佐伯 順子
サエキ ジユンコ
社会学部メディア学科
博士後期課程教授
Last Updated :2021/10/23

研究者情報

  • 性別

研究分野

  • 人文・社会/ジェンダー

経歴

  • 京都大学文学部二十世紀学専修 非常勤講師, 2013年 - 2016年
  • 筑波大学人文社会科学研究科文芸・言語専攻、総合文学領域 非常勤講師(集中講義), 2014年06月
  • ベルリン自由大学日本学科客員研究員, 2010年04月 - 2011年03月
  • タイ国チュラーロンコーン大学大学 文学部東洋言語学科日本語講座 招聘教授, 2007年08月 - 2007年08月
  • 京都大学人文科学研究所「フェティシズム研究の射程」研究班班員, 2000年04月 - 2004年03月
  • 帝塚山学院大学文学部教授, 2000年 - 2002年03月
  • 帝塚山学院大学文学部助教授, 1994年 - 2000年
  • 富山大学人文学部 人文学部 非常勤講師(集中講義), 1999年 - 1999年
  • 新潟大学 人文学部 非常勤講師(集中講義), 1999年 - 1999年
  • 熊本大学 文学部 非常勤講師(集中講義), 1998年 - 1998年
  • 広島大学 教育学部 非常勤講師(集中講義), 1997年 - 1997年
  • 国際日本文化研究センター客員助教授, 1993年 - 1996年
  • 米国インディアナ大学客員研究員, 1994年 - 1995年
  • 国立民族学博物館共同研究員, 1991年 - 1994年
  • 帝塚山学院大学文学部専任講師, 1989年 - 1994年

学歴

  • 東京大学, 総合文化研究科, 1989年
  • 東京大学, 1989年
  • 東京大学, 総合文化研究科, 1986年
  • 東京大学, 1986年
  • 学習院大学, 文学部, 1984年
  • 学習院大学, 1984年

学位

  • 博士(学術), 東京大学
  • 文学修士, 東京大学

所属学協会

  • 日本比較文学会
  • 日本マス・コミュニケーション学会
  • 日本ジェンダー学会

委員歴

  • メディア文化部会担当理事, 2019年06月 -2021年06月, 日本マスコミュニケーション学会第37期理事, 学協会
  • 男女共同参画推進室長, 2016年04月 -2019年03月, 同志社大学
  • 会計監査委員, 2013年06月 -2015年05月, 日本比較文学会関西支部
  • 基本計画策定委員会委員, 2003年07月 -2004年01月, 兵庫県立考古博物館(仮称), 自治体
  • 会計委員, 2001年06月 -2002年05月, 日本比較文学会関西支部
  • 幹事, 1997年06月 -2000年05月, 日本比較文学会関西支部
  • 事務局, 1991年06月 -1993年05月, 日本比較文学会関西支部
  • 琵琶湖・淀川流域圏再生推進協議会有識者委員会委員, 国土交通省近畿地方整備局, 政府
  • 大阪府立狭山池博物館運営審議会委員, 大阪府立狭山池博物館運営審議会, 自治体
  • 臨時委員, 大阪市市民表彰審査会, 自治体
  • NHK近畿地方放送番組審議会委員, NHK近畿地方放送番組審議会, その他
  • 「美しい近畿づくり検討会」メンバー, 国土交通省近畿地方整備局「美しい近畿づくり検討会」, 政府
  • 近畿圏整備専門委員, 国土庁国土審議会, 政府

受賞

  • 第24回山崎賞
    1998年
  • 第20回サントリー学芸賞芸術・文学部門
    1998年

論文

  • 「コンタクト・ゾーン」における女性の<声>-『にごりえ』と『ラマン』が描くジェンダーの共鳴
    佐伯順子
    『比較文學研究』, (106)31 - 51, 2020年12月, 日本語, 研究論文(学術雑誌)
  • 「三島由紀夫の<男性同盟>と男性同性愛者のアイデンティティ」
    佐伯順子
    東京外国語大学大学院国際日本学研究院『東京外国語大学国際日本 学研究報告Ⅶ』, Ⅶ43 - 54, 2020年03月, 日本語

MISC

  • 『愛と経済のバトルロイヤル――経済×文学から格差社会を語る』(対談)
    橘木俊詔, 佐伯順子, 橘木俊詔, 青土
    1 - 187, 2016年01月
  • 『明治大正のハンサム・ウーマン メディアが伝えた働く女性』
    NHKカルチャーラジオテキスト, 2014年01月
  • 「「妹の力」と日本的「女性性」」
    『岩波講座 日本の思想 第六巻 秩序と規範――「国家」のなりたち』岩波書店, 2013年
  • 「「越境アイデンティティ」の時代――ポップカルチャーと現代の若者」
    北九州市立男女共同参画センター・ムーブ編『ポップカルチャーとジェンダー』(ムーブ叢書 ジェンダー白書8)明石書店, 2012年03月
  • 「「越境アイデンティティ」の時代――ポップカルチャーと現代の若者」
    佐伯 順子
    北九州市立男女共同参画センター・ムーブ編『ポップカルチャーとジェンダー』(ムーブ叢書 ジェンダー白書8)明石書店, 75 - 85, 2012年
  • “Vamp or Angel? : A Comparative Study of Heroines in Japanese Media”,
    佐伯 順子
    Harald Meyer, Takahiro Nishiyama, Reinhard Zollner ( Eds. ) Media, Cultures, Identities; Aspects of Contents Business in East Asia, IUCICIUM., 195 - 214, 2012年
  • 「一葉・ウルフ・デュラス――近代日本女性文学の国際性」
    佐伯 順子
    増田裕美子、佐伯順子編著『日本文学の女性性』思文閣出版, 71 - 99, 2011年
  • 「ヨーロッパの「漫画学会」」
    佐伯 順子
    『アステイオン』74号、阪急コミュニケーションズ, 141 - 150, 2011年
  • 「海外における「忠臣蔵」――翻案と研究」
    佐伯 順子
    日本比較文学会編『越境する言の葉――世界と出会う日本文学』彩流社, 403 - 414, 2011年
  • 「石田氏の書評に応えて」
    佐伯 順子
    (書評リプライ論文『「女装と男装」の文化史』講談社)『論叢クィア04』クィア学会, 209 - 220, 2011年
  • “ The Idealization of Boy Love: The Influence of Thomas Mann’s Death in Venice ( Der Tod in Venedig ) upon Hagio Moto’s The Heart of Thomas ( Toma no Shinzo ) “
    Osamu Hattori, Viktoria Eschbach-Szabo, Martina Ebi (Eds.) Japan and Japanese People, Bunka-Wenhua Vol.15, Tubinben East Asian Studies,, 73 - 82, 2010年
  • 「日本女性の「近代化」の歴史と男女共同参画」
    佐伯 順子
    伊藤公雄・冨士谷あつ子編『日本・ドイツ・イタリア 超少子高齢化社会からの脱却 家族・社会・文化とジェンダー政策』ミネルヴァ書房, 74 - 88, 2009年
  • “Beyond the geisha stereotype; changing images of ‘new women’in Japanese popular culture, in Rien T.Segers ed.,
    佐伯 順子
    A New Japan for the Twenty-first Century; an Inside Overview of Current Fundamental Changes and Problems, Routledge., 187 - 197, 2008年
  • 描かれた母と子(連載1-12)
    『なごみ』淡交社, 301-312巻(2005年1月ー5月)76 - 79, 2005年
  • 連載「泉鏡花と視聴覚芸術」
    『瓜生通信』京都造形芸術大学芸術文化情報センター, (21-32), 2002年
  • 「泉鏡花のイコノロジー―『天守物語』の視聴覚的展開」
    佐伯 順子
    國文學解釈と教材の研究 學燈社, 46(1), 2001年
  • 「南方熊楠の男色論―「浄と不浄」再考」
    佐伯 順子
    熊楠研究 南方熊楠資料研究会, (3), 2001年
  • 「ゲイシャの発見―「他者」化される日本」
    佐伯 順子
    島本浣・加須屋誠編『美術史と他者』晃洋書房, 2000年
  • 『泉鏡花』
    佐伯 順子
    筑摩書房, 2000年
  • 「プレ・モダンのメイル・ボディ」
    佐伯 順子
    クイア・ジャパン 勁草書房, (1), 1999年
  • 「聖母を囲む男性同盟―『坊っちゃん』における男色的要素」
    佐伯 順子
    漱石研究 翰林書房, (12), 1999年
  • "Reconsidering Tanizaki Jun'ichiro's "Love and Eroticism": Iro Tradition and Modern Ren'ai in Japanese Literary History"
    佐伯 順子
    Proceedings of the Midwest Association for Japanese Literary Studies, 1999年
  • 「与謝野鉄幹と晶子―「近代恋愛」の完成」
    佐伯 順子
    國文學解釈と教材の研究 學燈社, 44(4), 1999年
  • 「心中の近代―愛と死の変容」
    佐伯 順子
    青木保・川本三郎・筒井清忠・御厨貴 山折哲雄編『愛と苦難』(近代日本文化論II)岩波書店, 1999年
  • 「女神を求めて―アメリカにおける「女性の霊性」運動と日本」
    佐伯 順子
    田中雅一編『女神―聖と性の人類学』平凡社, 1998年
  • 『「色」と「愛」の比較文化史』
    佐伯 順子
    岩波書店(サントリー学芸賞), 1998年
  • "From Nanshoku to Homosexuality: A Comparative Study of Mishima Yukuio's Confessions of a Mask"
    佐伯 順子
    Japan Review International Research Center for Japanese Studies, (8), 1997年
  • 「エロスか母性か―母親幻想の比較文化的考察」
    佐伯 順子
    平川祐弘・萩原孝雄編『日本の母』新曜社, 1997年
  • 「恋愛の前近代・近代・脱近代」
    佐伯 順子
    上野千鶴子編『セクシュアリティの社会学』(岩波講座現代社会学第10巻)岩波書店, 1996年
  • (訳書)ジョン・ラッシュ『双子と分身』
    佐伯 順子
    平凡社, 1995年
  • 「古典文学の中の少年愛」
    佐伯 順子
    『ジェンダーコレクション』 朝日新聞社, 1994年
  • 「「美」への憧れ」
    佐伯 順子
    日本の美学 ぺりかん社, (21), 1994年
  • 「人形浄瑠璃の舞台を「よむ」―『新版歌祭文』「野崎村」の場合」
    佐伯 順子
    大澤吉博編『テクストの発見』中央公論社, 1994年
  • 「光の女」
    佐伯 順子
    川本皓嗣編『美女の図像学』思文閣出版, 1994年
  • "Visions of Women's Beauty and Eroticism: The Meaning of Images of the Ideal Women in East and West"
    佐伯 順子
    New Visions of Creation: Feminist Innovations of Literary Theory., University of Tokyo Press, 1993年
  • 「遊女の誕生」
    佐伯 順子
    國文學解釈と教材の研究 學燈社, 38(9), 1993年
  • 「『美人』の時代」
    佐伯 順子
    芳賀徹編『文明としての徳川日本』中央公論社, 1993年
  • 「「自然」と「真実」」
    佐伯 順子
    日本の美学 ぺりかん社, (19), 1992年
  • 「女学生の光と影」
    佐伯 順子
    日本の美学 ぺりかん社, (18), 1992年
  • 「男色の美学」
    佐伯 順子
    木村尚三郎編『歴史を旅する』TBSブリタニカ, 1992年
  • 「春信美女の秘密」
    佐伯 順子
    中村真一郎・小林忠・林美一著『春信・美人画と艶本』新潮社, 1992年
  • 「結婚と女性」
    佐伯 順子
    山折哲雄編『日本における女性』名著刊行会, 1992年
  • 「書生の青春」
    佐伯 順子
    日本の美学 ぺりかん社, (17), 1991年
  • 「「文明開化」の「結婚」」
    佐伯 順子
    日本の美学 ぺりかん社, (16), 1991年
  • 「御息所変貌―六条御息所像の本説とその展開」
    佐伯 順子
    日本文学研究 帝塚山学院大学日本文学会, (22), 1991年
  • 近代化のなかの男と女―色と愛の比較文化史
    佐伯 順子
    博士論文, 1991年
  • 「「文明開化」の「遊び」」
    佐伯 順子
    日本の美学 ぺりかん社, (15), 1990年
  • 「不在の陰影―三島由紀夫『仮面の告白』における父と子」
    佐伯 順子
    帝塚山学院大学研究論集 第24集 帝塚山学院大学, 1989年
  • 「遊女伝承の背景―その文化史的意味と展開」
    佐伯 順子
    比較文学研究 東大比較文学会, (51), 1987年
  • 「イエイツ・三島・能―演劇表現における「近代」と反「近代」」
    佐伯 順子
    比較文学文化論集、東京大学比較文学文化研究会, (4), 1986年
  • ハレの女たち―遊女の文化史
    佐伯 順子
    修士論文, 1985年
  • 「御伽草子における男女関係」
    佐伯 順子
    岡野治子編『女と男の時空―日本女性史再考(6)中世(下)』藤原書店, 1996

書籍等出版物

  • 江戸川乱歩大事典
    落合教幸, 阪本博志, 藤井淑禎, 渡辺憲司編
    勉誠社, 2021年03月, モボモガ(232~236頁)
  • 『近代日本宗教史 第3巻 教養と生命-大正期』
    島薗進, 末木文美士, 大谷栄一, 西村明編著
    春秋社, 2020年11月, 「近代宗教とジェンダーー明治・大正期の女性と宗教」(第四章)105-133頁
  • 「解説」:井原西鶴・富士正晴訳『男色大鑑』
    井原西鶴, 富士正晴訳, 男色大鑑
    KADOKAWA(角川ソフィア文庫), 2019年11月, その他, 「解説」200~207頁
  • 「メディア表現とジェンダー」『メディア用語基本事典〔第2版〕』
    渡辺武達・金山勉・野原仁編著
    世界思想社, 2019年05月, 分担執筆, 「メディア表現とジェンダー」70~74頁
  • 『男の絆の比較文化史』
    佐伯 順子
    岩波書店, 2015年06月, 単著, 1頁~113頁
  • 『明治<美人>論――メディアは女性をどう変えたか』
    佐伯 順子
    NHK出版, 2012年, 1頁~251頁
  • 「メディア表現とジェンダー」渡辺武達・山口功二・野原仁編『メディア用語基本事典』
    佐伯 順子
    世界思想社, 2011年, 28-32
  • 『「女装と男装」の文化史』
    佐伯 順子
    講談社, 2009年, 単著, 284
  • 『「愛」と「性」の文化史』
    佐伯 順子
    角川学芸出版, 2008年, 単著, 269
  • 『セクシュアリティの社会学』(共著)「「恋愛」の前近代・近代・脱近代」
    佐伯 順子, 水田宗子, 井上章一, 赤川学ほか
    岩波書店, 1997年, 共著, 167-184頁, 学術書
  • 『文明としての徳川日本』(「「美人」の時代」)
    佐伯 順子, 芳賀徹, 笠谷和比古, 田中優子ほか
    中央公論新社, 1993年, 共著, 415-441頁, 学術書
  • 『遊女の文化史―ハレの女たち』
    佐伯 順子
    中央公論新社, 1987年

講演・口頭発表等

  • 専門家とは何か:ジェンダー論から見た「知」の未来を考える
    村上陽一郎の私塾第3回, 2021年07月30日, 日本語, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 「少年神」信仰の古今東西ーーメディアのなかの聖徳太子
    佐伯順子
    奈良県立図書情報館図書館劇場ⅩⅥ第一幕, 2021年05月23日, 日本語, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 「医療ドラマにみる男女共同参画―ジェンダーとメディア研究の視点から―」(問題提起者)
    日本マスコミュニケーション学会2019年度秋季研究発表会、ワークショップ4, 2019年10月26日, 日本語, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)
  • 「日本のテレビドラマと男女共同参画」
    中日フォーラム(於華東政法大学), 2019年09月19日, 日本語, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
  • 是枝裕和の映画作品にみる家族と父性:日本の法と社会的背景からみる”義父”の表象
    国際比較文学会第22回世界大会(於マカオ大学), 2019年07月30日, 英語, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)
  • 「三島由紀夫の〈男性同盟〉―映画・マンガ・ドイツ文学―」
    佐伯 順子
    連続講演会「国際日本学がめざすもの:その多面性と可能性」第5回講演会(東京外国語大学), 2019年, 東京外国語大学(主催)
  • 日本映画が描く家族と法ーー是枝裕和映画を中心に
    文学と法のワークショップ 近現代日本語文学とメディアにおける家族法・制度を考える(於・中国文化大学、台湾), 2019年
  • 近代化のなかの日本の「茶文化」--国際化と男女共同参画
    佐伯 順子
    同志社大学国文学会伝統芸能成果発表会, 2018年, 同志社大学今出川キャンパス(寧静館)
  • 近代化のなかの出産と女性~明治大正期のメディアにみる「母性」
    佐伯 順子
    第58回母性衛生学会総会学術集会, 2017年, 神戸国際会議場
  • 「自己犠牲という幻想――人形浄瑠璃の女性表象」
    シンポジウム発表者(橋本順光 ヨコタムラカミ 孝之) シンポジウム「関西・浄瑠璃・文学」日本比較文学会第51回関西大会 大阪大学(大阪), 2015年
  • 「近代化のなかの女性」
    日本近代化研究会公開研究会・日本の近代化再論 国士舘大学世田谷校舎(東京), 2014年
  • 御伽草子における母親像と父親像
    日本ジェンダー学会第17回大会, 2013年
  • 「メディアが創る女性イメージの系譜~明治期新聞にみる女性関連記事分析から」
    日本マス・コミュニケーション学会2013年度春季研究発表会、メディア史部会ワークショップ, 2013年
  • (ディスカッサント)囲繞する、あるいは拘束する愛――現代女性文学におけるケアする/される主体
    2012年度日本近代文学会秋季大会, 2012年
  • A Comparative Study of Heroines in Japanese Literature and Film
    佐伯 順子
    ベルリン自由大学日本学教室研究会, 2011年, ドイツ・ベルリン
  • ”Vamp or Angel ? ”
    佐伯 順子
    A Comparative Study of Heroines in Japanese Literature and Film”, 2011年, ベルリン自由大学
  • 「「愛」と「色」の境界で――樋口一葉とマルグリット・デュラスの共鳴」
    佐伯 順子
    フランス日本研究学会第九回年次大会, 2010年, パリ日本文化会館(フランス・パリ)
  • “Male Homosexuality and Queer in Japanese Films and Manga: The Influence of Western Representation and New Developments”
    佐伯 順子
    Finish Gender Conference, 2010年, ヘルシンキ大学
  • “ Boy’s Love in Japanese Shojo Manga: Its Historical Background and the Modern Transformation
    佐伯 順子
    Gender and Japanische Popularkultur学会, 2010年, フランクフルト大学
  • “Vamp or Angel: A Comparative Study on Heroines in Japanese Media”
    佐伯 順子
    International Conference: Contents Business and Shared Cultural Assets in East Asia, 2010年, ボン大学
  • “The New Ideal of Love in Modern Japanese Meiji Literature ”
    佐伯 順子
    2010年, ハイデルベルグ大学
  • “Women in Japanese TV dramas: Historical Background and Recent Changes”
    佐伯 順子
    2010年, トリア大学
  • 「現代演劇における古典芸能の影響――泉鏡花『天守物語』を中心に」
    佐伯 順子
    日本学術振興会人文・社会科学振興プロジェクト研究事業・伝統と越境 芸術文化における<伝統的なもの>研究会, 2008年, 聖徳大学(千葉)
  • 「コンタクト・ゾーンにおける女性主体――『にごりえ』と『ラマン』」
    佐伯 順子
    2008年度日本近代文学会関西支部秋季大会, 2008年, 近畿大学(大阪)
  • 「稚児物語におけるジェンダー――その近代への連続/不連続」
    国際日本文学共同研究集会 グランキューブ大阪(大阪), 2007年
  • 「『五重塔』という「プロジェクトX」――前進座『五重塔』と日本の高度成長」
    国際日本文化研究センター「幸田露伴の世界」研究会 国際日本文化研究センター(京都), 2007年
  • 「現代作家の描く家族像――中島丈博『お・こ・げ』、江國香織『きらきらひかる』におけるファンタジーと現実のはざま」
    二松学舎大学東アジア学術総合研究所共同研究プロジェクト「日本文学の「女性性」」第2回公開ワークショップ 二松学舎大学(東京), 2007年
  • 「現代日本の女性作家が描く家族と母性――山田詠美・吉本ばなな・江國香織が描く「近代家族」の終焉と新しい”親密性“」
    タイ国日本研究国際シンポジウム2007 チュラーローンコーン大学文学部東洋言語学科日本語講座(タイ・バンコク), 2007年
  • 『ひげ男』を読む」
    国際日本文化研究センター「幸田露伴の世界」研究会国際日本文化研究センター(京都), 2007年
  • 「流離するエクリチュール 一葉・ウルフ・デュラス」
    佐伯 順子
    樋口一葉研究会第15回大会, 2006年, 樋口一葉記念館(東京)
  • 「明治文学における恋愛観」
    韓国近代文学会コロキアム 韓國外国語大学(韓国・ソウル), 2006年
  • 「淀川をめぐる文学と芸能」
    「関西」史と「関西」計画――文化の生成と自然的・社会的基盤研究会 国際日本文化研究センター(京都), 2004年
  • 泉鏡花と現代演劇
    2003年度日本近代文学会秋季大会, 2003年
  • 「近代恋愛と谷崎潤一郎」
    比較文学比較文化フォーラム「近代文学と「恋愛」」東京大学比較文学文化研究室 東京大学駒場キャンパス(東京), 2002年
  • フェティシズムをめぐる文学と映画
    佐伯 順子
    京都大学人文科学研究所研究会, 2001年
  • 泉鏡花作品の舞台化をめぐって
    佐伯 順子
    泉鏡花研究会, 2000年
  • 泉鏡花の小説と演劇
    佐伯 順子
    日文研シンポジウム学芸ジャンルの編成と再編成をめぐって, 2000年, 国際日本文化研究センター
  • 「泉鏡花作品の舞台化をめぐって」
    泉鏡花研究会第34回研究会 慶應義塾大学(東京), 2000年
  • Women in Chushingura
    佐伯 順子
    Chushingura Workshop, 1999年, セインズベリー日本芸術文化研究所
  • 雑誌『変態心理』について
    佐伯 順子
    国際日本文化研究センター研究会, 1999年
  • Women in Chushingura”, Sainsbury Institute for the Study of Japanese Arts and Cultures
    Chushingura Workshop(イギリス・ノリッチ), 1999年
  • Love and Sexuality in Tanizaki's Fiction
    佐伯 順子
    Seventh Annual Meeting of Midwest Association for Japanese Literary Studies, 1998年
  • 近代の恋愛観をめぐって―「新しい女」を中心として
    佐伯 順子
    国際日本文化研究センター研究会, 1998年
  • From Nanshoku to Homosexuality; A Comparative Study of Mishima Yukio's Confessions of a Mask
    佐伯 順子
    48th Annual Meeting of the Association for Asian Studies, 1996年
  • Motherhood in Japanese Literature
    国際学会・日本文学における母なるもの University of British Colombia(バンクーバー・カナダ), 1995年
  • 現代日本の女性作家が描く家族と母性—山田詠美・吉本ばなな・江國香織
    タイ国日本研究国際シンポジウム2007, 日本語

Works

  • 山辺規子編『甘味の文化』(食の文化フォーラム35)ドメス出版、総合討論部分コメント(233頁)
    2017年
  • 連載「海外で考える日本文化」
    2010年 -2015年
  • WS司会、コメント(WS企画田島悠来)「東日本大震災以降のメディアコンテンツの展望ーNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』による地域振興に着目して」日本マス・コミュニケーション学会2014年秋季大会
    2014年
  • 描かれた母と子(連載1-12)

競争的資金等の研究課題

  • 文明としてのスポーツ/文化としてのスポーツ(研究代表者牛村圭)
    国際日本文化研究センター, 2019年04月
  • 文学と法のワークショップ 近現代日本語文学とメディアにおける家族法・制度を考える
    基盤研究(B)(一般), 2018年
  • 戦争と鎮魂(研究代表者牛村圭)
    国際日本文化研究センター, 2014年04月
  • 18世紀日本の文化状況と国際環境(研究代表者笠谷和比古)
    国際日本文化研究センター, 2007年04月
  • 「関西」史と「関西」計画:文化の生成と自然的、社会的基盤(研究代表者千田稔)
    国際日本文化研究センター, 2004年04月 -2007年03月
  • 幸田露伴の世界(研究代表者井波律子)
    国際日本文化研究センター, 2007年
  • フェティシズム研究の射程(研究代表者田中雅一)
    京都大学人文科学研究所, 2000年05月 -2003年03月
  • 表現における越境と混淆(研究代表者井波律子)
    国際日本文化研究センター, 2001年04月
  • 生きている劇としての能:謡曲の多角的研究(研究代表者ジェイ・ルービン)
    国際日本文化研究センター, 2000年04月
  • 大正期綜合雑誌の学際的研究(研究代表者鈴木貞美)
    国際日本文化研究センター, 1999年04月
  • 女神:性と聖をめぐる比較文化論(研究代表者田中雅一)
    国立民族学博物館, 1991年04月 -1994年03月
  • 「理想郷」の比較文化史(研究代表者芳賀徹)
    国際日本文化研究センター, 1992年04月
  • 日本思想の重層性(研究代表者・山折哲雄)
    国際日本文化研究センター

社会貢献活動

  • 和洋学園創立125周年記念オンラインシンポジウム「未来を拓く力~令和の今、明治の女性から学ぶ」「真の「女性活躍」とは~明治のメディアと女子教育から」, パネリスト, 和洋学園, https://www.wayo.ac.jp/125th/tabid/1099/Default.aspx?itemid=3998&dispmid=1829, 2021年10月09日, セミナー・ワークショップ
  • メディアが描く女性ーテレビドラマからみる日本社会, 講師, KNT-CTパートナーズ会, 第49回女性文化講座, - 2019年09月05日, 講演会
  • 「『男色』からLGBTへ-―『同性愛』の歴史からダイバーシティを考える」, 講師, 滋賀産業人 倶楽部, 滋賀産業人倶楽部総会・記念講演会, 1920年 - 2019年06月18日, 講演会
  • 「少年愛からLGBTへ」、於仏教大学四条センタ, 講師, 仏教大学・京都新聞総合研究所連携講座, - 2019年06月18日, 講演会
  • 「おはなし」(奉納御大礼 糺能), その他, 下鴨神社糺能保存会, - 2019年05月20日, その他
  • NHKザ・ディレクソン京都審査員, 2019年01月25日 - 2019年01月26日
  • 講演「明治維新150年の功罪――女性の変化を中心に」公益財団法人国際高等研究所、けいはんな哲学カフェ、第67回ゲーテの会, 2019年01月24日
  • NHK「ザ・ディレクソン京都」審査員, 2018年
  • 『旅の民俗』シリーズ(全3巻)出版記念フォーラム「人はなぜ旅に出るのか―-旅の歴史と民俗」コーディネータ, 2017年10月
  • 解説『隅田川』(「少年」をめぐるイマジネーション――カリスマとしての梅若丸と親子というモチーフ、パンフレット執筆とも), 2016年05月
  • 川と人の関係~文学・文化の観点から(「琵琶湖・淀川流域圏再生計画」策定十周年記念フォーラム貴重講演), 2015年
  • シンポジウム「八重と裏千家」, 2014年11月
  • 明治の近代化と日本女性~「ハンサム・ウーマン」に学ぶ(岸和田市立女性センター講演), 2014年
  • 女子力ラボ(日本文化デザインフォーラム), 2013年
  • 旅の文化研究所(http://www.tabinobunka.com/)運営評議委員, 2011年
  • 大阪府総合計画審議会専門調査委員, 助言・指導, 大阪府政策企画部企画室計画グループ, 2006年07月01日 - 2008年06月30日
  • 日本文化デザイン会議なごや・せと「オンナって何?オトコって何?」(森村泰昌、広瀬光治、香山リカとのシンポ), 2005年
  • 近松講座特別講演会(於サバエ・シティホテル), 講師, 鯖江市教育委員会, 2004年10月26日, 講演会
  • 景観三法と新時代のまちづくり(シンポジウム「都市景観の日」実行委員会), 2004年
  • 「天守物語」の演劇性について(講演・多摩市立永山公民館), 2004年
  • 近代化の中の男と女(講演・久住町女性団体連絡協議会), 2004年
  • 近代・近世文学における女性の生き方~「色」と「愛」の比較文化史(講演、三田市男女共同参画センター), 2004年
  • 「江戸のセクシュアリティ&笑い」(シンポジウム、JASS), 2002年
  • 大阪港景観形成ガイドライン策定委員会委員, 助言・指導, 大阪市港湾局, 2001年12月
  • 「近松作品にみる江戸の風俗」(講演、尼崎市立小田公民館、市民企画講座), 2000年
  • 「近代恋愛と若者の風俗」(講演、奈良県社会教育センター), 2000年
  • 座談会「すばるプランの10年と近畿圏の将来像」(宇野収、紙野桂人、佐伯順子、佐々木俊一、司会・黒川芳明), その他, 新近畿創生(すばる)推進委員会, 『すばる推進委員会10周年記念誌』18~37頁, - 1996年11月
  • 大正期の働く女性たち~現代の男女共同参画へのヒント(岸和田市立女性センター講演), 1994年
  • 「多価値化社会シンポジウム 一人と色社会・快求革命の提唱」(次代を読むシンポジウム New Being Part2 於・京王プラザホテル), パネリスト, New Beingの会、日本経済新聞社, 1989年11月28日, セミナー・ワークショップ
  • NHK近畿地方放送番組審議会委員, その他, その他
  • 「大人気『おっさんずラブ』シリーズが斬新かつ画期的だった理由」, 寄稿, 講談社, 現代ビジネス, インターネット
  • 「平成とは「日本の近代化の総決算と相対化の時代」だった」, 寄稿, 講談社, 現代ビジネス, インターネット
  • 大阪市市民表彰審査会臨時委員

コメント可能テーマ

  • メディア、ジェンダー、映像、伝統文化、伝統芸能、茶文化、LGBTQ、明治、文化史、女性史

メディア実績

  • テレビ, BS歴史館「芸者おもてなしパワー!」, NHKBS, 2014年02月
  • テレビ, こころの時代~宗教・人生「ハンサムに生きる」, NHKEテレ, 2013年04月
  • テレビ, こころの時代~宗教・人生~アンコール「ハンサムに生きる」, NHKEテレ, 2014年08月
  • ラジオ, 歴史再発見「明治大正のハンサム・ウーマン~メディアが伝えた働く女性」, NHKカルチャーラジオ, 2014年01月
  • 新聞, 日本人の忘れもの知恵会議[次世代へのメッセージ], 京都新聞, 2019年11月
  • テレビ, ザ・ディレクソン京都審査, NHK, 2019年01月
  • 新聞, 連載「澪標」(小泉首相の象徴性), 大阪新聞, 2001年05月
  • テレビ, 「ろんぶ~ん」(佐伯博士論文について), NHKEテレ, 2019年02月
  • 新聞, 連載「澪標」(新国劇の美学), 大阪新聞, 2001年06月

その他

  • 日本の大学は世界から遅れているのか?コロナが浮き彫りにした「本当の現実」
    2021年01月, 『現代ビジネス』(講談社、オンライン記事)2021年1月10日配信, 佐伯 順子
  • 書評・クリストファー・フォース著『肥満と脂肪の文化誌』『週刊読書人』第3356号(2020年9月11日)
    2020年09月, 佐伯 順子
  • 「コロナ世界危機「近代化は本当に正しかったのか」という重大な疑問」
    2020年05月, 講談社、現代ビジネス、2020年5月26日公開, 佐伯 順子
  • 推薦文・サンドラ・シャール『『女工哀史』を再考する 失われた女性の声を求めて』京都大学出版会
    2020年02月, 佐伯 順子
  • 能が描く働く女~『海人』と性別越境
    2011年04月, 廣田鑑賞会第十六回公演パンフレット、2011年4月1日、8~9頁, 佐伯 順子
  • ヒロインたちの酒~日本近代文学と女性の飲酒
    2009年02月, 『Vesta 特集・新酒飯論』第73号、味の素食の文化センター, 佐伯 順子
  • 能における愛と性(連載)
    2009年01月, 『能楽ジャーナル』たちばな出版, 佐伯 順子
  • ユーミンの恋愛空間『現代風俗’92』現代風俗研究会
    1992年, 佐伯 順子

産官学連携研究

  • 共同研究等希望テーマ:茶文化と女性、茶文化におけるジェンダー、茶文化と京都
    キーワード:京都 茶文化 地域活性化 茶室