北岸 宏亮
キタギシ ヒロアキ
理工学部機能分子・生命化学科
教授
Last Updated :2020/10/31

研究者情報

基本項目

  • 科研費研究者番号

    60448090

経歴

  • 大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻招聘研究員, 2006年 - 2008年

学歴

  • 同志社大学, 工学研究科, 2006年
  • 同志社大学, 2006年
  • 奈良先端科学技術大学院大学, 物質創成科学研究科, 2003年
  • 奈良先端科学技術大学院大学, 2003年
  • 同志社大学, 工学部, 2001年
  • 同志社大学, 2001年

学位

  • 博士(工学), 同志社大学
  • 修士(工学), 奈良先端科学技術大学院大学

所属学協会

  • ペプチド化学会
  • シクロデキストリン学会
  • 日本化学会

受賞

  • 第15回シクロデキストリン学会奨励賞
    2011年, JPN
  • BMRC賞 (同志社大学バイオミメティックス研究センター)
    2004年, JPN

論文

  • Supramolecular Complexation in Biological Media: NMR Study on Inclusion of an Anionic Tetraarylporphyrin into a Per‐ O ‐Methylated β‐Cyclodextrin Cavity in Serum, Blood, and Urine
    Hiroaki Kitagishi, Mai Saito, Qiyue Mao, Akiko Kiriyama, Shigeru Negi, Koji Kano
    Chemistry – An Asian Journal, Wiley, 2019年10月
  • Design and Biological Evaluation of Manganese‐ and Ruthenium‐Based Hybrid CO‐RMs (HYCOs)
    Anthony Ollivier, Roberta Foresti, Zeina El Ali, Thierry Martens, Hiroaki Kitagishi, Roberto Motterlini, Michael Rivard
    ChemMedChem, Wiley, 14(18)1684 , 2019年09月
  • Preparation, characterization, and study of the antimicrobial activity of a Hinokitiol-copper(II)/γ-cyclodextrin ternary complex
    Suzuki R, Inoue Y, Murata I, Nomura H, Isshiki Y, Hashimoto M, Kudo Y, Kitagishi H, Kondo S, Kanamoto I
    Journal of Molecular Structure, 119419 - 27, 2019年
  • Hydrogen bond directed molecular recognition in water in a strapped-porphyrin-cyclodextrin assembly
    Kitagishi H, Ohara K, Shimoji D, Vonesch M, Weiss J, Wytko J.A
    Journal of Porphyrins and Phthalocyanines, 23(4-5)569 - 574, 2019年
  • Arginine residues provide a multivalent effect for cellular uptake of a hemoprotein assembly
    Oohora K, Kajihara R, Jiromaru M, Kitagishi H, Hayashi T
    Chemistry Letters, 48(3)295 - 298, 2019年
  • Acceleration of hydrolytic DNA cleavage by dicopper(II) complexes with p-cresol-derived dinucleating ligands at slightly acidic pH and mechanistic insights
    Kodera M, Kadoya Y, Aso K, Fukui K, Nomura A, Hitomi Y, Kitagishi H
    Bulletin of the Chemical Society of Japan, 739 - 747, 2019年
  • Circadian clock disruption by selective removal of endogenous carbon monoxide
    Saika Minegishi, Ikuko Sagami, Shigeru Negi, Koji Kano, Hiroaki Kitagishi
    Scientific Reports, Springer Nature, 8(1), 2018年12月
  • Optimized synthesis of a per-O-methylated β-cyclodextrin dimer linked at the secondary face by a pyridine ligand
    Qiyue Mao, Hiroaki Kitagishi
    Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry, Springer Science and Business Media {LLC}, 93(1-2)67 - 76, 2018年09月
  • Intramolecular Oxidative O-Demethylation of an Oxoferryl Porphyrin Complexed with a Per-O-methylated β-Cyclodextrin Dimer
    Kitagishi H, Kurosawa S, Kano K
    Chemistry - An Asian Journal, 11(22)3213 - 3219, 2016年11月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Supramolecular intracellular delivery of an anionic porphyrin by octaarginine-conjugated per-O-methyl-β-cyclodextrin
    Kitagishi H, Chai F, Negi S, Sugiura Y, Kano K
    Chemical Communications, 51(12)2421 - 2424, 2015年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Intracellular delivery of anionic meso-tetraarylporphyrin-per-o-methylated β-cyclodextrin supramolecular complexes by an oligoarginine carrier peptide
    Kitagishi H, Minami K, Kano K
    Chemistry Letters, 43(7)1095 - 1097, 2014年07月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Intramolecular oxidative o-demethylation in a per-o-methylated β-cyclodextriniron porphyrin inclusion complex in aqueous solution
    Ueda T, Kumeda S, Kitagishi H, Kano K
    Chemistry Letters, 42(11)1366 - 1368, 2013年11月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Cellular uptake of octaarginine-conjugated tetraarylporphyrin included by per-O-methylated β-cyclodextrin
    Kitagishi H, Hatada S, Itakura T, Maki Y, Maeda Y, Kano K
    Organic and Biomolecular Chemistry, 11(19)3203 - 3211, 2013年, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Functionalization of a protein surface with per-O-methylated β-cyclodextrin
    H. Kitagishi, K. Kashiwa, K. Kano
    Biopolymers, 97(1)11 - 20, 2012年01月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Colorful Virus-like Particles: Fluorescent Protein Packaging by the Qβ Capsid
    J.-K. Rhee, M. Hovlid, J. D. Fiedler, S. D. Brown, F. Manzenrieder, H. Kitagishi, C. Nycholat, J. C. Paulson, M. G. Finn
    Biomacromolecules, 12(11)3977 - 3981, 2011年11月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Preparation and Reactivity of a Tetranuclear Fe(II) Core in the Metallothionein α-Domain
    Y. Sano, A. Onoda, R. Sakurai, H. Kitagishi, T. Hayashi
    Journal of Inorganic Biochemistry, 105(5)702 - 708, 2011年05月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • 水中で二原子分子(O2,CO,NO)を捕捉する完全合成化合物
    北岸 宏亮, 加納 航治
    人工血液, 17(4)160 - 168, 2009年
  • Anion binding to a ferric porphyrin complexed with per-O-methylated β-cyclodextrin in aqueous solution
    Kano K, Kitagishi H, Tamura S, Yamada A
    Journal of the American Chemical Society, 126(46)15202 - 15210, 2004年11月, 英語, 研究論文(学術雑誌)
  • Heptakis(2,3-di-O-carboxymethyl)-β-cyclodextrin as a pH-sensitive host
    K. Kano, Y. Horiki, T. Mabuchi, H. Kitagishi
    Chemistry Letters, 33(9)1086 - 1087, 2004年09月, 英語, 研究論文(学術雑誌)

研究シーズ

  • 有毒ガスでありながら生体内シグナルガスとしても注目される一酸化炭素の生体内除去およびデリバリーツール
    キーワード:一酸化炭素, CO, hemoCD, CORM, デリバリー
    研究テーマの分野:ライフサイエンス, 化学・ナノテク・素材, 医療・創薬
    概要:一酸化炭素(CO)は有毒ガスであるが,体内には微量のCOが含まれており,細胞を保護するための重要な機能を有する。COは一酸化窒素(NO)と同じく生体内ガスでありながら異なる作用機序を有するために,NOとはちがう新しい医療応用の領域が存在すると考えられるが,未だそれに注目している研究者は少ない。
    我々は生体からCOだけを選択的に除くツールhemoCD,生体内に微量COを届けるCORMを開発し,これらを用いて有毒ガスであるCOがどのようなしくみで生体に作用して有利な効果を示すのかをテーマに生命科学研究を進めている。
    特許情報:特開2010-194475
    特願2019-040610
  • 低分子薬物およびタンパク質性薬物の効率のよい細胞内送達を可能にするドラッグデリバリーツール
    キーワード:ドラッグデリバリーシステム、DDS、細胞膜透過性、シクロデキストリン、膜透過性ペプチド
    研究テーマの分野:医療・創薬, ライフサイエンス, 化学・ナノテク・素材
    概要:試験管内では高い薬理効果が確認できる低分子薬物やタンパク質性薬物であっても、細胞膜透過性が乏しいために実際には効果を示さないことがある。我々は、薬物の効率のよい細胞内送達を可能にするドラッグデリバリーツールとして、食品としても使用される水溶性ホスト分子であるシクロデキストリン(CD)に膜透過性ペプチドであるオクタアルギニン(R8)を付与したR8-CDを設計し、R8-CDの空洞内にさまざまな分子を包接して細胞内へとデリバリーできる系を確立した。本法は簡便で薬物への化学的修飾がきわめて少ない、非共有結合性相互作用による細胞内デリバリー法である。

    R8-CDに包接可能な小分子は、効率よく細胞内に送達された。またタンパク質のような巨大分子であっても、表面に被包接部位があれば効率よく細胞内に運ばれることがわかった。タンパク質の被包接部位は、元からある表面残基で良く、なければアダマンチル基を後から導入することが可能である。従って、タンパク質に直接R8等の膜透過性タグを付加する場合に比べて、活性への影響がより低減されると推察される。

    使用用途、応用例等:
    ・膜透過性の乏しい薬物の細胞内デリバリー
    ・スキンケア用品や育毛剤などの細胞内浸透の補助剤
    ・細胞間融合を促進する薬剤、人工授精補助剤などに使える可能性もある
    備考:
    【論文】
    H. Kitagishi, et al., Chem. Comm. 2015, 51, 2421–2424.

    特許情報:特許第6180241号