越前 俊也
エチゼン トシヤ
文学部美学芸術学科
博士後期課程教授
Last Updated :2021/09/18

研究者情報

  • 性別

  • 生年月日

    1958年09月22日
  • メールアドレス

    techizenmail.doshisha.ac.jp

研究キーワード

  • 公共性
  • 博物館学
  • 現代美術

研究分野

  • 人文・社会/博物館学

学歴

  • 同志社大学, 文学研究科, 1985年
  • 同志社大学, 1985年
  • 同志社大学, 文学部, 1982年
  • 同志社大学, 1982年

学位

  • 文学修士, 同志社大学
  • 文学博士, 同志社大学

所属学協会

  • 美術史学会
  • 美学会

受賞

  • 第15回『美術史』論文賞
    2016年05月, 美術史学会

論文

  • 広島平和記念公園中心部の変容(一九四九-一九六四) : 「平和広場」の消滅と「平和の灯」設置が意味するもの (井上雅夫先生 退職記念論文集)
    越前 俊也, Toshiya Echizen
    文化学年報 = Annual report of cultural studies, 同志社大学文化学会, 66163 - 188, 2017年03月, 日本語
  • クシシュトフ・ヴォディチコ《ヒロシマ・プロジェクション》再考(第六十六回美学会全国大会発表要旨)
    越前 俊也
    美学, 美学会, 66(2)118 - 118, 2015年, 日本語
  • イサム・ノグチのインターナショナリズム : 一九二八~三一年:パリ-モスクワ-北京-京都 (特集 グローバリズムの方法論と日本美術史研究 : 一国主義と受容研究を越えて) -- (グローバリズムの近現代表象を観る)
    越前 俊也
    美術フォーラム21 = Bijutsu forum 21, 美術フォーラム21 ; 1999-, 3271 - 76, 2015年, 日本語
  • 現代作家紹介 綿引展子--現われの空間
    越前 俊也
    美術フォーラム21, 美術フォーラム21刊行会, 2220 - 26, 2010年, 日本語
  • クシシュトフ・ヴォディチコの「パブリック・プロジェクション」の変容とその意味について
    越前 俊也
    美学, 美学会, 57(2)43 - 56, 2006年, 日本語
  • スライドによる《パブリック・プロジェクション》--その性格と起源
    越前 俊也
    文化学年報, 同志社大学文化学会, 54231 - 259, 2005年03月, 日本語

MISC

  • イサム・ノグチ《プレイ・マウンテン》の形状が意味するところ (岸文和先生 廣田收先生 退職記念論文集)
    越前 俊也
    文化学年報 = Annual report of cultural studies, 同志社大学文化学会, 69(69)1 - 18, 2020年03月, 日本語, 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
  • 原爆ドーム前史 : 産業振興機関としてのその変遷
    越前 俊也, Toshiya Echizen
    人文学, 同志社大学人文学会, (203)1 - 53, 2019年03月, 日本語
  • 損傷と崩落を想う : リーグルの「記念物崇拝」用語から見た原爆ドーム
    越前 俊也
    博物館学年報 = Annual report of the School of Museology, Doshisha University, 同志社大学博物館学芸員課程, (49)81 - 97, 2018年03月, 日本語
  • 現代作家紹介 チェルフィッチュの〈映像演劇〉解釈試論 : 《渚・瞼・カーテン》を手がかりに
    越前 俊也
    美術フォーラム21 = Bijutsu forum 21, 美術フォーラム21 ; 1999-, 38(38)15 - 20, 2018年, 日本語
  • 長岡省吾による被爆資料の収集・公開・展示 : 広島平和記念資料館開館前後の状況について
    越前 俊也, Toshiya Echizen
    人文学, 同志社大学人文学会, (200)1 - 67, 2017年11月, 日本語
  • 広島平和記念公園中心部の変容1949-1964 −「平和広場」の消滅と「平和の灯」設置が意味するもの −
    越前俊也
    文化學年報, (66)163 - 188, 2017年03月, 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
  • 現代作家紹介 B26のフラワー・ボムとバンクシーのフラワー・スローワー : 秩序による「平和」とそれに抗する態度表明について
    越前 俊也
    美術フォーラム21 = Bijutsu forum 21, 美術フォーラム21 ; 1999-, 34(34)19 - 23, 2016年, 日本語
  • イサム・ノグチ《広島の亡き人々のための記念物(メモリアル)》再考
    越前 俊也
    美術史, 美術史學會, 65(1)117 - 132, 2015年10月, 日本語
  • 「豊臣時代品展覧会」(一八九八)と帝国京都博物館
    越前 俊也
    博物館学年報, 同志社大学博物館学芸員課程, 46(46)1 - 34, 2015年03月, 日本語
  • イサム・ノグチの《広島死歿者記念碑》案 : その制作期間と起源について
    越前 俊也, Toshiya Echizen
    文化學年報 = Bunkagaku-Nempo (Annual report of cultural studies), 同志社大学文化学会, 62(62)296 - 319, 2013年03月15日, 日本語
  • 丹下健三「広島計画」と原爆ドーム : 旧産業奨励館が「焼け野原」から「平和の象徴」へ至った経緯について
    越前 俊也, Toshiya Echizen
    文化學年報 = Bunkagaku-Nempo (Annual report of cultural studies), 同志社大学文化学会, 61(61)109 - 148, 2012年03月15日, 日本語
  • 明治二八年開催「時代品展覧会」について--最初の日本美術史大展覧会の内容と開催経緯
    越前 俊也
    博物館学年報, 同志社大学博物館学芸員課程, (41)19 - 44, 2010年03月, 日本語
  • 野島康三の陶磁器写真--柳宗悦と富本憲吉のはざまにあって
    越前 俊也
    美学芸術学, 美学芸術学会, (25)1 - 26, 2009年, 日本語
  • 第四回内国勧業博覧会の美術館--その展示空間と「湊合的観察」について
    越前 俊也
    博物館学年報, 同志社大学博物館学芸員課程, (39)35 - 68, 2008年03月, 日本語
  • 現代作家紹介 陰翳は礼賛されたか--エルネスト・ネトの日本における新作について
    越前 俊也
    美術フォーラム21, 美術フォーラム21刊行会, 18(18)18 - 25, 2008年, 日本語

書籍等出版物

  • イサム・ノグチ モエレ沼公園|Timeless Landscapes 2
    Noguchi, Isamu, 小川, 重雄, 越前, 俊也
    ミルグラフ, 2020年08月, 「モエレ沼公園− 死を生に反転させる庭」
  • 「平和記念」の造営と展示1915-1964 : 広島の陳列館/資料館/公園の50年
    越前, 俊也
    [越前俊也], 2020年, 日本語
  • 「彼女の論理―1980年代の岸本清子の絵と詩文より―」
    越前 俊也, 建畠晢, 三上満良
    『岸本清子作品集』美術出版社, 2009年, 共著, 58−70
  • (翻訳)「ヴォルフガンフ・ケムプによる解説」
    越前 俊也, 共訳)勝國興
    『オランダ集団肖像画』(アロイス・リーグル著)中央公論美術出版, 2007年, 共著, 405–466
  • shape : 変容するかたち展
    長谷川, 祐子, 越前, 俊也, 鷲田, めるろ, 金沢21世紀美術館建設事務局
    金沢市, 2002年11月, 日本語
  • ルノワール
    Renoir, Auguste, Gruitrooy, Gerhard, 佐藤, 幸宏, 越前, 俊也
    日本経済新聞社, 1996年03月, 日本語
  • Tentacle (テンタクル) : 砂澤ビッキ展
    北海道立近代美術館, 砂澤, ビッキ, 北海道新聞社, 越前, 俊也, 平, 利弘
    北海道立近代美術館, 1994年, 日本語
  • 岡部昌生展 : ビッキに触れて
    岡部, 昌生, 中森, 敏夫, Temporary Space, 越前, 俊也, 吉増, 剛造
    Temporary Space, 1991年, 日本語
  • 木のニューウェーブ : イコンの森の思索者たち
    北海道立旭川美術館, 北海道新聞社, 阿部, 典英, 川越, 悟, 土屋, 公雄, 戸谷, 成雄, 深井, 隆, 舟越, 桂, 浅川, 泰, 越前, 俊也
    北海道立旭川美術館 : 北海道新聞社, 1990年11月, 日本語

講演・口頭発表等

  • 野島康三の陶磁器写真――柳宗悦と富本憲吉のはざまにあって――
    越前 俊也
    美学芸術学会, 2009年, 同志社大学神学館

Works

  • 『クシシュトフ・ヴォディチコ「アートと戦争」国際会議記録集』
    2012年
  • 「中原悌二郎と野島康三」『生誕120年野島康三 ある写真家が見た日本近代』展図録
    2009年