • N. Noguchi, E. Niki, Chemistry of oxygen species and antioxidant. Antioxidant Status, Diet, Nutrition and Health (A.M. Papas ed.), pp. 3-20, 1998, CRC press, FL
  • N. Noguchi, Y. Okimoto, O. Cynshi, T. Kodama, E. Niki, Inhibition of oxidative modification of low density lipoprotein by novel antioxidant BO-653 prepared by theoretical design. Nutirition, Lipids, Health, and Disease (L. Packer, ed.), pp. 139-152, 1998,
  • E. Niki, N. Noguchi, Protection of human low-density lipoprotein from oxidative modification by vitamin C. Vitamin C in health and disease, (L. Packer, E. Cadenas, eds), pp. 183-192, 1997, Marcel Dekker, New York
  • N. Noguchi, E. Niki, Inhibition of plasma cholesterol ester hydroperoxide and phosphatidylcholine hydroperoxide formation as measures of antioxidant status. Methods in Enzymology (D.B. MacCormick, J.W. Suttie, C. Wagner eds.), 282, 271-278, 1997, Academic
  • N. Noguchi, E. Niki, Antioxidant properties of ebselen. Handbook of Synthetic Antioxidants (L. Packer, E. Cadenas, eds), pp. 285-303, 1997, Marcel Dekker, New York
  • E. Niki, N. Noguchi, Antioxidant properties of probucol,Handbook of Synthetic Antioxidants (L. Packer, E. Cadenas, eds), pp.225-239, 1997, Marcel Dekker, New York
  • 二木鋭雄,野口範子, フリーラジカルによる各種疾病の発症と抗酸化物による予防新食品機能材料の開発 (太田明一監) ,pp. 28-36,1996, シーエムシー, 東京
  • E. Niki, N. Noguchi, M. Iwatsuki, Antioxidant Activities of Phenolic Compounds in Solutions, Membranes, and Lipoproteins. Nutrition, Lipids, Health, and Disease (A. S. H. Ong., E. Niki, L. Packer,eds.) pp. 1-7, 1995, AOCS Press, Champaign, IL
  • 野口範子, 細胞分画法,過酸化脂質 フリーラジカル実験法 生物化学実験法34(島崎弘幸,五十嵐脩編)pp.192-198,1995, 学会出版センター, 東京
  • E. Niki, N. Noguchi, N. Gotoh, H. Sakai,
  • N. Noguchi, E. Niki, Apo B protein oxidation in LDL. Oxygen radicals in biological systems, part C, Methods in Enzymology (L. Packer ed.) 233, 490-494, 1994, Academic Press, Calif.
  • 野口範子,後藤直宏,二木鋭雄, LDLの酸化とその抑制,フリーラジカルの臨床 7(近藤元治監,大柳善彦,吉川敏一編)pp. 49-54, 1993, 日本医学館, 東京
  • 二木鋭雄,野口範子, 生体内に生じるフリーラジカル,体内動態と生体傷害機序(近藤元治編)最新医学からのアプローチ4 「フリーラジカル」分担執筆,pp. 7-26, 1992, メジカルビュー社, 東京
  • 河野邦雄,大野良樹,野口範子, 神経細胞の構造的研究法,
  • Noriko Noguchi, Ebselen, a useful tool for understanding cellular redox biology and a promissing drug candidate for use in human diseases. Arc. Biochem. Biophys. 595, 109-112, 2016
  • 野口範子, 脳のコレステロール代謝と神経変性疾患,生物の科学,70, 225-229, 2016
  • 山中一哲,野口範子, 新しい細胞死ネクロトーシス?プログラムされたネクローシス?,DOJINDO NEWS, 145, 1-6, 2012
  • 斎藤,野口, 脂質酸化物により誘導される適応反応のメカニズム,放射線生物研究 45, 160-169, 2010
  • 山盛、野口, 酸化ストレスと老化/寿命を結びつけるタンパク質―p66shc 放射線生物研究 43, 261-271, 2008
  • Noriko Noguchi, Role of oxidative stress in adaptive responses in special reference to atherogenesis, J. Clin. Nutr. Biol. 43, 131-138 , 2008
  • 野口範子, 生体の酸化傷害とその防御機構,フレグランスジャーナル, 2, 12-17, 2008, フレグランスジャーナル社
  • 野口範子, 遺伝子で応える細胞のストレス応答,日本薬理学雑誌、129, 85-88, 2007, 日本薬理学会
  • 野口範子, 過酸化物調整機構としての肝,The Lipid, 17: 28-32, 2006, メディカルレビュー社
  • 野口範子, 酸化ストレスと遺伝子発現,アンチ・エイジング医学, 2: 97-101, 2006, メディカルレビュー社
  • 野口範子, 酸化脂質はどのように動脈硬化を進行させるか?,Vascular Medicine, 2: 33-39, 2006, 先端医学社
  • J.W. Zmijewski, A. Landar, N Watanabe, D.A. Dickinson, N. Noguchi, V.M. Darley-Usmar,Cell signalling by oxidized lipids and the role of reactive oxygen species in the endothelium. Review Biochem. Soc. Trans., 33, 1385-1389, 2005.
  • 野口範子, 酸化?還元による細胞機能の制御,生化学ミニレビュー,日本生化学会, 77: 659-663, 2005
  • 野口範子, 酸化ストレスによる血管内皮細胞の遺伝子応答プロファイリング,血管医学, 6: 41-45, 2005, メジカルビュー社
  • 野口範子, オキシステロールの生物活性と血管,血管医学, 5: 13-18, 2004, メジカルビュー社
  • 野口範子, 酸化脂質の生成メカニズムと生物学的作用,The Lipid, 15: 33-38, 2004,メディカルレビュー社
  • E. Niki, N. Noguchi, Dynamics of antioxidant action of vitamin E. Accounts of Chemical Research, 37: 45-51, 2004
  • 野口範子, 運動に関連する酸化ストレスと抗酸化作用,日本運動生理学雑誌, 10: 1-8, 2003
  • 二木鋭雄, 野口範子, トコトリエノールの生理作用,ビタミン, 77: 172-175, 2003
  • E. Niki, N. Noguchi, Effects of antioxidants against atherosclerosis. Mol. Cell. Biochem., 234: 19-25, 2002
  • 野口範子, 抗酸化物質による血管障害の防御,血管医学, 3:41-47, 2002 , メジカルビュー社
  • 野口範子, 酸化ストレスと動脈硬化,
  • 二木鋭雄, 野口範子, ストレスの生命科学,オレオサイエンス、1(5), 509-514, 2001
  • N. Noguchi, E. Niki, Evaluation of antioxidant capacity. What capacity is being measured by which method? IUBMB Life, 50, 323-329, 2001
  • 二木鋭雄, 野口範子, CHAOS [Cambridge Heart Antioxidant Study],日本臨床, 高脂血症(下巻), 59,3, 448-451, 2001
  • 野口範子, ラジカル消去を作用機序とする疾患治療薬,日本病院薬剤師会雑誌, 37,29(205)-31(207), 2001
  • 野口範子, Gombergのフリーラジカル発見から100年,ISOTOPE NEWS, No. 559, 24-28, 2000
  • N. Noguchi, A. Watanabe, H. Shi, Diverse functions of antioxidants. Free Rad. Res., 33, 809-817, 2000
  • N. Noguchi, E. Niki, Phenolic antioxidants: A rationale for design and evaluation of novel antioxidant drug for atherosclerosis. Free Rad. Biol. Med., 28, 1538-1546, 2000
  • 野口範子, 生体にとってフリーラジカルとは何か,ヒューマンサイエンス, 10, 16-18, 1999, ヒューマンサイエンス振興財団
  • N. Noguchi, E. Niki, Dynamics of vitamin E action against LDL oxidation.Free Rad. Res., 28, 561-572, 1998
  • 野口範子, 二木鋭雄, 酸化変性のメカニズム, 治療学, 32, 9-15, 1998, ライフサエンス出版
  • 野口範子, 新規抗酸化物質の設計・合成とその活性評価, 日本油化学会誌, 46, 1167-1174, 1997
  • 野口範子,二木鋭雄, 生体の酸化傷害と防御機構, FRAGNANCE JOURNAL , April, 9-16, 1997
  • 野口範子, 酸化LDL,臨床栄養, 85, NO.7, 802-808, 1994, 医歯薬出版
  • 野口範子, 動脈硬化と過酸化脂質,Geriatric Medicine, 32, No.9, 1047-1053, 1994, ライフサイエンス出版
  • 野口範子, 血管とフリーラジカル, フリーラジカルの臨床, Mebio 11, No.4, 36-42, 1993, メジカルビュー社
  • E. Niki, N. Noguchi, N. Goto, Inhibition of oxidative modification of low dinsity lipoprotein by antioxidants. J. Nutr. Sci. Vitaminol., 39, S1-S8, 1993
  • 野口範子, 動脈硬化, Up date フリーラジカルー基礎と臨床 現代医療 25, 89-95, 1993, 現代医療社
  • E. Niki, N. Noguchi, N. Gotoh, Dynamics of lipid peroxidation and its inhibition by antioxidants. Mechanisms of free radical damage in the vascular and central nervous systems and control by antioxidant intervention, Biochem. Soc. Transact., 21, 313-317,
  • 野口範子,二木鋭雄, LDLの酸化とその抑制,実験医学 10, 42-47, 1992, 羊土社

Works

  • トコフェロールの抗酸化作用
    2000年 -2001年
  • α, γ-トコフェロールとトコトリエノールの抗酸化作用と遺伝子発現制御に関する研究
    2001年
  • にんにく抽出物の抗酸化作用
    1999年 -2000年

特許

  • Aβ産生抑制剤
    浦野 泰臣, 野口 範子, 髙八 美菜
    特願2019-205225
  • 経鼻投与用医薬組成物
    2016-222605
  • 細胞死抑制剤
    第6143435号
  • 「ヒドロキシコレステロール脂肪酸エステルの検出方法」
    2015-186371
  • 2型糖尿病の治療及び/又は予防薬
    2013-175612
  • 細胞死抑制剤
    2012-242950
  • 生体の抗酸化能測定方法
    2011-181963
  • 過酸化脂質の測定方法
    2011-260819
  • 含硫アミノ残基を含むポリペプチドに対する抗体
    2012-028138
  • 内皮細胞防御剤および抗アテローム性動脈硬化剤
    特許2004-11月出願
  • 低比重リポタンパクの酸化変性防止剤および抗アテローム性動脈硬化剤
    特許2004-089925
  • 低比重リポタンパクの酸化変性防止剤および抗アテローム性動脈硬化剤
    特許2004-150811
  • 抗酸化力増強剤
    特許2002-83138
  • 細胞の過酸化の分析方法
    特許2000-311821

競争的資金等の研究課題

  • 皮膚細胞を保護するタンパク質の分泌機構の解明と分泌促進因子の探索
    公益財団法人コスメトロジー研究振興財団, コスメトロジー研究振興財団研究助成, 2017年12月 -2019年03月, 野口 範子
  • コレステロール酸化物が誘導する神経細胞死に対するビタミンEの抑制機構
    独立法人日本学術振興会, 科学研究費基盤C, 2016年 -2019年, 野口 範子
  • 抗酸化物貭による遺伝子発現制御
  • 活性酵素フリーラジカルによる生体の傷害とその防御機構

社会貢献活動

  • 世界学生環境サミット, 助言・指導;企画, 同志社大学, サミット, 2018年08月26日 - 2018年08月30日, その他

産官学連携研究

  • 共同研究等希望テーマ:ビタミンEの遺伝子発現制御
    備考:大学等の研究機関との共同研究を希望
  • 共同研究等希望テーマ:Effects of anti-atherogenic drag on different animal species
    備考:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望

研究シーズ

  • オキシステロール誘導性細胞死抑制剤、及びそのスクリーニング系
    キーワード:医薬品 創薬 神経変性疾患 アルツハイマー病 ACAT
    研究テーマの分野:医療・創薬, ライフサイエンス
    関連研究者所属・研究者名:生命医科学部・浦野泰臣
    概要:コレステロールのエステル化酵素であるacyl-CoA:cholesterol acyltransferase(ACAT)は、脂質異常症治療の標的として阻害剤が開発されてきた。我々はACAT阻害剤がアルツハイマー病発症に関わるアミロイドβ産生を減少させることや、脳特異的オキシステロール誘導性の神経細胞死を抑制することを見出し、ACATを標的とした阻害剤がアルツハイマー病の根本治療薬として有効である可能性を示し、治療薬としての応用を目指している。また、ACAT阻害剤が他のオキシステール誘導性細胞死に対しても有効性があることを明らかにしたほか、オキシステロール誘導性細胞死抑制剤のスクリーニング法を開発している。
    使用用途、応用例等:オキシステロールの蓄積により誘導される細胞死の抑制法の開発,治療薬の提案