金津 和美
カナツ カズミ
文学部英文学科
博士前期課程教授
Last Updated :2021/09/18

研究者情報

研究キーワード

  • 18・19世紀の英文学・文化

研究分野

  • 人文・社会/英文学、英語圏文学
  • 人文・社会/英文学、英語圏文学
  • 人文・社会/英文学、英語圏文学
  • 人文・社会/英文学、英語圏文学

研究歴

  • 1989-1997 William Wordsworthの研究
  • 1995- 18世紀美学の研究
  • 2004- 18・19世紀イギリス出版文化の研究

経歴

  • 同志社大学 文学部 教授, 2017年04月 - 現在
  • 同志社大学 文学部 准教授, 2008年04月 - 2016年03月
  • 同志社大学 文学部 専任講師, 2003年04月 - 2008年03月

学歴

  • ヨーク大学, 文学研究科博士課程, 1996年10月 - 2001年01月
  • ヨーク大学, 文学研究科修士課程, 1995年09月 - 1997年02月
  • 同志社大学大学院, 文学研究科, 1989年04月 - 1991年03月
  • 同志社大学, 1991年
  • 同志社大学, 文学部, 1985年04月 - 1989年03月
  • 同志社大学, 1989年

学位

  • D.Phil, ヨーク大学
  • M.A., ヨーク大学
  • 文学修士, 同志社大学

所属学協会

  • 日本英文学会
  • 日本スコットランド協会
  • 日本ジョンソン協会
  • 日本カレドニア学会
  • イギリスロマン派学会

委員歴

  • 編集委員, 2017年04月 - 現在, イギリス・ロマン派学会, 学協会
  • 理事, 2015年04月 - 現在, イギリス・ロマン派学会, 学協会
  • 幹事, 2012年04月 - 現在, 日本カレドニア学会, 学協会
  • 編集委員, 2018年04月 -2020年03月, 日本英文学会関西支部, 学協会
  • 科研費審査委員, 2014年04月 -2016年06月, 日本学術振興会, 学協会
  • 大会準備委員, 2014年04月 -2016年03月, 日本英文学会関西支部, 学協会
  • 会計, 2004年04月 -2006年03月, イギリスロマン派学会, 学協会, イギリスロマン派学会

受賞

  • 科研審査委員表彰
    2015年, 日本学術振興会

論文

  • ジョン・クレアの秋によせる詩――死とエロティシズム
    金津和美
    イギリス・ロマン派研究, (45), 2021年03月, 日本語
  • 詩と証言――クレアの環境詩のアガンベン的解釈の試み
    金津和美
    同志社大学英語英文学研究, (102)43 - 63, 2021年03月, 日本語
  • スコットランド啓蒙主義の教育と言語観――アダム・スミスとヒュー・ブレアの修辞学講義
    金津和美
    カレドニア, (48)1 - 9, 2021年01月, 日本語
  • Seamus Heaneyのボグ・ポエム――「民族の創造されていない意識」を掘りおこす
    金津 和美
    主流, (82)1 - 18, 2020年12月, 日本語
  • 「イギリス・ロマン主義におけるヴォルテール考ーーウィリアム・ワーズワスの『逍遥』を中心に
    金津和美
    同志社大学英語英文学研究, (101)1 - 21, 2020年03月
  • 「スコットランド環境文学とジョン・バーンサイドーロマンティック・エコロジーを巡って」
    金津 和美
    同志社大学英語英文学研究, 9327 - 48, 2014年03月
  • 「イギリス・ロマン派農民詩人とディープ・エコロジー」
    金津 和美
    同志社大学英語英文学研究, 9119 - 35, 2013年03月
  • 「ジョン・クレアの狂気―自然と身体と詩的言語」
    金津 和美
    同志社大学英語英文学研究, 9097 - 118, 2013年01月
  • 「イギリス・ロマン派におけるスコットランド問題―William Wordsworthの『逍遥』を中心に」
    金津 和美
    主流(同志社大学英文学会), 7441 - 57, 2012年11月
  • ジョン・クレア--農民詩人と公共圏
    金津 和美
    同志社大学英語英文学研究, 8041 - 58, 2007年03月
  • Sir Joshua Reynolds's "The Ironical Discourse": The Division of Labour and Knowledge
    金津和美
    Doshisha Literature, 481 - 16, 2005年03月
  • John Clare―農民詩人の知への意志
    金津 和美
    同志社大学英語英文学研究, 7745 - 64, 2004年03月
  • Adam Smith試論―『修辞学講義』における「文学」の政治性
    金津 和美
    主流(同志社大学英文学会), 6317 - 30, 2002年03月
  • Picturesque Tours in Scotland: Forming an Idea of the British Nation
    金津和美
    ヨーク大学 博士論文, 2001年01月
  • The Picturesque and Imagination
    金津和美
    ヨーク大学 修士論文, 1997年02月
  • Temporal Structure in "Michael"-Literary Fiction and Fictions in Our Lives
    金津和美
    Doshisha Literature(同志社大学英文学会), 3793 - 109, 1994年03月
  • Lucy詩篇におけるLucy再考―"A Presence"と"spots of time"との関連において
    金津 和美
    主流(同志社大学英文学会), 5415 - 37, 1993年03月
  • Wordsworthの"The Idiot Boy"における自然の導き―月のイメージを中心に
    金津 和美
    Core(同志社大学英文学会), 2137 - 49, 1992年03月
  • William Worldworth's View of a Child: 'The Child is father of the Man'
    金津和美
    同志社大学大学院文学研究科英文学専攻博士課程前期, 1991年

MISC

  • Saeko Yoshikawa,William Wordsworth and the Invention of Tourism, 1820-1900
    金津 和美
    Studies in English Literature (日本英文学会), 57101 - 106, 2016年03月, 英語, 書評論文,書評,文献紹介等
  • "James Hogg in Japan"
    金津 和美
    Studies in Hogg and his World, 2188 - 91, 2011年11月, 英語, 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
  • 「ウィリアム・ホーンの三つの裁判」
    金津 和美
    『日本ジョンソン協会年報』, 346 - 10, 2010年05月, 日本語, 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
  • 「石幡直樹ほか著『ロマンティック・エコロジーをめぐって』」
    金津 和美
    『イギリス・ロマン派研究』, 32109 - 113, 2008年03月, 日本語, 書評論文,書評,文献紹介等
  • Jonathan Bate, John Clare: A Biography
    金津和美
    47246 - 53, 2006年03月, 英語, 書評論文,書評,文献紹介等
  • The first Japanese translation of Clare's poems
    金津和美
    888 - 9, 2005年06月, 英語, 書評論文,書評,文献紹介等

書籍等出版物

  • スコットランド文学の深層――場所、言語、想像力
    金津和美
    春風社, 2020年, 共著, キャロル・アン・ダフィー――スコットランド生まれの桂冠詩人 (pp.365-383)
  • トランスアトランティック・エコロジーーロマン主義を語り直す
    金津 和美
    彩流社, 2019年10月, 共著, 破局のエコノミーークレアとソローの自然史(pp.155-176)
  • 『十八世紀イギリス文学研究―旅、ジェンダー、間テクスト性』
    金津 和美
    2018年07月, 共著, 「ジョン・ゴールトと「理論的ないし推測的歴史」―政治小説『メンバー』と『ラディカル』をめぐって」(pp.166-184)
  • 『幻想と怪奇の英文学IIー増殖進化編』
    金津 和美
    春風社, 2016年07月, 共著, 「悪、破局、そして笑い―災害の物語としてのジェイムズ・ホッグ『男の三つの危険』」(pp.344-362)
  • 『ロマン主義エコロジーの詩学―環境感受性の芽生えと展開』
    金津 和美
    音羽書房鶴見書店, 2015年11月, 共著, 「非-場所の詩学―現代環境思想とジョン・クレア」(pp.83-104)
  • 『十八世紀イギリス文学研究―共鳴する言葉と世界』
    金津 和美
    開拓社, 2014年11月, 共著, 「『ピーターの手紙』におけるスコットランド啓蒙主義」(pp.163-180)
  • 『幻想と怪奇の英文学』
    金津 和美
    春風社, 2014年04月, 共著, 「分身―ジェイムズ・ホッブと芥川龍之介」(pp.28-53)
  • 『スコットランドへの旅―18-19世紀旅行記・案内書コレクション』
    金津和美
    ユーリカ・プレス, 2012年10月, 監修
  • 『スコットランド文学―その流れと本質』
    金津和美
    開文社, 2011年, 共著, 「第十章 ジェイムズ・ホッグ 時代を超える「羊飼い」――三つの「回想」をめぐるロマン主義的自我」(pp.229-246)
  • 『文学都市エディンバラ』
    金津和美
    あるば書房, 2009年06月, 共著, 「ジェイムズ・ホッグ--「近代のアテネ」の栄光の陰で」(pp.103-124)
  • 『スコットランドの探求--新しい視座から』
    金津和美
    明石書店, 2008年03月, 共著, 「啓蒙主義における超自然と身体--ジェイムズ・ホッグの『女の三つの危険』」(pp.107-128)
  • 『十八世紀イギリス文学研究:第3号』
    金津和美
    開拓社, 2006年05月, 共著, 「スコットランドへのピクチャレスク旅行―自然、歴史、そして国家」(pp.122-140)

講演・口頭発表等

  • 「スコットランド啓蒙主義と英語教育ー"Injury Scotchmen have done our Language"」
    金津 和美
    イギリス・ロマン派学会第45回全国大会, 2019年10月19日, 日本語, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
  • 「Clare: "The Nightingale's Nest"ー鳥と詩人が住まうところ
    金津 和美
    イギリス・ロマン派講座, 2019年06月29日, 日本語, 口頭発表(招待・特別)
  • 「ロマン主義の世界的流行ー島国イギリスと二つの大陸」
    金津 和美
    比較文学学会東北支部大会, 2018年12月01日, 日本語, 口頭発表(招待・特別)
  • 「イギリス・ロマン主義におけるヴォルテール考―『カンディード』と悪の起源」
    金津 和美
    イギリス・ロマン派学会第44回全国大会, 2018年10月, 日本語, 口頭発表(一般)
  • 「キャロル・アン・ダフィーの「子供」の詩を読む」
    金津 和美
    日本カレドニア学会研究会, 2018年07月, 日本語, 口頭発表(一般)
  • "Illusion and Disillusionment of Improvement in John Galt's The Member andThe Radical"
    金津 和美
    The 15th International Conference of theBritish Association for Romantic Studies, 2017年07月, 英語, 口頭発表(一般)
  • 「クレアとソローの沼地――抵抗の美学としてのピクチャレスク」
    金津 和美
    イギリス・ロマン派学会第42回全国大会シンポジウム「トランスアトランティック・ロマンティシズムー風景、国家、そして文学」, 2016年10月, 日本語, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
  • "The Posthumanist 'still, sad music of humanity': An Ecological Reading of The Excursion, Book IV"
    金津 和美
    The 45th Wordsworth Summer Conference, 2016年08月, 英語, 口頭発表(一般)
  • 「環境詩学(エコポエティックス)と実践(プラクシス)―エコクリティシズムの第4波に向けた問い」
    金津 和美
    Scott Slovic氏講演会公開セミナー, 2016年08月, 日本語, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 「非-場所の詩学――現代環境思想とジョン・クレア」
    金津 和美
    シンポジウム「環境感受性とエコポエティックスーイギリス・ロマン主義をめぐって」, 2014年03月, 日本語, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
  • 「ロマンティック・エコロジーの現在―スコットランドと環境文学」
    金津 和美
    オープンセミナー「文学と環境ーアメリカ、スコットランド、ロマン主義」, 2013年09月, 日本語, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 「イギリス・ロマン派におけるスコットランド問題――ウィリアム・ワーズワスの『逍遥』を中心に
    金津 和美
    関西コールリッジ研究会第151回例会, 2011年11月, 日本語, 口頭発表(一般)
  • "Two Shepherd's Calenders: Natural Supernaturalism in Hogg and Clare"
    金津 和美
    The James Hogg Society 2010 Conference, 2010年07月, 英語, 口頭発表(一般)
  • 「ピータールー大虐殺と大衆――P.B. Shelley の"The Mask of Anarchy"を中心
    金津 和美
    十八世紀英文学研究会, 2007年10月, 日本語, 口頭発表(一般)
  • 「農民詩人と公共圏――London Magazine におけるJohn Clareの生産と受容」
    金津 和美
    イギリス・ロマン派学会第30回全国大会, 2004年10月, 日本語, 口頭発表(一般)
  • 「Sir Joshua Reynolds の "The Ironical Discourse" を読む」
    金津 和美
    十八世紀英文学研究会, 2004年07月, 日本語, 口頭発表(一般)
  • 「John Clare――農民詩人における都市と農村」
    金津 和美
    関西コールリッジ研究会第119回例会, 2003年11月, 日本語, 口頭発表(一般)
  • 「William GilpinのObservation on the Highlands におけるPicturesque 観の考察――自然、歴史、そして国家」
    金津 和美
    日本英文学会第74回全国大会, 2002年05月, 日本語, 口頭発表(一般)
  • Temporal Structure in "Michael"-Literary Fiction and Fictions in Our Lives
    金津 和美
    Jonathan Wordsworth氏来日記念東大セミナー, 1994年10月, 英語, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 「マイケルに時間形式の考察」
    金津 和美
    イギリス・ロマン派学会第19回大会, 1993年10月, 日本語, 口頭発表(一般)

競争的資金等の研究課題

  • 基盤研究B「トランスアトランティック・エコロジーー環境文学/思想の還流と変容」
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2015年04月 -2019年03月, 川津雅江
  • 基盤研究B「文学研究の「持続可能性」―ロマン主義時代における「環境感受性」の動態と現代的意義」
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2010年04月 -2015年03月, 西山清
  • 基盤研究C「ジェームズ・ホッグを中心としたスコットランド文学・文化研究」
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 2009年04月 -2013年03月, 金津和美