髙倉 久志
タカクラ ヒサシ
スポーツ健康科学部スポーツ健康科学科
准教授
Last Updated :2022/12/04

研究者情報

研究キーワード

  • 持久的競技パフォーマンス
  • ミトコンドリア生合成
  • 筋細胞内酸素運搬機序
  • 筋組織
  • シグナル伝達
  • 低酸素環境
  • 持久的トレーニング
  • 有酸素性代謝

研究分野

  • ライフサイエンス / 生理学
  • ライフサイエンス / スポーツ科学 / スポーツ生化学

経歴

  • 同志社大学スポーツ健康科学部 准教授, 2022年04月 - 現在
  • - 同志社大学スポーツ健康科学部 助教, 2012年04月 - 2022年03月
  • 日本学術振興会特別研究員(PD), 2011年04月 - 2012年03月
  • 日本学術振興会特別研究員(DC2), 2010年04月 - 2011年03月

学歴

  • 金沢大学, 大学院自然科学研究科, 生命科学専攻, 2008年04月 - 2011年03月
  • 金沢大学, 大学院教育学研究科, 保健体育専攻, 2006年04月 - 2008年03月
  • 金沢大学, 教育学部, スポーツ科学課程, 2002年04月 - 2006年03月

学位

  • 博士(学術), 金沢大学

所属学協会

  • 日本温泉気候物理医学会
  • 呼吸研究会
  • 日本運動生理学会
  • 日本体力医学会
  • ヨーロッパスポーツ科学会議(ECSS)
  • アメリカ生理学会(APS)
  • アメリカスポーツ医学会(ACSM)

受賞

  • 大塚スポーツ医・科学賞 特別賞, 第73回日本体力医学会大会(アネッサ・パピリン@福井県福井市)2018.09.07-09., 受賞者: 加藤久詞 他5名
    2018年09月
  • 若手研究奨励賞, 京都滋賀体育学会第145回大会(京都)2016. 3., 受賞者: 加藤久詞 他3名
    2016年, 日本
  • 若手研究奨励賞, 京都滋賀体育学会第145回大会(京都), 受賞者: 高倉久志 他8名
    2016年, 日本
  • 北陸体育学会優秀研究奨励賞, 平成23年度北陸体育学会大会(金沢)受賞者:蔭地野稔 他5名
    2012年, 日本
  • 学長表彰, 平成23年3月金沢大学学位記授与式(金沢)受賞者: 高倉久志
    2011年, 日本
  • 北陸体育学会優秀研究奨励賞, 平成21年度北陸体育学会大会(金沢)受賞者:西河和寛 他8名
    2010年, 日本
  • YMSFスポーツチャレンジ助成・特別チャレンジャー賞, 平成21年度ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジ助成修了式(掛川)受賞者:増田和実 他2名
    2010年, 日本
  • 日本運動生理学会奨励賞, 第18回日本運動生理学会大会(鹿児島)受賞者:古市泰郎 他5名
    2010年, 日本
  • American College of Sports Medicine, Noninvasive Investigations of the Neuromuscular System Interest Group Award, American College of Sports Medicine 56th Annual Meeting(Seattle, WA, USA)受賞者: 高倉久志 他3名
    2009年
  • 日本体力医学会新潟大会研究奨励賞, 第64回日本体力医学会大会(新潟)受賞者: 高倉久志 他4名
    2009年, 日本
  • 北陸体育学会優秀研究奨励賞, 平成19年度北陸体育学会大会(金沢)受賞者:古市泰郎 他7名
    2008年, 日本
  • 日本運動生理学会 The Best Young Investigator Award(若手研究者賞最優秀賞), 第16回日本運動生理学会大会(奈良)受賞者:増田和実, 高倉久志
    2008年, 日本

論文

  • Muscle immobilization delays the abrupt change in myoglobin saturation at the onset of muscle contraction.
    Takakura H; Yamada T; Furuichi Y; Hashimoto T; Iwase S, Jue T; Masuda K
    J Phys Fitness Sports Med, 11(2) 87 - 96, 2022年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • 発育期における骨格筋ミトコンドリアの生合成とミオグロビン発現量の連関.
    蔭地野稔; 山田達也; 小間陸嗣; 芝口翼; 高倉久志; 増田和実
    北陸スポーツ・体育学研究, 2 17 - 28, 2021年03月, 研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Localization of myoglobin in mitochondria: implication in regulation of mitochondrial respiration in rat skeletal muscle.
    Rikuhide Koma; Tsubasa Shibaguchi; Claudia Pérez López; Toshihiko Oka; Thomas Jue; Hisashi Takakura; Kazumi Masuda
    Physiological reports, 9(5) e14769 , 2021年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • Homeobox A5 and C10 genes modulate adaptation of brown adipose tissue during exercise training in juvenile rats.
    Hisashi Kato; Takuto Ario; Toshiaki Kishida; Manami Tadano; Seita Osawa; Yuki Maeda; Hisashi Takakura; Tetsuya Izawa
    Experimental physiology, 106(2) 463 - 474, 2021年02月, 研究論文(学術雑誌)
  • Metabolomic Profiles in Adipocytes Differentiated from Adipose-Derived Stem Cells Following Exercise Training or High-Fat Diet.
    Seita Osawa; Hisashi Kato; Yuki Maeda; Hisashi Takakura; Junetsu Ogasawara; Tetsuya Izawa
    International journal of molecular sciences, 22(2), 2021年01月19日, 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of hypoxia exposure after endurance training on muscle oxidative metabolism(和訳中)
    Takakura Hisashi; Takahashi Kazuya; Sudo Mizuki; Ando Soichi; Kato Hisashi; Oosawa Seita; Izawa Tetsuya
    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 9(6) 324 - 324, 2020年11月
  • Exercise Training-Enhanced Lipolytic Potency to Catecholamine Depends on the Time of the Day
    Hisashi Kato; Junetsu Ogasawara; Hisashi Takakura; Ken Shirato; Takuya Sakurai; Takako Kizaki; Tetsuya Izawa
    International Journal of Molecular Sciences, 21(18) 6920 - 6920, 2020年09月21日, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of physical activity and melatonin on brain-derived neurotrophic factor and cytokine expression in the cerebellum of high-fat diet-fed rats.
    Ai Sugiyama; Hisashi Kato; Hisashi Takakura; Seita Osawa; Yuki Maeda; Tetsuya Izawa
    Neuropsychopharmacology reports, 2020年07月18日, 研究論文(学術雑誌)
  • 地域在住高齢者を対象としたコグニサイズとクロレラ摂取の認知機能への効果検証
    野村 友哉; 高倉 久志; 伊藤 祐希; 佐藤 健; 大石 寛; 山口 寛基; 青木 拓巳; 藤島 雅基; 奥村 衣梨; 石井 好二郎
    体力科学, (一社)日本体力医学会, 69(3) 296 - 296, 2020年06月
  • 高齢者を対象としたコグニサイズとクロレラ摂取が認知機能に及ぼす影響およびメタボローム解析による網羅的解析
    野村 友哉; 高倉 久志; 伊藤 祐希; 佐藤 健; 大石 寛; 青木 拓巳; 藤島 雅基; 山口 寛基; 石井 好二郎
    健康支援, 日本健康支援学会, 22(1) 69 - 69, 2020年02月
  • Effect of Short-Term Aerobic Exercise Training on Adropin Levels in Obese Rats.
    Hieda M; Takakura H; Komine H
    J Exer Physiol, 22(7) 64 - 71, 2019年12月, 研究論文(学術雑誌)
  • Mitochondrial Nature Adjusted to Host Cellular Demand and Environment.
    Yamada T; Takakura H; Masuda K
    Adv Exer Sport Physiol, 25(1) 9 - 14, 2019年07月
  • Involvement of Myoglobin in Intracellular Oxygen Transport and Oxidative Metabolism.
    Takakura H; Yamada T; Masuda K
    Adv Exer Sport Physiol, 25(1) 1 - 8, 2019年07月
  • Effect of a 9-week exercise training regimen on expression of developmental genes related to growth-dependent fat expansion in juvenile rats
    Hisashi Kato; Takuya Shibahara; Nazibur Rahman; Hisashi Takakura; Yoshinobu Ohira; Tetsuya Izawa
    Physiological Reports, 6(19), 2018年09月, 研究論文(学術雑誌)
  • 足浴がエネルギー代謝に及ぼす影響の検討
    中村雅俊; 藤堂萌; 海老根直之; 福岡義之; 高倉久志; 北條達也
    日本温泉気候物理学会雑誌, 一般社団法人 日本温泉気候物理医学会, 81(2) 70 - 75, 2018年08月, 研究論文(学術雑誌)
  • Differential response of adipose tissue gene and protein expressions to 4- and 8-week administration of β-guanidinopropionic acid in mice
    Hisashi Kato; Shinya Masuda; Tomotaka Ohira; Luna Ohira; Hisashi Takakura; Yoshinobu Ohira; Tetsuya Izawa
    Physiological Reports, 6(5), 2018年03月, 研究論文(学術雑誌)
  • 運動器温熱療法のエビデンスを求めて.
    北條達也; 田中誠智; 高倉久志; 藤堂萌; 海老根直之
    日本生体電気・物理刺激研究会誌, 日本生体電気・物理刺激研究会, 31 11 - 20, 2017年11月
  • Intracellular oxygen tension limits muscle contraction-induced change in muscle oxygen consumption under hypoxic conditions during Hb-free perfusion.
    Takakura H; Ojino M; Yamada T; Furuichi Y; Hashimoto T; Iwase S; Jue T; Masuda K
    Physiol Rep, 5(2) e13112 , 2017年01月, 研究論文(学術雑誌)
  • Myoglobin and the regulation of mitochondrial respiratory chain complex IV.
    Yamada T; Takakura H; Jue T; Hashimoto T; Ishizawa R; Furuichi Y; Kato Y; Iwanaka N; Masuda K
    J Physiol, 594(2) 483 - 495, 2016年01月15日, 研究論文(学術雑誌)
  • Endurance training facilitates myoglobin desaturation during muscle contraction in rat skeletal muscle.
    Takakura H; Furuichi Y; Yamada T; Jue T; Ojino M; Hashimoto T; Iwase S; Hojo T; Izawa T; Masuda K
    Sci Rep, 5 9403 , 2015年03月24日, 研究論文(学術雑誌)
  • 経穴圧痛による長距離走選手の疲労評価の有用性
    谷口 剛志; 加藤 久詞; 高倉 久志; 井口 順太; 北條 達也
    体力科学, (一社)日本体力医学会, 63(6) 685 - 685, 2014年12月
  • Age-induced muscle atrophy and increase in fatigue resistance.
    Masuda S; Takakura H; Kato H; Izawa T
    J Physical Fitness Sports Med, 3(4) 435 - 439, 2014年, 研究論文(学術雑誌)
  • Interaction between myoglobin and mitochondria in rat skeletal muscle
    Tatsuya Yamada; Yasuro Furuichi; Hisashi Takakura; Takeshi Hashimoto; Yoshiteru Hanai; Thomas Jue; Kazumi Masuda
    Journal of Applied Physiology, 114(4) 490 - 497, 2013年02月15日, 研究論文(学術雑誌)
  • Role of myoglobin in regulating respiration during muscle contraction.
    Masuda K; Yamada T; Ishizawa R a; Takakura H
    J Physical Fitness Sports Med, The Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine, 2(1) 9 - 16, 2013年
  • Effect Of Endurance Training On The O-2 Release Rate And Localization Of Myoglobin
    Hisashi Takakura; Tatsuya Yamada; Yasuro Furuichi; Minoru Ojino; Nobumasa Iwanaka; Satoshi Iwase; Thomas Jue; Kazumi Masuda
    JOURNAL OF GENERAL INTERNAL MEDICINE, 27 388 - 388, 2012年07月
  • Effects Of Endurance Training And Immobilization On The Localization Of Myoglobin In Skeletal Muscle
    Hisashi Takakura; Tatsuya Yamada; Yasuro Furuichi; Minoru Ojino; Nobumasa Iwanaka; Thomas Jue; Kazumi Masuda
    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, 44 349 - 349, 2012年05月
  • Muscle contraction increases carnitine uptake via translocation of OCTN2
    Yasuro Furuichi; Tomoko Sugiura; Yukio Kato; Hisashi Takakura; Yoshiteru Hanai; Takeshi Hashimoto; Kazumi Masuda
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 418(4) 774 - 779, 2012年02月24日, 研究論文(学術雑誌)
  • Muscle Contraction Increases Carnitine Uptake Via The Cellular Redistribution Of OCTN2
    Yasuro Furuichi; Tomoko Sugiura; Yukio Kato; Hisashi Takakura; Yoshiteru Hanai; Kazumi Masuda
    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, 43(5) 808 - 808, 2011年05月
  • Effect Of Endurance Training On The O-2 Release Rate And Localization Of Myoglobin
    Hisashi Takakura; Tatsuya Yamada; Yasuro Furuichi; Minoru Ojino; Nobumasa Iwanaka; Satoshi Iwase; Thomas Jue; Kazumi Masuda
    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, 43(5) 388 - 388, 2011年05月
  • Effects of muscle temperature on muscle oxygenation kinetics during contraction.
    Takakura H; Yamada T; Furuichi Y; Iwanaka N; Masuda K
    北陸体育学会紀要, 47 11 - 19, 2011年
  • Quantification of myoglobin deoxygenation and intracellular partial pressure of O2 during muscle contraction during haemoglobin-free medium perfusion
    Hisashi Takakura; Kazumi Masuda; Takeshi Hashimoto; Satoshi Iwase; Thomas Jue
    Experimental Physiology, 95(5) 630 - 640, 2010年05月, 研究論文(学術雑誌)
  • NIRS measurement of O2 dynamics in contracting blood and buffer perfused hindlimb muscle.
    Masuda K; Takakura H; Furuichi Y; Iwase S; Jue T
    Adv Exp Med Biol, 662 323 - 328, 2010年, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 筋収縮に伴う細胞内外の酸素環境変化と細胞内酸素ヘムタンパクの存在意義
    高倉久志; 増田和実
    北陸体育学会紀要, 46 1 - 12, 2010年
  • 音楽刺激が安静時の心臓血管系の応答に及ぼす影響
    渡邊高由樹; 徳田伸一; 高倉久志; 古市泰郎; 嶋田裕哉; 加登万裕子; 増田和実
    45 1 - 8, 2009年
  • 傾斜歩行時の運動強度の推定
    加登万裕子; 島田裕哉; 古市泰郎; 高倉久志; 増田和実
    日本運動生理学雑誌, 日本運動生理学会事務局, 16(1) 9 - 16, 2009年
  • Effect of intensive interval training during unloading on muscle deoxygenation kinetics
    Y. Furuichi; K. Masuda; H. Takakura; N. Hotta; K. Ishida; K. Katayama; S. Iwase; H. Akima
    International Journal of Sports Medicine, 30(8) 563 - 568, 2009年, 研究論文(学術雑誌)
  • スポーツタイツの着用が自転車運動時の筋内酸素動態に及ぼす影響.
    高倉久志; 増田和実; 長谷川慎
    北陸体育学会紀要, 43 29 - 36, 2007年
  • 筋収縮開始時における骨格筋deoxygenationの線形評価.
    高嶋龍也; 増田和実; 高倉久志; 古市泰郎
    北陸体育学会紀要, 42 1 - 7, 2006年

MISC

  • 筋ミトコンドリアに局在するミオグロビンの含量に対する持久性トレーニングの影響
    KOMA Rikuhide; SHIBAGUCHI Tsubasa; PEREZ-LOPEZ Claudia; TAKAKURA Hisashi; IZAWA Tetsuya; OKA Toshihiko; MASUDA Kazumi
    Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 9(6), 2020年
  • 骨格筋におけるミオグロビンとミトコンドリア内膜との相互作用
    MASUDA Kazumi; SHIBAGUCHI Tsubasa; PEREZ-LOPEZ Claudia; TAKAKURA Hisashi
    Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 7(6), 2018年
  • 時計遺伝子の発現リズムに基づいた運動トレーニングが脂肪分解反応に及ぼす影響
    加藤久詞; 田中剛貴; 増田慎也; 高倉久志; 小笠原準悦; 櫻井拓也; 木崎節子; 大野秀樹; 井澤鉄也
    体力科学, 64(6) 665 , 2015年12月01日
  • PGC-1αの発現抑制がミオグロビン発現量に及ぼす影響について
    高倉 久志; 田中 誠智; 田中 剛貴; 加藤 久詞; 柴原 拓哉; 増田 慎也; 岩中 伸壮; 北條 達也; 稗田 睦子; 井澤 鉄也; 増田 和実
    体力科学, (一社)日本体力医学会, 63(6) 571 - 571, 2014年12月
  • Pgc-1 alpha Expression Is Not Essential For Endurance Training-induced Increase In Myoglobin Expression In Skeletal Muscle
    Hisashi Takakura; Goki Tanaka; Seichi Tanaka; Hisashi Kato; Takuya Shibahara; Shinya Masuda; Nobumasa Iwanaka; Toshimichi Hata; Tetsuya Izawa; Thomas Jue; Kazumi Masuda
    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 46(5) 758 - 758, 2014年05月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 1D04-1 Creatine analogue reduces adipose tissue mass via increased secretion of myostatin(The Proceedings of the 22nd Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology July 19・20, (Okayama)) :
    Masuda Shinya; Kato Hisashi; Ohira Yoshinobu; Takakura Hisashi; Izawa Tetsuya
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 20(4) 96 - 96, 2014年
  • カフェインがミオグロビンタンパク質合成に及ぼす影響
    岩中 伸壮; 石澤 里枝; 山田 達也; 高倉 久志; 橋本 健志; 横川 拓海; 増田 和実
    体力科学, (一社)日本体力医学会, 62(6) 521 - 521, 2013年12月
  • 持久的トレーニングが筋細胞内酸素運搬タンパクを増加させる分子機序の解明
    高倉 久志; 増田 慎也; 加藤 久詞; 田中 剛貴; 岩中 伸壮; 井澤 鉄也; 増田 和実
    体力科学, (一社)日本体力医学会, 62(6) 578 - 578, 2013年12月
  • Muscle Oxygen Consumption Is Regulated By Oxygen Gradient During Contraction With Hypoxic Perfusion
    Minoru Ojino; Hisashi Takakura; Thomas Jue; Satoshi Iwase; Kazumi Masuda
    JOURNAL OF GENERAL INTERNAL MEDICINE, SPRINGER, 27 388 - 388, 2012年07月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Interaction Of Mitochondria And Oxygen Binding Protein In Skeletal Muscles
    Tatsuya Yamada; Yasuro Furuichi; Hisashi Takakura; Takeshi Hashimoto; Yoshiteru Hanai; Thomas Jue; Kazumi Masuda
    JOURNAL OF GENERAL INTERNAL MEDICINE, SPRINGER, 27 309 - 309, 2012年07月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 身体活動水準の変化がミオグロビンとミトコンドリアの共局在性に及ぼす影響について
    高倉 久志; 古市 泰郎; 山田 達也; 岩中 伸壮; 蔭地野 稔; 岩瀬 敏; 増田 和実
    体力科学, (一社)日本体力医学会, 60(6) 656 - 656, 2011年12月
  • 骨格筋培養細胞を用いたカルニチン取り込み活性調節機序の検証
    古市 泰郎; 岩中 伸壮; 高倉 久志; 山田 達也; 橋本 健志; 増田 和実
    体力科学, (一社)日本体力医学会, 60(6) 689 - 689, 2011年12月
  • Muscle Oxygen Consumption Is Regulated By Oxygen Gradient During Contraction With Hypoxic Perfusion
    Minoru Ojino; Hisashi Takakura; Thomas Jue; Satoshi Iwase; Kazumi Masuda
    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 43(5) 388 - 388, 2011年05月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Interaction Of Mitochondria And Oxygen Binding Protein In Skeletal Muscles
    Tatsuya Yamada; Yasuro Furuichi; Hisashi Takakura; Takeshi Hashimoto; Yoshiteru Hanai; Thomas Jue; Kazumi Masuda
    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 43(5) 309 - 309, 2011年05月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • カルニチンの細胞内輸送の促進が骨格筋の持久性能力に及ぼす影響
    増田 和実; 古市 泰郎; 高倉 久志; 花井 淑晃; 橋本 健志; 狩野 豊
    健康医科学研究助成論文集, (公財)明治安田厚生事業団, (26) 102 - 109, 2011年03月
  • 2-C-05 Effect of myoglobin functional blockade on the interaction of myoglobin with mitochondria(The Proceedings of the 19th Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology August 25・26, (Tokushima)) :
    YAMADA Tatsuya; FURUICHI Yasuro; TAKAKURA Hisashi; OJINO Minoru; MASUDA Kazumi
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 17(2) 77 - 77, 2011年
  • 2-C-06 Contribution of myoglobin-mediated oxygen delivery to oxygen uptake response at the onset of muscle contraction in hypoxia(The Proceedings of the 19th Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology August 25・26, (Tokushima)) :
    OJINO Minoru; TAKAKURA Hisashi; MASUDA Kazumi
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 17(2) 78 - 78, 2011年
  • 1-B-08 Contraction-induced change in subcellular localization of carnitine transporter(OCTN2)(The Proceedings of the 19th Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology August 25・26, (Tokushima)) :
    FURUICHI Yasuro; TAKAKURA Hisashi; YAMADA Tatsuya; MASUDA Kazumi
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 17(2) 59 - 59, 2011年
  • 筋細胞内におけるミトコンドリアと酸素供給タンパクの共局在
    山田 達也; 古市 泰郎; 橋本 健志; 花井 淑晃; 高倉 久志; 岩中 伸壮; 増田 和実
    体力科学, (一社)日本体力医学会, 59(6) 630 - 630, 2010年12月
  • 持久的トレーニングが筋収縮中の細胞内酸素運搬メカニズムに及ぼす影響について
    高倉 久志; 古市 泰郎; 山田 達也; 岩中 伸壮; 岩瀬 敏; 増田 和実
    体力科学, (一社)日本体力医学会, 59(6) 728 - 728, 2010年12月
  • 1A-O-6 Localization and fiber type specific expression of carnitine/organic cation transporter (OCTN2) in skeletal muscles(The Proceedings of the 18th Annual Meetings of Japan Society Exercise and Sports Physiology Jury 31 August 1, (Kagoshima)) :
    FURUICHI Yasuro; TAKAKURA Hisashi; YAMADA Tatsuya; HANAI Yoshiteru; HASHIMOTO Takeshi; MASUDA Kazumi
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 16(2) 45 - 45, 2010年
  • 1A-O-4 The effect of endurance training on the intracellular oxygen release rate from myoglobin at the onset of muscle contraction(The Proceedings of the 18th Annual Meetings of Japan Society Exercise and Sports Physiology Jury 31 August 1, (Kagoshima)) :
    TAKAKURA Hisashi; MASUDA Kazumi
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 16(2) 44 - 44, 2010年
  • 1-P-2 Co-localization of mitochondria and oxygen binding proteins in skeletal muscles(The Proceedings of the 18th Annual Meetings of Japan Society Exercise and Sports Physiology Jury 31 August 1, (Kagoshima)) :
    YAMADA Tatsuya; FURUICHI Yasuro; TAKAKURA Hisashi; HASHIMOTO Takeshi; HANAI Yoshiteru; MASUDA Kazumi
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 16(2) 61 - 61, 2010年
  • 1-O-30 The effect of immobilization on the intracellular O_2 dynamics during muscle contraction(The Proceedings of the 17th Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology Jury 25-26, (Tokyo)) :
    TAKAKURA Hisashi; MASUDA Kazumi
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 15(2) 63 - 63, 2009年
  • 156. 筋収縮時における細胞内酸素分圧の変化(呼吸・循環,一般口演,第63回日本体力医学会大会)
    高倉久志; 増田和実; 岩瀬敏
    体力科學, 日本体力医学会, 57(6), 2008年12月01日
  • 2.筋収縮時における細胞内酸素環境変化の検出(一般口演,第20回日本体力医学会北陸地方会)
    増田 和実; 高倉 久志; 古市 泰郎
    体力科學, 日本体力医学会, 57(4) 513 - 513, 2008年08月01日
  • 1P-Y-20 Immediate decline of intracellular oxygenation at onset of contraction and its relation to muscle oxygen demand(The Proceedings of the 16th Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology August 2-3, (Nara)) :
    Masuda Kazumi; Takakura Hisashi
    Advances in exercise and sports physiology, Japan Society of Exercise and Sports Physiology, 14(4) 106 - 106, 2008年
  • 125. 片脚サスペンジョン中のインターバルトレーニングが下肢筋酸素動態に及ぼす影響(呼吸・循環,第62回日本体力医学会大会)
    古市 泰郎; 増田 和実; 高倉 久志; 堀田 典生; 石田 浩司; 片山 敬章; 秋間 広
    体力科學, 日本体力医学会, 56(6) 641 - 641, 2007年12月01日
  • Effect of Muscle Temperature on the Oxygenation Kinetics During Contraction
    Hisashi Takakura; Yasuro Furuichi; Kazumi Masuda
    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 38(5) S224 - S224, 2006年05月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Faster Rate Of Tissue Oxygen Extraction During Contraction After Short Period Of Resistance Training
    Kazumi Masuda; Hisashi Takakura; Hiroshi Akima; Ryuta Kinugasa; Thomas Jue
    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS, 37 S390 - S391, 2005年05月, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

書籍等出版物

  • 図解スポーツ健康科学入門
    北條, 達也(リハビリテーション科学)
    金芳堂, 2020年04月
  • 身体運動と呼吸・循環機能
    真興交易(株)医学部出版部, 2012年

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 低酸素トレーニングによる特異的適応を効率的に獲得するトレーニングプログラムの検証
    高倉 久志
    効果的に持久力を向上させると考えられているトレーニング方法の一つに、低酸素トレーニングが挙げられる。しかしながら、低酸素への暴露によって末梢組織への酸素供給能力は著しく向上する一方で、低酸素刺激による骨格筋の酸素利用能力の変化については曖昧なままである。そこで本研究では、運動トレーニングによる酸素利用能力への効果を維持したまま、低酸素環境特異的な適応を得られるようなトレーニングプログラムを開発することを目的とし、低酸素環境を利用した一過性運動が有酸素性代謝能力に及ぼす影響について検討した。 被験動物には9週齢のWistar系雄性ラットを用いた。通常の実験環境に1週間馴化させた後、無作為にコントロール群(Con群)、低酸素環境下で持久的運動を実施する群(EUH群)、持久的運動後に低酸素曝露する群(HAE群)、常酸素環境下での運動群(EUN群)に分類した。トレッドミルを斜度5°に固定し、各群の環境下で40分間の持久的運動を実施した。HAE群とNE群における運動負荷は漸増負荷形式とし、15 m/minを10分、20 m/minを10分、23 m/minを10分、25 m/minを10分で実施した。EUH群はHAE群とNE群の8割の速度で一過性運動を実施した。 腎臓におけるエリスロポエチンのmRNAは低酸素暴露のみの刺激によって増加するものの、運動の刺激が加わることによってmRNA発現の増加が認められなくなった。また、骨格筋においては血管増殖因子であるVegfやミトコンドリア生合成の鍵因子であるPgc1αのmRNAはEUH群とHAE群とで似たような応答を示したことから、常酸素環境下での一過性持久的運動後の短時間低酸素暴露であっても酸素供給系および利用系に影響を及ぼすことが示唆された。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(A), 2017年04月 -2021年03月, 競争的資金, 若手研究(A), 同志社大学
  • 炎症性サイトカインの抑制はトレーニングによるミトコンドリア生合成促進を助長するか
    高倉 久志
    本研究計画においては、持久的競技パフォーマンスに深く関わるミトコンドリアが高脂肪食や持久的トレーニングに対してどのような影響を受けるのか、また肥満状態において抗酸化物質を投与しながらの持久的トレーニングがミトコンドリア生合成の促進を助長するのか否かを検討する。本年度は8週間の高脂肪食摂食期間を設けることによって食餌性肥満動物モデルを作成し、そこからの9週間の持久的トレーニング(TR)と抗酸化物質投与の組み合わせが体重や脂肪量、筋組織内におけるミトコンドリア生合成に及ぼす影響を検討した。被験動物にはWistar系雄性ラットを用いた。高脂肪食摂食期間終了後に、高脂肪食+メラトニン非投与+対照群をHNS、高脂肪食+メラトニン投与+対照群をHMS、高脂肪食+メラトニン非投与+ TR群をHNT、高脂肪食+メラトニン投与+TR群をHMTとし、ランダムに被験動物を振り分けた。TRプロトコルはトレッドミルを傾度5°に設定し、走行時間は最大80分、走行速度は最大25 m/minとした。TR最終日から48時間後に解剖を行い、体重および脂肪量(精巣上体脂肪)、腓腹筋深層部位のミトコンドリアタンパク質発現量の測定を行った。体重および脂肪組織重量は抗酸化物質投与とTRの組み合わせにより、有意な減少、もしくは減少傾向が認められた。その一方で、ミトコンドリアタンパク質発現量は、どの群間にも有意差が認められず、更にメラトニン投与を実施する群においては低値傾向を示した。今後は、TRによってミトコンドリア発現量が増加しなかったメカニズムを炎症性サイトカインや活性酸素との関連性を踏まえて、更なる検討が必要であると言える。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽), 2017年06月 -2020年03月, 挑戦的研究(萌芽), 同志社大学
  • 骨格筋組織の時計遺伝子発現リズムに基づく持久的運動トレーニング効果の検証
    高倉 久志
    ミトコンドリア生合成に重要なPGC-1αは時計遺伝子と相互作用しながら概日リズムを示す。また、運動を実施する時間帯によってPGC-1α mRNAの応答は異なる。ミトコンドリアの増加にはPGC-1α発現量の増加を促す必要があるが、安静時のPGC-1α mRNA発現がボトムを示す時間帯での運動がPGC-1α mRNAを顕著に増加させるとともに、その時間帯における持久的運動トレーニングはミトコンドリア量の増加を助長した。運動を実施するタイミングの違いが、筋組織内のミトコンドリア生合成に影響を及ぼすことが示された。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 2014年04月 -2017年03月, 競争的資金, 若手研究(B), 同志社大学
  • 細胞内酸素運搬担体が増加する分子メカニズムの解明とその至適発現条件の検討
    高倉 久志
    本研究では、持久的運動トレーニングによって筋細胞内酸素運搬担体であるミオグロビン(Mb)発現量が増加する分子機序として、ミトコンドリア生合成を司るPGC-1αが関与しているのか否かについて検討した。その結果、4週間以上のeTRによってMbが増加したものの、PGC-1αは増加しなかった。さらに、siRNA導入によるPGC-1αのmRNA発現量の減少はMbのmRNA発現量を減少させなかった。したがって、Mbの発現調節に対してPGC-1α発現量は関与しないことが示唆された。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 研究活動スタート支援, 2010年 -2013年, 研究活動スタート支援, 同志社大学
  • 筋収縮時における細胞内酸素ダイナミクスについて
    高倉 久志
    筋収縮時におけるミオグロビン(Mb)からの酸素供給量は身体活動水準に依存して増減する。トレーニング(Tr)後の骨格筋ではミトコンドリアに共局在するMbの増加が、筋収縮時におけるMbからの酸素供給量の増加に貢献する可能性が示唆された。しかしながら、不活動(IM)後のMbからの酸素供給量が減少した骨格筋において、ミトコンドリアに共局在するMbが減少するか否かについては検討が不十分であった。また、ミトコンドリアとMbの相互作用性を検討するにあたり、当該年度は骨格筋ミトコンドリアの呼吸活性測定にも着手した。そこで本年度は、IMによってミトコンドリアに共局在するMbが減少するか否かと、骨格筋組織からミトコンドリアを単離することによる呼吸活性測定手法の確立とその手法を用いてTrやIMがミトコンドリア呼吸活性に及ぼす影響について検討した。その結果、IM後における骨格筋ミトコンドリア画分のMb発現量に変化は認められなかった。したがって、IM後の骨格筋ではミトコンドリアに共局在するMb量が変化しないことが示唆された。このことは、IM後の筋収縮時におけるMbからの酸素供給量が減少するメカニズムにはミトコンドリアとMbの共局在性が関与していない可能性を示唆するものの、IMの期間や方法などについて更なる検討が必要であろう。また、骨格筋組織からミトコンドリアを単離し、その呼吸活性を測定した。その結果、筋重量あたりのミトコンドリア最大呼吸活性がTr後の骨格筋では上昇傾向を示し、IM後の骨格筋では有意に減少した。今後はMbとミトコンドリアの相互作用性を検討できるようなミトコンドリア呼吸活性の測定方法を考慮に入れながら、更なる検討を進めていく必要があると考えられる。, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費, 2010年 -2011年, 競争的資金, 特別研究員奨励費, 金沢大学
  • 持久的トレーニングによる筋細胞内酸素運搬タンパクの増加を担う分子機序の解明
    公益財団法人中冨健康科学振興財団, 第24回研究助成金, 各種団体からの研究助成, 競争的資金
  • 持久的運動トレーニング効果を増強する運動実施タイミングの検討
    (財)ヤマハ発動機スポーツ振興財団, 平成28年度チャレンジ研究助成, 各種団体からの研究助成, 競争的資金